文学作品の人気おすすめランキング30選【歴史的名著揃い】

記事ID2903のサムネイル画像

世界中には多くの文学作品が読み継がれています。名作と言われる文学作品は、時がたっても色褪せることなく私たちに感動を与え、時には読者の人生観をがらりを変えてしまうほどの力を持っています。そんな文学の名作をランキングにして紹介します。

一生に一度は読みたい名作文学

文学は、読者の価値観や世界観をがらりと変えてしまうほどの力を持っています。名作と言われる文学は特にその性質を持ち、長い間読み継がれています。

そんな力を持つ名作文学を、一生に一度は読んでおきたいですよね。あまり小説を読んだことがないという人は、名作から読んでみてはどうでしょうか。

そこで今回は、名作文学の選び方や、おすすめの名作文学ランキング形式で紹介します。ランキングは、有名な作品か、著名な作者か、読みやすいかを基準にしています。

名作文学の人気ランキング30選

30位

岩波書店

五重塔 (岩波文庫)

価格:454円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本の職人が描かれた最高傑作

文豪幸田露伴の1892年の傑作、五重塔建立に全人生をかける職人の物語です。才能はありながらも人間関係がうまく築けない愚直な男、十兵衛。シンプルかつ美しい描写で、五重塔に一身を捧げる姿、日本のものつくりが表現されています。

ページ125発売日1994/12/16(改版)

口コミを紹介

リズムのよさや表現の美しさ、迫力満点の情景描写で、愚直な十兵衛に歯痒い思いをしながらも、一気に読めました。

出典:https://www.amazon.co.jp

29位

新潮社

沈黙 (新潮文庫)

価格:590円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「神の沈黙」に人はどう向き合うのか

遠藤周作の1966年の作品。島原の乱が鎮圧された頃、日本に渡ったポルトガル人の司祭と、日本人のキリスト教信徒たちの物語。キリシタン禁制に苦しむ彼らの運命とは。第2回谷崎潤一郎賞受賞作。

ページ320発売日1981/10/19(改版)

口コミを紹介

様々な登場人物達の様々な信仰の形 その中で次の問いが浮かびました。「如何にあなたは創造主と向き合うのか?」

出典:https://www.amazon.co.jp

28位

岩波書店

友情 (岩波文庫)

価格:562円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

友情と恋愛の軋轢を描いた傑作

1919年大阪毎日新聞に掲載された武者小路実篤の作品。白樺派に属する作者が描く人間の自我。友情と恋愛に苦しむ登場人物たちはいかなる選択をするのか。泣ける、でも悲しいわけではない。そんな不思議な感覚に陥るのはこの作家の大きな魅力です。

ページ192発売日1947/12/29(改版)

口コミを紹介

永遠に読み継がれるであろう、青年の恋愛をものの見事に描写した傑作短編。読後に清清しい余韻を残す不朽の名作。

出典:https://www.amazon.co.jp

27位

新潮社

砂の女 (新潮文庫)

価格:562円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

想像したこともない世界に引き込まれていく

二十数カ国に翻訳された安部公房の傑作。砂底に埋もれていく家で脱出を試みる男。非現実的な世界なのに、女からも砂からも抜け出せない男の姿に、私たちは身をゆだねることになる。なあたはこの不条理にどう立ち向かいますか。第14回読売文学賞受賞作。

ページ288発売日2003/03(改版)

口コミを紹介

不条理よりももっと怖いのが習性であることを嫌という程分からせてくれる。

出典:https://www.amazon.co.jp

26位

新潮社

赤と黒(上) (新潮文庫)

価格:680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヨーロッパ社会を彷彿とさせる実話に基づいた傑作

1830年フランスの作家スタンダールの作品。ジュリヤン・ソレルは父や兄から虐げられる生活を送っていた。ブルジョアに対する激しい憎悪を秘め、出世しようと野心を抱いていたが、あるとき家庭教師になったことから運命が動いていく。涙なしには読めない永遠の傑作。

ページ354発売日1957/2/27

口コミを紹介

ジュリアン・ソレルはそこに生き生きと動いて生きていました。その緊迫した心理描写の細やかさ、文学の素晴らしさが若い日々の懐かしさとともに広がりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

25位

新潮社

にごりえ・たけくらべ (新潮文庫)

価格:400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

明治の天才女流作家の代表作

1890年代の樋口一葉の代表作。樋口一葉と言えば、若くして亡くなるも、日本で女性初の職業作家として有名です。思春期の若き男女の恋模様を描いた小説。貧しく不幸な女性が必死に生きる姿が、悲哀に満ちながら繊細に描き出されています。

ページ304発売日2003/01(改版)

口コミを紹介

その鮮やかな手際は天才の為せる業でしょうけど、この年にしてすでに人生を達観する眼力を作者は得ており、若いうちから苦労してきた作者の体験と実感が活かされているのでしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

24位

新潮社

白痴 (新潮文庫)

価格:529円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

戦後の騎手坂口の代表作

1947年の坂口安吾の作品。作者の思想がわかる「堕落論」が具現化された作品と言えます。『堕ちきったどん底』から人ははたして生きる価値を見出すことができるのでしょうか。退廃と混乱の戦後を生きる人々に、強く訴えかけた作品です。

ページ288発売日1949/1/3(改版)

口コミを紹介

欲望を肯定し堕落の底から人間的な光明を見出そうとする主人公たちの、実存的な懊悩を通して語られる、偉大なる落伍者安吾のすべてをさらけだした究極の私小説。

出典:https://www.amazon.co.jp

23位

新潮社

魔の山(上) (新潮文庫)

価格:1,015円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノーベル賞ドイツ人作家トーマス・マンの最高峰作品

ドイツの小説家トーマス・マンの、1924年に出版された作品。第一次世界大戦前、サナトリウムで療養生活を送る青年が、思想や恋愛に深く触れ自己を形成していく物語。この本を手に取ると、人間とは、人生とは・・・彼とともに思索にふける時間が広がっていきます。

ページ710発売日1969/2/25

口コミを紹介

文庫の裏表紙にある、あらすじに目を通すと「教養小説」とありました。物語の型はシンプルでも中身は「教養」がぎゅうぎゅう詰めで溢れ出しそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

22位

早川書房

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

価格:864円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノーベル文学賞に輝く作者の傑作

2017年のノーベル文学賞に選ばれた、イギリス人作家カズオ・イシグロの作品。『提供者』と呼ばれる人々が生活する施設で、介護人キャシーが送る奇妙な日常。2016年に綾瀬はるか主演でドラマ化された作品でもあり、記憶に新しい人も多いのではないでしょうか。世界的に有名な作品です。

ページ450発売日2008/8/22

口コミを紹介

カズオ・イシグロ一連の作品の中でも異彩を放つ。読み進み徐々に謎が解けていくに従い氷のような恐怖に包まれていく。

出典:https://www.amazon.co.jp

21位

早川書房

すばらしい新世界〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)

価格:864円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

不幸は幸福なのかもしれない

1932年に出版されたイギリス人作家オルダス・ハスクリーの作品。受精卵の段階から人間が5つの階級に分けられ、管理されている新世界。すばらしいその世界の中で、人間は科学・合理的社会にいかに向き合うか。現代人に強く訴えかける作品です。

ページ384発売日2017/1/7(新訳版)

口コミを紹介

作品の中に描かれている「不幸という概念を持たないのが幸福」という世界には、底知れぬ恐ろしさがあると感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

20位

角川書店

檸檬 (角川文庫)

価格:432円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

想像のテロリストに出会うことになる

1925年に出版された梶井基次郎の作品です。よくわからない憂鬱さをかかえて街をさまよう男。想像を楽しみながら、檸檬を手に男がとった行動とは。高校の教科書にも掲載される作品で、その解釈も多岐に渡ります。作者の独特の世界観にどっぷりはまってみませんか。

ページ276発売日2013/6/21

口コミを紹介

散歩文学の傑作!邂逅、妄想、孤独の愉しみで一杯。ときどきこんな気分で街を独り、さまよいたくなる日があるんだよな。

出典:https://www.amazon.co.jp

19位

新潮社

異邦人 (新潮文庫)

価格:497円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界を代表するノーベル文学賞作家の最高傑作

1942年に発行されたフランス人作家アルベール・カミュの最高傑作。太陽を動機に殺人を犯し死刑判決を受けた男。一言では言い尽くせない人間の不合理性、理性が描かれています。誰もが知る世界的にも有名なカミュの代表作です。

ページ143発売日1963/7/2

口コミを紹介

ムルソーは、裁判で有利不利など気にしない。はなから損得などどうでも良いのだ。ムルソーにとっては、自分自身が感じたことに対して決して嘘をつかないということが真理なのだ。

出典:https://www.amazon.co.jp

18位

講談社

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

価格:605円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界中で読まれる村上春樹の代表作

1987年に発行された村上春樹の作品。1969年、二十歳になる頃の自分を振り返り、男は激しく動揺していた。リアリティに迫った恋愛小説を超えた恋愛小説と言えます。なぜ世界中に読まれているのか、気になる方は手に取ってみてください。

ページ304発売日2004/9/15

口コミを紹介

精神的に弱い、または精神的に病があるというのは、本当に異常な事なのか?正常とされる人々の行動や言動は本当にまともで正しいと言えるのだろうかと、読んでいるうちに勝手に考え始めてしまいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

17位

新潮社

憂国

価格:594円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

作者の美学が凝縮された傑作短編集

市ヶ谷駐屯地で自決したことでも有名な作者三島由紀夫。作者の傑作短編集の中でも一番重く多くの人の心に残るのが「憂国」です。二・二六事件を題材にした作品で、作者の独自の世界観、美学を味わえます。

ページ286発売日1968/9/17(改版)

口コミを紹介

「もし、忙しい人が、三島の小説の中から一編だけ、三島のよいところ悪いところすべてを凝縮したエキスのような小説を読みたいと求めたら、憂国 の一編を読んでもらえばよい」と三島自身が解説に記したその「憂国」

出典:https://www.amazon.co.jp

16位

角川書店

ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)

価格:562円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「日本一幻魔怪奇の本格探偵小説」

夢野久作の奇作で傑作。「読むと脳髄を射抜かれてしまう」とまで言われる作品ですが、変わった小説を読みたい、怪奇な世界に入りたいという人にはおすすめです。狂人が推理小説を書くという異常な設定にどこまでついていけるでしょうか。

ページ324発売日1976/10/1

口コミを紹介

気づいてみると様々な情報が読者の細胞に取り込まれ、脳髄により整理整頓されてゆきます。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

岩波書店

白鯨 上 (岩波文庫)

価格:1,231円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界の十大小説の1つと言われる名作

アメリカの小説家ハーメン・メルヴェルの長編小説。作者の実体験に基づき1851年に発表された作品です。翻訳の流暢さ、挿絵の緻密さ、船やボートの図解、また映画化もされており、様々な楽しみ方のある小説です。

ページ493発売日2004/8/19

口コミを紹介

我々はまるで豪華な屋敷の設計図を見せられているかのようなのだ。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

角川書店(角川グループパブリッシング)

絵のない絵本 (角川文庫)

価格:309円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

月が語る33のお話

デンマークの作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンの短編小説。『私が語る風景を絵にお描きなさい』と、月が貧しい作家に語りかけます。そこに絵本があるかのように情景が目に広がる童話的な作品。愛しさも哀しみも月がやさしく語りかけてくれます。

ページ164発売日2010/6/23(改版)

口コミを紹介

青白い月の光の中では,人間の幸せも悲劇も,一様にきれいです。アンデルセンはもともと大人の童話作家ですが,この作品は特にその傾向が強いように思います。

出典:

13位

角川春樹事務所

銀河鉄道の夜

価格:288円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

『本当の幸せ』とは

宮沢賢治の最高傑作。ジョバンニと友人カムパネルラが銀河鉄道に乗って旅する、幻想的で悲しくも美しいお話です。『本当の幸せ』とは何かをまっすぐに問いかけられます。『本当の幸せ』とは、銀河鉄道の意味とは、読めば読むほど味わいが出てくるようなお話です。

ページ120発売日2011/4/15

口コミを紹介

釜石線とその橋の辺りが「銀河鉄道の夜」のモデルになっているとも言われています。本を読んでから、ライトアップされた宮守川橋梁を見ると賢治の世界に引き込まれます。本を持って岩手旅行に出かけてみてください。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

岩波書店

変身 (岩波文庫)

価格:0円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

現代小説の扉を開く価値ある作品

1915年に発行されたフランツ・カフカの小説。文学に実存主義を打ち立てた文学史の中でも価値ある作品です。ある日目覚めると毒虫になっていたという異常な設定ですが、そこには現代人の抱える孤独・自我・存在に関わる大きな問題が隠されているのです。

ページ144発売日2004/9/16(改版)

口コミを紹介

この作品が単に奇妙なだけの童話のごとき物語ではなく、人間社会の重大な現実を描き出していることに気づかされる。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

新潮社

車輪の下 (新潮文庫)

価格:367円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヘッセの自伝小説の最高傑作

ドイツの代表的小説家ヘルマン・ヘッセの1905年の作品です。周囲の期待にこたえることだけに身を捧げる少年ハンスは、学校を去り出直そうとします。社会や学校という『車輪』の下でハンスがいかに生きていくのか、心寄せて読むことができます。

ページ246発売日1951/12/4(改版)

口コミを紹介

著者の自伝的小説でもありつつ、教育についての誰が為に?について普遍的な示唆を与えてくれる。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

新潮社

山月記 (新潮文庫)

価格:432円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

虎と化した人間の悲しい物語

高校の教科書にも掲載されている中島敦の小説。男が虎になるという奇怪な設定ですが、そうなった意味がわかったとき、男と自分が重なるという人も多いのではないでしょうか。孤独と闘いながら必死に生きてきた男の再生物語ともいえます。

ページ224発売日2003/12(改版)

口コミを紹介

かなり歳を重ねて再読してみると 恐ろしい程の人間の本質が書いてあったのかと 自己の人生と照らし合わせざるを得ない。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

新潮社

カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)

価格:907円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドストエフスキーの長編大作

1880年に発行されたロシアの小説家フョードル・ドストエフスキーの長編傑作。物欲の塊である父を先頭に、カラマーゾフ家の中で起こる愛と憎しみの物語です。神と人間という重く深いテーマを問いかけてきます。上・中・下と続くため、カタカナの人名に慣れない方は人物関係を整理しながら読むことをおすすめします。

ページ667発売日1978/7/20

口コミを紹介

登場人物、おかれている状態が、複雑にからみあい、入り乱れ、本当に退屈しないし、人生の全てがここに濃縮されているかのような錯覚におちいった。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

新潮社

山椒魚 (新潮文庫)

価格:529円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ユニークな設定で社会を風刺する短編小説

井伏鱒二の代表的作品です。山椒魚が岩谷から出られなくなってしまったというユニークな物語ですが、「知識人を風刺した物語」として読まれています。どう解釈するか考えながら読むのも楽しみ方の一つです。

ページ304発売日1948/1/15(改版)

口コミを紹介

清冽な自然感性の中に寓意豊かに示される生存の孤独、悲しみ。それへ擬人化された山椒魚や蛙の命運は、畢竟、我々の生きる社会の閉塞と、悲哀そのものを証し立てています。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

新潮社

星の王子さま (新潮文庫)

価格:518円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界中で読み継がれる不朽の名作

フランスの小説家サン=テグジュベリの代表作。1943年に出版され、200以上の国と地域で翻訳されている名作です。『いちばんたいせつなことは、目に見えない』というフレーズは、長きにわたり世界中の人々の胸に何かを訴え続けています。

ページ160発売日2006/3/28

口コミを紹介

これからもきっと様々な人に響き続けるのでしょうね。気が付きそうで気が付かない日常のあらゆることがこれを読んだ後にはとても愛おしくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

河出書房新社

源氏物語

価格:3,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

角田訳となって再び注目を集めている世界的名作

日本古典文学の代表作品『源氏物語』。多くの女と恋を結ぶことで有名な光源氏の物語ですが、読みやすく細部までこだわった角田訳で女たちの物語として読んでみるのもおすすめです。多くの人が学校の授業でしか触れない古典文学を、小説として読んでみませんか。

ページ704発売日2018/10/30

口コミを紹介

正妻がいるのにかかわらず、いい人のもとに通い続ける夫に香を焚きしめる妻の可笑しさ、あああ、平安時代‼宮廷御殿!って感じなんだな。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

筑摩書房

現代語訳 舞姫 (ちくま文庫)

価格:626円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

近代的自我の芽生えを表出

近代小説家の先駆者、森鴎外の代表作です。高校の教科書に掲載されていますが、古い言葉で表現されているため苦手な方は現代語訳で読むのをおすすめします。家のため、国のために生きていたエリート青年が自我の芽生えにより苦悩する哀しい物語です。

 

読み終えて、青年に嫌悪感を示す人もいる一方、近代を生きた青年は何を思いどんな苦悩をしていたのか、日本の近代恋愛の幕開けを肌で感じることができるような作品でもあります。

ページ206発売日2006/3/1

口コミを紹介

「舞姫」は「うたかたの記」「文づかひ」とともに、二十代の鷗外が、自らのドイツ留学体験をもとに書いた、痛切な青春小説である。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

新潮社

雪国 (新潮文庫)

価格:389円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界に誇る美しい文体

ノーベル文学賞を受賞した川端康成の不朽の名作。まるで目の前に雪景色が広がるような緻密で美しい文体に、いつの間にか引き込まれていきます。雪国の温泉街で繰り広げられる男と芸者の物語が、抒情的に描かれた作品です。

 

淡々と描写された中に人間の深い一面をみることができ、純文学を気軽に読みたい、初めて読むという人におすすめです。また、美しい景色、情緒豊かな言葉を求めている人にはぴったりな作品です。

ページ224発売日2006/05(改版)

口コミを紹介

文章ひとつひとつに俳句のような拡がりがあり、たんたんと描いているにも関わらず人間の心の奥底まで入り込んで掻き乱す。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

岩波書店

羅生門・鼻・芋粥・偸盗 (岩波文庫)

価格:562円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本を代表する短編小説の神

芥川龍之介の王朝末期の都を舞台にした短編小説『羅生門』。こちらも高校の教科書に掲載されていますが、素材は『今昔物語』にあり、作者がどのように独自に描き直しているのかを探るのも楽しみ方の一つです。

 

登場人物は下人と老婆のみ。不気味な雰囲気が漂う舞台で、たった二人の掛け合いが人間のエゴイズム、生きるための悪を描き出します。

ページ182発売日2002/10/16

口コミを紹介

文体は高度な水準であり、多彩な短編がそろっており、内容も読んでいて読み応えのある作品である。そして文学らしく雰囲気はどこはかとなく陰鬱なものである。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

新潮社

人間失格 (新潮文庫)

価格:302円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

主人公の告白を最後まで読むに耐えうるか

太宰治の最後の長編「人間失格」。『恥の多い生涯を送ってきました』と告白する青年は、世間に恐怖し、愛を恐れ、毎日を必死に生きてきました。罪、神、愛、世間・・・人間世界全て真実を問いかけたくなる、おそろしいほど素晴らしい名作です。

 

一度読んだらしばらくは憂鬱としてしまうかもしれません。しかし、それほど全身を使ってこの小説を味わえるのです。太宰が描く孤独に一度は寄り添ってみませんか。

 

 

ページ216発売日1988/5/16

口コミを紹介

この本を読んでかなり凹みました。まさに自分が人間失格であるかのように。多感な時期だったのだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

集英社

吾輩は猫である 上 (集英社文庫)

価格:432円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本を代表する教養人の名著

世界に誇る日本の教養人夏目漱石の長編傑作。誰もが知る『吾輩は猫である。名前はまだない・・・。』と猫が語り始めるユニークな小説ですが、新しい時代を迎える日本の人間社会を、鋭く観察します。

 

主人である苦沙弥先生、美学者の迷亭、教え子の寒月、哲学者の独仙など、風変わりな人物たちの会話を役立たないなあと評します。教養としても一度は読んでおきたい名作です。

ページ340発売日1995/6/20

口コミを紹介

漱石のこういうユーモアとシニカルな面を知っておくとことは他の作品を読む上でも重要なことなのではないかと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

名作文学の選び方

名作文学は日本、海外、ジャンルなど様々な分類があります。慣れないと読みづらいものもあるので、何に興味があるかを考え選んでみてください。

ジャンルから選ぶ

文学にも様々なジャンルがあります。これまで読んできた小説の中で好きなジャンルから、名作文学を選んでみてはいかがでしょうか。

日本の恋愛小説を読んでみる

伊藤左千夫の1906年に発表された作品です。15歳の少年と、2歳年上の従弟との、淡く切ない恋物語です。あまりにも純粋な世界に、心が洗われ誰もが涙してしてしまいます。100年以上も読み継がれる不朽の名作です。

海外の恋愛小説を読んでみる

『愛を読む人』でピンとくる方もいるでしょうか。邦題『愛を読む人』で映画化もされた、ドイツ人作家が描く恋愛小説です。しかし、影をひそめるのは戦争、ナチス、正義。恋愛小説でありながら重く、そして切ない物語です。

日本の推理小説から読んでみる

年代を問わず人気を集める現代作家、東野圭吾の作品。『山荘』という特別な空間で繰り広げられる物語に、いつの間にか引き込まれていきます。読み終えた後、また最初から読んでみたくなる本格推理小説。

海外の推理小説から読んでみる

誰もが一度は聞いたことのある作家、アガサ・クリスティーの名作です。島の主から招待状を受け取った10人が、島で次々と事件に巻き込まれていくスリル溢れる作品。日本でドラマ化されているため聞いたことのある人もいることでしょう。小説でもそのスリルを堪能してみませんか。

時代から選ぶ

小説にはその時代の背景や価値観、世界観が少なからず反映されています。中には古典文学が好きという人もいると思います。好きな時代から選んでみましょう。

古典文学から読む

「雨月物語」は江戸時代中期、上田秋成によって書かれた小説9編から成る作品です。中国や日本の古典を取り入れながら、怪奇死霊を語ることで権力、死、愛など人間の真実を描いた名作です。解説とともに読み進めることができるため、古典の初心者向けにもおすすめです。古典文学を読み始めようとしている人はここから始めてみてはいかがでしょうか。

近代文学から読む

中高の教科書にも掲載されており、誰もが一度は聞いたことのある明治に書かれた名作。しかし、教科書に掲載されているのは一部です。Kはなぜ自殺したのか、先生はなぜ死を選んだのか、全体を通して様々な解釈をしながら読むことができます。一度は全て通して読みたい日本を代表する永遠の名作です。

現代小説から読む

命の美しさと儚さを、幼年期と思春期の視線から映す短編集。「螢川」は芥川賞、「泥の河」は太宰治賞受賞作で、2作品とも宮本輝珠玉の代表作です。誰でも読みやすいうえに、生涯心に残る景色を胸に秘めるができるでしょう。

長さから選ぶ

じっくり時間をかけて読める長編小説、集中して一気に読める短編小説、小説は様々な楽しみ方があります。長さから選ぶ際のおすすめの作家と作品を紹介します。

長編小説を読む

高校入試で頻出の作家重松清の作品。肺の悪性腫瘍を宣告された男が、いい思い出のない故郷へと向かいます。過去と現在とを行き来する物語が、男を再生へと導いていきます。純粋な気持ちで大きな感動を味わえる名作です。

短編小説を読む

谷崎潤一郎初期の7編を収録した短編集。作者の美が凝縮された「刺青」をはじめ、自伝小説「異端者の悲しみ」など、緻密で妖艶に描かれた言葉に酔いしれてしまいます。ぜひ一度手に取ってみてください。

文学の名作のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4948014の画像

    集英社

  • 2
    アイテムID:4947969の画像

    新潮社

  • 3
    アイテムID:4947923の画像

    岩波書店

  • 4
    アイテムID:4947871の画像

    新潮社

  • 5
    アイテムID:4947833の画像

    筑摩書房

  • 6
    アイテムID:4944898の画像

    河出書房新社

  • 7
    アイテムID:4944848の画像

    新潮社

  • 8
    アイテムID:4950254の画像

    新潮社

  • 9
    アイテムID:4944741の画像

    新潮社

  • 10
    アイテムID:4944679の画像

    新潮社

  • 11
    アイテムID:4944628の画像

    新潮社

  • 12
    アイテムID:4944554の画像

    岩波書店

  • 13
    アイテムID:4944516の画像

    角川春樹事務所

  • 14
    アイテムID:4944443の画像

    角川書店(角川グループパブリッシング)

  • 15
    アイテムID:4944300の画像

    岩波書店

  • 16
    アイテムID:4941336の画像

    角川書店

  • 17
    アイテムID:4941311の画像

    新潮社

  • 18
    アイテムID:4938373の画像

    講談社

  • 19
    アイテムID:4938261の画像

    新潮社

  • 20
    アイテムID:4938226の画像

    角川書店

  • 21
    アイテムID:4938192の画像

    早川書房

  • 22
    アイテムID:4938158の画像

    早川書房

  • 23
    アイテムID:4938121の画像

    新潮社

  • 24
    アイテムID:4938007の画像

    新潮社

  • 25
    アイテムID:4937919の画像

    新潮社

  • 26
    アイテムID:4937724の画像

    新潮社

  • 27
    アイテムID:4937713の画像

    新潮社

  • 28
    アイテムID:4937656の画像

    岩波書店

  • 29
    アイテムID:4937639の画像

    新潮社

  • 30
    アイテムID:4937620の画像

    岩波書店

  • 商品名
  • 吾輩は猫である 上 (集英社文庫)
  • 人間失格 (新潮文庫)
  • 羅生門・鼻・芋粥・偸盗 (岩波文庫)
  • 雪国 (新潮文庫)
  • 現代語訳 舞姫 (ちくま文庫)
  • 源氏物語
  • 星の王子さま (新潮文庫)
  • 山椒魚 (新潮文庫)
  • カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)
  • 山月記 (新潮文庫)
  • 車輪の下 (新潮文庫)
  • 変身 (岩波文庫)
  • 銀河鉄道の夜
  • 絵のない絵本 (角川文庫)
  • 白鯨 上 (岩波文庫)
  • ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)
  • 憂国
  • ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
  • 異邦人 (新潮文庫)
  • 檸檬 (角川文庫)
  • すばらしい新世界〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)
  • わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
  • 魔の山(上) (新潮文庫)
  • 白痴 (新潮文庫)
  • にごりえ・たけくらべ (新潮文庫)
  • 赤と黒(上) (新潮文庫)
  • 砂の女 (新潮文庫)
  • 友情 (岩波文庫)
  • 沈黙 (新潮文庫)
  • 五重塔 (岩波文庫)
  • 特徴
  • 日本を代表する教養人の名著
  • 主人公の告白を最後まで読むに耐えうるか
  • 日本を代表する短編小説の神
  • 世界に誇る美しい文体
  • 近代的自我の芽生えを表出
  • 角田訳となって再び注目を集めている世界的名作
  • 世界中で読み継がれる不朽の名作
  • ユニークな設定で社会を風刺する短編小説
  • ドストエフスキーの長編大作
  • 虎と化した人間の悲しい物語
  • ヘッセの自伝小説の最高傑作
  • 現代小説の扉を開く価値ある作品
  • 『本当の幸せ』とは
  • 月が語る33のお話
  • 世界の十大小説の1つと言われる名作
  • 「日本一幻魔怪奇の本格探偵小説」
  • 作者の美学が凝縮された傑作短編集
  • 世界中で読まれる村上春樹の代表作
  • 世界を代表するノーベル文学賞作家の最高傑作
  • 想像のテロリストに出会うことになる
  • 不幸は幸福なのかもしれない
  • ノーベル文学賞に輝く作者の傑作
  • ノーベル賞ドイツ人作家トーマス・マンの最高峰作品
  • 戦後の騎手坂口の代表作
  • 明治の天才女流作家の代表作
  • ヨーロッパ社会を彷彿とさせる実話に基づいた傑作
  • 想像したこともない世界に引き込まれていく
  • 友情と恋愛の軋轢を描いた傑作
  • 「神の沈黙」に人はどう向き合うのか
  • 日本の職人が描かれた最高傑作
  • 価格
  • 432円(税込)
  • 302円(税込)
  • 562円(税込)
  • 389円(税込)
  • 626円(税込)
  • 3780円(税込)
  • 518円(税込)
  • 529円(税込)
  • 907円(税込)
  • 432円(税込)
  • 367円(税込)
  • 円(税込)
  • 288円(税込)
  • 309円(税込)
  • 1231円(税込)
  • 562円(税込)
  • 594円(税込)
  • 605円(税込)
  • 497円(税込)
  • 432円(税込)
  • 864円(税込)
  • 864円(税込)
  • 1015円(税込)
  • 529円(税込)
  • 400円(税込)
  • 680円(税込)
  • 562円(税込)
  • 562円(税込)
  • 590円(税込)
  • 454円(税込)
  • ページ
  • 340
  • 216
  • 182
  • 224
  • 206
  • 704
  • 160
  • 304
  • 667
  • 224
  • 246
  • 144
  • 120
  • 164
  • 493
  • 324
  • 286
  • 304
  • 143
  • 276
  • 384
  • 450
  • 710
  • 288
  • 304
  • 354
  • 288
  • 192
  • 320
  • 125
  • 発売日
  • 1995/6/20
  • 1988/5/16
  • 2002/10/16
  • 2006/05(改版)
  • 2006/3/1
  • 2018/10/30
  • 2006/3/28
  • 1948/1/15(改版)
  • 1978/7/20
  • 2003/12(改版)
  • 1951/12/4(改版)
  • 2004/9/16(改版)
  • 2011/4/15
  • 2010/6/23(改版)
  • 2004/8/19
  • 1976/10/1
  • 1968/9/17(改版)
  • 2004/9/15
  • 1963/7/2
  • 2013/6/21
  • 2017/1/7(新訳版)
  • 2008/8/22
  • 1969/2/25
  • 1949/1/3(改版)
  • 2003/01(改版)
  • 1957/2/27
  • 2003/03(改版)
  • 1947/12/29(改版)
  • 1981/10/19(改版)
  • 1994/12/16(改版)

まとめ

おすすめ名作文学を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。名作は、時を経ても変わらずに私たちに感動を与えてくれます。たまたま手に取った作品が、人生観を変えるほどの力を持っているかもしれません。本が好きな方も、これから読んでみたいという方も、ぜひ本選びの参考にしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ