経済小説のおすすめ人気ランキング20選【ビジネスマン必読!名作も】

ドラマや映画になることも多いビジネスマン必読の経済小説は、取り扱う企業やテーマ・実話をモチーフにしたものも多いです。海外のものや名作も多くどれを選べばいいか迷いますよね。本記事では、経済小説の選び方や経済小説おすすめ人気ランキングを紹介します。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

今回の記事では経済小説の人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事では小説について紹介しています。ぜひ参考にしてください。

経済小説でハラハラ・ドキドキを!

経済小説とは、その名の通り、経済をテーマにした小説は学問としての「経済学」が、難しいイメージがあり、あまり興味が持てない方も多いです。しかし、「経済小説」は、ハラハラドキドキ、ときにはスカッとする展開の物語もあります

 

経済小説は映像化されることも多いです。池井戸潤さんの名作「半沢直樹」や「下町ロケット」も、経済小説に分類されます。取り扱う企業や実話をもとにした作品や海外のものなどさまざまな本が出版されているのでどれを選べばいいか迷ってしまうものです。

 

そこで今回は、経済小説の選び方やおすすめランキング20選をご紹介します。ランキングは、業種・発刊年・読みやすさを基準に選びました。おすすめの作家やビジネスマン必読の経済小説もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

1位

小学館

トヨトミの野望 (小学館文庫)

実話?小説?巨大自動車企業の裏側に迫る!

巨大自動車企業、「トヨトミ」を舞台にしており、改革を起こそうとする社長と、それが気にくわない会長の物語です。確執ののちにトップの座に着いた会長の息子は、どうあがいても地獄である逆境を乗り越えるべく、奮闘します。

 

これは小説として発刊されていますが、一部では「これは実話なのでは?」と囁かれています。覆面作家となってまで描いた巨大自動車企業の裏側は、ひょっとすると事実に限りなく近いのかもしれません。

基本情報
作者 梶山三郎
発行年月日 2016/10/19
業種・テーマ 自動車メーカー
映像化 -

経済小説の選び方

経済小説と一言に言っても、そのジャンルはさまざまです。ここでは、企業の種類・テーマ・主人公・読みやすさなどをもとに、おすすめの選び方をまとめました。

業種で選ぶ

経済小説を選ぶのに一番重要なのは、やはり、どんな業種を扱っているかです。経済小説の中でも人気な業種はどのようなものか知りましょう。

読んでいるだけでためになるものなら「銀行」を扱った小説がおすすめ

経済に大きく関係する銀行は、経済小説の王道と言えます。日本の経済の回り方や、銀行の仕組みなどが描かれており、読んでいるだけでためになる小説ばかりです。そこで起こる経済事件・不祥事など裏側を垣間見れます。

 

また、銀行マンといえば高学歴でなければ入れないため、エリートな主人公が多い印象があります。そんな主人公を描くには知識が必要なため、作家も頭が良かったり、元銀行員だったりといったケースが多いです。骨太の作品を読みたい方にはおすすめします。

登場人物の働き方の違いなら「工場」を取り上げた小説がおすすめ

工場にスポットを当てた経済小説には、町工場を舞台とした「下町ロケット」や、日産自動車の実話小説である「落日の轍」などがあります。舞台が大工場なのか町工場なのかの違いだけで、登場人物の働き方なども異なり、その違いを楽しめるのもいい点です。

 

銀行や営業と違い、工場は実際のものづくりを担う仕事は物を作る過程・工場同士の確執・働く方の思いなど、工業の様子を知りながら物語を楽しめます。さまざまな「工場」の中から、興味のあるものを選んでみてもいいです。

日本以外を知るなら「海外企業」がモデルの小説がおすすめ

紹介した2つのほかにも、経済小説にはたくさんのジャンルがあります。その中で少し特殊なのが、海外を舞台にした経済小説です。舞台がそもそも日本でないため、ある程度の知識があった方が読みやすいかもしれませんが、多くを学べます。

 

海外を舞台にしたものなので、作者も外国の方である方が圧倒的に多いです。翻訳されたものを選ぶようにしましょう。海外の経済小説は、日本の経済小説を読み飽きてしまった方におすすめの選択肢です。

テーマで選ぶ

同じ業種を扱っているものでも、何をテーマにした小説かによって、物語は大きく異なります。仕事内容・組織・個人の成長など自分が何を楽しみたいのかで選びましょう。

職業を知るなら「仕事内容」がテーマのものがおすすめ

仕事内容を描いた経済小説を読むと、その職業を疑似体験できます。また、仕事の裏側を知ったり、意外な苦悩に気付いたりすると、日常生活でのその仕事への見方も変わるので、視野を広げたい方におすすめです。

 

経済小説の中には、営業や販売などではなく、石油を扱う仕事・ヘッドハンティングの会社など、珍しい職業を扱うものもたくさんあります。まだ知らない仕事について学ぶと、日本の経済がどのように回っているのか知れるのがメリットです。

下記では百田尚樹作品の選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。併せてご覧ください。

スカッとするものなら主人公と一緒に「会社の組織」と戦う内容がおすすめ

会社の組織に重きを置く小説にも、いろんなものがあります。上司との確執・ライバル社との戦い・出世の苦悩・使えない上司などさまざまですが、どれにも共通しているのは、そこに成長物語があるといった点です。

 

組織について描いたものの中には、「スカッとする」ものも多いです。上司をぎゃふんと言わせたり、ライバルに打ち勝ったりと、主人公が自分の代わりとなって、日頃ためこんだ鬱憤を晴らしてくれます。ぜひ、痛快な展開を楽しんでください。

学びを深められるものなら「実話」がおすすめ

経済小説の中でも特に人気があるのは、実話を元にした小説です。ノンフィクションとも呼ばれるこのジャンルは、現実に起きた出来事を描いたものであるからこそ、フィクション以上にハラハラドキドキしながら読めます

 

全てが実話どおりの物語であるノンフィクションのほかにも、実際に起きた経済事件などをエピソードとして取り入れた、半フィクションの作品も存在します。読み終わったあとに、実際に起きた事件について調べると、より楽しいです。

経済の歴史を知りたい方や初心者には「経済史」がおすすめ

経済史はかつての日本や世界の状況や苦労を身近に感じられる作品が多いので、経済の歴史を知りたい方はにおすすめです。また、経済史にはエンターテイメント性に長けた作品もあります。初めて経済小説を読む初心者の方にもおすすめです。

主人公で選ぶ

経済小説を選ぶ上で、意外と見落としがちなのが、どんな主人公の作品を読むかといった点です。主人公によって、全く違う物語が広がっていきます

感情移入したいなら「サラリーマン」がおすすめ

経済小説で一番多いのは、働く男性を主人公にしたものです。「半沢直樹」をはじめとし、サラリーマンにスポットを当てた作品はとても人気があります。同じように企業で働く方にとっては、共感できる点が多く、感情移入しながら読めるのでおすすめです。

 

同じサラリーマンでも、平社員からバリバリに働くビジネスマンまで、いろんな主人公がいます。自分に似た主人公の物語を読み自分に重ねるのもいいですし、自分とかけ離れた主人公の物語を通して、成長への鍵を見つけるのもいいです。

女性の方なら「女性ならではのテーマ」もおすすめ

先ほどビジネスマンが主人公の経済小説が多いと述べましたが、中には女性が主人公の小説も存在します。女性が主人公の物語では、結婚・恋愛・子育てとの両立など、女性ならではのテーマについて描かれるものも多いです。

 

また、OLからキャリアウーマンまで、さまざまな主人公がいます。平気で上司に嫌味を言う女の子や、男性に混じりバリバリ仕事をする大人の女性など、仕事に対する姿勢に個性が出やすいのも、女性が主人公の小説ならではの特徴です。

中間管理職なら「苦悩が描かれる作品」もおすすめ

部下と上司の板挟みになる、中間管理職の苦悩を描いた経済小説も少なくありません。部下の教育に奔走したり、上司の一方的な指示に困惑したりと、中間管理職ならではのトラブルや事件に巻き込まれる話が多いです。

 

同じ中間管理職の立場の方が読めば共感ができ、若い方が読めば上司の苦悩がわかります。そういった意味でも、中間管理職を主人公にした経済小説は、おすすめです。

作家で選ぶ

好きな作品があるのなら、同じ著者の小説を選ぶと、自分好みのものに出会える確率がぐんとあがります。好みの作家を探しましょう。

ドラマ化多数の名作が多い作家なら「池井戸潤」の作品がおすすめ

半沢直樹・花咲舞が黙ってない・空飛ぶタイヤ・下町ロケットなど、誰でも一度は耳にした経験のあるドラマや映画です。話題になったこれらの作品は、全て同一人物の書いた小説が原作になっています。

 

その著者は、池井戸潤さんです。直木賞を取った経験もある彼は、経済小説の名作を多数書いています。文章も難しすぎず、先が気になる展開ばかりなので、ページをめくる手がとまらないのも間違いなしです。

下記の記事では池井戸潤作品の選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。併せてご覧ください。

経済小説の巨匠なら「高杉良」の作品がおすすめ

経済小説界に名を轟かせる高杉良さんは、取り扱う業種は多岐にわたり、起業家・サラリーマン・経営者など、主人公もバラエティに富んでいます。たくさんある作品の中には、組織の内部に迫るものや業界の問題を訴えるようなものもあるのが特徴です。

 

高杉良さんの小説は、細かく取材し醸し出されるリアリティが魅力です。まるでその場にいるかのような臨場感を味わいながら、主人公になったつもりで物語を楽しめます。

読みやすさで選ぶ

小説とはいえ、テーマが「経済」。「読みやすい経済小説」を選ぶためのポイントがいくつかあります。ぜひ参考にしてみてください。

頭に入って来やすいものなら「映像化作品」がおすすめ

ドラマや映画化されたものを観たものは、最初からある程度の内容が頭に入っているため、初心者でもスムーズに読めるはずです。また、映像化されたものは、評価が高いものが多く、内容がおもしろい作品に出会える確率もぐっとあがります。

 

「半沢直樹」ほど有名でなくても、実は映画化されていた作品や、スペシャルドラマになってた作品などもあります。気になった経済小説があれば、映像化されたものを観て楽しんでから、原作を読んでより深く楽しむのもおすすめです。

下記の記事ではドラマ化・映画化された小説の選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。ぜひご覧ください。

子供ならターゲットの「年齢層」が低めのものもおすすめ

小説の中では難解な方に入る経済小説ですが、中にはターゲットとする年齢層が低めのものもあります。最初のうちは、年齢層が低めの内容がわかりやすいものを読むのもおすすめします。

 

たとえば、「おカネの教室」といタイトルの小説は、なんと主人公が中学2年生です。現役の経済記者が、娘のために書いた小説なので、誰が読んでも読みやすくなっています。そもそも小説を読むのが苦手な方でも楽しめるので、おすすめです。

どこでも読める「文庫本」がおすすめ

読みやすさには、本自体の大きさにもポイントがあります。小説本には、大きく分けて2種類の大きさがあり、ひとつが単行本サイズと文庫本サイズです。小さくて軽い文庫本は、手軽に持ち運べるのでどこでもすぐに読めます

 

ただし、新刊などは、文庫本が出ていない場合が多いです。単行本(ハードカバーとも呼ばれる)で出たあと、平均3年ほど経ってから、文庫本化される場合が多いので、新しいものを読みたければ、単行本を買う必要があります。

下記の記事では文庫本小説の選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。ぜひご覧ください。

歴史が気になるなら物語の「時代」を意識するのもおすすめ

物語が繰り広げられる時代も、読みやすさに関わってくるポイントです。実際に自分が生きている時代であるほど、社会の様子が想像がしやすく、話の中に入り込めます。年齢の高い方であれば、これまで生きてきた時代のものもおすすめです。

 

実話を元にしたものだと、過去を小説化するため、時代感をつかむのが難しい場合があります。こだわりがなければ、まずは現代社会を舞台にしたフィクションを選ぶのがおすすめです。

下記の記事では時代小説の人気おすすめ作品をランキング形式でご紹介しています。ぜひご覧ください。

経済小説の人気おすすめランキング20選

1位

小学館

トヨトミの野望 (小学館文庫)

実話?小説?巨大自動車企業の裏側に迫る!

巨大自動車企業、「トヨトミ」を舞台にしており、改革を起こそうとする社長と、それが気にくわない会長の物語です。確執ののちにトップの座に着いた会長の息子は、どうあがいても地獄である逆境を乗り越えるべく、奮闘します。

 

これは小説として発刊されていますが、一部では「これは実話なのでは?」と囁かれています。覆面作家となってまで描いた巨大自動車企業の裏側は、ひょっとすると事実に限りなく近いのかもしれません。

基本情報
作者 梶山三郎
発行年月日 2016/10/19
業種・テーマ 自動車メーカー
映像化 -

口コミを紹介

尾張の某巨大自動車メーカーをモデルにした一作です。
大企業にして親族経営という異様を描き、また魅力的な登場人物が物語に彩りを与える。
経済小説好きにはたまらない話でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

講談社

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)

石油会社で起こる、奇跡のような実話物語

石油で有名な出光興産とその創業者の出光佐三をモデルとして描いた歴史経済小説です。戦後で石油が手に入らない中でも、社員を一人も解雇しないと宣言し、会社を大企業にまで育て上げる過程を描いた、まさに歴史を記しています。

 

この作品は「小説」ですが、登場人物はすべて実在しています。そして、ここに描かれた出来事は本当にあった出来事です。実際にいた登場人物と出来事にそって描かれているので、引き込まれます。

基本情報
作者 百田尚樹
発行年月日 2012/7/11
業種・テーマ 石油
映像化 映画

口コミを紹介

読んでいると泣けてくる。こんな人になると目指したくなる人物像である。経営にしても、人生に関しても勉強になる一冊。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

日本経済新聞出版

戦略参謀 経営プロフェッショナルの教科書

正義感と行動力を武器に突き進む主人公とリアルなビジネスマンを描いた作品

主人公の空気を読まない熱血元営業マンが、社内の地雷を踏みまくりながらも企業改革に取り組んでいきます。一歩ずつ成長していく主人公を中心に、会社の裏を知る秘書や創業者の息子社長など、さまざまな登場人物をリアルに描写しています。

基本情報
作者 稲田 将人
発行年月日 2017/11/2
業種・テーマ 営業
映像化 -
4位

講談社

よこどり 小説メガバンク人事抗争

リアルな銀行の内情……緊張感のある展開

最近は銀行を題材にした経済小説が多いです。現代の社会情勢を踏まえつつ、メガバンクのトップ人事争いを描いています。裏切りや水面下での駆け引き・相手の心の内を読み合う心理戦など、緊張感のある展開です。

 

この小説の特徴は、ドラマや映画のように派手な出来事があるわけでなく、とにかくリアルに銀行の内情が描かれている点です。じっくりと時間をかけて読むのをおすすめします。

基本情報
作者 小野一起
発行年月日 2020/4/15
業種・テーマ 銀行
映像化 -

口コミを紹介

日本の銀行に限る必要もなかろうが、日本の企業全般、あるいは特に銀行系企業における男性サラリーマンの心性と行動パターンを的確に描いていると感じました。ストーリーもさまざまなうねりとひねりがあって、読ませました。大変面白かったですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

岩波書店

アパレル興亡

戦後から最近まで……アパレル業界の興亡

経済小説の中でも珍しい、アパレル業界を扱った小説です。発売は2020年とかなり新しく、戦後の成功からバブル崩壊後の下落、果ては最近まで、長い年月を通したアパレル業界の流れがわかる一冊になっています。

 

衣服の生産から流通まで、実在のメーカーを交えて知れるので、物語としてだけでなく、歴史を学ぶように楽しめます。ファッションに興味がある方だけでなく、こだわりのない方も、読むだけで見方が変わるのでおすすめです。

基本情報
作者 黒木亮
発行年月日 2020/2/18
業種・テーマ アパレル
映像化 -

口コミを紹介

アパレル業界、百貨店業界の変遷が分かる。登場人物も個性的で時代を彷彿とさせる。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

インプレス

おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密 しごとのわ

お金について楽しみながら学べる!青春×経済小説

登場するのは、中学2年生の男の子とお金持ちの女の子です。「そろばん勘定クラブ」で出会った先生に、「あなたの値段はいくら?」「お金を手に入れる方法は、かせぐ・ぬすむ・もらうの他に3つ、何がある?」など、質問をされます。

 

元々この本は、20年も経済記者として活躍している作者が、自身の娘3人のために書いたものです。子供でも読みやすいものを目指して書かれただけあって、経済小説としてだけでなく、青春小説として楽しめます。

基本情報
作者 高井浩章
発行年月日 2018/3/16
業種・テーマ お金
映像化 -

口コミを紹介

色んなお金の勉強の本を読んできたけれど、こんなにも道徳的にお金を学べる本は今までなく、著者の本気さを感じました。
ストーリーとしても、普通の家庭の中学生男子とお金持ちの中学生女子が勉強していく様子はとても面白いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

幻冬舎

小説 渋沢栄一(上) (幻冬舎文庫)

日本人なら知っておくべき!渋沢栄一の生涯

渋沢栄一は、「日本の資本主義の父」とも呼ばれる、明治維新を駆け抜けた偉人です。貨幣や銀行の制度を整えた人物として広く知られています。大河ドラマ化され、今一番注目されている偉人でもあるので歴史好きにもおすすめです。

 

そんな渋沢栄一の生涯を綴ったこの小説は偉人の伝記は難しそう……と感じるかもしれませんが、この本は出来事だけでなく、心情もしっかりと描かれているため読みやすい本です。

基本情報
作者 津本陽
発行年月日 2007/2/1
業種・テーマ 実話
映像化 -

口コミを紹介

電子版を上下巻購入し、のめりこむようにして読み切った。ちょうど今後どのように生きて行こうかと30代半ばで考え始めたタイミングで、この本に出会えたことを嬉しく思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

文藝春秋

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

経済小説の名作!「半沢直樹」シリーズ原作

銀行で働く半沢直樹を主人公とした、「倍返し」でおなじみのドラマの原作小説です。上司に責任を押し付けられ、周りが敵だらけとなるなか、諦めずトラブルを解決していく様は、見ていてすっきりします。

 

作者の池井戸潤さんは、インタビューでこう語っています。「半沢はもちろん、ズバズバ物を言うんだけれど、一方でけっこう小狡い奴で、相手を罠に嵌めたりもするんですよ。」と。スカッとしたい方におすすめです。

基本情報
作者 池井戸潤
発行年月日 2004/12/5
業種・テーマ 銀行
映像化 ドラマ(半沢直樹)

口コミを紹介

ドラマを観てから答え合わせのように原作を読んでみて「あのシーンは、原作のここを膨らませたんだー」等と違いを楽しみました。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

PHP研究所

引き抜き屋 1 鹿子小穂の冒険 (PHP文芸文庫)

ヘッドハンターを扱う珍しい小説

ヘッドハンティング会社を取り扱った、ちょっと珍しい小説です。主人公の女性は父の立ち上げた会社の社長に就任しますが、父が会社に招き入れた人物により、会社をやめさせられてしまいます。

 

そんな主人公を拾ってくれたのが、ヘッドハンティング会社です。ヘッドハンターとして働くうちに、経営や企業、働く人間の思いに触れていきます。シリーズ物なので、続けて読んでいけるのがうれしい小説です。

基本情報
作者 雫井脩介
発行年月日 2018/3/15
業種・テーマ ヘッドハンティング
映像化 ドラマ

口コミを紹介

読みやすいストーリーで、ヘッドハンターという自分には馴染みのない世界の話しも楽しく読む事が出来ました。続編を読むのが楽しみです。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

小学館

下町ロケット (小学館文庫)

会社を守るため、戦う町工場の物語

ドラマでもおなじみの下町ロケットは、町工場を舞台にした小説です。ライバル会社に特許侵害で訴えられたり、銀行に融資を断られたりと、あらゆるトラブルが主人公たちを襲います。最後まで目が離せないおもしろい小説です。

 

下町ロケットは、「下町ロケット ガウディ計画」「下町ロケット ゴースト」「下町ロケット ヤタガラス」と、続編が3つです。続編の中でもトラブルに巻き込まれ、奮闘する様子が描かれています

基本情報
作者 池井戸潤
発行年月日 2010/11/24
業種・テーマ 町工場
映像化 ドラマ

口コミを紹介

初めて小説を読みましたが、するする読めてするする涙も出ました。佃さんありがとうございます。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

リーブル出版

左遷社員池田 リーダーになる〜昨日の会社、今日の仕事、明日の自分〜

主人公と共に成長できる!小説×自己啓発本

舞台は、ドレッシング製造を手がける、中堅企業です。しかし、社長の急逝により、社内の様子がみるみる変わっていきます。それを救うべく現れた「伝説のナンバー2」が、左遷された社員である池田にリーダー教育を施すストーリーです。

 

この本の面白い点は、小説でありながら、自己啓発本のようでもある部分です。左遷された池田が、一章ごとに経営・組織・企画などについて学んでいきます。読みながら自分の学びにもなり、小説としてもしっかり楽しめる一冊です。

基本情報
作者 鈴木孝博
発行年月日 2016/10/31
業種・テーマ 経営
映像化 -

口コミを紹介

本書は物語として楽しめ、スラスラ読み進められる上にビジネス書としても優れています。
私自身とは違う業種の話でしたが、社会人として仕事をする上でのエッセンスが詰まっていると感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

文藝春秋

落日の轍 小説日産自動車 (文春文庫)

日産を描いた実話小説

日産の労働組合トップで、「天皇」と呼ばれた塩路一郎について描いた、実話小説です。彼は、社長人事にまで影響を及ぼし、経営を歪ませたとまで言われる男で、日産の社長と塩路一郎の確執を読むと現在の日産について考えられます。

 

現在は「落日の轍」のタイトルで発刊されていますが、元々は「労働貴族」といったタイトルで、1986年に発刊されています。時代感は古いですが、過去の日産を知れるノンフィクション作品です。

基本情報
作者 高杉良
発行年月日 2019/3/8
業種・テーマ 自動車メーカー(日産)
映像化 -

口コミを紹介

昔の日産における、経営幹部と労働組合との抗争がよく分かる。又、それが発端になって日産の凋落、そしてゴーン改革に至る流れを理解するのに欠かせない一冊。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

講談社

新装版 不祥事 (講談社文庫)

痛快!「花咲舞が黙ってない」の原作小説

ドラマ「花咲舞が黙ってない」の原作となった小説です。花咲舞は主人公でなく、主人公である男性銀行員の部下でズケズケものを言う花咲舞と、出世コースから外れた主人公の二人がコンビとなり、銀行のトラブルを解決していきます。

 

本作はドラマ化されているだけでなく、なんと漫画にもなっています。それほどまでにおもしろく、読めば気分が晴れる物語です。痛快な正義のストーリーなので、仕事に疲れている方におすすめします。

基本情報
作者 池井戸潤
発行年月日 2004/8/7
業種・テーマ 銀行
映像化 ドラマ(花咲舞が黙ってない)

口コミを紹介

必ず痛快なハッピーエンドが待っているので単純に楽しい。
花咲舞のキャラがはっきりしていて気持ちが良い。
リラックスしたい時の軽い読み物としておすすめ。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

新潮社

出世と左遷 (新潮文庫)

中間管理職の苦悩を描いた長く愛される名作

主人公は、中堅損保会社で働く中年男性です。ふとしたきっかけで口止め料を握らされ、窮地に陥ります。中間管理職としての悩み・理不尽な目…それでも責務をまっとうしようとする主人公による、感動物語です。

 

もともとは「人事権!」といったタイトルで、初出はなんと1995年です。その翌年にはドラマ化され、改題した「出世と左遷」が発売されたのは2018年ですが、何十年と経った今でも、中間管理職の苦悩は変わりません。

基本情報
作者 高杉良
発行年月日 2018/4/27
業種・テーマ 中間管理職
映像化 ドラマ

口コミを紹介

相沢が私にとって魅力的に見えるのは、板挟みに遭い思い悩む人間らしさにあると言える。
高杉良の小説は本作含め、心理描写の描き方がうまく、読む時間を忘れさせる。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

文藝春秋

かばん屋の相続

有名作家池井戸潤による経済小説短編集!

半沢直樹シリーズ・下町ロケットでおなじみの、池井戸潤さんによる短編集です。銀行と中小企業を中心にした物語が集まっています。他の作品では「勧善懲悪」の物語が多い作者ですが、この短編集ではそうとは限らないのがポイントです。

 

表題作の「かばん屋の相続」は、亡くなったかばん屋の社長が残した遺産をめぐる、兄弟の物語です。人間の恐ろしさが垣間見える、ちょっと怖い作品とも言えます。

基本情報
作者 池井戸潤
発行年月日 2011/4/10
業種・テーマ 銀行・中小企業
映像化 -

口コミを紹介

少しわかりにくいところもあるけど、銀行の内部を知らない私には、興味深くよめました。

出典:https://www.amazon.co.jp

16位

PHP研究所

百年先が見えた男 (PHP文芸文庫)

戦後の日本を変えた男の実話

舞台は、激動の時代昭和、戦後の日本を変えたとも言われた経営者にスポットを当てた小説です。主人公は今もCMなどで知られている「倉敷レーヨン(クラレ)」の経営者、大原總一郎氏の人生を描いた、ノンフィクション小説です。

 

「百年先が見えた経営者」と言われている大原氏が、どのようにしてクラレを創り上げていったか、その人生に迫ります。実話ですので、読み終えたあと、クラレを見る目が変わる作品です。

基本情報
作者 江上剛
発行年月日 2019/5/8
業種・テーマ 経営(実話)
映像化 -

口コミを紹介

父孫三郎の教えを自分の考えに置き換え、企業は利益の追求に終始するのではなく、社会への貢献と社員への思い遣りに心血を注いだ總一郎に感動した❗️ピンチをチャンスに置き換え果敢に挑戦する主人公。是非一読してください‼︎

出典:https://www.amazon.co.jp

17位

講談社

起業の星 (講談社文庫)

起業で深まる親子の絆

不動産会社で専務となり、同僚にクビを言いわたしていた主人公は、自分自身も会社を辞めてしまいます。49歳で職を失い再就職を目指すなか、息子の起業を知った主人公は、自らも起業を目指して奮闘する話です。

 

会社員経験も持ち、実話・フィクション共に手がける作者、江波戸哲夫さんによる、親と子の起業ストーリーです。

基本情報
作者 江波戸哲夫
発行年月日 2019/5/15
業種・テーマ 起業
映像化 -

口コミを紹介

息子と父親、世代とキャリアのギャップを超えて、互いが織り成す起業ドラマが面白く、楽しく読み進めることができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

18位

ダイヤモンド社

僕は明日もお客さまに会いに行く。

ビジネス書より役に立つ?営業にまつわる小説

20代の会社員にスポットを当てた小説。会社から派遣されてきたメンターと一ヶ月を過ごす中で、営業の仕事に必要なことを少しずつ学んでいきます。作者の経験に基づく、感動ストーリーです。

 

外資系企業で現役トップセールスマンである作者が書くだけあって、その内容は「役に立つものばかり」と評判です。営業・販売・サービス・お客様への接し方も身につく、ビジネス書を小説にしたような一冊になっています。

基本情報
作者 川田修
発行年月日 2013/4/19
業種・テーマ 営業
映像化 -

口コミを紹介

社会人になってもうすぐ7年がたち、会社でも中堅の立場に自分はいます。
入社のころに目を輝かせて抱いていた熱い想いをこの本は呼び覚ましてくれました。

出典:https://www.amazon.co.jp

19位

KADOKAWA

選挙参謀

当選させるためなら、なんだってする

選挙で勝たせるのが仕事である、「選挙参謀」といった仕事をテーマにした小説です。生まれ故郷で参謀を頼まれた主人公は、現役市長の選挙参謀となり、圧倒的に有利な若手の新候補と戦います。

 

なんとしても現役市長を勝たせるため、演説の演出からお金をばらまき方まで、主人公はあらゆる指示を出していきます。当選するためなら、どんな手段も厭わず、そんな選挙のドロドロした様子を垣間見れる小説です。

基本情報
作者 関口哲平
発行年月日 2001/4/23
業種・テーマ 選挙
映像化 -

口コミを紹介

読んで一番感じるのは、選挙は、人殺し以外は何でもある戦争だ、ということである。ここに出てくる話の半分が真実でも、相当のカネが選挙にかかるだろう事は容易に推測できる。一気に読ませる本だ。著者はかなりのストーリーテラーであると言える。

出典:https://www.amazon.co.jp

20位

文藝春秋

フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち (文春文庫)

株取引に潜む、奇妙な現象の正体は?海外が舞台の物語

舞台はアメリカのニューヨーク、ウォール街で、投資銀行に務める主人公が株を買おうとすると、直前で値段が上がる、奇妙な現象が起こります。そして、売ろうとすると、直前で値段が下がってしまうのです。

 

主人公による調査の末にわかったのは、この現象の裏に「フラッシュボーイズ」といった高速取引の業者が存在です。主人公は仲間を集め、その業者と戦います。海外が舞台の、ノンフィクション小説です。

基本情報
作者 マイケル・ルイス
発行年月日 2019/8/10
業種・テーマ 株取引
映像化 映画

口コミを紹介

米国の金融業界がグルになって投資家を喰いものにしていた実話が知れる

出典:https://www.amazon.co.jp

21位

講談社文庫

空飛ぶタイヤ 文庫

リコール隠しを暴き、会社を守れ!読みやすい文庫本

運送会社の社長を主人公にした物語です。運送用トレーラーのタイヤが外れ、主婦が亡くなる事件が起こりますが、自動車会社は主人公率いる運送会社の整備不良を主張します。

 

主人公は容疑者となり、会社の経営は傾き、倒産寸前になりますが、自動車会社と戦うと決意します。タイヤ脱落事故と大企業の自動車会社リコール隠しがテーマの、実話を元にした小説です。

基本情報
作者 池井戸潤
発行年月日 2006/9/16
業種・テーマ 運送会社・リコール隠し
映像化 ドラマ(WOWOW)、映画

口コミを紹介

緊張と弛緩を繰り返しながら主人公が追い込まれ焦らされる展開が続く。モデルの実際の事件と対照して勧善懲悪を期待しつつもさすがにたまらなくなってきた頃、伏線が回収されて大団円がくる。読者は最後にきっと鳥肌がたつほどの快感を得ることができるだろうと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

経済小説のおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 作者 発行年月日 業種・テーマ 映像化
1位 アイテムID:14676014の画像

Amazon

楽天

ヤフー

実話?小説?巨大自動車企業の裏側に迫る!

梶山三郎

2016/10/19

自動車メーカー

-

2位 アイテムID:14676005の画像

Amazon

楽天

ヤフー

石油会社で起こる、奇跡のような実話物語

百田尚樹

2012/7/11

石油

映画

3位 アイテムID:14810513の画像

Amazon

楽天

ヤフー

正義感と行動力を武器に突き進む主人公とリアルなビジネスマンを描いた作品

稲田 将人

2017/11/2

営業

-

4位 アイテムID:14676011の画像

Amazon

楽天

ヤフー

リアルな銀行の内情……緊張感のある展開

小野一起

2020/4/15

銀行

-

5位 アイテムID:14676008の画像

Amazon

楽天

ヤフー

戦後から最近まで……アパレル業界の興亡

黒木亮

2020/2/18

アパレル

-

6位 アイテムID:14676002の画像

Amazon

楽天

ヤフー

お金について楽しみながら学べる!青春×経済小説

高井浩章

2018/3/16

お金

-

7位 アイテムID:14675999の画像

Amazon

楽天

ヤフー

日本人なら知っておくべき!渋沢栄一の生涯

津本陽

2007/2/1

実話

-

8位 アイテムID:14675996の画像

Amazon

楽天

ヤフー

経済小説の名作!「半沢直樹」シリーズ原作

池井戸潤

2004/12/5

銀行

ドラマ(半沢直樹)

9位 アイテムID:14675993の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ヘッドハンターを扱う珍しい小説

雫井脩介

2018/3/15

ヘッドハンティング

ドラマ

10位 アイテムID:14675990の画像

Amazon

楽天

ヤフー

会社を守るため、戦う町工場の物語

池井戸潤

2010/11/24

町工場

ドラマ

11位 アイテムID:14675987の画像

Amazon

楽天

ヤフー

主人公と共に成長できる!小説×自己啓発本

鈴木孝博

2016/10/31

経営

-

12位 アイテムID:14675984の画像

Amazon

楽天

ヤフー

日産を描いた実話小説

高杉良

2019/3/8

自動車メーカー(日産)

-

13位 アイテムID:14675981の画像

Amazon

楽天

ヤフー

痛快!「花咲舞が黙ってない」の原作小説

池井戸潤

2004/8/7

銀行

ドラマ(花咲舞が黙ってない)

14位 アイテムID:14675978の画像

Amazon

楽天

ヤフー

中間管理職の苦悩を描いた長く愛される名作

高杉良

2018/4/27

中間管理職

ドラマ

15位 アイテムID:14675975の画像

Amazon

楽天

ヤフー

有名作家池井戸潤による経済小説短編集!

池井戸潤

2011/4/10

銀行・中小企業

-

16位 アイテムID:14675972の画像

Amazon

楽天

ヤフー

戦後の日本を変えた男の実話

江上剛

2019/5/8

経営(実話)

-

17位 アイテムID:14675969の画像

Amazon

楽天

ヤフー

起業で深まる親子の絆

江波戸哲夫

2019/5/15

起業

-

18位 アイテムID:14675966の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ビジネス書より役に立つ?営業にまつわる小説

川田修

2013/4/19

営業

-

19位 アイテムID:14675963の画像

Amazon

楽天

ヤフー

当選させるためなら、なんだってする

関口哲平

2001/4/23

選挙

-

20位 アイテムID:14675960の画像

楽天

Amazon

ヤフー

株取引に潜む、奇妙な現象の正体は?海外が舞台の物語

マイケル・ルイス

2019/8/10

株取引

映画

21位 アイテムID:14675957の画像

Amazon

楽天

ヤフー

リコール隠しを暴き、会社を守れ!読みやすい文庫本

池井戸潤

2006/9/16

運送会社・リコール隠し

ドラマ(WOWOW)、映画

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\プライムデー開催中!!/ Amazon売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

ビジネスマン必読の経済小説を電子書籍でも

経済小説は、経済の回り方・会社の組織・個人の働き方まで、さまざまなものを学べます。まさに、ビジネスマンが読むべきジャンルです。しかし、仕事に終われるビジネスマンにとって、本を読む時間を取るのは難しくもあります

 

そこでおすすめしたいのが、電子書籍です。電子書籍端末なら、文庫本以上に持ち運びやすく、カバンに忍ばせておいても邪魔になりません。通勤の電車の中でも読めます。何冊もの本がひとつの端末に入るのも魅力です。

 

以下の記事では、電子書籍の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

ここまで、経済小説のおすすめランキング20選を紹介してきました。幅広く経済について取り扱う経済小説は、ライトなものから読み応えのあるものまであります。自分の仕事に生かせますので、ぜひ自分に合う作品を見つけて、読んでみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年01月30日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【最新版】怖い話のおすすめ人気ランキング21選【最強に怖い実話も】

【最新版】怖い話のおすすめ人気ランキング21選【最強に怖い実話も】

その他本・CD・DVD
小説のおすすめ人気ランキング81選【中学生や社会人にも!】

小説のおすすめ人気ランキング81選【中学生や社会人にも!】

本・雑誌
泣ける小説のおすすめ人気ランキング30選!【感動する本を紹介】

泣ける小説のおすすめ人気ランキング30選!【感動する本を紹介】

本・雑誌
実話を元にした映画の人気おすすめランキング30選【ノンフィクション】

実話を元にした映画の人気おすすめランキング30選【ノンフィクション】

本・CD・DVD
BL小説のおすすめ人気ランキング15選【名作も】

BL小説のおすすめ人気ランキング15選【名作も】

本・雑誌
大人向け小説のおすすめ人気ランキング20選【面白い本・読み始めたら止まらない小説も!】

大人向け小説のおすすめ人気ランキング20選【面白い本・読み始めたら止まらない小説も!】

本・雑誌