キャンプマットのおすすめ人気ランキング18選【折りたたみできるものも】

キャンプやアウトドアで寝袋の下に敷くキャンプマットがあれば、冬でも快適に眠れます。人気のコールマン製をはじめ、R値の高いタイプやコンパクトな折りたたみタイプ・2人用・ソロ用など種類が多くて迷ってしまいます。今回は、安いものから寝心地抜群なものまでキャンプマットの選び方とおすすめ商品をランキングでご紹介します。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

アウトドアでも快適に眠るならキャンプマットが必要!

人気のアウトドアを始めようと考えたとき、真っ先に思い浮かぶのはテントや寝袋です。でも、「ゴツゴツの地面で眠れる?」「寒い冬は寝心地が悪そう」などと考えた経験はありませんか?そのような方におすすめなのが、寝袋の下に敷くキャンプマットです。

 

キャンプマットには、ソロ用・2人用のコンパクトな折りたたみタイプやファミリー向けのダブルサイズ、断熱性に優れたR値の高いタイプなどがあります。人気のコールマンや高コスパで安いニトリなど、人気メーカーから選ぶのもおすすめです。

 

そこで今回は、キャンプマットの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは性能・サイズ・使いやすさを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

インフレーターキャンプマットのおすすめ

1位

Ventlax

インフレーターマット 極厚 8cm

極厚マットで寒い冬でも最高の寝心地

冬キャンプの眠りを快適に変えてくれる、寝心地抜群のインフレータブルマットです。ふわふわの波状ウレタンマットが固い地面の凸凹を解消、また密閉エアイン構造により地面からの冷気をシャットアウトします。

 

大きな自動吸気バルブを2個採用し、わずか1分で設営が完了するのもおすすめのポイントです。女性でも楽に持てる軽量設計となっています。

基本情報
種類 インフレーターマット
サイズ 190cm x 66cm x 8cm
収納サイズ 直径20cm以下
重量 2.3kg

エアーキャンプマットのおすすめ

1位

DOD

ソトネノキワミ キャンプマット

最強の寝心地をお探しの方におすすめ!厚さ10cmのマットレス

マット本体と枕のセットで、コンパクトに収納性できて軽量性にも優れています。ふかふかで快適に眠れるなど、口コミでも大人気のエアーマットです。厚さが10cmもあるため、車中泊やテントなど設置面が固い場所にもおすすめです。

基本情報
種類 エアーマット
サイズ W80×D208×H10cm
収納サイズ W91×D23×H23cm
重量 4.6kg

安いキャンプマットのおすすめ

1位

キャプテンスタッグ

キャンプマット EVA シングル

折りたたみで登山にもおすすめのキャンプマット

折りたたみでコンパクトに収納できるキャンプマットです。ジャバラ式なのでロール式のように曲げ癖がつかず扱いやすくなっています。登山時など荷物を増やしたくないときもスマートに持ち運べて便利です。

 

厚さ20mmのマットでクッション性に優れ、暖かい空気の層を作る波型形状を採用しています。キャンプはもちろんレジャーシートやヨガマットとしても活用できる優秀なマットです。

基本情報
種類 ウレタンマット
サイズ 約幅56×長さ182×厚さ2cm
収納サイズ 約13×12.5×56cm
重量 約270g

コンパクトなキャンプマットのおすすめ

1位

サーマレスト

クローズドセルマットレス Zライト ソル

3シーズン使える断熱性に優れたマット

3シーズン対応のコンパクトなクローズドセルマットレスです。ジャバラ式に折りたたんで収納できるので、どこでも気軽にさっと使用できます。表面にアルミ蒸着素材を採用して断熱性を高めているのが特徴です。

 

また、凸凹フォームが空気を取り込んで暖かさをキープします。熱反射板を取り入れて身体の温度を維持する「サーマキャプチャーテクノロジー」技術を採用しており、寒い時期も快適です。

基本情報
種類 銀マット
サイズ 51×183×2cm
収納サイズ 51×15×13cm
重量 410g

キャンプマット(テント・寝袋マット)の選び方

キャンプを快適に楽しむために欠かせないキャンプマットですが、種類が多く迷ってしまいうものです。ここでは、キャンプマットの選び方のポイントを紹介します。

マットレスの種類で選ぶ

キャンプマットには銀マット・ウレタンマット・エアーマット・インフレーターマットがあります。それぞれの特徴を知って最適なものを選んでください。

安いものならコスパのいい「銀マット・クローズドセルマット」がおすすめ

安い価格にこだわるなら、銀マット・クローズドセルマットがおすすめです。銀マットは表面にアルミが使われており、熱をカットしてくれます。銀マットやクローズドセルマットは軽くて手入れも楽なうえ価格が安いのも魅力です

 

丸めるタイプと折りたたむタイプがあり、設置や片付けも簡単にできます。銀マットはカットして好みのサイズで使用することも可能です。ただかさばるので、運搬するときには大きさを考慮しましょう。

冬の寒さや夏の暑さをしのぎたい方は「ウレタンマット」がおすすめ

ウレタンマットとは、ウレタンなどの発泡素材を使用して作られたキャンプマットです。硬めのスポンジのような素材が地面のデコボコにもうまく対応して、快適な眠りを実現してくれます。

 

さらにウレタンマットは断熱性に優れており、軽くて暖かいのが特徴です。寒い冬の時期や雪山のキャンプでも、テントの底冷えを防いで1年中活躍します。畳めばコンパクトにはなりますが多少かさばるのが難点です。

自分にあった寝心地に調節したい方には「エアーマット」がおすすめ

エアーマットとは、空気を入れて膨らませるタイプのキャンプマットです。ポンプやエア注入器でマットに空気を送り込んで使用します。空気だけで膨らむふかふかとした寝心地で、快適に眠れるのが魅力です。

 

空気を抜けばコンパクトになり収納場所も取らず、空気の入れ具合によって厚さ・固さの調節ができます。空気を入れたり抜いたりするのに手間がかかり、独特の浮遊感に慣れない方もいるのがデメリットです。

簡単に設置したい方には「インフレーターマット」がおすすめ

インフレーターマットは、バルブを開けるだけで自動的に空気が送り込まれるキャンプマットです。膨らませる作業が必要がないため、設置や片付けが簡単にできます。自分で好みの硬さに調節できるのも魅力です。


エアーマット同様に空気を入れて使用しますが、中にウレタンなどの芯材が入っている分寝心地は硬めでしっかりした感触です。使用しないときはコンパクトに収納できますが、それなりの重量になります。

快適に眠るなら「体格よりも一回り大きいサイズ」をチェック

快適に眠るためには身長や体格に合うサイズのキャンプマットを選びましょう。できれば体より一回り大きめのサイズをおすすめします。足がはみ出てしまうと寝心地が悪いだけでなく体が冷えてしまう原因にもなるからです。

 

また、テントの大きさや、車中泊なら車のスペースに合わせて選ぶのも大切なポイントで、あらかじめ設置するスペースのサイズを確認してください。複数のキャンプマットを連結して使えるものもあり、小さなお子さんとのキャンプにおすすめです。

断熱性を重視する方は「R値」を確認

キャンプマットを選ぶ際に、断熱性能は欠かせないポイントの1つです。断熱性能が低いと地面からの冷気が伝わり快適に眠れません。冬はもちろん1年を通してチェックしておきたいポイントで、断熱性能は「R値」でチェックできます。

 

R値とは熱抵抗の値で、どれだけ熱が伝わりにくいかを表しています。R値が高いほど熱が逃げにくく断熱効果が高いです。春~秋なら2.1以上、冬なら3.3以上を目安に選ぶのがおすすめです。

雨や結露対策には「防水性の高いマットレス」をチェック

キャンプ用マットレスは断熱性能だけでなく、防水性も大事なポイントです。雨天時のキャンプはもちろん、晴天でも寒暖差があれば結露により水滴でテントの中が濡れてしまう場合もあります。もし就寝中にマットが濡れてしまったら大変です。

 

マットが濡れて身体が冷えてしまうのを防ぐためにも、防水加工が施されている素材を選ぶようにしましょう。また、濡れたときに拭き取りやすいキャンプマットを選ぶとお手入れも簡単です。

収納性重視の方には「折りたたみ式」のマットをチェック

銀マットやウレタンマットなどの空気を入れないキャンプマットは、主にロール式と折りたたみ式の2種類です。ロール式は丸めてリュックに取り付けられて便利ですが、開いたときに巻いたクセが残って広がりにくい場合があります。

 

折りたたみマットは開いたときにクセが付かないため、すぐに平らに敷けて設置がスムーズです。片付けもパタパタと折りたたむだけで終わり、すっきりコンパクトに収納できます。

2人用〜ファミリーなら幅広の「ワイドサイズ」をチェック

2人用〜ファミリーでのキャンプなら、幅の広いワイドなマットを選ぶのがおすすめです。一般的なシングルマットの幅は60cm前後なので、2人以上で寝るなら120cm以上のワイドサイズをチェックしましょう。

 

小さいお子さん連れのファミリーキャンプなら、なるべく幅の広いマットを選んでフロア全体に敷き詰めると安心です。ワイドサイズでは持ち運びに不便な場合は、連結できるタイプのシングルサイズマットもあるのでチェックしてみてください。

寝袋の下に敷くなら「寝袋に合う形状と長さ」を確認

寝袋の下に敷く用途でキャンプマットを選ぶなら、お手持ちの寝袋の形状と長さに合うかどうかがポイントです。寝袋が封筒型なら長方形、マミー型なら角をカットした楕円形に近いタイプなどを選ぶと使いやすくなります。

 

また、仰向けに寝て頭部と踵がはみ出さない長さのマットを用意すると、地面の凹凸や熱が身体に伝わりにくく快適に眠れます。

キャンプスタイルや天候などTPOに合わせて選ぶ

オートキャンプや登山・ソロキャンプなどのキャンプスタイルや、気候などによっても適したキャンプマットは異なります。TPOに応じたものを選びましょう。

オートキャンプには「快適性・機能性」を重視したものがおすすめ

オートキャンプ場でファミリーキャンプを楽しむ場合、車で行く方がほとんどです。もし車に余裕がありたくさんの荷物を積み込める場合は、収納性よりも快適性を重視して選ぶのをおすすめします。

 

テントの中でも快適に過ごせるよう、厚さがあり断熱性に優れたキャンプマットを持っていきましょう。寒い時期などは一番下に銀マットを敷いてその上にインフレーターマットを敷くなど、違う種類のマットを二枚重ねればさらに快適に眠れます。

装備を絞ったソロキャンプ・登山では「携帯性重視でコンパクトなもの」がおすすめ

ソロキャンプや登山では自分でテントやマットなどを運ぶため、いかに荷物をコンパクトにまとめるかが重要になってきます。なるべく軽くてコンパクトに収納できるキャンプマットを選びましょう。

 

リュックに余裕があれば中に収納できますが、リュックの外側にベルトなどでマットを結び付けて運ぶのが主流です。設置したときのサイズはもちろんですが、収納時のサイズや形状、重さをチェックしておきましょう。

厚さで選ぶ

キャンプマットに十分な厚さがあると質のいい睡眠がとりやすくなります。翌日の体調にも関係するので快適なマットを選びましょう。

オートキャンプ用なら快適に過ごせる「5~8cmの厚手マットレス」がおすすめ

キャンプ用のスリーピングマットの主流の厚みは5~8cmほどです。5cmの厚みがあれば、地面の凹凸を気にせずにリラックスして過ごせて、8cmほどあれば朝まで違和感を感じず快適にぐっすりと眠れます。

 

車で移動するオートキャンプで、荷物を積み込むスペースに余裕があるなら、さらみ厚みのあるキャンプマットおすすめです。ただし厚手のマットはかさばるため、ツーリングや登山キャンプには向きません。

登山やツーリングをする方には「2~3cm厚のマットレス」がおすすめ

厚みがあるキャンプマットは快適な一方で、どうしても重くなってしまいます。登山やツーリングの場合は、背負ったり積載したりする荷物が重いと疲れに直結しますので、なるべくコンパクトで軽いものを選びたいものです。

 

登山やツーリングで使うならば、2~3cmのマットレスがおすすめです。2〜3cmの厚さがあれば十分眠れます。空気を入れるタイプは重いものが多いので、銀マットやウレタンマットなどの軽量サイズを選びましょう。

メーカーで選ぶ

キャンプマット選びに迷ったら、人気のメーカーから選ぶのもひとつの方法です。お気に入りのメーカーがあれば、そのメーカーの製品で揃えるのも楽しみのひとつとなります。

最強の寝心地のマットが欲しいなら「mont-bell(モンベル)」がおすすめ

モンベルは日本発のアウトドアメーカーです。「function is beauty」と「Light&Fast」をコンセプトとしており、クッション性や断熱性に優れていながら軽量で、設置も簡単なキャンプマットを取り揃えています。持ち運びやすさを重視する方にもおすすめです。

キャンプ中も快適に眠りたい方は「Therm-a-Rest(サーマレスト)」がおすすめ

サーマレストは「アウトドアで最高の眠りを提供する」をコンセプトに、キャンプマットなどの製品を発売しているメーカーです。高性能で軽量性や収納性に優れたマットも多く、初心者キャンパーからベテラン登山家まで幅広く愛されています。

ダブルで使える100cm以上なら「Coleman(コールマン)」がおすすめ

キャンプ・アウトドア用品を取り扱うコールマンでは、ウレタンマット・エアーマット・インフレーターマットなど多彩なキャンプマットをラインナップしています。連結しても使えるため、ダブルサイズもインフレーターマットをお探しの方におすすめです。

機能性の高いマットなら「CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)」がおすすめ

アウトドア用品の総合ブランドであるキャプテンスタッグのキャンプマットは、幅広いラインナップと機能性の高さを備えています。手頃な価格で入手できるのも魅力で、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめのメーカーです。

コスパ重視の安いマットレスは「NITORI(ニトリ)」がおすすめ

「お、ねだん以上」でおなじみのニトリでも、お手頃な価格で買えるコスパ抜群のマットレスを取り扱っています。室内使用向けで3つ折りまでしかたためないものの寝心地がよく、車中泊や大きなテントに敷くキャンプマットとして活躍します。

インフレーターキャンプマットの人気おすすめランキング4選

4位

キャプテンスタッグ

エアーマット インフレーティング ダブル

断熱性に優れたウレタンインフレーターマット

弾力のあるウレタンフォームで、断熱性に優れたインフレーターマットです。厚さ3.5cmのクッション材で空気がたっぷり入って快適に眠れます。弾力がありながら軽量でコンパクトに収納できて移動も簡単です。

 

マットを広げるだけで空気が自動で入り手間がかかりません。また、マット表地のポリエステル生地にはPVC加工が施されており、強度・防水性が高いのもポイントです。

基本情報
種類 インフレーターマット
サイズ 約幅110×長さ182×厚さ3.5cm
収納サイズ 約外径6×厚さ32cm
重量 約15g

口コミを紹介

非常に速く数分で膨らみます、特に空気を注入する事無くバルブを開くだけでパンパンになりました。収納もコンパクトで軽量。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

WAQ

リラクシングマット

Amazon での評価

(2024/07/12調べ)

\プライムデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
プライム会員
-5%
¥ 14,060 税込
参考価格: ¥14,800
楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

専用のエアバッグが付属し簡単に空気を追加できる

厚さ10cmとゆとりのあるワイド設計で、快適に眠れるキャンプマットです。専用のエアバッグで誰でも簡単に空気を追加できます。厚みのあるウレタンを採用し、底付き感のない睡眠が可能です。キャンプや車中泊にも最適です。

基本情報
種類 インフレーターマット
サイズ 200cm x 70cm x 10 cm
収納サイズ -
重量 -

口コミを紹介

今まで使って来たマットとは大違いです。
朝までぐっすり眠れました。
キャンプ仲間にもオススメしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

WAQ(ワック)

キャンピングマット 厚8cm

Amazon での評価

(2024/07/11調べ)

\プライムデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
プライム会員
-10%
¥ 6,282 税込
参考価格: ¥6,980
楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

厚手のマットでキャンプから車中泊までアウトドアを快適に

厚さ8cmのキャンプマットで、弾力性に優れたひし形ウレタンフォームを採用しています。バルブを開ければ自動吸引で3分で使用可能、滑り止めや耐水加工も備えておりアウトドアに最適な1枚です。

 

ミニバンのフルフラットにぴったりなサイズで、テントだけでなく車中泊にもおすすめです。マットを2枚連結すれば後部座席を車中泊ベッドとして使用できます。

基本情報
種類 インフレーターマット
サイズ 190 x 65 x 8 cm
収納サイズ -
重量 2.28 Kg

口コミを紹介

附属の袋からだしてバルブを開けると自然と膨らみます。バルブを閉めるとマットレスになります。寝た感じは車の凹凸が感じないのでいい感じ。たたむときはバルブを開けて空気を抜きながらくるくると丸めて、附属の袋に入ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Ventlax

インフレーターマット 極厚 8cm

極厚マットで寒い冬でも最高の寝心地

冬キャンプの眠りを快適に変えてくれる、寝心地抜群のインフレータブルマットです。ふわふわの波状ウレタンマットが固い地面の凸凹を解消、また密閉エアイン構造により地面からの冷気をシャットアウトします。

 

大きな自動吸気バルブを2個採用し、わずか1分で設営が完了するのもおすすめのポイントです。女性でも楽に持てる軽量設計となっています。

基本情報
種類 インフレーターマット
サイズ 190cm x 66cm x 8cm
収納サイズ 直径20cm以下
重量 2.3kg

口コミを紹介

座り心地、寝心地は比較にならないほどの気持ちよさでした!はっきり言ってこの座り心地は布団やベッド以上に良いです!1か月間ベッド代りとして使いましたが、全くへたらないし、空気が勝手に抜ける事もありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

インフレーターマットのおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 種類 サイズ 収納サイズ 重量
1位 アイテムID:13893211の画像

Amazon

楽天

ヤフー

極厚マットで寒い冬でも最高の寝心地

インフレーターマット

190cm x 66cm x 8cm

直径20cm以下

2.3kg

2位 アイテムID:13893214の画像

Amazon

楽天

ヤフー

厚手のマットでキャンプから車中泊までアウトドアを快適に

インフレーターマット

190 x 65 x 8 cm

-

2.28 Kg

3位 アイテムID:13893208の画像

Amazon

楽天

ヤフー

専用のエアバッグが付属し簡単に空気を追加できる

インフレーターマット

200cm x 70cm x 10 cm

-

-

4位 アイテムID:13893205の画像

Amazon

楽天

ヤフー

断熱性に優れたウレタンインフレーターマット

インフレーターマット

約幅110×長さ182×厚さ3.5cm

約外径6×厚さ32cm

約15g

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

以下の記事では、インフレーターマットの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

エアーキャンプマットの人気おすすめランキング6選

6位

DTOETKD

エアーマット

足踏み式で手軽に空気が入るエアーマット

足で踏むだけで誰もが簡単に設置できるエアーマットです。足踏み式のエアポンプが付属しているので、別途空気ポンプを用意したり息吹きで空気を入れたりする手間もなく便利に使えます。

 

人間工学に基づいたデザインで快適に眠れるのが魅力です。両サイドのボタンを留めるだけで隙間なく連結できるのでカップル・ファミリーでのキャンプにもおすすめします。

基本情報
種類 エアーマット
サイズ 約200×70×7cm
収納サイズ 約30×14cm
重量 800g

口コミを紹介

先日キャンプでエアーマットを使用しましが、寝ごごちがとてもよく、野外で寝ているとは思えないほど快眠できました!
最初に空気を入れる方法も足で踏むだけなのでとても簡単で最高でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

HIKENTURE

エアーマット コンパクト

息を吹き込むだけで膨らむ!ポンプ不要のエアーマット

10〜15回息を吹き込むだけのわずか1分程度でスピーディーに膨らませられるエアーマットです。7cmの厚みで地面の凸凹や冷気など睡眠を妨げるものをシャットアウトします。また、寝袋と合わせて利用でき、災害時の備えとしてもおすすめです。

 

190Tポリ紬と多層構造のTPU素材を使用しており、最大約300kgまで耐えられるため幅広い体型の方におすすめです。

基本情報
種類 エアーマット
サイズ 約60×190×7cm
収納サイズ 約27×8cm
重量 約570g

口コミを紹介

軽量コンパクトなギアを求めていますが、このマットは寝心地も良くて驚きました。重力も400gと少しでした。素晴らしいと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

キャンパーズコレクション 山善

エアマットクイーン

ファミリーキャンプにおすすめの大型エアーマット

グループやファミリーキャンプにもおすすめの大型のエアーマットです。1枚でテントフロアをカバーできるように大きく作られており、複数人で一緒にのびのびと使えます。クリアコイルを採用しており、寝心地と耐久性の高さもポイントです。

 

肌に触れる面はベロア調仕上げで心地よく過ごせます。大型ではあるものの薄型で、たためばコンパクトになるので便利です。

基本情報
種類 エアーマット
サイズ 幅265×奥行195×高さ15cm
収納サイズ -
重量 5kg

口コミを紹介

確認してみました。電池式ポンプと手動ポンプで簡単に設置できました。全く問題なくキャンプでの活躍を期待しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ロゴス

どこでもオートベッド130

電動ポンプを内蔵した電池式のエアーマット

電池式で場所を選ばず使える電動ポンプ内臓のエアーベッドで、スイッチ1つで自動で空気が入ります。わずか約2分で空気をいっぱいまで入れられるので、手間がかからず非常に便利です。

 

マット表面はベルベット調で、高級感があるだけでなく肌触りがいいのも魅力となっています。使わないときは付属の収納バッグに小さく収納でき、テントだけでなく車内や自宅でも活用可能です。

基本情報
種類 エアーマット
サイズ 約186×134×21cm
収納サイズ 約38×22×22cm
重量 約3.7kg

口コミを紹介

懸念していた空気注入具合も付属のポンプは問題なく、ほぼパンパンに空気が入ります。
寝ご心地も◯

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

THERMAREST(サーマレスト)

アウトドア マットレス ネオエアー Xサーモ

R値6.9の高断熱性構造を採用したマットレス

サーマレストの製品の中でも、R値6.9の断熱性にこだわったエアーマットです。三角形のチューブを互い違いに重ねて熱が逃げるのを抑える「トライアンギュラーコアマトリックス」構造を採用しています。

 

また、マットレスの内部に熱反射板をはさみこむ「サーマキャプチャーテクノロジー」を採用しており、地面からの冷気を防ぎ熱が逃げないように維持してくれるので快適です。

基本情報
種類 エアーマット
サイズ 51×183cm
収納サイズ 23✕10cm
重量 430g

口コミを紹介

車中泊やキャンプに使っていますがこのマットレスだけで十分断熱効果が有ります、寝心地はあまり空気を入れすぎない方が良いです。以前のthermarestと比べるとコンパクトに畳めるのがいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

DOD

ソトネノキワミ キャンプマット

最強の寝心地をお探しの方におすすめ!厚さ10cmのマットレス

マット本体と枕のセットで、コンパクトに収納性できて軽量性にも優れています。ふかふかで快適に眠れるなど、口コミでも大人気のエアーマットです。厚さが10cmもあるため、車中泊やテントなど設置面が固い場所にもおすすめです。

基本情報
種類 エアーマット
サイズ W80×D208×H10cm
収納サイズ W91×D23×H23cm
重量 4.6kg

口コミを紹介

寝心地が良くて仕舞いたくなくなります。
非常に依存性が高いのでご注意くださいw

出典:https://www.amazon.co.jp

エアーマットのおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 種類 サイズ 収納サイズ 重量
1位 アイテムID:13893236の画像

Amazon

楽天

ヤフー

最強の寝心地をお探しの方におすすめ!厚さ10cmのマットレス

エアーマット

W80×D208×H10cm

W91×D23×H23cm

4.6kg

2位 アイテムID:13893233の画像

Amazon

楽天

ヤフー

R値6.9の高断熱性構造を採用したマットレス

エアーマット

51×183cm

23✕10cm

430g

3位 アイテムID:13893230の画像

Amazon

楽天

ヤフー

電動ポンプを内蔵した電池式のエアーマット

エアーマット

約186×134×21cm

約38×22×22cm

約3.7kg

4位 アイテムID:13893227の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ファミリーキャンプにおすすめの大型エアーマット

エアーマット

幅265×奥行195×高さ15cm

-

5kg

5位 アイテムID:13893224の画像

Amazon

楽天

ヤフー

息を吹き込むだけで膨らむ!ポンプ不要のエアーマット

エアーマット

約60×190×7cm

約27×8cm

約570g

6位 アイテムID:13893221の画像

Amazon

楽天

ヤフー

足踏み式で手軽に空気が入るエアーマット

エアーマット

約200×70×7cm

約30×14cm

800g

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

以下の記事では、エアーマットの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

安いキャンプマットの人気おすすめランキング5選

5位

キャプテンスタッグ

キャンプ用 折りたたみマット

折りたたみ式で簡単設置!寝袋の下に敷くのもおすすめ

折りたたみで持ち運びやすいウレタンマットです。置き場所を変更したい場合もスムーズに移動できるストラップも付属しています。横幅が100cmありゆったりと使用できるのも魅力です。

 

幅広サイズのため寝袋の下に敷くのにも便利で、ゴロゴロしたい方にもぴったり。車内に載せておくキャンプマットとしてもおすすめです。

基本情報
種類 ウレタンマット
サイズ 約100x200x1.5cm
収納サイズ 約100x11.5x31cm
重量 約1.2kg

口コミを紹介

使えます。ちゃんと寝れます。Nボックスの助手席に引いてます。一人旅には最適でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Soomloom

寝袋用マット

六角形の凹凸のデザインで快適な寝心地

 展開するとすぐに使え、用途に合わせて切断できるマットです。表側に六角形の凹凸があり、優れたクッション性で快適な寝心地をサポートします。裏側には耐久性のあるIXPE素材を採用しており、荒れた地面でも使用可能です。

 

また、420gと軽量で隙間なくぴったり重ねてコンパクトに収納できます。雪の降る高山でなければ、春・夏・秋の3シーズン利用可能です。

基本情報
種類 クローズドセルマット
サイズ 約55×183×1.8cm
収納サイズ 約55×13×12cm
重量 約410g

口コミを紹介

有名メーカーより安価で同等のパフォーマンスです。買ってよかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

BUNDOK

フォールディングマット

Amazon での評価

(2024/07/11調べ)

\プライムデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
プライム会員
-50%
¥ 1,380 税込
参考価格: ¥2,000
楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

軽くて安い!設置・片付けも簡単な折り畳みマット

安いかつ軽量のフォールディングマットです。折りたたみ式で設置も片付けも楽にできるのが大きな魅力で、コンパクトサイズで持ち運びやすく、車に載せてもスペースを取らず邪魔になりません。

 

表面が凸凹しているため、1か所にかかる力が分散されて快適に眠れるのがポイントです。キャンプはもちろん、野外イベントやフェス時などの座布団としても活躍します。

基本情報
種類 ウレタンマット
サイズ 約180x60x1cm
収納サイズ 約60x13x15cm
重量 約315g

口コミを紹介

テント内で使用。床からの冷気は全くなく、軽くて、とても良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

サンドリー(SUNDRY)

折りたたみクッションマット ダブル

コスパ抜群!2人用におすすめのワイドサイズ

幅140cmのワイドサイズなのにリーズナブルなキャンプマットです。2人用やファミリーキャンプにぴったりで、保温性とクッション性に優れた凹凸構造を採用しており、快適に過ごせます。

 

折りたたみ式で設営しやすく、付属の収納キャリーバッグに入れればコンパクトに持ち運びできるのも魅力です。コスパの高さを重視する方にもおすすめします。

基本情報
種類 ウレタンマット
サイズ 約200×140×0.8cm
収納サイズ 約70×40×9cm
重量 約513g

口コミを紹介

半おりにしてシングルサイズで使えば寝心地抜群ですし、
広げてダブルサイズでも河原などの石ゴロゴロの場所でない
限り不満のないレベルです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

キャプテンスタッグ

キャンプマット EVA シングル

折りたたみで登山にもおすすめのキャンプマット

折りたたみでコンパクトに収納できるキャンプマットです。ジャバラ式なのでロール式のように曲げ癖がつかず扱いやすくなっています。登山時など荷物を増やしたくないときもスマートに持ち運べて便利です。

 

厚さ20mmのマットでクッション性に優れ、暖かい空気の層を作る波型形状を採用しています。キャンプはもちろんレジャーシートやヨガマットとしても活用できる優秀なマットです。

基本情報
種類 ウレタンマット
サイズ 約幅56×長さ182×厚さ2cm
収納サイズ 約13×12.5×56cm
重量 約270g

口コミを紹介

適度な厚みと面積で非常に使いやすいです。
当方身長170cmの男性ですが、頭から足までしっかり収まります。
凸凹していますが、程よく柔らかいため全く気になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

安いキャンプマットのおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 種類 サイズ 収納サイズ 重量
1位 アイテムID:13893256の画像

Amazon

楽天

ヤフー

折りたたみで登山にもおすすめのキャンプマット

ウレタンマット

約幅56×長さ182×厚さ2cm

約13×12.5×56cm

約270g

2位 アイテムID:13893253の画像

Amazon

楽天

ヤフー

コスパ抜群!2人用におすすめのワイドサイズ

ウレタンマット

約200×140×0.8cm

約70×40×9cm

約513g

3位 アイテムID:13893250の画像

Amazon

楽天

ヤフー

軽くて安い!設置・片付けも簡単な折り畳みマット

ウレタンマット

約180x60x1cm

約60x13x15cm

約315g

4位 アイテムID:13893247の画像

Amazon

楽天

ヤフー

六角形の凹凸のデザインで快適な寝心地

クローズドセルマット

約55×183×1.8cm

約55×13×12cm

約410g

5位 アイテムID:13893244の画像

Amazon

楽天

ヤフー

折りたたみ式で簡単設置!寝袋の下に敷くのもおすすめ

ウレタンマット

約100x200x1.5cm

約100x11.5x31cm

約1.2kg

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

コンパクトなキャンプマットの人気おすすめランキング3選

3位

Mozambique

キャンプマット

何年も使える耐久性を持ちさまざまなシーンで大活躍

アルミ加工で熱反射板として機能し、高断熱性にも優れています。寒い時期はアルミ面を上に使用し、暖かい時期はアルミ面を下に使用することで、オールシーズン使用できます。高品質で耐久性にも優れているので、何年も使用できます。

基本情報
種類 クローズドセルフォームパッド
サイズ 183 x 56 x 2 cm
収納サイズ 56 x 13 x 12 cm
重量 500g
2位

DOD

バッグインベッド

軽量・小型でソロキャン・ツーリングにおすすめ

自転車やバイクなどでツーリングにおすすめの折りたたみキャンプマットです。使用時の快適さとともにコンパクトな収納性にこだわって作られていて、ツーリングバッグにもすっぽり入ります。

 

組立が簡単で脚が付いているため、地面のコンディションに影響を受けずどこでも快適に眠れます。耐荷重120kgと耐久性にも優れており、ゆったり過ごしたいソロキャンプにもおすすめです。

基本情報
種類 組み立て式
サイズ W183×D72×H15.5cm
収納サイズ W51×D13×H16cm
重量 約2.3kg

口コミを紹介

届いた次の日にキャンプで使用。初のコットでしたが寝心地バツグンでした。夜なかなか寝れないんですが今回はグッスリ。もっと早く買えば良かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

サーマレスト

クローズドセルマットレス Zライト ソル

3シーズン使える断熱性に優れたマット

3シーズン対応のコンパクトなクローズドセルマットレスです。ジャバラ式に折りたたんで収納できるので、どこでも気軽にさっと使用できます。表面にアルミ蒸着素材を採用して断熱性を高めているのが特徴です。

 

また、凸凹フォームが空気を取り込んで暖かさをキープします。熱反射板を取り入れて身体の温度を維持する「サーマキャプチャーテクノロジー」技術を採用しており、寒い時期も快適です。

基本情報
種類 銀マット
サイズ 51×183×2cm
収納サイズ 51×15×13cm
重量 410g

口コミを紹介

個人的な考えですが、アウトドア用品は「高くても何よりも丈夫で乱暴な扱いにも耐えられる」か「そこそこの耐久性と性能があってコストが低い」事が重要だと思います。この製品は後者ですね。おすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトなキャンプマットのおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 種類 サイズ 収納サイズ 重量
1位 アイテムID:13893265の画像

Amazon

楽天

ヤフー

3シーズン使える断熱性に優れたマット

銀マット

51×183×2cm

51×15×13cm

410g

2位 アイテムID:13893262の画像

Amazon

楽天

ヤフー

軽量・小型でソロキャン・ツーリングにおすすめ

組み立て式

W183×D72×H15.5cm

W51×D13×H16cm

約2.3kg

3位 アイテムID:13893261の画像

Amazon

楽天

ヤフー

何年も使える耐久性を持ちさまざまなシーンで大活躍

クローズドセルフォームパッド

183 x 56 x 2 cm

56 x 13 x 12 cm

500g

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\プライムデー開催中!!/ Amazon売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

以下の記事では、車中泊マットの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

キャンプマットを使用するメリットは?

キャンプマットを使用するメリットは、砂利や石などの凹凸がある寝にくい地面でも快適に眠れる点です。また、キャンプマットは地面から伝わってくる温度を遮断してくれるので、冬場での夜の底冷えを防ぎます。快適な睡眠をとるため季節を問わず持っていきましょう。

インナーマット(シート)との違いは?

アウトドアで「マット」というと、インナーマット(シート)とキャンプマットの2つがあります。ここでは、両者の違いや使い方・代用品などについてご紹介します。

インナーマットの役割

インナーマットとはテント全体の地面をカバーするマットです。テントを張ったらまず中にインナーマットを敷きます。それから各自の寝る場所に合わせてキャンプマット(寝袋マット)を敷き、その上に寝袋を置いて寝るのが一般的です。

 

インナーマットはレジャーシートに近い製品で、厚さも0.2cm~0.7cm程度のものが主流となっています。キャンプマットは厚さ2cm~8cmを超えるものもあり、寝袋の下に敷いて地面の凸凹や冷気をブロックし結露などを防ぐのが目的です。

インナーマットは代用できる?

インナーマットは銀マットでも代用できます。銀マットは軽くて持ち運びやすく価格もリーズナブル、コスパが高くておすすめです。大小さまざまなサイズがあるだけでなく、お好みでカットもできるためテントのサイズに合わせられます。

キャンプマットで気をつける点は?

エアーマットやインフレーターマットは穴が開く可能性があるので、先のとがったものや熱いものを乗せるときは気を付けましょう。また、エアーマットは空気を入れすぎるとバルブが外れる場合もあるため、空気量の調節は慎重におこなってください。

キャンプマットのメンテナンス方法

キャンプマットのメンテナンスでは、汚れを落として乾燥させるのが大切です。汚れや湿気をそのままにしているとカビの原因になります。ウレタンマットの場合は、水拭きをして乾燥させましょう。

 

エアマットやインフレーターマットは内部に水が溜まっている可能性があるので、中までしっかり乾燥させてから収納してください。

まとめ

キャンプマットの選び方やおすすめ商品をご紹介しました。種類やキャンプスタイル・体格などに注目して選ぶと、ご自身に最適な商品が見つかります。お気に入りのキャンプマットでアウトドアを楽しんでください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年09月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

インフレーターマットのおすすめ人気ランキング20選【有名メーカーやコールマンのものも!】

インフレーターマットのおすすめ人気ランキング20選【有名メーカーやコールマンのものも!】

アウトドア
【買ってよかった】車中泊グッズのおすすめ人気ランキング14選【オートバックスでも】

【買ってよかった】車中泊グッズのおすすめ人気ランキング14選【オートバックスでも】

アウトドア
【2024年最新版】タープポールの人気おすすめランキング15選【人気メーカーのものも】

【2024年最新版】タープポールの人気おすすめランキング15選【人気メーカーのものも】

アウトドア
【2024年最新版】車中泊に適した枕の人気おすすめランキング14選【仮眠やキャンプに】

【2024年最新版】車中泊に適した枕の人気おすすめランキング14選【仮眠やキャンプに】

自動車・バイク
断熱カーテンのおすすめ人気ランキング15選【最強の防寒カーテンをご紹介!】

断熱カーテンのおすすめ人気ランキング15選【最強の防寒カーテンをご紹介!】

カーテン・ブラインド
エアーマットのおすすめ人気ランキング20選【自動膨張するタイプも!】

エアーマットのおすすめ人気ランキング20選【自動膨張するタイプも!】

布団・寝具