時代小説の人気おすすめランキング20選【歴史好きも楽しめる】

記事ID2951のサムネイル画像

江戸時代などの過去の時代背景を借りて描かれた時代小説は、学ぶことも多く、歴史好きにも好まれているジャンルです。ここでは時代小説のおすすめランキング20選をご紹介していきますでの、是非参考にして、自分好みの作品を見つけてください。

おすすめの魅力的な時代小説

時代小説は過去の時代、人物、出来事などを題材にして書かれた小説のことです。歴史小説とは少し異なるジャンルで、史実に沿わない架空の人物を用いて書かれることが多いジャンルになります。

 

過去の時代背景を借りて物語が展開する時代小説ですが、実は様々な種類があり、選び方を間違えてしまうとその作品を100%楽しめない可能性があります。

 

そこで今回は、時代小説の選び方とおすすめ商品の人気おすすめランキングを紹介します。ランキングの基準はページ数、出版日、作者です。是非ランキングを参考にして自分好みの作品を見つけてください。

時代小説の人気おすすめランキング20選

20位

KADOKAWA

秋月記

価格:653円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

絶賛を浴びた時代小説の傑作

筑前の小藩・秋月藩で、専横を極める家老・宮崎織部への不満が高まっていました。間小四郎は、志を同じくする仲間の藩士たちとともに糾弾に立ち上がり、本藩・福岡藩の援助を得てその排除に成功します。

 

藩政の刷新に情熱を傾けようとする小四郎でしたが、家老失脚の背後には福岡藩の策謀があり、いつしか仲間との絆も揺らぎ始めて、小四郎はひとり、捨て石となる決意を固めます。執政者というものを違った角度から捉えている面白い作品です。

ページ数361ページ出版日2012/2/25
作者葉室 麟

口コミを紹介

大変楽しく読みました。葉室麟さんの小説はとても良く、これからも葉室さんの小説は読んでいきたいと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

19位

光文社

弥勒の月

価格:617円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

哀感溢れる時代小説

小間物問屋遠野屋の若おかみ・おりんの水死体が発見され、同心・木暮信次郎は、妻の検分に立ち会った遠野屋主人・清之介の眼差しに違和感を覚えます。ただの飛び込み、と思われた事件でしたが清之介に関心を覚えた信次郎は岡っ引・伊佐治と共に事件を追い始めます。

 

主人公の洞察力の細やかな描写など、時間を忘れて読める時代劇となっています。読後もふっとタイムスリップできる世界観にのめり込めます。

ページ数312ページ出版日2008/8/7
作者あさの あつこ

口コミを紹介

ストーリーの展開の面白さと、主人公たちの内面の世界とが混然と絡まり合って、お互い邪魔にならず、作品に重層的な厚味を加えていて、ただの時代小説にはないきめ細やかさと緊張感が味わえた。どうやらシリーズ最後までお付き合いしそうである。内緒で☆7つ

出典:https://www.amazon.co.jp

18位

講談社

影法師

価格:713円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

切なくも美しい感動物語

当時の民衆の習わしや武士社会における慣習など時代背景の様子が詳しく書かれながら物語は進んでいきます。今の時代に忘れられてるような一本気を感じることができ、物語の展開に吸い込まれ、一気に読めてしまいます。

ページ数408ページ出版日2012/6/15
作者百田 尚樹

口コミを紹介

この書籍は、永遠のゼロと同じく、全ての日本人が読むべきものと考えます。涙、涙、涙で、心が本当に洗われました。

出典:https://www.amazon.co.jp

17位

講談社

まるまるの毬

価格:778円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

始終温かい物語

親子三代で菓子を商う「南星屋」は、 売り切れご免の繁盛店で、武家の身分を捨て、職人となった治兵衛を主に、出戻り娘のお永と一粒種の看板娘、お君が切り盛りするこの店には、他人に言えぬ秘密がありました。

 

吉川英治文学新人賞受賞作で、愛嬌があふれ、揺るぎない人の心の温かさを描いた、読み味絶品の時代小説です。

ページ数384ページ出版日2017/6/15
作者西條 奈加

口コミを紹介

好きな作家さんのひとりです。
いつも話の中にアッという間に引きこまれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

16位

文藝春秋

霧の果て 神谷玄次郎捕物控

価格:648円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間味あふれる連作短編集

北の定町廻り同心・神谷玄次郎は、一流の剣の遣い手ですが、14年前に母と妹を無残に殺され、その犯人がうやむやになって以来、心に闇を抱えて生きてきました。ですが本気になると、事件の解決には鋭い勘と抜群の推理力を発揮するため、かろうじて首がつながっていました。そんなある日、川に女の死体が浮かび上がります。

 

バランスのとれた登場人物に、隙のない玄次郎の推理は素晴らしく、読み応え抜群の一冊です。

ページ数381 ページ出版日2010/9/10
作者藤沢 周平

口コミを紹介

藤沢周平の作品で捕り物長を初めて読みましたが、とても面白かったです。いつもながら、

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

光文社

烏金

価格:648円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

江戸のお金のカラクリ

日本ファンタジーノベル大賞作家が江戸を舞台に描いた痛快時代エンターテインメント小説です。江戸の金貸しの世界の仕組みは多くの人が興味を持てる内容になっており、時間を忘れて読むことができます。

 

江戸の町に住んでいる情景に浸りながら読むことができ、主人公だけでなく脇役の登場人物も個性的で楽しむことができます。

ページ数302ページ出版日2009/12/8
作者西條 奈加

口コミを紹介

繰り返し読んでしまう
登場人物一人一人がいとおしい
思いやりの形はいろいろある

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

新潮社

五郎治殿御始末

価格:529円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

激動の世を生きる、名も無き武士の姿

勢州桑名藩の岩井五郎治は、新政府の命で、旧藩士の整理という辛い役目についていました。ですが、それも廃藩置県によって御役御免になります。すでに戊辰の戦で倅を亡くしている老武士は、家財を売り払い、幼い孫を連れて桑名を離れます。

 

江戸から明治へ、侍たちは如何にして己の始末をつけ、時代の垣根を乗り越えたかを描いた時代小説です。当時の生活の様子や信条がとても良く書かれていて物語の展開に引き込まれます

ページ数256ページ出版日2009/4/25
作者浅田 次郎

口コミを紹介

明治時代の初期、パラダイムシフトを迫られた人々が新旧入り混じる価値観を抱きながら生き抜いた様を描いた作品。
現在の私たちの感覚につながるような、つながらないような、不思議な時代があった事が実感できる。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

徳間書店

鬼はもとより

価格:724円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

珍しい経済を扱ったストーリー

剣が役に立たない時代、武家はどう生きるべきか、時代小説としては珍しい、経済を扱った物語です。主人公が藩札を通じて当時の経済に己の命を賭す覚悟を決めるまでの描写はとても読みやすく、引き込まれます。

 

話の展開もスピーディでもっさりした部分がなく、どんどん読み進められる小説です。武家のお役目に対する心構え、その矜持、潔さ等々をじっくりと堪能することができます。

ページ数380ページ出版日2017/10/5
作者青山 文平

口コミを紹介

時代ものはあまり読みませんが・・・現代に例えると同僚との確執も踏まえて己を見出し、家族よりも会社のためと組織を改革するものとの出会いが必然奮い立たせる。夢を追い、時には苦渋の選択を強いられ共に切磋琢磨する。達成後の戸惑いと儚さを知り、各々の生き様にも出会えるという十分楽しめる内容がよかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

KADOKAWA / 角川書店

さわらびの譜

価格:1,620円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高潔な志

扇野藩重臣有川家の長女・伊也は、藩随一の弓上手、樋口清四郎と渡り合うほどの腕前で、競い合ううち清四郎に惹かれていく伊也でしたが妹の初音に清四郎との縁談が持ち込まれます。

 

伊也とのあらぬ噂により、藩主の不興を買った清四郎の汚名をそそぐため、伊也は清四郎と弓勝負で立ち合うことになります。まさに早蕨の様な爽やかな物語で、時代は違えど、現代でもあり得る恋愛物語となっています。

ページ数188 ページ出版日2015/12/25
作者葉室 麟

口コミを紹介

伊也と初音姉妹のお互いを思いやる深い情愛や伊也と樋口清司郎との秘めた愛情、左近のすべてを包み込む大きな愛を縦軸に藩主晴家と守旧派の陰謀をからめてはらはらドキドキの展開は葉室ファンならずとも、これぞ時代小説、とうならせる。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

幻冬舎

清須会議

価格:571円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

笑いとドラマに満ちた時代小説

織田信長が明智光秀に滅ぼされ、その光秀も羽柴秀吉軍に討たれた後、織田家の後継者と領地の配分を決めるために清洲城で開かれた会議をテーマにした時代小説です。清須会議の事前工作から決着まで物語が進んでいく構成が良くできています。

 

会議の決着は始まる前に決まっている等、会議だらけの現代の仕事にも当てはまるところがあり、勉強になる一冊です。

ページ数300 ページ出版日2013/7/31
作者三谷幸喜

口コミを紹介

信長死後、秀吉が天下を取るきっかけとなった、歴史的事件。
この重厚な事件を、三谷作品らしく、ユーモアたっぷりにあがいています。
柴田勝家とお市のやりとりなどは、抱腹絶倒。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

文藝春秋

新装版 炎環

価格:2,400円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本史上最も血なまぐさかった時代を描いた傑作

4つの短編が1つの作品を作り上げる手法で、流人・頼朝の挙兵から承久の乱辺りまでを描いています。幕府草創期の複雑な権勢の関係も組み込まれており、それぞれが抱く野望がメラメラと燃え上がって1つの環となった本作は、読み応え十分な作品です。

 

蘇我氏のように正史で悪しざまに描かれる梶原景時の人物像は興味深く、また、阿波局の人物像も秀逸です。

ページ数210 ページ出版日2012/6/10
作者永井路子

口コミを紹介

阿野全成(頼朝の異母弟)、梶原景時、北条保子(北条政子の妹)、北条義時(北条政子の弟)がそれぞれの短編の主人公です。この本に書かれていることは真実とまでは言えませんが、それに近い史観だろうと思わされます。
加えて面白いともなると、☆6つぐらいつけたいぐらいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

講談社

蒼穹の昴

価格:691円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

万人の魂をうつべストセラー

中国清朝末期、貧しき糞拾いの少年・春児は、占い師の予言を通じ、科挙の試験を受ける幼なじみの兄貴分・文秀に従って都へ上ります。都で袂を分かち、それぞれの志を胸に歩み始めた二人を待ち受ける宿命の覇道を描いた物語です。

 

中国歴史と、それにまつわる二人の物語に目が離せなくなる一冊です。中国語や中国の人名に慣れていなくても、情景が鮮やかに感じられ、読みやすいです。

ページ数384 ページ出版日2004/10/15
作者浅田次郎

口コミを紹介

中国の王朝時代を舞台にした小説ですが、読み始めたとたん、夢中になって4巻まで一気に読みました。

とくに一巻がいちばんおもしろかったです。

浅田次郎さん、いい本を書いてくれてありがとうございます。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

KADOKAWA / 角川書店

散り椿

価格:734円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

誠実に人を思う姿

かつて一刀流道場の四天王と謳われた勘定方の瓜生新兵衛は、上役の不正を訴え藩を追われます。18年後、妻・篠と死に別れて帰藩した新兵衛が目の当たりにしたのは、藩主代替わりに伴う側用人と家老の対立と藩内に隠された秘密でした。

 

秘めた想いを胸に、誠実に生きようと葛藤する人々を描いた感動長編となっており、少々ミステリアスな含みをもって物語が進行してきます。読後は心の中が洗われたような清々しさに満たされます。

ページ数422ページ出版日2014/12/25
作者葉室 麟

口コミを紹介

ある組織の関わりがストーリーに深みを持たせる。家老の最期にも道理がある。、、、しかし、読みながら、映画の出演者が全員そのストーリー通りありありと動いた。
旅立った新兵衛、、、その理由は深い。これは小説によってより呻吟する。
秋月記、蜩ノ記に続く三作目として読みました。いつもながら読後感がいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

文藝春秋

新装版 風の果て (上)

価格:713円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

青年武士の壮大な物語

とある東北の藩の主席家老「桑山又左衛門」の半生を描いた作品です。5人の様々な階級の青年武士たちが、東北のある窮乏藩の政治に巻き込まれていく壮大な物語となっており、人物や情景描写が、非常に緻密で、まるで実際にその場所があるかのようなリアリティを感じます。

 

現在と昔が交差しながら展開していくストーリーが特徴的な時代小説です。

ページ数318 ページ出版日1988/1/10
作者藤沢 周平

口コミを紹介

この物語は、5人の様々な階級の青年武士たちが、東北のある窮乏藩の政治に巻き込まれていく壮大な物語です。人物や情景描写が、非常に緻密で、まるで実際にその場所があるかのようなリアリティーを感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

新潮社

死ぬことと見つけたり

価格:680円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

清々しい読後感

「死人」として生きる典型的な「葉隠」武士である佐賀鍋島藩の斎藤杢之助の生き様を描いた時代小説です。生きる事、死ぬことについて深く考えさせらる本で、主人公の生き様に激しく魂を揺さぶられる作品です。

 

とにかく引き込まれる文章で、上巻を読むと下巻も読まざるを得なくなるような魅力が詰まっています。

ページ数341ページ出版日1994/9/1
作者隆慶一郎

口コミを紹介

冗談でも刃を向けられたら、自らの命を顧みず怒涛の如く斬り進む
戦国時代に戦場で培われた必殺の剣がすさまじい!
誠実で間違ったことが大嫌いで不器用で滅法強い主人公は人々を惹きつける

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

東京創元社

妖怪の子預かります

価格:612円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コミカルな妖怪奇譚

うぶめ石を壊してしてしまったことにより、妖怪の子を預かることになった弥助の物語です。登場人物の個性がはっきりしているので、話もテンポよく進み、若い方にもおすすめできる時代小説です。

 

様々な妖怪が登場し、ばたばたと賑やかで楽しい作品です。既存の妖怪だけではなく、作者が考えたオリジナル妖怪も登場しています。

ページ数245 ページ出版日2016/4/15
作者廣嶋 玲子

口コミを紹介

構成がしっかりしているし、どのキャラクターにも魅力があり、おもしろかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

文藝春秋

つまをめとらば

価格:702円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

直木賞受賞作品

役目、義理や慣習に沿わずには、自分を保つことができない”男”を目線に、何の根拠もしがらみもなく、思うままに振舞える”女”というものの不可解さが描かれた傑作武家小説集となっています。

 

舞台は安定的な江戸中期ですが、時代に依らない普遍性があります。どの作品もなんとなく爽やかな読後感が残る、柔らかい春風のような読み終わりです。

ページ数274ページ出版日2018/6/8
作者青山 文平

口コミを紹介

夫婦のありざまを新鮮に感じ取ることができ、現代に生きる自分自身の夫婦生活も距離を置いて眺められました。
おもしろかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

角川書店(角川グループパブリッシング)

雷桜

価格:605円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

感動の時代恋愛小説

江戸から3日を要する山間の村で、生まれて間もない庄屋の一人娘・遊が、雷雨の晩、何者かに掠われてしまい、手がかりのつかめぬまま、一家は失意の11年を過ごすことになります。

 

遊の生存を信じる次兄・助次郎は、江戸で御三卿・清水家に中間として仕えますが、当主・斉道は心の病を抱えていました。運命の波に翻弄されながら、愛に身を裂き、凛として一途に生きた女性を描く、感動の時代長編です。

ページ数383 ページ出版日2010/8/1
作者宇江佐 真理

口コミを紹介

画が良く本も読みたいと思い買いました、
それぞれによかったけれど、本ではもっと詳しく書かれてあり最後も心暖かい終わりかたで良かっです。

また映画も観たく成りました、暖かい本が好きな方にお薦めです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

角川春樹事務所

八朔の雪 みをつくし料理帖

価格:596円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

連作時代小説の傑作

神田御台所町で江戸の人々には馴染みの薄い上方料理を出す「つる家」を任され、調理場で腕を振るう澪は、故郷の大坂で、少女の頃に水害で両親を失い、天涯孤独の身でした。

 

大坂と江戸の味の違いに戸惑いながらも、天性の味覚と負けん気で、日々研鑽を重ねる澪ですが、そんなある日、彼女の腕を妬み、名料理屋「登龍楼」が非道な妨害をしかけてきます。

 

料理だけが自分の仕合わせへの道筋と定めた澪の奮闘と、それを囲む人々の人情が織りなす、連作時代小説の傑作です。

ページ数271ページ出版日2009/5/18
作者高田 郁

口コミを紹介

出て来る料理が今もあるごく質素な日本食なので、味も香りも見た目も想像できるものばかりなのがまたいいのかもしれません。華奢で品があって、それでいて芯のある小粋な女将が北川景子さんのイメージにぴったりだと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

幻冬舎

銀二貫

価格:648円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

感動必至の人情物

大坂天満の寒天問屋の主・和助は、仇討ちで父を亡くした鶴之輔を銀二貫で救います。引きとられ松吉と改めた少年は、商人の厳しい躾と生活に耐えていくことになります。料理人嘉平と愛娘真帆ら情深い人々に支えられ、松吉は新たな寒天作りを志しますが、またもや大火が町を襲い、真帆は顔半面に火傷を負い姿を消してしまいます。

 

寒天問屋として、一生懸命働く青年の清々しい物語です。様々な展開が待ち受けているので飽きずにどんどん読み進めることができます。

ページ数345ページ出版日2010/8/5
作者高田 郁

口コミを紹介

ドラマティックな物語の始まり。一気に読んでしまいたいくらい魅力のある一冊です。普遍的な人の優しさを主人公と共に感じる事が出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

時代小説の選び方

時代小説には、様々なジャンルの作品があり、どれを読めばいいかわからないという方は多いのではないでしょうか。ここでは時代小説の選び方のポイントをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

ジャンルで選ぶ

ここでは時代小説のジャンルを大きく4つに分けて選び方のポイントをご紹介していきます。自分が興味を持っているジャンルの作品を選ぶと、快適に読み進めることができます。

「ミステリー」が好きな方は「捕物帳」

捕物帳は主に江戸時代を背景とした推理小説になります。時代小説で最も多いジャンルとなっており、江戸の奉行所に勤めている同心や十手を持っている御用聞きは時代劇などでもよく見かける方が多いのではないでしょうか。

 

本格的なミステリー作品を見たいという方におすすめで、その時代ならではのトリックなどを楽しむことができます。

「ファンタジー」が好きな方は「伝奇小説」

伝奇小説は、過去に実在した人物をモチーフとした架空人物を登場させて、現実離れしたような活躍などを書くものです。ファンタジーやSFのようなワクワク感を味わうことができるので、人気が高いジャンルです。忍者などに焦点を当てた人気作品も多いです。

剣の迫力を感じたい方は「剣豪小説」

剣豪小説は、その名の通り剣豪を主人公とした小説です。有名な宮本武蔵、佐々木小次郎、柳生十兵衛などが活躍する作品が多く、架空の剣豪を主人公とした作品も存在します。

 

剣豪小説の特徴はチャンバラシーンにあり、剣豪小説ならではの迫力を味わうことができます。緊迫感をもって読みたい方におすすめです。

一般の人の「恋愛」や「料理」に興味のある方は市井小説

市井小説は、武士や剣豪などではなく、平民や商品、職人などの暮らしに焦点を当てた小説です。人々の人情を描いた作品が多く、料理の要素を入れた作品が人気です。当時の人々の暮らしや時代背景を詳しく知ることもできます。

 

市井小説を選ぶ際には、自分が詳しい時代の作品を選ぶと、より登場人物に感情移入しやすくなるのでおすすめです。

文学的評価で選ぶ

著名な作家から評価を得ている文学的評価が高い作品は、影響力が強く、人気も高いです。一度は読んでおきたい作品ばかりなので、チェックしておきましょう。

「専門家」や「著名」な作家が選んだ作品を読みたい方は「文学賞」受賞作品をチェック

文学賞とは優れた文学やそれを執筆した作家に与えられる賞の総称です。芥川賞や直木賞などは文学に詳しくなくても、知っている方が多いのではないでしょうか。文学賞受賞作品は注目度が高く、人気が高くなる傾向にあります。

 

著名な作家や文学関係者から評価されているだけあり、内容も読み応えのあるものが多く、小説を選ぶ上での指標とする人も多いです。

身近な感覚で選ばれた「新刊」が読みたい方は「本屋大賞受賞作品」をチェック

通常の文学賞は選考委員が作家や文学者であることが多いですが、本屋大賞は、「新刊を扱う書店の書店員」の投票によってノミネート作品および受賞作が決定されます。書店員の票だけで選ばれる賞です。

 

本屋大賞は2004年からできましたが、今ではかなりの影響力があり、本屋大賞に選ばれた小説はかなりの確率で大ヒットしています。本好きの書店員が選んだ小説なので、満足感を得られる可能性が高いです。

読みやすさで選ぶ

時代小説は、歴史に詳しくない方や慣れていない方には読みにくい場合があるので、読みやすい作品を選ぶ必要があります。

好きな時代、興味のある「時代」に合わせる

時代小説によって、時代背景は異なります。自分が少しでも詳しい時代をテーマにしている小説であれば読みやすいので、そちらを選びましょう。時代小説を初めて読む方には、現代でも当時の時代背景が浸透している江戸を舞台にした小説がおすすめです。

 

時代背景を知らなくても興味がある場合は、勉強にもなるので、自分が詳しくない時代背景の作品を読むのも楽しいです。

ページが少なめの本は「初心者」向け

小説自体をあまり読んだことがないという方や、本を読む時間が取れないという方には短編集がおすすめです。一話ごとにストーリーが完結する為、区切りよく読むことができます。逆にじっくり時間をかけて読みたい方には長編、もしくはシリーズ作品がおすすめです。

 

シリーズ作品を選ぶ際には、完結しているかどうかも確認するようにしましょう。一気読みしたい場合にスムーズに読み進めることができます。

作家で選ぶ

お気に入りの作家を見つけたらその方が書いた作品をさらに読んでみる、というのは読書が好きな方にとって一般的な選び方です。時代小説について有名な作家とその特徴を紹介します。

繊細な心情変化が好きな方は「宇江佐真理」

登場人物の繊細な心の動きや心情を丁寧に描いている作家が宇江佐真理です。短編集から長編小説まで様々な作品があり、いろいろな時代について描かれているのでお気に入りを見つけやすいです。

史実に基づいた部分が多いのは「司馬遼太郎」

時代小説は架空の人物や設定で時代背景を楽しむことができますが、実際の出来事や人物をもとにして書かれた作品を歴史小説といいます。司馬遼太郎はその両方の特徴を併せ持つ作品を書いています。

料理に興味がある方は「高田郁」

豊富な料理の知識を生かして当時の食材や調理方法が目に浮かぶような豊かな表現が特徴的です。読みやすい作品が多いので漫画の原作として起用されたこともあります。

「伝奇小説」が好きな方は「山田風太郎」

時代小説のなかでもファンタジー要素が強めな伝奇小説を好む方におすすめな作家は山田風太郎です。小説を書くだけでなく、アニメや特撮等幅広い芸術文化に影響力を持つ作家です。

「妖怪」にも興味のある方は「畠中恵」

漫画家としても活躍している畠中恵の時代小説はファンタジー要素の強いポップな作品が多いです。シリアスな時代小説の重さ、堅苦しさが苦手な方でもすぐに読むことができます。

 

以下の記事では、畠中恵の人気作品おすすめランキング10選【2020年最新版】を紹介しています。是非参考にしてください。

時代小説のおすすめ作品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4936543の画像

    幻冬舎

  • 2
    アイテムID:4936711の画像

    角川春樹事務所

  • 3
    アイテムID:4936721の画像

    角川書店(角川グループパブリッシング)

  • 4
    アイテムID:4936733の画像

    文藝春秋

  • 5
    アイテムID:4936754の画像

    東京創元社

  • 6
    アイテムID:5811958の画像

    新潮社

  • 7
    アイテムID:4936789の画像

    文藝春秋

  • 8
    アイテムID:4936797の画像

    KADOKAWA / 角川書店

  • 9
    アイテムID:4936805の画像

    講談社

  • 10
    アイテムID:4936810の画像

    文藝春秋

  • 11
    アイテムID:4936827の画像

    幻冬舎

  • 12
    アイテムID:4936845の画像

    KADOKAWA / 角川書店

  • 13
    アイテムID:4936858の画像

    徳間書店

  • 14
    アイテムID:4936873の画像

    新潮社

  • 15
    アイテムID:4936889の画像

    光文社

  • 16
    アイテムID:4936910の画像

    文藝春秋

  • 17
    アイテムID:4936926の画像

    講談社

  • 18
    アイテムID:4936940の画像

    講談社

  • 19
    アイテムID:4936951の画像

    光文社

  • 20
    アイテムID:5842442の画像

    KADOKAWA

  • 商品名
  • 銀二貫
  • 八朔の雪 みをつくし料理帖
  • 雷桜
  • つまをめとらば
  • 妖怪の子預かります
  • 死ぬことと見つけたり
  • 新装版 風の果て (上)
  • 散り椿
  • 蒼穹の昴
  • 新装版 炎環
  • 清須会議
  • さわらびの譜
  • 鬼はもとより
  • 五郎治殿御始末
  • 烏金
  • 霧の果て 神谷玄次郎捕物控
  • まるまるの毬
  • 影法師
  • 弥勒の月
  • 秋月記
  • 特徴
  • 感動必至の人情物
  • 連作時代小説の傑作
  • 感動の時代恋愛小説
  • 直木賞受賞作品
  • コミカルな妖怪奇譚
  • 清々しい読後感
  • 青年武士の壮大な物語
  • 誠実に人を思う姿
  • 万人の魂をうつべストセラー
  • 日本史上最も血なまぐさかった時代を描いた傑作
  • 笑いとドラマに満ちた時代小説
  • 高潔な志
  • 珍しい経済を扱ったストーリー
  • 激動の世を生きる、名も無き武士の姿
  • 江戸のお金のカラクリ
  • 人間味あふれる連作短編集
  • 始終温かい物語
  • 切なくも美しい感動物語
  • 哀感溢れる時代小説
  • 絶賛を浴びた時代小説の傑作
  • 価格
  • 648円(税込)
  • 596円(税込)
  • 605円(税込)
  • 702円(税込)
  • 612円(税込)
  • 680円(税込)
  • 713円(税込)
  • 734円(税込)
  • 691円(税込)
  • 2400円(税込)
  • 571円(税込)
  • 1620円(税込)
  • 724円(税込)
  • 529円(税込)
  • 648円(税込)
  • 648円(税込)
  • 778円(税込)
  • 713円(税込)
  • 617円(税込)
  • 653円(税込)
  • ページ数
  • 345ページ
  • 271ページ
  • 383 ページ
  • 274ページ
  • 245 ページ
  • 341ページ
  • 318 ページ
  • 422ページ
  • 384 ページ
  • 210 ページ
  • 300 ページ
  • 188 ページ
  • 380ページ
  • 256ページ
  • 302ページ
  • 381 ページ
  • 384ページ
  • 408ページ
  • 312ページ
  • 361ページ
  • 出版日
  • 2010/8/5
  • 2009/5/18
  • 2010/8/1
  • 2018/6/8
  • 2016/4/15
  • 1994/9/1
  • 1988/1/10
  • 2014/12/25
  • 2004/10/15
  • 2012/6/10
  • 2013/7/31
  • 2015/12/25
  • 2017/10/5
  • 2009/4/25
  • 2009/12/8
  • 2010/9/10
  • 2017/6/15
  • 2012/6/15
  • 2008/8/7
  • 2012/2/25
  • 作者
  • 高田 郁
  • 高田 郁
  • 宇江佐 真理
  • 青山 文平
  • 廣嶋 玲子
  • 隆慶一郎
  • 藤沢 周平
  • 葉室 麟
  • 浅田次郎
  • 永井路子
  • 三谷幸喜
  • 葉室 麟
  • 青山 文平
  • 浅田 次郎
  • 西條 奈加
  • 藤沢 周平
  • 西條 奈加
  • 百田 尚樹
  • あさの あつこ
  • 葉室 麟

時代小説の「名作」を「朗読」で楽しむこともできる

時代小説というと名前のとおり、文字で読むイメージが強いと思いますが、朗読で楽しむこともできます。朗読なら手が空くので何かしながら聞いたり、寝る前にリラックスして楽しむことができます。

 

 

まとめ

ここまで時代小説のおすすめランキング20選をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。時代小説は勉強になるものも多く、今まで読んだことがないという方にもおすすめのジャンルです。是非ランキングを参考にして、自分好みの時代小説を見つけて頂ければと思います。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ