騒音計の人気おすすめランキング10選【使い方もご紹介】

騒音計と聞いても、どのような物なのかあまりピンとこない方も多いと思います。そこで今回は、騒音計の用途や使用する際の注意点。さらには、騒音計の選び方やおすすめ商品を人気ランキング形式で紹介します。購入を迷われている方は、ぜひ参考にしてください。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

あらゆる音を測れる騒音計とは?

騒音計は持っていると便利そうだけれど、実際どのような物なのか、詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。実は、騒音計はあらゆる音を数値化して測ることができる商品なんです!小さい音から大きい音まで、気になる音を計測したいときに大活躍してくれます。

 

騒音計には、たくさんの種類があり、用途や機能も様々です。どのような場合にどのような商品が適しているのかを知っておくと、便利さを実感できて、長年愛用できますよね。また、使い方や注意点を把握しておくことも大切です。

 

そこで今回は、騒音計の選び方や人気おすすめランキングを紹介します。ランキングは、種類・機能・用途などを基準に作成しました。初めての騒音計選びに困っている方、購入を迷われている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

騒音計の選び方

使う用途や種類が豊富な騒音計は、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。ここではまず、騒音計の選び方を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

騒音計の種類で選ぶ

騒音計の種類で選ぶ方法です。どのような目的で、どのような騒音を計測したいかによっても変わってくるため、用途に適した商品を選ぶようにしましょう。

使いやすさで選ぶなら「簡易騒音計」がおすすめ

簡易騒音計は、騒音レベルは数値で測定するだけでいいという方におすすめです。仕様はさまざまなものがありますが、比較的安価なタイプの商品が多いので、お手頃に購入できるのがメリットです。特に初心者の方にとっては、使いやすいでしょう。

環境騒音を測定したい方には「普通騒音計」がおすすめ

工事や住宅などの環境騒音を測定するのに適した騒音計です。「JIS規格」や「計量法」に適合しているため、より正確な騒音レベルを測定することができます。精密騒音計には及びませんが、十分な測定が可能です。

精度を重視したい方には「精密騒音計」がおすすめ

研究や実験レベルの測定で使用する方におすすめの騒音計です。精度の高い計測ができるため、価格は高めに設定されています。研究職などで精度の高さと正確さを求めるなら、精密騒音計を使用したほうがいいでしょう。

騒音レベルを可視化・共有したいなら「ディスプレイ式」がおすすめ

正確さよりも、データの見やすさと共有のしやすさを重視したい方におすすめの騒音計です。センサーで音を感知する分、他の種類の騒音計に比べて正確さは劣りますが、大きく見やすいディスプレイ表示なので、大勢での共有に適しています。

機能で選ぶ

騒音計の機能で選ぶ方法です。どのような機能があるのかを知り、用途に合わせて便利なものを選べるようにしましょう。

騒音データを採取したいときは「最大値ホールド機能」がおすすめ

測定した騒音レベルをデータ採取したい方におすすめの機能です。測定中の騒音レベルの他に、最大値を保持することができます。音の大きさの波は、吸収・拡散されやすいため、最大値を測ることは難しいものです。そんなときはこの機能があると便利ですよね。

騒音記録を残したいなら「データ記録機能付き」のものを

騒音レベルを確認するだけでなく記録として残したい方には、データ記録機能付きの騒音計がおすすめです。例えばマンションの足音など、いつ発生するのかが予測しにくい音に対して、一定時間の記録を残すことができます。

測定対象を絞り込みたいときには「測定レンジ切り替え機能」

測定レンジ切り替え機能は、測定対象を絞り込みたい方におすすめの機能です。多くの騒音計の測定範囲は30〜130dBと広範囲に及ぶため、誤差が生じやすくなってしまいます。はじめから測定対象が決まっている場合には、ぜひ活用したい機能ですね。

電池の消耗を防いでくれる「オートパワーオフ機能」

電池で動くタイプの騒音計には、オートパワーオフ機能がついているものが便利です。電源を切り忘れても安心で、電池を効率よく長持ちさせることができます。特にお年寄りの方や、こまめに電源を消せるか心配な方に、おすすめの機能です。

暗い場所での測定には「バックライト点灯」が便利

夜間の測定や、暗い場所での測定には、バックライト点灯機能がある騒音計がおすすめです。ディスプレイのバックライトが点灯することで、表示データが見やすくなり、ボタンの操作も楽にできるので、ストレスを感じることなく測定できます。

周波数特性で選ぶ

周波数の特性で選ぶ方法です。どのような騒音を測定したいかによって、使う騒音計の特性を使い分けることをおすすめします。

生活騒音には「A特性」のものを

A特性の騒音計は、人間の聴覚を考慮した周波数特性です。低周波や高周波は人間の耳では聞こえません。A特性の騒音計は人間の聴覚に近い作りになっているため、一般的な生活騒音を計測したいときの使用に適しています。

駆動音や衝撃音を測りたいなら「C特性」がおすすめ

C特性の騒音計は、比較的平坦な周波数特性です。音圧をほぼそのまま測定するため、低周波の音も感知しやすくなっています。モーターの駆動音や、衝撃音などを正確に測定したい場合は、C特性の騒音計の使用をおすすめします。

「時間重み付け特性」にも注目

時間重みつけ特性は、騒音測定の正確さを重視したい方におすすめの機能です。指示メーターの動きに関する規定のことで、FastとSlowで表されます。一般的な騒音レベルの測定には、Fastが用いられ、人間の耳の応答時間に近づけたものなんです。

「測定範囲の広さ」もチェック

騒音計を選ぶ際は、周波数の測定範囲を確認することが大切です。一般的な騒音レベルの基準は、20〜120dB程度で、安価な騒音計でも30〜130dB測れる商品が多数販売されています。周波数がよくわからない方は、下記のサイトを参照してみてくださいね。

リオンなどの「老舗メーカー」で選ぶのもおすすめ

国内外問わず騒音計の長い歴史を持つリオン株式会社。長年愛用したいから性能にはとことんこだわりたい方、検定付きの精密騒音計をお探しの方にはおすすめのメーカーです。日本初・世界初となる商品を数多く手掛けているので、性能の良さは間違いないでしょう。

騒音計の人気おすすめランキング10選

10位

テストー(testo)

騒音計

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

工場や工事などの大きな騒音測定に向いている

空調や燃焼システムがある場所、加熱を行う場所での使用が可能。バーナーの騒音や、機械騒音、ディスコの騒音など、大きな騒音の測定に向いている騒音計です。簡単に素早く測定できるので、使いやすさの面でも優秀です。

 

正確な騒音測定時に使用する三脚用の丸ネジも同梱されており、取り付けもスムーズに。大きな音を確実に拾ってくれるので、工場などでの使用の他に、マンションの管理人による苦情対応のための、騒音測定にも便利な1台です。

重量 195g 周波数特性 A特性/C特性
測定範囲 32〜130dB 機能 最大値ホールド
精度 ±1.0 dB
9位

C-Timvasion

小型デジタル騒音計

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ボタン2つの簡単操作でお手軽に

3つのボタンが付いていますが、操作に使うのは2つだけ。なんともシンプルな、手軽で使いやすさが魅力の騒音計です。MAX/MINボタンにより、測定した最大値・最小値の確認がしやすいのも嬉しいですね。

 

その他機能も充実しており、夜間に便利なバックライト点灯や、付属の防風スポンジによる正確な測定も可能で、コンパクトサイズのシンプルな騒音計とは思えない仕様となっています。初心者の方でも使いやすいのではないでしょうか。

重量 81g 周波数特性 A特性
測定範囲 30~130dB 機能 バックライト点灯・最大値ホールド・防風スポンジ
精度 ±1.5dB

口コミを紹介

結果は「大いに満足」。他の高価格帯の製品がどうなのかは分からないが、普通に音量を図るには何の問題もない。反応もよく、画面も大きくて見やすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Zerodis

デジタル騒音計

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

大きなデジタル表示がおしゃれで見やすい

大きなデジタル表記が見やすく、インテリアとしても馴染む騒音計です。壁に掛けることができるので、配置する際に邪魔になりません。とにかく数値が見やすいので、子供やお年寄りでも分かりやすく、大勢で共有するのにも便利です。

 

また、アラーム設定の機能がついており、設定した数値になると警告音を鳴らすことができるため、子供が大声で騒ぐのを抑制したい方におすすめです。静粛にしておかなければいけない場所に設置して、据え置きタイプとしても使えます。

重量 周波数特性 A特性
測定範囲 30〜130dB 機能 アラームスイッチ・壁掛け
精度 ±1.5dB
7位

A-leaf

デジタル騒音計

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

付属の防風スポンジで精度の高い測定を実現

付属の防風スポンジにより、風の雑音を防ぎ高精度な測定が期待できる騒音計です。屋外での測定では風雑音のリスクがありますが、先端にスポンジを取り付けることで、より正確な値を測定できるようになっています。

 

また、温度計が内蔵されており、環境温度を自動的に測定することが可能です。他にも、バックライト点灯や大きなディスプレイなど、嬉しい機能が充実。1台持っているだけで幅広い用途で使うことができる、場所を選ばないマルチ機能な騒音計です。

重量 周波数特性 A特性
測定範囲 30~130dB 機能 バックライト点灯・最大値ホールド・オートパワーオフ
精度 ±1.5dB

口コミを紹介

リフォームした防音室の音を測定するために購入しました。
スマホのアプリで計測した場合と比べても、信憑性がある数値が測定できていると思います。使い方も簡単です!

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

TASI

騒音計 TA8151

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

スタンド付きが便利なコンパクトサイズ

背面にある電池ケースにスタンド機能を搭載した騒音計です。三脚がなくても立てて計測できるため、場所を選ばず、忙しい時でもスムーズに計測することができます。また、大型の液晶バックライトディスプレイで夜間の使用にも便利。

 

使用していないときに電源を自動でシャットダウンする機能も備わっているので、うっかり電源を切り忘れても安心ですね。軽量でコンパクトサイズなので、持ち運びにも困りません。

重量 260g 周波数特性 A特性
測定範囲 30〜130dB 機能 最大値ホールド・自動シャットダウン・バックライト点灯
精度 ±1.5dB

口コミを紹介

最初はスマホのアプリで計測していましたがいまいち信憑性にかけるかと思い、調べて見たところこちらの商品を見つけました。価格も手頃でしたので物は試しに購入!
使い方はシンプルですぐに分かりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Sutekus

データロガー騒音計

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

PCでデータ管理・保存・印刷も

リアルタイムで測定したり、データをレポート化したい方におすすめの騒音計です。PCに繋いで専用ソフトをダウンロード・インストールすれば、測定結果をデータに起こして管理することが可能です。測定したデータを、保存したり印刷できるところも便利です。

 

また、別売りのDCアダブターに対応しているので、長時間の測定にも安心。海外製品ですが、分かりやすい日本語説明書がついているので、迷うことなくスムーズに使えそうです。初心者の方でも、使用しやすいのではないでしょうか。

重量 周波数特性 A特性/C特性
測定範囲 30~130dBA・35~130dBC 機能 バックライト点灯・オートパワーオフ
精度 0.1dB

口コミを紹介

本体単体でリアルタイム騒音計測が出来るのはもちろんのこと、専用ソフトで開いた記録データをグラフ表示させたりエクセル形式(xls2003)で出力保存出来るので独自のグラフ化などにも使用出来てきたりデータ一覧表のpdf出力なども出来て大変便利です

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

シンワ測定(Shinwa Sokutei)

デジタル騒音計 78588

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

細かな設定は不要の初心者向け

分かりやすいボタン配置と細かい設定が不要な、初心者向けの騒音計です。持ちやすいグリップ形状となっており、コンパクトサイズで持ち運びもスムーズに。クッション付きのケースも付属されており、騒音計を安全に保護します。

 

3段階の測定レンジで使用でき、測定開始からの最大値を保持する最大値ホールド機能もついているので、データを採取する際に、比較しやすいのが便利ですね。

重量 150g 周波数特性 A特性/C特性
測定範囲 30dB~130dB 機能 測定レンジ切り替え・動特性切り替え・最大値ホールド
精度 ±1.5dB(94dB、1KHzにて)

口コミを紹介

dbA(電源ON時)とdbCの切り替え可能。
初期設定で通常使用するdbAとなっているのは良い。また参考にdbCがあるのは好ましい。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

カスタム

デジタル騒音計 SL-1340U

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

デジタル表示とアナログ表示の両対応タイプ

測定値の確認をデジタルとアナログの両方でできる騒音計です。デジタルタイプは瞬時に測定値を確認でき、アナログタイプは測定値の変化量をグラフで瞬時に確認することが出来ます。

 

国際規格にも対応した高精度なモデルとなっており、より正確に騒音レベルを計測したい方におすすめの騒音計。本体がスリムな形状をしているため、持ちやすいところもメリットですよね。収納ケースが付属されているので、持ち運びにも便利です。

重量 約200g 周波数特性 A特性/C特性
測定範囲 32~ 130dB 機能 オートパワーオフ・最大値ホールド・電池残量表示・動特性切り替え
精度 ± 1.4 dB (94dB、1kHzにて)
2位

サンワサプライ

デジタル騒音計(騒音・温度 計測可能) 小型 CHE-SD1

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

気温測定までできてしまう優れもの

騒音を測定する際に、気温も一緒に測定できる便利な騒音計です。持ち運びにも困らない小型サイズで、機能性も十分にあります。デジタル表示になっており、計測値が見やすくなっているところもポイントです

 

また、オートパワーオフ機能付きで電源の切り忘れを防ぎ、電池が少なくなると電池残量アイコンが表示され、交換のタイミングを知らせてくれます。使う頻度が少ない方にとっては嬉しい機能ですね。

重量 73g 周波数特性 A特性
測定範囲 35dB~135dB 機能 バックライト点灯・動特性切り替え・最大値ホールド・オートパワーオフ・温度測定
精度 ±2.0dB

口コミを紹介

動画で撮影しましたが、MAX値だけを表示させるモードもありますので、使い勝手としてはかなり優れた商品かと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

サンコー(Sanko)

小型デジタル騒音計 RAMA11O08

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

コスパ抜群の超小型サイズ

ポケットに入るほどの超小型・超軽量の騒音計です。小さいけれど多機能で、工事の予備検査や車検時の事前測定など、さまざまな騒音を計測することができます。手軽に持ち運べるところも便利ですよね。

 

また、2つのボタンでのシンプルな操作と、大きく分かりやすい液晶画面の表示で、使いやすさにおいても優秀です。機能性に優れた小型サイズの騒音計。まさにコスパ抜群で、騒音計を使用する初心者の方におすすめの商品です。

重量 105g 周波数特性 A特性
測定範囲 30~130dB 機能 バックライト点灯・最大値ホールド・オートパワーオフ
精度 ±1.5dB

口コミを紹介

音量をはかる以外の機能がなくて、とてもシンプルなのでわかりやすいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

騒音計のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 重量 周波数特性 測定範囲 機能 精度
1
アイテムID:6555446の画像
小型デジタル騒音計 RAMA11O08 1,460円

詳細を見る

コスパ抜群の超小型サイズ

105g A特性 30~130dB バックライト点灯・最大値ホールド・オートパワーオフ ±1.5dB
2
アイテムID:6555500の画像
デジタル騒音計(騒音・温度 計測可能) 小型 CHE-SD1 3,849円

詳細を見る

気温測定までできてしまう優れもの

73g A特性 35dB~135dB バックライト点灯・動特性切り替え・最大値ホールド・オートパワーオフ・温度測定 ±2.0dB
3
アイテムID:6555554の画像
デジタル騒音計 SL-1340U 23,555円

詳細を見る

デジタル表示とアナログ表示の両対応タイプ

約200g A特性/C特性 32~ 130dB オートパワーオフ・最大値ホールド・電池残量表示・動特性切り替え ± 1.4 dB (94dB、1kHzにて)
4
アイテムID:6555580の画像
デジタル騒音計 78588 9,263円

詳細を見る

細かな設定は不要の初心者向け

150g A特性/C特性 30dB~130dB 測定レンジ切り替え・動特性切り替え・最大値ホールド ±1.5dB(94dB、1KHzにて)
5
アイテムID:6563875の画像
データロガー騒音計 4,980円

詳細を見る

PCでデータ管理・保存・印刷も

A特性/C特性 30~130dBA・35~130dBC バックライト点灯・オートパワーオフ 0.1dB
6
アイテムID:6555627の画像
騒音計 TA8151 5,339円

詳細を見る

スタンド付きが便利なコンパクトサイズ

260g A特性 30〜130dB 最大値ホールド・自動シャットダウン・バックライト点灯 ±1.5dB
7
アイテムID:6555683の画像
デジタル騒音計 2,399円

詳細を見る

付属の防風スポンジで精度の高い測定を実現

A特性 30~130dB バックライト点灯・最大値ホールド・オートパワーオフ ±1.5dB
8
アイテムID:6568330の画像
デジタル騒音計 10,369円

詳細を見る

大きなデジタル表示がおしゃれで見やすい

A特性 30〜130dB アラームスイッチ・壁掛け ±1.5dB
9
アイテムID:6568574の画像
小型デジタル騒音計 1,790円

詳細を見る

ボタン2つの簡単操作でお手軽に

81g A特性 30~130dB バックライト点灯・最大値ホールド・防風スポンジ ±1.5dB
10
アイテムID:6568681の画像
騒音計 37,924円

詳細を見る

工場や工事などの大きな騒音測定に向いている

195g A特性/C特性 32〜130dB 最大値ホールド ±1.0 dB

騒音計の正しい使い方と注意点

騒音計は小型のものが多いため、ついつい手に持ったまま測定してしまいがちです。ですが、より正確な計測を行うためには、三脚を使用して騒音計を体から離して計測することが重要です。手に持ったまま計測すると体が音を妨げたり、反響させてしまう原因となります。

 

また、測定する環境には注意しましょう。望ましい環境としては、温湿度が5〜35℃・80%以下の場所。風に対して薄い布やウインドスクリーンなどを装着し、風雑音の影響から守るように測定すると、計測しやすいです。

 

以下の記事では、三脚の人気おすすめランキングを紹介していますので、より正確な計測を行いたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

高価な検定付き騒音計の必要性

検定付き騒音計とは、計量法に定められている基準をクリアし、適合している証を持ったかなり優秀な騒音計です。この優秀な検定付き騒音計が、いま騒音計を手に入れようとしている方にとって、本当に必要かどうかを見ていきましょう。

 

ご近所の騒音トラブルなどで、裁判でも通用するデータ採取のために検定付きの騒音計を探している方は、購入する前に考え直したほうが良いかもしれません。取引や証明に測定値を使う場合、有資格者(環境計量士)が測って初めて公的に使用ができるからです。

 

個人で周囲の環境騒音を測定したいというレベルであれば、簡易騒音計で十分です。正確さや精度の高さに気を取られて、高価な検定付きの騒音計を購入することはおすすめしません。自分に合った選び方を重視して、適切な商品を手に入れてくださいね。

短期的な使用にはレンタル騒音計を

「今回だけ使いたい!」というような短期的な使用目的なら、騒音計を購入するよりもレンタルすることをおすすめします。コスパの良い商品もありますが、価格はピンからキリまであるので、高価なものを買ったのにその後使っていない。なんてことは避けたいですよね。

 

短期的な使用以外に、購入するのに抵抗がある方や、購入する前に一度試してみたいという方にも、レンタルはおすすめです。購入したあとに後悔することのないよう、レンタル騒音計を有効活用し、自分にとって満足のいく使い方ができるようにしましょう。

 

レンタル騒音計は、レンタルサイトで借りる有料のものの他に、各自治体が無料で貸し出しているところもあります。必要な方は一度お住いの地域で確認してみてくださいね。

購入やレンタルに抵抗がある方には騒音計アプリがおすすめ

購入したりレンタルするよりも、もっと手軽に騒音レベルを計測したい方には、騒音計のアプリがおすすめです。無料と有料、さまざまな種類が存在します。実際の騒音計に比べると正確さや精度は劣りますが、防音対策や部屋探しの際に有効活用できるので便利です。

 

アプリをダウンロードして、スマホで騒音レベルを計測する際にも、三脚の利用をおすすめします。手で持ったまま計測するのと比べると、計測値の正確さに違いが出てきます。より精度の高い計測ができるよう、あらかじめ三脚を用意しておきましょう。

 

楽器演奏をする方や、掃除機や洗濯機の近所への音漏れが気になる方は、ぜひ一度ダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまで騒音計の人気おすすめランキングを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。使う場所や目的、測定する騒音の種類などを明確にし、用途にあった商品を選ぶことが大切です。ぜひ、長く愛用できる1台を見つけてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月02日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

照度計の人気おすすめランキング10選【人気のURCERIや日置電機も】

照度計の人気おすすめランキング10選【人気のURCERIや日置電機も】

計測用具
iPad Airケースの人気おすすめランキング25選【手帳・キーボード付き】

iPad Airケースの人気おすすめランキング25選【手帳・キーボード付き】

タブレットケース
タブレットケースの人気おすすめランキング20選【iPad・Android】

タブレットケースの人気おすすめランキング20選【iPad・Android】

タブレットケース
腕時計ケースのおすすめ人気ランキング【どこに売ってる?】

腕時計ケースのおすすめ人気ランキング【どこに売ってる?】

腕時計
グラタン皿の人気おすすめランキング15選【人気のストウブや北欧デザインも】

グラタン皿の人気おすすめランキング15選【人気のストウブや北欧デザインも】

食器・カトラリー
介護用クッションの人気おすすめランキング15選【床ずれや褥瘡予防に!選び方も紹介】

介護用クッションの人気おすすめランキング15選【床ずれや褥瘡予防に!選び方も紹介】

介護用品