【2021年最新版】防災ラジオの人気おすすめランキング15選

記事ID12126のサムネイル画像

防災ラジオは、災害時にメインの情報収集ツールになるアイテムです。スマホ充電機能など、便利な機能が付いたものも多いです。ソニーやパナソニック、東芝、アイリスオーヤマ、無印など多くのメーカーが販売しています。防災ラジオのおすすめランキングや選び方をまとめました。

今回の記事では防災ラジオの人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事では防災グッズについて紹介しています。ぜひ参考にしてください。

自治体が配布することもある防災ラジオ

防災ラジオは、大規模な災害が起こった時などに役立つアイテムです。ラジオ機能の他にライトやスマホ充電機能を搭載したものや、FM電波でAMも聴けるワイドFMを搭載したものも多くあります。

 

災害時は回線が混雑し、インターネットでの情報収集が難しくなります。しかしラジオなら情報収集が可能、地域に根差した情報も得られるなど非常に頼りになるんです!でも、ソニーやパナソニック、東芝など様々なメーカーから発売されていて、どれを選べばいいかわかりにくいですよね。

 

そこで今回は防災ラジオの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは電源・ラジオ・ライト・スマホ充電の4つのポイントを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

防災ラジオの選び方

防災ラジオは、電池や充電方法、周波数などを確認して選びましょう。それぞれどうチェックするべきかを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

電源で選ぶ

防災ラジオの電源は、乾電池や外部電源、内臓バッテリーのものなどがあります。それぞれを選ぶ場合の注意点や、メリット・デメリットをまとめました。自分はどのタイプがもっとも安心して使えるか、きちんとチェックしておきましょう。

交換すればすぐに使える「乾電池」タイプは非常時でも使いやすい

乾電池なら電池が切れても交換すればすぐに使え、充電する時間も不要というメリットがあります。一方で機種によって対応する電池が違うため、わざわざ防災ラジオ用に電池を購入しなければならないものは避けるのがおすすめです。

 

また充電池が使えるタイプなら、再度充電して使えて経済的です。災害時は電池も手に入りくくなるため、きちんと予備の電池も合わせて常備しておきましょう。

普段使いがしたいなら「外部電源」対応のもの

コンセントやUSBなど、外部電源から給電する防災ラジオも多いです。乾電池のようにあらかじめ購入・準備するものがないメリットがある一方、長期間使わない場合は放電の心配があるというデメリットもあります。普段から使えるものを探している方におすすめです。

 

普段から満充電にしておくことで、非常時にも放電を心配せず安心して持ち出せます。非常時には給電しにくく使いにくいですが、あれば普段から便利なタイプです。

手動で充電したいなら「手回し(ダイナモ)充電」タイプ

充電手段としてあると便利なのが、手回し(ダイナモ)充電です。防災ラジオについているハンドルを回すと、手動で充電できます。コンセントや乾電池が不要で、どこでも充電できるのがメリットです。災害時で乾電池がなくなった際などに重宝します。

 

一方で、充電に時間がかかる点がデメリットとして挙げられます。ハンドルを1分回しても、ラジオを聴けるのは数分間程度というものが多いです。非常用の充電手段として、あるかどうかチェックしておくのがおすすめです。

体力を使わずに充電したいなら「ソーラー充電」

ソーラー充電ができる防災ラジオは、太陽光の当たる場所に置いておくだけで充電できます。疲れが貯まりがちな避難生活においても、手回し充電のように体力を消耗せずに充電でき便利です。

 

ただし太陽が出ていないと充電ができない上、手動式と比べても満充電になるまでかなり時間がかかります。手回しタイプと同様に、補助的な充電手段と考えておいた方がいいでしょう。

防災用には電池やバッテリーの「持ちが良い」ものが使いやすい

防災ラジオは機種によって、電池やバッテリーの持ちが違います。同じ電池、同じ充電時間なら、使える時間が長いものの方が非常時には役立ちます。給電や乾電池の補充ができないことを前提に、できるだけバッテリーが長く持つものを選びましょう。

 

さらにバッテリーの残量がわかるインジケーターがついていると、残り時間の目安が分かって安心です。

「ワイドFM」など幅広い周波数に対応したものがベスト

防災ラジオは対応する周波数によって、聴ける放送が異なります。ほとんどのラジオはAMとFMに対応していますが、防災ラジオとして使うならワイドFMに対応したものを選ぶのがおすすめです。

 

ワイドFMとはFM電波でAMを聴けるものを言います。ワイドFMなら、混信しやすく災害時に不向きなAMも、混信しにくいFMでクリアに聴けます。周波数ははAMが「526.5~1606.5kHz」、FMが「76.1~94.9MHz」、ワイドFMが「90.1MHz~95.0MHz」です。

電波状況の悪い災害時のために「操作性」もチェック

災害時は電波状況が悪くなり、平常時よりもラジオの周波数を合わせづらくなります。そのため周波数を合わせやすい、操作性の良い防災ラジオを選びましょう。

 

周波数が合っている時はランプが点灯する、といったタイプだと使いやすいです。また自動選局機能がついたものなら、適切な周波数に自動で合うためおすすめです。

付属機能で選ぶ

防災ラジオには懐中電灯として使えるライト機能や、スマホを充電するための機能などを搭載したものも多いです。防災ラジオに搭載されることの多い機能についてまとめたので、防災ラジオを選ぶ参考にしてみてください。

懐中電灯代わりに使うなら「ライト付き」

懐中電灯の代わりになる、ライト機能が付いたものもあります。停電時は使える照明が少なくなるため、ライト機能が付いていると便利です。またLEDタイプなら長時間使えるものが多いですが、連続でどのくらい点灯させておけるのかも合わせて確認しておきましょう。

 

ランタンとして使用できるタイプもありますが、消費電力が大きくなるため長時間は使えないものもあります。機能性と連続点灯時間に注意して選びましょう。

スマホなどを充電したいなら「充電機能」をチェック

防災ラジオには、充電機能が付いたものも多いです。災害時はスマホや携帯電話の充電切れが心配ですが、防災ラジオに充電できる機能があれば安心です。当然ですが、端子などが対応していないと充電できないので購入前に確認しておきましょう。

 

USB端子で充電できるタイプは、対応する機種が多いのでおすすめです。しかし給電方法がソーラー充電のみの場合、スマホにはほとんど充電できないため注意しましょう。

緊急時に助けを求めたいなら「サイレン機能」

防災ラジオには、サイレン機能や非常ブザーが付いたものもあります。非常時でも、ワンタッチで音を出して、救助を待てます。身動きできない場合や大声が出せない場合も、体力を消耗することなく助けを呼べて便利です。万が一のため、迷ったらサイレン機能のついているものを選びましょう。

「防水性」があれば野外でも安心して使える

防災ラジオは屋外で使うことも多いため、防水性能がついているかもチェックしておきましょう。防水性能があれば、雨天時や漏水がある場合でも故障のリスクを軽減してくれます。

 

ただし、防水性能は機種によって異なります。IP等級で表され、3なら散水まで対応、4なら飛沫まで保護、など規定されています。どのくらいまで耐えられるのか、事前に確認しておくことが大切です。

価格の「安い」ものは耐久性に注意

防災ラジオの価格は、1万円以下のものがほとんどです。安ければ2000円~3000円程度の価格帯になります。安い防災ラジオでも手回し充電やソーラー充電、スマホの充電機能など、機能性の優れたものは多いです。

 

ただし価格が安いと、どうしても耐久性に不安が残ります。購入する前に、口コミなどで耐久性を確認しておきましょう。

メーカーで選ぶ

防災ラジオは、国内外にある多数のメーカーから販売されています。代表的なメーカーの特徴をまとめたので、防災ラジオを選ぶ際の参考にしてみてください。

高品質で多機能のものが欲しいなら「ソニー(Sony)」

ソニーの防災ラジオは、他の大手のメーカーと比較しても機能が充実しています。スマホ充電や手回し充電、ソーラー充電に対応していたり、ライトやワイドFMを搭載していたりする機種も多いです。

 

もちろん、ラジオとしての機能も優れています。高品質で、防災ラジオとして多機能のものが欲しいならおすすめのメーカーです。

コスパの良い物が欲しいなら「アイリスオーヤマ」

コスパの良い家電で有名なアイリスオーヤマは、防災ラジオでもコスパ・機能性に優れたものが多いです。防災ラジオはコンパクトサイズで、ライトや充電器として使えるものも多く価格もお手頃という特徴があります。

 

また放電しにくい電池を使っているものも多く、防災用としてぴったりのアイテムが多いのも特徴的です。

操作性の高さなら「パナソニック」

パナソニックは、操作性に優れた防災ラジオが欲しい方におすすめです。手回し充電やスマホの充電ができる機種は少ないものの、地域ごとにラジオ局の設定ができるエリアバンク機能、放送局に簡単に合わせられる機能などが付いているものも多いです。

 

感度も良好な防災ラジオが多いので、電波状況が悪くても比較的クリアな音声でラジオを聴けます。音質を選べる防災ラジオも多いです。

電池寿命が長い機種なら「東芝」

東芝の防災ラジオはバッテリー内蔵タイプが多いものの、乾電池を採用し長時間使えるものも多いです。電池寿命が長いものでは、400時間使える防災ラジオもあります。内臓バッテリーを搭載したものは、バッテリーが劣化しにくい機種を販売しています。

 

またIP54などワンランク上の防水・防塵性能を備えたものもあり、耐久性があり安心です。音質も優秀で、大型スピーカーを搭載したモデルもあります。

スタイリッシュなものなら「無印良品」

シンプルで品質の良い商品を販売することで知られる無印良品も、防災ラジオを販売しています。デザイン性に優れたスタイリッシュな防災ラジオ、インテリアに溶け込むシンプルなデザインの防災ラジオを探している方におすすめです。

リーズナブルで多機能なものが欲しいなら「IntiPal」

IntiPalは、ポータブルラジオも販売している海外メーカーです。リーズナブルな価格ながら防災ラジオに求められる機能が充実しており、コスパを追求する方などに人気があります。

手回し充電防災ラジオの人気おすすめランキング3選

テレビ付きで情報収集しやすい

ラジオはもちろん、テレビ・ライト付き、スマホ充電可、乾電池・手回し充電OKと機能の充実している防災ラジオです。テレビ付きで映像情報もキャッチできるので「話し声にさえぎられてちゃんと聴こえなかった」といったストレスを抱えることもありません。

 

給電方法も内蔵バッテリー、電池、手回し充電と豊富なので、バッテリーが尽きたら乾電池、乾電池が尽きたら手回し、など充電切れへの対策がしやすくおすすめです。

電源 外部電源、単3電池*3、手回し充電 ラジオ AM,FM、ワイドFM
ライト スマホ充電

口コミを紹介

軽く30秒ほど回しただけだ、ラジオが流れました!手軽さがとても便利だと思います。重くないし、回しやすいし、ラジオ調整も簡単で誰でもすぐに使えると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

便利な機能が充実した防災ラジオ

手回し充電で、LEDライトは15~20分間、ラジオは5~10分間、スマホ通話3~5分間使えますライトは懐中電灯用と読書用の2種類を搭載。読書ライトは手元に光が集中するので人がいるところでも使いやすいです。

 

弱い雨や水しぶきなら問題ない防滴性能があります。ソーラー充電は満充電まで60時間以上必要ですが、充電の補助にはなります非常時に役立つ機能が豊富な防災ラジオです。

電源 単4電池×3・外部電源・手回し充電・ソーラー充電 ラジオ FM・AM・ワイドFM
ライト スマホ充電

口コミを紹介

オールインワンの製品はなかなかなく、また、価格面でも大変満足しています。
ラジオの受信感度も悪くなく、非常用のラジオ、ライト等をお探しの方には非常におすすめできる商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

大容量バッテリーで安心して使える

2850mAHのバッテリーを搭載しているため、万が一のときはスマホの充電にも活用できます。スマホのバッテリーは4000mAHのものが多く満充電はできませんが、万が一の場合も充電を繋げられるため安心です。

 

またSOSアラーム付きで救助要請も可、雨天時や漏水時も使えるIPX3の防水機能付きと、どんなシチュエーションでも頼りになります。迷ったら選んでおきたい防災ラジオです。

電源 手回し充電、外部充電、ソーラー充電 ラジオ AM,FM,ワイドFM
ライト スマホ充電

口コミを紹介

ソーラーは、蛍光灯下でも充電でき驚きました。昼間は、窓側に置いてラジオを楽しんでます。感度良好、音質も良く、災害時も安心です。
ライトも十分な明るさです。

出典:https://www.amazon.co.jp

手回し充電防災ラジオのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 電源 ラジオ ライト スマホ充電
1
アイテムID:6789421の画像
JTL-29

詳細を見る

大容量バッテリーで安心して使える

手回し充電、外部充電、ソーラー充電 AM,FM,ワイドFM
2
アイテムID:6765474の画像
防災ラジオ 災害用

詳細を見る

便利な機能が充実した防災ラジオ

単4電池×3・外部電源・手回し充電・ソーラー充電 FM・AM・ワイドFM
3
アイテムID:6789263の画像
キュリオム YTM-RTV200(W)

詳細を見る

テレビ付きで情報収集しやすい

外部電源、単3電池*3、手回し充電 AM,FM、ワイドFM

価格が安い防災ラジオの人気おすすめランキング3選

コスパ〇 給電方法が豊富な防災ラジオ

給電方法は外部電源、乾電池、手回し充電、ソーラー充電と全てを備えており、充電切れする心配の少ない防災ラジオです。

 

機能面も、IPX3の防水機能あり、SOSアラート付き、ライト搭載とまんべんなく備わっています。比較的コスパが良く機能も充実した、安心の防災ラジオを探している方におすすめです。

電源 外部電源、乾電池、手回し充電、ソーラー充電 ラジオ AM、FM
ライト スマホ充電

口コミを紹介

届いてすぐに、ハンドルを回して充電してみました。5分も回さないぐらいで、ライトがつき、ラジオが聴けました!しばらくラジオをつけていたのですが、1時間以上もちました!

出典:https://www.amazon.co.jp

丁度いいサイズ感のラジオ バッテリーの残量確認もOK

手回し充電をするのにちょうど良いサイズの防災ラジオです。手回し充電の際は大きすぎると力がいる、小さすぎると回しにくいなどサイズ感が重要です。

 

この防災ラジオなら14.6×6.15×7.7cmと丁度良いサイズなので、無駄な力要らずで充電できます。重さもたった260gなので、お子さまやご高齢の方、女性でも簡単に取り扱いが可能です。

電源 外部電源、ソーラー充電 ラジオ AM,FM
ライト スマホ充電

口コミを紹介

サイズも丁度良いと思います。
小さすぎ大きすぎだと手回し充電のスティックが回しにくい製品もありますが本製品は安定して回せます。
非常時の利用を考えての購入なので十分満足な製品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

軽量コンパクトで持ち運びが楽

片手で楽に持てるコンパクトサイズと約185gの軽さが特徴の防災ラジオです。USBと手回しの2種類で充電できます。放電しにくいリチウムイオンポリマー電池を内蔵しているので、1年間放置しても20%しか放電しません。

 

サイレンを鳴らすことも可能で、ラジオはFMとAMに対応しています。コンパクトで安い防災ラジオが欲しい人におすすめです。

電源 外部電源・手回し充電 ラジオ FM・AM
ライト スマホ充電

口コミを紹介

ラジオはAM、FMをスピーカーで聞けます。
USBでも充電できるので緊急時だけでなく普段から使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

価格が安い防災ラジオのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 電源 ラジオ ライト スマホ充電
1
アイテムID:6765485の画像
非常用ラジオ JTL-23 1,791円

詳細を見る

軽量コンパクトで持ち運びが楽

外部電源・手回し充電 FM・AM
2
アイテムID:6789983の画像
【令和3年最新版 】防災ラジオ B082SKRMBG

詳細を見る

丁度いいサイズ感のラジオ バッテリーの残量確認もOK

外部電源、ソーラー充電 AM,FM
3
アイテムID:6789964の画像
B07V9LLYSY

詳細を見る

コスパ〇 給電方法が豊富な防災ラジオ

外部電源、乾電池、手回し充電、ソーラー充電 AM、FM

ソニー(Sony)製防災ラジオの人気おすすめランキング3選

コンパクトサイズのシンプルな防災ラジオ

電源は乾電池のみで、ラジオを聴く機能のみのシンプルな防災ラジオです。FM・AM・ワイドFM全てに対応しており、きちんと周波数が合うとランプが点灯します。イヤホンがあるので、周囲の音を気にせずにラジオを聴けます。

 

ハンドストラップ付きのコンパクトサイズなので、持ち運びも簡単です。余分な機能のないシンプルな防災ラジオが欲しい人におすすめです。

電源 単3電池×2 ラジオ FM・AM・ワイドFM
ライト - スマホ充電 -

口コミを紹介

極めて安価で小型なラジオながら、AM/FMとも受信感度は悪くありません。
二回りほど大きい東芝製ポータブルラジオでは全く受信できなかった隣県地方局のFM放送も、ノイズ交じりながら受信できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

音量が聴きやすくイヤホンも付属

ライトを2つ搭載する防災ラジオです。前面を照らすLEDスポットライトと周囲を照らすソフトライトがあり、使い分け可能。音も大口径3.6cmスピーカー搭載で音量は十分です。かえって音量が気になる場合は付属のイヤホンを活用すれば、周囲を気にせず聴けます

 

給電は手回し充電、乾電池の2通りが可能。ハンドルは握りやすい設計のものなので手回し充電がやりやすく、電池も入手しやすい単3なのでわざわざ防災ラジオ用に購入する必要がありません。

電源 単3電池×2・外部電源・手回し充電 ラジオ FM・AM・ワイドFM
ライト スマホ充電

口コミを紹介

おしゃれで可愛い色、デザイン、サイズです。
1分手回しで40〜50分ほどAMラジオが聴けました。
スイッチ類も入り切りしやすい形です。

出典:https://www.amazon.co.jp

多機能で使いやすい

幅広い給電方法に対応した防災ラジオです。充電効率も優れており、FMラジオなら1分間の手回し充電で50分間聴けるようになります。周波数の調節は手動で行いますが、周波数が合うとランプが点灯するので選局も簡単です。

 

さらに単3乾電池2本をセットすれば、スマホも充電できます。ライト機能は、1分間の手回し充電で十数分間しか点灯しないものの、充分な光量があり懐中電灯として役に立ちます。多機能高性能で使いやすい防災ラジオです。

電源 単3電池×2・外部電源・手回し充電・ソーラー充電 ラジオ FM・AM・ワイドFM
ライト スマホ充電

口コミを紹介

FM,AMとも良く受信します。端子にゴムキャップがありSONYらしい細かい気配りを感じます。
充電は今は手ですると大変なのでUSB電源を使っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ソニー(Sony)製防災ラジオのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 電源 ラジオ ライト スマホ充電
1
アイテムID:6765499の画像
ポータブルラジオ ICF-B99

詳細を見る

多機能で使いやすい

単3電池×2・外部電源・手回し充電・ソーラー充電 FM・AM・ワイドFM
2
アイテムID:6765496の画像
ポータブルラジオ ICF-B09

詳細を見る

音量が聴きやすくイヤホンも付属

単3電池×2・外部電源・手回し充電 FM・AM・ワイドFM
3
アイテムID:6765493の画像
ハンディーポータブルラジオ ICF-P36

詳細を見る

コンパクトサイズのシンプルな防災ラジオ

単3電池×2 FM・AM・ワイドFM - -

パナソニック製防災ラジオの人気おすすめランキング3選

高感度なので聞きづらい場所でも安心

蛍光色ポインター&光るダイヤルパネル搭載で、暗い所でも使いやすい防災ラジオです。自動周波数制御により最寄りの放送局に合わせてくれるので、選局も非常に簡単です。ニュースと音楽向けに2種類の音質が選べます。

 

大型フェライトアンテナを搭載しているので、感度も良好です。電波状況が悪くなっても安心して使えます。電池はパナソニックのEVOLTAを使用すれば、約340時間持ちます。

電源 単2電池×2・外部電源 ラジオ FM・AM・ワイドFM
ライト - スマホ充電 -

口コミを紹介

チューニングはダイヤルですが、デジタルチューナーなので、同調するとビシッと受信できます。
ラジオなので、当たり前ですが、場所によって受信しづらい場合もあります。

出典:https://www.amazon.co.jp

簡単操作で使いやすい

FM・AM・ワイドFMだけでなく、ワンセグTVの音声も聴ける防災ラジオです。エリアバンク機能を搭載しており、地域を選ぶだけで受信する放送局を自動で設定できます。更にラジオの放送内容に合わせて、聴きやすい音声を5種類の中から選べます。

 

放送局名などの情報は大きなディスプレイに表示されるので、非常に見やすく操作もしやすいです。聞き取りやすく、見やすいのでシニアにもおすすめ。給電方法は乾電池とアダプターのみですが、充電池を使うこともできます。

電源 単2電池*4、外部電源 ラジオ AM,FM、ワイドFM
ライト - スマホ充電 -

口コミを紹介

最初に受信地域を設定してしまえば、ラジオの方で受信可能な局を判別してくれます。後はAM・FM・ワンセグのお好みの局を選択するだけで使用可能です。上部にあるボタンで簡単に選局できるのは、各局の周波数を知らない私には、大変助かる機能でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

デジタル式で一発選局

ボタンで簡単に選局できるデジタル選局の防災ラジオです。細かな周波数の調整はできませんが、決まった周波数であれば簡単に合わせられます。比較的充電効率も良く、1分間の手回し充電で14分間ラジオを聴けるようになります。

 

スマホの充電は乾電池ではできませんが、手回し充電なら可能です。スピーカーを2個搭載しているのでラジオの音が聴きやすい、サイレン機能付きでいざという時も安心という特徴を備えた防災ラジオです。

電源 単4電池×3・外部電源・手回し充電 ラジオ FM・AM・ワイドFM
ライト スマホ充電

口コミを紹介

89の母が、運動がわりにグルグル廻しながらラジオ聴いてます。
音質、感度共に普通に充分だと思います。
非常時用にLEDライト、サイレン付き。

出典:https://www.amazon.co.jp

パナソニック製防災ラジオのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 電源 ラジオ ライト スマホ充電
1
アイテムID:6765510の画像
2バンドレシーバー ホワイト RF-TJ20-W 4,791円

詳細を見る

デジタル式で一発選局

単4電池×3・外部電源・手回し充電 FM・AM・ワイドFM
2
アイテムID:6791300の画像
RF-U180TV-K

詳細を見る

簡単操作で使いやすい

単2電池*4、外部電源 AM,FM、ワイドFM - -
3
アイテムID:6765504の画像
FM-AM2バンドレシーバー RF-U155-S

詳細を見る

高感度なので聞きづらい場所でも安心

単2電池×2・外部電源 FM・AM・ワイドFM - -

東芝製防災ラジオの人気おすすめランキング3選

単1電池で長時間使用可能

単1乾電池3本で、400時間使える防災ラジオです。給電方法は乾電池のみですが、長時間使えるので手回し充電機能やソーラー充電機能なしでも安心です。

 

バッテリーを内蔵していないので充電はできませんが、ACアダプターを使えば電池がなくても使えます。ラジオの受信感度は良好で、ワイドFMに対応しています。

電源 単1電池×3・外部電源 ラジオ FM・AM・ワイドFM
ライト - スマホ充電 -

口コミを紹介

この手の商品は、電波の選択度と安定度が不安定なものが多いが、この商品は選択度は普通だが、安定度が比較的良く、何日か経って電源をオンにしても、チューニングがずれていません。良い買い物ができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

高音質な防災ラジオ

出力500mW×2chのアンプを搭載した高音質の防災ラジオです。大型スピーカーが左右に配置されているので、ステレオ音声で聴けます。6つの周波数を記録できるので、お好みのラジオ局をワンタッチで選べるようになります。

 

大型液晶でバックライト付きなので暗い所でも周波数の確認が簡単、ワイドFM対応なで、電波状況が悪い災害時も安心です。防災ラジオとして使える音質の良いラジオが欲しい人におすすめです。

電源 単2電池×3・外部電源 ラジオ FM・AM・ワイドFM
ライト - スマホ充電 -

口コミを紹介

ステレオスピーカーで、デジタルチューナー表記、プリセット機能付きで一度セットしたらあとはボタンを押すだけなので老人でも使えます。電池式とAC電源対応も良いと思う。大きさも大きすぎず小さすぎです。

出典:https://www.amazon.co.jp

バッテリーが劣化しにくく長寿命

IP54等級相当と、防水・防塵性能がしっかりした防災ラジオです。水の飛沫でも影響を受けないため、雨天時や漏水のある場所でも使えます。また内臓バッテリーは他の防災ラジオに比べて劣化しにくく、長期間使っていなかった場合も手回し充電すればすぐに使えます

 

1分間の手回し充電で、ライトやラジオが30分使えるのも便利です。長期間使わずに保管しておいても、いざというときはしっかり使える防災ラジオが欲しい人におすすめです。

電源 単4電池×2・外部電源・手回し充電 ラジオ FM・AM・ワイドFM
ライト スマホ充電

口コミを紹介

ラジオの入りもいいと思いますよ。思っていたよりコンパクトで高性能。満足です。
手回しでの携帯充電はなかなか疲れるので、これは本当に非常事態に備えて使う程度の感覚でと思っていた方が無難ですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

東芝製防災ラジオのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 電源 ラジオ ライト スマホ充電
1
アイテムID:6765521の画像
ラジオ TY-JKR5

詳細を見る

バッテリーが劣化しにくく長寿命

単4電池×2・外部電源・手回し充電 FM・AM・ワイドFM
2
アイテムID:6765518の画像
ラジオ TY-SR55

詳細を見る

高音質な防災ラジオ

単2電池×3・外部電源 FM・AM・ワイドFM - -
3
アイテムID:6765515の画像
ラジオ TY-HR2

詳細を見る

単1電池で長時間使用可能

単1電池×3・外部電源 FM・AM・ワイドFM - -

防災ラジオを保管する際の注意点

防災ラジオは、普段は使用せず非常用のバッグなどに保管しておく人も多いでしょう。しかし適切に保管しておかないと、故障していざという時に使えない可能性があります。防災ラジオの保管の注意点をまとめたので、チェックしておきましょう。

電池の液漏れに注意

防災ラジオに電池を入れたまま長期間放置すると、液漏れする場合があります。液漏れは古くなった電池に起こる現象です。

 

液漏れすると電池が使えなくなるだけでなく、防災ラジオが壊れてしまうこともあります。長期間使わずしまっておく場合は、電池を入れたままにせず別個にして保管するようにしましょう。

内臓バッテリーの自然放電に注意

防災ラジオを長期間使用しない場合、内臓バッテリーの自然放電も問題になります。自然放電したままにするとバッテリーが劣化しやすくなってしまいます。自然放電に強いバッテリーを搭載した機種もありますが、注意しておくべきポイントです。

 

自然放電によるバッテリーの劣化は、手回し充電などで定期的に充電することで防げます。ソニーの公式サイトでも、この問題についてご紹介しています。下のリンクから見られるので、併せて参考にしてみてください。

ポータブルラジオもチェック

ポータブルラジオは、携帯用のラジオです。防災ラジオとは異なりますが、サイズがコンパクトで非常時に便利な機能も持ったものも少なくありません。下記の記事は、ポータブルラジオをご紹介しているのでぜひご覧ください

まとめ

防災ラジオの選び方やおすすめランキングをご紹介しました。災害時に便利な防災ラジオですが、普段使いやアウトドアでも活躍するものも多いです。ぜひ、お気に入りの防災ラジオを見つけてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年07月07日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】入院時におすすめの携帯ラジオ人気ランキング15選【入院生活のお供に】

【2021年最新版】入院時におすすめの携帯ラジオ人気ランキング15選【入院生活のお供に】

アウトドアグッズ
完全ワイヤレスイヤホン人気おすすめランキング23選【おしゃれで高音質】

完全ワイヤレスイヤホン人気おすすめランキング23選【おしゃれで高音質】

イヤホン・ヘッドホン
美味しいお菓子の人気おすすめランキング73選【もらって嬉しいものたくさん!】

美味しいお菓子の人気おすすめランキング73選【もらって嬉しいものたくさん!】

菓子・スイーツ
【人気メーカー品から安いものまで】カーナビのおすすめ人気ランキング12選

【人気メーカー品から安いものまで】カーナビのおすすめ人気ランキング12選

カー用品
パネルヒーターの人気おすすめランキング15選【2021年最新版】

パネルヒーターの人気おすすめランキング15選【2021年最新版】

ヒーター・ストーブ
【2021年最新版】乾電池の人気おすすめランキング15選【充電式や液漏れ防止のものも】

【2021年最新版】乾電池の人気おすすめランキング15選【充電式や液漏れ防止のものも】

乾電池