高級スピーカー人気おすすめランキング15選【B&W等の名器をご紹介】

記事ID6598のサムネイル画像

音楽をより良く再生する為には良いオーディオ装置が必要になりますが、特に音を空間に放出するスピーカーの役目は最も大きいと言えます。また音の個性が最も強いのもスピーカーと言われています。今回はおすすめのスピーカーを人気ランキング形式で選び方とともにご紹介します。

高級スピーカーで味わいのある豊かな音を楽しむ

最近は技術の進歩により、安いスピーカーでもかなり音質は良く、「高いお金をかけなくても音楽を聴くならこれで十分」と思われている人も多いようです。しかし、実際に高級スピーカーを聞けばその差は歴然。一体なにが違うのでしょうか?

 

実は、高級スピーカーには、生のコンサートの臨場感が味わえるさまざまな工夫がされています。安いスピーカーでは実現できない最良の素材や技術が施されているからこそ、迫力のある音が味わえるのです。

 

しかし、高級スピーカーと言っても、数多くの商品があり、自分に合ったものを選ぶのは一苦労。そこで今回は、高級スピーカーの選び方やスピーカーのタイプ別のランキングをご紹介します。ぜひ、スピーカー選びの参考にしてください。

 

高級スピーカーと安いスピーカーとの違い

低価格のスピーカーでもそれなりの音質で音楽を楽しめますが、具体的に高級スピーカーとはどのような違いがあるのでしょうか?

高級スピーカーなら最適の音が楽しめる

音楽のジャンルによって、音の組み合わせや音質の傾向はさまざまです。例えば、クラシックならハーモニーが重要になり、響きの良いスピーカーがベスト。また、ジャズであれば、ジャズ発祥のアメリカ製のスピーカーの方がマッチします。

 

最近の音楽であれば、ハイゾレに対応したスピーカーが好ましいでしょう。一般的なスピーカーは平均的な音質で調整されているので、ジャンル個別に対応するのは難しいと言えます。種類が豊富なのが高級スピーカーの魅力です。

高級スピーカーはデザイン性に優れたものが多い

高級スピーカーには、上質な木材を使用したものや大理石風な素材、コンクリート風などデザイン性に優れたものが数多くあります。音質の良さは当然ですが、音楽空間を楽しむにはスピーカーのデザインも大切な要素です。

 

高級スピーカーには安いスピーカーでは演出できない、豊かな音楽空間を作り上げる魅力があります。

高級スピーカーの選び方

このように魅力的な高級スピーカーですが、種類が多い分なにを選んで良いか迷ってしまいますね。ここでは、初めて高級スピーカーを購入したいと思われている方に、選び方のポイントをご紹介します。

「予算に合った値段」で選ぶ

予算は青天井という方でも、今回はこの程度の予算でと考えてから製品を選ぶかと思います。コストパフォーマンスに優れていても音質も素晴らしい高級スピーカーも沢山ありますので、高価な製品とコストパフォーマンスの良い製品の違いを少し考えてみましょう。

「コスパ」が良い高級スピーカー

コストパフォーマンスが良い高級スピーカーは主にホームシアター等をターゲットにしている場合が多く、販売数が多いので比較的に安価な価格設定となっています。また、スマートフォン等の外付けスピーカーとしての機能を持っている製品も多くあります。

 

コストパファーマンスが良くても高音質な高級スピーカーも多いので妥協をしないで選ぶことが大切です。遥かにランクが上の機種より好みの製品がきっとあるのもスピーカー選びの楽しさです。

「ハイクラス」な最高級スピーカー

高価格帯の最高級スピーカーは趣味性が高く、組み合わせるアンプなども高級機でバランスが取れる設計になっているなど、最高の組み合わせでは最高の音になります。ホームシアターでも最高の音が組み合わせによって出るはずですが、テクニックが必要な上級者向けと言えるでしょう。

 

高級はスピーカーは設計者の思想が最高の音を目指している事ですが、最高の音とは全ての音楽を忠実に再生する事です。自分が良く知っている音楽を再生して選ぶ事が大切です。

好みの「音楽ジャンル」で選ぶ

J-POP、ロック、Jazz、クラッシックなど音楽の好き好きでもスピーカーを選ぶ参考にしたいものです。音楽のジャンルから高級スピーカーの傾向を考えてみましょう。

「J-POP・ロック・Jazz」に合う高級スピーカー

最近の高級スピーカーは音に対しての忠実度が高い製品が多く、どのジャンルに最適と言えるような製品は少なくなってます。ただクラッシックに向くのがヨーロッパの製品、POPやJazzには米国の製品が比較的に向いていると言われています。

 

クラシックでも刺激的な音が多い曲、Jazzでも静かなバラードなど、やはり自分の好みの音楽での聴き比べが大切ですから、自分の好みを大切にして選ぶ事を心掛けましょう。

「クラシック」に合う高級スピーカー

数十年前まではクラシックにはタンノイという程にクラシックに向くのはタンノイの高級スピーカーと言われていた時期があります。現在では楽器を作っているヤマハ等、クラシックに向くというコメントもあります。

 

傾向としてはヨーロッパの高級スピーカーが良いかもしれませんが、国内にもヨーロッパのスピーカーに負けず、クラシックを美しく再生するスピーカーがありますので十分に比較してください。

スピーカーの「種類」で選ぶ

高級スピーカーには大きくアンプが内蔵している「アクティブスピーカー」とアンプが内蔵していない「パッシブスピーカー」との2つのタイプがあります。

PCやスマホと接続するなら「アクティブスピーカー」

アンプは、CDプレイヤーやレコードプレイヤーなどの微弱な信号を増幅してスピーカーに送る装置です。このアンプが内蔵しているのが、「アクティブスピーカー」で、一般的には「PCスピーカー」とも言われています。

 

Bluetooth接続出来るものは、この「アクティブスピーカー」で、電源さえあればどこでも音楽を楽しめ、価格的にも安価なのも魅力です。但し、「パッシブスピーカー」に比較すると音質はやや劣ります。

ピュアオーディオを楽しみたい人には「パッシブスピーカー」

「アンプ」「プレイヤー」「スピーカー」というシンプルな組み合わせで、純粋に音楽を楽しむことが「ピュアオーディオ」。「アクティブスピーカー」のようにアンプを内蔵していない「パッシブスピーカー」を使用します。

 

「パッシブスピーカー」には、一般的な製品から本格的なプロ仕様のものまで幅広いものがあり、アンプやプレイヤーとの組み合わせで自分好みのピュアオーディオが楽しめます。

スピーカーの形状で選ぶ

スピーカーの形状には、「ブックシェルフ型」「フロア型」「トールボーイ型」の3つがあります。それぞれ、設置する場所や目的に合わせて選ぶことが大切です。

小型で本棚に置ける「ブックシェルフ」

ブックシェルフ型のスピーカーはその名称の通り、本棚にも設置できるスピーカーとして生まれました。置き方の自由度が高いので、部屋のインテリアにマッチした設置が可能なのもこのタイプです。

 

サイズと重量を確認して、ご自分が設置したい場所に問題なく入る事を確認する事も重要でしょう。色や仕上げを選べる製品もあります。見た目も大切に選んで下さい。

ホームシアターにおすすめの「トールボーイ」

トールボーイ型のフロアスピーカーは棚も何も無いような空間でもただ置くだけで設置できる手軽さが人気のスピーカーです。置いた状態でベストな音になるような設計になっていますので、ホームシアターなどにおすすめです。

 

コンパクトなトールボーイ型のスピーカーはどのような用途でも一番手軽に良い音が楽しめますので、初心者の方には特におすすめできます。

広いリビングで聴くなら「フロア型」

フロア型のスピーカーは直接床に置くタイプで、ずっしりと大きめのものが多くなります。再現性に優れているので、広めのリビングなどで本格的な音楽を楽しみたい方にはおすすめの高級スピーカーです。

 

また、大きな体から響く低音域も魅力のひとつです。フロア型のスピーカーは種類も多いので、自分の好みの音が楽しめるものを選ぶようにしましょう。

音質に関する性能で選ぶ

アンプよりも高い「インピーダンス」がおすすめ

インピーダンス」とは、「電気抵抗」のことで「Ω」で表せられます。4Ω~8Ωが一般的で、数値が大きいと抵抗が大きく電気信号が流れにくく、小さいほど電気信号が流れやすくなります。しかし、インピーダンスが小さい方が良いというわけではありません。

 

アンプが内蔵されているスピーカーなら問題はありませんが、アンプが内蔵していないスピーカーの場合は、アンプのインピーダンスとの兼ね合いが重要になります。アンプのインピーダンスが4Ωでスピーカーが2Ωだと、アンプで音を上げなくても大音量になりスピーカーを痛める危険性があります。

 

アンプが内蔵されていないスピーカーを選ぶ場合は、アンプと同じインピーダンスか高いものを選ぶようにしましょう。

臨場感を求めるなら「ユニット数・WAY数」の多いものを

スピーカーの「ユニット数」とは、スピーカーの中にある音を出す部分のことで、1つのユニットで低音域から高音域までのすべての音が出せるのを「1WAY(フルレンジ)」と呼びます。また、低音域と高音域が別々のユニットになっているのが「2WAY」です。

 

さらに、2WAY に中音域のユニットが加わったものが「3WAY」で、2WAY以上のユニットで構成されたものを「マルチウェイ」と言われています。WAY数が多い方が、より自然な広がりの音が味わえるので、臨場感を求める人には「ユニット数・WAY数」の多いものがおすすめです。

繊細な音を味わいたい人には「ハイレゾ対応」

「ハイレゾ」とは「ハイレゾリューション」の略で、従来のCDを超える情報量の「高音質デジタル音源」のことです。レコーディングスタジオやコンサート会場での音には、CDの情報量だけでは収まらない音があります。

 

ハイゾレ音源は、CDよりも約6.5倍の情報量で、奥行きのあるよりリアルな音を再現できます。微妙な音の繊細さを味わいたい方は、ハイレゾ対応の高級スピーカーを選ぶのもおすすめです。

ブランドで選ぶ

スピーカー選びにおいても「ブランド」は大切な要素です。ブランドによって音の特徴があり、自分好みの音のブランドを選ぶのも楽しいものですね。

繊細でダイナミックな音で人気の「JBL(ジェービーエル)」

1946年にアメリカで創立して以来、世界中のエンターテイメントシーンで活躍している音響機器メーカーの「JBL」。プロアマ問わず、多くの人々に愛され続けています。そのスピーカーの特徴は、繊細でダイナミックな音とずっしりとした低音域

 

音楽を本格的に楽しみたい方、とくにジャズを愛する人には絶大の人気を誇っています。

ジャンルを問わない万能タイプの「B&W(バウワース&ウィルキンス)」

世界的に有名な録音スタジオ「アビーロード」を筆頭に世界中のスタジオで使用されているのが「B&W」のスピーカーです。スタジオで聴いた音楽を忠実に再現することを重要視する姿勢は多くの音楽関係者の信頼を得ています。

 

リアリティのある華やかな音質は、まさに玄人好みのスピーカーと言えるでしょう。

クラシック音楽におすすめの「TANNOY(タンノイ)」

イギリスの老舗スピーカーメーカーの「TANNOY(タンノイ)」は、ウォールナットやマホガニーの高級素材を使用した広がりのある音で人気です。ナチュラルで低音性に優れているのも大きな魅力。

 

空間性が重要なクラシック音楽などの視聴に、特に人気の高い高級スピーカーです。

ナチュラルな最高音質が魅力の「DALI(ダリ)」

北欧のデンマークで生まれたスピーカーのブランドが「DALI(ダリ)」です。まるで高級家具のようなスタイルと長年の開発技術に裏付けられた信頼性で、世界中のオーディオファンから愛されています。

 

中音域を響かせながら低音域を無理に引き出さないナチュラルな最高音質が、大きな魅力になっています。

海外から世界三大スピーカーと称される国内メーカー「ヤマハ」

100年以上の歴史を誇る老舗音響機器メーカーである「ヤマハ」。楽器作りの確かな技術力と長年培ったノウハウから生まれるスピーカーは、国内だけでなく海外の音楽関係者やアーティストにも人気で世界三大スピーカーとも称されています。

 

ヤマハの特徴は、音域やサイズなどに合わせた商品が幅広く揃っていることです。価格もリーズナブルなものから高級なものまで、幅広いニーズに対応しています。

低音がよく響く独特サウンドの「bose」

boseのスピーカーは低音がよく響くことで知られています。オーディオマニアの中には苦手な人もいますが、この独特なサウンドは一度聴くとクセになりますよ。まだ聴いたことがない方は、ぜひboseスピーカーのサウンドを試してみてください。

フロア型の高級スピーカー人気おすすめランキング3選

3位

オンキヨー(Onkyo)

D-TK10 ギターアコースティックスピーカーシステム

楽器の豊かな響きを実現した超高級スピーカー

アコースティックギターづくりの名門高峰楽器製作所とのコラボレーションで生まれたユニークな超高級スピーカーです。キャビネットの材質にはマホガニー材を選択し、従来の常識を破る音質を生み出すための造りという点が素晴らしい製品です。

 

内面の適所にはギター工法独特の「力木(ちからぎ)」を配置し綿密なチューニングを施しています。バッフルを含む他の面は、一枚の積層板を大きく湾曲させることで、キャビネット内/外部での有害な定在波や回折波を根本的に排除し、歪の無い音質を実現しています。音楽が本当に好きな方におすすめの逸品と言えるでしょう。

形式 バスレフ 周波数帯域 -
外形寸法 220 x 133 x 276 mm 質量 2.9 Kg

口コミを紹介

狭い部屋でいくつものスピーカーの設置をためらう人には特におすすめします
木村大の演奏を鳴らし目を閉じると、まるで目の前で演奏しているかのよう

出典:https://www.amazon.co.jp

生誕70周年のJBLによる本格的なフロアスピーカー

ブランドの生誕から70周年を迎えるJBLはスタジオモニターの世界でもスタンダードな地位を築いた米国屈指のスピーカーメーカーです。S3900はBL伝統のホーン&コンプレッション・ドライバーを搭載。250mm径ウーファーをダブルで搭載する事で、十分な低域エネルギーを実現したトールボーイスタイルのフロア型スピーカーです。

 

スピーカーの基本を抑えたユニット構成でありながら、370(W)x1007(H)x368(D)mmの寸法に仕上げ、一般家庭での使用にも省スペースで設置が可能な本格的なスピーカーとして完成度は非常に高く、最高クラスのオーディを求めるファンの方におすすめです。

形式 背面バスレフ型、フロア型 周波数帯域 33Hz ~ 40kHz
外形寸法 1007x370x368mm 質量 39.0kg

口コミを紹介

届いて使ってみてとても気に入りました。高価な物で迷って迷った末に購入を決意しポチりました。低音もしっかりと出て、高音も良いです。デザイン的にもウーファー2個で3ウエイで完璧です。

出典:https://www.amazon.co.jp

数々の名機を生み出したタンノイの血統を受け継ぐ逸品

スピーカー名機を数々生み出したタンノイの血統を受け継ぐ逸品。10インチ・デュアルコンセントリックドライバーは、ハードエッジタイプのクルトミューラー社製ウーハーコーンを採用。優れたトランジェント特性とパワーハンドリング特性は現代にリファインしたタンノイを生み出し、どんな音楽ジャンルもあますところなく再現するというものです。

 

ネットワーク回路を全面的に刷新。位相特性に優れ、周波数特性もよりワイドレンジにブラッシュアップしています。天然ウォルナット無垢材のキャビネット、両サイドにバスレフポートを配した伝統の構造は現代の新たなオーディオファンも魅了する事でしょう。

形式 2WAY バスレフ型 周波数帯域 34Hz ~ 44kHz
外形寸法 456×950×336mm 質量 30kg

口コミを紹介

とても良い音質でした。私のベッドルームにおいて聴いていますが、室内楽が美しく聴けます。寝る前はハープを聴きます。オススメします。

出典:https://www.amazon.co.jp

フロア型のおすすめ商品一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7936162の画像

    TANNOY

  • 2
    アイテムID:7936159の画像

    JBL

  • 3
    アイテムID:7936156の画像

    オンキヨー(Onkyo)

  • 商品名
  • フロア型スピーカー(1台)TURNBERRY/GR
  • S3900(1ペア) 2×25cm-3way Floorstanding Speaker System
  • D-TK10 ギターアコースティックスピーカーシステム
  • 特徴
  • 数々の名機を生み出したタンノイの血統を受け継ぐ逸品
  • 生誕70周年のJBLによる本格的なフロアスピーカー
  • 楽器の豊かな響きを実現した超高級スピーカー
  • 形式
  • 2WAY バスレフ型
  • 背面バスレフ型、フロア型
  • バスレフ
  • 周波数帯域
  • 34Hz ~ 44kHz
  • 33Hz ~ 40kHz
  • -
  • 外形寸法
  • 456×950×336mm
  • 1007x370x368mm
  • 220 x 133 x 276 mm
  • 質量
  • 30kg
  • 39.0kg
  • 2.9 Kg

ブックシェルフ型の高級スピーカー人気おすすめランキング7選

ハイレゾ音源を忠実に再現する小型バスレフモデル

高域は100kHzの高域信号もクリアに再生する軽量かつ高い剛性を持ったアルミニウム振動板ツィーターを採用、中域から低域はグラスファイバー振動板を採用し、パワフルで切れのある低域と情報量豊かな中域再生を両立させています。

 

点音源のように音のフォーカスが合い、定位感に優れ、つながりの良いなめらかな音場を実現しています。スピーカーキャビネットからの不要な回折波を大幅に低減・分散させる独自のバッフル形状により、得られる自然な音場は落ち着いて音楽を楽しみたい人におすすめです。

形式 2ウェイ2スピーカー/バスレフ型 周波数帯域 40Hz~100kHz
外形寸法 160×271×271 mm 質量 4.2 kg

口コミを紹介

音も外観も良いです。音楽を聴くのが楽しくなり、テレビを消して音楽を聴く時間が増えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

DALIのエントリーモデルにして美しい音質が人気

デンマークのオーディオメーカー、ダリのエントリーモデルですが、同価格帯のスピーカーの中では音質の良さで人気が高く、発売から7年近くが経過した今でもベストバイを継続している商品です。小型の部類に入るスピーカーですが、2台で10キロ弱とそれなりの重量があるモデルです。

 

このスピーカーは置き場所をあまり選ばず、どのような置き方でも良い音を出してくれる点が評価されています。あまり神経質なスピーカーは初心者には扱い難い点、このスピーカーはこれからオーディオを楽しもうという方にも最適と言えるでしょう。

形式 2WAY バスレフ型 周波数帯域 53Hz~26.5kHz
外形寸法 274×162×228mm 質量 4.2kg

口コミを紹介

小型スピーカーなのにサイズを感じさせない鳴り方、音の広がり感は特筆です。これまでクリプッシュのヘレシーでオーディオを堪能していました。しかし、この小型スピーカーのバランスの良さはなかなか素晴らしい。

出典:https://www.amazon.co.jp

JBL伝統のスタジオモニター、スタンダードなモデル。

JBLのスタジオモニターの血統を引き継ぐモデル。特にこの4312シリーズの青いバッフル板、ウーファーの白、そして小さいながらも存在感を示すJBLのオレンジのロゴ、最初の発売から40年近く経過しても人気のスタイルで憧れる人も多いモデルです。

 

JBLはジャズやロックとの相性が良いとされていますが、アンプとの相性によってクラシックでもしっとりと鳴ってくれるという特徴を持っています。所有してから時間が経つとより持ち主の好みに合うというのもファンを虜にするポイントなのでしょう。

形式 3WAY バスレフ形式 周波数帯域 55Hz ~ 50KHz
外形寸法 300x181x180mm 質量 4.0Kg

口コミを紹介

小型とは言えさすがJBLモニター!期待どおりの音質に大満足です。ラックスマン、トライオードの真空管アンプにベストマッチ。低域から中高域まで厚みのある音。音量を上げれば低域すら1000Mにもひけをとりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

伝統技術と最新技術が融合した高品位なスピーカー

躍動するスケール感と高品位な再生音を伝統技術と最新技術で造り上げた製品。同社のKX-3シリーズで培った2ウェイ密閉型のノウハウと上級機KX・1000P、KX-5で開発したツィーター、ウーハーの技術を融合させる事で実現したクオリティはオーディオ誌の賞を数多く受賞し続ける優れたスピーカーです。

 

針葉樹系高密度18mm厚パーチクルボードとMDF(裏板)の 高剛性密閉型、不要な振動を抑えた振動減衰特性に優れ、ぬけが良く響きの美しいエンクロージャーと相まって、高品位な再生音を持つ高級な逸品に仕上がっているスピーカーです。

形式 2WAY 密閉型 周波数帯域 40Hz ~ 50kHz
外形寸法 380×224×319mm 質量 8.2kg

口コミを紹介

どこまでも伸びる透き通った高音、芯があり程よく厚みのある中音は密度感も十分で、歌い手の息づかいや唇の動きさえもリアルに生々しく描き切ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Tannoy(タンノイ)

アクティブ スタジオモニター スピーカー REVEAL 502

タンノイの歴史と伝統から生まれた新世代のモニタースピーカー

古いタンノイのスピーカーを知っていると驚きますが、端正なフォルムのエンクロージャーに、87年もの実績に裏付けられた伝説的なタンノイ・サウンドと実用性重視の機能を両立させたスタジオモニターというモデルです。

 

現代のオーディオ事情を全て満たす機能性を搭載したスタジオモニターとして、音楽プレイヤー/スマホ/タブレットを直接接続可能にしています。スタジオモニターとして、音楽ジャンルを問わずに圧倒的に上質な明瞭性を表現する、現代に蘇ったタンノイの魂を感じる素晴らしいモニタースピーカーとしておすすめです。是非、お試し下さい。

形式 - 周波数帯域 49-43 kHz
外形寸法 300 x 184 x 238 mm 質量 -

口コミを紹介

素晴らしいの一言です。
以前使っていた DALI IKON1よりはるかに濃度の濃い高密度のおとが聴けました。全てのジャンルでも問題なくなります。打ち込み系の曲にもあいます。jpopも綺麗になります。

出典:https://www.amazon.co.jp

Bluetooth接続でワイヤレス体験可能なオーディオスピーカー

テレビやゲーム機、パソコンなどさまざまな音源が楽しめる多目的オーディオスピーカー。19mmドームツイーターと4インチの低音ドライバで、豊かな低音を実現。さらに、スピーカーの側面にあるダイヤルで低音と高音の調整が可能です。

 

Bluetoothを介して自分のスマホとペアリング。リモコン操作で手軽にワイヤレス体験が楽しめます。

形式 Bluetooth スピーカー 周波数帯域 -
外形寸法 21.34 x 23.11 x 25.15 cm 質量 6.6 kg

口コミを紹介

Pcでamazon primeを見るために購入しました。pcの画像をテレビで見てましたが、音が不満でアンプ内蔵スピーカーを探して、これに決めました。音は自然な感じで温かみを感じます。この価格ならぜったい推薦します。

出典:https://www.amazon.co.jp

オンキョーの技術が満載されたハイエンドスピーカー

瞬時の機動力に優れたアンプとオンキョー独自の振動版を搭載。さらに内蔵アンプとスピーカーを同時時設計することで、ハイエンドマシンにふさわしいパワフルで躍動感あふれるサウンドを実現しました。

 

また、独自の「VL Digital」技術で、PC環境でのハイレゾ音源でも広域で鮮明なサウンドが楽しめます。

形式 アンプ内蔵2ウェイ・バスレフ型 周波数帯域 50Hz~100kHz
外形寸法 16.9 x 24 x 26.3 cm 質量 6.4 Kg

口コミを紹介

もう40年以上のONKYOスピーカー愛好家ですが、これは素晴らしいですね!
主にNetflix or Amazon Primeでの映画/ドラマの観賞用ですが、元の音源の音質があまり良くないにも関わらず、十二分な再生をしてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ブックシェルフ型のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7936185の画像

    オンキヨー(Onkyo)

  • 2
    アイテムID:7936182の画像

    Edifier

  • 3
    アイテムID:7936179の画像

    Tannoy(タンノイ)

  • 4
    アイテムID:7936176の画像

    クリプトン

  • 5
    アイテムID:7936173の画像

    JBL

  • 6
    アイテムID:7936170の画像

    ダリ

  • 7
    アイテムID:7936167の画像

    JVCケンウッド

  • 商品名
  • ONKYO WAVIO パワードスピーカーシステム
  • Edifier R1700BT ブックシェルフ型スピーカー
  • アクティブ スタジオモニター スピーカー REVEAL 502
  • ブックシェルフ型スピーカー KRIPTON KX-1
  • 4312M II WX [ペア]
  • スピーカーシステム ZENSOR 1 ライトウォールナット ZENSOR1
  • ケンウッド Speaker System (木目) LS-K901-M
  • 特徴
  • オンキョーの技術が満載されたハイエンドスピーカー
  • Bluetooth接続でワイヤレス体験可能なオーディオスピーカー
  • タンノイの歴史と伝統から生まれた新世代のモニタースピーカー
  • 伝統技術と最新技術が融合した高品位なスピーカー
  • JBL伝統のスタジオモニター、スタンダードなモデル。
  • DALIのエントリーモデルにして美しい音質が人気
  • ハイレゾ音源を忠実に再現する小型バスレフモデル
  • 価格
  • -
  • 27,628円(税込)
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 形式
  • アンプ内蔵2ウェイ・バスレフ型
  • Bluetooth スピーカー
  • -
  • 2WAY 密閉型
  • 3WAY バスレフ形式
  • 2WAY バスレフ型
  • 2ウェイ2スピーカー/バスレフ型
  • 周波数帯域
  • 50Hz~100kHz
  • -
  • 49-43 kHz
  • 40Hz ~ 50kHz
  • 55Hz ~ 50KHz
  • 53Hz~26.5kHz
  • 40Hz~100kHz
  • 外形寸法
  • 16.9 x 24 x 26.3 cm
  • 21.34 x 23.11 x 25.15 cm
  • 300 x 184 x 238 mm
  • 380×224×319mm
  • 300x181x180mm
  • 274×162×228mm
  • 160×271×271 mm
  • 質量
  • 6.4 Kg
  • 6.6 kg
  • -
  • 8.2kg
  • 4.0Kg
  • 4.2kg
  • 4.2 kg

トールボーイ型の高級スピーカー人気おすすめランキング5選

5位

音楽の持つ躍動感や空気感をありのままに

ソニーのスピーカー設計の思想である「心に響く音」を実現したスピーカーシステム。独自の「広指向性スーパートゥイーター」で、自然な音の広がりを再現しました。楽器ひとつひとつの位置や奥行きが忠実にリスナーに伝わります。

 

さらに、ウーファーユニットの振動板には「MRC(発泡マイカ)」素材を採用。力強くクリアな低音を可能にしました。

形式 3WAY バスレフ型 周波数帯域 45~50Hz
外形寸法 230×922×260mm 質量 約11.5Kg

口コミを紹介

価格,性能共にバランスが良いと感じました.見た目も高級感があり満足です.

出典:https://www.amazon.co.jp

エンクロージャーの仕上げが秀逸な最高のスピーカー

独創的デザインのキャビネットは「すべての平行面をなくして音質を損なう定在波や回折現象を排除する」という技術的な必然性と高い工作精度で成し遂げたスピーカーです。さらにキャビネット全面を丁寧に磨き上げた黒鏡面ピアノフィニッシュを採用し、よりヤマハらしさを引き出しています。

 

高いレスポンス性能のスピーカーユニットと、それを支えるエンクロージャーの最高のバランスを実現。NS-F901はハイレゾ時代にふさわしい、スムースで透明感のある音質を目指した3ウェイ・4ユニット構成のフロアスタンディング型で最高のスピーカーです。

形式 3WAY バスレフ型 周波数帯域 32Hz ~ 50KHz
外形寸法 270×1060×425mm 質量 30.7Kg

口コミを紹介

生演奏に限りなく近いと評価したい。大変満足している。

出典:https://www.amazon.co.jp

幅広いジャンルで活躍する最高音質スピーカー

世界中で高い評価を受けているARIA 900シリーズ。サスペンションに形状記憶素材でもある「ポロン(Poron)」を採用し、不要な振動を制御。人の耳の感度がもっとも高いと言われる「2~3KHz」の帯域で、歪を3分の1低減しました。

 

メイド・イン・フランスのエレガントなデザインで、あらゆるジャンルの音楽を最高音質で楽しめます。

形式 3WAY 周波数帯域 39Hz~28kHz
外形寸法 1150x294x371mm 質量 29kg

口コミを紹介

忠実性と芸術性が合わさった非常に魅力的な音楽を奏でくれるスピーカーです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

b&wにも負けないDALIのベストセラー

コンパクトなフロアスタンディング・スピーカー。SMC搭載 5.25インチ(130mm) ウッドファイバーコーン・ウーハーを2基と、広帯域 29mm超軽量ソフトドーム・ツィーターを搭載。

 

コンパクトで高効率のCLASS Dアンプを搭載し、アンプレスで各AVコンポーネントと有線で接続し、無線ではBlutooth搭載デバイスとの接続も可能となっています。ベストセラーのモデルが生まれ変わり、優れた音質を受け継ぎながら進化するという、オーディオの進化の一つの可能性を感じさてくれるモデルと言えるでしょう。

形式 - 周波数帯域 43Hz~26.5kHz
外形寸法 840×212×282mm 質量 11.0kg

口コミを紹介

まずピアノがピカイチ。高音は限りなくキラキラと輝いて低音は辺りの空気を震わせる。エレクトロニックも良い。大抵の音はそつなくこなす。破綻の気配なし。おススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

音質の良さと使い易さを両立した名器でホームシアタに最適

ダブルーウーファーの振動板のエッジを凹凸が逆向きになるよう配置することで、駆動時に生じる高調波歪みをキャンセルしてクリアな再生を実現するというデノン独自のP.P.D.D.技術を搭載しています。

 

ウーファーユニットには、異なる素材を組み合わせることで広帯域にわたり正確なピストンモーションを実現するD.D.L.技術も採用し、ハイレゾロゴも取得しているというもの。音質の良さと使い易さを両立したスピーカーとしてホームシアター向けのスピーカーシリーズの中でも特に注目の名器として専門誌での紹介も多い製品です。

形式 2ウェイ・バスレフ型 周波数帯域 30Hz~60 kHz
外形寸法 224 × 942 × 248mm 質量 10.0 kg

口コミを紹介

小型トールボーイですが、低音もしっかり鳴らしてくれて、この価格でこれだけ良く鳴ってくれたらハイコストパフォーマンス品です。オススメ致します。このスピーカーはバイワイヤ対応なので、スピーカーケーブルも対応品を購入するとベストマッチすると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

トールボーイ型のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7936202の画像

    デノン(Denon)

  • 2
    アイテムID:7936199の画像

    ダリ

  • 3
    アイテムID:7936196の画像

    FOCAL(フォーカル)

  • 4
    アイテムID:7936193の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 5
    アイテムID:7936190の画像

    ソニー(SONY)

  • 商品名
  • トールボーイスピーカー (1台) 木目 SC-T37-M
  • コンパクト・フロア型スピーカー オベロンDALI OBERON5DW
  • フォーカル フロア型スピーカー(ノワイエ)
  • Soavo NS-F901 [単品]
  • ソニー 3ウェイ・スピーカーシステム(1台) SS-CS3 SS-CS3 M UC
  • 特徴
  • 音質の良さと使い易さを両立した名器でホームシアタに最適
  • b&wにも負けないDALIのベストセラー
  • 幅広いジャンルで活躍する最高音質スピーカー
  • エンクロージャーの仕上げが秀逸な最高のスピーカー
  • 音楽の持つ躍動感や空気感をありのままに
  • 形式
  • 2ウェイ・バスレフ型
  • -
  • 3WAY
  • 3WAY バスレフ型
  • 3WAY バスレフ型
  • 周波数帯域
  • 30Hz~60 kHz
  • 43Hz~26.5kHz
  • 39Hz~28kHz
  • 32Hz ~ 50KHz
  • 45~50Hz
  • 外形寸法
  • 224 × 942 × 248mm
  • 840×212×282mm
  • 1150x294x371mm
  • 270×1060×425mm
  • 230×922×260mm
  • 質量
  • 10.0 kg
  • 11.0kg
  • 29kg
  • 30.7Kg
  • 約11.5Kg

高級スピーカーを中古で購入する際の注意点

今やさまざまな場所で手軽に中古品が売買され、高級スピーカーも例外ではありません。良いものが安く手に入るのは魅力的ですが、中には「失敗した」という経験のある人も少なくありません。中古品を購入する際には、いくつかの注意点があります。

製造年数をチェックする

スピーカーには、さまざまな電子部品が使用されています。当然、生産から年数が経過すれば劣化し、さまざまな不具合が発生する可能性が大きくなります。また、スピーカー内には多くのコードが配線され、古くなれば断線している場合も少なくありません。

 

中古品を購入する際には、まずは製造年月日をチェックしましょう。一般的にステレオなどの商品の部品保管年数は8年となっています。少なくとも製造後8年以内の商品から選ぶのがベストです。

設置場所に合ったサイズのものを選ぶ

素晴らしい再現性のスピーカーでも、聴く環境に合わなければ魅力も半減してしまいます。部屋に置けないようなサイズのものは論外ですが、スピーカーとの距離も音を楽しむためには重要な要素です。

 

設置場所の広さとスピーカーのサイズを考えて、もっとも効果的なものを選ぶようにしましょう。そのためには、型番などからメーカーのサイトで仕様を確認することも必要ですね。

付属品が揃っているかチェックする

中古の高級スピーカーを購入する際には、ケーブルやリモコンなどの付属品に欠品がないかチェックすることも重要です。メーカー独自のケーブルやリモコンなどは、なかなか入手できない場合もあります。特に年数の経ったものは要注意。

 

あまり使用しない付属品はなくても困りませんが、最低限必要なものは必ず確認しましょう。

オーディオマニアが選ぶ世界最高のスピーカーとは

高級スピーカーはかなり種類が多く、迷う方も多いはずです。オーディオマニアの方々は、海外のスピーカーを選ぶ傾向にあります。海外のスピーカーには各国の特徴がよく出ているため、自分に合った国のものを探している方が多いです。

 

例えばアメリカの「JBL」やイギリスの「Bowers & Wilkins」など、製造国によって全く違った音質が楽しめます。オーディオマニアに近づきたい方は、ぜひ海外メーカーのスピーカーにも注目してみてください。

まとめ

高級スピーカーの選び方と人気でおすすめの商品をランキング形式でご紹介してきましたが、好みの高級スピーカーはみつかりましたでしょうか。個性が強い高級スピーカーの数々を楽しみながら選んでいただければ幸いです。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年08月26日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】アクティブスピーカーの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】アクティブスピーカーの人気おすすめランキング15選

スピーカー
天井スピーカーの人気おすすめランキング15選【迫力のある音響を】

天井スピーカーの人気おすすめランキング15選【迫力のある音響を】

スピーカー
ブックシェルフスピーカーの人気おすすめランキング15選【2021年最新版】

ブックシェルフスピーカーの人気おすすめランキング15選【2021年最新版】

スピーカー
【カレー研究家監修】レトルトカレーの人気おすすめランキング80選【2021年最新版】

【カレー研究家監修】レトルトカレーの人気おすすめランキング80選【2021年最新版】

レトルト・惣菜
【2021年最新版】パソコン周辺機器の人気おすすめランキング36選【使いやすさ向上】

【2021年最新版】パソコン周辺機器の人気おすすめランキング36選【使いやすさ向上】

パソコンサプライ品
有線イヤホンの人気おすすめランキング21選【ソニーのものやiPhone対応のものも】

有線イヤホンの人気おすすめランキング21選【ソニーのものやiPhone対応のものも】

イヤホン・ヘッドホン