小説の人気おすすめランキング30選【気になる作品がきっと見つかる】

記事ID3132のサムネイル画像

毎月多くの人気小説が発売されていますが、どれを読もうかを迷ってしまいます。でもどうせ購入するのなら面白い小説を選びたいものです。そこで人気のおすすめ小説をランキング形式で紹介するとともに小説の選び方をお伝えしていきます。

人気の小説をたくさん読もう

小説を読もうと思い立ったはいいけれど様々な作品があり過ぎて、どれを選ぼうと悩んでしまう方も多いでしょう。でもどうせ購入するのなら失敗したくないと思うものです。しかしどんな基準で小説を選べば良いのでしょうか。

 

そこで人気の小説を「作者」「ジャンル」「発売日」を元にランキング形式で紹介するとともに小説の選び方も解説していきます。

小説の人気ランキング30選

30位

文藝春秋

強運の持ち主

価格:540円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

読んだ後にほっこりする人気小説

ランキング30位は瀬尾まいこさんの『強運の持ち主』です。元OLの主人公が占い師に転身し、子供から大人まで様々な悩みを持っている人が訪れるストーリーです。目次ごとの短編集になっています。

 

通勤や通学中の電車の中やちょっとした空き時間に読み切れるおすすめの小説です。劇的なドラマチックさはあまりありませんが疲れているときの心のリラクゼーションにピッタリの小説です。

 

読んだ後は心がほっこりすること間違いありません。

作者瀬尾まいこジャンルお仕事小説
発売日2009/5/8

口コミを紹介

これは、いい意味で、期待外れというか、瀬尾さんのファンなら必読の一冊ですね。占い師という形で、描かれるなにげない日常。でも、スリルと温かさが伝わってきますね。本の帯にもありますが、まさに絶賛の一冊。瀬尾さんワールド全開で、とっても満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

29位

中央公論新社

ラスト・コード

価格:842円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハラハラドキドキのサスペンス小説

人気小説ランキング29位は堂場舜一ワールドが楽しめる『ラスト・コード』です。「鳴沢了」シリーズに登場していた鳴沢と小野寺冴も登場する作品です。大人になった鳴沢を登場させる粋な計らいが物語を更に熱くさせてくれます。

 

熱血刑事と天才少女のテンポの良いやり取りがバードな内容が多いストーリーの中でホッとさせてくれるでしょう。人間模様も見せ場として楽しむことができる作品になっています。

作者堂場舜一ジャンルミステリー・サスペンス
発売日2015/11/21

口コミを紹介

本書は、堂場瞬一ファンの評価は高くないようですが、私は大好きです。鳴沢了シリーズの、鳴沢と小野寺冴が登場。大人になった鳴沢も良いですね。そのかわり、主人公の筒井が、かつての鳴沢っぽい。熱き、堂場ワールド。私は、先に「バビロンの秘文字」シリーズを読んだのですが、「ラストコード」を読んでから読めば良かったです。ここで、一柳美咲に出会っていれば、あの気難しい美咲が理解できたのに。

出典:https://www.amazon.co.jp

28位

文藝春秋

坂の上の雲

価格:702円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

明治維新が好きな方におすすめの人気小説

人気小説のランキング28位は司場遼太郎の史実を元にしている『坂の上の雲』です。小説の舞台は明治維新を経て近代国家の仲間入りを果たした頃の日本です。明治をいうまだ激動の時代を生きた楽天家3人を中心にしたストーリーです。

 

直木賞作家である司場遼太郎が40代の10年を費やして全8巻の長編小説となりました。長編小説ですが、史実に基づいていますので歴史が好きな方におすすめです。時代背景にも注目して読み進めてください。

作者司場遼太郎ジャンル歴史小説
発売日2010/7/15

口コミを紹介

言うまでも無く、司馬遼太郎の代表的な長編小説の1つです。陸大1期生であり日本陸軍の騎兵の生みの親と言われる秋山好古、日本海海戦の陰の立役者秋山真之、同郷の正岡子規のからみから始めて彼らの目を通して明治日本を見事に描写しています。
秋山好古の人となりを描くのに少々オーバーな記述もありますが(下級将校時代、酒と白米だけで生きていたと言う部分。これを本当にやったら多分2-3年で死にます)話の流れから不自然さを感じさせません。
いい本です。

出典:https://www.amazon.co.jp

27位

文藝春秋

64(ロクヨン)

価格:691円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

時代や環境をしっかり反映している推理小説

人気小説ランキング27位は横山秀夫さんが作者の推理小説『64(ロクヨン)』です。たった7日しかなかった昭和64年から平成元年になるときに事件は起きます。当時の時代背景や環境がしっかりと盛り込まれている作品です。

 

細かいところまでしっかりと描写されていますので推理小説が好きな方に特におすすめの小説です。この小説はドラマ版と映画版が実写化されています。ドラマ版は2015年にNHK土曜ドラマにて全5回に分けて放送されました。

 

主演はピエール瀧さんでした。そして映画版は2016年に放映に前後編に分けて放映されています。主演は佐藤浩市さんでした。

作者横山秀夫ジャンル推理小説
発売日2015/2/6

口コミを紹介

警察系の小説の中ではとびきり濃密な描写だと思いました。そのため、上巻を読んでいるうちは時間の経過がやけに遅く感じます。主人公の内省や職場の役職者の言動にここまで神経を使わなければならないかとさえ思います。気づけば自分の会社と比較しながら読んでいました。これを読んでから自分の職場での部下や上司、他分野の専門職などとの言葉のやりとりに神経を使うようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

26位

小学館

のぼうの城

価格:1,620円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

戦国時代が好きな方におすすめの歴史小説

ランキング26位は和田竜さんが作者の『のぼうの城』です。舞台は戦国時代の日本です。激動の時代を描いている作品ですので軽くはありませんが、内容が中だるみすることなく展開していきますので一気に読み進めることができます。

 

喋らない主人公ですが考え方や人柄がスッと入ってくる面白い小説に仕上がっています。2012年11月12日に映画で実写化され、公開されました。主演は演技力に定評のある野村萬斎さんでした。

作者和田竜ジャンル歴史小説
発売日2007/11/28

口コミを紹介

映画を見る前にやはり人気本を読んでおこうと購入。とても良かったです

出典:https://www.amazon.co.jp

25位

中央公論新社

愛なき世界

価格:1,728円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ライバルは植物というちょっと変わった青春小説

ランキング25位は直木賞受賞作家の三浦しをんさんが書いた『愛なき世界』です。恋のライバルは人間ではなく、植物というちょっと変わった青春小説になっています。草も人間も必死で生きていることが伝わってくる長編小説になっています。

 

奥深く、美しい「愛」を描いていて素敵な世界を教えてくれるでしょう。テンポの良いストーリー展開になっていますので、小説をあまり読んだことがない方でも一気に読み進めることができます。

 

植物と人間の素敵な恋愛を覗いてみてはいかがでしょうか。きっと読み終わった後は気持ちがスッキリするでしょう。

作者三浦しをんジャンル青春恋愛小説
発売日2018/9/7

口コミを紹介

三浦しをんさんの作品は徹底的な取材と取材対象への敬意や愛情が感じられて読みながら、感動に包まれます。結局人への信頼が伝わってくるから読後感がよいのでしょう。ありがたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

24位

双葉社

君の膵臓をたべたい

価格:720円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小説を読むとタイトルの意味が分かる小説

ランキング24位は住野よるさんのデビュー作となる『君の膵臓をたべたい』です。75万部を突破したベストセラー作品で2016年本屋大賞で2位を獲得しました。タイトルにインパクトがあり、つい手にとってしまう小説です。

 

純粋な青春を描いた泣けるラブストーリーです。泣きたい気分のときに読んで欲しい小説です。元は小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿していた作品でした。この小説は2017年7月28日に映画が公開されています。

 

主演は浜田美波さんと北村匠海さんのダブル主演作品でした。映画を鑑賞した後に小説を読むとより詳しいことが分かりますので、映画を観た方にもおすすめです。

作者住野よるジャンル悲恋小説
発売日2017/4/27

口コミを紹介

生きること、人との関係、心の温もり、命の大切さ
について、たくさん教えて頂きました。アニメ、映画、原作の順に作品を鑑賞しました。原作でアニメや映画にない沢山の主人公の気持ちや背景を知ることができました。文章でこれだけの世界を創れるんだということに感動を覚えます。住野よる先生、素晴らしい作品をどうもありがとうございました。一行一行、会話の言葉の一つ一つに心が織込められていたんだと、全部読み終えてから気づくとことができ、感激と感謝の気持ちがこみ上げてきました。作品を読みながら、素晴らしい時間を過ごすことができました。どうもありがとうございます。

出典:https://www.amazon.co.jp

23位

角川書店(角川グループパブリッシング)

万能鑑定士Qの事件簿 I

価格:562円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人が死なない推理小説

ランキング23位は松岡圭裕さんが書いた『万能鑑定士Qの事件簿』です。全12巻に及ぶ長編推理小説になっています。本シリーズは「人の死なないミステリー小説」と銘打たれていてシリーズを通して本当に人が亡くなる描写は使われていません。

 

その代わりに詐欺事件や盗難事件などの不可解な謎を見事に解決していくストーリー展開になっています。他の推理小説にはないどこかホッとする安心感がある小説ですのでお子さんにもおすすめです。

作者松岡圭裕ジャンル推理小説
発売日2011/11/8

口コミを紹介

偽札事件の真相にはすごい驚かされた。あと、主人公の凜田莉子がとても魅力的でした。ちなみに、事件簿 IIで話が完結するので、事件簿 I は前編だと思ってください。

出典:https://www.amazon.co.jp

22位

小学館

謎解きはディナーのあとで

価格:689円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

執事の毒舌が笑いを運んでくれる推理小説

ランキング22位は東川篤哉さんが書いた『謎解きはディナーのあとで』です。2011年に本屋大賞を受賞し、2011年ベストセラー1位を記録しました。令嬢刑事と毒舌執事が事件を解決していくという推理小説には珍しいストーリーになっています。

 

「お嬢様の目は節穴ですか?」という台詞にも注目して読み進めましょう。全部で6つの事件を一緒にときながら読み進めると面白いでしょう。この小説はドラマ版と映画版が執事を嵐の櫻井翔さんが、令嬢刑事を北川景子さんが演じて話題になりました。

 

また舞台版もあります。こちらは景山をDAIGOさんが、令嬢刑事を西山茉希さんが演じました。

作者東川篤哉ジャンル推理小説
発売日2012/10/5

口コミを紹介

読みやすい小説です。持ち運びしやすい大きさで続編も買います。

出典:https://www.amazon.co.jp

21位

文藝春秋

平成くん、さようなら

価格:1,512円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

時代が移り変わる今読んで欲しい小説

人気小説ランキング21位は社会学者の古市憲寿さんの処女作になる『平成くん、さようなら』です。安楽死が合法化されている現代の日本のパラレルワールドが小説の舞台になっています。

 

平成の時代と今を生きる意味を問う奥深い内容となっています。社会学者である古市憲寿さんワールドが垣間見えるでしょう。若者の視点から現代社会について考えた作者が軽やかに鋭く平成を斬ります。

作者古市憲寿ジャンル社会小説
発売日2018/11/9

口コミを紹介

平成が終わる前に読んでおくべきだと思い購入。現実的だが、どこかアートのような作品だった。私は平成くんのような人に興味がああり、合理的で効率的な人を尊敬している。自分自身もそうであるべきだと思っている。しかしそれらは少し不憫にも思える。
人生を最大に効率化しようと思うと、生きることをやめてしまうということを美しく描いていた。
人が生きることなんて極めて無意味なことで、その無意味さに気づかないまま過ごすことの方がよっぽど幸せだろう。
著者の優しさと難しさが滲み出るような作品だった。読了後、好きなバンドの解散を聞いたような気持ちになった。

出典:https://www.amazon.co.jp

20位

光文社

舟を編む

価格:670円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

心温まるお仕事小説

ランキング20位は2012年に本屋大賞を受賞している三浦しをんさんが書いている『舟を編む』です。舞台は出版社の辞書編集部です。普段何気なく使っている辞書を作る大変さや苦労が小説を通して分かる作品です。

 

辞書を作り手に焦点を当てて語られているお仕事小説に仕上がっています。恋愛要素も含んでいて心が温まります。この小説は映画化されていて2013年4月15日に公開されています。主演は松田龍平さんと宮崎あおいさんのダブル主演でした。

作者三浦しをんジャンル仕事小説
発売日2015/3/12

口コミを紹介

面白かったです。辞書はどのように作られているのか? 考えてもいなかった事でしたが、なるほど・・・そうね!?大変な月日と編集者、研究者やその周りの人達も絡んで作られたものなのだなあ~と少しだけだと思いますが解りました。 +辞書の用紙の事なども垣間見ることが出来ました。内容も堅苦しくなくほのぼのと。本屋大賞という事に惹かれましたが面白く、楽しく読ませて頂きました。

出典:https://www.amazon.co.jp

19位

講談社

パラレルワールド・ラブストーリー

価格:810円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドキドキが止まらない推理小説

人気小説ランキング19位は東野圭吾さんが書いている『パラレルワールド・ラブストーリー』です。親友であるはずの2人が1人の女性を巡って展開していく王道のラブストーリーのはずが、そこにパラレルワールドが絡んできます。

 

時間が並行している世界が複雑に絡み合い、スリルでドキドキハラハラが止まりません。東野圭吾ワールドが満載のまさに『パラレルワールド・ラブストーリー』になっています。ハラハラドキドキを求めている方や推理小説が好きな方におすすめの小説です。

 

作者東野圭吾ジャンル推理小説
発売日1998/3/13

口コミを紹介

話の展開に 最後まで 惹き付けられました!
もう一度 読み返して見たくなる作品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

18位

集英社

陸王

価格:1,836円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドラマも大ヒットした原作の小説

人気小説ランキング18位は池井戸潤さんが書いた『陸王』です。町のほんの小さな足袋メーカーが舞台になっているお仕事小説です。足袋メーカーが本気でランニングシューズ作りに取り組んでいくストーリーになっています。

 

登場人物1人1人が輝いていて身近なランニングシューズが題材になっていますので想像がしやすく、感情移入がしやすいです。普段はあまり小説を読む機会がない方もサクサクと詠み進めることができるでしょう。

 

『陸王』はTBS系列でドラマ化され、主演を役所広司さんが務めました。ドラマを観た方も小説を読むとより登場人物や背景を理解しやすいでしょう。

作者池井戸潤ジャンル仕事小説
発売日2019/6/21

口コミを紹介

「下町ロケット」に重なるような登場人物の輝きがあります。
わかってるいるけど、やめられないの感覚で読みすすめました。
電車・地下鉄で2回も乗り過ごしてしまったのは、本当の話です。

出典:https://www.amazon.co.jp

17位

新潮社

沈まぬ太陽

価格:724円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国民的感動を生んだ長編小説

人気小説ランキング17位は山崎豊子さんが書いた『沈まぬ太陽』シリーズです。全5巻に及ぶ長編小説です。国民的感動を呼んだベストセラー小説になります。主人公が大企業で自分を貫いてしまった結果、経営陣に疎まれてしまいました。

 

そして海外の僻地に左遷され、10年間もたらいまわしにされてしまいます。そんなサラリーマンの生き様を赤裸々に綴るとともにそれを支える家族の感動のストーリーです。尚、この小説は事実に基づいていて、モデルがいると言われています。

 

しかし作者の話ではモデルがいることを認めていません。2009年10月24日にこの小説を実写化した映画が公開されています。主演は現在、ハリウッドスターとして活躍中の渡辺謙さんでした。

作者山崎豊子ジャンル仕事小説
発売日2001/11/28

口コミを紹介

山崎豊子作品はどれも面白いが、日航の内部を晒した本作もやはりよかった。組合が複数あることに以前から疑問を持っていたが、それも解消された。今後の展開がたのしみだ。

出典:https://www.amazon.co.jp

16位

らいとすたっふ

銀河英雄伝説

価格:864円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本の代表するSF小説

人気小説ランキング16位は田中芳樹さんが書いた『銀河英雄伝説』です。日本の代表するSF小説と言うべき長編小説です。正伝10巻に加えて外伝が5巻の計15巻の壮大でスケールの大きい小説になっています。

 

原作は累計発行部数が1500万部を突破している大ベストセラーで沢山の方に愛されている小説です。1982年から2009年までに複数の版で刊行されています。30年もの時を経ても色あせることも古臭くなることもない人気作です。

 

長編ですので時間のあるときにジックリと読んで欲しいSF小説です。

作者田中芳樹ジャンルSF小説
発売日2007/2/21

口コミを紹介

テレビアニメが放送されたこともあり、もう一度読み返してみました。
何度読んでも名作というのは飽きがこないですね。
今回のアニメからご覧になられた方は、ぜひ一度この本を読んでみることをおススメします。
アニメだけでは表現しきれない人間関係がおもしろく細かく描写されています。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

KADOKAWA / 角川書店

金田一耕助の冒険1

価格:92円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本三大推理小説の1つ

人気小説ランキング15位は横溝正史さんが書いた『金田一耕助ファイルシリーズ』です。近年の若い方ですと金田一耕助ファイルシリーズではなく、金田一少年の方を思い出す方も多いかもしれません。

 

金田一少年シリーズにて再び注目されている作品です。時代背景をしっかりと反映している小説です。おどろおどろしい世界観と斬新なトリック、人間模様はこのシリーズならではです。

 

金田一耕助ファイルシリーズは沢山、ドラマ化がされていて、様々な俳優さんによって演じられている人気作品です。

作者横溝正史ジャンル推理小説
発売日1986/9/1

口コミを紹介

迅速な発送で読みたい気持ちの冷めやらぬうちに届きました。
商品も良品で全く問題なしです。
ありがとうございました。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

文藝春秋

陰陽師 女蛇ノ巻

価格:1,566円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大ヒットを繰り返しているベストセラー小説

人気小説ランキング14位は夢枕獏さんの大ヒット人気小説『陰陽師』シリーズです。舞台は人と妖が共存して生きていた頃の平安時代の日本です。陰陽師として今も尚、名前を知られている名高い安倍清明が登場人物になっている小説です。

 

安倍清明と一緒に妖に立ち向かうのは霊感は全くない源博雅です。安倍清明と源博雅が妖達を相手にこの世ならぬ不可思議な難事件を解決していきます。この小説は実写化されていて2001年10月6日に全国公開されました。

 

主演の陰陽師・安倍清明を演じたのは野村萬斎さん、その相棒である源博雅を演じたのは伊藤英明さんでした。小説同様に映画も大ヒットを記録し、続編も公開されました。名作ともいえる原作小説を一度、読んでみては如何でしょう。

作者夢枕獏ジャンル歴史小説
発売日1988/8/10

口コミを紹介

夢枕獏さんと言ったらやっぱり陰陽師‼️どうしても野村萬斎さんの顔が浮かびます❗️もし萬斎さんならどんな感じになるか考えながら読んでます❗️

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

幻冬舎

蜜蜂と遠雷

価格:1,944円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「ノスタルジアの魔術師」と呼ばれている恩田陸の最新小説

小説人気ランキング13位はノスタルジアの魔術師と呼ばれている恩田陸さんが書いた『蜂蜜と遠雷』です。音楽の世界を舞台に天才達による競争という名の闘いを描いている小説になります。

 

芸術とは何かという課題に真摯に向き合っている作品で、作者の音楽の知識の深さを伺わせます。感情移入のしやすい作品に仕上がっています。心が揺さぶられること間違いありません。年齢問わず読んで欲しいおすすめの小説です。

 

『蜂蜜と遠雷』は直木賞三十五賞と本屋大賞を受賞しています。

作者恩田陸ジャンル芸術小説
発売日2016/9/23

口コミを紹介

読了するのが、惜しい気がした。
ピアノコンクールをめぐる圧倒的な緊迫感。
そして、本全体から流れ出す音楽の持つ絶対的な臨場感。
圧巻である。
筆者の持つ描写力に脱帽である。
筆者の音楽への並々ならぬ愛着が、この小説を完成度の高いものにしているのであろう。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

扶桑社

コンフィデンスマンJP

価格:734円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

原作がドラマの珍しい小説

小説人気ランキング12位は古沢良太さんが書き下ろした『コンフィデンスマンJP』です。この小説はフジテレビ系列で放送された大人気月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』の方が原作という珍しいパターンの小説になります。

 

こういう背景から作者はドラマの脚本を手がけた古沢良太さんが書き下ろしています。二転三転するジェットコースターのようなスリル溢れるコンゲームが活字で楽しむことができます。

 

短編集になっていますので忙しい方でもちょっとした空き時間に楽しめるでしょう。

作者古川良太ジャンルミステリー・サスペンス
発売日2018/5/9
11位

講談社

サブマリン

価格:713円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

伊坂ワールドを体験して欲しい小説

小説人気ランキング11位は大人気作家・伊坂幸太郎さんの最新作『サブマリン』です。家庭裁判所の調査官のお仕事小説になっています。主人公が様々な事件と向かい合いつつ傍迷惑だけど情のあつ上司に振り回されるストーリーです。

 

傍迷惑な上司からたまに飛び出す名言にも注目して読み進めてください。伊坂ワールド全開になっています。読み終わった後は世の中も悪くないと前向きにしてくれる作品です。

作者伊坂幸太郎ジャンル仕事小説
発売日2019/4/16

口コミを紹介

家裁調査官の日常に少しだけ事件が加わった物語なのだけど、最後の少年たちが救われていく姿に少しだけ胸が熱くなる。いい作品だった。「それって必要ですか?」の回収が好きでした。陣内の話、今後もまた読みたい。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

講談社

三国志

価格:864円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一気に読みたくなる長編歴史小説

小説人気ランキング10位は歴史小説の代名詞といえる古川英治さんが書いた『三国志』です。舞台は後漢の中国になります。霊帝の時代です。時代が動き、そのときの人々の生き様がリアルに描かれている小説です。

 

登場人物がどの人も魅力にあぶれていて、文章や内容も申し分ない小説になっています。全8巻と長編小説ですが読みごたえは十分にあり、飽きることなく最後まで一気に読み進めることができます。

作者吉川英治ジャンル歴史小説
発売日1989/4/11

口コミを紹介

文章も内容も楽しめた。読後、頭の中がスッキリした。8巻まで読めるかなと心配したが、飽きることなく読み終わった。しばらくしてから、もう一度読もうと思っている。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

集英社

赤毛のアン

価格:864円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界中に愛される名作小説

人気ランキング9位はルーシー・モード・モンゴメリが書いた『赤毛のアン』シリーズです。1908年にカナダで生まれた長編小説です。日本ではこの数十年あまり児童文学に分類されていますが、元々この小説は児童文学として書かれたわけではありません。

 

大人も子供も楽しめる小説になっています。海外にて映画化やドラマ化されていて日本においては『世界名作劇場』にてアニメ化されました。また近年では舞台化もされていて様々な女優さんによってアンは演じられています。

 

主人公のアンの純粋さや明るさは子供だけではなく、大人にも元気を分けてくれるでしょう。大人になってからもう一度読んで欲しい作品です。

作者ルーシー・モード・モンゴメリジャンル文学小説
発売日1952(日本語訳初版)

口コミを紹介

昔読んだ記憶はあるけれど、もう一度しっかり読もうと購入しました
忘れていた細かいところもあり良かった

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

小学館

下町ロケット

価格:778円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高のエンターテイメント小説

人気小説ランキング8位は直木賞受賞作品でもある池井戸潤さんの書いた『下町ロケット』シリーズです。男達の矜恃が激突する感動のエンターテイメント長編小説です。仕事に夢を持つ重要さを教えてくれる一冊になっています。

 

人情に厚い主人公の努力と熱意に感動できること間違いありません。セリフに説得力があるのでどんな方でも共感できるでしょう。この小説はTBS系列でドラマ化され、大ヒットを記録しました。

作者池井戸潤ジャンル仕事小説
発売日2013/12/26

口コミを紹介

こんなに読むのに夢中になった本は、いつぶりだろう。

今の日本には、
こうやって技を磨いて夢を実現していくという、
ストーリーが必要だ。

前を向いて努力していく人が報われるためには、
お金の誘惑や、つまらないこだわりを
断ち切れた人からのサポートが必要だ。

手の届かないところに対して文句を言うのではなく、
手の届きそうな範囲でまず自分から頑張っていこうと思わせてくれる。
若い人にこそオススメしたい。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

KADOKAWA/角川書店

図書館戦争

価格:720円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

図書を巡る攻防と不器用な恋に注目してほしい小説

小説人気ランキング7位は様々な小説が実写化されている有川浩さんが書いた『図書館戦争』シリーズです。公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる「メディア良化法」から本を守る図書隊の抗争が繰り広げられるストーリーです。

 

主人公の厚い図書への思いの他、上官との不器用なロマンスは必見です。甘いだけのラブストーリーだけではなく、リアル感があって本とは何か、表現の自由とは何かを考えさせられます。

 

シリーズが進むごとに変わっていく主人公と上官の恋は心温まる展開が待っています。キャラの濃い登場人物にも注目して読んでください。

作者有川浩ジャンル恋愛小説
発売日2011/4/23

口コミを紹介

なかなかはまるラブロマンスです。読み始めるまでわからなかったのですが、ラブロマンスでした

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

新潮社

剣客商売

価格:637円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

明るく痛快な歴史小説

人気小説ランキング6位は池波正太郎さんが書いた『剣客商売』シリーズです。江戸時代に剣術一筋に生きる秋山小兵衛とその息子である大治郎の名コンビが剣に命をかけて江戸の悪事を叩き斬るストーリーです。

 

全21巻の長編小説ですが、1話完結の短編集になっていますのでちょっとした時間に読み進めることができます。明るく痛快な歴史小説になっていますのであまり歴史小説を読まないという方も気軽に読める作品です。

 

『剣客商売』シリーズはドラマ化されていて多くの大物俳優さんによって演じられています。ドラマでも人気のある小説『剣客商売』は必見です。

作者池波正太郎ジャンル歴史小説
発売日2002/9/1

口コミを紹介

読んでみて分かりました。これは推理小説。シリーズものであり、この1冊もつながってはいますが読み切りの短編集とも言える構成になっています。
中心となる登場人物の個性が強くておもしろいです。いつも予期せぬところで浮上するハレンチな色恋沙汰もまたこの時代小説を明るく彩っているような気がします。
結末は必ず悪が滅びる、この期待が裏切られることはないと知ると、1つ読み始めたら最後まで読み通さずにはいられなくなります。より正しい道を教えてくれます。
日本史や推理小説が苦手な人も是非挑戦してみて下さい。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

宝島社

万引き家族

価格:702円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家族とは何かを考えされられる小説

小説人気ランキング5位は映画で大注目されている是枝裕和さんが書いた『万引き家族』です。「彼らが盗んだものは絆でした」のキャッチフレーズが話題になりました。タイトルもセンセーショナルな小説ですが内容も同様です。

 

映画化されていますが小説を読むと映画よりも登場人物の過去や性格が詳しく分かりますので映画を観た方でも楽しむことができるでしょう。映画を観ていない方は是非、小説を読んでから映画を観てください。

 

家族とは何か、法律とは何かを考えされられる作品になっています。

作者是枝裕和ジャンル日本文学小説
発売日2018/5/28

口コミを紹介

何を万引きしたのか。
盗んだのは、チョコレート、カップ麺...そして家族の名前。

 おばあちゃん、父、母、子供3人の6人家族。
そのほとんど二つの名前を持っている。

「私はあの子を産んでいない。でも母だった」
母役の信代さんは婦警に訴える。
確かにあの時、母だった。
「子供はね、(産みの)母親が必要なの」
と婦警は答えた。

 折檻してても実母は母。
じゃぁ犯罪って何、常識って何、と叫びたい。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

KADOKAWA/メディアファクトリー

君の名は。

価格:605円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

映画の内容が要約されている小説

人気小説ランキング4位は新海誠さんが書いた『君の名は。』です。都会に住む男の子と田舎で暮らす女の子が夢の中で入れ替わってしまい、出会うことのないはずの2人の出会いから運命の歯車が動き出します。

 

アニメ映画として誕生した作品でこの小説は映画を観てから読んだほうが分かりやすい小説です。映画の内容が要約されていますので映画『君の名は。』ファンには必見の小説です。サラッと読めますので小説が苦手な方も読んでみて欲しい作品です。

作者新海誠ジャンルファンタジー小説
発売日2016/6/18

口コミを紹介

この作品は監督自身が述べられておりますが、「アニメーション映画が一番ふさわしい形である」と。
それは、文では表現できない微細な描写が映画の様々な部分に鏤められていることから容易に理解できます。
この小説だけでは、この作品の本当の文学的意味を全部把握することはできません。
しかし、映画を観た後に小説を読むことでより立体的に瀧と三葉の像が浮かび上がるので星5つといたしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

文藝春秋

竜馬がゆく

価格:756円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

この小説を読んだら坂本竜馬が好きなる

人気小説ランキング3位は司馬遼太郎さんが書いた『竜馬がゆく』です。全8巻の長編小説になります。坂本竜馬を中心に様々な思想を持ちながら幕末をひたむきに生きた若者達を描く歴史ロマン小説です。

 

累計2500万部以上を売る上げている大ベストセラー作品です。巧みな表現や現代への警報が作中に盛り込まれている作品です。この本をキッカケに坂本竜馬ファンになったり、近代史が好きになる方も多い小説です。

 

歴史が苦手という方も是非、一度目を通してみては如何でしょうか。きっと幕末の志士達それぞれに興味が湧いてくるはずです。

作者司馬遼太郎ジャンル歴史小説
発売日1998/9/10

口コミを紹介

言わずとしれた坂本龍馬の一生を描く作品の第1巻。時代が大きく変化する狭間に生まれた龍馬。幼き頃より人を惹きつける力を持っている龍馬。そんな龍馬は、身分などにとりつかれず龍馬であろうとする。そんな姿勢、生き方を司馬遼太郎の丁寧な、研究を元に描かれている。変なビジネス書より生き方から学べる書です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

文藝春秋

そして、バトンは渡された

価格:1,728円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

作者の優しさに癒される小説

人気小説ランキング2位は瀬戸まいこさんが書いた『そして、バトンは渡された』です。17歳の主人公が3人の父親と2人の母親に育てられるストーリーです。家族の形態の変化に不幸感が溢れてもおかしくないのですが不幸感はない作品です。

 

読んだ後はきっと身近な人が愛しく思えるでしょう。作者の人柄が分かる優しさが詰め込まれている小説です。穏やかな文章が読み手を幸せな気分にしてくれること間違いありません。家族の絆を大事にしようと思わせてくれます。

作者瀬戸まいこジャンル日本文学小説
発売日2018/2/22

口コミを紹介

主人公は父親が3人、母親が2人いて、名字も3回変わる、そんな高校3年生の女の子である。そんな境遇をきいたら、さぞかしつらい人生だろうと感じると思うが、本人は悩みがなくてあっけらかんとしている。そして現在の父親の森宮さんがホントにとぼけてていい味出してる。こういう家族小説を待っていた。
ちなみに、最後はちょっとネタバレ的ではあるけど、東野圭吾の秘密を思わせる終わり方で涙なしには読めません。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

新潮社

精霊の守り人

価格:637円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人でも楽しく読めるSF小説

小説人気ランキング1位は上橋菜穂子さんが書いた『精霊の守人』です。小説の世界観が魅力的で味わい深い小説になっています。SF小説ですが大人も楽しんで最後まで読めるでしょう。

 

主人公が成長していく姿には色々なことが考えされられます。小説が得意でない方も読みやすくて手に取りやすい一冊です。生命の大切さを改めて考えるキッカケとなす小説です。年齢問わず楽しめるおすすめの小説です。

作者上橋菜穂子ジャンルSF小説
発売日2007/3/28

口コミを紹介

バルサ自身も、水面ギリギリのところでもがいているのに、それでも他人を思う、守るというのは、何よりも人間らしい力強さだなあ、と感動しました。
ナユグとの世界はファンタジーにありがちなご都合主義ではなく
自然と人間のつながりと同様、恩恵と弊害の両方をもたらす存在であるのも良いです。
人知を超えた世界と人間の暮らしとの、ゆるやかな繋がりを感じさせます。
また、チャグムの成長が愛おしく、それゆえに彼の行く末を思うと不憫でなりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

人気小説の選び方

小説はどんなことに注目して選べば面白いと思える作品に出会えるのでしょうか。小説の選び方についてみていきましょう。

インスピレーションを感じた小説から選ぼう

小説を選ぶ際は表紙やタイトルを見て、ピンときた物を選ぶという手段があります。

表紙の雰囲気やタイトルで選ぼう

小説の表紙はイラストを使っている場合もあれば風景写真を使っている場合もあります。何れもその小説の内容に合わせて表紙は決定されています。また、タイトルにおいてもその本を手に取ってもらえるように工夫がされています。

 

沢山のアイディアを練ってタイトルをつけられていて、いわば本を表す究極の一文がタイトルです。表紙やタイトルを見てインスピレーションを感じたら、まずは手に取ってみてください。

目次に目を通して選ぼう

表紙やタイトルだけでは購入を決められない方は目次にも目を通してみてください。目次にずらりと並んだ見出しで大筋のストーリーが分かるようになっています。この時、注目して欲しいことは一貫している内容かというところです。

 

筋道がない目次もたまにですがありますので、注意して目を通しましょう。目次は自分が読みたいストーリー構成なのかも大まかに分かりますし、こちらもインスピレーションを信じて選びましょう。

メディア化されている作品や人気作家・ジャンルから選ぼう

小説を選ぶ際はメディア化されている作品や人気作家の作品、好きなジャンルから選ぶ方法もあります。

メディア化されている小説から選ぼう

映画化やドラマ化されている小説がこれに当てはまります。映画化やドラマ化されている小説は、それだけ注目を浴びている面白い作品であるという一種の指標になるでしょう。多くの人気映画やドラマも小説が原作になっている物が多いです。

 

あまり小説を読んだことがない方はメディア化されている小説から選ぶと失敗しません。自分が鑑賞したことがあって、気になる小説があるのなら迷わずメディア化されている作品を選びましょう。

 

映画やドラマでは語られなかった細かい設定や人物像が分かりますので楽しんで読み進めることができます。

人気作家の作品から選ぼう

小説を選ぶ際には人気のある作家さんの作品から選ぶのも1つの手です。他の作品が人気のある作家さんの作品はそれだけ沢山の人に愛される作品ということになります。また多くの方の目に触れている作品であればその本のレビューも多いです。

 

人気作家さんの作品の中でもレビューの評価が良い作品をまずは読んでみましょう。

好きなジャンルから小説を選ぼう

小説は短編集でない限り、何百ページにも及ぶ作品が多いです。そのため自分の好きなジャンルから選ぶと最後まで楽しんで読むことができます。ジャンルを挙げるとSF小説や歴史小説、ホラー小説、恋愛小説など、様々なジャンルがあることが分かります。

 

大まかでもどんな小説が読みたいということが分かっている方は好きなジャンルの中で気になる作品を選ぶといいでしょう。

過去のベストセラー本や受賞作品から選ぼう

過去のベストセラー本や例えば芥川賞などを受賞している作品から選ぶのも1つの手です。

受賞作品から選ぼう

芥川賞は各新聞・雑誌に発表された純文学作品から選ばれる賞です。少し堅苦しい内容ですが名作が揃っています。一方の直木賞は単行本・各新聞・雑誌に発表された大衆文芸作品の中から選ばれます。

 

直木賞は選考されるジャンルが幅広いですのでとっつきやすい作品が多いのが特徴です。そして最近注目されている本屋さんの店員さんが選ぶ本屋大賞というものもあります。年に一度、新刊書の中からお客さんに読んで欲しい本を投票で選びます。

 

対象作品はジャンルを問いませんので小説の初心者の方でも安心して手に取ることができる小説が多く選ばれます。こういった賞に選ばれた作品から読みたい本から選ぶのも失敗しない方法といえます。

過去のベストセラー本から選ぼう

過去のベストセラー小説は人気があるから沢山、購入する方がいるのでベストセラーになります。面白い作品であるからこそ何度も読み返す方が多く、人気の小説ということになるのです

 

どの小説を読むかを迷ったら聞いたことがあるタイトルの本や売れ行きが100万部以上のベストセラー本から選びましょう。名作ばかりですので面白い作品がきっと見つかります。

小説のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4960244の画像

    新潮社

  • 2
    アイテムID:4960219の画像

    文藝春秋

  • 3
    アイテムID:4960189の画像

    文藝春秋

  • 4
    アイテムID:4957344の画像

    KADOKAWA/メディアファクトリー

  • 5
    アイテムID:4957331の画像

    宝島社

  • 6
    アイテムID:4957313の画像

    新潮社

  • 7
    アイテムID:4957293の画像

    KADOKAWA/角川書店

  • 8
    アイテムID:4957246の画像

    小学館

  • 9
    アイテムID:4954491の画像

    集英社

  • 10
    アイテムID:4954442の画像

    講談社

  • 11
    アイテムID:4954424の画像

    講談社

  • 12
    アイテムID:4954407の画像

    扶桑社

  • 13
    アイテムID:4954389の画像

    幻冬舎

  • 14
    アイテムID:4954370の画像

    文藝春秋

  • 15
    アイテムID:4953661の画像

    KADOKAWA / 角川書店

  • 16
    アイテムID:4953595の画像

    らいとすたっふ

  • 17
    アイテムID:4953545の画像

    新潮社

  • 18
    アイテムID:4953501の画像

    集英社

  • 19
    アイテムID:4953456の画像

    講談社

  • 20
    アイテムID:4953411の画像

    光文社

  • 21
    アイテムID:4951828の画像

    文藝春秋

  • 22
    アイテムID:4950342の画像

    小学館

  • 23
    アイテムID:4950330の画像

    角川書店(角川グループパブリッシング)

  • 24
    アイテムID:4950314の画像

    双葉社

  • 25
    アイテムID:4950285の画像

    中央公論新社

  • 26
    アイテムID:4950273の画像

    小学館

  • 27
    アイテムID:4950262の画像

    文藝春秋

  • 28
    アイテムID:4950242の画像

    文藝春秋

  • 29
    アイテムID:4948208の画像

    中央公論新社

  • 30
    アイテムID:4948167の画像

    文藝春秋

  • 商品名
  • 精霊の守り人
  • そして、バトンは渡された
  • 竜馬がゆく
  • 君の名は。
  • 万引き家族
  • 剣客商売
  • 図書館戦争
  • 下町ロケット
  • 赤毛のアン
  • 三国志
  • サブマリン
  • コンフィデンスマンJP
  • 蜜蜂と遠雷
  • 陰陽師 女蛇ノ巻
  • 金田一耕助の冒険1
  • 銀河英雄伝説
  • 沈まぬ太陽
  • 陸王
  • パラレルワールド・ラブストーリー
  • 舟を編む
  • 平成くん、さようなら
  • 謎解きはディナーのあとで
  • 万能鑑定士Qの事件簿 I
  • 君の膵臓をたべたい
  • 愛なき世界
  • のぼうの城
  • 64(ロクヨン)
  • 坂の上の雲
  • ラスト・コード
  • 強運の持ち主
  • 特徴
  • 大人でも楽しく読めるSF小説
  • 作者の優しさに癒される小説
  • この小説を読んだら坂本竜馬が好きなる
  • 映画の内容が要約されている小説
  • 家族とは何かを考えされられる小説
  • 明るく痛快な歴史小説
  • 図書を巡る攻防と不器用な恋に注目してほしい小説
  • 最高のエンターテイメント小説
  • 世界中に愛される名作小説
  • 一気に読みたくなる長編歴史小説
  • 伊坂ワールドを体験して欲しい小説
  • 原作がドラマの珍しい小説
  • 「ノスタルジアの魔術師」と呼ばれている恩田陸の最新小説
  • 大ヒットを繰り返しているベストセラー小説
  • 日本三大推理小説の1つ
  • 日本の代表するSF小説
  • 国民的感動を生んだ長編小説
  • ドラマも大ヒットした原作の小説
  • ドキドキが止まらない推理小説
  • 心温まるお仕事小説
  • 時代が移り変わる今読んで欲しい小説
  • 執事の毒舌が笑いを運んでくれる推理小説
  • 人が死なない推理小説
  • 小説を読むとタイトルの意味が分かる小説
  • ライバルは植物というちょっと変わった青春小説
  • 戦国時代が好きな方におすすめの歴史小説
  • 時代や環境をしっかり反映している推理小説
  • 明治維新が好きな方におすすめの人気小説
  • ハラハラドキドキのサスペンス小説
  • 読んだ後にほっこりする人気小説
  • 価格
  • 637円(税込)
  • 1728円(税込)
  • 756円(税込)
  • 605円(税込)
  • 702円(税込)
  • 637円(税込)
  • 720円(税込)
  • 778円(税込)
  • 864円(税込)
  • 864円(税込)
  • 713円(税込)
  • 734円(税込)
  • 1944円(税込)
  • 1566円(税込)
  • 92円(税込)
  • 864円(税込)
  • 724円(税込)
  • 1836円(税込)
  • 810円(税込)
  • 670円(税込)
  • 1512円(税込)
  • 689円(税込)
  • 562円(税込)
  • 720円(税込)
  • 1728円(税込)
  • 1620円(税込)
  • 691円(税込)
  • 702円(税込)
  • 842円(税込)
  • 540円(税込)
  • 作者
  • 上橋菜穂子
  • 瀬戸まいこ
  • 司馬遼太郎
  • 新海誠
  • 是枝裕和
  • 池波正太郎
  • 有川浩
  • 池井戸潤
  • ルーシー・モード・モンゴメリ
  • 吉川英治
  • 伊坂幸太郎
  • 古川良太
  • 恩田陸
  • 夢枕獏
  • 横溝正史
  • 田中芳樹
  • 山崎豊子
  • 池井戸潤
  • 東野圭吾
  • 三浦しをん
  • 古市憲寿
  • 東川篤哉
  • 松岡圭裕
  • 住野よる
  • 三浦しをん
  • 和田竜
  • 横山秀夫
  • 司場遼太郎
  • 堂場舜一
  • 瀬尾まいこ
  • ジャンル
  • SF小説
  • 日本文学小説
  • 歴史小説
  • ファンタジー小説
  • 日本文学小説
  • 歴史小説
  • 恋愛小説
  • 仕事小説
  • 文学小説
  • 歴史小説
  • 仕事小説
  • ミステリー・サスペンス
  • 芸術小説
  • 歴史小説
  • 推理小説
  • SF小説
  • 仕事小説
  • 仕事小説
  • 推理小説
  • 仕事小説
  • 社会小説
  • 推理小説
  • 推理小説
  • 悲恋小説
  • 青春恋愛小説
  • 歴史小説
  • 推理小説
  • 歴史小説
  • ミステリー・サスペンス
  • お仕事小説
  • 発売日
  • 2007/3/28
  • 2018/2/22
  • 1998/9/10
  • 2016/6/18
  • 2018/5/28
  • 2002/9/1
  • 2011/4/23
  • 2013/12/26
  • 1952(日本語訳初版)
  • 1989/4/11
  • 2019/4/16
  • 2018/5/9
  • 2016/9/23
  • 1988/8/10
  • 1986/9/1
  • 2007/2/21
  • 2001/11/28
  • 2019/6/21
  • 1998/3/13
  • 2015/3/12
  • 2018/11/9
  • 2012/10/5
  • 2011/11/8
  • 2017/4/27
  • 2018/9/7
  • 2007/11/28
  • 2015/2/6
  • 2010/7/15
  • 2015/11/21
  • 2009/5/8

まとめ

人気のある小説をランキング形式で30選と小説の選び方を紹介してきました。毎年様々な小説が発売されています。どれを読もうか迷っている方は是非、参考にしてください。きっとお気に入りの一冊が見つかります。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ