【プロ監修】55インチテレビのおすすめ人気ランキング13選【2022年】

サイズだけを聞くと大きく感じる55インチテレビですが、薄型の今では圧迫感なくリビングに置けます。さらに4Kや有機ELパネルでの映像の迫力や美しさは圧巻です。そこで今回は現役家電販売員のたろっささん監修のもと、ソニーやパナソニックなどのおすすめの55インチテレビの選び方やランキングをご紹介します。

専門家プロフィール画像
取材協力

現役家電販売員

たろっさ

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験も。

家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通。家電で分からないことはなく、現在は家電ライターの業務を通して「すべての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力。

ブログURL:https://taromomo.com/

今回の記事では55インチテレビの人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事ではテレビについて紹介しています。ぜひ参考にしてください。

次に買い替えるなら55インチサイズのテレビがおすすめ

ここ数年で動画配信サービスを利用して映画やライブなどを、自宅で気軽に楽しむシーンが増えてきました。なかには「せっかくならもう少しきくて新しいテレビで動画を観たい!」方も多いのではと思われます。

 

55インチテレビは大きすぎる印象をお持ちの方も多いかと思います。実は、ソニーやパナソニックなどの最近のテレビは薄型・軽量化が進み、55インチテレビでも圧迫感なく設置ができるんです!55インチテレビは品揃えも良く、自宅に最適なテレビを見つけたい方にもおすすめです。

 

そこで今回は現役家電販売員のたろっささん監修のもと、55インチテレビの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは画面解像度や音質、VODサービスの有無などを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてくださいね。

現役家電販売員に聞いた!必ずチェックすべきポイント

編集部の画像

編集部

55インチテレビを選ぶ際に何をチェックすればいいか迷う方も多いのではないでしょうか。


今回、現役家電販売員のたろっささんにチェックすべき3つのポイントを伺いました。ぜひ参考にしてみてください。

POINT①

自分の見たいコンテンツに対応しているか

たろっささんの画像

たろっささん

例えば普段はAmazonプライムをスマホやタブレットで視聴しているけれども、それを大画面で見たい場合にはテレビ側にAmazonプライムのアプリが入っていないといけません。


昨今のテレビはコスパを突き詰めるためにネット接続機能を最初から全て取り払ったモデルなども存在するため、そちらはしっかり確認しましょう。

POINT②

画面作りは実際に見てみたほうがよい

たろっささんの画像

たろっささん

テレビの画質と一言で言っても各メーカー、それぞれに重視する場所が違います。東芝、シャープは画面の明度が高く、長時間見ていても疲れづらい点が挙げられます。


反面ソニーやパナソニックは画面の彩度が高いため、くっきりした映像を楽しむことが出来ます。実際に店頭などに赴いて見てみるのが最もベストでしょう。

POINT③

テレビを視聴する以外の使い方をするかどうか

たろっささんの画像

たろっささん

仮にディスプレイとして使用をする場合、そこまで良いものは必要ありませんがある程度動きに強かったりということが求められる場合もあります。


また、ゲームのモニターとして使用をしたい場合は低遅延のゲームモードが便利。ボタンを押してから画面が反応するまでのタイムラグが減るため一瞬を争うゲームなどでは非常に重宝しますよ。

現役家電販売員が厳選!おすすめ商品を紹介

編集部の画像

編集部

現役家電販売員のたろっささんにおすすめの55インチテレビを伺いました。


先ほど紹介したチェックすべき3つのポイントを踏まえて、自分にピッタリな商品があるか確認してみてください。

たろっささんの画像

たろっささん

ちなみに私はソニーの「KJ-65X9500E」を使っています。


AndroidTVと両脇のスピーカー、ハイレゾ再生が出来るという点で選びました。気になる方はぜひチェックしてみてください。

スポーツ観戦などスピード感のある映像に最適な55インチの鉄板機種!

【1番の売れ筋商品はこれ!】

現役家電販売員のたろっささんがおすすめする1番の売れ筋商品がソニー「KJ-55X9500H」です。滑らかな映像と豊富なコンテンツが特徴。どれにしようか迷っている方は1度チェックするのがおすすめです。

 

【滑らかな映像】

倍速駆動パネルとメーカー独自のバックライト制御で、映像の動きが滑らかに。残像感も少なくなっています。映画やスポーツ観戦など、スピード感のある映像を見るのに最適です。

 

【立体的な音響機技術!】

メーカー独自の「アコースティック マルチオーディオ」の音響技術を搭載しています。音圧・定位感をさらに強化して、立体感のある音に。映像だけでなく音響も拘りたい方は検討してみてください。

 

【コンテンツが豊富!】

Android TV(TM) アプリを搭載。「Hulu」「Netflix」「YouTube」などの人気の動画コンテンツをテレビで視聴可能です。リモコンにボタンが設置してあり、地上波からすぐに切り替えられます。

画面解像度 4K(3820 ×2160) パネル種類 IPS
2画面同時視聴 なし 2番組同時録画 なし
視聴+録画 対応 音質 Dolby Audio/AIサウンド
Dolby Atmos なし 便利機能 マジックリモコン:カーソル&スクロール・Alexa音声認識操作ボタン、スマートスピーカー連携:Google アシスタント Amazon Alexa
VOD YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、ひかりTV4K、TSUTAYA TV、アクトビラ、U-NEXT、JOYSOUND.TV、DAZN 発売日 -
たろっささんの画像

たろっささん

4Kテレビが主流になりつつある昨今でテレビ市場を牽引する、ソニーの大人気機種です。AndroidTV搭載で多彩なコンテンツを視聴できる、倍速駆動+独自バックライト制御技術で動きにとにかく強いと上位モデルならではの性能がウリです。

高画質映像・大容量のタイムシフトマシンが光る高機能テレビ!

【最新の55インチテレビが欲しい方はこちら!】

現役家電販売員のたろっささんが最新の機種が欲しい方におすすめする商品がレグザの「55Z740XS」です。高画質な映像と大容量のタイムシフトマシンが特徴。ぜひチェックしてみてください。

 

【細部まで映し出される映像!】

全面に設置されたLEDバックライトを映像エンジンでエリアコントロールして、目を見張るほどの映像美を実現。高画質のカメラで撮影した映画などが十分に楽しめます。

 

【見逃した過去の番組が見れる!】

テレビに別売のUSBハードディスクを接続すると、最大で6チャンネル約80時間分の番組を録画ができます。休日の暇なお時間に見逃した番組を探してみるのも面白いです。

 

【オンエア中の番組を最初に飛ばせる!】

途中からチャンネルを変えたことで、すでに半分ほど放送してしまっている面白そうな番組を見つける場合がありますが、この機種には「始めにジャンプ」ボタンが搭載されており、番組をオンエアし始めから見られます。

画面解像度 4K パネル種類 液晶
2画面同時視聴 なし 2番組同時録画 あり
視聴+録画 あり 音質 レグザ重低音バズーカオーディオシステム PRO
Dolby Atmos - 便利機能 タイムシフトマシン
VOD YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、ひかりTV4K、TSUTAYA TV、アクトビラ、U-NEXT、DAZN、ABEMA TV、DMM.com、Paravi、スカパー、Rakuten TV 発売日 2020/2/21
たろっささんの画像

たろっささん

24時間365日地上波全6チャンネルを自動で録画、好きな時に好きな番組を遡って視聴できるタイムシフトマシンが大きな人気を集めています。東芝らしい明るく見やすい画面づくりが特徴ですので、柔らかな映像が見たい方におすすめです。

10万円以内で購入できるコスパに優れた国外メーカー

【コスパのよい商品が欲しい方はこちら!】

現役家電販売員のたろっささんがコスパ重視の方におすすめしたのがHisenseの「55U7F」です。中国メーカーの製品。国産メーカーなら10万超えの機種が多い機能性でありながら、10万円きった価格を実現しています。予算を抑えたい方はチェックしてみてください。

 

【高品質のエンジン!】

エンジンはNEOエンジン2020を搭載。4K映像のポテンシャルを反映し、鮮やかな画質の堪能が可能です。細かな描写も十分に対応します。

 

【低遅延ゲームモード搭載!】

大画面でゲームをしたい方におすすめの機能が、低遅延ゲームモードです。スタート遅延は約0.83msと少なく、FPSなどのスピード感を重視するゲームで力を発揮してくれます。

画面解像度 4K パネル種類 液晶
2画面同時視聴 あり 2番組同時録画 なし
視聴+録画 なし 音質 Eilex PRISM
Dolby Atmos - 便利機能 低遅延ゲームモードなど
VOD Netflix/Youtube/Amazon Prime Video/hulu/Abema TV/U-NEXT/スカパー! on demand/DMM.com/acTVila/ひかりTV 4K/TSUTAYA TV/Dtv/Rakuten TV/Paravi 発売日 2020年5月21日
たろっささんの画像

たろっささん

海外メーカーのコスパに優れたテレビといえばこちらの製品です。この価格帯でしっかりと各種ネットコンテンツに対応、4Kチューナー搭載、ゲームモードに対応とやりたいことがつまった「とりあえず」に最適なテレビになっています。

高さ方向の音を再現するイネーブルドスピーカーで立体感を追求!

【音響のよい55インチテレビが欲しい方はこちら!】

現役家電販売員のたろっささんが音響のよさを重視したい方におすすめしたのがシャープの「ビエラ TH-55HZ2000」です。高性能の音響システムが搭載されています。アーティストのライブを見たい方におすすめです。

 

【立体的な音が楽しめる!】

天井に音を反射させるスピーカーを搭載して、立体音響技術「Dolby Atmos(R)(ドルビーアトモス)」に対応。まるで映画館にいるかのような気分になります。映画を楽しみたい方も1度チェックしてみてください。

画面解像度 4K パネル種類 ‎有機EL
2画面同時視聴 あり 2番組同時録画 なし
視聴+録画 なし 音質 イネーブルドスピーカー
Dolby Atmos - 便利機能 転倒防止スタンド・首振り機能など
VOD Netflix/Youtube/Amazon Prime Video/hulu/Abema TV/U-NEXT/スカパー! on demand/DMM.com/ひかりTV 4K/TSUTAYA TV/d tv/Rakuten TV/Paravi/TELASA 発売日 2020年10月16日
たろっささんの画像

たろっささん

パナソニックの有機EL上位モデルです。有機ELの美麗な映像もさることながら、音に関しても天井に反射させて反響させるイネーブルドスピーカーを2基搭載。深みと臨場感のある没入体験をすることができます。

現役家電販売員おすすめ商品の比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 画面解像度 パネル種類 2画面同時視聴 2番組同時録画 視聴+録画 音質 Dolby Atmos 便利機能 VOD 発売日
1
アイテムID:9806773の画像
KJ-55X9500H

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

スポーツ観戦などスピード感のある映像に最適な55インチの鉄板機種!

4K(3820 ×2160) IPS なし なし 対応 Dolby Audio/AIサウンド なし マジックリモコン:カーソル&スクロール・Alexa音声認識操作ボタン、スマートスピーカー連携:Google アシスタント Amazon Alexa YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、ひかりTV4K、TSUTAYA TV、アクトビラ、U-NEXT、JOYSOUND.TV、DAZN -
2
アイテムID:9806776の画像
55Z740XS

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

高画質映像・大容量のタイムシフトマシンが光る高機能テレビ!

4K 液晶 なし あり あり レグザ重低音バズーカオーディオシステム PRO - タイムシフトマシン YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、ひかりTV4K、TSUTAYA TV、アクトビラ、U-NEXT、DAZN、ABEMA TV、DMM.com、Paravi、スカパー、Rakuten TV 2020/2/21
3
アイテムID:9806779の画像
55U7F

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

10万円以内で購入できるコスパに優れた国外メーカー

4K 液晶 あり なし なし Eilex PRISM - 低遅延ゲームモードなど Netflix/Youtube/Amazon Prime Video/hulu/Abema TV/U-NEXT/スカパー! on demand/DMM.com/acTVila/ひかりTV 4K/TSUTAYA TV/Dtv/Rakuten TV/Paravi 2020年5月21日
4
アイテムID:9806782の画像
ビエラ TH-55HZ2000

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

高さ方向の音を再現するイネーブルドスピーカーで立体感を追求!

4K ‎有機EL あり なし なし イネーブルドスピーカー - 転倒防止スタンド・首振り機能など Netflix/Youtube/Amazon Prime Video/hulu/Abema TV/U-NEXT/スカパー! on demand/DMM.com/ひかりTV 4K/TSUTAYA TV/d tv/Rakuten TV/Paravi/TELASA 2020年10月16日
編集部の画像

編集部

これから先ではさらに細かい選び方を紹介します。現役家電販売員たろっささんのポイントと併せて見ておきたい方は、ぜひご確認ください。


他の商品をすぐ見たいという方は、上のボタンをクリックしてみてください。

50インチと55インチテレビを比較

50インチ超えのテレビを購入する際によく比較されるのが、50インチと55インチの2つです。そこでこの2つの特徴をご紹介します。

現状の55インチテレビの大きさや重さはどうか?

現行の55インチテレビは10年前のテレビに比べて非常にコンパクトな薄型設計になっています。例えば人気の東芝REGZAシリーズで比較すると、今の55インチならおおよそ幅123cm、高さ75cmで、2007年の42インチの横幅を左右10cmずつ大きくした程度です。

 

また壁掛けスタイルで使えるほど、現行の55インチテレビの重量は軽くなっており、人気のソニーのBRAVIA  KJ-55X9500で約17kgほどであるのに対し、2008年に発売された同じソニーのBRAVIA KDL-55XR1は52インチテレビで約54kgです。

 

これまで大きさや重さの関係で大型テレビの購入をためらっていた方は、現行モデルから選ぶのをおすすめします。

 

以下の記事では壁掛けテレビのおすすめ商品や設置方法などを解説しています。55インチテレビを壁掛けしたい方はチェックしてみてください。

選ぶのに迷うときは価格の安い50インチテレビも選択肢の一つ

50インチテレビと55インチテレビを比べたときに、最も気になる点といえばやはり価格です。チューナーや、録画機能などの欲しい機能と予算の折り合いが難しい場合は、55インチではなく、50インチテレビのハイエンド機から選ぶ方法もあります。

 

55インチよりは安い値段で自分のニーズにあったテレビを選べます。以下の記事では、【現役家電販売員監修】50インチテレビの人気おすすめランキング20選をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

人気メーカーの55インチテレビを比較

やはり、人気のテレビメーカーにはご紹介したくなるような特色を持っているものです。ここでは、人気メーカーの55インチテレビについて特徴をまとめました。

付属機能も充実させたいならパナソニックのVIERA

パナソニックの主要テレビブランドであるVIERAです。4K有機ELテレビや4K液晶テレビ、さらにレコーダー機能搭載テレビなど、豊富なラインアップの中から自分のニーズや予算に合うものが見つけやすいのも高ポイントになります。

 

さらに自宅のビエラのハードディスクに録画した番組を手持ちのスマホやタブレットに転送して、いつでもどこでも録画番組を楽しめます。メディアアクセスが良いのもパナソニックの特徴のひとつで、旅行や出張が多い方などには特におすすめです。

たろっささんの画像

たろっささん

ソニーと東芝の中間色のような色合いが特徴です。OSも軽いです。

音響性能にこだわりたいならソニーのBRAVIAシリーズ

SONY(ソニー)の液晶テレビ「BRAVIA」は、迫力のある映像を音響とともに楽しみたい方に人気です。また、同社はDolby  Atmosと名付けた立体音響技術も採用しています。

 

これらが包み込むように音を出すので、別にスピーカーを用意しなくても映像と音の迫力を楽しめるのです。以下の記事では、ソニーのテレビ人気おすすめランキング10選をご紹介しています。ぜひご覧ください。

たろっささんの画像

たろっささん

画面くっきりしており、バランスが取れてて非常に売れ筋のメーカーです。

55インチテレビの選び方

それでは人気の55インチテレビの中から自分にぴったりのタイプを選ぶ際のヒントになる特徴や性能をポイント別にご紹介します。

基本仕様で選ぶ

まずは55インチテレビの基本仕様である液晶テレビか有機ELテレビかで選びましょう。

幅広いラインアップから選びたいなら「液晶テレビ」

液晶テレビは光源としてバックライトを搭載し、その光をコントロールして映像を映す仕組みのテレビです。有機ELと比べると比較的安価で、さらに電気代もセーブできるメリットもあります。

 

一方で、視野角が狭く動きにボケが生じやすいデメリットもあります。ただし液晶テレビはメーカーや製品によって性能に大きな差があり、ハイエンド機種などには液晶テレビのデメリットをほぼカバーしたものもあるので要チェックです。

より高画質を楽しみたいなら「有機ELテレビ」

自発光する有機EL素子をパネルに使用した有機ELテレビは、高コントラストで画面全体での精細な描写に長けています。さらに応答速度が速いため、スポーツやアクションシーンなどの動きのある映像もきれいに表現可能です。

 

さらに液晶テレビと比較しても視野角が広く、画面に対して斜めの位置から見ても色変化が小さいので、さまざまな場所から画面を見るリビングへの設置におすすめです。ただし同サイズの液晶テレビと比べるとかなり高額になるので、予算と相談が必要になります。

たろっささんの画像

たろっささん

スポーツなどの動きに強いのは断然有機ELです。どちらかというと往年のプラズマテレビに近い感じの絵作りとなっており、動画にも強いのは間違いありません。


反面パネルの寿命が極端に短い、焼付きが起こる、電気代は高いといった欠点がかなり多いため、どちらを選ぶかは予算と何年程度を見越しているかによるかと思います。

解像度で選ぶ

テレビの画質を表すものの1つがパネルの解像度で、現行のテレビは8K、4K、フルハイビジョンの3種類です。それぞれの違いもテレビを選ぶ際にはおさえておきましょう。

現行モデルはほぼ60インチ以上の「8K」

4Kのさらに4倍の解像度を持つ8Kテレビは、いまだかつてない超高画質の映像を体験できます。現在はシャープ・LG・ソニーなどから発売されており、55インチはLGから発売されている55NANO95JNAのみです。

 

本体価格の高さに加えて年間電気代も比較的高いものが多いため、コスパが高いとはまだいいにくい部分があります。

多様な品ぞろえから選択したいなら「4K」

多様な機種の発売されている4Kテレビは3,840×2,160ドットで構成され、フルHDの1,920×1,080ドットと比べると画面全体では4倍で、より細かな表示が可能です。立体感なども格段にアップしており、より臨場感のある映像を楽しめます。

 

さらにアップコンバート技術の搭載された4Kテレビなら、地上デジタル放送も4K相当の高画質な映像に自動で変換して表示してくれるため、4Kコンテンツ以外にも楽しみが広がります。

とにかく安いテレビが欲しいなら「フルハイビジョン」

現行ではほぼフルハイビジョンで55インチクラスのテレビは新規生産されていません。40インチ以下の小型で、寝室用などの2台目、3台目用テレビとして販売されているものが主流となっています。

 

とにかく出費を抑えたい場合にはおすすめですが、フルハイビジョンのテレビは付属のHDMI端子が少ない、もしくはない場合があるので、ゲーム機などの周辺機器を複数接続して使いたい場合には事前チェックが必要です。

液晶パネルの方式で選ぶ

IPS・VA2種類の液晶パネルの違いを紹介します。それぞれのパネルの特徴を把握しましょう。

大人数で視聴するなら「IPS液晶パネル」がおすすめ

液晶パネルの方式の1つであるIPS。視野角が広く、輝度や色の変化も少ないのでリビングや会議室など多くの方がそれぞれの座り位置からテレビを視聴する場合におすすめです。

 

ただし画面の正面から視聴した場合は、VA方式に比べてコントラスト比や輝度、応答速度が遅く感じます。

正面から観るなら「VA液晶パネル」がおすすめ

一方のVA液晶パネルはコントラスト比が良く、微妙な明暗差など画像の繊細な描写も美しく描き出します。ただし、画面の斜め方向から画面を見ると全体にトーンが暗く色あいも変化して見えてしまうため、視野角が狭いです。

 

壁掛けスタイルなどで、ホームシアターのように正面から視聴する場合におすすめです。

「HDR性能」で選ぶ

HDR対応テレビでは、明暗差の大きな描写もより精密に描写できます。現在はUltra HD Blu-rayで採用されている「HDR10」・「Dolby Vision」・「HLG」などの規格が主流です。

 

4Kクオリティの映画などを視聴する場合に備えて、自分が楽しみたい配信コンテンツに対応したテレビを選択するのがおすすめです。

「搭載チューナー」で選ぶ

2018年12月にスタートしたBS4K放送視聴には、4Kチューナーが必要です。現在販売されている55インチテレビには4Kチューナー内蔵型のテレビと4Kチューナー非搭載型のテレビとがあるため、搭載チューナーのスペックのチェックは必ず忘れないようにしましょう。

 

またチューナー数のチェックも合わせて心がけましょう。チューナー数は同時に録画できる番組の数と直結するため、家族みんなでリビングのレコーダーを共有している場合などには特にチェックが必要です。

「LEDバックライト」のタイプで選ぶ

液晶テレビのLEDバックライトには、液晶パネルの直下に配置された直下型と、上下左右に配置されたエッジ型の2つがあります。このうち直下型は画面に色ムラが派生しにくく、高コントラストでのリアルな精細感や豊かな色再現が可能です。

 

一方エッジ型は直下型に比べると色ムラができやすいものの、より少ないLEDで画面を表示するため消費電力を抑えられるので、電気代が気になる方におすすめです。

「録画機能付き」をチェック!

お気に入りの番組や見逃したくないドラマなどを録画したい方も多いはずです。55インチテレビには、主に内蔵HDD録画タイプと外付けHDD録画タイプの2つがあります。

 

このうちUSB接続した外付けHDD(ハードディスク)にテレビ番組を録画するタイプは、内蔵HDDでは容量が足りないときの増設や、多くのHDDを接続するのも容易です。

 

一方、テレビそのものに番組録画ができるHDDが内蔵されたタイプは別途接続する手間もいらず、手軽にテレビのリモコンだけで番組の録画・再生ができるので、ややこしい操作が苦手な方におすすめです。

「VODサービス」がセットのものも

「ビデオ・オン・デマンド」の略であるVOD。主にインターネットを利用して接続し、YouTubeやAmazonプライムビデオ、Netflixといった人気の動画配信サービスの多彩なコンテンツをボタン操作だけで簡単に楽しめます。

 

さらにスポーツ好きなら専門のDAZN、ライブやカラオケ、アニメなどが充実したdTVなど、自分の好きなジャンルをカバーしたものがVODサービスのラインアップにあるかどうかは要チェックです。

たろっささんの画像

たろっささん

人気の動画配信サービスが楽しめるAndroidTVは1度使用すると離れられなくなる便利さです。見るコンテンツが不足するということが無いため、コロナ禍でのお家時間の活用にも一役買ってくれるでしょう。

便利な機能で選ぶ

現行の55インチテレビにはさまざまな便利な機能が搭載されています。どうせなら自分のライフスタイルを充実させてくれる機能の搭載されているものを選びましょう。

「音声操作リモコン」なら手が離せないときにも便利

リモコンに音声操作マイクが搭載されている55インチテレビなら、音声コマンドを話しかけるだけでYouTubeの操作や天気やニュース、気になる事柄の検索などができます。いちいち文字入力する必要がないので、忙しいときや手が離せないときにとても便利です。

 

もちろんテレビの基本操作や番組表の操作、アプリの起動なども楽々。ボタンでのリモコン操作が複雑で覚えられない方にもおすすめです。

「スマートスピーカー連携」でさらに充実

スマートスピーカーと連携できる55インチテレビなら、YouTubeの動画をキャストしたり、テレビの電源のオンオフやボリュームコントロール、さらにはチャンネル変更や録画なども音声操作できるものもあります。

 

各メーカーによって対応可能なスマートスピーカーがGoogleアシスタント搭載、あるいはAmazon Alexa搭載のいずれか、あるいは両方かが異なる場合があります。手持ちのスマートスピーカーを使いたい場合は、対応機種かどうかをまずHPなどで確認するようにしましょう。

「ゲームモード」で選ぶ

せっかく大きなテレビを購入するのなら、ゲームも楽しみたい方には「ゲームモード」搭載の55インチテレビがおすすめです。今まで楽しんできたゲームの解像度の低い映像を、4K相当の映像に変換してくれるなど、迫力あるゲームを楽しめます。

 

さらに倍速表示がアクションなどのゲーム映像の動きに追いつかず、表示遅延を起こすのを抑制してくれます。またK出力対応のパソコンとの接続ができるHDMI端子が付いているテレビなら、4K対応PCゲームの大画面モニターとしても使えて便利です。

「壁掛けスタイル」の商品も

せっかくの薄型テレビなのだから、よりすっきりスマートに設置したい方には壁掛けスタイルでの視聴がおすすめです。メーカーから発売されている純正品や、さまざまなメーカーのテレビに適応した壁掛け用金具のバラエティ豊かな品揃えから選べます。

 

賃貸なので壁に直付けはできない方には、壁掛けスタイルが簡単に実現できる専用のスリムラックを利用する方法もあります。棚付きのものなら外付けHDDなどの置き場所も確保できて便利です。

 

下記サイトでは、直接壁掛けとして使う際に便利なフックの取り付け方を詳しく紹介しています。ぜひ一度チェックしてみてください。

55インチテレビの人気おすすめランキング9選

新4K衛星放送の録画もできる倍速パネル搭載の有機EL

USBハードディスクを使って4K放送を観ながら4K放送を録画したり、従来の放送を観ながら4K放送を録画できます。リモコンにはアレコレボタン機能付きです。これのおかげで、画面を切り替えずに観たいテレビ番組やネット動画を探せます。

画面解像度 有機EL(3840x2160) パネル種類 -
2画面同時視聴 対応 2番組同時録画 なし
視聴+録画 USBハードディスクで対応 音質 スコーカー×2、ウーハー×2
Dolby Atmos 対応 便利機能 音声操作・スマートスピーカー・Google アシスタント・ Amazon Alexa
VOD 対応 発売日 2019年7月19日

口コミを紹介

液晶モデルと並べて見ると明らかに発色が違います。また、液晶に比べると角度がついていても見やすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

低反射パネルのデメリットを解消したアクオス独自開発4K

低反射パネルには、黒の奥深さを表現する難しさが懸念材料でした。しかし本モデルの低反射パネルである「N-Blackパネル」は、そんなデメリットを払拭し艶のある黒を引き立たせるのが可能です。新開発の4K画像処理エンジンのおかげで色彩も際立たせます。

画面解像度 4K(3840x2160) パネル種類 -
2画面同時視聴 なし 2番組同時録画 なし
視聴+録画 対応 音質 FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS
Dolby Atmos なし 便利機能 AQUOS ファミリンク・音声操作・スマートスピーカー・Google
VOD 対応 発売日 2020年8月上旬

口コミを紹介

画質はとても綺麗に映ります。とても満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

視野角178度の迫力映像を楽しめる液晶テレビ

3840×2160ドットの4K解像度に対応した55インチ液晶テレビです。高品質なIPSパネル採用の上、LED直下型バックライトの搭載で画面に色ムラが少なく、映画やゲームを楽しむ際にも映像の美しさを満喫できます。

画面解像度 4K(3840x2160) パネル種類 IPS
2画面同時視聴 - 2番組同時録画 -
視聴+録画 対応 音質 -
Dolby Atmos - 便利機能 自動削除機能
VOD - 発売日 2020年

口コミを紹介

この値段でこのクオリティには驚かされた!!maxzenに感謝したい!地デジの映像も自分的には別に粗くないと思うが、まぁ他を知らないってのもあるけどね金に余裕出来たら他社のも買いたいがテレビにウン十万は正直無理!55型4K対応で5万円台はどう考えても神だろ!!

出典:https://www.amazon.co.jp

倍速駆動パネルと立体音響を搭載した文句なしの高精細ディスプレイ

「倍速駆動パネル」で速く動く映像を美しいまま観られます。音響にもこだわっていて、独自開発の「Acoustic Multi-Audio」を搭載です。立体サウンドは「Dolby Atmos」によって、映画やゲームに臨場感をもたらしてくれます。

画面解像度 4K(3840x2160) パネル種類 -
2画面同時視聴 なし 2番組同時録画 なし
視聴+録画 対応 音質 Acoustic Multi-Audio
Dolby Atmos 対応 便利機能 ブラビアリンク・Chromecast・Apple AirPlay・音声操作
VOD 対応 発売日 2020年 5月16日

口コミを紹介

同メーカーの「KJ-49X8000H」と数万円の違いにもかかわらず、本品は倍速駆動があるのが決め手となりました。prime videoを同じリモコンで操作できるのが快適ですし、androidtvも活用していきたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

立体音響と倍速パネルの有機ELを搭載したパナソニックのヴィエラ

有機ELに倍速パネルを採用したモデルです。鮮やかな色彩の有機ELにDot Contrastパネルコントローラーを取り入れ、暗い部分の表現力を高め、色の階調表現がより一層豊かになりました。Dolby Atmosを搭載で、迫力満点の映像を楽しめます。

画面解像度 有機EL(3840x2160) パネル種類 -
2画面同時視聴 対応 2番組同時録画 USBハードディスク録画
視聴+録画 対応 音質 フルレンジ×2
Dolby Atmos 対応 便利機能 VIERA Link・音声操作・Google アシスタント・ Amazon Alexa
VOD 対応 発売日 2020年6月26日

口コミを紹介

コントラストが素晴らしく黒色がまさしく真っ黒。液晶パネルが薄い、youtubeが大画面で見れるのは嬉しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

有機ELに匹敵する高解像度4Kで新4K衛星放送も楽しめる

メーカー独自の技術で、従来よりも番組のジャンルの細分化・画質調整の適正化を行います。例えば、番組表で区分けされたスポーツのジャンルをさらに細分化して野球・水泳・ゴルフなどと区画整理することで、映像の最適化をもって画質調整が行われるのです。

画面解像度 4K(3840x2160) パネル種類 -
2画面同時視聴 対応 2番組同時録画 BSも地デジも3チューナーW録、4Kダブルチューナーウラ録
視聴+録画 外付けUSBハードディスク(別売)で可能 音質 レグザパワーオーディオシステム、スピーカー×2
Dolby Atmos なし 便利機能 スマートスピーカー・Google アシスタント・ Amazon Alexa
VOD 対応 発売日 2020年4月中旬

口コミを紹介

色合い、明るさ、音響、最高に満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

認知特性プロセッサー搭載で圧倒的没入感を体験できるソニー

認知特性プロセッサーXRは映像だけでなく音の信号処理も可能にし、サウンドの臨場感により究極の没入体験を実現しています。さらに4Kダブルチューナー搭載で、新4K衛星放送の映像美にも対応可能です。

画面解像度 4K パネル種類 エッジ型パネル
2画面同時視聴 なし 2番組同時録画
視聴+録画 USB外付けハードディスク(別売) 音質 Acoustic Surface Audio+
Dolby Atmos - 便利機能 スマートスピーカー:Google アシスタント、リモコン:音声操作
VOD 対応 発売日 2021年6月12日

口コミを紹介

一つ前のモデルを購入し、リビングに設置しましたが画質と音質が凄まじく一気にファンになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

映像と音の臨場感を楽しむのに最適な一台

感動で満ちあふれる映像を体験できる4Kの美しさと高音質サラウンドシステムを搭載したチューナー内蔵液晶テレビです。画質・音質だけでなくデザインに、世界がうなずく美しい洗練を備えたハイセンスなアイテムになっています。


さらに低遅延ゲームモードにも対応しており、ボタンを押してから表示されるまでの遅延が少なく、特にFPSや格闘ゲームなどにおすすめです。低遅延を実現しながらも高精細で滑らかな映像を楽しめます。

画面解像度 3840×2160 パネル種類 ADSパネル
2画面同時視聴 - 2番組同時録画 -
視聴+録画 - 音質 -
Dolby Atmos - 便利機能 低遅延ゲームモード、高画質機能
VOD 対応 発売日 2021/4/9

口コミを紹介

ニュースと天気予報以外を見ることがなかったのですが、YouTubeとAmazon prime videoに対応しており、従来、スマホやタブレットで見ていた動画を50インチのサイズで見られるのにとても満足しました。子供達も喜んでいますい。

出典:https://www.amazon.co.jp

録画機能付き&4Kチューナー内蔵

フルハイビジョンの約4倍の4Kだからこそ実現した、迫力のある美しい画像が楽しめる55インチテレビです。コスパも高いので、2台目のテレビとしてもおすすめします。HDMIやUSBなど豊富な接続端子が搭載されているので、多様な周辺機器の接続にも便利です。

画面解像度 4K (3840x2160) パネル種類 -
2画面同時視聴 - 2番組同時録画 -
視聴+録画 対応 音質 -
Dolby Atmos - 便利機能 接続端子多数
VOD - 発売日 2019年7月10日

口コミを紹介

画質、音ともに問題なし!無理して高価格メーカーに手を出す必要なし!

出典:https://www.amazon.co.jp

55インチテレビのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 画面解像度 パネル種類 2画面同時視聴 2番組同時録画 視聴+録画 音質 Dolby Atmos 便利機能 VOD 発売日
1
アイテムID:9806906の画像
4K対応液晶テレビ 55UB10P

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

録画機能付き&4Kチューナー内蔵

4K (3840x2160) - - - 対応 - - 接続端子多数 - 2019年7月10日
2
アイテムID:9806903の画像
55A6G

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

映像と音の臨場感を楽しむのに最適な一台

3840×2160 ADSパネル - - - - - 低遅延ゲームモード、高画質機能 対応 2021/4/9
3
アイテムID:9806900の画像
ブラビア XRJ-55A80J

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

認知特性プロセッサー搭載で圧倒的没入感を体験できるソニー

4K エッジ型パネル なし USB外付けハードディスク(別売) Acoustic Surface Audio+ - スマートスピーカー:Google アシスタント、リモコン:音声操作 対応 2021年6月12日
4
アイテムID:9806885の画像
REGZA 55M540X

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

有機ELに匹敵する高解像度4Kで新4K衛星放送も楽しめる

4K(3840x2160) - 対応 BSも地デジも3チューナーW録、4Kダブルチューナーウラ録 外付けUSBハードディスク(別売)で可能 レグザパワーオーディオシステム、スピーカー×2 なし スマートスピーカー・Google アシスタント・ Amazon Alexa 対応 2020年4月中旬
5
アイテムID:9806897の画像
VIERA TH-55HZ1000

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

立体音響と倍速パネルの有機ELを搭載したパナソニックのヴィエラ

有機EL(3840x2160) - 対応 USBハードディスク録画 対応 フルレンジ×2 対応 VIERA Link・音声操作・Google アシスタント・ Amazon Alexa 対応 2020年6月26日
6
アイテムID:9806894の画像
ブラビア KJ-55X8550H

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

倍速駆動パネルと立体音響を搭載した文句なしの高精細ディスプレイ

4K(3840x2160) - なし なし 対応 Acoustic Multi-Audio 対応 ブラビアリンク・Chromecast・Apple AirPlay・音声操作 対応 2020年 5月16日
7
アイテムID:9806891の画像
4K対応液晶テレビ JU55SK03

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

視野角178度の迫力映像を楽しめる液晶テレビ

4K(3840x2160) IPS - - 対応 - - 自動削除機能 - 2020年
8
アイテムID:9806888の画像
アクオス 4T-C55CN1

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

低反射パネルのデメリットを解消したアクオス独自開発4K

4K(3840x2160) - なし なし 対応 FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS なし AQUOS ファミリンク・音声操作・スマートスピーカー・Google 対応 2020年8月上旬
9
アイテムID:9806882の画像
VIERA TH-55GZ1000

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

新4K衛星放送の録画もできる倍速パネル搭載の有機EL

有機EL(3840x2160) - 対応 なし USBハードディスクで対応 スコーカー×2、ウーハー×2 対応 音声操作・スマートスピーカー・Google アシスタント・ Amazon Alexa 対応 2019年7月19日

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

部屋に設置する際必要な距離は画面の高さ×約1.5倍

4Kテレビ・有機ELテレビの理想の視聴距離は画面の高さ×約1.5倍です。これまで主流だったフルHDテレビの場合は、画面の高さ×約3倍が視聴距離の目安とされていました。単純に高さがほぼ同じと考えると、これまでの約半分の距離です。

 

部屋のスペースの関係で視聴距離が充分確保できずに、これまでは小型テレビで我慢していた方も多いはずです。買い替えの際にはぜひ、視聴距離の違いもチェックして選ぶようにしてみましょう。

55インチは大きすぎる?

55インチテレビは大きすぎるのか検証してみます。55インチテレビの画面の大きさは、ほぼ、縦78cm×横123cmです。諸説ありますが、最適な視聴距離が縦の長さの1.5倍とすると、1.2mになります。この距離を確保するには10畳が、1.0mだと8畳が必要です。

4Kテレビは4Kチューナー内蔵型が主流!

4Kテレビは従来のフルハイビジョンと呼ばれる1920×1080画素(約207万画素)の4倍の画素数である3840×2160画素(約829万画素)の高画質と大画面のテレビです。

 

4Kチューナー内蔵テレビでは、別売りチューナーをセットする煩わしさや場所も不要で、続々と始まる4Kの高画質番組を楽しめます。また、VODなどの新4K衛星放送を簡単に視聴できるのです。

まとめ

ここまで55インチのおすすめランキング10選を紹介してきましたがいかがでしたか。55インチテレビといっても、値段・メーカー・パネル性能などで比較するとさまざまなものがあります。自分のニーズに合った55インチテレビで毎日の暮らしを楽しんでみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年05月16日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

Windowsパソコンのおすすめ人気ランキング10選【人気の種類もご紹介】

Windowsパソコンのおすすめ人気ランキング10選【人気の種類もご紹介】

ノートパソコン
【2022年版】Panasonicテレビのおすすめ人気ランキング10選【新製品もご紹介!】

【2022年版】Panasonicテレビのおすすめ人気ランキング10選【新製品もご紹介!】

薄型テレビ・液晶テレビ
ゲーミングモニターのおすすめ人気ランキング20選【正しい選び方もご紹介】

ゲーミングモニターのおすすめ人気ランキング20選【正しい選び方もご紹介】

PCモニター・液晶ディスプレイ
デスクトップパソコンの人気おすすめランキング20選【サクサク動く】

デスクトップパソコンの人気おすすめランキング20選【サクサク動く】

デスクトップパソコン
【バイヤー監修】テレビ台のおすすめ人気ランキング29選【ISSEIKIなどの人気メーカーも】

【バイヤー監修】テレビ台のおすすめ人気ランキング29選【ISSEIKIなどの人気メーカーも】

家具
32型テレビのおすすめ人気ランキング10選【録画機能付きやYouTube対応も】

32型テレビのおすすめ人気ランキング10選【録画機能付きやYouTube対応も】

薄型テレビ・液晶テレビ