煙突付きテントの人気おすすめランキング7選を紹介!【薪ストーブが使えるものも】

バーベキューやピクニックをする際、テントを使用する方は多いですよね。そんなテントの中には薪ストーブが使える、煙突付きテントがあるのをご存知でしょうか?今回は煙突付きテントの選び方とともに、人気おすすめランキング7選を紹介します。

煙突付きテントで冬キャンプをもっと楽しく!

キャンプなどのアウトドアを楽しむ際、テントを使う方は多いですよね。テントを使って冬キャンプをしているとき、寒すぎると感じた経験はありませんか?寒い空気の中、キャンプをしていると楽しくなくなってきてしまいますよね。

 

実は冬キャンプに最適なのが、テント内で薪ストーブが使える煙突付きテントなんです。煙突付きテントがあれば、寒い冬でも楽しくキャンプができます。しかし、煙突付きテントといっても、ワンポールテントやドーム型などいろいろあって迷ってしまいますよね。

 

そこで今回は煙突付きテントの選び方とともに、人気おすすめランキングを紹介します。ランキングはテントの種類・サイズ・素材などを基準に作成しました。購入を迷われている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

煙突付きテントの選び方

煙突付きテントは、テントの種類・使用人数・素材などで選べます。以下で詳しく解説するので、購入の際の参考にしてみてください。

テントの種類で選ぶ

テントの種類は機能性や形などによってさまざまなものがありますが、煙突付きテントの場合にはワンポールかドーム型を選ぶのがおすすめです。

暖房効率重視なら「ワンポールテント」がおすすめ

ワンポールテントはその名の通り、中心に1本のポールが立っているテントです。ティピーとも呼ばれる形状で暖房効率がよく、テント内も広々としています。三角形の形が特徴的で、キャンプ場などではよく見かけるメジャーなタイプです。

 

ワンポールテントは風にも強く軽量なので、たくさんの荷物を持って歩けないソロキャンプにも向いています。ポールを立てて角にペグを打つだけと設営も簡単にできるので、テント初心者にもおすすめです。

安さを求めるなら「ドーム型テント」がおすすめ

ドーム型のテントはワンタッチで設営できるものが多く、サッと開いてくれるのが大きな特徴です。また、価格も安価なので初心者にも購入しやすく、テントを手軽に手に入れたい方向けとなります。天井の中央や脇に穴が開いているタイプが多く、使いやすいテントです。

本格キャンプをするなら「2ルームテント」がおすすめ

本格的なキャンプを楽しみたいなら、2ルームテントがおすすめです。2ルームテントはその名の通り2つの部屋があるテントで、奥に寝室として使える部屋が設けられています。煙突付きテントの中にも2ルームタイプがあるので、ぜひチェックしてください。

使用人数で選ぶ

テントを選ぶ際は使用人数にも注目しましょう。ソロなら小さめ、グループキャンプなら大きめを選ぶなどシーンに合わせて選び分けてみてください。

ソロキャンプなら「1~2人用」がおすすめ

ソロキャンプで煙突付きテントを行うなら、1~2人用のものがおすすめです。ただし、1人用の小さめテントには煙突付きのタイプが少なく、あったとしても薪ストーブを設置すると狭くなってしまいます。そのため、少し大きめのものを検討してみてください。

2人前後なら「2~4人用」がおすすめ

カップルや夫婦、友達同士でのキャンプなら2~4人用のテントを選びましょう。2人用で薪ストーブを設置するとやや狭いので、ゆったりと楽しみたい方は4人用を選ぶのがおすすめです。価格差もそこまで大きくないので、予算があるならワンサイズ大きめを検討してみてください。

ファミリーキャンプなら「4~7人用」がおすすめ

家族みんなでファミリーキャンプを楽しみたいなら、4~7人用を選んでみてください。4人用以上の大きめテントなら、中に小さなイスやテーブルを設置できるのでより便利に使えます。また、テントの中で寝転がりたい場合にも4人用以上の大きめがおすすめです。

グループキャンプなら「8人以上用」がおすすめ

たくさんの友達で集まって楽しむグループキャンプなら、8人用以上の大型を選ぶのがおすすめです。価格がグッと上がりますが、それだけテントの中も快適になります。薪ストーブを設置しても十分なスペースがあり、快適な食事や睡眠も可能です。

テントの素材で選ぶ

煙突付きテントの素材はコットンもしくはポリコットンがおすすめです。以下でそれぞれの特徴を解説しているので、好みのものを選んでみてください。

通気性や保温性重視ならおしゃれな「コットン素材」

コットン素材の煙突付きテントはおしゃれなデザインが多く、見た目にもこだわりたい方には特におすすめです。火の粉に強い性質があり、保温性も高いので冬キャンプにも向いています。ただし、吸水性があり重量があるため、持ち運びが少し大変だと覚えておきましょう。

シワになりにくいものなら「ポリコットン」

ポリコットンはコットンとポリエステルを合わせて作られている素材で、保温性や耐火性がありながらシワになりにくく管理しやすいのが特徴です。難燃性に優れているため燃えにくく、万が一火が付いてしまった場合でもすぐには燃え広がりません。

 

耐久性があり、コットンよりもやや軽量なのも魅力的です。持ち運びもしやすいので、ソロキャンプなどにも向いています。

ストーブを置くなら「室内の広さ」をチェック

テントには使用人数の目安が記載されていますが、薪ストーブを設置すると狭く感じる可能性があります。そのため、設置したときの室内の広さをしっかりチェックしておきましょう。薪ストーブを置いても余裕のあるサイズで選ぶのがおすすめです。

 

ただし、テントは大きければ大きいほど重くなり、収納や持ち運びも大変になります。また、価格も高価になってしまうので収納場所や予算を考慮して選んでみてください。

通気性重視なら「ベンチレーター(通気口)」を確認

薪ストーブをテントの中で使用するなら、必ず換気をする必要があります。しっかりと換気を行いたいなら、ベンチレーターと呼ばれる通気口の有無をチェックしておきましょう。通気口があればテントの扉を大きく開けなくても、しっかりと換気ができて便利です。

保温性をアップさせるなら「スカートの有無」に注目

テントにはスカートと呼ばれるものが付いている場合があります。スカートとは外気の侵入を防ぐ裾の部分で、付いていると保温性が高まり暖かさが持続するのが特徴です。特に寒い真冬のキャンプでは、暖かさをキープするためにもスカート付きのものを選びましょう。

メーカーで選ぶ

煙突付きテント選びに迷ったら、人気のあるメーカーで選ぶのもおすすめです。キャンプグッズを扱う小川やDODなら、他のアイテムも一緒に購入できます。

キャンプグッズを揃えるなら「小川」

小川はキャンプグッズを多数扱うブランドで、あわせて他のアイテムも購入できるのが大きなメリットです。初心者向けのテントはもちろん、上級者向けの本格的な煙突付きテントもあるのでチェックしてみてください。老舗のメーカーなので安心感があるのもポイントです。

テント初心者なら設営簡単な「DOD」

DODのテントはワンタッチで傘のように開くものが多く、初心者向けとなります。初めてテントを購入する方でもチャレンジしやすい価格帯で、リーズナブルなメーカーを探している方にもおすすめです。1人用から大人数用まで幅広く取り揃えています。

煙突付きテントの人気おすすめランキング7選

7位

Preself

ワンポールテント 2人用 換気窓あり

ソロキャンプにおすすめ!換気窓付きが嬉しいテント

2人用のコンパクトサイズでソロキャンプに最適な商品です。ワンポールテントなので2人用でも広々としていて、ソロキャンプなら薪ストーブを設置してもゆったりくつろげます。シンプルな設計なので設置が簡単で、初心者にも使えるのが嬉しいポイントです。

 

煙突窓が天井に1つ付いており、防火カバーが付けられています。300℃まで対応できるので、燃えたり溶けたりする心配が少ないのも魅力です。満期窓が2つ、出入り口が2つ付いているので換気も簡単にできます。軽くて持ち運びしやすく、設営も簡単でおすすめです。

種類 ワンポールテント 素材 ポリエステル
スカート あり サイズ 320×160cm
重量 1.7kg 人数 2人

口コミを紹介

薪ストーブの煙突用の開口がある事、設置が楽 って事で購入。
あいにく雨降りの中での初張りでしたが
十分に活躍してくれました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Eono(イオーノ)

ワンポールテント

激安が嬉しい!季節問わず使えるシンプル設計も魅力

Eono(イオーノ)のテントはシンプルな作りで設営がしやすく、初めての方でも気軽に使用できます。ワンポールテントで扱いやすく、保温性も高いので薪ストーブの設置にピッタリです。入り口部分が大きく開くようになっており、換気も簡単にできます。

 

テント上部にベンチレーターが2つ付いており、入り口だけでなく上部からも換気できるのが嬉しいポイントです。軽量で持ち運びがしやすく、特にソロキャンプで活躍してくれます。中は比較的広いので、薪ストーブ以外にコットや椅子も入れられて便利です。

種類 ワンポールテント 素材 ポリエステル
スカート なし サイズ 320×160cm
重量 1.3kg 人数 1人

口コミを紹介

一人用と言いつつ、幅3m強あるので薪ストーブを入れないなら普通に3、4人の収容も可能なサイズです。
一人での使用ならコットなどを置いた上で、さらにテーブルや椅子を畳まずに入れる余裕があるので盗難など防止しやすいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

YOKA TIPI

ワンポールテント 9thロット

インナーのないシェルタータイプが魅力的

YOKA TIPIのONEポールテントはインナーがなく、シェルタータイプなのが大きな特徴です。シックなカラーでおしゃれ感もあり、天井部分には薪ストーブ設置用の穴があいています。薪ストーブを中に設置しても広々としており、2人でも十分なサイズです。

 

スカート付きなのでテント内の暖かい空気を逃がしにくく、真冬の寒い時期でも快適に過ごせます。ただし、保温性能が高いので換気には注意しましょう。夜になるとリフレクター部分が光るので見失う心配もなく、より幻想的な世界を演出してくれるのも魅力です。

種類 ワンポールテント 素材 ポリエステル
スカート あり サイズ 270×175cm
重量 1.8kg 人数 2人

2つの煙突穴付き!大人数で楽しめるワイドタイプ

ピュアコットンを採用して作られたコットンベルテントは、見た目がオシャレなだけでなく保温性に優れており使いやすいのが特徴です。大人数でも使いやすいワイドサイズで、中に薪ストーブを設置してもコットや椅子を置けるスペースが十分にあります。

 

コットン100%で作られている上質なテントのため、防水・防風・防虫・防黴機能に優れているのも魅力です。テント内には4つの窓が付いており、外の景色を楽しみながらキャンプを楽しめます。家族や友達とキャンプをしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

種類 コットンベルテント 素材 コットン
スカート あり サイズ 500×300cm
重量 38kg 人数 6人

口コミを紹介

薪ストーブを使う前提で購入しました。
ベッドで寝るので下のシートは不要である為外して使っています。
設営は超簡単‼️高いテント買うよりこちらの方が単純で楽です。

出典:https://www.amazon.co.jp

TCグランドシート付きで豪華なテント

ポリコットンで作られたテントは耐久性が高く、シワになりにくいため保管しやすいのが魅力です。UVカット仕様で夏場でも使いやすく、オールシーズン活躍してくれます。煙突部分には難燃性の煙突穴ガードが付いており、火災や事故を防いでくれるのも特徴です。

 

こちらのテントは本格的でありながら、四隅にあるバックルを付けるだけで手軽に設置できます。冬キャンプの入門や初めての本格テントにもおすすめです。メッシュ生地の窓が付いているため、換気もしやすく安心して薪ストーブを使用できます。

種類 パップテント 素材 ポリコットン
スカート あり サイズ 400×240×160cm
重量 8.5kg 人数 4人

軽くて便利!手軽に使えるワンポールテント

LANDFIELDのワンポールテントは、女性でも運べる軽さとシンプルな使い心地が魅力です。重量は1.6kgと軽く、設置後は2~3人で広々と使用できます。中に薪ストーブを設置する場合には、ソロキャンプでゆったりと過ごすのもおすすめです。

 

設置も簡単なので、テント初心者の方でも扱えます。スマートでおしゃれな見た目をしており、見た目にこだわりたい方にもピッタリです。耐水性があり雨の日でも使えるだけでなく、通気口もあるので薪ストーブを使う際もしっかりと換気ができます。

種類 ワンポールテント 素材 ポリエステル
スカート なし サイズ 320×160cm
重量 1.6kg 人数 1~2人

口コミを紹介

メリット。
安い。
軽い。
最終はストーブ用の予備になるかな。

出典:https://www.amazon.co.jp

超軽量で使いやすい!コスパが高く便利なテント

Kadahisのテントは超軽量で持ち運びがしやすく、3~4人用とサイズも大きいのが魅力です。重量は1.5kg程度とかなり軽く、女性でも十分持ち運びができます。ポリエステルの生地で作られたテントは耐久性もあり、安価で気軽に購入できるため高子スパなのもポイントです。

 

テントの上部には煙突穴が1つ付いており、薪ストーブをインストールして使えます。インナーシートが付いていないタイプのテントなので、イスやコットなどを併用して使いましょう。3~4人用なのでストーブを設置しても中が広く、ゆったりとくつろげます。

種類 ワンポールテント 素材 ポリエステル
スカート あり サイズ 320×160cm
重量 1.5kg 人数 3~4人

口コミを紹介

先日キャンプで二人で使用しましたがカンガルースタイルで二人用テントを入れて石油ストーブにテーブルに椅子でピッタリでした!一人で広々と使うと良いかもですね。スカート付きで、この値段で軽くてコスパの良い商品に巡り合えて良かったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

煙突付きテントのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 種類 素材 スカート サイズ 重量 人数
1
アイテムID:9573845の画像
ワンポールテント

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

超軽量で使いやすい!コスパが高く便利なテント

ワンポールテント ポリエステル あり 320×160cm 1.5kg 3~4人
2
アイテムID:9573838の画像
ワンポールテント

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軽くて便利!手軽に使えるワンポールテント

ワンポールテント ポリエステル なし 320×160cm 1.6kg 1~2人
3
アイテムID:9573834の画像
ポリコットンTCテント

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

TCグランドシート付きで豪華なテント

パップテント ポリコットン あり 400×240×160cm 8.5kg 4人
4
アイテムID:9573821の画像
コットンベルテント

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

2つの煙突穴付き!大人数で楽しめるワイドタイプ

コットンベルテント コットン あり 500×300cm 38kg 6人
5
アイテムID:9573818の画像
ワンポールテント 9thロット

楽天

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

インナーのないシェルタータイプが魅力的

ワンポールテント ポリエステル あり 270×175cm 1.8kg 2人
6
アイテムID:9573624の画像
ワンポールテント

楽天

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

激安が嬉しい!季節問わず使えるシンプル設計も魅力

ワンポールテント ポリエステル なし 320×160cm 1.3kg 1人
7
アイテムID:9573594の画像
ワンポールテント 2人用 換気窓あり

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ソロキャンプにおすすめ!換気窓付きが嬉しいテント

ワンポールテント ポリエステル あり 320×160cm 1.7kg 2人

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

煙突付きテントの使い方と注意点をチェック

煙突付きテントは非常に便利なものですが、使い方や換気の方法などに気を付けなければなりません。以下でチェックしたいポイントをまとめているので、参考にしてみてください。

インナーシートを外しておく

テントの中にはインナーシートと呼ばれるものがありますが、薪ストーブを使う場合には外しておきましょう。インナーシートがあれば靴を脱いでテント内でくつろげて便利ですが、そのまま薪ストーブを設置すると燃えたり溶けたりする可能性があります。

 

火災や事故を防ぐためにも、必ずインナーシートは外してください。別でレジャーシートなどを用意しておけば、テントの外でくつろげます。以下の記事ではレジャーシートの人気おすすめランキングを紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

薪ストーブ・煙突はしっかり固定

薪ストーブと煙突はしっかりと固定し、転倒しないようにしましょう。薪ストーブが転倒するとテントに引火して火事になる可能性があります。また、風の強い日にテントを張りたいならテント本体と煙突の固定もしっかり行ってください。

 

不安定な状態で煙突付きテントを設営したり、薪ストーブを使ったりするのは危険です。着火する前に、しっかり固定されているか確認しましょう。

換気をして一酸化炭素中毒に気を付ける

薪ストーブの使用で最も気を付けなければならないのが「一酸化炭素中毒」です。換気をせずに狭いテントの中で長時間ストーブを使うと、一酸化炭素中毒を引き起こす可能性があります。薪ストーブを使うなら必ずこまめな換気を行いましょう。

 

テントによっては通気口が付いている場合がありますが、それでもしめっきりのままでストーブを使うのは危険です。時間を決めて換気するか、常にドアを少し開けて換気をしている状態で使用するようにしましょう。

テント内のスペースには余裕を持たせる

狭いテントの中で無理に薪ストーブを使おうとすると、テントとストーブが接触して引火してしまう可能性があります。テント内でストーブを設置するときは中央付近にするなどして、周りと距離がある状態で着火をしましょう。

 

また、引火を防ぐためにもテントのサイズは余裕のあるものを選ぶのがおすすめです。仕様人数プラス1~2人用を目安に選んでみてください。

薪は乾燥したものを使う

薪ストーブを使う場合には薪を入れて燃やしますが、その際は乾いたものを使用するようにしてください。湿った薪を使ってしまうと煙がたくさん出て、テントの中が煙たくなってしまいます。雨上がりでなくても湿っている場合があるので気を付けてください。

手持ちのテントに煙突穴を開けて自作するのもおすすめ

薪ストーブが使えて便利な煙突付きテントですが、手持ちのテントに穴を開けて自作するのもおすすめです。ただ穴を開けるだけでは意味がないので、必ず専用のアイテムを用意しましょう。ボルトなどで固定するタイプは、初めてでも手軽に使えます。

 

その際、テントの素材もしっかりチェックしてください。耐火性能のないものは、穴を開けられたとしても中でストーブを使えない可能性があります。煙突を設置する場所を保護するための布などもあるので、あわせてチェックしてみてください。

煙突付きテントと一緒に揃えたいアイテムをチェック

ここでは、煙突付きテントとあわせて購入しておきたい薪ストーブや、その他の便利アイテムに付いてみていきましょう。

あわせて用意しておきたい薪ストーブ

煙突付きテントを使うなら、薪ストーブを一緒に購入しておきましょう。テントのサイズに合わせた薪ストーブを選べば、快適な冬キャンプを実現できます。以下の記事では、アウトドア用薪ストーブの人気おすすめランキングを紹介しているので、参考にしてみてください。

あると便利な薪割り機

キャンプの際にあると意外と便利なのが薪割り機です。近くに落ちている大きめの枝や木を簡単にカットしてくれるので、薪ストーブの使用や焚き火の際に役立ちます。以下の記事では薪割り機の人気おすすめランキングを紹介しているので、あわせて参考にしてください。

薪ストーブと石油ストーブは違う?

石油ストーブは石油を必要とする暖房器具で、薪ストーブのように煙突は必要ありません。ランニングコストも安い傾向にありますが、アウトドアらしい雰囲気を味わいたいなら薪ストーブを選ぶのがおすすめです。

 

どちらもテント内では使用できますが、石油ストーブは室内用と併用できます。一方で薪ストーブは外で使うのが基本ではありますが、趣があってオシャレなのが魅力です。どちらも暖房器具としてはおすすめなので、好みで使い分けてみてください。

まとめ

今回は煙突付きテントの選び方と、人気おすすめランキング8選を紹介しました。煙突付きテントがあれば、アウトドアやピクニックがもっと楽しくなります。ぜひ本記事を参考にしながら、自分が気に入る煙突付きテントを探してみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年03月31日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

薪ストーブの人気おすすめランキング15選【アウトドアにおすすめ】

薪ストーブの人気おすすめランキング15選【アウトドアにおすすめ】

アウトドアグッズ
アウトドア用薪ストーブのおすすめ人気ランキング15選【徹底比較!キャンプなどアウトドア用に】

アウトドア用薪ストーブのおすすめ人気ランキング15選【徹底比較!キャンプなどアウトドア用に】

アウトドアグッズ
【2022年最新版】キャンプストーブの人気おすすめランキング25選【薪やガスも】

【2022年最新版】キャンプストーブの人気おすすめランキング25選【薪やガスも】

アウトドアグッズ
ガスストーブの人気おすすめランキング15選【デメリットもご紹介】

ガスストーブの人気おすすめランキング15選【デメリットもご紹介】

ヒーター・ストーブ
【2022年最新版】石油ストーブの人気おすすめランキング15選【燃焼時間も比較】

【2022年最新版】石油ストーブの人気おすすめランキング15選【燃焼時間も比較】

ヒーター・ストーブ
薪割り機のおすすめ人気ランキング10選【コメリの商品もご紹介!電動・手動も】

薪割り機のおすすめ人気ランキング10選【コメリの商品もご紹介!電動・手動も】

農業資材・ガーデニング用品