【2021年最新版】1万円前後で買えるヘッドホンの人気おすすめランキング20選

記事ID19816のサムネイル画像

コンサート会場のように大音量の迫力のあるサウンドが身に着けて楽しめるのが「ヘッドホン」。数万円もする高価なタイプもありますが、1万円前後で買える高音質のヘッドホンも少なくありません。ここでは1万円前後の人気おすすめ商品20選を紹介します。

1万円前後でも満足できるおすすめのヘッドホン

コンサート会場やライブハウスのような迫力のあるサウンドを自宅でも楽しみたい。音楽好きならだれでも思うことですね。「高額なヘッドホンなら可能でも1万円前後のヘッドホンでは、良い音は期待できない」そう思っていませんか?

 

実は、一流メーカーでも1万円前後で高音質なサウンドが体験できるヘッドホンを提供しています。また、新興メーカーで発売しているヘッドホンにも高音質を実現しているものが少なくありません。

 

そこで今回は一万円前後で買えるヘッドホンの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは構造・用途・機能を基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

そもそもヘッドホンとは?

ヘッドフォンのことを知らない人はまずいないと思いますが、どうやってヘッドフォンから音が出るのか説明できる人は、そんなに多くないはずです。ここでは、ヘッドフォンの構造イヤホンとの違いをわかりやすく簡単に説明します。

振動を再現するのがヘッドフォン

簡単に言うと「音」とは「振動」のことで、空気や水、金属などを通して私たちの耳に伝わります。レコードやCDは、音を信号化したもので、この信号を振動に変換したのがスピーカーでありヘッドホンなのです。

ヘッドホンの構造

ヘッドホンは大きく、耳に近い部分から「イヤパッド」「ヘッドフォンユニット(ドライバーユニット)」「ハウジング」の3つ構造になっています。

ヘッドホンに直接触れる「イヤパッド」

ヘッドホンを耳に当てたり、おおう部分で、革やスポンジ、ビニールなどさまざまな素材のものがあります。材質によっても音質が異なり、自分の好みに合ったイヤパッドに交換する人もいるようです。

ヘッドホンの心臓「ドライバーユニット」

音楽信号を「振動板」に伝えることで音を再現するのが「ドライバーユニット」。いわば、ヘッドホンの心臓とも言える部分です。一般的なヘッドホンに使われる「ダイナミック型」と主に「カナル(耳栓型)」に使われる「バランスドアーマチュア型」があります。

ヘッドフォンの外観を決める「ハウジング」

ヘッドフォンのもっとも外側の部分で、プラスチック以外に、木や漆、アルミ、チタンなどの素材のものがあります。また、構造によって「密封型(クローズド型)」と「開放型(オープンエア型)」の2つのタイプがあります。

「ヘッドホン」と「イヤホン」の違い

最近はイヤホンでも高音質なものが多く、数万円もする高額なタイプも登場しています。では、ヘッドホンとイヤホンでは、どのような点が違うのでしょうか?

「ドライバーユニットの大きさ」が違う

イヤホンも「ドライバーユニット」と呼ばれる機構で空気を振動させ音を発生させています。ヘッドホンとイヤホンでは、この「ドライバーユニット」の大きさが全く違います

 

また、多くのヘッドホンは、耳を覆いかぶせる形状ですが、イヤホンは耳に差し込むタイプのもので、全体的にコンパクトなサイズになっています。

持ち運びに便利な「イヤホン」

コンパクトなサイズなので、通勤や通学中に音楽を聴いたり、ジョギングをしながら音楽を楽しむにはイヤホンがおすすめです。ワイヤレスタイプのヘッドホンもありますが、持ち運びやすさで選ぶのならイヤホンの方が良いでしょう。

以下のサイトではおすすめのイヤホンを紹介していますので、参考にしたい方はぜひご覧になってください。

部屋でリラックスして音楽を聴くなら「ヘッドホン」

イヤホンは耳に入れる形状なので、やや違和感があります。ヘッドフォンは耳を包み込むような形で、自然な感触で音楽に包み込まれる雰囲気が味わえます。部屋でリラックスして音楽を聴きたいのなら、ヘッドホンがおすすめですね。

1万円前後で買えるヘッドホンの選び方

迫力のあるサウンドが体感できるヘッドホンですが、1万円前後の商品にもさまざまな種類があります。ここでは、基本的な選び方を紹介します。

ヘッドホンの構造で選ぶ

ヘッドホンの「ハウジング」には、「密閉型」と「開放型」の2つの構造があり、それぞれ特徴が異なります。

外に音が漏れにくい「密閉型」

ハウジング部分が密閉されて、音が漏れにくい構造になっているのが「密閉型」。重低音に強く、集中して聴くようなシーンにはおすすめです。また、音漏れがないので電車の中でも周囲に迷惑をかけることはありせん。

 

但し、閉塞感や圧迫感を感じる人もいるので、長時間の使用は避けた方が良いでしょう。

音の広がりが感じられ疲れにくい「開放型」

ハウジング部分にメッシュなどで穴を設けて、空気が自由に出入りできるのが「開放型」です。振動板にストレスがかからないので、広がりのある音が得られます。また、長い時間の視聴でも疲れないのが大きな特徴。

 

音漏れが大きいので、周囲に迷惑のかからない場所や屋内での視聴がおすすめです。

接続方式で選ぶ

ヘッドホンにはプレイヤーとケーブルでつなぐ「有線式」とBluetoothなどの無線規格でつなぐ「ワイヤレス式」の2つの接続方式があります

原音に忠実な音を体感したいのなら「有線式」

「有線式」は、直接コードでつなぐのでノイズが混ざることがなく、原音に忠実な音が体感できます。迫力のある高音質のサウンドを楽しみたい方にはおすすめ。プロや音楽ファンに愛されているタイプです。

 

あくまでもコードでつなぐので、視聴環境に合わせてコードの長さも考えて購入することが大切です。

手軽で使い勝手の良い「ワイヤレス式」

外で音楽を聴く場合、「有線式」だと場所によってはコードが邪魔になります。「ワイヤレス式」ならそんな心配もなく、どこでも手軽に音楽が楽しめます。通勤や通学での利用にはおすすめです。Bluetooth接続ならスマホなどさまざまな機器で楽しめます。

 

但し、ワイヤレスの場合は、「コーディック」と呼ばれる圧縮方式があり、タイプによって機器との互換性があるので注意が必要です。

装着タイプで選ぶ

ヘッドホンの装着タイプにはいくつかタイプがありますが、一般的なのが頭に装着する「オーバーヘッド型」で、2つのタイプがあります。

ポピュラーな形状の「オーバーイヤー型」

「オーバーイヤー型」は、装着時に耳をおおうタイプのオーバーヘッド型でもっともポピュラーな形状のヘッドホンです。音漏れが少なく外部からの雑音を遮られるので安定性に優れています。

 

しかし、ややサイズが大きく重さがある点が欠点と言えるでしょう。

コンパクトで軽量な「オンイヤー型」

「オンイヤー型」は、文字通り耳にのせるように装着するタイプのオーバーヘッド型。「オーバーイヤー型」のように耳をおおう部分がないので、コンパクトで軽量なタイプのヘッドホンに多く見られます。

 

但し、耳をカバーする部分がないので長時間の視聴にはやや負担がかかります。

形状で選ぶ

ヘッドホンには、大きく「頭にのせるタイプ」と「首にかけるタイプ」の2つがあります。自分の好みや使うシーンに合わせて選んでください。

もっともポピュラーな形状の「オーバーヘッド」

一般的にヘッドホンと言えば、頭にヘッドバンドのせるタイプの「オーバーヘッド」をイメージするでしょう。しっかりと固定するので、集中して聴く場合は「オーバーヘッド」がおすすめ。ヘッドホンの種類も豊富なのも大きなメリットです。

 

但し、頭の形状や髪型などによってヘッドバンドはつけにくいことがあるので、「首にかける」タイプのヘッドホンの方が向いているかもしれません。

髪の乱れが気になる人には「ネックバンド」

「ネックバンド」は首にかけて聴くタイプなので、頭にのせるタイプが苦手な人や髪型が気になる人におすすめです。また、移動中は「オーバーヘッド」のようにつけたままか手で持つ必要がないので、見た目もスタイリッシュです。

 

但し、ネックバンドタイプはイヤホンが多く、ヘッドフォンのネックバンドは種類が少ないのがデメリットと言えます。

用途に合わせて選ぶ

ヘッドホンには、ミュージシャンやスタジオ技術者、DJなどの用途に合わせたタイプや周囲のノイズを低減するタイプなどもあります。

音がしっかり聞き分けられる「モニターヘッドホン」

音楽スタジオでの使用を目的に開発されたのが、「モニターヘッドホン」です。原音に忠実にチューニングされ、音をしっかり聞き分けられるようになっています。また、長時間使用しても疲れないような工夫も施されています。

 

また、プロ仕様としてメンテナンス性に優れているのも大きな特徴です。

DJの特性に合わせた「DJヘッドホン」

DJの場合、片耳で音楽を選びながらもう片方の耳でフロアに流れている音楽を確認します。そのため「DJヘッドホン」には、片耳が出やすいような回転式や動きに邪魔にならないようにケーブルが伸縮自在なカールコードのものが多くなっています。

 

また、さまざまな機材といっしょに運搬されることが多いので耐久性にも優れています。

好みの音楽に合った「音域」で選ぶ

音楽には「音域」の傾向があり、大きく「ドンシャリ傾向」「かまぼこ傾向」「フラット傾向」の3つにわかれます。その音域に優れたヘッドホンを選ぶのも大切な選択基準です。

ロックやメタルを聴くなら「ドンシャリ傾向」

「ドンシャリ」とは、「低音がドンドン」「高音がシャリシャリ」聞こえる低音と高音が強調されている音の傾向のことです。ロックやメタルなどの視聴には「ドンシャリ傾向」に合った音のヘッドホンがおすすめ。特に重低音に優れたタイプが良いでしょう。

 

また、音楽にボーカルが埋まらないような特性のあるものがベストです。

ボーカルをメインに聞きたいのなら「かまぼこ傾向」

かまぼこ傾向」は、「ドンシャリ」とは逆に低音と高音が抑えめで中音域が際立っている音の傾向です。ギターやバイオリンなどの金管楽器、ピアノなどの鍵盤楽器が相性が良く、ボーカルとの距離が近いのでボーカルを中心とした音楽がおすすめです。

 

音楽のジャンルとしては、J-POPなどの邦楽に向いています。

原音の良さを楽しみたいなら「フラット傾向」

フラット傾向」は、周波数の特性が均一で、低音から高音が自然なバランスになっている傾向です。特別な音域を強調していないので、原音に忠実な音楽が楽しめるのが、最大のメリットです。

 

低音から高音が幅広く演奏されているクラシック音楽を聴くには、「フラット傾向」のヘッドホンがおすすめです。

効果的な機能で選ぶ

ヘッドホンには、「ノイズキャンセリング機能」や「ハイレゾ対応」、さらには「マイク付き」などの効果的な機能がついたタイプもあります。

まわりの音が気にならない「ノイズキャンセリングヘッドホン」

電車や飛行機などの移動中は、まわりの話し声やエンジンの音などが気になって普通のヘッドホンでは、なかなか集中できません。そんな時に便利なのが「ノイズキャンセリングヘッドホン」。騒音と逆位相の音波を出して騒音を聞こえにくくする機能です。

 

周囲の雑音が気にならずに音楽に集中できるで、移動中におすすめのヘッドホンです。

生の臨場感を楽しみたいなら「ハイレゾ対応」

ハイレゾ」とは、CDでは入りきれない情報が入っている高解像度の音源のことです。情報量はCDの約6.5倍ライブの空気感やアーティストの息遣いまで、より自然に近い音が再現できます。

 

ヘッドホンにもハイレゾに対応したタイプもあるので、より生に近い臨場感を味わいたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ボイスチャットやネット―ゲームに便利な「マイク付き」

スマホで音楽を聴いている時に電話がかかった時には、「マイク付き」のヘッドホンならそのまま話ができ、パソコンやスマホでグループチャットをするときにも便利です。また、ネットゲームには、「マイク付きのヘッドホン」は欠かせません。

 

音楽を楽しむだけでなく、さまざまな機器とつなげて使うことが多い人には、「マイク付きのヘッドホン」はおすすめです。

メーカーで選ぶ

ヘッドホンを選ぶ際には、好みのメーカーの商品から購入することも大切ですが、知らないメーカーでも品質の良いヘッドホンを提供しているところも少なくありません。

実績や信頼性を重視するなら「有名メーカー」

ソニー」や「オーディオテクニカ」「ヤマハ」「デノン」など国内有名メーカーでも1万円前後のヘッドホンは数多く販売しています。有名メーカーなら実績もあり信頼度も高いので安心して購入できます。但し、メーカーによって音の傾向が異なるので、チェックすることが大切です。

 

また、「BOSE」「JBL」「AKG」などの海外有名メーカーのホッドホンも人気です。

5000円前後でコスパの良いヘッドホンなら「新興メーカー」

ヘッドホンの世界でも、新しいメーカーが数多く進出しています。中には価格が安いだけの粗悪品を提供しているメーカーもありますが、安くて高品質なヘッドホンで人気を集めているブランドも少なくありません。

 

この中でも注目されているのが「OneOdio」という中国の新興メーカーです。ヘッドホンを中心に5000円前後でもコスパの良い商品を提供しています。

安心して長く使うためには「保証」もチェックしよう

1万円を超えるヘッドホンの場合、故障や破損などで新しいものと買い替えるのも負担になります。そんな場合は、どのような「保証」がついているかチェックすることも大切です。

ヘッドホンの「保証期間」は?

購入した際の保証書に記載されている「保証期間」は必ずチェックしましょう。一般的にメーカーの保証期間は1年ですが、海外のメーカー製品の場合は3年になっているケースもあるようです。保証期間であれば、故障しても安心して修理に出せます。

 

また、追加料金で「延長保証」に加入できる販売店もあるので、事前に調べておきましょう。

Bluetooth接続の場合は、補償内容に注意

ヘッドホンの故障には「ケーブルの断線」「イヤパッド・ドライバーユニットの破損や故障」などがあります。いずれもパーツを交換すれば簡単に修理は完了するので、保証書の保証範囲になります。もっとも注意したいのが、Bluetooth接続のヘッドホンの場合です。

 

従来の故障と異なり修理にも専門的な技術が必要になるので、修理費用が明確でなく保証もあいまいなことが少なくありません。保証内容をきちんと確認することが大切です。

有線式ヘッドホンの人気おすすめランキング9選

9位
 

ソニー(SONY)

h.ear on 2 MDR-H600A

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ライフスタイルに溶け込むおしゃれなヘッドホン

多彩なカラーバリエーションでファッションやライフスタイルに溶け込むおしゃれヘッドホン。人間工学に基づいた「立体縫製」で、イヤパッドが頭部にやさしくフィットします。さらに、イヤパッドが内側に倒れ込む設計で音漏れを低減し、パワフルな音が体感できます。

型式密閉型形状オーバーイヤー型
接続方式有線式重量220g

口コミを紹介

結果から言うと文句無し!金額が1万超えてるから悩んだけど同じ値段でもこの音質、ファッション性、着け心地はこれが最高だった!

出典:https://www.amazon.co.jp

8位
 

Apple(アップル)

Beats EP オンイヤーヘッドホン

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

調整可能なヘッドバンドでぴったりフィット

上下に調整できるヘッドバンドで、ひとりひとりにぴったりフィット。日常的に使っても快適です。耐久性に優れたステンレススチール製のフレーム。丈夫で軽く持ち運びにも便利です。

 

さらに、こまかなチューニングで幅広い音域とクリアなサウンドを実現しました。

型式密閉型形状オンイヤー型
接続方式有線式重量227g

口コミを紹介

期待以上の素晴らしい音質には驚きました!低音もさることながら、高音の伸びの良さもしっかりと感じられてバランスの良い音作りになっていました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位
 

Audio Technica(オーディオテクニカ)

DJヘッドホン ブラック ATH-PRO5X BK

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

DJプレイからリスニングまで幅広く使える

DJ用に開発されたドライバーユニットで、プロの現場も快適。遮音性の高い「アラウンドイヤータイプ」耐久性に優れたイヤパッドで長時間のプレイでも疲れにくくなっています。また、コードはロックができる着脱式なので、ハードに使っても安心です。

型式密閉型形状オーバーイヤー型
接続方式有線式重量250g

口コミを紹介

音に関しては「モニターチックな弱ドンシャリ」という表現が近いかもしれない。細かく分析的に聴かせてくれるだけではなく、音楽を楽しませてくれる余裕を持っている

出典:https://www.amazon.co.jp

6位
 

パイオニア(Pioneer)

SE-MS5T ヘッドホン

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ハイレゾ対応のレトロでスタイリッシュなデザイン

大口径40 mm のドライバーユニットとハイレゾ対応で、クリアで高音質なサウンドを実現しました。また、クッション性に優れたヘッドバンドに加え、耳を覆うイヤパッドで快適な装着感が味わえます。さらにレトロな雰囲気のデザインもスタイリッシュです。

型式密閉型形状オーバーイヤー型
接続方式有線式重量230g

口コミを紹介

さすがパイオニアといったところです。高音と低音のバランスがよくできてます。エレクトロ系の音楽を聴くとよく分かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位
 

D&M

ヘッドホン 密閉型オーバーヘッド AH-D1100

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

大口径ドライバーユニットでゆとりの再生音

ドライバーユニットは50mm大口径。振動板の前後のバランスを調整することで高音質なサウンドを実現しました。イヤパッドは低反発ウレタンと三次元縫製によりやさしい着け心地。折りたたみ式で持ち運びにも便利です。

型式密閉型形状オーバーイヤー型
接続方式有線式重量189g

口コミを紹介

パットは柔らかく、押し付け具合も緩すぎずキツすぎずで、大変つけ心地が良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位
 

ソニー(SONY)

ステレオヘッドホン MDR-7506

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

プロの使用に応える業務用ヘッドホン

大口径40mmドライバーユニットとネオジウムマグネット採用によりプロの使用に応える高音質を実現。しなやかなで邪魔にならないカールコードで持ち運びにも便利です。さらに折り畳み式でポーチ付きなので収納もラクラク。

型式密閉型形状オーバーイヤー型
接続方式有線式重量約230g

口コミを紹介

こちらが意図した音源の意匠を、波形そのままで音にするかのようなストレートなサウンドに感動です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
 

Razer(レイザー)

BlackShark V2 ゲーミングヘッドセット

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

eスポーツ向けヘッドホンの決定版

高音質、クリアな音声、優れた遮音性でプロのeスポーツプレイヤーのようなパフォーマンスが発揮できる高性能ヘッドホン。ソフトで通気性に優れたイヤパッドは、汗や接触による熱が溜まりにくく、対戦中も快適です。

型式密着型形状オーバーイヤー型
接続方式有線式重量260g

口コミを紹介

PS4で使用しています。
FPSゲームで使用すると相手の足音がよく聞こえ方向もしっかり分かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

JVCケンウッド

HA-RZ510 密閉型ステレオヘッドホン

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

高性能のドライバーユニットで奥行きのあるサウンド

φ50mmの大口径で追従性能に優れたドライバーユニットにより、奥行きのある自然な広がりの音を再現。さらに、ドライバーユニット周辺に設けられた5つの制振リブで音の歪を抑え、クリアなサウンドを実現しました。

型式密着型形状オーバーイヤー型
接続方式有線式重量350g

口コミを紹介

使ってみてまずデカい、フィット感が強め、意外に重くないといったところです。
音は前に使ってた2本より段違いでいいですね。映画鑑賞が楽しくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

OneOdio

Pro50 ハイレゾ ヘッドホン

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

音楽制作・DJに最適なヘッドホン

特大ドライバーユニットと超高音質で、音の位置やバランスをしっかり把握。日本製の厚みのあるイヤパッドで遮音性も抜群です。音楽制作の現場におすすめ。さらに、DJプレイをサポートする180度回転式。折り畳みができ持ち運びにも便利です。

型式密閉型形状オーバーイヤー型
接続方式有線式重量200g

口コミを紹介

安いのから高いものまで、イヤホン、ヘッドホン、スピーカーといろいろ聞いてますが、大変まともな音質であることに間違いないです。この音質でこのお値段とは驚きです。

出典:https://www.amazon.co.jp

有線式ヘッドホンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6350144の画像

    OneOdio

  • 2
    アイテムID:6350060の画像

    JVCケンウッド

  • 3
    アイテムID:6350014の画像

    Razer(レイザー)

  • 4
    アイテムID:6349990の画像

    ソニー(SONY)

  • 5
    アイテムID:6350515の画像

    D&M

  • 6
    アイテムID:6349964の画像

    パイオニア(Pioneer)

  • 7
    アイテムID:6349923の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 8
    アイテムID:6349322の画像

    Apple(アップル)

  • 9
    アイテムID:6352712の画像

    ソニー(SONY)

  • 商品名
  • Pro50 ハイレゾ ヘッドホン
  • HA-RZ510 密閉型ステレオヘッドホン
  • BlackShark V2 ゲーミングヘッドセット
  • ステレオヘッドホン MDR-7506
  • ヘッドホン 密閉型オーバーヘッド AH-D1100
  • SE-MS5T ヘッドホン
  • DJヘッドホン ブラック ATH-PRO5X BK
  • Beats EP オンイヤーヘッドホン
  • h.ear on 2 MDR-H600A
  • 特徴
  • 音楽制作・DJに最適なヘッドホン
  • 高性能のドライバーユニットで奥行きのあるサウンド
  • eスポーツ向けヘッドホンの決定版
  • プロの使用に応える業務用ヘッドホン
  • 大口径ドライバーユニットでゆとりの再生音
  • ハイレゾ対応のレトロでスタイリッシュなデザイン
  • DJプレイからリスニングまで幅広く使える
  • 調整可能なヘッドバンドでぴったりフィット
  • ライフスタイルに溶け込むおしゃれなヘッドホン
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 型式
  • 密閉型
  • 密着型
  • 密着型
  • 密閉型
  • 密閉型
  • 密閉型
  • 密閉型
  • 密閉型
  • 密閉型
  • 形状
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • オンイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • 接続方式
  • 有線式
  • 有線式
  • 有線式
  • 有線式
  • 有線式
  • 有線式
  • 有線式
  • 有線式
  • 有線式
  • 重量
  • 200g
  • 350g
  • 260g
  • 約230g
  • 189g
  • 230g
  • 250g
  • 227g
  • 220g

モニターヘッドフォンの人気おすすめランキング4選

4位
 

SHURE (シュア)

プロフェッショナル・スタジオ・ヘッドホン / SRH440-BK-A

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

全帯域にわたる正確なモニタリング

周波数特性を強化することで、プロ用の全ての機器に対応し全帯域の正確なモニタリングを実現。スタジオレコーディングやホームレコーディングに最適のモニターヘッドホンです。また、イヤパッドは、サーカムオーラル式のデザインで耳をやさしく包み込みます。

型式密閉型形状オーバーイヤー型
接続方式有線式重量311g

口コミを紹介

コミュニティFM局での音源編集と副調でのモニター用に使っています。1万円以下でこの性能が買えるって、満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
 

Sony

ハイレゾ対応モニターヘッドホン

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ソニー独自の技術で演奏空間を忠実に再現

ソニーが独自で開発したドライバーユニットで、可聴帯域を超えるハイレゾ帯域の再現が可能に。演奏時の空気感を感じながら原音に忠実なサウンドが体験できます。また、体を動かした時に生じるノイズを徹底的に低減。プロのニーズに応えられる品質を実現しました。

型式密封型形状オーバーイヤー型
接続方式有線式重量215g

口コミを紹介

作曲用途で使用しているが、低音の響きから高音の抜けまでクリアに聞き取ることができ、モニタリングの質が確実に向上した。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

Audio Technica(オーディオテクニカ)

プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M40x

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

原音に忠実な自然なサウンドを再生

新開発のボイスコイルドライバー搭載により、全帯域のモニタリングが可能に。さらに、片耳モニタリング時には、片耳が90度回転する便利な機構になっています。また、イヤパッドやヘッドパッドに新素材を採用。耐久性をより高くしました。

型式密閉型形状オーバーイヤー型
接続方式有線式重量240g

口コミを紹介

音楽、映画、ゲームどれにでも十分に使えます。1万円でこの音ならとても満足です。ケーブルが交換できるのも地味に便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

ハーマンインターナショナル(Harman International)

モニターヘッドホン K371-Y3

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

世界的名門ブランドのモニターヘッドホン

世界的な評価が高い名門ブランド「AKG」のモニターヘッドホン。楕円形のイヤパッドで音質や快適性を維持しながら、モバイル性もアップしました。さらに、イヤカップが折りたためるので持ち運びにも便利です。

型式密封型形状オーバーイヤー型
接続方式有線式重量256g

口コミを紹介

音質も良いのはもちろんですが、装着感も密閉型ヘッドホンとしては最高クラスです。

出典:https://www.amazon.co.jp

モニターヘッドフォンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6350695の画像

    ハーマンインターナショナル(Harman International)

  • 2
    アイテムID:6350635の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 3
    アイテムID:6350750の画像

    Sony

  • 4
    アイテムID:6350570の画像

    SHURE (シュア)

  • 商品名
  • モニターヘッドホン K371-Y3
  • プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M40x
  • ハイレゾ対応モニターヘッドホン
  • プロフェッショナル・スタジオ・ヘッドホン / SRH440-BK-A
  • 特徴
  • 世界的名門ブランドのモニターヘッドホン
  • 原音に忠実な自然なサウンドを再生
  • ソニー独自の技術で演奏空間を忠実に再現
  • 全帯域にわたる正確なモニタリング
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 型式
  • 密封型
  • 密閉型
  • 密封型
  • 密閉型
  • 形状
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • 接続方式
  • 有線式
  • 有線式
  • 有線式
  • 有線式
  • 重量
  • 256g
  • 240g
  • 215g
  • 311g

ノイズキャンセリングヘッドホンの人気おすすめランキング5選

5位
 

Sony

ノイズキャンセリングヘッドホン WH-CH710N

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ボタン切り替えで周囲の音も聞ける

音楽に集中できる「デジタルノイズキャンセリング」機能に加え、外の音が拾える「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」を追加。ボタンの切り替えで音楽を楽しみながら周囲の音が聞こえます。さらに軽量でスタイリッシュなデザインも人気の秘密です。

型式密閉型形状オーバーイヤー型
接続方式ワイヤレス式重量223g

口コミを紹介

耳をすっぽり覆う程度の大きさで、耳が痛くなりません。Phone11やAndroidだと良好で音飛びが発生しませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位
 

Anker

Soundcore Life Q20

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

パワフルで深みのある低音を実現

Anker独自の「BassUpテクノロジー」を採用。パワフルで深みのある低音を実現しました。さらに、「アクティブノイズキャンセリング」と「ハイレゾ対応」で、まるで音楽の世界の中に入ったようなサウンドに包まれます。

型式密封型形状オーバーイヤー型
接続方式ワイヤレス式重量258g

口コミを紹介

初めてのノイズキャンセリングだったので、どんな感じかどきどきしましたが、
耳栓とは違う自然な静寂という感じで、外の音が無くなった!と思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
 

Vankyo

ノイズキャンセリングヘッドホン C750

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

音楽を聴きながら電話もOK

通常のBluetoothヘッドホンとは異なり2つのデバイスが同時に接続できるのが大きな特徴。音楽を聴きながら、電話やタブレットなどが使用できます。また、耳の角度に合わせて90度回転できるハウジングにより疲れにくい装着感で高音質なサウンドが楽しめます。

型式密閉型形状オーバーイヤー型
接続方式ワイヤレス式/有線式重量

口コミを紹介

価格面、性能面でも通常のBluetoothヘッドホンと比べてかなり優秀な部類のヘッドホンと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

OneOdio

ノイズキャンセリング ヘッドホン Bluetooth 5.0

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

バッテリーで最大40時間の連続再生

ワイヤレスモードと有線モードが切り替えられるノイズキャンセリング ヘッドホン。バッテリーで最大40時間も連続再生できるので、長時間の外出も安心です。USB-C端子の充電ケーブルを採用したことで、10分の急速充電で2時間の再生が可能になりました。

型式密閉型形状オーバーイヤー型
接続方式ワイヤレス式/有線式重量200g

口コミを紹介

有線と比べても全く遜色なく、ブルートゥースなので家事しながらでも負担なく手軽に高品質の音楽を楽しめます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

FOGEEK

ノイズキャンセリングヘッドホン Apollo 11

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

最新のノイズキャンセリング機能でより静かに

最新の「アクティブノイズキャンセリング」機能で周囲の騒音を95%カット。静かな環境で視聴できます。また、イヤパッドは「プロテインレザー」を採用。肌触りの良いやわらかな装着感で快適です。また、Bluetooth5.0対応で安定したワイヤレス接続になっています。

型式密閉型形状オーバーイヤー型
接続方式ワイヤレス式/有線式重量

口コミを紹介

ノイズキャンセルは扇風機の横で使ってみるとほとんど風切り音が聴こえず技術進歩にびっくりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ノイズキャンセリングヘッドホンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6351370の画像

    FOGEEK

  • 2
    アイテムID:6350880の画像

    OneOdio

  • 3
    アイテムID:6351471の画像

    Vankyo

  • 4
    アイテムID:6350817の画像

    Anker

  • 5
    アイテムID:6351548の画像

    Sony

  • 商品名
  • ノイズキャンセリングヘッドホン Apollo 11
  • ノイズキャンセリング ヘッドホン Bluetooth 5.0
  • ノイズキャンセリングヘッドホン C750
  • Soundcore Life Q20
  • ノイズキャンセリングヘッドホン WH-CH710N
  • 特徴
  • 最新のノイズキャンセリング機能でより静かに
  • バッテリーで最大40時間の連続再生
  • 音楽を聴きながら電話もOK
  • パワフルで深みのある低音を実現
  • ボタン切り替えで周囲の音も聞ける
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 型式
  • 密閉型
  • 密閉型
  • 密閉型
  • 密封型
  • 密閉型
  • 形状
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • 接続方式
  • ワイヤレス式/有線式
  • ワイヤレス式/有線式
  • ワイヤレス式/有線式
  • ワイヤレス式
  • ワイヤレス式
  • 重量
  • 200g
  • 258g
  • 223g

開放タイプヘッドホンの人気おすすめランキング2選

2位
 

ヤマハ(YAMAHA)

オープンエアー型ヘッドホン HPH-200

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

より楽器の音色に忠実に、自然な音質を再現

低重心で開放的な鳴り方を追求したヤマハのオープンエア型ヘッドホン。入念なチューニング技術により、楽器の音色に忠実でナチュラルな音質を実現しました。また、110度回転するハウジングとベロニア生地のイヤパッドで、長時間つけても快適に楽しめます。

型式開放型形状オーバーイヤー型
接続方式有線式重量180g

口コミを紹介

軽くて、音質も良く、装着感も期待どうりで、買って良かった商品でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

Audio Technica(オーディオテクニカ)

エアーダイナミック オープン型ヘッドホン

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

開放感に満ちたオープンエアーの逸品

ハウジングには強くて軽い「アルミニウム製ハニカムパンチングケース」を採用。スムーズな空気の流れで、開放感あるサウンドを実現しました。また、イヤパッドには柔軟性のある立体縫製を施した起毛素材を採用し、やさしいフィット感で着け心地も快適です。

型式開放型形状オーバーイヤー型
接続方式有線式重量235g

口コミを紹介

音質はすごく良いと思います。
音楽を聞くのはもちろんですが、
映画やドラマを見ても、すごく良い音質だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

開放タイプヘッドホンのおすすめ商品一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6352398の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 2
    アイテムID:6352058の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 商品名
  • エアーダイナミック オープン型ヘッドホン
  • オープンエアー型ヘッドホン HPH-200
  • 特徴
  • 開放感に満ちたオープンエアーの逸品
  • より楽器の音色に忠実に、自然な音質を再現
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 型式
  • 開放型
  • 開放型
  • 形状
  • オーバーイヤー型
  • オーバーイヤー型
  • 接続方式
  • 有線式
  • 有線式
  • 重量
  • 235g
  • 180g

ヘッドホンの正しいお手入れと保管方法

お気に入りのヘッドホンを置きっぱなしにして壊してしまった経験はありませんか?価格が安くてもダメにしては意味ないですね。ヘッドホンもお手入れと保管が大切です。

ヘッドホンのお手入れの仕方

ヘッドホンで壊れたり消耗しやすいのが、「イヤパッド」と「ケーブル・プラグ」です。定期的にお手入れをしましょう。

思った以上に汚れているのが「イヤパッド」

汚れていないと思っても意外と汚れているのが「イヤパッド」。使った後はやわらかくて乾いた布で拭くようにしましょう。定期的に中性洗剤などを含ませてお手入れすることも大切。拭く時はイヤパッドが破けないよう軽く叩くようにします。

 

最後は、乾いた布でしっかりと水分をとりましょう。

汗や皮脂で劣化しやすい「ケーブル・プラグ」

ヘッドホンのケーブルやプラグは、汗や皮脂が付着しやすいので劣化しやすくなっています。使用後は軽く拭き取ることが大切です。プラグは強く拭くとメッキなどが剥がれる恐れがあるので、やわらかい布で軽く拭き取ります。

 

なかなか汚れが落ちない場合は、中性洗剤ではなくメッキが剥がれないようにアルコールやアルコールを含んだウェットティッシュなどで拭き取るのが良いでしょう。

ヘッドホンの保管方法

ヘッドホンをテレビやパソコンの横などに置きっぱなしにしている人も多いはず。しかし、故障や傷つく原因にもなるので、きちんと保管することが大切です。

机の上に保管するなら「ヘッドホンスタンド」

机やラックの上に立ててヘッドホンを保管するのが「ヘッドホンスタンド」。おしゃれなインテリア感覚のものからシンプルで機能的なものまで、さまざまな種類があります。自分の好みに合わせて選んでください。

置き場所が場合に便利な「ヘッドホンハンガー」

机などに置き場所が場合は、机に挟むことができる「ヘッドホンハンガー」が便利です。アームが広がり、数台吊り下げられるタイプもあるので、これまで購入したヘッドホンの整理にも最適です。

 

以下のサイトでは、おすすめの「ヘッドホンスタンド」を紹介していますので、参考にしてください。

まとめ

いかがですか?1万円前後のヘッドホンでも、プロのエンジニアから自宅でゲームを楽しむ人まで、用途によってさまざまなタイプがあります。自分の目的や好みに合わせて、ご紹介した選び方やおすすめランキングを参考に、より良いヘッドホンを選んでください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年02月23日)やレビューをもとに作成しております。

TOPへ