森見登美彦のおすすめ人気ランキング10選【似た作家の作品も】

今回は森見登美彦作品の魅力をご紹介します。私たちのすぐ近くにある非現実、不条理な現実をユーモアや独特な世界観で見せてくれるのが森見ワールドです。主に京都を舞台にした小説が多く、人気の「四畳半シリーズ」や「夜行」などのちょっとホラーな作品まで、選び方と共にまとめてみました。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

今回の記事では森見登美彦の人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事では小説について紹介しています。ぜひ参考にしてください。

森見登美彦ワールドの魅力

独特な世界観で、超個性的な森見登美彦の作品は、おもに10代から20代の若い世代を中心に圧倒的な人気がありますが、一度この不思議な世界にはまってしまうと、年齢に関係なく逃れられない“何か”にとらえられてしまいます。

 

主に京都を舞台にしたものや大学生が登場人物の小説が多く、「四畳半シリーズ」などのユーモアたっぷりのものや「夜行」などミステリーやホラー感のあるもの、児童書としても読める楽しいものなど、そのジャンルは広いです。

 

そこで今回は、森見登美彦作品の選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介します。ランキングは、話題になった作品映像化された作品読みやすい作品などを基準に作成しました。購入に迷われている方は是非参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

1位

角川グループパブリッシング

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

青春と恋愛とファンタジー溢れるベストセラー

森見登美彦といえばコレ!と納得のベストセラーです。山本周五郎賞受賞、後にアニメ化もされ、こちらも数々の賞を受賞した名作で、語調が心地よい題名は、大正時代の歌謡曲「ゴンドラの唄」から引用されています。

 

冴えない大学の先輩が、後輩である黒髪の乙女に一途に恋をし、偶然を装い出没しますが彼女に気持ちは伝わりません。黒髪の乙女のおかしさと愛らしさ、ふざけているようで真面目で不器用な先輩、現実と非現実が混ざった青春恋愛ファンタジーです。

基本情報
ページ数 320ページ
ジャンル 恋愛ファンタジー

森見登美彦作品の選び方

森見登美彦作品は、ミステリーやSFなどのジャンル映像化やコミック化されたもの・受賞作などいろいろな方面から選べます。

王道作品を読みたいなら売上ランキングや「受賞作」をチェック

初めて森見登美彦作品を読む方に特におすすめなのが、売り上げランキングから選ぶことです。人気作品は読みやすいものが多く、サクサク読み進められます。また、話題の作品を読みたい方も、売り上げランキングをチェックしてみましょう。

 

また、森見登美彦作品はデビュー作のファンタジーノベル大賞や山本周五郎賞・本屋大賞・日本SF大賞など多くの賞を受賞しています。有名な作家による書評を参考にしながら、作品選びができるのも魅力の一つです。

読む順番に悩んだら「新刊」をチェック

初めて森見登美彦作品を読んでみようと思っている方は、新刊から読んでみるのもおすすめです。ネタバレや前情報がなく読めるので、先入観なく読書に没頭できます。新しい物好きの方にもおすすめの選び方です。

 

森見作品は四畳半シリーズなどがあり、登場人物が繋がっている作品もありますが、内容そのものに影響はないので、読む順番に決まりはなく基本的にどれから読んでも楽しめます。初心者の方は、有名なものや評価の高いものから読むのがおすすめです。

ジャンルで選ぶ

森見登美彦作品には青春ものやSF、ミステリーなどさまざまなジャンルのものがあります。自分が興味をもてるものから選んでみましょう。

ニヤッと笑える楽しい作品なら「青春もの」がおすすめ

森見登美彦作品の大きな特徴の大学生活がメイン舞台になっていることです。小学校生活と通じるものがあるような気がするのは、そのハチャメチャぶりと自分たちだけに存在するルールの存在ゆえといえます。

 

荒唐無稽な言動の数々は、決して物語の中のファンタジーにとどまらないおかしさです。妙に現実的なのが楽しく、大げさに描いていても、いつかどこか体験したような錯覚に陥ります。

 

下記の記事では青春小説について詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にご覧ください。

独特な世界に浸りたいなら四畳半シリーズなど「SF」がおすすめ

森見登美彦の独特な世界観を体験したい方に一押しなのがSF小説です。森見作品のSF小説は、平行世界を行き来し、過去や未来が交錯しながら展開していきます。読み進めていくうちに、これは夢なんじゃないか?というような不思議な感覚に陥るのです。

 

森見作品では「京都」を舞台としている作品が多く、日本人が感じる京都への羨望や、不可思議さがSFとよくマッチし、京都の街を舞台に起こる数々の事件を想像しながらテンポよく読み進められます。四畳半シリーズなどが人気です。

 

下記の記事ではSF小説について詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にご覧ください。

子どもと一緒に楽しみたい方には「児童文学」がおすすめ

森見登美彦の自動文学作品は表紙がかわいらしく、子どもにも読みやすい構成になっています。読書離れが進んでいる昨今、お子さんに本を好きになってもらうきっかけの本として、学校での朝読書の時間に読む本としても、おすすめです。

 

親子で同じ作品を読むと、内容について意見を交わしあったり、好きな場面の話をしたり、森見作品を通して親子のコミュニケーションもはかれます。また、読む力や考える力を身に着けるのにもぴったりです。

 

下記の記事では小学生が読むべき本について詳しくご紹介しています。ぜひ参考にご覧ください。

就職や進学に悩む方には「エッセイ」がおすすめ

エッセイは作家の人生体験が積み込まれた読み物です。就職や進学に悩んだら好きな作家の人生を知ることで、頑張る気力がわいてきます。好きな作家も、こんなことで悩んでいたんだ、こういうときはこうしたらいいんだ、という気づきも得られるのです。

 

森見作品は、登場人物と作者自身がオーバーラップするような気がするほど、エッセイも物語の中から飛び出した誰かが書いているような、奇妙で愉快な感じが伝わってきます。森見登美彦の人生や人となりを楽しみながら読んでみましょう。

謎や怖さが好きなら夜行やきつねのはなしなど「ミステリー・ホラー」がおすすめ

謎や怪談が好きな方には、森見登美彦のミステリーやホラー作品もおすすめです。「夜行」や「きつねのはなし」など、ほかの森見作品とは異なった世界観で、森見作品独自のミステリーの世界を楽しめます。

 

猟奇的でも、サスペンスでもない不思議な世界観にとりこになること請け合いです。京都だけにとどまらない舞台設定など、スケールが大きく複雑なストーリーを好む方におすすめします

 

下記の記事ではミステリー小説について詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にご覧ください。

森見登美彦と似た作品も読みたいなら「アンソロジー」がおすすめ

森見登美彦作品と似た作品や、ほかにも好きな作家を探したいという方には「アンソロジー」がおすすめです。アンソロジーは複数の作家の短編が1冊にまとめられているもので、1話の作品が短いので、少しずつ読むのにも適しています。

 

アンソロジーは本ごとにテーマが設けられているので、好きな作品の傾向に合わせて本を選べるので、読みたい本のジャンルが決まっている方にもおすすめです。また、そのときに流行している作家の作品が1冊の本で読めるので、お得感もあります。

森見登美彦の魅力をもっと感じたい方には「対談」がおすすめ

森見登美彦作品に魅了されて、本人のことをもっと知りたいという方には対談がおすすめです。対談形はその人の考え方や人柄などが率直に表面に現れやすく、かなりマニアックな内容もありますが、作者自身のことを知ると、作品にも違った視点が生まれてきます

 

森見登美彦は、雑誌以外にもWEBサイトでの対談も行っていますので、対談を読むのが初めてという方は、WEBに掲載されている対談から読んでみるのがおすすめです。

手軽に森見作品を楽しみたい方には「漫画」をチェック

小説が面白いからといって、コミカライズされても面白いとは限らないのが難しいところですが、コミックならではの表現やセリフや面白さもプラスして、楽しい世界を作り出しているのが森見作品のコミック化です。

 

幅広い年齢層が気軽に読めるコミックで、森見登美彦作品は人気作品を中心にコミカライズされています。文庫を読む習慣がない方は、コミカライズされたものから作品を選ぶのがおすすめです。

小説が苦手な方には「アニメ」をチェック

小説では空想するしかない京都の風景が、映像の中で見ることができるのが森見作品のアニメ化作品です。原作の持つイメージと良さが壊されることなく、セリフもできるだけ小説の中の言葉を多用し、原作の雰囲気を損ねず制作されています。

 

アニメを先に見ても、小説を先に読んでも、どちらが先でも損はしません。森見登美彦の人気作品や代表作を中心にアニメ化されているので、読書が苦手という方はアニメ作品を見てみるのがおすすめです。

森見登美彦の人気おすすめランキング10選

10位

KADOKAWA

四畳半神話大系 四畳半シリーズ (角川文庫)

大学生活の平行世界が面白い四畳半シリーズ!同じ登場人物の新刊にも注目

大学三年生の主人公は、入学のときに期待していたバラ色のキャンパスライフとはほど遠い現実を嘆きます。その原因はサークルなどの自分の選択の結果に違いないと考えるのです。

 

「もしもあのとき、違ったサークルを選んでいたら」「なにも所属していなかったら」などの、もしもの平行世界で展開されていく4つの青春ストーリーになります。文庫新刊の四畳半タイムマシンブルースにも注目です。

基本情報
ページ数 405ページ
ジャンル 青春もの

口コミを紹介

特徴的な文章だとは思うが、森見氏ならではだなと思うのは、すいすい意味が読めてしまう事。何にげない?非モテ大学生の話をここまで面白く書いてくれてるので、どんな人でも楽しめる作品だと思った。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

角川書店(角川グループパブリッシング)

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

高学年でも低学年でもない四年生の微妙な心境が面白い

小学4年生のアオヤマ君は、町で突然起こった怪事件“ペンギンの大発生”の秘密を探るべき研究を始めます。その結果、ペンギンを発生させている原因は近所のお姉さんだと判明し、アオヤマ君とその友人たちは、事件の解明に乗り出すのです。

 

荒唐無稽なSF小説の形をとりつつ、実は小学生のキャラクターたちが現実的で魅力的な小説で、少年たちの日常や考えることが、どこかきらめいていて懐かしく感じます。第31回日本SF大賞を受賞し、アニメ映画化もされました。

基本情報
ページ数 387ページ
ジャンル SF

口コミを紹介

ませた小学生の視点から、超常現象を描いた小説です。少年の恋心や心理もスパイスになっていました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

朝日新聞出版

聖なる怠け者の冒険 (朝日文庫)

森見ワールド炸裂!できれば2冊目に読んでほしい

狸のお面をかぶり困っている人を助けるため、日夜京都の町を跋扈するのは「ぼんぼこ仮面」です。その後継ぎに強制的に選ばれたのが、社会人2年目の小和田君でした。突然さらわれた彼は、祇園祭の日に起こる騒動に巻き込まれていきます。

 

読み慣れていない方にはどうなってしまうのか不安になる荒唐無稽な展開です。できれば2冊目以降に読むのをおすすめします。

基本情報
ページ数 367ページ
ジャンル アドベンチャー

口コミを紹介

表紙を見て分かる通り祇園祭をメインの舞台にした作品。主人公は社会人だが、四畳半でグダっていた学生が社会人になったような人物。これまでの作品に現れたような人物たちと織りなす万華鏡(かな?)。森見ワールドが好きな人向け。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

小学館

夜行

「夜行」はちょっと怖いもう一つの森見ワールド

京都で学生時代を送った6人の仲間たちが、10年後再び鞍馬に集まります。10年前に訪れた鞍馬の火祭りで、突然行方不明になった一人の仲間のことを思いながらでした。ファンタジーっぽさの強い世界観です。

 

夜行には登場人物も、おバカで楽しい大学生たちは出てきません。しかし学生時代というひとときが持つ、森見登美彦独特の曖昧で奇妙に現実から離れた世界感は、ホラーやファンタジーとの相性が抜群です。

基本情報
ページ数 256ページ
ジャンル 青春ファンタジー

口コミを紹介

読んでる途中も、夢か妄想か異次元か…どう言ったら良いかわかりませんが、夢の中のような不思議な感覚がありましたが、読み終わった後も、その感覚を引きずり、ふとした瞬間に考えてしまいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ポプラ社

恋文の技術 (ポプラ文庫)

手紙ならではの面白さを発見できる小説

京都の大学から能登の実験所に飛ばされた大学院生の守田は、突如文通に目覚め京都の友人・先輩・家族に手紙を書きまくります。その書簡で構成されている面白い作品です

 

こちらの主人公の文通修行はハチャメチャでとにかく楽しく、相変わらずのおバカで陽気な森見作品の登場人物そのものになっています。読後、誰か手紙を書ける相手はいないかなと、友人や家族の顔を思い浮かべてしまう小説です。

基本情報
ページ数 343ページ
ジャンル 恋愛

口コミを紹介

文通修行と称して手紙を書きまくるが本当に想いを届けたい人には見栄を張り嘘ばかり書いたり、アホ丸出しの奇妙な手紙を書いたりでホントカッコ悪い・・・だけど一生懸命で応援したくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

新潮社

太陽の塔(新潮文庫)

森見ワールドはここから始まった

大学生の主人公は彼女の「水尾さん」に振られますが、自分が振られた理由がわからず水尾さんをストーカーのごとく観察しレポートを書き始めます。そのうち、観察者にもう一人の男がいることに気づくのです。

 

二人の間で嫌がらせの報復合戦が繰り広げられることになります。日本ファンタジーノベル大賞受賞のデビュー作で、選評で「美点満載の文句なしの快作」と絶賛されました。ちょっぴり切なく、面白い青春小説です。

基本情報
ページ数 237ページ
ジャンル 恋愛・ユーモア

口コミを紹介

森見ワールド全開といった感じでとても楽しめました。テンポの良い文書、細かい心理描写、親近感のわいてしまう登場人物達。読み終わった後はとっても笑えるけど、ちょっぴり切ない気持ちになります。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

新潮社

きつねのはなし (新潮文庫)

不気味な京都を味わう

森見作品の中では、一番ホラー色の強い奇談集となっています。表題作を含め、四つの物語から成る短編集ですが、出てくる学生さんたちにおバカな要素はなく、時代も存在感も曖昧で繋がっていないようで繋がっている奇妙な構成です。

 

不気味な雰囲気の強い作品ですが、残忍やドロドロした恐怖の要素はありません。奇妙で曖昧な出来事が連なっていき、それらがもたらす独特の空気感は不思議な怖さを感じさせます。舞台が京都であるというのも一役かっている部分です。

基本情報
ページ数 323ページ
ジャンル ミステリー

著者の能天気な本はこれまで楽しく読ませてもらったけどこの本はダークサイドに振れている。だけど面白い。それぞれの短編は互いに微妙にリンクしていたりして、通常の短編以上の世界観がある。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

集英社

宵山万華鏡 (集英社文庫)

幻想的な雰囲気に酔う

森見作品は京都が舞台の作品が多いということもあって、祇園祭がいろいろな形でよく登場します。この作品はその集大成といった感じで、祇園祭の宵山を舞台にした、現実と幻想が交錯する不思議な物語です。

 

特徴的なのは祇園祭宵宮の独特の雰囲気で、祭が醸し出す非日常感と京都が持つ空気感が、とても幻想的な世界を作り出しています。どこか曖昧でぼんやりとした、それでいて祭の人混みと喧騒が聞こえてくるような現実感が不思議な雰囲気です。

基本情報
ページ数 264ページ
ジャンル SF

口コミを紹介

面白かった。森見登美彦の世界にぐいぐい引き込まれて、読み終わった後も本の中の余韻が残っている。何度も読み直したくなる作品。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

幻冬舎

有頂天家族 (幻冬舎文庫)

荒唐無稽ファンタジー全開

京都下賀茂、糺の森に住むのは狸の家族です。由緒ある家族であった彼らですが、父の死と共に権威を失い衰退の道をたどっていました。そこでかつての威光を取り戻すべく立ち上がった四兄弟の活躍が始まります。

 

バラエティーに富んだ登場人物たちが、とても個性的で魅力的です。師匠である大天狗の赤玉先生や敵対する一族、そこに人間も加わって絶妙なテンポで進んでいきます。キャラクターを楽しむ物語です。

基本情報
ページ数 423ページ
ジャンル コメディー

口コミを紹介

普段からあんまり本を読む方ではないのですが、読んでみると大当たりで素晴らしい作品だと感じました。文章だけでもここまで生き生きとキャラクターが動いているなんて思いもしませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

角川グループパブリッシング

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

青春と恋愛とファンタジー溢れるベストセラー

森見登美彦といえばコレ!と納得のベストセラーです。山本周五郎賞受賞、後にアニメ化もされ、こちらも数々の賞を受賞した名作で、語調が心地よい題名は、大正時代の歌謡曲「ゴンドラの唄」から引用されています。

 

冴えない大学の先輩が、後輩である黒髪の乙女に一途に恋をし、偶然を装い出没しますが彼女に気持ちは伝わりません。黒髪の乙女のおかしさと愛らしさ、ふざけているようで真面目で不器用な先輩、現実と非現実が混ざった青春恋愛ファンタジーです。

基本情報
ページ数 320ページ
ジャンル 恋愛ファンタジー

口コミを紹介

表現の方法がとても独特でしたがわかりやすかったです。主人公とヒロインの視点の切り替えるタイミングがとても上手くて、読んでいてあまり飽きがこなかったです

出典:https://www.amazon.co.jp

森見登美彦のおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 ページ数 ジャンル
1位 アイテムID:12819725の画像

Amazon

楽天

ヤフー

青春と恋愛とファンタジー溢れるベストセラー

320ページ

恋愛ファンタジー

2位 アイテムID:12819792の画像

Amazon

楽天

ヤフー

荒唐無稽ファンタジー全開

423ページ

コメディー

3位 アイテムID:12819789の画像

Amazon

楽天

ヤフー

幻想的な雰囲気に酔う

264ページ

SF

4位 アイテムID:12819787の画像

Amazon

楽天

ヤフー

不気味な京都を味わう

323ページ

ミステリー

5位 アイテムID:12819784の画像

Amazon

楽天

ヤフー

森見ワールドはここから始まった

237ページ

恋愛・ユーモア

6位 アイテムID:12819781の画像

Amazon

楽天

ヤフー

手紙ならではの面白さを発見できる小説

343ページ

恋愛

7位 アイテムID:12819778の画像

Amazon

楽天

ヤフー

「夜行」はちょっと怖いもう一つの森見ワールド

256ページ

青春ファンタジー

8位 アイテムID:12819775の画像

Amazon

楽天

ヤフー

森見ワールド炸裂!できれば2冊目に読んでほしい

367ページ

アドベンチャー

9位 アイテムID:12819772の画像

Amazon

楽天

ヤフー

高学年でも低学年でもない四年生の微妙な心境が面白い

387ページ

SF

10位 アイテムID:12819769の画像

Amazon

楽天

ヤフー

大学生活の平行世界が面白い四畳半シリーズ!同じ登場人物の新刊にも注目

405ページ

青春もの

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

森見登美彦が好きな方の楽しみ方

森見作品には読んだ方でないとわからない楽しさがあります。舞台になった場所や名言、裏話など知った上でにやりと笑える、森見登美彦の楽しみ方をご紹介しましょう。

京都を楽しむ

森見登美彦の作品の舞台となっているのが京都です。京都に詳しい方もそうでない方も、森見登美彦の作品を読んだ後は、今までの京都とまた違った見え方を楽しめるのが特徴といえます。

 

通常の京都観光も楽しいですが、森見作品を通して京都を楽しむポイントは、想像力を駆使することです。そうすることで、京都の町を跋扈するさまざまな物語の中の「彼ら」の姿をきっと見られます。

本を読みづらいときもポストカードで作品を楽しむ

しんどいとき、へこみ気味のとき、本を読みづらい状況でも、ポストカードが手元にあれば、いつでも前向きになれる言葉に励ましてもらえます。ユーモアたっぷりでニヤリとする粒ぞろいで、贈りたい言葉を選んで、誰かへのメッセージにもぴったりです。

 

また、森見登美彦作品の物語を支える挿絵が好きという森見ファンも多くなっています。ポストカードでは、原作の挿絵が使用されているので、写真たてにポストカードをいれて、お部屋に飾るのもおすすめです。

森見登美彦に影響を与えた作家を楽しむ

独特な作風が支持されている森見登美彦が幼少期から親しんでいる作家、影響を与えた作品を読んで、森見作品の世界観がどのように作られていったのか、考えるのも森見作品が好きな方におすすめの楽しみ方です。

 

例えば、「夜は短し歩けよ乙女」にもでてきた『ラ・タ・タ・タム ちいさな機関車のふしぎな物語』は、幼少期から森見が親しんできた本の1冊でした。ほかにも、夏目漱石や太宰治といった文豪作品にも造詣があります。

 

下記の記事では夏目漱石や太宰治について詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にご覧ください。

森見登美彦に似た作家を楽しむ

森見登美彦にハマった方は、作風や雰囲気が似た作家の作品も読んでみましょう。京都など関西が舞台・大学生や若い世代が主人公・ファンタジーや青春小説など見つける共通点のポイントはたくさんあります。

 

「鴨川ホルモー」の万城目学や「満月と近鉄」の前野ひろみちなどがおすすめです。有名なファンタジー作家の上橋菜穂子や青春小説としても人気の恩田陸・辻村深月なども、とても読みやすくチャレンジしやすい作家といえます。

 

以下の記事ではファンタジーや青春小説の作家について詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にご覧ください。

イベントやコラボを楽しむ

森見登美彦作品は、定期的に他媒体でのコラボが行われます。例えば、「夜は短し歩けよ乙女」のコラボカフェや、登場人物が来ていて洋服の販売など、ファンにとってはとても魅力的です。

 

ほかにも、森見登美彦の講演会や、サイン会も定期的に開催されています。このようなコラボやイベントは、森見登美彦本人のTwitterで告知されているので、気になる人はこまめにTwitterのチェックしましょう。

まとめ

森見登美彦作品の魅力をご紹介しました。私たちのすぐ近くにある非現実、かつて隣に存在していた非現実を、大人になった今、垣間見せてくれる森見ワールドの世界です。独自の優しくおかしな世界を、ぜととも楽しんください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年04月13日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

森博嗣のおすすめ人気作品ランキング15選【シリーズものからエッセイまで!代表作も紹介】

森博嗣のおすすめ人気作品ランキング15選【シリーズものからエッセイまで!代表作も紹介】

本・雑誌
ポストカードの人気おすすめランキング15選【日本らしいものも!】

ポストカードの人気おすすめランキング15選【日本らしいものも!】

エクステリア・ガーデンファニチャー
森絵都作品のおすすめ人気ランキング15選【代表作や大人向けの書籍・短編集も!】

森絵都作品のおすすめ人気ランキング15選【代表作や大人向けの書籍・短編集も!】

本・雑誌
純文学のおすすめ人気ランキング16選【純文学とは?現代文学・有名作家も】

純文学のおすすめ人気ランキング16選【純文学とは?現代文学・有名作家も】

本・雑誌
推理・ミステリー小説のおすすめ人気ランキング50選【とにかく面白い作品は?】

推理・ミステリー小説のおすすめ人気ランキング50選【とにかく面白い作品は?】

本・雑誌
奈良の日本酒おすすめランキング10選【春鹿や風の森など】

奈良の日本酒おすすめランキング10選【春鹿や風の森など】

お酒

アクセスランキング

大学受験の現代文問題集・参考書のおすすめ人気ランキング13選【毎日解く必要は?】のサムネイル画像

大学受験の現代文問題集・参考書のおすすめ人気ランキング13選【毎日解く必要は?】

本・雑誌
英語長文参考書のおすすめ人気ランキング15選【難易度は?Smart ReaderやSwitchも】のサムネイル画像

英語長文参考書のおすすめ人気ランキング15選【難易度は?Smart ReaderやSwitchも】

本・雑誌
【プロ監修】青年漫画の人気おすすめランキング26選【大人も楽しめる!完結済作品も】のサムネイル画像

【プロ監修】青年漫画の人気おすすめランキング26選【大人も楽しめる!完結済作品も】

本・雑誌
【100人に聞いた!】芥川龍之介作品のおすすめ人気ランキング20選【代表作も紹介】のサムネイル画像

【100人に聞いた!】芥川龍之介作品のおすすめ人気ランキング20選【代表作も紹介】

本・雑誌
星新一作品のおすすめ人気ランキング15選【ショートショートの代表作や最高傑作も!】のサムネイル画像

星新一作品のおすすめ人気ランキング15選【ショートショートの代表作や最高傑作も!】

本・雑誌
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。