壁掛けテレビの人気おすすめランキング15選【お部屋をスッキリ】

記事ID4553のサムネイル画像

壁掛けテレビおすすめランキング15選。壁掛けテレビ選びの一番のポイントはサイズです。お部屋の広さに合わせ、そしてソファーやダイニングテーブルなど他の家具とのバランスも考えて選びましょう。壁掛けテレビでお部屋をより広くサッパリ、スッキリしましょう。

お部屋をスッキリと壁掛けテレビ

「壁掛けテレビにしたい」最近そういった人が増えています。テレビも大型化しており、テレビ台だけでもお部屋のスペースがかなりとられてしまい、お部屋を広く使うためにも壁掛けテレビを考えているといった人や、子供がテレビをいたずらする、ペットが画面を引っ掻くなどの問題を抱えた人など理由は様々です。

 

今回は、壁掛けテレビおすすめランキング15選を、画面サイズと重量、パネルの種類や性能などをはじめ、解像度、インターネット接続の有無などを基準に、寝室サイズからリビングの大画面テレビまで最新の機種を中心にをご紹介します。

壁掛けテレビ人気ランキング15選

15位

東芝

32S22

価格:29,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高画質レグザファインエンジン

レグザエンジンファインを搭載した高画質モデルです。チューナーは地デジ、BS/CS共に各2個づつ付いています。東芝のテレビの得意とする、ゲームモードが搭載されており「ゲームダイレクト」によってゲームの遅延を補正します。色味を抑えた色調は、壁に掛けてもしっくりと見やすいです。

解像度ハイビジョンチューナー地デジ×2 BS/CS×2
HDMI端子入力2(ARC対応) ネット接続-
幅 高さ 奥行734×466×159mm重量5kg

口コミを紹介

壁掛けを選んだけれど 余分なコードに苦労しました。接続部分が横にあるのはいいです 最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

シャープ(SHARP)

2T-C32AE1  

価格:32,252円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

画像の綺麗な直下型

シャープの32インチのテレビです。このインチにしては珍しく直下型のバックライトを使用しており、画像は色ムラがなく均一で鮮明かつ見やすいです。高音と低音を調整し人の声を聴きやすくする「くっきり」ボタンが付いているので、離れていても聴き取りやすいです。

解像度HDチューナー地デジ×2 BS/CS×2
HDMI端子入力3(ARC対応)ネット接続有線LAN
幅 高さ 奥行 733×484×169mm重量6.1kg

口コミを紹介

値段も安く画質も綺麗です。音質は普通です。番組表はカラー表示で見やすくて良い。13年使用した32型AQUOSが壊れたので買い替えましたが軽いですね。6キロ位です。2006年製AQUOSは重くて16キロ位あり処分するのが大変です。34500円でこの性能は満足です♪

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ソニー(SONY)

KJ-32W730E

価格:54,784円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルハイビジョンで画像クッキリと明るい

フルハイビジョンモデルだけに近くで見ても、画像は鮮明でボヤケが少ないのが特徴です。超解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載した上位機種で、ワイヤレスでネットに繋げ「YOUTube」「Netflix」の動画コンテンツが楽しめます。

解像度2Kチューナー地デジ×2 BS/CS×2
HDMI端子入力2(ARC対応)ネット接続有線 無線LAN
幅 高さ 奥行728×473×174mm重量5.6kg

口コミを紹介

寝室に使ってますが、色々もっと使いこなしたいと思います・

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

東芝

40V31

価格:51,797円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クリアダイレクトスピーカー搭載

ブロックノイズ、モスキートノイズなどを抑えたノイズクリア機能により、さらに見やすくなりました。テレビ前面にクリアダイレクトスピーカーを搭載し、離れたところでも聴きやすくなっています。インターネットで「YouTube」「Netflix」が楽しめます。

解像度2Kチューナー地デジ×3 BS/CS×3
HDMI端子入力2(ARC対応)ネット接続有線 無線LAN
幅 高さ 奥行907×590×155重量9.5kg

口コミを紹介

画質、音質、最高です!
やっぱり、これだけ低価格で良いテレビだったら50型でも良かったと後悔!

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

LG

65UK6500EJD  

価格:115,600円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

65インチでこの低価格

LGの2018年モデルです。IPSパネルで斜めから見ても綺麗に見えて、壁掛け後に視聴角度が変わっても綺麗に見れます。Bluetoothでスマートフォンなどの音楽をワイヤレスで再生します。また、ネットのコンテンツも無線LANで接続し豊富に楽しめます。

解像度4Kチューナー地デジ×2 BS/CS×2
HDMI端子入力4(ARC対応)ネット接続有線 無線LAN
幅 高さ 奥行1456×903×311mm重量27.5kg

口コミを紹介

とにかく軽い 日立のwooからの買い替えです。薄くて軽いです。画質も比較すると断然いい。マジックリモコン同梱だったら更に良かったというところでしょうか。
 

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

シャープ(SHARP)

4T-C50AJ1

価格:72,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャープ アンドロイド搭載モデル

シャープの売れ筋モデルです。パネルにはシャープ独自の低反射パネルを使用しており、明るいリビングでも見やすい工夫がされています。そして色彩豊かな「リッチカラーテクノロジー」と広色域のHDRを組み合わせ、さらに高精細な画像表現を創り出しています。

 

また、インターネット接続し、OSのアンドロイドで様々なコンテンツを楽しめまる一方で、AIを駆使した「ココロビジョン」によって、好みの番組を音声で知らせてくるといったあらたなサービスも楽しめます。なお、4Kチューナーは外付けで必要です。

解像度4Kチューナー地デジ×3 BS/CS×3
HDMI端子入力4(ARC対応)ネット接続有線 無線LAN
幅 高さ 奥行1126×719×271mm重量21.5kg

口コミを紹介

以前から欲しいと思ってた4Kを買えました。
とても綺麗で満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

東芝

50M520X

価格:88,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4Kチューナー内蔵モデル

東芝の売れ筋M520Xは、絵柄に応じた復元処理を適切に行う「4KビューティーX」と地デジのノイズを低減する「地デジビューティーX」これらによって、高精細な画像が造り出されています。4Kチューナー内蔵モデルで、アンテナが4Kチューナー対応であれば放送を直ぐに見ることができます。

解像度4Kチューナー地デジ3 BS/CS×3 BS/CS4k×1
HDMI端子入力4(ARC対応)ネット接続有線 無線LAN
幅 高さ 奥行1120×677×182mm重量18kg

口コミを紹介

さすが、4Kです。腕の毛の1本までが、細部まで見えて感激です。この製品を買って良かったです。 

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ソニー(SONY)

ソニー4Kチューナー内蔵モデル

価格:128,646円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

KJ-49X8500G

ソニー4kKチューナー内蔵モデルです。超解像エンジン「4K X-Reality PRO」を 搭載し、高精細な画質を創り出しています。倍速機能で速い動きにも強く、スポーツの残像も気になりません。チューナー内蔵タイプの良い点は、壁掛け後に外付けのチューナーを別につける必要がなく、テレビ周りがスッキリする点です。 

解像度4Kチューナー地デジ×2 BS/CS×2 BS/CS4k×2
HDMI端子入力4(ARC対応)ネット接続有線 無線LAN
幅 高さ 奥行1098×703×279mm重量13.7kg

口コミを紹介

画質はマジで綺麗です!ネット動画操作もサクサクでビックリです‼️65型なんで少し粗が目立つかなと思いましたが、映画映像では全く綺麗な映像で映画館行かなくてよい感じです 

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

東芝

55Z720X

価格:159,320円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝 液晶テレビの最上位 Zシリーズ

東芝の液晶テレビシリーズの最高峰、Zシリーズです。全面直下型のバックライトで、細部にわたるまで明るく高精細です。専用の外付けHDDを接続し、見逃した番組を後から見る事ができるタイムシフトマシンはとても便利で人気があります。また、スピーカーも重低音の効果的なバズーカーオーディオシステムを搭載し迫力ある音が楽しめます。

解像度4Kチューナー地デジ×9 BS/CS×3 BS/CS4K×1
HDMI端子入力4(ARC対応)ネット接続有線 無線LAN
幅 高さ 奥行1242×769×189mm重量19.5kg

口コミを紹介

4kチューナーが内蔵されているので,別途チューナーを買う必要がないところが良い。Alexaと連携させています。外付けハードディスクを2台購入してタイムシフト録画用と録画用で使用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

シャープ(SHARP)

4T-C60AN1

価格:181,615円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

60インチチューナー内蔵タイプ

シャープの4Kチューナー内蔵タイプです。高画質画像処理エンジン「AQUOS 4K Smart Engine PRO」を搭載しノイズを低減し[4k-Master アップコンバートプロ」で地デジを4K画質まで高め最高画質を実現しています。OSのアンドロイドではざまざまなコンテンツをネット経由で楽しめます.

解像度4Kチューナー地デジ×3 BS/CS×3 BS/CS4K×2
HDMI端子入力4(ARC対応)ネット接続有線 無線LAN
幅 高さ 奥行1354×849×341mm重量33.5kg

口コミを紹介

4K内蔵のシャープのテレビということでこれに決めました。早速テレビを見てみると画像も音響も最高です。孫もユーチューブで早速見ています。ありがとうございました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

パナソニック(Panasonic)

TH-55GX850

価格:176,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4Kチューナー内蔵クッキリと鮮やか

パナソニックの液晶テレビ、最上級モデルです。パナソニック独自の技術で広色域「ヘキサクロマドライブ」で微妙な色合いを忠実に再現しています。スピーカーは「ドルビーアトモス」に対応し、前後左右プラス上下と立体音響を体感できます。

解像度4Kチューナー地デジ×3 BS/CS×3 BS/CS4K×1
HDMI端子入力4(ARC対応)ネット接続有線 無線LAN
幅 高さ 奥行1235×770×248mm重量24kg

口コミを紹介

前のテレビが古かったせいか、とても細かいところまで鮮やかに見れます。
野球中継では打球がしっかり追えるのが新鮮でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ソニー(SONY)

KJ-55X9500G

価格:189,579円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニーの4Kチューナー内蔵 プレミアムモデル

ソニーの直下型の4Kチューナー内蔵タイプです。倍速駆動にプラスして独自のバックライト制御で滑らかでクッキリとした映像を実現しています。また、細かい部分でのエリア制御も直下型ならではの効果が発揮され、映画などの見ごたえが違います。

解像度4Kチューナー地デジ×2 BS/CS×2 BS/CS4K×2
HDMI端子入力4(ARC対応)ネット接続有線 無線LAN
幅 高さ 奥行1228×776×274mm重量19.1kg

口コミを紹介

10年使用したパナソニックのプラズマから買い換えました。
液晶テレビは色が薄いと思ってたけど物凄く色調のメリハリが効いてます。
黒も綺麗。聞けば黒の時はバックライト消してるとか。さすがソニーですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

東芝

65X920

価格:388,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイムシフトマシン搭載の有機EL

東芝のタイムシフトマシン搭載の有機ELです。エンジンは「レグザエンジン Evolution PRO」を搭載し4K放送も高コントラストで描かれ、広色域復元プロ技術で本来の色を復元しより鮮やかにかつ見やすい映像を実現しています。タイムシフトマシンでは、いつでも見逃した番組を手軽に再生でき人気があります。

解像度4Kチューナー地デジ×9 BS/CS×3 BS/CSK4K×1
HDMI端子入力4(ARC対応)ネット接続有線 無線LAN
幅 高さ 奥行1446×846×267mm重量46.5kg

口コミを紹介

いよいよ先週4K放送が開始され、各メーカーの〝4K放送画質〟を入念に確認しましたが、
東芝の65X920が最上の画質でした。65インチを強くお勧めします。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

パナソニック(Panasonic)

TH-55GZ2000

価格:427,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イネーブルドスピーカー搭載

パナソニックの最新・最上級モデルです。独自開発の高コントラスト「Dynamicハイコントラスト有機ELディスプレイ」を搭載し究極の黒再現を実現しています。スピーカーは「イネーブルドスピーカー」でドルビーアトモスに対応し立体音響を楽しめます。パナソニックの技術を駆使した最上級モデルです。

解像度4Kチューナー地デジ×3 BS/CS×3 BS/CS4K×2
HDMI端子入力4(ARC対応)ネット接続有線 無線LAN
幅 高さ 奥行1225×783×310mm重量33kg

口コミを紹介

予約販売時に量販店で55gz2000を交渉購入しました。
4k画質は申し分ないくらい美しいです 
音が素晴らしい スピーカーも前面向きに配置されており 映画など5.1ch時はセリフは殆どセンタースピーカーから出力されるため クリアに聞こえます。
天井向きのスピーカーもアトモス時以外にもバーチャル的出力もできるので 臨場感があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ソニー(SONY)

KJ-65A9G

価格:489,879円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー最高級モデル

ソニーの有機ELの特徴は軽い点です。と言っても画質は最上級モデルらしく高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載しクッキリと高精細に画像処理をしています。スピーカーにも特徴があり画面を振動させ音を出し「アコースティック サーフェス オーディオプラス」によりさらに音の広がりを実現しています。

解像度4Kチューナー地デジ×2 BS/CS×2 BSCS/4K×2
HDMI端子入力4(ARC対応)ネット接続有線 無線LAN
幅 高さ 奥行1447×838×255mm重量24.8kg

口コミを紹介

いままであまり見なかった旅行ものやコンサート番組も面白く見ています

出典:https://www.amazon.co.jp

壁掛けテレビの選び方

壁掛けテレビおすすめを紹介しましたが、ここからは具体的な選び方のポイントをいくつかご紹介します。

解像度の違い

テレビの解像度は、画像の精細さを表す尺度のことです。数字が大きいほど高精細な画像ということになり、テレビの解像度は1920画素×1080画素のように横×縦で表しています。

2K

2Kテレビは、水平1920画素×垂直1080画素で総画素が207万画素で構成されています。フルハイビジョンともいわれ、水平画素がおよそ2000あることから2キロつまり2Kとも呼ばれています。

 

2Kは、現在販売されている40インチ前後のテレビが主流ですが、モノによっては4Kテレビとの価格差が無くなってきており数は少なくなってきています。

4K

4Kテレビは、水平3840画素×垂直2160画素で総画素が829万画素あり、2Kの約4倍の高精細な解像度の次世代テレビです。水平画素3840あることから約4000で4Kといいます。現在販売されている4Kテレビは、40インチから大きいものは85インチまで幅広くあり、テレビの主流となっています。

テレビのサイズと部屋の広さ・視聴距離

いざテレビを壁掛けにする際に、一番の悩みどころがお部屋にあったサイズ選びですね。標準的なサイズを部屋の広さと、最低視聴距離の目安をご紹介します。壁掛けテレビはメインで見るリビングと、少し離れたダイニングからなど複数の場所でみる場合もあるので、どちらからも見やすいサイズを選びましょう。

HD・2K

一般に視聴距離としては、テレビの高さ掛ける3倍を目安にします。

・24インチ未満  1m     6帖未満

・26~32インチ  1.3m    6帖

・40~43インチ  1,5~1.7m   6~8帖

 

4K

4Kテレビの視聴距離はおおよそ、テレビの高さ掛ける1.5倍の距離を取ります。」

・40~43インチ  0.7~0,85m   4.5帖

・49~50インチ  0.9~1.0m     6帖

・55インチ    1.5~1.1m     8帖

・60~65インチ  1.2~1.25m   10帖

・75インチ    1.45m      16帖

・85インチ    1.65m      20帖

テレビの種類

テレビの種類はパネルによっても違います。液晶テレビ有機ELテレビの特徴を比べてみます。壁掛けテレビにはどちらも人気があります。好みが分かれるところでもあるので、それぞれ比較してみて下さい。

液晶テレビ

現行モデルを含めて殆どのテレビが液晶方式です。液晶テレビは、ディスプレイに液晶を使い電圧調整し、バックライトを当て映像を表示します。バックライトのある分厚みがあり重量もあるのが特徴です。また、バックライトが常時点灯しているため、最高の映像を表現するための黒色を表示しにいくい難点があります。

 

ただ、最近の液晶テレビは各メーカーが長年培ってきた映像技術を駆使し、映像エンジンパネルの進化と共に以前とは格段と違って、画像は鮮明でより見やすくなっています。

 

有機ELテレビ

有機化合物に電圧をかけることにより自ら発光する、この原理を利用したテレビが有機ELテレビです。バックライトが不要なぶん超薄型で軽量化が可能になりました。光沢のあるパネルが特徴で、黒が沈み込み高精細な映像で液晶テレビ比べ高額です。現在発売している日本のメーカーは、LGからこの有機ELパネルを調達しています。

パネルの駆動方式

液晶パネルの駆動方式による違いを説明します。現在は、各メーカーが公表していませんが、同じメーカーでも機種によってVAパネルIPSパネルを使い分けています。壁掛けテレビにする際には、主にどの位置から見るかを考えて参考になさってみてください。

VA方式パネル

高コントラストが特徴で、色調が鮮明、黒色の沈みこみが優れています。ただ、液晶分子の回転方向の関係で正面から見ると綺麗にみえるが、斜めからは色が褪せてしまったり、明るさが落ちてしまう特徴があります。

IPS方式パネル

視野角の広さが特徴のIPSパネルは、斜めから見ても綺麗に見えると言われ、角度による色調の変化や、輝度の変化が少ないメリットがあります。ただ、VAパネルに比べて黒色の輝度が高く、黒白のコントラストが弱い点があり弱冠暗く感じるところもあります。

パネルの種類

パネルの種類も表面加工の違いなどから、見え方の違いがあります。こちらも、メーカーの機種によってそれぞれ使い分けされています。上位モデルに手間のかかるグレアパネルが多く使われています。壁掛けするテレビの位置の、光の当たり方のも重要です。

グレアパネル

液晶パネルの表面処理の仕方で、ツヤツヤした加工を施したもので[光沢パネル」と呼ばれているものです。画面は綺麗で鮮明ではあるが、光が当たると映像がボヤケて見にくくなるデメリットがあります。部屋の照明や太陽光の具合によって判断した方が良いです。

ノングレアパネル

光沢のないパネルで、グレアパネルに比べて一見地味にクッキリとしない感じに映りますが、暗いシーンで自分の顔が画面に映りこまない点や、長時間視聴しても目が疲れにくいといったメリットもあります。

機能面

数多くあるテレビですが、同じメーカーで同じサイズでも機能は違います。特に、壁掛けテレビの場合は「周りに余分なものを置きたくない」とおもう方が多く、必要な機能がないために配線が増えたといった事がないようにチェックが必要です。

インターネット接続

現行モデルの殆どのテレビが、インターネット接続出来るようになっています。ただ、壁掛けテレビ購入の際のチェックポイントに無線LAN接続ができるかどうかも重要です。映画、音楽など様々なコンテンツを家のテレビで楽しむ事ができます。

4Kチューナー

購入のテレビが4Kテレビの場合は、チューナー内蔵タイプ外付けタイプかの確認が必要です。現行モデルでも両方のタイプが販売されています。これは、4K放送がBSとCSでしか放送されていないため、地デジしか見ない方や、そもそも4K放送を見ない方も一定数いるためです。

 

壁掛けテレビに4Kチューナーを後片付けする際は、同軸ケーブルHDMIケーブルを接続がする必要があるため、配線が増えてしまうので注意が必要です。

壁掛けテレビのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5059875の画像

    ソニー(SONY)

  • 2
    アイテムID:5059871の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 3
    アイテムID:5059677の画像

    東芝

  • 4
    アイテムID:5059663の画像

    ソニー(SONY)

  • 5
    アイテムID:5059320の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 6
    アイテムID:5059272の画像

    シャープ(SHARP)

  • 7
    アイテムID:5059216の画像

    東芝

  • 8
    アイテムID:5059031の画像

    ソニー(SONY)

  • 9
    アイテムID:5058583の画像

    東芝

  • 10
    アイテムID:5058570の画像

    シャープ(SHARP)

  • 11
    アイテムID:5058494の画像

    LG

  • 12
    アイテムID:5058468の画像

    東芝

  • 13
    アイテムID:5058422の画像

    ソニー(SONY)

  • 14
    アイテムID:5058350の画像

    シャープ(SHARP)

  • 15
    アイテムID:5058320の画像

    東芝

  • 商品名
  • KJ-65A9G
  • TH-55GZ2000
  • 65X920
  • KJ-55X9500G
  • TH-55GX850
  • 4T-C60AN1
  • 55Z720X
  • ソニー4Kチューナー内蔵モデル
  • 50M520X
  • 4T-C50AJ1
  • 65UK6500EJD  
  • 40V31
  • KJ-32W730E
  • 2T-C32AE1  
  • 32S22
  • 特徴
  • ソニー最高級モデル
  • イネーブルドスピーカー搭載
  • タイムシフトマシン搭載の有機EL
  • ソニーの4Kチューナー内蔵 プレミアムモデル
  • 4Kチューナー内蔵クッキリと鮮やか
  • 60インチチューナー内蔵タイプ
  • 東芝 液晶テレビの最上位 Zシリーズ
  • KJ-49X8500G
  • 4Kチューナー内蔵モデル
  • シャープ アンドロイド搭載モデル
  • 65インチでこの低価格
  • クリアダイレクトスピーカー搭載
  • フルハイビジョンで画像クッキリと明るい
  • 画像の綺麗な直下型
  • 高画質レグザファインエンジン
  • 価格
  • 489879円(税込)
  • 427000円(税込)
  • 388160円(税込)
  • 189579円(税込)
  • 176200円(税込)
  • 181615円(税込)
  • 159320円(税込)
  • 128646円(税込)
  • 88800円(税込)
  • 72780円(税込)
  • 115600円(税込)
  • 51797円(税込)
  • 54784円(税込)
  • 32252円(税込)
  • 29300円(税込)
  • 解像度
  • 4K
  • 4K
  • 4K
  • 4K
  • 4K
  • 4K
  • 4K
  • 4K
  • 4K
  • 4K
  • 4K
  • 2K
  • 2K
  • HD
  • ハイビジョン
  • チューナー
  • 地デジ×2 BS/CS×2 BSCS/4K×2
  • 地デジ×3 BS/CS×3 BS/CS4K×2
  • 地デジ×9 BS/CS×3 BS/CSK4K×1
  • 地デジ×2 BS/CS×2 BS/CS4K×2
  • 地デジ×3 BS/CS×3 BS/CS4K×1
  • 地デジ×3 BS/CS×3 BS/CS4K×2
  • 地デジ×9 BS/CS×3 BS/CS4K×1
  • 地デジ×2 BS/CS×2 BS/CS4k×2
  • 地デジ3 BS/CS×3 BS/CS4k×1
  • 地デジ×3 BS/CS×3
  • 地デジ×2 BS/CS×2
  • 地デジ×3 BS/CS×3
  • 地デジ×2 BS/CS×2
  • 地デジ×2 BS/CS×2
  • 地デジ×2 BS/CS×2
  • HDMI端子
  • 入力4(ARC対応)
  • 入力4(ARC対応)
  • 入力4(ARC対応)
  • 入力4(ARC対応)
  • 入力4(ARC対応)
  • 入力4(ARC対応)
  • 入力4(ARC対応)
  • 入力4(ARC対応)
  • 入力4(ARC対応)
  • 入力4(ARC対応)
  • 入力4(ARC対応)
  • 入力2(ARC対応)
  • 入力2(ARC対応)
  • 入力3(ARC対応)
  • 入力2(ARC対応) 
  • ネット接続
  • 有線 無線LAN
  • 有線 無線LAN
  • 有線 無線LAN
  • 有線 無線LAN
  • 有線 無線LAN
  • 有線 無線LAN
  • 有線 無線LAN
  • 有線 無線LAN
  • 有線 無線LAN
  • 有線 無線LAN
  • 有線 無線LAN
  • 有線 無線LAN
  • 有線 無線LAN
  • 有線LAN
  • -
  • 幅 高さ 奥行
  • 1447×838×255mm
  • 1225×783×310mm
  • 1446×846×267mm
  • 1228×776×274mm
  • 1235×770×248mm
  • 1354×849×341mm
  • 1242×769×189mm
  • 1098×703×279mm
  • 1120×677×182mm
  • 1126×719×271mm
  • 1456×903×311mm
  • 907×590×155
  • 728×473×174mm
  • 733×484×169mm
  • 734×466×159mm
  • 重量
  • 24.8kg
  • 33kg
  • 46.5kg
  • 19.1kg
  • 24kg
  • 33.5kg
  • 19.5kg
  • 13.7kg
  • 18kg
  • 21.5kg
  • 27.5kg
  • 9.5kg
  • 5.6kg
  • 6.1kg
  • 5kg

まとめ

壁掛けテレビ人気15選をまとめてみました。人気のある壁掛けテレビですが、設置するまでは、いろいろとチェックするポイントがあります。中でも「ここは抑えておきたい」といった重要な部分をを抜粋してまとめてみました。壁掛けを設置してからの修正は大変です。じっくりと検討して最高の壁掛けテレビにしてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ