【2021年最新】有線イヤホンの人気おすすめランキング20選【高音質からコスパの良いもの】

記事ID6475のサムネイル画像

有線イヤホンはワイヤレスイヤホンと比較して、高音質で音飛びなどなく安定して音楽を聴くことができます。ノイズキャンセリング機能付きなど機能性の高いものからコスパが良く安いものまであり、中にはリモコンで通話や音楽操作ができる便利ものもあります。そんな有線イヤホンの人気おすすめランキングや選び方をご紹介します。

今回は音の遅延がなく高品質な有線イヤホンを紹介しますが、イヤホンには取り扱いがしやすいコードレスイヤホンなど様々な種類があります。こちらの記事では有線タイプも含め、無線タイプなど様々な種類のおすすめイヤホンを紹介しているので、ぜひご覧ください。

有線イヤホンで高音質な音楽を楽しもう!

有線イヤホンはワイヤレスイヤホンが普及している中、根強い人気を保っています。高音質でワイヤレスイヤホンのような音飛びや遅延がなく、無線の機構がないので小型、軽量でコスパも良く安いことが人気の理由として挙げられます。

 

有線イヤホンにもノイズキャンセリング機能付きやハイレゾ対応など様々なものがあり、どれを選んでよいか迷ってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、有線イヤホンの人気おすすめランキングや選び方をご紹介します。

 

また、合わせてイヤホンの掃除方法についてもご紹介していますので、ぜひ最後までお見逃しなく!

現役家電販売員が教える有線イヤホンの選び方

取材協力

専門家プロフィール画像

たろっさ

現役家電販売員

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験も。

家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通。家電で分からないことはなく、現在は家電ライターの業務を通して「すべての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力。

ブログURL:https://taromomo.com/

たろっささんの画像

たろっささん

非常に商品数が多い有線イヤホンですが以下の3つの観点で選べばまず間違いないです!

  • 1. 音質と価格のバランスが大事
  • 2. 今流行のリケーブルって?
  • 3. 用途に合わせて選ぼう

1. 音質と価格のバランスが大事

たろっささんの画像

たろっささん

一言でイヤホンといっても500円程度で買えるものもあれば100,000円を超えるようなものまで非常に幅広いラインナップがされています。通学や通勤で音さえあれば良いということであればコスパ重視のもので問題ないかと思いますが、それなりに良い音で聞きたい、ハイレゾ音源も聴く予定がある…ということであれば5,000円前後のものまで広げて見てみるようにしましょう


どの機種を選んでもイヤホンは小さいため、断線や故障のトラブルが非常に多い製品です。取り扱いも丁寧にするようにすると良いでしょう。

2. 今流行のリケーブルって?

たろっささんの画像

たろっささん

リケーブルとはイヤホンのケーブルを自分で交換することで、対応のイヤホンを購入する必要があるものの自分好みの音質や音域を楽しむことが出来ます。タッチノイズの少ない撚り線タイプのものにつければ激しい動きでもキレイに聴くことが出来ますし、断線しても簡単に交換することが出来るのもメリット。MMCX、2PINなどの端子の種類がありますので、そちらもしっかり確認してください。

3. 用途に合わせて選ぼう

たろっささんの画像

たろっささん

家で良い音を聴きたいという方からアウトドアでの使用、ジムなどで汗を流しながらなどイヤホンを使用する環境は千差万別。自分がどういう場所で使用するのかというところをイメージしながら選択するようにしましょう。外での使用が多いのであれば耐水タイプのものを選ぶと雨や汗なども安心です。


また、イヤホンのタイプも重要になります。カナル型だけでなく耳掛け型や耳にすっぽりと入れるインナーイヤー型など、人によって好きなものは変わりますのでそちらもかけ心地を確認してから購入すると長期間満足して使用することが出来るでしょう。

今家電量販店で一番売れている有線イヤホンを紹介!

たろっささんの画像

たろっささん

家電量販店で実際に今一番売れている有線イヤホンを紹介します!

 

ゼンハイザー

IE 400PRO

価格: 36,564円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゼンハイザーのリケーブル対応イヤホン

オーディオ機器や音響機器を得意としているメーカー、ゼンハイザーのリケーブル対応イヤホンです。モニタリングイヤホンということもあり、原音をそのまま再現する再現性が非常に高いのが特徴。高音域だけでなくイヤホンが苦手といわれている低音域の表現も得意なので、力強いサウンドを体験できます。

タイプ カナル型 周波数範囲 6Hz~19,000 Hz
感度 123 db マイク -
インピーダンス 16 Ω ドライバー 7mm
ケーブル長 1.3m 端子 -
機能 - 音質 低音域が充実

有線イヤホンの人気おすすめランキング20選

ストリーミング環境やモバイルゲーム用に最適化したイヤホン

現代の音楽ストリーミング環境やモバイルゲーム等での使用を想定し最適化した、高品質ながらライトに使用できる密閉カナル型イヤホン。金属筐体の採用は、デザイン性だけではなく、サウンドにも非常に重要な役割を果たします。また、美しく高級感を演出。

タイプ カナル型 周波数範囲 4Hz ~ 60kHz
感度 97dB マイク -
インピーダンス 24Ω(±10%@1kHz) ドライバー 8mm ダイナミックドライバー
ケーブル長 - 端子 -
機能 - 音質 -

口コミを紹介

なんでこれが2000円以下なのかが分からない
聴いていると5000円代のイヤホンかと錯覚するほど
かなり音質良くてボーカルが近いし、高音も埋もれない
本体が小さいので寝フォンとしても使おうと思えば使えます

出典:https://www.amazon.co.jp

19位
 

アルペックス

Hi-Unit HSE-A1000PN-G

驚きと衝撃を与えるイヤホン

10mm径のダイナミック型ドライバーを搭載し、高精度なアルミ素材をハウジングに使用。プラグ部分には屈曲に強いコードブッシュを採用し、強度の高いフィラメントコードを使用することで耐久性を高めています。

タイプ カナル型 周波数範囲 50~20,000Hz
感度 96dB マイク -
インピーダンス 16Ω ドライバー 10mmダイナミック型×1
ケーブル長 - 端子 Φ3.5mmステレオミニ(ストレート型)
機能 - 音質 -

口コミを紹介

ベースモデル(HSE-A1000)と比べると
フラット寄りのチューニング。
とはいえ、ベースモデルがやや高音域よりの弱ドンシャリかつ刺さり防止策で極高音域控えめだったので、極高音域がより強く聴こえる。

出典:https://www.amazon.co.jp

豊かな低音とクリアな中高域

ハウジング材質には、高級感あふれるステンレスを採用。高剛性と制振性が向上しました。特殊パールトーンとゴールドカラーの組み合わせが高級感を演出します。ケーブルにはシルバーコーディングされたOFCコードを採用しています。安価でありながら、高級感あふれるイヤホンです。

タイプ カナルタイプ 周波数範囲 20Hz~45KHz
感度 - マイク -
インピーダンス 21 Ohms(-15%+15%) ドライバー ダイナミックタイプ 9.8mm (Japanパテントドライバー)
ケーブル長 1.2m 端子 3.5mm L型
機能 - 音質 豊かな低音とクリアな中高域
17位
 

エントリー向けカナル型イヤホン

水月雨独自の外磁型磁気回路で音に豊かさを与え、クリアで歯切れの良い高温でタイトで迫力のある、低音を両立。イヤーピースを正しく装着することで、優れた密閉性と適切な空間を確立することができ、最高のリスニング環境を実現できます。

タイプ カナル型 周波数範囲 20-20,000Hz
感度 104dB@1kHz マイク -
インピーダンス 16 Ω ドライバー φ6mm ダイナミック
ケーブル長 - 端子 -
機能 - 音質 -

口コミを紹介

イヤーピースが小さく耳の奥に入れるタイプで寝ながら聴くのに良い、という評判を聞き、寝ホン用に購入しました。奥に押し込むイヤホンは初めてなのもあり、最初はかなり異物感がキツく「いやこれ付けて寝るの無理でしょ」という感じだったのですがわりとすぐ慣れました。たしかに横になって寝ても枕に押されて耳が痛いということはあまりありません(違和感はゼロではありませんが)

出典:https://www.amazon.co.jp

Kinera初のシングル・ダイナミック搭載

こちらのイヤホンはKinera初のシングル・ダイナミックドライバー搭載イヤホン。このドライバーが、バランスの取れたハイクオリティの高音質を実現。また、ケーブルは着脱式のMMCXコネクタケーブルを採用。中高音域の伸びをプラス。

 

ボディは柔らかいと曲線と小さな形状で耳にフィットしますよ。

タイプ カナル型 周波数範囲 20Hz-20000Hz
感度 110db @ ±2db マイク -
インピーダンス 32 Ohm ドライバー 1DD(10mm) ポリマー系SPMダイアフラム
ケーブル長 - 端子 3.5mm
機能 - 音質 中・高音質

口コミを紹介

音質いいと感じました。
着け心地もいいです。
しかし、非常に絡まりやすいです。しっかり結んだり、束ねたりしても、カバン等に入れて置くととても絡まってしまいます。毎回使い始めるときに解くところから始まるのは結構なストレスです。

出典:https://www.amazon.co.jp

『碧』シリーズのフラッグシップモデル

『碧』シリーズの中でも、もっとも低音域が充実していることがこのモデルの特徴。高音域・中音域のバランスも良く、低音域に埋もれるようなことはありません。艶やかな響きのある音質を味わえます。

 

シンプルですが、チタン製で高級感のあるデザインもポイント。専用のケースも付属しているので、持ち運びやすいイヤホンです。

タイプ カナル型 周波数範囲 10Hz~55kHz
感度 100 db マイク -
インピーダンス 22 Ω ドライバー 10 mm
ケーブル長 1.2 m 端子 ミニプラグ
機能 ハイレゾ 音質 低音域が充実

口コミを紹介

低音ですが、ここがこのイヤホンの一番美味しいところじゃないかと思います。量感が多いのですが、ボアつかず、深いところから出てます。しかも解像度が高いので、その辺の重低音イヤホンとは、全く違った上質感を感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位
 

ロングセラーも納得の性能

1万円前後で購入できるイヤホンとして人気を集め、ロングセラーの商品。メタルなどの音の多いジャンルでも、一音をしっかりと聴きとれる解像度の高さが魅力です。各音域も丁寧に調整されているので、ジャンルを問わず幅広く使えます

 

芯がある印象を受ける低音域により、音の一体感が増して感じることも魅力。装着感・遮音性も高く、長時間使っても疲れにくいこともおすすめの理由です。

タイプ カナル型 周波数範囲 21Hz~17.5kHz
感度 107 db マイク -
インピーダンス 20 Ω ドライバー -
ケーブル長 1.16 m 端子 ミニプラグ
機能 リケーブル 音質 高解像度

口コミを紹介

音質に関してはどのジャンルの曲でもそつなくこなしてくれる印象です。私自身、色々なジャンルを聞いていますが「このジャンルはちょっと不満があるな」とかそういったことを感じたことはありません。そつなく、という言葉の通りに曲を聞かせてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位
 

重低音再生

10mmのドライバーユニットをもつ「エクストリームディープ」でパワフル、クリアな重低音を再現します。シリコンイヤーピースはSMLのサイズがあり耳に合わせて装着できます。本体とケーブルは2色あります。コードキーパーが付いていて長さを調整できます。

タイプ カナル型 周波数範囲 5-23kHz
感度 104dB マイク -
インピーダンス 16Ω ドライバー 10mm
ケーブル長 1.2m 端子 3.5mm24金メッキプラグ
機能 ノイズキャンセリング 音質 重低音

口コミを紹介

前に使っていたイヤホンを無くしたので、新しい物を探していました。2000円以内で探していたっところ、この商品を発見し早速購入。結果は思ってた以上に満足です。
私はロックを主に聞いていますが、低音はもちろん全体的に迫力のある音圧を感じられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

快適な装着、絡みにくいセレーションケーブル

コンパクトで音漏れも少ないイヤホンです。アングルドイヤーピース構造で耳の奥まで装着できて高い遮音性と快適な装着感があります。2種類の硬度のシリコンを組み合わせたハイブリッドイヤーピースで密閉感とフィット感を高めています。ケーブル長アジャターで長さを調整できます。

タイプ カナル型 周波数範囲 5-24kHz
感度 103dB マイク -
インピーダンス 16Ω ドライバー 9mm
ケーブル長 1.2m 端子 3.5mm金メッキプラグ
機能 - 音質 高音質

口コミを紹介

買ってすぐは高音が強めでしたが、2時間ほどエージングしたところバランス良くなり聴きやすくなりました。今まで800円の物を使っていましたが、全然違いますね。こちらの方が音がハッキリしていて良いです。価格もリーズナブルなのでオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

重低音モデル

重低音を正確なリズムで伝えるベースブースター構造。ハウジングの上に設けたダクトで低域の振動版の動作を最適して、重低音のグルーヴ感をダイレクトに伝達します。独自開発の12mmのドライバーで高感度を実現しています。

 

角度をつけるアングルドイヤーピース方式で、耳の奥まで装着、遮音性を保ちます。2種類の硬度のハイブリッドイヤーピースを採用、耳へのフィット感を向上、密閉度を高め長時間でも快適な装着性です。ケーブルに溝があり絡みを軽減します。

タイプ インナーイヤー型 周波数範囲 4Hz-24kHz
感度 110dB マイク -
インピーダンス 16Ω ドライバー 12mm
ケーブル長 1.2m 端子 3.5mm金メッキプラグ
機能 - 音質 重低音

口コミを紹介

イヤホンとは思えないほど良い低音が出ます。シャカシャカしていない。高音も聞こえます。
この価格帯でこれだけきれいな音質が出るのはちょっと感動ものかも。

出典:https://www.amazon.co.jp

マイク付き 軽量 クリア通話

アルミ製ボディとプラスティックハウジングで、高音質とおしゃれな質感のイヤホンです。リモコンはマイク付きでハンズフリー通話と、音楽のコントロールができます。

 

3種類のイヤーチップと低反発イヤーピースで、自分の耳に合わせて使えます。2年の製品保証があり、無償交換、修理に対応しているので安心です。

タイプ インナーイヤー型 周波数範囲 20-40kHz
感度 94±3dB マイク 42±3dB
インピーダンス 32Ω ドライバー -
ケーブル長 1.2m 端子 3.5mmプラグ
機能 - 音質 高音質

口コミを紹介

音質が綺麗です。そして長時間付けていても耳も痛くならないので、ずっと音楽をきいていられます。イヤホンを収納する袋も付いていますので、持ち運びにも便利です。この値段でこのクオリティには、大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位
 

パナソニック(Panasonic)

RP-HDE1-K

ハイレゾ対応、安定した装着感

ハイレゾ音源対応のイヤホンです。直径11.0mmのHDドライバーで低域から高域迄リアルな音を再現できます。5色のカラーバリエーションを選べます。SMLの3種類のイヤーペースで耳にぴったりfixします。コードの長さを合わせられるコードアジャストホルダー付きです。

タイプ カナル型 周波数範囲 5-40kHz
感度 110dB マイク -
インピーダンス 18Ω ドライバー 11mm
ケーブル長 1.2m 端子 3.5mmプラグ24k金メッキ
機能 ノイズキャンセリング 音質 ハイレゾ

口コミを紹介

ドライバーも11ミリなので低音がよく響き、ベースの音やバスドラ等が判り易く聴けます。安価なハイレゾイヤホンのように広域を強調してシャカシャカすることもなく、バランスよく調整されており、この価格帯で買うなら推奨できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

高音質 重低音 デュアルドライバー マイク内蔵 防水機能

左右のそれぞれの高音強化用9mmドライバー低音強化用7mmドライバー搭載でバランスのとれたリアルな音を再現します。マイク内蔵のコントローラーでワンタッチで着信応答や音楽の再生、一旦停止、曲の移動等できます。

 

IPX6の防水機能でスポーツ時や、雨の日も着用出来ます。耳にいれる部分は120度の傾斜があり,密閉性を保っています。購入より3ケ月以内では無償交換出来ます。

タイプ カナル型 周波数範囲 -
感度 - マイク 内蔵
インピーダンス ドライバー 9mm
ケーブル長 1.2m 端子 3.5mmプラグ
機能 防水IPX6 音質 高音質

口コミを紹介

音質は低域から高域までストレスなく伸びる感じ。低域が籠る事も無く、スピード感のあるドラムサウンドが楽しめます。個人的な感想ですが、1万円超えくらいのイヤホンと同等、もしくはそれ以上のパフォーマンスを持っている感じです

出典:https://www.amazon.co.jp

7位
 

intime

碧 (SORA) 2

従来モデルよりも低音域を強化!

従来の『碧』に比べて低音域を強化し、音の厚みが増していることが特徴です。高音域・中音域とのバランスも崩しておらず、音の伸びや解像度の高さもアップしています。『Ti3』と比べると低音域の響きが劣りますが、音の繊細さを楽しみたいという方におすすめです。

 

イヤホンの本体はステンレス製で、従来モデルと比べると重量は増しますが、高級な質感に仕上がっています。ハイレゾ音源にも対応しており、厚みや力強さを重視したいという方におすすめです。

タイプ カナル型 周波数範囲 20Hz~40kHz
感度 102 db マイク -
インピーダンス 22 Ω ドライバー 10 mm
ケーブル長 1.2 m 端子 3.5mmプラグ
機能 ハイレゾ 音質 厚みがあって力強い

重低音 高音質 リモコン マイク付き

低音用と高音用のドライバーを組み込んだダブルレイヤー技術を採用。低温、高音を独自に発揮することで低音を深みのあるものに、高音をクリアにします。

 

ノイズキャンセリングを搭載、コントローラーはマイクを内蔵しており、携帯電話、ゲーム、音楽の切り替えに対応しています。S、M、Lの低反発シリコンイヤーピースで耳にフィットします。

 

ハウジングはアルミ金属を使用して耐触性、耐久性に優れています。5年以内に不具合があった場合は全額払い戻しまたは無料交換のサポートがあります。

タイプ カナル型 周波数範囲 -
感度 102dB マイク 内蔵
インピーダンス 16Ω ドライバー ダブルドライバー
ケーブル長 1.2m 端子 3.5mmプラグ
機能 ノイズキャンセリング 音質 重低音、高音質

口コミを紹介

前に使っていたイアホンが壊れたため購入しました。
正直、価格が安かったので、あまり期待はしていないけど、質感の良さに驚きました。
音質もクリアで良かったですし、コレを買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

プロユースを想定したバランスの良い音質

高音域・中音域・低音域の全音域にこだわっており、統一感のある音質がポイント。プロオーディオ製品を手掛けるゼンハイザー製品の中では、とても安い部類に入るモデルですが、プロが使用することをしっかり想定している音質です。

 

低音の力強さだけを重視する場合は、物足りなさを感じるかもしれませんが、バランスの良い音を保っています。高解像度で丁寧な音が好みだという方におすすめ。ケーブルは着脱式で、イヤーピースは装着位置を微調整できる仕様になっていることもポイントです。

タイプ カナル型 周波数範囲 20Hz~18kHz
感度 115 db マイク -
インピーダンス 20 Ω ドライバー 10 mm
ケーブル長 1.3 m 端子 -
機能 リケーブル 音質 バランス

口コミを紹介

大変コストパフォーマンスに優れたイヤホンです。同価格帯のイヤホンの中では頭ひとつ抜け出たイヤホンだという印象を持ちました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイレゾ対応 マイク付き リモコン 通話 音量調整

左右それぞれに高音域用と低温域用の2つのドライバーを内蔵していて、高音は40kHzまで範囲を広げ。低温は迫力ある低温を楽しめます。ハイレゾ(高解像度オーディオ)対応でハイレゾ認証を受けています。

 

Knowlesのシリコンチップマイクを内蔵しており、高感度でノイズが少なく通話音質はクリアです。またインラインコントローラにより音量調節と電話の着信応答ができます。

 

耳にいれる部分に傾斜をつけて、耳にしっかりはめ込むことが出来、屋外の活動時も使えます。3サイズのイアーピースがついていて、大人子供でも使用できます。1年間のメーカー保証がついていて安心です。

タイプ カナル型 周波数範囲 20-40kHz
感度 108±3dB マイク 内蔵
インピーダンス 16Ω ドライバー デュアルドライバー
ケーブル長 1.2m 端子 3.5mmプラグ
機能 - 音質 ハイレゾ

口コミを紹介

すぐに到着し視聴したところ低音の重厚さとそれでいて高音もバランスよく音の広がりも良く気に入りました。他に完全ワイヤレスのイヤホン(jabra eleat 65t)を持っているのですが、さすが有線、音質とパワーに圧倒され今後はこちらをメインに使っていこうと考えています。

出典:https://www.amazon.co.jp

SONYが誇る高価格帯の超高音質ステレオイヤホン

従来のインイヤーイヤホンでは感じにくかった、広大な音場を味わえるのがこのイヤホンの特徴です。低音域と中高音域・高音域・超高音域に対応した3つのドライバーユニットを搭載し、100kHzの超高音域まで再生できるようになっています。

 

高音域を充実させているのにも関わらず、耳障りな音にならないことが最大のポイント。自然な高音を長時間楽しめるようになっています。ハイエンドな高級有線イヤホンがほしいという方におすすめのモデルです。

タイプ カナル型 周波数範囲 3Hz~100kHz
感度 103 db マイク -
インピーダンス 40 Ω ドライバー 12 mm
ケーブル長 1.2 m 端子 ミニプラグ/4.4mmバランス
機能 リケーブル・ハイレゾ 音質 超高音質

口コミを紹介

今まで10万円以上のイヤホン、ヘッドホンは購入した事が有りませんので驚くのは当たり前かと思いますが、聴いていてとても気持ちが良いです。少し長いかとは思いますが、聴き始めから、250時間程鳴らしてみて下さい。「この小さいイヤホンの、どこからこんな音が出るんだ?」と驚きました。ボーカルの声の刺さりも大分緩和されます。

出典:https://www.amazon.co.jp

価格・使いやすさ・デザイン・音質、入門機としておすすめのモデル!

低価格帯で高音質なイヤホンがほしいという方におすすめのイヤホンです。シンプルなデザインで使い勝手もよく、人気を集めいています。不快感のない高音域・滑らかな中音域・締りのある低音域で、ホールで聴くような響きを体験できることが特徴です。

 

本体は小型で軽いので、フィット感の高さもポイント。イヤーピースも複数付属しているので、自分の耳にあったものをしっかり選べます。入門機としておすすめのモデルです。

タイプ カナル型 周波数範囲 -
感度 100 db マイク -
インピーダンス 16 Ω ドライバー 6.4 mm
ケーブル長 1.2 m 端子 3.5mmプラグ
機能 ハイレゾ 音質 ホールのような響き

口コミを紹介

全体的な音域のバランスがよく、中高音はよい形で響いていて、低音の量も満足です。音場も結構広いと思います。解像度だけが上位機のようにいいわけではないが、その値段で納得できます。友達に薦めると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

5000円以下で買えるハイレゾ対応高音質イヤホン!

このイヤホンの魅力は、低価格帯のモデルでありながら高音質を実現していること。中低音域の伸びがよく、透明感のある音を出してくれます。ロック・ポップスなど、多彩なジャンルに対応できるイヤホンです。

 

ハウジングは樹脂と真鍮製で軽く、ケーブルも絡まりにくい硬さなので、持ち運びやすいこともポイント。ハイレゾ対応の低価格なイヤホンが欲しいという方におすすめです。

タイプ カナル型 周波数範囲 20Hz~40kHz
感度 102 db マイク -
インピーダンス 22 Ω ドライバー 10 mm
ケーブル長 1.2 m 端子 3.5mmプラグ
機能 ハイレゾ 音質 中低音

口コミを紹介

中高音の鮮明さとうるさすぎず小さすぎずの低音が心地よいです。カナル型なので遮音性もgood。これでこの値段は、コスパ良し…!

出典:https://www.amazon.co.jp

より拘りたい方に!編集部がおすすめするその他の選び方

イヤホンを使用する環境にあった製品を選びましょう。あと音楽など良い音で視聴するのに音質が大事です。またマイク機能がありハンズフリー通話ができれば、音楽をきいている途中での電話にも対応、通話が出来て便利です。

音質で選ぶ

有線イヤホンは高音質をアピールしていますが、その中でハイレゾ対応はCD以上の音も対応できるイヤホンです。また重低音を実現する製品や、ノイズキャンセリング機能内蔵で周囲の雑音を省ける製品があります。これらの音質の特徴を確認して選びましょう。

「ハイレゾ対応」なら高音質で音楽を楽しめる

ハイレゾ(High-Resolution Audio)はCDより高音質な音源を言います。CDは16bit/44.1kHzでフォーマットされています。人間の可聴範囲と言われる22.05kHzを再現できています。またbit数を上げる事でより原音に近い音を再現できます。

 

日本オーディオ協会がハイレゾの定義を満たす商品に認られた商品ロゴ「Hi-Res AUDIO」をメーカーは使用しています。より高音質で繊細な音楽を楽しみたい方はハイレゾ対応の商品を選んでみてください。

「重低音モデル」で迫力のある音楽を

イヤホンのハウジングの構造を工夫して、パワフルな重低音を実現しています。日本メーカーのJVC、ソニーの製品が重低音としてアピールしています。低音はもちろん全体的に迫力のある音圧を感じられます。

「ノイズキャンセリング」機能付きなら騒がしい場所でも集中して音楽が聴ける

ノイズキャンセリング機能がある有線イヤホンは、外部の雑音を逆位相の音で打ち消します。聞いている音声以外の周囲の雑音を削減し、低音から高音までクリアな音が楽しめます。集中して音楽が聴きたい方や、電車など周囲にたくさんの音があふれている場所での使用におすすめです。

 

全ての音をシャットアウトするものから特定の音に限定して機能を発揮するものもあります。

 

ノイズキャンセリングイヤホンについてもっと知りたい方は以下の記事もチェックしてみてください!

機能で選ぶ

有線イヤホンの付属の機能を確認して選びましょう。リモコンにマイクが内蔵されていて、ハンズフリーで通話が出来ると便利です。また音楽の音楽の再生、一旦停止、曲の移動等もできます。

「マイク機能付き」なら通話ができる

マイク機能付きの有線イヤホンにはリモコンがついていて、リモコンにはマイクが内蔵されています。仕事やゲーム中にハンズフリー通話とリアルタイムの通話ができます。リモコンには通話の応答や音量調節が出来るようになっていて便利です。

 

リモコンがないイヤホンもありますので、必要な人は確認しておきましょう。

 

以下の記事ではおすすめのマイク付きイヤホンをご紹介していますので、そちらも合わせてご覧ください。

ドライバーユニットで選ぶ

イヤホンのドライバーユニットによってスピーカー構造に違いがあります。ドライバーユニットにはそれぞれ得意とする音域があり、音質や価格も異なります。

低音が得意な「ダイナミック型」は一般的でコスパも良い

ダイナミック型は振動版による振動で音を生み出す方式です。歪みが少なく低音域を聞き取りやすいです。ドラムやベースをメインにする音楽や、ロックやダンスミュージックなどに適しています。一般的なイヤホンの多くはこのダイナミック型で、コスパが良いのも魅力の一つです。

高音向きの「BA型(バランスドアーマーチュア型)」は音質が良く生音源に近いものも

BA(バランスドアーマーチュア)型は、鉄片からドライバーロッドを通して振動板を振動させ音を作る方式です。感度が高いため中音域や高音域が得意です。クラシックやジャズなど、歌や楽器が高音域の音楽に向いています。

 

また、ドライバーが小型なので1つのイヤホンに複数のドライバーが取り入れられているタイプもあります。音質は上がり、生音源に近い音で聴くことができるため高い機能性を求める方にもおすすめです。その分価格は高くなります。

広い音域なら「ハイブリット型」がおすすめ

低い音域の曲も高い音域の曲も聴くからどっちかに絞れないという方は、ダイナミック型とBA型両方のドライバーが取り入れられたハイブリット型を選んでみましょう。広い音域の曲を聴く方にもおすすめです。しかし、出回っている数がダイナミック型やBA型と比べると少ないです。

プロ仕様の音質の良さを求めるなら「コンデンサー型」

コンデンサー型は、振動板の両側の固定極に電圧を流すことで振動させて音を出す方式です。

 

極限まで音の歪みが抑えられていて、小さく繊細な音まで鮮明に再現することが可能です。ヘッドホンやスピーカーで多く取り入れられている方式で価格が高いです。しかし、プロ仕様の高音質のイヤホンが欲しいという方にはぜひおすすめしたいイヤホンです。

有線イヤホンのスペックで選ぶ

イヤホンには特性が表記されています。内容からイヤホンの性能もわかります。但し算出方法はメーカー独自になっていますので、あくまで目安程度にとどめてください。

「ドライバー:mm」に応じて音質が向上

ドライバーの口径に比例して音質が向上します。一般的にカナル型はφ8.8mm~12.5mmインナーイヤー型はφ13.5mm~15.4mmとなています。インナーイヤー型の方が口径が大きく出来音質がupします。

「インピーダンス:Ω」が低いほど大きい音で楽しめる

インピーダンス=抵抗値です。出力が同じワット数の場合抵抗値=インピーダンスが低い方が大きめの音で聞く事ができます。

「感度(出力音圧レベル):dB/mw」は音量に違いが出る

感度は数値が大きい程、大きな音量を出すことができます。しかし、メーカーの算出方法によってもばらつきがあるので、参考程度にしてください。

「周波数範囲:Hz」でアピールポイントがわかる

低音域から高音域までの再生可能な音の範囲を表したものです。メーカーの規定方法が不明瞭な参考にしておいてください。人間が聞きとれる可聴域は20~20kHzです。殆どのイヤホンはこれ以上の周波数範囲を明示しています。

 

低音域をアピールしているイヤホンは下は5Hz~23kHz等とあります。ハイレゾをアピールしているイヤホンは2~50kHz等の明示があり、どの周波数域をアピールとしているかがわかります。

有線イヤホンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:6147131の画像

    ゼンハイザー

  • 2
    アイテムID:6033043の画像

    ファイナル(final)

  • 3
    アイテムID:6033071の画像

    Sony

  • 4
    アイテムID:5252095の画像

    ARKARTECH

  • 5
    アイテムID:6033025の画像

    ゼンハイザ―

  • 6
    アイテムID:5252099の画像

    Jayfi

  • 7
    アイテムID:6033013の画像

    intime

  • 8
    アイテムID:5252124の画像

    SUTOMO

  • 9
    アイテムID:5259711の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 10
    アイテムID:5252366の画像

    YSKJ

  • 11
    アイテムID:5252357の画像

    ソニー(SONY)

  • 12
    アイテムID:5252377の画像

    ソニー(SONY)

  • 13
    アイテムID:5252717の画像

    JVCケンウッド

  • 14
    アイテムID:6033144の画像

    Shure Incorporated

  • 15
    アイテムID:6033152の画像

    intime

  • 16
    アイテムID:6039257の画像

    Kinera

  • 17
    アイテムID:6039307の画像

    水月雨(MOONDROP)

  • 18
    アイテムID:6039323の画像

    KONG-X

  • 19
    アイテムID:6039336の画像

    アルペックス

  • 20
    アイテムID:6039346の画像

    AZLA

  • 商品名
  • IE 400PRO
  • E3000 FI-E3DSS
  • IER-Z1R
  • T6
  • IE 40 PRO
  • JA40
  • 碧 (SORA) 2
  • F4
  • RP-HDE1-K
  • YS-096
  • MDR-XB55
  • MDR-EX155
  • HA-FX1X-BR
  • SE215 Special Edition
  • 碧(SORA) Ti3
  • Kinera SIF
  • SpaceShip
  • Shu(KX-S300T)
  • Hi-Unit HSE-A1000PN-G
  • AZEL
  • 特徴
  • ゼンハイザーのリケーブル対応イヤホン
  • 価格・使いやすさ・デザイン・音質、入門機としておすすめのモデル!
  • SONYが誇る高価格帯の超高音質ステレオイヤホン
  • ハイレゾ対応 マイク付き リモコン 通話 音量調整
  • プロユースを想定したバランスの良い音質
  • 重低音 高音質 リモコン マイク付き
  • 従来モデルよりも低音域を強化!
  • 高音質 重低音 デュアルドライバー マイク内蔵 防水機能
  • ハイレゾ対応、安定した装着感
  • マイク付き 軽量 クリア通話
  • 重低音モデル
  • 快適な装着、絡みにくいセレーションケーブル
  • 重低音再生
  • ロングセラーも納得の性能
  • 『碧』シリーズのフラッグシップモデル
  • Kinera初のシングル・ダイナミック搭載
  • エントリー向けカナル型イヤホン
  • 豊かな低音とクリアな中高域
  • 驚きと衝撃を与えるイヤホン
  • ストリーミング環境やモバイルゲーム用に最適化したイヤホン
  • 価格
  • 36564円(税込)
  • 4445円(税込)
  • 139800円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 12218円(税込)
  • 1787円(税込)
  • 7220円(税込)
  • 1999円(税込)
  • 2937円(税込)
  • 1399円(税込)
  • 2387円(税込)
  • 1456円(税込)
  • 1850円(税込)
  • 10536円(税込)
  • 20350円(税込)
  • 5083円(税込)
  • 2873円(税込)
  • 5073円(税込)
  • 1700円(税込)
  • 5027円(税込)
  • タイプ
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • インナーイヤー型
  • インナーイヤー型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナルタイプ
  • カナル型
  • カナル型
  • 周波数範囲
  • 6Hz~19,000 Hz
  • -
  • 3Hz~100kHz
  • 20-40kHz
  • 20Hz~18kHz
  • -
  • 20Hz~40kHz
  • -
  • 5-40kHz
  • 20-40kHz
  • 4Hz-24kHz
  • 5-24kHz
  • 5-23kHz
  • 21Hz~17.5kHz
  • 10Hz~55kHz
  • 20Hz-20000Hz
  • 20-20,000Hz
  • 20Hz~45KHz
  • 50~20,000Hz
  • 4Hz ~ 60kHz
  • 感度
  • 123 db
  • 100 db
  • 103 db
  • 108±3dB
  • 115 db
  • 102dB
  • 102 db
  • -
  • 110dB
  • 94±3dB
  • 110dB
  • 103dB
  • 104dB
  • 107 db
  • 100 db
  • 110db @ ±2db
  • 104dB@1kHz
  • -
  • 96dB
  • 97dB
  • マイク
  • -
  • -
  • -
  • 内蔵
  • -
  • 内蔵
  • -
  • 内蔵
  • -
  • 42±3dB
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • インピーダンス
  • 16 Ω
  • 16 Ω
  • 40 Ω
  • 16Ω
  • 20 Ω
  • 16Ω
  • 22 Ω
  • 18Ω
  • 32Ω
  • 16Ω
  • 16Ω
  • 16Ω
  • 20 Ω
  • 22 Ω
  • 32 Ohm
  • 16 Ω
  • 21 Ohms(-15%+15%)
  • 16Ω
  • 24Ω(±10%@1kHz)
  • ドライバー
  • 7mm
  • 6.4 mm
  • 12 mm
  • デュアルドライバー
  • 10 mm
  • ダブルドライバー
  • 10 mm
  • 9mm
  • 11mm
  • -
  • 12mm
  • 9mm
  • 10mm
  • -
  • 10 mm
  • 1DD(10mm) ポリマー系SPMダイアフラム
  • φ6mm ダイナミック
  • ダイナミックタイプ 9.8mm (Japanパテントドライバー)
  • 10mmダイナミック型×1
  • 8mm ダイナミックドライバー
  • ケーブル長
  • 1.3m
  • 1.2 m
  • 1.2 m
  • 1.2m
  • 1.3 m
  • 1.2m
  • 1.2 m
  • 1.2m
  • 1.2m
  • 1.2m
  • 1.2m
  • 1.2m
  • 1.2m
  • 1.16 m
  • 1.2 m
  • -
  • -
  • 1.2m
  • -
  • -
  • 端子
  • -
  • 3.5mmプラグ
  • ミニプラグ/4.4mmバランス
  • 3.5mmプラグ
  • -
  • 3.5mmプラグ
  • 3.5mmプラグ
  • 3.5mmプラグ
  • 3.5mmプラグ24k金メッキ
  • 3.5mmプラグ
  • 3.5mm金メッキプラグ
  • 3.5mm金メッキプラグ
  • 3.5mm24金メッキプラグ
  • ミニプラグ
  • ミニプラグ
  • 3.5mm
  • -
  • 3.5mm L型
  • Φ3.5mmステレオミニ(ストレート型)
  • -
  • 機能
  • -
  • ハイレゾ
  • リケーブル・ハイレゾ
  • -
  • リケーブル
  • ノイズキャンセリング
  • ハイレゾ
  • 防水IPX6
  • ノイズキャンセリング
  • -
  • -
  • -
  • ノイズキャンセリング
  • リケーブル
  • ハイレゾ
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 音質
  • 低音域が充実
  • ホールのような響き
  • 超高音質
  • ハイレゾ
  • バランス
  • 重低音、高音質
  • 厚みがあって力強い
  • 高音質
  • ハイレゾ
  • 高音質
  • 重低音
  • 高音質
  • 重低音
  • 高解像度
  • 低音域が充実
  • 中・高音質
  • -
  • 豊かな低音とクリアな中高域
  • -
  • -

イヤホンの掃除方法のご紹介

皆さんはお使いのイヤホンを掃除していますか?イヤホンを掃除せずそのまま使っていると、汚れによって接続が悪くなり音質が悪くなってしまったり、更には耳の病気に繋がってしまうこともあるのだとか…。衛生的に綺麗な状態でイヤホンを使うために、イヤホンのお掃除方法をご紹介します。

 

カナル型の場合は、まずイヤーピースを取り外し、ウェットティッシュで拭き取ります。ひっくり返して裏側まできちんと汚れを拭き取りましょう。アルコールタイプのウェットティッシュであれば除菌もすることができるのでおすすめです。

 

次に歯間ブラシ綿棒を使い、イヤーピースの中や本体のメッシュ部分の汚れを掻き出しましょう。

 

インナーイヤー型のイヤホンでは、装着部分を毛が柔らかいタイプの歯ブラシで優しくこすり汚れを落としましょう。

 

どちらのタイプのイヤホンでも、最後にケーブルをウェットティッシュで、プラグ部分をティッシュで拭き取ったら完了です。

有線イヤホンまとめ

いかがでしたか、有線ワイヤレスホンのおすすめ人気ランキング20選を紹介しました。有線イヤホンはワイヤレスと違い、音を重視する人に好まれます。軽量で高音質、ハンズフリー通話も出来る有線ワイヤレスイヤホンをお楽しみください。

自分のお好みの有線イヤホンは見つかりましたか?有線イヤホンは高品質な音が聞けて人気ですが、コンパクトな無線イヤホンも人気が高いです。こちらの記事では有線無線問わず、おすすめのイヤホンを紹介しているので、こちらを参考にぜひ色々なイヤホンをチェックしてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年03月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新】マイク付きイヤホンの人気おすすめランキング25選

【2021年最新】マイク付きイヤホンの人気おすすめランキング25選

イヤホン・ヘッドホン
【家電販売員たろっささん監修】ゲーミングイヤホンの人気おすすめランキング6選【2021年最新版】

【家電販売員たろっささん監修】ゲーミングイヤホンの人気おすすめランキング6選【2021年最新版】

イヤホン・ヘッドホン
【カレー研究家監修】レトルトカレーの人気おすすめランキング80選

【カレー研究家監修】レトルトカレーの人気おすすめランキング80選

レトルト・惣菜
高級スピーカー人気おすすめランキング15選【最高の一台を選ぶ】

高級スピーカー人気おすすめランキング15選【最高の一台を選ぶ】

スピーカー
【2021年最新版】開放型ヘッドホンの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】開放型ヘッドホンの人気おすすめランキング15選

イヤホン・ヘッドホン
パソコン周辺機器の人気おすすめランキング36選【使いやすさ向上】

パソコン周辺機器の人気おすすめランキング36選【使いやすさ向上】

パソコンサプライ品
TOPへ