オーブンレンジトーストの人気おすすめランキング7選【美味しいトーストも】

記事ID2037のサムネイル画像

グラタンやピザなどたくさんの機能があるオーブンレンジ。美味しいトーストも焼けちゃうんです!一台で様々な料理が出来上がるオーブンレンジは便利でおすすめです。それでは、皆さんにおすすめ人気のオーブンレンジトーストをご紹介します!

オーブンレンジとは

オーブンレンジはその名の通り、オーブンと電子レンジの2つの機能を兼ね備えたものです。素材の内部を温める電子レンジ機能と、外から熱を加えて素材を加熱するオーブン機能の両方の機能があるので、オーブンでは熱の通りにくかった素材の内部を温め、電子レンジでは付かなかった素材の外側にこんがりと焼き目をつけることが可能です。

温めるだけでなく、焼いたり、煮たり、といった調理も出来るので、お菓子作りや、煮物、グラタン、唐揚げなどの幅広い料理を作るのにも適しています。最近のオーブンレンジには、熱風を循環させるタイプや水蒸気を使うスチームオーブンもあり、さらに調理できるメニューの幅も広がっています。温め機能と調理機能の2つの機能を1台で可能にしたのがオーブンレンジというわけです。

オーブンレンジの選び方ポイント5つ

数多くあるオーブンレンジの中から、ご自分に合ったオーブンレンジを選ぶために、確認したいポイントを5つにまとめました。この5つを確認した上で、自分にぴったりなオーブンレンジを探してみてください。

ポイント①:サイズを確認

オーブンレンジを置くスペースに適したサイズかどうか、扉の向きを踏まえたうえで確認しましょう。扉の取っ手が飛び出しているデザインもあるので、取っ手を含んだサイズを確認するよう注意が必要です。

また、オーブンレンジは、本体のサイズに加えて吸排気と放熱のために壁から一定の開放空間が必要となります。それぞれのメーカーが設定している設置寸法を確認することも忘れないようにしましょう。本体が大きくてもボタンスペースが広く庫内は小さいという場合もあります。4人家族の方であれば、トースト機能がついていても、食パンが4枚並ぶものもあれば、庫内が小さければ、2枚しか並ばず2回にわけてトーストしなければいけなくなります。

毎日のこととなると、大きなサイズにしていれば良かったと後悔するかもしれません。家族の人数や、使うメニューによって必要となるサイズが異なるので、本体サイズだけでなく庫内の大きさも確認しておきましょう。

ポイント②:テーブルを確認

オーブンレンジの庫内には、フラットタイプとターンテーブルタイプがあります。それぞれの特徴やメリット・デメリットを確認しておきましょう。

フラットタイプ

庫内に凹凸がなく、直接素材を置けるため、大きなものにも対応出来ます。フラットなため出し入れがしやすく、拭き掃除がしやすい造りです。最近はフラットタイプが主流となってきましたが、ターンテーブルタイプに比べ高価なものが多く、サイズも比較的大きなものが多いため、一人暮らしのための安価でコンパクトサイズとなると選択肢が少なくなります。

ターンテーブルタイプ

庫内に丸皿があり、くるくる回りながら加熱を行います。フラットタイプに比べ、安価な商品が多いですが、四角いお弁当や大きな容器のものは、引っかかって上手く回らないために、温めにムラが出やすいというデメリットがあります。

ポイント③:扉を確認

オーブンレンジの扉には、大きく分けて縦開きと横開きがあります。扉の向きでメリット・デメリットがあるので、どちらが適しているか検討してみましょう。

縦開き扉

上から下に開く縦開きは、利き手に関係なく左右両方から出し入れが可能で、調理した容器を手前に引いて扉の上に置くことも出来ます。しかし、オーブンレンジの前にスペースが無ければ、扉を開くと立つスペースが無くなり逆に出し入れし辛くなってしまいます。

横開き扉

横開き扉は左吊戸の右から左側に開くタイプのものが一般的です。家のドアなど扉を開けることに慣れているため、横開きの方が使いやすいという方も多いようです。特にオーブンレンジを置く場所が低い場合は縦開きより横開きの方が見やすく使いやすくなります。

しかし、左右に物を置いていると、横開きの動作では邪魔になってしまうというデメリットがあります。オーブンレンジを置く場所の高さや周りのスペース、使い勝手と見た目のデザインなどを検討したうえで、縦開きか横開きを決めると良いかもしれませんね。

ポイント④:周波数を確認

実は家庭用のコンセントの周波数は、東日本は50Hz、西日本は60Hzに分かれています。そのため、オーブンレンジを含め電化製品の中には、どちらかにしか対応していないものがあり、引っ越しなどで周波数が変わってしまうと使えなくなってしまいます。

購入しようと思っているオーブンレンジが、どちらの周波数に対応しているものかを確認しましょう。もしくは、どちらの周波数でも使える全国対応のものを購入すれば、引っ越しで使えなくなる心配がありません。

ポイント⑤:温度を確認

オーブンレンジは300W程~1,000W以上のものまで、メーカーや機種によってワット数が異なります。ワット数が低いと加熱に時間がかかってしまうので、時短を期待してオーブンレンジを使う場合は、ワット数が高いものがおススメです。

また、あたため温度によって調理できるメニューも違ってきます。温めメインで使うのであれば、それほど高いワット数のレンジは必要ないかもしれませんが、一気に焼き上げると美味しく仕上がるピザや揚げ物を作るにはやはり、1,000W以上のオーブンレンジがおススメです。オーブンレンジをどんな目的で使うのか、普段作る料理などを踏まえたうえでワット数を確認することも選ぶポイントです。

オーブンレンジのおすすめ人気ランキングベスト3

それでは、数あるオーブンレンジの中から厳選したベスト3をご紹介していきます。選び方のポイントをおさえつつ、ぜひご参考にしてみてください。

3位:アイリスオーヤマオーブンレンジ18L

アイリスオーヤマオーブンレンジ18L

価格:13,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手入れが楽で大きな容器の温めに最適なフラット庫内

フラット庫内のオーブンレンジです大きな容器に入ったものでもムラなく温められ、庫内に段差が無い分、出し入れしやすいだけでなく、お手入れが楽なのも嬉しいですね。レンジ出力は900・600・500・200Wの4段階切替えで温度センサーが付いるうえ、18種類の自動メニュー搭載なので、用途に合わせて使い分けることもでき、幅広いメニューや食材に対応できます。

 

グリルは1380Wの高火力の上下ヒーターが付いているのでトースターとしての機能も抜群です。

商品サイズ(cm)幅約48.5×奥行約37.6×高さ約30.2本体重量(kg)12
電源AC100V(50/60Hz共用)加熱室有効寸法(cm)幅約28.3×奥行約32.2×高さ約19.2
庫内容量18L電源コードの長さ1.5m

2位:シャープオーブンレンジ電子レンジ

シャープオーブンレンジ電子レンジ

価格:14,517円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

料理に合わせて選べる温め機能や解凍機能が充実!

解凍機能が充実しており、「サックリ解凍」を選べば、重量センサーで食品の重さを検知してくれるので、使う分だけが包丁で切れる状態まで解凍してくれ、「全解凍」を選べば冷凍の重なった薄切り肉でも、加熱しすぎることや、隅煮えすることなく、はがしやすい状態に解凍してくれます。

 

メニュー選びや時間設定が使いやすいダイヤル式という、操作のしやすさも人気です。調理が終了すると自動的に電源が切れる省エネ設計になっているのも嬉しい機能ですね。

庫内有効寸法幅300×奥行320×高さ165mm外形寸法幅470×奥行395×高さ300mm
電源AC100V(50Hz-60Hz共用)付属品丸皿、回転網
庫内容量20L本体重量(kg)11

1位:アイリスオーヤマオーブンレンジ

アイリスオーヤマオーブンレンジ

価格:10,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

調理時間設定を悩まない!重量センサー付きで楽々自動設定

レンジ・オーブンだけでなくグリルの3機能が備わっているにも関わらず、アイリスオーヤマらしい嬉しい低価格商品です。重量センサーを搭載しているので、メニューを選んでスタートを押すだけで、自動で温度と調理時間の設定を行ってくれます。

 

勿論、手動での設定の変更も可能で、調理モードボタンを押し、時間を設定してスタートを押すだけで良いので、手動でも操作が簡単です。 周波数は東日本と西日本の両方に対応しているので、引っ越しで手放す心配もありません。

商品サイズ(cm)幅約46.2×奥行約32.9×高さ約29.3庫内容量約16L
重量約13.1kg(回転台丸皿を含む)
電源コード約1.5m電源AC100V50/60Hz共用

その他のおすすめオーブンレンジ4選

ランキングでは紹介しきれなかった商品の中で、特におすすめしたい商品をまとめてみました。こちらも、ぜひ参考にしてみてください。

アイリスオーヤマリクック熱風オーブン

アイリスオーヤマリクック熱風オーブン

価格:14,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

健康志向の方におススメ!脂質とカロリーをカットするオーブンレンジ

高温の熱風を循環させることが出来るため、油を使わずに、唐揚げやエビフライといった揚げ物の調理がムラなくボタンひとつで簡単に出来ます。惣菜の揚げ物も「Re;cook(リクック)」機能を使えば、揚げたてのようなサックリとした仕上がりに温めなおすことが可能です。油を使わないことや、高速熱風で食材の余分な脂を落とすことから脂質とカロリーを大幅にカットしてくれ、ヘルシーに調理でき健康志向の方におススメのオーブンレンジです。

商品サイズ(cm)幅約34.1×奥行き約32.5×高さ約34.8重量約9.8kg
電源AC100V(50/60Hz共通)消費電力1410W

シャープオーブンレンジ

シャープオーブンレンジ

価格:16,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンビニ弁当を温めるならズバリこのオーブンレンジ!

あたため機能に特化しており、ボタンひとつで食べごろに温めてくれます。他にもあたためメニューとして、「フライあたため」や、単身者には嬉しいコンビニ弁当に使える「コンビニメニュー」という珍しい機能もついています。

 

よく使う「あたため」と「トースト」のボタンは大きくて押しやすくなっており、オーブンレンジらしく、電子レンジとしての機能だけでなく、トースターグリル機能もあるので、自動でトーストも出来ます。

外形寸法(mm)幅450×奥行365×高さ290庫内有効寸法(mm)幅285×奥行295×高さ150
総庫内容量15L本体重量(kg)12

シャープオーブンレンジトースト機能付き

シャープオーブンレンジトースト機能付き

価格:15,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

15Lのコンパクトサイズでも解凍・あたため機能が充実

上記でも取り上げたシャープのオーブンレンジとほぼ同じ機能を搭載していますが、上記の商品は「ツインでかボタン」があたためとトーストの2つに対し、こちらの商品は「あたため」と「解凍」の2つが大きなボタンとして付いています。

 

解凍をよく使う方はこちらの商品の方が使いやすくておススメです。2位を獲得したシャープの20Lレンジと比べ15Lとコンパクトにも関わらず、解凍機能は同じく、サックリ解凍と全解凍が付いており、小さくても機能が充実しています。

サイズ45×36.5×29cm消費電力最大1250W
付属品丸皿、回転網電源AC100V(50Hz-60Hz共用)
庫内容量15L本体重量(kg)13

パナソニックエレックオーブンレンジ

パナソニックエレックオーブンレンジ

価格:19,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

忙しい朝の強い味方!お弁当セットメニューで主菜と副菜を同時に焼き上げ!

950wインバーターと重量センサー搭載で、自動で素早くあたためや調理を行ってくれます。自動メニューの中にあるお弁当セットメニューを使えば、肉・魚・野菜などの主菜と副菜を同時に焼き上げてくれるため時短になり、忙しい朝の弁当作りの強い味方になってくれること間違いなしです。

 

また、自動お手入れ機能搭載で脱臭もしてくれるため、お手入れの点でも時短が期待できます。

本体サイズ幅45.5×奥行35.2×高さ29.3cm消費電力電子レンジ1.42kW、オーブン1.33kW、トースター1.33kW
本体重量(kg)10

オーブンレンジの売れ筋ランキングをチェック

参考までにオーブンレンジの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?サイズや庫内の種類、扉の向きが異なる様々な種類のオーブンレンジがあります。お弁当あたため機能や、脂質やカロリーをカットする機能など、メーカーオリジナルの機能を備えた商品も魅力的ですね。
自分の家に合うサイズやデザイン、期待する機能をチェックして、お気に入りのオーブンレンジを見つけて下さいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ