高田郁のおすすめ人気ランキング10選【病気は本当?・家族に関する書籍も!】

高田郁の書籍は時代小説や現代の家族に関する短編集など人気書籍が並びます。新刊情報や本人の病気・写真に関する情報も気になりますよね。そこで今回は高田郁のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ぜひチェックしてください。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

高田郁の時代小説はパワーと少しの幸せをもらえる

家族、書籍、新刊

時代小説と聞くと何だか小難しい話のように聞こえてしまいますよね。実は高田郁の時代小説なら文章が簡単で、初心者でもさらりと読めてしまうんです!「みをつくし料理帖シリーズ」「銀二貫」など有名な作品が揃います。

 

いずれも登場人物から勇気と幸せをもらえると好評ですが、作品数が多いのでどれを選ぶか難しいですよね。家族背景を見られる書籍や金と銀シリーズの新刊、漫画化・映画化・舞台化された人気作品もあり、迷う方も多いと思います。

 

そこで今回は高田郁作品の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはシリーズ・ページ数・発売日・出版社を基準に作成しました。高田郁の性別・写真・病気の噂などについても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

1位

角川春樹事務所

あきない世傳 金と銀 出帆篇

困難を乗り越え新たな出帆の刻を迎える最新刊

江戸に店を開いて10年、五鈴屋は藍染め浴衣地では知られた名店なっていました。かつて失った呉服の商いを再び、との願いをかなえるため主人公と仲間たちはさまざまな困難に立ち向かっていきます。

 

帆を上げて大海を目指す固い決心を抱いて知恵を絞る主人公たちの出帆のときを見届けたくなる作品です。

基本情報
ページ数 328ページ
発売日 2022/2/15
出版社 角川春樹事務所

高田郁作品の選び方

高田郁作品といえば江戸時代の市井の人々を主人公に当時の料理・人情など人々の暮らしを詳細に描いた作風が人気です。ここでは高田郁作品の選び方を紹介します。

【目次】

人気シリーズで選ぶ

高田郁は「みをつくし料理帖」「あきない世傳 金と銀」に見られるシリーズ作品が人気です。初めて高田郁作品を見る方にもおすすめの人気シリーズを紹介します。

【目次】

高田郁の原点であるデビュー作なら「出世花シリーズ」がおすすめ

出世花は高田郁の小説家デビュー作で、2007年の小説NON短編時代小説賞奨励賞を受賞した短編シリーズです。死者の湯灌を職務とする主人公縁の数奇な運命を描いた物語で、さまざまな死に触れながら成長していく縁の姿に心を打たれます。

 

出世花は全2巻の構成で、第1巻は主人公の縁が9歳~19歳、第2巻では22歳からの読み応えのある内容です。出世花は漫画版も出版されていますので、お子様や絵でわかりやすく見たい方はチェックしてみてください。

テレビ・映画の実写版も楽しみたいなら「みをつくし料理帖シリーズ」がおすすめ

みをつくし料理帖は2009年に第1作が刊行され第10作までのシリーズで、大阪出身で江戸に出てきた料理人・澪が東西の味の好み・水の違いに苦戦しながらも料理を通じて江戸の人々を幸せにする姿を描いた人気作品です。

 

高田郁作品のなかでもテレビドラマや映画など映像化された作品が多く、著者自らが取材を重ねて実際に作って再現した当時の料理やレシピも収録されています。テレビドラマ・映画を見て気になった方はぜひ原作も読んでみてください。

高田郁の最新作・新刊なら「あきない世傳 金と銀シリーズ」がおすすめ

あきない世傳 金と銀シリーズは、大阪の呉服商を舞台に主人公の幸が嫁いだ先の呉服商で困難を乗り越えて成長していく姿を描いた作品です。高田郁作品ならではのしっかりとした時代背景の取材により、当時の大坂の商売人の在りようがわかりやすく描かれています。

 

あきない世傳 金と銀シリーズは現在も引き続き新刊が発売されている高田郁の最新シリーズで、意外な方向へストーリーが展開するなど発売の待ち遠しい作品です。高田郁の最新作を読みたい方もぜひチェックしておきましょう。

ジャンルで選ぶ

高田郁作品は江戸時代の庶民の生活を描く市井小説が有名ですが、数は少ないもののそれ以外のジャンルもあります。一風変わった高田郁作品を読みたい方にもおすすめです。

【目次】

当時の町民の生活・時代背景・家族を垣間見たいなら「市井小説」がおすすめ

市井小説は庶民の生活や人情・家族の様子を描いた作品で、武士やアウトローではなく町に住む平民や商人・職人などを主人公としています。高田郁作品では特に江戸時代における料理や人情を詳細に描いた作品が多く、人気シリーズも多いジャンルです。

 

当時の人々の暮らしや恋愛など時代背景がわかり身近に感じられる登場人物の生活に共感を覚えて感情移入がしやすい特徴があります。はじめて高田郁作品を読む方にもおすすめのジャンルです。

高田郁の生き方・考え方を詳しく知りたいなら「エッセイ集」がおすすめ

エッセイは著者の生き方・考え方を自身の体験・知識・世の中のさまざまな事象に対しての考察や思想をつづったもので、筆者の人間性やバックボーンを知ったり、小説だけではわからない生身の人間としての思考を理解できたりするジャンルです。

 

高田郁作品でもエッセイ集は発売されています。高田郁作品を複数読んでいるファンの方や、著者の生き方・考え方に興味をお持ちの方はぜひエッセイ集も確認してみてください。

当時の料理を実際に作ってみたいなら「レシピ本」がおすすめ

高田郁作品の特徴としてはみをつくし料理帖に代表される作中の江戸の食事情の描写です。作中に登場する料理は著者が実際に試行錯誤を重ねて実際に作った料理が描かれており、時代背景をしっかりふまえながらも読んでいるだけでおいしそうに感じられます。

 

みをつくし料理帖に登場する料理を実際のレシピとして紹介したみをつくし献立帖は、現代でも再現ができるレシピ集として活用できるのが魅力です。当時のシンプルでやさしい料理を楽しみたい方はぜひ手に取ってみてください。

時代で選ぶ

高田郁作品では江戸中期のほのぼのとした時代背景の作品が多いですが、一部それ以外の時代背景もあります。時代背景をふまえて小説を楽しみたい方は確認してみましょう。

活気があり平和でほのぼのした作風なら「江戸中期」がおすすめ

江戸時代の町民生活を中心に、活気があり平和でほのぼのした時代背景の人々の暮らしや料理・生活を楽しみたい方には江戸中期の作品がおすすめです。貨幣経済が発展して商売・工業が活発になり、当時の世界最大都市としても江戸は繁栄していました。

 

学問・文化・芸術・経済などさまざまな分野の活動が活発化していた時期で、現代にまで続く伝統が生まれた時代でもあります。時代劇にも良く取り上げられる、活気があり人々の生活の営みを感じられる作風が好きな方は江戸中期の作品を確認しましょう。

現代につながる近代化の背景を知りたいなら「江戸​末期から明治」がおすすめ

幕末から明治に向かう混沌とした近代化の時代背景を知りたい方には江戸末期から明治を時代背景とした作品がおすすめです。長く安定していた江戸時代の終わりから開国・騒乱の時代に突入する変革・緊迫感のある社会情勢が描かれています。

 

高田郁作品でも一部この時代を背景とした作品があり、激動の時代背景をモデルとした小説も人気です。現代につながる近代化をスタートした当時の日本の状況と、そこに暮らす人々の価値観を感じたい方に向いています。

読みやすさで選ぶ

高田郁作品といえばシリーズ作品が有名ですが、長編シリーズが苦手な方には短編集・漫画原作などの選択肢もあります。ご自身の読みやすさに合わせて選んでください。

読み応えのあるボリュームの作品なら「長編シリーズ」がおすすめ

しっかりと時間をかけて高田郁作品の時代小説を楽しみたい方には、人気のシリーズ作品がおすすめです。当時の時代背景・おなじみの登場人物をベースにして巻き起こるさまざまなできごとを中心に、時代小説ならではの現代との違い・共通点を楽めます。

 

現在でも引き続き新刊が発行されているシリーズもあり、著者高田郁の最新作を読みたい方にもおすすめです。過去のシリーズはお得なセット販売がされている場合もありますので、高田郁作品でまだ読んでいないシリーズがある方は確認してみましょう。

1話完結で手軽に物語を楽しむなら「短編集」がおすすめ

通勤時間や仕事の休憩時間など、あまりまとまった読書の時間がとれない方や、1話完結でわかりやすいストーリーが好きな方には短編集がおすすめです。それぞれの物語が独立していて時間をかけすぎずに読み切れます。

 

あまり長いストーリーを読みきるのが苦手な方や、シリーズものに興味はあるもののまずは高田郁作品の雰囲気や読みやすさなどを感じてみたい方はさまざまな物語のテーマ・登場人物のストーリーを楽しめる短編集から初めてみるのがおすすめです。

高田郁の代表作品なら「受賞作品」をチェック

高田郁の評価の高い作品を見たい方には受賞作品がおすすめです。受賞作品としては2006年に北区 内田康夫ミステリー文学賞区長賞を受賞した短編「志乃の桜」、2007年に小説NON短編時代小説賞奨励賞を受賞した「出世花」があります。

 

ほかにも2013年に大阪の書店員らが大阪ゆかりの小説のなかから「ほんまに読んでほしい」本を選ぶ「Osaka Book One Project」で「銀二貫」が受賞作品に選ばれているのでぜひチェックしてみてください。

メディアミックス作品で選ぶ

高田郁作品には漫画・ドラマ・舞台などのメディアミックスが行われているものがあります。本を読むだけでなく視覚的に楽しみたい方におすすめです。

【目次】

まだ小さなお子さん向けや絵で楽しみたいなら「漫画」がおすすめ

まだ小さいお子さん向けや、絵を見ながら高田郁作品を楽しみたい方には漫画化された作品がおすすめです。漫画ならではの読みやすさや、絵による場面の把握のしやすさといったメリットがあり、小説よりも手軽に読み進められます。

 

漫画作品の場合は原作小説そのままが描かれているわけではありません。場面・時代の描写などは原作から省略し絵で表現がされる場合もあります。漫画で物語を把握して興味を持った方は、原作の小説での著者の描写も確認してみるとより楽しめるのでおすすめです。

映像を見て楽しみたいなら「ドラマ・映画」作品がおすすめ

高田郁の作品のなかには、人気時代小説であるがゆえに映画化やNHKドラマでの放送がされているものもあります。「みをつくし料理帖シリーズ」は2020年10月に角川春樹監督の最後の作品として映画公開されました。

 

以下は映画「みをつくし料理帖」のキャスト・ストーリーを紹介している公式サイトです。気になる方は確認してみてください。また以下の記事ではドラマ化・映画化された小説の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

よりリアルに小説の世界を見たいなら「舞台化」作品がおすすめ

小説の世界を表現する方法として舞台化もあり、時間やセットが限られたなかで表現される世界はドラマや映画とは違った見ごたえがあります。銀二貫は宝塚歌劇団によってミュージカルとして上演されました。心情を歌で表現する独自の世界が楽しめます。

高田郁の人気おすすめランキング10選

1位

角川春樹事務所

あきない世傳 金と銀 出帆篇

困難を乗り越え新たな出帆の刻を迎える最新刊

江戸に店を開いて10年、五鈴屋は藍染め浴衣地では知られた名店なっていました。かつて失った呉服の商いを再び、との願いをかなえるため主人公と仲間たちはさまざまな困難に立ち向かっていきます。

 

帆を上げて大海を目指す固い決心を抱いて知恵を絞る主人公たちの出帆のときを見届けたくなる作品です。

基本情報
ページ数 328ページ
発売日 2022/2/15
出版社 角川春樹事務所

口コミをご紹介

を重ねるにつれ、登場人物が魅力的で話にのめり込むようになり、毎回読了する度に次巻は何時になるのかと待ち遠しくてたまらなくなります。今回も期待を裏切らない面白さでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

角川春樹事務所

あきない世傳 金と銀(十) 合流篇

主人公に最大の危機が迫る人気シリーズの話題作

呉服商でありながら呉服商いを断念した五鈴屋ですが、主人公や奉公人たちは最大の危機を好機とすべく知恵を絞ります。それは今までにない浴衣地の開発でした。五鈴屋の快進撃に胸が躍る1冊です。

 

男女の差・身分の差を越えて、江戸の街に木綿をとの願いをかなえるべく奮闘する主人公たちを応援したくなります。

基本情報
ページ数 320ページ
発売日 2021/2/15
出版社 角川春樹事務所

口コミをご紹介

合流篇(ごうりゅうへん)と名付けられたように、人、物、知恵、思い、それらが見事に合わさって大きな流れになった巻。2年半の歳月を1冊にしてるので、読みながら「この夏か?まだなのか?」とじりじりしたが、最後に見事昇華。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

角川春樹事務所

出世花

悲しい過去を背負いひたむきに生きる主人公が魅力

出世花は2005年に刊行された小説ですが、2010年に漫画化もされています。主人公・緑は父である源九郎と妻敵討ち(めがたきうち)の旅に出るのですがその道中に父が亡くなってしまいました。

 

青泉寺で父の亡骸に対して行われた遺体を入浴させて清潔に保つ「湯灌(ゆかん)」の儀式が縁の心に響き、青泉寺の湯灌場で働こうと思い立ちます。

基本情報
ページ数 328ページ
発売日 2011/4/15
出版社 角川春樹事務所

口コミをご紹介

何度も読み返したい名作!だと思います。心清らかな主人公ととりまく登場人物たちの温かな人情味が見事な美しい文章で癒しの世界へ連れて行ってくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

幻冬舎

銀二貫

江戸時代のあきんどの世界観を堪能できる書籍

江戸時代の大阪の商人がなにを大事にしていたか、また生活習慣を学ぶためにいい教科書となる時代小説です。兵庫県の出身である高田郁の生きてきた環境が色濃く現れている作品になっています。

 

主人公は父をあだ討ちで亡くしてしまい、大坂にある寒天問屋の主人に銀二貫で救われました。武士の子供から商人として育っていく姿を映し出す人情味のある小説です。テレビドラマ・漫画・宝塚歌劇団の舞台化もされています。

基本情報
ページ数 345ページ
発売日 2010/8/5
出版社 幻冬舎

口コミをご紹介

ドラマティックな物語の始まり。一気に読んでしまいたいくらい魅力のある一冊です。普遍的な人の優しさを主人公と共に感じる事が出来ました。人生で最悪の状況があっても、それが素晴らしい出会いと新たな人生の始まりでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

双葉社

ふるさと銀河線 軌道春秋

家族を背景にした短編集!時代小説が初心者でも読みやすい

長編の時代小説が苦手な方や、高田郁の小説を読むのが初めての方にはこちらの短編集もおすすめです。「ふるさと銀河線」「返信」など列車にまつわる話が織り込まれた9作品が収録されています。

 

自分が育ったふるさとへの郷愁、また将来への希望なはざまで心が揺れる少女が登場し、いまの時代の家族を背景にした美しい短編作品が詰め込まれていておすすめの1冊です。

基本情報
ページ数 288ページ
発売日 2013/11/14
出版社 双葉社

口コミをご紹介

とても爽やかな内容。いまどき薄れている感情など この作者はどうしてこう表現が上手いのか感心してしまう。優しい気持ちになれる本です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

角川春樹事務所

八朔の雪―みをつくし料理帖

名作みをつくし料理帖シリーズ始まりの1冊

何度もドラマ化・映画化された大人気のみをつくし料理帖シリーズの第1作です。孤児となって大阪で育ち、慣れない江戸で料理人として生きる主人公・澪の物語はここから始まりました。

 

澪は大阪と江戸の味の違いに戸惑い、料理の腕前をねたまれて妨害されます。そんな苦労も、天性の味覚と負けん気で切り抜けていく澪と、彼女を取り巻く人々の人情が描かれた傑作時代小説です。

基本情報
ページ数 271ページ
発売日 2009/5/18
出版社 角川春樹事務所

口コミをご紹介

涙出ました。
人はみんな、こんなふうに生きないと。って思いますね。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

角川春樹事務所

あい 永遠に在り

人生観・生きる意味を問うヒューマンドラマ

シリーズものではありませんが高田郁の単独作品として人気の時代小説です。ある農村に生まれた主人公のあいは、18歳になり関寛斎と人生をともにしようと思います。寛斎は苦労して医師になり戦争でたくさんの救命処置をしました。

 

やがて関寛斎は患者のための医療を志したいとの思いで、夫婦一緒に北海道を開拓しに向かいます。人生とは何か、愛とは何かを熟考させられる人間ドラマです。

基本情報
ページ数 429ページ
発売日 2015/2/14
出版社 角川春樹事務所

口コミをご紹介

ある名言集語録より作者を知り、こちらで評価が高かったため初めて著書を拝読しましたが、買ってよかった、心からこの作品に出会えてよかったと読後のいま思っております

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

角川春樹事務所

あきない世傳金と銀 早瀬篇

主人公の運命が動き出すシリーズ第2弾

商いとはひとが人生をかけて挑むにふさわしいものなのか、商道を描き出すあきない世傳 金と銀シリーズの第2弾です。学者の子として生まれながらも呉服商で奉公する主人公・幸の運命が動き出します。

 

呉服商で奉公するうちに商いに心惹かれていく幸に、店の主人との縁談が舞い込みました。奉公人として一生を終えるのか、店を切り盛りするおかみさんとして運命を切り開くのか、決断のときです。

基本情報
ページ数 283ページ
発売日 2016/8/9
出版社 角川春樹事務所

口コミをご紹介

うーん、こうなるとは。まさかのどんでん返し。
急な展開に目が離せません。
早く次が読みたい!!

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

角川春樹事務所

花散らしの雨 みをつくし料理帖

これからの展開に胸が躍る!シリーズ第2弾

みをつくし料理帖シリーズの第2弾として有名な「花散らしの雨」は少女・ふきが絡んでくる物語です。若くして両親を亡くし、つる家の下駄版として雇われたふきに主人公の澪は自らの生い立ちを重ねます。

 

ところが、ある日澪はふきがとった妙な振る舞いを見てしまいました。第2弾としてこれからの展開が楽しみに思える1冊です。

基本情報
ページ数 293ページ
発売日 2009/10/15
出版社 角川春樹事務所

口コミをご紹介

初めて買いましたが、良い感じです。 ドラマとは違いかなりのめり込みました、状況の描き方が細かく良いですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

角川春樹事務所

想い雲 みをつくし料理帖

女性が共感してしまうような料理表現に脱帽

「想い雲」は、みをつくし料理帖シリーズの第3弾となる作品です。江戸時代の料理や暮らしや人間関係がありありと伝わってくる時代小説で、読んでいるうちに町民になってしまったかのような錯覚を覚える方も少なくありません。

 

高田郁の料理の表現にも磨きがかかり、シリーズのなかでも人気が高くファンが多い作品でもあります。文章が柔らかく優しいので、リラックスできるような本を求めている方におすすめです。

基本情報
ページ数 281ページ
発売日 2010/3/1
出版社 角川春樹事務所

口コミをご紹介

一、二巻から連続して読んだ作品です。今回も澪が女の身でこの時代にどこまで自分の意思を貫くことができるか、ワクワクしながら読み進められましたる。

出典:https://www.amazon.co.jp

高田郁のおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 ページ数 発売日 出版社
1位 アイテムID:14489361の画像

Amazon

楽天

ヤフー

困難を乗り越え新たな出帆の刻を迎える最新刊

328ページ

2022/2/15

角川春樹事務所

2位 アイテムID:14489358の画像

Amazon

楽天

ヤフー

主人公に最大の危機が迫る人気シリーズの話題作

320ページ

2021/2/15

角川春樹事務所

3位 アイテムID:14489355の画像

Amazon

楽天

ヤフー

悲しい過去を背負いひたむきに生きる主人公が魅力

328ページ

2011/4/15

角川春樹事務所

4位 アイテムID:14489352の画像

Amazon

楽天

ヤフー

江戸時代のあきんどの世界観を堪能できる書籍

345ページ

2010/8/5

幻冬舎

5位 アイテムID:14489349の画像

Amazon

楽天

ヤフー

家族を背景にした短編集!時代小説が初心者でも読みやすい

288ページ

2013/11/14

双葉社

10位 アイテムID:14489334の画像

Amazon

楽天

ヤフー

女性が共感してしまうような料理表現に脱帽

281ページ

2010/3/1

角川春樹事務所

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

高田郁(たかだかおる)はどんな方?性別は?

高田郁さんの読み方は「たかだかおる」で性別は女性です。1959年生まれで兵庫県出身の時代小説家、また漫画の原作者としても有名で、2008年に「出世花」で小説家としてデビューをしました。関西出身のため関西がルーツになっている作品が多数あります。

 

とにかく研究熱心で自分の料理の経験を活かしたり、登場人物たちの時代背景をしっかり調べたりして執筆しているのが特徴です。高田郁さんの時代小説を読めば多くの方は「なるほど」と納得できます。

高田郁の病気の過去とは

高田郁は自身のエッセイ集のなかで交通事故に遭った過去や目の病気で手術をした過去を明かしました。こうした経験も弱者の立場に立って考える糧となり、登場人物の性格などその後の作品にも影響を与えています。

高田郁の写真はある?

高田郁の顔を見てみたいと写真を探す方もいますが、彼女はその作品のなかで「顔だしは一切していない」と語っています。ただしサイン会は開催しているので気になる方はぜひ足を運んでみてください。

時代小説の文庫や書籍はいつの時代も人気に

過去の時代や歴史上の人物をもとに描かれた時代小説は、いつの時代も人気です。有名な作家が描いたものから、人気のジャンル・賞を受賞した作品など幅広い時代小説が揃います。高田郁作品では「八朔の雪みをつくし料理帖」や「銀二貫」などが人気作品です。

 

また実在した歴史上の人物をもとに執筆された歴史小説も面白い書籍が豊富にあります。以下の記事では時代小説・歴史小説の人気おすすめランキングをご紹介していますのでぜひ併せてご覧ください。

まとめ

高田郁作品の選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介しました。読者からの評価・口コミが高くシリーズ化する書籍が豊富に揃い、また小説だけでなくドラマ化・舞台化・映画化した作品もあります。ぜひ本記事を参考に気になる作品を手に取ってみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年12月18日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【102人に聞いた】時代小説のおすすめ人気ランキング30選【女性作家や江戸時代ものも】

【102人に聞いた】時代小説のおすすめ人気ランキング30選【女性作家や江戸時代ものも】

本・雑誌
【2024年最新】編み物本のおすすめ人気ランキング15選【新刊や人気作家の本も紹介】

【2024年最新】編み物本のおすすめ人気ランキング15選【新刊や人気作家の本も紹介】

本・雑誌
文芸書のおすすめ人気ランキング30選【文芸書とは?新刊もご紹介】

文芸書のおすすめ人気ランキング30選【文芸書とは?新刊もご紹介】

本・雑誌
【最新】日本のSF小説おすすめ人気ランキング20選【新刊から有名作家のものまで】

【最新】日本のSF小説おすすめ人気ランキング20選【新刊から有名作家のものまで】

本・雑誌
【2024年版】今野敏のおすすめ人気ランキング10選【新刊や人気シリーズ作品も】

【2024年版】今野敏のおすすめ人気ランキング10選【新刊や人気シリーズ作品も】

本・雑誌
宇江佐真理作品のおすすめ人気ランキング10選【代表作から直木賞候補まで!書籍も紹介】

宇江佐真理作品のおすすめ人気ランキング10選【代表作から直木賞候補まで!書籍も紹介】

本・雑誌