【2022年版】プリメインアンプのおすすめ人気ランキング15選【高級なものからミドルクラスまで】

JAZZやROCKなど高音質で音楽を聴くならプリメインアンプにこだわると良いです。中古ならミドルクラスやハイエンドの高級プリメインアンプといった名機も低価格で手に入るかも。今回はプリメインアンプのおすすめの選び方と人気おすすめランキングをご紹介します。

プリメインアンプで高音質なサウンドを楽しもう

音楽好きは音質にとことんこだわりたいですよね。高音質で音楽を楽しむためには、スピーカーだけでなくプリメインアンプにもこだわると良いです。また好みのプリメインアンプとスピーカーを組み合わせることで自分だけの最適な音楽環境を作り出すことも。

 

最近ではBluetoothやWi-Fi対応のワイヤレスに対応した商品も販売されており、ますます便利になっていますよ!またハイレゾ対応のものはリアル感や迫力が段違い。ですが、プリメインアンプに搭載された機能によって価格帯もさまざまなので選び方が難しい商品でもあります。

 

そこで今回はプリメインアンプの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはデジタル入力・ワイヤレス通信・機能の3つのポイントを基準として作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

DAC・ポータブルヘッドホンアンプとの違いについて

DACはD/Aコンバーターとも呼ばれ、デジタル信号をアナログ信号に変換する役割を担っています。通常のプリメインアンプには含まれていないため、別途DACを購入する必要があります。

 

最近ではDAC内蔵のプリアンプも多く販売されているため、接続する手間を省きたかったらDAC内蔵のプリメインアンプを選びましょう

 

ポータブルヘッドホンアンプとは、音量や音質を調節するアンプを小型にしたものです。イヤホンやヘッドホンで音楽を再生する際に、EQで音質や強調したい部分を調節できるのが魅力。外出時でもこだわって音楽を聴くならポータブルヘッドホンアンプは取り入れるべきでしょう。

プリメインアンプの選び方

プリメインアンプはさまざまな種類のものが販売されているので、購入の際にどれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いと思います。ここでは選ぶポイントをご紹介します。

音質で選ぶ

プリメインアンプで、一番に重視したいのは音質です。音質が変われば音源の再現率や臨場感、ダイナミックな感じが大幅に変化します。出来るだけ音質の高いものを選ぶのがおすすめです。

「周波数帯域」が広いほど低音から高音までクリアな音質で楽しめる

プリメインアンプにはそれぞれ周波数帯域というものがあります。これは出力できる周波数の最大値と最低値を表す数値で、この帯域の幅が広いほど、高音質な音源を再生する事ができると考えていいでしょう。

 

音楽を楽しむ上でかかせない音質ですので、購入の際は周波数帯域をチェックすることをおすすめします。どれくらいの音質なのかを他の製品と聴き比べたり比較して、出来るだけ良い音質の製品を選ぶようにしましょう。

臨場感を求めるなら「ハイレゾ音源」対応がおすすめ

高音質な音源といえば、ハイレゾ音源です。Blu-Rayレコーダーなどもハイレゾ音源対応製品は数多く販売されています。これまでの音源再生技術とは比べ物にならないほどの高音質お音源再生を可能にしています。

 

そんな、ハイレゾ音源に対応したプリメインアンプを選べば、音源の細かな音までしっかりと聴くことが可能です。ハイレゾ対応のプリメインアンプは、クラシックなどの繊細な表現の多い音源を聴く方や、音楽を学んでいる方、音に対して耳を鍛えたいという初心者の方にもおすすめです。

入力端子で選ぶ

プリメインアンプはアナログ入力が端子の主流となっていますが、最近ではデジタル入力やUSB入力 など、アナログ以外の入力端子をもつプリメインアンプも人気があります。

デジタル音源を聴きたい方は「デジタル入力」

これまでのプリメインアンプはCDやカセットデッキを再生するアナログ入力端子を搭載したものが主流でした。最近ではBlu-Rayなどのデジタル音声出力機器が登場した事により、デジタル端子を搭載した機器が人気となっています。

 

また、デジタル端子には光デジタル(オプティカル)端子という、光ファイバーでデジタルデータを伝送するための端子があり、これには丸型と角型があります。同軸デジタル端子というのは、RCA端子と同じ形状の端子ですが、デジタルデータを伝送するための端子でコアキシャルと呼びます。

 

PCや携帯プレイヤーなどに入ったデジタル音源を聴きたいという方は、デジタル入力端子を搭載したプリメインアンプを購入する事が必須となります。使う用途を考えて、デジタル端子が必要かどうかでデジタル端子を選んでみてください。

PCやスマホなどの音源を再生するなら「USB入力」

PCや携帯型プレイヤーに入ったハイレゾ音源を再生するためには、USB接続に対応したプリメインアンプが必要となります。プリメインアンプのUSB端子をPCや携帯型プレイヤーに接続する事で簡単に音源を再生する事が可能になります。

 

また、ハイレゾ音源も再生する事ができるため、高音質な音源を楽しみたい方にもおすすめです。また、通常の音源もUSBの接続だけで再生できるため、とても便利です。

レコードを再生するなら「フォノ端子」

レコードプレーヤーとプリメインアンプを接続するならフォノ端子が必要です。アンプ・スピーカーを用いて本格的に音楽を楽しむ方は、ゆくゆくはレコードも楽しみたいですよね。もしついていない場合はフォノイコライザーを別途導入してレコードを再生することも可能です。

自分の再生したい環境に合った「出力端子」を選ぼう

プリメインアンプは出力端子が少ない事が、多くの出力端子を持つAVアンプと大きく異なる点。そして、標準的な出力端子はライン出力、スピーカー出力、ヘッドホン出力とシンプルです。

 

また、ライン出力端子の数は機種によって異なるので、接続する予定の機器数を確認し、アンプの端子数をチェックしてからプリメインアンプを選ぶのがおすすめ。スピーカー端子は、AとBの2系統を搭載したモデルが主流となっています。

 

また、スピーカーセレクターダイヤルを切り替える事により、2組のスピーカーをそれぞれ使用することや同時に鳴らすことも可能。また、バイワイヤリング接続をしたい場合は、2系統以上の端子が必要となります。

対応機能で選ぶ

トーンコントロールやEQ調節など、好みの音色にするために機能にもこだわってみましょう。

デジタル信号をアナログ信号に変換できる「DAC搭載」

デジタル・アナログコンバーターのことで、DACがあればデジタル音声をアナログ信号に変換して再生する事ができます。光デジタル入力されたデータや、USBオーディオ入力によってインプットされたデータをアナログへと変換する役割を果たしています。

 

PCや形態型プレイヤー、ゲーム機の音声をアンプ側で変換し高音質なサウンドで楽しむ事が可能となります。特にUSB接続があると汎用性も高くなり、便利です。また、ハイレゾデータを変換する際は、DACの性能が大きく関わります。

好みの音色を作りたいなら「トーンコントロール」

高域や低域をツマミなどでコントロールできる機能です。BASS、MIDDLE、HIGH、TREBLEと4つに分けられる場合もあります。音質に影響はありませんが、音源によって好みのチューニングが異なる場合、細かな調整が可能なものを検討する事をおすすめします。

高音と低音で出力を分ける「バイワイヤリング」

高音用と低音用にそれぞれ別々のケーブルを使う方式をバイワイヤリングといいます。バイワイヤリングに対応していると、より再現度の高い再生が可能となります。ただ、スピーカー、アンプの入出力は倍になり、高級機になり価格も高くなります。

 

バイワイヤリング用にハイとローの2系統の出力をもったスピーカーを使っていたり、もしくは使う予定がある場合は検討をおすすめします。

ワイヤレス対応にしたいなら「Bluetooth」

プリメインアンプの中にはBluetoothに対応したものがあります。Bluetoothに対応しているとパソコンやスマホ、タブレットの接続をはじめイヤホン、ヘッドホンなどワイヤレスにすることができます。

 

普段、スマホやパソコンの中の音楽ファイルを聴いている方にはBluetooth対応プリメインアンプがおすすめです。スマホやパソコンを1度登録しておけば、毎回ペアリングをする必要もありません。

 

できればより高音質なAACやaptX Low Latencyなどのコーデックが一般的で望ましいです。また、Bluetooth対応アンプで便利なのが、Bluetoothオフ機能。無線通信はノイズの発生源となることが多いので、常に良い音で聴きたい音質重視の方は通信をオンオフが可能かチェックしましょう

再生環境や必要なパワーに合わせて「増幅素子・動作方式」を確認しよう

好みの音質や必要なパワーで選ぶなら増幅素子と動作方式を意識して選んでみましょう。増幅素子には真空管とトランジスタがあります。一般的なのはトランジスタですが、温かみのあるサウンドを求めるなら真空管がおすすめです。

 

動作方式はA級~D級までクラスごとに分類されます。これは性能の優劣によって分類されるわけではなく、出力の効率の良さや音質の良さなどの特徴によって分かれ、それぞれメリット・デメリットがあります。音質の良さを求めるならA級がおすすめです。

収納スペースを節約したい方は「小型サイズ」を選ぼう

プリメインアンプにはコンパクトなサイズのものから大きくて多機能なものまでさまざまな種類があります。収納スペースや設置サイズを意識して選んでみるのも重要です。どこに置くか、どれくらいの大きさのものかを事前に確認しておくと良いですよ。

メーカーで選ぶ

自分の好きなメーカーや信頼できるメーカーから選んでみると失敗しにくいですよ。ここでは人気のメーカーをご紹介します。

JAZZを聴くならアナログ入力の質が高い「マランツ(Marantz)」

音質やノイズ除去にこだわった商品を揃えている人気メーカー。多機能で高音質なのに値段も手を出しやすいのでコスパも高いです。繊細な音までクリアな音質で聴きたい方は選んでみてはいかがでしょう。

ミドルクラスやハイエンドの高級プリメインアンプまで揃えている「ソニー(SONY)」

誰もが耳にしたことがある有名メーカーSONYSONYのプリメインアンプはさまざまな価格帯のものが売られています。自分の再生環境や音質のこだわりまでとことん追求するならおすすめです。

10万円以下の商品を多く揃えた「デノン(Denon)」は初心者にはベストバイ

デノンから販売されているプリメインアンプは比較的安価な商品が多いため、予算を抑えたい人はおすすめです。ですがミドルクラスやハイエンドの商品も販売されているので、もしデノンのプリメインアンプが気に入ったらグレードアップしていくのも良いでしょう。

柔らかい音色を楽しむことができる「ヤマハ(YAMAHA)」

ヤマハ伝統の純度の高い音質を楽しみたい方におすすめです。クラシックを再生しても固い音にはならず、ふくよかで柔らかい音色を楽しむことができます。そして原音にも忠実なので、音源の再現度も高いです。

日本のオーディオ業界を盛り上げてきた「SANSUI(サンスイ)」

シンプルで原音に忠実なプリメインアンプを販売され、日本のオーディオ業界を牽引してきた歴史ある人気メーカー。安定性の高いクリアな音質は、オーディオ好きのリスナーの耳を喜ばせてきました。信頼のある人気メーカーなので、メーカーで迷ったらおすすめです。

創業90周年以上の歴史あるメーカー「ラックスマン(LUXMAN)」

高品質でハイエンドなプリメインアンプを販売しているメーカー。創業90周年以上の歴史もあります。原音にとことん忠実なピュアオーディオメーカーと呼べるでしょう。高額な商品ばかりではなく、価格を抑えたエントリーモデルも販売されているのでチェックしてみましょう。

ミドルクラスからハイエンドの名機を揃えた「アキュフェーズ(Accuphase)」

高級感の伝わる見た目のプリメインアンプEシリーズを販売され、オーディオマニアから人気を集めています。Balanced AAVAを搭載し、ノイズを抑えたバランスの良さが特徴。どのグレードもサイズは大きいですが、さまざまな端子に対応し万能です。

コスパ重視なら「中古」がおすすめ

名機やハイエンドモデルのプリメインアンプは値段が高くてなかなか手を出しづらいですよね。中古なら安くて良いものを買えるので、良い商品と出会える可能性も。予算を抑えたい方は中古の商品もチェックしてみてはいかがでしょう。

プリメインアンプの人気おすすめランキング15選

15位

アナログ入力の質を極限まで高めた製品

デジタル入力は搭載されていませんが、回路・基盤・電源など基本となる部分を徹底的に改善し、アナログ入力の質を極限まで高めた製品です。従来のプリメインアンプでは聞こえなかった細かな音まで忠実に再現する事ができます。

 

ハイレゾ音源にも対応し、カートリッジ接続もすることが出来ます。通常では聞こえない息遣いなど微小な信号まで再現する庫太が可能です。レコード再生もできるフォノアンプも装備されており、高品質なプリメインアンプとなっています。

デジタル入力 なし ワイヤレス通信 なし

口コミを紹介

とにかくパワーが違う。ハイエンドオーディオだわ。今まで聞こえなかった音が聞こえてくる。凄いわ。これ。

出典:https://www.amazon.co.jp

ヤマハ伝統の音楽信号を忠実に再現

ヤマハ伝統の音楽信号を忠実に再現する事ができるピュアオーディオ設計思想の元に製造されたプリメインアンプです。音源の純度を高め、ライブ音源そのままの音質で楽しめる協力なパワーを搭載しています。

 

6種類のアナログ端子に加えて、デジタル音源の再生にも対応しています。クラシックを再生しても固い音になることはなく、柔らかい音色を楽しむ事ができますよ。ロックでも同様に優しさのある音色が再現されています。

デジタル入力 光デジタル・同軸 ワイヤレス通信 Bluetooth(別売り)

口コミを紹介

TEACのプリメインアンプもいい音がしてますが、YAMAHAのこれは、優しい音が出ますね。どちらも良いアンプです。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ティアック(Teac)

プリメインアンプ A-R630MKII-S

A-R630の後継機

A-R630の後継機として登場したのがこのモデルです。プリメインアンプとしての基本機能はもちろん、マイクミキシング機能を搭載。自宅でも簡単にカラオケの練習が行えます。

 

また、フォイ端子も搭載しているため、アナログレコードプレイヤーからの音源再生も可能なので幅広い用途で使用出来ます。内部のプリアンプ回路には、差動入ディスクリートを採用し、より純粋な音源再生が可能です。

デジタル入力 なし ワイヤレス通信 なし

口コミを紹介

写真だと安っぽい感じに見えますが、実物は違いました。
これが2万円?と思えるぐらいの重量と高級感がありました。
まあ20年前の普及機が壊れたので買い替えですが、そんな昔の機器と比べてもって感じですが。当然音も段違い。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

防振構造設計を採用

防振構造設計を取り入れている製品。背面にはたくさんの入出力端子があり、2つのスピーカーセットが接続できるほかにも4つのアナログと1つのイコライザーからの入力コントロールが出来る端子があります。

 

S.L.D.C.というDENONの技術で回路レイアウトをプリアンプ回路、メインアンプ回路、Phono回路を独立した位置にすることで回路レイアウトを分離し、お互いの干渉を少なくする設計が施されています。

デジタル入力 記載なし ワイヤレス通信 記載なし

口コミを紹介

特にこのジャンルで聴きたい方はそれなりの製品を求められるでしょうが、私の場合はジャンルを問わず普通に鳴って、音の調整がし易い製品なので購入しました。ドンシャリがお好きな方はそれなりのアンプを探されたらいかがでしょうか。

出典:https://www.amazon.co.jp

パソコンを軸にシステムを組むならおすすめ

非常にコンパクトでデスクトップオーディオ向けのアンプとして最適な製品です。アナログ入力端子が1系統あり、そこからハイレゾプレイヤーやパソコンと接続して、ハイレゾ対応のパッシブスピーカーと繋げばハイレゾ対応のシステムを構築することが出来ます。

 

パソコンを軸にしたオーディオシステムを組むには最適な機種です。価格もリーズナブルで初心者やサブシステムを組んでみようと思う方におすすめの製品です。

デジタル入力 なし ワイヤレス通信 なし

口コミを紹介

コンパクトサイズとオートパワーオフ、値段の割の高音質に満足しました。
音質的には高音がきれいにでている反面、低音はあまりでない印象。
寝室用やPC用などで軽く音楽を楽しみたいという人向けという感じでしょうか。

出典:https://www.amazon.co.jp

DAC内蔵のプリメインアンプ

Kシリーズはスマホやウォークマン、iPadなどの音楽携帯機器だけでなくUSB-DACなどハイレゾリューションデジタル音源を再現するDAC内蔵のプリメインアンプです。

 

有線での接続の他に、Bluetooth、NFCでの無線接続に対応していて多くの機種との接続が可能。小型ながら電源部には音楽用コンデンサーを設置する事で、高音質でクリアな音を楽しめます。

デジタル入力 記載なし ワイヤレス通信 記載なし

口コミを紹介

小さな筐体にKA-NA7を合わせるのがベストと思います。
合わせた音質は安物コンポより上質の環境を楽しめます。
出張で家を空ける機会が多いかたの持ち運べるオーディオとしてもオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

Marantz

プリメインアンプ PM-6006/FN

リーズナブルな価格で高音質

スピーカーの駆動力を向上させるためパワートランジスタが大型化されていて、瞬時の電流供給性能を42%向上させています。さらに、デジタル端子も搭載しており、ハイレゾ入力にも対応。

 

アナログ回路に影響を与えないようにデジタル回路には専用のシールドボックスで収納されています。そのため、アナログ回路の音質の劣化がありません。そして、デジタル入力が選択されてない時は電力供給も停止されるために、安定したアナログ入力の音質が再現されます。

デジタル入力 光デジタル・同軸 ワイヤレス通信 なし

口コミを紹介

音の立ち上がりが早く、エコーの消えゆく余韻が綺麗。低音の締まりも良くなった。スピーカーは20数年前のNS-10MXを継続して使っているので、音の変化が顕著にわかった。因みにアンプはONKYOのAVアンプ入門用の買い替えです。コスパは高いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

DAダイレクト端子を搭載

DAC搭載のプリメインアンプ。ウォークマンで培ってきたDAC技術をプリメインアンプに搭載した始めての機種がこのモデルです。パソコン接続のオーディオとしてピッタリの機種となっています。

 

DAダイレクト端子を搭載し、192KHz/32bitのデジタルデータをダイレクトに出力します。この製品はAB級アンプを搭載し柔らかで高級感のある音を再現。コンパクトなボディは場所選びに困らないサイズのプリメインアンプとなっています。

デジタル入力 記載なし ワイヤレス通信 記載なし

口コミを紹介

今まで、デノンの本当に重たいアンプでDVDとCDデッキの音を聞いてましたが、こんなに小さいアンプで事足ります。もちろんなんですがPCの音がいい、もっと早く世の中に出ていたら要らないものを買わずに済んだのにと思います。ハイビジョンテレビの音が良くなったAVアンプ要りません。

出典:https://www.amazon.co.jp

帰還型増幅回路を採用

高級感あふれる臨場感とDAC回路を内蔵しています。そして、DSDフォーマットやPCMフォーマットにも対応。ICチップをふんだんに使ったフルディスクリート構成の電流帰還型増幅回路を採用し、音に柔らかさを出しています

 

オーディオのアナログ回路は非常に繊細で、他の回路からの干渉を嫌います。そこでPCからのノイズを遮断するデジタル・アイソレーション・システムを搭載する事でアナログモードの際には他の回路の干渉を遮断しています。

デジタル入力 光デジタル・同軸 ワイヤレス通信 記載なし

口コミを紹介

今まで使っていたUSB-DACよりも音の広がりが感じられますし、よりクリアになった感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ミドルクラスからハイエンドクラスのプリメインアンプ

この製品はミドルクラスからハイエンドクラスの部類にはいるプリメインアンプで、語尾に入っているESはExtremely high Standardの略でハイエンド機にのみ付けられる名称となっています。サイズ的には一般のアンプに比べ大きめで、19kgと重さもあります。

 

背面の独特な形状のスピーカー端子はケーブルを簡単に締めることが可能。また、プリアンプにはFET技術を採用し、パワーアンプにはシングルPPを採用してより純度の高い音質を再現している製品です。

デジタル入力 記載なし ワイヤレス通信 記載なし

口コミを紹介

音質が素晴らしいの一言。HAP-Z1ESとの組み合わせで満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

Advanced UHC-MOS採用

Advanced UHC-MOSと呼ばれる回路は、シングルプッシュプルで使われるシンプルな回路を採用し、大電流を得る方法として多くの素子を使うとバラツキが出る事で音に濁りが出てしまうのを解決しています。

 

さらに増幅回路をこれまでの2段構成から単純構成に切り替え純度の高い音の再現。また、ハイパワーは出力がどんなスピーカーともマッチしスピーカーの特性をフルに発揮させ、高音から低音までの領域を忠実に再現しています。

デジタル入力 光デジタル・同軸 ワイヤレス通信 記載なし

口コミを紹介

素晴らしい再生力です。まだバイオリン協奏曲しか聞いていませんが、弦の音の伸びやかさ、暖かさ、とてもきにいりました。買ってよかった。もっともっと聞きこみます。これからが楽しみです。

出典:https://www.amazon.co.jp

豊かさと細かな音まで再現

ヤマハのプリメインアンプとしては、ミドルクラスの上位に位置づけられ、中低音域が豊かさと細かな音まで再現するプリメインアンプです。ピーク/VU切り替え式レベルメーターは音を視覚的にみる楽しさを与えてくれます。

 

またボックスの側面はピアノで使われる木材を使用し、同じ仕上げをして任質を上げる役割を担っています。回路には全段フルバランス伝送とフルディスクリート構成を採用。外部から来るノイズを遮断し、原音を忠実に楽しめます。

デジタル入力 記載なし ワイヤレス通信 記載なし

口コミを紹介

マレーシア製で、はじめは不安もありましたが、音を出してみるとびっくりしました。以前のアンプは、ぷりとメインに分かれた形式でしたが、価格が半分ほどで、この音質ならば納得です。スピーカーを良くしたくなります。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

USB接続やaptXにも対応

アナログ入力とデジタル入力に加え、USB接続やaptXにも対応した機種です。ロックではパワーのあるベースやドラムの低音が響き、クラシックではコーラスや楽器の音に張りがあり、ジャズでは力強いピアノの音がストレートに届きます。

 

ボディは比較的コンパクトなサイズで収納も楽に出来ます。Bluetoothも搭載している高性能なプリメインアンプで、オーディオ初心者の方におすすめの製品です。

デジタル入力 光デジタル・USB ワイヤレス通信 Bluetooth

口コミを紹介

パソコンには、USB接続
ps4proには、光ケーブルで接続して使ってます。
ノイズも全く無く、音も良くなりました。
安心してオススメ出来る製品です( ̄∀ ̄)

出典:https://www.amazon.co.jp

ダイナミックでありながら静粛性も追求したプリメインアンプ

最高の音質とともにこだわり抜かれたオーディオパーツを備えデスクトップにも配置しても邪魔にならないA4サイズのアンプになっています。静粛性を追求したファンレス設計や制振性と高級感を両立するフルメタル仕様も魅力のひとつです。

 

豊富な入力端子を操作する喜びを感じられるこだわり抜いたユーザーインターフェースもおすすめです。アンプの性能面だけでなく本体のフォルムにもこだわりたい方にぴったりの一台です。

デジタル入力 - ワイヤレス通信 -

口コミを紹介

柔らかい音に包まれる感じで、聴いてて時間を忘れます。とにかく「気持ちいい」の一言。ハイレゾもよいですが、過去に耳障りだったりして聴くのを断念していたCDやMP3,WMAなどの圧縮音源まで別物のように気持ちよく聴けるので、それらを聞き直すことが増えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

シンプル構造ながら最高の音質を実現

Bluetoothとデジタル入力機能搭載で、NEシリーズの高音質を実現したエントリーモデルです。またデノン製のCDプレーヤーを操作できるリモコンが付属しています。さらにIRコントロールケーブルで接続すると、HEOSアプリを使ってスマートフォンやタブレットからも操作できます。

 

ボリュームにはオーディオグレードのモーター式を採用しており、こだわりのアナログ式ボリュームは電子ボリュームよりシンプルな回路構成が実現でき、鮮度の低下や色付けを避けられるメリットもあります。

デジタル入力 PCM 192 kHz/ 24 bit ワイヤレス通信 Bluetooth

口コミを紹介

DCD600NEとの組み合わせでの印象ですが、低音域から高音域までのバランスが良く、違和感のない素直さがあります。彫りが深くて、歪感が少ない、高級機を思わせる音質に、期待以上の充足感を得ています。

出典:https://www.amazon.co.jp

プリメインアンプのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 デジタル入力 ワイヤレス通信
1
アイテムID:9286404の画像
PMA-600NESP

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

シンプル構造ながら最高の音質を実現

PCM 192 kHz/ 24 bit Bluetooth
2
アイテムID:9286425の画像
AX-505-B

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ダイナミックでありながら静粛性も追求したプリメインアンプ

- -
3
アイテムID:9286346の画像
プリメインアンプ AI-301DA-SP

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

USB接続やaptXにも対応

光デジタル・USB Bluetooth
4
アイテムID:9286385の画像
プリメインアンプ A-S2100

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

豊かさと細かな音まで再現

記載なし 記載なし
5
アイテムID:9286382の画像
プリメインアンプ PMA-2500NE

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

Advanced UHC-MOS採用

光デジタル・同軸 記載なし
6
アイテムID:9286379の画像
ステレオアンプ TA-A1ES

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ミドルクラスからハイエンドクラスのプリメインアンプ

記載なし 記載なし
7
アイテムID:9286376の画像
プリメインアンプ PM-7005/FN

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

帰還型増幅回路を採用

光デジタル・同軸 記載なし
8
アイテムID:9286373の画像
アンプ UDA-1/B

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

DAダイレクト端子を搭載

記載なし 記載なし
9
アイテムID:9286370の画像
プリメインアンプ PM-6006/FN

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

リーズナブルな価格で高音質

光デジタル・同軸 なし
10
アイテムID:9286367の画像
アンプ KA-NA7

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

DAC内蔵のプリメインアンプ

記載なし 記載なし
11
アイテムID:9286364の画像
パーソナル・アンプAP20d

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

パソコンを軸にシステムを組むならおすすめ

なし なし
12
アイテムID:9286361の画像
プリメインアンプ PMA-390RE-SP

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

防振構造設計を採用

記載なし 記載なし
13
アイテムID:9286358の画像
プリメインアンプ A-R630MKII-S

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

A-R630の後継機

なし なし
14
アイテムID:9286355の画像
プリメインアンプ A-S301

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ヤマハ伝統の音楽信号を忠実に再現

光デジタル・同軸 Bluetooth(別売り)
15
アイテムID:9286352の画像
プリメインアンプ PM8006

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

アナログ入力の質を極限まで高めた製品

なし なし

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

自分好みの再生環境を作るためにスピーカーにもこだわろう

自分好みのプリメインアンプが決まったら、スピーカーもこだわりのものを選んでみましょう。音楽が好きな方は自分好みの再生環境の構築がおすすめです。プリアンプと相性の良いスピーカーを選び、より迫力や臨場感を味わってみませんか

 

また、音楽の再生にはレコードプレーヤーもおすすめです。レコードプレーヤー独特の深みやリアルな音は、CDで綺麗にマスタリングされたものとはまた別物。せっかくならとことんこだわってみてはいかがでしょう。

 

以下の記事では、スピーカーやレコードプレーヤーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回はプリメインアンプの選び方やおすすめランキングをご紹介しましたが、いかがでしたしょうか。プリメインアンプにも様々な機種が存在します。購入を考えてる方で、どのようなモデルを手に入れるか迷っている方は、ランキングや選び方を参考にしてみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年02月22日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

真空管アンプのおすすめ人気ランキング25選【日本メーカーや中華アンプも】

真空管アンプのおすすめ人気ランキング25選【日本メーカーや中華アンプも】

プリメインアンプ
【2022年最新版】DAPのおすすめ人気ランキング15選【ベストバイも紹介】

【2022年最新版】DAPのおすすめ人気ランキング15選【ベストバイも紹介】

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
パワーアンプの人気おすすめランキング15選【小型のデジタルパワーアンプも紹介】

パワーアンプの人気おすすめランキング15選【小型のデジタルパワーアンプも紹介】

AVアンプ
イヤホンメーカーの人気おすすめランキング17選【人気有名メーカー・ブランドを紹介】

イヤホンメーカーの人気おすすめランキング17選【人気有名メーカー・ブランドを紹介】

イヤホン・ヘッドホン
【2022年版】カラオケマイクのおすすめ人気ランキング15選【Bluetooth対応も】

【2022年版】カラオケマイクのおすすめ人気ランキング15選【Bluetooth対応も】

楽器
DACのおすすめ人気ランキング20選【USB接続や据え置きも】

DACのおすすめ人気ランキング20選【USB接続や据え置きも】

ヘッドホンアンプ・DAC