ワンポールテントの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

記事ID8699のサムネイル画像

設営が簡単な今ワンポールテントが人気を集めています。ソロキャンプに最適です。性能や素材、コスパの観点からワンポールテントをランキング形式でご紹介。タープとの連結方法やハーフインナーの種類、薪ストーブの作成方法、ワンポールテントのデメリットなども紹介します。 

簡単設営・デザインもおしゃれなワンポールテントのおすすめを紹介!

近年のキャンプブームで大活躍しているワンポールテントですが、皆さんはワンポールテントを選ぶ際に大変悩まれるのではないでしょうか。それもそのはずで、近年のブームで様々なメーカーが新商品を次々発売しています。Amazonでも購入できるので、お買い求め安いですね。

 

メーカーでしたらコールマンやdodやサングット、アライアントなど、テントの生地でしたらコットンなど様々です。皆さんのイメージとしてテントはあくまでも、外で快適に過ごすための道具として考えている人が多いのではないでしょうか。

 

実は近年のキャンプブームでテント内を自宅の部屋のようにする設営が流行っています。それぞれの工夫で外で快適な空間を作り出すことも可能なのです。この記事では、「性能」「素材」「コスパ」の観点から15選のランキングを作成しました。

ワンポールテントとは?メリット・デメリットを紹介

ワンポールテントはモノポールテントとも呼ばれ、三角錐の形がかわいらしい、1本のポールと地面を引っ張る力を利用した、非自立式になります。場所を選んで設営することになりますが、設営に慣れれば一人でもセットできます。

ワンポールテントのメリット

まだ日本ではあまり知られていないワンポールテントですが、メリットについて気になりますよね。詳しく以下でお教えします。

慣れると短時間での設営が可能

キャンプサイトでも目立つかわいらしいデザインのワンポールテント。テントの生地と地面を固定するので場所を選びますが、意外に設営は見た目よりも簡単で慣れればお手軽にできます

収納がコンパクトで軽量

ワンポールテントの魅力はポール1本で設営するので、収納もコンパクトに収まり軽量なこと。普通のテントに比べて持ち運びも楽で女性にもおすすめです。

アレンジが自由自在

ワンポールテントのメリットはアレンジが自由自在なこと。インナーテントとして使ったり、シェルターとして、蚊帳としてなどなど、使い方の幅が広いので自分好みや環境に合わせてアレンジ可能です。

風に強い

ワンポールテントは地面とテントをペグで固定します。ペグが普通のテントより多い分、安定性に優れ風に強い点がメリットです。強風にあおられても影響を受けないのは魅力的ですね。

ワンポールテントのデメリット

設営場所を選ぶ

先ほどお伝えしたようにワンポールテントは非自立式」でペグでテントと地面を固定して設営します。キャンプサイトのどこでも設営できるわけではなく、場所を選ぶのがデメリット。刺さらない地面もあるのでどこでも気軽に設営できないのは悩みどころです。

圧迫感がある

支柱が1本で支えており、天井が低いためどうしても普通のテントに比べると圧迫感が出てしまいます。1人や2人など少人数で利用する場合に適切なサイズといえるでしょう。カップルや友人とこじんまりした環境で使うのがよさそうです。

支柱が邪魔になる

また、テントの端を支えるテントと違い、支柱がテント内の中央にあるので中で過ごす際に邪魔に感じる場面も。小さなサイズのテントだと余計に邪魔に感じることでしょう。中でゆっくりお昼寝などして過ごす分にはいいかもしれませんね。

雨が侵入しやすい

ワンポールテントは前室がないタイプが多いので、雨が浸水してきやすいのがデメリット。強い雨や突然の雨の場合は対応できない場合もあるので、天気を気にしながら使う必要があります。

1人~2人用のワンポールテントの人気おすすめランキング3選

3位

tent-Mark DESIGNS

パンダ TC

価格:25,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TC素材を採用した快適なワンポールテント

こちらの商品は、ツーリングやソロキャンプに最適な扱いやすいワンポールテントです。テンマクデザインの中でも人気の高いパンダシリーズに、TC素材を採用したモデルなので、丈夫で通気性に優れているのも魅力です。

 

フライシートとインナーテントの前後にドアを配置しているので、出入りがしやすくなおかつ観音開きなので、夏は風通しが良くて快適に過ごせます。

収容人数1〜2人高さ170cm
重量約5.4kg素材TC素材

見た目良い!
ソロスタイルに最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

BUNDOK(バンドック)

ソロ ティピー 1 BDK-75 【1人用】

価格:10,798円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単設営でソロキャンプに最適

こちらは、充実のソロキャンプを実現できるワンポールテントです。キャノピー付きで、インナーフロアはメッシュです。蒸し暑い季節や雨の降る日でも、爽やかに過ごせるのが特徴です。設営も簡単で、ペグダウンしてポールを立てるだけで自立します。

 

設営が簡単で、重量も比較的軽量なのでソロキャンプに最適なワンポールテントと言えます。またお値段も手頃なので、ソロキャンプデビューをする人にもおすすめです。

収容人数1人高さ150cm
重量約2.2kg素材ポリエステル

パンダテントよか、安く全くのキャンプ初心者の自分でも風が少し吹いていても 広げながら荷物を置きペグ打ちしました大体5分ほど、無風なら2分?ほど
撤収も速いので 愛用させて頂いてます

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

North Eagle(ノースイーグル)

ワンポールテントフェザーライト200 [1~2人用] NE202

価格:14,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

個性的なデザインが魅力的

こちらのテントは個性的な羽の模様がおしゃれですね。キャンプ場で目立つこと間違いなしです。優れているのはデザインだけではありません。羽のように軽いアルミポールを採用したことで軽量化を実現し、フライシートは紫外線を90パーセントカットしてくれます。

 

頂上付近にループが付いており、別売のタープをカラビナで取り付けて使うことも可能です。おしゃれなテントを探している人におすすめなワンポールテントです。

収容人数1〜2人高さ190cm
重量約3.3kg素材75DポリエステルタフタUV

今年の夏のレジャー用に、夏前に購入しました。設置も片付けもやりやすいです!
収納してしまえばとてもコンパクトになるので、ずっと車に積んでいても邪魔になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

1人~2人用のワンポールテントのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5376592の画像

    North Eagle(ノースイーグル)

  • 2
    アイテムID:5376516の画像

    BUNDOK(バンドック)

  • 3
    アイテムID:5376495の画像

    tent-Mark DESIGNS

  • 商品名
  • ワンポールテントフェザーライト200 [1~2人用] NE202
  • ソロ ティピー 1 BDK-75 【1人用】
  • パンダ TC
  • 特徴
  • 個性的なデザインが魅力的
  • 簡単設営でソロキャンプに最適
  • TC素材を採用した快適なワンポールテント
  • 価格
  • 14800円(税込)
  • 10798円(税込)
  • 25800円(税込)
  • 収容人数
  • 1〜2人
  • 1人
  • 1〜2人
  • 高さ
  • 190cm
  • 150cm
  • 170cm
  • 重量
  • 約3.3kg
  • 約2.2kg
  • 約5.4kg
  • 素材
  • 75DポリエステルタフタUV
  • ポリエステル
  • TC素材

TC素材のワンポールテントの人気おすすめランキング3選

3位

NORDISK(ノルディスク)

テント レガシーシリーズ ティピー型 アルヘイム19.6

価格:129,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

広々サイズで幅広い使用用途

こちらは8人〜10人ほどが余裕で横になれる、広々サイズのワンポールテントです。家族やグループでのキャンプに適していますね別売のインナーキャビンを使えば、約半分の広さをキャノピーとして使うこともできます。

 

また、フロアシートを外せばキャンプの中でちょっとした料理や焚き火もできるので、雨の日もアウトドアを楽しめます。幅広い使用感なので、便利に扱うことが可能です。

収容人数8から10人高さ275cm
重量18kg素材ポリエステル65%、コットン 35%

見た目はかなりかっこよくていい感じです。 特に夜、暗くなってから、暖房とランタンを 付け外から見ると、いい雰囲気の光で覆われて、すごくいいです。買ってよかったと実感します。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ロゴス(LOGOS)

テント Tepee ナバホ400セット[3~4人用] 71809510

価格:43,780円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可愛いデザインが魅力のファミリーサイズ

LOGOSのナバホ Tepeeは絵本に出てくるような可愛いデザインが特長です。テントを彩る旗の飾りも付いているので、子供にも喜ばれやすいです。可愛い見た目ですが、大きさは4人〜5人で使える本格派で、高さも190cmあるので、大人の男性が中で立っても余裕です。

 

パイプの素材は軽くて丈夫なジュラルミンなので、ファミリーサイズながら持ち運びがしやすいのが特徴です。防水性に優れ、撥水加工を施しているので、どんな状況でも安心です。

収容人数最大4人高さ235cm
重量約10.4kg素材難燃性ポリエステルタフタ

大人4名でも使用可能と思います。
見た目も可愛くて周りと差をつけられます。子供も喜びました。
初心者でしたが一人で立てられました。一人で十分です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

GEERTOP

GeerTop ワンポールテント 多機能 4-6人用 TC素材 防水PU2000+ 専用グランドシート&ポール付き 組立簡単 完全なセットファミリー キャンプ 公園 海 登山(茶色)

価格:34,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファミリーで夏場も快適にすごせる

二つのベンチレータつきでフルオープン・フルクローズ可能。雨天時も中の空気を循環しいつでも新鮮な空気が取り込めます。メッシュインナーテントは通気性がよく、虫の侵入をブロック。快適な風通しで夏版でも日陰の下で快適に過ごせます。

収容人数4~6人高さ180㎝
重量6.72kg素材ポリエステル65%コットン35%

初めて使ってみました設営にはまだ下手だがなんとか泊まれた(^_^;)
カッコイイで満足です!
これからも使いたいのでキャンプは楽しいくなる⸜(*ˊᵕˋ*)⸝‬

出典:https://www.amazon.co.jp

TC素材のワンポールテントのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5861239の画像

    GEERTOP

  • 2
    アイテムID:5376619の画像

    ロゴス(LOGOS)

  • 3
    アイテムID:5376513の画像

    NORDISK(ノルディスク)

  • 商品名
  • GeerTop ワンポールテント 多機能 4-6人用 TC素材 防水PU2000+ 専用グランドシート&ポール付き 組立簡単 完全なセットファミリー キャンプ 公園 海 登山(茶色)
  • テント Tepee ナバホ400セット[3~4人用] 71809510
  • テント レガシーシリーズ ティピー型 アルヘイム19.6
  • 特徴
  • ファミリーで夏場も快適にすごせる
  • 可愛いデザインが魅力のファミリーサイズ
  • 広々サイズで幅広い使用用途
  • 価格
  • 34999円(税込)
  • 43780円(税込)
  • 129800円(税込)
  • 収容人数
  • 4~6人
  • 最大4人
  • 8から10人
  • 高さ
  • 180㎝
  • 235cm
  • 275cm
  • 重量
  • 6.72kg
  • 約10.4kg
  • 18kg
  • 素材
  • ポリエステル65%コットン35%
  • 難燃性ポリエステルタフタ
  • ポリエステル65%、コットン 35%

前室付きのワンポールテントの人気おすすめランキング3選

3位

ogawa(オガワ)

テント ピルツ9‐DX [4人用] 2793

価格:82,500円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

充実な高さ・広さのファミリー向けワンポールテント

ogawa(オガワ)の テント、ピルツ9‐DXは、キャノピー付きの4人用です。家族でのキャンプに適した広さが特徴のワンポールテントです。頂上部や出入り口付近など、合計5カ所にメッシュパネルが付いており、室内換気を自在に調整できます。

 

ファミリーサイズながら設営もとても簡単な点も魅力です。また素材はポリエステルで、UVカット加工されているので日焼けしたくない人もアウトドアを楽しめるでしょう。

収容人数4人用高さ245cm
重量約6.1kg素材ポリエステル

設営はシンプル、一人でも10分あれば出来る。しっかりした作りで質感高し。コールマンとスノピばかりのサイトでは存在感抜群で、お隣さんと一緒は避けられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

UJack

UJack(ユージャック) テント ワンポールテント インナーコットン Desert 300

価格:39,500円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

開放感を体感できる

緑の中で映える、キャノピー付きのワンポールテントです。高さが270cmなので、身長の高い人でも圧迫感を感じることなく使えて、開放感ある室内を満喫できます。防水性の高さも備えているので、急な雨でも安心です。

 

推奨使用人数は1〜4人程度で、贅沢なソロキャンプから家族や仲間とのキャンプまで幅広く使えますね。設営も簡単で、付属のストームロープは蓄光仕様です。夜にトイレに行って、戻ってくる時の目印になりそうですね。

収容人数4人高さ270cm
重量約9kg素材75Dポリエステルタフタ

インナーテントがポリコットンでなのにこの価格はかなりコスパがいいですね。
使用感ですが設営が非常に楽ですし、短時間で設営できました。初張りで20分程度でした。フライシートとインナーテントの縫製がとても丁寧です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

ワンポールテント オクタゴン ティピー型 7~8人用 CSクラシックス UA-35

価格:27,091円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビッグサイズ悠々自適なワンポールテント

こちらは8人まで寝泊りができる、大きなサイズの八角形ワンポールテントです。広々スペースなので、テントの中に椅子やテーブルを置いて使えます。少人数での、贅沢なキャンプにも適していますね。

 

インナーテントだけ・フライシートだけでも設営できるので、天気の良い夏のキャンプなどでは、手軽に涼しく寝泊りすることもできます。丈夫で防水性に優れた生地を採用しているので、どんな環境下でも快適に過ごせます。

 

ビッグサイズのファミリー向けワンポールテントながら、比較的リーズナブルな価格となっているので、初めてワンポールテントを購入する方にもおすすめです。

収容人数最大8人高さ300cm
重量11.5kg素材ポリエステルリップストップ210T

設営楽チンで1人で10分かかりません。
中はティピーテントらしくスペースはポール側が最大になります。1人~2人が理想の空間ですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

前室付きのワンポールテントのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5376639の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 2
    アイテムID:5376542の画像

    UJack

  • 3
    アイテムID:5376523の画像

    ogawa(オガワ)

  • 商品名
  • ワンポールテント オクタゴン ティピー型 7~8人用 CSクラシックス UA-35
  • UJack(ユージャック) テント ワンポールテント インナーコットン Desert 300
  • テント ピルツ9‐DX [4人用] 2793
  • 特徴
  • ビッグサイズ悠々自適なワンポールテント
  • 開放感を体感できる
  • 充実な高さ・広さのファミリー向けワンポールテント
  • 価格
  • 27091円(税込)
  • 39500円(税込)
  • 82500円(税込)
  • 収容人数
  • 最大8人
  • 4人
  • 4人用
  • 高さ
  • 300cm
  • 270cm
  • 245cm
  • 重量
  • 11.5kg
  • 約9kg
  • 約6.1kg
  • 素材
  • ポリエステルリップストップ210T
  • 75Dポリエステルタフタ
  • ポリエステル

3人以上のファミリー向けワンポールテントの人気おすすめランキング3選

3位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

アルミワンポールテント 300UV UA-16 ティピー型 3~4人用

価格:13,320円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファミリーサイズながら軽量で扱いやすい

こちらは出入り口の上部に、開閉可能なベンチレーションがついたワンポールテントです。テントの外と中の温度差を調整できるので、快適に過ごせます。

 

ポールに軽くて丈夫なジュラルミンを採用したことで軽量化が実現され、重量わずか約3キロです。この軽さで3人から4人程度の宿泊が可能なのは魅力的ですね。

収容人数最大4人高さ180cm
重量3kg素材ポリエステル

台風翌日の強風のなか使用。ワンポールテントは組み立て簡単で強風にも強く最高でした。フェスでの使用でしたが行き交う方々から“可愛い”のお声がけもたくさんいただきました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

DOD(ディーオーディー)

ワンポールテントS 3人用 T3-44-BK

価格:10,430円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

充実した機能性のワンポールテント

こちらはシンプルでコンパクトな3人用のワンポールテントです。インターテントがメッシュでベンチレーターも付いた充実のテントですが、このテントの魅力はそれだけではありません。

 

持ち運びのコンパクトさがピカイチなのです。専用の収納バッグで肩に掛けてらくらく持ち運べる大きさです。重さも3.1キロなので、車が無くてもキャンプに出かけられそうですね。女性にもおすすめです。

収容人数最大3人高さ170cm
重量約3.1kg素材75D ポリエステル

3人以上のファミリー向けワンポールテントの人気おすすめランキング3選

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

NEUTRAL OUTDOOR(ニュートラルアウトドア)

ワンポールテント NT-TE03 GE

価格:53,543円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅4m×高さ2.5mの広々設計

こちらのテントは5人〜8人用のファミリー向けのワンポールテントです。横幅400cm、高さ250cmの広々空間が特徴で、テント内の空気を循環させるベンチレーションが付いています。大勢で宿泊しても息苦しくなりにくい点が魅力的ですね。

 

ポールの素材はアルミニウムで、テント生地にはUVカット加工・耐水圧3000mmとなっているので、どんな天候でも快適に過ごせます。色は自然と調和する優しいベージュで景観を壊しません。

収容人数5人高さ250cm
重量10kg素材ポリエステル185T

グループでキャンプに行くように買いました!
結構大きくて6人くらいは余裕で泊まれます。
撥水性も十分でこの値段なら買って損はない商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

タープ・キャノピー付きのワンポールテントのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5376602の画像

    NEUTRAL OUTDOOR(ニュートラルアウトドア)

  • 2
    アイテムID:5376624の画像

    DOD(ディーオーディー)

  • 3
    アイテムID:5376575の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 商品名
  • ワンポールテント NT-TE03 GE
  • ワンポールテントS 3人用 T3-44-BK
  • アルミワンポールテント 300UV UA-16 ティピー型 3~4人用
  • 特徴
  • 幅4m×高さ2.5mの広々設計
  • 充実した機能性のワンポールテント
  • ファミリーサイズながら軽量で扱いやすい
  • 価格
  • 53543円(税込)
  • 10430円(税込)
  • 13320円(税込)
  • 収容人数
  • 5人
  • 最大3人
  • 最大4人
  • 高さ
  • 250cm
  • 170cm
  • 180cm
  • 重量
  • 10kg
  • 約3.1kg
  • 3kg
  • 素材
  • ポリエステル185T
  • 75D ポリエステル
  • ポリエステル

軽量でコンパクトなワンポールテントの人気おすすめランキング3選

3位

RayCharm

ESNBIA テント 2人用 ワンポールテント

価格:12,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで軽量で持ち運びに便利

こちらは2人用の、コンパクトで軽いテントです。小型ですがテントとしての機能は充実しており、強い風や本降りの雨にも耐えられます。二層重でインナーテントはメッシュ。2つの窓も付いており、風の通りが良いのが特長です。

 

また、小物を収納するポケットや、ランタンを吊り下げるループなど、気の利いたポイントが多く、便利に使えることでしょう。

収容人数1〜2人高さ150cm
重量約2kg素材210Tポリエステル

雨の日用のテントとして購入しました。設営・撤収は非常に簡単で、1人でやって15分程度です。我が家は大人2人と子供1人(小学1年生)で使用していますが、広さ的には荷物を入れてちょうどいい感じです。とてもいい買い物でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

OneTigris

TIPINOVA 本格ダブルテント

価格:13,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で女性でも持ち運び可能

こちらは、設営すると内部が五角形になるワンポールテントです。ふたりで広々使える大きさで、頂上部分にはベンチレーターが付いています。重量わずか1.18kgと軽量なので、女性でも持ち運ぶことが可能です。

 

インナーのある二層のテントですが、取り外しができないので注意しましょう。また、ポールは付属していないので別に用意する必要があります。高さは125cmから135cmに対応しています。

収容人数1〜2人高さ130cm
重量1.18kg素材20Dシリコンコーティングナイロン

まずカッコイイ!
重量も記載どうり、ペグと引き綱合わせて1.2kg。体積(かさ)は山用テントに比べると大きいいが、この値段でこの重量はコスパがいいでしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

コールマン(Coleman)

ワンポールテント 325 3〜4人用 2000031572

価格:16,276円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能性が高く快適性抜群

こちらは、3人〜4人で使える大きさのワンポールテントです。キャノピーが付いているので、荷物を出して広々使うことができますね。フルクローズにすれば雨水の侵入も防げます。

 

高さは200cmあるので、大人でも腰をかがめず立ち歩けます。更に、メッシュポケット・コード引き出し口・ランタンハンガー・ストームガードなど機能性も高く、より快適に過ごすことが可能です。

収容人数最大4人高さ200cm
重量約6kg素材75Dポリエステルタフタ

建てやすく、しまいやすいです。一人で充分にどちらも可能です。寝袋利用であれば4人充分に寝られる広さがあり、手荷物程度であればその4人全員分入れる余裕もあります。

出典:https://www.amazon.co.jp

軽量でコンパクトなワンポールテントのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5376628の画像

    コールマン(Coleman)

  • 2
    アイテムID:5376615の画像

    OneTigris

  • 3
    アイテムID:5376612の画像

    RayCharm

  • 商品名
  • ワンポールテント 325 3〜4人用 2000031572
  • TIPINOVA 本格ダブルテント
  • ESNBIA テント 2人用 ワンポールテント
  • 特徴
  • 機能性が高く快適性抜群
  • 軽量で女性でも持ち運び可能
  • コンパクトで軽量で持ち運びに便利
  • 価格
  • 16276円(税込)
  • 13500円(税込)
  • 12980円(税込)
  • 収容人数
  • 最大4人
  • 1〜2人
  • 1〜2人
  • 高さ
  • 200cm
  • 130cm
  • 150cm
  • 重量
  • 約6kg
  • 1.18kg
  • 約2kg
  • 素材
  • 75Dポリエステルタフタ
  • 20Dシリコンコーティングナイロン
  • 210Tポリエステル

コットン素材のワンポールテントの人気おすすめランキング3選

3位

Cozy House

Bell Tent

価格:27,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通気性抜群のワンポールテント

こちらは防水加工を施したコットンキャンバス地のワンポールテントです。通気口と窓が付いているため換気が良く、内部は八角形の構造で広々使えます。

 

生地の特性として、最初に水に濡れた時に水が漏れることがあります。それによってわずかに布が縮み、2回目以降は水漏れしない仕様となっています。サイズ展開が幅広いので、目的や家族構成によって選びやすいのが魅力です。

収容人数最大4人高さ3m
重量20kg素材コットンキャンバス

さっそく張ってみました!作りといい大きさといい張りやすさ、かなり気に入りました!
雨や風、霜にも強く、張りっぱなしでグランピングを楽しんでます!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

コンポジット

FIELDOOR パップテント320 【T/C カーキ】 ポリコットン 二又ポール インナーテント付属 吊り下げ式 スカート付 ミリタリー ソロ ソロテント 焚火 難燃 遮光 撥水

価格:19,700円(税込)

Amazonで詳細を見る
お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スカートつきで防寒対策できる

ソロキャンにぴったりのサイズ。パップテントにはインナーつきのワンポールテント。吊り下げ式に設置するのでとっても簡単。スカートつきで寒いときも防寒できます。慣れていない方でもソロキャンデビューにもってこいのワンポールテントです。

収容人数1人高さ120cm
重量7.5kg素材ポリエステル65%、コットン35%

やはりこの下で焚き火をお構いなしにできるところですね。見た目もソロキャンプにもってこいで、まだ2回しか使ってないですが色々使い勝手が良さそう。インナーは使ってませんが虫が多いなら簡単に設置できそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

NORDISK(ノルディスク)

NORDISK(ノルディスク) テント アルヘイム12.6 [6人用] 142013 ホワイト

価格:97,522円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポールの高さは調節できるワンポールテント

キャンバス地のおしゃれなデザインのワンポールテント。トップにベンチレーションが付いていいます。フロアシートを外すと中で料理や小さな焚火もできます。ポールの高さも調節できるので好きなようにアレンジできます。

収容人数6人高さ275cm
重量-素材コットン

めちゃくちゃオシャレで丈夫です。
組み立ても簡単です。

出典:https://www.amazon.co.jp

コットン素材のワンポールテントのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5861259の画像

    NORDISK(ノルディスク)

  • 2
    アイテムID:5861250の画像

    コンポジット

  • 3
    アイテムID:5376631の画像

    Cozy House

  • 商品名
  • NORDISK(ノルディスク) テント アルヘイム12.6 [6人用] 142013 ホワイト
  • FIELDOOR パップテント320 【T/C カーキ】 ポリコットン 二又ポール インナーテント付属 吊り下げ式 スカート付 ミリタリー ソロ ソロテント 焚火 難燃 遮光 撥水
  • Bell Tent
  • 特徴
  • ポールの高さは調節できるワンポールテント
  • スカートつきで防寒対策できる
  • 通気性抜群のワンポールテント
  • 価格
  • 97522円(税込)
  • 19700円(税込)
  • 27999円(税込)
  • 収容人数
  • 6人
  • 1人
  • 最大4人
  • 高さ
  • 275cm
  • 120cm
  • 3m
  • 重量
  • -
  • 7.5kg
  • 20kg
  • 素材
  • コットン
  • ポリエステル65%、コットン35%
  • コットンキャンバス

「ワンポールテント」の選び方

1本の柱を中心に立てそれを軸に幕と呼ばれるテント生地を吊り下げて設営するだけで、比較的建てるのが簡単なのワンポールテントですが、種類が多いので悩むことも購入には頭を悩ませることも多くあります。

 

キャンプや登山や釣りなど用途によって、テントの選び方も変わってきます。そこで、ここではワンポールテントの選び方についてご紹介します。

ワンポールテントは「収納サイズや重さで選ぶ」で選ぶ

「ワンポールテント」の選び方のひとつにサイズで選ぶ方法があります。テントは製品によって幅広いサイズがあり失敗すると快適に過ごせない要因にもなるので注意しましょう。用途や人数に沿って自分に合った製品を選ぶと良いですね。収納や持ち運びする際も軽量なものを選ぶといいでしょう。

「ソロ〜2人用」は軽量モデルがおすすめ

ソロキャンパーや2人までの少人数キャンプにおすすめなのがコンパクトサイズで軽量モデルのワンポールテントです。少人数でキャンプをする場合はテント以外の荷物も1人〜2人で運ばなければならないので、荷物を軽くして運びやすくするという意味でも軽量モデルは最適です。

 

また、軽量モデルの製品は持ち運びが簡単なので、駐車場から遠いキャンプ場や登山での使用にも便利です。設営も持ち運びも負担が少ないので女性のキャンパーにもおすすめです。

「3人以上」のファミリー向けの大型モデル

ファミリー向けの大型モデルは〜2人用のテントに比べ、テント内が広く開放的なのが特徴で、製品によっては三角柱ではなく家のような形になっているものや暖炉用の煙突が付いているものまであります。

 

大型モデルのテントは天井も高いので圧迫感を感じにくく、支柱になるポールが高いものであれば大人でもテントの中で立って行動できます。

 

また、大型モデルのテントは設営に時間がかかるものが多いですがワンポールテントは他の形に比べ設営が簡単なので比較的短時間で設営が出来るのもメリットです。

ワンポールテントは「機能性」で選ぶ

テントを選ぶ際に重視したいのが「機能性」です。外で使うものなので丈夫な素材であることはもちろん、雨風に耐えられること、テント内で快適に過ごせるかどうかも重視したいポイントです。

ワンポールテントは「2mほどの高さ」があると快適

ワンポールテントはその性質上、中心以外は高さがなく端にいくほど低くなります。そのためポールが低いものだと天井が低くなり、圧迫感を感じる上、立って行動することも難しくなります。

 

ですが、2mほどの高さがある製品を選ぶことでテント内で立ち上がることもできるようになり、楽な姿勢で行動できるのでストレスを感じることなく快適に過ごすことができます。中で着替えをする際などにも2mあると快適です。

生地・素材で選ぶ

使う季節にもよりますが、生地によって熱を遮断してくれるもの、冷たい風を通さないものなど生地で内部の快適度が変わってきます。どんな生地があるのかご紹介します。

素材は「コットン」がおすすめ

テントの幕も製品によって素材の違いがあります。水に強く、丈夫で安価なのでナイロン製やポリエステル製のテントが主流ですが、最近ではコットン製のテントも多く出ています。また、デザイン性で選ぶなら、素材に注目するのもいいでしょう。

 

コットン素材で出来たテントは夏は熱を遮断してくれて、冬はテント内の暖かい空気を外に逃さないので快適で、化学繊維の素材に比べると耐火性も高いので火の粉でテントが傷むこともありません。意外にもコットンはテントにぴったりの素材なのです。

「TC素材」のワンポールテント

人気のワンポールテントといえば、高価なイメージがありますが、最近は低価格でコスパのいいモデルが発売されています。そのテントとは、TC素材のテントで生地はポリエステルの一種であるテトロンとコットンを組み合わせたもの。

 

火の粉に強く通気性や風合いがいいなど、テトロンとコットンの両方の強みを持ち合わせた、特徴を持っています。そのほかにも劣化が進みにくいなどの特徴があります。

前室・タープ連結できる「タープ・キャノピー」付きだと雨風でも安心

ワンポールテントはその形状上、出入りの際にテントの中に雨水が入りやすいです。その雨対策としてタープやキャノピーが付いたワンポールテントがおすすめです。

 

タープやキャノピーは主に出入り口の上部に付いており、これを広げて屋根のようにすることで雨の侵入を防ぐことができます。これが付いているものを選んでおけば急な雨風に見舞われても安心です。荷物置き場としても利用できます。

「インナーテント」の使い方でアレンジが自由自在

ワンポールテントの特徴として、インナーテントの使い方でアレンジが自由自在という点があります。インナーテントを使ってシェルターとして使うのもいいですし、インナーテントで蚊帳を作るのもありです。

 

モデルによってはテント内の半分を寝室にできものもあります。テントの付属品を見て自分のスタイルにあったテント選びをするのもいいですね。使い方の幅の広さはワンポールテントの魅力の一つです。

ワンポールテントは「設営のしやすさ」で選ぶ

テントを使用する際必ずしなければならないのが設営です。ワンポールテントは他の形状のテントに比べると設営しやすいテントですが、慣れていないと難しく感じることもあります。設営する場所は場所は石や岩、傾斜の少ない場所を選ぶといいでしょう。

 

また、設営の簡単さは口コミを参考にするといいでしょう。そこでワンポールテントの設営について説明していきます。

ワンポールテントは「非自立式」

ドーム型のテントは骨組みを組むことでテントだけでも自立します。先ほどもに述べましたが、ワンポールテントは1本の支柱で支えているテントなので自立しません。そのため、ロープとペグでテントを支える必要があります。

 

ですが、設営になれてしまえば、一人でも短時間で設営が可能になります。ワンポールテントの中には設営に時間がかかるタイプもありますが、利用人数に合わせて設営のしやすさを重視しましょう。

ワンポールテントは「設営場所」にも注意

ワンポールテントは1本の柱をペグで支える方法で設営するので、ペグが打ち込めないほど硬い地面には建てることができません。

 

また、ポールが地面に対して垂直になっていないとペグを打ち込んでもテントを支えることができないので、地面が斜面になっていても建てることができません。ワンポールテントは設営する場所の地面に左右されるテントなので設営場所には気を付けましょう。

ペグ打ち必須!「ペグの強度」に注目!

ワンポールテントはペグと呼ばれる釘のような金具を地面に打ち込んで支柱を支える必要があります。張り綱と呼ばれるロープを引っ張り幕が張った状態でペグを打ち、強度を出すので地面にペグをしっかり打ち込むことが大切です。

 

ペグの強度がテントの強度を左右するため、地面が硬い場合は専用の鍛造ペグを使用すると良いでしょう。セットになっているペグの素材のチェックや、強度が高いペグの購入も視野に入れておきましょう。

ワンポールテントは「メーカー」で選ぶ

多くのメーカーがテントを出していますが、メーカーごとに特徴があるのでメーカーで選ぶというのも一つの手ですね。ここでは特徴をまとめているので自分に合うメーカーを探してみてくださいね。

女性におすすめの「ノースイーグル」

ノースイーグルのワンポールテントは3万円〜と比較的手を出しやすい価格でサイズの種類も豊富なので自分に合ったテントを見つけやすいです。耐水圧も1500mmあるので雨が浸水する心配もありません。

 

フロントが付いているタイプや可愛い柄がプリントされている製品もあり、女性にもおすすめなメーカーです。ほとんどの製品に収納ケースが付いているので持ち運びやすいのも魅力です。

キャンプ初心者向けの「DOD」

DODのワンポールテントは1万円〜とリーズナブルな製品も取り扱われているのでキャンプ初心者でも購入しやすいです。サイズの種類やカラーも豊富で自分の好みや用途でテントを選ぶことができます。

 

テントと同じデザインの肩紐付きバッグが付属しているので持ち運びやすく、単色にDODメーカーロゴのうさぎが描かれている、シックでおしゃれなデザインも魅力です。

カラーやサイズが豊富な「コールマン」

コールマンのワンポールテントは大型モデルでも比較的リーズナブルな価格で購入でき、カラーやサイズも豊富でAmazon限定のテントなどもあり選択肢が多いことが魅力です。

 

4人までの大型サイズでも1万円台で購入できるテントもあり、キャンプ初心者でも手を出しやすいメーカーです。しっかりした素材でコンパクトな収納バッグに必要なものが全て入るので持ち運びやすいのも魅力です。

親しみやすいメーカー「LOGOS(ロゴス)」

「屋外と人を繋ぐ第一ブランドでありたい」を合言葉に、親しみやすいデザイン・カラーの商品を作るロゴス。お手頃なのに高機能!可愛いデザインにもファンが多いのが特徴です。大人数で使えるもの、一人で使えるものなどバリエーションが豊かです。

高品質な「テンマクデザイン」

様々なアウトドアの形に合わせて、高品質なモデルを生み出しているテンマクデザイン。コラボ商品など人気商品が多数発売されています。ソロキャンパーが手軽にキャンプを楽しめるようなデザインの商品が多いのが特徴です。

ワンポールテントの「デメリット」も把握しよう!

ワンポールテントは自立しないのでペグで固定する必要があり、ペグが刺さらない地面や斜面での設営はできません。また、支柱が1本しかないので中央部以外は天井が低く圧迫感を感じやすいです。

 

そして、何よりも支柱がテントの真ん中にあるので小さなサイズのテントでは邪魔になります。ワンポールテントは設営が簡単で見た目もおしゃれですが、こういったデメリットもあります。ワンポールテントを購入する際にはデメリットも考慮することが大切です。

ワンポールテント内を「おしゃれ」に設営しよう

ワンポールテントの中をおしゃれにすることで、まるで自宅の室内にいるかのような快適性を味わうことができます。レイアウトを工夫してオリジナリティ溢れるテントを完成させましょう。

ポールを中心に「テーブル」を設置しよう

ワンポールテントには真ん中にポールがあり、そこが無駄になりやすいです。そこにテーブルを設置すると無駄がなくなり、より快適にテントを使用することができます。テーブルは簡単に取りはずしができるので寝る時だけ片付けることもできるので、便利ですね。

「ポール」を有効活用しよう

さらにポールにライトを設置すれば、ポールを有効活用できます。ライトは、取り付ける際に工具などが必要ないのでストレスフリーです。プルージックというロープワークでランタンを吊り下げることもできますね。

テント内に「ラグ」を置くと一気におしゃれに

キャンパーに人気の木製のラック。テント内に置くとおしゃれになるだけでなく、便利で重宝するでしょう。その他にもラグを敷くとテント内に彩りが加わりおしゃれになります。グランピング感を出したいなら、ベッドを置くといいでしょう。

「薪ストーブや石油ストーブ」は使えるのか確認しよう

天頂部に煙突用ホールがついている場合は、薪ストーブや石油ストーブの使用が可能です。煙突用ホールがついていない場合でも、板を使って煙突の口を作るなど、工夫次第ではストーブを使用することはできるので、チャレンジしてみましょう。

 

ただしストーブを使用する際は、しっかりと換気をすること、または換気機能がしっかりついいている、テントを選ぶことを心掛けましょう。

ワンポールテントは「使える季節」で考えよう

春・夏・秋の3シーズンのモデルのテントは、通気性と防水性が高く、軽量なのが特徴です。一方、冬にも使用できるモデルは保温性と防風性が高く少し重い作りになっています。自分が使うシーズンに合わせてテントを選びましょう。

 

春・夏・秋の3シーズンモデルでもオプションで冬用のフライシート等を購入して冬に使えるテントもあるので、しっかり確認しましょう。

断熱効果や凸凹をなくす「テントマット」や「グランドシート」で中を快適に

快適に過ごすにはテントマットやグランドシートを敷くのがおすすめ。床の凸凹をなくし断熱の効果もあるので、寝る際にもストレスを感じにくいです。また、雨が降った際にも浸水を防ぐ効果もあるので、使わない手はないでしょう。

タープでリビングスペースを作ろう

リビングスペースを作るタープを利用してより快適に。張り方次第で無限大のスタイルが作れちゃいます。家族でのだんらんに、友人でワイワイやるスペースとしてぜひタープでリビングを作りましょう。

まとめ

簡単な設営とおしゃれなデザインで人気の高いワンポールテントですが、種類が多く購入に戸惑うことも少なくないため、今回のランキングを参考に、数多くあるワンポールテントの中から自分に合ったテントを選んで楽しいアウトドアライフを送ってくださいね。

 

今回の記事ではワンポールテントに絞っておすすめの商品をご紹介させていただきました。しかし、テントにはワンポールテント以外にも魅力的なテントがさまざまありますよね。そこで、下記記事ではワンポールテント以外にもさまざまなテントを紹介しています。ぜひ、こちらの記事と併せて参考にしてみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ