【2023年最新】BOSE(ボーズ)のヘッドホンの人気おすすめランキング15選

BOSE(ボーズ)のヘッドホンは、口コミがよく、特に新作は音楽を高音質や重低音で楽しみたい方に大人気です。BOSEのヘッドホンには、ワイヤレスヘッドホンやモニターヘッドホンなどのタイプがあります。この記事では、BOSEヘッドホンの選び方とおすすめの商品を、人気ランキング形式でご紹介します。

商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

BOSE(ボーズ)のヘッドホンで高音質の音楽を楽しもう

ヘッドホンは、頭にかけ耳を覆うように装着して音楽を聴ける人気のアイテムです。BOSE(ボーズ)のヘッドホンは、高音質にこだわりたいユーザーから口コミがよく高い支持を得ています。でもBOSEは値段が高い印象があります。

 

実は、BOSEのヘッドホンには、重低音が効いた音質を楽しめるモデルが豊富に揃っているんです。ワイヤレスやモニター、ノイズキャンセリングなど様々な機能が搭載されています。BOSEのヘッドホンを選ぶことで、音漏れしにくく高音質の音楽を楽しむことができます。

 

そこで今回は、BOSEのヘッドホンの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、接続方法や機能性、シリーズなどを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみて下さいね。

結論コレ!編集部イチ押しのおすすめ商品

有線接続BOSEヘッドホンのおすすめ

1位

BOSE(ボーズ)

QuietComfort 25 Acoustic

4.0

単4電池で35時間連続使用可能

単4電池内蔵で最大35時間連続使用が可能なので、屋外や旅行先で使いたい方におすすめです。折り畳みが可能で、付属ケースに収納して持ち運べます。インラインリモコンやマイクが搭載されていて、電話応答や音量の操作が可能です。

接続 有線 タイプ 密閉型
重量 195g 機能性 マイク付きリモコン

ワイヤレスBOSEヘッドホンのおすすめ

1位

BOSE(ボーズ)

NOISE CANCELLING HEADPHONES 700 SPS

4.5

新作に負けない圧倒的なノイズキャンセリング機能

洗練されたエレガントなデザインのステンレスヘッドバンドを採用しています。フィット感に優れているので、何時間も快適に聴き続けたい方におすすめです。タッチセンサー付きのイヤーカップで、シンプルかつ直感的な操作が可能です。

接続 ワイヤレス タイプ オーバーイヤー
重量 252g 機能性 アクティブノイズキャンセル

BOSEヘッドホンの選び方

BOSEのヘッドホンには、接続方法・装着方法・機能性の異なるシリーズ商品があります。ライフスタイルや使いやすさに合わせた、ヘッドホンの選び方をご紹介しましょう。

接続方法で選ぶ

BOSEのヘッドホンには、有線接続や完全ワイヤレスヘッドホンがあります。音質や使用用途を考えながら、ヘッドホンの接続方法で選ぶのがおすすめです。

無線で手軽に使いたい方は「ワイヤレスヘッドホン」がおすすめ

ワイヤレスヘッドホンは、コードの長さや絡まり、断線を気にせず手軽に使用できます。様々な機器にBluetooth接続できるため、通勤・通学・スポーツなど移動中の利用にも最適です。遅延や充電切れがあるので、連続再生時間やコーデックを確認しましょう。

モニターヘッドホンに使いたい方は「有線接続」がおすすめ

有線接続のヘッドホンは、高音質のサウンドを楽しみたい方におすすめです。音声信号の劣化や遅延が少ないため、モニターや映画鑑賞、ゲームプレイなど音質やスピードを重視する方に最適です。耐久性が高く、絡まりにくいケーブルを選ぶとより使いやすくなります。

機能性で選ぶ

BOSEのヘッドホンには、マイクやアプリに対応したモデルが販売されています。使用用途やこだわりに合わせて、ヘッドホンに搭載された機能性で選ぶのがおすすめです。

騒音カットで音漏れを防ぐなら「ノイズキャンセリング」がおすすめ

ノイズキャンセリングは、騒音と逆位相の音波を発することで、周囲の騒音をカットする機能です。電車や飛行機などの屋外でも、質の高い重低音をノイズに邪魔されることなく楽しめます。BOSEは、ノイズキャンセリング機能を初めて採用したことで有名です。

 

ノイズキャンセリングは、周囲の音で音楽に集中できない方や、高音質のサウンドを聴きたい方に最適です。クローズドタイプ(密閉型)が多く、音漏れも防ぐことができます。屋外でノイズキャンセリングを安全に使うため、周囲の音を取り込める商品もあります。

通話や録音をしたい方は「マイク機能」がおすすめがおすすめ

マイク機能が搭載されたモデルは、通話機能をよく使用する方におすすめです。ウェブチャットやオンライン会議など、ノイズを低減したきれいな音質で音声を配信できます。音楽を聴きながら通話をする時でも、スマホを出し入れすることなく会話ができます。

スマホと連動させたい方は「アプリ対応」がおすすめ

アプリ対応モデルは、スマホと連動して音楽や映画を楽しめる機能を搭載しています。設定をカスタマイズしたり、ノイズキャンセリングを調整したりできて便利です。BOSE CONNECTアプリ対応モデルなら、ペアリングや2台の接続が簡単に設定できます。

スムーズに通話したい方は「Apple・Android専用」がおすすめ

AppleAndroidの機種に合わせた専用モデルは、音楽を聞きながらでもスムーズに通話ができます。専用モデルには、マイク付きリモコンが搭載されています。音楽を聞いている最中に着信があった時でも、簡単に通話に切り替えることができて便利です。

使い方を広げたい方は「Googleアシスタント対応」がおすすめ

Googleアシスタント対応モデルは、使い方の幅を広げることが可能になります。音楽再生・メール送受信・電話応答・検索まで、アクションボタンへのワンタッチと音声で管理ができます。Android6.0対応モデルを選び、アプリをダウンロードする必要があります。

使いやすさで選ぶ

BOSEのヘッドホンには、外出時の移動やスポーツ中の使用に適したモデルが販売されています。ライフスタイルに合わせて、ヘッドホンの使いやすさで選ぶようにしましょう。

動きながら聴きたい方は「小型・軽量」がおすすめ

小型で軽量のヘッドホンは、携帯性に優れていて屋外で使いたい方におすすめです。重たいヘッドホンは疲れや不快感を感じやすいですが、軽量タイプなら肩こりを軽減できます。大きいサイズは屋外で目立ちやすいですが、小型モデルならスマートに装着できます。

屋外に持ち歩きたい方は「連続再生時間」が長いものがおすすめ

屋外で長時間使いたい方は、連続再生時間をチェックするようにしましょう。通勤・通学の往復にかかる時間など、最適でも8時間以上の使用時間に対応したモデルがおすすめです。ヘッドホンを定期的に充電する必要があることを理解して選ぶようにしましょう。

運動中に聴きたい方は「アクティビティ向け」がおすすめ

スポーツシーンに特化したアクティビティ向けのヘッドホンもあります。ランニングやウォーキング、フィットネスなど、体を動かしながら聴いてもフィットしやすく外れにくいのが特徴です。防滴性を備えたヘッドホンなら、汗や雨にも対応することができます。

装着方法で選ぶ

BOSEヘッドホンの装着方法には、アラウンドイヤー・オンイヤー・オープンイヤーがあります。快適性や音質を比較しながら、ヘッドホンの装着方法で選ぶようにしましょう。

音漏れを防ぎたい方は「アラウンドイヤー型」がおすすめ

アラウンドイヤー型は、イヤーパッド部分が耳を覆うように、大きくて丸いくぼみがある形状です。耳を押さえることなく、耳をはめ込むような形状をしているので、安定してずれにくいフィット感があります。ハウジング部分には、メッシュ加工が施されています。

 

アラウンドイヤー型は、音がダイレクトに耳に入るので、ダイナミックな音質を楽しめます。耳への負担やストレスが少なく、クローズドタイプ(密閉型)は音漏れを防ぐことができます。本体が大きく重量があるため、モニタリングなど部屋での使用に適しています。

立体感を楽しみたい方は「オープンエア型」がおすすめ

オープンエア型(開放型)は、ハウジング部分の背面を開放して、様々な方向から音を聴けます。音に立体感が出るので、ライブハウスで音楽を聴いている感覚を楽しめます。側圧が強くないため、長時間装着していても痛くなりにくいメリットがあります。

 

オープンエア型は、音楽・映画・ゲームの音を最大限に楽しみたい方におすすめです。開放型は音が大きく漏れるので、室内での使用に適しています。周りに人がいる時には、配慮をしながら音を楽しむようにしましょう。

耳蒸れを防ぎたい方は「オンイヤー型」がおすすめ

オンイヤー型は、ハウジングのイヤーパッドの部分が平面でくぼみがない形状です。形状が平面になっているので、耳に乗せるようなスタイルで装着できます。耳を覆うような形状ではないため、耳蒸れを起こしにくいというメリットがあります。

 

オンイヤー型は、軽量で携帯性に適しているので、外出時に持ち運びしやすいメリットがあります。長時間装着すると耳に負担がかかって疲れやすく、音漏れをしやすいという特徴もあります。最近のBOSEでは少ないタイプで、古いモデルに採用されています。

ジャズやR&Bが好きな方は「重低音」を確認

BOSEヘッドホンの最大の魅力は、何と言っても質の高い重低音です。大迫力かつなめらかな重低音の音楽や映画を楽しむことができます。人間が聴きやすい音質にこだわっているので、心地よい響きの重低音を実感できることでしょう。

 

R&Bやジャズなど、重低音が重要な音楽が好きな方でも満足できる音質の高さです。機械ではなくチューニングで音質の調整を行ない、耳への快適性にこだわっています。重低音のサウンドは、長時間音楽を聴きたい方にもおすすめです。

スペックで選ぶ

BOSEヘッドホンのスペックには、再生周波数帯域・出力音圧レベル・インピーダンスなどがあります。パッケージに表記されているスペックを確認しましょう。

広い音域を再生したい方は「再生周波数帯域」がおすすめ

再生周波数帯域は、ヘッドホンが再生できる音の周波数の下限と上限で、Hzの単位で表記されます。ハイレゾロゴマークの付いたヘッドホンは、高域再生性能が40000Hz以上の性能があります。可聴域にこだわりたい方は、再生周波数帯域をチェックしましょう。

大きな音量で再生したい方は「出力音圧レベル」がおすすめ

出力音圧レベルは、1mWの音を入力した時にヘッドホンから再生できる音の強さを表す数値です。能率や感度と表記されることもあり、dB/mWの単位が使われています。同じボリュームでも、出力音圧レベルの数値が高いほうが音量が大きくなります。

音源の音量を確保したい方は「最大入力」がおすすめ

最大入力は、ヘッドホンに入力できる瞬間的な最大電力を表す数値です。mWの単位で表記され、音源の音量通りに入力できるかどうかを確認することができます。プレーヤー側の出力を上回っているかどうかチェックするようにしましょう。

十分な音量で聴きたい方は「インピーダンス」がおすすめ

インピーダンスは、ヘッドホンの電気抵抗の大きさを表す数値で、単位はΩで表記されます。インピーダンスが大きいほど音が小さくなり、小さいほど音が大きくなります。インピーダンスが大きいヘッドホンは音量が十分に聴き取れないことがあります。

「おしゃれ」なものならカラーや形状をチェック

BOSEのヘッドホンは、カラーや形状などおしゃれなデザイン性で選ぶのがおすすめです。シンプルかつクールなデザインが多く、スマートに身に着けることができます。カラーはブラックやシルバーが定番で、幅広いファッションにコーディネートできます。

 

BOSEのヘッドホンには、ホワイトやブルー系などおしゃれなカラーもあります。柔らかい色合いのデザインを選ぶことで、ファッション性を高めることができます。カラーや形状などのデザインは、好みやシーンに合わせて選ぶようにしましょう。

シリーズで選ぶ

BOSEのヘッドホンには、いくつかの人気シリーズが展開されています。利用シーンや好みに合わせて、ヘッドホンの人気シリーズで選ぶのがおすすめです。

騒音カットの「Bose Noise Cancelling Headphones 700」がおすすめ

限定カラーのトリプルミッドナイトを採用した音楽や通話に最適なワイヤレスBluetoothヘッドホンです。ノイズキャンセリング機能が、静かな空間と驚きのサウンドを創り出します。周囲の音をシャットアウトして、音楽を聴くのに最適な場所を提供してくれます。

ノイズ対策をしたい方は口コミもよい「QCシリーズ」がおすすめ

QC25QC35などQuietComfortシリーズは、ノイズキャンセリングレベルを調節できます。口コミもよくおすすめです。バランス良いオーディオ環境を実現し、周囲の音を聞いたりカットしたりできます。単4電池1本で35時間駆動してくれます。

運動中に聴きたい方は「SoundSportシリーズ」がおすすめ

SoundSportシリーズは、ランニングやフィットネスなどスポーツ中に身に着けたい方におすすめです。独自の形状と柔軟なウイングで、安定した装着感を得ることができます。心拍数センサーを内蔵したモデルや、耐汗性と耐候性にも優れたモデルもあります。

有線接続BOSEヘッドホンの人気おすすめランキング5選

5位

BOSE(ボーズ)

QuietComfort 3 Acoustic

3.5

旧モデルながら品質のよいリモコン付きのオンイヤータイプ

ノイズキャンセリング対応有線タイプのヘッドホンです。サラウンドには非対応ですが、心地よい重低音の音楽を楽しめます。リモコン機能付きで重量150gと持ち歩きやすいサイズなので、屋外や旅行中に高音質の音楽を聴きたい方におすすめです。

接続 有線 タイプ オンイヤー
重量 150g 機能性 ノイズキャンセリング

口コミを紹介

プレゼントにするために購入しました。とても気に入ってもらえました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

BOSE(ボーズ)

SoundLink小型ヘッドバンド

4.0

小型でパワフルなサウンド

クラスで最高レベルのサウンドを提供するヘッドホンです。有線とワイヤレスの切り替え可能で、環境に合わせて使い分けたい方におすすめです。パワフルなサウンド機能と、クリアな通話が可能な高度なマイクシステムを搭載しています。

接続 有線 ワイヤレス タイプ オンイヤー
重量 340g 機能性 3.5mmジャック

口コミを紹介

Boseのヘッドフォンが、この価格でお得に買えてうれしいです。マイクでも使えるので、PCと接続して在宅業務中も活躍しています。使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

BOSE(ボーズ)

A20 Aviation Headset

4.0

高音質のモニターヘッドホン

プラグケーブルでの有線接続で高音質の音楽を楽しみたい方におすすめです。Bluetoothの接続も可能で、シーンに合わせて使い分けることができます。雑音をカットした高音質なサウンドを聴けるので、モニターヘッドホンにも最適です。

接続 有線 ワイヤレス タイプ インイヤー
重量 340g 機能性 Bluetooth搭載
2位

BOSE(ボーズ)

QuietComfort 15 Acoustic

3.5

TriPortテクノロジーによる豊かな低音

イヤーカップ内外の2つのマイクが騒音を識別して処理するノイズキャンセリング機能搭載です。独自のアクティブ・イコライジング採用なので、聴き取りやすい高音質を楽しみたい方におすすめです。シルバーのデザインがスタイリッシュです。

接続 有線 タイプ 密閉型
重量 190g 機能性 ノイズキャンセリング

口コミを紹介

電車でアニメ観たりリスニングの勉強したりするのに最適。ケースが大きいけど安いので全然許せます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

BOSE(ボーズ)

QuietComfort 25 Acoustic

4.0

単4電池で35時間連続使用可能

単4電池内蔵で最大35時間連続使用が可能なので、屋外や旅行先で使いたい方におすすめです。折り畳みが可能で、付属ケースに収納して持ち運べます。インラインリモコンやマイクが搭載されていて、電話応答や音量の操作が可能です。

接続 有線 タイプ 密閉型
重量 195g 機能性 マイク付きリモコン

口コミを紹介

バスや飛行機での騒音対策に使用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

有線接続BOSEヘッドホンのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 接続 タイプ 重量 機能性
アイテムID:12392173の画像

Amazon

楽天

ヤフー

単4電池で35時間連続使用可能

有線

密閉型

195g

マイク付きリモコン

アイテムID:12392170の画像

Amazon

楽天

ヤフー

TriPortテクノロジーによる豊かな低音

有線

密閉型

190g

ノイズキャンセリング

アイテムID:12392167の画像

Amazon

ヤフー

高音質のモニターヘッドホン

有線 ワイヤレス

インイヤー

340g

Bluetooth搭載

アイテムID:12392164の画像

Amazon

楽天

ヤフー

小型でパワフルなサウンド

有線 ワイヤレス

オンイヤー

340g

3.5mmジャック

アイテムID:12392161の画像

Amazon

楽天

ヤフー

旧モデルながら品質のよいリモコン付きのオンイヤータイプ

有線

オンイヤー

150g

ノイズキャンセリング

ワイヤレスBOSEヘッドホンの人気おすすめランキング10選

10位

BOSE(ボーズ)

QuietComfort 3 Acoustic

3.5

軽量コンパクトな小型モデル

150gとコンパクトなタイプで、移動しながら音楽を聴きたい方におすすめです。ボーズ独自のTriPortテクノロジーにより、幅広い音域を高音質で再生できます。ノイズキャンセリング機能を搭載しており、常にクリアな音を楽しめます。

接続 ワイヤレス 有線 タイプ 開放型
重量 150g 機能性 ノイズキャンセリング

口コミを紹介

音には満足しています。地下鉄の中でも音楽を楽しめます。バランスがいい。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

BOSE(ボーズ)

SoundLink around-ear II

4.5

約15時間の連続再生が可能

3時間の充電で約15時間の連続再生可能なワイヤレスのヘッドホンです。クイック充電にも対応しており、屋外で移動しながら音楽を楽しみたい方におすすめです。低反発素材のイヤークッションが耳を優しく包み込み、長時間快適に使用できます。

接続 ワイヤレス タイプ 密閉型
重量 195g 機能性 15時間連続使用

口コミを紹介

ワイヤレス環境で音楽やラジオを聴きたくて、やっとこさ購入しました。Bluetoothのイヤホンは持ってますが、音質は全然違いますね。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

BOSE(ボーズ)

SoundLink on-ear Bluetooth headphones

3.5

バランスの良い新デザイン

ワイヤレスとは思えないほど明瞭かつパワフルなサウンドを楽しめるヘッドホンです着け心地と耐久性、ポータビリティを両立した新デザインが好きな方におすすめです。直感的な操作が可能な優れたユーザーインターフェースを採用しています。

接続 ワイヤレス タイプ 密閉型
重量 153g 機能性 15時間連続使用

口コミを紹介

たくさんのメーカーを聴き比べた訳じゃないけど、やっぱりBOSE、音質はびっくりするほど抜群です。店頭で視聴した瞬間に欲しくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

BOSE(ボーズ)

QuietComfort 15 Acoustic

4.0

ボーズ史上最高の静寂を実現

アラウンドイヤータイプのノイズキャンセリング機能を採用したヘッドホンです。専用マイク付きリモコンを搭載しているので、通話をすることが多い方におすすめです。周囲の騒音を大幅に低減して、静寂空間でクリアな音楽を聴くことができます。

接続 ワイヤレス タイプ オンイヤー
重量 190g 機能性 ノイズキャンセリング

口コミを紹介

ソニーMDR-NC500Dと比較しましたが、NC500Dより少し高めの音まで消音し、ノイズキャンセルの性能はこちらが明らかに上です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

BOSE(ボーズ)

QuietComfort 35

4.5

バランスの良いオーディオ性能

最高クラスのノイズキャンセリング機能で、高音質の音楽を楽しめます。最適化されたEQが音量レベルに関係なく、バランスの良いオーディオ性能を発揮します。最大20時間連続再生できるので、屋外や移動しながらの使用におすすめです。

接続 ワイヤレス タイプ 密閉型
重量 234g 機能性 20時間連続

口コミを紹介

通勤中に利用しています。ノイズが本当に消えます。中々良いです。ただノイズキャンセルを使わないなら、他のヘッドホンのほうが音質的には良いです。ノイズキャンセル目的なら最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

BOSE(ボーズ)

QuietComfort 35 wireless headphones II

4.5

ノイズキャンセリングを3段階調節

最大20時間の連続再生が可能なワイヤレスタイプのヘッドホンです。ノイズキャンセリング機能は、環境に合わせて3段階調節することが可能です。マイクも搭載しているので、ハンズフリー通話をしたい方におすすめです。

接続 ワイヤレス タイプ 密閉型
重量 230g 機能性 20時間連続再生

口コミを紹介

つけ心地が非常に良い。何時間も連続してつけていても痛くならず、むしろつけていることを忘れてしまう。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

BOSE(ボーズ)

QuietComfort 35 II ローズゴールド

4.5

Googleアシスタント対応

Googleアシスタント対応のスマートヘッドホンです。業界最高クラスのノイズキャンセリング搭載なので、思い存分音楽の世界を楽しみたい方におすすめです。音楽再生、メールの送受信、日常作業の管理など全てを音声でコントロールできます。

接続 ワイヤレス タイプ 密閉型
重量 234g 機能性 アクティブノイズキャンセル

口コミを紹介

ケーブルレスで自由度が上がりました。音はその通りのBOSEサウンドで、豊かな低音、クリアな高音です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

BOSE(ボーズ)

NOISE CANCELLING HEADPHONES 700 SLV

4.5

11段階のノイズキャンセリング機能

11段階に調節できる圧倒的なノイズキャンセリング機能を搭載しています。洗練されたエレガントなデザインなので、スタイリッシュかつおしゃれに持ち歩きたい方におすすめです。アレクサと呼びかけて音声サービスを起動させることができます。

接続 ワイヤレス タイプ オーバーイヤー
重量 252g 機能性 アクティブノイズキャンセル

口コミを紹介

ノイズキャンセリングもかなり効いてます。何よりデザインがかっこよくソニーの1000MX と迷いましたがこちらで満足です。

出典:https://biccamera.rakuten.co.jp

2位

BOSE(ボーズ)

NOISE CANCELLING HEADPHONES 700 BLK

4.5

音声アシスタントに簡単アクセス

音声アシスタントに簡単アクセスできるので、スマホを取り出さずに通話ができます。音楽を聴きながらナビゲーションや天気予報など様々なサービスを利用したい方におすすめです。11段階のノイズキャンセリングで重宝します。

接続 ワイヤレス タイプ オーバーイヤー
重量 252g 機能性 アクティブノイズキャンセル

口コミを紹介

ノイズキャンセル機能はすごい。お勧めです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

BOSE(ボーズ)

NOISE CANCELLING HEADPHONES 700 SPS

4.5

新作に負けない圧倒的なノイズキャンセリング機能

洗練されたエレガントなデザインのステンレスヘッドバンドを採用しています。フィット感に優れているので、何時間も快適に聴き続けたい方におすすめです。タッチセンサー付きのイヤーカップで、シンプルかつ直感的な操作が可能です。

接続 ワイヤレス タイプ オーバーイヤー
重量 252g 機能性 アクティブノイズキャンセル

口コミを紹介

ノイズキャンセル機能と音質の総合で考えると最高の製品だと思います。電車の中や車の中など騒音がある場所で音楽を聞くなら、これだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

ワイヤレスBOSEヘッドホンのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 接続 タイプ 重量 機能性
アイテムID:12392205の画像

Amazon

ヤフー

新作に負けない圧倒的なノイズキャンセリング機能

ワイヤレス

オーバーイヤー

252g

アクティブノイズキャンセル

アイテムID:12392202の画像

Amazon

楽天

ヤフー

音声アシスタントに簡単アクセス

ワイヤレス

オーバーイヤー

252g

アクティブノイズキャンセル

アイテムID:12392199の画像

Amazon

楽天

ヤフー

11段階のノイズキャンセリング機能

ワイヤレス

オーバーイヤー

252g

アクティブノイズキャンセル

アイテムID:12392196の画像

Amazon

楽天

Googleアシスタント対応

ワイヤレス

密閉型

234g

アクティブノイズキャンセル

アイテムID:12392193の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ノイズキャンセリングを3段階調節

ワイヤレス

密閉型

230g

20時間連続再生

アイテムID:12392190の画像

Amazon

楽天

ヤフー

バランスの良いオーディオ性能

ワイヤレス

密閉型

234g

20時間連続

アイテムID:12392187の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ボーズ史上最高の静寂を実現

ワイヤレス

オンイヤー

190g

ノイズキャンセリング

アイテムID:12392184の画像

Amazon

楽天

ヤフー

バランスの良い新デザイン

ワイヤレス

密閉型

153g

15時間連続使用

アイテムID:12392181の画像

Amazon

楽天

ヤフー

約15時間の連続再生が可能

ワイヤレス

密閉型

195g

15時間連続使用

アイテムID:12392178の画像

Amazon

楽天

ヤフー

軽量コンパクトな小型モデル

ワイヤレス 有線

開放型

150g

ノイズキャンセリング

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

BOSEヘッドホンと完全ワイヤレスイヤホンとの違い

BOSE(ボーズ)は、アメリカのオーディオ音響機器メーカーです。ヘッドホンやイヤホン、スピーカーなど信頼性の高い音響機器を数多く開発しています。多機能なモデルが多いにも関わらず、シンプルで使いやすく心地よいサウンドを楽しめるのが特徴です。

 

BOSEのヘッドホンは、深みのある重低音やバランスの良い高音・中音域を聴けるのが魅力的です。自然な音の広がりも感じられるため、迫力あるパワフルな重低音を奏でたい方におすすめです。ノイズキャンセリング機能も優秀で、音漏れを防いで音楽に集中できます。

 

ヘッドホンは頭にかけ耳を覆い、イヤホンは耳穴に入れるスタイルです。高音質や音漏れ抑制ならヘッドホン、軽い装着感なら完全ワイヤレスイヤホンがおすすめです。以下の記事では、イヤホンの人気おすすめランキングを紹介していますので、ぜひご覧ください。

BOSEの新作いつでる?

BOSEの最新作は随時更新されています。ヘッドホンだけでなくイヤホンも新しく製造されているので目が離せません。公式ホームページで随時公開されています。新作いつでるか気になる方は、こまめにチェックしましょう。

比較的安い価格で手に入れたいなら旧モデルもチェック

人気のBOSEのヘッドホンですが、価格が高くて手が出ない方も多くいます。狙っている製品を比較的安い価格で手に入れたいなら旧モデルをチェックしましょう。新作は随時発表されますが、旧モデルでも十分高性能です。

SONY(ソニー)のヘッドホンやスピーカーもおすすめ

大音量で迫力のあるサウンドを楽しみたい人は、SONY(ソニー)のヘッドホンもチェックしてみましょう。SONYのヘッドホンには、音響メーカーを代表するアイテムが豊富に揃っています。好きな場所に持ち運んで使えるBluetoothモデルは特に愛用されています。

 

SONYではヘッドホン以外にも、高品質のスピーカーやイヤホンも取り揃えています。音楽鑑賞や映画鑑賞などシーンに合わせて使い分けることができます。なめらかなサウンドを楽しめるSONYの音響機器で、高音質な音楽を楽しみましょう。

 

以下の記事では、SONYヘッドホンの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

今回は、BOSEヘッドホンの選び方やおすすめの製品を、人気ランキング形式でご紹介しました。BOSEヘッドホンには、接続方法や装着方法、機能性など色々な選び方がありましたね。今回ご紹介した選び方やランキングを参考にして、高音質の音楽を楽しんで下さいね。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年03月09日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2023年】モニターヘッドホンの人気おすすめランキング25選【コスパのいい安いものもご紹介!】

【2023年】モニターヘッドホンの人気おすすめランキング25選【コスパのいい安いものもご紹介!】

イヤホン・ヘッドホン
密閉型ヘッドホンのおすすめ人気ランキング30選【有線のものも!】

密閉型ヘッドホンのおすすめ人気ランキング30選【有線のものも!】

イヤホン・ヘッドホン
オーディオテクニカのヘッドホン人気おすすめランキング8選【ワイヤレスも!】

オーディオテクニカのヘッドホン人気おすすめランキング8選【ワイヤレスも!】

イヤホン・ヘッドホン
ヘッドホンアンプのおすすめ人気ランキング14選【安いコスパ最強のものも!】

ヘッドホンアンプのおすすめ人気ランキング14選【安いコスパ最強のものも!】

ヘッドホンアンプ・DAC
【2023年】DJヘッドホンの人気おすすめランキング15選【普段使いにも】

【2023年】DJヘッドホンの人気おすすめランキング15選【普段使いにも】

イヤホン・ヘッドホン
ソニーヘッドホンの人気おすすめランキング15選【圧倒的高音質】

ソニーヘッドホンの人気おすすめランキング15選【圧倒的高音質】

イヤホン・ヘッドホン