駐車監視機能ドライブレコーダーの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

記事ID14419のサムネイル画像

駐車監視機能付きのドライブレコーダーは、当て逃げやドアパンチなどの対策に有効です。前後や360度の撮影ができるものやミラー型などがあり、動体検知で短時間だけ撮影可能なものもあります。コムテックやユピテルなど販売するメーカーも多いです。駐車監視機能付きのドライブレコーダーの選び方やおすすめランキングをご紹介します。

駐車監視機能付きドライブレコーダーは当て逃げや車上荒らしに有効

駐車監視機能付きドライブレコーダーは、エンジンが止まった状態でも撮影を続けることができます。エンジンが動いていないと撮影できないドライブレコーダーは多いです。駐車監視機能があれば、駐車中の当て逃げや車上荒らしの対策になるので便利ですよね。

 

駐車監視機能を使用していると、バッテリー上がりが心配かもしれません。基本的にバッテリー上がりが起こらないように撮影しますし、動体検知や衝撃を感じた時だけ撮影するタイプもあるんです!駐車監視機能に対応したドライブレコーダーも種類が多いです。

 

そこで今回は駐車監視機能付きのドライブレコーダーの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは録画・録音機能やセンサー・動体検知機能の有無などを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ドライブレコーダーの駐車監視機能とは

ドライブレコーダーの駐車監視機能とは、駐車中にドライブレコーダーで撮影を続ける機能です。 通常、エンジンがオフになっている駐車中はドライブレコーダーは動きません。駐車監視機能が付いたドライブレコーダーは、エンジン停止中も録画できます。

 

そのため、駐車中の当て逃げやドアパンチ、いたずらなどの証拠映像を撮影可能です。エンジンが動いていない間も撮影するので、バッテリー上がりが心配かもしれませんが通常はバッテリー上がりが起きないように撮影が行われます。

 

駐車中常時撮影を続けるタイプ、衝撃を検知した時に撮影するタイプ、動体を検知して撮影するタイプなどがあります。

ドライブレコーダーの駐車監視機能のメリット・デメリット

駐車監視機能は駐車中の車を守るメリットがありますが、デメリットや注意点も少なくありません。駐車監視機能のメリットやデメリットをまとめました。

駐車監視機能のメリット

ドライブレコーダーの駐車監視機能には、駐車中に被害にあった際の証拠映像を撮影し、犯罪を防ぐなどのメリットがあります。駐車監視機能のメリットをまとめました。

駐車中・停車中も証拠映像が撮影できる

駐車中に当て逃げや車上荒らしにあってしまうと、警察が捜査をしたとしても非常に時間がかかります。 偶然監視カメラに映っている場合でもない限り、犯人を特定することは難しいです。

 

自動車の修理費も自己負担になります。 しかし駐車監視機能で撮影していれば、犯人特定の手がかりになります。早期の解決の可能性もあり、泣き寝入りせずにすむかもしれません。

防犯効果がある

駐車監視機能は証拠映像を撮影できるだけでなく、犯罪の抑止効果があります。ドライブレコーダーが取り付けられているだけで、警戒されるので防犯効果があります。

 

ドライブレコーダーには、駐車監視機能の作動中はライトが点灯する商品もあります。夜間でも駐車監視機能で撮影していることが分かるので、より被害に遭いづらくなります。

駐車監視機能のデメリットや注意点

駐車監視機能にはバッテリー上がりを起こしやすいというデメリットがあり、他にも注意点があります。駐車監視機能のデメリットや注意点をまとめました。

バッテリー上がりの危険がある

駐車監視機能の付いたドライブレコーダーは、車のバッテリー上がりにつながる危険があります。本来、駐車監視機能が搭載されていてもドライブレコーダーが電圧を監視しており、バッテリーを防いでいます。

 

ただし、走行距離や走行時間が短いと、バッテリーが十分に充電されません。消費電力が充電量より多くなると、バッテリーが上がってしまう場合があるのです。バッテリー自体が劣化している場合も、バッテリー上がりの危険があります。

 

正しく使用しているならバッテリー上がりは起こりませんが、駐車監視機能を使用する場合は注意が必要です。

オプション品で価格が高くなる

ドライブレコーダーの駐車監視機能を使用する場合、費用がかかることが多いです。駐車監視機能を使うためには、ほとんどの場合オプション品が必要になります。

 

電源直結配線だけで5000円くらいする場合もあり、外部バッテリーやセンサーなども購入するとかなり高くなってしまいます。

 

安いドライブレコーダーを購入するつもりでも、駐車監視機能を使うために高くなってしまうことも考えられます。購入前に、どのくらい費用がかかるか確認しておきましょう。 

工賃が高くなる場合も

ドライブレコーダーが簡単に取り付けられるものも多いですが、取り付けてもらう場合工賃が15000円くらいかかります。駐車監視機能を使えるようにする場合、作業が増える為工賃が高くなる可能性もあります。

 

駐車監視機能を使えるようにしても、追加の工賃は不要な場合もあります。駐車監視機能付きのドライブレコーダーを取り付けてもらう場合は、工賃も事前に調べておきましょう。

ドライブレコーダーの駐車監視機能の必要性

当て逃げやイタズラなどの防止につながる駐車監視機能ですが、必要でない場合もあります。駐車監視機能が必要な場合とそうでない場合に分けて解説していきます。

犯罪が起きやすい場所に止める機会が多いなら必要

駐車監視機能は、犯罪が起きやすい場所に車を停めることがある方におすすめの機能です。青空駐車をしている場合や駐車場が自宅から離れている場合は、駐車監視機能付いている方が安心できます。

 

車で外出する機会が多い場合も、駐車監視機能があった方がいいでしょう。高級車や輸入車に乗っている場合も被害にあった場合の損害が大きいので、駐車監視機能をつけておいたほうが安心できます。

車庫がある場合や外出が少ないなら必要性は低い

駐車監視機能があまり必要ないのは、被害に会いづらい場所に車を停めている方や多少のいたずらは気にならない方でしょう。 車を車庫の中に止めていることが多く、外出先で駐車する機会も少ないなら、被害に合う可能性は非常に低いです。

 

古い車に乗っていて傷が作られたとしてもそれほど気にならないなら、駐車監視機能はあまり価値がないでしょう。

駐車監視機能付きドライブレコーダーの選び方

ドライブレコーダーは、録画方式やバッテリータイプ、画質などを考えて自分に必要なものを選ぶ必要があります。駐車監視機能付きドライブレコーダーの選び方をまとめました。

録画方式で選ぶ

駐車監視機能に対応した録画方式は、3つのタイプがあります。運転中の録画にも関係する機能なので、しっかりと考えて自分に合ったものを選びましょう。

動くものに反応して録画したいなら「動体検知機能対応」

動体検知機能は、自動車や人などの動きを検知して録画を開始する機能です。動くものにだけ反応して自動で撮影し、一定時間動きがないと撮影を停止します。基本的に駐車監視機能で撮影するための機能です。

 

一定時間で停止するので、SDカードの容量やバッテリーを無駄遣いする心配がありません。標準で使えるモデルもありますが、オプションで部品を取り付けないと使えない場合もあるので注意が必要です。

衝撃を検知して撮影したいなら「衝撃検知(Gセンサー)方式」

Gセンサーを搭載したタイプは衝撃を検知した際に録画を開始します。駐車監視機能も衝撃を検知した場合だけ録画することが可能です衝撃検知で撮影された映像は、専用フォルダに映像を保存されるドライブレコーダーが多いです。常時録画で上書きされる心配もありません。

 

駐車中の当て逃げ対策などに有効です。衝撃検知の感度によっては、衝撃が弱いと撮影されない場合もあるので注意しましょう。

運転中は常に撮影したいなら「常時録画タイプ」

常時録画方式は、常に撮影し続けるタイプです。駐車中は常に周囲の映像を撮影し続けるので、録画漏れの心配がありません。ただし、SDカードの容量がかなり必要になります。容量が一杯になると上書きして撮影を続けるので、必要な映像を消してしまうリスクもあります。

 

運転中の映像を常時録画する場合は、エンジンをつけただけで録画が開始されます。手動で録画を開始する必要がないので、撮影を忘れてしまう心配もありません。

バッテリータイプで選ぶ

駐車監視機能付きのドライブレコーダーを選ぶ場合、バッテリータイプは非常に重要です。3つのタイプがあるので、自分に合ったものを選びましょう。

充電せずに長時間録画したいなら「車両バッテリータイプ」

車両バッテリーで駐車監視機能を使用するタイプです。長時間録画が可能で充電の必要がないのがメリットです。ただし、車両バッテリーの残量が少ないと録画の中断する場合があり、バッテリーにも負担がかかります。

 

オプションのケーブルが必要なことが多く、設置にも手間がかかります。長時間駐車が多い方や駐車場と自宅が離れた方におすすめです。

バッテリー上がりのリスクを減らしたいなら「内蔵バッテリータイプ」

内蔵バッテリーを搭載したタイプなら、駐車監視機能を使用してもバッテリー上がりが起きにくいです。ドライブレコーダーに内蔵されたバッテリーで駐車監視機能を使用するので、車のバッテリーには影響が出ません。

 

オプションパーツも必要なく、取り付けも簡単にできます。ただし、録画時間が短くなるのがデメリットです。短時間しか駐車しない方におすすめです。

車両バッテリーを使わずに長時間録画したいなら「外部バッテリータイプ」

モバイルバッテリーや専用バッテリーで駐車監視機能を使用するタイプです。車両バッテリーに影響を与えずに長時間録画できるのがメリットです。専用バッテリーも自動で充電されますが、残量が少ないと長時間録画できないのは注意する必要があります。

 

オプションパーツが必要で、設置に手間がかかります。車両バッテリータイプと同じく、車から長時間離れることが多い方におすすめです。

画質や映像に関する機能で選ぶ

駐車監視機能付きのドライブレコーダーで鮮明に撮影するなら、画質やそれを補正する機能などが重要です。画質や映像に関する機能からドライブレコーダーの選び方をまとめました。

高画質のものが欲しいなら「フルHD以上」のもの

高画質なドライブレコーダーが欲しいなら、フルHD以上のものを選びましょう。フルHDは解像度が1920×1080以上のものですが、画素数が200画素以上のものをフルHDとする場合もあります。

 

フルHDのドライブレコーダーなら、夜間の映像でもナンバープレートの数字を識別しやすいです。ただし、360度撮影タイプなど画角の広いものはフルHDでも低画質になりやすいので注意しましょう。

暗所や逆光でも見やすく撮影したいなら「HDR・WDR」に対応したもの

強い光が差し込んだ時や暗い場所でも撮影したいなら、映像を補正できる機能がついたものがおすすめです。HDR・WDRを搭載したものなら、明暗を補正してくれるので逆光の場合でもはっきりした映像を撮影できます。

 

HDRとWDRの機能的な差は違いははっきりしませんが、現在はHDRを搭載したドライブレコーダーが多いです。両方に対応してものなら、より補正性能が高くなります。

夜間でもしっかり撮影したいなら「STARVIS」搭載モデル

夜でも鮮明に撮影したいなら、「STARVIS」を採用したドライブレコーダーがおすすめです。STARVISはソニーが開発した技術で、無灯火でもライトで照らしたような映像を撮影することができます。駐車監視機能で撮影する場合も、夜間の映像がより鮮明になります。

 

リアカメラはフロントカメラに比べて低スペックなものが多いですが、STARVISを搭載したリアカメラは少なくありません。夜間に運転することが多い方は、STARVISを搭載したドライブレコーダーがおすすめです。

「フレームレート(FPS)」は信号の点滅周期に同期しないものがおすすめ

フレームレートは、映像の1秒間のコマ数を表す単位です。30FPSは、1秒間に30枚の静止画を撮影して動画にしています。フレームレートが高いほど映像が滑らかで、証拠としても信用できます。

 

注意したいのは30FPSぴったりだと、LED信号の点滅周期と同期して信号が点灯していない映像になる場合があることです。信号の色が不明だと事故の証拠として採用されない場合もあります。ほとんどのドライブレコーダーは大丈夫ですが、30FPSになっていないか確認しましょう。

撮影範囲で選ぶ

ドライブレコーダーは画角が広いほど、広範囲を撮影可能です。また、前後撮影が可能なものや360度撮影できるタイプなどがあります。撮影範囲で選ぶ方法をまとめました。

広範囲を撮影したいなら「画角」の広いもの

ドライブレコーダーの画角が広いほどカメラで広範囲を撮影できます。画角には対角・水平・垂直の3種類があり、横方向の角度は表す水平画角が重要といわれています。ただし、単に画角としか記載されていないドライブレコーダーも多いです。

 

最低でも水平画角が108°以上のドライブレコーダーを選びましょう。前後2カメラタイプだとリアカメラの画角が狭いものも多いです。

前後撮影したいなら「前後2カメラ」タイプ

前後2カメラタイプのドライブレコーダーは、フロントとリアの2箇所にカメラを取り付けて撮影します。前と後ろの両方を別々のカメラで同時に撮影できます。そのため、より広範囲を撮影できるだけでなく、1台で360度撮影するタイプでは難しい角度もしっかり撮影可能です。

 

駐車監視機能で、前後を撮影したい人におすすめです。ただし、両サイドを撮影するのは難しいので注意しましょう。また、価格が安いとリアカメラの画質や画角が低スペックになりやすいです。

全方位を撮影したいなら「360度」撮影タイプ

360度撮影できるタイプは、1台で水平方向の全方位を撮影できます。水平方向に関しては死角がないので、両サイドを撮影するのが得意です。ドアパンチなどを撮影したい方におすすめです。室内も撮影できるので、駐車監視機能付きなら車上荒らし対策にも最適です。

 

ただし、1台のカメラで撮影するタイプなので、フロントガラスに取り付けると後ろの映像は死角ができやすい点に注意しましょう。撮影できる範囲が非常に多いので、画素数や解像度に対して画質が低くなってしまう点にも注意が必要です。

形状で選ぶ

ドライブレコーダーは、一体型・セパレート型・ミラー型の3つの形状があります。それぞれの特徴をまとめたので、ドライブレコーダーを選ぶ参考にしてください。

カメラと本体を配線で繋ぎたくないなら「一体型」

一体型はドライブレコーダー本体とカメラが一つになっているタイプです。取り付けが簡単にでき、本体とカメラを配線でつなぐ必要がありません。配線がないので、見た目もすっきりします。

 

セパレート型と比べると、低価格帯なのもメリットです。一体化しているので大型になりやすいのがデメリットでしたが、最近は小型化が進んでいます。

本体をカメラと離れた場所に設置したいなら「セパレート型」

セパレート型のドライブレコーダーは、本体とカメラが分かれたタイプです。 本体とカメラは配線でつなぐ必要がありますが、カメラがコンパクトです。そのため、カメラで視界が塞がりにくく、本体の設置場所も自由に決められます。

 

デメリットは、配線がかさばりやすいことと一体型に比べて価格が高いことです。地デジ放送と干渉しやすいので、ノイズが出たりテレビが映りにくくなる点も注意しましょう。

ルームミラーに取り付けて使うなら「ルームミラー型」

ルームミラー型のドライブレコーダーは、ルームミラーに取り付けて撮影するタイプです。ルームミラーに被せるだけで設置できるので取り付けが簡単で、視界の妨げにもなりません。ドライブレコーダーを目立たせたくない方にもおすすめです。

 

デメリットは、ルームミラーを動かすと撮影できる角度も動いてしまう点です。また、ルームミラーに取り付けるので、ルームミラーの代わりにカメラで映った映像を見て運転することになります。 バックカメラが壊れると、後ろの映像を見えなくなる点にも注意が必要です。

記録に関する機能で選ぶ

ドライブレコーダーは、映像以外にも音声や位置情報などを記録する機能が搭載されています。ドライブレコーダーの記録に関する機能をまとめました。

映像以外の情報を残したいなら「GPS内蔵」タイプ

GPSを内蔵したドライブレコーダーは、運転中の速度や位置情報、日時を記録できます。衛星を使って位置情報を把握するので、走行ルートなども記録できます。スピードも記録できるので、事故時に動いていないことなども証明できます。

 

運転中に現在の位置や運転ルートなども確認可能です。

音声も証拠にしたいなら「音声録音」機能

音声録音可能なドライブレコーダーなら、事故時の映像も音声付きで保存できます。事故後のやり取りなども音声を録音することができるので、音声が証拠になる場合もあります。ドライブレコーダーで撮影した映像を後で楽しみたい場合も臨場感が増します。

その他の機能で選ぶ

ドライブレコーダーは、モニター付きやスマホと連動する機能などがついたものがあります。ドライブレコーダーの便利な機能についてまとめました。

運転中の映像を見たいなら「モニター」搭載モデル

モニターを搭載したドライブレコーダーは、運転中の映像をモニターに映しながら走行します。ルームミラー型はリアカメラの映像を映して、ルームミラーの代わりにするタイプが多いです。

 

モニターで録画した映像をその場で確認することもできます。設定の変更を行う際も、モニターで確認しながら行うことが可能です。カメラを取り付ける際も、カメラに映った映像を確認しながらできます。撮影に適した角度で取り付けやすいので便利です。

ワイヤレスで映像を確認したいなら「Wi-Fi(無線LAN)」に対応したもの

Wi-Fi対応モデルのドライブレコーダーは、スマホとワイヤレスで接続することができます。ドライブレコーダーの映像はモニターで確認するか、外部モニターに接続して確認します。Wi-Fiに対応したものなら、スマホを使ってワイヤレスで映像を確認できます。

 

映像のダウンロードも可能で、SNSに投稿することもできます。スマホをリモコンのように使って操作したり、設定の変更もできるので便利です。

事故を防ぎたいなら「安全運転支援機能」付き

ドライブレコーダーには事故を未然に防ぐために、安全運転支援機能が付いたものもあります。機種によって細かな機能は異なりますが、発車が遅れた場合や前方・後方の車と接近しすぎた場合などにアラームなどを鳴らして警告します。

 

気づかないうちに危険な運転になっていた場合などにも、知らせてくれるので安全運転を心がけることができます。

価格の安いものが欲しいなら「SDカード」の有無をチェック

価格の安いドライブレコーダーが欲しい場合は、SDカードの有無をチェックしましょう。海外製のドライブレコーダーは、かなり価格の安いものがあります。低価格で多機能なものも多いので、コスパが高いように思えます。

 

ただし、SDカードが付属しないので、SDカードを別に買わないと使えないものも少なくありません。日本製のドライブレコーダーは、SDカードが付属するものがほとんどです。SDカードの価格なども考えて本当に安いか確認してから購入しましょう。

メーカー・ブランドで選ぶ

ドライブレコーダーは多くのメーカーやブランドから発売されています。ドライブレコーダーの主要なメーカー、ブランドをご紹介します。

日本製のドライブレコーダーが欲しいなら「コムテック」

コムテックは、車用のセキュリティー機器やレーダー探知機などを販売するメーカーです。ドライブレコーダーのメーカーとしては国内最大手で、日本製のドライブレコーダーが多いことで知られています。

 

保証期間も長いものが多く、品質的にも安心です。日本製のドライブレコーダーが欲しい方におすすめのメーカーです。

豊富なラインナップから選びたいなら「ユピテル」

ユピテルは日本の無線機器のメーカーで、低価格のカー用品を販売しています。日本の主要なドライブレコーダーのメーカーの中では低価格帯の商品が多いです。360度撮影可能なドライブレコーダーを始めて発表したメーカーでもあります。

 

シンプルなものからハイスペックなものまでラインナップが多いので、自分に合ったものを見つけやすいです。

高画質なものが欲しいなら「ケンウッド」

オーディオ機器のブランドとしても知られるケンウッドは、ドライブレコーダーのブランドとしても有名です。高画質なことに定評があり、同じ解像度の他社製品と比べて画質が良いといわれています。

 

価格は高めですが、高画質でしっかりと撮影したい方におすすめのブランドです。

動体検知できる駐車監視機能付きドライブレコーダーの人気ランキング3選

3位

セルスター(CELLSTAR)

前後2カメラドライブレコーダー CSD-790FHG

価格:18,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

GPS精度が高い

みちびきなど76基の衛星に対応したGPS精度の高いドライブレコーダーです。逆走注意エリア・事故多発エリアに近付くと警告する機能があります。リアカメラは後ろだけでなく、両サイドにも取り付け可能です。

 

駐車監視機能は、動体検知や衝撃検知、常時録画を組み合わせて設定することもできます。

カメラタイプ前後2カメラ本体タイプ一体型
モニター2.4インチWi-Fi-
録画・録音機能常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)画素数・解像度200万画素(フロント)/(100万画素)(リア)
画角水平115.8°/垂直60.2°/対角141.8°(フロント)・視野角:水平107°/垂直59°/対角127°(リア)動体検知
センサーGPS・GセンサーHDR・WDR

口コミを紹介

前後にカメラをつけるタイプなので、取り付けに1万5千円かかったけど、ソフトもインストールでき、昼の映像も夜の映像もきれいで、画質もよい。イロイロ事故多発のポイントもアナウンスしてくれるし、機能は満足。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

NH Technology

innowa Journey Plus

価格:18,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

駐車監視機能のモードが選べる

駐車監視機能のオン・オフを自動で行うオートモードを搭載したドライブレコーダーです。衝撃検知での駐車監視機能なら、シガープラグに接続しても使用できます。小型設計なので、運転中に視界を妨げにくいです。

 

Wi-Fiに対応しているので、スマホで設定の変更もできます。

カメラタイプ前後2カメラ本体タイプ一体型
モニター3インチWi-Fi
録画・録音機能常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)画素数・解像度200万画素・1920x1080
画角水平125°/垂直61°/対角160°(フロント)・水平98°/垂直80°/対角125°動体検知
センサーGPS・GセンサーHDR・WDR

口コミを紹介

操作性が良い、Wifiにてスマホで詳細の設定がやり易いし画像も綺麗です。一部取説で不明瞭な点もあったが問い合わせに懇切丁寧な返信ががあり安心できる。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ケンウッド(KENWOOD)

前後撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MR740

価格:28,898円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

24時間の駐車監視が可能

高性能な「F1.8明るいレンズ」を搭載しており、明るく見やすい映像が撮影可能です。別売りの社債電源コードで接続することで、駐車監視機能を24時間使用できます。駐車中の防犯対策に力を入れたい方におすすめです。

 

運転支援機能で長時間の連続運転や危険な運転を警告し、安全運転を促します。

カメラタイプ前後2カメラ本体タイプ一体型
モニター2.7インチWi-Fi-
録画・録音機能常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)画素数・解像度208万画素・1920×1080
画角水平100°/垂直52°/対角111°動体検知
センサーGPS・GセンサーHDR・WDR

口コミを紹介

SDカードやハードディスクを圧迫する高画質動画を求めるよりも、必要にして十分なレベルのこのクラスがちょうど良いのかもしれませんね。再生ソフトも使い勝手が良く、必要な情報が同時に見られるところがいいですね。とても満足できる商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

動体検知できる駐車監視機能付きドライブレコーダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5903759の画像

    ケンウッド(KENWOOD)

  • 2
    アイテムID:5903776の画像

    NH Technology

  • 3
    アイテムID:5903761の画像

    セルスター(CELLSTAR)

  • 商品名
  • 前後撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MR740
  • innowa Journey Plus
  • 前後2カメラドライブレコーダー CSD-790FHG
  • 特徴
  • 24時間の駐車監視が可能
  • 駐車監視機能のモードが選べる
  • GPS精度が高い
  • 価格
  • 28898円(税込)
  • 18980円(税込)
  • 18000円(税込)
  • カメラタイプ
  • 前後2カメラ
  • 前後2カメラ
  • 前後2カメラ
  • 本体タイプ
  • 一体型
  • 一体型
  • 一体型
  • モニター
  • 2.7インチ
  • 3インチ
  • 2.4インチ
  • Wi-Fi
  • -
  • -
  • 録画・録音機能
  • 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)
  • 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)
  • 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)
  • 画素数・解像度
  • 208万画素・1920×1080
  • 200万画素・1920x1080
  • 200万画素(フロント)/(100万画素)(リア)
  • 画角
  • 水平100°/垂直52°/対角111°
  • 水平125°/垂直61°/対角160°(フロント)・水平98°/垂直80°/対角125°
  • 水平115.8°/垂直60.2°/対角141.8°(フロント)・視野角:水平107°/垂直59°/対角127°(リア)
  • 動体検知
  • センサー
  • GPS・Gセンサー
  • GPS・Gセンサー
  • GPS・Gセンサー
  • HDR・WDR

前後撮影の監視機能付きドライブレコーダーの人気ランキング3選

3位

大橋産業

前後録画ドライブレコーダーミラー バルーチェ NO5610

価格:18,781円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タッチパネル式のミラー型ドライブレコーダー

STARVISを搭載したミラー型のドライブレコーダーです。暗所でも鮮明な映像を撮影可能で、専用PCビューアを使って撮影後に映像を確認できます。タッチパネル式なので、直感的に様々な操作が可能です。

 

フロントカメラは上下にスライドするので、安全運転支援システムの妨げになりません。リアカメラは防塵防水加工がされています。

カメラタイプ前後2カメラ本体タイプミラー型
モニター9.7V型Wi-Fi-
録画・録音機能常時録画 イベント録画 駐車監視機能画素数・解像度200万画素・1920×1080
画角対角145°/水平120°/垂直67°(フロント)対角136°/ 水平109°/垂直58°動体検知-
センサーGPS・GセンサーHDR・WDR

口コミを紹介

本当に良いものを購入しました。
設置は多少苦労しましたが、問題なく取り付けできました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ケンウッド(KENWOOD)

2カメラドライブレコーダー DRV-MR8500

価格:38,909円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AIセンシングで煽り運転対策

AIセンシングで煽り運転を自動検知するドライブレコーダーです。後方車両の急接近や蛇行運転を警告するだけでなく、上書きされないフォルダに録画を開始します。リアカメラはスモークシースルー機能搭載で、スモークガラスでも明るい映像を撮影できます。

 

駐車監視機能は、24時間365日に対応しています。微小な暗電流を使用して撮影を行うので、バッテリーへの負担も抑えます。

カメラタイプ前後2カメラ本体タイプ一体型
モニター2.7インチWi-Fi-
録画・録音機能常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)画素数・解像度368万画素・2560x1440
画角水平112°/垂直65°/対角131°(フロント)・水平112°/垂直65°/対角131°(リア)動体検知-
センサーGPS・GセンサーHDR・WDR
1位

ガーミン(GARMIN)

ドライビングレコーダー DASH CAM 46Z 010-02291-00

価格:22,208円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自技術の多いドライブレコーダー

独自の画像処理技術や安全をサポートする技術を搭載したドライブレコーダーです。ナイトチューニング搭載で、夜間でも鮮明な映像を撮影します。前方衝突警告・車線逸脱警告・発進確認警告に加えて、オービスに近付くと位置と速度を警告します。

 

フロントカメラとリアカメラは、Bluetoothでワイヤレス接続ができます。オービスの位置を教えてくれるドライブレコーダーが欲しい方におすすめです。

カメラタイプ前後2カメラ本体タイプ一体型
モニター2インチWi-Fi
録画・録音機能常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)画素数・解像度210万画素・1920×1080
画角水平106°/垂直57°/対角124°動体検知
センサーGPS・GセンサーHDR・WDR

口コミを紹介

前方のカメラも後方のカメラも、かなり広角で、しかもナンバープレートの文字など細かいところまでよく写ります。事故や事件に巻き込まれたりしないで、これが役立つことがないことを願っていますが、撮った映像をすぐにスマホに移せるのも便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

前後撮影の監視機能付きドライブレコーダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5903797の画像

    ガーミン(GARMIN)

  • 2
    アイテムID:5903787の画像

    ケンウッド(KENWOOD)

  • 3
    アイテムID:5903805の画像

    大橋産業

  • 商品名
  • ドライビングレコーダー DASH CAM 46Z 010-02291-00
  • 2カメラドライブレコーダー DRV-MR8500
  • 前後録画ドライブレコーダーミラー バルーチェ NO5610
  • 特徴
  • 独自技術の多いドライブレコーダー
  • AIセンシングで煽り運転対策
  • タッチパネル式のミラー型ドライブレコーダー
  • 価格
  • 22208円(税込)
  • 38909円(税込)
  • 18781円(税込)
  • カメラタイプ
  • 前後2カメラ
  • 前後2カメラ
  • 前後2カメラ
  • 本体タイプ
  • 一体型
  • 一体型
  • ミラー型
  • モニター
  • 2インチ
  • 2.7インチ
  • 9.7V型
  • Wi-Fi
  • -
  • -
  • 録画・録音機能
  • 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)
  • 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)
  • 常時録画 イベント録画 駐車監視機能
  • 画素数・解像度
  • 210万画素・1920×1080
  • 368万画素・2560x1440
  • 200万画素・1920×1080
  • 画角
  • 水平106°/垂直57°/対角124°
  • 水平112°/垂直65°/対角131°(フロント)・水平112°/垂直65°/対角131°(リア)
  • 対角145°/水平120°/垂直67°(フロント)対角136°/ 水平109°/垂直58°
  • 動体検知
  • -
  • -
  • センサー
  • GPS・Gセンサー
  • GPS・Gセンサー
  • GPS・Gセンサー
  • HDR・WDR

ミラー型の駐車監視機能付きドライブレコーダーの人気ランキング3選

3位

Broadwatch

前方後方2カメラ 薄型ミラー型ドライブレコーダー 

価格:7,700円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

前後のカメラ映像をモニターで確認できる

フロントカメラのモニターで、録画した映像をその場で確認できるドライブレコーダーです。前後のカメラ映像を切り替えてモニターに表示できます。駐車監視機能と動体検知機能を搭載しているので、衝撃が加われば駐車中でも録画が開始されます。

 

フロントカメラはバンドで固定するだけ、バックカメラはビスか両面テープで固定するだけなので取り付けも簡単です。

カメラタイプ前後2カメラ本体タイプミラー型
モニター-Wi-Fi-
録画・録音機能サイクル録画 駐車監視機能画素数・解像度1920×1080
画角140°(フロント)・90°(リア)動体検知
センサー-HDR・WDR-

口コミを紹介

一応前後とも肝心な部分は収まりますので使えます。リヤカメラの配線がもう少し長いと良いかもしれません。しかし、この価格で前後撮れるのですから満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

COOAU

ドライブレコーダー スマートルームミラーモニター

価格:6,199円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3車線道路もカバー可能な広角ドライブレコーダー

前後のカメラ共に170度の画角で、3車線道路もカバーする広範囲の映像を記録します。高画角による画面の歪みも抑えられています。フロントとリアカメラの映像を同時にモニターに表示可能です。

 

駐車監視機能・動体検知・Gセンサーの3重保護で、音声も記録します。タッチパネル式のミラー型なので、操作も直感的に行えます。

カメラタイプ前後2カメラ本体タイプミラー型
モニター11.88インチWi-Fi-
録画・録音機能常時録画 ループ録画 音声録音画素数・解像度1920×1080
画角170°動体検知
センサーGセンサー・GPSHDR・WDR-

口コミを紹介

前後カメラとも170度の広角で、画質も綺麗で操作性も抜群です。駐車補助機能も優れています。バックギアに入れた時に後方映像にガイドラインが表示され、狭い駐車場でも簡単に真っ直ぐ綺麗に止めることが出来るようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

AUTO-VOX

ドライブレコーダー 前後カメラ Sonyセンサー V5

価格:19,850円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夜間でもはっきり記録できる

STARVISとHDRに対応したソニーのイメージセンサーを搭載したミラー型のドライブレコーダーです。暗闇に強いレンズも搭載しており、夜間でもしっかりとナンバープレートを記録できます。

 

Type-Cの電源インターフェースを使用し、従来に比べて2倍の電池寿命を達成しています。専用の降圧ケーブルを使用することで、駐車監視機能によるバッテリー上がりの心配もありません。

カメラタイプ前後2カメラ本体タイプミラー型
モニター9.35インチWi-Fi-
録画・録音機能常時録画 緊急録画画素数・解像度1920×1080
画角対角145°(フロント)・対角150°(リア)動体検知
センサーGPSHDR・WDR-

口コミを紹介

AUTO-VOXのドライブレコーダーはこちらの製品で2つ目になりますが、もう一つはX1proを使っています。進化した点はソニーのレンズを使用したリアカメラです。以前のものに比べてアンシ性能が向上し夜の暗い場所での鮮明度が格段に向上しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ミラー型の駐車監視機能付きドライブレコーダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5903105の画像

    AUTO-VOX

  • 2
    アイテムID:5903202の画像

    COOAU

  • 3
    アイテムID:5903149の画像

    Broadwatch

  • 商品名
  • ドライブレコーダー 前後カメラ Sonyセンサー V5
  • ドライブレコーダー スマートルームミラーモニター
  • 前方後方2カメラ 薄型ミラー型ドライブレコーダー 
  • 特徴
  • 夜間でもはっきり記録できる
  • 3車線道路もカバー可能な広角ドライブレコーダー
  • 前後のカメラ映像をモニターで確認できる
  • 価格
  • 19850円(税込)
  • 6199円(税込)
  • 7700円(税込)
  • カメラタイプ
  • 前後2カメラ
  • 前後2カメラ
  • 前後2カメラ
  • 本体タイプ
  • ミラー型
  • ミラー型
  • ミラー型
  • モニター
  • 9.35インチ
  • 11.88インチ
  • -
  • Wi-Fi
  • -
  • -
  • -
  • 録画・録音機能
  • 常時録画 緊急録画
  • 常時録画 ループ録画 音声録音
  • サイクル録画 駐車監視機能
  • 画素数・解像度
  • 1920×1080
  • 1920×1080
  • 1920×1080
  • 画角
  • 対角145°(フロント)・対角150°(リア)
  • 170°
  • 140°(フロント)・90°(リア)
  • 動体検知
  • センサー
  • GPS
  • Gセンサー・GPS
  • -
  • HDR・WDR
  • -
  • -
  • -

コムテックの駐車監視機能付きドライブレコーダーの人気ランキング3選

3位

コムテック(COMTEC)

ドライブレコーダー HDR-352GHP

価格:18,180円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レーダー探知機と相互通信できる

168度の広角カメラで、サイドまで撮影可能なドライブレコーダーです。駐車監視機能は最大12時間ですが、監視時間を4時間・8時間・12時間の中から選ぶことができます。駐車監視機能中に衝撃を検知した前後の画像は専用フォルダに保存されます。

 

内蔵バッテリーを搭載しているので、電源が切断された場合でもデータの破損を防いで記録映像を守ります。レーダー探知機との相互通信も可能です。

カメラタイプ前1カメラ本体タイプ一体型
モニター2.7インチWi-Fi-
録画・録音機能常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)画素数・解像度200万画素・1920×1080
画角水平136°/垂直70°/対角168°動体検知
センサーGPS・GセンサーHDR・WDR

口コミを紹介

視野角は結構広めで映像もきれいです。
夜間などどの機種もライトが当たっている範囲以外はそれなりに暗くなってしまうのですが、これは十分明るいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

コムテック(COMTEC)

ドライブレコーダー HDR360GW

価格:37,590円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

360度カメラとリアカメラで全方位と背後もしっかり確認

360度の全方向カメラと水平画角136度リアカメラで撮影するドライブレコーダーです。サイドもしっかり撮影でき、360度ドライブレコーダーの弱点である背後もリアカメラで撮影できます。

 

リアカメラはフルHDで、HDR・WDR両対応で暗い場所でも鮮明な映像を撮影可能です。あらゆる角度を駐車監視機能で撮影したい方におすすめのドライブレコーダーです。

カメラタイプ前後2カメラ本体タイプ一体型
モニター2.4インチWi-Fi-
録画・録音機能常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)画素数・解像度340万画素・1856x1856/200万画素・1920×1080
画角水平360°/垂直240°(フロント)・水平136°/垂直70°/対角168°動体検知-
センサーGPS・GセンサーHDR・WDR

口コミを紹介

取り付けも自身でおこなったが初めてながら、、問題もなく出来ました。
360度っていいですよね!
流石に横ゎガッツリ見えるわけでは無いものの、ないに超した事は無いですね

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

コムテック(COMTEC)

ドライブレコーダー ZDR025P

価格:24,500円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全運転支援機能が充実

フロントカメラ・リアカメラの両方で、駐車監視機能が使用できるドライブレコーダーです。振動や衝撃を検知しやすい場所では、一時的に駐車監視機能をオフにできる駐車監視モードパス機能を搭載しています。タイムラプス撮影を行えばより長時間の録画も可能です。

 

安全運転支援機能が充実しており、後続車の接近以外にも車速の設定や急ハンドルや急加速なども警告します。

カメラタイプ前後2カメラ本体タイプ一体型
モニター2.7インチWi-Fi-
録画・録音機能常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)画素数・解像度1920x1080
画角水平140°/垂直72°/対角172°(フロント)・水平135°/垂直71°/対角167°動体検知-
センサーGPS・GセンサーHDR・WDR

口コミを紹介

N-BOXに取り付け。素人でも1時間で配線・取付終了で、日中・夜もバッチリ録画されていました。前後カメラの録画映像をパソコンで確認すると、ナンバーもくっきり映っていました。

出典:https://www.amazon.co.jp

コムテックの駐車監視機能ドライブレコーダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5903816の画像

    コムテック(COMTEC)

  • 2
    アイテムID:5903741の画像

    コムテック(COMTEC)

  • 3
    アイテムID:5903782の画像

    コムテック(COMTEC)

  • 商品名
  • ドライブレコーダー ZDR025P
  • ドライブレコーダー HDR360GW
  • ドライブレコーダー HDR-352GHP
  • 特徴
  • 安全運転支援機能が充実
  • 360度カメラとリアカメラで全方位と背後もしっかり確認
  • レーダー探知機と相互通信できる
  • 価格
  • 24500円(税込)
  • 37590円(税込)
  • 18180円(税込)
  • カメラタイプ
  • 前後2カメラ
  • 前後2カメラ
  • 前1カメラ
  • 本体タイプ
  • 一体型
  • 一体型
  • 一体型
  • モニター
  • 2.7インチ
  • 2.4インチ
  • 2.7インチ
  • Wi-Fi
  • -
  • -
  • -
  • 録画・録音機能
  • 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)
  • 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)
  • 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)
  • 画素数・解像度
  • 1920x1080
  • 340万画素・1856x1856/200万画素・1920×1080
  • 200万画素・1920×1080
  • 画角
  • 水平140°/垂直72°/対角172°(フロント)・水平135°/垂直71°/対角167°
  • 水平360°/垂直240°(フロント)・水平136°/垂直70°/対角168°
  • 水平136°/垂直70°/対角168°
  • 動体検知
  • -
  • -
  • センサー
  • GPS・Gセンサー
  • GPS・Gセンサー
  • GPS・Gセンサー
  • HDR・WDR

ユピテルの駐車監視機能付きドライブレコーダーの人気ランキング3選

3位

ユピテル

ドライブレコーダー DRY-ST1500C

価格:9,655円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高コスパの駐車監視機能付きドライブレコーダー

駐車中に人や自動車の動きを検知すると、自動で撮影を行うドライブレコーダーです。オプションのマルチバッテリーを取り付けることで、駐車監視機能は12時間使用できます。Gセンサーで衝撃を検知して撮影も行います。

 

ただし、動体検知機能と衝撃検知機能・常時録画機能を併用することはできません。コスパの高い国内製の駐車監視機能付きドライブレコーダーが欲しい方におすすめです。

カメラタイプ前1カメラ本体タイプ一体型
モニター2インチWi-Fi-
録画・録音機能常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)画素数・解像度200万画素・1920x1080
画角水平108°/垂直56°/対角130°動体検知
センサーGPS・GセンサーHDR・WDR

口コミを紹介

視野角広く動作も安定しています。普通に良い機器だと感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ユピテル(YUPITERU)

全方位ドライブレコーダー Q-01dP 前後上下左右

価格:17,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

垂直方向も360度まで確認できる全方位ドライブレコーダー

水平方向だけでなく、垂直方向も360度の撮影ができるドライブレコーダーです。近距離でも信号機が映らない心配がありません。両サイドの撮影に強いだけでなく、車の室内も撮影できます。

 

駐車監視機能を使用中も車内を撮影できるので、車上荒らし対策として特に有効です。

カメラタイプ前1カメラ本体タイプ一体型
モニター-Wi-Fi-
録画・録音機能常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能) 駐車監視機能画素数・解像度280万画素・2560x1080
画角水平360°/垂直360°動体検知-
センサーGPS・GセンサーHDR・WDR

口コミを紹介

車両での映像確認が出来ない他は720度と広く確認出来るのが最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ユピテル(YUPITERU)

前後2カメラ ドライブレコーダー SN-TW9500dP

価格:32,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夜間でも駐車監視機能で鮮明な映像を撮影できる

前後2カメラにSTARVISを搭載したドライブレコーダーです。ライトで照らした映像を撮影できるフロントカメラには、STARVISを搭載していないモデルが多いです。ライトを使用しない駐車監視機能の映像も前後共に鮮明に撮影できます。

 

フロント・リア共にフルHDなので、高画質の映像を記録できます。

カメラタイプ前後2カメラ本体タイプ一体型
モニター2インチWi-Fi-
録画・録音機能常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)画素数・解像度200万画素・1920×1080
画角水平136°/垂直73°/対角163°(フロント)・水平122°/垂直65°/対角143°(リア)動体検知-
センサーGPS・GセンサーHDR・WDR

口コミを紹介

映像はフロント、リアともに綺麗で、フロントよりリアの方が鮮明に見える。
夜間のライトがついている後続車のナンバーもばっちり確認でき、証拠能力としては十分。

出典:https://www.amazon.co.jp

ユピテルの駐車監視機能付きドライブレコーダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5903824の画像

    ユピテル(YUPITERU)

  • 2
    アイテムID:5908089の画像

    ユピテル(YUPITERU)

  • 3
    アイテムID:5903767の画像

    ユピテル

  • 商品名
  • 前後2カメラ ドライブレコーダー SN-TW9500dP
  • 全方位ドライブレコーダー Q-01dP 前後上下左右
  • ドライブレコーダー DRY-ST1500C
  • 特徴
  • 夜間でも駐車監視機能で鮮明な映像を撮影できる
  • 垂直方向も360度まで確認できる全方位ドライブレコーダー
  • 高コスパの駐車監視機能付きドライブレコーダー
  • 価格
  • 32900円(税込)
  • 17800円(税込)
  • 9655円(税込)
  • カメラタイプ
  • 前後2カメラ
  • 前1カメラ
  • 前1カメラ
  • 本体タイプ
  • 一体型
  • 一体型
  • 一体型
  • モニター
  • 2インチ
  • -
  • 2インチ
  • Wi-Fi
  • -
  • -
  • -
  • 録画・録音機能
  • 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)
  • 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能) 駐車監視機能
  • 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)
  • 画素数・解像度
  • 200万画素・1920×1080
  • 280万画素・2560x1080
  • 200万画素・1920x1080
  • 画角
  • 水平136°/垂直73°/対角163°(フロント)・水平122°/垂直65°/対角143°(リア)
  • 水平360°/垂直360°
  • 水平108°/垂直56°/対角130°
  • 動体検知
  • -
  • -
  • センサー
  • GPS・Gセンサー
  • GPS・Gセンサー
  • GPS・Gセンサー
  • HDR・WDR

ドライブレコーダーの取り付け工賃について

ドライブレコーダーは車に取り付ける必要がありますが、取り付けを依頼すると商品代金とは別に工賃がかかります。取り付けは簡単なものなら、自分で取り付けることができます。ただし、駐車監視機能を使う場合は、自分で取り付けるのは少し難しくなります。

 

下記のユピテルの公式サイトでは、ドライブレコーダーの取り付け方や出張取り付けサービスについてご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

他にもドライブレコーダーのおすすめ商品が見たいなら

ドライブレコーダーは、今回紹介した以外にも多くの商品があります。下記の記事でも、ドライブレコーダーについて詳しくご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

まとめ

駐車監視機能付きのドライブレコーダーについて、詳しくご紹介しました。駐車監視機能は、駐車中の映像を記録し自動車を守るために便利な機能です。今回の記事を参考にして、自分に合った駐車監視機能付きのドライブレコーダーを見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ