ポータブルラジオの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

記事ID9889のサムネイル画像

ポータブルラジオは、現在までいろんな進化を遂げています。防水性があるもの、Bluetoothを搭載したモノなどあります。またワイドFMの高感度で、レコーダーとして録音する機能もあります。そんなポータブルラジオをランキング形式で紹介しています。

災害時に便利なポータブルラジオ

ラジオを聴くことって、そんなにないと思われる方も多いのではないでしょうか。テレビやインターネットスマートフォンで必要な情報を得たりすればラジオなんて必要ないと思われるでしょう。ですが意外なところでラジオは必需品となるのです。

 

それは災害時です。テレビは水没すれば電源が入りません。ですがポータブルラジオは防水性をもち充電して持ち歩くことができます。またBluetoothで接続できるものなど高機能なのに、ソニーなどメーカーからも安い価格で販売されています。

 

そこで今回はポータブルラジオの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ポータブルラジオの人気おすすめランキング15選

15位

AOOEOU

レトロラジオ ワイドfm対応

価格:2,777円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かわいいレトロデザイン

ワイドfmに対応した新しいポータブルラジオです。fm運用に対応した災害時のチャンネルに対応しているので、amが聴けないときにも使用することができます。また一回の充電で7~9時間使用ができるので、いつ何時のために充電しておけば、長く使用できます。

サイズ(横×高さ×奥行き)11.16×6.8×5cm電池の種類充電
チューニング方式シンセ

口コミを紹介

14位

MIGHTY

ラジオライト LEDライト

価格:5,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4way充電で長時間の使用

乾電池とUSBでの充電も可能な、どちらかが使用できなくても対応することができます。またソーラー手回しでも充電できるので、災害時には強い味方です。この充電方式ならスマートフォンも同時に充電することが可能です。

サイズ(横×高さ×奥行き)20.2x8×9cm電池の種類乾電池
チューニング方式シンセ

口コミを紹介

選局もオートプリセットで簡単で、防災ラジオとしても普段使いとしても満足出来る商品です。手回し充電はハンドルも軽くて回しやすく、ソーラーパネル、バッテリー搭載は停電時でも役に立ちます。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

PRUNUS

ポケットラジオ

価格:1,599円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポケットにも入るサイズ

クレジットカードよりもコンパクトなサイズで販売されています。さらに軽量ということもあり、カバンに入れておいても邪魔になりません。無くしてしまうのではないかと心配される方も、ストラップがついているので手首やカバンにくくることもできます。

サイズ(横×高さ×奥行き)5.4×7.8×1.6cm電池の種類乾電池
チューニング方式シンセ

口コミを紹介

小型でライト、SOSアラーム等も搭載しており、チューニングもオートスキャンで簡単に設定出来ます。購入の決めてはスピーカー搭載と何処でも手に入る普通の単4乾電池で動作する事なので、言う事無しです。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

HRD

スポーツラジオ

価格:2,377円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

楽しい散歩を

iPodのようサイズ感で持ち歩くことができます。片手で操作が可能で、イヤホンとストラップがついています。胸にポケットがついているデザインの服でしたら、そこに入れて聴きながら散歩することもできます。散歩に便利な万歩計機能もあります。

サイズ(横×高さ×奥行き)3.9×9×0.7cm電池の種類充電
チューニング方式シンセ

口コミを紹介

散歩中、そして万が一の際に使えるラジオを求めてこちらを購入。一度ラジオ局をメモリーさせておけばサーチ不要なカーラジオによくある方式です。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

PRUNUS

超薄型 ポータブルラジオ

価格:2,099円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音楽プレーヤーとしても機能する

スマートフォンよりもまだ小さいサイズで販売されています。連続で8時間の使用が可能です。また目に見えやすいバッテリー残量と通知をしてくれます。そしてUSBを差すことで音楽プレーヤーとしても機能する優れものです。規格はMP3で使用可能。

サイズ(横×高さ×奥行き)11.7×6.4×2cm電池の種類充電
チューニング方式シンセ

口コミを紹介

改良版を購入しました。思ったよりも音質も良く、機能面でも満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

パナソニック(Panasonic)

手回し充電対応 RF-TJ20-D

価格:4,608円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手回し充電でいつまでも視聴

なんと電池がなく、手回しで充電、起動します。電池がないですが、手回しだけで充電できるので電池交換が必要ありません。ソニーから販売されているので、音質も良好。音楽を聴いたり、スマートフォンの充電もすることが可能です。

サイズ(横×高さ×奥行き)14×5.4×5.2電池の種類手回し
チューニング方式シンセ

口コミを紹介

デジタル選局なので放送局のその周波数に合わせるだけで簡単確実に聞きたい局を受信でき、使っていて安心感があります。大変使いやすいです。液晶表示にバックライトがあるのもよいです。感度も結構良い印象です。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ソニー(SONY)

ハンディーポータブルラジオ ICF-51

価格:1,964円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かなりコンパクトなサイズ

シンプルで手のひらに収まっていしまうぐらいコンパクトなポータブルラジオです。乾電池で動きますが、22時間の連続再生というデジタルよりも長い時間稼働します。それに価格も安く、誰でも手に入れやすいです。

サイズ(横×高さ×奥行き)10.1 x 6.8×3.4cm電池の種類乾電池
チューニング方式アナログ

口コミを紹介

小さい!軽い!可愛い!音もきちんとクリアに出ます。災用に普段の鞄に入れて持ち歩ける。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

JBL

JBLTUNERFMBLKJN

価格:6,535円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スピーカーの音質でラジオ視聴

ポータブルラジオ兼Bluetoothスピーカーと役割の高い仕事をしてくれる商品です。どちらかといえばBluetoothスピーカーとしての活用が多くなると思いますが、元がスピーカーなので音質が非常にいいです。またラジオとしても、ワイドFMの視聴もできます。

サイズ(横×高さ×奥行き)16.5×6.6×6.6cm電池の種類充電
チューニング方式シンセ

口コミを紹介

1人で畑仕事をしてるときにラジオを聴きながら作業しています。onoff時に音が鳴るので電源入れっぱなしとかoffし忘れとかないです。とてもシンプルなラジオです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

東芝(TOSHIBA)

CUTEBEAT TY-JR11

価格:4,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安い作りでも機能性十分

安い作りのように見えますが、ちゃんとした東芝から販売されているポータブルラジオです。手回しで充電ができるところも災害時に対しての作りがしっかりされています。もしもという時のために、サイレン機能がついているなど、機能も優れています

サイズ(横×高さ×奥行き)11.5×7.7×5.5cm電池の種類手回し
チューニング方式アナログ

口コミを紹介

非常用で購入したのですが、なんだかんだいって毎日使ってます。とにかく、これだけの機能がありコンパクト。ラジオの感度は、ロッドアンテナにて良好です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ソニー(SONY)

ポータブルラジオICレコーダー ICZ-R110

価格:18,035円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ラジオとレコーダーのハイブリット

スピーカーとレコーダーが合体したポータブルラジオです。ICレコーダーとしてももちろん、スピーカーに差し込むことで、そこからラジオ音声が流れてきます。ですので、イヤホンがなくても聴くことができます。

サイズ(横×高さ×奥行き)-電池の種類充電
チューニング方式シンセ

口コミを紹介

使用してみて、毎日深夜、希望した時間に聞きたい番組が録音できて、昼間に再生するととても良い音質で聞けました。満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

パナソニック(Panasonic)

RF-ND180RA

価格:5,611円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

便利さを追求したデザイン

ポケットの中で操作できるよう、差し込んだときにボタンが上からでも見やすい設計になっています。通勤などでも聴きたい時、登録したボタン一つで曲を変えることができるのは、非常に便利です。

サイズ(横×高さ×奥行き)5×9.8×1.25cm電池の種類乾電池
チューニング方式シンセ

口コミを紹介

イヤホンで使っていますが、スピーカーからも聞く事が出来ます。音質も良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ソニー(SONY)

ICF-B99

価格:8,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

太陽光でも充電

昔のビデオカメラのような形状ですが、これもポータブルラジオです。大口径のスピーカーが内蔵されているので、音声が聴きやすいです。また手回し、乾電池で動きますが、スマートフォンが充電できるよう、USBを差すことができます。

サイズ(横×高さ×奥行き)13.2 x7.9×5.8cm電池の種類乾電池、手回し、ソーラーパネル
チューニング方式アナログ

口コミを紹介

音が兎に角綺麗、色んな便利機能に感動してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

セイコークロック(Seiko Clock)

KR885N

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

視野性を確保する時計

見やすいアナログ時計と一体化したポータブルラジオです。アナログサイズの時計がついているとサイズ感が大きくなりますが、見やすさがあります。またバックライトが点灯するので、視野性は抜群です。また懐中電灯や非常ブザーがついているなど、避難時の時に活躍します。

サイズ(横×高さ×奥行き)15.7×17×6.7cm電池の種類乾電池
チューニング方式シンセ

口コミを紹介

時計は大きくて見やすいし、ラジオ感度も良くて普段遣いできるので、いざという時の充電切れや使いこなしに困ることがないと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

WINTECH

KDR-107W

価格:3,910円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ライトの数が多くついている

ラジオの前と上にLEDライトが配置されています。上にあることでランタンのように使用することができます。災害時のことを考えると、ライトが明るいに越したことはありません。もちろんUSB、イヤホンが接続できることもあります。

サイズ(横×高さ×奥行き)13.5x9.5×5.5cm電池の種類乾電池
チューニング方式アナログ

口コミを紹介

機能等は大満足、停電の時手元にあるので直ぐにライトとしても使え、ゆっくり大きな懐中電灯も準備できるし、手回し充電も可能なんて助かりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

iRonsnow

ソーラーラジオ

価格:2,399円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防災用にバッチリ

電池が充電満タンになると、ラジオとしては8~10時間ライトは16時間使うことができます。防災用としては、かなり長い時間使うことができます。バッテリーは手回しとソーラーでの充電になります。災害時に電池などは買えない状況下を回避することができます。

サイズ(横×高さ×奥行き)-電池の種類手回し
チューニング方式アナログ

口コミを紹介

この値段で、多機能な商品です。懐中電灯としても明るいLEDで、防災グッズとして、別居の家族にも購入をすすめました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ポータブルラジオの選び方

さまざまなポータブルラジオを紹介しましたが、高機能なものが多くありました。紹介した以外にも商品はあるので、どのような選び方をするか、紹介していきます。

自分の使いやすいラジオの機種で選ぶ

ポータブルラジオにはハンディ型、沿え置き型の2つに分けることができます。この2つの違いについて紹介していきます。

持ち運びながら聴くなら「ハンディ型」

ハンディ型は持ち運びに便利なサイズのものが販売されています。ハンディ型はポケットに入れることができるものや、ぶら下げて持ち歩くことができるものがあります。これは散歩する方にも通勤する方にもおすすめの形です。

 

特にサイズが小さいので、重さを感じることもありません。スマートフォンよりも小さいものもあるので、お年寄りの方でも十分持ち歩き可能な重さです。

家庭や職場に置くなら「沿え置き型」

防災用としても、家庭でラジオを聴く方にもおすすめの形です。見ての通り平らな場所に置いて聴くものなので、歩きながら聴くということはできません。アンテナもあることから、カバンに入れると折れてしまいそうです。

使用用途を考えて電源方式を選ぶ

電源方式は乾電池とUSBで充電して使用することができるものがあります。他にも手回し式、ソーラー充電など災害時に強い充電方式もあります。そこでどのような感じで使うのか紹介します。

電池のモチを考えるなら「乾電池」

乾電池で使用する場合、長い時間使用できることが特徴です。乾電池のなかでも、単三、単四電池が大まかに分けられます。これはラジオのサイズによって、事前確認が必要です。もしあまり使用しない場合は乾電池を抜いておかないと液だれで故障の原因になります

コストパフォーマンスのいい「USB充電」

USBで充電できることは、電池のモチのよさに繋がります。乾電池ですと、使用していなくても電流が流れているので、電池が消費されていきます。ですが、USBは差し込めば充電し、使用できます。

 

また何年か空いて使用しても使うことができ、ランニングコストはいいです。

災害時に強い「手回し式」

手回し式は画像のようにレバーがついていることが特徴的です。カッコ悪いと思われる方もいるかもしれませんが、手回し式は災害時には非常に便利です。災害時は電池が買えない、コンセントで差して充電ができないというのは、あり得る話です。

 

なので手で回すだけで充電できることは、画期的なのです。各商品によりますが、およそ1分間回し続けることで約1時間程度ラジオを聴くことができます。たったの1分回すだけですので、疲れることもありません。

自然エネルギーを利用する「ソーラー充電」

ソーラー充電は名前の通り、太陽光を利用して充電するタイプです。太陽光は曇りや雨のひなど、悪天候以外は必ず出ています。ですので、こちらも災害時で活躍するタイプのひとつで、太陽さえ出ていれば、無限に使用できます。

 

仕組みとして、ソーラーパネルがポータブルラジオの上についているのでそこで充電する形です。こちらは1時間太陽光にあてることで、約50分程度聴くことが可能になります。

好みのチューニング方式で選ぶ

チューニング方式には、シンセ方式とアナログ方式の2つです。違いはあるものの、これに関してはデザインの関係で好みが分かれます。ですので、好きな方を選ぶことをおすすめします。

楽をして局を選ぶなら「シンセ方式」

シンセ方式はボタン一つで局を選ぶことができます微調整の必要もなく、ラジオの中で勝手に調整してくれるので、簡単です。またデザインも最近のものが多く、スタイリッシュになっています。

懐かしさを味わえる「アナログ方式」

手動で局を選局していくのが、アナログ方式です。この方式は昔からずっと使い続けられてきているタイプです。ダイヤルを回して、微調整を加えながら使用します。またデザインもレトロなものが販売されているので、現代でも懐かしさを味わえます。

いろんな局を楽しむために受信局で選ぶ

ラジオにはAM放送とFM放送の2種類があります。AM放送はニュースや音楽イベント中継、バラエティーといろんな番組が放送されています。都道府県によって放送されているものが違い、その地に行くことで楽しめます。

 

そしてFM放送は、放送域は少ないですが、高音質な番組が楽しめます。こちらは放送域が少ないので、FMだけに対応しているモノを選ぶとAMが楽しめないこともあります。選ぶ際は注意して下さい。

便利に使用したい時は多機能にも注目

ポータブルラジオにはワイドFM、防水機能、レコーダー、Bluetooth、LEDライトなど多機能を備えています。どのような機能か紹介します。

更に高音質を楽しむなら「ワイドFM」対応を

ワイドFMとは、AM放送をFM放送で聴くことができる機能です。AM放送はノイズが入ったりすることがあります。ですがFM放送で聴くことにより、高音質な状態で聴くことができます。

 

これは全てのポータブルラジオに搭載されているわけではありません。商品説明に記載されているので、よく確認して下さい。

雨に濡れても安心な「防水機能」

防水機能をもったポータブルラジオがあります。ラジオ自体が外に持ち出して聴く方もいます。表記にはIPX6などです。最後の数字が高いほど防水性に優れています。ポータブルラジオも機械なので、濡れてしまえば壊れてしまいます。

 

お風呂で楽しまれる方や外に持ち出したい方は、防水機能のあるものをおすすめします。

自分がラジオを聴けないときには「レコーダー機能」を

レコーダー機能を持ったポータブルラジオを持っていると、仕事中や外出している時に録音することができます。またこのレコーダー機能があると会議中に話を録音したりと、違う場面でも役に立ちます。

 

価格が高くなりますが、それに見合った価値のある機能です。

スマートフォンの音楽も聴きたいなら「Bluetooth」搭載がおすすめ

Bluetooth機能を搭載したポータブルラジオは、主にスピーカーの形をしたものが多いです。主要の使い方がスピーカーで、そこにラジオも聴くことができるようになっているということがあります。

 

元がスピーカーなので、音質も問題ありません。ラジオも聴きたい、好きな音楽も聴きたいという方にはおすすめです。

暗闇の避難時に必須機能の「LEDライト」

LEDライト機能は、避難する時にはあった方がいい機能です。ラジオを聴くこともでき、暗闇を照らすこともできます。明かりは生活する上でも必要なので、もしものことに備えるならLEDライト機能をおすすめします

ランニングや散歩にも使える形状

ポータブルラジオはランニングや散歩にも使える形状をしています特にハンディ型はポケットに入れることができるサイズなので、おすすめです。外出時にラジオが聴けると、単純なランニングも、楽しくすることができます。

普段使いするならおしゃれなデザインを

ポータブルラジオでもおしゃれを重視したモデルが販売されています。画像のようなものでも、ちゃんとしたポータブルラジオです。このようなデザインは普段使いをすることもでき学校や職場の昼休みにイヤホンを差して聴くことができます

 

おしゃれな格好をしたり、モノを持ったりするのと同じで、ポータブルラジオもおしゃれなモノを持つ楽しみもあります。

災害時に強い高感度

高感度なラジオは、いろんな状況下において強い味方です。災害時の電波状況が悪い時でも受信率が高く声が聴こえやすい特徴があります。またワイドFMの機能も搭載されていれば、よりクリアな音声で使用できます。

充電式でより長く使用

充電式には、上記で紹介した「USB」、「手回し」、「ソーラー」があります。乾電池で使用するタイプは、どうしても乾電池の電池切れが生じます。ずっと入れっぱなしにしておくと、液漏れして壊れる可能性もあります。

 

それに比べ、他の充電式はポータブルラジオが長持ちすることはもちろん、電池がなくなっても充電で使用できます。なのでコストパフォーマンスとしては、充電式の方が優れています。

特徴を理解してメーカーを選ぶ

ラジオの大きなメーカーとして「ソニー」「パナソニック」があります。この2つのメーカーがどのように違うか、紹介します。

家電メーカーの総合大手「ソニー」

ソニーは家電製品、スマートフォン、パソコンなど家電製品や電子機器の総合製造をしています。その技術はポータブルラジオでもLEDライトをつけたもの手回しで充電できるものとソニーならではのポータブルラジオ機能があるモノが販売されています。

防災グッズが豊富な「パナソニック」

パナソニックは生活家電以外にも、住宅家電などを販売しています。生活に役立つ家電を販売していることもあり、生活していて使いやすいポータブルラジオを販売しています。かわいいデザインもですが、持ち運びやすさを重視したモノが販売されています。

購入する価格で選ぶ

ポータブルラジオの価格はピンキリですが、安いモノなら1000円からで、高くても1万円ぐらいです。もちろん高くなるほど機能もよく、LEDライトがついていたり、充電がしやすいなどという特徴があります。

 

ですが安くても聴くには何の問題もありません。災害時に持っておきたい方は、安くても大丈夫です。

ポータブルラジオのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5466491の画像

    iRonsnow

  • 2
    アイテムID:5466472の画像

    WINTECH

  • 3
    アイテムID:5466211の画像

    セイコークロック(Seiko Clock)

  • 4
    アイテムID:5466124の画像

    ソニー(SONY)

  • 5
    アイテムID:5466061の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 6
    アイテムID:5465982の画像

    ソニー(SONY)

  • 7
    アイテムID:5465915の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • 8
    アイテムID:5465728の画像

    JBL

  • 9
    アイテムID:5465572の画像

    ソニー(SONY)

  • 10
    アイテムID:5465531の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 11
    アイテムID:5465214の画像

    PRUNUS

  • 12
    アイテムID:5465192の画像

    HRD

  • 13
    アイテムID:5465140の画像

    PRUNUS

  • 14
    アイテムID:5465085の画像

    MIGHTY

  • 15
    アイテムID:5465066の画像

    AOOEOU

  • 商品名
  • ソーラーラジオ
  • KDR-107W
  • KR885N
  • ICF-B99
  • RF-ND180RA
  • ポータブルラジオICレコーダー ICZ-R110
  • CUTEBEAT TY-JR11
  • JBLTUNERFMBLKJN
  • ハンディーポータブルラジオ ICF-51
  • 手回し充電対応 RF-TJ20-D
  • 超薄型 ポータブルラジオ
  • スポーツラジオ
  • ポケットラジオ
  • ラジオライト LEDライト
  • レトロラジオ ワイドfm対応
  • 特徴
  • 防災用にバッチリ
  • ライトの数が多くついている
  • 視野性を確保する時計
  • 太陽光でも充電
  • 便利さを追求したデザイン
  • ラジオとレコーダーのハイブリット
  • 安い作りでも機能性十分
  • スピーカーの音質でラジオ視聴
  • かなりコンパクトなサイズ
  • 手回し充電でいつまでも視聴
  • 音楽プレーヤーとしても機能する
  • 楽しい散歩を
  • ポケットにも入るサイズ
  • 4way充電で長時間の使用
  • かわいいレトロデザイン
  • 価格
  • 2399円(税込)
  • 3910円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 8980円(税込)
  • 5611円(税込)
  • 18035円(税込)
  • 4400円(税込)
  • 6535円(税込)
  • 1964円(税込)
  • 4608円(税込)
  • 2099円(税込)
  • 2377円(税込)
  • 1599円(税込)
  • 5780円(税込)
  • 2777円(税込)
  • サイズ(横×高さ×奥行き)
  • -
  • 13.5x9.5×5.5cm
  • 15.7×17×6.7cm
  • 13.2 x7.9×5.8cm
  • 5×9.8×1.25cm
  • -
  • 11.5×7.7×5.5cm
  • 16.5×6.6×6.6cm
  • 10.1 x 6.8×3.4cm
  • 14×5.4×5.2
  • 11.7×6.4×2cm
  • 3.9×9×0.7cm
  • 5.4×7.8×1.6cm
  • 20.2x8×9cm
  • 11.16×6.8×5cm
  • 電池の種類
  • 手回し
  • 乾電池
  • 乾電池
  • 乾電池、手回し、ソーラーパネル
  • 乾電池
  • 充電
  • 手回し
  • 充電
  • 乾電池
  • 手回し
  • 充電
  • 充電
  • 乾電池
  • 乾電池
  • 充電
  • チューニング方式
  • アナログ
  • アナログ
  • シンセ
  • アナログ
  • シンセ
  • シンセ
  • アナログ
  • シンセ
  • アナログ
  • シンセ
  • シンセ
  • シンセ
  • シンセ
  • シンセ
  • シンセ

まとめ

ポータブルラジオを紹介しましたが、いかがでしょうか。普段使いもできるポータブルラジオですが、避難時には必需品となります。災害も増えていますし、1つ持っておくだけでいろいろ使えるので、ぜひ検討をしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ