テレビスピーカーの人気おすすめランキング15選【口コミ・高音質】

記事ID3422のサムネイル画像

薄型のテレビは性能の良いステレビスピーカーを搭載し辛いので、テレビの音に不満を感じたら別途テレビスピーカーを買いましょう。本格的な5.1chのホームシアターに手が出なくても2.1chのバーチャルサラウンドなら手ごろな値段で購入できます。

テレビのスピーカーに不満は無いですか?

自宅でテレビを見ていて音に不満を感じたことはないでしょうか。画質が奇麗で置き場所をとらない薄型テレビは一見良いことづくめのように思われますが、実は本体の薄さゆえに性能のいいスピーカーを内蔵しづらいという弱点があります。

 

もし自宅のテレビで映画を頻繁に見たり、テレビのスピーカーで音楽を再生することが多いのであれば、テレビ用のスピーカーの購入を検討してみて下さい。今どきのテレビ用のスピーカーは非常に性能も使い勝手も良く、あまりお金を掛けなくても映画館のような音響を再現することが出来ます。

 

薄型テレビにテレビスピーカーを加えて自宅をホームシアターにしてしまいましょう。この記事ではテレビスピーカーをチャンネル数、サイズ、接続方法を基準に紹介していきます。

テレビスピーカーのおすすめ15選

15位

Bose Corporation

SoundLink Mini II (ブラック/銅) 限定版

価格:16,232円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Bose入門

Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker II ポータブルワイヤレススピーカーは音質を犠牲にすることなく小型化を実現しています。伸びのあるサウンドと体に響く低音は、小さな筐体から発せられているとは思えない程豊かで力強いです。

 

アルマイト加工の一体型アルミニウム筐体は耐久性に優れており、スマートな外観と小型の筐体を実現しています。

 

Bluetoothによる接続は非常に簡単でペアリングを音声ガイドで案内してくれるので機械の扱いに慣れていない方でも安心して使えます。また、ペアリング履歴を直近6台まで保持することが可能なので、スピーカーを家族や友人とシェアすることも可能です。

チャンネル数2.1chサイズ
接続方法Bluetooth

口コミを紹介

結局この製品に帰ってくる

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

ソニー(SONY)

グラスサウンドスピーカー ハイレゾ対応

価格:42,957円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オシャレ

空間に溶け込むまるでインテリアのようなグラスサウンドスピーカーは、上部から高音、中部のウーファーから中域音、下部から低域音が再生され全ての音域が360度に広がるように設計されているので、家のどこにいても高音質を楽しめます。

 

リアルな音を再現する「アドバンスド バーティカル ドライブ テクノロジー」は楽器が出す振動音を、加振器がガラスの端を叩きガラス管全体に振動を伝えることで再現しており、まるで生演奏のような空気感を感じさせてくれます。

 

また、ハイレゾ音源にも対応しているので演奏する人間の息遣いまで聞こえてくるようなリアルなサウンドを楽しむことが出来ます。

チャンネル数不明サイズ
接続方法オーディオ入力端子,Bluetooth

口コミを紹介

5.0感動するほどのフォルムと高音質

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

デノン(Denon)

ポータブルワイヤレススピーカー Envaya Pocket

価格:9,699円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパいい

DENON ポータブルワイヤレススピーカーEnvaya Pocketは非常にコスパが良いうえに多機能で耐久性に優れたスピーカーです。防塵、防水性能なのでテレビ用としてだけでなくアウトドアでも使えますし、お風呂の持っていくことも可能です。

 

BluetoothでCDプレイヤーとの接続も可能で、内蔵の通話用マイクを使えばハンズフリーで通話が可能なのでPCに接続して電話会議に使うなどということも出来ます。

 

ステレオペアリングという特徴的な機能は、Envaya Pocket2台をペアリングしてより大音量で高音質のステレオ再生を楽しみむという機能です。本体は非常に小さく価格もお求めやすいので二つまとめて購入してはどうでしょうか。

チャンネル数5.5W×2chサイズ
接続方法Bluetooth

口コミを紹介

いいですね!音質も価格も

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

Fender(フェンダー)

NEWPORT ワイヤレススピーカー Bluetooth apt-X 対応

価格:20,890円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ギターのFender製

ギターで有名なFenderのNEWPORT ワイヤレススピーカーは外観が60年代のアメリカンクラシックライクで非常におしゃれ。置いてあるだけでカッコいいですがスピーカーとしての機能を十分に持ち合わせています。

 

トライドライバーシステムには相性の良いウーファー2機とツイータ―1機が内蔵されておりあらゆる音楽を自然で透明感のあるサウンドで再現します。また、BassとTrebleのコントロールが可能なので、音楽を再生する環境や再生する音楽に合わせて自分好みの音を調整できます。

 

バッテリーもパワフルで12時間の連続再生が可能、スマホ2回分のフルチャージも出来ます。さらにAUX入力端子を搭載しているのでBluetoothに対応していない機器でも使用できます。

チャンネル数不明サイズ
接続方法Bluetooth

口コミを紹介

ブルートゥ―ススピーカー最高傑作!

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

パナソニック(Panasonic)

5.1ch シアターバー 4Kパススルー対応 Bluetooth対応

価格:68,084円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなシアターバー

パナソニックのシアターバーはコンパクトな状の本体一つで仮想的にサラウンド配置を実現しています。本体は高さ5センチ程なのでテレビの前に置いてもテレビにかぶることがなく、ウーファーも独立しているので好きな場所に配置できます。非常に軽いので壁掛けもできる上に壁掛け時には適切な音響になるように音の指向性が切り替わる親切設計です。

 

アンプの性能が良く、「クロック再生成技術」により高音域から可聴限界以下の超低音域までの時間軸方向のズレを最小にして、より自然に近いサウンドを再現します。

チャンネル数バーチャル5.1chサイズ
接続方法HDMI,Bluetooth

口コミを紹介

重低音と高音域で、5.1chの迫力が楽しめて最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ソニー(SONY)

サウンドバー HT-S200F 2.1ch 内蔵サブウーファー

価格:23,028円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お求め安い一体型

ソニーサウンドバー HT-S200Fは独自のデジタル音場処理技術により、壁からの反射音を利用せずに仮想的なサラウンド音を可能にしているので、コンパクトな本体を一本前方に置くだけで豊かな臨場感あるサウンドを楽しむことが出来ます。

 

「オートサウンド」を使用すると再生する音に合わせて自動的に音の設定を切り替えてくれるので、自分で調節する手間がかかりません。接続はHDMIとBluetoothに対応しているので壁掛けにも対応しています。

チャンネル数2.1chサイズ
接続方法HDMI,Bluetooth

口コミを紹介

テレビのスピーカーよりは明らかに良くなる。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

オンキヨー

シネマパッケージ 2.1ch/ハイレゾ音源対応

価格:34,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アペンド可能

本体は非常にコンパクトですが、左右二つのスピーカーとサブウーファーから出る音は非常にパワフルで最新のサラウンドフォーマットDolby AtmosとDTS:XTMにも対応しています。これ一台でテレビもブルーレイも音楽も楽しめます。スリムなスピーカーは幅約10cm、奥行き約1cmなので置き場所に困ることもありません。

 

大音量だけでなく、小音量の時でもしっかり聞こえるオンキョーのリビングシネマパッケージ採用なので夜も安心です。また、追加でスピーカーを設置することで本格的な5.1chのサラウンドシステムにアップグレードすることも出来ます。

チャンネル数2.1chサイズ
接続方法HDMI,Bluetooth

口コミを紹介

家での映画視聴とゲームの臨場感がこれほどまでに良くなるなんて。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

BOSE(ボーズ)

SoundTouch 300 soundbar ワイヤレスサウンドバー Amazon Alexa対応

価格:72,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Bose+Alexa

このクラスのスピーカーとしては最高クラスと言えるBoseのSoundTouch 300 soundbarは非常に柔軟にユニットを構成することが出来ます。重低音が欲しければAcoustimass 300 bass moduleを、さらにVirtually Invisible 300 wireless surround speakersを接続すると、フルサラウンドを楽しめます。

 

また、他にSoundTouchスピーカーを持っていればスピーカー同士を連動することで他の部屋でも音楽を楽しむことが出来ます。リモコンはユニバーサルリモコンに対応しており他のデバイスも操作可能です。

 

無線での接続方法はWi-fiとBluetoothに対応しているのでデバイスに合わせて接続できます。

チャンネル数2.1chサイズ
接続方法HDMI,Bluetooth

口コミを紹介

一度設定すれば自動的にTVと連動して起動してくれてすごく便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

JBL

CINEMA SB450 2.1chホームシアターシステム

価格:33,601円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワフル

最大出力440Wの響きがかっこいいCINEMA SB450は「HARMAN Display Surround」モードの搭載により、コンサートホールのような圧倒的な迫力と臨場感を実現しています。

 

「TV Remote Control Learningリモコン学習機能」という便利な機能を搭載しており、手持ちのTV用リモコンでも操作が可能です。また、TV視聴中にBluetooth接続した機器を再生すると自動的に切り替わってくれます。

チャンネル数2.1ch サイズ
接続方法HDMI,Bluetooth,光

口コミを紹介

感動の音質

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

BOSE(ボーズ)

SOUNDBAR 700 ワイヤレスサウンドバー Amazon Alexa搭載 ボーズブラック

価格:97,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

同クラス最高峰

BOSESOUNDBAR 700は折り紙付きのサウンドに加えて、Amazon Alexa搭載の賢いスピーカーとなっています。無料のBose Musicアプリを使えばお気に入りの曲にワンタッチでアクセス可能。話しかけるだけで音楽配信サービスにアクセスしたり、天気予報も教えてくれます。

 

また追加でスピーカーを購入すればよりクオリティーの高いサウンドが楽しめます。

チャンネル数2.1ch サイズ
接続方法HDMI,Bluetooth

口コミを紹介

テレビとの接続、AmazonMusicの再生、Alexaは問題ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ヤマハ(YAMAHA)

CinemaStation ホームシアターシステム 5.1ch ブラック TSS-20(B)

価格:59,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格的5.1ch

ヤマハ CinemaStationは本格的な5.1chのホームシアターですが、お値段はかなりお手頃です。ホームシアターは夜間の音が気になりますが、CinemaStationは日本の住宅事情も考慮して、夜のシアター観賞を快適にするサイレントシネマ&ナイトリスニングモード搭載です。

 

[シネマDSP]サラウンドプログラムというゲームから映画まで、最適な音場が4つのボタンで選べるお手軽機能搭載。煩わしい操作は無しです。

チャンネル数5.1chサイズ
接続方法HDMI,Bluetooth,光

口コミを紹介

使用していたシアターセットが故障したので購入しましたが、レビュー通りよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

BOSE(ボーズ)

Lifestyle 650 home entertainment system

価格:476,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全部盛り

バーチャルサラウンドとかではなく本格的な5.1chのホームシアターでしかもBoseですからお値段はなかなかのものです。音質は文無しでその他オプションの機能も全部盛り。ボーナスが出たら家族の許可を得て買いましょう。

チャンネル数5.1chサイズ
接続方法HDMI,Bluetooth,光

口コミを紹介

思っていた以上に臨場感溢れる音源を聴かせて頂き、大満足であります。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

東芝(TOSHIBA)

ホームシアタースピーカー REGZAサウンドシステム RSS-AZ55

価格:27,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

REGZAでそろえよう

東芝 ホームシアタースピーカーはセパレートタイプの2.1chのサラウンドシステムです。東芝と言えばテレビのREGZAが有名なのでREGZAでホームシアターを構成してみてはどうでしょうか。面倒な設定もなく、相性も良いです。

チャンネル数2.1chサイズ
接続方法HDMI,Bluetooth,光

口コミを紹介

テレビリモコンに連動しており非常に簡単に使えます。重低音での映画鑑賞は最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

パナソニック(Panasonic)

2.1ch シアターバー Bluetooth対応

価格:23,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

入門機

ベーシックな構成でシアターバーとして必要な機能を備えたお値打ち品です。ご家庭のテレビがパナソニックで度のスピーカーを買おうか迷ったらとりあえずこれを買っておけば問題ないでしょう。設置も操作も非常に簡単です。

チャンネル数2.1ch サイズ
接続方法HDMI,Bluetooth,光

口コミを紹介

低音も含め音質が非常に良いです。私のオーディオより良い音で、音楽もこちらで聞いています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ヤマハ

フロントサラウンドシステム(ブラック)YAMAHA YAS-108

価格:20,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

楽器屋さんのスピーカー

楽器メーカーのYAMAHA製のフロントサウンドシステムは見た目にもスマートで非常にクリアで聴きやすいサウンドが特徴的です。部屋全体を包み込むようなバーチャル3Dサラウンドは前方・左右・後方に加え、高さ方向の音場も再現してくれます。

チャンネル数2.1chサイズ
接続方法HDMI,Bluetooth,光

口コミを紹介

Amazon primeの映画を観ました。
風の音が天井の左上から鳴っているように聞こえました。

出典:https://www.amazon.co.jp

↓2020年最新記事はこちらから↓

テレビスピーカーの選び方

テレビスピーカーを選ぶときは、まず用途を明確にしましょう。具体的には映画を見る、ゲームをする、ニュースやバラエティを見るなどがありますが、それぞれの用途に適したスピーカーがあります。また、用途を明確にしても5.1chなどの大きなスピーカーだと小さな部屋だと窮屈になってしまうので、そこは2.1chにしたり、サラウンドバーにしたりして妥協しましょう。

 

大音量でゲームをすると家族に煙たがられるという方はヘッドフォンか、最近はやりの肩掛けタイプのネックスピーカーをおすすめします。

チャンネル数で選ぶ

スピーカーにはチャンネル数というものがあり、小数点の前の2,5,7がメインのスピーカーの数で、小数点以下の数値が重低音を出すためのサブウーファーの数になります。一般的にメインのスピーカーの数が多いほど映画館のような立体的な音響に近づきますが、お値段もそれなりにします。

 

また、最近はメインのスピーカーとサブウーファーがいったいとなったスピーカーや、バーチャルサラウンドと呼ばれる装置などがあり、これらを使うとお手軽かつ省スペースで立体的な音響を楽しむことが出来ます。

 

特にバーチャルサラウンドは既存のスピーカやヘッドフォンと組み合わせるだけで効果を発揮してくれるうえに値段もそんなに高くはないので予算を押さえつつ音質の向上を図りたい方は購入を検討されてはどうでしょうか。

5.1ch以上

5.1chスピーカーとは正面、前方左右、後方左右に一つづつのスピーカーとサブウーファーで構成されたサラウンドスピーカーの事でホームシアターの基本ともいえるスピーカーの構成です。5.1chもあるとかなり場所をとるのでそれなりに広い部屋でないと設置は難しいですが、音を聞く人を取り囲むように配置されたスピーカーからは映画館のような迫力あるサウンドが流れ没入感を高めてくれます。

 

また7.1chや9.1ch、11.1chなどもありますが、これらはほとんど業務用なので個人で設置する場合は7.1chまでが妥当です。これらの高額なサラウンドシステムを購入するときはアンプを別途用意することが多いですが、スピーカーとアンプがセットのシステムを購入することで費用を抑えることが出来ます

 

以下リンク先ではホームシアターに特化して、いくつかスピーカーをご紹介しています。高音質をご希望の方は、合わせてチェックしてみてくださいね。

2.1ch

2.1chの構成はフロントサラウンドと呼ばれ、ホームシアターの構成としては最も安価な構成になります。2.1の構成は場所を取らないので、広くはない部屋でも設置可能です。ホームシアターを購入したいけれど5.1chは価格的にも場所的にも厳しいという方におすすめです。

 

また、2.1chの構成はバーチャルサラウンドと組み合わせて使うことで、安価に音の臨場感を高めることが出来ます

 

以下リンク先でも、いくつかのテレビスピーカーをご紹介しています。もう少し商品をチェックしてみたい方は、合わせてご覧くださいね。

サイズで選ぶ

可能であれば大きなスピーカーをドカンとおいて、爆音を楽しみたいものですが物理的金銭的制約で思い通りにならないことばかりです。しかし音質をあきらめたくないという方には場所がない、お金がないなりの選択があります。

ホームシアター

部屋のスペースと予算に余裕があるのであれば是非共も導入したいのがホームシアターです。ホームシアターの魅力はなんといっても自宅を映画館さながらの音響空間に変えてしまえるところ。好きな映画を見るのも良し、ゲームを楽しむのも良し、音楽を聴くのも良しです。

 

家の中で家族が最も長い時間を過ごすリビングをホームシアターにすることでリビングの価値をあげ、家族と過ごす時間をより価値あるものにしてはどうでしょうか。家族円満に一役買うホームシアターの購入を検討しましょう。

 

高音質を楽しめるホームシアターではありますが、複数のスピーカーから音が出るので近所迷惑にならないように十分気を付けてください。

 

サラウンドバー

サラウンドバーは省スペースで疑似的にサラウンドシステムを作り出す非常にコスパの良いサラウンドシステムです。サラウンドバーの構成はたいてい2.1chですが、ウーファーと一体型のサラウンドバーやサラウンドバーにセンタースピーカーを追加した3.1chのサラウンドシステムもあります。他にもテレビのなかに2.1chのサラウンドシステムを内蔵したテレビも発売されています。

 

サラウンドバーで映画や音楽を楽しみたいのであれば、スピーカーとウーファー一体型ではなくセパレート型の物を買う方が音質的にはベターでしょう。多少スペースは取りますが微々たるものですし、得られる音響効果を重視するのであればこちらの方が良いです。

 

サラウンドバーの接続は非常に簡単で、たいていの場合HDMIケーブル1本と繋ぐかBluetoothによる接続で済むので配線がスッキリするのが特徴です。また、より高音質をご希望の方はインシュレーターを合わせて使うのもおすすめです。以下の記事をチェックしてみてくださいね。

接続方法で選ぶ

テレビスピーカーを購入するときは接続方法を確認しましょう。お手持ちのテレビとスピーカー側の規格が対応していないと接続できません。最近のテレビとスピーカーの組み合わせであればほぼ間違いなく接続することが出来ますが、スピーカーとアンプを別々に購入する場合は注意が必要です。

 

AV機器にあまり詳しくないという方はセットで販売されているものを買いましょう。接続が楽なうえに配線がスッキリします。また、下手にこだわってアンプとスピーカーを別々に購入してしまうといまいち相性が悪かったり、無駄に費用がかさんでしまう事はよくあることなので、別々に購入するときは下調べを入念に行うか、お店に行って店員さんに話を聞いた方が良いです。

Bluetooth

最近普及した無線による接続補法で音質が良いことが特徴です。テレビ側がBluetoothに対応していなくてもテレビにトランスミッターをつけることでBluetoothに接続できます。ペアリングも簡単で一度次からは自動で接続してくれるので非常に便利です。

 

また、マルチペアリングに対応したBluetoothスピーカーであれば複数のデバイスにスピーカーを接続することが出来るので、家族でスピーカーを共有するという事も可能です。

 

以下では、Bluetoothに対応してくれる外付けの送信機のご紹介とその接続方法を掲載しています。Bluetooth機能をご希望の方は合わせてご覧ください。

HDMI

HDMIによる接続は現在の主流の接続方法でほとんどのテレビとスピーカーがこの方法に対応しています。接続は簡単で、テレビとスピーカーをHDMIケーブル一本で繋ぐだけで高音質を楽しむことが出来ます。

 

一部の衛星放送ではすでに4K放送が始まり、ネットの動画でも4Kの動画を楽しむことが出来ますが、HDMIによる接続は4Kの放送、動画をフルに楽しむためにも必須です。また、テレビとスピーカーの規格が合えばテレビのリモコン一つでスピーカーの電源のオンオフや音量調節が出来るので、可能な限りAV機器のメーカーはそろえた方が何かと便利ですし、面倒なことをせずに済みます。

光デジタル音声端子

光デジタル音声端子はHDMIの登場によりマイナーな存在になってしまいましたが、アナログのように音声信号を変換する必要が無いのでノイズが発生せずクリアな音が楽しめるのが特徴です。現在は主にホームシアターで音楽を聴くときに使用されます。

 

今となっては多少古い規格ではありますが、それでも最近のスピーカーやゲーム機、パソコンでも採用されています。

いろいろなジャンルの高機能スピーカー

ホームシアター用のものから小型のものまで、スピーカーの種類は本当に様々です。使用目的や理想にぴったりのもので、かつインテリアとしての役目も果たして欲しいですよね。

 

ここでは、上記でまだご紹介していない、スマートスピーカー、トールボーイスピーカー、パッシブスピーカーをご紹介します。

スマートスピーカー

音声操作に対応しているAIスピーカー。少し前までは未来のもののような感覚でしたが、近年家庭内での使用も急増していますよね。

 

スマートスピーカーだと、話しかけるだけでテレビをつけることもできますし、チャンネルや音量の調整も、設定次第でテレビの音声を聞くこともできます。「家族が寝てしまった後あまり大きな音でテレビが見られないけれど、ヘッドフォンはしたくない」なんて時、スマートスピーカーで小さく聴いている人もいるようです。

 

こちらではおすすめのスマートスピーカーをご紹介をしています。気になった方はランキングをチェックしてみてくださいね。

トールボーイスピーカー

背の高い中型~大型のフロアスピーカーであるトールボーイスピーカー家に一台あるとまず目を引くデザインです。もちろん見た目だけでなく、迫力や臨場感も本格的です。

 

部屋が広く、天井が高い場所で使うにはぴったりのスピーカーです。よく見るテレビ番組も、このスピーカーで聞けば映画のように感じるかもしれません。特にホームシアターを計画されている方は是非ご検討くださいね。

パッシブスピーカー

アンプの内蔵されていない、自分好みの音を作り出せるパッシブスピーカー。音質にこだわる方が選ぶ、通向けのスピーカーです。

 

音質だけでなく、アンプとつなげて使うため、電源が不要でコンパクトなものが多いのも人気の秘訣です。こだわりのある方はこちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

ホームシアターを計画している方におすすめのテレビ

高音質のテレビスピーカーを探している皆さん、皆さんはどのようなホームシアターを計画していますか?ここではスピーカーと合わせて、ちょっと贅沢な体験のできるおすすめのテレビもいくつかご紹介していきます。

60インチテレビ

大好きな映画やドラマ、やっぱり大画面で見たいですよね。でも大きすぎると家での圧迫感があったり見づらかったりと不快な点もちらほら。

 

そこで、一番人気なのが60インチのテレビです。Kや有機ELなど高画質テレビも多く、大手メーカーの人気商品も多数揃っています。

 

こちらのランキング記事では人気の60インチテレビをご紹介しています。是非チェックしてみてください。

4Kテレビ

テレビ視聴の際、大きさと合わせて重視したいのが高画質です。スピーカーで高音質を手に入れたら目の方も贅沢したくなりますよね。

 

4Kテレビは高精細な画像を視聴できるうえ、インターネットに繋げてゲームや音楽なども楽しめるため、これまでのテレビの枠を超えて楽しめるエンターテインメントの宝庫となっています。

 

もしテレビの新調をご検討でしたら、4Kテレビをチェックしてみてください。

壁掛けテレビ

最後にご紹介するのが、壁掛けテレビです。シアターといえばスクリーンですが、家で楽しむなら、壁掛けテレビはいかがでしょうか。

 

壁掛けタイプは何と言っても省スペース面積を取らないためお部屋がスッキリしますし、お子様やペットのいたずら対策にも有効です。機能が充実しているものもありますので、こちらも合わせてご覧になってみてくださいね。

テレビスピーカーの関連商品をチェック!

吸音材

マンションやアパートにお住いの方は、「隣の人のテレビの音が漏れてくる」という体験をしたことがありますか?テレビを楽しむなら、できれば周囲に迷惑をかけずテレビ視聴をしたいものです。

 

防音構造でなかったり、壁の薄い家の方は吸音材を使ってみてはいかがでしょうか。吸音材はテレビやステレオの音を和らげる働きがあり、音の振動も軽減してくれます。大音量でテレビを楽しみたい方はぜひ一度チェックしてみてください。

アンテナケーブル

テレビを見るために必要になるのがアンテナケーブルです。Bluetooth機能対応でないスピーカーを使用の場合、テレビスピーカーを繋ぐためにもケーブルが必要のため、ケーブル接続ばかりで嫌になってしまいますよね。

 

ケーブル選択の際に出来るだけストレスにならないよう、以下のサイトでおすすめのケーブルをご紹介しています。よろしければ参考にしてみてください。

テレビ台

家の中で、インテリアの一部となるテレビ台。大きなテレビをお持ちの方は特に、テレビ台の重要性を感じていらっしゃるのではないでしょうか。

 

おしゃれなものからシンプルなものまで様々ありますよね。ここでは種類ごとに様々なテレビ台をご紹介しています。スタイリッシュな商品も多数掲載していますので、テレビ台をご検討の方は是非一度ご覧になってみてください。

テレビスピーカーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4973289の画像

    ヤマハ

  • 2
    アイテムID:4973270の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 3
    アイテムID:4973263の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • 4
    アイテムID:4973253の画像

    BOSE(ボーズ)

  • 5
    アイテムID:4972987の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 6
    アイテムID:4972954の画像

    BOSE(ボーズ)

  • 7
    アイテムID:4972938の画像

    JBL

  • 8
    アイテムID:4972914の画像

    BOSE(ボーズ)

  • 9
    アイテムID:4972886の画像

    オンキヨー

  • 10
    アイテムID:4972856の画像

    ソニー(SONY)

  • 11
    アイテムID:4972379の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 12
    アイテムID:4972319の画像

    Fender(フェンダー)

  • 13
    アイテムID:4972223の画像

    デノン(Denon)

  • 14
    アイテムID:4972133の画像

    ソニー(SONY)

  • 15
    アイテムID:4971974の画像

    Bose Corporation

  • 商品名
  • フロントサラウンドシステム(ブラック)YAMAHA YAS-108
  • 2.1ch シアターバー Bluetooth対応
  • ホームシアタースピーカー REGZAサウンドシステム RSS-AZ55
  • Lifestyle 650 home entertainment system
  • CinemaStation ホームシアターシステム 5.1ch ブラック TSS-20(B)
  • SOUNDBAR 700 ワイヤレスサウンドバー Amazon Alexa搭載 ボーズブラック
  • CINEMA SB450 2.1chホームシアターシステム
  • SoundTouch 300 soundbar ワイヤレスサウンドバー Amazon Alexa対応
  • シネマパッケージ 2.1ch/ハイレゾ音源対応
  • サウンドバー HT-S200F 2.1ch 内蔵サブウーファー
  • 5.1ch シアターバー 4Kパススルー対応 Bluetooth対応
  • NEWPORT ワイヤレススピーカー Bluetooth apt-X 対応
  • ポータブルワイヤレススピーカー Envaya Pocket
  • グラスサウンドスピーカー ハイレゾ対応
  • SoundLink Mini II (ブラック/銅) 限定版
  • 特徴
  • 楽器屋さんのスピーカー
  • 入門機
  • REGZAでそろえよう
  • 全部盛り
  • 本格的5.1ch
  • 同クラス最高峰
  • パワフル
  • Bose+Alexa
  • アペンド可能
  • お求め安い一体型
  • コンパクトなシアターバー
  • ギターのFender製
  • コスパいい
  • オシャレ
  • Bose入門
  • 価格
  • 20000円(税込)
  • 23800円(税込)
  • 27980円(税込)
  • 476280円(税込)
  • 59800円(税込)
  • 97200円(税込)
  • 33601円(税込)
  • 72900円(税込)
  • 34780円(税込)
  • 23028円(税込)
  • 68084円(税込)
  • 20890円(税込)
  • 9699円(税込)
  • 42957円(税込)
  • 16232円(税込)
  • チャンネル数
  • 2.1ch
  • 2.1ch
  • 2.1ch
  • 5.1ch
  • 5.1ch
  • 2.1ch
  • 2.1ch
  • 2.1ch
  • 2.1ch
  • 2.1ch
  • バーチャル5.1ch
  • 不明
  • 5.5W×2ch
  • 不明
  • 2.1ch
  • サイズ
  • 接続方法
  • HDMI,Bluetooth,光
  • HDMI,Bluetooth,光
  • HDMI,Bluetooth,光
  • HDMI,Bluetooth,光
  • HDMI,Bluetooth,光
  • HDMI,Bluetooth
  • HDMI,Bluetooth,光
  • HDMI,Bluetooth
  • HDMI,Bluetooth
  • HDMI,Bluetooth
  • HDMI,Bluetooth
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • オーディオ入力端子,Bluetooth
  • Bluetooth

まとめ

薄型テレビのサウンドが弱いと感じたら、迷わずテレビスピーカーを買いましょう。本格的な5.1chのホームシアターからお手頃な2.1ch、インテリアのような個性的なスピーカーまで様々な商品が揃っていますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ