文庫本の人気おすすめランキング30選【魅力あふれる作品群】

記事ID2950のサムネイル画像

コンパクトな文庫本は通勤通学時の読書に最適なサイズで、リーズナブルで手に入れやすいのもうれしいところです。少し時間が出来たら、お好きな作家の本を読んでみてはいかがでしょうか?ミステリーやラブストーリーなど、物語の世界の中で遊ぶのも素敵な時間の過ごし方です。

文庫本の魅力

通勤や通学、ちょっとした空いた時間に、読書はいかがでしょうか?電子書籍などもとても便利ですが、紙とインクの香りが読書意欲を掻き立ててくれるような気がしませんか?特に、文庫本はコンパクトで携帯にも便利です。お気に入りのブックカバーをつけるとさらに読書が楽しくなるかもしれませんね。

 

単行本が文庫化されるまでには平均2~3年かかるようです。最新作が読めないのは少し残念ですね。ただ、単行本はかさばるので、読んでみたいと思っていても、少し値段も高いですし、手に入れづらい場合も多いと思います。しかし、文庫本なら、単行本より少しリーズナブルに手に入れることも出来ますし、手軽にどこでも読めるサイズ感もうれしいですよね。

 

それでは、人気口コミの良さ読みやすさの3点から、文庫本人気ランキング30選をご紹介します。

文庫本人気ランキング30選

30位

新潮社

無人島に生きる十六人

価格:464円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

嵐の日に漂着した小島からの脱出実話小説

ランキング30位は、「無人島に生きる十六人」です。明治時代に起こった実話を小説化したものです。極限状態にありながらも、統率力に優れた船長とチームワークやお互いに対する思いやりを忘れない乗組員たち。これは、現代社会の中でも理想となる組織の形ではないかと思います。子供にも読ませてあげたいおすすめの1冊です。

著者須川邦彦ジャンルノンフィクション小説
出版社新潮文庫

口コミを紹介

傑作だと思います。
小説の舞台となった明治の男たちからすれば現代に生きる我々はみな若者なわけですが、
彼らと比較すると我々は心身ともにまだまだひよっこだなと感じます。
この時代の男達のたくましさ、前向きさ、船長の適格なリーダーシップなど本書から学ぶべきものがたくさんあります。
文章は子供向けなので平易で読みやすいですが、大人でも冒険小説として大変楽しく読めます。
きっとこの本を読み終わる頃には小さなことでクヨクヨする自分を恥じていることでしょう。
何かに迷ったり落ち込んだ時に、元気が出る一冊として世代を問わずおすすめしたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

29位

集英社

第三の時効

価格:680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

警察小説といえば横山秀夫!

ランキング29位は、「第三の時効」です。捜査一課の課員それぞれを一話ごとの主人公とした短編集です。捜査にかける刑事たちの情熱と緊迫感が本の中に溢れています。六話の短編が掲載されていますが、表題の「第三の時効」は、結末がとても衝撃的なものとなっています。警察小説といえば、横山秀夫と言われる著者の渾身の短編集です。推理小説、警察小説がお好きな方におすすめの一冊です。

著者横山秀夫ジャンル警察小説
出版社集英社文庫

口コミを紹介

届いてから2日で読み終わりました。とても面白かったです。

短編集なので真相が明かされる場面があまりにも急展開だったり、現実の刑事はこんなに天才ではないだろと思ったりもしたが、どの刑事も個性豊かで職務には真剣であり、好感と敬意を抱かせてくれる。
1つの捜査一課を、別々の刑事を主軸とする6つの短編から描き出すという構成も斬新で良かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

28位

新潮社

読む餃子

価格:529円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

今日の夜は餃子を食べようと思う人続出!

ランキング28位は、「読む餃子」です。餃子の王さまと呼ばれる著者は、会員制の餃子店「蔓餃苑」のオーナー兼シェフでもあります。本から溢れ出る著者の餃子愛がすごいです。ひとくちに餃子と言っても、奥が深いんですね。活字離れしている方にもとても読みやすい一冊となっています。餃子好きな方にはぜひ読んでいただきたいおすすめの一冊です。

著者パラダイス山元ジャンルクッキング・レシピ(餃子本)
出版社新潮文庫

口コミを紹介

口の中にあつあつほくほくの具材、ぱりぱりの皮につけだれの味の香りがしてくる
好きを極めると餃子だけでこれだけ文章が奏でられるのか
あれ餃子ってニンニク入れちゃだめなのかーなどの豆知識、作者の餃子の愛が凝縮されている
日頃の人間関係で悩んでいた私だがこれを読むとどうでもよく思えてきた そんな時間考えてる暇あったら餃子食べるわって思えた
餃子作ろ

出典:https://www.amazon.co.jp

27位

小学館

台湾人と日本精神

価格:669円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本人が自信と誇りを取り戻すために

ランキング27位は、「台湾人と日本精神」です。台湾の方々には親日家が多いと聞きます。著者は、本書の中で、台湾には日本が学ぶべき正しい日本の歴史があるというメッセージを送っています。日本人に、もっと自信と誇りを取り戻せと訴えています。一度は発行停止となった本書が文庫本として復活。日本人として読むべきおすすめ一冊です。

著者蔡焜燦ジャンルビジネス・経済
出版社小学館文庫

口コミを紹介

初めて台湾を旅行して、そこであった事、見たこと、会った人達に深く印象が残ったため台湾のことを学びたくなりました。
いろいろな書籍を読む中で本書に出会いました。恥ずかしながら今までの人生で台湾のことを深く考えたことはありませんでしたが、本当に日本のことを「日本人として」思い、そしてエールを送っていただいていることを知りました。
そしてもっと台湾のことを知りたくなりました。
また、私たち日本人よりも深く日本を愛していらっしやる多くの台湾の「日本人」の方たちに敬意を表して☆5つです。
文中小林よしのり氏の「台湾論」についての言及があります。私、個人的に小林氏の書籍すべてに同意する者ではありませんが、このような見方をしておられる方々が日本以外にも存在しておられるということを我々日本にいる日本人は知るべきであると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

26位

小学館

下町ロケット

価格:778円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大ヒットドラマはこの原作あってこその大ベストセラー!

ランキング26位は、「下町ロケット」です。ドラマでも高視聴率を叩き出した「下町ロケット」の原作です。第145回直木賞受賞作でもあります。夢の追いかける男はいつも熱くてカッコイイと思わせてくれる大ベストセラー。理系の高校生や大学生にもぜひおすすめの一冊です。

著者池井戸潤ジャンルエンターテイメント小説
出版社小学館文庫

口コミを紹介

エンタテインメントのすべての要素が入った名著である。
ヒットしたのは映像化されたばかりではないということが、読み直すとよくわかる。主人公不屈の闘志が、リアリティを持って描かれており、小説であることをときに忘れる。これはドキュメントなのではないかと。
理系でなくてもわかるように書かれた技術の秘密。展開の巧みさ。そしてラストの痛快さ。何度読んでも面白い。

出典:https://www.amazon.co.jp

25位

ポプラ社

あん

価格:648円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

生きることの意味を改めて考えさせられる本

ランキング25位は、「あん」です。著者は「叫ぶ詩人の会」のドリアン助川です。小さなどら焼き屋の求人を見て応募してきた高齢の女性・徳江。彼女の作るあんがおいしく、評判を呼びます。しかし、そんな徳江が歩んできたこれまでの人生は壮絶なものでした。故・樹木希林主演で映画化もされている本作は、「生きる」とは何かを伝えてくれるおすすめの一冊ます。

著者ドリアン助川ジャンル感動小説
出版社ポプラ文庫

口コミを紹介

一気に読み終え、カフェで人目もはばからず涙がポロポロ、でした。様々なことを考えさせられました。心の深いところにズシンと響きました。切ない場面もありながら、どこかにユーモアもある話。人生そして人間の儚さと美しさを実感させる、名作です。

出典:https://www.amazon.co.jp

24位

KADOKAWA/角川書店

聖の青春

価格:691円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

命を賭けて勝負の世界に挑んだ怪童・村上聖の生涯

ランキング24位は、「聖の青春」です。重度の腎臓病と戦いながら、将棋の世界で名人を目指した棋士の物語です。そんな怪童と呼ばれた棋士・村上聖の29年という短い生涯を、師匠である森信雄七段や羽生善治らとの友情通じて著されたノンフィクション小説です。将棋を知らない人にもおすすめの一冊です。

著者大崎善生ジャンルノンフィクション小説
出版社角川文庫

口コミを紹介

くじけそうになった時にぜひ読んでほしい。
どのように生きるべきか。
つかむことができます。
そして、生き抜くための活力も得られると思います。
将棋を知る人にも知らない人にも読んでほしい一冊です。

出典:https://www.amazon.co.jp

23位

角川書店

とんび (角川文庫)

価格:691円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

永遠不滅の父と子の愛情物語

ランキング23位は、「とんび」です。昭和37年、運送会社に勤めるヤスは、愛妻美佐子との間に生まれた息子アキラと三人で幸せの絶頂にいました。しかし、ある事件をきっかけにヤスの幸せは奪われてしまいます…。ドラマ化もされた本作は、いつの時代も変わらない父と子の愛情あふれる親子の物語です。 

著者重松清ジャンル感動小説(家族・親子)
出版社角川書店

口コミを紹介

読む度に胸が熱くなる。3度目の購入。
最初は人に勧められて、次はドラマ化されたのを見た後に。そして、最近再び読みたくなって・・。

 子を持つ父親に読んでほしい本。きっと共感できるだろう。ジーンと胸が熱くなり、切なくなる。決して器用な生き方ではないが、こんな生き方もあるんだな。でも、切ない。

出典:https://www.amazon.co.jp

22位

新潮社

風が強く吹いている

価格:961円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

純度100%の青春小説

ランキング22位は、「風が強く吹いている」です。箱根駅伝の選手たちの青春ストーリーです。一人の天才に出会うことで、灰二は、箱根駅伝を走りたいと真剣に思うようになります。仲間に襷をつなぐために懸命に走る若者たち。映画化やアニメ化もされた本作は、まさに純度100%の青春小説です。箱根駅伝ファンにはもちろんおすすめの一冊です。

著者三浦しをんジャンルスポーツ青春小説
出版社新潮文庫

口コミを紹介

沢山の発見と感動がある。読み進めていくうちに、のめり込む小説。そしてきっと、毎年見る箱根駅伝は、来年から何十倍も感動すると思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

21位

新潮社

桶川ストーカー殺人事件―遺言

価格:724円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

事件を風化させないために

ランキング21位は、「桶川ストーカー殺人事件―遺言」です。1999年、実際に起こったストーカー殺人事件のノンフィクションです。将来のある女子大生が殺害されるという痛ましい事件でした。その後もストーカー殺人事件はいくつも起きています。事件を風化させないためにも読んでいただきたい一冊です。

著者清水潔ジャンルノンフィクション
出版社新潮文庫

口コミを紹介

当時4歳になったばかりの長女と帰宅して、テレビニュースで桶川事件を知りました。
その7年前に長男を亡くしていた私は、不幸な事件で娘さんを亡くされてお気の毒に…と、思うと同時に、どうぞうちの娘は通り魔なんかに会いませんように。と思った記憶があります。
それが、ストーカーだった、告訴もしていた、警察は真剣に向き合ってくれなかった。日を追うごとに変わる情報に、驚きと怒りがこみ上げて来た事を思い出しました。
子どもを亡くした悲しみは当事者でないとわかりません。ましてや、それが事件や事故なら尚更の事と思います、
詩織さんのご家族、清水さんのご家族に少しでも穏やかな時間が訪れますように。そして、一市民として、せめて安心して託せる警察組織となる日が来る事を願います。

出典:https://www.amazon.co.jp

20位

新潮社

羆嵐

価格:562円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三毛別羆事件のドキュメンタリー小説

ランキング20位は、「羆嵐」(くまあらし)です。大正四年に実際に起こった三毛別羆事件のドキュメンタリー小説です。北海道の入植者たちが住む六線沢という開拓村の人々を、冬眠しそこなった羆(ヒグマ)が襲ったという恐ろしい事件です。自然の力を前にすると人間は為す術がなくなるということを思い知らされます。ぜひお読みになってみていただきたおすすめの一冊です。

著者吉村昭ジャンルドキュメンタリー小説
出版社新潮文庫

口コミを紹介

事件の事は少しは知っていた。しかし展開された事件の実相は圧倒的だった。羆はもはや神と言っていい。神の怒りに触れたと解釈したくなるが、それは説明的教訓的に過ぎるだろう。人間も一介の生き物であり大きな自然の生態系の一角を占める弱々しい存在にすぎない。2面性を持つ神の力に抗することの出来た人間が一人だけいた。人間社会から爪弾きにされた不貞な男だ。彼は独りで立ち向かう。独りで立ち向かったから抗しえた。この辺が実に興味深い。
恐怖、或いは畏敬が人間に文明を生み文化を育んだ。今の時代、リアルな恐怖の感性を蘇らせることが必要だと感じた。

出典:https://www.amazon.co.jp

19位

徳間書店

アキラとあきら

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

池井戸作品の中でも最速でドラマ化!

ランキング19位は、「アキラとあきら」です。零細企業の息子として生まれた山崎瑛と大手海運会社の御曹司として生まれた階堂彬。全く異なった生い立ちの二人の小学生時代からの30年を描いた作品です。池井戸潤作品はとにかく読みやすくてスカッとするという評判です。この作品もまさにその評価が高かったおすすめの作品です。

著者池井戸潤ジャンル青春感動小説
出版社徳間文庫

口コミを紹介

生まれも育ちも違うふたりのアキラ。互いに宿命を背負ったふたりの人生の三十年を小学生時代から描く。

何で池井戸潤さんが描く「働く人たち」は、こんなに格好良いのだろう。特に、瑛と彬の人生が交差し始めてからは、あまりにワクワクしてページをめくる手が止まらなかった。働くことの喜びと悲しみ、苦悩。丁寧な描写でグイグイ引き込まれる。
伏線の張り方も素晴らしい。瑛とあの人物との再会の場面では、嬉しくて声を出して笑ってしまった。

ボリュームたっぷりで読み応えあり。解説にあるように、まさに圧巻にして極上。本当に面白かった!

出典:https://www.amazon.co.jp

18位

アスキー・メディアワークス

三日間の幸福

価格:616円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネット小説の最高峰!

ランキング18位は、「三日間の幸福」です。大人気のネット小説です。命をテーマに扱っていますが、ジメジメした感じがなく、とても読みやすい小説です。そして、タイトル「三日間の幸福」の意味が最後にわかる小説です。活字が苦手な人にもおすすめの一冊です。

著者三秋縋ジャンルネット感動小説
出版社メディアワークス文庫

口コミを紹介

自虐的で体たらくな主人公、最低の滑り出しの物語が人のために心が働きはじめた時から道が開けてくる。
人生の価値のあり方をひとつの形で示してくれました。終わり良ければ総て良し。

出典:https://www.amazon.co.jp

17位

角川春樹事務所

ふるさとは本日も晴天なり

価格:734円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

感動の自伝的小説

ランキング17位は、「ふるさとは本日も晴天なり」です。著者は広島の人気アナウンサー横山雄二です。深夜ラジオが大好きで、将来の夢は映画監督だったという普通のどこにでもいる少年だった横山氏。努力してアナウンサーになったのですが、ある事がきっかけで社内で孤立してしまいます。そんな横山さんを助けたのは少年時代に好きだったラジオでした。読後、明日からも仕事がんばろうと思える横山雄二の半生記です。

著者横山雄二ジャンル感動小説
出版社ハルキ文庫

口コミを紹介

面白かった 何ヵ所も涙が溢れた
自分も同世代 父を亡くし血の絆に共感
仕事に対する姿勢 思い 明日から頑張れます

出典:https://www.amazon.co.jp

16位

新潮社

きみの友だち

価格:724円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本当の友だちって何だろう?

ランキング16位は、「きみの友だち」です。誰もが10代の頃、「友だち」について考えることがあったと思います。人と人がお互いを完璧にわかりあえることなんてないとわかるのはずっとあとになってからです。そんな大人にも、今「友だち」について考えているローティーンのあなたにもおすすめの青春小説です。

著者重松清ジャンル青春小説
出版社新潮文庫

口コミを紹介

重松さんはこのような形をとる事が比較的多いと思いますが、この話は「花いちもんめ」までどのような完結になるのか本当に予想できませんでした。
素晴らしい心理描写やはっとする一語など重松ワールド健在です。
最終話、個人的には意外でしたが、とても気に入ってます。
あとがきを読むと理由や、著者の人間くささが出ていてこちらも面白かったですね。ぜひあとがきも本編と合わせてご覧あれ。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

文藝春秋

望郷

価格:594円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

島で育った人々の連作短編集

ランキング15位は、「望郷」です。島に住む人の島への憎しみや愛、離れても島に引きづられていく…。そんな連作短編集です。著者本人も島に住む人であることから、私にしか書けない会心の作品とのことです。映画化もされた話題の作品です。島に住んでいる人だけでなく全ての人におすすめの一冊です。

著者湊かなえジャンル推理小説(連作短編集)
出版社文春文庫

口コミを紹介

個人的な経験とやや重なるためか、強烈に感情移入した作品が「光の航路」です。
ストーリーを思い浮かべるだけで目頭が熱くなってきます。
私自身、へき地と呼ばれる島に、父親の仕事の関係で移り住み、
そこで自殺に追い込まれるほどの苦痛を体験しましたが、
その時に両親の愛情がなければ本当にこの世にいなかった。
この作品は、家族の絆がけしてきれいごとではないが、得難いものということを涙とともに実感させてくれるものです。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

文藝春秋

ロスジェネの逆襲

価格:700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

やられたら倍返しだ!半沢直樹シリーズ第三作目

ランキング14位は、「ロスジェネの逆襲」です。半沢直樹シリーズ三作目です。「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」半沢直樹シリーズ1・2を読んでから読むとさらに面白さ倍増ではないでしょうか。ドラマも超大ヒットでしたね。「倍返しだ!」で読後のスカッとする気分を味わいましょう。銀行マンの方にはもちろん、スカッとしたい方全てにおすすめです。

著者池井戸潤ジャンルエンタメ小説(半沢直樹シリーズ)
出版社文春文庫

口コミを紹介

驚くことに
ちょうど昨日、某巨大保険会社の買収の正式発表があり、
そのプレスリリース発表を読みながら、うんうんとダブルで楽しめましたよ。
公開買い付けの結果はどうなるのか・・など 偶然にも小説の楽しみを「補完」してくれました。

あー面白かった。 痛快です。
現実的でないという指摘もありますが、だから小説なのです。
良いか悪いか、この場合はいいな・・・あの方の声でセリフが頭に入ってきます。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

新潮社

青い鳥

価格:724円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重松清の代表作の呼び声高い短編作品集

ランキング13位は、「青い鳥」です。重松清作品の中でも特に評価の高い一冊です。こどもたちが抱える孤独についての短編集です。涙なくして読めないものあるとのことなので、電車の中では読まない方がいいかもしれません。内容は思った以上に重いテーマのものもありますが、今の子どもたちのリアルがここに描かれています。世代にかかわらず、すべての人におすすめの一冊です。

著者重松清ジャンル青春感動小説
出版社新潮文庫

口コミを紹介

村内先生、ひとりぼっちの子どもの、そして私の心に寄り添って、大切なことを考えさせてくれて、本当にありがとう。
みなさんのレビューを見て購入して、よかった。大切な作品に出会えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

新潮社

沈黙

価格:590円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本のキリスト教文学の最高峰

ランキング12位は、「沈黙」です。映画化もされています。著者の遠藤周作は、カトリックの洗礼を受けているキリスト教徒です。この小説はキリスト教徒が弾圧されていた時代についての小説です。宗教を扱った作品なので、軽いテーマではありませんが、とても読みやすい小説です。キリスト教徒でなくとも、誰もが何かしらの「神」を心にもっているのではないでしょうか?神の存在について考えてみるきっかけになるおすすめの一冊です。

 

 

 

著者遠藤周作ジャンルキリスト教小説
出版社新潮文庫

口コミを紹介

感動しました。神の沈黙。もし神がいないとしたら…
クリスチャンにとっては、本当に恐ろしいテーマだと思います。
日本には、日本独自のキリスト教の形があるのではないか。遠藤周作の
この考えは、本作発表当時、相当批判を浴びたようですが
非常に分かりやすいと思います。
現に長崎は、あれほどの迫害を受けながらも、現在でも日本で有数の
クリスチャンの街なのですから。
スコセッシの映画が、本当に楽しみです。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

岩波書店

君たちはどう生きるか

価格:972円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コミックスから再度見直されたベストセラー

ランキング11位は、「君たちはどう生きるか」です。漫画から再度見直された作品ですね。1937年に初版が出版されたものが、今、再度見直されているというのも、昔も今も若者が抱える悩みや葛藤は同じなのだということですね。中高生はもちろん、大人にもおすすめの一冊です。

著者吉野源三郎ジャンル倫理社会小説
出版社岩波文庫

口コミを紹介

中学3年の息子にプレゼントで購入。
一気に読んでいました。
読んだ後、何か意識が変わった事が手に取るようにわかりました、
そこから目覚ましい成長が見えて嬉しく思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

KADOKAWA

幻夏

価格:864円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミステリーファン必読

ランキング10位は、「幻夏」です。子供の頃の懐かしい日々は、楽しかったことも、悲しかったことも、誰の胸にも残っているものだと思います。主人公・相馬が12歳だったある夏の日、「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」という言葉と川辺に奇妙な印をつけた流木を残し親友は消えてしまいます。23年後、刑事になった相馬の前に現れたある恐ろしい罪とは…。

 

本作は、読みだしたら本を閉じることが出来なくなると言われています。ミステリーファンにはもちろん、全ての人におすすめしたい一冊です。

著者太田愛ジャンルミステリー小説
出版社角川文庫

口コミを紹介

あの夏が一生続けばよかったのに…最後まで切なく、「あの時もし」を繰り返し唱えながら読み進めました。すべてが繋がった時、やりきれない思いで一杯に。本当にあってはならない冤罪。ある意味で犯罪以上にあってはならないと、今回、被疑者の立場で読み進めて感じました。日本の司法の実際の現場をもっと勉強したいです。
そして、この本は、現役で司法の場に立つ人たちに、読んでもらいたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

新潮社

星の王子さま

価格:518円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いちばんたいせつなことは目に見えない

ランキング9位は、「星の王子さま」です。小さな星から来た王子さまが、いくつかの星を巡って7番目にたどり着いたのが地球でした。世界中で翻訳され、70年以上の長きに渡って読みつがれてきた物語です。童話というには哲学的で、大人の童話とも言える一冊。どのようにも解釈でき、各々が何かを感じればよいのではないでしょうか。子供から大人まで読んでおきたいおすすめの一冊です。

著者サン=テグジュペリ(河野万里子 訳)ジャンル哲学的児童書
出版社新潮文庫

口コミを紹介

素晴らしく詩的でそして示唆に富んだ内容に改めて感銘を受けました。又これは作者の砂漠での飛行機事故との関連や最期の亡くなりかたにも共鳴して今日の私達に語りかけてくる永遠の物語であるとも感じました。これからもきっと様々な人に響き続けるのでしょうね。気が付きそうで気が付かない日常のあらゆることがこれを読んだ後にはとても愛おしくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

文藝春秋

そして生活はつづく

価格:626円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

星野源の初エッセイ!

ランキング8位は、「そして生活はつづく」です。著者は、ミュージシャン・俳優・作家としてマルチに活躍する星野源です。ロックスターでも人気俳優でも芸術家でも、ひと度家に帰れば、誰にでも普通の日常が待っています。

 

そんな普通の日常をおもしろがって過ごそうと決めた著者のエッセイ集です。星野源ファンにはもちろん、生活をおもしろく過ごしたい人全てにおすすめする一冊です。

著者星野源ジャンルエッセイ
出版社文春文庫

口コミを紹介

もっとオーソドックスな方だと思っておりましたら、ストイックなまでの拘りが垣間見れて面白かったです。一つのお話が短く、人との待ち合わせや電車で二駅くらいの移動に暫く持ち歩いて読んでいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

集英社

陸王

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

読後の爽快感は秀逸!

ランキング7位は、「陸王」です。小さな会社が大企業に立ち向かい、最後にはスカッとさせてくれるのが池井戸作品の真骨頂です。まさに、本作も爽快感たっぷりで、清々しい気持ちにさせてくれます。こちらもドラマ化され、話題となりましたね。タイトルが内容にぴったりで、とにかく、楽しめるエンターテイメント小説です。

著者池井戸潤ジャンルビジネスエンタメ小説
出版社集英社文庫

口コミを紹介

「下町ロケット」に重なるような登場人物の輝きがあります。
わかってるいるけど、やめられないの感覚で読みすすめました。
電車・地下鉄で2回も乗り過ごしてしまったのは、本当の話です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

飛鳥新社

夢をかなえるゾウ文庫版

価格:700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

実用的エンターテイメント小説の大ベストセラー!

ランキング6位は、「夢をかなえるゾウ文庫版」です。何をやってもうまくいかないダメなサラリーマンの僕の前に現れたゾウの神様・ガネーシャ。世界中の偉人たちを成功に導いたのは自分だといいます。胡散臭いです。そして、関西弁をしゃべります。そんなゾウの神様・ガネーシャが僕に教えてくれるのは、平凡で当たり前なことばかりです。僕は本当に成功できるのでしょうか?

 

ドラマ化もされた本作は、笑いながらためになる実用的エンターテイメント小説と言えるでしょう。楽しみながら人生の成功者になれるおすすめの一冊です。

 

著者水野敬也ジャンル実用的エンターテイメント小説
出版社飛鳥新社

口コミを紹介

内容は中々コメディカルに書かれていますが、終盤での言葉が重い……

全てをセリフに凝縮させてますが、ここが一番大事というものをガネーシャがどこか寂し気に語っています。
「それが全てやからな」と突きつけられる非常に心を揺さぶられる本でした。

やはり行動が大事!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

河出書房新社

史上最強の哲学入門

価格:799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

哲学超初心者入門書

ランキング5位は、「史上最強の哲学入門」です。哲学書というと難しそうで尻込みしてしまう方も多いと思います。本書はそんな方のために書かれた哲学入門書であると言われています。難しい言葉や表現がなく、哲学初心者でも理解できる内容になっています。著者の表現が面白く、読み進めやすいのも人気の理由です。哲学に少し興味がわいてきた方が、まず手に取るのに最適なおすすめの一冊と言えるでしょう。

著者飲茶ジャンル哲学書
出版社河出文庫

口コミを紹介

のべ31人にのぼる代表的な哲学者を、考えの繋がりも含めてとても分かりやすく解説しています。著者の言葉遣いやノリにのった喋り方も面白い、スラスラ読めました。
入門書なのであくまでも各哲学者の考えをざっくりと説明していますが、読者の気になる部分や疑問についてもしっかりと述べられており、入門書としてはかなりレベルの高い(出来の良い)ものになっていると思います。同じ北国出身として著者を応援したいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

新潮社

カエルの楽園

価格:562円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「予言の書」と言われたベストセラー

ランキング4位は、「カエルの楽園」です。本書に書かれた内容が次々と現実となり、「予言の書」と言われたベストセラーが文庫化されたものです。日本が置かれた状況を寓話的に記した物語であると言われています。日本人として今なすべきことは何かをそれぞれが考えさせられる全国民におすすめの一冊です。

著者百田尚樹ジャンル寓話的小説
出版社新潮文庫

口コミを紹介

今後の日本の預言書のような感じがした。
憲法や国の在り方について考えるいい機会になったと思う。
家族や友人におすすめしている本です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

新潮社

殺人犯はそこにいる――隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件

価格:810円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

調査報道のバイブル

ランキング3位は、「殺人犯はそこにいる」です。本書は、調査報道のバイブルであると言われています。1979年~1996年の間に、北関東の半径10キロ以内という狭い範囲で、5件の幼い少女の誘拐・殺害事件が起きています。これらの事件の4件目が冤罪事件「足利事件」でした。これらの事件の犯人が同一犯であったとしたら…。痛ましい事件の真相と司法の闇に切り込む著者渾身のドキュメンタリーです。

 

 

著者清水潔ジャンルドキュメンタリー
出版社新潮文庫

口コミを紹介

全く知らなかった事実がここに
面子ばかり気にして真実をねじ曲げる組織たちと、それの言うままになるメディア。
それを信じ込む私たち一般市民。
被害者の幼女たちのことを思い、立ち向かう清水記者の闘いに胸打たれました。
殺人犯は今もそこにいる…本当に捕まるべき人がきちんと捕まり、罪を償わせる。
この当たり前が適切に行われることを願います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

新潮社

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ

価格:594円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多くの読者を救ったベストセラーエッセイ

ランキング2位は、「日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ」です。人間、生きていると、いろんな場面でつまづき不安に押しつぶされそうになります。著者は、茶道を通して、それに抗うことなく自然に自由に生きることの大切さを知ります。多くの読者を救ったエッセイのベストセラーです。映画化もされ、さらに注目が集まるおすすめの一冊です。

著者森下典子ジャンルエッセイ
出版社新潮文庫

口コミを紹介

茶道を始めたい人にも、茶道を始めた人にもオススメの一冊。
私は茶道を始めてすぐこの本を読みましたが、お稽古中は「自分なにやってるんだろう」「向いてないな」と思うことが多い中、帰ってきて静かな場所でこの本を読むと、「これでいいんだ」と言う気持ちになれました。物事には一度だけで分かることと、何度も通り過ぎないと分からないことがあると筆者が書いていますが、まさにその通りで、私が日々感じていることをこの本は活字で表してくれているので、読んでいて落ち着くし、芸術の世界へ入っていける気がします。少し茶道に興味がある方にも、なんで茶道ってやってるの?と思われる方にも本当にオススメの一冊。久しぶりに何度も読みたい本に出会えました。ありがとうございます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

新潮社

漂流

価格:810円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

生き抜く!

ランキング1位は、「漂流」です。1700年代の江戸・天明年間に、絶景の火山島に漂着した男たち。そこは、水もなく生活の手段が何一つありませんでした。仲間が次々と倒れていく中で、ただ一人、土佐の漁師・長平だけが生き残ることができました。12年の苦難を乗り越え、彼は生還します。なぜ彼一人が生き残ることが出来たのでしょうか。

 

今、仕事や人間関係で苦しい思いをされている方にぜひおすすめしたい一冊です。きっと、生きる勇気をもらえます!

著者吉村昭ジャンルドキュメンタリー小説
出版社新潮文庫

口コミを紹介

漂流の果て、辿り着いた島は焼け島で、生き物といえば渡りのアホウドリ・・・。
水も火もない不毛の地で、あるものは弱って死に、あるものは心折れ、あるものは自死を選ぶ。
残された長平は、それでも、どうしても
「生きていく」
ことを選び貫く。
人間だれしも弱さを内在しているが、できることを惜しまず、自身に課し、大阪船、薩摩船と遭難者が時を置いて辿り着き・・・力を合わせてやがて帰国。
それでも、長平一人ではなし得なかったことでもある。個の力は小さくとも・・・。
再び海へ漕ぎ出すくだりばかりでなく、全編通して圧巻でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

文庫本の選び方

ここでは、文庫本のジャンルごとに、通勤・通学の電車やバスの中、ちょっと空いた時間にカフェなどで気軽に読める文庫本の選び方をご紹介します。

エッセイ

1つづつのエピソードが少ないページ数で完結していくので、通勤通学中に読むのに最も適しているのがエッセイなのではないでしょうか。それでは、おすすめのエッセイをご紹介していきます。

イソップを知っていますか

エッセイの1つめにご紹介するのは、阿刀田高著「イソップを知っていますか」です。大好評の阿刀田高の「~を知っていますか」シリーズです。イソップ童話は誰もが子供の頃から馴染みのあるものですよね。1つづのエピソードが短くまとめられていて、通勤通学に読むには最適な一冊です。

美女に幸あり

エッセイの2つめにご紹介するのは、林真理子著「災い転じて美女となす」です。マガジンハウス「an・an」の人気エッセイ美女入門シリーズのルーツとなるのが本書です。辛口な部分もあるのに、全く嫌味のないのが読んでいて楽しいエッセイです。女性におすすめです。

私の猫たち許してほしい

エッセイの3つめにご紹介するのは、佐野洋子著「私の猫たち許してほしい」です。著者の初エッセイ集です。このエッセイ集にある著者の鋭い洞察力と独特の感性が、絵本にも反映してることを感じさせてくれるおすすめの一冊です。

ドキュメンタリー

次にご紹介するのはドキュメンタリーです。こちらも、一話が短いものが多く、読みやすいものを選んでみました。

自閉症の僕が跳びはねる理由

ドキュメンタリーの1つめにご紹介するのは、東田直樹著「自閉症の僕が跳びはねる理由」です。著者本人が自閉症であり、13歳のときに著された本です。自閉症の方の理解できない部分を少しでも理解できるのがこちらの著書であると思います。自閉症に関心がある方以外にも読んでいただきたい一冊です。

絶望のそこで夢を見る

ドキュメンタリーの2つめにご紹介するのは、石井光太著「絶望のそこで夢を見る」です。内容はとても重いテーマのものばかりです。様々な絶望感を背負い、苦渋の選択を迫られた人々について書かれているドキュメンタリー短編集です。

記者になりたい!

ドキュメンタリーの3つめにご紹介するのは、池上彰著「記者になりたい」です。TVでもおなじみの著者ですが、ホテルニュージャパン火災や日航機墜落事故など、数々の大事件を取材した記者でした。難しいこともわかりやすく解説してくれることで人気です。そんな著者の報道記者としての半生記が綴られているおすすめの一冊です。

小説

最後にご紹介するのは、小説です。短い時間でも読みやすい小説と短編集を中心に選びましたので、ご参考になさってみて下さい。

コンビニ人間

小説の1つめにご紹介するのは、村田沙耶香「コンビニ人間」です。第155回芥川賞受賞作です。36歳独身・コンビニバイト18年の古倉恵子は、コンビニで働いているときだけ、自分が世界の歯車になれていると実感しています。そんな彼女の前にある男性が現れて…。「普通」って一体なんだろう?と日々考えている人におすすめの一冊です。

妊娠カレンダー

小説の2つめにご紹介するのは、小川洋子著「妊娠カレンダー」です。第104回芥川賞受賞作です。主人公の姉が妊娠します。母になる不安やつわりで、家族に八つ当たりする姉を見ていると、妹である主人公は、姉を守りたい気持ちもありながら、それとは別に悪意を持ち始め…。ちょっとダークな物語ですが、男女を問わずおすすめの一冊です。

希望荘

小説の3つめにご紹介するのは、宮部みゆき著「希望荘」です。人気の杉村三郎シリーズです。こちらは前作三シリーズとは異なり、短編集となっています。こちらを読んでから前作を読んでも楽しめると思います。いつものハートウォーミングな宮部みゆき作品です。どなたにもおすすめの一冊です。

螢・納屋を焼く・その他の短編

小説の4つめにご紹介するのは、村上春樹「螢・納屋を焼く・その他の短編」です。村上春樹著作のものは、名作長編が多いですが、短編も素晴らしいものがたくさんあります。特に「螢」は、あの大ベストセラー「ノルウェーの森」の元となった短編です。ハルキスト以外の方にもおすすめの一冊です。

文庫本のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4938416の画像

    新潮社

  • 2
    アイテムID:4938406の画像

    新潮社

  • 3
    アイテムID:4938399の画像

    新潮社

  • 4
    アイテムID:4938388の画像

    新潮社

  • 5
    アイテムID:4938381の画像

    河出書房新社

  • 6
    アイテムID:4938366の画像

    飛鳥新社

  • 7
    アイテムID:4938360の画像

    集英社

  • 8
    アイテムID:4938326の画像

    文藝春秋

  • 9
    アイテムID:4938278の画像

    新潮社

  • 10
    アイテムID:4938265の画像

    KADOKAWA

  • 11
    アイテムID:4938254の画像

    岩波書店

  • 12
    アイテムID:4938245の画像

    新潮社

  • 13
    アイテムID:4938237の画像

    新潮社

  • 14
    アイテムID:4938223の画像

    文藝春秋

  • 15
    アイテムID:4938207の画像

    文藝春秋

  • 16
    アイテムID:4938186の画像

    新潮社

  • 17
    アイテムID:4938176の画像

    角川春樹事務所

  • 18
    アイテムID:4938164の画像

    アスキー・メディアワークス

  • 19
    アイテムID:4938159の画像

    徳間書店

  • 20
    アイテムID:4938150の画像

    新潮社

  • 21
    アイテムID:4938145の画像

    新潮社

  • 22
    アイテムID:4938140の画像

    新潮社

  • 23
    アイテムID:4938135の画像

    角川書店

  • 24
    アイテムID:4938105の画像

    KADOKAWA/角川書店

  • 25
    アイテムID:4938026の画像

    ポプラ社

  • 26
    アイテムID:4938020の画像

    小学館

  • 27
    アイテムID:4938006の画像

    小学館

  • 28
    アイテムID:4938005の画像

    新潮社

  • 29
    アイテムID:4937999の画像

    集英社

  • 30
    アイテムID:4936905の画像

    新潮社

  • 商品名
  • 漂流
  • 日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ
  • 殺人犯はそこにいる――隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件
  • カエルの楽園
  • 史上最強の哲学入門
  • 夢をかなえるゾウ文庫版
  • 陸王
  • そして生活はつづく
  • 星の王子さま
  • 幻夏
  • 君たちはどう生きるか
  • 沈黙
  • 青い鳥
  • ロスジェネの逆襲
  • 望郷
  • きみの友だち
  • ふるさとは本日も晴天なり
  • 三日間の幸福
  • アキラとあきら
  • 羆嵐
  • 桶川ストーカー殺人事件―遺言
  • 風が強く吹いている
  • とんび (角川文庫)
  • 聖の青春
  • あん
  • 下町ロケット
  • 台湾人と日本精神
  • 読む餃子
  • 第三の時効
  • 無人島に生きる十六人
  • 特徴
  • 生き抜く!
  • 多くの読者を救ったベストセラーエッセイ
  • 調査報道のバイブル
  • 「予言の書」と言われたベストセラー
  • 哲学超初心者入門書
  • 実用的エンターテイメント小説の大ベストセラー!
  • 読後の爽快感は秀逸!
  • 星野源の初エッセイ!
  • いちばんたいせつなことは目に見えない
  • ミステリーファン必読
  • コミックスから再度見直されたベストセラー
  • 日本のキリスト教文学の最高峰
  • 重松清の代表作の呼び声高い短編作品集
  • やられたら倍返しだ!半沢直樹シリーズ第三作目
  • 島で育った人々の連作短編集
  • 本当の友だちって何だろう?
  • 感動の自伝的小説
  • ネット小説の最高峰!
  • 池井戸作品の中でも最速でドラマ化!
  • 三毛別羆事件のドキュメンタリー小説
  • 事件を風化させないために
  • 純度100%の青春小説
  • 永遠不滅の父と子の愛情物語
  • 命を賭けて勝負の世界に挑んだ怪童・村上聖の生涯
  • 生きることの意味を改めて考えさせられる本
  • 大ヒットドラマはこの原作あってこその大ベストセラー!
  • 日本人が自信と誇りを取り戻すために
  • 今日の夜は餃子を食べようと思う人続出!
  • 警察小説といえば横山秀夫!
  • 嵐の日に漂着した小島からの脱出実話小説
  • 価格
  • 810円(税込)
  • 594円(税込)
  • 810円(税込)
  • 562円(税込)
  • 799円(税込)
  • 700円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 626円(税込)
  • 518円(税込)
  • 864円(税込)
  • 972円(税込)
  • 590円(税込)
  • 724円(税込)
  • 700円(税込)
  • 594円(税込)
  • 724円(税込)
  • 734円(税込)
  • 616円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 562円(税込)
  • 724円(税込)
  • 961円(税込)
  • 691円(税込)
  • 691円(税込)
  • 648円(税込)
  • 778円(税込)
  • 669円(税込)
  • 529円(税込)
  • 680円(税込)
  • 464円(税込)
  • 著者
  • 吉村昭
  • 森下典子
  • 清水潔
  • 百田尚樹
  • 飲茶
  • 水野敬也
  • 池井戸潤
  • 星野源
  • サン=テグジュペリ(河野万里子 訳)
  • 太田愛
  • 吉野源三郎
  • 遠藤周作
  • 重松清
  • 池井戸潤
  • 湊かなえ
  • 重松清
  • 横山雄二
  • 三秋縋
  • 池井戸潤
  • 吉村昭
  • 清水潔
  • 三浦しをん
  • 重松清
  • 大崎善生
  • ドリアン助川
  • 池井戸潤
  • 蔡焜燦
  • パラダイス山元
  • 横山秀夫
  • 須川邦彦
  • ジャンル
  • ドキュメンタリー小説
  • エッセイ
  • ドキュメンタリー
  • 寓話的小説
  • 哲学書
  • 実用的エンターテイメント小説
  • ビジネスエンタメ小説
  • エッセイ
  • 哲学的児童書
  • ミステリー小説
  • 倫理社会小説
  • キリスト教小説
  • 青春感動小説
  • エンタメ小説(半沢直樹シリーズ)
  • 推理小説(連作短編集)
  • 青春小説
  • 感動小説
  • ネット感動小説
  • 青春感動小説
  • ドキュメンタリー小説
  • ノンフィクション
  • スポーツ青春小説
  • 感動小説(家族・親子)
  • ノンフィクション小説
  • 感動小説
  • エンターテイメント小説
  • ビジネス・経済
  • クッキング・レシピ(餃子本)
  • 警察小説
  • ノンフィクション小説
  • 出版社
  • 新潮文庫
  • 新潮文庫
  • 新潮文庫
  • 新潮文庫
  • 河出文庫
  • 飛鳥新社
  • 集英社文庫
  • 文春文庫
  • 新潮文庫
  • 角川文庫
  • 岩波文庫
  • 新潮文庫
  • 新潮文庫
  • 文春文庫
  • 文春文庫
  • 新潮文庫
  • ハルキ文庫
  • メディアワークス文庫
  • 徳間文庫
  • 新潮文庫
  • 新潮文庫
  • 新潮文庫
  • 角川書店
  • 角川文庫
  • ポプラ文庫
  • 小学館文庫
  • 小学館文庫
  • 新潮文庫
  • 集英社文庫
  • 新潮文庫

まとめ

文庫本人気ランキング30選をご紹介しました。手に取りやすく人気作品の多い文庫本は、活字が苦手な方にも気軽に読んでいただけるものが多いと思います。活字離れが叫ばれている昨今ですが、ご紹介した中から興味を持っていただけたものがあれば、ぜひお読みになってみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ