【2021年最新版】辛口日本酒の人気おすすめランキング20選【安いものから高級なものまで】

記事ID3124のサムネイル画像

辛口日本酒は種類も多く、大人のプレゼントとして人気を集めています。普段飲める安いものから純米大吟醸などの高級酒や珍しい銘柄など数多くの種類があります。味わいも甘めの辛口から超辛口までさまざまです。今回は、辛口日本酒の選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。

※法律により20歳未満の酒類の購入や飲酒は禁止されており、酒類の購入には年齢確認が必要です。

今回の記事では辛口日本酒の人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事では日本酒について紹介しています。ぜひ参考にしてください。

日本酒度・酸度・アミノ酸で決まる辛口日本酒の魅力

日本酒は、水とお米、麹を原料として造られるお酒です。麹・穀物に、発酵させるためのカビや微生物を繁殖させることで造られます。日本酒の糖度を表す「日本酒度」という数値が、プラスに大きいほど辛口といわれています。

 

日本酒の味わいは、日本酒度、酸度、アミノ酸のバランスによって決まります。料理にあわせて日本酒を選んだり、辛口の中でもすっきりと飲みやすい味わいのものから濃厚でコクのある日本酒まで種類はさまざまです。辛口の日本酒は種類も多く迷ってしまいますよね。

 

 そこで今回は日本酒辛口の選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは「生産地」「味わい」「人気度」を基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

日本酒の選び方

辛口の日本酒にはとても種類が多く、迷ってしまいますよね。日本酒の味わいや香り、お米の産地など、それぞれの選び方を解説していきます。

辛口ならではのポイントに注目して選ぶ

日本酒は、味わいだけでなく、香りや好みの飲み方によって選び方が変わります。自分の好きな日本酒を選んでみてください。

「日本酒度」のプラスの度合いで選ぶ

日本酒度とは、特定の日本酒の中にどれくらい糖分が残っているかを表した数値で、マイナスの数値が大きければより甘口、プラスの数値が大きければより辛口という基準になることが多いです。

 

製造工程で、アルコール度数や味を調整するために加水やアルコール添加が行われます。これにより感じる辛さは変わってくるので、プラスの数値が大きくても甘口と感じられるような日本酒も存在します。

「米の香りやうま味」を感じられるものを選ぶ

辛口の日本酒を飲むのであれば、ただ辛いだけでなく米の香りや旨味も感じられるものがおすすめです。日本酒には多くの旨味成分は含まれていて、後味がスッキリとしたものを選ぶと、食事ともよくあいます。

飲むシーンで選ぶ

日本酒はさまざまな種類に分けられます。普段飲みやプレゼントなど、それぞれのシーンに合わせたおすすめ日本酒の種類を特徴を踏まえてご紹介していきます。

普段飲みには価格の安い「純米酒」がおすすめ

純米酒は、米と米麹と水のみで造られた日本酒のことで、醸造アルコールは添加されていません。醸造アルコールを使用していないぶん、うまみや香りなどの特徴がより強く感じられる銘柄が多いのが特徴です。価格も求めやすいリーズナブルなものが多いです。

特別な日やお祝いには「純米吟醸酒」や「純米大吟醸酒」がおすすめ

純米大吟醸酒は、純米吟醸よりもさらに磨かれた精米歩合50%以下(純米吟醸酒は60%以下)の米を用いて造られた純米酒。吟醸酒ならではのフルーティーな香りと、しっかりしたコクのある濃厚な風味が味わえます。価格も高く特別な日やお祝いにぴったりのお酒です。

味わいで選ぶ

日本酒は種類によっても風味や香り、味わいが大きく変わります。酸度が高いと濃厚、酸度が低いものは淡麗な味わいと言われています。それぞれおすすめの種類をご紹介します。

香りよりも味わいの良さにこだわるなら「特別純米酒」と「別本醸造酒」がおすすめ

特別純米酒は、区分だけで考えると特別純米酒は純米吟醸酒と、特別本醸造酒は吟醸酒と全く同じです。純米吟醸酒や吟醸酒はフルーティーな香りを重視した日本酒で、特別純米酒や特別本醸造酒は純米酒や醸造酒ならではの味わいを重視した日本酒です。

日本酒初心者にはまろやかで飲みやすい「本醸造酒」がおすすめ

本醸造酒は醸造アルコールを添加してある日本酒で、精米歩合は70%以下、吟醸酒よりも割合が少なめの日本酒です。純米酒に似た香りで、味わいは純米酒よりもまろやかで飲みやすいのが特徴です。

辛口好きな方は「+6以上」を選ぶのがおすすめ

日本酒度はあくまでも目安ではありますが、プラスの数値が上がれば上がるほど感じられる甘みが少なくなります。プレゼントや贈り物など、辛口好きの方には日本酒度がプラス6以上のものを選ぶのがおすすめです。

辛口日本酒では物足りない方は日本酒度∔10以上の「超辛口」がおすすめ

辛さの基準は日本酒度-1.4〜+1.4が普通、+1.5~3.4がやや辛口、+3.5〜5.9が辛口、+6.0以上が大辛口とするのが一般的です。 キリっとした刺激のある辛口好きには日本酒度+10を超える日本酒「超辛口」がおすすめです。なかには+20を超える銘柄もあります。

糖と酸のバランスで選ぶ

日本酒の味わいは、日本酒度と酸度の微妙なバランスによって辛口になるか決まります。さらに辛口のお酒の中でもバランスによって濃醇(のうじゅん)辛口・淡麗辛口の2種類に分類されます。

スッキリとした味わいなら「淡麗辛口」がおすすめ

淡麗辛口は日本酒度が高く酸度が低い辛口です。日本酒づくりが盛んな新潟県では、昔から淡麗辛口のお酒が有名でした。ソフトな口当たりで、どんな料理にも合わせやすいスッキリとした味わいで、キレのある軽やかな辛口のため、お刺身やおひたしなどの和食がよく合います。

深みや渋みが好きな方には「濃醇辛口」がおすすめ

濃醇辛口は酸度と日本酒度がともに高く、濃厚な辛口です。醸造アルコールを使わない純米酒や、時間をかけて酒母をつくる山廃仕込みなどがあげられます。濃醇辛口は日本酒の味の五要素である甘・辛・酸・苦・渋のバランスがよく、深い味わいを持つお酒ともいわれています。

精米歩合と香りで選ぶ

日本酒を楽しむには、香りも重要なポイントです。フルーティーな軽い香りからスパイシーで芳醇な香りまでさまざまです。それぞれの特徴を解説していきます。

フルーティーな香りなら薫酒と呼ばれる「大吟醸酒」と「吟醸酒」がおすすめ

薫酒と呼ばれる吟醸酒・大吟醸酒は、米と米麹、水に醸造アルコールを添加して造られた日本酒で、精米歩合は60%以下です(大吟醸酒は50%以下)。軽くすっきりとした味わいで、低温でじっくりと発酵させることにより、独特のフルーティーな香りが特徴です。

スパイシーな香りなら長期熟成酒や古酒などの「熟酒」がおすすめ

熟酒に分類されるのは、長期熟成酒や古酒などの日本酒です。まさに、十分に寝かせたお酒です。とろりとした深い甘味と酸味が特徴的で、ナッツ類やドライフルーツなどに例えられる熟成香があります。脂の多い料理や味の濃い料理とよく合います。

産地とお米の種類で選ぶ

それぞれの地域の蔵元が独自の味を追求しているため、日本酒の産地や、お米の種類によっても、味わいが異なります。それぞれご紹介していきます。

香り高くまろやかな飲みごたえなら「山田錦」がおすすめ

酒米としてはとてもポピュラーなお米で全国一の生産量を誇り、9割以上は兵庫県で栽培されています。山田錦を原料とした日本酒は、香りが高いことが特徴です。お米の中心にある白い部分「心白」が壊れにくく、精米歩合の値が小さいお酒に使われることが多いです。

端麗な味とコスパ重視なら「五百万石」がおすすめ

山田錦の次にポピュラーな「五百万石」です。米どころである新潟県産のお米です。五百万石を使用したお酒は、切れのある淡麗な味わいです。山田錦などと比較すると価格が安いので、日本酒の掛米として利用されることもあります。

やわらかく優しい味わいが好みの方は「美山錦」がおすすめ

美山錦は耐冷性が強く、長野県や東北地方を中心に栽培されている酒米です。美山錦で醸した酒の特徴は、やわらかさと深くやさしい味わいがあります。控えめで飲み飽きしない味が人気を集めています。

濃厚な太い味わいを求める方には「雄町」がおすすめ

雄町は100年以上途切れずに栽培され続けている唯一の品種になります。雄町で醸した日本酒の特徴は濃醇な米の旨味です。飲みごたえがある太い味の酒が多く、濃厚でしっかりとした味わいの酒を醸しだします。

珍しい絵柄やおしゃれなデザインの「ラベル」で選ぶ

日本酒の味の違い以外にも、自分好みのラベルで選んでみるのもおすすめです。かっこいいラベル、辛そうな印象のラベルなど、ジャケ買いは日本酒にも通じて、味の好みと合う確率も意外と高いです。ラベルを剥がしてコレクションするのも日本酒通ならではです。

プレゼントには木箱入りの「高級」な銘柄がおすすめ

お祝いとして日本酒を送りたいのなら、純米大吟醸や純米吟醸酒などの高級酒がおすすめです。日本酒好きの方にプレゼントするときは、好きな香りや酒蔵を事前にリサーチして選ぶとよいです。

 

目上の人へのプレゼントや、仕事でお世話になった人へのお歳暮やお祝いとして贈る場合には、木箱や化粧箱入っているものを選ぶとよいでしょう。より高級感がアップし見栄えがよいのでおすすめです。

辛口日本酒の人気おすすめランキング20選

秋田流寒仕込みで醸しあげた日本酒

秋田県産の「秋田酒こまち」を一粒一粒丁寧に45%まで磨き上げ、秋田流の寒仕込みで造られました。程よい酸味と上質な旨味があり、ふくよかな香りが特徴の純米大吟醸になります。

 

華やかなメロンの様な香りと膨らみが特徴です。秋田県農業試験場で15年の歳月をかけ開発した酒造好適米。口の中にやわらかにひろがる程よい酸味と上品な旨みをお楽しみいただけます。

生産地 秋田県 アルコール度数 15%
内容量 1800 ml 味わい 中辛口
日本酒度 +1.0 酸度 1.3

口コミを紹介

価格と味共に満足するいい酒です。 香りは控えめですが、飲むほどに味わいのある酒です。 少し飲み過ぎる事があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

代々受け継がれた美酒

軽快さや淡麗さもありながら十分に旨味があります。なめらかな口当たりで、ほのかに甘みが広がりスッと消えていく繊細で上品な一品です。酒から熱燗まで、幅広く楽しむことができます。

 

新潟純米の特徴である軽快さ、淡麗さを持ちながら、十分な旨味があって、なお飲み飽きしない旨さは、代々受け継がれてきた村上の美酒、〆張鶴伝統の味わいです。

生産地 新潟県 アルコール度数 25%
内容量 1800 ml 味わい 中辛口
日本酒度 ∔2.0 酸度 1.3

口コミを紹介

以前より味わいたいと思っていた吟醸酒で、お正月もあって注文してみました。常温で飲みましたが、味は淡白でとても綺麗な味で、家族も喜んでお代りをしていました。毎回注文とはいきませんが、何かの記念日等には杯を傾けたいお酒と思っております。

出典:https://www.amazon.co.jp

抜群の安定度により高評価

サーマルタンク(低温貯蔵)とパストライザー(高性能火入れ装置)を使用しており、爽やかな風味を新鮮なまま閉じ込めた純米酒らしい旨味と、吟醸酒の軽快さのバランスがとれた逸品です。

 

甘すぎず、冷やすか冷やさないかでも飲み口がハッキリ変わるので、二度楽しめます。ふくよかで上品なのど越しと、ほどよい香りが生きているお酒です。

生産地 秋田県 アルコール度数 16%
内容量 1800 ml 味わい 辛口
日本酒度 +2 酸度 1.5

口コミを紹介

こちらの「雪の茅舎 純米吟醸」はフルーティな匂い、そして上品な味♪この純米吟醸は最高! ほどよいコクもあり、すごい驚きがあるお酒でした。普通の日本酒がダメな人でも飲めるかも。酔い方も最高!!!説明は難しいですが… 今まで飲んだことのない感覚でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

精米歩合70%の純米酒

創業300年の歴史をもつ「鶴齢」は、厳しい魚沼の冬に育まれ、その伝統の味が凝縮された芳醇な純米酒です。お米本来の甘みや旨みを引き出し、味わい深い辛口に仕上げています。

 

特徴的な酸味は、料理との相性が良く、冷酒から熱燗まで幅広く楽しむことができます。米特有の穏やかでやさしい香りがあります。後味はキレが良くて口に含んだ瞬間はスッキリと感じ旨味も感じられます。

生産地 新潟県 アルコール度数 15.55
内容量 1800 ml 味わい 辛口
日本酒度 +3.5 酸度 1.3

口コミを紹介

冷やでもお燗でもどちらでも楽しめ、嫌みのない味で美味しいです。
お燗をする前には少し(10%ぐらい)水を足すのが私の好みですが、そのへんは好きずきですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

香り高く芳醇な味わいのお酒!

「黒龍」は、北陸を代表する吟醸蔵です。福井県産五百万石が持つ米本来の旨みを引き出しつつ、爽やかな飲み心地を追求、そんな黒龍の数少ない純米系になります。

 

黒龍特有の透明感があり、抑えられた香りと酸味が食事の味を引き立ててくれます。味と香りのハーモニーがたまらない1本です。冷でもおすすめですが、少し温めることでお米の旨味と余韻を楽しむことができます。

生産地 福井県 アルコール度数 16%
内容量 1800 ml 味わい 中辛口
日本酒度 +3 酸度 1.4

口コミを紹介

プレゼントして、一緒に飲みました。
香りがあるけど、スッキリしていて凄く美味しい。
ご飯にも合うのもいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

山形で400年続く高木酒造の銘酒『十四代』

清酒「十四代」の高木酒造の純米焼酎です。米本来の旨味とスッキリとした呑み口がバランスよく醸しだされていて、素直に美味しいと感じさせてくれるおすすめの一本です。

 

徹底して手抜きしないで醸すその酒は国内外で酒のプロから高い評価を受け 獺祭、磯自慢、飛露喜、而今などと同じく入手困難な日本酒の代名詞となっております。

生産地 山形県 アルコール度数 25
内容量 720ml 味わい 辛口
日本酒度 - 酸度 -

口コミを紹介

とてもフルーティー感のある焼酎です。
少しお高めですが、美味しい。
720mlしか無いので、酒飲みには、勿体ないかも…

出典:https://www.amazon.co.jp

ワンランク上の純米酒

酔鯨特別純米酒は、地元の酒造りに適したお米を55%まで磨き、低温でじっくりと造られました。素材の旨味もありながら酔鯨の特徴である酸味もしっかりとあり、香りは控えめでキレのある辛口純米酒です。

 

しっかりとした飲みごたえと、すっきりとした後味は、和食との相性が抜群です。料理の味を生かす食中酒としておすすめです。少し冷やして飲むことで、甘味とフレッシュな酸味があり、口当たりが良くなります。

生産地 高知県 アルコール度数 15%
内容量 1800 ml 味わい 超辛口
日本酒度 +6 酸度 1.6

口コミを紹介

日本酒は苦手だったが久しぶり飲んでみるか、と思い飲んだみたのがこれです。日本酒バーにも足を運ぶほど日本酒が好きになりましたがやはり一番安くて美味いのはこれです。味がしっかりとして、飲みこめばスッと消えていき飲み飽きません。ぜひ冷やしてあなたも一杯!

出典:https://www.amazon.co.jp

「飛露喜」唯一の四合瓶

四合瓶のみの出荷商品で、飛露喜では唯一の四合瓶となっています。吟醸香と果実のような上品な香りです。繊細で白ワインを思わせる微かな酸味と、雑味のないすっきりした甘さが特徴です。

 

旨味と酸味が程よくあり、とてもバランスの良い仕上がりです。穏やかで深い味わい「山田錦」らしさが詰まっています。5~10度、冷で飲むのがおすすめです。

生産地 福島県 アルコール度数 16%
内容量 720 ml 味わい 中辛口
日本酒度 +3.5 酸度 1.4

口コミを紹介

飲み口からとても飲みやすく後味もよくどんな料理にも合います。
また飲みたくなるお酒です

出典:https://www.amazon.co.jp

限定流通の「みむろ杉 ろまんシリーズ」定番の辛口酒

香りは華やかでおだやかな味わいが特徴です。ただ辛いだけではなく芳醇な旨味が感じられます。ほどよい酸味とキレが特徴で、お酒単体でも食事とあわせても楽しむことができます。

「みむろ杉」がつくられる奈良県唯一の酒米「露葉風」が使用された貴重なものです。スムースな口当たりは辛口の日本酒が好きな方、そうでない方どちらにもおすすめです。

生産地 奈良県 アルコール度数 15%
内容量 1800ml 味わい 中辛口
日本酒度 +6 酸度 1.9

口コミを紹介

とても、美味しい。今回は、お酒好きにプレゼントしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

フルーティーで旨味をのある1本

而今(じこん)は、「今このときを懸命に生き抜く」という意味です。酒造業界の苦しい現状の中で、而今の精神で酒を醸していきたいという思いが込められているようです。

 

洋ナシのような香りでフレッシュな口当たりです。ジューシーで甘みと旨味が広がります。後口はきりっとした酸味と辛みがあり、ドライな印象です。火入れされていることによってまとまりの良い1本になっています。

生産地 三重県 アルコール度数 16%
内容量 1800 ml 味わい 中辛口
日本酒度 0 酸度 1.7

口コミを紹介

年に何回か購入します。すごく飲みやすくてフルーティーな日本酒です。
梱包も丁寧で良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

辛さを出さない淡麗タイプ

お酒に適した良質なお米を使用し、銘水と言われる酒どころ西宮の「宮水」で仕込むという白鹿の独自醸造法で造られた辛口のお酒です。飲み口はドライでさわやか、辛さを出さない淡麗タイプといわれます。

 

後口はきりっと締まり、腰の強い味わいが特徴です。冷や常温でもおいしいですが、熱燗やぬる燗がおすすめです。熱燗にすることで、酸味と甘みがまろやかになります。

生産地 兵庫県 アルコール度数 16%
内容量 1800 ml 味わい 超辛口
日本酒度 +7 酸度 1.4

口コミを紹介

日本酒の風味があるけど、スピリッツのような感じさえ受ける。
でも、口の中ではちゃんと日本酒の香りがしているから戸惑うくらい。これより辛口の日本酒があるのかなあ?ドライというより、辛口という感じだと思います。一度試して見る価値のあるお酒だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

すっきりとした後味の超辛口

芭蕉も絶賛した「雪の松島」にちなんで、命名された銘酒です。伝統技術を現代的な感覚で生かすことで、お米の持ち味を引き出すことに重点を置いたこだわりの製法です。

 

お米の旨味だけでなくコクを楽しむことができます。日本酒度は高いですが、キレがありまろやかです。すっきりとした後味が特徴の超辛口の純米酒です。

生産地 宮城県 アルコール度数 17%
内容量 1800 ml 味わい 超辛口
日本酒度 +20 酸度 1.7

口コミを紹介

これ以上の辛口純米酒は、まず無いでしょう。値段もリーズナブルで、淡麗辛口の中では最上級だと思っております。

出典:https://www.amazon.co.jp

究極まで発酵させた辛口の原酒

岐阜県の日本酒になります。酒造である「久寿玉」は、百薬の長'薬玉(くすだま)'を読み替えたことからきています。究極まで発酵させ、醸した原酒タイプの超辛口です。辛さの中に、しっかりとした旨味やコク、香りが残っています。

 

飲んだ瞬間には、素晴らしい美味しさがガツンと体中を駆け巡るほどです。糖分控えめで、後味は爽やかなキレの良さが特徴です。原酒だからこそ、日本酒らしい力強い味わいです。常温や冷で飲むのがおすすめです。

生産地 岐阜県 アルコール度数 20.5%
内容量 1800 ml 味わい 超辛口
日本酒度 +15 酸度 1.8

口コミを紹介

久しぶりに飲んだ久寿玉でしたがやっぱり辛口で美味しかったです

出典:https://www.amazon.co.jp

ぎりぎりまで発酵させた超辛口。

刈穂蔵に伝承されている山廃仕込みによって、もろみを極限まで醗酵させるという製法で造られています。仕込み水には、発酵が進みやすい硬水の性質を最大限に生かしています。そのため、ぎりぎりまで発酵させ、超辛口に仕上げられた逸品です。

 

辛さだけでなく、きめの細やかな上質な旨味が特徴です。常温やお燗がおすすめです。北国の寒い冬に体の芯から温めてくれる、そんなお酒です。山廃のため、味に多少のくせを感じる方もいますが、それこそ山廃仕込ならではの特徴です。

生産地 秋田県 アルコール度数 15.2%
内容量 720 ml 味わい 超辛口
日本酒度 +12 酸度 1.8

口コミを紹介

淡麗辛口、美味しいです!冷やで飲むことをお薦めします。少し割高になりますが、一升瓶よりも720ml瓶で飲んだ方が開栓後の酸化も防げて良いですよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

全国燗酒コンテスト2016」にて『最高金賞』を受賞した日本酒

酸味と甘みが上品に溶け合い、秋田地酒の特徴である米の旨みやコクが感じられる辛口日本酒です。冷やしていただくと吟醸香が引き立ち更に風味豊かになります。

 

濃醇な味わいと香り豊かな含み香は日本酒の最高峰にふさわしい仕上がりと。秋田の地酒と良質な天然水で秋田の厳寒の時期に丹精込めて仕込んでいます。「全国燗酒コンテスト2016」にて『最高金賞』を受賞しています。

生産地 東北地方 アルコール度数 16%
内容量 720ml 味わい 辛口
日本酒度 +3.0 酸度 1.3

口コミを紹介

友人が好きなお酒でした。
あんまり他のお店では見かけないようなので喜んで頂けました。
すっきりしていておいしいそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

口当たりの良い辛口日本酒

「花の舞酒造」は、1864年に創業された静岡県の酒蔵です。純米酒をより端麗に仕上げることにこだわり、本来より仕込み期間を長めに取ることで、ゆっくりとアルコールが抽出されました。辛口でもきれいなお酒と言われています。

 

飲み方は、ぬる燗、常温、または少し冷やして飲むのがおすすめです。天婦羅などの油を使った食べ物との相性も良いです。辛口ですが、あからさまな辛さではなく綺麗な酒に仕上っています。

生産地 静岡県 アルコール度数 15.5%
内容量 1800 ml 味わい 超辛口
日本酒度 +5 ~ +7 酸度 1.3

口コミを紹介

私は、淡麗辛口が好き。 色々なお酒を試してきました。久保田、越乃寒梅など色々とのんだ結果、安くて美味いのは、これ、花の舞。高いのは、やっぱり有名所ですが、有名所の安いのより花の舞超辛口のほうが確実にうまい。普段飲むのわこれ、4合瓶でも1000円です。おすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

アルコール度数は驚きの46度

アルコール度数が高く、リキュールとして販売されています。驚きの46度!ひと昔前まで、アルコール度数の高い日本酒として、その名をとどろかせていました。現在、酒税法ではリキュール扱いになりますが、日本酒の味わいが残っています。

 

日本酒のウォッカとも言われ、割って飲んでもおいしいお酒です。一年貯蔵することで、まろやかな味わいになります。オンザロックで、グレープフルーツの果汁を1~2滴加えるのがおすすめの飲み方です。何とも言えない舌ざわりで、一押しの飲み方です。

生産地 甲信越 アルコール度数 46%
内容量 720 ml 味わい 超辛口
日本酒度 +66.0 酸度 1.0

口コミを紹介

日本酒はあまり飲まないのですが、先日『えちごさむらい』を飲む機会があり、あまりの美味しさにネットで注文しました。
46度とかなり度数が高いですが、ロックで飲むと最高に美味しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

さすが「久保田」と言われる1本

香り、味ともに「久保田」シリーズの最高峰と言われる1本です。久保田は、お米だけでなく水にもこだわり地元の軟水を使用しています。軟水は酒造りにおいて一般的ではありませんが、辛口でも飲みやすい味わいになります。

 

口当たりは柔らかく、調和のとれた旨味が特徴的です。軽く冷やしても、温めても、存在感のあるお酒です。久保田はお祝いやプレゼントなどの贈り物としても喜ばれる一本です。

生産地 甲信越地方 アルコール度数 15%
内容量 720 ml 味わい 中辛口
日本酒度 +2 酸度 1.2

口コミを紹介

父と主人への日頃の感謝に購入いたしました!百寿、千寿、萬寿3点を購入して飲み比べの為に購入!やはり萬寿の味は格別でした!!主人も父も気に入った為その後、1週間後に1.8Lも購入して2人で楽しく晩酌しております。サラッとした口当たりでとても、飲みやすいです。お酒の弱い私も美味しくいただけました!色々試しましたが、主人と父は冷酒で飲むのが良かったみたいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

明治8年創業、昔から親しまれた味!

創業は明治8年。地元では”亀の井”という銘柄で昔から親しまれてきた日本酒です。旨味がありながら、キレのある後口は、純米酒の重さを感じさせないレベルの高い味わいが特徴です。

 

日本酒度+10ですので、もはや辛口というよりは、超辛口のレベルですが、不思議とそこまでの辛さは感じません。辛口好きな日本酒通の方には是非おすすめしたい最高の辛口です。

生産地 山口県 アルコール度数 18%
内容量 1800 ml 味わい 辛口
日本酒度 +10.0 酸度 1.3

口コミを紹介

辛口で飲みやすかったです
友達の誕生日プレゼントで渡せて良かった

出典:https://www.amazon.co.jp

日本酒といえばこれという1品

最高の酒米といわれる山田錦を45%まで磨いて醸した純米大吟醸で、とても有名な日本酒です。きれいで新鮮な味と柔らかで繊細な香りが絶妙なバランスを保っています。

 

獺祭は全体的にフルーティーさもあり、辛さとのバランスが絶妙です。辛口としては柔らかい口あたりです。冷やして飲むのがおすすめです。淡白なお魚や、フル-ツなどと相性抜群です。

生産地 山口県 アルコール度数 16度
内容量 1800 ml 味わい 中辛口
日本酒度 - 酸度 -

口コミを紹介

冷でチビチビと口に含むように呑むと、こんなに美味い酒があったのか!と愕然とするほど美味しかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

辛口の日本酒のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7126616の画像

    旭酒造

  • 2
    アイテムID:7126613の画像

    亀の井酒造

  • 3
    アイテムID:7126610の画像

    朝日酒造(清)新潟

  • 4
    アイテムID:7126607の画像

    玉川酒造

  • 5
    アイテムID:7126604の画像

    花の舞

  • 6
    アイテムID:7126601の画像

    北鹿

  • 7
    アイテムID:7126598の画像

    刈穂酒造

  • 8
    アイテムID:7126595の画像

    平瀬酒造

  • 9
    アイテムID:7126592の画像

    大和蔵酒造

  • 10
    アイテムID:7126589の画像

    白鹿

  • 11
    アイテムID:7126586の画像

    木屋正酒造

  • 12
    アイテムID:7126583の画像

    みむろ杉

  • 13
    アイテムID:7126580の画像

    廣木酒造

  • 14
    アイテムID:7126577の画像

    酔鯨酒造

  • 15
    アイテムID:7126574の画像

    八海醸造(清)新潟

  • 16
    アイテムID:7126571の画像

    黒龍

  • 17
    アイテムID:7126568の画像

    青木酒造

  • 18
    アイテムID:7126565の画像

    齋彌酒造店

  • 19
    アイテムID:7126562の画像

    〆張鶴

  • 20
    アイテムID:7126559の画像

    秋田酒類製造

  • 商品名
  • 獺祭 純米大吟醸45
  • くどき上手 純吟辛口
  • 久保田 萬寿純米大吟醸
  • 越後武士 さむらい
  • 純米酒 超辛口
  • 北秋田 大吟醸
  • 山廃純米 超辛口
  • 久寿玉 超辛口
  • 雪の松島 醸魂純米酒
  • 上撰黒松 超辛
  • 而今 特別純米
  • 特別純米 辛口
  • 飛露喜 純米大吟醸
  • 酔鯨 特別純米酒
  • 十四代 秘蔵焼酎
  • 純米吟醸
  • 鶴齢 純米酒
  • 雪の茅舎 純米吟醸
  • 純 純米吟醸
  • 高清水 純米大吟醸
  • 特徴
  • 日本酒といえばこれという1品
  • 明治8年創業、昔から親しまれた味!
  • さすが「久保田」と言われる1本
  • アルコール度数は驚きの46度
  • 口当たりの良い辛口日本酒
  • 全国燗酒コンテスト2016」にて『最高金賞』を受賞した日本酒
  • ぎりぎりまで発酵させた超辛口。
  • 究極まで発酵させた辛口の原酒
  • すっきりとした後味の超辛口
  • 辛さを出さない淡麗タイプ
  • フルーティーで旨味をのある1本
  • 限定流通の「みむろ杉 ろまんシリーズ」定番の辛口酒
  • 「飛露喜」唯一の四合瓶
  • ワンランク上の純米酒
  • 山形で400年続く高木酒造の銘酒『十四代』
  • 香り高く芳醇な味わいのお酒!
  • 精米歩合70%の純米酒
  • 抜群の安定度により高評価
  • 代々受け継がれた美酒
  • 秋田流寒仕込みで醸しあげた日本酒
  • 価格
  • 3,078円(税込)
  • 4,400円(税込)
  • 4,224円(税込)
  • 2,450円(税込)
  • 2,479円(税込)
  • 963円(税込)
  • 1,860円(税込)
  • 3,507円(税込)
  • 3,274円(税込)
  • 2,580円(税込)
  • 12,699円(税込)
  • 2,860円(税込)
  • 6,750円(税込)
  • 2,770円(税込)
  • 6,622円(税込)
  • 3,822円(税込)
  • 3,000円(税込)
  • 3,350円(税込)
  • 3,770円(税込)
  • 3,143円(税込)
  • 生産地
  • 山口県
  • 山口県
  • 甲信越地方
  • 甲信越
  • 静岡県
  • 東北地方
  • 秋田県
  • 岐阜県
  • 宮城県
  • 兵庫県
  • 三重県
  • 奈良県
  • 福島県
  • 高知県
  • 山形県
  • 福井県
  • 新潟県
  • 秋田県
  • 新潟県
  • 秋田県
  • アルコール度数
  • 16度
  • 18%
  • 15%
  • 46%
  • 15.5%
  • 16%
  • 15.2%
  • 20.5%
  • 17%
  • 16%
  • 16%
  • 15%
  • 16%
  • 15%
  • 25
  • 16%
  • 15.55
  • 16%
  • 25%
  • 15%
  • 内容量
  • 1800 ml
  • 1800 ml
  • 720 ml
  • 720 ml
  • 1800 ml
  • 720ml
  • 720 ml
  • 1800 ml
  • 1800 ml
  • 1800 ml
  • 1800 ml
  • 1800ml
  • 720 ml
  • 1800 ml
  • 720ml
  • 1800 ml
  • 1800 ml
  • 1800 ml
  • 1800 ml
  • 1800 ml
  • 味わい
  • 中辛口
  • 辛口
  • 中辛口
  • 超辛口
  • 超辛口
  • 辛口
  • 超辛口
  • 超辛口
  • 超辛口
  • 超辛口
  • 中辛口
  • 中辛口
  • 中辛口
  • 超辛口
  • 辛口
  • 中辛口
  • 辛口
  • 辛口
  • 中辛口
  • 中辛口
  • 日本酒度
  • -
  • +10.0
  • +2
  • +66.0
  • +5 ~ +7
  • +3.0
  • +12
  • +15
  • +20
  • +7
  • 0
  • +6
  • +3.5
  • +6
  • -
  • +3
  • +3.5
  • +2
  • ∔2.0
  • +1.0
  • 酸度
  • -
  • 1.3
  • 1.2
  • 1.0
  • 1.3
  • 1.3
  • 1.8
  • 1.8
  • 1.7
  • 1.4
  • 1.7
  • 1.9
  • 1.4
  • 1.6
  • -
  • 1.4
  • 1.3
  • 1.5
  • 1.3
  • 1.3

日本酒は飲み方の温度や器でも味わいが変わる

日本酒によって、おすすめの飲み方は変わります。一般的に温度が低い冷酒の場合は香りや風味が「閉じる」とされ、温まる熱燗などは香りや風味が「開く」という表現をされています。

 

造る過程で熱を加えていない「生酒」は、冷やして飲むのがおすすめです。にごり酒やスパークリングタイプも、冷やして飲む方がおいしいです。温めると、品質が劣化してしまうので、注意が必要です。

 

日本酒といえばそのまま飲むのが一般的ですが、原酒や純米酒、生酒などは、グラスに大きめの氷を入れウィスキーや焼酎のように「ロック」で飲む方法、炭酸水やジュース、お茶などと合わせてカクテルのように楽しむ飲み方もあります。

あわせる食事で日本酒を飲み分けても楽しい

日本酒選びは食事とあわせて選ぶのもおすすめです。日本酒度の高いものはキレが良い味わいでお刺身など生魚と相性が良いです。唐揚げなどの揚げ物にはさっぱりと飲める酸度の高いもの、お肉のソテーにはフルーティーな香りがするものと相性がよいです。

 

また冷や熱燗など食事に合わせて日本酒の温度を変えてみたり、食事にあわせてその都度日本酒の種類を変えてみるのも日本酒を楽しむひとつのポイントです。自分だけの新しい組み合わせを発見できるのも楽しみですよね。

日本酒度や酸度だけにとらわれすぎるのもNG

日本酒度や酸度は、辛口のお酒を判別する目安にはなりますが、どんなお酒にも当てはまる基準ではありません。日本酒度が+10を超える辛口のお酒でも、人によっては甘口のように感じる場合もあります。

 

近年では、「獺祭」のように日本酒度や酸度をあえて非公開にする蔵元もあります。数値を気にしすぎず、色んな日本酒を飲み比べてみて自分の好みのお酒の味を楽んでみるのもおすすめです。

辛口以外の日本酒もおすすめ

日本酒には辛口以外にも甘口や中辛口などさまざまな味の種類があります。以下のリンクでは辛口以外の日本酒も含めた日本酒の人気おすすめランキングをご紹介しています。是非参考にしてみてください。

日本酒がどんどん進む!お酒に合うおつまみ

キレのあるさっぱりとした味の辛口の日本酒には、淡白な白身魚や魚介のお刺身、冷ややっこ、酢の物など、シンプルな味つけの料理やつまみが合います。和食との相性がよいです。
 
 
一方、コクのある濃厚な濃醇辛口などの日本酒には、お肉料理やチーズなど濃い味つけの料理や、天ぷらなどの油脂成分の多い料理とも相性抜群です。和食のみならずさまざまなジャンルの料理にあいます。
 
 
以下のリンクでは辛口の日本酒以外にも、それぞれのお酒の種類にあわせたお酒のおつまみ人気おすすめランキングをご紹介しています。おつまみで迷われている方は是非参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?辛口の日本酒と一言にいっても種類はとても豊富です。産地や原料米、酸度、好みの飲み方によってもおすすめの日本酒は変わってきます。今回のランキングと選び方を是非参考にして、自分好みの日本酒を見つけてみてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月25日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

日本酒の人気おすすめランキング33選【入手困難・幻の日本酒】

日本酒の人気おすすめランキング33選【入手困難・幻の日本酒】

お酒
【2021年最新版】東北日本酒の人気おすすめランキング15選【甘口から辛口まで】

【2021年最新版】東北日本酒の人気おすすめランキング15選【甘口から辛口まで】

お酒
甘口日本酒の人気おすすめランキング20選【スーパーで手に入る銘柄も】

甘口日本酒の人気おすすめランキング20選【スーパーで手に入る銘柄も】

お酒
【2021年最新版】純米大吟醸の人気おすすめランキング21選【甘口・辛口】

【2021年最新版】純米大吟醸の人気おすすめランキング21選【甘口・辛口】

お酒
【日本酒専門家監修】入手困難な日本酒の人気おすすめランキング35選【レアでプレミア価格が付くものも】

【日本酒専門家監修】入手困難な日本酒の人気おすすめランキング35選【レアでプレミア価格が付くものも】

お酒
【100人に聞いた!】梅酒の人気おすすめランキング50選【2021年最新版・日本一美味しい梅酒】

【100人に聞いた!】梅酒の人気おすすめランキング50選【2021年最新版・日本一美味しい梅酒】

お酒