2020年最新版!完全ワイヤレスイヤホン人気おすすめランキング23選【おしゃれで高音質】

記事ID11474のサムネイル画像

通勤や通学など、外出先で音楽を聞きたいときに便利な完全ワイヤレスイヤホン。使ってみたいけれど、選び方やおすすめ商品がわからないという方もいるのではないでしょうか。今回は完全ワイヤレスイヤホンについて、選び方や人気のおすすめ商品をランキング形式でまとめています。

完全ワイヤレスイヤホンとは

完全ワイヤレスイヤホンは、左と右も別々、まったくコードがないイヤホンです。完全ワイヤレスイヤホンは音が悪そうと思う方もいるかもしれません。ところが、現在では通信性能が上がり音飛びや遅延が少ない機種が多くなっています。

 

なかにはノイズキャンセリング機能を備えた高音質の機種もあります。なにより、完全ワイヤレスイヤホンはコードがないため、バッグの中で絡まることもなくスマートに使えるストレスフリーなアイテムです。お気に入りを使いこなせれば、とても便利。

 

そこで今回は、なにかと便利な完全ワイヤレスイヤホンの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

予算別!価格帯ごとの違いとおすすめモデル

完全ワイヤレスイヤホンの購入を考えている人の中には、予算を決めている方も多いのではないでしょうか。ここでは完全ワイヤレスイヤホンを値段で分けて、おすすめの商品をご紹介していきます。5000円前後・1万円前後・2万円以上の人気モデルを紹介しているので、参考にしてください。

5000円前後!音楽も通話もクリアな『Anker Soundcore Life P2』

AnkerのSoundcore Life P2は、通話の音質が良い点が強みです。他の同価格帯に起こりがちな通話音質の低い問題を、マイクに搭載されたcVc8.0ノイズキャンセリングとビームフォーミング機能によって、通話時の相手に聞こえる音声をクリアに聞き取ることができます。

 

また、低遅延や低音の迫力も強みです。Qualcomm aptX audio対応により遅延が少なく、グラフェン採用のドライバーで音楽もクリアなサウンドが実現されています。他の同価格帯商品では低音の迫力に難のある商品が多いですが、こちらの商品では迫力のある音を楽しめます。

 

また、フィット感に優れていていて長時間の仕様でも耳が痛くなりません。さらに長時間の連続使用も可能です。イヤホン自体は最大7時間、付属の充電ケースと合わせると最大40時間の音楽再生が可能です。また、10分間の充電で約1時間音楽を再生することができるのも魅力です。

1万円前後!運動からテレワークまで幅広く使える『AVIOT TE-D01gv』

AVIOTのTE-D01gvは接続の安定性が優れています。aptX Adaptiveという新しいコーデックを採用することにより、高い接続安定性を実現させています。

 

低価格帯の商品は連続再生時間が長くても20時間程度ですが、こちらのイヤホンの連続再生時間は最大11時間で、ケースを使うとなんと50時間もの再生が可能です。また、3デバイスまでのマルチペアリング機能により、複数のデバイスを切り替えるときも簡単で快適に使用することができます。

 

他にも、防水性能が高いという特徴があります。IPX7レベルの防水性能のため、汗や急な雨にも対応することができます。スポーツシーンで使いたいという方にもおすすめの商品です。

2万円以上!機能性抜群の『Apple AirPods pro』

AppleのAirPods proの強みはノイズキャンセリング機能です。耳の内外のノイズをマイクロフォンが検知することで、その音と釣り合うアンチノイズ機能が働くアクティブノイズキャンセリングモードが搭載されているため、集中して音楽を聴くことができます。

 

また、周囲の音を拾ってくれる外部音取り込みモードを使用することで、外でも気兼ねなく集中して音楽を楽しむことができます。他にも、通話や音楽をコントロールできる感音センサーなど機能性が非常に高いのも魅力です。

 

形状は密閉性の高いカナル型で装着感も抜群です。装着感はカスタマイズできるようにソフトな先細のシリコーン製イヤーチップを3つのサイズが用意されているため、どんな方でも快適に使うことができます。

3万円台!2020年10月発売の『Bose QuietComfort Earbuds』

このモデル最大の特徴はノイズキャンセリング性能。周囲の音を打ち消す「アクティブノイズキャンセリング」と、耳にぴったりとフィットする密閉性による「パッシブノイズキャンセリング」で外音をしっかり遮断します。

 

従来のイヤーチップとは異なり、プラスチックを一切使用していないことも特徴です。全て柔らかいシリコンで構成されており、長時間使っても疲れにくいことがポイント。外れにくさにもこだわっており、スポーツ時も使用できます。IPX4相当の防滴・防汗性能もあるので、汗をかいても安心です。

 

音質面の性能も申し分なく、低音・中音・高音がバランスよく聴くこえてきます。音場も広いので、聴きやすい質感に。ノイズキャンセリングの性能・使用感・音質の3拍子が揃ったおすすめの最新イヤホンです。

完全ワイヤレスイヤホンの選び方

完全ワイヤレスイヤホンは、音の持続性や音質、つけやすさなどによって使い心地が異なります。こちらでは、使いやすい完全ワイヤレスイヤホンを選ぶため、選び方のポイントについてご紹介します。

基本性能で選ぶ

完全ワイヤレスイヤホンは、スマホなどのミュージックプレイヤーとBluetooth接続でつながっています。Bluetooth接続バッテリーなどの性能によって、便利に使えるかどうかに違いが出るでしょう

音飛びを防ぐためには「接続の安定性」に注目

Bluetoothで音源と接続している完全ワイヤレスイヤホンは、接続が途切れると音飛びや音が切れてしまいます。音が途切れないようにするためには、Bluetooth接続が切れにくい機種を選ぶといいでしょう。

 

基本的には、Bluetoothの規格が新しいものほど、電波が安定して音が途切れにくくなります。Bluetoothの最新バージョン5.0ですが、4.2以上のものであれば、ほぼ問題なく使えます。

 

Bluetoothイヤホンについてはこちらの記事でもご紹介していますので、是非合わせてご覧ください。

使う頻度が多いときは「連続再生時間」が重要

完全ワイヤレスイヤホンは、Bluetoothの電波を利用するためにイヤホンにはバッテリーが内蔵されています。バッテリーがなくなると、電波が使えず音楽も聞こえません。


完全ワイヤレスイヤホンは小型なのでバッテリー容量が小さく、連続再生時間が2~3時間ほどのタイプが主流です。そこで、収納ケースに充電機能を持たせて、充電しながら長時間使用できる形になっています。

 

ケースには短時間で急速充電ができる高性能のタイプもあるため、完全ワイヤレスイヤホンを選ぶ際には、ケースにも注目して選ぶのがおすすめです。

良い音にこだわりたいときは「音」で選ぶ

完全ワイヤレスイヤホンで音楽を聴くときには、できれば上質な音で心地よく音楽を聞きたいですよね。できるだけ音のいい完全ワイヤレスイヤホンを選ぶためにはどこをチェックすればいいのか、そのポイントをご紹介します。

遅延・音質の低下に影響する「コーデック」は高スペックを

完全ワイヤレスイヤホンでは、音声データを圧縮してBluetoothで通信しています。音声の圧縮方式はコーデックという規格で表示されているので、コーデックの種類をチェックすると、音質が良いか、また、遅延が少ないかを判断できます。

 

コーデックは現在5種類にわかれています。品質が下のコーデックから紹介していくと、遅延を感じることもある標準性能「SBC」、遅延が少なくiPhoneで主に利用されている「AAC」、Androidで使用される「aptX」、高音質の「aptX HD」、より高音質の「aptX」です。

 

音質の良いコーデック対応機種を選ぶと、いい音質で音楽を楽しむことができます。ただし、音源と完全ワイヤレスイヤホン両方がコーデックに対応している必要があるため、選ぶときには両方のスペックに注意しましょう。

音質を左右する「カナル型」「インナーイヤー型」「耳掛け型」

完全ワイヤレスイヤホンには装着方法によって異なる3つの種類があり、音の聞こえ方や遮音性が違います。この完全ワイヤレスイヤホンのタイプによる音の違いも選ぶときのポイントになります。

 

耳栓のような「カナル型」は、音に集中できる遮音性の高さが特徴。耳の中に入れすぎないようにしながら落ち着く位置で装着します。AirPodsなどの「インナーイヤー型」は周りの音が聞こえるタイプで、音漏れする場合もあります。耳に軽くひっかけてフィットさせます。

 

現在は数が少なくなりましたが、「耳掛け型」は耳に引っかけて装着するタイプ。掛けるだけなので耳への負担が少なく長時間装用に向いていますが、大きく音漏れすることがあります。選ぶときは、それぞれの特徴から好みの聞こえ方で選んで決めましょう。

使い方に合わせて選ぶ

完全ワイヤレスイヤホンは、普段の使い方によって適したタイプや必要な機能が異なります。 通勤や通学、スポーツ時に便利な機能は何か、どんな機能を重視して選んだらいいのかを紹介します。

通勤・通学時の電車など雑音が多い場所では「ノイズキャンセリング機能」を

通勤通学で電車に乗っているとき、集中して仕事をしたいカフェでのリモートワーク時などには、完全ワイヤレスイヤホンをしていても周囲の雑音で音楽が聞こえなかったり、逆に音漏れがしていたりすることがあります。

 

周りを気にせず静かに好きな音楽を聞きたいときには、遮音性の高い「カナル型」がおすすめです。さらに「ノイズキャンセリング機能」が搭載されている機種だと、雑音を消して聞きたい音楽だけを聞くことができます。

アウトドアやスポーツのときには「防水機能」を重視

アウトドア・スポーツで使う完全ワイヤレスイヤホンは、耳から落ちないものを選びましょう。きちんとフィッティングをして自分の耳に合うサイズを選び、できれば「イヤーフック」などが付属しているものを購入するのがおすすめです。

 

そして、屋外では交通事故などの危険を避けるために遮音性が低い「インナーイヤー型」などを使用しましょう。運動時に汗をかいても大丈夫なように「防水機能」も要チェックです。

 

防水性能はIPXで表されます。IPXの数値はプールでも使用できる「8」が最大で、「6~7」ではシャワーや強い雨、激しい運動に耐えられます。「5」も完全防水、「3~4」が生活防水レベルです。スポーツ用には「IPX3以上」を選びましょう。

通話機能で選ぶ

イヤホンは音楽を聴くほかにも通話時にも使用することができ、ワイヤレスイヤホンではマイク搭載でハンズフリーで通話できるものなど商品によって通話機能の使い勝手が異なります。

通話の「仕組み」や「やり方」は?通話特化型は片耳タイプが多い!

ワイヤレスイヤホンのマイクはイヤホンに内蔵されている場合やリモコンと一緒に搭載される場合などがあり通話ができる仕組みはメーカーや商品によって異なります。

 

ワイヤレスイヤホンで通話をするやり方はとても簡単です。通話画面のiPhoneではオーディオ、androidではスピーカーというボタンを押すことでイヤホン通話に切り替えることができます。

 

通話に特化したワイヤレスイヤホンでは周囲の音も聞こえるよう片耳タイプも多いですが、両耳タイプで通話機能が優れているタイプの商品もあります。

長い「接続距離」対応や「ノイズ」キャンセリング機能付きがおすすめ!

ワイヤレスイヤホンの接続距離は一般的に10mと言われており、デバイスとイヤホンの距離が遠い場合やデバイスとイヤホンの間に障害物がある場合音声がブツブツと途切れてしまうこともあります。

 

ワイヤレスイヤホンの中には通信距離30mに対応している商品もあります。音声の途切れに備えるのなら長い通信距離に対応している商品を選ぶと良いでしょう。また、伝送エラーに強いapt-xというコーデックの商品を選ぶのもおすすめです。

 

また、cVc8.0ノイズキャンセリングとビームフォーミング機能など、相手にノイズが入りにくいようにすることができる機能を搭載しているモデルもあります。

「デザイン」はスタイリッシュなものからおしゃれでかわいいものまで様々

ワイヤレスイヤホンは機能性の他にもデザインで選ぶこともできます。白や黒を基調としたシンプルなデザイン、カラーでかわいいものや更には柄が取り入れられたおしゃれなものまで様々です。

 

また、形状も商品によって異なりスタイリッシュな印象に見せてくれるものもあります。ぜひ、デザインにも注目して選んでみてください。

 

以下の記事では女性におすすめのおしゃれでかわいいワイヤレスイヤホンをご紹介しています。ぜひそちらも合わせてご覧ください。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめメーカー

完全ワイヤレスイヤホンは、IT機器のメーカーやオーディオ機器メーカーなど多くのメーカーが製造しています。完全ワイヤレスイヤホンはメーカーによってもそれぞれ異なるので、ここでは人気のメーカー6社とその特徴を紹介します。

iPhoneにぴったり!おしゃれで質の高い製品が人気の「Apple(アップル)」

iPhoneを使っている方におすすめなメーカーが「アップル」です。全世界で利用されている「Air Pods」は、完全ワイヤレスイヤホンブームの先駆けとなった商品。

 

同メーカーのiPhoneとセットで使用すると、ケースから出したときに自動でペアリングし、耳から外すと音楽が自動で止まるなどの高性能ぶりを発揮します。

臨場感あるサウンドを実現する「Bose(ボーズ)」

スピーカーシステムなどの音響機器で世界的に有名なオーディオ機器メーカーが「Bose」です。世界中で大人気となった「アクティブノイズキャンセリングテクノロジー」を搭載したワイヤレスヘッドホンを製造。

 

世界に認められた機能を搭載する、最高品質の完全ワイヤレスイヤホンを手掛けています。

 

Boseのワイヤレスイヤホンのおすすめは以下の記事でご紹介していますので、ぜひそちらも合わせてご覧ください。

日本品質のオーディオ機器メーカー「SONY(ソニー)」

「ソニー」は、高い技術力新しい機能を次々取り入れる先進的な社風が特徴のオーディオ機器メーカーです。

 

特に、ソニーの中でも売れ筋商品である「WF-1000XM3」はワイヤレスイヤホンの人気の火付け役としても有名です。圧倒的なノイズキャンセリング性能と、完全ワイヤレスイヤホンとしては初めてのハイレゾ相当アップコンバートが実現されました。

 

また、ソニーのワイヤレスイヤホンは高い通話機能も魅力の一つです。ハンズフリーでの通話が可能である他、エコーキャンセレーションとノイズサプレッション機能によって高音質な通話が実現されています。

コスパ抜群の安い製品が充実!「Anker(アンカー)」

「アンカー」は、スマホやタブレット・オーディオ機器などを主に取り扱っている中国のメーカーです。高い価格帯が多い完全ワイヤレスイヤホンのなかでも、低価格でも機能的コスパの良い製品が揃っています。

 

完全ワイヤレスイヤホンの購入を迷っている方でも、納得できる性能の製品を手軽に購入しやすいでしょう。

 

アンカーのワイヤレスイヤホンが気になるという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

迫力あるサウンドが魅力!オーディオ製品ブランド「JBL」

カーオーディオ、オーディオ機器メーカーとして70年以上の歴史を持つ「JBL」。ミュージシャンやエンターテイメント施設からも支持されてきた技術を、完全ワイヤレスイヤホンに活かしています。

 

優れた音質でコスパのいい製品や、耳にフィットして装着感が良い、ファッション性が高い製品を製造しています。おしゃれに音楽を楽しみたい方におすすめ。

快適な装着感が強み!「オーディオテクニカ」

オーディオテクニカはアナログ時代から引き継がれた細部にまでこだわる日本のものづくりをしているメーカーです。音に対してプロフェッショナルなこだわりを持つ人におすすめです

 

また、音質以外にも最高の「リスニング体験」をテーマに長時間着け続けても耳に負担のかかりにくい装着感を実現しています。音楽を常に聞いていたいヘビーユーザーの方にもおすすめです

高コスパ!安い完全ワイヤレスイヤホン人気おすすめランキング5選

5位

JBL

TUNE120 TWS

価格:7,164円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

迫力ある音質を装着感の良い完全ワイヤレスイヤホンで楽しめます

迫力あるサウンド高いファッション性で人気の「TUNE」シリーズ初の完全ワイヤレスイヤホンです。深い低音から伸びのいい高音まで好きな音楽を美しく再現。音飛びも少ない安定感が魅力です。

 

通勤通学に充分な4時間の再生時間と急速充電機能を搭載したケースで、充電切れの心配もありません。人間工学に基づいた設計により耳によくなじみ、快適に使用できます。

形状カナル型連続再生時間4時間
Bluetooth4.2コーデックSBC
防水性-ノイズキャンセリング×
重量73g充電方法-
マイク対応

口コミを紹介

iPhoneでSpotifyの最高音質で確認しました、左右とも綺麗に聴こえ通信トラブルなどは全くありません。音はcharge3と比較すると中高域が強めで少しシャカシャカします、なのでイコライザーなどで低域を少しあげて音を調整するといいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

AVIOT

TE-D01gv

価格:8,910円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テレワークからスポーツまで、どんな使い方にも対応可能

3デバイスまでのマルチペアリング機能により、スマホからパソコンへデバイスを切り替えるときも簡単。高感度マイクとcVc8.0ノイズキャンセリング機能搭載で、テレワークにも快適に利用できます。

 

本体のバッテリーだけで最大11時間の連続再生が可能なので、長時間完全ワイヤレスイヤホンをつけたまま集中したいときにもおすすめです。IPX7の高い防水性が、ジムやスポーツでの使用を可能に。いつでもどこでも使えるコスパ最強の機種です。

形状カナル型連続再生時間最大11時間
Bluetooth5.2コーデックSBC / AAC / aptX
防水性IPX7ノイズキャンセリング×
重量-充電方法USB Type C
マイク対応

口コミを紹介

Aviot製品は2つ目ですが、いずれも高音から低音までバランスよく解像しているなぁという印象です。安定した装着感、スタミナもあり、ケースから出してすぐ接続、ケースに戻せば電源も落ちるというイージーさもあいまって、普段使いのイヤホンとして非常に満足しています。

出典:https://review.rakuten.co.jp

3位

Anker

Soundcore Life P2

価格:4,999円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

操作が簡単、高い音質に防水性能など多機能で満足度の高い製品

Bluetooth5.0、cVc8.0ノイズキャンセリング+ビームフォーミング機能搭載。通話時のクリアな音質を実現しているので、大切な相手を不快に感じさせない通話が可能。

 

グラフェン採用により遅延の少ない高音質な音楽再生で、音にこだわる方からの評価も高い製品です。高い防水性能で運動時の汗や突然の雨にも耐えられるなど、多機能な製品が欲しい方におすすめです。

形状カナル型連続再生時間7時間
Bluetooth5.0コーデックSBC / AAC / aptX
防水性IPX7ノイズキャンセリング×
重量62g(充電ケース含む)充電方法USB Type-C
マイク対応

口コミを紹介

廉価版と言ってもほぼ必要な機能が揃っており、フルワイヤレスイヤホンの中でも最高と言っても過言ではないコスパを誇ると思う。
流石に音質は負けていると思うが、性能をそこまで求めない人はこのイヤホンでいい。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

SoundPEATS

完全ワイヤレスイヤホン TrueFree

価格:3,980円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

賢い自動電源、自動接続で普段使いにぴったり

ケースから取り出すと自動で電源ONの快適仕様。一度ペアリングすると、ケースから出してすぐに自動接続可能です。最長35時間利用できるので、充電を忘れがちな方にもおすすめです。

 

遮音性が高く、耳から落ちにくいよう設計されたカナル型タイプ。長時間重さを感じずに装着することができます。

形状カナル型連続再生時間35時間
Bluetooth5.0コーデックAAC/SBC
防水性IPX4ノイズキャンセリング×
重量4.7g充電方法-
マイク対応

口コミを紹介

質感、音質、ペアリングのし易さ、操作のし易さ、何をとっても申し分ないです。コスパ最高。

出典:https://review.rakuten.co.jp

1位

QCY

T5 完全ワイヤレスイヤホン

価格:3,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

充実した機能で高コスパ!購入しやすい人気完全ワイヤレスイヤホン

5,000円以下の低価格で購入可能。新世代Bluetooth5.0チップを搭載、接続の安定性と省電力性能がアップしたコスパ抜群の完全ワイヤレスイヤホンです。簡単に切り替えできる「ゲームモード」では、低遅延の快適なHiFiサウンドを使用可能。

 

完全防水で雨でも安心して使用可能、便利な高感度タッチ操作によりスマホを取り出す必要もありません。

形状カナル型連続再生時間4~5時間
Bluetooth5.0コーデックAAC/SBC
防水性IP65ノイズキャンセリング×
重量4.3g(ケース33g)充電方法-
マイク対応×

口コミを紹介

特に初期不良などもなく、ペアリングも簡単に出来ました!
音も綺麗で自分としては十分満足しています。
通話での声が一番気になりましたが、相手にもしっかり聞こえているようで、安心しました。

出典:https://review.rakuten.co.jp

安い完全ワイヤレスイヤホン人気おすすめ商品比較表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5632058の画像

    QCY

  • 2
    アイテムID:5632079の画像

    SoundPEATS

  • 3
    アイテムID:5632104の画像

    Anker

  • 4
    アイテムID:5632315の画像

    AVIOT

  • 5
    アイテムID:5632152の画像

    JBL

  • 商品名
  • T5 完全ワイヤレスイヤホン
  • 完全ワイヤレスイヤホン TrueFree
  • Soundcore Life P2
  • TE-D01gv
  • TUNE120 TWS
  • 特徴
  • 充実した機能で高コスパ!購入しやすい人気完全ワイヤレスイヤホン
  • 賢い自動電源、自動接続で普段使いにぴったり
  • 操作が簡単、高い音質に防水性能など多機能で満足度の高い製品
  • テレワークからスポーツまで、どんな使い方にも対応可能
  • 迫力ある音質を装着感の良い完全ワイヤレスイヤホンで楽しめます
  • 価格
  • 3980円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 4999円(税込)
  • 8910円(税込)
  • 7164円(税込)
  • 形状
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • 連続再生時間
  • 4~5時間
  • 35時間
  • 7時間
  • 最大11時間
  • 4時間
  • Bluetooth
  • 5.0
  • 5.0
  • 5.0
  • 5.2
  • 4.2
  • コーデック
  • AAC/SBC
  • AAC/SBC
  • SBC / AAC / aptX
  • SBC / AAC / aptX
  • SBC
  • 防水性
  • IP65
  • IPX4
  • IPX7
  • IPX7
  • -
  • ノイズキャンセリング
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • 重量
  • 4.3g(ケース33g)
  • 4.7g
  • 62g(充電ケース含む)
  • -
  • 73g
  • 充電方法
  • -
  • -
  • USB Type-C
  • USB Type C
  • -
  • マイク対応
  • ×

高音質の完全ワイヤレスイヤホン人気おすすめランキング7選

7位

ZERO AUDIO

TWZ-1000 完全ワイヤレス イヤホン

価格:10,012円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間工学に基づく形状が耳にフィット!豊かな音を漏らさず耳に届けます

高硬度のグラフェンコーディング振動版を採用し、高音から低音まで豊かな音を再現。人間工学に基づいた本体形状により、再現された音が直接耳に届きます。

 

高い装着感に付属のイヤーウイング、防水性能の高さで運動時の利用にも最適です。クアルコム社の最新チップ「qcc3026」搭載による安定した接続で、いつでも質の高い音楽を楽しめます。

形状カナル型連続再生時間7時間
Bluetooth5.0コーデックSBC / AAC / aptX
防水性IPX5ノイズキャンセリング×
重量7.0g(ケース48g)充電方法USB Type-A to Micro B
マイク対応

口コミを紹介

装着しても耳が痛くなったり、落ちたりすることも無くジャストフィットでした。
音質に関しては低音寄りにチューニングされているように感じます。ロックを良く聴きますがいい感じです。
aptXで接続しているので特に接続が切れることも無く、動画を見る際の音ズレも特に感じませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

GLIDiC

Sound Air TW-7000

価格:13,455円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カスタムイヤホン級のフィット感に独自の技術で快適なサウンドを実現

カスタムイヤホンメーカーの「カナルワークス」監修の形状により、耳にぴったりフィットする快適な装着感が特徴。高い遮音性と独自のチューニングで、低音から高音までバランスよく迫力のある音を再現、心地よい音を耳に届けます。

 

外部の音や会話も聞こえる「外音取り込み機能」がついているので、音楽を楽しみながら仕事や外出など、普段の生活を送れます。最大登録デバイス8台、最新ソリューションによる安定接続を、さまざまなデバイスに切り替えて使用できます。

形状カナル型Bluetooth5.0
コーデックAAC/SBC連続再生時間25時間
防水性-ノイズキャンセリング×
重量6.5g(片側)充電方法USB Type-B
マイク対応

口コミを紹介

ちゃんとしたワイヤレスイヤホンが欲しくて、評判をみながら選んで購入しました。
結果は大正解だったと思います。
10分で二時間持ちますし、使用可能時間も十分です。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Audio Technica

完全ワイヤレスイヤホン ATH-CKS5TW

価格:14,653円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2層の振動版から作り出されるリアルな音に満足できます

完全ワイヤレスイヤホンで重低音を楽しめる「SOLID BASSサウンド」が特徴。さらに2層の振動版を採用したドライバーが幅広い音を鮮明に作り出し、リアルな音を耳へと送り出します。

 

フィット感に優れた新設計のイヤピースがさらに音抜けを軽減し、抜群の音質で音楽を聞くことが可能。周りの雑音をおさえる「Qualcomm cVc」搭載で通常の会話もできる多機能性もおすすめポイントのひとつです。

形状カナル型連続再生時間15時間
Bluetooth5.0コーデックAAC / aptX
防水性IPX2ノイズキャンセリング×
重量7.8g(片耳)充電方法-
マイク対応

口コミを紹介

本当に、重低音がスゴイです。同じ時期にSONYのワイヤレスイヤホンが発売していますが、ノイキャンが売りのSONYよりも重低音を重視したい私は、こちらを購入して正解でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

SONY

WF-1000XM3 BM

価格:28,400円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最新技術で作り上げられた最高クラスの音質

完全ワイヤレスイヤホン市場で最高クラスの「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e」を搭載。音質へのこだわりがつまった機種です。ハイレゾ並みの音質を可能とする「DSEE HX」が完全ワイヤレスイヤホンに初めて使用されています。

 

新Bluetoothチップを用いて音飛びや遅延を低減しているので、音に集中することが可能。会話をするときには「クイックアテンションモード」で耳から外さずに周りの音を拾えます。確かな性能、最高の音を満喫できるでしょう。

形状カナル型連続再生時間24時間
BluetoothPower Class 1コーデックSBC/AAC
防水性-ノイズキャンセリング
重量8.5g(片耳)充電方法USB Type-C
マイク対応

口コミを紹介

評判通りの高性能で大満足です。
通話品質についても、まだ静かな環境でしか試していませんが、マイクの感度も高く悪くないと思います。

出典:https://review.rakuten.co.jp

3位

AVIOT

AVIOT TE-D01g-ybt

価格:8,082円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヤバイTシャツ屋さんとのコラボモデル

この製品はAVIOTと人気アーティストのヤバイTシャツ屋さんとのコラボ商品です。AVIOTの人気モデルであるTE-D01gをベースに、カラーリングを変え、タンクトップくんも刻印したモデルです。

 

ガイダンスボイスもメンバーの声で行われ、パッケージもオリジナルのものとなっています。また、専用のポーチも付属しています。高い性能とヤバイTシャツ屋さんの個性あふれるデザインを両立した満足度の高い製品となっています。

形状カナル型連続再生時間10時間
Bluetooth5.0コーデックSBC/AAC/aptX
防水性IPX7ノイズキャンセリング-
重量-充電方法USB Type-C
マイク対応
2位

BOSE(ボーズ)

Bose QuietComfort Earbuds

価格:33,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2020年10月発売の最新モデル!最強のノイズキャンセリングを

BOSEが手掛ける最新の完全ワイヤレスイヤホンです。魅力はノイズキャンセリング性能。11段階で調整できるので、効き具合も好みで調節できます。専用アプリ「Bose Music App」を使用することで、フィット感も確認できるので遮音性もアップすることが特徴です。

 

音質のバランスも良く、細かい音をしっかり聴きとれる解像度も魅力。音量によっても変化が出るため、好みの音楽に合わせて音量を調節するのがおすすめです。イコライザーをいじれば、自分好みの音を再現できます。

形状カナル型連続再生時間最大6時間
Bluetooth5.1コーデックSBC・AAC
防水性IPX4ノイズキャンセリング
重量8.6g充電方法USB Type-C/Qi
マイク対応
1位

Sennheiser

MOMENTUM True Wireless 2, M3IETW2

価格:36,300円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音質、機能性ともに追随を許さないトップクラスの完全ワイヤレスイヤホン

プロも認める音響機器メーカー「ゼンハイザー」の完全ワイヤレスイヤホンです。クアルコムのコーデック「aptX LL」に対応し、高い音質でも引っかかりのない自然なサウンドを実現。

 

世界レベルの技術で開発された最新のドライバーユニットから、最高品質の音が再生されます。汗にも強い防滴設計、快適な装着感と操作性の高さなど、機能性も抜群。安全面にも配慮した「外音取り込み機能」を搭載しているので、屋外でも安心して装着できます。

形状カナル型連続再生時間7時間
Bluetooth5.0コーデックSBC / AAC / aptX
防水性IPX4ノイズキャンセリング
重量13g充電方法USB Type-C
マイク対応

口コミを紹介

高音、中音、低音ともに不快な音もなく、素晴らしい定位感です。この音場はさすがゼンハイザーです。ボーカルはもちろん、クラシカル、ジャズもこなしてしまう、オールラウンドのワイヤレスイヤフォンだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

高音質の完全ワイヤレスイヤホン人気おすすめ商品比較表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5632885の画像

    Sennheiser

  • 2
    アイテムID:6086982の画像

    BOSE(ボーズ)

  • 3
    アイテムID:5914266の画像

    AVIOT

  • 4
    アイテムID:5632682の画像

    SONY

  • 5
    アイテムID:5632705の画像

    Audio Technica

  • 6
    アイテムID:5632461の画像

    GLIDiC

  • 7
    アイテムID:5632564の画像

    ZERO AUDIO

  • 商品名
  • MOMENTUM True Wireless 2, M3IETW2
  • Bose QuietComfort Earbuds
  • AVIOT TE-D01g-ybt
  • WF-1000XM3 BM
  • 完全ワイヤレスイヤホン ATH-CKS5TW
  • Sound Air TW-7000
  • TWZ-1000 完全ワイヤレス イヤホン
  • 特徴
  • 音質、機能性ともに追随を許さないトップクラスの完全ワイヤレスイヤホン
  • 2020年10月発売の最新モデル!最強のノイズキャンセリングを
  • ヤバイTシャツ屋さんとのコラボモデル
  • 最新技術で作り上げられた最高クラスの音質
  • 2層の振動版から作り出されるリアルな音に満足できます
  • カスタムイヤホン級のフィット感に独自の技術で快適なサウンドを実現
  • 人間工学に基づく形状が耳にフィット!豊かな音を漏らさず耳に届けます
  • 価格
  • 36300円(税込)
  • 33000円(税込)
  • 8082円(税込)
  • 28400円(税込)
  • 14653円(税込)
  • 13455円(税込)
  • 10012円(税込)
  • 形状
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • 連続再生時間
  • 7時間
  • 最大6時間
  • 10時間
  • 24時間
  • 15時間
  • 25時間
  • 7時間
  • Bluetooth
  • 5.0
  • 5.1
  • 5.0
  • Power Class 1
  • 5.0
  • 5.0
  • 5.0
  • コーデック
  • SBC / AAC / aptX
  • SBC・AAC
  • SBC/AAC/aptX
  • SBC/AAC
  • AAC / aptX
  • AAC/SBC
  • SBC / AAC / aptX
  • 防水性
  • IPX4
  • IPX4
  • IPX7
  • -
  • IPX2
  • -
  • IPX5
  • ノイズキャンセリング
  • -
  • ×
  • ×
  • ×
  • 重量
  • 13g
  • 8.6g
  • -
  • 8.5g(片耳)
  • 7.8g(片耳)
  • 6.5g(片側)
  • 7.0g(ケース48g)
  • 充電方法
  • USB Type-C
  • USB Type-C/Qi
  • USB Type-C
  • USB Type-C
  • -
  • USB Type-B
  • USB Type-A to Micro B
  • マイク対応

スポーツにも使える!完全ワイヤレスイヤホン人気おすすめランキング6選

6位

Bose

SoundSport Free wireless headphones

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重低音の効いた音楽で楽しく運動できます

防滴仕様で運動時の汗にも強い完全ワイヤレスイヤホンです。耳に優しくフィットして外れにくい本体設計。軽量で装着感が良いため、長時間の装着にも適しています。

 

Bose独自のテクノロジーで、低音に強いパワフルな音で音楽を聴くことができます。ジョギング中に万が一落としてしまったときでも、設定しておいたスマートフォンのアプリを利用して探すことができるので安心です。

形状カナル型連続再生時間5時間
BluetoothコーデックSBC
防水性IPX4ノイズキャンセリング×
重量9g充電方法-
マイク対応-

口コミを紹介

やはり音質は最高です。高音の抜けや低音、中音全てが完全ワイヤレスで1番だと思います。
操作はボタンなので確実に操作することができます。バッテリーの持ちも良いです。
開放型なので仕方ないですが遮音性は低いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

SONY

WF-SP900

価格:29,500円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プールや海でも超防水性能で安心して使えます

完全ワイヤレスイヤホンとしての機能のほかに、4GB分・約920曲の音楽を記録可能。極小モデルの音楽プレーヤーとしても利用できます。強力な防水性能で、雨でも、水中でも音楽を聴くことが可能。万が一の紛失防止用リーシュコードも付属しています。

 

ヘッドホンをつけていても外部音声を取り入れたいときのため、「外音取り込みモード」への切り替えにも対応。運動時には、3サイズから耳に合ったアークサポートを装着して快適に使用できます。

形状カナル型連続再生時間12時間(プレーヤーモード21時間)
BluetoothPower Class 2コーデックSBC / AAC
防水性IP65 / IP68相当ノイズキャンセリング×
重量7.3g(片耳)充電方法USB Type-C
マイク対応

口コミを紹介

Netflixで動画を見てみましたが、全く遅延も見られず接続が切れる事も有りませんでした。
人混みではまだ試していないのでわかりません。
音質も結構よく、フィット感もいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Jabra

Elite Active 75t

価格:21,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

計算された形状が耳の形にぴったりフィットし、激しい動きにも負けない

何千人もの耳の形をスキャン、最適な形を計算して作り出された理想的な完全ワイヤレスイヤホンです。動いても外れにくい高いフィット感に汗に強い防水性能を備えているので、運動時にも装着可能。

 

必要に応じて外部の音を調節できる「HearThrough」機能で、電車のアナウンスや車の音を聞き逃すことがありません。アプリ登録で埃と汗に対する2年保証。安心の品質で故障の心配をせずに使えます。

形状カナル型連続再生時間7.5時間
Bluetooth5.0コーデックSBC/AAC
防水性IP57ノイズキャンセリング○(パッシブノイズキャンセリング)
重量5.5g(片耳)(ケース35g)充電方法USB Type-C
マイク対応

口コミを紹介

先行販売され高評価のJabra Elite 75tの能力をそのままに、耐水性能を高めたスポーツ&エクササイズモデルです。
本体のコンパクトさと耳へのおさまりは、全イヤホンの中でもトップレベルです。意図したかはわかりませんが、ランニング時の風切音もほとんど感じず、効果を実感できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Apple

Powerbeats Pro

価格:23,832円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Apple製品とのライン使いでさらに快適さUP

調整可能なイヤーフックで運動中にも気にならないフィット感が魅力。左右どちらのイヤーパッドからでも操作ができるので、空いている手で楽に操作ができます。

Apple h1ヘッドフォンチップを搭載、Class 1 Bluetoothに対応しているため、高い音質と安定した接続で、どこでも快適に利用可能。iPhoneに近づけるだけで設定完了、自動接続機能によりスムーズに使い始められます。

形状耳掛け型連続再生時間24時間
BluetoothClass 1コーデック-
防水性ノイズキャンセリング×
重量10.6g(片側)充電方法USB Type-A
マイク対応

口コミを紹介

AirpodsとBeats xを既に所有していますが、遮音性と完全ワイヤレスの両方を求めて通勤用途に買い増しました。結果としては大正解です。Appleファミリー製品としてのiPhoneとの安定した接続性はそのままに、フック型の安定感ある極めて軽いつけ心地、耳とのフィット感も最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

JayBird

JBD-RUN-002

価格:11,636円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

激しい運動にも対応!ランナーのために作られた完全ワイヤレスイヤホン

IPX7の高い防汗・防水設計。サイズに合わせてつけられるイヤーチップとフィンにより高いフィット感が得られます。運動時にも使いやすい性能の高さから、アメリカトライアスロン協会の公式トレーニングヘッドホンに採用されているJaybirdの完全ワイヤレスイヤホンです。

 

激しいトレーニングにも負けない高いフィット感は、耳に合う機種を探している方にもおすすめ。5分の充電で1時間再生可能なクイック充電ケースにより、トレーニングの合間の充電も可能です。

形状カナル型連続再生時間4時間
Bluetooth接続可コーデックSBC
防水性IPX7ノイズキャンセリング×
重量6.8g充電方法-
マイク対応

口コミを紹介

防水・防汗のアスリート仕様イヤフォンですが、デザインはおとなしめなので、スーツ姿でもぜんぜんOKでしょう。
私は通勤電車内で使っています。サイズも小さく、耳も痛くなりにくいので、現在メインで使用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

エム・ティ・アイ

NUARL N6MINI

価格:10,890円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

IPX7対応&外音取込機能

この製品はIPX7の防水性能に加え外音取込機能も搭載しているので、屋内外問わず様々な場所でのスポーツに向いています。充電ケースもコンパクト設計なので、持ち運びにも苦労しません。

 

また、バッテリーの残量に合わせて親機と子機の役割を変え、均等に充電が減るように調節もしてくれるため、従来製品と比べてバッテリーの持ちがよいのもこの製品の特徴です。

形状カナル型連続再生時間約8時間
BluetoothVer.5.0/Class2コーデックSBC/AAC/aptX
防水性IPX7ノイズキャンセリング-
重量約4.5g充電方法USB Type-C
マイク対応

口コミを紹介

iPhone付属のイヤホンがダメになったので、ワイヤレスイヤホンに乗り換えようとこの商品を選びました。私はイヤホンやスマートフォンに詳しくありません。だからシンプルに感想を述べますが、非常に良いです!

出典:https://www.amazon.co.jp

スポーツにも使える!完全ワイヤレスイヤホン人気おすすめ商品比較表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5914173の画像

    エム・ティ・アイ

  • 2
    アイテムID:5634063の画像

    JayBird

  • 3
    アイテムID:5633221の画像

    Apple

  • 4
    アイテムID:5633873の画像

    Jabra

  • 5
    アイテムID:5633946の画像

    SONY

  • 6
    アイテムID:5633077の画像

    Bose

  • 商品名
  • NUARL N6MINI
  • JBD-RUN-002
  • Powerbeats Pro
  • Elite Active 75t
  • WF-SP900
  • SoundSport Free wireless headphones
  • 特徴
  • IPX7対応&外音取込機能
  • 激しい運動にも対応!ランナーのために作られた完全ワイヤレスイヤホン
  • Apple製品とのライン使いでさらに快適さUP
  • 計算された形状が耳の形にぴったりフィットし、激しい動きにも負けない
  • プールや海でも超防水性能で安心して使えます
  • 重低音の効いた音楽で楽しく運動できます
  • 価格
  • 10890円(税込)
  • 11636円(税込)
  • 23832円(税込)
  • 21800円(税込)
  • 29500円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 形状
  • カナル型
  • カナル型
  • 耳掛け型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • 連続再生時間
  • 約8時間
  • 4時間
  • 24時間
  • 7.5時間
  • 12時間(プレーヤーモード21時間)
  • 5時間
  • Bluetooth
  • Ver.5.0/Class2
  • 接続可
  • Class 1
  • 5.0
  • Power Class 2
  • コーデック
  • SBC/AAC/aptX
  • SBC
  • -
  • SBC/AAC
  • SBC / AAC
  • SBC
  • 防水性
  • IPX7
  • IPX7
  • IP57
  • IP65 / IP68相当
  • IPX4
  • ノイズキャンセリング
  • -
  • ×
  • ×
  • ○(パッシブノイズキャンセリング)
  • ×
  • ×
  • 重量
  • 約4.5g
  • 6.8g
  • 10.6g(片側)
  • 5.5g(片耳)(ケース35g)
  • 7.3g(片耳)
  • 9g
  • 充電方法
  • USB Type-C
  • -
  • USB Type-A
  • USB Type-C
  • USB Type-C
  • -
  • マイク対応
  • -

快適な使用感!高性能完全ワイヤレスイヤホン人気おすすめランキング5選

5位

Libratone

完全ワイヤレスイヤホン 北欧デザイン

価格:22,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュなデザインにクールな機能が魅力

デンマークのオーディオメーカーリブラトーン社製。北欧モデルのスタイリッシュなデザインと最大約30dBのノイズキャンセリング機能を備えた人気の完全ワイヤレスイヤホンです。

 

クアルコム社の高性能チップにより安定した接続を確立して遅延と音切れを軽減。高音質を実現しています。スマホアプリを利用して周囲の音を取り入れる「周囲環境モード」を設定できるなど、さまざまな機能が利用できます。

形状カナル型連続再生時間6時間
Bluetooth5.0コーデックaptX
防水性IPX4ノイズキャンセリング
重量5.6g充電方法-
マイク対応

口コミを紹介

おしゃれな北欧スタイルに一目惚れして購入しました。白のパッケージシンプルに高級感があります。
機能性もしっかりしてて、防水機能で雨の日も心配ないです。アプリで高音中音低音なども調整できるのは嬉しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Master & Dynamic

MW07 PLUS

価格:36,400円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クラシカルなデザインの上級アイテムを使いたい方におすすめです

広がりのある高い音質に、アクティブノイズキャンセリング機能とアンビエントリスニング機能を搭載。周囲の音をシャットアウトしたり取り込んだりと便利に切り替えできます。音質、機能性など多くの利用者からの高い評価もポイント。

 

ハンドメイドのアセテート素材で作られた本体にシックなステンレス製のケースで、上品な特別感があるデザイン。大切な日常生活を彩るアイテムとしてもおすすめの製品です。

形状カナル型連続再生時間10時間
Bluetooth5.0コーデックSBC / aptX
防水性IPX5ノイズキャンセリング
重量9g(ケース84g)充電方法USB Type-C
マイク対応

口コミを紹介

他の完全ワイヤレスイヤホンと比較すると、価格は高く、デザインは高級感のあるイヤホン。購入して、開封してみれば、デザインは文句なし。音質に関しては、高音と低音のバランスが良い、という印象。音を大きくしても音割れはありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

NUARL

N6 Pro TWS

価格:19,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音質、装着感、再生時間などバランスの良い高機能製品

カーボンナノチューブ振動板の独自ドライバーを搭載。アナログとデジタルのハイブリッドチューニングに、アメリカT.B.I社のリアルな音を再現する技術「HDSS」を採用、音飛びも少ない「上質の音」が楽しめる完全ワイヤレスイヤホンです。

 

医療用安全規格に適合するシリコン素材のイヤーピース、フィット感を高めるイヤーループが付属、適したサイズで高い装着感が得られます。本体バッテリーは11時間連続再生可能と、長時間利用したい方にもおすすめです。

形状カナル型連続再生時間11時間
Bluetooth5.0コーデックSBC / aptX /AAC
防水性IPX4ノイズキャンセリング×
重量7g(ケース45g)充電方法USB Type-C
マイク対応

口コミを紹介

充電の持ちが良く高音の質感が素晴らしかったです。
見た目の高級感があり色々な服装に合いそうです。前作より一回り大きくなってしまったのが残念ですがあまり気にならない程度です
接続は良好だと思います、今のところ途切れたことはありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

BANG & OLUFSEN

Beoplay E8

価格:28,006円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

納得の高品質!快適な使用感に満足できます

高級オーディオメーカー「Bang & Olufsen」製。高い技術を持つエンジニアがチューニングしたメーカー独自のダイナミックドライバーを採用し、快適な音質を実現しています。人間の耳の形やカーブを研究してデザインされたイヤーピースによる高いフィット感も魅力です。

 

本体で再生、通話などのコントロールが可能。Beoplayアプリを使って使いやすいようにカスタマイズすると、より使いやすさもアップします。高級感のある本体とケースで、使うのがうれしくなる製品です。

形状カナル型連続再生時間12時間
Bluetooth4.2コーデックSBC / AAC
防水性IPX7ノイズキャンセリング×
重量右7g、左6g(ケース45g)充電方法-
マイク対応

口コミを紹介

完全独立式のBluetoothはどうかな?と思いましたが、好きなラジオDJさんが購入したことを知り購入しました。音質はアプリで自分好みに出来るし、軽くて扱いやすい!左右の耳の穴の大きさが微妙に違う自分でもイヤーピースに低反発ウレタンのものもありフィット感も良好!良い買い物をしました! 

出典:https://review.rakuten.co.jp

1位

Apple

AirPods Pro

価格:29,050円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

iPhoneユーザー以外にもおすすめ!音質機能性ともに高性能

遮音性が高く耳から落ちにくい「カナル型」デザインのApple社製完全ワイヤレスイヤホンです。専用のスピーカドライバやアンプ、H1チップによる上質なサウンドは世界中から高く評価され、iPhoneユーザーを始めとする幅広い方に支持されています。

 

雑音を音で消す「アクティブノイズキャンセリングモード」、周囲の音を拾う「外部音取り込みモード」を搭載。防水性能を備え、感圧センサーで簡単に操作できるなど、機能性が抜群。世界レベルの人気商品です。

形状カナル型連続再生時間4.5時間
Bluetooth5.0コーデックSBC / AAC
防水性IPX4ノイズキャンセリング
重量5.4g充電方法USB Type-C
マイク対応

口コミを紹介

カナル型が苦手でしたが、AirPods Proはうまく耳に馴染みました。音質については素人ですが、ノイズキャンセリング性能、音質ともにバランスがとても良いと思います。初代AirPodsを使ってる方は確実に進化を感じられると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

高性能完全ワイヤレスイヤホン人気おすすめ商品比較表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5634513の画像

    Apple

  • 2
    アイテムID:5634149の画像

    BANG & OLUFSEN

  • 3
    アイテムID:5634361の画像

    NUARL

  • 4
    アイテムID:5634312の画像

    Master & Dynamic

  • 5
    アイテムID:5634236の画像

    Libratone

  • 商品名
  • AirPods Pro
  • Beoplay E8
  • N6 Pro TWS
  • MW07 PLUS
  • 完全ワイヤレスイヤホン 北欧デザイン
  • 特徴
  • iPhoneユーザー以外にもおすすめ!音質機能性ともに高性能
  • 納得の高品質!快適な使用感に満足できます
  • 音質、装着感、再生時間などバランスの良い高機能製品
  • クラシカルなデザインの上級アイテムを使いたい方におすすめです
  • スタイリッシュなデザインにクールな機能が魅力
  • 価格
  • 29050円(税込)
  • 28006円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 36400円(税込)
  • 22980円(税込)
  • 形状
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • 連続再生時間
  • 4.5時間
  • 12時間
  • 11時間
  • 10時間
  • 6時間
  • Bluetooth
  • 5.0
  • 4.2
  • 5.0
  • 5.0
  • 5.0
  • コーデック
  • SBC / AAC
  • SBC / AAC
  • SBC / aptX /AAC
  • SBC / aptX
  • aptX
  • 防水性
  • IPX4
  • IPX7
  • IPX4
  • IPX5
  • IPX4
  • ノイズキャンセリング
  • ×
  • ×
  • 重量
  • 5.4g
  • 右7g、左6g(ケース45g)
  • 7g(ケース45g)
  • 9g(ケース84g)
  • 5.6g
  • 充電方法
  • USB Type-C
  • -
  • USB Type-C
  • USB Type-C
  • -
  • マイク対応

完全ワイヤレスイヤホン選びではケースにも注目しましょう

完全ワイヤレスイヤホンは、本体だけでは使用できません。基本的にケースに入れて充電し、使うときにケースから取り出して耳に装着します。そのため、持ち運びや充電に便利なケースが付属していることを確認しましょう。

ケースの大きさや収納部分が使いやすさのポイント

収納ケースの大きさや重さ、形はメーカーや機種によりさまざまです。ポケットに入れて持ち歩きたいという方にはケースが小さく薄いタイプがおすすめ。バッグに入れるから少し大きめでもいいという方は、意外と見落としがちなケースの重さに注意して選びましょう。

 

また、本体を収納する部分はマグネットタイプがおすすめです。マグネットタイプは、出し入れするときに本体を落としにくいので、安心して使えます。

毎日充電する場合にはとくに充電機能をチェック

完全ワイヤレスイヤホンは本体バッテリーがコンパクトのため、一般的に再生時間が短いものが多いでしょう。収納時にしっかり充電したい方には、急速充電に対応しているものがおすすめです。IPhoneのようにBluetooth接続で充電できるタイプも便利です。

 

毎日家に帰ってからは、充電器を充電する必要があります。充電器に使える充電コードのタイプは、普段使っているスマホやタブレットなどと同じ種類だと使いやすいでしょう。一つのコードを持ち歩くだけでさまざまなアイテムを充電できるメリットがあります。

androidとiPhoneでそれぞれ選ぶポイントの違いはある?

ワイヤレスイヤホン自体の違いをご紹介してきましたが、接続するデバイスごとに合わせた違いはあるのでしょうか?今回はスマートフォンのandroid・iPhoneで選ぶ際のポイントをご紹介します。

android

ワイヤレスイヤホンの選び方としてコーデックの違いで選ぶという方法がありますが、このコーデックはワイヤレスイヤホンと接続するデバイスの両方が対応している必要があります。androidは一般的にapt-Xというコーデックに対応しています。

 

次に使い方ですが、ワイヤレスイヤホンとデバイスはBluetoothによって接続します。まずデバイス側のBluetooth設定をONにし、イヤホン側の電源を入れてペアリングモードにします。デバイス側でイヤホンの機種を選択して接続すると完了です。

 

androidというとiPhoneに付属しているApple製のAirPodsは使えないと思われがちですが、実はandroidでも使うことができます。iPhoneではAirPodsを近づけるだけで検知されますが、androidでは手動で接続する必要があるというのがiPhoneとの使い勝手の違いです。

iPhone

iPhoneは一般的にiPhoneではAACというコーデックに対応しています。androidが対応しているapt-Xの方が遅延や音質面で優れており、せっかくapt-X対応のワイヤレスイヤホンを購入してもデバイス側が対応していないとAACで接続されてしまうため注意が必要です。

 

また、バージョンの違いも注意が必要です。iPhone7PlusまではBluetooth Ver.4.2、iPhone8以降はBluetooth Ver.5.0に対応しています。異なるバージョンの同士の接続の場合低いバージョンとなり、Ver.3.0より古い機器では互換性がない場合もあるため確認が必要です。

 

iPhoneの使い方もandroidと同様です。デバイス側のBluetooth設定をONにし、イヤホン側の電源を入れてペアリングモードにします。デバイス側でイヤホンの機種を選択して接続すると完了です。

左右一体型・ネックバンド型ワイヤレスイヤホンのおすすめはこちら

今回ご紹介したのはワイヤレスイヤホンの中でも左右が分離している完全ワイヤレスイヤホンという種類です。ワイヤレスイヤホンには他にも左右が分離していない左右一体型や安定性が高く首への負担を軽減してくれるネックバンド型のワイヤレスイヤホンもあります。

 

左右一体型やネックバンド型のワイヤレスイヤホンのおすすめは以下の記事でご紹介していますので、気になった方はぜひそちらも合わせてチェックしてみてください。

まとめ

ここまで完全ワイヤレスイヤホンのおすすめランキング22選を紹介してきましたが、いかがでしたか。音質のいいもの、多機能ものなど、さまざまな機種のなかから自分が使いたい性能のものを探してみてはいかがでしょうか。楽に音楽を聴けたりモバイルを活用できたりと、毎日の快適さがアップしますよ。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月04日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ