【2021年最新版】55インチテレビの人気おすすめランキング10選【有機ELも紹介!】

記事ID13195のサムネイル画像

サイズだけを聞くと大きく感じる55インチテレビですが、薄型の今では圧迫感なくリビングに置けます。さらに4Kや有機ELパネルでの映像の迫力や美しさは、一度実感すると手放せなくなるほど。そこで今回はおすすめの55インチテレビの選び方をランキングと共にご紹介します。

次に買い替えるなら55インチテレビがおすすめ

ここ数年で動画配信サービスを利用して映画やライブなどを、自宅で気軽に楽しむシーンが増えてきましたよね。中には「せっかくならもう少し大きくて新しいテレビで動画を観たい!」という人も多いのではないでしょうか?

 

一昔前のテレビだと55インチは大きすぎて一般的ではない印象をお持ちの方も多いかと思います。実は最近のテレビは薄型・軽量化が進み55インチサイズのテレビでも圧迫感なく設置ができるんです!55インチテレビは品揃えも良く、自宅に最適なテレビを見つけたい方にもおすすめです。

 

そこで今回は55インチテレビの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは画面解像度や音質、VODサービスの有無などのポイントを基準として作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

50インチと55インチテレビを比較

50インチ超えのテレビを購入する際によく比較されるのが、50インチと55インチの2つです。そこでこの2つの特徴をご紹介します。

現状の55インチテレビは重たい?大きすぎる?

現行の55インチテレビは10年前のテレビに比べて非常にコンパクトな薄型設計になっています。例えば人気の東芝REGZAシリーズで比較すると、今の55インチならおおよそ幅123cm、高さ75cmで、2007年の42インチの横幅を左右10cmずつ大きくした程度です。

 

また壁掛けスタイルで使えるほど、現行の55インチテレビの重量は軽くなっており、人気のソニーのBRAVIA  KJ-55X9500で約17kgほどであるのに対し、2008年に発売された同じソニーのBRAVIA KDL-55XR1は52インチテレビで約54kgです。

 

これまで大きさや重さの関係で大型テレビの購入をためらっていたという人は、現行モデルから選ぶのをおすすめします。

 

以下の記事では壁掛けテレビのおすすめ商品や設置方法などを解説しています。55インチテレビを壁掛けしたい方はチェックしてみてください。

コスパを考慮するなら「安い50インチテレビ」も選択肢の一つ

50インチテレビと55インチテレビを比べた時に、最も気になる点といえばやはり価格でしょう。チューナーや、録画機能などの欲しい機能と予算の折り合いが難しい場合は、55インチではなく、50インチテレビのハイエンド機から選ぶのもおすすめ。

 

55インチよりは安い値段で自分のニーズにあったテレビを選ぶことができますよ。以下の記事では、【現役家電販売員監修】50インチテレビの人気おすすめランキング20選をご紹介しています。ぜひご覧ください。

人気メーカーの55インチテレビを比較

やはり、人気のテレビメーカーにはご紹介したくなるような特色を持っているものです。ここでは、人気メーカーの55インチテレビについて特徴をまとめました。

付属機能も充実させたいなら「Panasonic(パナソニック)のVIERA」

パナソニックの主要テレビブランドであるVIERA。4K有機ELテレビや4K液晶テレビ、さらにレコーダー機能搭載テレビなど、豊富なラインアップの中から自分のニーズや予算に合うものが見つけやすいのも高ポイント。

 

さらに自宅のビエラのハードディスクに録画した番組を手持ちのスマホやタブレットに転送して、いつでもどこでも録画番組を楽しめるなど、メディアアクセスが良いのもパナソニックの特徴のひとつ。旅行や出張が多い人などには特におすすめです。

音響性能にこだわりたいなら「SONYのBRAVIA」シリーズ

SONY(ソニー)の液晶テレビ「BRAVIA」は、迫力のある映像を音響とともに楽しみたい人に人気です。

 

また、同社は「Dolby  Atmos」という立体音響技術も採用。これらが包み込むように音を出すので、別にスピーカーを用意しなくても映像と音の迫力を楽しめます。以下の記事では、ソニーのテレビ人気おすすめランキング10選をご紹介しています。ぜひご覧ください。

55インチテレビの選び方

それでは人気の55インチテレビの中から自分にぴったりのタイプを選ぶ際のヒントになる特徴や性能をポイント別にご紹介します。

基本仕様で選ぶ

まずは55インチテレビの基本仕様である液晶テレビか有機ELテレビかで選びましょう。

幅広いラインアップから選びたいなら「液晶テレビ」

液晶テレビは光源としてバックライトを搭載し、その光をコントロールして映像を映す仕組みのテレビです。有機ELと比べると比較的安価で、さらに電気代もセーブできるというメリットもあります。

 

一方で、視野角が狭く動きにボケが生じやすいというデメリットもあります。ただし液晶テレビはメーカーや製品によって性能に大きな差があり、ハイエンド機種などには液晶テレビのデメリットをほぼカバーしたものもあるので要チェックです。

より高画質を楽しみたいなら「有機ELテレビ」

自発光する有機EL素子をパネルに使用した有機ELテレビは、高コントラストで画面全体での精細な描写に長けています。さらに応答速度が速いため、スポーツやアクションシーンなどの動きのある映像もきれいに表現してくれます。

 

さらに液晶テレビと比較しても視野角が広く、画面に対して斜めの位置から見ても色変化が小さいので、様々な場所から画面を見るリビングへの設置におすすめ。ただし同サイズの液晶テレビと比べるとかなり高額になるので、予算との相談が必要です。

解像度で選ぶ

テレビの画質を表すものの1つがパネルの解像度で、現行のテレビは8K、4K、フルハイビジョンの3種類です。それぞれの違いもテレビを選ぶ際にはおさえておきましょう。

現行モデルはほぼ60インチ以上の「8K」

4Kのさらに4倍の解像度を持つ8Kテレビは、いまだかつてない超高画質の映像を体験できます。現在はシャープ、LG、ソニーなどから発売されており、55インチはLGから発売されている55NANO95JNAのみです。

 

本体価格の高さに加えて年間電気代も比較的高いものが多いため、コスパが高いとはまだ言いにくい部分があります。

多様な品ぞろえから選択したいなら「4K」

多様な機種の発売されている4Kテレビは3,840×2,160ドットで構成され、フルHDの1,920×1,080ドットと比べると画面全体では4倍で、より細かな表示が可能です。立体感なども格段にアップしており、より臨場感のある映像を楽しめます。

 

さらにアップコンバート技術の搭載された4Kテレビなら、地上デジタル放送も4K相当の高画質な映像に自動で変換して表示してくれるため、4Kコンテンツ以外にも楽しみが広がります。

とにかく安いテレビが欲しいなら「フルハイビジョン」

現行ではほぼフルハイビジョンで55インチクラスのテレビは新規生産されていません。40インチ以下の小型で、寝室用などの2台目、3台目用テレビとして販売されているものが主流となっています。

 

とにかく出費を抑えたい場合にはおすすめですが、フルハイビジョンのテレビは付属のHDMI端子が少ない、もしくはない場合があるので、ゲーム機などの周辺機器を複数接続して使いたい場合には事前チェックが必要です。

液晶パネルの方式で選ぶ

大人数で視聴するなら「IPS液晶パネル」がおすすめ

液晶パネルの方式の1つであるIPS。視野角が広く、輝度や色の変化も少ないのでリビングや会議室など複数の人がそれぞれの座り位置からテレビを視聴する場合におすすめです。

 

ただし画面の正面から視聴した場合は、VA方式に比べてコントラスト比や輝度、応答速度が遅く感じることがあります。

正面から観るなら「VA液晶パネル」がおすすめ

一方のVA液晶パネルはコントラスト比が良く、微妙な明暗差など画像の繊細な描写も美しく描き出します。ただし、画面の斜め方向から画面を見ると全体にトーンが暗く色あいも変化して見えてしまうため、視野角が狭くなってしまいます。

 

壁掛けスタイルなどで、ホームシアターのように正面から視聴する場合におすすめです。

HDR性能で選ぶ

HDR対応テレビでは、明暗差の大きな描写もより精密に描写することができます。現在はUltra HD Blu-rayで採用されている「HDR10」、「Dolby Vision」、「HLG」などの規格が主流となっています。

 

4Kクオリティの映画などを視聴する場合に備えて、自分が楽しみたい配信コンテンツに対応したテレビを選択するのがおすすめです。

搭載チューナーで選ぶ

2018年12月にスタートしたBS4K放送視聴には、4Kチューナーが必要です。現在販売されている55インチテレビには4Kチューナー内蔵型のテレビと4Kチューナー非搭載型のテレビとがあるため、搭載チューナーのスペックのチェックは必ず忘れないようにしましょう。

 

またチューナー数のチェックも合わせて心がけましょう。チューナー数は同時に録画できる番組の数と直結するため、家族みんなでリビングのレコーダーを共有しているといった場合などには特に注意が必要です。

LEDバックライトのタイプで選ぶ

液晶テレビのLEDバックライトには、液晶パネルの直下に配置された直下型と、上下左右に配置されたエッジ型の2つがあります。このうち直下型は画面に色ムラが派生しにくく、高コントラストでのリアルな精細感や豊かな色再現が可能です。

 

一方エッジ型は直下型に比べると色ムラができやすいものの、より少ないLEDで画面を表示するため消費電力を抑えることができるので、電気代が気になる人におすすめです。

録画機能付きをチェック!

お気に入りの番組や見逃したくないドラマなどを録画したい人も多いはず。55インチテレビには、主に内蔵HDD録画タイプと外付けHDD録画タイプの2つがあります。

 

このうちUSB接続した外付けHDD(ハードディスク)にテレビ番組を録画するタイプは、内蔵HDDでは容量が足りないときの増設や、複数のHDDを接続するのも容易です。

 

一方、テレビそのものに番組録画ができるHDDが内蔵されたタイプは別途接続する手間もいらず、手軽にテレビのリモコンだけで番組の録画・再生ができるので、ややこしい操作が苦手という人におすすめです。

VODサービスがセットのものも

「ビデオ・オン・デマンド」の略であるVOD。主にインターネットを利用して接続し、YouTubeやAmazonプライムビデオ、Netflixといった人気の動画配信サービスの多彩なコンテンツをボタン操作だけで簡単に楽しめます。

 

さらにスポーツ好きなら専門のDAZN、ライブやカラオケ、アニメなどが充実したdTVなど、自分の好きなジャンルをカバーしたものがVODサービスのラインアップにあるかどうかは要チェックです。

便利な機能で選ぶ

現行の55インチテレビにはさまざまな便利な機能が搭載されています。どうせなら自分のライフスタイルを充実させてくれる機能の搭載されているものを選びましょう。

「音声操作リモコン」なら手が離せない時にも便利

リモコンに音声操作マイクが搭載されている55インチテレビなら、音声コマンドを話しかけるだけでYouTubeの操作や天気やニュース、気になる事柄の検索などができます。いちいち文字入力する必要がないので、忙しい時や手が離せない時にとても便利です。

 

もちろんテレビの基本操作や番組表の操作、アプリの起動なども楽々。ボタンでのリモコン操作が複雑で覚えられないという人にもおすすめです。

「スマートスピーカー連携」でさらに充実

スマートスピーカーと連携できる55インチテレビなら、YouTubeの動画をキャストしたり、テレビの電源のオンオフやボリュームコントロール、さらにはチャンネル変更や録画なども音声操作できるものもあります。

 

各メーカーによって対応可能なスマートスピーカーがGoogleアシスタント搭載、あるいはAmazon Alexa搭載のいずれか、あるいは両方かが異なる場合があります。手持ちのスマートスピーカーを使いたい場合は、対応機種かどうかをまずHPなどで確認するようにしましょう。

ゲームモードで選ぶ

せっかく大きなテレビを購入するのなら、ゲームも楽しみたいという人には「ゲームモード」搭載の55インチテレビがおすすめです。今まで楽しんできたゲームの解像度の低い映像を、4K相当の映像に変換してくれるなど、迫力あるゲームを楽しむのにぴったり。

 

さらに倍速表示がアクションなどのゲーム映像の動きに追いつかず、表示遅延を起こすのを抑制してくれます。またK出力対応のパソコンとの接続ができるHDMI端子が付いているテレビなら、4K対応PCゲームの大画面モニターとしても使えて便利です。

壁掛けスタイルの商品も

せっかくの薄型テレビなのだから、よりすっきりスマートに設置したいという人には壁掛けスタイルでの視聴がおすすめ。メーカーから発売されている純正品や、様々なメーカーのテレビに適応した壁掛け用金具のバラエティ豊かな品揃えから選べます。

 

賃貸なので壁に直付けはちょっと、という人には、壁掛けスタイルが簡単に実現できる専用のスリムラックを利用するという方法もあります。棚付きのものなら外付けHDDなどの置き場所も確保できて便利です。

 

下記サイトでは、直接壁掛けとして使う際に便利なフックの取り付け方を詳しく紹介しています。ぜひ一度チェックしてみて下さいね。

55インチテレビの人気おすすめランキング10選

「高精細な低反射パネル」を実現したAQUOS 4Kのハイグレードモデル

外の光や照明の反射を軽減する「低反射パネル」を搭載しつつ、ディスプレイに映し出される映像は約829万画素と超・高精細。これは、新開発された4K画像処理エンジンによって実現しました。「4Kダブルチューナー」搭載で、新4K衛星放送の映像美にも対応します。

画面解像度 4K(3840x2160) パネル種類 エッジ型パネル
2画面同時視聴 なし 2番組同時録画 なし
視聴+録画 USB外付けハードディスク(別売) 音質 デジタルアンプ、フルレンジスピーカー×2
Dolby Atmos 便利機能 スマートスピーカー:Google アシスタント、リモコン:音声操作
VOD Android TV、YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、dTV、TSUTAYA TV、U-NEXT、Paravi、TELASA 発売日 2020年5月23日

口コミを紹介

画質については特に不満はなく、斜めからの視聴も良好です。Prime videoのワンタッチボタンはとっても便利で、VODにはまっています。音質は普通ですが、個人的にはとても満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

「倍速機能」搭載でスピード感のある映像も滑らかに映る

「倍速120Hzパネル」搭載、従来の同社モデルより滑らか・くっきりな映像表現を可能にしました。静観な風景シーンは、透明感を現すこともできる様になりました。東芝映像ソリューションと共同開発の画像エンジンで、4Kの高画質・高精細な画質性能を引き出します。

画面解像度 4K(3840x2160) パネル種類 VA/RGB
2画面同時視聴 対応 2番組同時録画 なし
視聴+録画 対応 音質 Eilex PRISM、ダイレクトサウンド、DOLBY AUDIO
Dolby Atmos なし 便利機能 スマートスピーカー連携:Google アシスタント Amazon Alexa
VOD YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、dTV、ひかりTV、ひかりTV4K、TSUTAYA TV、アクトビラ、U-NEXT 発売日 2020年5月下旬

口コミを紹介

薄さ、画質の綺麗さにびっくりです。Prime Videoが本体に内蔵されていてうれしいです。スマホやタブレットからYouTube動画などに連動できる機能があるので、リモコンで検索ワードを入力するより遥かに便利になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

倍速&IPSパネルの低価格モデル

マジックリモコンを振る操作ひとつで、スクロール・スライドの直観操作ができます。アレクサの音声認識もあって便利です。音響はバーチャル4.0chサウンドを作り出す「AIサウンド」を搭載し、音声・映画・音楽の分類に分けて最適なサウンドを提供します。

画面解像度 4K(3820 ×2160) パネル種類 IPS
2画面同時視聴 なし 2番組同時録画 なし
視聴+録画 対応 音質 Dolby Audio/AIサウンド
Dolby Atmos なし 便利機能 マジックリモコン:カーソル&スクロール・Alexa音声認識操作ボタン、スマートスピーカー連携:Google アシスタント Amazon Alexa
VOD YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、ひかりTV4K、TSUTAYA TV、アクトビラ、U-NEXT、JOYSOUND.TV、DAZN 発売日

口コミを紹介

映像の設定を変えた方が見やすい画質になると思います。自分はホームシアター使用していますが、TVの音声出力でもセリフが聞き取りづらいとかこもっているとかはなく普通に良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

Wチューナー搭載

フルハイビジョンの約4倍という4Kだからこそ実現した、迫力のある美しい画像が楽しめる55インチテレビ。コスパも高いので、2台目のテレビとしてもおすすめ。HDMIやUSBなど豊富な接続端子が搭載されているので、多様な周辺機器の接続にも便利です。

画面解像度 4K (3840x2160) パネル種類
2画面同時視聴 2番組同時録画
視聴+録画 対応 音質
Dolby Atmos 便利機能 接続端子多数
VOD 発売日 2019年7月10日

口コミを紹介

購入するモデルを選定しているときには製品の仕様を読みながら、メジャーと格闘しながら大きすぎるかなと思いましたが、いざ設置してみると55インチでも違和感はなく、とても見やすいテレビです。画像も綺麗で、早い動きの画像も不自然な動きはなく視聴できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

新4K衛星放送の録画もできる倍速パネル搭載の有機EL

USBハードディスクを使って4K放送を観ながら4K放送を録画したり、従来の放送を観ながら4K放送を録画することができます。リモコンには「アレコレボタン」機能付き。これのおかげで、画面を切り替えずに観たいテレビ番組やネット動画を探すことができるのです。

画面解像度 有機EL(3840x2160) パネル種類
2画面同時視聴 対応 2番組同時録画 なし
視聴+録画 USBハードディスクで対応 音質 スコーカー×2、ウーハー×2
Dolby Atmos 対応 便利機能 リモコン:音声操作、スマートスピーカー連携:Google アシスタント Amazon Alexa
VOD YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、DAZN、dTV、ひかりTV、ひかりTV4K、TSUTAYA TV、アクトビラ、アクトビラ4K、U-NEXT、Paravi、Rakuten TV、TELASA 発売日 2019年7月19日

口コミを紹介

液晶モデルと並べて見ると明らかに発色が違います。また、液晶に比べると角度がついていても見やすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

有機ELに匹敵する高解像度4Kで新4K衛星放送も楽しめる

メーカー独自の技術で、従来よりも番組のジャンルの細分化・画質調整の適正化を行います。例えば、番組表で区分けされた「スポーツ」というジャンルをさらに細分化し野球・水泳・ゴルフなどと区画整理します。こうして映像の最適解をもって画質調整が行われます。

画面解像度 4K(3840x2160) パネル種類
2画面同時視聴 対応 2番組同時録画 BSも地デジも3チューナーW録、4Kダブルチューナーウラ録
視聴+録画 外付けUSBハードディスク(別売)で可能 音質 レグザパワーオーディオシステム、スピーカー×2
Dolby Atmos なし 便利機能 スマートスピーカー連携:Google アシスタント Amazon Alexa、LINE Clova
VOD YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、DAZN、dTV、ひかりTV、ひかりTV4K、TSUTAYA TV、アクトビラ、アクトビラ4K、U-NEXT、Paravi、Rakuten TV 発売日 2020年4月中旬

口コミを紹介

色合い、明るさ、音響、最高に満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

低反射パネルのデメリットを解消したアクオス独自開発4K

低反射パネルには、黒の奥深さを表現する難しさが懸念材料でした。しかし本モデルの低反射パネルである「N-Blackパネル」は、そんなデメリットを払拭し艶のある黒を引き立たせることが可能に。新開発の4K画像処理エンジンのおかげで、色彩も際立たせます。

画面解像度 4K(3840x2160) パネル種類
2画面同時視聴 なし 2番組同時録画 なし
視聴+録画 対応 音質 FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS
Dolby Atmos なし 便利機能 AQUOS ファミリンク、リモコン:音声操作、スマートスピーカー連携:Google アシスタント
VOD Android TV、YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、dTV、TSUTAYA TV、U-NEXT、Paravi、TELASA 発売日 2020年8月上旬

口コミを紹介

画質はとても綺麗に映ります。とても満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

視野角178度の迫力映像

3840×2160ドットの4K解像度に対応した55インチ液晶テレビ。高品質なIPSパネル採用の上、LED直下型バックライトの搭載で画面に色ムラが少なく、映画やゲームを楽しむ際にも映像の美しさを満喫できます。

画面解像度 4K(3840x2160) パネル種類 IPS
2画面同時視聴 2番組同時録画
視聴+録画 対応 音質
Dolby Atmos 便利機能 自動削除機能
VOD 発売日 2020年

口コミを紹介

この値段でこのクオリティには驚かされた!!maxzenに感謝したい!地デジの映像も自分的には別に粗くないと思うが、まぁ他を知らないってのもあるけどね金に余裕出来たら他社のも買いたいがテレビにウン十万は正直無理!55型4K対応で5万円台はどう考えても神だろ!!

出典:https://www.amazon.co.jp

倍速駆動パネルと立体音響を搭載した文句なしの高精細ディスプレイ

「倍速駆動パネル」で速く動く映像を美しいまま観ることができます。音響にもこだわっていて、独自開発の「Acoustic Multi-Audio」を搭載しています。立体サウンドは「Dolby Atmos」によって、映画やゲームに臨場感をもたらしてくれます。

画面解像度 4K(3840x2160) パネル種類
2画面同時視聴 なし 2番組同時録画 なし
視聴+録画 対応 音質 Acoustic Multi-Audio
Dolby Atmos 対応 便利機能 ブラビアリンク、Chromecast、Apple AirPlay 2、リモコン:音声操作、スマートスピーカー連携:Google アシスタント Amazon Alexa
VOD Android TV、YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、DAZN、dTV、ひかりTV、ひかりTV4K、TSUTAYA TV、アクトビラ、アクトビラ4K、U-NEXT、FOD、Paravi、Rakuten TV、TELASA 発売日 2020年 5月16日

口コミを紹介

同メーカーの「KJ-49X8000H」と数万円の違いにもかかわらず、本品は倍速駆動があるのが決め手となりました。prime videoを同じリモコンで操作できるのが快適ですし、androidtvも活用していきたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

立体音響と倍速パネルの有機EL

有機ELに「倍速パネル」を採用したモデルです。鮮やかな色彩の有機ELに「Dot Contrastパネルコントローラー」を取り入れることで、暗い部分の表現力を高め、色の階調表現がより一層豊かに。「Dolby Atmos」を搭載で、迫力満点の映像を楽しむことができます。

画面解像度 有機EL(3840x2160) パネル種類
2画面同時視聴 対応 2番組同時録画 USBハードディスク録画
視聴+録画 対応 音質 フルレンジ×2
Dolby Atmos 対応 便利機能 VIERA Link、リモコン:音声操作、スマートスピーカー連携:Google アシスタント Amazon Alexa
VOD YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、DAZN、dTV、ひかりTV、ひかりTV4K、TSUTAYA TV、アクトビラ、アクトビラ4K、U-NEXT、Paravi、Rakuten TV、TELASA 発売日 2020年6月26日

口コミを紹介

コントラストが素晴らしく黒色がまさしく真っ黒。液晶パネルが薄い、youtubeが大画面で見れるのは嬉しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

55インチテレビのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7425164の画像

    パナソニック

  • 2
    アイテムID:7425161の画像

    SONY

  • 3
    アイテムID:7425158の画像

    maxzen

  • 4
    アイテムID:7425155の画像

    SHARP

  • 5
    アイテムID:7425152の画像

    東芝

  • 6
    アイテムID:7425149の画像

    Panasonic

  • 7
    アイテムID:7425146の画像

    アイリスオーヤマ

  • 8
    アイテムID:7425143の画像

    LG

  • 9
    アイテムID:7425140の画像

    ハイセンス

  • 10
    アイテムID:7425137の画像

    SHARP

  • 商品名
  • VIERA TH-55HZ1000
  • ブラビア KJ-55X8550H
  • 4K対応液晶テレビ JU55SK03
  • アクオス 4T-C55CN1
  • REGZA 55M540X
  • VIERA TH-55GZ1000
  • 4K対応液晶テレビ 55UB10P
  • 55UN8100PJA
  • 55U8F
  • AQUOS 4T-C55CL1
  • 特徴
  • 立体音響と倍速パネルの有機EL
  • 倍速駆動パネルと立体音響を搭載した文句なしの高精細ディスプレイ
  • 視野角178度の迫力映像
  • 低反射パネルのデメリットを解消したアクオス独自開発4K
  • 有機ELに匹敵する高解像度4Kで新4K衛星放送も楽しめる
  • 新4K衛星放送の録画もできる倍速パネル搭載の有機EL
  • Wチューナー搭載
  • 倍速&IPSパネルの低価格モデル
  • 「倍速機能」搭載でスピード感のある映像も滑らかに映る
  • 「高精細な低反射パネル」を実現したAQUOS 4Kのハイグレードモデル
  • 価格
  • 167600円(税込)
  • 145934円(税込)
  • 44460円(税込)
  • 185633円(税込)
  • 118790円(税込)
  • 210528円(税込)
  • 49800円(税込)
  • 99800円(税込)
  • 127800円(税込)
  • 107238円(税込)
  • 画面解像度
  • 有機EL(3840x2160)
  • 4K(3840x2160)
  • 4K(3840x2160)
  • 4K(3840x2160)
  • 4K(3840x2160)
  • 有機EL(3840x2160)
  • 4K (3840x2160)
  • 4K(3820 ×2160)
  • 4K(3840x2160)
  • 4K(3840x2160)
  • パネル種類
  • IPS
  • IPS
  • VA/RGB
  • エッジ型パネル
  • 2画面同時視聴
  • 対応
  • なし
  • なし
  • 対応
  • 対応
  • なし
  • 対応
  • なし
  • 2番組同時録画
  • USBハードディスク録画
  • なし
  • なし
  • BSも地デジも3チューナーW録、4Kダブルチューナーウラ録
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • 視聴+録画
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 外付けUSBハードディスク(別売)で可能
  • USBハードディスクで対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • USB外付けハードディスク(別売)
  • 音質
  • フルレンジ×2
  • Acoustic Multi-Audio
  • FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS
  • レグザパワーオーディオシステム、スピーカー×2
  • スコーカー×2、ウーハー×2
  • Dolby Audio/AIサウンド
  • Eilex PRISM、ダイレクトサウンド、DOLBY AUDIO
  • デジタルアンプ、フルレンジスピーカー×2
  • Dolby Atmos
  • 対応
  • 対応
  • なし
  • なし
  • 対応
  • なし
  • なし
  • 便利機能
  • VIERA Link、リモコン:音声操作、スマートスピーカー連携:Google アシスタント Amazon Alexa
  • ブラビアリンク、Chromecast、Apple AirPlay 2、リモコン:音声操作、スマートスピーカー連携:Google アシスタント Amazon Alexa
  • 自動削除機能
  • AQUOS ファミリンク、リモコン:音声操作、スマートスピーカー連携:Google アシスタント
  • スマートスピーカー連携:Google アシスタント Amazon Alexa、LINE Clova
  • リモコン:音声操作、スマートスピーカー連携:Google アシスタント Amazon Alexa
  • 接続端子多数
  • マジックリモコン:カーソル&スクロール・Alexa音声認識操作ボタン、スマートスピーカー連携:Google アシスタント Amazon Alexa
  • スマートスピーカー連携:Google アシスタント Amazon Alexa
  • スマートスピーカー:Google アシスタント、リモコン:音声操作
  • VOD
  • YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、DAZN、dTV、ひかりTV、ひかりTV4K、TSUTAYA TV、アクトビラ、アクトビラ4K、U-NEXT、Paravi、Rakuten TV、TELASA
  • Android TV、YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、DAZN、dTV、ひかりTV、ひかりTV4K、TSUTAYA TV、アクトビラ、アクトビラ4K、U-NEXT、FOD、Paravi、Rakuten TV、TELASA
  • Android TV、YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、dTV、TSUTAYA TV、U-NEXT、Paravi、TELASA
  • YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、DAZN、dTV、ひかりTV、ひかりTV4K、TSUTAYA TV、アクトビラ、アクトビラ4K、U-NEXT、Paravi、Rakuten TV
  • YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、DAZN、dTV、ひかりTV、ひかりTV4K、TSUTAYA TV、アクトビラ、アクトビラ4K、U-NEXT、Paravi、Rakuten TV、TELASA
  • YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、ひかりTV4K、TSUTAYA TV、アクトビラ、U-NEXT、JOYSOUND.TV、DAZN
  • YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、dTV、ひかりTV、ひかりTV4K、TSUTAYA TV、アクトビラ、U-NEXT
  • Android TV、YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、dTV、TSUTAYA TV、U-NEXT、Paravi、TELASA
  • 発売日
  • 2020年6月26日
  • 2020年 5月16日
  • 2020年
  • 2020年8月上旬
  • 2020年4月中旬
  • 2019年7月19日
  • 2019年7月10日
  • 2020年5月下旬
  • 2020年5月23日

部屋に設置する際必要な距離は画面の高さ×約1.5倍

4Kテレビ・有機ELテレビの理想の視聴距離は、画面の高さ×約1.5倍です。これまで主流だったフルHDテレビの場合は、画面の高さ×約3倍が視聴距離の目安とされていました。単純に高さがほぼ同じと考えると、これまでの約半分の距離ですね。

 

部屋のスペースの関係で視聴距離が充分確保できずに、これまでは小型テレビで我慢していたという人も多いはず。買い替えの際にはぜひ、視聴距離の違いもチェックして選ぶようにしてみて下さい。

まとめ

ここまで55インチのおすすめランキング10選を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。55インチテレビといっても、値段や、メーカー、パネル性能などで比較すると様々なものがあります。自分のニーズに合った55インチテレビで毎日の暮らしを楽しんでみて下さいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月13日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

Windowsパソコンの人気おすすめランキング10選【学生にもおすすめ】

Windowsパソコンの人気おすすめランキング10選【学生にもおすすめ】

ノートパソコン
【2021年最新版】Panasonicテレビの人気おすすめランキング10選【ビエラの新製品も】

【2021年最新版】Panasonicテレビの人気おすすめランキング10選【ビエラの新製品も】

薄型テレビ・液晶テレビ
【2021年最新版】ゲーミングモニターの人気おすすめランキング15選【FPS・PS4・switch・PS5にも】

【2021年最新版】ゲーミングモニターの人気おすすめランキング15選【FPS・PS4・switch・PS5にも】

PCモニター・液晶ディスプレイ
【2021年最新版】デスクトップパソコンの人気おすすめランキング20選【コスパ最強】

【2021年最新版】デスクトップパソコンの人気おすすめランキング20選【コスパ最強】

デスクトップパソコン
【家具バイヤー監修】テレビ台の人気おすすめランキング29選【収納できるおしゃれなものも紹介!】

【家具バイヤー監修】テレビ台の人気おすすめランキング29選【収納できるおしゃれなものも紹介!】

家具
32型テレビのおすすめ人気ランキング10選【録画機能付きも】

32型テレビのおすすめ人気ランキング10選【録画機能付きも】

薄型テレビ・液晶テレビ