【プロ監修】50インチテレビのおすすめ人気ランキング15選【パナソニックなどのメーカーも】

50インチの大型液晶テレビは、初めての大型テレビとしてもおすすめです。液晶の種類や搭載機能が豊富なほか、価格の安いコスパ最強モデルもあります。今回は、パナソニックのビエラや東芝のレグザなど各メーカーの50インチテレビを人気ランキングでご紹介します。

商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

4Kテレビのレパートリーが豊富な50インチの大型テレビ

テレビにはさまざまなサイズがあるので、サイズ感に悩む方は多いです。お部屋のスペースに余裕がある方・ご家族でテレビを楽しみたい方などは50インチの大型液晶テレビが適しています。


50インチは大きめのサイズなので種類が少ない印象がありますが、実はほかのサイズより4K解像度のモデルが豊富です。しかし、パナソニックのビエラや東芝のレグザなどが販売されており、価格の安いコスパ最強なものや重さなどに違いがあり選び方が難しいですよね。


今回はそんな50インチテレビを現役家電量販店店長のたろっささん監修のもと、50インチテレビの選び方や人気おすすめ商品をランキングでご紹介します。ランキングは解像度・映像の美しさ・利便性を基準に選びました。ぜひご覧ください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

フルHD50インチテレビのおすすめ

1位

シャープ(SHARP)

液晶テレビ LC-50W30

4.3

無線LAN内蔵でネットサービスも使用可能

無線LANを内蔵しているので、手軽にNETFLIXやYouTubeなどを楽しめる液晶テレビです。バスレフ型スピーカーボックスを2個搭載しており、聞き取りやすいサウンドも魅力です。読みやすく見やすい番組表で、見たい番組を見つけやすくなっています。

チューナー 地上デジタル・BS・CS HDR -
倍速 - HDMI端子 あり
録画 外付けHDD サイズ 幅112.3×奥行29.5×高さ68.4
重量 約21kg サイズ展開 50V型・55V型
Dolby Atmos対応 - 動画配信サービス NETFLIX・ひかりTV・YouTube・Huluなど
音声操作対応 - 総出力 -
映像処理エンジン - LEDバックライト エッジ型
パネル - 映像モード -
ネットワーク接続 無線LAN・有線LAN 年間消費電力 72kWh
待機消費電力 -

4K50インチテレビのおすすめ

1位

SHARP(シャープ)

4T-C50DN2

4.5

照明の写り込みを抑え遠距離からでも快適な試聴が可能に

メーカーオリジナルの画像処理エンジンを搭載し、きめ細やかさと色表現の幅が広がりました。同時に低反射パネルの搭載により、照明や日光がテレビに反射して観えづらい現象を軽減して、遠距離からでも快適な試聴ができます。

 

また、音抜けがいい臨場感のあるサウンドが特徴で、音楽番組やスポーツ番組を楽しみたい方にもおすすめです。音質にこだわりがある方はぜひチェックしてみてください。

チューナー BS 4K・110度CS 4K・地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル HDR HDR10・HLG・Dolby Vision
倍速 HDMI端子 4 ARC
録画 外付けHDD サイズ ‎127.4×81.3×23.1cm
重量 29kg サイズ展開 43V型・50V型・70V型
Dolby Atmos対応 - 動画配信サービス NETFLIX・YouTube・dTV・U-NEXTなど
音声操作対応 総出力 35W
映像処理エンジン Medalist S2 LEDバックライト 480スピード・リッチブライトネス
パネル N-Blackパネル 映像モード -
ネットワーク接続 Bluetooth・Wi-Fi 年間消費電力 174kWh
待機消費電力 1.0W

現役家電販売員が教える50インチテレビの選び方

専門家プロフィール画像
取材協力

現役家電販売員

たろっさ

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験も。

家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通。家電で分からないことはなく、現在は家電ライターの業務を通して「すべての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力。

ブログURL:https://taromomo.com/

50インチテレビも機能面や形などさまざまです。同じメーカーでも使用が異なり、選ぶのに迷うかもしれません。ここでは50インチテレビの選び方をご紹介します。

たろっさの画像

たろっさ

非常に商品数が多い50インチテレビですが以下の3つの観点で選べばまず間違いないです!

4Kチューナー内蔵かどうかをチェック

たろっさの画像

たろっさ

今、50インチでテレビを選択すると9.9割が4Kテレビになっているため、わざわざフルHDのテレビを探さないと4K以外のテレビにまず当たらない位になっています。そんな中、テレビの差別化の部分でいくと4Kチューナーが内蔵になっているかどうか。内蔵されていると対応のアンテナを設置すればそのまま4KBS/CSを視聴することが可能です。地上波にくらべて画質が格段に向上しており、くっきりはっきりと番組が映ります。段違いにきれいなため、そちらを視聴したいのであればチューナー内蔵にこだわりましょう。

倍速液晶かどうかも確認

たろっさの画像

たろっさ

液晶テレビは秒間60コマの静止画がパラパラ漫画のように動いて動画を構築しています。なのでコマとコマの間の動きが激しい場合は残像感やコマ送り感が残ってしまうことがあるため、テレビを視聴していると違和感をおぼえることが。そうならないようにコマとコマの間を補完し、擬似的に120コマにしている液晶テレビもあります。これが倍速液晶と呼ばれており、動きがなめらかになるためスポーツ観戦などをよくされる方はこちらにも注目してみると良いでしょう。

ネット対応しているかどうかもチェック

たろっさの画像

たろっさ

昨今はテレビでインターネットを行うという方が爆発的に増えています。ソニーやパナソニックをはじめとした主要メーカーがテレビにインターネットのOSを入れたのがやはり大きな転機であり、現在は当たり前のようにネット動画やゲームを楽しむことが出来るようになっています。ソニーやシャープであればAndroidTV、パナソニックはFireOS、LGは独自のWebOSを積んでおり、それぞれ後からアプリも追加することが可能。どんどん自分好みのテレビにしていくことができます。

機能面で選ぶ

50インチテレビを選ぶ際は機能面を確認してから選びましょう。商品によって解像度や搭載機能なども異なるので使用用途に応じたテレビを見つけてみてください。

解像度のいいタイプなら2Kより「4K」がおすすめ

現行モデルの49~50インチのテレビは、ほとんど4Kテレビです。ただ、一部のメーカーでは今も継続して2Kモデルを販売しています。ちなみに2Kと4Kの違いは縦×横のピクセル数の違いです。ピクセルとはテレビの画面を構成する点をさします。

 

きれいな映像を楽しみたい方は、ピクセル数が多い解像度の高いものを選んでみてください。

画質にこだわりがない方は価格の安い「HD」やフルHD(2K)がおすすめ

4Kや8Kに比べると解像度は落ちますが、その分価格の安いモデルが多いHDやフルHDは、画質にこだわりがない方におすすめです。解像度が低くても大画面で映像を楽しみたい方はHDやフルHDをチェックしましょう。

より立体的に映像化したいなら「HDR」がおすすめ

HDRとは、High Dyncami Range(ハイダイナミックレンジ)の略です。今までは映し出しにくかった部分を、より広色域で表現できる新規格をさしており、多くのテレビが搭載しています。

 

この規格なら太陽の光が眩しくぼんやりとしか見えなかった映像を、クッキリと鮮明にかつ立体的に映像化できるのが特徴です。また、暗いシーンも潰れずにハッキリと見やすくなりました。

ボヤケを緩和したいなら「倍速機能」がおすすめ

倍速機能とは、1秒間に60コマの映像をさらに1コマ増やし、残像を軽減する仕組みです。1秒間の映像を120コマにすると倍速となり、液晶テレビ特有のボヤケが緩和され、より鮮明な映像が実現します。

番組を録画しておきたい方は「録画機能付き」がおすすめ

好きな番組をリアルタイムで見られない方は録画機能付きがおすすめです。ただし、チューナーの数によって同時に録画できる番組の数が違います。チューナーの数が2個の場合は視聴のためのチューナーと録画用のチューナーがそれぞれ1つある状態です。

 

チューナーの数が3個の場合は、視聴のためのチューナーが1個と録画用に2個となり、ダブル録画が可能となります。ブルーレイレコーダーを使わない方は、録画機能の数を参考にしてください。

斜めからテレビを見てもきれいな「視野角」が広いテレビがおすすめ

家事や作業をしながらテレビを見る方は、視野角が広いテレビがおすすめです。斜めから画面を見ても色の変化や端部分の明暗が少なく、きれいな映像を楽しめます。また、リビングなどに設置して家族で見るテレビにも視野角の広いものがぴったりです。

 

視野角の広いテレビなら、テレビの正面以外になる席からでも映像が見やすいので、ぜひチェックしてみてください。

配信サービスをよく見るなら「Google TV」がおすすめ

動画配信サービスをよく利用する方は、Google TVを搭載しているテレビがおすすめです。Amazon Prime Video・U-NEXT・Netflixなどの主要な動画配信サービスは、最近の大型テレビならほとんど視聴が可能ですが、中でもGoogle TVは使いやすさに特徴があります。

 

作品の一括検索ができるので、見たい映画などがどの配信サービスから公開されているか、動画配信サービスごとに個別検索をする必要がありません。更に、アプリストアから好きなアプリを自由に追加できます。

使いやすいリモコンなら「アプリボタン」があるものを確認

リモコンの使いやすさを追求する方は、アプリボタンが付いているものをチェックしてみてください。アプリボタン付きのリモコンなら、主要な動画配信サービスにボタンを1つ押すだけで移動できます。

 

そのため、よくネット動画を楽しむ方におすすめです。商品によって搭載されているアプリボタンの種類が異なるので、YouTubeやAmazon Prime Videoなど、ご自分がメインで利用している配信サービスのアプリが搭載されているか事前に確認しておきましょう。

4K放送を見るなら「4Kチューナー内蔵」をチェック

4K放送を見るには、4Kテレビと4Kチューナーに加えて、4K放送対応のBSCSアンテナが必要です。現在販売されている4Kテレビには、4Kチューナー内蔵タイプとチューナー外付けタイプがあります。

 

スペース的にスッキリとテレビを置くのなら、4Kチューナー内蔵タイプがおすすめです。チューナーの値段は15000~50000円程で、テレビのメーカーと合わせるとリモコンがリンクします。

上位モデルと標準モデルの違いで選ぶ

テレビは一つのメーカーで、同じインチサイズのモデルを2~3種類発売しています。上位モデルと標準モデルとの違いを説明するので、ぜひ参考にしてください。

インターネット接続のYouTube対応テレビなら「上位モデル」がおすすめ

上位モデルは高スペックやハイスペックモデルと同義であり、各メーカーの技術を駆使した映像エンジン・パネル・スピーカー・OSを搭載しています。その機種をみれば見ればメーカーの色使いや、画像処理の仕方・YouTube対応テレビなど特徴を判断しやすいです。

安さ重視の激安コスパ最強50型テレビなら「標準モデル」がおすすめ

標準モデルとはスタンダードモデルとも呼ばれるタイプの50型テレビです。上位モデルと比べるとスペックは劣りますが、メーカーも標準タイプをいかにきれいに見せるかを工夫しています。激安のコスパ最強タイプをお探しの方におすすめです。

 

上位モデルとの違いは、テレビをきれいに見せるための画像処理などのエンジン・パネル性能・残像を軽減するための倍速・スピーカーといった機能面のスペックの差です。ただ、機種によっては上位モデルと金額があまり変わらないものもあります。

「有機ELテレビ」と液晶テレビの違いをチェック

人気の薄型テレビですが、現行モデルは有機ELテレビと液晶テレビがあります。液晶テレビは大きいものでは家電量販店で販売されている85インチの大きさもあり、バックライトを光源に液晶シャッターを開閉して画面の色合いを出す点が特徴です。

 

一方で、有機ELテレビは現行モデルでは55インチ以上のサイズからあり、大きいサイズでは77インチもあります。電圧をかけると赤・青・緑に自発光する仕組みのため、バックライトがない分パネルは超薄型です。

部屋の広さを確保するならテレビ台より「壁掛けテレビ」をチェック

50型テレビは非常に大きなサイズなので、テレビ台などを利用して部屋にそのまま置いておくと、スペースを取ってしまいます。もし、部屋の広さを確保しつつ大型のテレビで視聴したいのであれば壁掛けテレビを購入しましょう。

 

壁にかければ、スペースを圧迫せず快適にテレビを楽しめます。しかし、設置には専用の金具などが必要です。以下の記事では、壁掛けテレビと壁掛けテレビ台の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

3万円以下の安い「中古品」もチェック

50インチテレビはどの商品も価格が高いです。そのため、3万円以下など少しでも値段の安い商品を購入したいなら、中古品の購入を検討してみてください。しかし、中古品にはまれに故障した商品もあるので、購入前の入念なチェックが重要です。

おすすめメーカーで選ぶ

テレビはメーカーによって画質の特性・スピーカの音質・インターネット接続におけるOSの違いなどがあります。それらの違いをおすすめメーカーごとにまとめてみました。

高画質と高精細な色調ならブラビアなど「SONY(ソニー)」がおすすめ

艶やかな色使いは、一段と目を引きます。ソニーの50インチテレビであるブラビアの特徴はクッキリとした画質と高精細な色調が特徴です。OSにアンドロイドをいち早く搭載し、ネットとテレビの融合を実現しました。

 

音響機器メーカーでもあるため、音にはこだわりがあり、特にセリフやニュースのアナウンサーなどの人の声が聴きやすく設計されています。日本でもトップクラスの知名度を誇るメーカーだけあって、ソニーはどの商品もクオリティが高いです。

スマートテレビなら「Panasonic(パナソニック)」がおすすめ

「ビエラ」でおなじみのパナソニックは、持ち運びできるお風呂テレビ・小型テレビ・大型液晶テレビ・有機ELテレビまで幅広いラインナップのスマートテレビをそろえているメーカーです。ネットにつないで多数のアプリ・映画などさまざまなコンテンツを楽しめます。

 

松下電器のブランドイメージから、とくに年配の方からも支持されている点も特徴です。リモコンのボタンが大きく使いやすく、一部のモデルにはテレビの脚に吸盤がついているのでワンタッチでテレビ台に固定されるなど、細かいところで配慮されています。

手動で角度も変えたいなら「SHARP(シャープ)」がおすすめ

シャープは亀山・アクオスが有名ですが、4Kテレビの現行モデルも相変わらずの人気で、ランキングでもいつも上位にランクインしています。各メーカーが左右の首振りを止めて固定にしているなかでも手動で角度が変えられる数少ないテレビです。

 

また、OSにアンドロイドを搭載していて、グーグルプレイから数多くのアプリがダウンロードでき、さまざまなコンテンツを楽しめます。COCOROサービスは視聴の嗜好や時間帯などを学習して、音声で好みの番組を知らせてくれる便利な機能です。

見逃した番組も保存できる機能ならレグザなど「TOSHIBA(東芝)」がおすすめ

レグザでおなじみの東芝は、日本で最初に4Kチューナーを搭載したテレビを販売したメーカーです。見逃した番組を一定時間ハードディスクに保存できるタイムシフト機能があるため、好きな番組をいつでも見られます。また、ゲームモードのバリエーションが豊富です。

DVD内蔵や録画機能付き一体型テレビなら「MITSUBISHI(三菱)」がおすすめ

録画機能付きの「録画一体型テレビ」を造っている数少ないメーカーです。リアルの三菱は、4Kチューナ内蔵の一体型を高クオリティーで販売しており人気があります。リモコンで角度が自動に変わるオートターンはどの場所からも視聴がしやすく便利です。

 

また、有名なスピーカーのDIATONEは離れていても、さほどボリュームを上げなくともハッキリと音声が伝わります。更にごちゃごちゃとした配線がいらないので、手軽にテレビ録画をしたい方におすすめです。

奇抜なデザインなら「LG」がおすすめ

世界的に有名な韓国のメーカーです。有機ELパネルを日本の各メーカーに卸しているパネル製造メーカーでもあります。湾曲した画面のテレビや、超薄型の中に浮いたような奇抜なデザインのテレビを次々と作り出すアイデアは世界で通じるメーカーならではです。

とにかく価格を抑えるなら「ニトリやドンキホーテ」もチェック

家具メーカーのニトリやディスカウントストアのドンキホーテからも50インチのテレビが発売されており価格が安いのが特徴です。4Kにも対応しているため、色鮮やかに画像を映し出せます。価格が安いので、費用をおさえたい方にもおすすめのメーカーです。

テレビの「重さ」もチェック

テレビは当たり前ながらサイズが大きくなればなるほど、その重量が増していき、厚みも増えていきます。50インチのテレビは大型に分類されるため、特に壁かけタイプのテレビを選ぶ場合は、耐荷重もチェックしておいてください。

 

また、耐震に備えて、重量のあるテレビが落ちてこないように金具などで固定しておくとより安心です。50インチテレビを含め大型のテレビを購入する方は、固定方法もきちんと頭の中に入れておきましょう。

必要に応じてVODの有無や「Wi-Fi対応モデル」も確認

テレビのチャンネルなどに書かれているVODとは、ビデオ・オン・デマンドの略称であり、Wi-Fi環境などを通して映像作品を楽しむサービスです。たとえば、Amazon Prime VideoなどがこのVODにあたります。

 

おうち時間が増えて、ご家族で一緒に映画などを楽しむ機会が増えたご家庭には、VOD対応のテレビがおすすめです。月額料金を払えば、気になっていた作品などが見放題なので、ぜひ活用してみてください。

2023年モデルなど「最新のモデル」もチェック

50インチテレビは、毎年のように最新のモデルが発売されているため、店頭であれば店員に、オンラインショップであれば商品ページを見て比較してみてください。モデルによっては、仕様が異なる場合もあるので、その違いをポイントにして選びましょう。

お部屋に統一感を出したいなら「デザイン」もチェック

50型の大型のテレビになってくると、お部屋の中のインテリアとしても人目を引くものの1つです。もしお部屋をトータルコーディネートしているのであれば、そうしたテレビのデザインやカラーリングなども選ぶ際のポイントにしてみましょう。

 

どのご家庭でも無難に置けるブラックを中心にさまざまなデザインのものが発売されているので、お部屋の雰囲気に合わせて購入してみてください。下記の記事でも、50インチテレビについてご紹介しているので興味のある方はぜひ確認してみてください。

解像度で選ぶ

ここでは、解像度の違いで50インチのテレビを選ぶときのポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

美しい映像を試聴したいなら「4K」がおすすめ

4Kテレビの解像度は3840×2160と、フルHDの4倍にもなります。ただ、50インチモデルだと4Kよりもさらに高解像度の有機ELの数が少ないです。そのため、美しい映像を視聴したいならフルHDよりも高解像度な4Kテレビを選びましょう。

安い価格帯から選ぶなら「フルHD」がおすすめ

フルHDのテレビは、4Kテレビよりも安い価格帯で販売されています。しかし、今までHDモニターのパソコンで番組を観ていた方がフルHDテレビに買い替えると、映像の美しさの違いが明確になるので、ぜひ試してみてください。

 

フルHDテレビの解像度は1920×1080と、1280×720のHDテレビよりもきめ細かいため、4Kテレビと比べると映像の目の粗さに大きな差があります。価格をおさえたいなら、こちらがおすすめです。

液晶テレビの映像性能で選ぶ

ここでは、4Kテレビや有機ELテレビといった液晶テレビにおいて、映像性能の違いで選ぶときのポイントをご紹介します。

彩度の美しさで選ぶなら「LEDバックライト」がおすすめ

4Kテレビの中には、LEDライトを液晶の背面に取り付けたテレビがあります。このLEDバックライトにメーカーが独自開発した画像エンジンが組み合わさると、彩度調節がなされコントラストがより鮮明になるのでおすすめです。

白とびや黒つぶれを避けたいなら「HDR対応」モデルがおすすめ

映像の白とびや黒つぶれを避け、立体的で発色の際立った映像を映し出すのがHDRです。明るい部分・暗い部分・中間部分に合った露出の違う3つの映像から、自動で平均的な露出を導き出し映像化します。

 

従来のSDR技術よりもHDRの方が色彩が豊かなので、HDR対応テレビの方がより美しい映像です。画質にこだわるなら、HDR対応テレビも選択肢に入るので、ぜひチェックしてください。

動きの滑らかさで選ぶなら「倍速機能搭載」モデルがおすすめ

スピード感が臨場感に直結する映像で迫力を楽しみたい方は、倍速機能が搭載されたテレビを選びましょう。特にスポーツ・競馬中継・カーレースなどの中継番組を視聴する場合に役立ちます。

 

通常のテレビは、1秒間に60コマで表示されるのに対し、倍速機能搭載のテレビでは1秒間に120コマもしくは1秒間に240コマの表示が可能です。この機能によって、映像の動きが固くなくなりより滑らかな表現を実現します。

便利な機能で選ぶ

ここでは、あると便利な機能についてご紹介します。さまざまな機能があるので、テレビの用途に合わせて選んでください。

裏番組を録画しながら試聴したいなら「ダブルチューナー」がおすすめ

4Kテレビに4Kチューナーが内蔵されていれば、4K放送を受信して4K映像の視聴が可能です。さらに、4Kチューナーには地上デジタル放送用・BS放送用・CS放送用と種類があるので、観たい番組がどの放送か確認しておく必要もあります。

 

ただし、4K対応と記載のあるテレビに4Kチューナーが必ずしも内蔵されているとは限りません。テレビの解像度は4Kに対応している意味を含んでいるだけで、実際は内蔵しておらず別途購入しなければならないテレビもあります。

観たいネット番組があるなら「VOD対応」モデルがおすすめ

ご家庭にインターネット環境がある場合は、ストリーミング動画の配信サービスやVODと呼ばれるネット配信サービスを観られます。NETFLIX・Amazon Prime Video・Android  TVなどは、VODに該当するものです。

 

ただし、購入するテレビがこれらのサービスに対応している場合のみ、視聴できます。観たい番組やジャンルがあるなら、テレビが対応しているVODの種類をチェックしておきましょう。

壁掛けしたいなら「壁掛け可能」モデルがおすすめ

壁掛けテレビをお探しなら、壁掛けに対応しているテレビを選びましょう。壁掛け対応テレビには、背面に壁掛け用の金具を設置するためのねじ穴があるので、ここに金具を装着して設置します。

 

なお、壁掛けを行う際は壁の強度にも配慮して設置しましょう。本来、柱に取り付けられる位置にテレビを置くように配置する場合が多いです。それが不可能なら、突っ張り棒タイプの壁掛けアイテムもあります。お好きな金具を探してみてください。

出費を抑えたいなら「消費電力」もチェック

テレビは大きければ大きいほど消費電力も大きくなります。現在では各メーカーとも省エネ化に取り組んでいますが、メーカーや種類によって電力に差があるので、大型テレビの電気代をなるべく節約したいなら、どのくらい消費電力がかかるかチェックしましょう。

フルHD50インチテレビの人気おすすめランキング2選

1位

シャープ(SHARP)

液晶テレビ LC-50W30

4.3

無線LAN内蔵でネットサービスも使用可能

無線LANを内蔵しているので、手軽にNETFLIXやYouTubeなどを楽しめる液晶テレビです。バスレフ型スピーカーボックスを2個搭載しており、聞き取りやすいサウンドも魅力です。読みやすく見やすい番組表で、見たい番組を見つけやすくなっています。

チューナー 地上デジタル・BS・CS HDR -
倍速 - HDMI端子 あり
録画 外付けHDD サイズ 幅112.3×奥行29.5×高さ68.4
重量 約21kg サイズ展開 50V型・55V型
Dolby Atmos対応 - 動画配信サービス NETFLIX・ひかりTV・YouTube・Huluなど
音声操作対応 - 総出力 -
映像処理エンジン - LEDバックライト エッジ型
パネル - 映像モード -
ネットワーク接続 無線LAN・有線LAN 年間消費電力 72kWh
待機消費電力 -

口コミを紹介

50インチと言えどかなりの大画面なので、映し出される映像に迫力があり、音質も良いと思います。
値段、画質、音質、操作性、全てにおいて満足してます。買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

オリオン(Orion)

フルハイビジョン液晶テレビ OL50CD400A

4.0

パネル周辺の縁を狭くしたスッキリデザイン

日本独自の放送品質に合わせて色調整された、鮮やかな映像美を楽しめるテレビです。パネル周辺の縁を狭くしており、寝室や書斎の空間を邪魔しないスッキリしたデザインが魅力です。テレビ音質も自分好みに設定できます。

チューナー 地上デジタル・BS・110度CS HDR -
倍速 HDMI端子 あり
録画 外付けHDD サイズ 21.3D x 21.3W x 70.9H cm
重量 9.4kg サイズ展開 24V型・32V型・40V型・50V型
Dolby Atmos対応 - 動画配信サービス -
音声操作対応 総出力 -
映像処理エンジン - LEDバックライト -
パネル - 映像モード -
ネットワーク接続 有線LAN 年間消費電力 153kWh
待機消費電力 0.5W

フルHD50インチテレビのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 チューナー HDR 倍速 HDMI端子 録画 サイズ 重量 サイズ展開 Dolby Atmos対応 動画配信サービス 音声操作対応 総出力 映像処理エンジン LEDバックライト パネル 映像モード ネットワーク接続 年間消費電力 待機消費電力
アイテムID:14340557の画像

Amazon

楽天

ヤフー

無線LAN内蔵でネットサービスも使用可能

地上デジタル・BS・CS

-

-

あり

外付けHDD

幅112.3×奥行29.5×高さ68.4

約21kg

50V型・55V型

-

NETFLIX・ひかりTV・YouTube・Huluなど

-

-

-

エッジ型

-

-

無線LAN・有線LAN

72kWh

-

アイテムID:14340568の画像

Amazon

楽天

ヤフー

パネル周辺の縁を狭くしたスッキリデザイン

地上デジタル・BS・110度CS

-

あり

外付けHDD

21.3D x 21.3W x 70.9H cm

9.4kg

24V型・32V型・40V型・50V型

-

-

-

-

-

-

-

有線LAN

153kWh

0.5W

4K50インチテレビの人気おすすめランキング13選

1位

SHARP(シャープ)

4T-C50DN2

4.5

照明の写り込みを抑え遠距離からでも快適な試聴が可能に

メーカーオリジナルの画像処理エンジンを搭載し、きめ細やかさと色表現の幅が広がりました。同時に低反射パネルの搭載により、照明や日光がテレビに反射して観えづらい現象を軽減して、遠距離からでも快適な試聴ができます。

 

また、音抜けがいい臨場感のあるサウンドが特徴で、音楽番組やスポーツ番組を楽しみたい方にもおすすめです。音質にこだわりがある方はぜひチェックしてみてください。

チューナー BS 4K・110度CS 4K・地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル HDR HDR10・HLG・Dolby Vision
倍速 HDMI端子 4 ARC
録画 外付けHDD サイズ ‎127.4×81.3×23.1cm
重量 29kg サイズ展開 43V型・50V型・70V型
Dolby Atmos対応 - 動画配信サービス NETFLIX・YouTube・dTV・U-NEXTなど
音声操作対応 総出力 35W
映像処理エンジン Medalist S2 LEDバックライト 480スピード・リッチブライトネス
パネル N-Blackパネル 映像モード -
ネットワーク接続 Bluetooth・Wi-Fi 年間消費電力 174kWh
待機消費電力 1.0W

口コミを紹介

プライムビデオで古い作品を見てビックリ‼️古い映画でも、映像をアップグレードしてくれるので、何を見ても4K映像みてるようで楽しい。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

TOSHIBA(東芝)

50M540X

4.5

コスパ抜群で機能性にもすぐれたレグザのYouTube対応テレビ

4Kチューナーをダブルで搭載し、片方は視聴、もう片方は外付けHDDに録画ができます。もちろん地デジ・BS・CSは3チューナ-搭載でダブル録画も可能で、YouTube対応でネット動画も4K画質対応の大画面で楽しめる点が魅力です。

チューナー 地デジ3 BS・CS3 BS・CS4K2 HDR HDR10・HLG HDR
倍速 - HDMI端子 あり
録画 外付けHDD サイズ ‎125.3×75.7×17.7cm
重量 16.2kg サイズ展開 43V型・50V型・65V型
Dolby Atmos対応 - 動画配信サービス Netflix・U-NEXT・Huluなど
音声操作対応 - 総出力 20W
映像処理エンジン レグザエンジン Cloud LEDバックライト 4Kダイレクトモーション120
パネル - 映像モード 4K瞬速ゲームダイレクト
ネットワーク接続 ‎Wi-Fi 年間消費電力 86kWh
待機消費電力 0.4W

口コミを紹介

初の4Kテレビで画質が良くて4Kの動画など、結構楽しんでます。サウンドに関しては、個人の感覚になるとは思いますが、標準でも良いのですが、サウンドバー導入したら、桁違いに良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

MAXZEN

液晶テレビ JU50CH06

4.0

細部までリアルに映す映像美

メイン基板に日本設計の映像エンジンを搭載しており、細部までリアルに表現する映像美が楽しめます。画素数は4Kに対応しており、臨場感あふれる映像になっています。押しやすさ重視のリモコンで誤操作を防ぎます。

チューナー 地デジ・BS・110度CS HDR HDR10・HLG
倍速 HDMI端子 あり
録画 外付けHDD サイズ 19.6D x 112.7W x 70H cm
重量 13kg サイズ展開 50V型・55V型
Dolby Atmos対応 - 動画配信サービス -
音声操作対応 - 総出力 -
映像処理エンジン - LEDバックライト 直下型
パネル VAパネル 映像モード -
ネットワーク接続 有線LAN 年間消費電力 154kWh
待機消費電力 -
4位

レグザ

50M550L

3.6

大型テレビを省スペースで設置したい方におすすめ

テレビ番組はもちろんネット動画まで、さまざまなコンテンツもあざやかに高コントラストで楽しめるレグザです。コントラスト・精細感をアップさせ、低フレームレートコンテンツもなめらかに再生します。

チューナー 地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル HDMI端子 4
録画 外付けHDD サイズ 111.6x67.1x25.9cm
重量 12 kg サイズ展開 43V型・50V型・55V型・65V型・75V型
Dolby Atmos対応 - 動画配信サービス Netflix・Amazon Prime Video・YouTubeなど
音声操作対応 総出力 20W
映像処理エンジン レグザエンジンZRⅡ HDR方式 Dolby VISION IQ・HDR 10・HLG HDR・HDR 10+
LEDバックライト 直下型 パネル -
映像モード 瞬速ゲームモード ネットワーク接続 ‎Wi-Fi
年間消費電力 148kWh 待機消費電力 0.4W
チューナー BS 4K/110度CS 4K・地上デジタル・BSデジタル/110度CSデジタル HDR HDR10・HDR10+・ドルビービジョンIQ・HLG
倍速 - HDMI端子 4
録画 外付けHDD サイズ 111.6x67.1x25.9cm
重量 12kg サイズ展開 43V型・50V型・55V型・65V型・75V型
Dolby Atmos対応 - 動画配信サービス Netflix・Amazon Prime Video・YouTubeなど
音声操作対応 総出力 20W
映像処理エンジン レグザエンジンZRⅡ LEDバックライト 直下型
パネル - 映像モード 瞬速ゲームモード
ネットワーク接続 ‎Wi-Fi 年間消費電力 148kWh
待機消費電力 0.4W

口コミを紹介

サクサクで快適です

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

SONY(ソニー)

BRAVIA XRJ-50X90J

4.6

信頼のブランドソニーの省エネ電力が低いブラビア

ソニー社のBRAVIAは、高精度なLEDバックライトの制御と認知特性プロセッサー「XR」の映像処理を合わせています。そのため、美しい色合いはそのままに、動きの速い映像もくっきりと視聴可能です。

 

更に、動画アプリもワンプッシュで簡単に見れます。美しい映像を楽しみたい方・ネット配信サービスをよく利用する方はチェックしてみてください。

チューナー BS 4K/110度CS 4K・地上デジタル・BSデジタル/110度CSデジタル HDR HDR10・ドルビービジョンなど
倍速 倍速駆動パネル HDMI端子 ‎4
録画 外付けHDD・2番組同時録画 サイズ 29.6x111.9 x71.3cm
重量 14.7kg サイズ展開 50V型・55V型・65V型・75V型
Dolby Atmos対応 動画配信サービス YouTube・Amazon Prime Video・U-NEXTなど
音声操作対応 総出力 20W
映像処理エンジン XR 4K アップスケーリング LEDバックライト 直下型
パネル - 映像モード -
ネットワーク接続 Wi-Fi 年間消費電力 176kWh
待機消費電力 0.5W

口コミを紹介

ユーチューブの絶景番組はとても綺麗で、本機の価値が良くわかります。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

TOSHIBA(東芝)

50Z670L

4.0

美麗な映像でゲーマーにもおすすめなレグザ

美麗な映像に加え、瞬速ゲームダイレクト機能を搭載しているため、最適な処理が施された映像でゲームを楽しめます。もちろん映像の視聴をサポートする機能も充実しており、ノイズを軽減して高精細な映像を実現しました。

 

また、ユーザーの好みにあわせて番組やシーンをチョイスできる「みるコレ」も搭載しており、快適な視聴が可能です。

チューナー BS 4K・110度CS 4K・地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル HDR HDR10・HDR10+ ADAPTIVEなど
倍速 4K倍速パネル HDMI端子 4
録画 外付けHDD サイズ 111.8x67.6x21.1cm
重量 19kg サイズ展開 43V型・50V型・55V型・65V型・75V型
Dolby Atmos対応 動画配信サービス Netflix・Amazon Prime Video‎・YouTubeなど
音声操作対応 総出力 60W
映像処理エンジン レグザエンジンZRⅡ LEDバックライト 全面直下
パネル - 映像モード 瞬速ゲームモード
ネットワーク接続 Wi-Fi 年間消費電力 190kWh
待機消費電力 0.5W

口コミを紹介

文句無しの画質の良さ。特に画面の設定のゲームモードではCOD MW、エイペックス、モンハンと様々なゲームを高画質&高処理でできる。音質も良く映画鑑賞のNetflixやプライムビデオにも相性はいいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

Panasonic(パナソニック)

TH-50LX800 VIERA Dolby Atmos

4.3

最先端の美麗な映像と各種VODに対応したパナソニックテレビ

プロ仕様の映像を実現するヘキサクロマドライブを搭載しており、ほかのテレビでは実現できない美麗な映像を楽しめます。さらに映像にあわせて自動に音質を変えられるなど、よりクオリティの高い映像体験を得られるパナソニックのテレビです。

 

また、ネットフリックスやアマゾンプライムなど各種VODはもちろん、さまざまなゲームやアプリにも対応しています。どれもリモコンの簡単操作で使えるので、ぜひ試してみてください。

チューナー BS 4K・110度CS 4K・地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル HDR HDR10・HDR10+ HDR10+・ADAPTIVEなど
倍速 - HDMI端子 3
録画 外付けHDD サイズ 112.0x72x26.9cm
重量 11.5kg サイズ展開 43V型・50V型・55V型・65V型・75V型
Dolby Atmos対応 動画配信サービス Netflix・U-NEXT・Huluなど
音声操作対応 - 総出力 20W
映像処理エンジン ヘキサクロマドライブ LEDバックライト -
パネル VA 映像モード -
ネットワーク接続 無線LAN 年間消費電力 150kWh
待機消費電力 0.3W

口コミを紹介

リモコンが扱いやすい、音質も素晴らしい

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

(SHARP(シャープ)

4T-C50CH1

4.2

高精細4K低反射液晶パネル採用したシャープの4Kテレビ

高精細4K低反射液晶パネルを採用したモデルです。約829万画素の鮮明な映像でテレビを楽しめます。聞き取りやすさを重視したスピーカーも搭載しており、低音から高音まではっきりとしたサウンドを実現しました。

チューナー BS 4K/110度CS 4K・地上デジタル・BSデジタル/110度CSデジタル HDR HDR10・HLG
倍速 - HDMI端子 4
録画 外付けHDD サイズ 112.6x73.8x22cm
重量 20kg サイズ展開 50V型・55V型・65V型
Dolby Atmos対応 - 動画配信サービス -
音声操作対応 - 総出力 20W
映像処理エンジン AQUOS 4K Master Engine LEDバックライト エッジ型
パネル - 映像モード -
ネットワーク接続 有線LAN 年間消費電力 180kWh
待機消費電力 0.5W

口コミを紹介

非常に画質もよく、Controllerも分かりやすく、とても満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

Hisense(ハイセンス)

50A6G

4.2

レグザエンジンNEO搭載!ハイセンスの壁掛け可能なモデル

あのレグザエンジンNEOを搭載しており、高精細な映像をきめ細やかに表現しています。また、低遅延ゲームモードは僅かな時間が命取りの格闘ゲームには最適で、画質の高さと使い勝手のよさが魅力的なテレビです。

 

また、壁掛け可能なモデルなので、お部屋のコーディネートなどにあわせて、壁掛け・スタンドどちらにも対応できます。

チューナー BS 4K/110度CS 4K・地上デジタル・BSデジタル/110度CSデジタル HDR HDR10・HLG
倍速 - HDMI端子 3
録画 外付けHDD サイズ 111.7x70.9x22.5cm
重量 9.8 kg サイズ展開 43V型・50V型・55V型・65V型・76V型
Dolby Atmos対応 - 動画配信サービス Netflix・Amazon Prime Video・Disney+・YouTubeなど
音声操作対応 - 総出力 20W
映像処理エンジン NEOエンジンLite LEDバックライト 直下型
パネル VA 映像モード 低遅延ゲームモード
ネットワーク接続 ‎Wi-Fi 年間消費電力 88kWh
待機消費電力 -

口コミを紹介

色々調べて、巡りに巡って、これにたどり着きました。今はコスパ最高。このA6800で十分年越せますよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

Hisense(ハイセンス)

50U7H

4.7

Amazon Prime Video対応のラグが少ないモデル

ハイセンスから発売されているこちらの50インチテレビは、Amazon Prime Video対応モデルになります。鮮明な映像でテレビを楽しめるだけでなく、低遅延ゲームモード搭載のため、ボタンと表示されるまでのラグが少ない点が特徴です。

 

そのため、特に格闘ゲームやFPSなどを楽しむ方におすすめのモデルで、Amazon Prime VideoをはじめVODでおうち時間を楽しく過ごせます。映画好きやゲーマーのニーズにこたえてくれるテレビです。

チューナー 地上デジタル・BS・110°CSの3波に3チューナーを搭載 HDR HDR10・HDR10+ HDR10+・ADAPTIVEなど
倍速 - HDMI端子 4
録画 ダブル録画 サイズ 116.7x70.4x30.6cm
重量 12.4kg サイズ展開 43V型・50V型・55V型・65V型・75V型・85V型
Dolby Atmos対応 動画配信サービス Netflix・Amazon Prime Video・Disney+・You tubeなど
音声操作対応 総出力 40W
映像処理エンジン NEOエンジン Pro LEDバックライト 直下型
パネル ‎VA 映像モード ゲームモードPro
ネットワーク接続 無線LAN 年間消費電力 152kWh
待機消費電力 0.5W

口コミを紹介

海外製のテレビは少し抵抗がありましたが、Hisenseの価格は他とはかなり違いますので、思い切って購入しましたが、画質など、素晴らしいです

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

LG

50QNED80JQA

4.0

4Kの高品質の映像と音を楽しめる最先端液晶テレビ

4Kの美麗な映像に加えて、映像のジャンルにあわせて音質を変えられるAIサウンドとユーザーの位置を把握してサウンド調整するオートサウンドチューニングを搭載しています。そのため、より快適な映像体験が実現できる液晶テレビです。

 

さらにBluetooth・アレクサ・ゲームオプティマイザなど、さまざまな機能もついており、映像に関するあらゆるユーザーのニーズに対応しています。価格もリーズナブルなので、購入しやすい点も魅力です。

チューナー 地上デジタル・BS・110度デジタル×2/BS 4K・110度CS 4K×1 HDR HDR10 Pro・HLG
倍速 - HDMI端子 4
録画 - サイズ 112x71.8x25.7cm
重量 14.4kg サイズ展開 50V型・55V型
Dolby Atmos対応 - 動画配信サービス -
音声操作対応 総出力 20W
映像処理エンジン α7 Gen5 AI Processor 4K LEDバックライト エッジ型
パネル VA 映像モード ゲームオプティマイザ
ネットワーク接続 Wi-Fi・有線LAN 年間消費電力 134kWh
待機消費電力 0.5W
12位

ROOMMATE(ルームメイト)

TDP-i001-FTK5052S-01

3.5

激安で価格が安いのに録画機能付きのコスパ最強50型テレビ

日本設計の映像エンジンを搭載したテレビです。コントラスト比が高いVAパネルで鮮明で臨場感とメリハリのある映像を楽しめます。また、応答速度が8msなので大きい画面でゲームをしたい方にもおすすめです。

 

視野角が178度もあるため、どこからみてもきれいな映像を楽しめます。さらにWチューナーを搭載しているため、裏録もできるなど、快適な視聴体験が実現可能な録画機能付きテレビで、価格が安いのに機能満載です。

チューナー 地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル HDR
倍速 - HDMI端子 3
録画 外付けHDD サイズ 111.3×69×23.3cm
重量 約11kg サイズ展開 32V型・43V型・50V型
Dolby Atmos対応 - 動画配信サービス Amazonインスタントビデオ
音声操作対応 - 総出力 -
映像処理エンジン - LEDバックライト 直下型
パネル VA 映像モード -
ネットワーク接続 - 年間消費電力 -
待機消費電力 -

口コミを紹介

寝室用に購入。安いのに高画質。明るくて見やすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

MITSUBISHI(三菱)

REAL LCD-A50RA2000

4.2

これ1台で録画が完結、重さがあるのでテレビ台がおすすめ

三菱のリアルは、BD・HDD内蔵の録画一体型テレビで、これ1台で快適です。HDDは2TB搭載で長時間モードにも対応していて容量は心配ありません。オートターンはリモコンで自動にテレビの向きを変えられるのが魅力です。

 

スピーカーも有名なDIATONEを使用しており、ボリュームをそれほど上げなくともハッキリと人の声が聴きとれます。サイズ感もよく、配線いらずでスッキリとしたテレビなので、設置が苦手な方にも人気です。

チューナー BS 4K/110度CS 4K・地上デジタル・BSデジタル/110度CSデジタル HDR HDR10・HLG
倍速 - HDMI端子 3
録画 BD・HDD(2TB)内蔵 外付けHDD サイズ 112.8×79×33.4cm
重量 26.4kg サイズ展開 40V型・50V型・58V型
Dolby Atmos対応 - 動画配信サービス YouTube・ABEMA
音声操作対応 - 総出力 20W
映像処理エンジン - LEDバックライト -
パネル - 映像モード -
ネットワーク接続 - 年間消費電力 211kWh
待機消費電力 0.2W

口コミを紹介

流石の三菱電機、液晶で遠近がはっきり出てます。音質もダイヤトーンですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

4K50インチテレビのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 チューナー HDR 倍速 HDMI端子 録画 サイズ 重量 サイズ展開 Dolby Atmos対応 動画配信サービス 音声操作対応 総出力 映像処理エンジン LEDバックライト パネル 映像モード ネットワーク接続 年間消費電力 待機消費電力 HDR方式
アイテムID:14265404の画像

Amazon

楽天

ヤフー

照明の写り込みを抑え遠距離からでも快適な試聴が可能に

BS 4K・110度CS 4K・地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル

HDR10・HLG・Dolby Vision

4 ARC

外付けHDD

‎127.4×81.3×23.1cm

29kg

43V型・50V型・70V型

-

NETFLIX・YouTube・dTV・U-NEXTなど

35W

Medalist S2

480スピード・リッチブライトネス

N-Blackパネル

-

Bluetooth・Wi-Fi

174kWh

1.0W

アイテムID:14265413の画像

Amazon

楽天

ヤフー

コスパ抜群で機能性にもすぐれたレグザのYouTube対応テレビ

地デジ3 BS・CS3 BS・CS4K2

HDR10・HLG HDR

-

あり

外付けHDD

‎125.3×75.7×17.7cm

16.2kg

43V型・50V型・65V型

-

Netflix・U-NEXT・Huluなど

-

20W

レグザエンジン Cloud

4Kダイレクトモーション120

-

4K瞬速ゲームダイレクト

‎Wi-Fi

86kWh

0.4W

アイテムID:14340578の画像

Amazon

細部までリアルに映す映像美

地デジ・BS・110度CS

HDR10・HLG

あり

外付けHDD

19.6D x 112.7W x 70H cm

13kg

50V型・55V型

-

-

-

-

-

直下型

VAパネル

-

有線LAN

154kWh

-

アイテムID:14265380の画像

Amazon

楽天

ヤフー

大型テレビを省スペースで設置したい方におすすめ

地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル

HDR10・HDR10+・ドルビービジョンIQ・HLG

-

4

外付けHDD

111.6x67.1x25.9cm

12 kg

43V型・50V型・55V型・65V型・75V型

-

Netflix・Amazon Prime Video・YouTubeなど

20W

レグザエンジンZRⅡ

直下型

-

瞬速ゲームモード

‎Wi-Fi

148kWh

0.4W

Dolby VISION IQ・HDR 10・HLG HDR・HDR 10+

アイテムID:14265371の画像

Amazon

ヤフー

信頼のブランドソニーの省エネ電力が低いブラビア

BS 4K/110度CS 4K・地上デジタル・BSデジタル/110度CSデジタル

HDR10・ドルビービジョンなど

倍速駆動パネル

‎4

外付けHDD・2番組同時録画

29.6x111.9 x71.3cm

14.7kg

50V型・55V型・65V型・75V型

YouTube・Amazon Prime Video・U-NEXTなど

20W

XR 4K アップスケーリング

直下型

-

-

Wi-Fi

176kWh

0.5W

アイテムID:14265392の画像

Amazon

楽天

ヤフー

美麗な映像でゲーマーにもおすすめなレグザ

BS 4K・110度CS 4K・地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル

HDR10・HDR10+ ADAPTIVEなど

4K倍速パネル

4

外付けHDD

111.8x67.6x21.1cm

19kg

43V型・50V型・55V型・65V型・75V型

Netflix・Amazon Prime Video‎・YouTubeなど

60W

レグザエンジンZRⅡ

全面直下

-

瞬速ゲームモード

Wi-Fi

190kWh

0.5W

アイテムID:14265395の画像

Amazon

楽天

ヤフー

最先端の美麗な映像と各種VODに対応したパナソニックテレビ

BS 4K・110度CS 4K・地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル

HDR10・HDR10+ HDR10+・ADAPTIVEなど

-

3

外付けHDD

112.0x72x26.9cm

11.5kg

43V型・50V型・55V型・65V型・75V型

Netflix・U-NEXT・Huluなど

-

20W

ヘキサクロマドライブ

-

VA

-

無線LAN

150kWh

0.3W

アイテムID:14265410の画像

Amazon

楽天

ヤフー

高精細4K低反射液晶パネル採用したシャープの4Kテレビ

BS 4K/110度CS 4K・地上デジタル・BSデジタル/110度CSデジタル

HDR10・HLG

-

4

外付けHDD

112.6x73.8x22cm

20kg

50V型・55V型・65V型

-

-

-

20W

AQUOS 4K Master Engine

エッジ型

-

-

有線LAN

180kWh

0.5W

アイテムID:14265416の画像

Amazon

ヤフー

レグザエンジンNEO搭載!ハイセンスの壁掛け可能なモデル

BS 4K/110度CS 4K・地上デジタル・BSデジタル/110度CSデジタル

HDR10・HLG

-

3

外付けHDD

111.7x70.9x22.5cm

9.8 kg

43V型・50V型・55V型・65V型・76V型

-

Netflix・Amazon Prime Video・Disney+・YouTubeなど

-

20W

NEOエンジンLite

直下型

VA

低遅延ゲームモード

‎Wi-Fi

88kWh

-

アイテムID:14265388の画像

楽天

ヤフー

Amazon Prime Video対応のラグが少ないモデル

地上デジタル・BS・110°CSの3波に3チューナーを搭載

HDR10・HDR10+ HDR10+・ADAPTIVEなど

-

4

ダブル録画

116.7x70.4x30.6cm

12.4kg

43V型・50V型・55V型・65V型・75V型・85V型

Netflix・Amazon Prime Video・Disney+・You tubeなど

40W

NEOエンジン Pro

直下型

‎VA

ゲームモードPro

無線LAN

152kWh

0.5W

アイテムID:14265391の画像

楽天

ヤフー

4Kの高品質の映像と音を楽しめる最先端液晶テレビ

地上デジタル・BS・110度デジタル×2/BS 4K・110度CS 4K×1

HDR10 Pro・HLG

-

4

-

112x71.8x25.7cm

14.4kg

50V型・55V型

-

-

20W

α7 Gen5 AI Processor 4K

エッジ型

VA

ゲームオプティマイザ

Wi-Fi・有線LAN

134kWh

0.5W

アイテムID:14265374の画像

Amazon

ヤフー

激安で価格が安いのに録画機能付きのコスパ最強50型テレビ

地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル

-

3

外付けHDD

111.3×69×23.3cm

約11kg

32V型・43V型・50V型

-

Amazonインスタントビデオ

-

-

-

直下型

VA

-

-

-

-

アイテムID:14265419の画像

Amazon

楽天

これ1台で録画が完結、重さがあるのでテレビ台がおすすめ

BS 4K/110度CS 4K・地上デジタル・BSデジタル/110度CSデジタル

HDR10・HLG

-

3

BD・HDD(2TB)内蔵 外付けHDD

112.8×79×33.4cm

26.4kg

40V型・50V型・58V型

-

YouTube・ABEMA

-

20W

-

-

-

-

-

211kWh

0.2W

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

50インチを検討する方に人気の40インチ・55インチをご紹介

50インチテレビの購入を検討している方に人気のある、そのほかのサイズのテレビをご紹介します。ぜひ、ご購入時の参考にしてみてください。

55インチは壁掛けモデルやSONY(ソニー)の有機ELが人気

SONY(ソニー)の有機ELテレビシリーズBRAVIAは50インチを販売しておらず、一番近いサイズは49インチです。また、ほかのメーカーでは少し大きいサイズの55インチテレビにニーズがあり、特に壁掛けできるモデルが人気を集めています。

 

有機ELでなくとも、家具や間取りとの相性を考えてテレビを選びたい方におすすめです。下記の記事では、55インチテレビの選び方と人気おすすめ商品をランキングでご紹介しています。有機ELモデルも多数取り上げているので、ぜひご覧ください。

40インチはネットテレビを視聴する方におすすめ

パソコン画面で視聴するには小さすぎるけれど、50インチでは大きすぎる方に40インチはぴったりのサイズです。ゲームや仕事に使うモニターとしても活躍します。下記の記事では、 40インチテレビの選び方と人気おすすめ商品をランキングで紹介しています。

壁掛けするときに注意する点は?

テレビを設置するときは、壁板ではなく壁の後ろに柱がある場所を選びます。壁板に取り付けられる金具もありますが、耐震性を考慮して選んでください。最近はホッチキスの針で留めるタイプや突っ張り棒タイプなども登場しています。

 

下記のサイトでは、壁掛けテレビのメリットや設置について、さまざまなポイントがくわしく紹介されています。壁掛けテレビの購入を考えている方に役立つので、ぜひチェックしてみてください。

買い替える際の中古テレビは適切な方法でリサイクルを

テレビを買い替えるときは、古いテレビを適切に処分しましょう。古いテレビの処分には、リサイクル券の購入と所定の手続きが必要です。また、処分するテレビの種類やサイズによって処分する費用も異なっています。

50インチテレビのサイズ感・適正距離は?

50インチはテレビの中でも大きいサイズ感に分類されます。したがって広いリビングや客室などの設置に最適です。またテレビを視聴する際の適正距離は、50インチテレビの場合だと約2.6mになります。ソファなどを設置するときは、この距離を参考にしてみてください。

まとめ

50インチテレビの選び方やおすすめランキングを紹介してきました。50インチテレビはメーカーによって機能が異なります。これからテレビを購入する方は、選び方のポイントを参考にしてこだわりたいポイントを基準に選んでみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年11月14日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

テレビの人気おすすめランキング18選【4Kから安いものまで紹介】

テレビの人気おすすめランキング18選【4Kから安いものまで紹介】

薄型テレビ・液晶テレビ
60インチテレビのおすすめ人気ランキング13選【60型は壁掛けテレビにできる?】

60インチテレビのおすすめ人気ランキング13選【60型は壁掛けテレビにできる?】

薄型テレビ・液晶テレビ
【2023年最新版】8Kテレビの人気おすすめランキング10選【最小なものや東芝・パナソニックも】

【2023年最新版】8Kテレビの人気おすすめランキング10選【最小なものや東芝・パナソニックも】

薄型テレビ・液晶テレビ
【プロ監修】55インチテレビのおすすめ人気ランキング14選【REGZA・ソニーも】

【プロ監修】55インチテレビのおすすめ人気ランキング14選【REGZA・ソニーも】

薄型テレビ・液晶テレビ
4Kテレビの人気おすすめランキング19選【音質がいい液晶テレビも】

4Kテレビの人気おすすめランキング19選【音質がいい液晶テレビも】

薄型テレビ・液晶テレビ
決算セール時期の3月が狙い目! 新生活のお供に欲しい大型テレビ18選

決算セール時期の3月が狙い目! 新生活のお供に欲しい大型テレビ18選

家電

アクセスランキング

壁掛けテレビのおすすめ人気ランキング15選【安いものも!】のサムネイル画像

壁掛けテレビのおすすめ人気ランキング15選【安いものも!】

薄型テレビ・液晶テレビ
アイリスオーヤマテレビの口コミ・評価を調査!「ひどい・寿命が短い」って本当?のサムネイル画像

アイリスオーヤマテレビの口コミ・評価を調査!「ひどい・寿命が短い」って本当?

薄型テレビ・液晶テレビ
60インチテレビのおすすめ人気ランキング13選【60型は壁掛けテレビにできる?】のサムネイル画像

60インチテレビのおすすめ人気ランキング13選【60型は壁掛けテレビにできる?】

薄型テレビ・液晶テレビ
東芝テレビのおすすめ人気ランキング9選【REGZAの評判や口コミも】のサムネイル画像

東芝テレビのおすすめ人気ランキング9選【REGZAの評判や口コミも】

薄型テレビ・液晶テレビ
【2023年版】4Kテレビのおすすめ人気ランキング15選|家電芸人おすすめのものも!のサムネイル画像

【2023年版】4Kテレビのおすすめ人気ランキング15選|家電芸人おすすめのものも!

薄型テレビ・液晶テレビ
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。