【2021年最新版】バイク用ドライブレコーダーの人気おすすめランキング15選【日本製のものも】

記事ID15209のサムネイル画像

ドライブレコーダーはバイク用のものも注目されています。ヘルメットに装着するタイプや前後撮影できるタイプがあり、駐車監視も可能です。価格の安い海外製も売れていますが、日本製ではキジマやミツバのものなどが人気があります。バイク用のドライブレコーダーのおすすめランキング15選や選び方をまとめました。

バイク用ドライブレコーダーで証拠映像・思い出を撮影しよう

ドライブレコーダーは車用だけでなくバイク用のものも販売されています。事故時の証拠映像などを撮影するためにドライブレコーダーが必要なのはバイクも同じです。バイク用のドライブレコーダーを取りつけておけば、煽り運転対策にもなるので便利ですよね。

 

バイク用のドライブレコーダーは走行時の映像を撮影するだけでなく、駐車監視が可能でバイクの盗難防止に役立つものもあるんです。風景を撮影してスマートフォンで映像を投稿できるもの・ヘルメットに装着できるものなどさまざまな機能も充実しています。

 

そこで今回はバイク用ドライブレコーダーの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは録画方式や解像度・画角・駐車監視機能の有無などを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

バイク用のドライブレコーダーの必要性とメリット

バイク用のドライブレコーダーを取り付けるメリットは多いです。バイク用のドライブレコーダーの必要性やメリットについてまとめました。

事故や煽り運転の証拠映像を撮影できる

バイク用のドライブレコーダーは、事故や煽り運転の際の証拠映像を撮影することができます。衝撃に反応して撮影するイベント録画なら、事故映像が上書きされずに残すことが可能です。煽り運転や割り込みなどの映像も撮影できます。

 

相手のせいで事故が起きたとして責任を認めないトラブルは多いです。しかし、証拠映像を撮影しておけば確実に有利になります。駐車監視機能がついたバイク用のドライブレコーダーなら、いたずらや盗難防止にも有効です。

思い出の映像を撮影できる

バイク用のドライブレコーダーは、運転中の風景を撮影するにも役立ちます。高画質なドライブレコーダーが増えているので、キレイな映像を残すことができます。そのため、思い出の映像を撮影するために、バイク用のドライブレコーダーを購入する方もいます。

 

Wi-Fi対応のものは、撮影した映像を簡単にSNSや動画サイトにアップすることもできます。バイクで撮影した映像をシェアしたい方にもおすすめです。

バイク用ドライブレコーダの選び方

バイク用のドライブレコーダーは、カメラの数や録画方式、給電方法、さまざまな機能などを考えて選ぶ必要があります。バイク用のドライブレコーダーの選び方をまとめました。

カメラの数で選ぶ

バイク用ドライブレコーダーは、1カメラタイプと前後撮影が可能な2カメラタイプがあります。それぞれの特徴やメリットをまとめました。

前後一方だけ撮影したいなら「1カメラ」タイプ

前方か後方の片方だけを撮影すれば十分なら、1カメラタイプがおすすめです。前後同時撮影はできませんが、2カメラタイプに比べて簡単に取り付けることができます。ヘルメットに装着するタイプなどは、基本的に1カメラタイプです。

 

前1カメラタイプがほとんどですが、リアカメラ専用も販売されています。

前後を撮影したいなら「前後2カメラタイプ」

前と後ろの映像を同時に撮影するなら、前後2カメラタイプがおすすめです。運転中は背後にも危険が潜んでいます。背後の映像も同時に撮影できれば、追突や煽り運転の証拠も撮影できます。

 

ただし、取り付けるのは1カメラタイプに比べると面倒です。また、基本的にバイクに取り付けるタイプに限定されます。

録画方式で選ぶ

バイク用のドライブレコーダーには、手動で録画する以外にも常時録画やイベント録画、駐車監視機能などの録画方式があります。録画方式やそれに関連する機能をまとめました。

エンジンと連動して撮影したいなら「常時録画」対応

ドライブレコーダーは手動で撮影するのが基本ですが、常時録画に対応したものはエンジンを入れると自動で撮影を開始します。撮影を忘れる心配がなく、エンジンを入れている間はずっと撮影を続けます。

 

SDカードが一杯になると、上書きして録画するループ録画と連動したものが多いです。そのため、必要な映像を上書きして消してしまうリスクがあるのがデメリットです。

衝撃に反応して録画したいなら「イベント録画(Gセンサー録画)対応モデル

事故や急ブレーキなどの衝撃を検知して撮影を開始する機能をイベント録画や衝撃録画と呼びます。衝撃に反応して録画するだけでなく、衝撃前後の映像を専用フォルダに保存します。常時録画機能で上書きされる心配がないのもメリットです。

 

駐車監視機能と連動して、衝撃を検知した時だけ駐車監視機能を作動されることもできます。注意点はGセンサー搭載モデルでも、イベント録画が可能とは限らないことです。また、感度を調整しないと頻繫にイベント録画で撮影してしまうこともあります。

駐車中も撮影したいなら「駐車監視機能」搭載モデル

駐車監視機能を搭載したドライブレコーダーなら、エンジンが切れている間も撮影できます。バイクは盗難やいたずらの被害に遭うことも多いので、駐車監視機能は抑止効果も期待できます。

 

駐車中は常時撮影するタイプだけなく、衝撃を検知して撮影するタイプや動体検知で撮影するタイプがあります。複数の撮影方式に対応したものが多いので、自分に合ったものを選びましょう。

バイクの近くで動きを検知した時に撮影したいなら「動体検知」

動体検知機能は人や自動車、バイクなどの動きを検知して撮影する機能です。自分のバイクの近くに動きを検知した時だけ、駐車監視機能で撮影するので無駄な撮影を行いません。

 

一定時間動きがないと、撮影は終了します。バイクに接触しなくても撮影できるので、防犯対策にも有効です。

取り付け場所で選ぶ

バイク用のドライブレコーダーは、バイクに装着するタイプとヘルメットに装着するタイプがあります。それぞれの特徴やメリットをまとめたので、参考にしてください。

安定した状態で撮影したいなら「バイク装着」タイプ

安定した状態で撮影したいなら、車体やハンドルなどバイクに取り付けるドライブレコーダーがおすすめです。バイクに取り付けるタイプなら、簡単にはレコーダーが動きません。撮影範囲を把握しておけば、取りたい映像を安定して撮影できます。

 

デメリットはヘルメットに装着するタイプに比べて、取り付けが面倒で配線がかさばることです。複数のバイクに乗る場合は、ドライブレコーダー付け替えるのも手間がかかります。

配線作業が面倒なら「ヘルメット装着」タイプ

ヘルメットに装着するタイプは、配線作業が面倒な方におすすめです。バイクに装着するタイプに比べて簡単に脱着でき、ヘルメット以外に取り付けて使用することができます。複数のバイクに乗る場合も、毎回付け替える手間かかりません。

 

デメリットはカメラの角度がわかりにくく、首を動かすとカメラが動いてしまうことです。バイクに固定されたドライブレコーダに比べてどの範囲の映像が撮れるわかりにくく、取りたい映像が撮れない場合もあります。

給電方法で選ぶ

バイク用のドライブレコーダーは、大きく分けて3つの給電方法のものがあります。開設するので、目的に適した給電方法のものを選びましょう。

長時間使用するなら「車体給電」タイプ

バイクのバッテリーで多いのが「車体給電」タイプです。バイクのバッテリーが電源になるので、最も安定して使用することができます。運転中はずっと使うことができるので、長時間ドライブレコーダーを使用したい方におすすめです。

 

バッテリーに直接つなぐタイプやシガーソケットに取り付けるタイプ、USBで給電するタイプなどがあります。簡単に取り外しができるモデルもありますが、最も取り付けの難しいタイプです。

手軽に使用したいなら「内蔵バッテリー式」

 内蔵バッテリー式は、ドライブレコーダーに内蔵されたバッテリーに充電して使用するタイプです。小型で軽量のものが多く、簡単に脱着できます。ヘルメットに装着するタイプもバッテリー式が多いです。複数のバイクで使用するなど、手軽に使えるのが最大のメリットです。

 

ただし、バッテリーが切れると使えないので、長時間使用には向いていません。充電にも時間がかかります。車体給電と内蔵バッテリーを併用したバイク用のドライブレコーダーもあります。週末など限定された時間だけ、ドライブレコーダーを使いたい方におすすめです。

手軽に軽く済ませたいなら「外付けバッテリー」

長時間のツーリングには向いていませんが、手軽で軽く済ませたいのであれば外付けバッテリーがおすすめです。バイク以外に超小型スポーツカメラのような性能がついています。防水・耐性もあるので口こみやレビューなどを参考に選んでみましょう。

充電せずに使いたいなら「電池式」

電池で動くバイク用ドライブレコーダーもあります。内蔵バッテリーのように、簡単に取り付けて使うことができます。また、電池を交換すればすぐに使えるので交換用の電池を用意しておけば、長時間の使用も可能です。

 

ただし、電池式のドライブレコーダーは数が少ないことがデメリットです。長時間使用すれば電池代も高くなります。

画質や撮影範囲で選ぶ

鮮明な映像を撮影するためには解像度や画質にかかわる機能が重要です。撮影範囲も記録映像を残すためには大切なポイントです。画質や撮影範囲にかかわるポイントをまとめました。

ナンバープレートを読み取りたいなら「フルHD」以上のもの

ドライブレコーダーは、ある程度鮮明に撮影できないと意味がありません。高画質の目安になるのがフルHDです。フルHDは一般的に、画素数200万画素、解像度1920×1080のものを表します。1080Pは1920×1080を略したものです。

 

フルHD以上の画質なら、ナンバープレートも読み取れる鮮明な映像を撮影できます。解像度は下げて撮影することもできますが、最高フルHD以上のドライブレコーダーなら見やすい映像を撮影できるので安心です。

広い範囲を撮りたいなら360度対応など「画角」の広いもの

ドライブレコーダーの画角が広いほど、広範囲を撮影することができます。画角には水平画角・垂直画角・対角画角があり、垂直画角108度以上のものが良いといわれています。ただし、数字が大きい対角画角だけ公表されているモデルも多いので、120度以上を目安にしましょう。

 

単純に画角が広いほど良いというわけではなく、画角が広いほど画質は低下するので注意が必要です。ドライブレコーダーの画角は、画質を重視するか、広い範囲を撮影することを優先するかで選びましょう。

明暗に強いものが欲しいなら「HDR・WDR」対応

ドライブレコーダーは夜間の撮影では白とびや黒つぶれが起きやすく、逆光の場合も見えにくい映像になってしまいます。HDR・WDRは、明暗の強い場所でも映像を補正して見やすい映像を記録します。HDRとWDRは厳密には異なる機能ですが、ほとんど同じ意味で使われています。

 

明暗に強いドライブレコーダーが欲しいなら、対応しているかチェックしておきましょう。どちら片方を搭載したバイク用ドライブレコーダーは多いですが、両方の機能を搭載したものもあります。

滑らかな映像を撮影するなら「フレームレート」の高いもの

動画は静止画を連続撮影して動いているように見せています。フレームレートは、1秒間に撮影した静止画の数を表すもので単位はfpsです。フレームレートが高いほど、滑らかな映像を撮影できます。

 

滑らかな映像を撮影したいなら、高フレームレートのドライブレコーダーを選びましょう。ただし、フレームレートが高いとデータ容量も多くなるので注意が必要です。フレームレートを下げられるドライブレコーダーなら、SDカードの容量も節約できます。

信号の消えた映像をしたくないなら「LED信号」対応モデル

フレームレートがLED信号の点滅周期に連動してしまうと、信号の消灯した映像を撮影してします場合があります。信号が点いていないと、証拠映像と認められないケースもあります。

 

信号が消灯した映像を撮影したくないなら、点滅周期に同期していないこと確認してから購入しましょう。

記録に関する機能で選ぶ

バイク用のドライブレコーダーは音声や位置情報など、映像以外も記録できる機能がついたものがあります。映像以外の記録に関する機能をまとめました。

音声も記録したなら「音声録音機能」

バイク用のドライブレコーダーは、音声録音が可能なモデルも多いです。映像だけでなく、ブレーキ音やクラクションなどの音声も重要な証拠になります。撮影した映像を後から楽しみたい場合も音声を録音できた方が、臨場感が増します。

 

音声を録音できるモデルがほとんどですが、ボリューム調整やオンオフ可能かどうかはモデルによって異なります。購入前にチェックしておきましょう。

速度・時刻・走行軌跡などを記録するなら「GPS」内蔵モデル

GPSを内蔵したドライブレコーダーは、位置情報や速度、時刻など記録できます。止まっていたか動いていたかも記録できるので、重要な証拠になる場合があります。時刻が自動で修正されるのも便利です。

 

ただし、GPSを内蔵したドライブレコーダーは価格が高くなります。バイク用のドライブレコーダーは、オプション品としてGPSを取り付けられるモデルもあります。

その他の機能で選ぶ

バイク用のドライブレコーダーは、画質や映像以外の便利な機能を搭載したモデルも多いです。バイク用のドライブレコーダーの便利な機能についてご紹介します。

ドライブレコーダーで映像を確認したいなら「モニター」付き

モニター付きのドライブレコーダーなら、撮影した映像をパソコンを使わずに確認できます。モニターなしのドライブレコーダーは、パソコンなどを使わないと映像を確認できないので注意が必要です。

 

海外製のバイク用ドライブレコーダーは、モニターが外国語表示のモデルもあります。モニターを日本語表示にできるか確認することも大切です。

スマホと連動したいなら「Wi-Fi対応」モデル

Wi-Fi対応のドライブレコーダーは、スマホと連動して便利な機能が使えます。スマホをモニター代わりに使ったり、スマホでドライブレコーダーの設定変更などが可能です。映像をスマホにダウンロードできるモデルも多いです。

 

ただし、ドライブレコーダーによってWi-Fi対応で出来ることは異なります。カメラの角度をスマホで確認することしかできない場合もあるので、購入前に確認しておきましょう。

データを守りたいなら「バックアップ電源」内蔵モデル

バイクのバッテリーと接続されたドライブレコーダーは、接続が途切れるとデータが破損する場合があります。データを守るためには、バックアップ電源を内蔵したものがおすすめです。

 

バイクのバッテリーから給電されなくなっても、バックアップに接続することでデータの所質を防ぎます。バックアップ電源は、ドライブレコーダーを起動する内蔵バッテリーとは異なるので注意しましょう。

耐久性が高いものが欲しいなら「防塵・防水性能」をチェック

バイク用のドライブレコーダーは、自動車用と違って雨が降ると濡れてしまいます。雨の日も運転する場合は、防塵・防水性能があるものを選びましょう。防塵防水はIP規格で表されることが多く、IP67だと6が防塵性能、7が防水性能を表しています

 

バイク用だと5以上の性能が必要といわれています。IP67は優秀ですが、ドライブレコーダー本体、モニター、カメラで防塵・防水性能が異なるモデルが多いです。カメラは特に気を付ける必要がありますが、各箇所の性能をしっかり確認して選びましょう。

ドライブレコーダーの「盗難防止」を防ぐなら着脱が簡単なモデル

ドライブレコーダーはバイクの盗難防止につけることもありますが、ドライブレコーダー自体も盗まれやすいです。ドライブレコーダーの盗難を防ぎたいなら、着脱が簡単なモデルがおすすめです。

 

当然ですが、ドライブレコーダーを外して持ち帰れば盗まれる心配はありません。着脱が簡単なドライブレコーダーは、複数のバイクで使えるというメリットもあります。

価格の安い海外製を選ぶ場合は、「日本語説明書」があるかチェック

価格が高いバイク用のドライブレコーダーが欲しいなら、海外製のものがおすすめです。日本製のものに比べると価格がリーズナブルなものが多く、多機能でハイスペックなものも増えています。

 

ただし、安いものは日本語説明書がないものやサポートがないものもあるので、注意が必要です。機能を使いこなすためにも説明書は重要なので、できるだけ日本語説明書がついたものを選びましょう。

「記録媒体」の寿命が長いものが欲しいならTLC・MLCのSDカード対応

バイク用ドライブレコーダーは、記録媒体にSDカードを使用します。最も小さいmicroSDカードを使用するものが多いですが、ドライブレコーダごとに対応したSDカードの種類は異なります。SDカードは、書き込み方式で「SLC」「MLC」「TLC」の3種類に分けられます。

 

ドライブレコーダーは、SDカードを繰り返し使用するので寿命が長い方が使いやすいです。MLCは1万回、SLCは10万回と繰り返し録画が可能で、非常に寿命が長くなっています。SLC、MLCのSDカードに対応したドライブレコーダーがおすすめです。

メーカーで選ぶ

バイク用のドライブレコーダーは、海外製も含めて多くのメーカーから販売されています。バイク用のドライブレコーダーを販売するメーカーについてまとめました。

耐久性の高い日本製のものが欲しいなら「ミツバサンコーワ」がおすすめ

ミツバサンコーワは、日本の大手自動車部品メーカーのグループ企業です。ミツバサンコーワのバイク用ドライブレコーダーは防塵・防水性能が高く、耐振動性でも厳しい試験をクリアしています。バックアップ電源内蔵で、データが破損する可能性も少ないです。

 

モニターはありませんが、Wi-Fiに対応しているのでスマホで映像を確認できます。耐久性の高い日本製のドライブレコーダーが欲しいならおすすめです。

小型でハイスペックなものが欲しいなら「アサヒリサーチ」がおすすめ

アサヒリサーチは、警察と共同開発を行っていることでも知られるメーカーです。あまり知名度は高くありませんが、白バイ隊員が使用していることが信頼性の高さを証明しています。キャラクターとのコラボ企画なども行っています。

 

ヘルメットに取り付けるドライブレコーダーも多く、小型でハイスペックなものが欲しいならおすすめです。

玄人向けのものが欲しいなら「KIJIMA(キジマ)」がおすすめ

キジマはバイク用グッズやカスタムパーツを販売するメーカーです。バイクを趣味として楽しむ人向けの本格派の製品を製造していることで知られています。ドライブレコーダーも取り付けが少し難しくなりますが、ハイスペックなモデルを販売しています。

自分で簡単に取り付けられるものが欲しいなら「DAYTONA(デイトナ)」がおすすめ

デイトナはバイクパーツの老舗メーカーで、バイク用ドライブレコーダーも販売しています。幅広い種類のバイクのパーツに精通しているため、さまざまな車種に違和感なく取り付けられる製品が多いです。初心者でも自分で簡単に取り付けられるのも魅力。

 

バイクにマッチしやすいデザインのドライブレコーダーが欲しい方におすすめです。

自動車用のドライブレコーダーメーカのものが欲しいなら「Yupiteru(ユピテル)」がおすすめ

ユピテルは、自動車用のドライブレコーダーの大手メーカーです。360度撮影できる自動車用のドライブレコーダーを業界で初めて販売したことで知られています。

 

バイクのドライブレコーダーは数が少ないですが、Wi-Fi対応でGPS内蔵しているハイスペックなモデルを販売しています。

コスパのいいものが欲しいなら「AKEEYO(アキーヨ)」がおすすめ

アキーヨは主にドライブレコーダーを扱う中国のメーカーです。2016年に設立された新興企業ですが、コストパフォーマンスの高さが魅力です。リーズナブルな商品が欲しい方におすすめです。

バイク用ドライブレコーダー専門メーカー商品が欲しいなら「vsysto(ブイシスト)」がおすすめ

〇〇はバイク用ドライブレコーダーを製造しているメーカーです。バイク用ドライブレコーダーを専門にしているため、ニーズに合った商品が揃っています。Wi-Fi対応・GPS搭載・防水・暗視機能など充実した機能が魅力です。

駐車監視機能が欲しいなら「LANCERTECH(ランサーテック)」がおすすめ

バイク用ドライブレコーダーには珍しい駐車監視機能を搭載したドライブレコーダーを販売しているメーカーです。コストパフォーマンスにも優れているため、リーズナブルな商品が欲しい方にもおすすめです。

前後2カメラのバイク用ドライブレコーダーの人気おすすめランキング3選

高画質でわかりやすい操作が魅力

前後カメラ共に200万画素を採用しています。くっきりと綺麗な撮影が可能です。カメラは共に防水・防塵機能い優れており、広角130度で撮影ができます。エンジンに連動した録画機能・Gセンサー・ループ録画などを搭載しています。

 

わかりやすいリモコンやスマートフォンのアプリにも対応しており、設定も簡単に行うことができます。

録画・録音機能 常時録画・ループ録画・衝撃録画(Gセンサー)・手動記録 カメラタイプ 前後2カメラ
電源 内蔵バッテリー 防水・防塵 カメラ部:IP67
記録媒体 SDカード 画素数・解像度 200万画素・1920×1080
画角 130°広角 無線LAN(Wi-Fi)
センサー Gセンサー 駐車監視機能

口コミを紹介

リアカメラ映像はA2Fの時と同様に街灯がひとつでもあれば、十分に周囲の状況を記録することができる。
肉眼では見えないところまで記録されているので頼もしい性能といえる。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

サンコー

衝撃感知&完全防水!バイク用前後ドライブレコーダー SGPMCWDR

最大1TBのmicroSDカードに対応

30分間水の中に入れても問題レベルの完全防水が施されたバイク用の前後2カメラドライブレコーダーです。IP67で防塵性も高いので、粉塵にも強くなっています。広角150度で150度で両側も見逃さずに撮影できます。

 

対応するmicroSDカードの容量が最大1TBなのも特徴です。大容量のSDカードを使って、映像が撮影できます。

録画・録音機能 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能) カメラタイプ 前後2カメラ
電源 車体給電・USB 防水・防塵 IP67
記録媒体 microSDカード 画素数・解像度 1920×1080
画角 150° 無線LAN(Wi-Fi) -
センサー Gセンサー 駐車監視機能 -
1位

V-SYS Technology

VSYSTO バイク用 ドライブレコーダー 前後2カメラ P6F

多機能で防水性も優秀

IP65以上の完全防水にGPS内蔵、Wi-Fi対応と多機能なバイク用前後2カメラドライブレコーダーです。リアカメラにSuper night超暗視機能を搭載しており、夜間でも鮮明な映像を撮影できます。前後2カメラともに、上書きできない映像を10ファイルまで保存可能です。

 

2インチのモニターがタッチパネル式で、リモコンでもドライブレコーダーの操作ができます。多機能で使い勝手の良いドライブレコーダーが欲しい方におすすめです。

録画・録音機能 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能) カメラタイプ 前後2カメラ
電源 車体給電 防水・防塵 カメラ部:IP67本体:IP65アクセサリー:IP65
記録媒体 MicroSDカード 画素数・解像度 200万画素・1920×1080
画角 150° 無線LAN(Wi-Fi)
センサー Gセンサー 駐車監視機能 -

口コミを紹介

画質はとてもきれいで特にリアは夜間でも月明かりの強い日のように目に見えて明るく映るので感動ものです。

出典:https://www.amazon.co.jp

前後2カメラのバイク用ドライブレコーダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:8028931の画像

    V-SYS Technology

  • 2
    アイテムID:8028930の画像

    サンコー

  • 3
    アイテムID:8028927の画像

    V-SYS Technology

  • 商品名
  • VSYSTO バイク用 ドライブレコーダー 前後2カメラ P6F
  • 衝撃感知&完全防水!バイク用前後ドライブレコーダー SGPMCWDR
  • ドライブレコーダー P6FL
  • 特徴
  • 多機能で防水性も優秀
  • 最大1TBのmicroSDカードに対応
  • 高画質でわかりやすい操作が魅力
  • 価格
  • 17,999円(税込)
  • 19,800円(税込)
  • 15,999円(税込)
  • 録画・録音機能
  • G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)
  • 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)
  • 常時録画・ループ録画・衝撃録画(Gセンサー)・手動記録
  • カメラタイプ
  • 前後2カメラ
  • 前後2カメラ
  • 前後2カメラ
  • 電源
  • 車体給電
  • 車体給電・USB
  • 内蔵バッテリー
  • 防水・防塵
  • カメラ部:IP67本体:IP65アクセサリー:IP65
  • IP67
  • カメラ部:IP67
  • 記録媒体
  • MicroSDカード
  • microSDカード
  • SDカード
  • 画素数・解像度
  • 200万画素・1920×1080
  • 1920×1080
  • 200万画素・1920×1080
  • 画角
  • 150°
  • 150°
  • 130°広角
  • 無線LAN(Wi-Fi)
  • -
  • センサー
  • Gセンサー
  • Gセンサー
  • Gセンサー
  • 駐車監視機能
  • -
  • -

駐車監視対応バイク用ドライブレコーダーの人気おすすめランキング3選

衝撃検知と動体検知で24時間駐車監視

24時間の駐車監視が可能なバイク用ドライブレコーダーです。駐車中に動きや衝撃を検知すると、自動で撮影を開始します。事故やアクシデント時の記録は、上書き撮影されないようにロックされます。

 

暗視機能搭載でWDRに対応しているので、昼夜を問わず鮮明な映像が撮影可能です。ハンドルにリモコンを取り付けることで、手元で様々な操作ができます。

録画・録音機能 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能) カメラタイプ 前後2カメラ
電源 車体給電・USB 防水・防塵 カメラ部:IP67モニター:IP65
記録媒体 microSDカード 画素数・解像度 1920×1080
画角 140° 無線LAN(Wi-Fi)
センサー GPS・Gセンサー 駐車監視機能

口コミを紹介

4インチのtouchパネルディスプレイ、携帯やパソコンでも見れるBluetooth機能。128Gbまで使えるマイクロSDカード、全体防水、GPSまでついてこの価格なら普通に使えたら文句言いようないすね

出典:https://www.amazon.co.jp

フロント・リアカメラの同時表示も可能

駐車後に衝撃を検知すると録画を開始するバイク用ドライブレコーダーです。4インチのモニターには、4種類の表示が可能で2分割やPIPでフロントとリアの同時表示もできます。海外メーカーですが、PDF版の日本語説明書が用意されています。

 

自分の取りたいタイミングで、15秒間の手動撮影が可能です。

録画・録音機能 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 カメラタイプ 前後2カメラ
電源 車体給電 防水・防塵 IP65
記録媒体 SDカード 画素数・解像度 200万画素・1920×1080
画角 対角140° 無線LAN(Wi-Fi) -
センサー 駐車監視機能

口コミを紹介

価格からして非常にリーズナブルな商品でした。満足して使用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

防水性が高くタッチパネルも搭載

駐車中に衝撃を検知すると、25秒間撮影が可能なバイク用ドライブレコーダーです。カメラ・本体だけでなくリモコンとケーブルまで含む完全防水なので、雨の中でも安心して使用できます。

 

モニターはタッチパネル式なので、触って操作もできます。走行時間や走行速度を設定することで、それを越えると警告する安全走行モードも搭載されています。

録画・録音機能 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能) カメラタイプ 前後2カメラ
電源 車体給電 防水・防塵 カメラ部:IP67 本体:IP66
記録媒体 SDカード 画素数・解像度 200万画素・1920×1080
画角 140° 無線LAN(Wi-Fi)
センサー GPS・Gセンサー 駐車監視機能

口コミを紹介

フルHD1080Pの高い動画品質で録画が出来るという事で試しに買ってみました。使ってみたら、日差し、暗い夜道、トンネルを通る時でも鮮明に動画を録画する事が出来ていたので驚きました。この値段の割にしっかりしてるなって感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

駐車監視対応バイク用ドライブレコーダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:8028942の画像

    Blueskysea

  • 2
    アイテムID:8028939の画像

    TOPRUI

  • 3
    アイテムID:8028936の画像

    CHERISH

  • 商品名
  • バイク用ドライブレコーダー DV988
  • TOPRUI オートバイ専用ドライブレコーダー
  • CHERISH バイク用 ドライブレコーダー
  • 特徴
  • 防水性が高くタッチパネルも搭載
  • フロント・リアカメラの同時表示も可能
  • 衝撃検知と動体検知で24時間駐車監視
  • 価格
  • 17,999円(税込)
  • 9,498円(税込)
  • 15,999円(税込)
  • 録画・録音機能
  • 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)
  • 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画
  • G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)
  • カメラタイプ
  • 前後2カメラ
  • 前後2カメラ
  • 前後2カメラ
  • 電源
  • 車体給電
  • 車体給電
  • 車体給電・USB
  • 防水・防塵
  • カメラ部:IP67 本体:IP66
  • IP65
  • カメラ部:IP67モニター:IP65
  • 記録媒体
  • SDカード
  • SDカード
  • microSDカード
  • 画素数・解像度
  • 200万画素・1920×1080
  • 200万画素・1920×1080
  • 1920×1080
  • 画角
  • 140°
  • 対角140°
  • 140°
  • 無線LAN(Wi-Fi)
  • -
  • センサー
  • GPS・Gセンサー
  • GPS・Gセンサー
  • 駐車監視機能

ヘルメット装着バイク用ドライブレコーダーの人気おすすめランキング3選

3位

バイク用品店 バイクワールド

デイトナ 96864 DDR-S100 ドライブレコーダー

ヘルメットとバイクの両方に装着可能

バイクのバッテリーと内蔵バッテリーの両方で、起動するバイク用ドライブレコーダーです。バイクとヘルメットの両方に取り付けることができます。ケーブルも防水性なのでバイクのバッテリから給電しながらでも、撮影可能です。

 

128GBのSDカードを使用すれば、フルHDでも14時間撮影できます。Gセンサーのイベント録画で事故時の映像を専用フォルダに保存するので、上書きの心配がありません。

録画・録音機能 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能) カメラタイプ 前1カメラ
電源 車体給電・内蔵バッテリー 防水・防塵 IP66
記録媒体 microSDHCカード/microSDXCカード 画素数・解像度 200万画素・1920×1080
画角 120° 無線LAN(Wi-Fi) -
センサー Gセンサー 駐車監視機能 -

高画質でWi-Fiにも対応

フルHDを越えた2K画質で録画できるヘルメット装着型バイク用ドライブレコーダーです。両面テープでヘルメットに簡単に取り付けられます。カメラの角度を確認するためにWi-Fi対応に対応していますが、動画の撮影もスマホで可能です。

 

GPS内蔵で位置情報を記録し、時刻も自動修正できます。

録画・録音機能 手動録画 音声録音 カメラタイプ 前1カメラ
電源 内蔵バッテリー 防水・防塵 IP56
記録媒体 microSDXCカード 画素数・解像度 300万画素・2304x1296
画角 水平91°/垂直50°/対角106° 無線LAN(Wi-Fi)
センサー GPS 駐車監視機能 -

口コミを紹介

自分で思っていたより使い勝手も良く画像が綺麗でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

アサヒリサーチ(Asahirisachi)

バイク用ヘルメット装着型ドライブレコーダー BS-8a-B

使い勝手の良い警察仕様のバイク用ドライブレコーダー

警視庁・大阪府警に納入されている警察仕様のヘルメット装着型のドライブレコーダーです。フル充電の状態なら、フルHDで8時間の連続撮影ができます。LEDライト付きで暗い場所でも撮影できます。

 

一定時間動作がないと、録画をストップして消費電力を抑えるスリープ機能付きです。動きを検知すると自動で録画を再開します。ドライブレコーダー本体をケーブルでTVやPCと接続して、映像を見ることも可能です。

録画・録音機能 手動録画 音声録音 カメラタイプ 前1カメラ
電源 内蔵バッテリー 防水・防塵 IP56
記録媒体 microSDHCカード(8GB~32GB) 画素数・解像度 撮影画素:約200万画素 イメージセンサ:300万画素・1920x1080
画角 水平96°/垂直64°/対角104° 無線LAN(Wi-Fi) -
センサー - 駐車監視機能 -

口コミを紹介

先ずは何と言っても、画像が綺麗だ!長時間のツーリング記録にと思い・・・画質を低い方に設定しているが、それでも再生してみれば、綺麗だ~~~使いやすさも最高で、グローブをはめたままでも、迷うことなく誤作動も全くない!

出典:https://www.amazon.co.jp

ヘルメット装着バイク用ドライブレコーダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:8028951の画像

    アサヒリサーチ(Asahirisachi)

  • 2
    アイテムID:8028948の画像

    アサヒリサーチ(Asahirisachi)

  • 3
    アイテムID:8028947の画像

    バイク用品店 バイクワールド

  • 商品名
  • バイク用ヘルメット装着型ドライブレコーダー BS-8a-B
  • ドライブレコーダー BS-10
  • デイトナ 96864 DDR-S100 ドライブレコーダー
  • 特徴
  • 使い勝手の良い警察仕様のバイク用ドライブレコーダー
  • 高画質でWi-Fiにも対応
  • ヘルメットとバイクの両方に装着可能
  • 価格
  • 21,500円(税込)
  • 25,000円(税込)
  • 20,900円(税込)
  • 録画・録音機能
  • 手動録画 音声録音
  • 手動録画 音声録音
  • 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)
  • カメラタイプ
  • 前1カメラ
  • 前1カメラ
  • 前1カメラ
  • 電源
  • 内蔵バッテリー
  • 内蔵バッテリー
  • 車体給電・内蔵バッテリー
  • 防水・防塵
  • IP56
  • IP56
  • IP66
  • 記録媒体
  • microSDHCカード(8GB~32GB)
  • microSDXCカード
  • microSDHCカード/microSDXCカード
  • 画素数・解像度
  • 撮影画素:約200万画素 イメージセンサ:300万画素・1920x1080
  • 300万画素・2304x1296
  • 200万画素・1920×1080
  • 画角
  • 水平96°/垂直64°/対角104°
  • 水平91°/垂直50°/対角106°
  • 120°
  • 無線LAN(Wi-Fi)
  • -
  • -
  • センサー
  • -
  • GPS
  • Gセンサー
  • 駐車監視機能
  • -
  • -
  • -

Wi-Fi対応バイク用ドライブレコーダーの人気おすすめランキング3選

3位

パークアップ 楽天市場店

バイク専用ドライブレコーダー BDR-2 WiFi

グーグルアースで走行軌跡が確認できる

イベント録画・GPS内蔵・Wi-Fi対応のバイク用ドライブレコーダーです。スマホの専用アプリで映像の解像度の変更やSDカードのフォーマットもできます。常時録画中に録画ボタンを押すことで、前10秒・後20秒の映像を専用フォルダに保存可能です。

 

HDR対応で、白とびや黒つぶれを補正して鮮明な映像を記録します。GPSで保存した走行軌跡は、グーグルアース上で確認できます。

録画・録音機能 常時録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能) カメラタイプ 前1カメラ
電源 車体給電 防水・防塵 IP55
記録媒体 SDHCカード 画素数・解像度 200万画素・1920×1080
画角 水平121°/垂直62°/対角154° 無線LAN(Wi-Fi)
センサー GPS・Gセンサー 駐車監視機能 -

耐久性に優れたWi-Fi対応前後2カメラドライブレコーダー

傷に強い3インチのモニターを搭載したWi-Fi対応バイク用ドライブレコーダーです。全体が防水加工されているので、急な雨でも安心して使えます。ただし、完全防水ではないので、濡れた後は水抜きして乾かす必要があります。

 

GPSはオプションで取り付けることができます。1年保証と日本語説明書が付属するので、安心して使えます。

録画・録音機能 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能) カメラタイプ 前後2カメラ
電源 車体給電 防水・防塵 カメラ部:IP67 モニター部:IP65
記録媒体 microSDカード 画素数・解像度 200万画素・1920×1080
画角 120° 無線LAN(Wi-Fi)
センサー Gセンサー 駐車監視機能 -

口コミを紹介

作りはしっかりとしている印象。ちゃっちく無いのもよかった。
映像も必要な期待には応えてはくれている印象
何より最大のポイントは、本体もカメラも完全防水と言う事。これは安心。

出典:https://www.amazon.co.jp

リアルタイムで映像をシェアできる

常時録画機能付きで、ワンタッチで上書きできない映像を保存できるバイク用Wi-Fi対応ドライブレコーダーです。リモコンのボタンを押せば簡単に、映像が上書きできない状態にできます。もちろん、衝撃を検知しても前後の映像を上書きできない状態で保存します。

 

ソニーのイメージセンサーを搭載しており、夜間でも鮮明な映像を撮影できます。Wi-Fi対応ドライブレコーダーはスマホでSNSなどに投稿できますが、このモデルはリアルタイムで映像を投稿できます。撮影した映像をシェアしたい方におすすめです。

録画・録音機能 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音 カメラタイプ 前後2カメラ
電源 車体給電 防水・防塵 カメラ部:IP67
記録媒体 Micro SDカード 画素数・解像度 200万画素・1920×1080
画角 160° 無線LAN(Wi-Fi)
センサー GPS・Gセンサー 駐車監視機能 -

口コミを紹介

5年ほど前に購入した、ユピ◯ル製の
自動車用のドラレコよりも、
画質がよくて、感心しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

Wi-Fi対応バイク用ドライブレコーダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:8028960の画像

    WonVon

  • 2
    アイテムID:8028957の画像

    AKEEYO

  • 3
    アイテムID:8028956の画像

    パークアップ 楽天市場店

  • 商品名
  • バイク用 ドライブレコーダー MT1
  • バイク用 ドライブレコーダー 前後カメラ AKY-958
  • バイク専用ドライブレコーダー BDR-2 WiFi
  • 特徴
  • リアルタイムで映像をシェアできる
  • 耐久性に優れたWi-Fi対応前後2カメラドライブレコーダー
  • グーグルアースで走行軌跡が確認できる
  • 価格
  • 14,966円(税込)
  • 16,888円(税込)
  • 44,000円(税込)
  • 録画・録音機能
  • 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音
  • 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)
  • 常時録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)
  • カメラタイプ
  • 前後2カメラ
  • 前後2カメラ
  • 前1カメラ
  • 電源
  • 車体給電
  • 車体給電
  • 車体給電
  • 防水・防塵
  • カメラ部:IP67
  • カメラ部:IP67 モニター部:IP65
  • IP55
  • 記録媒体
  • Micro SDカード
  • microSDカード
  • SDHCカード
  • 画素数・解像度
  • 200万画素・1920×1080
  • 200万画素・1920×1080
  • 200万画素・1920×1080
  • 画角
  • 160°
  • 120°
  • 水平121°/垂直62°/対角154°
  • 無線LAN(Wi-Fi)
  • センサー
  • GPS・Gセンサー
  • Gセンサー
  • GPS・Gセンサー
  • 駐車監視機能
  • -
  • -
  • -

ミツバのバイク用ドライブレコーダーの人気おすすめランキング3選

3位

耐久性の高いバイク用ドライブレコーダー

耐久性に優れた前1カメラのWi-Fi対応バイク用ドライブレコーダーです。モニターはありませんが、Wi-Fi対応なのでスマホを使用して簡単に映像を確認できます。WDR搭載で明暗差を補正でき、全国のLED信号にも対応しています。

 

衝撃を検知してイベント録画を行うGセンサーは、5段階で細かく感度の設定が可能です。

 

 

録画・録音機能 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能) カメラタイプ 前1カメラ
電源 車体給電 防水・防塵 カメラ部:IP66 本体:IP55
記録媒体 microSDカード 画素数・解像度 200万画素・1920×1080
画角 水平137.4°/垂直73.6°/対角162 無線LAN(Wi-Fi)
センサー GPS・Gセンサー 駐車監視機能 -
2位

Wi-Fi対応の広画角バイク用ドライブレコーダー

ミツバサンコーワのバイク用前後2カメラドライブレコーダーです。EDR-11と比較するとGPSは内蔵していませんが、前後の撮影が可能になっています。広画角なので、広い範囲の撮影が可能です。

 

Wi-Fi対応ですが、時刻や解像度などの設定にスマホが必須な点は注意しましょう。

録画・録音機能 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能) カメラタイプ 前後2カメラ
電源 車体給電 防水・防塵 IP66/67 本体:IP55
記録媒体 microSDカード 画素数・解像度 1920×1080
画角 水平137.4°/垂直73.6°/対角162° 無線LAN(Wi-Fi)
センサー Gセンサー 駐車監視機能 -

口コミを紹介

画質は良く、証拠能力は高そうだ
頻繁に映像を確認するわけでは無いのでモニター無しは良いと思う

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

前後2カメラでGPS内蔵の日本製バイク用ドライブレコーダ

ミツバサンコーワのバイク用ドライブレコーダーで最もハイスペックなモデルです。前後2カメラタイプでWi-Fi対応、GPSも内蔵しています。防塵・防水性能があり、振動やバイクのノイズにも強くなっています。

 

常時録画・イベント録画に対応しており、GPSで位置情報や速度も記録できます。耐久性が高くハイスペックな日本製のバイク用ドライブレコーダーが欲しい方におすすめです。

録画・録音機能 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能) カメラタイプ 前後2カメラ
電源 車体給電 防水・防塵 IP66/67 本体:IP55
記録媒体 microSDカード 画素数・解像度 200画素・1920×1080
画角 水平137.4°/垂直73.6°/対角162° 無線LAN(Wi-Fi)
センサー GPS・Gセンサー 駐車監視機能 -

口コミを紹介

モニターはありませんがオートバイ専用のため必要性は感じません、スマホアプリで画像確認も素早くでき信頼性も高いです
取付も簡単で説明書も丁寧に詳しく分かり易いです

出典:https://www.amazon.co.jp

ミツバのバイク用ドライブレコーダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:8028969の画像

    ミツバサンコーワ

  • 2
    アイテムID:8028966の画像

    ミツバサンコーワ

  • 3
    アイテムID:8028965の画像

    ミツバサンコーワ

  • 商品名
  • 二輪車用ドライブレコーダー 2カメラ+GPS EDR-21G
  • バイク専用ドライブレコーダー EDR-21 前後2カメラ
  • バイク専用ドライブレコーダー EDR-11 1カメラ EDR-11
  • 特徴
  • 前後2カメラでGPS内蔵の日本製バイク用ドライブレコーダ
  • Wi-Fi対応の広画角バイク用ドライブレコーダー
  • 耐久性の高いバイク用ドライブレコーダー
  • 価格
  • 36,300円(税込)
  • 25,910円(税込)
  • 20,327円(税込)
  • 録画・録音機能
  • 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)
  • 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)
  • 常時録画 G(加速度)センサー録画 手動録画 音声録音(ON/OFF切換え可能)
  • カメラタイプ
  • 前後2カメラ
  • 前後2カメラ
  • 前1カメラ
  • 電源
  • 車体給電
  • 車体給電
  • 車体給電
  • 防水・防塵
  • IP66/67 本体:IP55
  • IP66/67 本体:IP55
  • カメラ部:IP66 本体:IP55
  • 記録媒体
  • microSDカード
  • microSDカード
  • microSDカード
  • 画素数・解像度
  • 200画素・1920×1080
  • 1920×1080
  • 200万画素・1920×1080
  • 画角
  • 水平137.4°/垂直73.6°/対角162°
  • 水平137.4°/垂直73.6°/対角162°
  • 水平137.4°/垂直73.6°/対角162
  • 無線LAN(Wi-Fi)
  • センサー
  • GPS・Gセンサー
  • Gセンサー
  • GPS・Gセンサー
  • 駐車監視機能
  • -
  • -
  • -

以下の記事では、ドライブレコーダーの充電に便利なバイク用USB電源の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

バイク用ドライブレコーダーの取り付け場所

バイク用ドライブレコーダーは、大きく分けて3つの取り付け場所があります。それぞれの取り付け方のメリット、デメリットなどをまとめました。

ハンドルはステーの取り付けが簡単

ハンドルは取り付け場所としては、オーソドックスで比較的簡単にできます。ステーやマウントが簡単に取り付けることができ、シガーソケットがハンドルの近くになるバイクは多いです。特別な工具は不要でメンテナンス用の工具で取り付けられるのもメリットです。

 

ただし、取り付けが難しくない場所なので、他のアクセサリーも取り付けると運転の邪魔になる場合もあります。煩雑にならないように、コードを整理して取り付けましょう。

バイクの高さで撮影できる車体

ミラーやヘッドライト、サイドカウルなど車体に装着するタイプは、取り付けが難しいですがメリットも大きいです。本体とカメラを別に設置する場合は配線が面倒になり、バイクの車種に合わせる必要もあります。

 

サイドや低い位置に取り付けるとカメラが無防備になるので、ドライブレコーダーの耐久性も考えた方がいいでしょう。ヘッドライトの近くに取り付ける場合は、点灯した場合もドライブレコーダーがダメージを受ける可能性が低くなります。

 

バイクの高さから見た映像が撮影できるので、より臨場感のある映像を撮影できるのがメリットです。ただし、難易度が高いので自分で取り付ける場合は注意が必要です。

目線で録画したいならヘルメット

ヘルメットに装着するタイプのバイク用ドライブレコーダーは、ヘルメットにマウントを取り付けて両面テープなどで固定します。内蔵バッテリーで起動するので、ドライブレコーダーを固定するだけで使えるのがメリットです。

 

きちんと固定できれば目線の高さの映像を撮影できます。ただし、頭を動かすとカメラが動いてしまうので、ブレが大きくなるのがデメリットです。

ヘルメット装着タイプでは前後を撮影することはできない

ヘルメット装着タイプのドライブレコーダーでは構造上の問題で前後の撮影ができないことを知っておきましょう。ヘルメット装着タイプにもメリットがありますが、前方も後方も撮影したい場合は車体に装着するタイプを選びましょう。

自分で取り付けられない場合は?取り付け工賃について

バイク用のドライブレコーダーを自分で取り付けられない場合は、業者に取り付けを依頼した方がいいでしょう。バイク用のドライブレコーダーの取り付け工賃は、購入店に依頼した場合でも1万円以上かかるのが普通です。

 

また、持ち込んだドライブレコーダーを取りつける場合は、更に費用が高くなります。工賃がドライブレコーダーの購入代金より高くなることも考えられるので、注意が必要です。バイク装着型など取り付けが簡単なタイプなら、工賃を節約できます。

 

下記のサイトは、電装系・ライト関連の作業工賃や必要な時間を掲載しています。電装の欄にドライブレコーダーの取り付け工賃が書かれているので、ぜひご覧ください。

アクションカメラで代用できる場合も

バイク用ドライブレコーダーの代わりに、アクションカメラで撮影を行うのもありでしょう。アクションカメラはバイクやヘルメットに装着でき、高画質で手ブレ補正性能が優れています。

 

駐車監視機能はありませんし、証拠映像を撮影するのならドライブレコーダーの方が使いやすいです。しかし、風景を撮影するために使用するなら、アクションカメラの方が向いています。下記の記事でアクションカメラについて詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

自動車用のドライブレコーダーを確認したいなら

自動車用のドライブレコーダーは、バイク用と比べて非常に数が多いです。360度撮影が可能なものやルームミラーの形をしたものなど、さまざまなタイプが販売されています。下記の記事では、自動車用のドライブレコーダーを詳しくご紹介しています。

 

自動車にもドライブレコーダーを取り付ける予定があるなら、ぜひご覧ください

まとめ

バイク用のドライブレコーダーのおすすめランキングや選び方をご紹介しました。バイク用のドライブレコーダーは防塵・防水性能があるものが多く、バイク向けに設計されています。ぜひ、お気に入りのバイク用のドライブレコーダーを見つけてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年09月04日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】ユピテルドライブレコーダーの人気おすすめランキング15選【360度カメラも】

【2021年最新版】ユピテルドライブレコーダーの人気おすすめランキング15選【360度カメラも】

カー用品
【2021年最新版】駐車監視機能ドライブレコーダーの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】駐車監視機能ドライブレコーダーの人気おすすめランキング15選

カー用品
【2021年最新版】2カメラドライブレコーダーの人気おすすめランキング15選【取り付け方法も紹介!】

【2021年最新版】2カメラドライブレコーダーの人気おすすめランキング15選【取り付け方法も紹介!】

カー用品
フルHDドライブレコーダーの人気おすすめランキング15選【駐車監視対応も】

フルHDドライブレコーダーの人気おすすめランキング15選【駐車監視対応も】

カー用品
【2021年最新版】ケンウッドのドライブレコーダーの人気おすすめランキング15選【前後対応】

【2021年最新版】ケンウッドのドライブレコーダーの人気おすすめランキング15選【前後対応】

カー用品
【2021年最新版】コムテック製ドライブレコーダーの人気おすすめランキング15選【ZDR25・ZDR26】

【2021年最新版】コムテック製ドライブレコーダーの人気おすすめランキング15選【ZDR25・ZDR26】

カー用品