【2019年最新版】文芸書の人気おすすめランキング30選

記事ID2978のサムネイル画像

いざ文芸書を読もうと思い立っても、何から手を付ければいいかわからない、あるいは、次は何を読もうかと迷っている人もいるかもしれません。そんな人のために、おすすめの文芸書をあつめてランキングを作成しました。選び方も紹介するので、ランキングと合わせてご覧ください。

文芸書とは何か

文芸書と言っても、実際のところ、定まった対象がありません。書店等で「文芸書新刊」などと書いてあると、そのコーナーには小説やエッセイなどが置かれています。しかし、場合によっては、ビジネス書なども含めることがあります。


このようにはっきりしない「文芸書」ですが、ここでは特に小説に焦点を当てながら、時折、エッセイ等もピックアップして紹介していきます。


なお、今回のランキングは、次のような基準で作成しました。まずは単純に「売り上げ部数」、そして近刊の本に限らず長く愛されている「ロングセラー」も紹介します。さらに、「読みやすさ」も勘案しています。

おすすめの文芸書ランキング30選

30位

アスキーメディアワークス

ソードアート・オンライン1アインクラッド

価格:399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SF小説さながらの近未来バトルライトノベル

川原礫によるライトノベル『ソードアートオンライン』。同シリーズは20巻を越え、度々アニメ化もされている、人気作品です。

 

ある日、MMO(大規模多人数型オンライン)の仮想空間にログインした人々が、ログインしたまま抜け出せなくなります。抜け出す条件は、そのゲームをクリアすること、そして、ゲーム内での死は、現実での死をも意味しました。主人公は、そのゲームをクリアすべく、1人ゲーム攻略に挑戦します。

 

舞台設定などは、VRなどが進化している現代にあって、リアリティすら感じられます。バトルシーンあり、恋愛要素ありの、代表的なライトノベルです。

ジャンルライトノベルページ数352ページ

口コミを紹介

100万部おめでとうございます!
内容も面白くカタカナが多くても想像しやすい説明!
キリトの生き方が個人的に好き!
その考えがゲーム開始から攻略まで一貫していていい!

出典:https://www.amazon.co.jp

29位

集英社

教団X

価格:800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人の作り出した闇を丸ごとあぶりだす

分厚いのにもかかわらず、驚異の売り上げを記録した、中村文則による『教団X』。人気バラエティ番組のそのまた人気企画である読書芸人で、ピース又吉やオードリー若林が激賞したことでも話題になりました。

 

中村文則は、いわゆる純文学作家と呼ばれる部類の作家です。それだけに、出口の見えないようなテーマを取り扱っています。宗教から、性、貧困まで。

 

しかし、実際に存在する世界です。そうしたことから目を背けないためにも、ぜひ読んでおくべき1冊です。

ジャンルフィクションページ数608ページ

口コミを紹介

僕が1番心に残ったのは人間の原子は入れ替わっているという所です。
1年前の僕とは原子レベルでいうと違う人間なのかもしれないと感じました。
人間は生まれ変われるのではないかと感じさせてくれる作品でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

28位

新潮社

桶川ストーカー殺人事件―遺言

価格:724円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

事件ノンフィクションの金字塔

記者の教科書とまで言われ、称賛された、清水潔著『桶川ストーカー殺人事件―遺言』。

 

埼玉県桶川駅前で、1人の女性が殺害された。そして、彼女は遺書を残していた。その遺書を頼りに、1人の記者が事件の真相を暴くために立ち上がります。その過程で見えてきたのは、警察の暗部でした。

 

我々預かり知らぬ社会で何が起こっているのか。事件の真相を暴きながら、社会の深層を掘り下げていった、事件ノンフィクションの記念碑的作品です。

ジャンルノンフィクションページ数418ページ

口コミを紹介

警察の腐敗を実感する一冊。
そして何より記者の心の強さに感服。
多くの人の想いと、それを伝える人の努力が法律さえ動かしたんだなと思うと感動しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

27位

新潮社

沈黙

価格:0円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いまこそ「信じる」とは何かを問わなければいけない

日本文学を代表する作品、遠藤周作『沈黙』。自身がキリスト教信者である遠藤周作は、『沈黙』に限らず、日本人にとっての信仰とは何かを問います。

 

1966年の作品にも関わらず、2016年に著名な映画監督によって映画化され、世界からの称賛を受けています。

 

宗教を信じるかどうかは別として、どんどん他者との関係性が切断されていく現代日本人にとって、何かを信じるということについて考えることは必要ではないでしょうか。

ジャンルフィクションページ数320ページ

口コミを紹介

遠藤周作の文章ってこんなに読み易くすっきりしていたんですね。
この問いは全編を通じて主人公より創造主たる神に投げ掛けられます。
様々な登場人物達の様々な信仰の形
その中で次の問いが浮かびました。
「如何にあなたは創造主と向き合うのか?」

出典:https://www.amazon.co.jp

26位

新潮社

変身

価格:346円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界の最高峰の一角

フランツ・カフカ『変身』は、カフカ作品の中でももっともよく知られた作品です。そして、世界的にも最高峰の傑作と称される名作です。カフカは、かの村上春樹も影響を受けて、その名を小説のタイトルに使ったほどです。

 

ある朝、目覚めるとベットの上で寝ていた主人公は、巨大な虫に変身していました。それを知った家族たちのドタバタ喜劇・・・とはいきません。語り手は、あたかも昆虫博士の観察のように淡々としていて、何かそこにうすら寒いものさえ感じてしまいます。

 

ジャンルフィクションページ数121ページ

口コミを紹介

面白かったです。
主人公視点で話が進んでいくので、自分が変身したかのように
(まるで視界が地を這うくらい低くなって、視野が狭くなったような)
感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

25位

文藝春秋

竜馬がゆく

価格:702円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

紙の上で竜馬が躍動する!

日本人に愛される作家、司馬遼太郎が坂本龍馬を描いた『竜馬がゆく』。全8巻と超大作でありながら、短すぎた竜馬の人生のように、あっという間に読み終えてしまいます。司馬の手腕が見事に発揮された作品です。

 

物語は、竜馬の子ども時代から始まり、その早すぎる死まで。

 

日本中を駆け回る竜馬の姿が、紙上に浮かび上がってくるような、躍動感あふれる歴史エンターテイメント小説です。まずは、1巻だけでも読んでみてください。

ジャンルフィクションページ数446ページ

口コミを紹介

言わずとしれた坂本龍馬の一生を描く作品の第1巻。時代が大きく変化する狭間に生まれた龍馬。幼き頃より人を惹きつける力を持っている龍馬。そんな龍馬は、身分などにとりつかれず龍馬であろうとする。そんな姿勢、生き方を司馬遼太郎の丁寧な、研究を元に描かれている。変なビジネス書より生き方から学べる書です。

出典:https://www.amazon.co.jp

24位

講談社

十角館の殺人

価格:810円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本を代表するミステリー小説

綾辻行人の衝撃のデビュー作品、『十角館の殺人』。

 

大学のミステリ研の7人が、孤島・角島の十角形の館に集まります。そこで、メンバーが一人一人と殺されていく。ラストには、息をのむ衝撃的な結末が待っています。

 

『十角館の殺人』は、いわゆる「新本格ミステリ」という流れの火付け役となった作品です。このムーブメントは、古典的な犯人捜しを現代風にアレンジしたものです。緻密な構成に裏づけられた、スリリングな読書体験を味わえます。

ジャンルフィクションページ数512ページ

口コミを紹介

この小説は、帯に記載してある通り一文の強烈さにあります
今までのどの小説よりも強烈な一文でした

出典:https://www.amazon.co.jp

23位

新潮社

旅のラゴス

価格:562円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

巨匠の人気冒険小説

日本文学界の巨匠筒井康隆による冒険小説『旅のラゴス』。

 

舞台は、高度な文明を失ったあとの世界。すでに人々は、そのような文明世界があったことさえ知らない世界です。そんな世界で、主人公は、その失われた文明の記憶を求めて旅をします。文明を失ったからでしょうか、旅の途中で出会う人々は、不思議な力を持っています。ワープができたり、壁抜けができたりと。

 

冒険小説ならではのスリリングさと、SF小説を得意とする著者の考え抜かれた舞台設計で、読者は文学の妙を味わうことができます。

ジャンルフィクションページ数272ページ

口コミを紹介

ラゴスの旅が終わりに向かうにつれて(残りページが少なくなるにつれて)、もっと旅を見ていたいと思いました。スカシウマが好きでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

22位

新潮社

楽園のカンヴァス

価格:724円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

史実とフィクションを巧妙に織り交ぜた傑作

元美術館のキュレーターである原田マハによる、1枚の絵をめぐる小説、『楽園のカンヴァス』。その絵とは、巨匠ルソーの「夢」に酷似した作品でした。

 

主人公はニューヨーク近代美術館のキュレーター。物語は、この主人公が、その絵の真贋判定に取り組む姿が描かれます。

 

元キュレーターとしての知識や綿密な取材で得られた史実と、著者の手によるフィクションとが巧妙に織り交ぜられ、読者は、それまで感じたことのない読書体験をすることができます。

ジャンルフィクションページ数440ページ

口コミを紹介

絵は好きで海外出張した際には美術館に寄る様にしている。本作に出てくるMoMaにも行ったことがあり、また、ルソーやピカソの作品も好きでスッと物語に入ることが出来た。
私は絵を見るのは好きだが絵画の勉強などしたことはなく、それぞれの画家のバックグラウンドも知らなかった。今回の作品でそれらを知ることが出来、今まで見てきた絵画が活き活きと姿を変えた気がする。
非常に面白かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

21位

光文社

舟を編む

価格:670円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

辞書と恋の物語⁉

三浦しをんによる『船を編む』は、何についての物語か、というと「辞書」と「恋」の物語です。

 

大きな話の筋は、一冊の辞書作る、ということです。それだけでもとてもスリリングな物語です。辞書を作るのは、無数のドミノを並べるのに少し似ていて、一つの小さなミスで、おおきな修正を余儀なくされるのです。

 

しかし、それだけではありません。辞書編集部に移ることになった主人公はとても不器用な人物。その主人公の恋物語も必見です。恋物語と辞書物語。この二つの物語を生きる主人公の成長物語ともいえるでしょう。

ジャンルフィクションページ数259ページ

口コミを紹介

温かく愛おしい気持ちにさせてくれる小説でした

出典:https://www.amazon.co.jp

20位

KADOKAWA

氷菓

価格:562円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格派学園ミステリー

日本を代表するミステリー作家、米澤穂信による学園ミステリー『氷菓』。米澤穂信は本格ミステリ大賞を受賞するなど、日本でもよく知られている、本格派のミステリー作家です。

 

『氷菓』の舞台は、とある高校の「古典部」。その古典部のメンバーの周りで起こる出来事を、主人公の折木奉太郎が解決していきます。古典部には千反田えるというヒロインもいますが、奉太郎とえるの関係も気になるところです。

 

『氷菓』以降、「古典部」がシリーズ化します。「古典部」シリーズはアニメ化や映画化されるほどの人気です。ミステリ小説の妙も味わえる、ちょっぴりビターな学園小説です。

ジャンルフィクションページ数224ページ

口コミを紹介

さすがは氷菓、少しユニークな内容で本当に面白かったです。ぜひともアニメと合わせて見てほしいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

19位

早川書房

一九八四年

価格:929円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SF小説の金字塔

ジョージ・オーウェル著『一九八四年』は、SF小説の金字塔でもあり、そして20世紀を代表する世界的文学作品でもあります。

 

舞台は架空の国家。その国は〈ビッグブラザー〉という名の人物をいただきに据えた、とある党が支配する全体主義国家です。あらゆることが禁止され、そこには人権という概念の砂上の楼閣と化しています。ある時、主人公は日記をつけ始める。そのことがきっかけとなり、物語は動いていきます。

 

右傾化する現代世界に警鐘を鳴らす作品であり、今こそ多くの人に読まれるべき作品です。

ジャンルフィクションページ数512ページ

口コミを紹介

真実とは何か、客観とは何かを改めて考えた一冊でした。カラマーゾフの兄弟の大審問官の章と並を彷彿とさせる登場人物の台詞が印象に残っています。果たして我々は正しく世界を認識しているのか、自己のアイデンティティを揺さぶるインパクトある一冊です。

出典:https://www.amazon.co.jp

18位

講談社

風の歌を聴け

価格:421円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

村上春樹デビュー作!春樹入門としてもおすすめ

村上春樹の『風の歌を聴け』は、彼のデビュー作です。ジャズバーを経営していた彼は、ある日思い立って小説を書き始めます。村上春樹自身が言うには、海外文学を翻訳するときのように小説を書いたと言います。そのことによる、独特の文体は味わい深いものがあります。

 

村上春樹作品は、『海辺のカフカ』や『騎士団長殺し』など、長編のイメージがありますが、『風の歌を聴け』はとても短い作品です。しかし、彼の作品全体の雰囲気がよく表れた作品なのです。ぜひ村上春樹入門としておすすめです。

 

 

ジャンルフィクションページ数168ページ

口コミを紹介

もっとも衝撃を受けて、僕の血となり、肉となっている、いくつかの本のなかの一冊。
村上春樹の中では、一番好きかもしれない。

出典:https://www.amazon.co.jp

17位

小学館

下町ロケット

価格:778円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夢をもつ男たちの熱い戦い

池井戸潤による『下町ロケット』。阿部寛主演でドラマ化もされている、人気の作品です。池井戸潤は経済小説を得意とする作家で、そのスリリングな物語は、『下町ロケット』に限らず、多くの作品が映像化されています。

 

『下町ロケット』の舞台は、とある町工場です。家業であるその町工場を継いだ主人公の前に、巨大企業が立ちはだかります。町工場に夢を託す人たちと、巨大企業との手に汗握るやりとりが見どころです。

ジャンルフィクションページ数496ページ

口コミを紹介

こんなに読むのに夢中になった本は、いつぶりだろう

出典:https://www.amazon.co.jp

16位

角川グループパブリッシング

夜は短し歩けよ乙女

価格:605円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ピュアで不思議な恋愛ファンタジー

ファンタジー小説の名手、森見登美彦による『夜は短し歩けよ乙女』。アニメ映画化もされた、森見作品の中でも特に人気のある作品です。

 

さえない主人公の男が、純真で、ちょっぴり天然なかわいらしい女の子に恋をします。彼がその子の気を引くために取った策というのが、偶然を装って、彼女の前に現れること。いつか、それを運命だと感じてくれることを夢見て・・・。しかし、彼女の背中を追っていくと、不思議なことが次々と起こっていきます。

 

なかなか縮まらない距離に、思わず応援したくなる、極上の恋愛ファンタジーです。

ジャンルフィクションページ数271ページ

口コミを紹介

少し読書をしたいなと思い友達に勧められたこの本を購入。
面白くて買って二日で読み終わってしまいました。
独特な書き方で二人の登場人物の先輩と彼女の視点が交互に書かれてテンポよく読むことができました。
独特な世界観で先輩が彼女に思いを伝えようとするお話です。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

新潮社

夜のピクニック

価格:767円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

青春のほろ苦さをいま一度

恩田陸の本屋大賞受賞作『夜のピクニック』。恩田陸は、推理小説をはじめ、『蜜蜂と遠雷』などの群像小説も手掛ける、巧みな作家です。

 

『夜のピクニック』は、とある高校生男女の関係性をめぐる物語です。舞台は、学校の行事である「歩行際」。著者は、その長い歩みと物語の進行をうまく絡み合わせて、読者はその手腕にのめり込んでいきます。

 

読者と主人公のみが知っている秘密と、それを知らない友人たちとの、情報の非対称性が生み出すもどかしさは、青春時代のほろ苦さそのものです。

ジャンルフィクションページ数455ページ

口コミを紹介

面白くて一気に読んでしまいました。たった一日の出来事なのに、こんな物語にできるなんて…凄いです!

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

新潮社

精霊の守り人

価格:637円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リアリティ溢れる舞台設計

リアリティ溢れる架空の世界を描くのが得意な、上橋菜穂子による長編ファンタジー『精霊の守り人』シリーズ。

 

上橋菜穂子は、小説家としての顔とともに、フィールドワークを得意とする文化人類学者でもあります。彼女が描くファンタジー世界は、実にリアリティに満ちているのですが、それは、文化人類学者としての知識にも裏付けられているものです。

 

一度その世界にはまってしまえば中々抜け出せません。まず1巻だけでも読んでみてはどうでしょうか。

ジャンルフィクションページ数360ページ

口コミを紹介

小学6年生の息子が、守り人シリーズ全巻読破したよ!と満面の笑みで報告。
さらに、昨年、仙台文学館で開かれた「上橋菜穂子と精霊の守り人」展にも
是非、行きたいとせがまれて、連れて行きました。
さらに、何度もお薦めだとこの本と手渡されたので、ついに読んでみました。
これが、大人でも、ドンピシャでハマってしまいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

新潮社

塩狩峠

価格:767円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

乗客の命を救ったのは一人の青年の体だった

日本文学史に大きな足跡を残した名作、三浦綾子『塩狩峠』。実際の事件にインスピレーションを受けて書かれたフィクション。一人の青年が、鉄道の乗客の命を、自らの命と引き換えに救います。その行動の裏にあったものとは・・・。

 

三浦綾子がプロテスタントであることが知られています。そして彼女の小説の多くは、その信仰に根差した物語です。それでは、宗教に興味がないものは読む必要がないのか、と言うと、そうではありません。なぜなら、宗教を信じていたかどうかとにかかわらず、その青年の行動は、私たちの心を動かしてくるのは、避けがたいから。

ジャンルフィクションページ数464ページ

口コミを紹介

私自身も学生の頃購入したほんです。とても良い本です。息子に三浦綾子、もっとたくさん読んでほしいです

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

アスキーメディアワークス

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~

価格:637円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

これを読めばきっと文学が好きになる

三上延のベストセラー作品『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ。ドラマ化、さらには映画化もされた、文学作品をめぐって繰り広げられる謎を解き明かしていくミステリー小説です。

 

主要な登場人物は、鎌倉「ビブリア古書堂」の店主・栞子と、ひょんなことから、そこで働くことになった大輔。その2人の周りで次々と不思議な事件が起こります。それを栞子が、鋭い洞察力と驚異の読書量で培った知識を駆使して解決していきます。

 

さらに、栞子と大輔の関係も気になるところです。不思議なことに、二人が距離を縮められたのは、大輔が本を「読めない」からでした・・・。

ジャンルライトノベルページ数307ページ

口コミを紹介

発売前に、どこかのサイトで取り上げられていたので、ためしに買ってみたところ、とてもおもしろかったです。
その後、続編も買い続けています。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

河出書房新社

須賀敦子全集 第1巻

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

今傍にいる人を大切にしようと思える珠玉のエッセイ

稀代の名文家と知られる須賀敦子の作品集第一巻。特にそこに収められている、「ミラノ霧の風景」というエッセイをおすすめします。須賀敦子はこのエッセイで、講談社エッセイ賞、女流文学賞を受賞します。

 

遠く日本から離れたイタリアはミラノ。彼女を記憶のミラノは、いつも霧がかかっていた。彼女の巧みな文章によって、人の温もりが感じられ、優しい気持ちになれるエッセイです。

 

ジャンルエッセイページ数464ページ

口コミを紹介

この感じを何と言えばいいか分からないけど、人はやっぱり人が好きで、しかたないのだろうという感じがする。

須賀敦子さんはたぶん、いわゆるバイタリティあふれる吸引力のある女性ではないのだろう。
しっかり、常に誠実で、表面だけじゃなくしっかり人の話に耳を傾け、真摯に素直に人に対面する人だ。
でなければ、こんなエッセイは書けるはずがない。おとなしげだけど、ものすごく誠実で愛に溢れた人、なかなかいそうでいない

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

東京創元社

星を継ぐもの

価格:756円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

月面の死体は何者か

アマゾンレビュ300件以上の、人気SF小説、ジェームズ・P・ホーガン『星を継ぐもの』。サイエンスノンフィクションを思わせるほど、科学的知見に基づいて書かれた、本格的SF小説。

 

月で、死後5万年が経った死体が倒れていた。この死体の人物はなにものか。そして、われわれ現生人類との関係はいかなるものなのだろうか。ミステリー小説を思わせるスリリングな物語展開で、あっという間に読めてしまう1冊です。

ジャンルフィクションページ数309ページ

口コミを紹介

名作。固い、難しい、と感じる人もいるかもしれませんが・・
うーむ、と読み終って、深くうなる一冊です。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

早川書房

日の名残り

価格:821円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノーベル文学賞を受賞した日系イギリス人の名作

ノーベル文学賞を受賞した、日系イギリス人作家、カズオ・イシグロ著『日の名残り』。

 

ある時主人公の老執事は、新しく仕えていた主人に、少しの休息を与えられ、短い旅に出ることにした。その旅は、過去の記憶を蘇らせます。品格を第一に執事としての誇りをもって、仕事をしていた過去を懐かしむその姿に、なぜだか、思わず感動を覚えます。

 

その感動は、哀れみから来るものなのか、称賛から来るものなのか、ぜひ手に取って読んで感じてください。

ジャンルフィクションページ数365ページ

口コミを紹介

恥ずかしながらノーベル文学賞受賞ということで、イシグロ氏を知りました。
早速、英国を舞台としたこの作品に興味を覚え、購入しました。初めは、自分に理解できるだろうかと不安でしたが、読み出したら一気に読めてしまいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

岩波書店

モモ

価格:864円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

10歳からの哲学

ドイツの児童文学作家、ミヒャエル・エンデによる童話「モモ」。小学5、6年生以上が対象の本です。

 

とある円形劇場跡に迷い込んだ主人公のモモの物語。ある時、「時間どろぼう」があらわれて、巧みな話術で人々から「時間」を奪っていきます。それを見たモモは、何とかしようと立ち上がります。

 

時間とは何だろうか、と問う物語で、いうなれば10歳から始める哲学です。時間とは何かとは、大人も知りません。だからこそ、大人も楽しめる作品です。

ジャンルフィクションページ数409ページ

口コミを紹介

小学生の時に劇でやったのがきっかけで読んで以来、大好きな名作です。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

幻冬舎

漁港の肉子ちゃん

価格:648円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美人の子どもと太った母親の親子愛

現代日本の小説家の中でも、特に人気のある西加奈子。その『漁港の肉子ちゃん』を紹介します。もしかしたら、西加奈子の作品の中では、『サラバ』などのほうが知られているかもしれません。しかし、負けじと劣らず、西加奈子らしさがよく表れた作品です。

 

物語の主要な主人公は、ある母と娘。舞台は港町。その町で、「肉子ちゃん」と呼ばれ親しまれているデブでブサイクな母を、美人の小学生の娘は恥ずかしく感じます。そんな、似ても似つかない2人の、尊く、そしてごく普通な、極上の愛ある物語です。

ジャンルフィクションページ数341ページ

口コミを紹介

最後までいっきにわくわくしながら読みました。
西加奈子さんのファンになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

KADOKAWA

涼宮ハルヒの憂鬱

価格:648円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

筒井康隆も絶賛!ライトノベル人気の火付け役

谷川流による涼宮ハルヒシリーズ、記念すべき第一作目『涼宮ハルヒの憂鬱』。日本文学界の巨匠、筒井康隆も絶賛し、筒井はその後、同作品に感化されて、ライトノベルを書いています。

 

文芸書にライトノベルを盛り込むことはあまりないかもしれません。しかし、日本の出版界ではすでに無視できない存在となっています。

 

涼宮ハルヒシリーズは、もともと「角川スニーカー文庫」というライトノベルを主に扱う文庫シリーズの作品でした。しかし、2019年以降、多くの有名作品を生み出している「角川文庫」からも発売されるようになっています。キャラが描かれた表紙ではないので、人によっては手に取りやすくなっているかもしれません。

ジャンルライトノベルページ数304ページ

口コミを紹介

最高です!アニメをみていながら小説を読んでいない自分はクソですね。
なのでこの本を購入したのですが、アニメと同じく最高に面白いですね!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

角川書店

キッチン

価格:432円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界中で翻訳された人のぬくもりを感じられる名作

日本を代表する女流作家、吉本ばななによる名作『キッチン』。その温かい物語は、世界中で愛されています。

 

主人公は若いうちから家族を亡くしていきます。大学生のころには、最後の身よりである祖母を亡くしてしまいます。そんなとき、生前の祖母と仲良くしていた、同じく大学生の男の子と知り合うのですが、その彼と、彼の一人の親によって、徐々に傷を癒していきます。

 

人の温もりが感じられる、愛おしい一冊です。

ジャンルフィクションページ数200ページ

口コミを紹介

ベストセラーすぎて手を出さずにいた吉本ばななさん。
読んでいる時も、初めは「こんなもんかな」だったのですが。
一緒に収められている「ムーンライトシャドウ」まで読み終わると、なんだかじわじわと来ました。
大切な一冊になると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

新潮社

深夜特急1-香港・マカオ-

価格:529円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

旅人のバイブル

沢木耕太郎の『深夜特急』シリーズ。『深夜特急』シリーズは、著者が実際に1人旅をした時の経験をもとにして書かれたものです。旅人にとってのバイブル的存在と言われています。

 

インドのデリーから、ロンドンまでをバスのみを使って旅をするべく、日本を出ます。途中に寄ったマカオで試しにやってみた賭博のシーンを描く筆致は圧巻です。『深夜特急』のようなノンフィクションに限らず小説も巧みに生み出す沢木耕太郎の世界を、1度味わってみてはどうでしょうか。

ジャンルノンフィクションページ数238ページ

口コミを紹介

異国を一人で旅し 第六感的な感覚が働くような普段使わない神経まで動き出す感覚が感じられて大変興味深い。また、彼と旅している感覚は 現実からスーッと離れられる自由な時間を過ごしている何とも豊かなひと時が心地よい

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

双葉社

告白

価格:669円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

歴代売り上げ第二位のミステリー

数々の賞を受賞したミステリー、湊かなえによる『告白』。歴代の文庫売り上げでは、百田尚樹に次いで2位。日本中が、驚愕のラストに度肝を抜いた名作です。

 

この物語は、入りを聞くだけで思わず手に取りたくなります。

 

舞台はとある高校のクラス。ある日、1人の女n教師が、教師を辞めることを告げます。彼女は、娘を亡くしていました。それも、その学校で。彼女は、事故ではなく殺されたのだと言います。そして、その犯人はこのクラスにいる、と。

ジャンルフィクションページ数320ページ

口コミを紹介

読む人の多くを不快にさせるであろう傑作

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

講談社

永遠の0

価格:946円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

歴代売り上げ1位の名作

第二次世界大戦の渦中の中心にいた男の生きざまを描いた、人気作家百田尚樹による『永遠のゼロ』。

 

死ぬことを恐れていた男が、なぜ、自ら零戦にのり、命を海に落としていったのか。物語が進むにつれて、その謎が明かされていきます。

 

圧巻のストーリーテリングで、決して短くはない長編も、サラッと読めてしまいます。しかし、あの戦争で命を落としていった人たちに思いを馳せずにはいられなくなります。

ジャンルフィクションページ数608ページ

口コミを紹介

この話はフィクションであるけど、ノンフィクションでもある。
国のために命を捧げてきた人の存在を絶対に忘れてはいけない。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

文藝春秋

コンビニ人間

価格:626円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンビニ店員も一人の人間です

著者自身のコンビニで働いた経験があり、その経験をふんだんに動員して、現代の息苦しさをえぐりだしてきます。

 

主人公はコンビニの店員。そして、その仕事に満足もしていた。しかし、周りからはやめろと言われ、一度はそこから離れるが、また舞い戻ってくる・・・。

 

コンビニ店員である主人公の内面を知っていくうちに、私たちの日常の、コンビニ店員と客(自分)という関係性が揺さぶられます。世界を見る目が変わります。

ジャンルフィクションページ数168ページ

口コミを紹介

普段からあまり本は読む方ではないが、難しい表現などもなくすんなり読めた。

出典:https://www.amazon.co.jp

文芸書の選び方

文芸書選びは大変です。カバー画に一目ぼれして買うことができれば楽ですが、いつもいつもそう簡単にはいきません。無数に並ぶ背表紙に圧倒されるのが常です。そこで、ここでは文芸書の選び方の一例を紹介します。


なお、ネットで買う場合にも参考にはできるのですが、主に、書店での選び方というものを念頭に置いています。というのも、実は、ネットで買う方が上級者向けなんです。書店の方が、本との偶然の出会いがあります。

選び方は3つ。「ジャンル」「長さ」「出版社」です。

ジャンルで選ぶ

ジャンルの分け方は、何を基準にするかで変わってきます。ここでは、「フィクション」「ノンフィクション」「エッセイ」の3つのジャンルを紹介します。エッセイもある意味ではノンフィクションなのですが、あえて分けています。書店でも、この分かれ方をしていることも多いです。

フィクション

フィクションとは、いわゆる「小説」のことです。著者が架空(フィクション)の物語を作ります。そのフィクションの下位区分として、「ファンタジー小説」「青春小説」「経済小説」「時代小説」「SF(サイエンス・フィクション)小説」などがあります。


ランキングで紹介した三浦綾子の『塩狩峠』などは、事実をもとにした、フィクションです。ノンフィクションとフィクションと間といった感じでしょうか。そういう小説も多くあるので、ぜひ探してみてください。

ノンフィクション

次はノンフィクションです。記者が1つの事件追って書かれたものや、旅行記などがあります。ノンフィクションに対してどういったイメージを持っているでしょうか。物語ではないから、事実だけを述べて、展開が単調なものだ、というイメージがあるかもしれません。


しかし、多くのノンフィクションの著者の技量は素晴らしいものがあります。あたかも、フィクションを読んでいるかのような感覚を覚えることがあります。よく考えてみれば、ノンフィクションとはいえ、読者自身が体験したものではないので、ある意味フィクションとして読めるのも当然かもしれません。

エッセイ

エッセイは、フィクションではないという意味で、ノンフィクションです。しかし、いわゆるノンフィクションより、ごく個人的な話が多いです。そして、短いです。著者の人となりが表れやすいので、好きな著者のエッセイなども読んでみてはどうでしょうか。

長さで選ぶ

本の長さで選ぶこともできます。しかし、それは本の厚さでは分かりません。一見分厚くても、中身は短い話を一冊にまとめたものだ、ということもあるので、単純に見た目ではきめれません。


ここでは便宜的に、「長編」「中編」「短編とショートショート」という、小説における区分を採用しています。

長編

長編は、基本的に「四百字詰め原稿用紙で三百枚以上」というのが目安になります。目安ですので厳密ではありません。その本の説明書きを見ると、たいていの場合、長編かどうかは書かれています。


長さでいえば、たとえば事件ノンフィクションなどはいわゆる長編の長さくらいです。

中編

中編も明確な区分はありません。短編が、「400字詰め原稿用紙100枚未満」なので、長編との間を取ったものが中編とは呼ばれます。


芥川賞の多くは、基本的に中編や、中編に近い短編が選ばれます。なので、芥川賞は比較的短くて読みやすいです(内容は別として)。

短編とショートショート

400字詰め原稿用紙100枚未満のものが短編として扱われます。そしてさらに短編よりも短いものは、「ショートショート」と呼ばれ、ページ数でいえば、1ページから3~4ページのとても短い物語です。


短編の中でも、連作短編と呼ばれるものがあります。1話1話が関連性がなく、舞台も登場人物も全く異なるものが一般的によく知られる短編を収めた本です。一方、連作短編と呼ばれるのは、物語としては1話ごとに完結するけど、舞台や登場人物が共通しているものです。

出版社で選ぶ

日本にはたくさんの出版社があります。ここでは一例として、「新潮社」「河出書房新社」「中央公論社」の3つを紹介しますが、ここに挙げるもの以外の出版社もそれぞれ特徴があるので、ぜひ書店をぶらぶらして探してみてください。

新潮社

言わずと知れた出版社である。新潮社発の文庫レーベル、「新潮文庫」は日本でも特に歴史のある文庫レーベルです。日本文学をはじめ、ノンフィクション、エッセイ、海外文学と、幅広く取り扱っています。


書店でも、新潮文庫を置いていないところはおそらくないので、まず、特に信頼されているここから小説を探してみるのもいいかもしれません。


本の栞になる「スピン」というひもがついているのも、この「新潮文庫」です。

河出書房新社

続いて河出書房新社。河出書房新社の文庫レーベルである「河出文庫」は黄色い背表紙で、立ち並ぶ背表紙の中でも、特に目につきます。しかし、小さな書店だと、よりメジャーな文庫レーベルに押し出されて数が少ないのも事実です。


しかし、ユニークな本も多く、気分を変えてみたいときなどには、河出文庫から探してみるのもおすすめです。そして、読書の玄人が好むような海外作品も取り扱っていて、コアなファンも多いです。

中央公論新社

日本の出版社を語る上で、この「中央公論新社」は欠かせません。戦前戦後を通じて、日本の言論シーンを牽引したのは、まさにこの中央公論新社です。ここから出ている文庫レーベルである「中公文庫」もおすすめです。

著者ごとに背表紙の色が違い、新潮文庫の背表紙に似ているのですが、中公文庫はより淡い色合いで、書棚のなかで強い存在感を放ちます。

文芸書のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4938235の画像

    文藝春秋

  • 2
    アイテムID:4940915の画像

    講談社

  • 3
    アイテムID:4941221の画像

    双葉社

  • 4
    アイテムID:4939682の画像

    新潮社

  • 5
    アイテムID:4940753の画像

    角川書店

  • 6
    アイテムID:4939006の画像

    KADOKAWA

  • 7
    アイテムID:4941319の画像

    幻冬舎

  • 8
    アイテムID:4938286の画像

    岩波書店

  • 9
    アイテムID:4941543の画像

    早川書房

  • 10
    アイテムID:4941519の画像

    東京創元社

  • 11
    アイテムID:4941478の画像

    河出書房新社

  • 12
    アイテムID:4941351の画像

    アスキーメディアワークス

  • 13
    アイテムID:4941289の画像

    新潮社

  • 14
    アイテムID:4940846の画像

    新潮社

  • 15
    アイテムID:4938429の画像

    新潮社

  • 16
    アイテムID:4940815の画像

    角川グループパブリッシング

  • 17
    アイテムID:4940715の画像

    小学館

  • 18
    アイテムID:4938361の画像

    講談社

  • 19
    アイテムID:4938859の画像

    早川書房

  • 20
    アイテムID:4940054の画像

    KADOKAWA

  • 21
    アイテムID:4939811の画像

    光文社

  • 22
    アイテムID:4939756の画像

    新潮社

  • 23
    アイテムID:4939124の画像

    新潮社

  • 24
    アイテムID:4939053の画像

    講談社

  • 25
    アイテムID:4940722の画像

    文藝春秋

  • 26
    アイテムID:4941267の画像

    新潮社

  • 27
    アイテムID:4938453の画像

    新潮社

  • 28
    アイテムID:4941546の画像

    新潮社

  • 29
    アイテムID:4941250の画像

    集英社

  • 30
    アイテムID:4941531の画像

    アスキーメディアワークス

  • 商品名
  • コンビニ人間
  • 永遠の0
  • 告白
  • 深夜特急1-香港・マカオ-
  • キッチン
  • 涼宮ハルヒの憂鬱
  • 漁港の肉子ちゃん
  • モモ
  • 日の名残り
  • 星を継ぐもの
  • 須賀敦子全集 第1巻
  • ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~
  • 塩狩峠
  • 精霊の守り人
  • 夜のピクニック
  • 夜は短し歩けよ乙女
  • 下町ロケット
  • 風の歌を聴け
  • 一九八四年
  • 氷菓
  • 舟を編む
  • 楽園のカンヴァス
  • 旅のラゴス
  • 十角館の殺人
  • 竜馬がゆく
  • 変身
  • 沈黙
  • 桶川ストーカー殺人事件―遺言
  • 教団X
  • ソードアート・オンライン1アインクラッド
  • 特徴
  • コンビニ店員も一人の人間です
  • 歴代売り上げ1位の名作
  • 歴代売り上げ第二位のミステリー
  • 旅人のバイブル
  • 世界中で翻訳された人のぬくもりを感じられる名作
  • 筒井康隆も絶賛!ライトノベル人気の火付け役
  • 美人の子どもと太った母親の親子愛
  • 10歳からの哲学
  • ノーベル文学賞を受賞した日系イギリス人の名作
  • 月面の死体は何者か
  • 今傍にいる人を大切にしようと思える珠玉のエッセイ
  • これを読めばきっと文学が好きになる
  • 乗客の命を救ったのは一人の青年の体だった
  • リアリティ溢れる舞台設計
  • 青春のほろ苦さをいま一度
  • ピュアで不思議な恋愛ファンタジー
  • 夢をもつ男たちの熱い戦い
  • 村上春樹デビュー作!春樹入門としてもおすすめ
  • SF小説の金字塔
  • 本格派学園ミステリー
  • 辞書と恋の物語⁉
  • 史実とフィクションを巧妙に織り交ぜた傑作
  • 巨匠の人気冒険小説
  • 日本を代表するミステリー小説
  • 紙の上で竜馬が躍動する!
  • 世界の最高峰の一角
  • いまこそ「信じる」とは何かを問わなければいけない
  • 事件ノンフィクションの金字塔
  • 人の作り出した闇を丸ごとあぶりだす
  • SF小説さながらの近未来バトルライトノベル
  • 価格
  • 626円(税込)
  • 946円(税込)
  • 669円(税込)
  • 529円(税込)
  • 432円(税込)
  • 648円(税込)
  • 648円(税込)
  • 864円(税込)
  • 821円(税込)
  • 756円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 637円(税込)
  • 767円(税込)
  • 637円(税込)
  • 767円(税込)
  • 605円(税込)
  • 778円(税込)
  • 421円(税込)
  • 929円(税込)
  • 562円(税込)
  • 670円(税込)
  • 724円(税込)
  • 562円(税込)
  • 810円(税込)
  • 702円(税込)
  • 346円(税込)
  • 円(税込)
  • 724円(税込)
  • 800円(税込)
  • 399円(税込)
  • ジャンル
  • フィクション
  • フィクション
  • フィクション
  • ノンフィクション
  • フィクション
  • ライトノベル
  • フィクション
  • フィクション
  • フィクション
  • フィクション
  • エッセイ
  • ライトノベル
  • フィクション
  • フィクション
  • フィクション
  • フィクション
  • フィクション
  • フィクション
  • フィクション
  • フィクション
  • フィクション
  • フィクション
  • フィクション
  • フィクション
  • フィクション
  • フィクション
  • フィクション
  • ノンフィクション
  • フィクション
  • ライトノベル
  • ページ数
  • 168ページ
  • 608ページ
  • 320ページ
  • 238ページ
  • 200ページ
  • 304ページ
  • 341ページ
  • 409ページ
  • 365ページ
  • 309ページ
  • 464ページ
  • 307ページ
  • 464ページ
  • 360ページ
  • 455ページ
  • 271ページ
  • 496ページ
  • 168ページ
  • 512ページ
  • 224ページ
  • 259ページ
  • 440ページ
  • 272ページ
  • 512ページ
  • 446ページ
  • 121ページ
  • 320ページ
  • 418ページ
  • 608ページ
  • 352ページ

まとめ

文芸書選びは、はじめは、何を選んだらいいかわからなくなることも多いです。しかし、ここに挙げたような本を読んでいくうちに、どの出版社がよくて、この著者は短編が得意だな、といったことが分かってきます。なので、まずは読むことからスタートです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ