寝ながら使えるワイヤレスイヤホンのおすすめ人気ランキング15選【安いものも紹介】

睡眠中に家族のいびきやご近所からの生活音などの防音対策として、または自宅で寝転びながらリラックスして動画を視聴したりと、寝ながらイヤホンを使う方も増えています。そこで今回はいわゆる「寝ホン」のワイヤレスタイプの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

「寝ホン」とは寝ながらでも快適なイヤホン

通勤通学のときやスポーツ中などアクティブなシーンはもとより、最近では家でのんびりと寝ながらYouTubeでASMRを楽しんだり、誰かと通話をしたりなどといったリラックスシーンでもイヤホンを使っている方が多いようです。

 

また、周囲の生活音がうるさくて安眠のための耳栓として切実な理由で使う方もいます。こういったいわゆる「寝ホン」は、やはり横になったときにケーブルが邪魔にならないワイヤレスタイプがおすすめで、寝ながら使うのに適した機能もいろいろあります。

 

そこで今回は、寝ながら使うワイヤレスイヤホンの人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは寝ながらの快適さと機能性をポイントに作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

人間工学をもとに作られたフィット感あるイヤーチップ

人間工学により設計された物理的なパッシブノイズキャンセリング技術で作られたイヤーチップは耳にフィットし、眠りを妨げる周囲の騒音を最大24db軽減してくれます。また、超小型・軽量なので睡眠中の装着でも耳への負担が抑えられます。

 

自分の携帯などに収録された曲を楽しむ以外にも、専用の1 moreミュージックアプリには睡眠導入用の環境音30曲が収録されており、そのうち6曲が本体にダウンロードされていてBluetooth接続が切れても楽しめます。

形状 完全ワイヤレス イヤーピースタイプ カナル型
重量(本体) 片耳2.7g Bluetoothバージョン 5.0
再生時間 最大14時間 専用アプリ
マイク - ノイズキャンセリング パッシブノイズキャンセリング

寝ながら使うワイヤレスイヤホンの選び方

寝ながら音楽や動画を視聴したり通話したりするときに使う「寝ホン」のタイプや機能など、これからご紹介していきます。

形状で選ぶ

まずは、ワイヤレスイヤホンのタイプ別にメリット・デメリットをお伝えします。どんなときに使うかなどでも参考にしてください。

寝返りが多い方は「完全ワイヤレス」がおすすめ

イヤホンの左右の筐体がコードやネックバンドでつながっていないタイプを、完全ワイヤレスイヤホンといいます。左右の耳の穴にそれぞれイヤホンの筐体を入れるだけなので、寝返りを打ってもケーブルなどが絡まったりネックバンドが邪魔になる心配がありません。

 

寝返りをよく打つなど睡眠中でも頻繁に動く方には完全ワイヤレスタイプがおすすめです。ただし、外れると小さいので布団に紛れて見つけにくい、いつの間にかベッドから落ちていて誤って踏んで壊してしまうなどデメリットがあるので注意が必要です。

以下の記事では、完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ人気ランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

紛失が不安な方は「左右一体型・ネックバンド型」がおすすめ

ワイヤレスイヤホンの左右の筐体がコードやネックバンドでつながっているタイプもあり、それぞれ左右一体型やネックバンド型といいます。片方のイヤホンがポロリと外れて布団に紛れて見つからないなどということもないので安心して睡眠中でも使えます。

 

またこのタイプはリモコン付きのものが多く、音量など操作がしやすくマイクもあってバッテリーの持ちが良いなどの機能面でメリットがあります。ただ、コードやネックバンドが顔や首にあたり邪魔になるなどがデメリットです。

以下の記事では、左右一体型とネックバンド型のワイヤレスイヤホンの人気おすすめランキングをそれぞれご紹介しています。併せてご覧ください。

耳への負担を減らしたい方は「骨伝導タイプ」がおすすめ

骨伝導タイプのイヤホンは、イヤホンからこめかみなどに振動を与え骨を震わせて音を聴覚神経に伝導させる仕組みで、耳をふさがないので耳の孔への圧迫感がなく、開放的な装着感がおすすめです。

 

ただし耳をふさがない構造上音漏れがしやすいので周囲へ気を使ったり、反対に周りの音が耳に入ってくるのがデメリットです。

以下の記事では、骨伝導イヤホンの人気おすすめランキングをご紹介しています。併せてご覧ください。

イヤーピースの形で選ぶ

イヤホンを耳の穴に入れる部品の形状やタイプもいくつか種類があるので、ご紹介していきます。

耳栓代わりにしたい方は「カナル型」がおすすめ

イヤーピースを耳の穴に耳栓のように入れるタイプをカナル型といいます。イヤーピースはシリコン素材などで耳の穴をしっかり塞ぐように設計されているので、聞いている音楽が周囲へ音漏れしたり、逆に外部の騒音が聞こえて睡眠を妨げるのを防いでくれます。

 

近所の生活音に悩まされている方や、同じ部屋で寝ている家族のいびきなどが気になる方には耳栓代わりにおすすめです。ただし耳の穴にピタリとはめて使うので圧迫感や、イヤーピースのサイズが耳の穴の大きさに合わず痛くなるなどのデメリットがあります。

以下の記事では、カナル型ワイヤレスイヤホンの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

圧迫感が苦手な方は「インナーイヤー型」がおすすめ

カナル型の圧迫感が苦手な方には、小さいスピーカー部分を差し込むだけのインナーイヤー型もあります。耳をふさぐ圧迫感がないため長時間の使用でも耳が疲れにくい、痛くなりにくいなどのメリットもあります。

 

しかしイヤホン自体は外れやすく、フィット感があまりなく音漏れや外部からの騒音を防ぐのは万全ではないなどがデメリットです。

以下の記事では、インナーイヤー型イヤホンの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

枕に当たっても痛くないハウジングの「サイズ・形状」もチェック

睡眠時に使いたい方は、耳の負担になりにくいよう軽量薄型などのサイズ感もチェックしてください。寝ながら使う寝ホンのモデルでは、本体部分のデザインを横に向いて寝ても邪魔にならない、枕に当たっても痛くないなど工夫をしている商品もあります。

機能で選ぶ

寝ながら使うときに便利な機能もさまざまです。使う方のニーズにあった機能でも選ぶのもおすすめです。

眠れないときは睡眠導入用の「専用アプリ」がおすすめ

寝ホンではメーカーが提供する睡眠導入のための無料の専用アプリもあるので、例えば夜勤に備えて昼間寝たい方や寝つきが悪いなどでスムーズで快適な睡眠を求める方などには専用アプリのあるモデルで試してみるのもおすすめです。

 

専用アプリも使えて自分の携帯に入っている楽曲も聴けるタイプもありますが、専用アプリの楽曲しかダウンロードできない寝ホンもあるので購入前に確認してください。

通話もしたい方は「マイク付き」がおすすめ

家でゆっくりベッドやソファで寝転びながら携帯電話で通話したい方には、マイク付きのワイヤレスイヤホンがおすすめです。また音楽や動画を視聴中に電話がかかってきた場合でも、マイク付きならスムーズに通話に切り替えるられるので便利です。

音量など操作のしやすさなら「リモコン付き」がおすすめ

左右一体型やネックバンド型のコードなどについているリモコンで、わざわざスマホを取り出さなくても音量調整をはじめとしてさまざまな操作ができるので便利です。また完全ワイヤレスイヤホンに比べて操作の仕方がわかりやすいところもおすすめです。

周囲に気付かれずに目覚ましをかけたい方は「パーソナル設定付き」がおすすめ

目覚まし時計代わりに利用している方も多い携帯のアラーム機能ですが、隣で寝ている家族を起こしてしまうのが気がかりな方におすすめなのが自分だけに聞こえる「パーソナルアラーム機能」です。とくに早朝などに使いたいとき便利です。

騒音が気になる方は「ノイズキャンセリング機能」がおすすめ

周囲の騒音がうるさくて遮音するのに便利なアクティブノイズキャンセリング機能があります。これはマイクの性能を利用して騒音を軽減させ通話などでもクリアな会話ができます。ただバッテリーの消費が激しいので長時間の使用では注意が必要です。

 

寝ホン専用のイヤホンで多く採用されているのが、イヤーパッドの形状を耳にフィットさせて外音を取り込みにくく設計したパッシブノイズキャンセリングです。睡眠のときの遮音も望む方は、寝ホンのパッシブノイズキャンセリングも選ぶときのポイントです。

「生活騒音レベル」の軽減度もチェック

寝るときに周囲の騒音対策としてイヤホンを使う方は、生活騒音の軽減レベルも参考にするのもおすすめです。例えば掃除機・食洗器などは70dbといわれていて、一般的にはひとの耳には30db以下ではほぼ無音と感じるとのことなのでイヤホンでの効果が期待できます。

配信動画を見る方は「Bluetoothバージョン」もチェック

ワイヤレスイヤホンでスマホ・パソコン・タブレットなどに保存された音楽や動画を視聴するときに、Bluetoothという無線配信規格を使ってデータのやり取りをします。Bluetoothにはバージョンがあり、現在の最新のバージョンはBluetooth5.3です。

 

簡単にいうとバージョンの数字が大きくなるにつれて接続が安定して遅延や音切れなどが少なく、寝ながらまったりと動画や通話など通信切れのストレスなく使いたい方には飛躍的に通信スキルがアップしたBluetooth5.0以上がおすすめです。

 

ただし、データの送信側と受信側のBluetoothバージョンが違う場合、性能は低いほうのスキルになるので注意してください。

メーカーで選ぶ

寝ながら使うイヤホンに特化して製造販売しているメーカーをいくつかご紹介します。こちらも参考にしてください。

マツコの知らない世界でも話題の「1 MORE(ワンモア)」がおすすめ

テレビ番組の「マツコの知らない世界」でも寝落ちできるイヤホンとして取り上げられたComfoBuds Zというモデルが話題になり、この名前を聞いた方も多いかと思う中国のブランドです。

 

おもにスマートソフトウエアやウエアブルオーディオ製品の音響設計・開発を手掛けて、VGPでは40回も受賞するなど国内外で数多くの受賞歴のある実績あるメーカーです。

音質で選ぶなら「BOSE(ボーズ)」がおすすめ

BOSEはアメリカに本拠地をおく音響機器開発製造メーカーで、マサチューセッツ大学のボーズ教授が自身の研究を製品化する目的で設立されました。卓越したスピーカーの音響技術で世界にそのブランド名が知られ、音質で選ぶ方にはおすすめのメーカーのひとつです。

歴史ある国産メーカーとして「maxell(マクセル)」がおすすめ

もとは1961年に乾電池を製造販売する会社として設立されかつてはカセットテープやCDーROMの販売で誰もが知っていた日本の電子機器メーカーです。日立製作所とも事業を展開していたこともあり、高い技術力で定評があります。

寝ながら使うワイヤレスイヤホンの人気おすすめランキング15選

長時間の使用でも疲れないインナーイヤータイプ

機能性の高さでおすすめのワイヤレスイヤホンで、聴くひとの耳の形に合わせて音楽を自動的に聴きやすく調整してくれるアクティブイコライゼーションや、肌検出センサーで耳からはずしている状態を感知して鞄の中などで勝手に作動しません。

 

ノイズキャンセリング機能がなく、形状的に横を向いたとき枕にあたるなど違和感を感じる可能性があるので、睡眠用というより静かなところで長時間ダラダラと映画やドラマを視聴するなどにおおすすめです。

形状 完全ワイヤレス イヤーピースタイプ インナーイヤー
重量(本体) 片耳 約4.3g Bluetoothバージョン 5.0
再生時間 最大30時間 専用アプリ -
マイク ノイズキャンセリング -

口コミを紹介

よくあるボリューム上げ過ぎによる
聴力障害を予防する事ができる
比較的フィットが楽

出典:https://www.amazon.co.jp

睡眠インストラクター監修イヤホンの新モデル

耳の内側の構造を生かして安定感を高めた落ちにくい設計のインナーイヤー型で、それによりリラックスして睡眠がとれるようになっています。また操作ボタンにより横寝をしたときでも誤作動を防止できるなど工夫がされています。

形状 完全ワイヤレス イヤーピースタイプ インナーイヤー
重量(本体) - Bluetoothバージョン -
再生時間 最大24時間 専用アプリ -
マイク - ノイズキャンセリング -

口コミを紹介

音質、バッテリーの長さ、見た目のカッコよさどれも満点。また個人的には耳に付けた感じが殆どなく、着けたのを忘れる程。
これで、不眠の解消が出来そう。最高のイヤホンに出会えたことに感謝!またリピートします。

出典:https://www.amazon.co.jp

ASMR専用の完全ワイヤレスイヤホン

同じ自社ブランドfinalの人気製品であるASMR専用有線イヤホンE500を、さらに音質の広がりを進化させた設計で世界初のASMR専用完全ワイヤレスイヤホンで、よりリアルな音でASMRの世界を楽しめます。

 

超軽量小型でアジャストフィット機構による快適な装着感と、片耳モードや簡単タッチ操作などの機能性の高さもおすすめです。

形状 完全ワイヤレス イヤーピースタイプ カナル型
重量(本体) 片耳3.5g Bluetoothバージョン 5.2
再生時間 最大20時間 専用アプリ -
マイク ノイズキャンセリング -

口コミを紹介

流石ASMR専用と言うだけあってとても良い感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

安い価格でもさすがSONYの高音質

安い価格ながらさすがSONYブランドといえる安定の高音質で、寝ながら気楽に音楽を聴いたり動画を見たり、ハンズフリー通話を楽しんだりができます。空気の通気量を調整する穴を小さくして音漏れにも配慮されています。

 

ブラック・ホワイト・ゴールド・ブルーのおしゃれに光沢加工された4色のカラーバリエーションから選べ、首回りにバランスよくフィットする形状のネックバンドが安定感を与えてくれます。

形状 ネックバンド型 イヤーピースタイプ カナル型
重量(本体) 19g Bluetoothバージョン 5.0
再生時間 最大15時間 専用アプリ -
マイク ノイズキャンセリング -

口コミを紹介

ゴロゴロしながら使うならネックレスタイプよりこちらがおすすめ

出典:https://www.amazon.co.jp

特許技術によって高音質を実現した骨伝導イヤホン

特許技術をもとに開発された技術によりパワフルな低音のサウンドを実現した、骨伝導イヤホンタイプでは29gの軽さと開放感あるヘッドホンの形状で疲れにくい使用感です。

 

3つのイコライザーモード搭載で、スポーツなどアウトドア向けのスタンダードモード・人間の声を聞き取るのに適したヒューマンボイスモード・音楽に没入できる付属のイヤープラグを装着してのプラグモードと選べます。

形状 骨伝導 イヤーピースタイプ オンイヤー型
重量(本体) 29g Bluetoothバージョン 5.0
再生時間 6時間 専用アプリ -
マイク ノイズキャンセリング -

口コミを紹介

装着感が気にならない(付けてるの忘れたままベッドで寝そうになる)

出典:https://www.amazon.co.jp

アジア人の耳にフィットする設計

やわらか素材のシリコンと外れにくいデザインでアジア人の耳にフィットするよう設計され、小型で軽量のイヤーピースは長時間つけても耳が痛くなりにくく快適なつけ心地です。

 

睡眠改善インストラクター監修のもとに作られているので、睡眠用に購入を考えている方にはおすすめです。

形状 完全ワイヤレス イヤーピースタイプ カナル型
重量(本体) 片耳2g Bluetoothバージョン 5.2
再生時間 4.5時間 専用アプリ -
マイク - ノイズキャンセリング -

口コミを紹介

横向きに寝て耳が枕に埋まっても痛くない。他の寝ホンは正直お値段がお高い。このくらいの値段の方が壊れたり失くした時に、また買うかって思えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

優れた音質で心地よい眠りへ

オーディオメーカーfinalによる、最新Bluetoothバージョン5.3を搭載した音質にもこだわったワイヤレスの寝ホンです。イヤーピースは超小型で、耳の穴に合わせて縦にも横にも変えられるアジャストフィット機構に注目です。

 

また寝ながらでも違和感のないフラット設計と片耳3.8gの軽量で快適な仕様がおすすめです。

形状 完全ワイヤレス イヤーピースタイプ カナル型
重量(本体) 片耳3.8g Bluetoothバージョン 5.3
再生時間 最大30時間 専用アプリ -
マイク ノイズキャンセリング -

口コミを紹介

フラット型であり耳の窪みから出にくい為、寝転がる等の横着なリスニング姿勢にも対応できる。表面加工も皮脂耐性高め(粉雪塗装)。

出典:https://www.amazon.co.jp

枕にあたっても痛くない超小型サイズで耳にフィット

イヤーピース1.5gの軽量かつHi-Fi高音質で耳に優しく、寝ているときに枕にあたっても邪魔になりません。またマイク内蔵モデルで横になりながらも通話が可能、完全防水仕様なのでスポーツでも使える多機能さがおすすめです。

形状 ネックバンド型 イヤーピースタイプ インイヤー型
重量(本体) 12g Bluetoothバージョン 5.0
再生時間 10時間 専用アプリ -
マイク - ノイズキャンセリング -

口コミを紹介

横向きに寝て枕を使っても耳が痛くなることはありません。
左右がつながっているのも、外したくなったら外してそのまま寝られるので便利です。
音質には期待していなかったのですが、想像よりも良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

超ソフトで軽量なイヤーチップで快適な寝心地

超ソフトで軽量のシリコン製のイヤーチップで寝ながら使っても違和感を感じにくい設計です。ネックバンド型でイヤーピースが寝ている間に外れても紛失の心配がなく、さらにリモコンで操作がしやすくバッテリーの持ちの良さもおすすめです。

形状 ネックバンド型 イヤーピースタイプ インイヤープラグ型
重量(本体) - Bluetoothバージョン 4.1
再生時間 - 専用アプリ -
マイク ノイズキャンセリング -

口コミを紹介

・枕をあてて寝ても痛くない。
・耳の奥に押し込みやすくて、周りの音が気にならない。
・電池が持つ、充電しながら使える。
・軽くて違和感がない。

出典:https://www.amazon.co.jp

シンプルな設計で使いやすいワイヤレスイヤホン

ハウジングが平らの薄型なので横に寝ても違和感がなく、耳との接触面がソフトシリコンで覆われていて痛くなりにくく快眠が期待できる設計です。イヤーウイングのラビットサポートが耳から外れにくくなっています。

 

スリムな形状のリモコン付きで操作のしやすさと、色のラインナップがブラック・ホワイト・ピンク・カーキの4色あるので選べるのもおすすめです。

形状 ネックバンド型 イヤーピースタイプ カナル型
重量(本体) 14g Bluetoothバージョン 5.0
再生時間 12時間 専用アプリ -
マイク - ノイズキャンセリング -

口コミを紹介

イヤホンをしたままで左右どちらかの耳を下に寝ても気になりません。
音質は同価格帯の無線イヤホンと同じくらいに感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

リラックスできるニュートラルサウンド

快適に睡眠できるように設計されたイヤホンで、小さなシリコンボディのハウジングは耳に優しくすっぽり収まり、横になっても痛くありません。睡眠時にもリラックスして音楽が楽しめるようにチューニングされた音質もおすすめです。

形状 ネックバンド型 イヤーピースタイプ カナル型
重量(本体) - Bluetoothバージョン 5.0
再生時間 約7時間 専用アプリ -
マイク ノイズキャンセリング -

騒音を防いで音楽を聴きながら安眠

睡眠用に開発されたイヤホンで、片耳わずか2.7gの超小型サイズの本体は、柔らかいシリコン素材で耳が痛くならないで音楽を楽しめます。最大24dbの騒音を軽減してくれて、手持ちのデバイスから好きな音楽や動画が視聴できます。

形状 完全ワイヤレス イヤーピースタイプ カナル型
重量(本体) 片耳2.7g Bluetoothバージョン 5.0
再生時間 最大27時間 専用アプリ -
マイク ノイズキャンセリング -

口コミを紹介

就寝用としてなら耳は痛くなりずらいです。
小耳でもこのイヤホンは違和感なく耳にはまりました。
横を向いて寝ると耳に当たる感じはありますが、他の普通のイヤホンほど痛くはないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

寝ホンにも使える完全ワイヤレスイヤホン

メーカー史上最も小さいノイズキャンセリングイヤホンで、耳につけたまま左右に寝返りを打っても邪魔にならず寝ホンとしても使えます。40dbのノイズを軽減して快適なリスニング環境を確保してくれます。

 

また、4段階のノイズキャンセリングモードを自由に選択できるのでリモート会議でも高音質でのコミュニケーションが可能であったり、IPX5の防水機能搭載でスポーツ用としてもおすすめです。

形状 完全ワイヤレス イヤーピースタイプ カナル型
重量(本体) 片耳3.7g Bluetoothバージョン 5.2
再生時間 最大24時間 専用アプリ
マイク ノイズキャンセリング アクティブノイズキャンセリング

口コミを紹介

耳にとても良くフィットし、周りの音もかなり遮断されます。
収録されているサウンドも種類が豊富で、眠りにつくときに聞く自分に合ったサウンドが見つかると思います。
寝るときにはなくてはならないものになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

高音質で定評あるBOSEの睡眠用イヤホン

大手メーカーのBOSEが提供する睡眠用に特別に作られたイヤホンで、厳選された曲が50以上も入った専用アプリからダウンロードして使います。寝返りを打っても外れにくいようイヤーウイング付きでと3サイズのイヤーチップも用意されています。

 

ノイズマスキングテクノロジーにより不要なノイズを排除し、自分しか聞こえないパーソナルアラームなど機能も充実しています。ただし、自分のスマホの楽曲などは聴けないので注意してください。

形状 完全ワイヤレス イヤーピースタイプ インイヤー型
重量(本体) - Bluetoothバージョン -
再生時間 最大10時間 専用アプリ 専用アプリのみ
マイク - ノイズキャンセリング ノイズマスキングテクノロジー

口コミを紹介

寝ている時に外れる事はなく、圧迫感も無く、騒音も聞こえません。
おかげで夜寝れるようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

人間工学をもとに作られたフィット感あるイヤーチップ

人間工学により設計された物理的なパッシブノイズキャンセリング技術で作られたイヤーチップは耳にフィットし、眠りを妨げる周囲の騒音を最大24db軽減してくれます。また、超小型・軽量なので睡眠中の装着でも耳への負担が抑えられます。

 

自分の携帯などに収録された曲を楽しむ以外にも、専用の1 moreミュージックアプリには睡眠導入用の環境音30曲が収録されており、そのうち6曲が本体にダウンロードされていてBluetooth接続が切れても楽しめます。

形状 完全ワイヤレス イヤーピースタイプ カナル型
重量(本体) 片耳2.7g Bluetoothバージョン 5.0
再生時間 最大14時間 専用アプリ
マイク - ノイズキャンセリング パッシブノイズキャンセリング

口コミを紹介

耳にフィットするので快適に睡眠に入れます!今のところ購入して正解だったなと思います!

出典:https://www.amazon.co.jp

睡眠用に使うワイヤレスイヤホンのおすすめ商品一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 形状 イヤーピースタイプ 重量(本体) Bluetoothバージョン 再生時間 専用アプリ マイク ノイズキャンセリング
アイテムID:11233518の画像

楽天

Amazon

ヤフー

人間工学をもとに作られたフィット感あるイヤーチップ

完全ワイヤレス

カナル型

片耳2.7g

5.0

最大14時間

-

パッシブノイズキャンセリング

アイテムID:11187732の画像

楽天

Amazon

ヤフー

高音質で定評あるBOSEの睡眠用イヤホン

完全ワイヤレス

インイヤー型

-

-

最大10時間

専用アプリのみ

-

ノイズマスキングテクノロジー

アイテムID:11187717の画像

楽天

Amazon

ヤフー

寝ホンにも使える完全ワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレス

カナル型

片耳3.7g

5.2

最大24時間

アクティブノイズキャンセリング

アイテムID:11186039の画像

楽天

Amazon

ヤフー

騒音を防いで音楽を聴きながら安眠

完全ワイヤレス

カナル型

片耳2.7g

5.0

最大27時間

-

-

アイテムID:11185912の画像

楽天

ヤフー

リラックスできるニュートラルサウンド

ネックバンド型

カナル型

-

5.0

約7時間

-

-

アイテムID:11185192の画像

楽天

Amazon

ヤフー

シンプルな設計で使いやすいワイヤレスイヤホン

ネックバンド型

カナル型

14g

5.0

12時間

-

-

-

アイテムID:11185618の画像

楽天

Amazon

ヤフー

超ソフトで軽量なイヤーチップで快適な寝心地

ネックバンド型

インイヤープラグ型

-

4.1

-

-

-

アイテムID:11185155の画像

Amazon

ヤフー

枕にあたっても痛くない超小型サイズで耳にフィット

ネックバンド型

インイヤー型

12g

5.0

10時間

-

-

-

アイテムID:11227997の画像

Amazon

ヤフー

優れた音質で心地よい眠りへ

完全ワイヤレス

カナル型

片耳3.8g

5.3

最大30時間

-

-

アイテムID:11184260の画像

Amazon

ヤフー

アジア人の耳にフィットする設計

完全ワイヤレス

カナル型

片耳2g

5.2

4.5時間

-

-

-

アイテムID:11265327の画像

楽天

Amazon

ヤフー

特許技術によって高音質を実現した骨伝導イヤホン

骨伝導

オンイヤー型

29g

5.0

6時間

-

-

アイテムID:11264983の画像

楽天

Amazon

ヤフー

安い価格でもさすがSONYの高音質

ネックバンド型

カナル型

19g

5.0

最大15時間

-

-

アイテムID:11263974の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ASMR専用の完全ワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレス

カナル型

片耳3.5g

5.2

最大20時間

-

-

アイテムID:11294052の画像

Amazon

ヤフー

睡眠インストラクター監修イヤホンの新モデル

完全ワイヤレス

インナーイヤー

-

-

最大24時間

-

-

-

アイテムID:11266742の画像

楽天

Amazon

ヤフー

長時間の使用でも疲れないインナーイヤータイプ

完全ワイヤレス

インナーイヤー

片耳 約4.3g

5.0

最大30時間

-

-

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、上記通販サイトにより集計期間、方法が異なる場合がございます。

寝ホンで楽しむASMR

最近聞く「ASMR」はYouTubeなどでアップされている癒し系のコンテンツで、聞いていて心地よい音を主体にした動画として注目を集めています。そのまま「エーエスエムアール」と読むのが一般的ですが、「アスマー」や「アズマー」とも読まれています。

 

もとは英語のAutonomous Sensory Meridian Response の略で、ひとの聴覚や視覚に訴える心地よい反応を目的に動画であげているようです。例えば、スナック菓子を食べるポロポリカリカリといった咀嚼音や、ラベルをはがすときのシャーっとした音などです。

 

静止したイラストと音声だけのものもありますが、音にも映像にこだわった動画もあるので、ヒーリングミュージックとは異なる新たな癒しのコンテンツを試しに楽しんでみるのもおすすめです。

うっかりすると危ない?!寝ホンの注意点

イヤホンを付けたまま寝てしまうと感電や難聴になるなどのリスクもあります。寝ホンをするときの危ない点を以下にまとめたので参考にしてください。

本当に危ない!海外では死亡例もある感電

有線イヤホンの場合、たまにイヤホンを充電しながら音楽を聴いている方もいると思いますが、充電しながらイヤホンを使うと負荷が大きくなり危険です。感電した事例もあり、海外では件数は少ないながら死亡した方もいます。

 

また寝返りなどによってケーブルやコードが破損して断線でも感電の危険があります。ほかにも首に巻き付いてしまうと危ないので、睡眠導入用に寝ながらイヤホンを使うなら完全ワイヤレスタイプが比較的にはおすすめです。

耳のために大音量で聞かない

イヤホンで大音量の音楽などを長時間聴き続けると感覚細胞が傷つき、難聴になる危険があるので睡眠時には気をつけてください。リラックス効果を期待して寝る前に聴く方は、すべての音がバランスよく聞こえるフラットタイプの音質がおすすめです。

壊れるのを想定して価格の安いものでも十分

高音質で多機能なイヤホンはその分、重い・大きいなど寝ホンに向かないデザインでさらに高額な傾向があります。睡眠中に紛失や破損のリスクも考慮すると、壊れるのも前提に安い価格のイヤホンで、音質も悪くないモデルを探すのがおすすめです。

寝ながら音楽を聴くには枕スピーカーもあり

睡眠導入のため寝ながら音楽を聴きたい方に、イヤホン以外にもスマホなどと接続して使える枕型のスピーカーもあり、ネックピロータイプなら椅子に座って仮眠やリラックスして音楽を聴くのにも便利です。

 

耳も痛くならず難聴の心配も少ないのはメリットですが、使用場所が限られてしまい比較的高額で種類も少ないなどデメリットがあります。

まとめ

音楽や動画を楽しむだけでなく、ASMRなどでリラックスしたい睡眠時の防音用などイヤホンの使い道もさらに広がりをみせています。しかし寝ながら使うイヤホンならではのリスクもあるので、注意しつつ楽しんでください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年12月04日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事