【2022年版】バックカメラのおすすめ人気ランキング15選【200万画素の高画質も!】

バックカメラは運転の最中などの後方の視野をカバーしてくれる道具です。ナンバープレートの付近に設置している方もいらっしゃると思います。また2022年以降は設置が義務化されると言われています。今回はそんなバックカメラの選び方と、おすすめの商品を人気ランキング形式でご紹介します。

後付けバックカメラの需要が急増中

運転中疎かになりがちな後方の視野をカバーしてくれるバックカメラ。安心と安全のため、良いものにこだわって選びたいですよね。しかし、種類や価格の幅が大きく、どのバックカメラを選べばいいのか迷ってしまいがちです。

 

実はぴったりのバックカメラを選ぶ方法があるんです!録画機能付きのものや幅広い画角でバックの視界をカバーしてくれるもの、高画質や夜間に便利なLED付きのものまでシーンやニーズに応じた商品が多数発売されています。

 

そこで今回はバックカメラの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングはサイズ・重量・機能・レンズなどを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

バックカメラの選び方

バックカメラは商品によって様々な機能があります。是非下記のポイントを一読して、購入を検討して下さい。

接続方法で選ぶ

バックカメラには従来の有線タイプと近年登場した無線タイプの2種類があります。ここではそれぞれの特徴をご紹介します。

車種純正のものがいいなら「有線タイプ」がおすすめ

バックカメラのほとんどは「有線タイプ」です。車のバックナンバープレートの上に取り付け、有線でモニターへ画像を表示させます。ワイヤレスのものと比べて電波障害などのトラブルが無く、安定して画像を確認できるメリットがあります。

 

また、各メーカーが販売している車種対応の純正バックカメラは多くが有線タイプです。車に付属しているカーナビなどがそのままモニターとして使えるものが多く、また車種に合わせているのでカメラの設置場所が決まっているものがほとんどです。

配線が面倒ならWi-Fi接続の「ワイヤレスタイプ」がおすすめ

バックカメラのケーブルは長いものが多く、子どもがいると車内で引っ掛けてしまう可能性もあります。そんなリスクを避けたいならWi-Fi接続のワイヤレスタイプがおすすめ。ワイヤレスタイプなので面倒な配線が必要ありません。

 

無線タイプは近年増えている画期的な商品で、車内が配線で煩雑にならないというメリットがあります。また専用のアプリでスマホからバックカメラの映像を確認できるタイプも登場しています。

レンズタイプから選ぶ

バックカメラには主に「標準タイプ」と「広角タイプ」の2種類があります。特徴が異なる為、自分が見やすいと思う方のタイプを選びましょう。

初心者は距離感のつかみやすい「標準タイプ」がおすすめ

車の運転にあまり慣れていない初心者なら「標準タイプ」のレンズがおすすめ。標準レンズは後方の映像をそのままモニターに映し出すため距離感が掴みやすく、後ろを見ているような感覚で車を操作することができます。

 

障害物や壁などとの距離感が非常につかみやすく、運転に不慣れな方や車を変えたばかりの方でも安心して運転することができます。しかし、距離感が掴みやすい反面、確認できる視野は広角タイプよりも狭くなるので注意が必要です。

広い視野を確保したいなら「広角タイプ」がおすすめ

より広い視野を確保して死角を潰したいなら「広角タイプ」のレンズがおすすめ。画角が180°程の画角の商品が一般的ですが、それ以上に幅広い視野をサポートしてくれる商品もあります。幅広い視野をカバーしてくれるので安全性を重視したい方におすすめです。

 

レンズの性質上、左右に奥行きがあるように見えてしまうため使いこなすには慣れが必要です。見え方が標準タイプと違うのでしっかり特徴を把握して使いましょう。また、商品によっては画質の荒いものもあるため、購入前に確認しましょう。

機能で選ぶ

バックカメラは種類によって様々な機能に特化しています。ここでは特に重視されることのが多い機能をご紹介します。

より鮮明な視野を確保したいなら最大200万画素の「高画質」がおすすめ

バックカメラは商品によって画質が異なります。スペックに記載されている画素数が大きいものほど高画質の映像が期待できます。画質が荒い商品を選んでしまうと細かい距離感を測ることができず、夜中などに車を傷つけてしまう可能性があります。

 

そうならないためにも、なるべく画素数が高いバックカメラを選ぶのがおすすめです。基本的に30万画素以上の物であれば十分な画質で後方を確認できますが、視界の悪い夜間などに使うのであれば100万画素以上のものがベターです。

夜に走る機会が多いトラックなどは「赤外線センサー•ライト」付きがおすすめ

夜間走行の時間が長い長距離トラックなどには「赤外線センサー」や「ライト」が付いているものがおすすめ。赤外線センサーやLEDライトが無いと夜の映像を満足に映し出せず、逆に事故へ繋がる危険があるためです。

 

赤外線センサー付きのバックカメラは真っ暗でもしっかり後ろを映してくれるため、ほとんど明かりのない場所におすすめ。逆に少しても明かりがあると見づらいので、薄暗い場所ならLEDライト付きのバックカメラがおすすめです。

カーナビなどモニターが無いなら「モニター付き」がおすすめ

バックカメラにはカメラの映像を映すモニターが必要不可欠です。後付けする場合は既に取り付けられているカーナビやモニターと連動するか、モニターもセットになっているバックカメラを選ぶ必要があります。

 

モニター付きバックカメラのメリットは連動性です。後付けのバックカメラと元々設置されているカーナビなどモニターとの相性が悪いと映像が画面に映らない可能性がありますが、セットなら連動性が確約されているので安心して使えます。

長く使いたいなら「防水・防塵」機能付きがおすすめ

バックカメラは車外に取り付けて使うもの故に、雨風や粉塵など自然の脅威に晒される機会が多いです。特に駐車場が屋外にある、台風の多い地域に住んでいるなどリスクが更に高まると製品の寿命が縮む恐れがあります。

 

出来るだけ長く使いたいならしっかりと防水•防塵機能を備えたバックカメラを選びましょう。選ぶ際は防水•防塵性能を示す等級「IPX」がより高いものを選べば安心です。防水加工をしてくれる専門業者もあります。

メーカーで選ぶ

バックカメラは車種メーカー純正のものから汎用タイプのものまで様々な種類があります。ここではおすすめのメーカーを紹介します。

安心の品質を求めるなら「パナソニック」がおすすめ

品質や信頼性を重視するならパナソニックのバックカメラがおすすめ。他メーカーに比べてやや割高ですが、そのぶん性能や安全性は折り紙付きです。業界最小クラスのカメラはあらゆる車種に馴染み、外観を損ないません。

 

小さくても中身は最先端。新開発のHDR対応イメージセンサを搭載し、画面の明るさをリアルタイムで補正。常に安定した画質で後ろを確認できます。さらに幅広い視野角でより安心で安全な運転をサポートしてくれます。

多機能バックカメラが欲しいなら「パイオニア」がおすすめ

多機能バックカメラを探しているならパイオニアのものがおすすめ。様々なモニターと組み合わせて使えるため、すでにあるカーナビなどの画面を活用したい方へおすすめです。

 

自然に近くドライバーの見やすい画像を追求したカメラは、暗い場所でも明るい場所でも快適にバックを確認できます。スマートかつコンパクトな設計なので取り付けも楽々。車種専用キットを使って初めての方でも取り付けが可能です。

86など大型車に付けるなら「アルパイン」がおすすめ

トヨタ86など比較的大型の車に取り付けるならアルパインのバックカメラがおすすめ。車種ごとに設計されたカメラが用意されており、車の外観を損なうことなくカメラを取り付けられる点が人気のひとつです。

 

高画質なHDカメラを採用。バック時には4つのアングルを切り替えて確認できるマルチビュー機能や、車種に合わせて進行方向をアシストするグリッド線がモニターが表示されるなどバックの苦手な人に優しい機能が満載です。

有線タイプのバックカメラ人気おすすめランキング10選

雨に強いイエローカラーが特徴的

CARROVERのリアカメラは鮮やかな黄色が目を引くバックカメラです。この商品はIP68高防水性能のため、悪環境の下でも使えます。そのため天候を気にしないバックカメラをお探しの方におすすめです。

 

夜間でも見えやすいように設計されているため、暗い道も安心です。黄色いカメラは対向車からの視認性向上にも役立ってくれます。天気が変わりやすい山間部や夜に運転する機会が多い方は是非購入を検討してみて下さい。

画角 170° 画素数 44万画素
梱包サイズ 13 x 9.6 x 4.2 cm 重量 180 g

口コミを紹介

後付けバックカメラは初めてだったのですが、映像も問題なく、良いものだと感じました

出典:https://www.amazon.co.jp

夜間走行に強い便利なバックカメラ

視界の悪い夜間でもくっきり鮮明に映像が映るよう設計されたバックカメラです。従来のCMOSセンサーに比べて車載カメラ用に特化したテイルバックカメラを採用。性能も大幅に改善されており、暗所での撮影能力が向上しています。

 

バック時のガイドライン表示機能も搭載しているため、より安全に車を駐車することができます。ガイドラインはオンオフが可能。シーンに合わせて切り替えて下さい。夜間に車を運転することが多い方におすすめです。

画角 170° 画素数 42万画素
梱包サイズ 20×18×24mm 重量 50g

口コミを紹介

取り付け時もコネクタ部などスマートに作られているので、さほど苦労することなく取り付け出来ました。有名メーカーのものより写せる範囲が狭いのが気にかかりましたが、金額的にはじゅうぶん

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

イクリプス(ECLIPSE)

BEC113 ECLIPSEカーナビ専用 バックアイカメラ

鮮やかな映像が特徴の後付けバックカメラ

ECLIPSEカーナビ専用のバックアイカメラ。専用設計なので適合を心配せず使えます。ガイド機能を搭載しているため、バック駐車も簡単に行えます。また距離感が掴みやすいので、狭い場所に駐車する機会が多い方におすすめです。

 

映像の白とびを抑えるための設計がされており、日射しの明るい日も安全に後ろを確認できます。より鮮明に見えるため解像度を気にする方は是非購入を検討してみて下さい。しかし夜間は少しノイズが入ることがあるので注意しましょう。

画角 (水平/垂直):135°/110° 画素数 約31万画素
梱包サイズ 23×23×27mm 重量 200g

口コミを紹介

映像も鮮明で車体の真後ろが見えるようになったので非常に満足です。配線コードの長さも十分にあるので一般的なセダンやステーションワゴンタイプの乗用車であれば長さに関しては心配はいらないかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ケンウッド(KENWOOD)

CMOS-C740HD ケンウッドHDリアビューカメラ

最大画角180°のワイドレンジが魅力

ケンウッド製カーナビと連動する純正モデル。業界最高水準の防水性能と防塵性を実現したタフな構造であらゆる悪環境でも使えます。水平180°、垂直103°の画角を誇り背後の死角をカバーします。

 

F値2.0の明るいレンズにHDRを搭載。高精細なHD画質で鮮明な映像をナビに映します。同社のナビ「彩速ナビHD」と組み合わせて使えば、高いレンズの性能を存分に発揮させることができます。

画角 水平:約180°/ 垂直:約103° 画素数 約130万画素
梱包サイズ 23.4 x 15.9 x 8.5cm 重量 500g

口コミを紹介

Kenwood ナビの購入でetc,ドラレコを揃えたので、勢いでバックカメラも購入。今まで旧車に乗っていたので画質云々の感じは何とも言えないが、満足している。

出典:https://www.amazon.co.jp

6種類の表示機能を搭載した高品質バックカメラ

PARKVISIONのマルチビューバックカメラは、6種類の表示画面を切り替えすることができる商品です。マルチモードを搭載しており、様々な場面に応じて、付属のコントロールスイッチ一つで簡単に切り替えることができます。

 

180°スーパーワイドビューを始め様々な角度から映像を表示できるため、視野の広くなるバックカメラをお探しの方にはうってつけです。価格も安いので初めて購入する方やコスパを重視する方にもおすすめです。

画角 180° 画素数 60万画素
梱包サイズ 23.4×23×23.9mm 重量 21g

口コミを紹介

この製品を選んだのは、カメラ固定用のステーが他の製品に比べると、角度の自由度が見るからに高そうだったのが決め手。このステーを設計した人は本当に偉いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

アルパイン(Alpine)

汎用 バックビューカメラ HCE-CI1000

距離を表示してくれる便利なバックカメラ

アルパインのHCE-CI1000バックカメラは、使いやすさに定評があるコンパクトなバックカメラです。この商品はバックドアガイド線距離目安マークの表示がされるためバック運転時も分かりやすく操作することができます。

 

そのため車の距離を測りやすく、出し直しする手間も少なくなります。運転に慣れていない方や狭い場所に駐車することが多い方にはおすすめの商品です。ホワイトボディならナンバープレートに馴染み目立ちにくいというメリットも。

画角 水平:131°垂直:103° 画素数 約30万画素
梱包サイズ 24.1 x 16.3 x 5.3 cm 重量 440 グラム

口コミを紹介

カーナビにバックカメラを取り付けるため、カーショップ3軒回ってヒアリング!純正カメラとこのALPINEカメラの好みを聞いたところ…皆評価は、アルパインが良いということでした。なので、アルパインを購入しました。明るく鮮明です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

JZ-Tech JP

POMILE バックカメラ カメレオンカメラ

高い互換性を持つカメレオンカメラ

白いボディカラーのバックカメラ。ナンバープレートと同じ白なので目立ちにくく馴染みやすいのが特徴です。車の外観を損なう事なく取り付けができるので、外観にこだわりのある方へおすすめします。

 

この商品最大の特徴は高い互換性にあります。12V定格電圧とRCA映像出力端子のため、ほとんどの日本製ナビやモニターと組み合わせて使用することが可能です。互換性のあるバックカメラをお探しの方は是非購入を検討してみて下さい。

画角 170° 画素数 58万画素
梱包サイズ 31×34×25mm 重量 40g

口コミを紹介

バックカメラのない車を購入したため購入しました。試し買いのため値段的にも買いやすいものを選びました。正常に起動しているので満足しております。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)

バックカメラユニット + カメラ端子変換コネクター セット

多彩な技術を搭載した日本製バックカメラ

パイオニアのバックカメラND-BC8IIとカメラ端子変換コネクタがセットになったお得商品。カロッツェリアカーナビやカーAVをはじめ、多数のモニターと組み合わせて使用することができます。

 

また、画像の輪郭や視野角をチューニングすることで歪みの少ない自然な画質を実現します。暗視機能はもちろん、明るい場所の白飛びにも対応しています。クリアな映像のバックカメラをお探しの方は、是非購入を検討してみて下さい。

画角 129° 画素数 31万画素
梱包サイズ 23.8×23.8×25.5mm 重量 304g

口コミを紹介

同社のFH-9400DVSに接続。60ハリアー後期。車種別専用キットを使用して容易に取り付け出来ました。リバースに入れた時の画像は自分には相当綺麗に感じました。夜間も同様に綺麗です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

BOSCAM

バックカメラ B3 高画質 リアカメラ

暗視性能と広角レンズで安全性が向上

強力な暗視性能と広角レンズが特徴のバックカメラ。色再現性に優れた高感度の明るいレンズ感光センサーを搭載しているため、真っ暗な場所でもしっかりバックの映像を映してくれます。

 

また、最高広度170°までの角度調整ができるため、車後方の死角を幅広くカバーしてくれます。わずか2センチ四方という極小サイズですのでどこに設置しても目立ちにくく、あらゆる車種で使えます。

画角 170° 画素数
梱包サイズ 21×18×24mm 重量 340 g

口コミを紹介

ナンバープレートに挟むだけですのでなかなか中央部に取り付け場所のない車両でも簡単に好きな場所に取り付け出来、画質もかなり良いですのでお買い得商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

コンパクトで安定性のある人気モデル

コンパクトなボディと安定した広視角度が特徴のバックカメラ。目立たない大きさなので、どんな車にも設置することができます。また、高画質約31万画素CMOSセンサーを搭載しており画質も綺麗です。

 

他にも優れた防塵・防水性能を誇っているため、どんな環境でも使いやすい設計になっています。国産メーカー製のどんな環境でも使えるバックカメラをお探しの方は是非購入を検討してみて下さい。

画角 水平145°垂直112° 画素数 31万画素
梱包サイズ 22 x 23 x 23 mm 重量 85 g

口コミを紹介

映像の秀逸さはトップクラス。モデルチェンジでコンバーターユニットや接続継手の部分が小型化されており、取付けや配線の引き回しが本当に簡単にサクサク進みました。

出典:https://www.amazon.co.jp

有線タイプのバックカメラおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 画角 画素数 梱包サイズ 重量
1
アイテムID:6842458の画像
バックカメラ CY-RC90KD

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コンパクトで安定性のある人気モデル

水平145°垂直112° 31万画素 22 x 23 x 23 mm 85 g
2
アイテムID:6842828の画像
バックカメラ B3 高画質 リアカメラ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

暗視性能と広角レンズで安全性が向上

170° 21×18×24mm 340 g
3
アイテムID:6843017の画像
バックカメラユニット + カメラ端子変換コネクター セット

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

多彩な技術を搭載した日本製バックカメラ

129° 31万画素 23.8×23.8×25.5mm 304g
4
アイテムID:6843067の画像
POMILE バックカメラ カメレオンカメラ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

高い互換性を持つカメレオンカメラ

170° 58万画素 31×34×25mm 40g
5
アイテムID:6843158の画像
汎用 バックビューカメラ HCE-CI1000

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

距離を表示してくれる便利なバックカメラ

水平:131°垂直:103° 約30万画素 24.1 x 16.3 x 5.3 cm 440 グラム
6
アイテムID:6843473の画像
マルチビューバックカメラ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

6種類の表示機能を搭載した高品質バックカメラ

180° 60万画素 23.4×23×23.9mm 21g
7
アイテムID:6843471の画像
CMOS-C740HD ケンウッドHDリアビューカメラ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

最大画角180°のワイドレンジが魅力

水平:約180°/ 垂直:約103° 約130万画素 23.4 x 15.9 x 8.5cm 500g
8
アイテムID:6845741の画像
BEC113 ECLIPSEカーナビ専用 バックアイカメラ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

鮮やかな映像が特徴の後付けバックカメラ

(水平/垂直):135°/110° 約31万画素 23×23×27mm 200g
9
アイテムID:6828716の画像
夜でも見える バックカメラ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

夜間走行に強い便利なバックカメラ

170° 42万画素 20×18×24mm 50g
10
アイテムID:6828483の画像
バックカメラ 12V

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

雨に強いイエローカラーが特徴的

170° 44万画素 13 x 9.6 x 4.2 cm 180 g

ワイヤレスタイプのバックカメラ人気おすすめランキング5選

5位

URVOLAX

ワイヤレス デジタルカメラセット バックモニター付き

バスやトラックなど大型車でも使えるワイヤレスモデル

12V-24V電源車に対応しているワイヤレスタイプのバックカメラ。最大150フィートのデジタル無線は100メートル先まで高解像度の画像を伝送できます。車体距離の長い大型車や重機での使用も可能です。

 

IP69Kの高い防水性能に加え、厳しい高圧防水試験と12時間の通電エージングテストなどをクリアしています。過酷な環境に耐えうるタフな作りは長距離走行を要求されるバスやトラックのバックカメラとしてぴったりです。

画角 170° 画素数
梱包サイズ 28.8 x 20.4 x 9 cm 重量

口コミを紹介

カメラの視界も広く画質も良いと大変喜んでいました。ギリギリまでバックする事が多く、今までは車から降りて距離を目視確認していたそうで。それをしなくて良くなったと言ってました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ソーラー充電&Wi-Fi対応で配線一切不用

ソーラー充電タイプのワイヤレスバックカメラです。付属のソーラーパネルから電源を供給するので、電池を替える必要も車から電源をもらう必要もありません。電源も信号もワイヤレスなので余計な手間はいりません。

 

30分の充電で約2ヵ月使えるので曇りや雨の日も安心。最新のデジタル信号技術を使い車内のカーナビやETCなどと混線せず安定した画質の映像を供給します。バックモニターを片手で起動できる便利なリモコン付き。

画角 110度広角 画素数
梱包サイズ 980 g 重量 24.5 x 16.3 x 9 cm

口コミを紹介

カメラと、モニターが無線でペアリングされており、配線不要で使うことができるので、すぐに設置できます。画質は綺麗だと思います。メニューで、鏡像、実像切り替えできます。バックガイド線の表示非表示も切り替えできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

自分のスマホをモニター代わりに使えるバックカメラ

自分のスマホで映像を確認できるWi-Fi接続タイプのバックカメラ。モニターの用意が不要なので普段スマホをカーナビ代わりに使っている方におすすめです。Androidは一部機種が非対応なので連携して使うならiPhoneを推奨します。

 

防水等級IP66を取得しており防水・防塵対策はばっちり。取り付け後の角度調整が可能です。バックトリガーをバックランプの電源に接続すれば、バックの際自動的にバック画面へと切り替わる便利な機能も備えています。

画角 約120度 画素数 100万画素
梱包サイズ 13 x 8.4 x 4.6 cm 重量 約46g

口コミを紹介

耐久性だけ心配ですが、コストパフォーマンスから見て最高かもしれません。

出典:https://www.amazon.co.jp

小型ながら100万画素の高画質を実現

わずか3センチ四方の大きさながら100万画素の高画質を実現させたモデル。ワイヤレスのバックカメラは有線タイプより画質が悪いというイメージを覆します。小型なので目立ちにくく、また170°の画角で幅広い範囲をカバーします。

 

厳しい防水テストをクリアしており防水性能はばっちり。駐車時などに便利なガイドラインの表示機能もあります。100万画素の鮮明な映像を正確に映すため、使用するモニターも100万画素対応以上のものがおすすめです。

画角 170° 画素数 100万画素
梱包サイズ 11.7 x 8.3 x 6.6 cm 重量 170 g

口コミを紹介

前のやつの画素数とか覚えてないけど、今回の方が断然キレイではっきりくっきり映るようになって満足してます。値段もお手頃ですし。

出典:https://www.amazon.co.jp

モニターセットで1万円以下のリーズナブルなモデル

バックカメラとモニターがセットで1万円以下という驚きのコストパフォーマンスを実現させたワイヤレスタイプ。バックカメラとモニターはテザリング済なので設置してすぐに使えます。吸盤付きモニターは好きな場合に設置できます。

 

140°の広角レンズと暗視機能で暗い場所でのバックをサポート。高輝度LEDライトも付いており夜のバック駐車も安心です。12vの小型車向きなので購入の際はご注意ください。

画角 140° 画素数
梱包サイズ 19 x 13.2 x 11.2 cm 重量 580g

口コミを紹介

価格も安いしあまり期待していませんでしたが、画像も問題なく車庫入れが楽になりました。素人なので取り付けは思ったより時間がかかりましたが、説明書とネットの情報だけで一人でもできました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ワイヤレスタイプのバックカメラおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 画角 画素数 梱包サイズ 重量
1
アイテムID:6841089の画像
HDバックカメラワイヤレス

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

モニターセットで1万円以下のリーズナブルなモデル

140° 19 x 13.2 x 11.2 cm 580g
2
アイテムID:6840847の画像
バックカメラ ワイヤレス

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

小型ながら100万画素の高画質を実現

170° 100万画素 11.7 x 8.3 x 6.6 cm 170 g
3
アイテムID:6840741の画像
スマホ連動WI-Fiバックカメラ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

自分のスマホをモニター代わりに使えるバックカメラ

約120度 100万画素 13 x 8.4 x 4.6 cm 約46g
4
アイテムID:6831535の画像
ソーラーワイヤレスバックモニター

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ソーラー充電&Wi-Fi対応で配線一切不用

110度広角 980 g 24.5 x 16.3 x 9 cm
5
アイテムID:6828415の画像
ワイヤレス デジタルカメラセット バックモニター付き

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

バスやトラックなど大型車でも使えるワイヤレスモデル

170° 28.8 x 20.4 x 9 cm

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

取り付け工賃の相場は?

バックカメラの多くは有線タイプです。また走行中に落ちてしまわないようにしっかり取り付ける必要があります。個人の作業で限界を感じるならば、専門業者への取り付け依頼がおすすめです。

 

取り付け依頼の工賃は業者や車種、バックカメラの種類などによって異なります。おおよその相場は1万5000円から3万円程度ですが、様々な費用を加味すると2万円を超えるケースが多いようです。

 

自分での取り付けが難しいと感じたら、できるだけ専門業者に取り付けてもらいましょう。なるべく外から目立たないよう設置してくれる業者もあります。配線不要のワイヤレスタイプは初心者でも取り付けしやすいものが多いです。

2022年よりバックカメラの設置が義務化!

2021年4月1日、国土交通省は自動車の後方部分に装着するカメラやセンサーを義務化する方針を明らかにしました。駐車場での事故など自動車の後退時に起こるトラブルを減らすために現在法改正が検討されています。

 

法改正の時期は2021年6月上旬を予定。適用は新型車が2022年5月、継続生産車は2024年5月予定とされています。今後発売される新型車にはバックカメラが標準装備され、ますますバックカメラの需要は高まるでしょう。

 

2022年以降、バックカメラの供給が需要に追いつかず価格が高騰する可能性があります。バックカメラの購入を検討しているなら今が買いどきです。法改正後に慌ててしまわないよう、今のうちに自分に合ったバックカメラを選んでおきましょう。

ドライブレコーダーと合わせて使えばもっと安心

煽り運転や迷惑運転が問題視される近年、急激に需要が伸びているドライブレコーダー。車外で起きた出来事を映像に残して保存してくれるので、万が一事故に遭ったときも迅速に正確な証拠を提示することができる画期的なアイテムです。

 

バックカメラと併用すればより安心で安全なドライブを実現できます。同じモニターを流用可能なので安全性を重視する方におすすめです。また、バックカメラの中にはドライブレコーダーを兼ねるものもあります

 

現在は大型バスのみにドライブレコーダーの設置が義務付けられていますが、バックカメラと同じく一般車両へも設置が義務化する可能性は高いでしょう。以下のランキングにて人気のドライブレコーダーを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

まとめ

バックカメラの選び方やおすすめ商品をご紹介しました。広角レンズやワイヤレス、200万画素などバックカメラは日々進化しています。安心で安全なドライブのため、この記事を参考に自分に合ったバックカメラを見つけてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年12月12日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

360度ドライブレコーダーの人気おすすめランキング20選【分離型・ミラー型・一体型】

360度ドライブレコーダーの人気おすすめランキング20選【分離型・ミラー型・一体型】

カー用品
カメラの人気おすすめランキング15選【2022年最新版】

カメラの人気おすすめランキング15選【2022年最新版】

その他カメラ
オートバックスドライブレコーダーのおすすめ人気ランキング15選【ミラー型もご紹介!】

オートバックスドライブレコーダーのおすすめ人気ランキング15選【ミラー型もご紹介!】

カー用品
LEDランタンの人気おすすめランキング21選【充電式のものや防災用のものも】

LEDランタンの人気おすすめランキング21選【充電式のものや防災用のものも】

ランタン・ワークライト
防水カメラの人気おすすめランキング15選【海でのシュノーケルにも】

防水カメラの人気おすすめランキング15選【海でのシュノーケルにも】

デジタルカメラ
防犯カメラのおすすめ人気ランキング15選【人気メーカーHiseeuはどこの国?評判も紹介】

防犯カメラのおすすめ人気ランキング15選【人気メーカーHiseeuはどこの国?評判も紹介】

ネットワークカメラ・防犯カメラ