オーディオテクニカワイヤレスイヤホンの人気おすすめランキング10選【新作の口コミも】

記事ID12787のサムネイル画像

ワイヤレスヘッドホンよりも安くて便利なワイヤレスイヤホン。特にオーディオテクニカは、スポーツ向けの防水仕様や、通話に適したカナル型マイク付きイヤホンなど、高品質なモデルが多くておすすめ。オーディオテクニカ製ワイヤレスイヤホンのランキングと選び方を解説します。

自分にぴったりなモデルが見つかるオーディオテクニカ製ワイヤレスイヤホン

オーディオテクニカといえば数多くのワイヤレスイヤホンのモデルを取り揃えてる日本を代表する音響機器メーカー。低音や高音がはっきりと聞き取れるモデルから長時間連続再生が可能な製品もあり、自分にぴったりなモデルがきっと見つかることでしょう。

 

一方、オーディオテクニカのワイヤレスイヤホンを使ってみたいけど種類が多くてどんなモデルを選んだらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回はオーディオテクニカ製ワイヤレスイヤホンの選び方おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは機能、価格、使いやすさを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

オーディオテクニカイヤホンの特徴

オーディオテクニカのイヤホンの特徴は、多数のモデルを幅広い価格帯で取り揃えている点です。また音質面では中高音域を得意としており、ファンからは「オーテクサウンド」と呼ばれ、人気を博しています

 

さらに近年は重低音を得意としたシリーズを出すことで、さらにバリエーション豊かなモデルを展開。幅広いワイヤレスイヤホンのラインナップから自分好みの音質や傾向をもとに自分にピッタリなイヤホンを探すことができます。

 

またグッドデザイン賞も数多く受賞しており、そのデザイン性は高い評価を得ていますカラーバリエーションも豊富なほか、スポーツ用に適した防水タイプなども取り揃えているのも特徴といえるでしょう。

オーディオテクニカ製ワイヤレスイヤホンの選び方

オーディオテクニカ製ワイヤレスイヤホンの選び方を、装着方法・シリーズ・機能や使用シーン・音質・最新作か否か・価格・連続再生時間などに分けて解説します。

耳に装着する方法で選ぶ

オーディオテクニカ製ワイヤレスイヤホンの装着方法は、カナル型・耳かけ型・インナーイヤー型の大きく3つに分けられます。

ATH-CK200BTなどの「カナル型」は音漏れが気になる方向け

カナル型は、イヤーピースをしっかりと耳の穴の中に差して使うタイプです。スキマができないので、フィットしやすく、音漏れしづらいのが最大のメリット。ATH-CK200BTが該当します。

 

よりフィット感を高めて長時間快適に使うには、自分の耳に合うサイズ・形状のイヤーピースを探して交換するのがおすすめです。下記の記事ではカナル型のワイヤレスイヤホンについてご紹介していますので、是非合わせてご覧ください。

SONIC SPORTシリーズなどの「耳かけ型」は高いフィット感を求める方向け

耳かけ型とは、フック部分を耳の裏にひっかけて使うタイプのイヤホンを指します。耳にしっかり装着したうえでイヤーピースを耳の穴に差し込むため、とにかく外れたり落下したりしにくいのが特徴です。

 

オーディオテクニカ製のワイヤレスイヤホンにおいては、SONIC SPORTシリーズに採用されています。

ATH-IEX1などの「インナーイヤー型」は手軽に装着したい方向け

インナーイヤー型はカナル型のように、耳の奥深くまで差し込みません。耳珠と対耳珠の間に、丸いパーツを引っかけて使います

 

カナル型と比較すると圧迫感が少ない代わりに、音漏れしやすく、低音の表現力が落ちてしまうのが難点です。空気を含む音が好みの方におすすめで、公共交通機関をよく利用する方にはあまり向いていません。ATH-IEX1はマルチドライバー構成・配置でフィットします。

シリーズで選ぶ

オーディオテクニカ製ワイヤレスイヤホンのうち、特に人気のあるシリーズはCKSとCRKの2つです。どのような特徴があるのか、くわしく見ていきましょう。

臨場感のある重低音ならワイヤレスの「CKSシリーズ」がおすすめ

ATH-CKSから始まる型番は、すべてCKSシリーズです。これは耳のパーツ同士がケーブルでつながったワイヤレスタイプ。重低音が心地良く聞こえるように設計されているのが特徴です。ロックやアップテンポな洋楽など、激しめの曲を愛する方に支持されています。

 

また、CKSシリーズには4,000円台で購入できるモデルも存在します。10,000円を優に超える製品も少なくないオーディオテクニカ製イヤホンの中では、比較的手の届きやすい部類に入ると言えるでしょう。

プロ仕様なら「E(旧:IM)シリーズ」がおすすめ

プロ向けのモニター仕様の製品をラインナップしているのがE(旧:IM)シリーズです。細かい音を聞き分けたいときや原音をそのまま感じたいときに便利です。あらゆる楽器の音を聞き取りやすいだけでなく、プロの現場で用いられるほど高い再現性も備えています。

 

音に着色していないため、長時間リスニングしても疲れにくいのもメリットといえます。クラシックを好む方にもおすすめのシリーズです。

ライブ音源がしっかり聞き取るなら完全ワイヤレスの「CKRシリーズ」がおすすめ

CKRシリーズは、ATH-CKRという型番から始まります。ATH-CKR7TWはケーブルなしの完全ワイヤレス。高解像度・高レスポンス・音の再現が売りで、歌手の声を直に聴いているかのようなリアルさが人気の理由です。したがって、ライブ音源を日常的に聴く方に最適と言えます。

 

ちなみに、CKRシリーズとよく名称が似ているシリーズにCKNは、ラインナップが有線のみです。ワイヤレスイヤホンは無いので、間違えないように注意しましょう。下記の記事ではケーブルのないの完全ワイヤレスイヤホンについてご紹介していますので、是非合わせてご覧ください。

機能や使用するシーンで選ぶ

オーディオテクニカ製ワイヤレスイヤホンに搭載されている機能には、ノイズキャンセリング・防水・ハイレゾ音源対応・マイク付きなどがあります。

ATH-ANC300TWなどの「ノイズキャンセリング」は公共交通機関に乗っているとき役立つ

バスや電車内で聴いている音楽に集中したい場合におすすめなのがノイズキャンセリング機能です。これは周囲の音をシャットアウトする機能で、思う存分音楽に没頭できます。ATH-ANC300TWはQUIETPOINTハイブリッドデジタルノイズキャンセリング技術で高精度です。

ATH-SPORT1などの「防水」はスポーツが趣味の方におすすめ

突然雨に降られたり、汗をかいたりしても壊れにくいワイヤレスイヤホンがほしいなら、防水・防滴機能の有無を確認してください。あわせて防水規格も押さえておきましょう。これは製品の防水性能をIPXから始まる等級で表示したものです。

 

具体例を出すと、ATH-SPORT1はIPX5です。IPX5は噴流に耐えうる製品に付与されるので、ATH-SPORT1は水洗いが可能な構造であることが分かります。

CKRシリーズなどの「ハイレゾ音源対応」は音質にこだわる方におすすめ

ハイレゾとはCDよりも高品質な音源を指す言葉です。そのため、ハイレゾ音源に対応しているワイヤレスイヤホンは、とにかく音にこだわりがある方におすすめ。違和感を覚えることなく音楽の世界観に没頭できます。これが主に採用されているのはCKRシリーズです。

ATH-CK3TW SIなどの「マイク付きイヤホン」は通話の頻度が高い方におすすめ

マイクが内蔵されたタイプは電話でのやり取りが多い方に適しています。なぜなら、着信を受ける度にわざわざイヤホンを外す必要がないからです。イヤホンをつけたままで話ができるので便利です。ATH-CK3TW SIは音切れしにくいです。

 

下記の記事では通話のできるワイヤレスイヤホンについてご紹介していますので、是非合わせてご覧ください。

「ハンズフリー機能」でさらに快適な通話を

マイク付きイヤホンのなかでもハンズフリー機能がついていると、スマートフォンが入っていたり手が塞がっていたりしても簡単に通話ができます。

リモコンがイヤホンに搭載されているモデルでは、音楽を聴いているときに電話が鳴った際、ボタン操作で通話に切り替えることができます。さらにはiPhoneではSiriを起動させたり、音声検索ができたりとさらに便利なイヤホンも登場しています。

ATH-CKS660XBTなどの「低遅延モード」はゲーム向け

ATH-CKS660XBTなどに搭載されているおすすめの機能が低遅延モード(Low Latency Mode)。音の遅延を抑えることで映像と音のズレが少なくし、快適にゲームや動画視聴を楽しむことができます。

 

さらに、デバイス側が「aptX」などのコーデックに対応していなくても使えるのがうれしいポイント。iPhoneなどでも遅延の少ない状態でアプリゲームや動画を観ることができます。

音質の特徴で選ぶ

イヤホンは、音質によってカマボコ・ドンシャリ・フラットの3つに分けられます。音質の良さを追求したい方は違いを押さえておきましょう。

省エネ性能が高くて価格も安いものなら「カマボコ」がおすすめ

周波数を見たときに、低音と高音が控えめで、中音域が聞き取りやすい構造になっているのがカマボコです。中央が盛り上がっている形がカマボコに似ているため、この名前がつけられました。低音と高音の表現力に難がありますが、その代わり安くて省エネです。

ハイエンドモデルに多く音の表現の多彩さなら「ドンシャリ」や「フラット」がおすすめ

カマボコと対極の存在なのがドンシャリです。中音域が控えめな代わりに低音と高音が強調されているので、ロックをよく聴く方におすすめ。主にCKSシリーズに採用されています。低音はドンと響き、高音はシャリシャリ鳴ることからこの名前がつけられました。

 

一方、どの周波数でも綺麗に聞き取れる音質もあります。これがフラット(平坦)です。音楽のジャンルを問わず使いやすい特徴があり、主にハイエンドモデルに採用されることの多い音質です。自分が聴く音楽の傾向などと照らし合わせながら選んでください。

ドライバーユニットで選ぶ

ドライバーユニットとはイヤホンに搭載された音を鳴らすスピーカー部分を指します。ワイヤレスイヤホンの構造の中で、一番音質に直結している部分といえるでしょう。

低音を重視する方は「ダイナミック型」のATH-CKS330XBTがおすすめ

ダイナミック型はドライバーユニットの中でも構造が単純で低コストであるため多くのイヤホンに採用されています。しかし多く採用されている構造だからこそ、オーディオテクニカの技術がしっかりと詰め込まれているともいえます。

 

ダイナミック型の特徴としては低音を響かせるのが得意であること。EDMや激しいロックサウンドなどを好む方にぴったりなドライバーユニットです。ATH-CKS330XBTは迫力のある重低音を味わえるダイナミック型のイヤホンとしておすすめです。

高音の響きがきれいな「バランスドアーマチェア(BA型)」

バランスドアーマチェア(BA型)はダイナミック型に比べ、構造は複雑ではありますが小型化しやすいためカナル型のワイヤレスイヤホンに採用されるケースが多い構造です。

 

バランスドアーマチェアの特徴は音の解像度が高く、高音がきれいに響くことです。したがってJ-POPなど歌ものの音楽にぴったりのドライバーユニットといえるでしょう。

音質にとことんこだわりたい人は「ハイブリッド型」を

ハイブリッド型はダイナミック型とバランスドアーマチェアを1基ずつ搭載しているドライバーユニットです。低音が得意なダイナミック型と高音がきれいに響くバランスドアーマチェアの良いとこどりの構造となっています。

 

しかし、ハイブリッド型は2基以上のドライバーユニットを搭載する必要があります。したがって低価格のワイヤレスイヤホンでは搭載が難しくあまり多くのワイヤレスイヤホンに採用されていないのが現状です。

シーンや用途によって選ぶ

ワイヤレスイヤホンは日常のいろいろな場面で使用できます。ここではシーンや用途に合わせてオーディオテクニカのワイヤレスイヤホンを選ぶ方法を紹介します。

スポーツで使用する方はATH-SPORT60BTなど「防水性の高いイヤホン」を

ランニングなどスポーツをしながらワイヤレスイヤホンを使用するなら、防水性の高いワイヤレスイヤホンがおすすめです。雨の日や汗をたくさんかいてしまった時も防水加工であれば安心です。

 

ATH-SPORT60BTは汗をかいても丸ごと水洗いができるほど防水性が高いのでスポーツをする方にぴったり。また、イヤフィンとイヤピースが4種類ずつ付属するため自分の耳にフィットし、運動してもずれにくいワイヤレスイヤホンをカスタムできるのもポイントです。

スマホに接続して使う方はATH-CKS5TWなど「カナル型」がおすすめ

スマホにワイヤレスイヤホンを接続するのが多い方におすすめなのがカナル型のワイヤレスイヤホンです。ATH-CKS5TWは安定した装着感で電車内など音漏れが少なく、約45時間再生のロングバッテリーのため外出時にもぴったりのワイヤレスイヤホンです。

 

さらに快適に通話やスマホ操作をしたい方は、ハンズフリー機能がついたワイヤレスイヤホンを選んでみてはいかがでしょうか。

テレビ視聴で使う方はATH-C200BTなど「インナーイヤー型」がおすすめ

テレビや動画視聴をするときは、ケーブルにとらわれることなくゆったりとできるワイヤレスイヤホンはとてもおすすめ。しかし、密閉性の高いイヤホンを長時間使用すると耳に多くの負担をかけてしまいます。したがって圧迫感が少ないインナーイヤー型を選びましょう。

 

ATH-C200BTはシリコンボディのモデルで耳にやさしくフィットし、長時間無理なく装着することができます。さらにSCMS-Tに対応しているため、ワンセグもワイヤレスで視聴できるのも魅力的です。

「最新作」は改良されていて性能を重視する方向け

メーカーは、より高品質な製品にすることを目指して開発に取り組んでいます。その過程で音の聞き取りづらさやフィット感の低さといったマイナスな要素は少しずつ改善されていきます。したがって、同じシリーズでも発売日が最近のものの方が高性能な傾向にあると言えるでしょう。

「価格が安い製品」は手軽にお試ししたい方向け

ハイエンドモデルが自分に合わないかもしれない、と心配な場合は、まず価格が安い製品を手に取るのがおすすめです。低価格帯のものでも装着感や機能性は把握できますCKSシリーズあたりをお試しで使ってみてください。

 

下記の記事ではコスパのいいイヤホンについてご紹介していますので、是非合わせてご覧ください。

充電が煩わしいならATH-CK3TWなどの「連続再生時間」が長い製品が最適

連続再生時間は、1回フル充電し終わって電源をつけてから再度充電が0%になるまでに、どのくらい音楽を聴き続けられるかを表す指標。これが長いほど、こまめに充電する必要がなくなって便利です。

 

オーディオテクニカ製ワイヤレスイヤホンにおいては、最大で5~8時間持つものがスタンダードです。しかし、中にはATH-CKS5TWBKやATH-ANC400BTのように最大15~20時間連続再生ができる製品も存在します。ATH-CK3TWなら30時間持ちます。

紛失が心配なら「Audio-Technica Connect」対応がおすすめ

ワイヤレスイヤホンをはスマホなどと直接繋がってないということで無くしてしまうのではないかと心配している方も多いのではないでしょうか。そんな時に役に立つのがスマホアプリのAudio-Technica Connectです。

 

万が一ワイヤレスイヤホンを紛失した際に、最後にBluetooth接続した場所を地図で確認することができます。このアプリに対応しているワイヤレスイヤホンを選んでみてはいかがでしょうか。

防水対応のワイヤレスイヤホンの人気おすすめランキング7選

7位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

完全ワイヤレスイヤホン ATH-ANC300TW

価格:24,273円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

周囲の音が気になってしまうあなたへ

ノイズキャンセリング機能が標準搭載されていて、周囲の音をシャットアウトしてくれるワイヤレスイヤホンです。賑やかな場所でも音楽を集中して聴きたいという方におすすめ。中音域を強調したような聞こえ方で、低音や高音は控えめなのが特徴的です。

装着方法カナル型シリーズANC
機能ノイズキャンセリング・マイク・防水音質カマボコ
発売日2020年5月29日連続再生時間最大4.5時間

口コミを紹介

ノイズキャンセリングは三段階。結構使えるなという印象。
ヒアスルー機能がついているので、安心して使用できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

ワイヤレスイヤホン ATH-SPORT50BT

価格:2,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水機能とフィット感に優れたワイヤレスイヤホン

スポーツ向けに開発されたているため、デザインもスタイリッシュですっきり爽やかな印象を与えます。防水性能はIPX5グレードで、もし汗や汚れが付着しても水洗いして清潔に保てます。さらに外部音が聞こえやすいアクティブフィットイヤーピースも付属しており、外でも安心して使用できます。

装着方法耳かけ型・インナーイヤー型シリーズSONICSPORT
機能防水音質フラット
発売日2017年12月2日連続再生時間最大6時間

口コミを紹介

今回の物は、イヤーフックが調整出来るのが良いです!安い物、数個買いましたが左耳がどうしても合わず直ぐ取れてしまいましたが、これは上手く調整すれば、落ちないので良かったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

完全ワイヤレスイヤホン ATH-CKS5TW

価格:14,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

連続再生時間の長さと外れにくさが好評

1回フル充電すれば、最大で15時間連続再生することが可能な製品です。充電ケースをあわせて活用した場合は、丸2日近く使い続けられます。また、イヤーピースの近くにある3Dループサポートにより、耳にしっかりと装着できるようになっているのも魅力的です。

装着方法カナル型シリーズCKS
機能マイク・防水音質フラット
発売日2019年7月12日連続再生時間最大15時間

口コミを紹介

これまであまり納得の行く気に入ったワイヤレスヘッドフォンに出会ってなかったので、この製品はとても良いと思いました。音質は低音がよく響いて主にダンス系のロックやポップスを聴く私の好みに合ってっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

ワイヤレスイヤホン ATH-SPORT90BT

価格:10,873円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマートフォン要らずのワイヤレスイヤホン

4GBのストレージ容量を有し、スマートフォンや音楽プレイヤーがなくても好きな音楽を堪能できるワイヤレスイヤホンです。スポーツをするとき、音楽を聴くためだけに上記の機器を携帯するのが煩わしいと考えたことがある方には、特におすすめです。

装着方法カナル型シリーズSONICSPORT
機能マイク・防水音質フラット
発売日2019年10月11日連続再生時間最大5時間

口コミを紹介

やはり、スポーツ用途に考えられているのか低音がしっかりあります。高音は低音に隠れておらずしっかり聞こえます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

ATH-CK150BT

価格:2,318円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザイン性に優れた一品

緑・ピンク・黒を上手く組み合わせた、おしゃれな雰囲気のワイヤレスイヤホンです。防滴仕様のため、ジョギングなどスポーツで汗をかく機会が多い方に向いています。また、音質にもこだわっており、ロックからクラシックまで幅広いジャンルが聞き取りやすいです。

装着方法カナル型シリーズCK
機能マイク・防水音質ドンシャリ
発売日2019年7月19日連続再生時間最大7時間

口コミを紹介

快適に使用できています。付け心地も音質も電池の持ちも良好。思ったより軽い。耳の形や大きさによるが、本体が付いている右耳への負担も少ないと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

ワイヤレスイヤホン ATH-DSR5BT

価格:23,880円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネックバンドタイプのワイヤレスイヤホン

カナル型イヤホンとヘッドホンを融合したような形状が印象的な、ネックバンドタイプの製品です。首をぐるっと取り囲む部分の両先端には、Bluetoothの電源ボタンと、ボリューム調整ボタンがあります。調整のたびにスマートフォンやPCを触るのが煩わしい方向けです。

装着方法カナル型(ネックバンド)シリーズDSR
機能マイク・防水音質フラット
発売日2018年3月16日連続再生時間最大8時間

口コミを紹介

適度な低音のしまり感があり、音場は広大で、高音はどこまでものびていく、まるで良質なサラウンドスピーカーに囲まれて聞いているような錯覚を覚えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

ATH-CK3TW SI

価格:23,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

利便性の高い機能を多数実装

自動での電源ON・OFF機能や防水機能、リモコン機能、マイク機能などが内蔵されている、左右分離型のワイヤレスイヤホンです。また、マルチペアリングにも対応しています。そのためスムーズに操作したい方や、複数のデバイスを保有している方におすすめです。

装着方法カナル型シリーズCK
機能防水・マイク音質ドンシャリ
発売日2019年11月15日連続再生時間最大6時間

ランニングから通勤まで使用していますが、今のところ、通勤電車の中でも音飛びしていません。耳しっかりフィットするので、落ちる気配もなく安心です。

出典:https://www.amazon.co.jp

防水対応のワイヤレスイヤホンの人気おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6257615の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 2
    アイテムID:6257612の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 3
    アイテムID:6257609の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 4
    アイテムID:6257606の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 5
    アイテムID:6257603の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 6
    アイテムID:6257600の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 7
    アイテムID:6257597の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 商品名
  • ATH-CK3TW SI
  • ワイヤレスイヤホン ATH-DSR5BT
  • ATH-CK150BT
  • ワイヤレスイヤホン ATH-SPORT90BT
  • 完全ワイヤレスイヤホン ATH-CKS5TW
  • ワイヤレスイヤホン ATH-SPORT50BT
  • 完全ワイヤレスイヤホン ATH-ANC300TW
  • 特徴
  • 利便性の高い機能を多数実装
  • ネックバンドタイプのワイヤレスイヤホン
  • デザイン性に優れた一品
  • スマートフォン要らずのワイヤレスイヤホン
  • 連続再生時間の長さと外れにくさが好評
  • 防水機能とフィット感に優れたワイヤレスイヤホン
  • 周囲の音が気になってしまうあなたへ
  • 価格
  • 23800円(税込)
  • 23880円(税込)
  • 2318円(税込)
  • 10873円(税込)
  • 14000円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 24273円(税込)
  • 装着方法
  • カナル型
  • カナル型(ネックバンド)
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • 耳かけ型・インナーイヤー型
  • カナル型
  • シリーズ
  • CK
  • DSR
  • CK
  • SONICSPORT
  • CKS
  • SONICSPORT
  • ANC
  • 機能
  • 防水・マイク
  • マイク・防水
  • マイク・防水
  • マイク・防水
  • マイク・防水
  • 防水
  • ノイズキャンセリング・マイク・防水
  • 音質
  • ドンシャリ
  • フラット
  • ドンシャリ
  • フラット
  • フラット
  • フラット
  • カマボコ
  • 発売日
  • 2019年11月15日
  • 2018年3月16日
  • 2019年7月19日
  • 2019年10月11日
  • 2019年7月12日
  • 2017年12月2日
  • 2020年5月29日
  • 連続再生時間
  • 最大6時間
  • 最大8時間
  • 最大7時間
  • 最大5時間
  • 最大15時間
  • 最大6時間
  • 最大4.5時間

カナル型のワイヤレスイヤホンの人気おすすめランキング3選

3位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

完全ワイヤレスイヤホン ATH-CKR7TW

価格:13,248円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽い付け心地が注目ポイント

このワイヤレスイヤホンは軽量かつコンパクトで、ずっと装着していても負担に感じにくいのが最大の特徴です。LEDランプで電池残量を知らせてくれる機能もあります。したがって、「電池がいつの間にか0%になっていた」という事態を回避することが可能です。

装着方法カナル型シリーズCKR
機能マイク音質カマボコ
発売日2018年11月9日連続再生時間最大6時間

口コミを紹介

付属の3Dループを装着することで抜群のフィット感。
ガムを噛んでも落ちない。
音質も良き。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

オーディオテクニカ

ATH-CK200BT

価格:3,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長い移動時間を快適に過ごせるワイヤレスイヤホン

3時間充電しておけば、最大で7時間の連続再生に耐えうる仕様のワイヤレスイヤホンです。通勤時間が長い方、旅行が趣味で移動時間もまったり音楽を楽しみたい方などにおすすめです。

装着方法カナル型シリーズCK
機能マイク音質フラット
発売日2017年10月27日連続再生時間最大7時間

音に関しては、奥行きもあり広がりもあり、高音、低音ともバランスが良い印象です。お値段以上の音質だと思います。耳への装着感も自然で違和感がないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

audio-technica

Bluethoothヘッドホン ATH-CKR35BT

価格:4,479円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスの高い良品

差し色として使われている淡いピンクがエレガントさを演出してくれる、カナル型ワイヤレスイヤホンです。派手でなく、華奢な見た目の製品を探している方におすすめ。マルチペアリング対応機能・マイク機能・自動電源OFF機能・リモコン機能が搭載されています。

装着方法カナル型シリーズCKR
機能マイク音質ドンシャリ
発売日2017年6月23日連続再生時間最大7時間

口コミを紹介

ジム通いを再開し、トレーニング中のイヤホン使用にと色々探してたどり着きました。ワイヤレス初めてでも、ペアリング簡単、一分で完了。装着感、音質、色ともに気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

カナル型のワイヤレスイヤホンの人気おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6257624の画像

    audio-technica

  • 2
    アイテムID:6257622の画像

    オーディオテクニカ

  • 3
    アイテムID:6257619の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 商品名
  • Bluethoothヘッドホン ATH-CKR35BT
  • ATH-CK200BT
  • 完全ワイヤレスイヤホン ATH-CKR7TW
  • 特徴
  • コストパフォーマンスの高い良品
  • 長い移動時間を快適に過ごせるワイヤレスイヤホン
  • 軽い付け心地が注目ポイント
  • 価格
  • 4479円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 13248円(税込)
  • 装着方法
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • シリーズ
  • CKR
  • CK
  • CKR
  • 機能
  • マイク
  • マイク
  • マイク
  • 音質
  • ドンシャリ
  • フラット
  • カマボコ
  • 発売日
  • 2017年6月23日
  • 2017年10月27日
  • 2018年11月9日
  • 連続再生時間
  • 最大7時間
  • 最大7時間
  • 最大6時間

インナーイヤー型のワイヤレスイヤホンの人気おすすめランキング3選

3位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

ATH-CKS660XBT CGD

価格:6,831円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

約2時間の充電で最大約20時間の連続再生ができる点も魅力です。さらに低遅延モードを搭載していることでスマートフォンやタブレット でゲームや動画視聴をする際に、音の遅延の少ない再生を楽しむことができます。

 

長時間イヤホンを使用するという方には、持っておきたいおすすめのイヤホンといえます。加えて音響特性だけでなく、 装着時の高級感も演出してくれます。

装着方法インナーイヤー型シリーズCKS
機能-音質-
発売日2020年6月19日連続再生時間約20時間

口コミを紹介

以前から同社のATH-CK200BTを使用してます。比較になりますが操作はとてもしやすく、音質も格段にアップ。特にロックの低音がとても聴きやすくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

SoundReality ATH-CKR300BT GR

価格:3,336円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパの良いスタンダードモデル

小さなボディで高音質と優れた装着性を両立させるため、雑味のない音を再生できます。購入しやすい価格でありながら高音質を楽しめ、シンプルな操作も魅力です。初めてオーディオテクニカのイヤホンを買うという方にもおすすめのモデルです。

装着方法インナーイヤー型シリーズCKR
機能マイク音質-
発売日2019年8月2日連続再生時間約8時間

口コミを紹介

よく動画を見るんですが、音ズレもほとんどなく、ご機嫌に使用してます。リモコン機能も最小限ですが逆に使いやすいでしょう。音質にこだわるなら有線タイプになりますが、これで十分です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

ATH-C200BT BK

価格:2,709円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

迫力のあるサウンドを楽しめる

軽快な装着感が良い左右一体型ワイヤレスイヤホンです。φ12mmの大口径なドライバーを搭載しており、迫力があり空間表現力に優れた再生音を楽しめます。コンパクトなボディに加え、ハウジングにはシリコン素材を採用することで耳あたりがソフトでずれにくいため、無理なくしっかり装着できます。

 

さらにコード部にマイク付きのリモコンが付いているため、ハンズフリー通話に加え、手元での音楽再生や通話操作が可能です。装着感だけでなく使いやすさも求めるならおすすめのイヤホンです。

装着方法インナーイヤー型シリーズ-
機能マイク音質-
発売日2018年7月13日連続再生時間9時間

口コミを紹介

オーディオテクニカは失敗しないですね。音質を語るほど深い見識はないけれど、とても満足いくものです。確かに低音響かせるようなものではないけれど、普通にクリアでスムーズな音なのかと。

出典:https://www.amazon.co.jp

インナーイヤー型のワイヤレスイヤホンの人気おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6257635の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 2
    アイテムID:6257632の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 3
    アイテムID:6257629の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 商品名
  • ATH-C200BT BK
  • SoundReality ATH-CKR300BT GR
  • ATH-CKS660XBT CGD
  • 特徴
  • 迫力のあるサウンドを楽しめる
  • コスパの良いスタンダードモデル
  • 価格
  • 2709円(税込)
  • 3336円(税込)
  • 6831円(税込)
  • 装着方法
  • インナーイヤー型
  • インナーイヤー型
  • インナーイヤー型
  • シリーズ
  • -
  • CKR
  • CKS
  • 機能
  • マイク
  • マイク
  • -
  • 音質
  • -
  • -
  • -
  • 発売日
  • 2018年7月13日
  • 2019年8月2日
  • 2020年6月19日
  • 連続再生時間
  • 9時間
  • 約8時間
  • 約20時間

オーディオテクニカ製ワイヤレスイヤホンの使い方

オーディオテクニカ製ワイヤレスイヤホンは、充電ケースから取り出すと電源が入ります。音楽を聴くにはペアリングをする必要があるので、スマートフォンのBluetoothボタンを押して接続を図ってください。

 

装着検出機能が搭載されたワイヤレスイヤホンなら、耳につけるとすぐに音楽が聴けます。このときは特に操作は必要ありません。反対に、耳から外すと一時停止します。早送り・巻き戻しや、電話の着信に応答する場合は、イヤーピースの反対側にあるボタンを押します。

 

詳細な操作方法は製品により異なるため、正確な情報が知りたい方は、下記の公式サイトの取扱説明書をダウンロードしてみてください。

オーディオテクニカ製ワイヤレスイヤホンの充電方法

完全ワイヤレスイヤホンの場合は、まずパソコンもしくはモバイルバッテリーと、充電ケースをUSBケーブルでつないでください。そして、次にその充電ケースのくぼみにイヤホンをセットすると、自動で充電が開始します。

 

このとき、イヤホンが適切に充電できていたら、本体に白色のランプが点灯します。そのまましばらく待って白色のランプが消えたら充電完了です。

人気のヘッドホンも併せてチェックしよう

オープンエアーにこだわり、広がりのあるサウンドを再現できる「オーディオテクニカ」のヘッドホン。独自開発のコアマウントなどを採用しており、低音を強調しすぎない中音域・高音域のバランスの良さと、キレイな高音が特徴といえます。


初心者からプロまで多くの人が愛用している人気メーカーです。しかし、シリーズも豊富で、スペックや搭載されている機能も異なるため、その中から一つを選ぶには苦労してしまうこともあるでしょう。

 

下記記事では、オーディオテクニカのヘッドホンおすすめ人気ランキング7選を紹介していますのでこちらも併せて参考にしてみてください。

まとめ

今回はオーディオテクニカ製ワイヤレスイヤホンについてタイプやシリーズ、機能などの選び方についてご紹介しました。気になったもの、欲しいものは見つける参考にしてください。より詳しく知りたい方は下記記事をチェックしてください!

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年01月22日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ