ハトメパンチのおすすめ人気ランキング5選【片面と両面の違いも紹介】

穴の補強や高級感を出したいときに役立つハトメを取り付けるためのハトメパンチ。いざ購入するとなると素材やサイズなど、どう選べばいいのか迷ってしまいますよね。ここでは片面と両面の違い・下穴不要の手芸用ハトメパンチの選び方・おすすめランキングを紹介します。

ハンドメイドには下穴不要の手芸用ハトメパンチがおすすめ

ハンドメイドの小物にハトメをつけるだけで、ワンランクアップしたできばえが実現します。紙でもレザーでも、何にでもつけられるハトメは、穴の補強以外に見た目をよくする効果もあるので、作品の完成度がグッと上がります

 

下穴不要の手芸用ハトメには、両面と片面があり、仕上がりが違います。素材もサイズもさまざまなものがあるので、ハトメの使用目的や素材などを明確にしていないと、ハトメパンチの選び方にも失敗してしまう可能性が高いです。

 

そこで今回はハトメパンチの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングはハトメパンチの性能・価格・サイズを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

1位

KOKUYO(コクヨ)

ハトメパンチ

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\フラッシュクーポン開催中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

4mmから12mmまで測れる奥行き調整ゲージで採寸の手間がないコクヨの手芸用品

コクヨのハトメパンチは4mmから12mmまで測れる奥行き調整ゲージがついているので、ハトメを付けるたびに定規やメジャーで測る手間と時間を省けます。下穴開け機能もあり、穴あけパンチを準備する必要もありません。

 

主に厚手の生地やレザー・ダンボールなどに対応していますが、薄い紙にもきれいに穴を開け、ハトメをつけられます。無理な力をくわえずに下穴開けとカシメがつけられるので、力の弱い女性にもおすすめです。

対応ハトメ種類 片面 対応ハトメ穴径 5mm
対応ハトメ素材 真鍮 最大取付厚 PPC用紙約15枚
下穴開け機能 ハトメ付属

ハトメパンチの選び方

ハトメパンチと一言で言っても、サイズや素材など種類はさまざまです。自分に必要なハトメパンチを選びましょう。

片面と両面の違いをふまえて選ぶ

ハトメには片面ハトメと両面ハトメがあるので、その違いをふまえて選んでください。まずは片面ハトメ・両面ハトメいずれを使用するのかを決めましょう。

裏面にこだわりがないなら「片面ハトメ」がおすすめ

片面ハトメは菊割ハトメとも言い、裏側が菊のように放射線状に広がり、ハトメを固定するものです。片面ハトメは、裏面をカバーするものがなく本体だけで使うので、比較的安価で購入できます。

 

裏面が見えないものや裏面の見た目にこだわりがない場合は片面ハトメがおすすめです。数をたくさん使用する場合、片面ハトメと両面ハトメでは発生するコストに大きな差が出ます。

子どもがさわっても安心な「両面ハトメ」がおすすめ

両面ハトメとは、片面ハトメの裏面に設置できる座金パーツとセットになっているものです。両面ハトメを使用すると、裏面の食い込みが座金でカバーされるので、小さい子どもがさわる可能性のあるものに使用する場合は、安全な両面ハトメが適しています。

 

表だけでなく裏も同じように仕上げたい場合やデリケートな素材と一緒に使用する場合は、片面ハトメと比べてコストがかかりますが、両面ハトメがおすすめです。見た目もきれいだし、他の素材を傷つける心配もありません。

「内径・最大取付厚」は薄い生地の布なら2mmをチェック

通したい紐のサイズや開けたい穴のサイズを確認しましょう。ハトメの内径はハトメの穴のサイズで、紐や金具を通したい場合は確実に通るサイズかどうかの確認が必要です。最大取付厚とは、ハトメが対応できる厚みを指す言葉です。

 

紙や薄い生地の布であれば2mmもあれば十分対応可能です。ただ、レザー・デニム・テントなど厚みのあるものに使用したい場合は3~4mm以上のものにしてください。最大取付厚が大きいものを購入しておけば、どんなものにでも対応できると考えがちです。

 

しかし、あまり幅が大きすぎるものを選んでしまうと、グラグラしてきちんと取り付けられません。ハトメを取りつけたいものの厚みに合わせましょう

ハトメの「素材」を確認

ハトメに使われている素材にはいくつか種類があります。一番メジャーな素材は真鍮で、真鍮をニッケル加工したものもあります。その次によく使われている素材がアルミです。その他プラスチック・ステンレスなどがあります。

 

多くの場合、真鍮とアルミのハトメは同じハトメパンチで使用できますが、ステンレスのハトメを使用するときは、ステンレスのハトメに対応しているハトメパンチでないと使えないので気を付けなければいけません。

 

素材によって色や硬さが違うので、色が気に入っても硬すぎて続けて使えなかったり、うまくかしめられなかったりします。錆びやすかったり破損しやすかったりする場合もあるので、素材の特徴と用途から、最適な素材を選びましょう。

ツールひとつで済ませるなら「下穴開け機能付き」をチェック

下穴開け機能付きなら、ひとつのツールだけで穴を開けてハトメを留めるハトメ工程が一度で完結します。うまく穴を開けられなかったり、穴あけポンチの使い方が難しいと感じた方におすすめです。

 

下穴開け機能が付いていると、ハトメパンチとサイズを間違えるミスもありません。ハトメを使用したいけれどあまりツールを増やしたくない場合にも、下穴開け機能がついたハトメパンチがおすすめです。

4mmなどサイズと素材を合わせるなら「ハトメセット」を確認

4mmなどの使用範囲サイズと購入サイズが合わない・対応素材と違うものを購入した、などで失敗するリスクもあります。対応していない素材を使うと破損したり、ケガをする場合もあるので、心配な場合はハトメパンチとハトメがセットになっているものを選びましょう。

定規で測る手間を省くなら「奥行調整ゲージ付き」か確認

奥行き調整ゲージが付いているものなら、ハトメを並べて付けたい時でも、いちいち定規やメジャーで測る手間が省けます。手で測ると面倒だし、微妙にズレる場合もありますが、奥行き調整ゲージが奥行きを一定に保ってくれるので、ズレる心配がありません。

 

ハトメをたくさんつける場合、いちいち測ると面倒ですが、ハトメの数だけ時間がかかります。作業効率をあげるためにも、奥行き調整ゲージ付きを選んでください。そうするだけで作業がスムーズに進みます。

大型ハトメを使うなら「力の入れやすさ」をチェック

ハトメを付ける時、特に大型ハトメを使う場合は力の入れ方が難しいと感じる方も多いです。思ったより固かったり、力の入れすぎでハトメが潰れてるために、うまく打ったり、手が痛くて続けて使えなくなります。

 

ハトメパンチを使用するうえで、力を入れやすい・無駄な力がいらず簡単に打てるためとても重要です。作業効率を考えて、力を入れやすいハトメパンチを選びましょう。力を入れやすいハトメパンチは作業に不慣れな方でも使いやすいです。

いいものがわからなければ「コクヨ」やホームセンターをチェック

ハトメパンチは決してメジャーな道具ではないため、何がいいものなのかわからないなら、コクヨなど有名なメーカーが作ったものや、ホームセンターで販売されているものを選びましょう。とりわけホームセンターなら、スタッフに詳細を聞けるので、失敗しにくいです。

ハトメパンチの人気おすすめランキング5選

1位

KOKUYO(コクヨ)

ハトメパンチ

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\フラッシュクーポン開催中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

4mmから12mmまで測れる奥行き調整ゲージで採寸の手間がないコクヨの手芸用品

コクヨのハトメパンチは4mmから12mmまで測れる奥行き調整ゲージがついているので、ハトメを付けるたびに定規やメジャーで測る手間と時間を省けます。下穴開け機能もあり、穴あけパンチを準備する必要もありません。

 

主に厚手の生地やレザー・ダンボールなどに対応していますが、薄い紙にもきれいに穴を開け、ハトメをつけられます。無理な力をくわえずに下穴開けとカシメがつけられるので、力の弱い女性にもおすすめです。

対応ハトメ種類 片面 対応ハトメ穴径 5mm
対応ハトメ素材 真鍮 最大取付厚 PPC用紙約15枚
下穴開け機能 ハトメ付属

口コミを紹介

スマホの手帳カバーにチェーンを付けたくて購入。穴を開けるのもチカラも入れなくて簡単にきれいに開いて、ハトメ金具をセットしてググッてやったら、あらきれい!まっすぐ垂直にチカラを入れさえすれば誰でもきれいにできると思う!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

オープン

ハトメパンチ PU-101

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\フラッシュクーポン開催中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

8mmや10mm対応!下穴不要で穴あけも打ちつけも一つでできる

一穴パンチとハトメの打ちつけを一度に行える下穴不要のハトメパンチです。シンプルな設計であるため、扱いが簡単であり、不慣れな方でも簡単に使えます。ただ、ハトメがセットになっていないので、別途購入してください。

 

レザー・紙・布などあらゆる素材に対応できるハトメパンチです。DIYはもちろん、手芸などでも役立つので、多くの方が重宝しています。8mmや10mm対応で、使いやすいです。

対応ハトメ種類 - 対応ハトメ穴径 5~13mm(要別売交換コマ)
対応ハトメ素材 - 最大取付厚 3.4mm
下穴開け機能 ハトメ付属

口コミを紹介

趣味のDIYの為に選びました。ハトメパンチ・穴あけパンチ共に握力が弱くても楽々綺麗に仕上がります。ホームセンターで600円位のがありますが、多くのレビューを参考にさせてもらい決めて良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Sundry(サンドリー)

ハトメパンチ

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\フラッシュクーポン開催中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

付属の4mmハトメが100個もついている

付属のハトメが100個も付いたハトメパンチです。対応サイズは4mmであり、カードなどのペーパーアイテムやストラップホルダーなど、比較的小さいものに使えます。

 

グリップ部分はPVC樹脂でできていて、滑らずしっかりと力を入れられます。同じシリーズで7mmと12mmのものもあるので、サイズが違っても同じシリーズで揃えたい方におすすめです。

対応ハトメ種類 - 対応ハトメ穴径 4mm
対応ハトメ素材 - 最大取付厚 約2mm
下穴開け機能 - ハトメ付属

口コミを紹介

皮のミニ財布にカラビナをつけようと思い購入。 きれいに仕上げる「コツ」の説明書もありきれいな仕上がりで満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

プラス

ハトメパンチ 25枚 30-457

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\フラッシュクーポン開催中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

簡単操作で抜群の仕上がりを実現する薄い生地に適した手芸用品

プラスのハトメパンチは一穴パンチがついているので穴あけができるだけでなく、簡単な操作で楽にハトメを打てます。頑丈かつにぎりやすい手芸用品で薄い生地でもしっかりかしめられる点も高評価です。

 

付属で10個のハトメがあるので、届いたその日から使用できます。紙や布など薄手の素材でもきれいに仕上がるため、ペーパークラフトや手芸が趣味の方におすすめです。

対応ハトメ種類 - 対応ハトメ穴径 約5mm
対応ハトメ素材 - 最大取付厚 -
下穴開け機能 ハトメ付属

口コミを紹介

オーニングシェードを加工するのに使うために購入しました。
ポンチも付属しており、必要なだけのハトメもあり、すっきり加工することができました。
次回使用するのはいつになるかわかりませんが、いい工具でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

SK11

両面ハトメパンチ

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\フラッシュクーポン開催中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

大型サイズ対応で端から距離のあるものに取りつけ可能

アルミと真鍮のハトメに対応している両面ハトメ用ハトメパンチです。ハトメ穴径約12mm、最大取付厚約3.5mmと、大型サイズで厚みのあるものに対応しています。テントやシートなどはもちろん、端から距離があるものに取りつけ可能です。

 

力がかかる幌やシートには、強くかしめられる真鍮製のハトメを、簡単に取り付けられ、水に強いアルミ製のハトメはエプロンやプールバッグなどが適切です。真鍮製5組とアルミ製10組のハトメがついています。

対応ハトメ種類 両面 対応ハトメ穴径 約12.0mm
対応ハトメ素材 アルミ・真鍮 最大取付厚 約3.5mm
下穴開け機能 ハトメ付属 有(真鍮製5組・アルミ製10組)

口コミを紹介

日よけシェードに取付けるために購入
思ったより簡単でした
付けたい場所にハトメが簡単に付けられて良かったです

出典:https://www.amazon.co.jp

ハトメパンチのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 対応ハトメ種類 対応ハトメ穴径 対応ハトメ素材 最大取付厚 下穴開け機能 ハトメ付属
アイテムID:11832452の画像

楽天

Amazon

ヤフー

4mmから12mmまで測れる奥行き調整ゲージで採寸の手間がないコクヨの手芸用品

片面

5mm

真鍮

PPC用紙約15枚

アイテムID:11830905の画像

楽天

Amazon

ヤフー

8mmや10mm対応!下穴不要で穴あけも打ちつけも一つでできる

-

5~13mm(要別売交換コマ)

-

3.4mm

アイテムID:11830911の画像

楽天

Amazon

ヤフー

付属の4mmハトメが100個もついている

-

4mm

-

約2mm

-

アイテムID:11830908の画像

楽天

Amazon

ヤフー

簡単操作で抜群の仕上がりを実現する薄い生地に適した手芸用品

-

約5mm

-

-

アイテムID:11830914の画像

楽天

Amazon

ヤフー

大型サイズ対応で端から距離のあるものに取りつけ可能

両面

約12.0mm

アルミ・真鍮

約3.5mm

有(真鍮製5組・アルミ製10組)

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\フラッシュクーポン開催中/ 楽天 「ハトメパンチ」 ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

ハトメパンチの上手な使い方

初めて使うには難しいと感じる人が多いハトメパンチですが、失敗しないように使うにはどうすればいいのか、ちょっとしたコツと一緒に解説します。

8mm・10mm・12mmなど素材に合ったハトメパンチの使い方

まずハトメの素材とサイズ、穴をあけるものの素材の8mm・10mm・12mmなどの厚みを確認しておきましょう。確認しないと、いざハトメをつける段階になってサイズが合わない、硬くてつけられなくなる恐れがあります。

 

ポンチ用の下敷きやマットの上に素材を置き、ハトメをとりつけたい位置を確認して穴をあけます。穴がズレないように慎重にしましょう。次に穴をあけた素材にハトメを表面から差し込み、両面ハトメの場合は裏面からリングをはめ込みます。

 

最後にハトメパンチの押さえ部分にハトメを合わせ、ギュッとしめつけてください。さらに向きを変えてから、2~3回ほどハトメ全体をまんべんなくしめつけるときれいに仕上がります。

ハトメパンチを使うときの注意点

交換コマを使用する際は、交換コマとハトメのサイズを確認しておきましょう。また、使用したいハトメとハトメパンチに対応している素材が合っているか確認が必要です。特にステンレス製は硬いので、打ち棒を使用しないときれいに仕上がりません。

 

下穴開け機能がないハトメパンチを使用する場合は、別途穴をあける工具(穴あけポンチやハンマーなど)を用意してください。ハトメパンチを使用するときは、凹コマ側にハトメ、凸コマ側にリングをセットしましょう。逆にするとハトメが潰れる恐れがあります。

 

下穴のサイズは、ハトメと同じサイズの穴をあけるのが基本ですが、樹脂などの硬い素材にハトメをつけたい場合は、ハトメのサイズよりも約0.5~1mm大きくあけましょう。そうすればきれいに打てます。

ハトメパンチの用途は?

ハトメパンチは穴の補強だけでなく、サイズや素材をうまく組み合わせれば高級感のある小物や、使い勝手のいいファブリックなどができます。

ハンドメイド・手芸で作った小物に使って使用感を高める

ハトメをバッグの持ち手を通す穴の補強やベルトの穴など、ハンドメイドや手芸で作った小物に使うと、完成度がアップするだけでなく、弱かったり壊れやすい箇所を補強し、より長く使用できる、といった強みがあります。

 

さらに布やレザーの色と合わせたり、用途によってハトメの素材を変えて、手作りのバッグや小物を既製品のような完成度にレベルアップ可能です。以下の記事ではおすすめのレザークラフトを消化しているので、ハンドメイドをするときの参考にしてください。

結婚式でのペーパーアイテムに

結婚式でのペーパーアイテムは、手作りしたいけれど高級感を出したいと思うものですが、サンキュータグや受付をお願いするカードや席札などはシルバーやゴールドの金具がついているだけで、一気にみばえが変わります。

 

また、大きめのハトメならプロフィールブックやメニュー表・ウェルカムボード・席次表などに仕えます。ただ、あまり使いすぎると高級感からは遠ざかるので、ポイントを押さえて取り入れてみてください。

カーテンなどのファブリックに

カフェカーテンをポールに通す穴に使用する場合は、裏面が見えないなら片面ハトメ、クッションカバーやテーブルクロスのアクセントなどには裏面もきれいに仕上がる両面ハトメを使用しましょう。

 

カーテンやクロス類などのファブリックに取り入れるのは、今あるものに少し足すだけなので、手軽にオシャレ度をグンとあげられます大きいもののリメイク・アレンジは少しくらいのズレが気になりにくいです。

 

自信がなければ目隠し用のカーテンをカフェカーテンのようにリメイクしてみたり、見た目の失敗がわかりにくいところから始めましょう。下記の記事ではおすすめのカーテンを紹介しているので、加工するときの参考にしてみてください。

10mmの大型ハトメならブルーシートやタープなどのアウトドアグッズにも使える

ブルーシートやタープなど、市販のものはだいたい穴の数が決まっているので、もっと細かく刻んで穴がほしくなる場合があります。その場合、ハトメなら好みの位置に、好きな数の穴を開けて補強可能です。

 

気に入ったオーニングが縦横サイズが逆だったりしても、穴の数は自分で調整できるので、妥協しないですみます。アウトドアグッズに使用する場合はハトメの素材を変えたり、厚めの生地のものなら、10mmほどの大型ハトメを使いましょう。

 

下記の記事ではおすすめのタープやサンシェードをランキング形式で紹介しています。ハトメをかしめるときは生地や素材を把握しておかなければならないので、ぜひ参考してみてください。

ラッピングやストラップホールの穴あけに

ハトメはサンシェードやラッピングなどだけでなく、タグやメッセージカード・ペーパーバッグなど、何にでも使用可能です。飾りでハトメをつけてもアクセントになるだけでなく、さらにハトメの穴にリボンや紐を通してもひと味違うラッピングになります。

 

手帳型スマホカバーやポーチなどの袋物にストラップホールがついていない場合なども、ハトメパンチがあれば自分であけられます。またやわらかいものだけでなく、下敷きなどの樹脂でできたものにでも、穴があけられればつけられます

 

初心者だと硬い素材にハトメを打つ作業はハードルが高いですが、慣れると便利です。下記の記事ではスマホカバーのおすすめ商品を紹介しています。手作りでスマホカバーを作るときの参考にしてください。

まとめ

手芸用ハトメパンチは薄い生地の小物に使う小さなものから、アウトドア用品に使う大型までさまざまです。お手持ちの小物のアレンジやハンドメイドに取りいれて、完成度も気分も上げましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年01月17日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

二重テープのおすすめ人気ランキング15選【片面タイプも!】

二重テープのおすすめ人気ランキング15選【片面タイプも!】

メイク雑貨・小物
穴開けパンチのおすすめ人気ランキング15選【かわいいものから強力なものまで】

穴開けパンチのおすすめ人気ランキング15選【かわいいものから強力なものまで】

文房具・文具
【2023年版】ウォールポケットの人気おすすめランキング15選【無印やニトリも】

【2023年版】ウォールポケットの人気おすすめランキング15選【無印やニトリも】

インテリア雑貨
両面テープのおすすめ人気ランキング13選【絶対剥がれない最強の両面テープも!】

両面テープのおすすめ人気ランキング13選【絶対剥がれない最強の両面テープも!】

文房具・文具
ヒートシンクの人気おすすめランキング15選【両面実装のものも】

ヒートシンクの人気おすすめランキング15選【両面実装のものも】

パソコン
【2023年最新版】ノッチ付きスマホの人気おすすめランキング15選【パンチホール・ノッチなしもご紹介】

【2023年最新版】ノッチ付きスマホの人気おすすめランキング15選【パンチホール・ノッチなしもご紹介】

スマートフォン