【最強】ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ人気ランキング18選【有線も!】

周囲の雑音を低減し、快適に音楽を楽しめるノイズキャンセリングイヤホン。価格帯も安いものから幅広く、有線・ワイヤレスなど形も様々で選ぶのが難しいですよね。そこで今回は、ノイズキャンセリングイヤホンの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。是非参考にしてください。

静かな空間で音楽を楽しめる最強のノイズキャンセリングイヤホン

ノイズキャンセリングイヤホンとは、周囲の騒音だけを遮断して静かな空間で音楽を楽しめる最強のアイテムです。周囲の雑音が気になる場所でも快適にイヤホンを使えるので、音楽ファンにとってはノイズキャンセル機能が大人気です。

 

実はノイズキャンセル機能には、音を遮断するパッシブ型と、音を取り込んで信号処理して遮音性を高めるアクティブ型の2種類があるのです。また、ソニーやボーズなどのメーカーから、有線・無線のタイプなど数多く販売されているので、選ぶのが難しくなっています。

 

そこで今回はノイズキャンセリングイヤホンの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは価格・音質・使いやすさを基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

有線ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ

1位

BOSE(ボーズ)

QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones

高音質で装着感もいい高機能な有線タイプ

有線接続で、機能性の高い製品を探している方におすすめのBOSEのイヤホンです。BOSEならではの、ノイズキャンセリング機能の高さと音質の良さが評判になっています。

 

イヤホン部分には角のような形をしたイヤーチップが付いていて、このチップが耳に優しくフィットし、長時間付けていても耳が痛くなりにくいです。連続再生時間も16時間と長く、長時間のフライトにも対応できます。

接続方法 有線 連続再生時間 16時間
重量 44g 防水機能

無線ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ

1位

Bose

QuietComfort Earbuds 完全ワイヤレスイヤホン

画期的な音響をデザインした最強のイヤホン

コンパクトサイズのBluetoothワイヤレスイヤホンで、画期的な音響イノベーションによってデザインされています。クリアなオーディオに加えて、深みがある豊かな低音が魅力です。

 

普段は聞き逃す細かな音も、逃さず聞き取れる音域の広さも特徴の一つです。音楽以外にも、ポッドキャストやビデオ通話といった、さまざまな用途における最強のリスニング体験を楽しめます。

接続方法 無線(Bluetooth) 連続再生時間 イヤホン本体:6時間・イヤホン+充電ケース:12時間
重量 8.5g 防水機能 IPX4相当(防滴対応)

ノイズキャンセリングイヤホンの選び方

ノイズキャンセリングイヤホンの選び方には、ノイズ遮音性能やバッテリー性能などチェックしておきたいポイントがいくつかあります。それぞれのポイントについてご紹介します。

遮音性の高さで選ぶ

ノイズキャンセリングイヤホンの遮音性が低いと、音楽に集中できないばかりか周囲にも迷惑をかけてしまいます。ここでは2種類の代表的な遮音方法をご紹介します。

耳へのノイズ混入を防ぐなら「パッシブノイズキャンセリング」がおすすめ

パッシブノイズキャンセリングは、イヤホンの形状や素材を耳の形に合わせるように作られていて、耳へのノイズ混入を防ぐ特徴があります。耳を塞ぐように作られているので、密着しやすくてずり落ちづらく、ランニングなどのスポーツをするのにもピッタリです。

高精度のノイズカット能力がほしい方は「アクティブノイズキャンセリング」がおすすめ

アクティブノイズキャンセリングは、周囲の音をマイクで取り込み、その逆位相の音で雑音を打ち消して遮音性を高める方法です。パッシブノイズキャンセリングだけでは除去できないノイズもカットしてくれるので、周りの騒音が激しい環境でも快適に音楽を楽しめます。

周囲の必要な音を取り込みたいなら「ヒアスルー機能」がおすすめ

遮音性が高いイヤホンは音楽を聞いたり、周りの不快な音をシャットアウトするには大変優秀です。しかしノイズキャンセリング効果が高すぎると、周りの声や車の走行音が聞こえなくなってしまい、危険な場合もあります

 

また、会議などのシーンでは、周りの音声も聴きながら使用したいものです。そんな場合や、歩行時などにも役に立つのが、ヒアスルー機能です。外音取り込みのボリュームを調整できるものもあるのでチェックしてみてください。

残留ノイズを避けたい方は「フィードバック方式」がおすすめ

残留ノイズとは、音楽を再生させない状態で聞こえる音です。フィードバック方式は、デバイスの耳に近い位置にマイクを配置して集音し、ノイズの逆位相の音を再生します。これにより、音楽を再生していない状態の残留ノイズが軽減されます。

 

通常、フォワードマイクで外音のノイズを打ち消し、さらにフィードバックマイクで集音した残留ノイズを最終段で打ち消す仕組みのハイブリッド方式を採用したものが多いです。マイクの数や機能が増えるので、価格の高いイヤホンに多く搭載されています。

音質を重視する方は「ハイレゾ対応」がおすすめ

ハイレゾとは、CDの約6.5倍の情報量を持つ音源で、アーティストの息づかいやライブの空気感まで感じられる高音質が特徴です。音質を重視する方は「ハイレゾ対応」のものや「ハイレゾ相当の高音質」など、音質の良さをアピールしているイヤホンをおすすめします。

 

高価なモデルほど音質も高くなるケースがほとんどですが、中にはリーズナブルでありながら高音質のモデルもあります。普段聞く音楽に合わせて選ぶのもおすすめです。

バッテリー性能で選ぶ

ノイズキャンセリングイヤホンは充電式のバッテリーを利用するものが多いです。ここでは、連続再生時間や急速充電の紹介をしますので、参考にしてください。

音楽や通話を長時間楽しみたい方は「連続再生時間が長い」ものがおすすめ

フル充電してからバッテリーが持続する連続再生時間は商品によりさまざまです。バッテリーのもちは値段には左右されず、高価なものでも連続再生時間の短いものもあります。逆に安いものであっても、連続再生時間が長いものもあるのでチェックしておきましょう。

 

アウトドアなどで音楽や通話を長時間楽しみたい方は、連続再生時間の長いイヤホンがおすすめです。また、ノイズキャンセリング機能を使うかどうかで連続再生時間も変わってきますので、チェックしておいてください。

使用頻度の高い方には「急速充電タイプ」がおすすめ

バッテリーをフル充電させるためにかかる時間も商品によってさまざまです。充電時間が短いほど利便性も高いですが、中には急速充電機能が付いているものもあります。10分ほどの充電で1時間以上音楽を再生できるので、使用頻度の高い方にはとても便利です

イヤホンの形で選ぶ

イヤホンの方の形には、カナル型とインナーイヤー型があります。それぞれ特徴を紹介しますので、ご自身のニーズに合わせて選んでみてください。

周りを気にせず音楽を楽しみたいなら「カナル型」がおすすめ

カナル型は耳栓のような形状で、耳の中に入れて装着するタイプです。現在最も主流のイヤホンで、耳の奥まで差し込めるため音漏れが少なく遮音性も高いです。周りを気にせず静かに好きな音楽を聞きたい方には、カナル型をおすすめします。

音の空間表現を楽しみたいなら「インナーイヤー型」がおすすめ

耳にかぶせ浅く装着するタイプがインナーイヤー型です。耳の上に乗せるため、圧迫感が少なく長時間使用しても疲れにくい特徴があります。空間表現に優れているタイプなので、スピーカーのように音の持つ特有の雰囲気を楽しみたい方におすすめです。

 

なお、周りの音が聞こえ、音漏れしてしまう場合もあるので電車内などでは音量に気をつけて使ってください。

シーンに合った便利な機能で選ぶ

ノイズキャンセリングイヤホンには、キャンセルレベルの調節や防水など便利な機能が搭載されたものもあります。ここでは、使うシーンに合った便利な機能を紹介します。

周囲の状況に対応しながら使うなら「ノイズキャンセル調整機能」がおすすめ

ノイズキャンセル調整機能は、会話をしながら通話したり、不意のアナウンスへの対応が出来たりなど、周囲の状況に合わせ変更ができてとても便利です。最近は自動でノイズキャンセルレベルを選択してくれるものも増えてきています。

アウトドアで使用するなら「防水機能」がおすすめ

ノイズキャンセリングイヤホンの中には、防水機能が搭載されているモデルもあります。急な雨でも故障する心配がなく、運動していて汗をかいても問題ありません。アウトドアで使用するなら、防水機能付きがおすすめです。

 

以下の記事では防水イヤホンの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

通勤・通学で使うなら「ワイヤレス接続機能」がおすすめ

通勤や通学など移動メインで、ノイズキャンセリングイヤホンを使う方が多くいます。その場合には、ワイヤレス接続機能のあるイヤホンがとても便利です。左右が完全に分離したタイプなので、左右を繋ぐケーブルがないので満員電車でも邪魔にならずに使えます。

飛行機内で使いたい方は「有線接続機能」がおすすめ

飛行機内でノイズキャンセリングイヤホンを使いたい方には有線接続機能をおすすめします。飛行機内は電波を飛ばすスマートフォンやノートパソコンは基本的に使用禁止です。Bluetoothでイヤホンを接続する仕組みのワイヤレスタイプも例外ではありません。

 

使用できる飛行機はありますが、たまたま乗った飛行機内では使用禁止なんてこともあるので、制限のない有線接続機能のあるイヤホンをおすすめします。

オンライン会議や通話に使うなら「マイク付き」がおすすめ

外部の音を遮断しながら、通話や会話を楽しみたい方は「マイク付き」がおすすめです。相手の声をしっかり聞き取れるだけでなく、マイクが口元にあると相手にも明瞭に伝えられます。ハンズフリーで会話を楽しめるので、運転中にも使用可能です。

イヤホンをより便利に使うなら「付属アクセサリー」もチェック

ノイズキャンセリング機能のあるイヤホンは、付属アクセサリーが製品によって違います。数種類のイヤーピースが付いている製品や、収納ケースでスマホが充電できる製品もあり、イヤホンをより便利に使うなら付属アクセサリーもチェックしておいてください。

接続方法で選ぶ

ノイズキャンセリングイヤホンには有線タイプとBluetooth規格によるワイヤレスタイプの2種類があります。それぞれの特徴を知り、使用シーンや目的に応じて選んでください。

ゲームに使用するなら音の遅延がない「有線タイプ」がおすすめ

最もベーシックなタイプがこの有線タイプのイヤホンです。ノイズキャンセリングイヤホンでも比較的安いものが多いですが、音質に優れていたり音の遅延が少ないのが特徴です。ゲームでは、映像と音がズレにくいのでゲーマーに人気があります。

 

今ではコンビニやドラッグストアなどでも販売しており手軽に手に入れられます。できるだけお金をかけずに高音質を楽しみたい方は有線タイプがおすすめです。

ケーブルがわずらわしいなら「無線タイプ」がおすすめ

普通のイヤホンと同じようにノイズキャンセリングイヤホンもBluetooth対応の無線タイプが増えてきています。ケーブルのわずらわしさから解放されると人気ですが、最近特に人気が高いのがケーブルが一切ない完全ワイヤレスタイプです。

 

完全ワイヤレスタイプは落としやすいデメリットがあるので、心配な方は左右が繋がったネックバンド型がおすすめです。また、ワイヤレスタイプは音のズレや音質が低い場合もあります。音質や装着感など用途に合わせ、自分に合ったものを選んでください。

無線タイプを選ぶなら「Bluetoothバージョン」もチェック

Bluetoothバージョンはなるべく新しいものを選ぶと失敗が少ないです。現在、一番新しいものはバージョン5.3ですが、現在市場に出回っているものでは、4.0~5.3まであります。音飛びや遅延が少なく、快適なリスニングを期待するならBluetooth5.1以上がおすすめです。

 

なお、Bluetoothは古いバージョンに合わせ込まれるので、装置側が古いバージョンなら、バージョンの新しいイヤホンを選んでも意味がないので、装置側のBluetoothバージョンも確認しておきましょう。

使用したい端末で対応コーデックを選ぶ

イヤホンを選ぶ際は、接続する端末に合うかどうかが重要です。無線接続では対応コーデックで音質や音の遅延が変わるので、使用したい端末に合わせて選んでください。

iPhoneで使うなら「AACコーデック対応」がおすすめ

無線タイプでは主にAACコーデックが対応していて、iPhoneと相性がいいイヤホンです。AACは、データの遅延が少なく、MP3よりも圧縮性能が高い音源で、高音質で音楽を楽しめます。iPhoneで使うならAACコーデック対応のイヤホンをおすすめです。

 

なお、有線タイプの場合、iPhone7以前のものはイヤホンジャック対応ですが、7以降は廃止されていて、Lightning端子タイプを選んでください

Androidで使うなら「aptXコーデック対応」がおすすめ

無線タイプはAndroidで主に使用されているaptXや、他のさまざまな機種にも対応してるSBCがおすすめです。特にaptXは、iPhone対応のAACやSBCより音質が高く動画がスムーズに見れ、音楽も高音質で楽しめます。

 

なお、有線タイプはAndroidもイヤホンジャックの有無がメーカーや端末によって異なるので、ご自身の端末を確認して変換アダプタなども活用して接続してください。

メーカーで選ぶ

イヤホンのメーカーにこだわりがある方も多いです。有名メーカーも数多くあり、それぞれに特徴があるので選ぶ基準にしてみてください。

最強の騒音遮断機能を求めるなら「BOSE(ボーズ)」がおすすめ

BOSE(ボーズ)は、イヤホンに収音用マイクを搭載し、相殺音波で周囲の騒音を打ち消す技術を世界で初めて開発したメーカーです。騒音低減能力のモデルは業界最高ともいわれているため、ノイズキャンセリング機能に特化したモデルがほしい方におすすめします。

静かな空間で高音質を楽しむなら「SONY(ソニー)」がおすすめ

SONY(ソニー)は、高音質・高機能で、使用状況に応じてセンサーを活用した騒音低減を行ってくれる機能が特徴のメーカーです。ハイレゾ機能にも特化しており、ノイズキャンセル機能だけでなく音質にもこだわりがある方におすすめします。

1万円以下でコスパの良いものなら「Pioneer(パイオニア)」がおすすめ

Pioneer(パイオニア)は、もともとスピーカーから始まったメーカーで、ヘッドホンやイヤホンの品質も高く、コスパの高い製品を多く取り扱っています。学生でも気軽に選べる1万円以下の安い商品が揃っている大手メーカーです。

人気抜群の遮音能力なら「Apple(アップル)」がおすすめ

Apple(アップル)は、iPhoneやMacbookでも有名な世界的メーカーです。Airpodsもかなり人気が高く、発売日には多くの方がアップルストアに並びます。特にAirpods Proはノイズキャンセリング機能に優れており、大人気の商品です。

使い勝手の良い機能を求めるなら「ANKER(アンカー)」がおすすめ

ANKER(アンカー)は、独自技術のウルトラノイズキャンセリングが魅力のメーカーです。屋外・交通機関・屋内それぞれのモードを選べます。またスマートフォンのアプリを使用して、遮音レベルを好みに応じてカスタマイズも可能です。

 

周囲の音が聞きたいときに聞ける機能を搭載していたり、ワイヤレス充電などにも対応していたりして、使い勝手の良い製品が豊富に揃っています。

好みにい応じてカスタマイズするなら「アプリ」もチェック

アプリのあるモデルなら、スマホを使用して自由にカスタマイズ可能なので便利です。ノイズキャンセリングのレベルを調整したり、イコライザーで音質を変えたりできる商品も販売されているのでチェックしてみてください。

有線ノイズキャンセリングイヤホン人気おすすめランキング3選

3位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

カナル型イヤホン ATH-ANC23 BK

飛行機での使用におすすめ!電源なしても聴けるイヤホン

こちらは、オーディオテクニカの有線タイプノイズキャンセリングイヤホンです。ノイズリダクションをオンにすればノイズキャンセリング機能が働き、電源が切れても通常のイヤホンとして使用できます。

 

飛行機用のプラグや持ち運びしやすい収納袋も付属していて、機内での使用にも向いています。遮音能力はやや低いものの、価格もお手頃なので初めてノイズキャンセリングイヤホンを購入する方におすすめの商品です。

接続方法 有線 連続再生時間 60時間
重量 26g 防水機能

口コミを紹介

ノイズキャンセリング機能は大変優秀です。スイッチを入れるだけで周りの雑音(ノイズ)がサ〜っと引いていくことに最初は驚くと思います。人の喋り声などは普通に聞こえますが、風切り音やエアコンのノイズが無くなるだけでも十分にその勝ちはあると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

パイオニア(Pioneer)

RAYZ Plus Lightning-Powered SE-LTC5R-S

iPhoneに直結可能!音楽を聴きながら充電もできる

付属ケーブルを使ってiPhoneやAndroidスマートフォンにイヤホンを直結できます。ケーブル経由で電源供給が行われ、音楽を聴きながら充電もできるのでバッテリーが切れる心配もありません。

 

手元でさまざまな操作ができる便利なコントローラーが付属しています。また発話中はマイクをオンにし、相手が話している間は自動でマイクをミュートするなど、騒がしい場所での通話にも向いているイヤホンとしておすすめです。

接続方法 有線 連続再生時間
重量 5g 防水機能

口コミを紹介

ノイスキャンセリング目当てで購入。飛行機内のノイズはかなり軽減してくれました。充電を気にする必要もないし、イヤホンとしても流石の音色。とても気に入っています

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

BOSE(ボーズ)

QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones

高音質で装着感もいい高機能な有線タイプ

有線接続で、機能性の高い製品を探している方におすすめのBOSEのイヤホンです。BOSEならではの、ノイズキャンセリング機能の高さと音質の良さが評判になっています。

 

イヤホン部分には角のような形をしたイヤーチップが付いていて、このチップが耳に優しくフィットし、長時間付けていても耳が痛くなりにくいです。連続再生時間も16時間と長く、長時間のフライトにも対応できます。

接続方法 有線 連続再生時間 16時間
重量 44g 防水機能

口コミを紹介

ノイズキャンセリング機能に関してはびっくりするぐらい周囲の雑音が聞こえなくなります。
音質も期待以上でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

有線ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 接続方法 連続再生時間 重量 防水機能
1
アイテムID:10705189の画像
QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

高音質で装着感もいい高機能な有線タイプ

有線 16時間 44g
2
アイテムID:10403015の画像
RAYZ Plus Lightning-Powered SE-LTC5R-S

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

iPhoneに直結可能!音楽を聴きながら充電もできる

有線 5g
3
アイテムID:10403012の画像
カナル型イヤホン ATH-ANC23 BK

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

飛行機での使用におすすめ!電源なしても聴けるイヤホン

有線 60時間 26g

無線ノイズキャンセリングイヤホン人気おすすめランキング15選

周囲の騒音を約94%低減できる高コスパイヤホン

リーズナブルな価格でありながら、周囲の騒音を約94%低減してくれるコスパに優れたノイズキャンセリングイヤホンです。本体はクリップになっているので洋服に留めて固定して使えます。

 

イヤーピースには装着感のいい低反発ウレタン素材のComplyを採用しており、イヤホン自体の遮音性も高いのが特徴で、通勤や通学にぴったりのイヤホンです。

接続方法 無線(Bluetooth4.0) 連続再生時間 9時間
重量 280g 防水機能

口コミを紹介

この値段でこの完成度は他じゃできないglidicにしかできないと思います。ワイヤレスとancが欲しい方にはとてもおすすめできる素晴らしい商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

JBL

ノイズキャンセリングイヤホン EVEREST ELITE 100

1万円以下の安いノイズキャンセリングイヤホンならこれ!

こちらは、1万円以下で購入できるJBLのノイズキャンセリングイヤホンです。JBL独自開発の13.5mm径ドライバーにより、低音域から中高音域まで高音質なサウンドが楽しめます。

 

最大6時間再生可能で、充電はパソコンのUSBコネクタで手軽に行えます。ノイズキャンセリングの強さはアプリで調節できるので、使用シーンに応じて使い分けられてとても便利です。

接続方法 無線(Bluetooth4.0) 連続再生時間 最大約6時間
重量 40g 防水機能

口コミを紹介

アプリでも調整でき、自分の気に入った音にできます。バッテリーも長持ちしてよいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ソニー(SONY)

ノイズキャンセリングイヤホン WI-C600N

気軽に装着できる高音質なネックバンド式

シリコン製のネックバンドを採用した、ソニーのノイズキャンセリングイヤホンです。周囲の音を分析し3つのモードから自動でモード切り替えできるAIノイズキャンセリング機能を搭載しています。

 

電車内や街中などの騒がしい場所でも、快適に音楽を楽しめます。音質も良く、聞き疲れがしにくいナチュラルなサウンドが特徴です。重さは34gと軽量で疲れにくく、ネックバンド式なので音楽を聴かないときは首から下げておけます。

接続方法 無線(Bluetooth) 連続再生時間 最大6.5時間
重量 約34g 防水機能

口コミを紹介

Bluetoothがここまで快適かと感動しました。ノイズキャンセリングは最初は効果が薄く感じましたが、耳をしっかり密閉するようにイヤーピースのサイズを変えたらとても良くなりました。テレビの音もほぼ聴こえなくなるくらいまでノイズカットしてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

音楽を聴きながら周囲の音も聴けるノイキャンイヤホン

ノイズキャンセリング機能に加え、周囲音取り込み機能が搭載されているのが大きな特徴です。イヤホンで音楽を聴きながら周囲の音もダイレクトに聞けます。音楽とまわりの音のミキシング量の調整も可能です。

 

また楽器を演奏する方であれば、聴いている音楽に自分の演奏する楽器音を取り込み、歌手とセッションしているような体験もできます。

接続方法 無線(Bluetooth4.1) 連続再生時間 約7時間
重量 90g 防水機能

口コミを紹介

他の方も書いてるようにまずノイズキャンセリングがかなり優秀です。
そして周囲音取り込み機能もばっちりなので、人通りの多い場所なども音楽を楽しめます。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ソニー(SONY)

ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-NWBT20N

入門用にぴったり!周りの騒音を最大98%カットできる

ソニー独自のデジタルノイズキャンセリング機能を搭載した、リーズナブルな製品です。ノイズキャンセリングのレベルはとても高く、周りの騒音を最大98%カットしてくれます。

 

エントリーモデルで音質に関しては上位モデルよりも劣りますが、ノイズキャンセリング機能が付いて、使いやすいイヤホンとしてのコストパフォーマンスは非常に高いです。

接続方法 無線(Bluetooth) 連続再生時間 8時間
重量 117.94 防水機能

口コミを紹介

今まで、専用品(ソニー製品)でないとノイズキャンセリングが効かないと思っていたため購入を見送っていましたがiPhone6sですが、しっかりノイズキャンセリングが効きます。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ソニー(SONY)

完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP800N BM

防水防塵仕様のスポーツ向きイヤホン

こちらは、WF-SP700Nより接続性や遅延性を改良した完全ワイヤレスタイプのノイズキャンセリングイヤホンです。音質は、低音重視のサウンドですが、イコライザーで好みのバランスに変更できます。

 

イヤホン本体はIP55対応の防水防塵性能を持っていて、雨や汗に濡れても壊れる心配がありません。連続再生時間が9時間となっていて、大幅にバッテリー性能が向上しているのも嬉しいポイントです。

接続方法 無線(Bluetooth5.0) 連続再生時間 最大約9時間
重量 9.8g x 2 防水機能 IP55(防塵防水対応)

口コミを紹介

周りの音が本当に聞こえなさすぎて驚く
電車などのブレーキ音なんかもかなり消せます
装着時でだいぶ音遮断されるので人によってはノイズキャンセリングじゃなくても良きかも

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ソニー(SONY)

ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000XM2

静かな世界で音楽を楽しめる軽量化されたモデル

WI-1000Xを軽量化し、WI-1000XM3と同じノイズキャンセリング機能を搭載したモデルです。周囲の騒音を把握して自動でモードを切り替える機能も搭載しているので、静かな状態でリスニングを楽しめます。

 

ワンタッチで外部の音が聴けるアンビエントサウンド(外音取り込み)機能も付いており、音楽を聴きながらアナウンスの声も聴きたいときに便利です。音質の高さも特徴で、ハイレゾ音源を再生できます。

接続方法 無線(Bluetooth5.0) 連続再生時間 最大約10時間
重量 58g 防水機能

口コミを紹介

質はさすがソニーです。好みもあると思いますが、私の耳にはちょうど良いです。同価格帯の他社メーカー品と聞き比べても、この音が自分の耳に一番しっくりと来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

BOSE(ボーズ)

ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン QuietControl 30

ノイズキャンセリングレベルを調整できるBoseのハイエンドモデル

Boseが販売しているノイズキャンセリングイヤホンのハイエンドモデルです。高いノイズキャンセリング性能が人気を集めています。シチュエーションに応じてノイズキャンセリングのレベルを調整できる点も嬉しいポイントです。

 

レベルを調整すれば、周りの音も聞こえつつ音楽も聞ける状態を保てます。ネックバンドは人間工学に基づいて作られているため、長時間装着していても疲れにくいです。

接続方法 無線(Bluetooth) 連続再生時間 10時間
重量 65g 防水機能

口コミを紹介

音はもちろん、ノイズ・キャンセリング機能が素晴らしい。電車の中でも、ボリュームを上げずにラジオを聴くことができるので、耳に優しいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

ウルトラノイズキャンセリング搭載!シーンに合った静けさで音楽を楽しめる

ベストセラーモデルがさらに進化したAnkerの完全ワイヤレスイヤホンです。シーン選択を組み合わせれば、周囲の環境に合わせてノイズキャンセリングを調整してくれるウルトラノイズキャンセリングを搭載しています。

 

さらにイコライザー機能により、ロックやポップ等の音楽ジャンルに合ったイコライザーを追加でカスタム設定できます。最大26時間音楽再生ができるのも魅力の一つです。

接続方法 無線(Bluetooth5.0) 連続再生時間 最大26時間
重量 62g 防水機能 IPX4

口コミを紹介

全てにおいて秀逸です。これでこの値段とは...ワイヤレスイヤホン業界に何が起きたというんだ。音質は個人的にうどんみたいなイメージ。低音がしっかりドーンって感じです(語彙力)。ノイキャンも実用的なレベルです。オンにして曲流せば危険なくらい外音カットできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ソニー(SONY)

ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

左右独立型の高性能!急速充電も魅力

SONYが販売している完全ワイヤレスのノイズキャンセリングイヤホンです。耳の3点で支える構造のため、高い密閉性を実現しています。左右分離タイプで、ケーブルのわずらわしさから完全に開放され、外出先でも使いやすいです。

 

使いやすいだけでなく音質も評判で、完全ワイヤレスでありながらハイレゾ相当の高音質を楽しめます。連続再生時間は、6時間+充電3回分なので最大24時間で、10分充電で90分再生可能な急速充電も魅力です。

接続方法 無線(Bluetooth) 連続再生時間 6時間(+3回分で最大24時間)
重量 約8.5g(片側) 防水機能

口コミを紹介

今作はノイズキャンセリング結構効きます。ノイズキャンセリング目的で購入される方も多いと思いますが、しっかり効くので心配は無用です。前作では酷かったプツプツ接続が途切れることはありません。さらに動画の遅延も気にならないレベルになっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

MagSafe充電器に対応した使い勝手の良いモデル

外部音取り込みモードを搭載したノイズキャンセリングイヤホンです。外部の音を遮断する性能は抜群で、業界トップクラスに入ります。また、IPX4等級の耐汗耐水性能を備えており、アウトドアのスポーツにピッタリです。



iPhoneをはじめとしたApple製デバイスで使用できるうえ、設定も簡単です。こちらは、2019年製のイヤホンと同じ本体ですが、充電ケースがMagSafe充電器に対応しており、より使い勝手のよいモデルとなっています。

接続方法 無線(Bluetooth5.0) 連続再生時間 4.5時間
重量 5.4g 防水機能 -

口コミを紹介

両耳に装着した途端に周囲の生活音が消え去って静かになります。肝心の音質についても素晴らしいと言えます。空間オーディオの素晴らしさを実感できます。充電ケースについてはMagSafeに対応しているので、いちいちケーブルを繋いで充電するという面倒から解放されます。

出典:https://www.amazon.co.jp

SONYのサウンド技術を超小型のイヤホンに集約

こちらは、軽量で装着感の良いノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。WF-1000XM4に引けを取らない自然な外音取り込みが特徴で、作業に集中したい方におすすめします。


DSEE Extremeの搭載により、CD音源やサブスクの圧縮音源をハイレゾ相当の高音質に高めてくれるのも嬉しいポイントです。また、通話音声とそれ以外のノイズを分離するアルゴリズムによって、相手にクリアな声が届けられます。

接続方法 無線(Bluetooth5.2) 連続再生時間 Bluetooth使用時:最大9時間・ノイズキャンセリング使用時:最大約6時間
重量 4.8 g x2 防水機能 IPX4

口コミを紹介

軽い!着用感が良くて、長時間使っても疲れない。うるさいキッチンの換気扇が気にならないほどノイズが気にならなかったです。普段イヤホンはあまり使わない方だったが、これなら毎日使えそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Bang & Olufsen

ノイズキャンセリング Beoplay EQ

高級オーディオブランドの最高傑作品

高級オーディオブランドBANG&OLUFSEN初のアクティブノイズキャンセリングイヤホンです。2基のマイクで取り込んだ騒音をバランスよく打消し、高音まで綺麗に聴こえるクリアな音質で音楽を楽しめます。

 

4基のマイクが搭載されており、高度な通話品質ができるのでテレワークでのご利用でも活躍できます。耳にフィットする形状と、筐体の美しさにこだわってデザインされており、アクセサリーとしても絶品です。

接続方法 無線(Bluetooth5.2) 連続再生時間 最大5.5時間
重量 68g 防水機能 -

口コミを紹介

音質は間違いなく最高峰です。ソニーのWF-1000XM4と比較しても、音場の広さや、中音〜高音にかけての伸びが違います。Beoplay EQのイコライザーはシンプルながらなかなか優秀で不自然さもなく、少しいじるだけで良い感じに中音〜高音も鳴るようになります。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ソニー(SONY)

ノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4

ソニーの最高峰ノイズキャンセルイヤホンにハイレゾ対応が登場

こちらは、ソニーの独自技術であるDSEE Extremeを搭載し、CDなどの圧縮音源をハイレゾ級の音質で再生できるノイズキャンセリングイヤホンです。低音域から高音域まで幅広いノイズを低減し、静かな空間で高音質な音楽を楽しめます。

 


コーデックはLDACに対応しており、ワイヤレスでも高音質で音楽鑑賞をしたい方におすすめです。4基のマイクにはビームフォーミング技術を採用し、クリアな音声で通話できます。

接続方法 無線(Bluetooth5.2) 連続再生時間 最大8時間
重量 7.3 g x2 防水機能 -

口コミを紹介

1000XM3からの買い替えです。音質、ノイキャンともに格段に進化してます。イヤーピースのおかげか歩行ノイズも減り、小型化、軽量化としっかり進化してます。基本的にはYoutuberたちの先行レビューのとおりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Bose

QuietComfort Earbuds 完全ワイヤレスイヤホン

画期的な音響をデザインした最強のイヤホン

コンパクトサイズのBluetoothワイヤレスイヤホンで、画期的な音響イノベーションによってデザインされています。クリアなオーディオに加えて、深みがある豊かな低音が魅力です。

 

普段は聞き逃す細かな音も、逃さず聞き取れる音域の広さも特徴の一つです。音楽以外にも、ポッドキャストやビデオ通話といった、さまざまな用途における最強のリスニング体験を楽しめます。

接続方法 無線(Bluetooth) 連続再生時間 イヤホン本体:6時間・イヤホン+充電ケース:12時間
重量 8.5g 防水機能 IPX4相当(防滴対応)

口コミを紹介

高音域では、非常にクリアに聞こえます。どこまででもシャープに綺麗に聴かせてくれます。音量をあげても耳が痛くなりません。低音域では、ノイズキャンセリングの癖でよくある音篭りを感じずくっきりと聞こえます。この域の伸びは聞いている限り限界を感じません。

出典:https://www.amazon.co.jp

無線ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 接続方法 連続再生時間 重量 防水機能
1
アイテムID:10403056の画像
QuietComfort Earbuds 完全ワイヤレスイヤホン

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

画期的な音響をデザインした最強のイヤホン

無線(Bluetooth) イヤホン本体:6時間・イヤホン+充電ケース:12時間 8.5g IPX4相当(防滴対応)
2
アイテムID:10422985の画像
ノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ソニーの最高峰ノイズキャンセルイヤホンにハイレゾ対応が登場

無線(Bluetooth5.2) 最大8時間 7.3 g x2 -
3
アイテムID:10422505の画像
ノイズキャンセリング Beoplay EQ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

高級オーディオブランドの最高傑作品

無線(Bluetooth5.2) 最大5.5時間 68g -
4
アイテムID:10403026の画像
LinkBuds S WF-LS900N

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

SONYのサウンド技術を超小型のイヤホンに集約

無線(Bluetooth5.2) Bluetooth使用時:最大9時間・ノイズキャンセリング使用時:最大約6時間 4.8 g x2 IPX4
5
アイテムID:10413326の画像
2021 AirPods Pro

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

MagSafe充電器に対応した使い勝手の良いモデル

無線(Bluetooth5.0) 4.5時間 5.4g -
6
アイテムID:10403053の画像
ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

左右独立型の高性能!急速充電も魅力

無線(Bluetooth) 6時間(+3回分で最大24時間) 約8.5g(片側)
7
アイテムID:10403050の画像
Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ウルトラノイズキャンセリング搭載!シーンに合った静けさで音楽を楽しめる

無線(Bluetooth5.0) 最大26時間 62g IPX4
8
アイテムID:10403047の画像
ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン QuietControl 30

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ノイズキャンセリングレベルを調整できるBoseのハイエンドモデル

無線(Bluetooth) 10時間 65g
9
アイテムID:10403044の画像
ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000XM2

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

静かな世界で音楽を楽しめる軽量化されたモデル

無線(Bluetooth5.0) 最大約10時間 58g
10
アイテムID:10403041の画像
完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP800N BM

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

防水防塵仕様のスポーツ向きイヤホン

無線(Bluetooth5.0) 最大約9時間 9.8g x 2 IP55(防塵防水対応)
11
アイテムID:10403038の画像
ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-NWBT20N

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

入門用にぴったり!周りの騒音を最大98%カットできる

無線(Bluetooth) 8時間 117.94
12
アイテムID:10403035の画像
ワイヤレスイヤホン XE-M10BT

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

音楽を聴きながら周囲の音も聴けるノイキャンイヤホン

無線(Bluetooth4.1) 約7時間 90g
13
アイテムID:10403032の画像
ノイズキャンセリングイヤホン WI-C600N

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

気軽に装着できる高音質なネックバンド式

無線(Bluetooth) 最大6.5時間 約34g
14
アイテムID:10403029の画像
ノイズキャンセリングイヤホン EVEREST ELITE 100

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

1万円以下の安いノイズキャンセリングイヤホンならこれ!

無線(Bluetooth4.0) 最大約6時間 40g
15
アイテムID:10403023の画像
GLIDiC Sound Air WS-7000NC

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

周囲の騒音を約94%低減できる高コスパイヤホン

無線(Bluetooth4.0) 9時間 280g

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

ノイズキャンセリングイヤホンの仕組みとは?

音は、音波として空中に広がり耳に伝わりますが、正反対の周波の音がぶつかるとかき消されてしまう性質があります。周囲の音をマイクで取り込み、その逆位相の音で周囲の音を打ち消して遮音性を高めているのがノイズキャンセリングイヤホンの仕組みです。

 

以下の記事ではイヤホン・有線イヤホン・Bluetoothイヤホンの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

最強モデルはBOSEのQuiet Comfort earbuds!

どうせノイズキャンセリングイヤホンを購入するなら、最強と名高いモデルを選びたいものです。さまざまなメーカーが発売する中、最強といわれているのはBOSEのQuiet Comfort earbudsというモデルをご紹介します。

 

Quiet Comfort earbudsは完全ワイヤレスタイプで、耳へのフィット感が強いタイプです。室内外・騒音の種類を問わず抑えてくれると口コミでも評判があります。このモデルでも騒音が気になるのであれば、もうヘッドホンしかないといわれるほどです。

 

口コミでは「連続使用時間が短い・サイズが大きすぎる・スマートフォンアプリがないと細かい調整ができない」などのデメリットもあります。それらを差し引いてもあまりあるメリットが得られると人気があるモデルです。

ノイズキャンセル機能は発達障害の聴覚過敏対策にピッタリ!

発達障害の方の中には、生活音や人々の話し声や空調などの何気ない生活音で不安を感じたり、痛みを感じたりする聴覚過敏に悩む方がいます。周囲の音が雑音に聞こえたり不快感につながり、日常生活での不安な音が大きな悩みの種です。

 

耳栓やイヤーマフで対応する方もいますが、ノイズキャンセリングイヤホンは完全密閉はしない分、周囲の必要な音や声は調整できて、不安を感じる音をシャットアウトもできます。好きな音楽を流し、特定の音に集中もしやすいのでおすすめです。

ノイズキャンセリングイヤホンは耳栓の代わりにできる?

ノイズキャンセリングイヤホンはその性質から、耳栓の代わりとしても利用できます。特にワイヤレスタイプであれば使いやすいですし、音楽を聴かないときにも使えます。周囲の音が気になるときに使ってみてください。

 

しかし、音楽を聴いているときには聞こえないサーといったホワイトノイズが発生するため、気になる方もいるかもしれません。そういう方には、ホワイトノイズを軽減してくれるフィードバック方式を採用したノイズキャンセリングイヤホンがおすすめです。

ノイズキャンセリングイヤホンは耳に悪い影響を及ぼす?

ノイズキャンセリングイヤホンが、耳に悪い影響を及ぼす可能性はほぼありません。周囲の音が気にならなくなり、音量を上げる必要が減るため、むしろ耳への負担が軽くなるくらいです。

 

以下の記事では完全ワイヤレスイヤホン・コードレスイヤホン・イヤホンメーカーの人気おすすめランキングをご紹介しています。是非あわせてご覧ください。

まとめ

ノイズキャンセリングイヤホンの人気おすすめランキングと選び方についてご紹介してきました。静かな世界で好きな音楽を聴けるのは最高です。この記事を参考に、自分にぴったりのノイズキャンセリングイヤホンを見つけてみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年12月01日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2022年最新版】DAPのおすすめ人気ランキング15選【ベストバイも紹介】

【2022年最新版】DAPのおすすめ人気ランキング15選【ベストバイも紹介】

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
高級イヤホンの人気おすすめランキング10選【有線からワイヤレスまで】

高級イヤホンの人気おすすめランキング10選【有線からワイヤレスまで】

イヤホン・ヘッドホン
ソニーイヤホンの人気おすすめランキング10選【有線から安いものまで!】

ソニーイヤホンの人気おすすめランキング10選【有線から安いものまで!】

イヤホン・ヘッドホン
iPhone用イヤホンの人気おすすめランキング20選【有線や安い商品も紹介!】

iPhone用イヤホンの人気おすすめランキング20選【有線や安い商品も紹介!】

イヤホン・ヘッドホン
【2022年最新】有線イヤホンのおすすめ人気ランキング21選【マイク付きやコスパのいい安いものも】

【2022年最新】有線イヤホンのおすすめ人気ランキング21選【マイク付きやコスパのいい安いものも】

イヤホン・ヘッドホン
【プロ監修】有線ヘッドホンの人気おすすめランキング23選【高音質のものも】

【プロ監修】有線ヘッドホンの人気おすすめランキング23選【高音質のものも】

イヤホン・ヘッドホン