イヤホンメーカーの人気おすすめランキング15選【自分にあったイヤホンを】

記事ID3913のサムネイル画像

スマートホンで音楽を聴く際はイヤホンの質に重点が置かれます。優れた製品を販売しているメーカーが多く、その中でもおすすめのイヤホンを15選ランキング形式でご紹介します。選び方や簡単なお手入れ方法までご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

どこでも音楽を聴くためのイヤホン

スマートフォンやポータブルミュージックプレイヤーの音質性能も非常に上がっており、どこにいてもどんなときにでも好きに音楽を楽しむことができるようになってきました。最近はイヤホンの種類がかなり増えつつあるのをご存じでしょうか?

 

音楽を持ち運べる技術は昔からありますが、現代で外出先で音楽を聴く場合はスマートホンやポータブルミュージックプレイヤーだけでは音楽を聴くことはできません。音楽を聴くにはイヤホンが必要で、イヤホンの質によっては音楽がより鮮明に聴こえます。

 

そこでこの記事では外出先で音楽を楽しむために必要不可欠なイヤホンを音質や機能、形状といった性能や特徴、そして価格を比較しておすすめのイヤホンを15選でランキングにさせていただきます。今現在のイヤホンで満足されている方も、これからイヤホンを変えようと検討している方々にも是非参考にしていただきたいです。

イヤホンとメーカーの人気ランキング15選

15位

ソニー(SONY)

WI-SP500 PQ

価格:6,535円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い装着性

SONYは日本国内に留まらず世界的に人気のある家電用品メーカーです。そんなSONYはイヤホンも販売しており、性能や機能を基盤としたSONYというメーカーの安心性を使用者に与えます。

 

SONYの「WI-SP500 PQ」について説明させていただきますと、こちらのイヤホンは従来の有線イヤホンではなく無線のワイヤレスイヤホンとなっており、より手軽にイヤホンを装着して手軽に音楽を楽しむことができます。

 

ワイヤレスイヤホンにも多数種類がございますが、こちらのイヤホンはイヤホン同士のケーブルがございますので万が一の失くす心配も少なく、耳に装着すれば高い装着性があります。

機能IPX4相当の防滴対応形状ワイヤレスイヤホン

口コミを紹介

最初からソニーにすれば良かった。低音もふくめ音がふくよかになりました。カナル型のワイヤレスはなぜか一日付けていると鼓膜が腫れるのですが、こちらは開放型なので楽です。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

パイオニア(Pioneer)

SE-CH9T

価格:7,588円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

着脱式コード

pioneerというメーカーは誰もが知る超有名音響機器メーカーです。そんなpioneerが世に出すイヤホンですから、素晴らしい機能を持っていることは間違いありません。こちらのイヤホンは昔ながらの有線イヤホンですが、音質にこだわりたいイヤホンを望む方々にとっては素晴らしいイヤホンです。

 

SE-CH9Tというイヤホンのことを詳しく説明させていただきます。SE-CH9はハイレゾ対応のイヤホンですので中低音がクリアに聴こえ、また高音域も美しく伸びますので素晴らしい音質を持っています。一万円以下の価格で販売されているイヤホンにしては素晴らしい性能や機能を持っていますので、コスパ重視の方々におすすめいたします。

 

こちらのイヤホンはコードが着脱可能ですので、コードが損傷した場合でも取り換えれば長く愛用できる製品です。

機能コードの着脱可能形状ダイナミック

口コミを紹介

音質良好。ワイヤレスを使っていたが 時々途切れるのがストレスでまた有線へ。
音は丸い印象。変にとがっていなくていい感じ。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

Anker

SoundBuds Sport NB10

価格:14,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

優れた防水性

Ankerというメーカーはもともと携帯電話の周辺機器であるモバイルバッテリーや急速充電期の開発と販売をしているメーカーで、現在販売する製品はさらに幅広く、イヤホンやオーディオといった音楽関連の製品も多数開発されています。

 

「SoundBuds Sport NB10」もAnkerのイヤホン製品であり、現在の主流であるワイヤレスイヤホンに属します。ワイヤレスイヤホンにも多数の種類がありますが、こちらの製品はオーバーイヤー型のフックがついているタイプですので、激しい運動をするさいでも耳から外れません。

 

機能も従来のイヤホンと比べると一目瞭然であり、IPX5防水規格対応ですので、雨の中のランニングや激しいスポーツをした際に出る汗でもイヤホン本体への影響はございません。

機能防水規格IPX5形状オーバーイヤー型

口コミを紹介

操作性、装着感良好です!!
音質はお世辞にも良いとは言えませんが、私はジム用なのでランニングマシンや筋トレ中には全く気になりません。
副産物ではありますが、耳にかけるタイプなので、メガネが固定されるので、ランニングマシンで走ってもメガネが落ちて来ないので快適です。

出典:https://review.rakuten.co.jp

12位

ソニー(SONY)

h.ear in 2 IER-H500A

価格:8,920円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイレゾ対応

世界的に超有名な家電用品メーカーSONYの有線イヤホン「h.ear in 2 IER-H500A」はハイレゾ対応の高音質イヤホンです。価格は一万円以下ですが、やはりイヤホンとしては高価な製品です。

 

この「h.ear in 2 IER-H500A」という製品は価格以上の性能や機能が充実していますので、コストパフォーマンスを考えるならばいいイヤホンといえます。機能としては中音低音から響く高音までクリアに聴こえるハイレゾが最も魅力です。

 

メーカーがSONYというだけで製品の質が高く、耐久性なども安心できる優れた有線イヤホンです。

機能リモコン・マイク付き形状カナル型

口コミを紹介

めちゃくちゃ綺麗で好きな音です。
Xperia XZ1で聴いてます。
やっぱりソニー製の機器と相性良さそうですね!超好きです。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ソニー(SONY)

WI-C400

価格:4,903円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長時間ワイヤレス

SONYがメーカーのワイヤレスイヤホン「WI-C400」をご紹介させていただきます。こちらの製品は首掛けフックのついたワイヤレスイヤホンです。ワイヤレスですのでコード擦れのノイズが気になりませんし、マイク付きなポイントもビジネスシーンで活躍します。

 

SONYがメーカーの「WI-C400」はワイヤレスイヤホンです。ワイヤレスイヤホンにはコード擦れのノイズ音やコードのたるみといった要素が排除された非常に優れたイヤホンですが、デメリットが存在します。それはバッテリーの消費時間です。

 

「WI-C400」はワイヤレスイヤホンのデメリットであるバッテリーの消費時間が従来のイヤホンと比較してもとても長く、最大で約20時間のワイヤレスリスニングが可能です。

機能バイブレーション形状カナル型

口コミを紹介

バッテリーが長持ちで低価格のものを探していてこの製品を購入。
音質にはあまり期待していませんでしたがなかなか良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ソニー(SONY)

MDR-XB55

価格:2,948円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

心地よい重低音

SONYがメーカーの「MDR-XB55 」は本体がとても軽く、内蔵されている12mmドライバーユニットが音を高感度に伝えます。またグルーブ感を使用者に対して直接伝えるベースブースターという機能も搭載されているため、臨場感あふれる重低音サウンドを楽しめます。

 

SONYの「MDR-XB55 」はワイヤレスイヤホンではなく従来と同じ構造である有線イヤホンです。ワイヤレスイヤホンや有線イヤホンにはそれぞれメリットデメリットがありますが、有線イヤホンのメリットは高い音質です。音楽プレーヤーに直接節度くすることで、ダイレクトに高音質を楽しめます。

機能ベースブースター形状カナル型

口コミを紹介

絡みにくいケーブルってよくどこのメーカーでも言ってたりしますが、実際買ってみると絡んだりするんですよね。
でも、この商品本当にケーブル絡まないです! なんで絡まないのか不思議なくらい絡みませんw

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

SOUL

ST-XS2

価格:7,357円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高音質なワイヤレスイヤホン

SOULというのはアメリカのオーディオメーカーです。SOULの「ST-XS2」は完全ワイヤレスイヤホンと公式に言われており、そう謳うようにワイヤレス機器としては最も重要な機能であるBluetoothのレベルがBluetooth5.0となっているため、通信速度や通信距離が伸びています。

 

SOULの「ST-XS2」の大きな機能はBluetoothのレベルの高さだけではなく、ワイヤレスイヤホンとしては嬉しいACCという高音質で音を転送させる機能がついているため、コンパクトなワイヤレスイヤホンでも高音質の音が楽しめます。

 

またこの製品の魅力は防水規格IPX7という高い防水機器であることも上げられます。汗は勿論のこと雨の日に使用しても危機への影響はありません。

機能防水規格IPX7形状カナル型

口コミを紹介

SOUL が売りにしてる重低音だけでなく、高音もそこそこ冴える。スイッチ一つで外部の音が入り、外さずに会話ができるのが便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

beats by dr.dre

BeatsX

価格:9,416円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

便利な高速充電

beatsというメーカーも音響機器メーカーですが、beatsが製造販売する「BeatsX」は非常に軽くスタイリッシュなデザインでありながら非常に優れた性能を持ち合わせています。

 

細身の「BeatsX」の優れている機能の一つとしてFast Fuelという機能が存在します。Fast Fuelとはバッテリーの残量はわずかな場合でも約5分間で約2時間再生できるようになるように急速充電が可能です。

 

「BeatsX」のFast Fuelを実現させるためには相応のバッテリー容量が必要ですが、細身な本体ながらバッテリーの最大持続時間は約8時間と非常に長いです。

機能Fast Fuel形状インイヤー

口コミ紹介

イヤホンもすごいフィットして、首にかけてても全然気にならないのがすごい

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

SoundPEATS

TrueFree+

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚異の持続時間

SoundPEATSという音響機器メーカーが製造して販売する「TrueFree+」も価格は性能を考えれば非常に安価のため、世界で人気の製品です。人気の秘密はいくつかありますが、まずは価格の低さが一番に挙げられます。そして二番にバッテリー持続時間の長さです。まだまだありますので説明していきましょう。

 

「TrueFree+」の最大の魅力は価格の低さにありますが、ワイヤレスイヤホンとしての魅力はバッテリーの持続時間が最大約35時間と非常長いことが挙げられます。またこのイヤホンは防水仕様でありながらマイク機能も付いていますのでビジネスシーンで活躍できます。

 

スタイリッシュなデザインも非常に人気ですので、おしゃれなアイテムとしても魅力的です。

機能自動ペアリング形状イヤホン

口コミを紹介

大きさが小型で使いやすいです。
私の耳にすごくフィットします!!違和感も無いし、軽いし、凄いフィット感です!!

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

JVCケンウッド

HA-FX27BT

価格:1,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安価で使い勝手がいい

音響機器メーカーのJVC製造販売する「HA-FX27BT」は税抜価格が2000円を切る程安価なワイヤレスイヤホンです。他のワイヤレスイヤホンと比較しても最安値級の価格設定の製品です。

 

「HA-FX27BT」はただ安いだけではなく、ワイヤレスイヤホンに基本的に搭載されている機能は搭載されていますので、緊急にイヤホンが必要になった場合などに購入するのがおすすめです。バッテリー持続時間は約4.5時間でコードにリモコンがついているため使い勝手もいいです。

 

コチラのワイヤレスイヤホンは防水仕様ではなく防滴仕様ですので、雨量の多い雨時や激しいスポーツをする際に大量の汗をかぐこと危惧される場合での使用はおすすめしません。

機能防滴機能形状ダイナミック型

口コミ紹介

イヤホンは価格により音質はピンきりだが
価格の割に音がいいと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ソニー(SONY)

WI-C300

価格:2,791円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

優れた操作性と機能

SONYの製造販売するWI-Cにはいくつかのシリーズが存在し、「WI-C300」もその一つの製品になります。WI-Cシリーズは販売されることに性能や機能が改善され、進化し続けている日本国内のみならず世界にも非常に人気なワイヤレスイヤホンです。

 

「WI-C300」の機能として素晴らしいのが、SBCとAACに対応しているワイヤレスイヤホンだというポイントです。こちらの機能は有線のイヤホンの方が有利な高音質の劣化を防ぐという性能をワイヤレスで実現された物で、無線でも変わらず高音質の音を楽しむことができます。

 

優れた機能を持っているのにも関わらずが3000円を切る安価な点もポイントが高いです。安く間違いない製品が欲しい方にはおすすめのイヤホンです。

機能SBC形状ヘッドホン

口コミ紹介

耳に入れる部分がかなり小さいので圧迫感がない
・充電が早い
・高い音低い音が全然聞こえないということがない
・接続も普通に安定してると思う

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ソニー(SONY)

WI-SP600N

価格:14,463円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

外部ノイズをカット

SONYの製造販売する「WI-SP600N」が発売されたのは2018年と比較的日が浅いですが、相応の最新技術が組み合わされた非常に優れたワイヤレスイヤホンということは間違いがありません。

 

SONYの製造販売する「WI-SP600N」の最も注目するべき性能はノイズキャンセリング機能にあります。ノイズキャンセリングといえば大型のヘッドホンについている外部の音を遮断する機能ですが、その機能がとうとうワイヤレスイヤホンという小型音響機器にも付けられました。

 

また高音質フォーマットであるAACにも対応していますので、レベルの高い音質をお楽しみいただけます。

機能ノイズキャンセリング形状ワイヤレスイヤホン

口コミを紹介

WM用をずっと探して検討していました。
色々タイプはあるが、使いやすさで選択しました。
防水機能もあって良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ゼンハイザ―

IE 40 PRO

価格:11,664円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

歪みの無い音を楽しめる

ゼンハイザーという音響機器メーカーが製造販売する「IE 40 PRO」はプロフェッショナルなオーディオの世界で培われた技術の結晶といえます。コンパクトなデザインですが、イヤホンの根元からケーブルの着脱が可能ですので、本体の劣化を防げます。

 

またダイナミックドライバーシステムによって歪みのいない音をストレスなく使用者に伝えますので、音質が気になる方々にもおすすめされている有線イヤホンです。

 

有線イヤホンの弱点とされるケーブルの劣化が度外視されたこちらの有線イヤホンは、自分だけのイヤホンを作っていきたい方におすすめです。

機能着脱可能ケーブル形状イヤホン

口コミを紹介

音質が良い!
重低音もよく響く!
軽量!
イヤホンのケースも付いている!!
耳に合わせやすい!!

文句無し!!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

AVIOT

TE-D01d

価格:11,683円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高の音と最高のデザイン

日本国内のオーディオメーカーであるAVIOTが製造販売する「TE-D01d」ですが、音質や操作性といった性能は勿論のこと、ワイヤレスイヤホン自体のデザインのよさも非常に人気が高いです。

 

「TE-D01d」にはメーカーが開発した専用チップ、QCC3026を搭載しており、その機能とは従来のワイヤレスイヤホンの概念を上書きするほどに高い解像度と高音質を実現させています。それに付け加えてAACやaptxにも対応しているため、性能に関しては隙がありません。

 

またこちらのイヤホンは最大で約100時間のバッテリー持続を謳っており、無充電状態でも気にすることなく音を楽しめます。

機能専用チップQCC3026形状イヤホン

口コミを紹介

高音から低音までバランスよく出ており、高音域(トランペットなど)はとても綺羅びやかでクリア、低音もしっかり聞こえており音圧を感じます

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Apple(アップル)

AirPods with Charging Case

価格:19,213円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

絶大な信頼性と操作性

Appleは世界中に知れ渡る超有名なデバイスメーカーです。そんなAppleが「AirPods with Charging Case」というワイヤレスイヤホンも製造販売しているのです。こちらの製品はApple製品に共通する機能が幾つもあり、使い勝手は他のワイヤレスイヤホンと比較しても段違いにいいです。

 

優れた機能として他のApple製デバイスで簡単に設定ができ、また瞬時に接続することができるため、ワイヤレスイヤホン特有の瞬時のタイムロスがないため操作がノンストレスです。

 

Apple製品だと使用者が認識する機能として、siriにアクセスできる機能も存在します。使い方はご存知の通り「Hey Siri」と声をかけるだけです。

機能Apple製デバイスへのアクセス形状カナル型

口コミ紹介

通話もできて
iphonと使うことで他のイヤホンでは真似できないところまできてます!!
変な日本語になってますがとにかくヤバイ!!
もう一個買ってもいいくらい

出典:https://www.amazon.co.jp

おすすめイヤホンメーカー

メーカーごとの特徴は様々です。ご自身のニーズに合わせた会社から選ぶようにしましょう。

SONY(ソニー)

誰もが耳にしたことのある会社、ソニー。国内シェア率も非常に高く、ハイレゾの製作にも力を入れています。性能もデザイン性も抜群で、どのイヤホンを購入しようか迷っている蚊方に特におすすめのメーカーです。

audio-technica(オーディオテクニカ)

最近人気が出てきた日本のメーカー、オーディオテクニカ。非常にききやすいのが特徴で、商品と値段の幅がかなり広いです。自分の好みのイヤホンが見つからない方や、値段を重視して購入したい方におすすめです。

JBL(ジェイビーエル)

世界最大・最高峰と呼ばれるオーディオメーカーです。幅広い人に適したくせのない音が特徴で、とにかく高性能なイヤホンが揃っています。高い技術力を誇っていて、イヤホンのデザインも非常におしゃれです。

beats by dr.dre(ビーツ・バイ・ドクター ドレ)

見た目がおしゃれで大学生の中で特に流行っているビーツ。おしゃれなだけでなく、音質が良いと評判です。有名なアーティストなども使用しており、人気がとどまりません。音質はもちろんのこと、デザインも重視したい方におすすめです。

イヤホンのおすすめな選び方

日本国内のメーカーに限らず、人気の高いおすすめされるメーカーの人気イヤホンを15選ランキングで紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。次はイヤホンを実際選ぶ際におすすめする選び方を説明させていただきます。

有線かワイヤレスかで選ぶ

昔は有線のイヤホンしか存在しませんでしたが、現代では無線のワイヤレスイヤホンという物も存在します。イヤホンを選ぶ際に考慮したいのがこの二種類どちらを選ぶかということです。それぞれにメリットデメリットがありますので確認しましょう。

有線イヤホンはバッテリー切れの心配なし

有線イヤホンは昔から馴染深い構造のイヤホンです。有線のメリットは音がプレーヤーからダイレクトに伝わるので高音質を保てます。またワイヤレスイヤホンと違いイヤホン本体のバッテリー切れや持続時間もございませんので安心性もあります。デメリットはコードが擦れることによってノイズが発生することです。

Bluetoothなどのワイヤレスイヤホンはコードレスで身軽

ワイヤレスイヤホンはプレーヤーとイヤホンを線でつながないイヤホンです。メリットとしては身軽でスタイリッシュであり、コード擦れなどの妨げやノイズがありません。デメリットは通信時の音の途切れが発生する場合があります。

コストパフォーマンスで選ぶ

イヤホンは有線無線どちらにも優れたポイントがあり、それはメーカーや製品自体の仕様で左右されます。有線無線にとらわれずいいイヤホンを選びたい場合はコストパフォーマンスを考えて選ぶことをおすすめいたします。

安価な製品はよく検討して

安い製品はイヤホンやメーカーに限らず性能が悪く想われがちです。しかし、実際に使用や口コミなどの評価を確認すると安価でも性能や機能が優れている製品も存在します。安くいい物を手に入れたい場合は検討を繰り返すのをおすすめいたします。

安い製品はイヤホンやメーカーに限らず性能が悪く思われがちです。しかし、実際に使用や口コミなどの評価を確認すると、安価でも性能や機能が優れている製品も存在します。安く良い物を手に入れたい場合は検討を繰り返すのをおすすめいたします。

高価でも性能が良く長持ちすれば高コスパ

一番間違いのないイヤホンの選び方は性能も評価も納得がいく物であり、口コミ評価も高く、実際に自分で使用して自分に合うイヤホンを選ぶことです。価格は高価になりがちですが、満足度は満たされますので結果的にコストパフォーマンスも高くなります

雨でも安心な防水機能

雨の日や水溜まりや水場などにイヤホンを落としてしまったときに、防水機能が付いていると安心です。イヤホンは電子機器なので、雨の水で壊れてしまうことがあります。できるだけ防水のものを選びましょう。

ハイレゾ対応だと音質も抜群

従来のCD以上の高音質を楽しめるハイレゾ音源を楽しみたいときは、ハイレゾ対応のイヤホンでなければいけません。対応する機種は再生周波数帯域が40kHz以上のものという基準があります。音質を重視したい方は確認してみてください。

周りの音が気になる方はノイズキャンセリング機能

ノイズキャンセリング機能とは、逆位相と呼ばれる騒音を打ち消す音波を発生させる機能のことです。周囲の騒音が気になるという方も、快適に音楽を楽しむことができます。ノイズキャンセリング機能はバッテリーがないと使えないので、注意しましょう。

 

 

 

 

自分仕様にカスタマイズしたいならリケーブル対応機

李家0-ブル対応とは、イヤホン本体とケーブルの接合部の着脱ができるタイプのイヤホンのことを言います。中にはBluetoothワイヤレス接続にも付け替えることで対応させることができます。

 

自分だけのデザインにカスタマイズしたいという方はぜひ選んでみてください。

 

その他のイヤホンの種類

イヤホンにはたくさんの種類があるので、種類別にご紹介します。自分の使い方に適したイヤホンを選びましょう。

骨伝導イヤホンは事故防止になる

骨伝導イヤホンはこめかみなどにイヤホンをくっつけて外耳や中耳(鼓膜)などを通さずに直接内耳(聴覚神経)に音を届ける事ができます。こうする事で音楽や通話をしながらでも周りの音は外耳や中耳を通して聞こえるため事故や注意散漫に陥ることを防ぐ事ができます。

 

ですが骨伝導イヤホンは音漏れが大きくなってしまうというデメリットがあります。直接骨を振動させてしまうため、音が放射されて周りに音が聞こえやすくなってしまいます。音漏れのレベルは通常のイヤホンやヘッドホンよりも大きくなる傾向にあります。

 

そのため、電車やバス内など至近距離に人がいる場合などは音漏れを考慮して、音量調整は必ず行ってください。他にも音漏れ軽減の骨伝導イヤホンも多く開発されていますので、そちらを選ぶのもおすすめです。

バイノーラルイヤホンは立体的に聴こえる

バイノーラルイヤホンは最近出始めたイヤホンです。通常イヤホンで聞く音は平面的な音になるのですが、バイノーラルイヤホンで聴くとまるで自分がその場にいるような立体的な音を聴く事ができます。この音を立体音響とも言います。

 

バイノーラルで最近人気なのがASMRです、ASMRとは「Autonomous Sensory Meridian Response」略で「聴覚の刺激などで快感を得たり、気持ち良くなったりする」事を言います。そしてそのASMRの動画に用いられているのがバイノーラル録音と言います。

 

こうした立体音響は今後のスタンダードにもなってくる大きな市場でもありますので、ぜひ試してみてください!

モニターイヤホンは正確な音を聴きたい方におすすめ

モニターイヤホンは正確な音を聴くのに優れているプロの方がよく使うイヤホンです。元々は音響関係者やアーティストなどの音を仕事にしている方々向けのイヤホンでしたが、最近では音響マニアや一般の人にも広く使われるようになっています。

 

音を正確に聴きたい方は細かい音もしっかり聞こえるものを選ぶのがおすすめですが、そうでなく趣味で音楽鑑賞がしたい場合は音のバランスがいいものを選ぶのがおすすめです。

イヤホンのお手入れ方法

通勤中や通学中、ちょっとした外出にもイヤホンをつけて出る人が多くなりましたが、イヤホンの中ってすごく汚いですよね。放って置くと音質に影響が出るどころか耳の病気につながる可能性もありますので定期的な掃除は欠かさないでください。

イヤホンが汚れる原因

[耳垢]

イヤホンは耳の中に直接入れるのでどうしても耳垢がこびりついてしまいます、またイヤホンを入れることで蒸れてしまうので耳垢も少しウェットなタイプになってしまいやすく、イヤホンの中に溜まって取りにくいものになります。

 

[ポケットやカバンのゴミ]

イヤホンはポケットやカバンの中に入れておくとゴミやホコリ、繊維などが入り込んで汚くなってしまいます。また耳に入れる部位がゴム製品だと余計巻き込んでくっつけやすいです。

 

[手垢]

イヤホンを装着するときに手が清潔でないと手垢がついてしまいます。手垢や手の雑菌はあまり目には見えませんがゴミやホコリ耳垢などで繁殖してイヤホンが雑菌まみれになってしまいます。

カナル型イヤホンの掃除方法

[イヤーピース]

耳に直接入れるゴム製品の部分のことです、ここのイヤーピースをまず外します。

 

[ウェットティッシュ]

ウェットティッシュでイヤーピース部分を拭きます表も裏も拭きますが裏はイヤーピースをひっくり返して拭いてください。

 

[歯間ブラシ]

イヤーピースに溜まった汚れを歯間ブラシでしっかり掻きだしてください、またイヤホン本体のメッシュ部分などの汚れも掻き出します。

 

[仕上げ]

最後にイヤホンの線の部分などを全体的にもう一度拭けば完了です。

インナー型イヤホン

インナー型イヤホンは全てがくっついているので何かを取り外す必要はありません。音が聞こえるメッシュ部分を普通の歯ブラシで優しく、優しくこすります。そのあとにウェットティッシュで拭き上げれば完成です。

イヤホン・メーカーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5012194の画像

    Apple(アップル)

  • 2
    アイテムID:5012168の画像

    AVIOT

  • 3
    アイテムID:5012153の画像

    ゼンハイザ―

  • 4
    アイテムID:5012142の画像

    ソニー(SONY)

  • 5
    アイテムID:5012120の画像

    ソニー(SONY)

  • 6
    アイテムID:5012091の画像

    JVCケンウッド

  • 7
    アイテムID:5012072の画像

    SoundPEATS

  • 8
    アイテムID:5012047の画像

    beats by dr.dre

  • 9
    アイテムID:5012007の画像

    SOUL

  • 10
    アイテムID:5011593の画像

    ソニー(SONY)

  • 11
    アイテムID:5011588の画像

    ソニー(SONY)

  • 12
    アイテムID:5011584の画像

    ソニー(SONY)

  • 13
    アイテムID:5011575の画像

    Anker

  • 14
    アイテムID:5011578の画像

    パイオニア(Pioneer)

  • 15
    アイテムID:5011581の画像

    ソニー(SONY)

  • 商品名
  • AirPods with Charging Case
  • TE-D01d
  • IE 40 PRO
  • WI-SP600N
  • WI-C300
  • HA-FX27BT
  • TrueFree+
  • BeatsX
  • ST-XS2
  • MDR-XB55
  • WI-C400
  • h.ear in 2 IER-H500A
  • SoundBuds Sport NB10
  • SE-CH9T
  • WI-SP500 PQ
  • 特徴
  • 絶大な信頼性と操作性
  • 最高の音と最高のデザイン
  • 歪みの無い音を楽しめる
  • 外部ノイズをカット
  • 優れた操作性と機能
  • 安価で使い勝手がいい
  • 驚異の持続時間
  • 便利な高速充電
  • 高音質なワイヤレスイヤホン
  • 心地よい重低音
  • 長時間ワイヤレス
  • ハイレゾ対応
  • 優れた防水性
  • 着脱式コード
  • 高い装着性
  • 価格
  • 19213円(税込)
  • 11683円(税込)
  • 11664円(税込)
  • 14463円(税込)
  • 2791円(税込)
  • 1990円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 9416円(税込)
  • 7357円(税込)
  • 2948円(税込)
  • 4903円(税込)
  • 8920円(税込)
  • 14800円(税込)
  • 7588円(税込)
  • 6535円(税込)
  • 機能
  • Apple製デバイスへのアクセス
  • 専用チップQCC3026
  • 着脱可能ケーブル
  • ノイズキャンセリング
  • SBC
  • 防滴機能
  • 自動ペアリング
  • Fast Fuel
  • 防水規格IPX7
  • ベースブースター
  • バイブレーション
  • リモコン・マイク付き
  • 防水規格IPX5
  • コードの着脱可能
  • IPX4相当の防滴対応
  • 形状
  • カナル型
  • イヤホン
  • イヤホン
  • ワイヤレスイヤホン
  • ヘッドホン
  • ダイナミック型
  • イヤホン
  • インイヤー
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • オーバーイヤー型
  • ダイナミック
  • ワイヤレスイヤホン

人気イヤホンとメーカーの魅力まとめ

人気イヤホンメーカーとその製品を15選のランキングで紹介させていただきました。イヤホンはメーカーや製品によっては性能や機能も全く違います。おすすめさせていただいた選び方を参考にして是非自分に合ったイヤホンを手に入れてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ