5人用テントの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

記事ID8782のサムネイル画像

友達同士や家族でキャンプに行ったときに活躍してくれるのが5人用テントです。広々とした室内は即席の居住空間とは思えません。ここではそんな5人用テントの中でも安くてかっこいい人気のおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。

みんなで楽しく過ごせる5人用テント

大人数でキャンプするときはもちろん、数人でも広い空間でゆったりとキャンプしたい時などに活躍してくれるのが5人用テントです。ですが購入する機会は多くないので、どのようなものを選んだらいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

ここではそんな方のために、人気の5人用テントの中でも特にコストパフォーマンス、使いやすさ、居住空間の快適さが優れた15商品をランキング形式で紹介してみたいと思います。どれもかっこいいですし、購入しやすい安いものも多いのでぜひ最後まで読んでみてくださいね。

5人用テントの人気おすすめランキング15選

15位

NEUTRAL OUTDOOR(ニュートラルアウトドア)

GEテント

価格:43,076円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンポールだから簡単設営

NEUTRAL OUTDOORのGEテントは簡単に設営できてしまうワンポールタイプの5人用テントです。簡単に設営できてしまうのに内部は広々としていて、複数人がゆったりと過ごせる空間を作り上げることが出来ます。

 

雨にも強く、耐水圧は3000mmで雨天時でも問題なく過ごすことができますし、使用している生地はUVをカットしてくれるので肌へのダメージも最小限で済みます。入口部分にはメッシュパネルが使われているので、通気性が高い点も使っていてうれしいポイントのひとつです。

タイプワンポールタイプサイズ300×200cm
重さ10kg耐水圧(mm)3000

口コミを紹介

直径が4メートルと大きく高さもあるので非常に快適にキャンプできました。
購入して良かったです。
満足してます‼️

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

eSPORTSオリジナル

ダブルウォール ドームテント

価格:13,960円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

靴などを置ける前室も

あっという間に設営できてしまうという事で人気のドームタイプのテント。このダブルウォールドームテントは、設営までわずか60秒というスピード設営が魅力の5人用テントです。

 

魅力は設営までのスピードだけではありません。収納時には87×21×21cmという小型サイズになりますし、重さもわずか5.7kgなので女性でも楽々持ち運びが出来ます。

 

これだけコンパクトにもかかわらず、出来上がったテントには前室も付いていて、靴などを置くスペースにも困りません。大人が数人横になっても余裕のある広さもあり、居住性なども優れたテントです。

タイプドームタイプサイズ270×(220+70)×140cm
重さ5.7kg耐水圧(mm)2000

口コミを紹介

大変気に入っています。
設営も簡単で、ベンチレーションとメッシュで空気が循環してくれます

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

ツールームドームテント

価格:35,600円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

雨天時でも楽しめるツールームテント

キャンプの日に常に晴れているとは限りませんよね。ぱらぱらと雨が降ることもあると思いますが、そんなときに活躍してくれるのがキャプテンスタッグが販売しているツールームドームテントです。

 

広めの前室が付いているため、雨が降ったときにそのスペースでくつろいだり、食事を楽しむことが出来ます。もちろんドームテント内部も広く、5人で寝泊まりしても余裕のある作りになっています。

 

テントの後ろ側には荷物室も付いていて、テント内に大切なものをすべて入れておくことも可能です。

タイプツールームタイプサイズ280×620×190cm
重さ16kg耐水圧(mm)-

口コミを紹介

実際試しに設置してみても設置もそんなに難しくなくスムーズに出来良かったです。
開放的で過ごしやすそうなので今度のキャンプで使うのが楽しみです。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

クロマチック・フーガ

ツーリングテント

価格:10,180円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

天候や気分に合わせて形を変化

こちらのツーリングテントはD型の大きなドアが特徴的な5人用のドームテントです。テントの前にはキャノピーが付いていて、日差しが強い日や雨が降り始めたときなどに活躍してくれます。

 

後面にはテント内の換気を行えるベンチレーターも付いています。外の様子を眺めることも出来るので、付いていると嬉しい機能です。カラーはここで紹介しているシルバー×ネイビー以外にもイエロー、レッド、コーヒーの4色があり、好きなカラーを選ぶことが出来ます。

タイプツールームタイプサイズ2.4×4.45×1.75m
重さ-耐水圧(mm)3000

口コミを紹介

私が前室にマットをひいて寝ることで、メインの空間に他の5人(大人1人、小学生2人、幼稚園児1人、赤ちゃん1人)が寝られました。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

GEERTOP

ティピーテント

価格:39,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

天井が高く広々とした空間

GEERTOPのティピーテントはティピーテントらしい高い天井が特長の5人用テントです。ポールの高さは190cmあり、平均的な身長の方なら問題なく内部で立ち歩くことが出来ますよ。

 

使われている素材はコットンとポリエステルを合わせたもので、遮光性があるため日が昇ってすぐに目が覚めてしまうという事もありません。耐水性も高く、荒天時でも問題なく使用することが可能です。

 

収納時には21×88cmまで小さくなり、重さも約6.5kgほどなので簡単に運ぶことが出来るという点もこのテントの使いやすいポイントです。

タイプワンポールタイプサイズ250×190cm
重さ6.445kg耐水圧(mm)2000

口コミを紹介

サーカスは被りまくるの嫌だし重いのでどうしようと探してたところこちらのワンポールを発見!
おこもりスタイルにぴったり!コットも2つは入るし、よかったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

コールマン(Coleman)

タフドーム/3025

価格:38,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

これだけで快適なキャンプが可能

コールマンのタフドーム3025は、キャンプ初心者に選んでもらいたいエントリーモデルともいえるようなドームタイプの5人用テントです。この商品にはインナーシートとグランドシートも同梱されており、キャンプで快適に過ごすために必要なものが一通り揃えられます。

 

カラーはここで紹介しているレッドとグリーンの2種類。室内は広々としていて、大人が十分に動けるだけのスペースがあります。ドームタイプなので設営が簡単なうえに使い終わったら小さく収納することも可能です。

 

 

タイプドームタイプサイズ300×250×175cm
重さ10kg耐水圧(mm)-

口コミを紹介

初使用時の組み立ておよび収納は、多少ですが時間を要しましたが、2回目以降は慣れもあり、スムーズに出来ました。内部は家族3人で使用していますが天井の高さを含め広々としていて、とても気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

SANPERCY

ツーリングテント

価格:10,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通気性抜群

SANPERCYのツーリングテントには入口が2か所あります。前面と後面に設置されていて、どちらからでも出入りできるのはもちろん、通気性という点でもうれしい効果を生んでくれています。

 

入り口部分にはメッシュパネルも付いていて、通気性を確保しつつ内部へ虫が入るのを防いでくれます。もちろん逆にフルクローズにすることも可能です。着替えを行う際はフルクローズにすると周囲の目を気にする必要はなくなります。

 

雨風を防ぐ能力も高く、荒天時でもキャンプを続行できる安心感のあるドームテントになっています。1万円程度という安さも魅力です。

タイプツールームタイプサイズ240×240×170cm
重さ9.2kg耐水圧(mm)2000

口コミを紹介

私は大人1人子供2人くらいで使うので、広さも高さもあり使いやすいです。雨でも前室に荷物置けるので、助かるし設営も簡単で◎です。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

キャンパルジャパン株式会社

オーナーロッジ タイプ52R

価格:93,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家のような広い室内

キャンプ場で自宅のような広い居住空間を作れてしまうのが、ogawaのオーナーロッジ タイプ52Rというテントです。310×260cmという広さに加えて、高さも最も高いところだと210cmあり、テント内とは思えないほど開放感があります。

 

前面や側面についている窓はメッシュにもなるため、虫などの侵入を許しません。背面には張り出しも付いていて、別売りのポールを使う事で日差し除けのように使うことが出来ます。

タイプロッジタイプサイズ310×260×210cm
重さ16.9kg耐水圧(mm)1800

口コミを紹介

幕の生地も210デニールあり厚く、シーム処理も綺麗で流石オガワといった感じ。 スカートもハトメがあり風が吹いても安心だし、メッシュも多くオールシーズン使用できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

コンポジット

フィールドキャンプドーム300

価格:14,080円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

複数のポケットが便利

コンポジットのフィールドキャンプドーム300は、テント内部に300×300cmの広い空間を持つドームタイプの5人用テントです。大人が数人横になっても十分な余裕があるため、ゆったりと余裕をもったテントを探している方におすすめの商品です。

 

さらにテント内外部に複数のポケットを設置。スマートフォンを入れたりキャンプの小道具などを入れたりすることができるため、想像以上に便利です。総重量は7.5kgと、さほど重くないのもうれしいポイントなのではないでしょうか。

 

カラーはここで紹介しているライトグレーのほかに、落ち着いた色合いのボルドーやダークブラウンなどがあります。

タイプドームタイプサイズ300×500×180cm
重さ7.5kg耐水圧(mm)1500

口コミを紹介

設営はものすごく簡単。慣れるとペグダウンも含めて15分くらいで設営出来ます。
中のスペースは、大人2人と子供1人に荷物も置いても余裕でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

コールマン(Coleman)

ラウンドスクリーン2ルームハウス

価格:54,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

広い前室が魅力的

コールマンのラウンドスクリーン2ルームハウスは広い前室を持ったドームタイプの5人用テントです。テントと紹介してはいますが、前室が非常に広いため、こちらがメインでテントがそれに付属しているという表現の方が正しいかもしれません。

 

前室はすべての入り口を閉め切ることも出来るため、とても大きなテント内に2つの部屋があるという考え方をすることも出来ます。テントの素材には撥水加工が施されていてUVカット効果もあるため、過酷な天候でもキャンプを楽しむことが出来ますよ。

タイプツールームタイプサイズ320×230×170cm
重さ20kg耐水圧(mm)2000

口コミを紹介

夫婦での長期キャンプ用に購入。まだテストの2泊でしか使っていませんが、2ルームはゆっくりくつろげて最高でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

DOD(ディーオーディー)

プレミアムワンタッチテント

価格:37,459円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

短時間で設営可能

DODのプレミアムワンタッチテントがこだわったのは、設営にかかる時間を短縮することです。傘を広げるかのようにワンタッチであっという間にテントを設営してしまえるため、残りの時間を楽しく遊ぶ時間などに充てることが出来ます。

 

簡単に設営できるようになっていますが、強度などが悪いという事もありません。耐水圧gは2000mmで雨が降ってきても問題なく過ごすことが出来ます。UPF50+の生地を使用しているので紫外線を気にする必要もありません。

タイプドームタイプサイズ3000×5100×2000mm
重さ9.1kg耐水圧(mm)2000

口コミを紹介

いかんせん、組み立てが簡単で前室が広いので、たいへん便利です。
慣れればタープなし、二人かがりで15分程度あればきれいに組み立てられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

コールマン(Coleman)

タフワイドドーム4

価格:39,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通気性がよく蒸れない

コールマンのタフワイドドーム4にはサークルベンチキュレーション機能が搭載されています。これはテントの上下に通気口がついていることにより、内部に空気の流れが生まれて快適な空間にすることが出来るという機能です。

 

これにより夏の暑い時期にするキャンプでも内部が蒸れにくくなりますし、複数人が寝泊まりする空間とは思えないほど過ごしやすい状態になります。そして風速20mで耐水性2000mmなため、突然の荒天でも内部で安心して寝泊まりが出来ます。

タイプドームタイプサイズ300×300×185cm
重さ10.5kg耐水圧(mm)2000

口コミを紹介

2泊3日のキャンプで使いました。買う時は大人2人小学生2人だったので広過ぎかと思いましたが、実際使うとぜんぜんちょうど良いです。枕元に置く荷物が意外に多く空きスペースがあってゆったり寝れました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

キャンパーズコレクション

キャンパーズコレクション プロモキャノピーテント5

価格:15,905円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャンプ初心者でも安心して使える

これまでキャンプに何度も行っている方からキャンプ初心者の方まであらゆる方に紹介したいのが山善のキャンパーズコレクション プロモキャノピーテント5です。

 

居住空間の広さ、余裕ある前室、あると便利なポケットももちろん付いていますしランタンフックもしっかりとあります。組み立ても簡単で、初めてテントを設営する方でも短時間で組み立てることが可能です。

 

雨風にも強く、紫外線カット素材を使用しているため強烈な日差しがある日中でも快適に過ごせる5人用テントです。

タイプドームタイプサイズ275×435×165cm
重さ12.8kg耐水圧(mm)1000

口コミを紹介

暴風雨と暴風の2回使用。
1回目の時は前後を逆に設営してアンバランスのなかで暴風雨耐え、2回目は台風並みの暴風でもやはりビクともしませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

コンポジット

ワンタッチテント

価格:10,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

15秒で設営完了

テントの設営は力作業だと思っている方も多いかもしれませんが、コンポジットのワンタッチテントを見るとそんなイメージはどこかへ行ってしまうのではないでしょうか。設営に必要な時間はわずか15秒で、力のない女性や子どもでも簡単に設営できてしまいます

 

設営するのに必要な工程は3つだけなので、組み立て方が分からないということもありません。設営したテントは窓にメッシュが使用されているため虫などが入ってきませんし、通気性も良く過ごしやすい空間を作ることが出来ます。

 

今回のランキングで紹介している5人用テントの中で最も安く、コストパフォーマンスの高い商品でもあります。

タイプワンタッチタイプサイズ305×240×145cm
重さ4.5kg耐水圧(mm)1500

口コミを紹介

かなりよい、私、妻、小学生2人、未就学児の5名で寝ても若干の余裕がまだある。通気性が良いので暑い地域にはもってこい、大雨にも耐えれました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ogawa(オガワ)

ピスタ5

価格:50,214円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5人用テント選びに困ったらこれ

5人用テントが欲しいけれど、どれを選んだらいいのか分からない。そんな方に紹介したいのがogawaのピスタ5という5人用テントです。居住空間の快適さはもちろん、収納サイズの小ささや内外部の使い勝手も優れている商品になっています。

 

テントはドームタイプになっていて居住空間は270×270×170cmと十分な広さがあります。内部にはスマートフォンなどを入れるのにぴったりなポケットも設置。前室パネルを貼りだすことも可能なので、椅子などを置けばテント周辺でゆったりとくつろぐことも出来ますよ。

タイプドームタイプサイズ280×460×180cm
重さ5.5kg耐水圧(mm)1500

口コミを紹介

大きさの割に設営しやすく、女子2人で出来ます。ほぼ初心者で1時間くらいでした。
慣れたらもっと早く設営できると思います。
大雨でのキャンプも余裕でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

5人用テントの選び方

5人用テントの人気商品ばかりを紹介してきましたが、どの商品を選ぼうかと悩んでしまっている方もいるはず。そんな方のために、ここからは5人用テントの選び方も紹介してみたいと思います。

タイプで選ぶ

5人用テントを選ぶときは、まずどのようなタイプのものにするのかを決めてしまいましょう。タイプによって設営のしやすさや内部の広さや形などが違うので、それぞれの特長をチェックしてみてください。

ドームタイプ

今回のランキングで最も多く紹介したのが、このドームタイプの5人用テントです。設営がしやすく十分な強度をもっているため、キャンプ初心者から上級者まで人気のタイプになっています。内部のスペースも十分で、サイズ通りの広さを感じられるようになっています。

2ルームタイプ

ドームタイプに前室を付けたものがツールームタイプと呼ばれるテントです。前室部分には椅子やテーブルなどを置くことが出来るので、日差しが強い日や雨が降っている日でもくつろぐことが可能です。

 

ドームタイプよりも大きなものになっているので総重量が重く設営も手間がかかりますが、それに見合っただけの空間を作ることができるため近年人気になっています。

ロッジタイプ

広い居住空間を求めている人におすすめしたいのがロッジタイプのテントです。ほかのタイプよりも設営は大変ですが、内部の広さは他のタイプと比べ物になりません。壁の近くでも天井が高いため、壁側で寝ている人も窮屈さを感じずに寝泊まりすることが出来ます。

ワンポール(ティピー、モノポール)タイプ

テントの中央に1本のポールが立っていて、それがテントを支えているのでこのような呼ばれ方をしています。設営が簡単で、初めてテントを組み立てるという方でもすぐに組み立てることが出来ます

 

しかし室内の中央にポールが立っているので、居住スペースはあまり広く感じられません。天井が低いところと高いところの差も大きいので、5人で寝泊まりするなら大き目のものを選びましょう。

ワンタッチタイプ

商品によっては1分もかからず設営できてしまうのがワンタッチタイプのテントです。ドーム型のテントと似た形をしていますが、設営方法は異なります。非常に簡単に設営出来ますが、壊れてしまったときに直すのが難しいという欠点もあります。

スペックで選ぶ

テントのタイプが決まったら、スペックもチェックしてみましょう。このときにテントタイプの特長とあわせてチェックするのがおすすめです。

居住スペース

まず居住スペースがどれくらいあるのかを確認してください。5人用テントの多くは250×250cmから300×300cmくらいのものが多く、これくらいを目安に広いのか狭いのかを考えるといいのではないかと思います。

 

しかしタイプによって数字以上に広く感じるものもありますし、逆に狭く感じるものもあります。狭く見えがちなモノポールタイプなら少し大きめのものを、逆に広く見えるロッジタイプなら少し小さくても選ぶ、といった具合に選んでみてください。

耐水性

今回のランキングで紹介したテントはどれも耐水性がありますが、どの程度の防水機能を持つのかは商品によって異なります。耐水圧という数字がそれを表してくれているので、荒天の中でキャンプをする可能性があるなら、この数字が高いものを選びましょう。

その他で選ぶ

以下の点もテント選びをするならチェックしておきたいポイントです。キャンプ上級者の方ならあまり気にしない方もいるかもしれませんが、キャンプ初心者の方はチェックしておいて損はないポイントですよ。

組み立てやすさ

タイプによって組み立てやすさが大きく変わります。出来る限り組み立てる作業に時間を割きたくないという方はドームタイプやワンポールタイプ、ワンタッチタイプなどがおすすめです。

運びやすさ

テントはどれも収納が可能なので持ち運びやすくはなっていますが、商品によって重さは大きく異なります。重いものだと20kgほどのものもあるので、力のない方だと運ぶのが非常に大変です。

 

そのため力に自信がない方は10kg以下の軽いテントを選ぶようにしましょう。軽いものだと5kg程度のものもあるので、力作業が苦手な方はそういったものを選んでみてください。

5人用テントのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5382890の画像

    ogawa(オガワ)

  • 2
    アイテムID:5382893の画像

    コンポジット

  • 3
    アイテムID:5382964の画像

    キャンパーズコレクション

  • 4
    アイテムID:5382963の画像

    コールマン(Coleman)

  • 5
    アイテムID:5382962の画像

    DOD(ディーオーディー)

  • 6
    アイテムID:5382961の画像

    コールマン(Coleman)

  • 7
    アイテムID:5382960の画像

    コンポジット

  • 8
    アイテムID:5382959の画像

    キャンパルジャパン株式会社

  • 9
    アイテムID:5382956の画像

    SANPERCY

  • 10
    アイテムID:5382955の画像

    コールマン(Coleman)

  • 11
    アイテムID:5382954の画像

    GEERTOP

  • 12
    アイテムID:5382953の画像

    クロマチック・フーガ

  • 13
    アイテムID:5382952の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 14
    アイテムID:5382949の画像

    eSPORTSオリジナル

  • 15
    アイテムID:5382947の画像

    NEUTRAL OUTDOOR(ニュートラルアウトドア)

  • 商品名
  • ピスタ5
  • ワンタッチテント
  • キャンパーズコレクション プロモキャノピーテント5
  • タフワイドドーム4
  • プレミアムワンタッチテント
  • ラウンドスクリーン2ルームハウス
  • フィールドキャンプドーム300
  • オーナーロッジ タイプ52R
  • ツーリングテント
  • タフドーム/3025
  • ティピーテント
  • ツーリングテント
  • ツールームドームテント
  • ダブルウォール ドームテント
  • GEテント
  • 特徴
  • 5人用テント選びに困ったらこれ
  • 15秒で設営完了
  • キャンプ初心者でも安心して使える
  • 通気性がよく蒸れない
  • 短時間で設営可能
  • 広い前室が魅力的
  • 複数のポケットが便利
  • 家のような広い室内
  • 通気性抜群
  • これだけで快適なキャンプが可能
  • 天井が高く広々とした空間
  • 天候や気分に合わせて形を変化
  • 雨天時でも楽しめるツールームテント
  • 靴などを置ける前室も
  • ワンポールだから簡単設営
  • 価格
  • 50214円(税込)
  • 10000円(税込)
  • 15905円(税込)
  • 39800円(税込)
  • 37459円(税込)
  • 54800円(税込)
  • 14080円(税込)
  • 93500円(税込)
  • 10500円(税込)
  • 38000円(税込)
  • 39999円(税込)
  • 10180円(税込)
  • 35600円(税込)
  • 13960円(税込)
  • 43076円(税込)
  • タイプ
  • ドームタイプ
  • ワンタッチタイプ
  • ドームタイプ
  • ドームタイプ
  • ドームタイプ
  • ツールームタイプ
  • ドームタイプ
  • ロッジタイプ
  • ツールームタイプ
  • ドームタイプ
  • ワンポールタイプ
  • ツールームタイプ
  • ツールームタイプ
  • ドームタイプ
  • ワンポールタイプ
  • サイズ
  • 280×460×180cm
  • 305×240×145cm
  • 275×435×165cm
  • 300×300×185cm
  • 3000×5100×2000mm
  • 320×230×170cm
  • 300×500×180cm
  • 310×260×210cm
  • 240×240×170cm
  • 300×250×175cm
  • 250×190cm
  • 2.4×4.45×1.75m
  • 280×620×190cm
  • 270×(220+70)×140cm
  • 300×200cm
  • 重さ
  • 5.5kg
  • 4.5kg
  • 12.8kg
  • 10.5kg
  • 9.1kg
  • 20kg
  • 7.5kg
  • 16.9kg
  • 9.2kg
  • 10kg
  • 6.445kg
  • -
  • 16kg
  • 5.7kg
  • 10kg
  • 耐水圧(mm)
  • 1500
  • 1500
  • 1000
  • 2000
  • 2000
  • 2000
  • 1500
  • 1800
  • 2000
  • -
  • 2000
  • 3000
  • -
  • 2000
  • 3000

まとめ

5人用テントの人気おすすめランキング15選と選び方を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ここで紹介した内容を参考に、自分たちに合った5人用テントを探してみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ