【2021年最新版】イヤモニの人気おすすめランキング10選【普段使いにおすすめなものも紹介!】

記事ID10684のサムネイル画像

イヤモニは種類が多く選び方がわからないといったケースになりやすいものです。判断基準が専門的で複雑です。そこで今回はイヤモニの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。是非参考にしてみてください。

ライブ活動をしているアーティストのためのイヤモニを紹介

イヤモニというものは、基本的には普段使いをするために使われるものではありません。もとは仕事として音楽製作に従事しているクリエイターや、ライブ活動をしているアーティストのために設計されているものなのです。

 

しかし日常生活の中で高音質で音楽を楽しみたい、クリアな音で映画やアニメなどの動画を楽しみたいといった需要も高まっていますよね。実はイヤモニには聴きたい音によって適した種類があるのです!

 

そこで今回はイヤモニの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは適した音域・ノイズ・装着感などを基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみてください。

イヤモニの選び方

イヤモニを選ぶときに重要なことは、自分がどんな音を求めているのかです。それぞれのイヤモニで得意とする音域は異なります。

ドライバーユニットで選ぶ

イヤホンの再現できる音域を決めるのが、このドライバーユニット。得意とする範囲がそれぞれ異なるので、自身の求めている音に応じて選び分けが必要です。

リーズナブルな値段のものが欲しい方は「ハイブリッド型」がおすすめ

基本的に手に入りやすいのがダイナミック型です。低音から高音まで表現してくれるドライバーであるため、比較的新しい曲を魅力的に聞くことが可能となっています。また比較的リーズナブルな価格帯で展開されるので、初心者にも安心です。

 

バランスよく音を表現してくれるため、普段使い用にイヤモニを考えている方におすすめの種類といえます。低音を得意としているので、パワフルかつはっきりとした音を求めている方にもよいでしょう。

繊細な表現力を求めている方は「バランスドアーマチュア型」がおすすめ

音楽製作やクリエイティブな活動でイヤモニを使用するならば、バランスドアーマチュア型がおすすめです。繊細な音の表現を可能としており、中音域から高音域までを得意としているイヤモニになっています。

 

微細な音の変化も認識が可能となっているため、モニター用として最適です。普段使いをする場合は、管楽器や弦楽器が多く使用されている音楽を聴くのに向いています。音の分離についても得意としているので、音の聞き分けを求めている場合にも適している種類です。

用途別に選ぶ

何を買うにしても何に使うのかが明確にわかっていなければ、自分に合っていない商品を買うことになってしまいます。まずは用途に合わせたイヤモニの選び方について見ていきましょう。

日常生活のお供にしたい方は「耐久性」が良いものがおすすめ

日常生活の中でイヤモニを必要としている場合は、音質だけでなく耐久性にも気を配る必要があるでしょう。移動時につかうとなればケーブルと身体が絡まって衝撃を与え、故障してしまう可能性も考えられます。

 

そのためケーブルに補強が加えられているものを選択すると安心して利用ができるでしょう。ケーブルの交換が可能なリケーブル式のイヤモニを選択すれば、断線対策も容易にできます。またしっかりとした音が特徴の「ダイナミック型」を選択すると使いやすいです。

音楽制作などに利用したい方は「バランス」を意識するのがおすすめ

繊細な音の表現が必要となってくる音楽制作においては、音が正しく聴ける状態であることが大切です。そのため繊細な音も拾い、バランスよくチューニングされた「バランスドアーマチュア型」がおすすめ。

 

また普段使いについても視野を広げるのであれば、ダイナミック型とバランスドアーマチュア型それぞれの特徴を兼ね備えている「ハイブリッド型」も見てみるとよいでしょう。幅広い用途に対応するため、1つであらゆる場面に活躍します。

パフォーマンスを向上させたい方は「遮音性」のあるものがおすすめ

ライブなどで使用する機会も多いイヤモニなので、その遮音性には意識が必要です。市販のイヤモニに関して遮音性はイヤーピースによって決まります。自分の耳の形に合ったピースを選択することが重要です。

 

遮音性の高さは、音をより明確に聞き分けるために必要不可欠です。特にステージ上など、大音量で複数の音が飛び交う環境でこそ真価を発揮するでしょう。質の高い活動のためにも、ぜひ視野に入れてみてください。

自由度を格段に上げたい方は「ワイヤレスイヤモニ」がおすすめ

動きをステージ上で加えていくにつれて、有線でアンプと直接つないでモニターをすると動きが制限されてしまうでしょう。自由なパフォーマンスをするためには、独立してイヤモニを使用できる環境が必要になります。そこで登場するのがワイヤレスイヤモニです。

 

厳密には無線での送受信機とイヤモニを組み合わせて使用します。より強固な通信を可能とするシステムであるため、電波の飛び交う場所であっても問題なくパフォーマンス可能です。免許の不要な周波数帯を使用しているため、気軽に導入できます。

イヤーピースで選ぶ

耳に直接当たる部分についても重要な要素です。イヤーピースには大きく分けて2つの材質がありますが、特徴が異なり使用方法にも関わってくるものです。

長く手軽に使っていきたい方は「シリコンゴム製」がおすすめ

シリコンゴム製のイヤーピースはメンテナンスが簡単として知られています。というのも材質上水洗いが可能となっており、より清潔に保ちやすく耳に優しい仕様なのです。そのほかにも柔らかく耳触りがよいというメリットがあります。

 

また耐久性も高いため長期間の使用にも適しているといえるでしょう。維持費がかからないというのは、使用に関してのハードルを下げてくます。しかし遮音性については最高とまではいかないため、プロユースで使うとなると考えものです。

遮音性を求めている方は「ウレタン製」がおすすめ

ウレタン製については遮音性が高いため、音をクリアに聴く必要がある場面では重宝されます。密着性が高いものとなっているので、耳に対して負担が大きいという側面もあり注意が必要です。

 

メンテナンスについては洗濯不可のため、使い捨てで1ヶ月程度での交換が求められます。適度な手入れをするのが面倒に感じるといったケースもあるでしょう。しかし価格が低いというメリットもあるため、習慣化してしまえばかえって使いやすくなるという側面もあります。

音のクリア度を求めている方は「カナル型」がおすすめ

イヤモニの多くはカナル型という方式で作られています。耳に入れる部分にイヤーピースが使用され、密閉感を高めたものです。この密閉感によってイヤモニから流れる音がクリアに聞こえるため、最大限に性能を体感できる仕組みとなっています。

 

カナル型のイヤモニは、音がクリアに聞こえますが、外界からの音を遮断してしまうという側面に注意です。日常生活の中で取り入れると危険となるケースもあるため、十分に注意して使用しましょう。

オーダーメイド性の高さで選ぶ

イヤモニには大きく分けて2種類の生産方法があります。イヤモニについて深く知るための重要項目となるので、ここでしっかりと学んで今後のイヤモニ選びに役立ててください。

個人の理想を追求したい方は「カスタムIEM」がおすすめ

オーダーメイドで作ったイヤモニをカスタムIEMと呼びます。このイヤモニは個人の耳の形に合わせて作られるため、密着度が高くノイズが極めて少ないことが特徴です。しかし相場が10万円を超えるなど手が出にくい側面があります。

 

音の調整やデザインの決定も細かくおこなえるため、理想のイヤモニを追求できるのです。ただ調整が緻密であるため、業者での調整が数回必要となるケースがあります。すぐに使いたいといった場合は、注意が必要です。それでも究極の1点を追い求めるプロに最適のものとなっています。

コスパを求めたい方は「ユニバーサルIEM」がおすすめ

一般的に市販されているイヤモニは総称してユニバーサルIEMと呼ばれます。それほどイヤモニはユニバーサルIEMが主流なのです。カスタムIEMに比べてユニバーサルIEMの自由度は劣ってしまいます。

 

しかし、比較的価格がリーズナブルなため初心者でも手に入れやすいものとなっています。エントリーモデルからハイエンドと価格帯も幅広く展開されているため、用途と予算に合わせて選ぶのに最適です。自身に合ったイヤモニを探していきましょう。

機能性で選ぶ

日常的に快適さを保つためには、その生活に合った機能が搭載されている必要があります。特にこの部分はわかりにくく記述されているケースが多いので、ぜひ参考にして理解してください。

ノイズを少なくしたい方は「高インピーダンス」がおすすめ

インピーダンスというもの、は簡単にいうと電気抵抗に関する値で、高ければ高いほどノイズを減らすことが可能です。しかし出力する端末との相性があるため、プレーヤー類とイヤモニのインピーダンス値を合わせることをおすすめします。

 

スマートフォンなどで聴く場合は、16~30Ωを目安として選択するとよいでしょう。ただしインピーダンス値の違い過ぎる端末での使用は、故障につながりますので必ず確認が必要です。ランキングにもインピーダンスについて記されていますので、参考にしてください。

極上の音質を求めている方は「ハイレゾ対応」がおすすめ

従来の音質では物足りない方には、ハイレゾ対応のイヤモニを選択するのがおすすめです。ハイレゾ対応のイヤモニは、CD音源ではそぎ落とされている音も楽しめる設計となっているのでおすすめです。

 

そのため繊細に音を表現できるイヤモニであるからこそ最適なものといえます。ハイレゾ対応していても専用の音源が必要となるため、すべての音源がその解像度で聴けるわけではないことに注意。極上の音楽体験を追求できます。

雨の日でも安心したい方は「防水性能」のあるものがおすすめ

外に持ち出して使う方については、防水性能があるイヤモニがおすすめです。防水性能があることで利便性が飛躍します。繊細な構造をしているイヤモニなので、水にぬれて故障するのは避けたいですよね。

 

防水性があれば、外でも安心して使用ができます。防水性に関しては表記をしっかり確認して、どのレベルまで守ってくれるのか把握しておきましょう。IPX6防水以上の性能を搭載していれば、普段使いでは困らないでしょう。

shureなどの「メーカー」で選ぶのもおすすめ

イヤモニのメーカーはシュア(Shure)・ゼンハイザー(SENNHEISER)・フェンダー(Fender)などがあります。シュアは、アメリカのメーカーです。

 

高性能のイヤモニが数多く売られており、大統領の演説の際にも使われているほどです。ゼンバイザーはドイツのメーカーです。

 

主に音楽制作で用いられています。これ以外にもさまざまなメーカーのイヤモニがありますので、是非チェックしてみてください。

ダイナミック型イヤモニの人気おすすめランキング4選

ハイレゾ対応のダイナミック型イヤモニ

こちらの商品は、ダイナミック型ドライバーを搭載したモデルとなっていて、バランスのよい調整が施されています。そのため低音と高音だけでなく、中音域の再現にも力が注がれているイヤモニです。

 

このイヤモニは、遮音性も高く使用感も音楽を楽しむのに最適です。ハイレゾにも対応しているため、高い音の再現性を持ったコスパのいい1品です。普段使いに適したものといえるでしょう。

重量 200g インピーダンス 18Ω

口コミを紹介

このイヤホンの特徴としては、弾力がありつつも程よい柔らかさのある低音域と、伸びがあり嫌味のない高音域だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

業界基準のヘッドホンを元に開発されたイヤモニ

このイヤモニのモデルとなったのが、音楽業界基準とされる同社のヘッドホンCD-900STです。バランスよく低音から高音までを明瞭に表現するノウハウを注ぎ込まれているのがこのモデルです。

 

小さい見た目でありながらも、インパクトのある存在となっています。ダイナミックドライバーが放つ芯のある音持ち、ライブなどのパフォーマンスにも耐えうる設計が施されています。そのため音楽活動を助ける存在として頼もしい存在となるでしょう。

重量 7g インピーダンス 16Ω

口コミを紹介

流石に高級なヘッドホンには劣りますが、イヤホンでは最高クラスの音質では無いかと思います。数年使っていますが壊れる様子も無く、耳に引っかける形状も使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

再現性の高さを持つ、名門音響メーカーの高品質イヤモニ

音の立体感と再現性に定評のあるのがこちらの商品「IE 60」です。ダイナミック型を搭載されており、パワフルな音使いを楽しみたいユーザーに適したモデルとなっているのでおすすめです。

 

カナル型の高遮音性からよりクリアな音を感じられるでしょう。付属品も多数収録されているため、1つ購入するだけで快適な音楽ライフを楽しめます。定番SENNHEISERが表現する、音の世界に没入したい方におすすめの1品です。

重量 14g インピーダンス 16Ω

口コミを紹介

やはりゼンハイザーは期待を裏切りませんでした。音楽を聴く、ゲームをする、通話など全てにおいて抜群かつ正確な音を耳に届けてくれます。音をごまかさいイヤホン、コスパ的にも大変良い商品と思いました。MIX作業では今まで聴こえなかった音に出会える事でしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

エントリーモデルにして、音の表現力に長けた高コスパイヤモニ

イヤモニの定番ブランドともいえるSHUREのエントリーモデルです。初心者向けに設計されているにも関わらず、細かい音の表現にこだわられた1品となっています。ダイナミック型のドライバーを搭載し、パワフルな低音を体験することが可能です。

 

遮音性も非常に高く、周囲の雑音のなんと90%を除去できます。普段使いをはじめととした幅広い使用にも耐えうるイヤモニです。ケーブルも交換できるため、断線対策も可能となっています。

重量 27.2g インピーダンス 17Ω

口コミを紹介

もう下手に高いヘッドセットなどを買うより、このイヤホンで十分ですね。
音楽聞くにも、ゲームをやるにも大変満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ダイナミック型イヤモニのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7189365の画像

    Shure Incorporated

  • 2
    アイテムID:7189362の画像

    ゼンハイザー(Sennheiser)

  • 3
    アイテムID:7189359の画像

    ソニー(SONY)

  • 4
    アイテムID:7189356の画像

    SIMGOT

  • 商品名
  • SE215SPE-B+UNI-A
  • IE 60
  • MDR-EX800ST
  • MT3 PRO
  • 特徴
  • エントリーモデルにして、音の表現力に長けた高コスパイヤモニ
  • 再現性の高さを持つ、名門音響メーカーの高品質イヤモニ
  • 業界基準のヘッドホンを元に開発されたイヤモニ
  • ハイレゾ対応のダイナミック型イヤモニ
  • 価格
  • 22,000円(税込)
  • 17,055円(税込)
  • 20,960円(税込)
  • 7,800円(税込)
  • 重量
  • 27.2g
  • 14g
  • 7g
  • 200g
  • インピーダンス
  • 17Ω
  • 16Ω
  • 16Ω
  • 18Ω

バランスドアーマチュア型イヤモニの人気おすすめランキング3選

プロのステージングにも対応したバランスドアーマチュア型イヤモニ

バランスドアーマチュア型のドライバーを採用することによって、ステージ上でも正確に音を再現してくれます。その音の中立性の高さからも、モニター用のイヤモニとして最適な1品です。

 

ステージ上の大きな音から耳を保護する役目を果たし、あらゆる点において音楽活動を支える機材として役立つでしょう。またインピーダンスも25Ωと高く、低ノイズを追求されています。

重量 18.1g インピーダンス 25Ω

口コミを紹介

曲を聴いていたらここにこんなピアノの音あったんだ!?ギター部分こんな音多かったんだ!ボーカルの声めっちゃ聞こえる!ハモりが聞こえるぞ!っていう感じですっごいテンション上がりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

プロの緻密な作業にも最適な高解像度イヤモニ

バランスドアーマチュア型のドライバーを3基搭載することによって、低中高のすべての音域で高い音の再現性を誇るイヤモニです。長時間の使用を想定して作られているため、本気で音と向き合うことができます。

 

また高インピーダンスにも注目してみましょう。高いレベルでのノイズ除去が施されているため、音への没入感を保ったまま使用することができるのです。ただ通常のプレイヤーでの使用には向かないため、注意しましょう。

重量 9g インピーダンス 39Ω

口コミを紹介

解像度が高く、高い音から低い音まで綺麗に鳴ります。フラットでバランス良いのが気に入っています。モニター用ということもあり、各楽器の音がしっかりと聴き分けられて楽しいです。勿論、普通にリスニング用でも使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

着用感も音の再現も計算しつくされた高コスパイヤモニ

繊細な音の表現が得意とされるバランスドアーマチュア型のドライバー。これを片耳に8つ導入することによって、広域の周波数帯での音の再現性を高めているモデルです。装着に関しても人間工学と人肌と相性のいい素材を使用するなどの工夫がみられています。

 

またリケーブルが可能なモデルとなっているので、断線などの対応が比較的容易となっている点もありがたいです。イヤモニのカスタマイズを検討している方にも使ってほしい1品となっています。

重量 68g インピーダンス 15Ω

口コミを紹介

50時間のエイジングが終わったので、レビューなど。非エイジング状態ではカマボコな音でしたが、エイジングしたあとでは、激変。楽器が何が鳴っているか、しっかりわかります。

出典:https://www.amazon.co.jp

バランスドアーマチュア型イヤモニのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7189376の画像

    KZ

  • 2
    アイテムID:7189373の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 3
    アイテムID:7189370の画像

    ウェストン

  • 商品名
  • AS16
  • ATH-E70
  • UM Pro10
  • 特徴
  • 着用感も音の再現も計算しつくされた高コスパイヤモニ
  • プロの緻密な作業にも最適な高解像度イヤモニ
  • プロのステージングにも対応したバランスドアーマチュア型イヤモニ
  • 価格
  • 7,280円(税込)
  • 47,960円(税込)
  • 13,527円(税込)
  • 重量
  • 68g
  • 9g
  • 18.1g
  • インピーダンス
  • 15Ω
  • 39Ω
  • 25Ω

ハイブリッド型イヤモニの人気おすすめランキング3選

プレイヤーに寄り添ってきたノウハウが詰め込まれたイヤモニ

ギターでおなじみのメーカーFenderから出されたイヤモニです。パフォーマンスと密接にかかわっている企業だからこそわかる音の再現性の高さは、プロの音楽製作にも耐えうるものとなっています。

 

ドライバーのハイブリッド設計に関しては北米にて特許が取得されているほど。膨大な耳の形状を元に算出された設計で95%のユーザーにフィットする形状を採用しているので、装着感にも非の打ちどころのない製品です。

重量 45.4g インピーダンス 16Ω

口コミを紹介

使用を開始した当初は、「高音域の抜けに不足」を感じました . . . が、 気付けば、いつの間にか 高音への不満が半減して居ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

手軽な価格で高解像度が手に入るイヤモニ

低価格帯でありながらも4つのドライバーが搭載された本モデル。価格の安さから心配の声も上がりそうですが、ハイレゾの認定を受けているため音の解像度は申し分ありません。イヤーピースもサイズ別に複数付属しています。

 

購入後の装着感にも対応しています。迫力のある音を更に引き立たせるのが、不快感なく使用できるフィット感です。人間工学に基づいて設計され、日常生活のあらゆる場面での使用に耐えうるものとなっています。

重量 32g インピーダンス 16Ω

口コミを紹介

高音、中音、低音全域において絶妙なバランスで癖が無く、とても聴き易い大人の音がします。音圧、量感も申し分なく、雰囲気で聴く、迫力で聴く、等々オールラウンドの性能を持つ高品質なイヤホンかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

入門機に最適、手軽に試せるハイブリッド型イヤモニ

ハイブリッド型のイヤモニでありながらも、極めて手に入れやすい価格帯で提供されています。カナル型を採用することによって遮音性も高まり、音をより細かく体感することが可能です。

 

ダイナミック型とバランスドアーマチュア型のドライバーによって、音の再現性と低音の力強さの両方を落とし込んでいます。非常に高コスパとなっているので、入門機としても最適な1品といえます。

重量 63.5g インピーダンス 18Ω

口コミを紹介

これはすごい。エージング前は、低音が前に出て、こもってかなりドンシャリだったので、こんなもんかと思ったが、数十時間以上再生していると、非常にバランスが良くなり、中高域もしっかり出ている。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイブリッド型イヤモニのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7189387の画像

    KZ

  • 2
    アイテムID:7189384の画像

    ARKARTECH

  • 3
    アイテムID:7189381の画像

    Fender(フェンダー)

  • 商品名
  • ZST
  • T6
  • FXA6
  • 特徴
  • 入門機に最適、手軽に試せるハイブリッド型イヤモニ
  • 手軽な価格で高解像度が手に入るイヤモニ
  • プレイヤーに寄り添ってきたノウハウが詰め込まれたイヤモニ
  • 価格
  • 2,250円(税込)
  • 2,980円(税込)
  • 33,480円(税込)
  • 重量
  • 63.5g
  • 32g
  • 45.4g
  • インピーダンス
  • 18Ω
  • 16Ω
  • 16Ω

そのほかのイヤホンやヘッドフォンも見てみよう

ここまでは、イヤモニに関して紹介してきましたが、イヤモニ以外のイヤホンやヘッドフォンなども見てみましょう。

 

イヤホンは、ワイヤレスのものや有線などタイプが多くあります。ヘッドフォンに関しても、開放型や密閉型といった種類や性能があります。

 

以下のリンクでは、そんなイヤホン・ヘッドフォンの選び方とおすすめ商品を紹介しています。これを機会に是非チェックしてみてください。

まとめ

イヤモニについて種類別におすすめランキングを紹介してきました。イヤモニは知れば知るほど奥が深く、ドライバーの種類やゴムの素材などで用途が分かれてきます。自分に合ったイヤモニを見つけて、音の世界を存分に楽しんでくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月12日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】PS4ゲームソフトの人気おすすめランキング100選【名作や面白いゲームをご紹介】

【2021年最新版】PS4ゲームソフトの人気おすすめランキング100選【名作や面白いゲームをご紹介】

プレイステーション4(PS4)ソフト
【2021年最新版】コスパのいいイヤホンの人気おすすめランキング20選【コスパ最強の有線イヤホンや完全ワイヤレスも】

【2021年最新版】コスパのいいイヤホンの人気おすすめランキング20選【コスパ最強の有線イヤホンや完全ワイヤレスも】

イヤホン・ヘッドホン
【2021年最新版】モニターヘッドホンの人気おすすめランキング25選【安いものもご紹介!】

【2021年最新版】モニターヘッドホンの人気おすすめランキング25選【安いものもご紹介!】

イヤホン・ヘッドホン
2021年最新版!枕の人気おすすめランキング37選【肩こり・いびき・横向き用も】

2021年最新版!枕の人気おすすめランキング37選【肩こり・いびき・横向き用も】

布団・寝具
【2021年最新版】ニンテンドースイッチのソフト人気おすすめランキング80選【任天堂マニア監修】

【2021年最新版】ニンテンドースイッチのソフト人気おすすめランキング80選【任天堂マニア監修】

Nintendo Switchソフト
【2021年最新版】中華イヤホンの人気おすすめランキング20選【ハイエンドモデルも】

【2021年最新版】中華イヤホンの人気おすすめランキング20選【ハイエンドモデルも】

イヤホン・ヘッドホン