【最強は?】ノイズキャンセリングイヤホンの人気おすすめランキング15選【有線の安いものも!】

記事ID4827のサムネイル画像

周囲の雑音を低減し、騒がしい場所でも快適に音楽を楽しめるノイズキャンセリングイヤホン。多くの商品が発売されているので、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ノイズキャンセリングイヤホンの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

聴覚過敏の方でも快適なノイズキャンセリングイヤホン

ノイズキャンセリングイヤホンはイヤホンから流れる音はそのままで、周囲の騒音だけを遮断してくれる便利なイヤホン。ノイズキャンセリングイヤホンを使えば、電車や飛行機など周囲の雑音が気になる場所で、聴覚過敏の方でも快適に音楽を楽しむことが可能です。

 

しかし、自分に合った選び方をしないとポロっとイヤホンを落としてしまったり雑音が頻繁に入ったりして、せっかく買ったのに使い勝手が悪いということになりかねません。自分に合った商品を選びたいです。

 

そこで今回はノイズキャンセリングイヤホンの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは価格・音質・使いやすさを基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみてください。

ノイズキャンセリングイヤホンの選び方

ノイズキャンセリングイヤホンを選ぶ際にはチェックしておきたいポイントがいくつかあります。ここからは選び方のポイントについてご紹介したいです。

遮音性の高さで選ぶ

ノイズキャンセリングイヤホンの遮音性が低いと、音楽に集中できないばかりか周囲にも迷惑をかけてしまいます。ここでは2種類の代表的な遮音方法をご紹介。

耳へのフィット感にこだわる方は「パッシブノイズキャンセリング」がおすすめ

「パッシブノイズキャンセリング」はイヤホンの形状や素材を耳の形に合わせるように作られていて、フィット性の高さと遮音性の高さに特徴があります。耳を塞ぐように作られているので、密着しやすくてずり落ちづらいです。

 

遮音性の高さはもちろんですが、ランニングなどのスポーツをするのにも最適

高精度のノイズカット能力がほしい方は「アクティブノイズキャンセリング」がおすすめ

「アクティブノイズキャンセリング」は信号処理技術を利用して遮音性を高める方法です。パッシブノイズキャンセリングだけでは補いきれないノイズもカットしてくれるので、周りの騒音が激しい環境でも音楽を楽しめます。

外部の必要な音を拾いたいなら「外音取り込み機能」がおすすめ

ノイズキャンセル能力が高すぎると人の声や車の走行音が聞こえなくなってしまい、かえって危険かもしれません。心配な方は必要な音は拾える外音取り込み機能が付いているイヤホンを選んでください。

「残留ノイズ」を避けたい方は質の高いイヤホンがおすすめ

「残留ノイズ」とは音楽を再生させない状態でノイズキャンセリングを起動させると起こる現象。普通に音楽を聴いている場合にはあまり気になることはありませんが、寝る時の耳栓代わりとしても使いたい方には不向きです。

 

この「残留ノイズ」を避けたい方は少し価格は高くなりますが、1万円以上のイヤホンを購入してください。価格の高いイヤホンは残留ノイズが気にならないモデルが多いので、少し奮発してでも高いイヤホンをおすすめします。

良い音質で聞きたい方は「ハイレゾ対応」がおすすめ

イヤホンを選ぶ際には音質も重視したいです。音質を重視する方は「ハイレゾ対応」のものや「ハイレゾ並みの高音質」など音質の良さをアピールしているイヤホンがおすすめ。

 

高価なモデルほど音質も高くなるケースがほとんどですが、中にはリーズナブルでありながら高音質のモデルもあります。普段自分が聞く音楽に合わせて選ぶのもおすすめです。

バッテリー性能で選ぶ

ノイズキャンセリングイヤホンは充電式のバッテリーを利用するものが多いです。バッテリーのもちなどもノイズキャンセリングの快適さを左右するポイント。

充電が面倒な方は「連続再生時間」の長いものがおすすめ

フル充電してからバッテリーが持続する「連続再生時間」は商品により異なります。バッテリーのもちは値段には左右されず、高価なものでも連続再生時間は短いです。逆に安いものであってもバッテリーの持続時間は長い商品もあります。

 

頻繁に充電をするのが面倒という方は、充電をこまめにしなくても長持ちする「連続再生時間」の長いイヤホンを選んでください。

バッテリー切れ後にすぐ使いたい方は「急速充電」があるものがおすすめ

バッテリーをフル充電させるためにかかる時間も商品によってさまざまです。充電時間が短いほど利便性も高いですが、中には「急速充電機能」が付いているものもあります。「急速充電機能」とは10分ほど充電することで、1時間以上音楽を再生できる機能です。

 

この機能があれば、聴きたいときに充電し忘れてしまって音楽が聴けないという事態を避けるられるためにおすすめします。

接続方法で選ぶ

ノイズキャンセリングイヤホンには有線接続とBluetooth規格によるワイヤレス接続の2種類があります。それぞれの特徴を知り、使用シーンや目的に応じて選んでください。

コスパが良くて安いイヤホンがほしい方は「有線タイプ」がおすすめ

最もベーシックなタイプがこの「有線タイプ」のイヤホン。ノイズキャンセリングイヤホンでもベーシックな安いタイプになるのですが、コスパに優れていたり、音質が良かったりとワイヤレスイヤホンよりも使い勝手が良いです。

 

できるだけお金をかけずに高音質を楽しみたい方は「有線タイプ」を選んでください。

有線が嫌な方はBluetooth接続の「無線タイプ・完全ワイヤレスタイプ」がおすすめ

普通のイヤホンと同じようにノイズキャンセリングイヤホンもBluetooth対応のワイヤレスタイプが増えてきています。ケーブルのわずらわしさから解放されることで人気ですが、最近特に人気が高いのがケーブルが一切ない「完全ワイヤレスタイプ」です。

 

「完全ワイヤレスタイプ」は落としやすいデメリットたあるので、心配な方は左右が繋がった「無線タイプ」がおすすめ。また「ワイヤレスタイプ」は音質が悪いともいわれます。音質や装着感など用途に合わせ、自分に合ったものを選んでください。

必要なシーンに合わせた便利な機能で選ぶ

ノイズキャンセリングイヤホンにはキャンセルレベルの調節や防水など便利な機能が搭載されたものもあります。自分に必要な機能が備わっているものを選ぶのがおすすめです。

瞬時に周囲の状況に対応したい方は「ノイズ調整」ができるものがおすすめ

ノイズキャンセリングのレベルを調整できると、周囲の状況に合わせ変更することができ、とても便利です。最近は自動でキャンセルレベルを、選択してくれるものも増えてきています。

 

さらにボタンで外部の音を取り込む機能が付いているものだと、不意のアナウンスへの対応やノイズキャンセリングによる事故を防ぐことが可能です。「ノイズ調整」の機能もぜひチェックしてみてください。

スポーツで使いたい方は「防水機能」があるネックバンドイヤホンがおすすめ

ノイズキャンセリングイヤホンの中には「防水機能」が搭載されているモデルもあります。急な雨でも故障する心配がなく、運動していて汗をかいても問題ありません。ジョギングをしながら使いたい方は、首にかけるタイプのネックバンドイヤホンもおすすめです。

 

下記の記事では防水イヤホンの人気おすすめランキング10選をご紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

通勤・通学で使うなら「Bluetooth」でペアリングできるものがおすすめ

通勤や通学など移動メインで、ノイズキャンセリングイヤホンを使う方多いと思います。その場合には、「Bluetooth」で自動ペアリングできる機能が付いたワイヤレスタイプがとても便利です。

 

初期設定さえ済ませば、2回目以降は充電ケースからイヤホンを取り出すだけでスマートフォンなどのデバイスと自動で接続してくれます。急いでいる時でも接続の手間もかからないのでおすすめです。

飛行機内で使いたい方は「有線タイプ」がおすすめ

飛行機内でノイズキャンセリングイヤホンを使いたい方には「有線タイプ」をおすすめします。飛行機内は電波を飛ばすスマートフォンやノートパソコンは基本的に使用禁止です。Bluetoothでイヤホンを接続する仕組みのワイヤレスタイプも例外ではありません。

 

使用できる飛行機はありますが、たまたま乗った飛行機内では完全禁止ということもあり得るので、制限のない「有線タイプ」をおすすめします。

オンライン会議や通話に使うなら「マイク付き」がおすすめ

外部の音を遮断しながら、通話や会話を楽しみたい方は「マイク付き」がおすすめです。相手の声をしっかり聞き取れるだけでなく、マイクが口元にあることで相手にも明瞭に伝えられます。ハンズフリーで会話を楽しめるので、運転中にも使用可能です。

イヤホンの形で選ぶ

イヤホンの方の形には、カナル型とインナーイヤー型があります。それぞれ特徴が異なるため、ご自身のニーズに合わせて選んでみてください。

音漏れを確実に低減させたい方は「カナル型」がおすすめ

「カナル型」のイヤホンは、現在最も主流のイヤホンと言われています。耳の奥まで差し込めるため、音漏れが少なく遮音性も高いです。耳の奥まで音を伝えられ、音質も良いと評判になっています。

長時間使っても疲れにくいイヤホンがほしい方は「インナーイヤー型」がおすすめ

耳にかぶせ浅く装着するタイプが「インナーイヤー型」です。iPhoneの純正イヤホンもこのタイプです。耳の上に乗せるため不快感を感じにくく長時間使用しても疲れにくい特徴があります。フィット感が欲しい方は別売りのカバーを装着することも可能です。

専用アプリの有無で選ぶ

専用アプリのあるモデルなら、スマホを使用して自由にカスタマイズ可能なので便利です。ノイズキャンセリングのレベルを調節したり、イコライザーで音質を変えたりでき、多彩な商品が販売されています。

付属アクセサリーが充実しているかチェック

ノイズキャンセリング機能のあるイヤホンは、付属アクセサリーが製品によって違います。数種類のイヤーピースが付いているモデルや、収納できる専用ケースが同梱された製品もあり、付属品は高価なモデルほど充実している傾向です。

メーカーで選ぶ

イヤホンのメーカーにはこだわりがある方も多いです。有名メーカーも数多くあり、それぞれ特徴があるので選ぶ基準にしてみてください。

最強の騒音遮断機能を求めるなら「BOSE(ボーズ)」がおすすめ

「BOSE(ボーズ)」はイヤホンに収音用マイクを搭載し、相殺音波で周囲の騒音を打ち消す技術を世界で初めて開発しました。騒音低減能力のモデルは業界最高ともいわれているため、ノイズキャンセリング機能に特化したモデルがほしい方におすすめです。

騒音を可能な限り低減したい方は「SONY(ソニー)」がおすすめ

「SONY(ソニー)」は高音質・高機能で、使用状況に応じてセンサーを活用した騒音低減を行ってくれる機能が特徴的。ハイレゾ機能にも特化しており、機能性だけでなく音質にもこだわりがある方におすすめです。

コスパが良くて安いイヤホンやヘッドホンなら「Pioneer(パイオニア)」がおすすめ

「Pioneer(パイオニア)」はもともとスピーカーから始まったメーカーということもあり、ヘッドホンやイヤホンの品質も高く、コストパフォーマンスも高いので学生でも気軽に安い商品を選べる大手メーカーです。

iPhone使用者なら「Apple(アップル)」がおすすめ

「Apple(アップル)」はiPhoneやMacbookでも有名な世界的メーカーです。Airpodsもかなり人気が高く、発売日には多くの人がアップルストアに並びます。特にAirpods Proはノイズキャンセリング機能に優れており、大人気の商品です。

ウルトラノイズキャンセリングが気になるなら「ANKER(アンカー)」がおすすめ

「ANKER(アンカー)」は独自技術のウルトラノイズキャンセリングが魅力です。屋外・交通機関・屋内それぞれのモードを選べます。またスマートフォンのアプリを使用してカスタマイズも可能です。

 

周囲の音が聞きたいときに聞ける設計を搭載していたり、ワイヤレス充電などにも対応していて便利な商品を展開しています。

有線ノイズキャンセリングイヤホン人気おすすめランキング3選

3位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

カナル型イヤホン ATH-ANC23 BK

価格: 6,980円(税込)

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飛行機での使用におすすめ

人気オーディオ機器メーカー「オーディオテクニカ」の有線タイプノイズキャンセリングイヤホン。ノイズリダクションをオンにすることでノイズキャンセリング機能が働き、電源が切れても通常のイヤホンとして使用可能です。

 

飛行機用のプラグや持ち運びしやすい収納袋も付属していて、機内での使用にも向いています。遮音能力はやや低いものの、価格もお手頃なので初めてノイズキャンセリングイヤホンを購入する方におすすめの商品です。

接続方法 有線 連続再生時間 60時間
重量 26g 防水機能

口コミを紹介

飛行機に乗る際に使う為に購入しました。飛行中の雑音がピタッとなくなり、とても快適に音を聞く事ができます。機内オーディオを聞く際にも、座席の穴に取り付けることができるアダプターが付属されているので、便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

パイオニア(Pioneer)

RAYZ Lightning-Powered SE-LTC7RB-B

価格: 15,351円(税込)

楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマホに直結できて使いやすい

付属ケーブルを使うことでiPhoneやAndroidスマートフォンにイヤホンを直結することが可能です。ケーブル経由で電源供給が行われ、バッテリーが切れる心配もありません。

 

手元でさまざまな操作ができる便利なコントローラーが付属しています。また発話中はマイクをオンにし、相手が話している間は自動でマイクをミュートするなど、騒がしい場所での通話にも向いているイヤホンとしておすすめです。

接続方法 有線 連続再生時間
重量 5g 防水機能

口コミを紹介

ノイズキャンセルは程々でアナウンスは聞こえます。良い点はiPhoneから給電で充電不要です、アプリのイコライザーで周波数によるレベル調整が便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

BOSE(ボーズ)

QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones

価格: 29,700円(税込)

楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高音質で装着感もいい高機能な有線タイプ

有線接続で機能性の高い製品を探している人に、おすすめのBOSEのイヤホンです。BOSEならではのノイズキャンセリング機能の高さと音質の良さが、評判になっています。

 

イヤホン部分には角のような形をしたイヤーチップが付いていて、このチップが耳に優しくフィットし、長時間付けていても耳が痛くなりにくいです。連続再生時間も16時間と長く、長時間のフライトにもおすすめのイヤホン。

接続方法 有線 連続再生時間 16時間
重量 44g 防水機能

口コミを紹介

ノイズキャンセリング機能に関してはびっくりするぐらい周囲の雑音が聞こえなくなります。音質も期待以上でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

有線ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 接続方法 連続再生時間 重量 防水機能
1
アイテムID:8686169の画像
QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones 29,700円

詳細を見る

高音質で装着感もいい高機能な有線タイプ

有線 16時間 44g
2
アイテムID:8686166の画像
RAYZ Lightning-Powered SE-LTC7RB-B 15,351円

詳細を見る

スマホに直結できて使いやすい

有線 5g
3
アイテムID:8686163の画像
カナル型イヤホン ATH-ANC23 BK 6,980円

詳細を見る

飛行機での使用におすすめ

有線 60時間 26g

無線ノイズキャンセリングイヤホン人気おすすめランキング12選

12位

SoftBank SELECTION

GLIDiC Sound Air WS-7000NC

価格: 3,890円(税込)

楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れた安いノイズキャンセリングイヤホン

リーズナブルな価格でありながら、周囲の騒音を約94%低減してくれるコストパフォーマンスに優れたノイズキャンセリングイヤホンです。本体はクリップになっているので洋服に留めて固定して使うこともできます。

 

イヤーピースには装着感のいい低反発ウレタン素材の「Comply」を採用しており、イヤホン自体の遮音性も高いのが特徴。満員電車でスマホを取り出す必要もなく、通勤や通学にぴったりのイヤホンです。

接続方法 無線(Bluetooth4.0) 連続再生時間 9時間
重量 280g 防水機能

口コミを紹介

この値段でこの完成度は他じゃできないglidicにしかできないと思います。ワイヤレスとancが欲しい方にはとてもおすすめできる素晴らしい商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

AKG

ノイズキャンセリング インイヤーヘッドホン

価格: 18,340円(税込)

楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1回の充電で12時間連続再生可能

優れた騒音低減機能を備えたソフトネックバンドタイプのノイズキャンセリングイヤホンです。高性能なリチウムイオンバッテリーを内蔵しており、ノイズキャンセリング機能使用時で最大約16時間連続で使用できます。

 

人間工学に基づいてデザインされたソフトネックバンドにより、長時間着用しても疲れにくいのが魅力。ケーブルが衣服に重ならないので、摩擦ノイズも軽減します。

接続方法 無線(Bluetooth4.2) 連続再生時間 Bluetooth使用時:最大約12時間・ノイズキャンセリングのみ使用時:最大約16時間
重量 277g 防水機能

口コミを紹介

音質、使い勝手、バッテリーの持ちはよいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

JBL

ノイズキャンセリングイヤホン EVEREST ELITE 100

価格: 4,900円(税込)

楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノイズキャンセリングレベルを自由に調節可能

世界的オーディオメーカーJBLのノイズキャンセリング機能が搭載されたBluetooth4.0対応イヤホン。JBL独自開発の13.5mm径ドライバーにより、低音域から中高音域まで高音質なサウンドが楽しめます

 

最大6時間再生可能で、充電はパソコンのUSBコネクタで手軽に行えます。ノイズキャンセリングの強さはアプリで調節することも可能なので、使用シーンに応じて使い分けることもでき便利です。

接続方法 無線(Bluetooth4.0) 連続再生時間 最大約6時間
重量 40g 防水機能

口コミを紹介

再生開始や次の曲へジャンプするのも、ネックバンドにあるスイッチで簡単に出来ます。NCも十分な効き具合で、音質も個人的は文句はありません。本当に買って良かったと思っています。一度ワイヤレスの経験をしてしまうと、もう有線接続には戻れないですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ソニー(SONY)

ノイズキャンセリングイヤホン WI-C600N

価格: 14,739円(税込)

楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

気軽に装着できる高音質なネックバンド型イヤホン

シリコン製のネックバンドを採用したソニーのノイズキャンセリングイヤホンです。最新のノイズキャンセリング機能を搭載しています。周囲の音を分析し3つのモードから最適モードに切り替えてくれる「AIノイズキャンセリング」対応です。

 

電車内や街中などの騒がしい場所でも快適に音楽を楽しむことができます。音質も良く聞き疲れがしにくいナチュラルなサウンドが特徴。重さは34gと軽量で疲れにくく、音楽を聴かない時は首から下げておけるネックバンド式です。

接続方法 無線(Bluetooth) 連続再生時間 最大6.5時間
重量 約34g 防水機能

口コミを紹介

Bluetoothがここまで快適かと感動しました。ノイズキャンセリングは最初は効果が薄く感じましたが、耳をしっかり密閉するようにイヤーピースのサイズを変えたらとても良くなりました。テレビの音もほぼ聴こえなくなるくらいまでノイズカットしてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

JVCケンウッド

ワイヤレスイヤホン XE-M10BT

価格: 17,680円(税込)

楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音楽を聴きながら周囲の音も聴けるノイキャンイヤホン

ノイズキャンセリング機能に加え「周囲音取り込み機能」が搭載されているのが大きな特徴で、イヤホンで音楽を聴きながら周囲の音もダイレクトに聴くことが可能です。イヤホンで音を鳴らしながら隣の人と会話もできます

 

また楽器を演奏する人であれば、聴いている音楽に自分の演奏する楽器音を取り込み、歌手とセッションしているような体験をすることも可能です。

接続方法 無線(Bluetooth4.1) 連続再生時間 約7時間
重量 90g 防水機能

口コミを紹介

他の方も書いてるようにまずノイズキャンセリングがかなり優秀です。
そして周囲音取り込み機能もばっちりなので、人通りの多い場所なども音楽を楽しめます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ソニー(SONY)

ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-NWBT20N

価格: 6,000円(税込)

楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

入門用にぴったりなSONYのワイヤレスイヤホン

ソニー独自のデジタルノイズキャンセリング機能を搭載した、リーズナブルな製品です。ノイズキャンセリングのレベルはとても高く、周りの騒音を最大98%カットしてくれます。

 

エントリーモデルということで音質に関しては上位モデルよりも劣りますが、ノイズキャンセリング機能や使いやすさなどイヤホンとしてのコストパフォーマンスは非常に高いです。

接続方法 無線(Bluetooth) 連続再生時間 8時間
重量 117.94 防水機能

口コミを紹介

イヤホンは外でしか使わないので、それほど高音質でなくてもいいのではないかと思っています。ノイズキャンセルは全く無音にはなりませんが、これを付けてノイズキャンセルをON/OFFすると結構な効果があることを感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ソニー(SONY)

完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP700N BM

価格: 8,480円(税込)

楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水仕様のスポーツ向きイヤホン

左右独立型を採用している完全ワイヤレスタイプのノイズキャンセリングイヤホンです。デジタルノイズキャンセリング機能に加え、外音取り込み機能も搭載しています。イヤホンのボタンを押すだけで外音取り込み機能に切り替え可能です。

 

イヤホン本体はIPX4対応の防滴性能を持っていて、雨や汗に濡れても壊れる心配もありません。スポーツでの使用をテーマに掲げているということもあり、激しく動いても耳から外れにくいのも特徴です。

接続方法 無線(Bluetooth4.1) 連続再生時間 最大約3時間
重量 約7.6g 防水機能 IPX4(防滴対応)

口コミを紹介

通勤時とウェイトトレーニング時に使用。コードの絡まりや収納の煩わしさが無いのが一番気に入っているところ!前は安物をしていたが、あまり音の品質が良くなかった。これを使い始めたら、もう安物には戻れませんね!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ソニー(SONY)

ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X

価格: 25,000円(税込)

楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノイズキャンセリング性能は業界最高クラス

ソニーの最先端の技術を搭載した、業界トップクラスの性能を誇るノイズキャンセリングイヤホンです。周囲の騒音を把握して自動でモードを切り替える機能も搭載しているので、常に静かな状態でリスニングを楽しむことができます。

 

ワンタッチで外部の音も聴くことができるアンビエントサウンド(外音取り込み)機能も付いており、音楽を聴きながらアナウンスの声も聴きたいときに便利。音質の高さも特徴で、ハイレゾ音源を再生することも可能です。

接続方法 無線(Bluetooth) 連続再生時間 最大約10時間
重量 約71g 防水機能

口コミを紹介

衝撃的な完成度でした。ノイズキャンセリング、音質、バッテリーの持ち、有線接続可等など欠点が見当たりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

BOSE(ボーズ)

ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン QuietControl 30

価格: 33,320円(税込)

楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノイズキャンセリングレベルを調整できるBoseの最上級モデル

Boseが販売しているノイズキャンセリングイヤホンのハイエンドモデル。特徴は高いノイズキャンセリング性能と、シチュエーションに応じてノイズキャンセリングのレベルを調整できる点です。

 

レベルを調整すれば、周りの音も聞こえつつ音楽も聞くことができる状態を保つことができます。ネックバンドは人間工学に基づいて作られているため、長時間装着していても疲れにくいです。

接続方法 無線(Bluetooth) 連続再生時間 10時間
重量 65g 防水機能

口コミを紹介

音はもちろん、ノイズ・キャンセリング機能が素晴らしい。電車の中でも、ボリュームを上げずにラジオを聴くことができるので、耳に優しいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Anker

Anker Soundcore Life P3

楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

Bluetooth5.0対応の完全ワイヤレスイヤホン

Amazon売れ筋ランキング1位・イヤホンおよびヘッドホンカテゴリでベストセラーを獲得したAnkerの完全ワイヤレスイヤホン。交通機関・屋内・屋外など環境に合わせたノイズキャンセリングモードを選択可能です。

 

ノイズリダクション機能搭載マイクにより、電話の相手にクリアな音声を伝えてくれます。本体は5色から選べます。防水機能・連続再生時間の長さも魅力です。

接続方法 無線(Bluetooth5.0) 連続再生時間 イヤホン本体のみ:最大7時間・充電ケース使用時:最大35時間
重量 約60g(充電ケース含む)・約5.2g(イヤホン本体 片耳) 防水機能 IPX5

口コミを紹介

期待のノイズキャンセル機能ですが、価格帯を超える性能で十分満足いくレベルでした。ヒスノイズも少なくて静かな部屋でも快適に使えるレベルなのが嬉しい!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ソニー(SONY)

ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

価格: 21,400円(税込)

楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

左右独立型の高性能ワイヤレスイヤホン

SONYが販売している完全ワイヤレスのノイズキャンセリングイヤホン。左右分離のワイヤレスなので、ケーブルのわずらわしさから完全に開放され外でも使いやすいです。耳の3点で支える構造のため、高い密閉性を実現。

 

使いやすいだけでなく音質も評判で、完全ワイヤレスでありながらハイレゾ相当の高音質を楽しむことができます。連続再生時間は6時間+充電3回分なので最大24時間です。10分充電で90分再生可能な急速充電も魅力です。

接続方法 無線(Bluetooth) 連続再生時間 6時間(+3回分で最大24時間)
重量 約8.5g(片側) 防水機能

口コミを紹介

音が途切れることが全くありません。最初は耳にフィットしませんでしたがアタッチメントを交換したらドンピシャでした。音質もノイズキャンセリングのレベルも歴代最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Bose

QuietComfort Earbuds 完全ワイヤレスイヤホン

価格: 29,000円(税込)

楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

画期的な音響をデザインした最強のイヤホン

コンパクトサイズのBluetoothワイヤレスイヤホンで、画期的な音響イノベーションによってデザインされています。クリアなオーディオに加えて、深みがある豊かな低音を実現可能です。

 

普段は聞き逃す細かな音も、逃すことなく楽しめます。音楽以外にも、ポッドキャストやビデオ通話といった、様々な用途における最強のリスニング体験を実現しました。

接続方法 無線(Bluetooth) 連続再生時間 イヤホン本体:6時間・イヤホン+充電ケース:12時間
重量 8.5g 防水機能 IPX4相当(防滴対応)

口コミを紹介

ハイ上がり気味のキンキンした音でないのにもかかわらず、倍音みが豊かである。特に、ギターやピアノは粒だった感じと余韻が感じられる。そうした伴奏に埋もれることなく、ボーカルは際立っており、非常に立体感、臨場感のある音となっている。

出典:https://www.amazon.co.jp

無線ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 接続方法 連続再生時間 重量 防水機能
1
アイテムID:8686174の画像
QuietComfort Earbuds 完全ワイヤレスイヤホン 29,000円

詳細を見る

画期的な音響をデザインした最強のイヤホン

無線(Bluetooth) イヤホン本体:6時間・イヤホン+充電ケース:12時間 8.5g IPX4相当(防滴対応)
2
アイテムID:8686207の画像
ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 21,400円

詳細を見る

左右独立型の高性能ワイヤレスイヤホン

無線(Bluetooth) 6時間(+3回分で最大24時間) 約8.5g(片側)
3
アイテムID:8686204の画像
Anker Soundcore Life P3 8,990円

詳細を見る

Bluetooth5.0対応の完全ワイヤレスイヤホン

無線(Bluetooth5.0) イヤホン本体のみ:最大7時間・充電ケース使用時:最大35時間 約60g(充電ケース含む)・約5.2g(イヤホン本体 片耳) IPX5
4
アイテムID:8686201の画像
ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン QuietControl 30 33,320円

詳細を見る

ノイズキャンセリングレベルを調整できるBoseの最上級モデル

無線(Bluetooth) 10時間 65g
5
アイテムID:8686198の画像
ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X 25,000円

詳細を見る

ノイズキャンセリング性能は業界最高クラス

無線(Bluetooth) 最大約10時間 約71g
6
アイテムID:8686195の画像
完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP700N BM 8,480円

詳細を見る

防水仕様のスポーツ向きイヤホン

無線(Bluetooth4.1) 最大約3時間 約7.6g IPX4(防滴対応)
7
アイテムID:8686192の画像
ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-NWBT20N 6,000円

詳細を見る

入門用にぴったりなSONYのワイヤレスイヤホン

無線(Bluetooth) 8時間 117.94
8
アイテムID:8686189の画像
ワイヤレスイヤホン XE-M10BT 17,680円

詳細を見る

音楽を聴きながら周囲の音も聴けるノイキャンイヤホン

無線(Bluetooth4.1) 約7時間 90g
9
アイテムID:8686186の画像
ノイズキャンセリングイヤホン WI-C600N 14,739円

詳細を見る

気軽に装着できる高音質なネックバンド型イヤホン

無線(Bluetooth) 最大6.5時間 約34g
10
アイテムID:8686183の画像
ノイズキャンセリングイヤホン EVEREST ELITE 100 4,900円

詳細を見る

ノイズキャンセリングレベルを自由に調節可能

無線(Bluetooth4.0) 最大約6時間 40g
11
アイテムID:8686180の画像
ノイズキャンセリング インイヤーヘッドホン 18,340円

詳細を見る

1回の充電で12時間連続再生可能

無線(Bluetooth4.2) Bluetooth使用時:最大約12時間・ノイズキャンセリングのみ使用時:最大約16時間 277g
12
アイテムID:8686177の画像
GLIDiC Sound Air WS-7000NC 3,890円

詳細を見る

コスパに優れた安いノイズキャンセリングイヤホン

無線(Bluetooth4.0) 9時間 280g

ノイズキャンセリングイヤホンの仕組みとは?

ノイズキャンセリングイヤホンの仕組みは、音が音波として空中に広がり耳に伝わりますが、正反対の周波の音がぶつかるとかき消されてしまう性質にあります。マイクで拾った周囲の雑音の波形を上下逆にして送り返しているため、イヤホン内の雑音をカット可能です。

 

以下の記事ではイヤホンの人気おすすめランキング20選・有線イヤホンの人気おすすめランキング21選・ブルートゥースイヤホンの人気おすすめランキング25選をご紹介しているので、ぜひあわせてご覧ください。

最強モデルはBOSEのQuiet Comfort earbuds!

どうせノイズキャンセリングイヤホンを購入するなら、最強と名高いモデルを選びたいです。さまざまなメーカーが発売する中、最強といわれているのはBOSEのQuiet Comfort earbudsというモデル。

 

Quiet Comfort earbudsは完全ワイヤレスタイプで、耳へのフィット感が強いタイプです。室内外・騒音の種類を問わず抑えてくれると口コミでも評判。このモデルでも騒音が気になるのであれば、もうヘッドホンしかないといわれるほどです。

 

口コミでは「連続使用時間が短い・サイズが大きすぎる・スマートフォンアプリがないと細かい調整ができない」などのデメリットもあるといわれています。それらを差し引いてもあまりあるメリットが得られると人気があるモデルです。

ノイズキャンセル機能は発達障害の聴覚過敏対策に最適

発達障害の方の中には、特定の周囲の音が聞こえて嫌悪感を感じる聴覚過敏に困っている方もいます。ノイズキャンセリングイヤホンは発達障害の聴覚過敏を対策するために、最適な方法です。

ノイズキャンセリングイヤホンは耳栓の代わりにできる

ノイズキャンセリングイヤホンはその性質から、耳栓の代わりとしても利用できます。特にワイヤレスタイプであれば使いやすいですし、音楽を聴かないときにも使えます。周囲の音が気になるときに使ってみたいです。

 

しかし、音楽を聴いているときには聞こえないサーというホワイトノイズが発生するため、気になる方もいるかもしれません。耳栓代わりにす際はノイズが発生することを知っておいてください。

ノイズキャンセリングイヤホンが耳に悪い影響を及ぼすことはない

ノイズキャンセリングイヤホンが、耳に悪い影響を及ぼすことはほぼありません。周囲の音が気にならなくなり、音量を上げる必要が減るため、むしろ耳への負担が軽くなるくらいです。

 

以下の記事では完全ワイヤレスイヤホン人気おすすめランキング23選・コードレスイヤホンの人気おすすめランキング20選・イヤホンメーカーの人気おすすめランキング17選をご紹介しているので、ぜひあわせてご覧ください。

まとめ

ノイズキャンセリングイヤホンの人気おすすめランキングと選び方についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。ランキングや選び方を参考に、自分にぴったりのノイズキャンセリングイヤホンをぜひ見つけてみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年11月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

イヤホンメーカーの人気おすすめランキング17選【厳選の高機能・高音質モデル】

イヤホンメーカーの人気おすすめランキング17選【厳選の高機能・高音質モデル】

イヤホン・ヘッドホン
【最強はどれ?】片耳イヤホンのおすすめ人気ランキング20選【ハンズフリーで快適に】

【最強はどれ?】片耳イヤホンのおすすめ人気ランキング20選【ハンズフリーで快適に】

イヤホン・ヘッドホン
バイノーラルイヤホンの人気おすすめランキング15選【立体音響で耳舐め】

バイノーラルイヤホンの人気おすすめランキング15選【立体音響で耳舐め】

イヤホン・ヘッドホン
Bluetoothトランスミッターのおすすめ人気ランキング15選【遅延なしや充電不要のものも】

Bluetoothトランスミッターのおすすめ人気ランキング15選【遅延なしや充電不要のものも】

カー用品
耳掛けヘッドホンのおすすめ人気ランキング15選【ワイヤレスも紹介!】

耳掛けヘッドホンのおすすめ人気ランキング15選【ワイヤレスも紹介!】

イヤホン・ヘッドホン
ASMRイヤホンのおすすめ人気ランキング15選【ハイレゾ、ノイズキャンセリングなど】

ASMRイヤホンのおすすめ人気ランキング15選【ハイレゾ、ノイズキャンセリングなど】

イヤホン・ヘッドホン