【2023年版】Panasonicテレビのおすすめ人気ランキング10選【新製品や評判も!】

テレビをはじめとして数多くの製品を世に出しているのがPanasonic(パナソニック)です。32型・43型などのサイズがあり、4K・8K対応モデルなど高音質・高画質で評判のいいモデルもあります。今回は新製品などのPanasonicテレビのおすすめ商品を紹介するので、参考にしてください。また、パナテレビは撤退したのかや今後についても解説します。

43型なども!Panasonic(パナソニック)ビエラシリーズの比較も紹介

数多くの製品を世に出しているメーカーがPanasonic(パナソニック)です。実績ある企業なのもあって、大型の電化製品はPanasonicのものを選んで購入する方も多くいらっしゃいます。Panasonicのテレビは種類が多いので、自分に合ったものを選べるんです。
 
実は、Panasonicのテレビなら、独自の技術を生かした4K・8K対応の高画質のものや、ネット動画も見れる機能を搭載したテレビなどを選べます。国内のテレビ事業が撤退する中、パナソニックは今後も新製品発売が期待されています。
 
そこで今回は、Panasonicのテレビの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは画質・ネットでの評判・追加機能を基準に作成しました。使いやすい32型や大画面で観られる43型もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

1位

Panasonic(パナソニック)

VIERA TH-43LX900

4.5

43型・49型の使いやすいサイズ!IPSパネルの綺麗な画質

インターネット接続対応なので、NETFLIXなどのVODサービスを楽しめる小型テレビです。スマホの専用アプリで、見たい番組を選んでテレビで再生や、録画してある番組の再生もスマホなどの便利な機能が搭載されています。

 

スマホで撮影した動画や写真をテレビ画面に映し出すのも可能です。お部屋ジャンプリンク機能も付いているので、録画した番組やデジカメ写真などを、別の部屋にあるVIERAで楽しめます。

サイズ展開 43/49型 パネル IPSパネル(43型はVAパネル)
お部屋ジャンプリンク機能 - VOD対応 -
音響 フルレンジ×2個 チューナー 2裏番組録画
そのほかの機能 チルト機構付きスタンド・TV Remote 2

Panasonicのテレビの選び方

魅力的且つ種類も多いので迷う方も多いです。ここでは、Panasonicのテレビを選ぶときの注目ポイントについてご紹介します。

人気のおすすめモデルや新製品で選ぶ

Panasonicのテレビは新製品をはじめこれまでにも数多くのモデルが発売されていました。ここでは、2023年8月時点で発売されている人気シリーズをご紹介します。

世界初の音声技術搭載なら55インチもある「ビエラGZ2000シリーズ」がおすすめ

ビエラGZ2000シリーズは世界初のテレビ一体型イネーブルドスピーカー搭載民生用テレビとして発売されました。イネーブルドスピーカーとは、音の3次元の移動感を捉え立体感を演出するオブジェクトオーディオが気軽に楽しめるスピーカーです。
 
また、ビデオ・オンデマンドサービスに対応しており、NetFlixをはじめとしたサービスをテレビで見れます。画面サイズ展開は65vと55vの2種類で従来までの操作の手軽さを残したまま、これまで以上の内容ができるようになったハイテクモデルです。

没入感を求める方は音と映像の評判がいい「ビエラLZ2000シリーズ」がおすすめ

ビエラLZ2000シリーズは、映像と一体感のあるサウンドが評判のモデルです。映画館で採用されている音声フォーマットを搭載したこのテレビなら、お家での映画鑑賞がさらに楽しめます。サイズは65vと55vの展開です。
 
お部屋ジャンプリンク機能があり、同じ家の別の部屋にある対応機器にビエラで録画した映像を転送できます。家にテレビを複数設置する場合に便利な機能です。これがあればテレビの取り合いが起こらず、家族みんなが快適に過ごせます。

4K対応の倒れにくいテレビをお探しの方は「ビエラLG1800シリーズ」がおすすめ

LG1800シリーズは2022年に発売されたPanasonic液晶テレビの新モデルです。サイズは48v・55v・65vの3種類で従来のフルハイビジョンテレビの4倍繊細といわれる4K放送の番組を視聴するだけでなく、そのままの画質で録画もできます。
 
LG1800はBS4Kだけでなく、110度CS4Kチューナーも内蔵しているため、視聴できる番組を増やすのも可能です。また、地震や転倒事故など万が一の自体に備えて、倒れにくい独自設計がされているのも特徴で1台目のテレビとして人気を集めています。

液晶の種類で選ぶ

Panasonicのテレビの薄さは、液晶テレビと有機ELテレビで大きく異なります。テレビの厚さは部屋に置いたときの印象を左右するので、選ぶ際に意識しておきたいポイントです。

最高峰の画質を楽しみたい方は「4K液晶テレビ」がおすすめ

これまでと変わらないサイズ感のテレビがほしい方、テレビの厚さにこだわりがない方は、4K液晶テレビがおすすめです。フルハイビジョンの4倍の高画質を誇る4K液晶テレビで迫力ある映像を楽しんでください。リビングに置く1台目としての人気が高いテレビです。
 
また、厚さだけを考えるのなら、フルHDテレビやHDテレビも同じくらいの厚さになります。4Kほど高画質ではありませんが、2台目3台目のテレビとして重宝されているのも特徴です。下記では、パナソニックの液晶テレビについて紹介していますので、ご覧ください。

壁掛けテレビが欲しい方は「4K有機ELテレビ」がおすすめ

Panasonicの4K有機ELテレビはプラズマテレビと同じ方式を採用し、有機物を発光させる技術を駆使して、液晶テレビの10分の1の薄さを実現しているので壁掛けテレビにもぴったりです。部屋に置いたときの圧迫感を軽減してくれます。
 
倒れにくい転倒防止スタンド採用のモデルも多くあるので、万が一のときの転倒リスクを減せます。テレビを壁掛けする際にはこのタイプおすすめです。以下の記事では、有機ELテレビのおすすめ商品を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

LEDバックライトで選ぶ

液晶テレビにはLEDバックライトが使われており、直下型液晶ディスプレイとエッジ型液晶ディスプレイがあります。選び方について紹介しますので、参考にしてください。

明るくて高画質を求めている方は「直下型液晶ディスプレイ」がおすすめ

直下型液晶ディスプレイは液晶の裏側にLEDが敷き詰められたもののことを指します。直下型液晶ディスプレイのメリットとしては、映像を明るく映し出せます。エッジ型のものよりも高輝度になりやすいです。

 

デメリットとしては、テレビ本体に厚みが出てしまう点になります。また、熱を持ってしまうときもあるので注意が必要です。高画質な映像を求める方は、直下型液晶ディスプレイのPanasonicテレビをおすすめします。

薄くて価格が安いものが欲しい方は「エッジ型液晶ディスプレイ」がおすすめ

エッジ型液晶ディスプレイは液晶の縁の部分だけにLEDが使われているテレビを指します。直下型液晶ディスプレイと比較をすると、消費電力が抑えられる点や、軽くて薄型なのが特徴です。

 

価格も低価格なので、価格を重視したい方にはエッジ型液晶ディスプレイをおすすめします。映像の繊細さや明るさは劣ってしまう傾向にあるのでその点は注意が必要です。薄くて価格の安いPanasonicテレビを探している方はぜひチェックしてください。

サイズで選ぶ

Panasonicのテレビには、30型以下のものや50型以上の大きなサイズのものまであります。それぞれの選び方を紹介しますので、参考にしてください。

一人暮らしの方や2台目が欲しい方には4型などの「30型以下」がおすすめ

一人暮らしの方や寝室に2台目として置きたい方は、30型以下のサイズのPanasonicテレビがおすすめです。30型以下のサイズのものは、テレビから1メートル以上の視聴距離を確保できない場所に設置するのに適しているサイズになります。

 

30型以下であれば快適にPanasonicテレビを見られるので、是非チェックしてみてください。またワイヤレスで持ち運びができるタイプも販売されているので、好きな場所でテレビを楽しめます。

6~12畳の部屋に設置する方は40インチなど「43型~49型」がおすすめ

32~40型サイズのテレビを置くのであれば、テレビからの視聴距離は120~150cm確保する必要があります。そのため6~8畳ほどの部屋に設置する場合などにおすすめです。43型~49型のPanasonicテレビを快適に見るための視聴距離は160~180cmになります。

 

8~12畳ほどの部屋に設置するのがおすすめです。4Kモデルであれば映像が綺麗なので、視聴距離は1m以下でも十分快適にテレビを楽しめます。よりリアルで迫力を感じられる映像で見たい方は43~49型サイズがおすすめです。

広いリビングで見る方は55型などの「50型以上」がおすすめ

50型以上のPanasonicテレビになると4Kに加えて8Kモデルも販売されているのも特徴です。1m以上の視聴距離があれば快適に見られますが、部屋に対してテレビが大きすぎると圧迫感を感じてしまいます。

 

部屋が広くても60型サイズまでのモデルを選ぶのがおすすめです。60型以上になるとホームシアターのように使えるので、高解像度の4Kや8Kモデルを選ぶと、自宅で気軽に映画館のような迫力のある映像を楽しめます。

リビングなどで見る方は「IPSパネル」をチェック

IPSパネルは視野角が広く高画質な映像を再現できるのが特徴です。リビングに置いていて、ご飯を食べながら見る・ソファーに座って見る・料理をしながら見るなど、さまざまな角度から見る場合は、IPS液晶が搭載されたテレビをおすすめします。

 

VA液晶は正面から見た場合にコントラストに優れていて画面が明るいのが特徴です。正面からテレビを見る方におすすめします。

映像視聴に関する機能で選ぶ

映像を視聴するときにあると便利な機能をご紹介します。テレビでの番組視聴をもっと快適に行いたい方必見です。

操作のしやすさで選ぶなら「快適操作機能付き」がおすすめ

ネットに接続できるテレビのホーム画面が、スマホのような感覚で使用できるように整えられていたり、よく利用する機能をテレビのリモコンに登録させられたりする便利機能があります。それが、Panasonicのテレビの特徴でもある快適操作機能です。
 
テレビが単に放送番組を視聴するだけではの機械ではなくなった今、Panasonicの快適操作機能はスマホ感覚で大画面を操作できると注目を集めています。

チューナーが一体化したテレビを探すなら「4Kチューナー搭載テレビ」がおすすめ

もはやテレビを選ぶときの基本ともいえるのが4Kチューナーになります。4Kチューナーは、2018年の12月から開始された新4K衛星放送を受信するために必要な装置です。2020年8月現在、新4K衛星放送は18チャンネル存在し、これは今後も増えていくとされています。
 
4K放送は従来のハイビジョン放送の4倍の画質とされていて、美しい映像を楽しみたい方にはぜひおすすめしたいものです。新4K衛星放送を視聴するためにはテレビとは別に4Kチューナーが必要ですが、チューナー搭載テレビなら、別途購入する必要がありません。

テレビ一つで録画も視聴も楽しむなら「レコーダー機能搭載」がおすすめ

Panasonicのテレビの多くは、レコーダー機能が搭載されています。これによって、テレビ一つで録画も視聴も楽しめるので、テレビの周りにほかの機器を置かずにすっきりさせたい方にもおすすめです。

 

モデルによって同時に2つ以上の番組を録画できる裏番組録画機能や、テレビの番組表が見やすい工夫がされたものなどがあります。テレビだけで録画も視聴も楽しみたい方は意識して選んでください。

ボディの特徴で選ぶ

Panasonicは、テレビのボディにさまざまな便利機能や特徴を持たせています。選ぶときは自分がほしい機能や特徴が採用されているモデルを選ぶのがおすすめです。

万が一のときの安全を求める方は「転倒防止スタンド」のあるものがおすすめ

薄型のテレビのリスクとして、地震や何らかの不測の事態での転倒の恐れがあります。そのようなリスクを可能な限り軽減し、安心して利用するサポートをしてくれるのが、転倒防止スタンドです。
 
スタンド底に吸盤を付け、接地面との間を真空に近づけると、転倒しそうになった場合に吸盤が吸い付き防ぐようになっています。また、この真空に近い状態はスイッチで簡単に切り替えられるため、掃除や引っ越しの際に邪魔になりません。

部屋に馴染むテレビがほしい方は「ノイズレスデザイン」がおすすめ

ビエラシリーズにはPanasonicのノイズレスデザインを採用しているモデルも多くあるので注目です。省スペース設計をしたため、画面の周りのすき間をなくせました。これにより、大きな画面でも部屋に置きやすくなっています。
 
また電源ランプオフ機能を搭載すると、暗い部屋での視聴の際でもランプが気になりません。ノイズレスデザインのものは、視聴の際のノイズを排除し、映像の世界に没頭できるのでおすすめです。

ネットに繋いで楽しみたい方は「VOD対応」をチェック

Panasonicのビエラシリーズならテレビをネットに繋いでニュースやゲームを楽しめます。その中でもVOD対応のモデルを選べばNetFlixやYouTube、U-NEXTなどをはじめとする多くのVODサービスをテレビで視聴可能です。
 
Panasonicのテレビでは、ネットに接続するとさまざまなアプリを利用できます。映像配信サービスはもちろん、それ以外にも、有料でJOYSOUNDのカラオケが自宅で楽しめたり、ソリティアやリバーシなどのゲームを楽しんだりするのも可能です。
 
ビエラシリーズには、ハードディスクに録画された番組をネットを通じて転送し、スマホで視聴できるようにする機能があります。専用アプリによって視聴が可能です。さらに、外出中にスマホから録画予約もできます。

サウンドなら「イネーブルドスピーカー」対応もチェック

イネーブルドスピーカーとは天井にスピーカーを配置して作る立体的な音響を、天井のスピーカーなしで実現する技術を組み込んだスピーカーになります。映画館のようなサウンドを求める方におすすめです。

 

HDRとは映像が白く飛んだり、黒くつぶれてしまうのを防ぐ技術を指します。再現できる色が増えたので、実際に人間の目で見たような、よりリアルな映像を再現できるのが特徴です。ARCとはHDMI端子の中で音声データのみを出力できる端子になります。

 

この端子にシアターセットを取り付けると、テレビのリモコン1つでシアターセットの操作も可能です。

2台目のテレビが欲しい方は「フルHD/HDテレビ」をチェック

すでにメインとなるテレビをビエラシリーズで購入している方で、別室用など2台目のテレビをお探しの方におすすめなのが、ハイビジョンビエラになります。地上派・BS・110度BSのチューナーを搭載し、裏番組の録画などに対応しているのが特徴です。

また、お部屋ジャンプリンクのクライアントに対応しているシリーズもあります。メインで使用しているビエラ4Kシリーズなどのテレビから、録画番組の転送を受けられるのも魅力です。各部屋でテレビを使用したい方はぜひご検討ください。

寝室なら「プライベートビエラスタンダードモデル」もチェック

持ち運びできるテレビをお探しなら、プライベートビエラシリーズがおすすめです。UN-19FB10とUN-19F10の2つのモデルが展開されており、どちらも19v型のボディにオン・オフのタイマーが搭載されていて、寝室での利用なども想定されています。
 
また、ゲーム機やBDプレイヤーとの接続に対応しているので、ゲーム機と繋いで大きな画面でプレイしたい方にもおすすめです。

自分が見たいものを欲しい方は「そのほかの機能」をチェック

そのほかの機能にも注目してみましょう。CSやBSチャンネルを見たい方は、内蔵チューナーが対応している必要があります。自分が見たい放送に対応しているかは必ず確認してから購入してください。

 

万が一対応していないと、せっかく4K対応のPanasonicテレビを購入しても4K映像を見れません。液晶テレビの入力端子はHDMI端子が多く使われています。ゲーム機や映像機器など複数の機器を接続したい場合は、接続したい数の分の入力端子が必要です。

 

Panasonicテレビを購入する際にはHDMI端子の数も必ず確認しておく必要があります。外付けのHDD用のUSB端子がいくつかあると、録画した映像を移動させたいときにとても便利です。

Panasonicテレビの人気おすすめランキング10選

10位

Panasonic(パナソニック)

19V型 液晶テレビ VIERA TH-19G300

4.2

IPSパネル採用!2台目のテレビとしておすすめのビエラ

裏番組の録画ができる2チューナーを搭載した19型のPanasonicのテレビです。IPSパネル採用で、どの角度から見てもきれいな映像で視聴できます。お部屋ジャンプリンク機能で離れた部屋で録画したテレビ番組の視聴も可能です。

 

ARC対応モデルなので、ホームシアターと接続すると映画館にいるような臨場感のある音で映像が楽しめます。19型と小さいサイズでありながら、高い機能性を誇るPanasonicのVIERAです。

サイズ展開 32v/24v型/19v型 パネル 32v/24v型 VA液晶|19v型 IPS液晶
お部屋ジャンプリンク機能 〇(クライアントのみ) VOD対応 -
音響 フルレンジ×2個 チューナー 地上・BS・110度CS×2
そのほかの機能 -

口コミを紹介

当時購入した同じ型のテレビが10万円を超えていた事を考えると、こちらの商品は信じられないくらい安く、画質や音質なども値段を考えると満足出来る品質だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

Panasonic(パナソニック)

19V型 プライベート・ビエラ ブラック UN-19F10-K

5.0

HDMI入力端子を搭載!安い価格でゲーム専用モニターがほしい方に

ゲームを大画面で楽しみたい、でも普段使っているメインのテレビに繋ぐのは面倒そんな風に思っている方にぜひおすすめのモデルです。HDMI入力端子を搭載した19v型のポータブルテレビで、さまざまなゲーム機器に対応します。

 

お部屋ジャンプリンクに対応しているので、離れた部屋にあるテレビの録画番組を見るのも可能です。アンテナ線が無くてもテレビが見られるレイアウトフリーテレビなので、ベッドサイドやキッチンなど好きな場所で視聴できます。

サイズ展開 19v パネル 19v型 画素数:横1366×縦768
お部屋ジャンプリンク機能 - VOD対応 -
音響 音声実用最大出力(JEITA):3W+3W チューナー 地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル:1
そのほかの機能 -

口コミを紹介

パナソニックのテレビは初めての購入でしたが、すべてに満足してます。隣の部屋からWi-Fiで飛ばしてますが、電波が乱れることもなく快適にキッチンで家事しながら観ています。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Panasonic(パナソニック)

TH-43HX850 4Kダブルチューナー内蔵

5.0

真夏のスポーツ観戦が趣味の方におすすめできるサイズ感

広色域を誇るヘキサクロマドライブ技術を搭載し、美しい映像を楽しめる4K液晶テレビです。スポーツ観戦をさらに楽しめるスポーツモードを実装しているので、臨場感たっぷりの試合の様子を楽しめます。

 

好みに合わせて音を選べるのも、この商品の特徴です。ドルビーアトモス対応モデルで、立体感があって臨場感あふれる音質を再現できます。倍速機能付きで、動きの早いスポーツなどもなめらかな映像で楽しめるのも魅力です。

サイズ展開 43V パネル 液晶
お部屋ジャンプリンク機能 - VOD対応
音響 Dolby Atmos(R) チューナー BS4K/110度CS
そのほかの機能 転倒防止スタンド・らくらくリモコン

口コミを紹介

Panasonicプラズマテレビ42からの買い換えでしたが、ワクチンが細くなった分コンパクトになり、背面の掃除が楽天になりました。色合いも特に気になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

Panasonic(パナソニック)

VIERA TH-55HZ1800

4.5

1台目のテレビに必要な機能が全部揃うビエラ

GZ1800シリーズは、リビングで1台目として使用するのに適したテレビです。リアルな音響と有機ELビエラの映像を楽しみつつ、ほかの部屋にお部屋ジャンプリンクで映像を飛ばしたり、楽しみ方はいろいろとあります。

 

3ウェイスピーカーシステムを採用している、VIERAシリーズの中で最も高価なテレビです。ツイーター・ミッドレンジスピーカー・ウーハーが前向きに設置されていて、迫力のある音を再現できます。

サイズ展開 65v/55v パネル 有機EL/倍速対応
お部屋ジャンプリンク機能 VOD対応
音響 80W 音声実用最大出力(JEITA)/ドルビーアトモス チューナー BS4K・110度CS4K×2/地上・BS・110度CS×3
そのほかの機能 転倒防止スタンド・ノイズレスデザイン

口コミを紹介

画面はきれいの一言。
4Kより画質の劣る地上波、BSともにきれいに表示してくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Panasonic(パナソニック)

19V型 プライベート・ビエラ ブラック UN-19FB10-K

2.7

壁掛けテレビのような使い方も!ネット動画に対応したポータブルテレビ

インターネット動画の配信サービスやラジオ機能に対応したポータブルテレビの決定版モデルです。アンテナ線のない部屋でも動画を楽しめるほか、ゲームのモニターとしても活用できます。

 

バッテリーが搭載されているので、コンセントの場所を気にせず移動させられるのも、この商品のメリットです。使用シーンによって見やすい角度に変えられるスタンドがセットになっていて、3段階の調節ができます。

サイズ展開 19V パネル 19v型 画素数:横1366×縦768
お部屋ジャンプリンク機能 - VOD対応
音響 音声実用最大出力(JEITA):3W+3W チューナー 地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル:1
そのほかの機能 チルトスタンド

口コミを紹介

少し高いと感じましたが、お値段以上に利用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Panasonic(パナソニック)

VIERA TH-55GZ1000

4.5

圧倒的な映像美と立体音響が評判の有機ELディスプレイモデル

HZ1000シリーズは独自のパネル制御技術で作られた有機ELディスプレイを採用し、圧倒的な色味やコントラストを演出するモデルです。ドルビーアドモス対応で、テレビのスピーカーとは思えない立体音響を体験できます。

 

ウーハー・ツイーター・ミッドレンジスピーカーなどが搭載されており、重低音が楽しめるのもこの商品の特徴です。テレビとスマホを連携させられ、スマホからテレビ操作や文字の入力が可能になっています。

サイズ展開 65v/55v パネル 有機EL
お部屋ジャンプリンク機能 VOD対応
音響 30W 音声実用最大出力(JEITA)/Dolby Atmos チューナー BS4K・110度CS4K×2/地上・BS・110度CS×3
そのほかの機能 転倒防止スタンド・Google アシスタント/Amazon Alexa音声操作対応
4位

Panasonic(パナソニック)

55V型 有機EL VIERA TH-55GZ2000

4.5

55インチ・65インチの大画面で映画やライブ映像を楽しみたい方に

テレビ一体型イネーブルドスピーカーが世界で初めて搭載されたモデルがGZ2000です。イネーブルドスピーカーは音が立体的に聞こえるのが特徴で、天井の高さを利用して音を反射させ立体的な音を再現します。

 

65vと55vのサイズ展開がありますが、どちらも映像の迫力満点です。VODやお部屋ジャンプリンク機能にも対応しています。立体音響で楽しむライブ映像は知ってしまえばもうほかの音響システムには戻れません。

サイズ展開 65v/55v パネル 有機EL
お部屋ジャンプリンク機能 VOD対応
音響 イネーブルドスピーカー・ドルビーアトモス チューナー 地上デジタル.BS. CS.BS4K・110度CS4K
そのほかの機能 かんたんホーム・スマートスピーカー対応

口コミを紹介

液晶モデルと並べて見ると明らかに発色が違います。また、液晶に比べると角度がついていても見やすいです。
店頭で並んでいるのを見比べると良くわかります。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Panasonic(パナソニック)

32V型 VIERA TH-32G300

4.2

使いやすい32型も!2台目におすすめのビエラの大画面版

裏番組録画やお部屋ジャンプリンク機能など、2台目として揃えておきたい機能を網羅したシリーズの中でも大きめサイズのテレビです。狭額縁のデザインなのでスリムで狭い部屋でも圧迫感がなく、設置できます。

 

32型モデルは寝室や子供部屋に設置するPanasonicのテレビとしておすすめです。ARC対応モデルなので別売りのARC対応ホームシアターを接続すると、映画やライブ映像などを臨場感と迫力のある音で楽しめます

サイズ展開 32v/24v/19v パネル 32v/24v型 VA液晶|19v型 IPS液晶
お部屋ジャンプリンク機能 〇(クライアントのみ) VOD対応 -
音響 2v型 10W チューナー 地上・BS・110度CS×2
そのほかの機能 -

口コミを紹介

盆暮れの「避暑、避寒」旅先への録画ライブラリーの観賞用TⅤです。持ち歩く最終サイズ・画質・音質ともにバランス良く、その上、価格バランスに優れ「今風に言わせていただくと、コスパ誠に優れている」と、大変満足致しております。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Panasonic(パナソニック)

TH-43MX800 VIERA

4.8

2023年の新製品!HDDとBDドライブを内蔵

ブルーレイディスクドライブを内蔵しているため、これ一台でブルーレイディスクを楽しめるモデルになります。プレイヤーを別で購入したくない方はぜひこちらを検討してみてください。

 

部屋のどこから見てもきれいな映像が楽しめるIPS液晶を採用しており、明るくて鮮やかな映像を再現できます。インターネットサービスにも対応しており、テレビで映画やYouTubeを楽しむのが可能です。

サイズ展開 49v/43v パネル 高輝度IPS液晶
お部屋ジャンプリンク機能 VOD対応
音響 30W 音声実用最大出力(JEITA) チューナー BS4K・110度CS4K×2/地上・BS・110度CS×3
そのほかの機能 Google アシスタント/Amazon Alexa音声操作対応

口コミを紹介

初期設定がとても簡単、とゆうか勝手にテレビがやってくれてましたw
録画の容量も大きいので助かります

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Panasonic(パナソニック)

VIERA TH-43LX900

4.5

43型・49型の使いやすいサイズ!IPSパネルの綺麗な画質

インターネット接続対応なので、NETFLIXなどのVODサービスを楽しめる小型テレビです。スマホの専用アプリで、見たい番組を選んでテレビで再生や、録画してある番組の再生もスマホなどの便利な機能が搭載されています。

 

スマホで撮影した動画や写真をテレビ画面に映し出すのも可能です。お部屋ジャンプリンク機能も付いているので、録画した番組やデジカメ写真などを、別の部屋にあるVIERAで楽しめます。

サイズ展開 43/49型 パネル IPSパネル(43型はVAパネル)
お部屋ジャンプリンク機能 - VOD対応 -
音響 フルレンジ×2個 チューナー 2裏番組録画
そのほかの機能 チルト機構付きスタンド・TV Remote 2

口コミを紹介

この値段でネットにも無線LANで対応しているので良かったと思います。特に不満もないです。壁掛けにはできませんが、7.5キロと軽いので耐荷重10kgの壁棚をピン止めでつけて置けばいいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

Panasonicテレビのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 サイズ展開 パネル お部屋ジャンプリンク機能 VOD対応 音響 チューナー そのほかの機能
アイテムID:13722377の画像

Amazon

楽天

ヤフー

43型・49型の使いやすいサイズ!IPSパネルの綺麗な画質

43/49型

IPSパネル(43型はVAパネル)

-

-

フルレンジ×2個

2裏番組録画

チルト機構付きスタンド・TV Remote 2

アイテムID:13681734の画像

Amazon

楽天

ヤフー

2023年の新製品!HDDとBDドライブを内蔵

49v/43v

高輝度IPS液晶

30W 音声実用最大出力(JEITA)

BS4K・110度CS4K×2/地上・BS・110度CS×3

Google アシスタント/Amazon Alexa音声操作対応

アイテムID:13681728の画像

Amazon

楽天

ヤフー

使いやすい32型も!2台目におすすめのビエラの大画面版

32v/24v/19v

32v/24v型 VA液晶|19v型 IPS液晶

〇(クライアントのみ)

-

2v型 10W

地上・BS・110度CS×2

-

アイテムID:13681738の画像

楽天

55インチ・65インチの大画面で映画やライブ映像を楽しみたい方に

65v/55v

有機EL

イネーブルドスピーカー・ドルビーアトモス

地上デジタル.BS. CS.BS4K・110度CS4K

かんたんホーム・スマートスピーカー対応

アイテムID:13681737の画像

ヤフー

圧倒的な映像美と立体音響が評判の有機ELディスプレイモデル

65v/55v

有機EL

30W 音声実用最大出力(JEITA)/Dolby Atmos

BS4K・110度CS4K×2/地上・BS・110度CS×3

転倒防止スタンド・Google アシスタント/Amazon Alexa音声操作対応

アイテムID:13681731の画像

Amazon

楽天

ヤフー

壁掛けテレビのような使い方も!ネット動画に対応したポータブルテレビ

19V

19v型 画素数:横1366×縦768

-

音声実用最大出力(JEITA):3W+3W

地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル:1

チルトスタンド

アイテムID:13681722の画像

Amazon

楽天

ヤフー

1台目のテレビに必要な機能が全部揃うビエラ

65v/55v

有機EL/倍速対応

80W 音声実用最大出力(JEITA)/ドルビーアトモス

BS4K・110度CS4K×2/地上・BS・110度CS×3

転倒防止スタンド・ノイズレスデザイン

アイテムID:13681719の画像

Amazon

真夏のスポーツ観戦が趣味の方におすすめできるサイズ感

43V

液晶

-

Dolby Atmos(R)

BS4K/110度CS

転倒防止スタンド・らくらくリモコン

アイテムID:13681716の画像

Amazon

楽天

ヤフー

HDMI入力端子を搭載!安い価格でゲーム専用モニターがほしい方に

19v

19v型 画素数:横1366×縦768

-

-

音声実用最大出力(JEITA):3W+3W

地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル:1

-

アイテムID:13681713の画像

Amazon

ヤフー

IPSパネル採用!2台目のテレビとしておすすめのビエラ

32v/24v型/19v型

32v/24v型 VA液晶|19v型 IPS液晶

〇(クライアントのみ)

-

フルレンジ×2個

地上・BS・110度CS×2

-

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\ファッションセール開催中!!/ Amazon売れ筋ランキング
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天 「テレビ」ランキング パナソニック

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

パナソニックをはじめとするテレビ全体の相場は?

テレビの価格は、サイズや画質・機能性などによって大きく異なります。目安として、49インチの液晶テレビで10万円前後、32インチで4万円前後が価格相場です。部屋の広さや予算などに応じて、価格帯を検討しましょう。

新製品への買い替え時期は夏が狙い目

新製品への買い替え時期は夏がおすすめです。夏はスポーツ観戦が盛り上がる時期であるため、そこに焦点を合わせて新しいモデルが発売されたりセールが企画されたりします。そのため、今のテレビの使用期間を考えてカタログを見てみるのもおすすめです。

VIERAの特徴

VIERAシリーズの特徴を3つ紹介します。Panasonicの独自技術であるヘキサクロマドライブは、3Dルックアップテーブルと高精度演算回路を使って、色彩の調整されているのも特徴です。これによって白と黒のコントラストをはっきりと表現できるようになります。

 

また、4K超解像技術である4Kファインリマスターエンジンは、ハイビジョン放送やネット動画を4Kに近い、色彩豊かで高繊細な映像に変換してくれるのもポイントです。何回か見たコンテンツも明るく色鮮やかになり、新しい映像として楽しめます。

 

VIERAは音質にとてもこだわっていて、イネーブルドスピーカーを採用したり、天井の高さによって音を再現するドルビーアトモスに対応しているのも特徴です。フルレンジスピーカーになっているので、より臨場感と迫力のある低音を再生できます。

VIERAはBluetooth音声送受信やミラーリングができる?

Panasonic製のテレビであるVIERAの商品は、ヘッドホンなどのBluetoothオーディオ機器をペアリングしておくと、Bluetooth音声送受信が可能になります。しかし、iPhoneやiPadといったiOS端末とのミラーリングはできないので注意してください。

 

代わりに、簡単にコンテンツなどをテレビに表示できるTVシェアのアプリがあるのでチェックしてください。以下のリンクでは、そんなTVシェアについてやダウンロード、主な機能などがPanasonicの公式サイトで紹介されています。

E202の表記は何?Panasonicのテレビが故障したら

Panasonicのテレビが「上手く動かない」「故障したかもしれない」「E202がでてる」そんなときは、公式ホームページにサポート情報が掲載されているので参考にしてみてください。「よくあるご質問」のページからは操作方法で迷いやすい事項などを確認も可能です。

また、不具合の際に役立つ修理診断ナビでは、不具合や故障の原因、対処法などを詳しく確認できます。故障や不具合のサポートについては、購入する際の安心に繋がる重要なポイントです。下記ページからご覧いただけますので、ぜひチェックしてください。

Panasonicのテレビ周辺機器もチェック

Panasonicのテレビを購入するのであれば、テレビ周辺機器もPanasonicで揃えるのがおすすめです。ブルーレイ・DVDレコーダーのディーガシリーズは、4Kに対応しているモデルが豊富で、ビエラ本体の映像美を損なわずに録画・再生が行えます。
 
また、PanasonicのDLPプロジェクターはビエラと連携して映像を壁一面に投影するのも可能です。テレビに収まらない大画面で映像を見たい方にもおすすめします。

HDMIなどケーブルが多くて迷う!テレビの設置方法

HDMIなどケーブルが多くテレビの設置は難しいと思っている方も多いと思いますが、実はそこまで難しくないんです。テレビを組み立てた後、まず電源ケーブルを接続します。次にアンテナケーブルを接続し、B-CASカードを差し込んで完了です。

 

チャンネル設定はテレビの画面に従って操作していくだけなので、とても簡単にできます。下記の記事ではテレビの設置方法について詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

壁掛けにするならVESA規格に対応しているかチェック

壁掛けテレビにしたい方は、VESA規格に対応しているかのチェックが重要になります。VESA規格とは金具やアーム、スタンドなどの取り付けの際に使用するネジ穴の間隔で、国際標準規格で決められているものです。

 

VESA規格のものを選ぶだけでセットする際、楽にできるので確認してみてください。

そのほかのPanasonic商品をWEBカタログで見てみよう

Panasonicの公式サイトでは、WEBカタログがあり、PCやタブレットなどで気軽に閲覧可能です。今回取り上げたテレビ以外にも、洗濯機や掃除機といった生活家電・エアコンなどの空調家電・冷蔵庫や電子レンジといったキッチン家電もすべて見れます。

 

上記以外にも数多くのカタログがあるので、これを機会に、テレビ以外のPanasonic商品もチェックしてください。

パナソニックはテレビ液晶事業から撤退!影響と今後

パナソニックは経営戦略のためにテレビ用液晶事業から撤退を決めました。そのため、製品の保証についても対応が違ってくるものが出てくると思われるので、気になる方はカスタマーサービスで確認してみるといいかもしれません。パナソニックのテレビ事業に関して、今後は他社との差別化を図る意味も込めて異なる視点でデジタル事業を続けていく方向です。

まとめ

テレビの技術は目覚ましく進歩しています。その中でもPanasonicのテレビ・ビエラシリーズは、圧倒的な技術力で映像美や音響技術を追求したモデルばかりです。ぜひ自分の目的や使い方に合ったテレビを見つけてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年08月25日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

4Kテレビの人気おすすめランキング19選【音がいいテレビも】

4Kテレビの人気おすすめランキング19選【音がいいテレビも】

薄型テレビ・液晶テレビ
テレビの人気おすすめランキング18選【4Kから安いものまで紹介】

テレビの人気おすすめランキング18選【4Kから安いものまで紹介】

薄型テレビ・液晶テレビ
【2023年最新版】8Kテレビの人気おすすめランキング10選【最小なものや東芝・パナソニックも】

【2023年最新版】8Kテレビの人気おすすめランキング10選【最小なものや東芝・パナソニックも】

薄型テレビ・液晶テレビ
32型テレビの人気おすすめランキング11選【サイズや大きさも解説】

32型テレビの人気おすすめランキング11選【サイズや大きさも解説】

薄型テレビ・液晶テレビ
シンプルなテレビ台の人気おすすめランキング15選【シンプルだけどおしゃれ】

シンプルなテレビ台の人気おすすめランキング15選【シンプルだけどおしゃれ】

家具
40型テレビのおすすめ人気ランキング10選【一人暮らしに最適なものも!】

40型テレビのおすすめ人気ランキング10選【一人暮らしに最適なものも!】

薄型テレビ・液晶テレビ