【2021年最新版】ミラー型ドライブレコーダーの人気おすすめランキング10選

記事ID9656のサムネイル画像

煽り運転や交通事故時に頼りになるドライブレコーダー。ミラー型のドライブレコーダーは取り付けが簡単で人気です。この記事では、前後録画、フルHD対応、ループ録画、駐車監視機能など様々なミラー型ドライブレコーダーの人気ランキングと選び方をご紹介します。

取り付け簡単!今すぐつけたいミラー型ドライブレコーダー

煽り運転が深刻な社会問題となっている現代、多くのドライバーにとってドライブレコーダーは是が非でも取り付けたいアイテムですよね。しかし、ドライブレコーダーを取り付けようと思い立っても、費用や取り付け方法などで迷う人も多いのではないでしょうか。

 

ミラー型のドライブレコーダーは、他のドライブレコーダーに比べると取り付けが簡単なため、機械操作が苦手な人でも扱いやすいです。その手軽さから、初めて導入するドライブレコーダーとしておすすめの商品です。

 

そこで今回はミラー型ドライブレコーダーの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。ランキングは、機能性や価格・口コミやレビュー評価を基準としてピックアップしています。

ミラー型ドライブレコーダーのメリット・デメリットとは

ミラー型のドライブレコーダーは、ルームミラーに取り付けるだけという手軽さ・ルームミラー背後に設置するので運転中の視野を妨げないこと・製品価格が数千円~数万ほどとお手頃な事がメリットです。

対してデメリットは、ルームミラーに取り付ける関係上、ルームミラーと連動して動くため撮影範囲がブレる恐れがある事・通常のミラーよりも視野角が広くなるため、人によっては後ろの車との距離感が掴みにくくなるなどがあります。

ミラー型ドライブレコーダーの選び方

こちらではミラー型ドライブレコーダーの選び方についてまとめています。「タイプ」の違いや「画質」など、重要なポイントは多数あるので確認しておきましょう。

タイプを選ぶ

ミラー型ドライブレコーダーは、大きく分けて「一体型」「セパレート型」の二種類に分けられます。それぞれの特徴を確認しておきましょう。

自分だけが乗る車に取り付けるなら「一体型」

一体型は、カメラとミラーが一体となっているタイプです。ルームミラーとは別にカメラを設置する必要が無いので、車内のスペースを必要とせず省スペースで設置できるのがメリットです。

反面、ルームミラーと連動してカメラが動くので、使用者によっては撮影範囲がブレてしまうことが考えられます。ルームミラーを頻繁に動かしてしまうとその分ブレやすいので、個人用の車両に使用するのがおすすめです。

家族共用の車に取り付けるなら「セパレート型」

セパレートタイプは、一体型と違いカメラとミラーが別れているタイプのことを指します。一体型と違い、カメラが助手席同乗者の前方が見にくいやかさばる等がデメリットですが、ルームミラーを動かしてもカメラが動かないメリットがあります。

 

複数人で車両をシェアしている場合、ルームミラーの適した角度が人によって違うため、頻繁に角度が変わりがちです。一体型だとルームミラーの角度に合わせて撮影範囲がブレがちですが、セパレートタイプはカメラが独立しているため、その心配がありません。

画質は「フルHD対応・200万画素以上」がおすすめ

相手車両のナンバーなどを正確に録画するためには、画質と画素数に優れたドライブレコーダーを選ぶことが重要です。目安として、画質は「フルHD以上」、画素数は「200万画素以上」のドライブレコーダーを選んでください。

画質はフルHDという表記以外に、「1920×1080」「1080p」と記載されていることがあります。また、より鮮明な録画データを残したい場合は1000万画素などの高画質モデルを選ぶのもおすすめです。下記の記事では、フルHDドライブレコーダーについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

煽り運転にも対応できる「前後録画」なら安心

「前後録画」に対応したモデルは、その名のとおり前後両方の録画を行えます。後ろからの追突など、車両の後ろ側で起こるトラブルをカバーできるのが前後録画のメリットです。 

 

またミラー型ドライブレコーダーの中には、駐車時に活躍するバックカメラとして利用できる製品が存在しています。事故の予防・安全性を高めたいといった人は、前後録画機能を備えたミラー型ドライブレコーダーを選んでみてください。

 

下記の記事では、2カメラドライブレコーダーについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

撮影範囲で選ぶ

撮影範囲もミラー型ドライブレコーダー選びにおいて確認しておきたい要素の一つです。撮影範囲が広い程、証拠として残せる範囲が広がります。

視野角は「180〜200度以上」が目安

撮影範囲が広ければ広い程、事故当時の周囲の状況が把握しやすいので、撮影範囲が広いに越したことはありません。人間の視野がおおよそ180°と言われているので、目安として「視野角180°~200°程度」のミラー型ドライブレコーダーを選ぶようにしましょう。

死角なし!「360度全方位型」も人気

前と後ろだけでなく、両サイドもカバーしたいと考えている人は、360°カバーする広視野角のミラー型ドライブレコーダーもあります。サイドからの幅寄せなどもカバーしやすいほか、事故当時の車内状況が確認できることもメリットです。

360°対応もミラー型ドライブレコーダーは、商品数が比較的少なく価格も高めですが、より安全性を高めたい人はぜひチェックしてみてください。

夜間走行が多いなら「見にくい暗所に強いモデル」がおすすめ

夜間やトンネル内などの明暗差がある環境の場合、録画データが白くなったり(白飛び)黒く潰れたり(黒つぶれ)することがあります。重要なシーンが白飛び・黒つぶれで確認できないと元も子もないので、暗所で運転することが多い人は、「WDR機能」に注目してください。

「WDR機能」は、明るさを自動調節することで明暗差無くし、白飛びや黒つぶれを抑えます。また「HDR」と呼ばれる機能も同様の効果があるので、チェックしてみてください。

用途に合った機能を選ぶ

さまざまな機能を備えるミラー型ドライブレコーダーがあるので、用途に適した機能を備える商品を選ぶことも大切です。

事故の流れが確認できる「ループ録画」

ループ録画は、3分~15分程度の間隔で録画データを作成する機能です。事故発生時だけでなく、事故に至る前の状況・事故後の状況も記憶したい人は、ループ録画でカバーできます。 容量が一杯になると古いデータを上書き保存をするため、録画し忘れが起こりにくい事もメリットです。

 

ループ録画とよく似た機能として、エンジンのONOFFと録画の開始・停止が連動する「常時録画」という機能があります。こちらも録画し忘れの防止や事故の流れを撮影する目的に適しています。

「Gセンサー」でしっかりイベント記録

「Gセンサー」対応のミラー型ドライブレコーダーは急ブレーキや急ハンドルなど、急激な重力・衝撃を検知すると重要データとして消せない録画データを撮影します。ループ録画などで上書きされることがないので、後から録画データが必要になるケースでも安心です。

また、自車ではなく他車のトラブル・違法行為を録画するときは、「手動録画(マニュアル録画)」機能があると便利です。衝撃を検知しなくとも重要データとして録画できるので、あおり運転などの違法行為を受けたときに活躍します。

防犯対策なら「動体検知機能・駐車監視機能」がおすすめ

車上荒らしや当て逃げなどを対策したいのであれば、「動体検知機能」や「駐車監視機能」の有無をチェックしてみましょう。動くものが映ると自動的に録画を開始する製品もあれば、エンジンを切っても録画を続行してくれる製品などさまざまです。 

駐車監視機能を搭載しているモデルの中でも、何時間録画できるかは商品によって変わります。録画を開始する方式・駐車監視機能を使用できる時間の二点は事前にチェックしてから購入するようにしましょう。下記の記事では、駐車監視機能のあるドライブレコーダーについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

日時や場所を正確に残す「GPS」

人工衛星と通信を行うことで、事故当時の位置や日時・速度状況を記録できる「GPS」対応モデルもおすすめです。正確な位置情報・速度情報を同時に記憶することで、より信用性のある証拠データを記録することができますよ。

反面、通信を行う際に電波を発するので、電波の干渉のなどが考えられるのがデメリットです。ナビやモニターなど、多くの機器を動かすほど干渉しやすいので、電波干渉対策を備えたドライブレコーダーを選ぶことも選択肢の一つです。

GPS搭載機には「電波対策機能」がおすすめ

『GPS・VICS』による電波干渉にも注意が必要です。カメラモジュール、リチウムバッテリ充電回路、内蔵メモリ、画像LSIなどが基板、高周波回路などが搭載されているドライブレコーダーは電波を干渉する物もあり、対策がなされているのを選ぶのも大切な選考基準です。

 

取り付けたはいいが、地デジテレビが見れない、ドライブレコーダーにノイズが出て見にくい、最悪の場合は事故映像が記録されいないなどもありますので、購入の際には電波干渉対策済モデルであることとしっかりレビューを読んで精査してください。

画面は10インチ以上の操作しやすい「タッチパネル対応」が人気!

液晶をタッチすることで操作できる「タッチパネル対応」モデルは、スマホ感覚で操作がしやすく人気を集めています。また、ミラー型ドライブレコーダーを選ぶ際は、画面のサイズもチェックしておきましょう。

 

特にバックミラーとしても活用する場合、10インチ以上のモデルは画面が見やすくおすすめです。12インチと大型の商品も存在しているので、ぜひチェックしてみてください。

給電方法で選ぶ

ドライブレコーダーを選ぶときに給電方法にも注意が必要です。ケーブルの取り回しやシガーソケットやUSBポート、ヒューズの空きがあるかを見て機種を選考するのが大切です。

手軽に取り付けたい方は「シガーソケット」からの給電がおすすめ

一般的に車内電源を簡単に確保に使用されるのがシガーソケットです。ミラー型ドライブレコーダーでも採用されているモデルも多くありますが、車種によってはシガーソケットの位置や増設機なども必要になる場合もありますのでしっかり確認して購入を検討しましょう。

汎用性のあるものがいいなら「USB」からの給電がおすすめ

最近はUSBから電源を取るモデルも多く、その利便性から車にUSBが標準搭載されている車種も多く給電方法としてミラー型ドライブレコーダーに取り入れられている電源の一つです。24時間監視などでモバイルバッテリーなど使用すると効率も良いので確認しておくと良いと思います。

目立たない取付には「ヒューズボックス」からの給電がおすすめ

ヒューズボックスは、主に助手席のダッシュボード下やエンジンルームにあります。ヒューズには低背・ミニ平型・平型と形状があり、そこから車内の電源引き込み使用する事になります。ヒューズボックスの空きや使用アンペアを確認の上、検討しましょう。

メーカーで選ぶ

こちらでは、ミラー型ドライブレコーダーを販売しているメーカーを一部ピックアップし、特徴などを解説しています。気になったメーカーの製品から選んでみるのもおすすめです。

日本製(国産)にこだわるなら「セルスター」

海外製だと数千円程度と安価な製品も存在するドライブレコーダーですが、保証やアフターサポートなどで不安を覚えてしまう人も少なくないでしょう。国内製品は1万~2万程度と価格が高くなるものの、保証面や機能性では優れている製品が多いです。

国内メーカーの一つである「セルスター」は、セパレートタイプの製品が揃う事・夜間対応や12時間の連続録画に対応するなど、機能性に富んだ商品が揃います。

手頃な価格帯で高品質の「TOGUARD」

「TOGUARD」のミラー型ドライブレコーダーは、1万円程度とそこそこな価格ながら、多機能な製品が揃い、総じてコストパフォーマンスに優れている傾向があります。コスト重視の方は、「TOGUARD」製のミラー型ドライブレコーダーを選んでみてはいかがでしょうか。

ミラー型ドライブレコーダー人気おすすめランキング10選

10位

TOGUARD

2021年進化型2.5K 高画質 ドライブレコーダーミラー

2.5K高解像度+HDR・WDR機能+310°大広角レンズ搭載最新モデル

2021年モデルでも高規格な機能を様々搭載しており、2.5K映像録画と広角レンズによる視認性、バックレンジ同期で駐車アシスト、24時間監視、Gセンサーループ録画、HDRとしっかりとした機能でコストパフォーマンスも良いミラー型ドライブレコーダーです

タイプ 一体型 前後録画
フルHD ループ録画

口コミを紹介

画質も前方・後方ともに鮮明に撮影されています。
価格の割にパフォーマンスは良好ですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

前後200万画素のフルHD対応

「バル No.5600 前後録画ドライブレコーダーミラー」は、フロント・バックカメラ共に200万画素のフルHDに対応しており、録画データの画質の良さが好評を得ています。WDR機能により、暗所の録画に対応している点にも注目です。

タイプ 一体型 前後録画
フルHD ループ録画 ×

口コミを紹介

ミラー全体が画面でワイドで綺麗な映像ですばらしい、リヤーカメラのバックモニターの結線しました。カーナビ(TV)にも悪影響は無くとても納得の品質です指先で上下画面の位置調整はとても確認しやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

PORMIDO

12インチデジタルインナミラー型 独立3カメラ

業界唯一3カメラ搭載し車内映像も記録し車上荒らし対策も万全

フロントカメラを本体から完全に分離式業界唯一の3カメラ搭載12インチデジタルインナミラー型ドライブレコーダー独立室内カメラ追加し車上荒らし対策視野角170°超広角、HDR/WDR対応、超鮮明夜間撮影でき光の反射対策電波障害対策も万全です。

タイプ セパレート型3カメラ 前後録画 〇+車内カメラ
フルHD × ループ録画 ×

口コミを紹介

後方ミラーは室内設置していますがスモークフィルム越しでも暗所に強く真っ暗でなければ大抵は映ります。室内カメラは赤外線機能付きなので、真っ暗な中での車上荒らしにも対応するようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

右ハンドル向けに設計されたミラー型ドライブレコーダー

「AKEEYO AKY-X2GR」は、日本車で主流な右ハンドル車向けに設計されている製品です。フロントカメラを右側に配置しているほか、車外に設置できるバックカメラはIP68の防水設計となっています。電波干渉対策もされていて安心です。

タイプ 一体型 前後録画
フルHD ループ録画

口コミを紹介

ミラー下のボタンがモニターにするかバックミラーにするか切り替えるボタン。これがとても便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

360度全方位録画超広角カメラ/GPS搭載/常時録画/駐車監視/HUD/GPS機能搭載

11.88インチの扱いやすいクリアな高画質ミラーで360度全方位録画可能前1920p後1080pのフルHDで鮮明録画GPSも電波干渉対策済で地デジ、カーナビの影響を極限まで軽減。リバース連動もしているので車庫入れも安全に行えます。

タイプ 一体型 前後録画 ○+360度
フルHD ループ録画

口コミを紹介

とりあえずとても驚いたのは、カメラは普通に1つなのに、前面はもちろん、運転席や助手席まで映る事です。専用ビューアを起動させる事で、4分割でそれぞれの場所が表示されます。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ユピテル

常時録画ミラータイプドライブレコーダー

国産メーカーユピテルのフルHD200万画素のミラー型ドライブレコーダー

安心の国産カーアイテムメーカーユピテルのミラー型ドライブレコーダー、フルHD録画1080P、視野角140度をカバー、カメラ位置も調整できるのでどんな車種にも記録範囲にカメラが設置できる設計です。

タイプ 一体型 前後録画 ×
フルHD ループ録画 ×

口コミを紹介

事故に備えて常時撮影する為に購入しました。取り付けも非常に簡単で、配線も自分で作業してきれいに収まりました。取り付けてしまうと、普段あまり意識する事がありませんが、トラブルは1度もありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

Gセンサーやループ録画・マニュアル録画など多数の録画機能搭載

Gセンサーやループ録画はもちろんのこと、こちらのミラー型ドライブレコーダーは手動で録画データを撮影するマニュアル録画にも対応しています。口コミではタッチパネルの操作性の良さも評価されています。

タイプ 一体型 前後録画
フルHD ループ録画

口コミ紹介

・タッチパネルで直感的に操作できる。
・夜でもナンバーが確認出来るほど鮮明。
・カメラレンズが右側なので画角調整し易い。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

セルスター

セルスター ハーフミラー型ドライブレコーダー

国産メーカーセルスターのカメラを自由に設置できるセパレートタイプ

セパレートタイプでフロントは勿論、リアやサイドなど取付場所を選ばない設計となっており、HDR機能搭載で鮮明な映像を記録できます。更にセルスターのレーダー探知機と互換性があるのでセットで装備すれば同期して動作もできる優れものとなります。

タイプ セパレート型 前後録画
フルHD × ループ録画 ×

口コミ紹介

良いですよ。関東、アテンザGJで使用しています。SDカードは、クラス10の64Gbで使えています。カメラと本体がセパレート式なので、ミラーを動かしてもカメラ視線を調整する必要がない。電波干渉は一切ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

前2.5K+後1080P画素+HDR・WDR機能+GPS搭載

GPS機能搭載、170度の超広角レンズを2.5K画質で鮮明に描画。専用の駐車配線を利用し、タイムラプス駐車監視モードができシガーソケットを占有せず24時間録画。しっかりと鮮明に記録するドライブレコーダーです。

タイプ 一体型 前後録画
フルHD ループ録画

口コミ紹介

ドライブレコーダー件デジタルミラーとして購入しました。リヤカメラを取り付けるのは大変だったけど。ミラーに写る画質は満足です。
夜間走行時もよく見えます

出典:https://www.amazon.co.jp

交換式高輝度液晶ミラー・フロント・バック2カメラ搭載

「ニコマク AS-4」は、ミラー交換式でGPS搭載、ミラーの液晶も高輝度鮮明。バックギア入力時は、モニターに後ろの映像を出力できます。10インチのタッチディスプレイで、後ろの様子が確認できる安心感できます。

タイプ 一体型 前後録画
フルHD × ループ録画

口コミを紹介

ドライブレコーダーミラー式取り替え式を購入しました。今回は取り替えにいたしました。画像も綺麗で夜のバックカメラは素晴らしく綺麗に写ります。操作も簡単に扱いやすく・価格の割には良い品物だと思います

出典:https://www.amazon.co.jp

ミラー型ドライブレコーダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6628605の画像

    NikoMaku

  • 2
    アイテムID:6628595の画像

    JADO

  • 3
    アイテムID:6685034の画像

    セルスター

  • 4
    アイテムID:6628584の画像

    PORMIDO

  • 5
    アイテムID:6683451の画像

    ユピテル

  • 6
    アイテムID:6628581の画像

    AKEEYO

  • 7
    アイテムID:6628578の画像

    AKEEYO

  • 8
    アイテムID:6628573の画像

    PORMIDO

  • 9
    アイテムID:6628570の画像

    バル(BAL)

  • 10
    アイテムID:6628567の画像

    TOGUARD

  • 商品名
  • ニコマク AS-4
  • JADO ドライブレコーダー ミラー型
  • セルスター ハーフミラー型ドライブレコーダー
  • ミラー型ドライブレコーダー
  • 常時録画ミラータイプドライブレコーダー
  • AKEEYOドライブレコーダー ミラー型 AKY-V360S
  • AKY-X2GR
  • 12インチデジタルインナミラー型 独立3カメラ
  • No.5600 前後録画ドライブレコーダーミラー
  • 2021年進化型2.5K 高画質 ドライブレコーダーミラー
  • 特徴
  • 交換式高輝度液晶ミラー・フロント・バック2カメラ搭載
  • 前2.5K+後1080P画素+HDR・WDR機能+GPS搭載
  • 国産メーカーセルスターのカメラを自由に設置できるセパレートタイプ
  • Gセンサーやループ録画・マニュアル録画など多数の録画機能搭載
  • 国産メーカーユピテルのフルHD200万画素のミラー型ドライブレコーダー
  • 360度全方位録画超広角カメラ/GPS搭載/常時録画/駐車監視/HUD/GPS機能搭載
  • 右ハンドル向けに設計されたミラー型ドライブレコーダー
  • 業界唯一3カメラ搭載し車内映像も記録し車上荒らし対策も万全
  • 前後200万画素のフルHD対応
  • 2.5K高解像度+HDR・WDR機能+310°大広角レンズ搭載最新モデル
  • 価格
  • 16500円(税込)
  • 17900円(税込)
  • 11840円(税込)
  • 18999円(税込)
  • 15760円(税込)
  • 26580円(税込)
  • 20999円(税込)
  • 24800円(税込)
  • 16800円(税込)
  • 10977円(税込)
  • タイプ
  • 一体型
  • 一体型
  • セパレート型
  • 一体型
  • 一体型
  • 一体型
  • 一体型
  • セパレート型3カメラ
  • 一体型
  • 一体型
  • 前後録画
  • ×
  • ○+360度
  • 〇+車内カメラ
  • フルHD
  • ×
  • ×
  • ×
  • ループ録画
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×

実店舗で画質やサイズを確認してみる

ミラー型ドライブレコーダーインチサイズだけでは無く奥行などのサイズ感画質などを実店舗で確認してからどの機種にするかを検討するのも良いでしょう。

車検対応取付を依頼できる実店舗を検討する

店舗で購入取付までを依頼すると安く済みますし、取り付けの煩わしさも無くカー用品店では車検非対応の取り付け等は請け負ってくれませんので、車検がしっかり通る物を安心して付けて貰えるのもメリットです。

 

ですが、本体がネットで購入するよりやや高くついてしまうのがデメリットでもあります。

大手カー用品店の持ち込みドライブレコーダー取付工賃目安

以下、各店舗カー用品店での持ち込み取付工賃と作業時間の比較です。

 

  • オートバックス/6,050円~(税込)作業時間:30分
  • イエローハット/5,500円~(税込)作業時間:40分
  • ジェームス/4,000円~      作業時間:不明
  • タイヤ館/6,600円~(税込)   作業時間:60分

ミラー型ドライブレコーダー取付に必要工具を準備する

カー用品店などで取り付けに必要な工具もありますので準備も必要です。ケーブルストリッパーや圧着ペンチ、内張剥がし、各種ドライバー、ケーブルの取り回し用のタイラップなど必要工具を揃えると共に注意点なども教えてもらうと安心です。

ドライブレコーダーステッカーで煽り運転を防止!

ドライブレコーダーを搭載していることを、周囲にアピールすることもあおり運転によるトラブル防止に有効です。

以下のサイトにて、ドライブレコーダーステッカーの選び方やおすすめ商品を紹介しているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

録画に必要なmicroSDカードをチェック!

ドライブレコーダーに使用するmicroSDカードの性能によって、録画データをどれだけ保存できるかなどに大きく影響します。

以下のサイトにて、microSDカードの選び方やおすすめ商品を紹介しているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

まとめ

コンパクトで使用しやすいミラー型ドライブレコーダーの選び方やおすすめ商品を特集しました。どうぜ購入するのであれば、しっかりと証拠を残せるドライブレコーダーを選びたいものです。当記事を参考にして、ベストなミラー型ドライブレコーダーを選んでみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月11日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

360度ドライブレコーダーの人気おすすめランキング20選【分離型・ミラー型・一体型】

360度ドライブレコーダーの人気おすすめランキング20選【分離型・ミラー型・一体型】

カー用品
【2021年最新版】ドライブレコーダーの人気おすすめランキング15選【安い製品も紹介】

【2021年最新版】ドライブレコーダーの人気おすすめランキング15選【安い製品も紹介】

カー用品
【2021年最新版】オートバックスドライブレコーダー人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】オートバックスドライブレコーダー人気おすすめランキング15選

カー用品
バックカメラの人気おすすめランキング15選【高画質からワイヤレスまで】

バックカメラの人気おすすめランキング15選【高画質からワイヤレスまで】

カー用品
【2021年最新版】LEDランタンの人気おすすめランキング21選【防災用にも】

【2021年最新版】LEDランタンの人気おすすめランキング21選【防災用にも】

ランタン・ワークライト
【2021年最新版】カーナビの人気おすすめランキング15選【新型にも!】

【2021年最新版】カーナビの人気おすすめランキング15選【新型にも!】

カー用品