【2021年最新版】タープポールの人気おすすめランキング15選【初心者から上級者まで必見】

記事ID15294のサムネイル画像

タープを張るときに必要なのがタープポール。選び方はさまざまですが、コスパ重視の方は安い値段のタープポールか自作のポールで代用するのもおすすめ。またソロキャンプでは持ち運びの重さも大事です。今回はタープポールの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

キャンプで快適な空間を作るのに役に立つタープポール

タープポールはタープを張るときに欠かせない必須アイテム。タープ単体ではなく、テントと合わせて使うのが基本です。キャンプを思う存分楽しみたいと思ったら快適な空間づくりは欠かせませんよね。

 

タープとテントは似ていますが、実は同じではありません。基本的にテントは「寝る場所」として、タープは「雨や風を防ぐ」目的で使います。またタープがあることで、自然の景色や空気を存分に体感することができます。しかし、タープを張るにはタープポールが必要ですよね。

 

そこで今回は、タープポールの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはメーカー・種類・用途・口コミなどを基準に作成しました。どのタープポールを買えばいいかわからないとか、購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

タープポールの選び方

タープポールには、メーカーや素材などさまざまな商品が販売されています。初心者から上級者まで用途やシーンに合わせて自分に合ったタープポールを選ぶためのポイントをご紹介します。

タープに合わせた「必要な本数」をチェックしよう

設営したいタープに合わせて必要なタープポールの本数を確認しておきましょう。ヘキサタープではメインのポールが2本、レクタタープではさらに4本のサブポールが必要なことがあります。

 

タープポールは1本から複数本まとめて売られているので、無駄な出費を抑えるためにも必要な本数に合わせて購入するのが重要です。

自分の身長に合わせた「長さ」で選ぶ

自身の求める快適な空間には、どれくらいの長さのポールが必要なのか確認しておきましょう。

メインのタープポールのおすすめの長さは「280cm前後」

天井の高さを左右するのはメインのタープポールの長さです。天井が高すぎても低すぎても困りますよね。天井の高さは自分の身長よりも110cmほど高いのがちょうど良いでしょう。つまりメインのタープポールの長さは身長よりの110cmほど長いものがおすすめです。

 

身長には個人差がありますが、280cm前後であれば誰でも窮屈しない空間になるでしょう。

サブのタープポールは「自分の身長よりも少し短い長さ」がおすすめ

サブのタープポールの長さは出入り口の高さに影響します。自分の身長に合わせた出入りしやすさを確認しておきましょう。出入り口が高ければ高いほど出入りしやすいですが、雨がたまりやすくなります。逆に低ければ低いほど雨だまり防止になりますが、出入りしにくくなります。

 

おすすめは自分の身長よりも少し短い長さがおすすめです。またメインのタープポールとサブポールの長さの差が90cmほどあれば雨だまりしにくいと言われています。

素材で選ぶ

タープポールはおもにアルミ・木製・スチールなどの素材で作られています。それぞれの素材の特徴やメリット・デメリットを確認して選びましょう。

「アルミ」で作られたタープポールは軽くて持ち運びにおすすめ

アルミで作られたタープポールは軽量で、持ち運びに適していることがメリットです。また、「錆に強く長持ち」します。しかし、アルミで作られたタープポールは細すぎると強度に劣り、価格も少し高いのがデメリットです。

「スチール」で作られたタープポールは強度が高い

スチールで作られたタープポールはアルミに比べて強度が強く、価格も安いというのがメリットです。しかし、スチールは鉄でつくられているタープポール。そのため、錆びやすく重たいのがデメリットです。

「木」で作られたタープポールはおしゃれ重視の方におすすめ

木で作られたタープポールはおしゃれでかっこよく見た目が美しいのがメリットです。なるべく自然なものでキャンプをしたい方に向いています。しかし、木で作られたタープポールは、価格も高くて重たいことがデメリットです。

形状や機能性で選ぶ

タープポールは長さが調節できるものや、伸縮性がある商品があります。それぞれのタープポールの特徴についてご紹介します。

「長さが調節できるタープポール」は初心者におすすめ

この商品は「長さを調節できるタープポール」です。天候に応じて、タープポールの長さを調節できるので便利です。また、スライド式なので簡単に長さを調節することができます。キャンプ初心者の方にも向いています。

「伸縮性があるタープポール」は気軽にアウトドアを楽しみたい人におすすめ

この商品は「伸縮可能なタープポール」です。3段伸縮ポールで、90cm~230cmまで幅広い高さ調節ができるのが特徴。環境に応じて、スムーズに高さを調節することができるので便利です。

重さで選ぶ

タープポールは素材によって重さがさまざま。軽いタープポールも重いタープポールもありますが、それぞれのメリット・デメリットを理解しておきましょう。

「軽いタープポール」は持ち運びが楽なのでソロキャンプにおすすめ

このタープポールは、アルミで作られているため軽量です。持ち運びが必要なときはアルミで作られている軽量のタープポールを使うと便利です。「ポイントとしては、太めのタープポールを選ぶこと」です。細すぎると耐久性に劣ります。

「重いタープポール」は強度を求めている方におすすめ

このタープポールはスチールで作られているため、重いです。持ち運びにはあまり適しません。しかし、「アルミよりもはるかに強度は抜群で価格も安い」ので持ち運びが必要ない時に向いているタープポールです。

組み立て方法で選ぶ

タープポールは、ワンタッチで組み立てられるものや組み立て不要なものがあります。その他にもジョイント式やスライド式のタープポールもあります。それぞれの特徴についてご紹介します。

組み立てやすさなら「プッシュボタン式」

連結ポールの数を増やしたり減らしたりすることで長さ調節が可能なプッシュボタン式。気軽にキャンプを楽しみたい方や、初心者の方に向いています。ポールをバラバラにして収納もしやすいので持ち運びも楽です。

収納性と長さ調整にこだわるなら「プッシュアップ式」

理想的な長さに細かく調節できるのはスライド式ですが、プッシュアップ式も自分の好きなように長さを調節可能です。連結の仕方はプッシュボタン式と同じようにボタンで固定します。プッシュボタン式と同じようにポールの最小の長さで収納できるので収納性も高いです。

「ジョイント式」は素早くタープを組み立てたい方におすすめ

ジョイント式のタープポールは、1本1本つなげて組み立てるタイプのタープポールです。構造は簡単です。そのため「組み立てもシンプルで解体も便利」です。1本1本バラバラなので、コンパクトに収納することができます。

「スライド式」のタープポールはキャンプ初心者におすすめ

スライド式のタープポールは、伸縮可能で長さ調節が可能です。組み立て不要な商品が多く、扱いやすいので便利です。「ポールをひねるだけで調節可能」なので、初心者の方やタープの組み立てに時間をかけたくない方に向いています。

強度から選ぶ

強い風が吹いても折れ曲がらないような強度を持っていると安心です。ここでは、素材・太さに着目して選んでみましょう

「アルミ・スチール」などの鉄でできた素材は強度が高い

プラスチック製は軽いですが簡単に折れてしまう可能性があります。木製はおしゃれですが雨にも弱く、強度も低いです。強度のある素材ではアルミ・スチール製のタープポールなら強度が高いので安心でしょう。またアルミ製は軽いのでおすすめです。

「ポールの太さ」はメイン32mm・サブ16mmがおすすめ

タープポールの太さは強度に影響します。タープポールが細ければ強い風を受けた際に折れ曲がってしまう可能性があります。またタープ自体が重ければそれを支える強度も必要です。メインポールのおすすめはアルミ素材の32mm。

 

タープ設営においてサブポールは複数立てることが予想されるため、メインポールの半分の細さがおすすめ。細い方が軽くて持ち運びやすく、組み立ても楽だからです。もちろん強度を重視するのであれば太いものが良いでしょう。

ハトメの「抜け落ち加工」がしてあると安心

強い風が吹いた際に、タープが崩壊してしまうことがまれにあります。タープポールの先端の形状には、強い風でもタープやロープが抜けにくくなるような加工がしてあると安心です。また別売りでポールエンドロックを導入すればより安心にタープを張れます。

メーカー・ブランドで選ぶ

タープポールを選ぶ基準の1つとして、メーカーやブランドで選ぶ方法があります。キャンプ用品を多く扱っていたり、人気のメーカーやブランドについてご紹介します。

使いやすさや機能性に優れた「スノーピーク(snow peak)」

スノーピークは、キャンプ・登山・アパレルを中心に製品を販売している日本の有名メーカーブランドです。1度は名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。価格は高めの製品が多いですが、使いやすさや機能性に優れており期待を裏切りません。

ファミリー向け商品が豊富「ロゴス(LOGOS) 」

ロゴスは日本のブランドで、家族が楽しめるキャンプ用品や製品を数多く販売しています。家族向けブランドということもあり、デザインも可愛らしい製品が印象的です。また、製品の種類が豊富なので、1つのブランドでキャンプ用品を統一したい方におすすめです。

100年以上の歴史ある人気メーカー「コールマン(Coleman) 」

コールマンは老舗キャンプブランドで、100年以上の歴史を持つ有名なメーカーです。日本でもっとも知名度が高いアウトドアブランド。製品の価格も手ごろで、製品の質も良いので初心者の方にもっともおすすめのキャンプ用品ブランドです。

キャンプ初心者のタープポール人気おすすめランキング5選

5位

FLYFLYGO

アルミテントポール

価格: 3,680円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で持ち運び簡単なタープポール

カラーも鮮やかで、軽量で持ち運びに適しているタープポールです。また、収納ケースもついているため、携帯性に優れています。ソロキャンプ用としても、ツーリング用としても使えます。

 

ポールとポールの間に連結させる箇所があるため、差し込むだけで簡単に組み立てることが可能です。そのため、初心者におすすめのタープポールです。高さも調節できるので、便利です。

素材 アルミニウム合金 重さ 980g

口コミを紹介

つなぎやすく外しやすい、その上でガタも無くしっかりしています。
購入して良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

YOU+(ユープラス株式会社)

タープポール 2本セット

価格: 7,980円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

組み立てが簡単なタープポール

木目調のアルミで作られているタープポールです。10cm間隔で5段階の高さ調節が可能なので、シーンに合わせて臨機応変に使うことができるキャンプに最適なタープポールです。ポールを連結させるだけなので簡単に組み立て可能です。

 

また、ロープや収納ケースも付属しているので便利です。太くてしっかりとしているターププールなので、さまざまな場面で使うことができるのもポイントです。デザイン性にも優れているので見た目も良いです。

素材 アルミ 重さ 1.5kg

口コミを紹介

太くてしっかりしてます。
最上段が段階的に長さを変えられるので張り姿の調整なども割と自由に出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

英誠

アルミタープポール 2本セット

価格: 4,100円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで収納性に優れたタープポール

コンパクトに持ち運ぶことができるので、収納性に優れたタープポールです。収納ケースも持ち手つきでしっかりとしているので、おすすめです。ソロキャンプやツーリングにも向いています。

 

軽量ですが、耐久性にも優れており、安定感もあるタープポールです。長さ調節や高さ調節も可能なので、使い勝手も良く初心者の方でも安心して使うことができます。カラーもブラッグ・レッド・シルバーから選べるのでおすすめです。

素材 アルミニウム合金 重さ 680g

口コミを紹介

軽くてコンパクト、高さ調整も簡単。
ケースもついていて便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Roost LLC.

木製タープポール 2ポールセット

価格: 16,925円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自然を存分に楽しむことができる木製のタープポール

木製タープポールです。天然ホワイトアッシュ材が使用されています。木製のタープポールの最大の魅力は存分に自然の雰囲気を体感できるところです。また、抜群の強度なので初心者でタープがしっかりと固定されるか心配な方におすすめです。

 

タープポールが木製だとより、キャンプなどアウトドアを楽しむことができます。価格も高めで重さもありますが、自然の雰囲気を存分に楽しむにはお金に変えられないものがあります。キャンプ上級者の方にもおすすめのタープポールです。

素材 木製 重さ 3.38g

口コミを紹介

金具の取り付けや末端処理を見ると、機能面、安全面について試行錯誤の結果であろう洗練されたものを感じます。材質についても頑丈で折れにくい、錆びにくいと言った点において、恐らくこの種類の物としては極上でしょう。その分、お値段も張りますし、重いですが、それに見合うだけの価値はあります。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

TRIWONDER

テントタープ 2本セット

価格: 3,560円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルで使いやすいタープポール

シンプルで組み立てやすい、軽量で持ち運びもしやすいキャンプ初心者の方におすすめのタープポールです。収納ケースもついているので扱いやすいです。。組み立てが不安な方でも安心して使うことができます。

 

メインポールとしても使えるほど、強度も強くて耐久性に優れます。長時間の使用にも耐えることができる安定性も高いタープポールです。価格もリーズナブルで品質もいいので、おすすめです。

素材 アルミニウム合金 重さ 740g

口コミを紹介

冬キャンでタープ(3m×3m)の支柱として使いました。そこそこの突風にも問題ありませんでした。
軽くて、丈夫で、値段の割には作りが良くて満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

キャンプ初心者のタープポールおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7396543の画像

    TRIWONDER

  • 2
    アイテムID:7396540の画像

    Roost LLC.

  • 3
    アイテムID:7396537の画像

    英誠

  • 4
    アイテムID:7396534の画像

    YOU+(ユープラス株式会社)

  • 5
    アイテムID:7396531の画像

    FLYFLYGO

  • 商品名
  • テントタープ 2本セット
  • 木製タープポール 2ポールセット
  • アルミタープポール 2本セット
  • タープポール 2本セット
  • アルミテントポール
  • 特徴
  • シンプルで使いやすいタープポール
  • 自然を存分に楽しむことができる木製のタープポール
  • コンパクトで収納性に優れたタープポール
  • 組み立てが簡単なタープポール
  • 軽量で持ち運び簡単なタープポール
  • 価格
  • 3560円(税込)
  • 16925円(税込)
  • 4100円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 3680円(税込)
  • 素材
  • アルミニウム合金
  • 木製
  • アルミニウム合金
  • アルミ
  • アルミニウム合金
  • 重さ
  • 740g
  • 3.38g
  • 680g
  • 1.5kg
  • 980g

伸縮可能なタープポールの人気おすすめランキング5選

5位

パートナー

テントタープ 伸縮式

価格: 3,390円(税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ボタンロック式タープポール

カラー鮮やかなレッドの伸縮可能なタープポールです。アルミニウム合金で作られているため、軽量で誰でも簡単に持ち運ぶことができます。ボタンロック式で組み立ても簡単なので扱いやすいです。

 

このタープポールの最大の特徴はサイズ調整の幅が広いことです。125mm~215mmまで8段階の調整が可能なので、さまざまなシーンで使うことができる機能的なタープポールです。収納ケースも付属しています。

素材 アルミニウム合金 重さ 860g

口コミを紹介

非常にしっかりとした作りで、安定感が
あります。中間のポールを抜いたり、先端のポールが調節出来たり、タープの張り方のバリエーションが増えて便利だと感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

k-target

テントポール スライド式

価格: 4,480円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スライド式タープポール

スライド式のタープポールで、5cm間隔で長さを調節することができるので、細かく調整したいという方に便利です。専用バッグも付属していて、コンパクトに収納できるので、子供から大人まで持ち運びが便利です。

 

カラーはシルバーで素材はアルミニウム合金で作られています。シンプルでしっかりとしたタープポールを使いたい方におすすめです。キャンプ初級者から上級者まで使うことができるタープポールです。

素材 アルミニウム合金 重さ 960g

口コミを紹介

使ってたポールが風で折れたため購入。
3mm太くなっただけで安心感が違う。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

HIKEMAN

スライド式アルミタープポール

価格: 3,890円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラー豊富なスライド式タープポール

スライド式のタープポールで、シルバー・ブラック・ピンクの3色から選ぶことができるので見ため重視の方におすすめです。伸縮式でワンタッチで組み立て不要なので、初心者の方でも時間をかけずにタープを張ることができます。

 

ポール2本・先端保護キャップ2個・収納ケースが付属していて、コスパも良いです。90cm~230cmまで調節可能です。1人でも簡単にタープを張ることができるのでソロキャンプやツーリングにもおすすめです。

素材 アルミ 重さ 1.18kg

口コミを紹介

アルミ製の大口径パイプを使用し、頑丈なポールです。対角で6mくらいの大型タープに使用したが、充分な強度でたわみもなく、ガッチリと張ることができました。重量も軽く、大径パイプのため、捻っての固定も力が入り、しっかととまります。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Fungoal

アルミタープポール 2本 スライド式

価格: 3,980円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンタッチ組み立て不要タープポール

シンプルなデザインで、メンズ・レディースに関係なく使うことができます。また、キャンプ初心者から上級者まで使えるタープポールです。スライド式のタープポールで時間をかけずにスムーズに調節可能なので便利です。

 

90cm~230cmまで伸縮可能で、機能性に優れた非常に使いやすいタープポールです。また、無段階調節ができるタイプなので、微調整ができるタープポールです。コンパクトに持ち運びもできるスライド式なので、使いやすいです。

素材 アルミ 重さ 600g

口コミを紹介

無段階に高さ調節できるのが良い。ロックもしっかりきいて、途中でガクンと低くなることも無い。今回購入したものの方が調整簡単で強度もそこそこあります。キャンプ歴50年ですが今最も使用頻度の高い商品です。値段も安いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Sanlike

タープポール スライド式

価格: 5,799円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セット内容充実なスライド式のタープポール

スライド式の伸縮可能なタープポールです。このタープポールの最大の魅力は、セット内容が充実していて、タープポールの機能面も優れているところです。ポール2本・4mロープ4本・ペグ2個・プラスチックハンマー1個・収納袋1枚のセット内容です。

 

また、タープとテントのメインポールとしてもサブポールとしても使えるタープポールです。85cm~250cmまで調整することができガラス繊維製素材で作られていて、軽量で使い勝手も良いタープポールです。

素材 ガラス繊維製 重さ 1.32kg

口コミを紹介

サンライクさんのテントポール、タモやリールのアクセサリーなど釣り具
屋さんで見かけるメーカーです。グラスファイバー製のタープポール、カーボンっぽい網目が見えてカッコ
いいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

伸縮可能なタープポールおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7396560の画像

    Sanlike

  • 2
    アイテムID:7396557の画像

    Fungoal

  • 3
    アイテムID:7396554の画像

    HIKEMAN

  • 4
    アイテムID:7396551の画像

    k-target

  • 5
    アイテムID:7396548の画像

    パートナー

  • 商品名
  • タープポール スライド式
  • アルミタープポール 2本 スライド式
  • スライド式アルミタープポール
  • テントポール スライド式
  • テントタープ 伸縮式
  • 特徴
  • セット内容充実なスライド式のタープポール
  • ワンタッチ組み立て不要タープポール
  • カラー豊富なスライド式タープポール
  • スライド式タープポール
  • ボタンロック式タープポール
  • 価格
  • 5799円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 3890円(税込)
  • 4480円(税込)
  • 3390円(税込)
  • 素材
  • ガラス繊維製
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミニウム合金
  • アルミニウム合金
  • 重さ
  • 1.32kg
  • 600g
  • 1.18kg
  • 960g
  • 860g

有名メーカーのタープポール人気おすすめランキング5選

5位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

タープスチールポール 2本セット

価格: 2,160円(税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スチール素材のタープポール

シカのロゴが特徴的な日本の有名メーカーのタープポールです。4000点以上もの数多くのキャンプ用品・レジャー用品・バーベキュー用品を取り扱っているメーカーです。数多くある製品の中でも、特にクッキング用品が有名です。

 

このタープポールはスチールで作られています。スチールタープポール2本・ガイドロープ2本・スチールペグ2本セットです。セット内容も充実しており、安くてコスパも良いのでおすすめです。

素材 スチール 重さ 990g

口コミを紹介

dayキャンプの時のブルーシートを張る用に購入。
特に問題なく使えています(^^)

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

LOGOS(ロゴス)

タープポール 2本

価格: 5,346円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さまざまなテントやタープに使えるタープポール

メイプリルフールのロゴが特徴的な日本の有名メーカーです。ロゴスはファミリー向けのアウトドア製品を数多く販売しています。ファミリーでキャンプやアウトドアを楽しみたい方におすすめのメーカーです。

 

このタープポールは、アルミで作られています。さまざまなテントやタープに使用可能なタープポールです。伸縮可能なタープポールで34段階調節とかなり幅広い範囲で調節可能なので高さを重視している方におすすめです。

素材 アルミ 重さ 1.39kg

口コミを紹介口コミを紹介

全長伸ばすとぐらつくがタープのサブポールで使うなら◎ ポールの長さを変えれるので、雨の日のタープの高さ調整が出来て雨対策には使える

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

スノーピーク(snow peak)

タープ ウイングポール

価格: 5,940円(税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質で期待を裏切らないタープポール

雪の結晶のロゴが特徴的な日本の有名メーカーです。スノーピークの名は1度は聞いたことがあるという方も多いと思います。製品の価格は高めですが、機能や性能、使いやすさは抜群です。キャンプ上級者向けのハイスペックな製品が多いです。

 

このタープポールは、アルミニウム合金で作られて軽量ですが、耐久性にも優れています。プッシュ式なので取り付け取り外しが簡単で使いやすいです。長さも好みにアレンジできるのでおすすめです。

素材 アルミニウム合金 重さ 1.04kg

口コミを紹介

不安なく使え満足しています。太さとアルミ合金の硬さで折れるとか曲がるとかのレベルではなく、つなぎ目もしっかりしています。しかも軽く良い商品でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

DOD(ディーオーディー)

タープポール 2本セット

価格: 1,195円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ最高で丈夫なタープポール

うさぎのロゴが特徴的な有名メーカーです。モットーは「アウトドアをワクワクするソト遊びに」です。ディーオーディーの製品は個性的なものが多く、道具選びからアウトドアを楽しみたい方におすすめです。

 

このタープポールは、スチールで作られていて、重さはありますが、耐久性は抜群です。カラーもブラック・レッド・シルバーから選ぶことができます。ペグ・ロープ・キャリーバッグが付属しているので携帯性に優れます。

素材 スチール 重さ 1kg

口コミを紹介

安くて袋もペグも紐もついています。
二段にしてコールマンツーリングドームSTのキャノピーポールとして使いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

コールマン(Coleman)

スチール タープポール

価格: 1,495円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本でもっとも有名なメーカーのタープポール

コールマンは2本でもっとも知名度が高いメーカーです。キャンプ用品をはじめ、アウトドア製品を販売しているメーカーです。品質も良くて価格もお手軽なものが多いので、キャンプ初心者の方におすすめのメーカーです。

 

このタープポールは、価格も安くてスチールで作られています。強度に優れたタープポールなので、テントやタープともに使うことができるタープポールです。安くてとにかく頑丈です。

素材 スチール 重さ 780g

口コミを紹介

少年野球の遠征で、ブルーシートを使って簡易テントを作るのに使っています。重いテントを使わずに広い日陰が作れるので、持ち運びが容易で、すごく重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

有名メーカーのタープポールおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7396577の画像

    コールマン(Coleman)

  • 2
    アイテムID:7396574の画像

    DOD(ディーオーディー)

  • 3
    アイテムID:7396571の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 4
    アイテムID:7396568の画像

    LOGOS(ロゴス)

  • 5
    アイテムID:7396565の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 商品名
  • スチール タープポール
  • タープポール 2本セット
  • タープ ウイングポール
  • タープポール 2本
  • タープスチールポール 2本セット
  • 特徴
  • 日本でもっとも有名なメーカーのタープポール
  • コスパ最高で丈夫なタープポール
  • 高品質で期待を裏切らないタープポール
  • さまざまなテントやタープに使えるタープポール
  • スチール素材のタープポール
  • 価格
  • 1495円(税込)
  • 1195円(税込)
  • 5940円(税込)
  • 5346円(税込)
  • 2160円(税込)
  • 素材
  • スチール
  • スチール
  • アルミニウム合金
  • アルミ
  • スチール
  • 重さ
  • 780g
  • 1kg
  • 1.04kg
  • 1.39kg
  • 990g

タープやテントの正しいメンテナンスや保管方法を知っておこう!

タープやテントは使ったあとにしっかりとメンテナンス・保管をしないと次に使おうと思ったときにカビが生えていたり、臭いがついたりと大変なことになることもあります。また、使ったあとにしっかりとメンテナンス・保管をすることで長く使うことができます。

 

メンテナンスや保管をするときに注意が必要なときは、雨でぬれたり、海で使ったり、汚れが付いているときです。この状況下でメンテナンスせずに保管するとカビや臭いの原因になります。

 

正しいメンテナンスや保管の方法として、濡れているときはしっかりと乾かすことが大切です。汚れが付いているときには拭き取りましょう。また、保管場所としてはカビの発生を防ぐため、高温多湿な場所での保管は避けましょう。

芸人のヒロシさんも愛用しているDDタープとは?

DDタープとは米国のDDハンモック社から販売されているタープ。通常のタープとは違い、ループやグロメットが多く設置されているのが特徴です。つまり自分の好きな形に設営できるので自由度が広がります。

 

例えばダイヤモンド張りやステルス張りなど、気分やロケーションに合わせてスタイルを選べますよ

自作のタープポールでコスパ最強!代用になる安い素材を紹介

コストを抑えたい方や、とことんDIYにこだわる方はタープやポールを自作してしまうのもおすすめです。まずタープの代用になる安い素材はビニールシート。よく目にするのはブルーシートですが、アルミのリングが端についているので縄張りとして便利です。

 

ポールの代用品ですが、メインポールはまず物干し竿のようなものがおすすめです。ただ持ち運びには大変ですね。なるべく細くてスマートに縮めるものが良いでしょう。工夫次第では自作でタープポールが作れますが、その分手間がかかります

キャンプテントやキャンプマットも合わせてチェック!

キャンプを思う存分に楽しむには、キャンプ用品を充実させることが大切です。キャンプ用品が豊富だとモチベーションも上がり、リフレッシュにもなります。以下の記事では、ランタンやキャンプマット、キャンプテントのおすすめ商品を紹介しています。ぜひ、ご覧下さい。

まとめ

今回は、タープポールの選び方やおすすめ製品を、人気おすすめランキング形式でご紹介しました。いタープポールには、素材やメーカーなどさまざまな選び方がありましたね。今回ご紹介した選び方やランキングを参考にして、楽しく快適なキャンプライフを楽しんでくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月23日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

おしゃれなベッドの人気おすすめランキング15選【北欧・海外風・ローベッドも紹介!】

おしゃれなベッドの人気おすすめランキング15選【北欧・海外風・ローベッドも紹介!】

家具
【2021年最新版】キャディバッグの人気おすすめランキング20選【人気ブランドも紹介】

【2021年最新版】キャディバッグの人気おすすめランキング20選【人気ブランドも紹介】

ゴルフ用品
お歳暮の人気おすすめランキング28選【もらって嬉しいセンスがいいもの!2021年最新版】

お歳暮の人気おすすめランキング28選【もらって嬉しいセンスがいいもの!2021年最新版】

お歳暮
【2021年最新】安いバスタオルの人気おすすめランキング15選【ふわふわ・吸水性抜群!】

【2021年最新】安いバスタオルの人気おすすめランキング15選【ふわふわ・吸水性抜群!】

日用品
ブランド財布の人気おすすめランキング25選【メンズ・レディース】

ブランド財布の人気おすすめランキング25選【メンズ・レディース】

財布
白のテレビ台の人気おすすめランキング15選【おしゃれな新築のお家にも!2021年最新】

白のテレビ台の人気おすすめランキング15選【おしゃれな新築のお家にも!2021年最新】

家具