【2021年最新版】関西の日本酒の人気おすすめランキング10選【大阪府・兵庫県・京都府など】

記事ID13503のサムネイル画像

関西は甘口から辛口までバラエティ豊かな日本酒がそろっていて、昨今人気のフルーティーな日本酒も見つけやすいエリアです。美味しい関西の日本酒を知ってもらうべく、おすすめ人気商品ランキングと選び方についてご紹介します。関西地域の美味しい日本酒をぜひご覧ください。

※法律により20歳未満の酒類の購入や飲酒は禁止されており、酒類の購入には年齢確認が必要です。

芳醇からすっきりまでバラエティ豊かな日本酒が見つかる関西エリア

関西エリアは酒米の王様の山田錦発祥の地です。それぞれの地域で特徴があり、芳醇な甘口からすっきり辛口まで、バラエティ豊かな日本酒がそろっています。そのぶん「ぜひ関西の日本酒を飲んでみたい」と思っても、迷ってしまうことが多いですよね。

 

しかし実は地域によって個性がある分、種類や味わいや原料などの違いがわかりやすく、好みの日本酒が選びやすい地域ともいえるのです。そこで今回は、関西の日本酒の選び方や人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

 

ランキングは酒米・味わい・度数といったポイントを基準に作成しました。購入を迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

関西の日本酒の選び方

関西の日本酒を選ぶときは、種類・味わい・香り・飲み方・酒蔵・酒米・内容量といった視点から選んでみましょう。それぞれのポイントを解説していきます。

日本酒の種類で選ぶ

まずは、日本酒の種類で選ぶときのポイントをご紹介します。日本酒は純米酒系・吟醸酒系・本醸造系があり、それぞれの味わいや香りが違うため、好みに合わせた日本酒選びができます。

お米の旨味を味わうには「純米酒系」がおすすめ

純米酒・純米吟醸・純米大吟醸・特別純米酒などの純米酒系は、醸造アルコールを使わずに米と米麹のみで作られている日本酒です。アルコールが添加されていないため、米の旨味を最大限に活かした味わいに仕上がります。口に含んだときに米の甘味や穀物の香りが広がるのが特徴的。

 

また、酒米を40%以上磨いた精米歩合60%以下の純米吟醸酒や、50%以上磨いた精米歩合50%の純米大吟醸酒は、雑味が無く洗練された味わいに仕上がります。吟醸ならでは華やかな香りがプラスされます。

 

以下の記事では、純米酒・純米大吟醸の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

華やかな香りを楽しむには「吟醸酒系」がおすすめ

吟醸酒・大吟醸酒といった吟醸酒系は、米と米麹に醸造アルコールを添加して造られた日本酒です。醸造アルコールが加わることによって、軽快ですっきりとした味わいに仕上がります。クリアな味わいが好みの方におすすめの種類です。

 

また、醸造アルコールには香りを引き出すという重大な役割もあります。酵母の香り成分はアルコールに溶けやすい性質を持っているため、醸造アルコールが使われていない純米酒系よりも香りを引き出しやすいのです。吟醸造りならではの独特な香りが楽しめます

 

以下の記事では、吟醸酒・大吟醸酒の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

癖の少ない味わいには「本醸造酒系」がおすすめ

本醸造酒・特別本醸造酒などの本醸造系は米・米麹・醸造アルコールで造られた日本酒です。原料だけを見ると吟醸酒系と同じですが、酒米の磨き具合が違います。本醸造酒の場合は精米歩合が70%以下、特別本醸造酒の場合は精米歩合が60&以下もしくは特別な醸造方法が条件。

 

精米歩合の数値が大きいので、華やかな香りが魅力的な吟醸酒系に比べて、香りが抑えられてシンプルな風味に仕上がるのが特徴的です。さらに、醸造アルコール効果によって軽快ですっきりとした味わいになるので、良い意味で癖のない味を好む方におすすめの日本酒といえます。

 

以下の記事では、本醸造の日本酒人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

フレッシュさを楽しむには「生酒」がおすすめ

日本酒には生酒と呼ばれるものがあります。日本酒は品質を保つために火入れをしますが、生酒は火入れを行わずに瓶詰されています。そのため、しぼりたてのフレッシュな味わいが楽しめるのです。同じ銘柄でも火入れしたものとは異なる味わいになります。

 

ただ、火入れをしていないので品質が変りやすく、すぐに飲み切らないと味が変化していくので注意が必要です。

辛口か甘口かで選ぶ

日本酒にも辛口・甘口があり、味わいを左右します。それぞれの特徴をご紹介するので、自身の味覚に合わせて選びましょう。

まろやかさが好きな方には「甘口」がおすすめ

甘味が強くてまろやかな味わいが好みの方は、甘口の日本酒を選びましょう。甘口の日本酒を探すときは日本酒度と酸度をチェックしてください。日本酒度は甘辛の度合いを表す数値。-1.4~̟+1.4を普通として、マイナスの数値が高くなれば甘口、プラスの数値が高くなれば辛口となります。

 

酸度は日本酒に含まれる酸の量を表しており、数値が高いと辛みが強くなります。逆に、数値が低いと甘みが強く端麗に感じられます。日本酒度のマイナス数値が高く、酸度の数値が低いものを甘口日本酒の目安にしてください。

 

以下の記事では、甘口日本酒の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

すっきりとしたキレが好きな方には「辛口」がおすすめ

前段で詳しく解説しましたが、甘口同様に辛口日本酒も日本酒度と酸度を目安にすることで、ある程度見極めることができます。辛口の場合は、日本酒度の数値がプラス数値が高く、酸度の数値が高いものを選びましょう。

 

辛口の日本酒はキレが強くすっきりとした味わいが楽しめます。以下の記事では、辛口の日本酒の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

香りで選ぶ

次に香りで日本酒を選ぶときのポイントをご紹介します。フルーティー・ふくよか・樽香・熟成香など、様々な香りが存在するのでそれぞれの特徴を見て選んでください。

果実香が好きな方には「フルーティーな香り」がおすすめ

果物の香りを強く感じられる日本酒が好きな方は、フルーティーな香りを選びましょう。フルーティーな香りと一口に言っても、リンゴ・メロン・ブドウ・パイナップルなど、銘柄によって感じる果実香は異なります。

 

主に吟醸造りされた吟醸系の日本酒に、フルーティーな香りが多いです。フルーティーな香りの日本酒は、華やかで飲みやすいので人気があります。

穀物系が好きな方には「ふくよかな香り」がおすすめ

日本酒の原料である米の旨味や穀物系の香りは、ふくよかと表現されることが多いです。炊き立てのお米の香りやつきたてのお餅の香り。クルミなどのナッツ系の香りを感じることもあります。コクが深く味付けの濃い料理と相性の良い日本酒

 

ふくよかな香りは米と米麹のみで造られている純米酒系の日本酒に多いです。

独特な香りが好きな方には「樽香」や熟成香がおすすめ

独特な香りの日本酒を楽しみたいという方は、樽保存された日本酒や熟成させた日本酒を選びましょう。現在はタンクで貯蔵するのが一般的ですが、なかには昔のように樽貯蔵している日本酒もあります。樽貯蔵すると木材の香りが日本酒に移り、独特な樽香を感じることができます。

 

古酒と呼ばれる長年熟成させた熟成酒も、新酒では感じることのできない独特な香りを楽しめるのでおすすめです。

雑味の少ない香りが好きな方には「精米歩合が低いもの」がおすすめ

日本酒の味わい・香りに大きく関わっているものが精米歩合です。日本酒の原料である酒米は、表面にたんぱく質やでんぷんといった栄養素が集まっています。これらの栄養素は日本酒造りでは雑味になり、香りの邪魔になってしまうのです。

 

そこで、表面の栄養素をできるだけ磨いて、雑味を少なくするために精米を行います。酒米の種類によっても構造が異なるため、一概に何%削られていれば良いとは言えませんが、雑味の少ない日本酒を選びたい場合は、精米歩合の数値が低いものを選ぶと良いです。

飲み方で選ぶ

日本酒は銘柄によっておすすめの飲み方が決まっています。飲み方は大きく分けて燗・冷があり、温度によって感じる味わいや香りが変ります

香りを立たせるには「燗」がおすすめ

日本酒のは20度前後が常温ですが、30度以上まで温めると燗酒として楽しむ飲み方になります。日向燗(30度)・人肌燗(35度)・ぬる燗(40度)・上燗(45度)・熱燗(50度)・とびきり燗(55度以上)というように、温度によって細かく呼び方が変わります。

 

日本酒は温度を上げることによって、香りや甘味が引き立ちます。旨味の多い純米酒系や本醸造系の日本酒が燗に向いています。以下の記事では、熱燗に合う日本酒の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

爽やかに飲むには「冷」がおすすめ

日本酒を15度以下に冷やすと冷酒として楽しむ飲み方になります。涼冷え(15度)・花冷え(10度)・雪冷え(5度)の種類があり、冷やすことによってシャープな味わいに変化します。温度を下がると香りも抑えられるので、元々香りの強い吟醸系のお酒が冷酒と相性が良いです。

 

以下の記事では、冷酒の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

地域別の酒蔵で選ぶ

次に、大阪府・京都府・奈良県・兵庫県・和歌山県・滋賀県の関西エリアにある酒蔵を地域別でご紹介していきます。酒蔵によってこだわりや使用酒米が異なり個性があります。

大阪限定地酒を探すには「秋鹿酒造」がおすすめ

大阪府では主に淡麗辛口の日本酒を多く醸造しています。他県に比べて少なく18軒しかありません。なかでもおすすめの人気酒蔵は秋鹿酒造です。秋鹿酒造は大阪府の最北にある山々に囲まれた酒蔵。

 

蔵元自らが育てた無農薬山田錦を使用しており、酒米に強いこだわりを持っています。醸造アルコールの添加を一切しておらず、醸造される日本酒はすべて純米酒です。

京都の日本酒が好きな方には「松本酒造」がおすすめ

京都府は兵庫県に次いで日本酒生産量の多い土地です。歴史ある土地ということもあり、酒造りもとても古くから存在しています。「女酒」といわれるミネラルやカルシウムが含まれている伏見の水を使用した日本酒を全国世界規模で展開しています。

 

京都にある酒蔵は42軒。なかでもおすすめの人気酒蔵は松本酒造。1791年に創業した酒蔵で、伝統を守りつつ新しい感性を加えた日本酒造りにこだわっています。以下の記事では、京都の日本酒の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

濁り酒を探している方には奈良県の「西内酒造」がおすすめ

奈良県は清酒発祥の地として知られています。酒蔵の数は28軒とそれほど多くはありませんが、古くから続く歴史ある酒蔵ばかりです。

 

おすすめ人気酒蔵の西内酒造は明治初期に創業いた酒蔵。お客様に喜ばれ愛されるお酒造りをモットーにしています。仕込み水は優れた品質の井戸水を使用。普通酒・吟醸酒・純米酒以外に濁り酒が有名です。

 

以下の記事では、奈良の日本酒おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

山田錦日本酒を探している方には兵庫県の「香住鶴」がおすすめ

山田錦のおひざ元というだけあって、酒造りも盛んです。エリアも広く、京都に対して「男酒」と呼ばれている辛口が多い灘五郷を始め、それぞれエリアによってハイレベルで個性的な日本酒が作られています。酒蔵の数は全国3位の69軒。

 

なかでも、おすすめの人気酒蔵は香住鶴。1725年に創業した酒蔵で、蔵見学や利き酒なども行っています。伝統的な手法である生もと・山廃もとで日本酒を醸造。酒米は山田錦をはじめ、五百万石や雄町など幅広い種類を扱っています。

 

以下の記事では、兵庫の日本酒の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

和歌山県の日本酒を探している方には「尾崎酒造」がおすすめ

和歌山県は山・川・海に恵まれた自然豊かな場所。紀ノ川の伏流水を利用している酒蔵が多く、15軒中14件は和歌山県の北部で酒造りをしています。そんななか、唯一南部で酒造りをしているのが尾崎酒造。

 

世界遺産にも登録されている聖地熊野三山に位置しており、酒蔵の近くを流れている熊野川の伏流水を使用しているのが大きな特徴です。聖地の名を借りた熊野三山や、数々の賞を受賞している太平洋を主力銘柄としています。

滋賀県の日本酒を探している方には「冨田酒造」がおすすめ

琵琶湖で有名な滋賀県。酒米を栽培しやすい傾斜地が多く、酒米の栽培も盛んにおこなわれています。山田錦をはじめ、玉栄・吟吹雪・滋賀渡船6号などの県産米を栽培。酒蔵は34軒ありますが、おすすめの人気酒蔵は地酒にこだわっている冨田酒造です。

 

江戸時代に建てられた趣ある蔵で、その土地に根付いた昔ながらの製法で地酒を造っています。2010年から完全無農薬の酒米に変更。賤ヶ岳の戦の7人の武将にちなんで名づけられた七本鎗が主力銘柄です。

酒米で選ぶ

日本酒の味わいは酒米によっても変わります。関西の日本酒では、その土地にちなんだ酒米をはじめ、山田錦・五百万石・美山錦などの3大酒米を使用しています。

日本酒初心者には「山田錦」がおすすめ

酒米の王様と称される山田錦は全国的に作られている酒米ですが、最も盛んに栽培されている土地が関西にある兵庫県です。兵庫県の特定の地域で栽培された特A地区山田錦は山田錦の最高峰とされ、高級日本酒などに使われています。

 

山田錦で造られた日本酒は、雑味が少なく香り高い日本酒に仕上がります。昨今は華やかでフルーティーな香りの日本酒が好まれているため、山田錦を使った日本酒の需要も高いといえます。

端麗辛口が好きな方には「五百万石」がおすすめ

五百万石は米大国である新潟県で誕生した酒造好適米です。主に新潟県を中心に北陸地方で栽培されていますが、関西地方の日本酒でも使われています。五百万石はキレのあるすっきりとした味わいに仕上がるため、辛口淡麗の日本酒が好きな方におすすめの酒米です。

 

以下の記事では、五百万石の日本酒の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

 

華やかでスッキリした味わいが好きな方には「美山錦」がおすすめ

美山錦は長野県を中心に栽培されている酒造好適米です。美山錦は関西では栽培されていませんが、人気の高い品種なので美山錦を使用している酒蔵は多くあります。美山錦は五百万石に似て、スッキリとした淡麗系の日本酒に仕上がります

 

以下の記事では、美山錦の日本酒の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

内容量で選ぶ

日本酒の多くは720mlと1.8Lの瓶に詰められますが、手軽に購入できる飲み切りサイズなども展開されるようになりました。目的に合わせてサイズを選びましょう。

飲み比べやお土産用には「300mlセット」がおすすめ

720mlよりもさらに小さい300mlサイズの瓶もよく見かけるようになりました。300mlであれば飲み切りも可能で、ほかの日本酒と飲み比べを楽しみたいというときに大活躍します。複数の銘柄が詰め合わせになった300mlのギフトセットは、贈り物やお土産用としても最適です。

1人で飲むには「720ml」がおすすめ

1人で1本の日本酒を飲む場合は、720mlサイズの瓶がおすすめです。日本酒は封を開けて日が経つと味が変化していきます。日が経過したことによって良い味が出ることもありますが、菌が入って劣化した場合は酸化して味が落ちてしまいます。

 

日本酒に賞味期限表示がありませんが、一般的に開封後は3日から5日程度で飲み切りたいところです。720mlであれば1人でも比較的早く飲み切れます。1回の飲酒量が少ない方は、無理せずに300mlサイズを選ぶのも良いでしょう。

大人数で楽しむには「1.8L」がおすすめ

大人数で日本酒を嗜む場合は、容量の一番多い1.8Lサイズの瓶を選びましょう。1.8Lサイズは一升瓶と呼ばれ、日本酒では定番の大きさです。一升瓶にはとっくり約10本分の量が入っています。飲み会や集会など、大人数が集まる場での日本酒に最適です。

飲みやすさを求めるには「低い度数」がおすすめ

飲みやすさを重視する場合は、アルコール度数の低い日本酒を選びましょう。日本酒のアルコール度数は、ビール・シャンパンに次いで低いです。銘柄によって度数に差がありますが、平均的な数値は15度前後

 

15度よりも低い数値の度数であれば、比較的アルコール感が弱く飲みやすいのでおすすめです。

料理で選ぶ

日本酒のおいしい所は、その地域の特産物や料理に合わせた味になっています。好みの特徴を選んでみましょう。

和食に合わせたいなら「あっさり系」の味わいがおすすめ

関西で和食といえば京都。薄味で出汁のきいた京料理には、優しい味わいの京都のお酒がおすすめです。また、海が近く新鮮な魚介が手に入る灘のお酒も、辛口ですっきりとした味わいで和食にぴったりです。

濃い味の料理に合わせたいなら「湖」や川の地域がおすすめ

濃い味の料理に合わせたい方は、湖や川の恵みが多い地域の日本酒がおすすめです。湖や川魚などは臭みが強いので、佃煮など濃い味に料理されます。なので、滋賀県や奈良、兵庫や和歌山では地域によって、濃いめの味にぴったりなお酒がそろっています。

飲みやすい関西の日本酒人気おすすめランキング4選

キレのある飲みやすさが特徴の1本

広島県の老舗酒蔵剣菱酒造が醸す極上黒松剣菱は、山田錦と愛山を使用した関西のおすすめ日本酒。キレの強い辛口日本酒で、18度と平均よりも高いアルコール度数ですが、辛口と甘口のバランスが絶妙なうえにお米の旨味が強いので、飲みやすい味わいです。

 

剣菱の日本酒は旨味を残すために、ろ過に制限を設けており、無色透明ではなく黄色みが買った色をしている点が特徴。極上黒松剣菱1年以上タンクで熟成させているため、通常酒とは異なる熟成香も楽しめます。

酒米 山田錦・愛山 味わい 芳醇・辛口・キレ
度数 18度 容量 1.8L
エリア 広島県

口コミを紹介

お正月用に、父親からリクエストされて。
これが好きみたいなので全く問題無し。
とても喜んで貰えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

数々の賞を獲得する人気日本酒

兵庫北錦を使用した純米大吟醸です。できるだけ添加物を使用しない作り方にこだわっているため、素材に注目して選びたい方におすすめ。米の旨味が残るまろやかな味わいが特徴で、食事にもよく合います。

 

甘口の日本酒ですがすっきりとした飲み口なので後味が爽やかで、アルコール度数も平均的と飲みやすい1本です。モンドセレクションやITQIなどで、優秀な賞を受賞しています。ボトルもおしゃれなので贈り物にもおすすめです。

酒米 兵庫北錦 味わい フレッシュ・甘口
度数 15.5度 容量 720ml
エリア 兵庫県

口コミを紹介

美味しいお酒でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

微炭酸の爽やかな日本酒

油長酒造が醸すALPHAシリーズのタイプ1。奈良県産の秋津穂を65%まで磨きあげて、14度と低いアルコール度数で仕上げた飲みやすい日本酒です。フルーティーな香りと爽やかな後味が特徴的な日本酒で、微炭酸なのでスパークリングワインのような感覚で楽しめます。

 

風の森は無濾過で火入れをしない生原酒なので、とてもフレッシュな味わいです。果実感を損なわないように丁寧に醸造されているため、果実香が好きな方におすすめ。

酒米 秋津穂 味わい フルーティー・爽やか
度数 14度 容量 720ml
エリア 奈良県

口コミを紹介

凄くいい爽やかな甘い匂いで(決してくどくない) 甘みと酸味の中に少しの苦味があり自分のイメージではスパークリングワインを繊細で上品にした物の様に感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

軽く飲める低アルコール日本酒

兵庫県の富久錦が醸す純米酒系の日本酒です。70%まで磨いた兵庫県加西市産のキヌヒカリを使用しており、優しい果実香を感じる味わいとなっています。日本酒度-60の甘口ですが、後を引く甘ったるさはなくフルーティーな香りと相まって美味しく飲める味わい。

 

白ワインのような酸味もあるため、女性でも飲みやすい日本酒です。最大の魅力はアルコール度数が8度しかないという点。日本酒の平均度数の約半分なので、日本酒独特のガツンとした酒気がなく、スルスルと軽く飲めます。

酒米 キヌヒカリ 味わい フルーティー
度数 8度 容量 500ml
エリア 兵庫県

口コミを紹介

日本酒独特の飲む直前にガツンとくる酒気は全くありませんでした。
 往々にして、下戸はお酒の評価(味がわからない)ができないものですが、量さえ弁えれば美味しかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

飲みやすい関西の日本酒のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7144416の画像

    株式会社新生堂

  • 2
    アイテムID:7144193の画像

    油長酒造

  • 3
    アイテムID:7144190の画像

    西山酒造

  • 4
    アイテムID:7144187の画像

    剣菱酒造

  • 商品名
  • 富久錦 純米 Fu.
  • ALPHA 風の森 TYPE1
  • 小鼓 純米大吟醸 路上有花 桃花
  • 極上黒松剣菱
  • 特徴
  • 軽く飲める低アルコール日本酒
  • 微炭酸の爽やかな日本酒
  • 数々の賞を獲得する人気日本酒
  • キレのある飲みやすさが特徴の1本
  • 価格
  • 2,980円(税込)
  • 1,265円(税込)
  • 2,260円(税込)
  • 2,882円(税込)
  • 酒米
  • キヌヒカリ
  • 秋津穂
  • 兵庫北錦
  • 山田錦・愛山
  • 味わい
  • フルーティー
  • フルーティー・爽やか
  • フレッシュ・甘口
  • 芳醇・辛口・キレ
  • 度数
  • 8度
  • 14度
  • 15.5度
  • 18度
  • 容量
  • 500ml
  • 720ml
  • 720ml
  • 1.8L
  • エリア
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 兵庫県
  • 広島県

精米歩合の低い関西の日本酒人気おすすめランキング3選

クリアで強い果実香

清水清三郎商店が醸す作シリーズは関西を代表する有名銘柄。上質な山田錦を50%まで磨き、醸造する過程の中間でとれる中取りのみを瓶詰されています。香りと味わいのバランスをコンセプトに造られた日本酒なので、均等なバランスで飲みやすい味わいです。

 

口に入れた瞬間にフルーティーな香りを強く感じる日本酒。米の旨味やコクの後に、爽やかな酸味も感じられます。作シリーズのなかでも特に人気の高い1本で、SAKE COMPETITION 2018の純米大吟醸部門で3位を獲得しています。

酒米 山田錦 味わい 中辛口・フルーティー
度数 16度 容量 1.8L
エリア 三重県

口コミを紹介

辛口で極旨。フルーティーさもあるが、悪目立ちせず飲みやすさになってます。
後味にほんの少し苦みがあり、すっきり何杯も飲める罪なヤツです。

出典:https://www.amazon.co.jp

熱燗で味わいが引き立つ

江戸時代から続く伝統的な製法である生酛仕込みで造られた日本酒です。兵庫県の特A地区で栽培された上質な山田錦を5%まで磨いた特別純米酒。極限まで磨き上げられているため、雑味が無くお米の旨味やコクが最大限に感じられる味わいです。

 

熱燗で美味しい日本酒を目指して作られた銘柄なので、熱燗でいただくのがおすすめ。焼き魚やおでんといった料理との相性が良く、料理の味を引き立てます。熱燗コンテストで最高金賞を獲得しています。

酒米 山田錦 味わい 辛口・芳醇
度数 16度 容量 1.8L
エリア 兵庫県

口コミを紹介

熱燗がおすすめとのことで、熱燗好きな叔父にプレゼントしました!!
一緒に飲みましたが、とても呑みやすく美味しかったです!!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

清水清三郎商店

作(ざく) 槐山一滴水(かいざんいってきすい) 純米大吟醸 三重県産 1800ml

作 槐山一滴水 純米大吟醸

清水清三郎商店が醸す作のプレミアムシリーズ。上質な山田錦を40%まで磨いて、低温でじっくりと醸造された日本酒です。お米の甘味と辛口日本酒の爽やかな風味がバランスよく感じられます。定番シリーズとは異なる、上品な味わいが特徴的です。

 

フランスで開催されたKURA MASTER 2020で金賞を受賞。ハワイで開催された全米日本酒歓評会 2019で金賞を受賞と、海外にも名をはせる有名日本酒なので、贈り物にも最適です。

酒米 山田錦 味わい 爽やか・中辛口
度数 16度 容量 720ml
エリア 三重県

口コミを紹介

美味しいですねー!これは。
また購入したいです。日本酒好きな親父が嬉しそうに呑んでる姿が、また嬉しかった(^-^)

出典:https://www.amazon.co.jp

精米歩合の低い関西の日本酒のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7144448の画像

    清水清三郎商店

  • 2
    アイテムID:7144204の画像

    本田商店

  • 3
    アイテムID:7144201の画像

    清水清三郎商店

  • 商品名
  • 作(ざく) 槐山一滴水(かいざんいってきすい) 純米大吟醸 三重県産 1800ml
  • 龍力 生酛仕込み 特別純米酒
  • 作 雅乃智 中取り 純米大吟醸
  • 特徴
  • 作 槐山一滴水 純米大吟醸
  • 熱燗で味わいが引き立つ
  • クリアで強い果実香
  • 価格
  • 9,240円(税込)
  • 3,240円(税込)
  • 4,550円(税込)
  • 酒米
  • 山田錦
  • 山田錦
  • 山田錦
  • 味わい
  • 爽やか・中辛口
  • 辛口・芳醇
  • 中辛口・フルーティー
  • 度数
  • 16度
  • 16度
  • 16度
  • 容量
  • 720ml
  • 1.8L
  • 1.8L
  • エリア
  • 三重県
  • 兵庫県
  • 三重県

関西の生酒日本酒の人気おすすめランキング3選

フレッシュで爽やかな味わい

奈良県の今西清衛兵商店が醸す春鹿シリーズから出ている生酒。春と夏に限定で販売される銘柄で、山田錦を60%まで磨いてお米の旨味を引き立てた1本です。生酒ならではのフレッシュで爽やかな喉越しを感じられます

 

純米大吟醸なのでお米の旨味と甘味を強く感じる味わいが特徴的。ほんのり甘口の日本酒ですが、後味に微かに辛みも感じるので、後を引かない甘さで飲みやすい風味です。

酒米 山田錦 味わい フレッシュ・フルーティー
度数 14度 容量 720ml
エリア 奈良県

ボリュームのある香りが特徴

名手酒造が醸す黒牛シリーズから出ている生酒です。濾過をしていない無濾過原酒なので、芳醇でボリュームのあるコクや香りが楽しめます。火入れ日本酒では感じられない、まろやかな口触りも生酒ならではの特徴。

 

お米の甘味と酸味のバランスが取れた飲みやすい日本酒です。アルコール度数は18.1度と高めなので、日本酒らしいガツンとした酒気が好きな方におすすめ。

酒米 山田錦 味わい フレッシュ・吟醸香・まろやか
度数 18.1度 容量 720ml
エリア 和歌山県

口コミを紹介

原酒だけにコクがあり香りがよく、そのまま冷やでいただきました。
この価格でこの味なら、文句なしに☆5です。

出典:https://www.amazon.co.jp

おしゃれなボトルも魅力的

西山酒造場から販売されている生酒です。兵庫北錦を50%まで磨いた純米大吟醸で、フレッシュで爽やかな口当たりが特徴的。お米の甘味とフルーティーな香りを感じられる優しい味わいで、白ワインのような感覚で軽く飲める日本酒です。

 

しっかりと冷やして冷酒でいただくことによって、甘味がより引き立ちます。味わいはさることながら、スリムでおしゃれなボトルも人気の秘訣。女性も手に取りやすいビジュアルで贈り物にも最適です。

酒米 兵庫北錦 味わい フレッシュ・まろやか
度数 15.5度 容量 360ml
エリア 兵庫県

口コミを紹介

美味しい日本酒を低価格で飲めて感謝しています。
ありがとう!

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

関西の生酒日本酒のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7144216の画像

    西山酒造

  • 2
    アイテムID:7144213の画像

    名手酒造

  • 3
    アイテムID:7144212の画像

    今西清衛兵商店

  • 商品名
  • 小鼓 純米大吟醸生酒
  • 黒牛 無濾過純米本生原酒
  • 春鹿 純米吟醸生酒
  • 特徴
  • おしゃれなボトルも魅力的
  • ボリュームのある香りが特徴
  • フレッシュで爽やかな味わい
  • 価格
  • 1,562円(税込)
  • 1,562円(税込)
  • 1,540円(税込)
  • 酒米
  • 兵庫北錦
  • 山田錦
  • 山田錦
  • 味わい
  • フレッシュ・まろやか
  • フレッシュ・吟醸香・まろやか
  • フレッシュ・フルーティー
  • 度数
  • 15.5度
  • 18.1度
  • 14度
  • 容量
  • 360ml
  • 720ml
  • 720ml
  • エリア
  • 兵庫県
  • 和歌山県
  • 奈良県

関西の焼酎もおすすめ

日本酒ほどの数ではありませんが、関西エリアでも焼酎造りが行われています。京都では日本酒を醸す蔵元が、焼酎造りも手掛けている場合があります。日本酒と合わせて焼酎もぜひチェックしてみてください。

 

以下の記事では、焼酎の人気おすすめ銘柄ランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

幻の銘柄が見つかる福井県

関西エリア近辺であれば、有名な銘柄の多い福井県の日本酒もおすすめ。福井県には幻の酒に数えられている梵や黒龍などがあり、日本酒ファンが注目する土地です。以下の記事では、福井の日本酒の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

関西の日本酒を味わいたいならイベントも注目

関西だけにとどまらず、日本酒が有名な地域では、各酒蔵の蔵開きやさまざまなイベントで日本酒の種類を知ることができます。試飲などもさせてくれるところが多いので、いろんな味を知るにはとてもいい機会です。

こちらの記事は、日本酒をおいしく飲むための必需品おちょこについて詳しく紹介しています。ぜひ参考にご覧ください。

まとめ

関西エリアでおすすめの日本酒とその選び方についてご紹介してきました。奈良県や京都府など、歴史深いエリアなので日本酒造りも代々受け継がれてきた製法で造られています。関西エリアは甘口日本酒が多いので、甘口好きの方はぜひチェックしてみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月15日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

熱燗に合う日本酒の人気おすすめランキング15選【簡単な作り方も紹介!】

熱燗に合う日本酒の人気おすすめランキング15選【簡単な作り方も紹介!】

お酒
【2021年最新版】宮城の日本酒人気おすすめランキング10選【世界が認める日本酒】

【2021年最新版】宮城の日本酒人気おすすめランキング10選【世界が認める日本酒】

お酒
【2021年最新版】本醸造の日本酒人気おすすめランキング15選【うまい銘柄・特別本醸造も】

【2021年最新版】本醸造の日本酒人気おすすめランキング15選【うまい銘柄・特別本醸造も】

お酒
岡山の日本酒の人気おすすめランキング10選【御前酒・嘉美心も紹介!2021年最新】

岡山の日本酒の人気おすすめランキング10選【御前酒・嘉美心も紹介!2021年最新】

お酒
【2021年最新版】富山の日本酒人気おすすめランキング10選【お土産にも最適】

【2021年最新版】富山の日本酒人気おすすめランキング10選【お土産にも最適】

お酒
日本酒吟醸酒の人気おすすめランキング15選【市販から入手困難まで!初心者の方も】

日本酒吟醸酒の人気おすすめランキング15選【市販から入手困難まで!初心者の方も】

お酒