【2023】ワイヤレスヘッドホンの人気おすすめランキング18選【コスパ最強の安いものも】

無線と有線の両方で活躍するワイヤレスヘッドホン。ノイズキャンセリングやマイク付きなど、コスパのいいモデルが揃っています。ここでは現役家電販売員のたろっささん監修の元、ワイヤレスヘッドホンのおすすめ商品を人気ランキングで選び方と共にご紹介します。

商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

ワイヤレスヘッドホンの機能と選び方を知ろう

好きな曲・好きなテレビ番組を誰にも邪魔されずに堪能したいと思う方は多いですよね。しかし、夜遅いと騒音が気になったり、外では周囲の音が気になって集中できない場合もあります。

 

実はその悩み、ワイヤレスヘッドホンの選び方次第で解決できてしまいます。昨今、ワイヤレスヘッドホンには難しい設定不要でテレビに繋がるもの、外の騒音を科学的にシャットアウトする機能を持ったモデルが登場していますので、チェックしてみましょう。

 

そこで今回は現役家電販売員のたろっささん監修の元、ワイヤレスヘッドホンをテレビ用・外用・コスパに分けてご紹介していきます。高音質なものやおしゃれなものまで多数あるので、あなたの使い方に合ったヘッドホンが見つけてみてください。

現役家電販売員が教える!ワイヤレスヘッドホンの選び方

専門家プロフィール画像
取材協力

現役家電販売員

たろっさ

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験も。

家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通。家電で分からないことはなく、現在は家電ライターの業務を通して「すべての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力。

ブログURL:https://taromomo.com/

編集部の画像

編集部

現役家電販売員のたろっささんに、ワイヤレスヘッドホンを選ぶときのポイントを教えていただきました!

POINT①

コーデック対応を確認しよう

たろっささんの画像

たろっささん

ワイヤレスヘッドホンで外で音楽を楽しむ場合、Bluetooth接続が主になりますがこちらの場合はできるだけ多様なコーデックに対応しているものを選ぶと良いでしょう。


特に注意書きがない場合はSBCのみになりますが、一概には言えないもののあまり音質が良くない場合が多いです。可能であればAACやaptX、LDACなどに対応したものを選ぶとより良い音質で音楽を楽しむことが出来るでしょう。

POINT②

装着感も大事

たろっささんの画像

たろっささん

ヘッドホンにはオープンエアー型と密閉型があります。オープンエアー型は音漏れが少し気になるものの、閉塞感が少ないため長時間つけていても疲れづらく、室内で楽しむ際には近くでスピーカーから音を聞くように臨場感が高まるため高音質な音楽鑑賞に向いています。


密閉型は音漏れが少なく、低音域が特に強いものが多いですが音がこもりがちなのがデメリット。予算や聞き心地、掛け心地から選択をすると良いでしょう。

POINT③

充電の保ちも気にしよう

たろっささんの画像

たろっささん

ワイヤレスタイプのヘッドホンということであれば必ず確認したいのがバッテリーの持ち時間です。一日中付けているという方は少ないかもしれませんが5-6時間しか保たないものを選んでしまうと毎日充電を行わなければならず、充電を忘れてしまうと使えなくなってしまうというリスクがあります。できれば10時間以上保つものを選択したほうが良いでしょう。


屋内でしか使わない、すぐに充電できる環境があるということであれば短めのものでも構いませんがこちらも短すぎると無線であるというメリットが薄れてしまう点には注意しましょう。

たろっささん厳選ワイヤレスヘッドホンランキング3選

JBL

TUNE 500BT

ズバリ、ワイヤレスヘッドホンの入門機を欲しい方にはこれ!

ワイヤレスヘッドホンの入門として人気の高い商品。32mm径のドライバで高音質を実現しています。約2時間で16時間のワイヤレス再生ができるので、通勤や通学などでの利用にもピッタリ。外に持ち歩く方におすすめの商品となっています。

ドライバ口径 32mm 連続駆動時間 16時間
ノイズキャンセリング - トランスミッター/送信機 -
たろっささんの画像

たろっささん

イヤホンより音楽に没入したい、けれども初めてだからそこまで高いものはちょっと…といったニーズに応えるJBLの入門機として非常に人気の製品です。約155gというヘッドホンの中ではかなりの軽量に位置し、長時間使用していても疲れづらいというのは一つの強み。


2時間充電で16時間使用可能というバッテリー効率の良さも好評です。ハンズフリー通話もイヤーカップリモコンの操作だけで受けることができるのでスマホとの相性もバッチリ。

Beats

Beats Studio3 Wireless

ズバリ、iphoneで音楽をずっと聴いていたい方にはこれ!

外部の騒音を能動的に排除するアクティブノイズキャンセリング機能や、幅広い音域を維持するリアルタイムのサウンドキャリブレーションが魅力。イヤークッションが人口工学に基づいて作られているのでiphoneで疲れることなく聴き続けられます。

ドライバ口径 連続駆動時間 22時間
ノイズキャンセリング トランスミッター/送信機
たろっささんの画像

たろっささん

Appleの子会社でオーディオ機器ブランドとして有名なbeatsのワイヤレスヘッドホンです。Apple純正というだけあり、iPhoneと接続すると通話や曲の切り替えはもちろん、Siriの起動まで行えるというのが大きな強み。Class1Bluetoothに対応しているため、離れた場所でもらくらく通信が可能です。


ノイズキャンセリング機能もしっかりしており、没入感が高いのも○。

SteelSeries

ゲーミングヘッドセット

ズバリ、ワイヤレスゲーミングヘッドセットが欲しい方にはこれ!

PS5の強力な次世代オーディオのために開発されたワイヤレスヘッドホン。ノイズキャンセリングマイクを持ち合わせており、高性能なヘッドセットとしてお使いいただけます。低遅延なので、ゲームをしていても気になることがないのも魅力です。

ドライバ口径 連続駆動時間 24時間
ノイズキャンセリング トランスミッター/送信機
たろっささんの画像

たろっささん

ゲーミングデバイスとして名高いSteelSeriesのゲームに特化したワイヤレスヘッドセットです。USB-Cの小型ドングルを接続して通信を行う2.4GHz赤外線を採用しているため、Bluetoothより格段に遅延や音質の劣化を防ぐことができます。


マイクにノイズが乗りづらいノイズキャンセリングやイヤーカップのボタン操作で全てコントロールできるオンイヤーコントロールなど、ゲームや音楽鑑賞に必要な機能が盛り沢山なのも嬉しいポイントです。

たろっささん厳選ワイヤレスヘッドホン比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 ドライバ口径 連続駆動時間 ノイズキャンセリング トランスミッター/送信機
アイテムID:12446312の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ズバリ、ワイヤレスヘッドホンの入門機を欲しい方にはこれ!

32mm

16時間

-

-

アイテムID:12446314の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ズバリ、iphoneで音楽をずっと聴いていたい方にはこれ!

22時間

アイテムID:12446316の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ズバリ、ワイヤレスゲーミングヘッドセットが欲しい方にはこれ!

24時間

そもそもワイヤレスにする利点って?

ワイヤレスヘッドホンにする最大の利点は、オーディオ機器とイヤホンを接続するコードが必要ない点です。Bluetoothといった無線通信技術を利用して通信を行います。コードが絡まるのが嫌、オーディオ機器をバッグにしまったまま使いたいときに便利です。

 

なかには、有線と無線両方の機能を備えたモデルも販売されています。音質のいいモデルが多いため、自宅・外出時に音楽や動画を快適に楽しめるのが魅力です。

使い方別!必要な機能をご紹介

一口にワイヤレスヘッドホンといっても、モデルによって用途はさまざまです。通話や持ち運びを想定したものもあります。シーンに合うものを選びましょう。

家で使うならこんな機能

ワイヤレスヘッドホンを家庭で使う場合が多いなら、装着感・接続・音質にこだわって選びましょう。オーディオ機器との簡単接続・迫力を出すサラウンド機能などさまざまです。

テレビやゲームに使うなら「クッション性」のあるものがおすすめ

ワイヤレスヘッドホンはモデルによって装着感が異なります。自宅でテレビ番組・オンラインゲーム・映画鑑賞などを楽しみたいなら、装着感で選ぶのが重要です。装着感は、本体のイヤーパッド部分で判断できます。

 

タイプは、耳の上にのせる感覚で付けるオンイヤー型と、耳をすっぽりと覆うオーバーイヤー型の2種類です。軽い付け心地が好みならオンイヤー型、音漏れが少ないものが好みならオーバーイヤー型が適しています。

 

長時間付ける場合は、軽量で圧迫感が少ないモデルがおすすめです。オーバーイヤー型には、耳全体をやさしく覆ってくれるものもあります。

PCやテレビに使うなら「簡単接続」がおすすめ

ワイヤレスヘッドホンの多くには、Bluetoothトランスミッター(送信機)が付属しています。トランスミッターは、Bluetooth非対応器をBluetooth通信可能にする機器です。テレビやゲーム機に接続すれば、簡単にワイヤレスヘッドホンに音声を伝送できます。

 

ワイヤレスヘッドホンは、モデルによって有線接続が可能なのも特徴です。接続方法は、3.5mmオーディオケーブル・AUXケーブルなどを、オーディオ機器とヘッドホン本体に差し込むだけです。有線接続でハイレゾ再生に対応するモデルもあります。

映画を見るなら「サラウンド機能」がおすすめ

サラウンド機能を備えたワイヤレスヘッドホンなら、映画館のような迫力ある音を体感できます。音が左右から聞こえる通常のヘッドホンと異なり、立体感や臨場感が増すのがメリットですが、価格が高く商品数が少ないのはデメリットです。

 

選ぶ際には、ヘッドホンの対応しているチャンネル数に注目しましょう。チャンネル数は、5.1ch・7.1ch・9.1chの3種類。数字が大きくなるほど、音の厚み・立体感・臨場感を味わえます。

外で使うならこんな機能

ワイヤレスヘッドホンを外出先で使う方には、騒音を遮断するノイズキャンセリング機能がおすすめです。どの機能も普段の使い心地をアップさせてくれます。

Beats(ビーツ)も!騒音が気になる方には「ノイズキャンセリング」がおすすめ

ノイズキャンセリング機能とは、信号処理技術を用いるアクティブノイズキャンセリング(ANC)と、優れたイヤーカップで遮断するパッシブノイズキャンセリング(PNC)を組み合わせて、ノイズの音量を下げる技術です

 

野外で音楽を聞くとき、周囲の騒音や雑音を遮断して静かに楽しめます。商品の詳細にノイズキャンセリングとだけ記載されている場合、アクティブノイズキャンセリングを指している場合がほとんどです。Beats(ビーツ)などのメーカーをチェックしてみましょう。

 

ノイズキャンセリングは本体のリモコンで操作可能なモデルが多いので、シーンに合わせて使えます。

 

以下の記事では、ノイズキャンセリングヘッドホンの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

通話をする方には「マイク・リモコン付き」がおすすめ

リモコン付きのワイヤレスヘッドホンなら、音楽の再生・一時停止・曲送り・曲戻し・音量調節を耳元で操作できます。マイク付きの通話対応モデルでは、着信を受けたり終話させたりする操作も可能です。

 

なかには、SiriやGoogleアプリなど、音声アシスタント機能の起動に対応したモデルもあります。

1万円以下も!持ち運びに便利な「折りたたみ機能」がおすすめ

コンパクトに収納したり、持ち運んだりしたいなら、軽量&折りたたみできるワイヤレスヘッドホンがおすすめです。付属のケースに収納できるモデルが多いため、余計なスペースを取りません。1万円以下のものもあるので、初心者の方にもおすすめです。

SONY(ソニー)も!最強の「高音質」ならドライバー&ハイレゾがおすすめ

ワイヤレスヘッドホンの音質は、振動版(ドライバー)の大きさ・ハウジングの体積に影響されます。ドライバーユニットは駆動装置とも呼ばれ、ヘッドホンのスピーカーにあたる部分です。

 

一般的なサイズは口径40mm前後で、ドライバーのサイズが大きくなるほど、音質は最強です。SONY(ソニー)などのヘッドホンが人気なので、チェックしてみましょう。ただし、サイズが大きくなると重さも増すため、首や頭に負担がかかるのは注意点です。

 

高音質にこだわるなら、オーディオ機器・ヘッドホン両方の再生周波数が、ハイレゾに対応しているかもポイントで、ハイレゾ音源を再生したい場合は重要です。ヘッドホンは、40kHz以上を再生可能なモデルが対応機器と定義されています。

iphoneで使用するならBluetoothの「バージョン」をチェック

Bluetoothはバージョンによって特徴が異なります。大きな違いは、データの通信速度・通信容量・消費電力・通信範囲などです。バージョンは、Bluetoothの文字の後に続く数字となっています。

 

Bluetooth4.2・Bluetooth5.0のように記載されます。数字が大きいほどデータを高速で転送でき、通信範囲が広いです。また、省エネ性能も向上しています。iphoneで途切れない安定した接続がしたいならチェックしてみてください。

長時間使いたいなら「バッテリー」容量の大きなモデルがおすすめ

バッテリー容量が大きなモデルは、長時間使うのに適しています。最大35時間・最大60時間再生できるものなど、バッテリー性能のいいモデルが人気です。なかには、1回10分の充電で約90分再生・240分再生できるコスパに優れたモデルもあります。

 

フル充電までの時間や連続駆動時間は商品詳細に記載されているので、気になる方はチェックしてみてください。

かわいい白も!持ち運ぶならおしゃれな「デザイン」がおすすめ

音質やバッテリーなどの機能性だけでなく、最近はデザインにもこだわったモデルも数多く販売されています。おしゃれなポイントは、使われている素材・ブランド・カラーバリエーション・イヤータイプなどです。

 

かわいい印象の白やパステルカラー・都会的な北欧風デザイン・大人向けのスタイリッシュなデザイン・高級感あるエレガントなデザインなどさまざまです。おしゃれさを重視するなら、カラーバリエーションの豊富さ、自分好みのカラーがあるかに注目しましょう。

体に負担なく使いたいなら「重量」の軽いモデルがおすすめ

重たいヘッドホンは頭や首に負担大です。装着したときに不快感を感じると、音楽や映画に集中できない原因になります。自宅で長く装着したり、外出先に持ち運んだりしたいなら、軽量でコンパクトなモデルを選びましょう。

 

重量の目安は200g~300g程度です。軽くても高機能で使いやすいモデルは多いので、気になる方はチェックしてみてください。

ハウジングが全てを左右する

ヘッドホンの外観に影響する重要なポイントで、音質や耐久性にも影響します。ヘッドホンの構造・素材で音が変化するため、機能性と合わせてチェックしておきましょう。

ヘッドホンの構造で選ぶ

遮音性の高いクローズド型・ストレスの少ないオープンエアー型や、セミオープン型・フルオープン型が販売されています。

低音を楽しみたいなら「クローズド型(密閉型)」がおすすめ

クローズド型(密閉型)は、その名の通りハウジング部分が密閉されています。遮音性が高く、外からの騒音が入り込みにくいのが特徴です。音漏れもしにくいため、外出先でヘッドホンを使いたいときにおすすめします。

 

音質は力強い低音を再生可能です。ただ、その反面音がこもる場合もあります。

音抜けのよさを感じたいなら「セミオープン型(半開放型)」がおすすめ

セミオープン型(半解放型)は、自然な音の広がり・音抜けのよさ・圧迫感の少なさが特徴です。高性能なモデルになると、全音域をクセのないナチュラルなサウンドに表現しています。普段使いはもちろん、レコーディングやミキシングに使いたい方にもおすすめです。

開放的な音質が好みなら「オープンエアー型(開放型)」がおすすめ

ハウジングが密閉されていないオープンエアー型(開放型)です。ハウジング部の背面にメッシュ素材のような穴が開いています。音の自然な広がりを楽しめるのが魅力です。長時間使っても聞き疲れしにくい傾向にあります。

 

音質は高音がクリアで音がこもりません。ただ、その反面低音はやや弱くなっています。音漏れも大きいので、室内用に使うのがおすすめです。

楽に装着したいなら「フルオープン型(全開放型)」がおすすめ

フルオープン型(全開放型)は、一般的なヘッドホンではないタイプになります。ハウジングとイヤーパッドがないもの、イヤーパッドがありハウジングがないヘッドホンです。現在は生産完了していますが、SONY(ソニー)のMDR-MA900はフルオープン型にあたります。

ヘッドホンの素材で選ぶ

ハウジングの素材は一般的なプラスチックのほかにも、剛性の高いアルミやチタン・高級感ある木があります。こちらも自分の好みや用途に合わせて選ぶのがおすすめです。

5000円前後も!価格の安いものなら「プラスチック」がおすすめ

プラスチックはハウジングの素材では一般的なもので、軽量なのが特徴です。販売されているヘッドホンは、5000円前後の安いモデルが多くなっています。安いワイヤレスヘッドホンを探している方におすすめです。

 

もちろん、高機能なハイエンドモデルも揃っています。ただ、木や金属に比べると音質面ではあまり目立った点がありません

クリアな音を楽しみたいなら「金属(アルミ・チタン)」がおすすめ

金属製のハウジングは、主にアルミ・ステンレス・チタン素材です。特徴は、強度の高い金属を使用した剛性の高さで、これにより不要な振動を抑え、クリアな音質を表現しています。

 

アルミには音のシャープさ、チタンには余韻の少ない音色がありますのでチェックしてみましょう。

高級感ある見た目にこだわるなら「木」がおすすめ

木製(ウッド系素材)のハウジングは、見た目の高級感・特別感・振動性能の高さが特徴です。振動を吸収する力を持っているため、クリアな音質と自然な残響効果を感じられます。音圧を抑えて、適度な余韻と暖かみを生み出しているのも魅力です。

【編集部厳選】家用ワイヤレスヘッドホンおすすめランキング6選

1位

ソニー(SONY)

7.1ch デジタルサラウンドヘッドホンシステム

4.0

高音質なSONY(ソニー)!ゲーム・映画用など最強品質を追い求める方に

シネマモード・ゲームモード・ボイスモード・スポーツモードが用意されており、コンテンツに合わせて視聴できます。臨場感たっぷりの映画とゲーム・スタジアムにいるようなスポーツ観戦を楽しみたい方におすすめです。

 

ヘッドホンは約6時間のフル充電で、最大17時間の長時間再生が可能です。充電用のスタンドが付いているので、使わないときは手軽に充電できるのが魅力になります。高音質のSONY(ソニー)の品なので最強音質を求める方はチェックしましょう。

ドライバ口径 40mm 連続駆動時間 約17時間
ノイズキャンセリング - トランスミッター/送信機
2位

ソニー(SONY)

コードレスステレオヘッドホンシステム MDR-IF245RK

3.8

高品質・高コスパなものが欲しい方はこれ!

40mmドライバーユニットが臨場感あふれるサウンドを再現しています。音楽・映画・ゲームの音声を、コードレスで楽しめるのが魅力です。充電はトランスミッターに置くだけなので簡単です。

 

約7時間の充電で、約28時間電池が持続します。ヘッドホンはヘッドバンドの長さ調節が不要なフリーアジャスト機構を採用しており、重さも200gと軽いので、長時間でも装着しやすいです。

ドライバ口径 40mm 連続駆動時間 約27時間
ノイズキャンセリング - トランスミッター/送信機
3位

Aning

コードレスヘッドホン

3.5

いろんなデバイスに使える!様々な用途に使用したい方に

ヘッドホンを装着しながら、テレビから離れた位置で視聴したい方におすすめです。ヘッドホンには40mmの大口径ドライバーを採用。ソファに座ってゆっくりと・ご飯を作りながらなど、好きなシーンで楽しめます。

 

有線タイプのようなコードが不要なので、コードが邪魔になりません。充電は送信機に置くだけで行えます。

ドライバ口径 40mm 連続駆動時間 約6時間
ノイズキャンセリング - トランスミッター/送信機
4位

サンワダイレクト

ワイヤレスヘッドホン

3.0

重いヘッドホンで肩を疲れさせたくない方にはこれ!

テレビやPCの視聴・家事・テレワークまで幅広く活用できます。周囲の音に左右されずにテレビを楽しみたい方におすすめです。夜間の視聴や、耳が遠くなった方でも使えます。もちろん、テレビだけでなくPCにも接続可能です。

 

重さが約235gと軽いので、長時間使いたいときにも便利です。厚さ1.5mmの大きなイヤーカップが耳をしっかり包み込みます。収納・充電はスタンドに置くだけです。LEDが光るので、充電中や充電完了を簡単に確認できます。

ドライバ口径 40mm 連続駆動時間 約10時間
ノイズキャンセリング - トランスミッター/送信機
5位

ALTENG

ゲーミングヘッドセット ワイヤレス ヘッドホン

3.5

長時間ヘッドホンをつけ続けたい方に!

ソフト&軽量のイヤーパッドが耳をしっかり包み込みます。通気性に優れていて、重さが約285gと長時間装着しやすい軽量設計で、ヘッドバンドは9段階に調節可能です。3.5mmケーブルを使えば、テレビやパソコンと有線で接続できます。

 

充電は送信機に置くだけ。約6時間のフル充電で、最大12時間再生可能です。こちらの商品には、日本語の取り扱い説明書&2年間の保証期間が用意されています。

ドライバ口径 40mm 連続駆動時間 約12時間
ノイズキャンセリング - トランスミッター/送信機
6位

SIMOLIO

ワイヤレスヘッドホン

3.5

1万円以下のイヤホンが欲しい方はこれ!

柔らかいイヤーマフ&12段階に調節可能なヘッドバンドが特徴的です。長時間のテレビを快適に視聴できるよう工夫されています。1万円以下なので購入しやすいのもポイントです。スマホ・タブレット・iPadなど幅広い互換性があります。

ドライバ口径 - 連続駆動時間 -
ノイズキャンセリング - トランスミッター/送信機 -

家用ワイヤレスヘッドホンのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 ドライバ口径 連続駆動時間 ノイズキャンセリング トランスミッター/送信機
アイテムID:12446391の画像

Amazon

楽天

ヤフー

高音質なSONY(ソニー)!ゲーム・映画用など最強品質を追い求める方に

40mm

約17時間

-

アイテムID:12446392の画像

Amazon

楽天

ヤフー

高品質・高コスパなものが欲しい方はこれ!

40mm

約27時間

-

アイテムID:12446393の画像

Amazon

楽天

ヤフー

いろんなデバイスに使える!様々な用途に使用したい方に

40mm

約6時間

-

アイテムID:12446394の画像

Amazon

楽天

ヤフー

重いヘッドホンで肩を疲れさせたくない方にはこれ!

40mm

約10時間

-

アイテムID:12446395の画像

Amazon

楽天

ヤフー

長時間ヘッドホンをつけ続けたい方に!

40mm

約12時間

-

アイテムID:12446396の画像

Amazon

楽天

ヤフー

1万円以下のイヤホンが欲しい方はこれ!

-

-

-

-

【編集部厳選】外用ワイヤレスヘッドホンおすすめランキング7選

1位

ソニー(SONY)

ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン

4.5

ズバリ、多機能かつ高品質な最強ワイヤレスヘッドホンはこれ!

ヘッドホン装着時の髪型、メガネの有無、装着ズレを自動で検出し、ユーザーに合わせてノイズキャンセリングを最適化します。気圧の変化に対しても最適化を実行してくれるのが魅力です。ハイレゾ音質を楽しみたい方もチェックしましょう。

 

CD音源やMP3などの圧縮音源も調節可能です。そのため、ハイレゾ音源・対応端末を持っていなくても音質のよさを体感できます。スマホ・PCでのハンズフリー通話も行え、複数のマイクを内蔵しており、音声がクリアです。

ドライバ口径 40mmドーム型(CCAWボイスコイル採用) 連続駆動時間 音声再生時間:最大30時間(NC ON時)/最大38時間(NC OFF時)
ノイズキャンセリング 高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1搭載 トランスミッター/送信機 -
2位

ソニー(SONY)

ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-CH710N

4.0

手軽に外でノイキャンできる

こちらのモデルはヘッドホンを長時間使いたい方におすすめです。最大35時間再生可能なバッテリーを搭載しています。約10分の充電で約60分再生可能です。重さは約223gと軽く、外出先に気軽に持ち運びできます。

 

ノイズを遮断するノイズキャンセリング機能にも優れています。周囲のノイズを打ち消して、音楽に集中させてくれるのが魅力です。また、装着時に周囲の音を取り込む機能も備えています。音楽を聞きながら周囲にも注意を配れるため安心です。

ドライバ口径 30mmドーム型 連続駆動時間 最大35時間
ノイズキャンセリング デュアルノイズキャンセリング トランスミッター/送信機 -
3位

ソニー

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM5

3.5

最高峰のノイズキャンセリング機能!長時間使用も可能

ソニーの中でも高いノイズキャンセリング機能を誇るワイヤレスヘッドホンです。外出中でも音楽に浸りたい方は是試してみましょう。低音域から高音域まで高音質なのもポイントです。

 

ノイキャン使用時でも最長30時間もの使用が可能なので、長時間の外出や通勤・通学にも安心です。また、騒音化でもクリアな通話が可能なので、通話に使いたい方にもおすすめします。

ドライバ口径 - 連続駆動時間 40時間
ノイズキャンセリング ノイズキャンセリング機能 トランスミッター/送信機 -
4位

OneOdio

モニターヘッドホン 密閉型

4.0

ズバリ、長時間外で使う方はこれ!

高級感ある見た目が特徴です。イヤーパッドの締め付けが弱めで、耳がすっぽり入って装着しやすいです。遮音性がよく、音のクセが強くないと高評価なのでチェックしてみましょう。約2時間の充電で約40時間再生できます。

 

急速充電機能により、約10分の充電でも約2時間再生可能です。メタリックデザイン・しっかりした付属のケースなので、持ち運びしやすいです。ノイズキャンセリング機能は弱めですが、価格を考えると高コスパです。

ドライバ口径 40mm 連続駆動時間 Bluetooth:約40時間/ANC:約80時間/Bluetooth+ANC:約25時間
ノイズキャンセリング アクティブノイズキャンセリング トランスミッター/送信機 -
5位

Anker(アンカー)

Soundcore Life Q20

4.0

低音!毎日の通勤通学で常に使う方にはこれ!

パワフルで深みのある低音が特徴です。付属の3.5mmAUXケーブルを接続すれば、ハイレゾ音源のクリアなサウンドを体感できます。アクティブノイズキャンセリング中は最大40時間、通常時は最大60時間の長時間再生が可能です。

 

5分間の充電で約4時間再生できるため、急な用途にも対応できます。ヘッドホンにマイクが内臓されているので、ハンズフリー通話をしたい方にも便利です。通話の応答はボタン操作で行えます。

ドライバ口径 40mm 連続駆動時間 音楽再生時間:通常時最大60時間・ANCモード時最大40時間
ノイズキャンセリング アクティブノイズキャンセリング トランスミッター/送信機 -
6位

COWIN

トラベルケース

4.0

さまざまな機能を体感してみたい方にもおすすめ

人口工学に基づいた快適な装着感が特徴です。保湿性と通気性があり、冬は保温を高めて、夏は熱や湿気を減らす働きをしてくれます。ヘッドホンは折りたたみ可能です。付属の収納ケースに入れて持ち運びできます。

 

ノイズキャンセリング機能が搭載されているので、外出中に音楽を楽しみたいときにも便利です。ただし、購入した方からは、ノイズキャンセリング&音質は価格を考えると相応と評価されています。

ドライバ口径 - 連続駆動時間 約30時間
ノイズキャンセリング トランスミッター/送信機 -
7位

JVCケンウッド

ノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホン

4.0

5000円前後!ズバリ、とにかく軽いものがいい方にはこれ!

5000円前後で本体の重さが約165gと軽量なため、重さを気にせず使いたい方におすすめです。ヘッドホンにはノイズキャンセリング機能が搭載されています。騒音が気になる環境でも、快適なサウンドを楽しめるのが魅力です。

 

通常時は約16時間、ノイズキャンセリング時は約11時間、有線接続で約26時間の長時間再生が可能です。イヤーパッド・ヘッドパッドはソフトな付け心地。快適な装着を実現しています。

ドライバ口径 30mm 連続駆動時間 ワイヤレス:約16時間(ノイズキャンセリング機能オフ時)/約11時間(ノイズキャンセリング機能オン時)/有線:約26時間(ノイズキャンセリング機能オン時)
ノイズキャンセリング トランスミッター/送信機 -

外用ワイヤレスヘッドホンのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 ドライバ口径 連続駆動時間 ノイズキャンセリング トランスミッター/送信機
アイテムID:12446399の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ズバリ、多機能かつ高品質な最強ワイヤレスヘッドホンはこれ!

40mmドーム型(CCAWボイスコイル採用)

音声再生時間:最大30時間(NC ON時)/最大38時間(NC OFF時)

高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1搭載

-

アイテムID:12446400の画像

Amazon

楽天

ヤフー

手軽に外でノイキャンできる

30mmドーム型

最大35時間

デュアルノイズキャンセリング

-

アイテムID:12446402の画像

Amazon

楽天

ヤフー

最高峰のノイズキャンセリング機能!長時間使用も可能

-

40時間

ノイズキャンセリング機能

-

アイテムID:12446401の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ズバリ、長時間外で使う方はこれ!

40mm

Bluetooth:約40時間/ANC:約80時間/Bluetooth+ANC:約25時間

アクティブノイズキャンセリング

-

アイテムID:12446403の画像

Amazon

楽天

ヤフー

低音!毎日の通勤通学で常に使う方にはこれ!

40mm

音楽再生時間:通常時最大60時間・ANCモード時最大40時間

アクティブノイズキャンセリング

-

アイテムID:12446404の画像

Amazon

楽天

ヤフー

さまざまな機能を体感してみたい方にもおすすめ

-

約30時間

-

アイテムID:12446405の画像

Amazon

楽天

ヤフー

5000円前後!ズバリ、とにかく軽いものがいい方にはこれ!

30mm

ワイヤレス:約16時間(ノイズキャンセリング機能オフ時)/約11時間(ノイズキャンセリング機能オン時)/有線:約26時間(ノイズキャンセリング機能オン時)

-

【編集部厳選】コスパ重視ワイヤレスヘッドホンおすすめランキング5選

1位

HeyKing

ヘッドホン 有線 ゲーム ゲーミングヘッドホン

3.5

ズバリ、コスパを追い求める方はこれ!

高音質な50mmドライバー&Bluetooth5.0が搭載されています。ノイズキャンセリングも特徴です。再生時間は、フル充電時で最大60時間です。短時間での充電にも対応しています。

ドライバ口径 40mm 連続駆動時間 -
ノイズキャンセリング アクティブノイズキャンセリング トランスミッター/送信機 -
2位

エムパウ(Mpow)

ヘッドホン H7 bluetooth

4.0

安いイヤホンを探している方に!テレビ用にもおすすめ

Amazonで安いイヤホン&ヘッドホンが話題のMpow製です。頭と耳にフィットする付け心地なので、長時間のテレビ視聴にも適しています。付属の3.5mmケーブルを使えば、PCに有線接続して楽しむのが可能です。

 

再生時間はフル充電で最大15時間、通話は最大18時間です。ヘッドホンはハンズフリー通話にも対応しています。

ドライバ口径 φ40mmダイナミック型HDドライバー 連続駆動時間 再生時間:約15時間
ノイズキャンセリング - トランスミッター/送信機 -
3位

OneOdio

高性能 ヘッドホン

4.0

ズバリ、楽器の練習にも使いたい方はこれ!

高級感あるデザイン・約253g(ケーブル除く)の軽量さを備えています。耳をすっぽり覆う低反発なイヤーパッドが特徴です。柔らかくて通気性がいいので快適に装着できます。

 

連続再生時間は最大50時間と長いです。ヘッドホンの両側には、6.35mm・3.5mmのケーブルジャックがあります。楽器の演奏音、オーディオ機器の音楽を同時に再生可能です。ギターやベースと接続する際は、別途アンプを用意しましょう。

ドライバ口径 40mmCCAWボイスコイルドライバー 連続駆動時間 -
ノイズキャンセリング - トランスミッター/送信機 -
4位

ソニー(SONY)

ワイヤレスヘッドホン WH-CH510

4.0

かわいい白も!マイク付きでおしゃれで気軽に持ち運べる

約132gと圧倒的な軽量さが特徴です。300mmドライバーを搭載しており、コンパクトながら高精細な音楽再生を実現しています。高音質なAACに対応可能なので、ワイヤレスでも音質の劣化が少ないです。

 

連続再生は最大35時間です。約10分の充電で約90分の再生が可能なクイック充電もできます。マイク付きでスマホやPCとのハンズフリー通話に対応しているのも魅力です。白もあるので、おしゃれ・かわいい製品を探している方もにもおすすめします。

ドライバ口径 30mm 連続駆動時間 音声再生時間:最大35時間/通話時間:最大30時間
ノイズキャンセリング - トランスミッター/送信機 -
5位

TaoTronics

Amazon売れ筋ランキング 家電&カメラ オーバーイヤーヘッドホン部門 3位

(2024/01/01調べ)

ヘッドホン

4.5

beats(ビーツ)でお探しの方も!アクティブノイズキャンセリング機能付き

アクティブノイズキャンセリング機能により、音楽も通話も騒音を遮断して楽しめます。beats(ビーツ)などのメーカーでお探しの方もチェックしてみてください。専用アプリでアクティブノイズキャンセリング機能をカスタマイズできます。

 

交通機関モード・野外モード屋内モードなどがありますので、使い分けて楽しめます。

ドライバ口径 - 連続駆動時間 最大60時間
ノイズキャンセリング アクティブノイズキャンセリング トランスミッター/送信機 -

コスパのいいワイヤレスヘッドホンのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 ドライバ口径 連続駆動時間 ノイズキャンセリング トランスミッター/送信機
アイテムID:12446409の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ズバリ、コスパを追い求める方はこれ!

40mm

-

アクティブノイズキャンセリング

-

アイテムID:12446410の画像

Amazon

楽天

ヤフー

安いイヤホンを探している方に!テレビ用にもおすすめ

φ40mmダイナミック型HDドライバー

再生時間:約15時間

-

-

アイテムID:12446411の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ズバリ、楽器の練習にも使いたい方はこれ!

40mmCCAWボイスコイルドライバー

-

-

-

アイテムID:12446412の画像

Amazon

楽天

ヤフー

かわいい白も!マイク付きでおしゃれで気軽に持ち運べる

30mm

音声再生時間:最大35時間/通話時間:最大30時間

-

-

アイテムID:12446413の画像

Amazon

楽天

ヤフー

beats(ビーツ)でお探しの方も!アクティブノイズキャンセリング機能付き

-

最大60時間

アクティブノイズキャンセリング

-

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

以下の記事では、高級ワイヤレスイヤホンの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

ノイズキャンセリング・マイク付き・おしゃれなデザインなど外出時に便利な機能も満載です。SONYが販売する安心の高コスパモデルも魅力的。気になっている方は、ぜひ記事を参考に好みの商品を選んでみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年03月15日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

密閉型ヘッドホンのおすすめ人気ランキング30選【有線のものも!】

密閉型ヘッドホンのおすすめ人気ランキング30選【有線のものも!】

イヤホン・ヘッドホン
【2023年】モニターヘッドホンの人気おすすめランキング25選【コスパのいい安いものもご紹介!】

【2023年】モニターヘッドホンの人気おすすめランキング25選【コスパのいい安いものもご紹介!】

イヤホン・ヘッドホン
オーディオテクニカのヘッドホン人気おすすめランキング8選【ワイヤレスも!】

オーディオテクニカのヘッドホン人気おすすめランキング8選【ワイヤレスも!】

イヤホン・ヘッドホン
【2023年】DJヘッドホンの人気おすすめランキング15選【普段使いにも】

【2023年】DJヘッドホンの人気おすすめランキング15選【普段使いにも】

イヤホン・ヘッドホン
ヘッドホンアンプのおすすめ人気ランキング14選【安いコスパ最強のものも!】

ヘッドホンアンプのおすすめ人気ランキング14選【安いコスパ最強のものも!】

ヘッドホンアンプ・DAC
ソニーヘッドホンの人気おすすめランキング15選【圧倒的高音質】

ソニーヘッドホンの人気おすすめランキング15選【圧倒的高音質】

イヤホン・ヘッドホン