【ファン100人が選ぶ】宮部みゆきのおすすめ本ランキング【2021年最新版】

記事ID197のサムネイル画像

2020年最新版の宮部みゆきの小説おすすめ15選を紹介します。宮部みゆきはサスペンスからホラー、ミステリーそしてエッセイなど幅広いジャンルを執筆している直木賞受賞作家です。アンケートを基にした宮部みゆき小説の人気おすすめランキングと選び方をご紹介します。ファン100人がおすすめする作品は?

幅広いジャンルで人気の宮部みゆき

宮部みゆきは直木賞や本屋大賞などの様々な賞を受賞している知名度の高い作家ですよね。数々の作品が映画化・ドラマ化しておりテレビでも名前を聞くことは多いです。しかし知名度のわりに実際に宮部みゆき作品を読んだことがある人は少ないように感じます。

 

実は宮部みゆきさんはサスペンスだけでなく、ホラーやミステリーそしてエッセイや絵本も執筆しています。愛読家からは非常に人気の高い作家さんです。けれど、たくさんあってどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね?実は正しい選び方があるんです。

 

そこで今回は【宮部みゆき作品】の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、ジャンル・長さ・受賞作品を基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみて下さい。

宮部みゆき作品の選び方

ここでは数ある作品のなかから今のあなたにぴったりの一冊を手にとっていただくために、宮部みゆき作品の選び方を紹介していきます。

作品のジャンルで選ぶ

宮部みゆき作品の大きな魅力として、執筆ジャンルの豊富さがあります。

宮部みゆきを知りたいなら「エッセイ」がおすすめ

宮部みゆきは小説、絵本だけでなくエッセイも執筆しています。エッセイとは「随筆」とも呼ばれ、自分に意見や、日常、作品に対する思いを自由に書いた本です。宮部みゆきさんの人間の部分を感じ取れますので、ファンの方は一冊は持っておきたいジャンルの本になります。

ちょっと変わった雰囲気を味わいたいなら「絵本」がおすすめ

小説のイメージが強い宮部みゆきですが、実は絵本も執筆しています。しかし子供も見れるような対象年齢が低い絵本ではなく、宮部みゆきの世界観が出ている「人間の心理を描く」絵本になっています。恐ろしい絵本ともいわれ、怖い絵本の火付け役になった絵本だともされています。

 

興味がある方はぜひ読んでみてください!小説とは違う心理的な怖さがありますよ。

異世界を楽しみたいなら「ファンタジー」がおすすめ

ファンタジー作品も多く書いている宮部みゆき。ゲームに出てくるような異世界を舞台にした『ブレイブ・ストーリー』、ゲームそのものを原作とする『ICO』、RPGファンタジーと呼ばれる『ボツコニアンシリーズ』など、ゲーム好きの宮部みゆきらしい作品ばかりです。

 

どの作品も、ゲームが好きな方もそうでない方も共に楽しめる作品になっています。以下の記事では、ファンタジー小説の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

世界にどっぷり浸りたいなら「シリーズ作品」がおすすめ

この後の彼らをまだ追っていたい、という思いを満たしてくれるのがシリーズ作品です。宮部みゆき作品の中にはシリーズものも多く、元警察犬「マサ」シリーズ、親友「島崎君」シリーズ、ドリームバスター・シリーズがおすすめです。

 

他にも、杉村三郎シリーズ、ここはボツコニアンシリーズ、お初シリーズ、「ぼんくら」シリーズ、「三島屋変調百物語」シリーズなどがあります。

宮部みゆきといえばの作品を楽しみたいなら「サスペンス」がおすすめ

1989年『魔術はささやく』で第2回日本推理サスペンス大賞を受賞した経歴から、宮部みゆき作品といえばサスペンスというイメージの方も多いのではないでしょうか。巧みな筆致でぐいぐいと読ませる作品ばかりです。

 

人間の心に潜む悪意を描き出す『誰か』『名もなき毒』犯罪被害者と加害者両方の視点で描かれる『模倣犯があります。

本格的な謎に触れたいなら「ミステリー」がおすすめ

ランキング内でもご紹介した『レベル7を始め、『火車』『蒲生邸事件』『理由』『クロスファイア』『ぼんくら』『あやし~怪~』『模倣犯』R.P.G.『名もなき毒』『楽園』『小暮写眞館』『ソロモンの偽証』がミステリー作品です。

 

他にも、このミステリーがすごい本格ミステリ・ベスト10ミステリが読みたいなど多くのランキングに作品がランクインしています。以下の記事では、ミステリー小説の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

背筋が凍る恐怖を味わいたいなら「ホラー」がおすすめ

2000年第1回から2002年第3回までホラーサスペンス大賞の審査員を務めた宮部みゆき。ミステリー作品やサスペンス作品にもホラー要素が多く感じられます。ぞくっとしたい方に是非読んでいただきたいのが宮部みゆき作品なのです。

 

代表的なホラー作品『あやし』は2007年に角川ホラー文庫から出版されています。『荒神』も、ホラー要素を感じたい方にはたまらない作品です。以下の記事では、ホラー小説のおすすめ人気ランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

独自の世界に触れたいなら「時代小説」がおすすめ

時代小説は、シリーズものでは、お初シリーズ』や『「ぼんくら」シリーズ』、『「三島屋変調百物語」シリーズ』など。時代小説は、時代背景が違うからこそ実現できる要素を楽しむことができます。現代小説ばかり読んでいて気分を変えたい方におすすめです。

 

時代小説は、時代背景が違うからこそ実現できる要素を楽しむことができます。現代小説ばかり読んでいて気分を変えたい方や、初めて時代小説に挑戦する方におすすめです。以下の記事では、時代小説の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

今の時代を表す作品がいいなら「現代小説」がおすすめ

時代小説は背景がわからなくて難しい、かといってホラーやサスペンスは好みではないという方におすすめです。現代小説とは現代社会を背景にしているので、内容がわかりやすく読みやすいです。宮部みゆきは「人間の感情を書くのが上手」です。

 

普段はよく小説を読まないけれど、宮部みゆき作品の特徴を知りたいという方にもおすすめです。有名なのは「レベル7」です。以下の記事では、宮部みゆきの現代小説TOP11をご紹介しています。ぜひご覧ください。

最新の宮部みゆきに触れたいなら「新刊」がおすすめ

どれから読めばいいのか決められない方は、最新作から読んでみるのもおすすめです。2020年4月現在の最新刊は、2019年12月に発売された『黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続』です。人気の「三島屋変調百物語」シリーズの第6弾で、全4話収録されています。

 

新刊については、下記の宮部みゆき公式サイトで随時最新情報が見られますので、チェックしてみてください。

作品の長さから選ぶ

読書をする環境や時間は人それぞれ。短い時間しか確保できない方、長時間集中して1つの世界に浸りたい方、それぞれの理想の読書に沿って作品を選んでみるといいでしょう。

サクッと読める作品がいいなら「短編小説」がおすすめ

まずは移動時間や休み時間などにサクッと読みたいという方には短編小説がおすすめです。短い中にも人間関係の機微や複雑な謎などがしっかりと書き込まれているため、物足りなさを感じることはないでしょう。

じっくり味わいたいなら「長編小説」がおすすめ

長編のメリットはじっくりその世界を味わうことができる点です。本を読みなれている方重厚な世界観に挑戦したい方は長編を読むことをおすすめします。長編小説は後からまた読み直したいと思うことも多いので、10年、20年後に読み直すとまた違った感想が生まれるかもしれません。

本の種類で選ぶ

本の種類は主に、単行本タイプと文庫本タイプの2種類に分かれています。以下ではそれぞれの特徴を紹介します。

通勤通学など外出先で読みたいなら「文庫本」がおすすめ

本を通勤通学など、外出先で読むことを想定しているなら文庫本がおすすめです。文庫本の最大の特徴は、低価格で、コンパクトサイズという点にあります。さらに、文庫本は、あらすじが書いてある点も魅力で、新しい作家を開拓するときにおすすめです。

 

しかし、文庫本は単行本刊行された後に文庫化されるまで1~数年後になるため、すぐに手に入れることはできず、また、破損しやすいというデメリットがあります。

汚れが気になる大切に読みたいなら「単行本」がおすすめ

単行本とは、全集ではなく単独で刊行される本のことを意味します。最大の特徴は、ハードカバーのため、丈夫で長期間保存できる点にあります。また、部屋のインテリアにもなる点が魅力です。

 

しかし多少重たく、サイズも文庫本に比べて大きいため、外出先で読むなど、持ち運びには多少不便を感じる点がデメリットとしてあげられています。

初心者なら火車などの「受賞作」がおすすめ

小説には多くの賞がありますが、何を読もうか迷った初心者なら受賞作で選ぶのも一つの手段です。宮部みゆきは多くの賞を受賞しており、そのジャンルも直木賞やSF大賞、日本冒険小説協会大賞国内部門大賞など多岐に渡っています。

 

主な受賞作品は、第26回オール讀物推理小説新人賞を受賞した『我らが隣人の犯罪」、第2回日本推理サスペンス大賞を受賞した『魔術はささやく』、第13回吉川英治文学新人賞を受賞した『本所深川ふしぎ草紙』があります。

 

他にも、第45回日本推理作家協会賞(長編部門)を受賞した『龍は眠る』、第6回山本周五郎賞を受賞した『火車』などです。

ファンの感想を読んで選びたいなら「口コミ・あらすじ」がおすすめ

商品を購入するのに口コミやあらすじは非常に参考になります。口コミの数が多いということは注目され、多くの人に読まれている人気作品であると言えるのです。あらすじを読んでから購入するのもおすすめです。

 

ただ、あらすじが全て書かれているものであればせっかく読もうと思っているのに楽しさも半減してしまいます。ネタバレしていない程度のものを読むといいでしょう。

宮部みゆき作品の人気おすすめランキング20選

怖くて、おもしろくて、かわいい

5人のお化けと、高熱で死の淵を彷徨ったことでお化けが見えるようになった12歳の少女おりんをめぐるファンタジー・ホラー小説。お化けが見えてしまう人間の心の闇に鋭く迫りつつ感動のクライマックスへ向かう、ファンタジー×時代小説です。

TVドラマ放送 - 主な出演者 -
映画公開 - 主な出演者 -
ジャンル ファンタジー・時代小説 長編・短編 長編

口コミを紹介

江戸時代が舞台の小説で、登場人物の人柄がよく、読んだ後あたたかい気持ちになりました。また、おりんちゃんがかわいかったです。ほっこりする作品でした。(30代、女性)

出典:https://ranking.goo.ne.jp

9位

文藝春秋

我らが隣人の犯罪

身近なミステリーを描いた短編集

「オール讀物推理小説新人賞」を受賞した表題作を含む、5編の作品が収められた短編集。全245ページと気軽に読むことができる長さですが、宮部ミステリーのエッセンスがぎゅっと詰め込まれています。

TVドラマ放送 - 主な出演者 -
映画公開 - 主な出演者 -
ジャンル ミステリー 長編・短編 短編集

口コミを紹介

短編集だからすごく読みやすくて、どれも面白い作品だけどこれが一番何度も読んでいる作品。(30代、女性)

出典:https://ranking.goo.ne.jp

ドラマ化もされた作品

ある者はマンションの屋上から飛び降り、ある者は地下鉄に、3人目はタクシーの前に飛び出した。まるで関わりがないと思われていた3人の死は魔術によって仕組まれたものだった。そして魔術は新たな人物を狙う。3人を殺害したまるで魔術のようなトリックとは何?

TVドラマ放送 2016年 主な出演者 木村佳乃、中村蒼
映画公開 主な出演者
ジャンル サスペンス 長編・短編 長編

口コミを紹介

今となってはあまり目新しさのないトリックかもしれないけれど、20年前に読んで、かなり驚いた。主人公も魅力的。(30代、男性)

出典:https://ranking.goo.ne.jp

7位

講談社

ステップファザー・ステップ

登場人物が中学生の短編集

両親に捨てられてしまった双子の兄弟のもとに、屋根から父親が落ちてきた。ひょんなことから父親役をすることになった泥棒の「俺」と、双子の兄弟が怪事件に挑みます。口コミでは、上川隆也さんが「俺」を演じたドラマを通してこの作品を知った人が多いようです。

 

登場人物が中学生であることや、7つの話からなる短編集であるため読みやすく子供にも楽しめる物語になっています。

TVドラマ放送 2012年 主な出演者 上川隆也、小西真奈美
映画公開 主な出演者
ジャンル ミステリー 長編・短編 短編

口コミを紹介

少しとっつきにくい印象の強い宮部作品の中で、この作品はポップでユーモアにあふれた作品です。宮部みゆきに対するイメージを覆したい人や、初めて宮部作品を読む若い人のとっかかりになりうる作品だと思います。(30代、女性)

出典:https://ranking.goo.ne.jp

6位

新潮社

レベル7(セブン)

謎の言葉レベル7を追う人々

ある部屋で目覚める記憶を失った男女、部屋には大金と拳銃。自分たちは何者なのかを追う2人と、謎の言葉を残して姿を消した女子高生を探すカウンセラー、関わることのない3人は「レベル7」の言葉に導かれていく。

 

記憶喪失2人の腕に浮かぶ「レベル7」の文字、「レベル7までいったら戻れない」と話した少女、はたして「レベル7」とは何なのか

TVドラマ放送 2012年 主な出演者 玉木宏、杏
映画公開 主な出演者
ジャンル ミステリー・サスペンス 長編・短編 長編

口コミを紹介

少し青臭さのある作品で洗練されているとは言えないけれど、そこがこの作品の良さを引き出していると思います。ミステリー初心者でも展開がわかりやすく面白いと思います。(30代、女性)

出典:https://ranking.goo.ne.jp

映画化された作品

宮部さんの映像化された作品は多いですが、この作品は珍しくアニメ映画として映像化されています。どこにでもいる小学5年生が主人公で、アニメで声を担当しているのは松たか子さんです。

 

決して勉強が出来るわけでも、強いわけでもない普通の少年が運命を変えるために旅に出る。 お話はRPGゲームの世界のようで、幻想的かつファンタスティックですが、最後に残酷な運命が待ち構えています。子供にもおすすめの作品です。

TVドラマ放送 主な出演者
映画公開 2006年 主な出演者 松たか子、大泉洋
ジャンル ファンタジー 長編・短編 長編(上中下巻

口コミを紹介

ファンタジー小説で、子供向けの感じではなくそこは宮部さん人生のドロドロした部分も込みでのファンタジーで世界観に入り込んで読み進めてしまう作品です。(20代、女性)

出典:https://ranking.goo.ne.jp

100人以上の関係者の証言から浮かぶ事件の真相

高層マンションである家族が殺された。家族と思われていた4人は他人同士であり、マンションの住人でないことが分かる。4人の人物はなぜ家族として暮らしていたのか、本当の住人はどこに消えたのか、そしてなぜ殺されたのか。

 

ドキュメンタリータッチで描かれたこの作品は、実際に起こった事件の真相に迫っていくようなリアルさがあります

TVドラマ放送 2004年 主な出演者 岸部一徳、柄本明
映画公開 2004年 主な出演者 岸辺一徳、大和田伸也
ジャンル ミステリー 長編・短編 長編

口コミを紹介

群像劇を丁寧に描いていて、登場人物は非常に多いのですがインタビュー形式の進め方が効果的でぐいぐいと引き込まれるように読めてしまいます。起きる事件は衝撃的ですが、ドキュメンタリー調で客観的に楽しむことができます。(40代、女性)

出典:https://ranking.goo.ne.jp

同級生を殺したのは誰なのか、学校内裁判が今はじまる

「ソロモンの偽証」と言えば映画を思い出す人も多いのではないでしょうか。宮部みゆき作品のなかでも人気作です。罪を裁く法廷と未熟な学生服姿の少年少女の姿。あまりにミスマッチで驚いた人も多いはずです。

 

クリスマスの日に亡くなった同級生、自殺と断定されたはずの死は後日関係者に送られた怪文書によって状況は一変します。はたして死の真相とは何なのか、学校内裁判で明かされる。

TVドラマ放送 主な出演者
映画公開 2015年 主な出演者 藤野涼子、佐々木蔵之介
ジャンル ミステリー 長編・短編 長編(上下巻)

口コミを紹介

かなり読み応えがあります。色々な視点で書かれているけれど、最終的な「答え合わせ」的な描写がないのが良い。(30代、男性)

出典:https://ranking.goo.ne.jp

自称「天才」の企てる完全犯罪、宮部みゆきの最高傑作

連続拉致殺害事件を巡って、加害者・被害者両方の視点から描かれています。文庫本にして計5冊となる、長編サスペンスですが、長さが気にならないとの口コミが非常に多いです。お話にぐいぐい引き込まれ、あっという間に読めてしまいます。

 

そしてなぜこの物語のタイトルが「模倣犯」なのか、最後まで読み終えると、その理由が分かるのです。思わずうなります。

TVドラマ放送 2016年 主な出演者 中谷美紀、坂口健太郎
映画公開 2002年 主な出演者 中井正広、津田寛治
ジャンル サスペンス 長編・短編 長編(全5巻)

口コミを紹介

かなりの長編小説だけど、とてものめり込んで読めた。犯人の表面上の一面と裏面の顔の怖さが文章でわかりやすく表現されていて今までにない感じが一気に読める作品でした。最後の展開もとても楽しかった。(30代、女性)

出典:https://ranking.goo.ne.jp

宮部みゆき作品一番人気

第6回山本周五郎を受賞し、平成20年の「このミステリーがすごい」で1位を獲得した作品です。知人から行方不明の婚約者探しを依頼された休職中の刑事、しかし探している女性には秘密があった。

 

カードローンを題材とした身近なテーマのミステリーで、繰り返し映像化もされています。 多くの宮部みゆき作品の中でも、1番面白いと話すファンも多く、何度も読み返す人もいるほどです。

TVドラマ放送 2011年 主な出演者 上川隆也、佐々木希
映画公開 2012年 主な出演者 イ・ソンギュン、キム・ミニ
ジャンル ミステリー 長編・短編 長編

口コミを紹介

ミステリーとして楽しめることはもちろん、クレジットカードの怖さを知る経済の勉強にもなりました。(40代、男性)

出典:https://ranking.goo.ne.jp

宮部みゆきのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6611648の画像

    新潮社

  • 2
    アイテムID:6611652の画像

    新潮社

  • 3
    アイテムID:6611656の画像

    新潮社

  • 4
    アイテムID:6611660の画像

    朝日新聞社

  • 5
    アイテムID:6611664の画像

    角川書店

  • 6
    アイテムID:6611668の画像

    新潮社

  • 7
    アイテムID:6611672の画像

    講談社

  • 8
    アイテムID:6611676の画像

    新潮社

  • 9
    アイテムID:6611679の画像

    文藝春秋

  • 10
    アイテムID:6611683の画像

    PHP研究所

  • 商品名
  • 火車
  • 模倣犯(四)
  • ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻
  • 理由
  • ブレイブ・ストーリー
  • レベル7(セブン)
  • ステップファザー・ステップ
  • 魔術はささやく
  • 我らが隣人の犯罪
  • あかんべえ
  • 特徴
  • 宮部みゆき作品一番人気
  • 自称「天才」の企てる完全犯罪、宮部みゆきの最高傑作
  • 同級生を殺したのは誰なのか、学校内裁判が今はじまる
  • 100人以上の関係者の証言から浮かぶ事件の真相
  • 映画化された作品
  • 謎の言葉レベル7を追う人々
  • 登場人物が中学生の短編集
  • ドラマ化もされた作品
  • 身近なミステリーを描いた短編集
  • 怖くて、おもしろくて、かわいい
  • TVドラマ放送
  • 2011年
  • 2016年
  • 2004年
  • 2012年
  • 2012年
  • 2016年
  • -
  • -
  • 主な出演者
  • 上川隆也、佐々木希
  • 中谷美紀、坂口健太郎
  • 岸部一徳、柄本明
  • 玉木宏、杏
  • 上川隆也、小西真奈美
  • 木村佳乃、中村蒼
  • -
  • -
  • 映画公開
  • 2012年
  • 2002年
  • 2015年
  • 2004年
  • 2006年
  • -
  • -
  • ジャンル
  • ミステリー
  • サスペンス
  • ミステリー
  • ミステリー
  • ファンタジー
  • ミステリー・サスペンス
  • ミステリー
  • サスペンス
  • ミステリー
  • ファンタジー・時代小説
  • 長編・短編
  • 長編
  • 長編(全5巻)
  • 長編(上下巻)
  • 長編
  • 長編(上中下巻
  • 長編
  • 短編
  • 長編
  • 短編集
  • 長編

10位以下のおすすめ作品をチェック!

江戸情緒たっぷりの時代ミステリー

聞き慣れないタイトルの「ほうさら」とは山梨県の一部で使われる「いろいろあって大変だ」という意味です。時は江戸時代、父の濡れ衣を晴らすため古橋笙之介が活躍する時代ミステリーで、人生の切なさ・ほろ苦さが描かれます。

 

しかしそればかりではなく、人の温かさを感じられる作品です。のんびり、ゆったりした文体が、桜が咲くころの暖かさを連想させます。また、素直でお人好しの主人公を玉木宏さんが演じ、NHKでドラマ化されたことで知名度の高い作品になりました。

TVドラマ放送 2014年 主な出演者 玉木宏、貫地谷しほり
映画公開 主な出演者

圧倒的スピード感で描かれる1日の出来事

元恋人に復讐しようとする女、彼女の銃を使ってある計画を実行しようとする男、それを止めようとするも巻き込まれる男。それぞれの思いを胸に運命の1日がはじまる。いつしかスナークを殺すことだけに支配されていく。

 

この物語になぜ、ルイスキャロルの散文が引用されているのか。復習劇でありながら登場人物の交流に、ほっこりさせられる作品となっています。

TVドラマ放送 2012年 主な出演者 田中麗奈、柄本明
映画公開 主な出演者

財布が語る事件の真相

8千万円の保険金がかけられた男が死亡した。保険金殺人を疑われる妻、その愛人など事件に関わった人々の財布が事件を解き明かす。物語を語るのが「財布」と言う点にまず、驚きと宮部さんの着眼点にさすがと思わされる作品です。

 

2012年この作品がドラマ化された際は、宮部さんがうなるほど、見応えのあるヒューマンミステリーになっています。これを機に一見の価値ありの人気作品です。

TVドラマ放送 2012年 主な出演者 長塚京三、仲村トオル
映画公開 主な出演者

超能力者である2人の少年の成長

宮部みゆきさんの作品には時々超能力者が登場します。超能力という特別な能力を持っていながら、決して特別であったり、優れた人間として描かれることはありません。本作の超能力者も普通の少年たちで、年齢相応に未熟で思い悩む姿が描かれています

 

作品に流れるのは人々の善良な気持ち、辛い運命を背負う少年たちの成長は読み終えたのち、すがすがしささえ感じる作品です。

TVドラマ放送 1994年 主な出演者 石黒賢、東幹久
映画公開 主な出演者

長屋で起きた数々の事件をぼんくら同心が追う

「面倒くさい」が口癖のぼんくら同心、見回りといってはあぶらを売っている。そんな同心を岸谷五朗さんが演じTVドラマ化されています。ドラマはシリーズ化され人気を博しました。

 

長屋で起こった殺人事件をきっかけに、次々に姿を消す住人たち、長屋で何が起こっているのか。ぼんくら同心が事件に迫ります

TVドラマ放送 2014年、2015年(パート2) 主な出演者 岸谷五朗、奥貫薫
映画公開 主な出演者

集英社

R.P.G.

\お買い物マラソン開催中!!7/26(月)まで/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

取調室で男を殺した犯人が暴かれていく

ある日男の死体が発見される。男はインターネット上に擬似家族を作っていた。犯人として疑われる擬似家族たち、そして実の娘、男を殺害した犯人とは。この物語のタイトルがなぜRPGなのかラストまで読むとその意味がわかります

 

RPGには模倣犯の武上とクロスファイアの石津ちか子が登場することもファンの間で話題になりました。

TVドラマ放送 2003年 主な出演者 後藤真希、伊武雅刀
映画公開 主な出演者

超能力者の孤独と苦悩、本当の正義とは何なのか

彼女はある事件を目撃したのをきっかけに、犯罪者に能力を使って死刑を執行しはじめる。自分こそ正義と暴走していく中、自分の行っている行為が犯罪者となんら変わらない殺人であると気づくのです。

 

苦悩の中、悲しい結末と物語は進んでいきます。クロスファイアは2000年に映画制作されており、当時12歳であった人気女優長澤まさみさんのデビュー作です。淳子と同じ能力を持つ少女を演じ、話題となりました。

TVドラマ放送 主な出演者
映画公開 2000年 主な出演者 矢田亜希子、伊藤英明

あの模倣犯から9年後

2017年WOWOWでドラマ化された作品です。社会派ミステリーとして人気のある「模倣犯」の続編として描かれています。 主人公は模倣犯に登場する、仲間由紀恵演じるルポライター前畑滋子です。

 

模倣犯の事件をトラウマとして引きずる前畑滋子が、新たな事件にどう向かい合っていくのかが描かれています。「模倣犯」を読んでいなくても十分楽しめる作品です。

TVドラマ放送 2017年 主な出演者 仲間由紀恵
映画公開 主な出演者

東北の山村に突如現れた怪物、その正体とは

かなりグロテスクな怪物が登場する、江戸時代を舞台としたパニックホラー作品です。2018年内田有紀さん主演でTVドラマ化されて話題になりました。宮部みゆきさんは幅広いジャンルを執筆する作家ではあります。

 

しかし、この作品はまるで特撮映画を見ているかのような臨場感です。宮部さんの多才ぶりを改めて実感出来ることでしょう。

TVドラマ放送 2018年 主な出演者 内田有紀、平岳大
映画公開 主な出演者

蒲生邸事件 (上) (下)巻セット

タイムスリップを題材としたSF推理小説

大学受験に失敗した高校生が主人公のタイムスリップを題材としたSF推理小説です。宿泊したホテルが火事になった際、平田という男に助けられます。助けられたのはいいが、ついた先は戦前の日本、2.26事件の真っ最中にタイムスリップしてしまったのです。

 

蒲生陸軍大将の館に身を寄せた主人公は、蒲生大将の自決に出くわします。蒲生大将は本当に自決だったのか主人公の犯人捜しがはじまります。

TVドラマ放送 1998年 主な出演者 いしだ壱成、西村雅彦
映画公開 主な出演者

個性的なブックカバーを使ってさらに読書を楽しく

お気に入りの宮部みゆきの小説を手にしたら、一緒にブックカバーもチェックしてみてはいかがでしょうか。自分の使いやすい、個性的なブックカバーを使うことで、本の破損をおさえながら、周囲からも一目置かれ、楽しい読書に役立ちますよ。

 

以下の記事ではブックカバーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

宮部みゆき作品と作風が似ている作家

ここでは宮部みゆき作品と作風が似ている有名作家さんをご紹介します。宮部みゆき作品の特徴としては幅広いジャンルを書くことと、サスペンス・ミステリー作品が得意という点が挙げられます。

 

そこで幅広いジャンルを書く「東野圭吾」「恩田陸」作品と、サスペンス・ミステリーが人気の「湊かなえ」作品をご紹介します。以下の記事ではそれぞれの作家さんの作品人気おすすめランキングと選び方のポイントをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

ドラマ化にもなった「三島屋シリーズ」の読む順番

2014年にドラマ化もされた「三島屋シリーズ」の読む順番は、「おそろし 三島屋変調百物語事始」「あんじゅう 三島屋変調百物語事続」「泣き童子(わらし) 三島屋変調百物語参之続」「三鬼(さんき) 三島屋変調百物語四之続」と続きます。

 

そして、「あやかし草紙(ぞうし) 三島屋変調百物語伍之続」「黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続」「魂手形 三島屋変調百物語七之続7」の順番で読んでいきましょう。

まとめ

いかがでしょうか。映画やドラマ化されたものは原作とストーリーが違う場合もありますが、原作を読む手助けとして鑑賞してみてもいいですね。ぜひ映像と原作を合わせて、宮部みゆきさんの世界を楽しんでみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】推理小説の人気おすすめランキング40選

【2021年最新版】推理小説の人気おすすめランキング40選

本・雑誌
【全作読破の小説家監修】2021年版 東野圭吾のおすすめ小説ランキング30選

【全作読破の小説家監修】2021年版 東野圭吾のおすすめ小説ランキング30選

本・雑誌
【2021年最新版】湊かなえ作品の人気おすすめランキング10選

【2021年最新版】湊かなえ作品の人気おすすめランキング10選

本・雑誌
【2021年最新版】小説の人気おすすめランキング53選【話題の本やベストセラーも!】

【2021年最新版】小説の人気おすすめランキング53選【話題の本やベストセラーも!】

本・雑誌
青春漫画の人気おすすめランキング30選【心が若返る】

青春漫画の人気おすすめランキング30選【心が若返る】

本・雑誌
【2021年最新版】ホラー漫画の人気おすすめランキング30選【伊藤潤二作品も】

【2021年最新版】ホラー漫画の人気おすすめランキング30選【伊藤潤二作品も】

本・雑誌