サウンドピーツの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

記事ID9548のサムネイル画像

サウンドピーツは、最新技術が使われたワイヤレスイヤホンを安価な価格で販売しているメーカーです。truefree+、 truengineなどの高品質なイヤホンが5000円以下で購入できます。サウンドピーツのイヤホンの選び方やおすすめランキングをご紹介します。

サウンドピーツなら高品質なイヤホンが安く手に入る

サウンドピーツは高品質なイヤホンやヘッドホンを安価な価格で販売している人気のブランドです。完全ワイヤレスイヤホンは高価なものが多いですが、サウンドピーツのものは5000以下で買うことができます。品質の良いものを安く買えるのはありがたいですよね。

 

海外の安価なブランドは、サポートに不安があるものや日本語の説明書がないものも多いです。しかし、サウンドピーツは日本の公式HPやTwitterがあり、一年保証などサポートも安心で日本語の説明書も付属します。サウンドピーツのイヤホンは種類が多く、選ぶのが大変です。

 

そこで今回はサウンドピーツのイヤホン・ヘッドホンの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。 購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。ランキングは種類・対応コーデック・防水性・連続再生時間の3つのポイントを基準として作成しました。

サウンドピーツイヤホン・ヘッドホン人気おすすめランキング15選

15位

SoundPEATS(サウンドピーツ)

【 ワイヤレス&有線両用】A1 Pro Bluetooth ヘッドホン

価格:3,690円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイヤレスと有線の両方に対応のヘッドホン

低・中・高と全ての音域のバランスの良いヘッドホンです。ワイヤレスで使用しても音の遅延が少く、音が飛びにくいので快適に使用できます。密閉性が高いので、音漏れもしにくいです。ハンズフリーで通話できるため、電話の内容をメモに取ることも簡単にできます。

種類ヘッドホン対応コーデック-
防水性能-連続再生時間25時間

口コミを紹介

本機は音、デザイン、質感、Bluetoothの安定性などが素晴らしく、装着感がややきついこと以外は全く不満がない。BOSEの数分の一近の価格であったが、とても満足している。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

SoundPEATS(サウンドピーツ)

TrueFree

価格:2,880円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3000円以下で購入できるコスパの良い完全ワイヤレスイヤホン

サウンドピーツの完全ワイヤレスイヤホンの中でも、かなりリーズナブルな商品です。軽量でフィット感も良く、快適に装着できます。充電ケースも小型で、収納がコンパクトです。価格が安く使い勝手が良いので、完全ワイヤレスイヤホンは初めての人にもおすすめです。

種類完全ワイヤレスイヤホン対応コーデックAAC、SBC
防水性能IPX4連続再生時間20時間

口コミを紹介

フル充電したイヤフォン単体で4時間使用可能と記載されていますが、実際に使用したところ4時間強は使用できますし、接続も非常にスムーズです。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

MOMO’S SHOP

Q32

価格:6,777円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長時間使用に最適な完全ワイヤレスイヤホン

「Q32」は、長時間使用可能な完全ワイヤレスイヤホンです。充電ケースを使えば、60時間使用することができます。音が途切れにくくノイズキャンセリング機能が優秀なので、ハンズフリー通話を行うにも非常に使いやすいです。

種類完全ワイヤレスイヤホン対応コーデックAAC
連続再生時間60時間防水性能IPX4
12位

SoundPEATS(サウンドピーツ)

B10 カナル型 (リモコン付き)

価格:1,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格でコスパは抜群

コスパの良いシンプルな有線イヤホンです。中高音域までバランスが良く、価格以上の高音質を実現しています。マイクで通話も可能で、リモコン付きなので操作も簡単に行えます。ボタンでも簡単な操作ができます。通勤通学用におすすめの有線イヤホンです。

種類有線イヤホン対応コーデック-
防水性能-連続再生時間-

口コミを紹介

フィット感が最高です。Amazonビデオ寝ながらイヤフォンで観てましたが細かいサウンドがよく聞こえます。屋外のシーンで風の音が入っていることに初めて気付きました(笑)ゴロゴロしても外れる事もなくずっと着けてても苦になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ワイヤレスイヤホンのSoundPEATS

Q35Pro

価格:4,280円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイヤレスでも快適に音楽鑑賞

「Q35Pro」は、低音に強く音質の良いワイヤレスイヤホンです。接続安定性が非常に優秀なので、ワイヤレスで音楽を聴きたい人におすすめです。接続が途切れずに遅延も少ないのです。電源ボタンを長押しするだけで、簡単にペアリングできるのも便利です。

種類ワイヤレスイヤホン対応コーデックaptX、AAC、SBC
防水性能IPX6連続再生時間8時間

口コミを紹介

音途切れもなく、音質音もれなどすべて満足。
付属ピースも種類豊富で耳にきちんとフィットします。
配送も大変早くありがたかったです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

10位

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)

Truengine

価格:4,980円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水性能が高く着け心地も良い

デュアルドライバー&クロスオーバー仕様で音質が良く、着け心地も良い完全ワイヤレスイヤホンです。防水性が高いので、どんな場所でも使用しやすくなっています。片耳のみ音声を流すことも可能です。音を遮断したくない状況でも安心して使えます。

種類完全ワイヤレスイヤホン対応コーデックAAC、SBC
防水性能IPX6連続再生時間27時間
9位

SoundPEATS(サウンドピーツ)

Q30 HD

価格:3,690円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い防水性でハイレゾ相当のコーデックに対応

サウンドピーツのQ30 HDは、スポーツ中に使用するのに便利なワイヤレスイヤホンです。防水性能が優れているので、汗による故障の心配がなく不意の雨でも心配いりません。充電の必要なく、長時間使用が可能な点も便利です。

 

耳にフィットする形状なので、激しい運動でも落ちにくくなっています。ハイレゾ相当のコーデックに対応しているので、音質にこだわる人にもおすすめです。

種類ワイヤレスイヤホン対応コーデックAAC、aptX、aptX HD
防水性能IPX7連続再生時間14時間

口コミを紹介

大方の人が満足のできる音を放つイヤホンであるかと思います。
EDMなどの重低音でも音割れは全くなく、むしろ、臨場感たっぷりに音楽を楽しむことができています。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

SoundPEATS(サウンドピーツ)

TrueMini

価格:3,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超軽量でコンパクトな完全ワイヤレスイヤホン

「TrueMini」は非常にコンパクトな完全ワイヤレスイヤホンです。イヤホン自体の重さは3.5gしかないありません。軽快な着け心地で、音声が遅延しにくいです。小さくても迫力あるサウンドを聞くことができます。

種類完全ワイヤレスイヤホン対応コーデックSBC
防水性能IPX5連続再生時間14時間

口コミを紹介

届いたときにびっくりしたのがケースの小ささです。とてもコンパクトなのでカバンやポケットに入れてもかさばりません。すごくいいです。耳に装着するととても軽いので音質が心配になったのですが全く問題なくノイズや音切れのありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

SoundPEATS(サウンドピーツ)

Q12HD

価格:3,580円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低遅延で音飛びしにくく耳にも優しい

「Q12HD」は、Bluetooth 5.0と最新チップのQCC3034を搭載したワイヤレスイヤホンです。最先端のBluetoothと最新チップを採用した、遅延しにくく音飛びしないワイヤレスイヤホンです。激しい動きでも落ちにくいので、スポーツ中の使用にもおすすめです。

種類ワイヤレスイヤホン対応コーデックAPTX、APTX-HD、SBC
防水性能IPX6連続再生時間14時間

口コミを紹介

何度かSoundPEATSの商品を購入しています。このQ12HDも結構いい音を出してくれます。普通にYouTubeやスマホのプレーヤーで音楽を聴く程度ならこれで十分です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

SoundPEATS(サウンドピーツ)

FORCE HD Bluetooth

価格:4,280円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネックバンドが優しく首にフィットする

「FORCE HD」は、ハイレゾ相当の音質のコーデックを使用しています。防水性が高いので、スポーツをしながら使用するのも便利です。ネックバンドは医療用シリコンを使用しているので、柔らかく首に負担がかかりません。マイク付きでハンズフリー通話もできます。

種類ワイヤレスイヤホン対応コーデックAPTX、APTX-HD、SBC
防水性能IPX6連続再生時間35時間

口コミを紹介

二ヶ月ほど使い続けていますが、音質、着け心地、コスパ共にとても良いです。トレーニング時に着けていても外れることがなく気にせずトレーニングに集中できるので良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

SoundPEATS(サウンドピーツ)

Truengine SE ワイヤレスイヤホン

価格:5,038円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通話以外の機能が非常に優秀な完全ワイヤレスイヤホン

「Truengine SE 」はデュアルドライバー採用で、低音から高音までバランスの良い完全ワイヤレスイヤホンです。耳へのフィット感が非常に優秀で、落としてしまう心配がありません。通話には向きませんが、それ以外の用途には非常に使いやすいです。

種類完全ワイヤレスイヤホン対応コーデックaptX、AAC、SBC
防水性能IPX4連続再生時間27時間

口コミを紹介

デュアルドライバーとの事ですがサイズも大きく無く、片方で5gと軽量なので違和感無く着用できます。
激しいトレーニングでもズレたりする事無くフィットしてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

SoundPEATS(サウンドピーツ)

TrueAir

価格:4,990円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能で操作性に優れた完全ワイヤレスイヤホン

長時間の使用でも疲れにくい音質の完全ワイヤレスイヤホンです。一度設定すれば、ケースを開けただけでペアリングできます。タッチセンサー式で、軽く触れるだけで快適に操作できます。5000円以下ですが、数万円クラスのイヤホンに近い機能が搭載されています。

種類完全ワイヤレスイヤホン対応コーデックAAC、aptX、SBC
防水性能IPX4連続再生時間30時間

口コミを紹介

対応コーデックも豊富(iphone(AAC)、android(apt-x))何より充電端子がUSB Type-Cなのがうれしかった(充電ケーブルの元側の端子はType-Aなので安心)。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

SoundPEATS(サウンドピーツ)

イヤホン B90

価格:3,299円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音質に優れた有線イヤホン

「B90」は、ハイレゾ音源に対応した有線イヤホンです。デュアルドライバー搭載で、音のゆがみがなく低・中・高の全ての音域のバランスが良いサウンドを実現しています。ハンズフリー通話が可能です。接続するミニプラグは、幅広い機種に対応しています。

種類有線イヤホン対応コーデック-
防水性能-連続再生時間-

口コミを紹介

数年前の高コスパ機と呼ばれていた製品類と比較すると
今のコスパの良さは比べ物にならない と思っていますが、
ここまでバランスの良い音をだす安価なイヤホンは初めてです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

SoundPEATS(サウンドピーツ)

TrueCapsule

価格:2,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパが良く汚れにも強い

サウンドピーツの完全ワイヤレスイヤホンの中でも、コスパに優れた商品です。中音と高音の解像度に優れた音質なので、クセのないサウンドを楽しめます。雨や汗に濡れても問題ない防水性があり、ナノコーティングで汗や指紋の汚れが付きにくいです。

種類完全ワイヤレスイヤホン対応コーデックAAC、SBC
防水性能IPX5防水連続再生時間24時間

口コミを紹介

現在吹奏楽やオーケストラ等で演奏や編曲活動を行なっていますが、チューバやバリトンサックス、バスクラ等の音もはっきり聞こえつつも、高音域のシンバルが抜ける音やスネアドラムの細かい粒などもしっかり聞こえます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

SoundPEATS(サウンドピーツ)

ワイヤレスイヤホン Truefree+

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高機能でコスパも優秀

「Truefree+(プラス)」は、プロ仕様のチップとBluetooth5.0を採用した完全ワイヤレスイヤホンです。音飛びや遅延がほとんどなく、快適に使用できます。充電ケースから取り出すと、3秒で接続できる自動ペアリングも便利です。

種類完全ワイヤレスイヤホン対応コーデックAAC・SBC
防水性能IPX4連続再生時間35時間

口コミを紹介

ノイズキャンセリング機能はないはずですが、通話品質は非常に良いものでした。風もあまり拾いません。音楽を聞いている際の音質ですが、AirPodsより良いかもしれません。

出典:https://www.amazon.co.jp

サウンドピーツのイヤホン・ヘッドホンの選び方

サウンドピーツのイヤホン・ヘッドホンは、さまざまな種類や機能のものがあります。種類や機能、イヤホンの形状などをご紹介するので選ぶ参考にしてください。

種類で選ぶ

サウンドピーツのイヤホンはワイヤレスのものや有線のものがあり、ワイヤレスにもタイプがあります。また、ヘッドホンも販売しています。それぞれのイヤホンやヘッドホンの特長をまとめました。

左右のイヤホンが独立した完全ワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレスイヤホンは、イヤホン本体に小型のバッテリーを装着したことでケーブルやネックバンドがなくなったイヤホンです。ケーブルのわずらわしさから完全に開放されたことで高い人気があります。ただし、有線に比べると音の遅延が起きやすいです。

 

最新モデルのtruengine2は2020年3月の時点でAmazon未発売ですが、クラウドファンディングで先行販売され話題になりました。バッテリーが小型で、使用時間が短いのが欠点です。一般的に高額ですが、サウンドピーツは5000円以下のものを販売しています。

イヤホン同士がケーブルで繋がったBluetooth式のワイヤレスイヤホン

ワイヤレスでオーディオプレイヤーと接続できますが、左右のイヤホンがケーブルで繋がったタイプです。ケーブルやバッテリーがついている分かさばります。完全ワイヤレスイヤホンが登場したことで、こちらのをワイヤードイヤホンと呼ぶ場合もあります。

 

それでも、接続機器とケーブルで接続しないので、有線に比べると使いやすいです。、バッテリーが大きいので完全ワイヤレスイヤホンと比べて長時間使えます。データを転送する方式は完全ワイヤレスイヤホンと同じBluetoothタイプです。音の遅延についても同じです。

ワイヤード(有線)イヤホンは遅延がなく音質が良い

ワイヤードイヤホンはケーブルのついたイヤホンのことで、基本的にケーブルでオーディオプレイヤーなどと接続するタイプです。ケーブルが邪魔になるのが最大のデメリットですが、音の遅延がありません。

 

 

また、ワイヤレスと違って音のデータを圧縮していません。そのため、ワイヤレスよりも音質が良い有線イヤホンが多いです。マイク付きリモコンを搭載した有線イヤホンなら、スマートフォンとの通話にも使用できます。

臨場感のある音が楽しめるヘッドホン

耳全体を覆うのがヘッドホンです。細かな音の表現が得意なイヤホンに対して、超低音や空間的な表現力はヘッドホンが有利といわれています。イヤホンに比べて大きいので携帯には不便です。装着すると髪形が乱れやすいのもデメリットといえます。

 

サウンドピーツは、有線とワイヤレスの両方で接続できるタイプのヘッドホンなどがあります。下記の記事はヘッドホンの選び方やおすすめ商品を詳しく解説しているので、参考にしてください。

イヤホンの形状で選ぶ

イヤホンは形状によってカナル型とインナーイヤー型の2つに分けられます。それぞれの特徴やメリット、デメリットについてまとめました。

「カナル型」は音が漏れにくく細かな音を聞きやすい

カナル型のイヤホンは、イヤーピースの部分を耳の中に挿入するタイプで耳栓のようなかナチをしています。耳の中に深く入るので、インナーイヤー型と比べてより密閉性が高くなっています。音が漏れにくいこともあり、細かい音が聞き取りやすくなっています。

 

低音に強いイヤホンが多いです。閉塞感を感じやすく、音がこもりやすくなっています。また、高音の抜けが悪いものも多いです。密閉性が高いため、耳への負担が大きいので長時間の使用には注意しましょう。集中して音楽を聴きたい人におすすめのイヤホンです。

「インナーイヤー型」は装着感が良く開放感がある

インナーイヤー型は、本体を耳に軽く差し込んで耳甲介に乗せるタイプのイヤホンです。カナル型と比べると大型で、音に開放感があります。高音の抜けが良いのもメリットです。低音は苦手で音漏れがしやすいのがデメリットです。

 

外からの音も聞こえやすく、細かな音を聞き取るには向いていません。音が漏れやすいので、屋外では音量に気を付けましょう。密閉性が低い分、耳への負担がかからないので、長時間の使用した人におすすめです。カナル型に比べると、リーズナブルなものが多いです。

機能で選ぶ

サウンドピーツのイヤホン・ヘッドホンにはさまざまな機能があります。ワイヤレスで接続する場合は、接続可能かどうかに関わる機能もあります。

音質に関わるドライバーユニットもチェックしよう

ドライバーユニットは、イヤホンやヘッドホンの音を鳴らす機構です。ダイナミック型やBA(バランスド・アーマチュア)型、両方のメリットを組み合わせたハイブリッド型があります。ダイナミック型は低音が得意で、BA型は高音、ハイブリッド型は広い音域をカバーできます。

 

ただし、サウンドピーツのイヤホンやヘッドホンは、採用しているドライバーユニットのタイプを公開していません。製品ごとにドライバーユニットの得意な音域については記載されているので、それらを参考にして選びましょう。

防水機能があれば悪天候でも安心

サウンドピーツのイヤホンやヘッドホンを選ぶ際は、防水性能もチェックしましょう。イヤホンをしてスポーツをする場合、汗が故障の原因になることもあります。屋外で雨が降る危険もあります。防水性があるイヤホンなら、汗や雨などを気にせずに使用できます。

 

防水性能は「IPX+数字」のように記載されており、数字が大きいほど防水性が高いです。数字が二つある場合は、1つ目の数字がホコリなどに強い防塵性、2つ目が防水性を表しています。水の中に落としても大丈夫なモデルなら、強い雨が降った場合でも安心です。

音質にこだわるならハイレゾ対応がおすすめ

ハイレゾは、CDを圧倒的に上回る情報量を持つ音楽データのことです。ただし、対応したイヤホンでないとその音を再現できません。ハイレゾ対応のイヤホンは高性能なので、音質にこだわる人におすすめです。

マイク・リモコン付きなら操作がしやすい

サウンドピーツのイヤホンには、マイクやリモコンを搭載したものもあります。最近人気の機能ですが、ハンズフリー通話が可能で音楽の操作も簡単に行えます。人ごみの中で通話する場合は、ノイズキャンセリング機能を搭載したモデルがおすすめです。

 

周囲の音を低減して話す声を伝えることができるので、雑音がある場合でも気にせずに会話ができます。

ノイズキャンセリング機能なら音に集中できる

ノイズキャンセリングは、逆位層の音波を発生させることで周囲の音を軽減する機能です。マイクの音声を確実に伝えるためにも使われますが、音楽を聴くためにも使われます。周囲の音がうるさい場合でも、気にせずに音楽が楽しめます。

 

ただし、ノイズキャンセリング機能はバッテリーで起動しています。充電が切れると使用できなくなる点は覚えておきましょう。

充電時間はよく把握しよう

ワイヤレスイヤホンはバッテリーで動いています。そのため、バッテリーが切れるまでの時間が連続再生時間として、記載されています。完全ワイヤレスイヤホンはバッテリーが小型になるため、連続再生時間は短くなります。

 

収納ケースが充電器として使えるものが多いです、充電すればかなり長時間使用できますが、使用できる。連続再生時間は、ケースで充電しながら使用した合計時間になっていることが多いです。充電ケース無しで使用できる時間も確認してから、購入しましょう。

ペアリングは簡単なものがおすすめ

ワイヤレスイヤホンは、Bluetoothに対応した機器とペアリングをすることで接続します。一度ペアリングが済んでしまえば、近付けるだけで接続できるものが多いです。ペアリングは最初に設定が必要なものと、電源を入れるだけで自動でペアリングするものがあります。

 

設定は電源ボタンを長押しするなど簡単なものが多いですが、苦手な場合は自動でペアリングできるものがおすすめです。

ワイヤレスはコーデックをチェック

Bluetoothタイプは、コーデックという規格で音声を転送しています。コーデックも種類があり、標準的な「SBC」は音質が良くありません。サウンドピーツのワイヤレスイヤホンでも、さまざまなコーデックに対応したモデルがあります。

 

コーデックの違いによって、音質や音の遅延が変わってきます。音にこだわるなら高音質のコーデックに対応したものがおすすめです。ただし、接続する機器も同じコーデックに対応していないと、使用できません。スマホなどのコーデックも確認しましょう

Bluetoothのバージョンとプロファイルにも注意

ワイヤレスイヤホンを購入する場合はBluetoothのバージョンとプロファイルにも注意が必要です。サウンドピーツのワイヤレスイヤホンは、ほとんど4.0以上に対応しているのでBluetoothのバージョンはそれほど気を付ける必要はありません。

 

しかし、イヤホンと接続する機器のプロファイルが対応していないと、そのプロファイルの機能が使えません。完全にワイヤレスイヤホンの機能を発揮するために、ワイヤレスイヤホンと接続する機器のプロファイルを確認しておきましょう。

完全ワイヤレスイヤホンの注意点

便利な完全ワイヤレスイヤホンですが、軽量で小さいことがデメリットになることもあります。小さい上にケーブルで繋がっていないので、落としてしまうと紛失しやすいです。完全ワイヤレスイヤホンを使う際は、落とさないように注意しましょう。

ドンシャリ・かまぼこ・フラットなどのイヤホン用語はあくまで参考に

イヤホンなどの音域を表す言葉でドンシャリやかまぼこ、フラットなどがあります。ドンシャリは低音と高音を強調したサウンドで、かまぼこは低音と高音を抑えた中音域が得意なことを表します。フラットは全ての音域がまんべんなく出ていることを表します。

 

ただし、これらの言葉に厳密な定義があるわけではなく、主観的に使われる言葉です。サウンドピーツのイヤホンを選ぶ場合も参考程度にした方がいいでしょう。下の記事は、これらの用語の意味などについて解説しています。興味がある人は参考にしてください。

サウンドピーツイヤホン・ヘッドホンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5443514の画像

    SoundPEATS(サウンドピーツ)

  • 2
    アイテムID:5443527の画像

    SoundPEATS(サウンドピーツ)

  • 3
    アイテムID:5443546の画像

    SoundPEATS(サウンドピーツ)

  • 4
    アイテムID:5443537の画像

    SoundPEATS(サウンドピーツ)

  • 5
    アイテムID:5443521の画像

    SoundPEATS(サウンドピーツ)

  • 6
    アイテムID:5443551の画像

    SoundPEATS(サウンドピーツ)

  • 7
    アイテムID:5443559の画像

    SoundPEATS(サウンドピーツ)

  • 8
    アイテムID:5443556の画像

    SoundPEATS(サウンドピーツ)

  • 9
    アイテムID:5443545の画像

    SoundPEATS(サウンドピーツ)

  • 10
    アイテムID:5443535の画像

    楽天ビック(ビックカメラ×楽天)

  • 11
    アイテムID:5443522の画像

    ワイヤレスイヤホンのSoundPEATS

  • 12
    アイテムID:5443547の画像

    SoundPEATS(サウンドピーツ)

  • 13
    アイテムID:5443541の画像

    MOMO’S SHOP

  • 14
    アイテムID:5443533の画像

    SoundPEATS(サウンドピーツ)

  • 15
    アイテムID:5443009の画像

    SoundPEATS(サウンドピーツ)

  • 商品名
  • ワイヤレスイヤホン Truefree+
  • TrueCapsule
  • イヤホン B90
  • TrueAir
  • Truengine SE ワイヤレスイヤホン
  • FORCE HD Bluetooth
  • Q12HD
  • TrueMini
  • Q30 HD
  • Truengine
  • Q35Pro
  • B10 カナル型 (リモコン付き)
  • Q32
  • TrueFree
  • 【 ワイヤレス&有線両用】A1 Pro Bluetooth ヘッドホン
  • 特徴
  • 高機能でコスパも優秀
  • コスパが良く汚れにも強い
  • 音質に優れた有線イヤホン
  • 多機能で操作性に優れた完全ワイヤレスイヤホン
  • 通話以外の機能が非常に優秀な完全ワイヤレスイヤホン
  • ネックバンドが優しく首にフィットする
  • 低遅延で音飛びしにくく耳にも優しい
  • 超軽量でコンパクトな完全ワイヤレスイヤホン
  • 高い防水性でハイレゾ相当のコーデックに対応
  • 防水性能が高く着け心地も良い
  • ワイヤレスでも快適に音楽鑑賞
  • 低価格でコスパは抜群
  • 長時間使用に最適な完全ワイヤレスイヤホン
  • 3000円以下で購入できるコスパの良い完全ワイヤレスイヤホン
  • ワイヤレスと有線の両方に対応のヘッドホン
  • 価格
  • 3980円(税込)
  • 2999円(税込)
  • 3299円(税込)
  • 4990円(税込)
  • 5038円(税込)
  • 4280円(税込)
  • 3580円(税込)
  • 3780円(税込)
  • 3690円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 4280円(税込)
  • 1480円(税込)
  • 6777円(税込)
  • 2880円(税込)
  • 3690円(税込)
  • 種類
  • 完全ワイヤレスイヤホン
  • 完全ワイヤレスイヤホン
  • 有線イヤホン
  • 完全ワイヤレスイヤホン
  • 完全ワイヤレスイヤホン
  • ワイヤレスイヤホン
  • ワイヤレスイヤホン
  • 完全ワイヤレスイヤホン
  • ワイヤレスイヤホン
  • 完全ワイヤレスイヤホン
  • ワイヤレスイヤホン
  • 有線イヤホン
  • 完全ワイヤレスイヤホン
  • 完全ワイヤレスイヤホン
  • ヘッドホン
  • 対応コーデック
  • AAC・SBC
  • AAC、SBC
  • -
  • AAC、aptX、SBC
  • aptX、AAC、SBC
  • APTX、APTX-HD、SBC
  • APTX、APTX-HD、SBC
  • SBC
  • AAC、aptX、aptX HD
  • AAC、SBC
  • aptX、AAC、SBC
  • -
  • AAC
  • AAC、SBC
  • -
  • 防水性能
  • IPX4
  • IPX5防水
  • -
  • IPX4
  • IPX4
  • IPX6
  • IPX6
  • IPX5
  • IPX7
  • IPX6
  • IPX6
  • -
  • IPX4
  • IPX4
  • -
  • 連続再生時間
  • 35時間
  • 24時間
  • -
  • 30時間
  • 27時間
  • 35時間
  • 14時間
  • 14時間
  • 14時間
  • 27時間
  • 8時間
  • -
  • 60時間
  • 20時間
  • 25時間

まとめ

サウンドピーツのイヤホンのおすすめランキングや選ぶをご紹介しました。サウンドピーツのイヤホンやヘッドホンは高品質のものが安く手に入り、コスパは抜群です。ぜひ、お気に入りのイヤホンを見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ