【2021年最新版】ペグの人気おすすめランキング20選【アウトドアで活躍!】

テントやDDタープの設営になくてはならないのがペグ。鍛造ペグ・軽いチタンペグなどの種類があり、長さもさまざまです。初心者はどれを選べば良いか迷ってしまいますよね。そこで今回はペグの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

テントやDDタープの設営に必要なペグって?初心者にも使える?

キャンプや登山を楽しむためには、テントやDDタープをしっかりと設置することが大事ですよね。雨や風に吹かれてテントが飛ばされると楽しい気分も台無しです。そんなテントを支えるために重要なのが、実はペグなのです。

 

テントのロープを地面にしっかりと固定するペグには、V字やY字などの形や、プラスティックやスチールなど様々な材質のものがあります。初心者でも扱えるものが多くありますが、長さの種類も豊富なので、どれを選べばよいか迷ってしまいますよね。

 

そこで今回はペグの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングはペグの種類・素材・長さを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

ペグの選び方

テントやタープの設営に欠かせないペグ。種類材質も様々です。そこで、ペグを選ぶ際のポイントをいくつか紹介します。

種類で選ぶ

ペグには、ピンペグ・V字ペグ・U字ペグ・ネイルペグ・スクリューペグなどの形状があります。それぞれの特徴をご紹介します。

気軽に差し込んで使いたいのなら「ピンペグ」

最もベーシックなのがピンペグ。ピンペグは、テントやタープの付属品としても多く使われているので、見たことがある方が多いのではないでしょうか。先端がフック状あるいは円形になっているのが特徴です。

 

軽量・リーズナブルなのが魅力。軽いため、持ち運びに便利ですよ。また、比較的差し込みやすく、地面によっては手で挿すこともできます

 

挿しやすい一方で、抜けやすいため、砂浜などには向いていません。強度に優れておらず、ハンマーで叩くと折れ曲がってしまうこともあります。また、細くて目立ちにくいため、紛失しないように注意が必要です。

「V字ペグ」は柔らかい地面に使いたいときに

断面がV字型になっているのがV字ペグです。地面との抵抗感があり、ピンペグと比べて抜けにくいのが特徴。柔らかい地面や芝生などで使うのに適しています。地面との接地面が広く、固定しやすいですよ。

 

また、円形でなく断面がV字型なので、重ねて収納しやすいのも特徴。コンパクトになりやすく、持ち運びに便利です。

 

柔らかい場所に向いてはいますが、さまざまな素材のV字ペグがあるため、硬い地面にも対応が可能。一方で、素材によっては曲がりやすいため、注意が必要です。また、断面に土などがたまりやすいという特徴もあります。

砂地で使用したいのなら「U字ペグ」

砂地に使用したいのなら、U字ペグがおすすめです。丸い曲線が地面に差し込みやすくなっています。また穴を掘った中に埋め込んで使うこともできます。側面に穴が開いているタイプは抵抗が少ないので、雪の中や風の強い場所にも向いています。

「Y字ペグ」は少し硬めの地面や風が強いときに

Y字ペグとは、断面がY字型になっているペグのことです。V字型のペグと似ていますが、より抵抗力が大きく固定しやすいのが特徴。力が3つの方向に分散されるため、より強度が強く、折れにくいです。

 

芝生や硬めの地面、風が強いときの地面など、シーンを選ばず使いやすいのが魅力。幅広いシーンで活躍しますよ。

 

一方で、重ねて収納することはできません。そのため、V字型と比べてややコンパクトになりづらい点はデメリットだと言えます。また、V字ペグよりさらに断面に土がたまりやすいため、掃除が面倒だという特徴もあります。

「ネイルペグ」は硬めの地面にしっかりと打ち込みたいときに

ネイルペグとは、釘のような形状のペグのこと。ピンペグと似ていますが、先端部分にプラスチックが付いており平らな形状になっています。打ち込む部分が平らなので、ピンペグよりも打ち込みやすいのが魅力です。

 

スチール製のものが多く、丈夫なつくりで硬めの地面にも使用しやすいのがポイント。挿しこみやすいだけでなく、抜きやすいのが特徴です。また、軽量・リーズナブルなものが多いです。

 

ハンマーで打ち込みやすいもののプラスチック部分は壊れやすいため、注意が必要。また、砂浜や湿った地面にはあまり向いていません。

「スクリューペグ」は柔らかい地面にしっかりと固定できる

ネジのように挿しこむのがスクリューペグ。通常のペグとは違い、らせん状になっているのが特徴です。抵抗力が大きく抜けにくいため、柔らかい地面にも使用することができますよ。ペットをつなぐためにもよく使われます。

 

一方で、回転しながらねじ込むタイプは、ハンマーで打ち込むペグと比べて挿しこみにくいという特徴もあります。特に硬い地面には挿しこみにくく、あまり向いていません。また、抵抗力が大きい分抜くのも大変です。

素材で選ぶ

ペグは素材もさまざま。主に、プラスチック・スチール・鍛造ペグなどがあります。それぞれのメリット・デメリットについて理解し、シーンに合った素材のペグを選びましょう。

安い「プラスチック」はコスパの良さを求める方に

プラスチック製のペグは、価格が安いのが大きな魅力。砂浜や芝生、湿った地面など、柔らかい地面で活躍します。軽くて扱いやすいため、持ち運びに便利。多めに持っていっても邪魔になりません。

 

また、カラーバリエーションが豊富なのも特徴の1つ。紛失しても見つけやすく、キャンプ場でテントを張るのには十分な性能なので、コスパの点でもおすすめです。

 

一方で、プラスチック製なので耐久性には優れておらず、柔らかい地面以外にはあまり適していません。折れやすいため、金属製のハンマーを避けるといった注意が必要です。

気軽にキャンプを楽しみたい方は軽量な「アルミニウム」がおすすめ

ピンペグやU字、Y字ペグなどにアルミが使用されており、価格も比較的安く、軽くて持ち運びやすいので、キャンプ地などで気軽に楽しみたい方におすすめです。硬い地面に使用すると、抜けたり曲がったりするので、柔らかい地面で使用するほうがよいでしょう。

石混じりの硬い地面に打ち込みたいのなら「スチール」

硬い地面に使うなら、スチール製のペグがおすすめ。金属製なので重くてしっかりしているのが特徴です。強度に優れていて壊れにくいため、しっかり打ち込むことができますよ。石の混じったキャンプサイトなどでも挿しこみやすいです。

 

一方で、砂浜などの柔らかい地面にはあまり向いていません。抵抗力が弱く抜けやすいため、プラスチック製の方が向いていると言えます。

頑丈さを第一にしたいなら「鍛造ペグ」がおすすめ

スチール製のペグの中でも特に強度に優れているのが鍛造ペグ。鍛造ペグは、鍛造という方法によって加工されたスチール製のペグのことで、圧倒的な頑丈さを備えているのが特徴です。壊れにくく、硬い地面でもしっかり打ち込むことができるので、初心者にもおすすめ。

 

柔らかい地面から石の混じった固い地面まで、比較的幅広く使えるのがメリット。風の強い日でもしっかり固定してくれます。但し、砂地などの柔らかい地面では抜けやすくなっているので、注意が必要です。

ハードな登山には軽量な「チタン」が便利!

チタン製のペグは強くて錆びにくいだけでなく、軽量なのが特徴です。そのため何日も持運ぶような登山におすすめです。硬い地面や石混じりの地面にも打ち込みやすく、折れたり曲がったりしないという安心感があります。

 

柔らかい地面では抜けやすくなっているので、硬い地面での使用がおすすめです。他のペグよりも比較的高価な傾向があります。

機能で選ぶ

ペグの中には本来の役割のほかに、便利な工夫がされているものもあります。こちらで少し紹介しますので、参考にしてみてください。

「ロープつき」は見つけやすくて扱いやすい

ペグの中には、頭の部分に短いロープが結ばれているものがあります。これは地面に埋め込んだ際の目印として役立ちます。また地面から抜くときにもロープを持てるので便利です。ロープがない商品の場合は、自作のロープを結んでみるのもおすすめです。

紛失したくないときには「蛍光」タイプもおすすめ

暗い場所や夜間では、地面に打ち込んだペグの場所が分からないことがありますね。そんな時には、蛍光塗料を塗られたペグがおすすめです。ライトを当てると見つけやすいので、紛失しにくくなります。また足を引っ掛けてケガをすることも防げます。

設置したい場所によって必要な「長さ」がある

ペグを選ぶうえで、長さも大切なポイントの1つ。ペグが長ければ長いほど抜けにくくなりますが、一方で長すぎると打ち込む際や抜く際に余計な手間がかかってしまいます。そのため、設営するものに適した長さのペグを選ぶことが大切です。

 

一般的なペグの長さは15~40cm程度。テントなら15~20cm程度、タープなら30~40cm程度のものを選びましょう。タープは風の影響を受けやすいため、強い風に耐えるためにもテントより長めのペグが適しています。

テントなどの設置に「必要な本数」を確かめよう

テントやタープの設置に必要なペグですが、必要な本数は設置したいものによって異なります。多人数用のテントや大きなタープには、かなりの個数が必要な場合があるので、あらかじめ本数を把握しておくとよいでしょう。

 

複数個がセットになったペグはとても便利ですが、破損や紛失の恐れもあるので、かならず予備のペグも持参することがおすすめです。

「持ち運びやすさや収納性」も確認しよう

ペグは複数個を一度に使用するため、持ち運びやすさも重要です。セット購入する場合は、収納袋があったほうが便利でしょう。必要な本数を揃えると、予想以上に重くなることもあり、持ち運びが大変になるので、初心者の方は軽量なタイプがおすすめです。

「ペグハンマー」との相性も大事にしよう

ペグを地面に打ち込むときに必要なのがペグハンマーです。ペグハンマーにも様々なタイプがあるのですが、硬いヘッドを持ったペグハンマーで、プラスティックのペグを打つとペグが割れる恐れがあります。

 

現在使用しているペグハンマーがあるのなら、それに合ったペグを購入することがおすすめです。下記に、ペグハンマーのおすすめ記事をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ペグの人気おすすめランキング20選

20位

ロゴス(LOGOS)

ペグ・ハンマーセット

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ハンマーとセットですぐに使える

強くて軽いABS樹脂を使ったペグとペグハンマーのセットです。同じ素材を使用しているため、ペグを傷つけることがありません。T字型の断面は軟らかい地面でも抜けにくくなっているので、砂地などにおすすめ。

種類 T字ペグ 素材 ABS樹脂
長さ 約20cm 本数 6本

口コミを紹介

しっかり止まって安定感がありました。リュックで歩きキャンプでしたので、ハンマーが軽くて助かりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

19位

キャンピングムーン

鍛造ペグ

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

石のある地面でもラクに打ち込める強度

固い地面でも壊れにくい強度を備えた、ステンレス銅を使った鍛造ペグ。熱したステンレス銅に圧力をかけることで、さらに強度を高めているのが特徴です。石が混じった固い地面でも打ち込みやすく、幅広いシーンで活躍します

 

楕円中形を採用しているのも特徴。フラットな形状になっており、ハンマーでしっかり打ち込むことができます。また、抜けにくい設計のデザインになっているため、しっかり固定できます。また先端が平らに加工されているため、ケガをしにくくなっています。

種類 鍛造ペグ 素材 ステンレス
長さ 20・26・30・35・40 本数 6・8本

口コミを紹介

気を遣わずに使える道具が私には合っているので、ステンレス製が良いと思い、タープ用に30cmを購入しました。使用感はとても良く、強度は問題無いと感じました。甘めに打ち込んでも着実に入って行きます。

出典:https://www.amazon.co.jp

18位

ユニフレーム

ちびペグ

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

軽量・コンパクト設計が最大の魅力

1本の重さ5g、長さ8cmのちびペグ。テントの下に敷くグランドシートやハイキングなどで使用するレジャーシート、サンシェード留めなどで活躍します。

 

テントを設営した際にしわができてしまう、といった方にもおすすめ。しわのないキレイな設営ができますよ。また、挿しこみやすく抜けやすいため、テントの仮留めとして使用するのもおすすめです。

 

とにかく軽くてコンパクトなのが特徴で、多めに持っていても邪魔にならないのが魅力。ピクニックなど、ちょっとしたアウトドアシーンにも気軽に持っていけますよ。

種類 素材 アルミニウム
長さ 8cm 本数 10本

口コミを紹介

何度も購入し、愛用しています。とめたいものが多くて追加購入です。小さいレジャーシートや、テント下のグランドシートを留めるのにいつも使っています。小さいのに丈夫なので何年も使えています。ちょうどいい大きさでしっかり留まるのも嬉しい。

出典:https://www.amazon.co.jp

17位

コールマン(Coleman)

スチールネイルペグ

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

やや硬めの地面に最適

ヘッドの部分が釘のようになっているため、打ち込みやすいペグです。スチール製なので、風の強い日でもおすすめ。軟らかい地面よりも、少し硬めで石混じりの地面に向いています。安くて丈夫なペグをお探しの方におすすめ。

種類 ネイルペグ 素材 スチール
長さ 25cm 本数 4本

口コミを紹介

キャンプ初心者の頃はピンペグやVペグやABSペグを購入していましたが、使うたびに壊れるか曲がってしまうため、今ではどんどんこのペグの比重が高まっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

16位

出典:

  • アイテムID:7192602の画像1枚目

iBasingo

チタンテントペグ

軽量・強度の高いチタンを使ったペグ

ペグロープ付きのV字型ペグです。ペグロープがあるため、テントに取り付けやすいだけでなく抜く際にも便利。抵抗力のあるV字型で、砂や芝生などの柔らかい地面で使用する方にぴったりです。

 

チタンを使っているのがポイント。チタンは金属の一種で、軽いにもかかわらず鉄やアルミより強度が強いのが特徴です。チタンは、錆びにくい・安全性が高いという特徴も持っています。V字型なので重ねてコンパクトに収納できるのも魅力。

種類 V字ペグ 素材 チタン
長さ 16cm 本数 6・8本

口コミを紹介

バックパッカーキャンプをしているので、軽さが一番。満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

出典:

  • アイテムID:7192605の画像1枚目

キャプテンスタッグ

ペグ

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

砂浜での設営にぴったりのサンドペグ

砂浜で設営する方におすすめのペグ。プラペグの一種であるサンドペグで、砂浜に最適な設計が特徴です。砂浜でもしっかり固定できるように、段階的に返しが配置されています

 

ペグに穴がついているため、ロープを通すことができるのがポイント。設営しやすいだけでなく、抜くときにも便利です。鮮やかな水色で、目立ちやすいので、砂浜でもペグを見失うことがなく、回収のし忘れを防げますよ。

種類 サンドペグ 素材 プラスチック
長さ 38cm 本数 4本

口コミを紹介

砂浜にテントとタープを設営するために購入しました。
サンドペグだけあって普通のプラペグより抜けにくく、
安心して使えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

コールマン

ジュラルミンYペグ

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

軽量・強度のあるジュラルミンを使ったペグ

アルミの一種であるジュラルミンを使ったペグ。ジュラルミンは、ネジや現金輸送箱などにも使用されている強度の強い素材で、丈夫でありながら軽いのが魅力です。

 

強度に優れているため、河川敷など石が混じった地面でテントやタープを設営する際にも役立ちますよ。目立ちやすい赤色で、回収のし忘れが防げるのもうれしいポイント。紛失する心配がありません。

種類 Y字ペグ 素材 アルミ合金
長さ 18cm 本数 6本

口コミを紹介

これは良品!軽いし刺さるしカッコいい。
お手入れ簡単!‼︎‼︎

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ロゴス

スクリューペグ

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

柔らかい地面でしっかり固定できる

柔らかい地面に適したスクリュー型のペグです。ハンマーで叩くのではなくねじ込んで挿し込むことでしっかりと固定できるのが特徴。抵抗力があり、柔らかい地面でも抜けにくく安定感がありますよ。

 

ペグにリングが付いており、リングにロープを通すことで設置が完了します。強度のあるスチール素材でできており、変形しにくいのも魅力です。

種類 スクリューペグ 素材 スチール
長さ 約41cm 本数 1本

口コミを紹介

ワン連れのキャンプの際に使用。コーギー(中型犬)ですが地面にしっかりくい込んでくれていて安心して使用することが出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

キャプテンスタッグ

丸スチールペグ

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

シンプル・軽量のピンペグ

硬い地面でも打ち込みやすいスチール製のピンペグです。50gと軽量でありながら、強度があるスチールを使用しているのが特徴。シンプルな形状で収納しやすく、持ち運ぶのに便利です。

 

また、リーズナブルに購入できるのもうれしいポイント。持ち運ぶ際に邪魔にならないため、予備として持っておくのもおすすめですよ。イベントやピクニックなど、ちょっとしたアウトドアシーンでポップアップテントを固定するといった使い方にもぴったりです。

種類 ピンペグ 素材 スチール
長さ 21cm 本数 5本

口コミを紹介

タープやテントのサブペグとして購入しましたが、思ってた以上に頑丈で満足です。砂地や芝生はもちろん、川近くの砂利で強く打っても問題無く使えます。価格も安い為、買い増し、買い直しも気軽に出来るので、暫くはこれで統一しようと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

出典:

  • アイテムID:7192617の画像1枚目

GEERTOP

アルミテントペグ

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

アルミニウム合金を使ったY字ペグ

強度の高いアルミニウム合金製のY字ペグ。カールしたY字型を採用しており、柔らかい地面でも固定しやすいのが魅力。曲がりにくく、打ち込みやすいのが特徴です。

 

反射材入りのコードが付いているのもうれしいポイント。反射材が入っているため、わずかな光で見つけることができます。回収し忘れを防げるだけでなく、暗い場所でも見えやすくて安全です。

種類 Y字ペグ 素材 アルミニウム合金
長さ 18・25cm 本数 10本

口コミを紹介

箱根のキャンプ場で使用してみました。タープが飛ばされてしまうのではないかというくらいの強風が一晩中吹いていましたが、1本も外れること無く、買って良かったと思いました。色も綺麗でお気に入りです

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

Bush Craft(ブッシュクラフト)

SUSタフステーク

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ペグケース付きが便利

鍛造鉄よりも頑丈で、錆びにくい特殊なステンレスを用いたペグです。渋い銀色でデザインも優れているため、キャンプ気分が揚がります。コットンの専用ペグケースがついているので、ペグを紛失しやすい方にもおすすめ。冬場や硬い地面での使用も可能です。

種類 ステンレスペグ 素材 特殊ステンレス
長さ 30cm 本数 6・12本

口コミを紹介

素材がステンレスということもあり、錆びません
かなり締まった土のフィールドに打ち込みましたが曲がる事もありませんでした
強度は抜群です、鍛冶屋やソリステも使いますが一番出番が多いです

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

YOGOTO

ペグ

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ハンマーで叩いても変形しない丈夫なペグ

固い地面でも打ち込みやすい丈夫なペグ。硬くて耐久性のある丸銅でできており、ハンマーで叩いても変形したり折れる心配がないのが魅力です。

 

石の混じった固い地面でも安心して使うことができます。ハンマーを叩く部分が打ちやすいように設計されているため、扱いやすいですよ。また、先端部分は地面に刺さりやすいように作られています。

種類 鍛造ペグ 素材 丸鋼
長さ 20cm 本数  10・15本

口コミを紹介

一人用のドームテントのために買いました
これならどんな風でも抜けない安心感があります
堅い地面にもガンガン入ります
付属の袋も丈夫な作りでOK

出典:https://www.amazon.co.jp

大人数で楽しむときに最適

1本の重さが17gの軽量なペグの20本セットです。大人数でBBQなどを楽しみたいときのタープやテントの設置におすすめ。カラフルなので置忘れを防ぐことができます。またペグロープは地面から抜きやすくするだけではなく、光を反射するので夜間での確認にも便利です。

種類 Y字ペグ 素材
長さ 23cm 本数 20本

口コミを紹介

収納袋にどっさり20本入っていますがとても軽い!
カラーも可愛く、夕方でも目立ちます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

キャプテンスタッグ

スチール丸棒ネイルペグ

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

しっかりしたスチール製のネイルペグ

スチール丸棒タイプの打ち込みやすいペグ。しっかりとした素材で、固い地面でもさし込みやすいのが特徴です。25cmの長さがあるため、大型テントの設営にも役立ちますよ。

 

上部に付いたプラスチックは下に移動させることができるため、打ち込む際は下げて使うことが可能。プラスチックを傷つけることがなく、金属部分を叩いてしっかり挿し込むことができます。

 

プラスチックは緑色で目立つため、ペグを見つけるのにも便利。リーズナブルに購入できるので、予備のペグとして備えておくのもおすすめですよ。

種類 ネイルペグ 素材 スチール、プラスチック
長さ 25cm 本数 4本

口コミを紹介

安いし、軽いし、丈夫だし、何の文句もありません。
もっといっぱい買って備えておいてもいいかな、と思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Freell

テント ペグ

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

軽くて丈夫な素材を使用したY字ペグ

安定感のある丈夫なペグです。ジュラルミンを使っており、1本18gと軽量で持ち運びやすいのがポイント。ジュラルミンは軽いだけでなく、強度も優れているのが魅力です。

 

また、抵抗力のあるY字型を採用。力が分散されるため、やわらかい地面でも抜けにくく幅広いシーンで活躍します。赤と青の2色展開で、目立ちやすいのもうれしいポイント。収納ケースが付いているため、持ち運びにも便利です。

種類 Y字ペグ 素材 ジュラルミン
長さ 18・23cm 本数 20本

口コミを紹介

キャンプで使いました。いわゆる針金みたいなペグより、打ち込みやすくて使いやすかった。しっかり止まるけど一方で、抜くときに抜きやすい。ヘッドに紐が付いているので、そこを引っ張るだけですっと抜けてくれました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ユニフレーム

ジュラパワーペグ200

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

軽さ・強度・安さを備えたシンプルなピンペグ

軽さと強度を備えたピンペグ。ジュラルミン素材を使うことで、より軽く丈夫に仕上げているのが特徴です。1本17gで、シンプルな形状なため収納もしやすく、持ち運びの際に邪魔になることがありません。

 

より強度を上げるために平打ち加工を施しているのもポイント。また、曲げ加工をすることで地面に打ち込む際のパワーロスを軽減しています。

 

チタン製と比べて価格が安いのも魅力の1つ。軽量・丈夫でありながらリーズナブルなペグを探している方におすすめです。

種類 ピンペグ 素材 ジュラルミン
長さ 20cm 本数 6本

口コミを紹介

テント、および、タープの設営のために購入。打ち込む土壌を見極めながら注意深く打ち込めば、石交じりの硬い地面でも使える耐久性と、何よりも軽量なのがありがたいタフ&ライトな優れたペグです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

GEERTOP

テントペグ

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

風や大雪に強い形状

砂場や雪地専用のペグです。地面にさすだけでなく、穴を掘って中に埋めて使うこともできます。ペグ本体に大きな穴が開いているため、強い風や雪にさらされても耐えることができます。アルミニウム合金製なので頑丈、色鮮やかで雪の中でも確認しやすくなっています。

種類 アルミニウム製テントペグ 素材 アルミ合金
長さ 31cm 本数 4本

口コミを紹介

雪中でテント泊ツーリングで連日使用しましたが、何ら問題ありませんでした!
持ってて良かったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Boundless Voyage

チタンペグ

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

耐久性に優れていて錆びない

チタン合金で作られているため、強度が高く、折れたり曲がったりすることがありません。腐食することも錆びることもないので、硬い地面だけでなく、湿気の多い場所や雨の日でも安心して使えるペグです。軽量なのもおすすめの点です。

種類 チタンペグ 素材 チタン
長さ 20・24・30・35・40cm 本数 4・6本

口コミを紹介

こちらのチタンペグは最高です。地面が固いキャンプ場でも苦にしませんし、曲がらない、軽い、さびない。恐らく、よほどのことがない限り、一生使えると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

出典:

  • アイテムID:7192635の画像1枚目

Soomloom

スチールソリッドテントペグ

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

頑丈で錆びにくいスチール製のペグ

固い地面や石の混じった場所でも使いやすい丈夫なスチール製のペグ。強度があり錆びにくいため、長持ちするペグを探している方にもおすすめです。

 

ハンマーを叩くヘッド部分が大きめに作られているため、確実に叩くことが可能。地面にしっかり打ち込めますよ。ハンマーのフックを引っかける穴があるため、抜くときにも便利です。

 

また、夜光ゴムロープが付いているのも特徴の1つ。暗い場所でも光ですぐに見つけられるため、紛失を防ぐことができておすすめです。

種類 素材 スチール
長さ 20cm 本数 8・16本

口コミを紹介

テントに付属のペラペラのペグと違い非常にシッカリした作りです。
硬い地面にもザクザク刺さるし抜いたり叩いたりした時にも曲がる事も有りません。
簡単に壊れるような作りもして居ないので耐久性はバッチリだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

出典:

  • アイテムID:7192638の画像1枚目

エリッゼ

鍛造ペグ エリッゼステーク

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

丈夫でしっかり固定できる楕円形の鍛造ペグ

スチール銅材を鍛造製法で加工し、楕円形に仕上げた鍛造ペグ。楕円形になっているため、挿し込みやすいのが特徴です。くるくると回ることがなく、しっかりと固定できるのが魅力です。

 

また、強度をより強くするため、ロープを引っ張る方向は材料が厚めに設計されているのもポイント。28cmと、テントやタープなど幅広い用途に使いやすい長さも魅力です。

 

ロープが当たる部分は、ロープが切れないようにトリミングするなど、細部までこだわって作られたおすすめのペグです。

種類 鍛造ペグ 素材 スチール
長さ 28cm 本数 8本

口コミを紹介

強風が吹いて、よそのタープが撤収するくらいになっていても、
エリッゼステークはビクともしませんでした。
もちろん、少しも曲がっていません。
とにかく、タープ張るならこれで間違いないでしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

ペグのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 種類 素材 長さ 本数 本数 
1
アイテムID:7192638の画像
鍛造ペグ エリッゼステーク 2,904円

詳細を見る

丈夫でしっかり固定できる楕円形の鍛造ペグ

鍛造ペグ スチール 28cm 8本
2
アイテムID:7192635の画像
スチールソリッドテントペグ 1,690円

詳細を見る

頑丈で錆びにくいスチール製のペグ

スチール 20cm 8・16本
3
アイテムID:7241568の画像
チタンペグ 4,200円

詳細を見る

耐久性に優れていて錆びない

チタンペグ チタン 20・24・30・35・40cm 4・6本
4
アイテムID:7241924の画像
テントペグ 1,690円

詳細を見る

風や大雪に強い形状

アルミニウム製テントペグ アルミ合金 31cm 4本
5
アイテムID:7192629の画像
ジュラパワーペグ200 1,500円

詳細を見る

軽さ・強度・安さを備えたシンプルなピンペグ

ピンペグ ジュラルミン 20cm 6本
6
アイテムID:7192626の画像
テント ペグ 2,080円

詳細を見る

軽くて丈夫な素材を使用したY字ペグ

Y字ペグ ジュラルミン 18・23cm 20本
7
アイテムID:7192623の画像
スチール丸棒ネイルペグ 990円

詳細を見る

しっかりしたスチール製のネイルペグ

ネイルペグ スチール、プラスチック 25cm 4本
8
アイテムID:7241885の画像
ペグ 20本セット 1,680円

詳細を見る

大人数で楽しむときに最適

Y字ペグ 23cm 20本
9
アイテムID:7192620の画像
ペグ 2,380円

詳細を見る

ハンマーで叩いても変形しない丈夫なペグ

鍛造ペグ 丸鋼 20cm 10・15本
10
アイテムID:7241757の画像
SUSタフステーク 3,113円

詳細を見る

ペグケース付きが便利

ステンレスペグ 特殊ステンレス 30cm 6・12本
11
アイテムID:7192617の画像
アルミテントペグ 1,399円

詳細を見る

アルミニウム合金を使ったY字ペグ

Y字ペグ アルミニウム合金 18・25cm 10本
12
アイテムID:7192614の画像
丸スチールペグ 400円

詳細を見る

シンプル・軽量のピンペグ

ピンペグ スチール 21cm 5本
13
アイテムID:7192611の画像
スクリューペグ 770円

詳細を見る

柔らかい地面でしっかり固定できる

スクリューペグ スチール 約41cm 1本
14
アイテムID:7192608の画像
ジュラルミンYペグ 1,137円

詳細を見る

軽量・強度のあるジュラルミンを使ったペグ

Y字ペグ アルミ合金 18cm 6本
15
アイテムID:7192605の画像
ペグ 1,390円

詳細を見る

砂浜での設営にぴったりのサンドペグ

サンドペグ プラスチック 38cm 4本
16
アイテムID:7192602の画像
チタンテントペグ 2,160円

詳細を見る

軽量・強度の高いチタンを使ったペグ

V字ペグ チタン 16cm 6・8本
17
アイテムID:7241729の画像
スチールネイルペグ 1,280円

詳細を見る

やや硬めの地面に最適

ネイルペグ スチール 25cm 4本
18
アイテムID:7192599の画像
ちびペグ 1,230円

詳細を見る

軽量・コンパクト設計が最大の魅力

アルミニウム 8cm 10本
19
アイテムID:7192596の画像
鍛造ペグ 3,400円

詳細を見る

石のある地面でもラクに打ち込める強度

鍛造ペグ ステンレス 20・26・30・35・40 6・8本
20
アイテムID:7241610の画像
ペグ・ハンマーセット 990円

詳細を見る

ハンマーとセットですぐに使える

T字ペグ ABS樹脂 約20cm 6本

下記のリンクでは、キャンプテントとタープの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ、併せてご覧ください。

ペグの安全な使用方法は?打ち込む角度は?

ペグはテントやターフを支えるロープを、緩みなく地面に固定する必要があります。そのため、テントなどから外の方向へ、地面より90~60度の角度をつけて打ち込むのがおすすめです。角度はロープの具合で調整するとよいでしょう。

 

岩などにより、打ち込みたい位置に打ち込めない場合は、2個のペグにロープを通す方法などがあります。ペグハンマーで打ち込む際は、ハンマーが手から滑ってケガをしないように、ストラップを手首に掛けておくとよいでしょう。

初心者必見!ペグを地面から抜くときのコツは?

初心者の方が悩むのが、ペグの抜き方です。柔らかい地面からは手やロープで引っ張ればすぐに抜けますが、硬い地面に打ち込んだペグはなかなか抜けないことがあります。そんなときは、ペグハンマーで横から軽く叩いて、地面との隙間を作るとよいでしょう。

 

ペグにロープ用の穴があいている場合は、そこに別のペグを差し込んで回すのもおすすめです。隙間ができるので、抜けやすくなります。ペグハンマーにペグ抜きがついている場合は、それを使うとよいでしょう。

 

但し、過度な力はペグを曲げてしまう恐れがあります。また無理な姿勢で作業を行うと、ケガや腰痛の原因となる場合があるので、注意が必要です。

激安のペグも使える?鍛造ペグもある?

テントやタープの設置に必要なペグですが、しっかりと固定しようと思えば、かなりの本数が必要になりますね。タープなどにはペグが付属していることもありますが、固定できるか少々不安を覚える方は、代わりに安いペグを購入してみるのもよいでしょう。

 

鍛造ペグなどにも価格が安いものもあるので、気候が穏やかな時期や平地で他のペグと併用して試してみるのもよいでしょう。但し、本格的な登山、岩場の多い場所では避けるほうが無難です。

まとめ

ペグの人気おすすめランキング20選を紹介しました。形状や素材、長さなど、ペグの種類はさまざま。シーンに合ったペグを見つけてテントやタープの設営をマスターし、アウトドアを思う存分楽しんでくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月08日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】ペグハンマーの人気おすすめランキング10選【キャンプに使えてコスパもいい!】

【2021年最新版】ペグハンマーの人気おすすめランキング10選【キャンプに使えてコスパもいい!】

アウトドアグッズ
bundokの人気おすすめランキング15選【チェアやテーブルなど】

bundokの人気おすすめランキング15選【チェアやテーブルなど】

アウトドアグッズ
【2021年最新版】ランタンスタンドの人気おすすめランキング16選【コールマン・flyflygo・ユニフレーム・ロゴスも】

【2021年最新版】ランタンスタンドの人気おすすめランキング16選【コールマン・flyflygo・ユニフレーム・ロゴスも】

ランタン・ワークライト
アウトドアチェアの人気おすすめランキング26選【キャンプなどに!ハイバックチェアも紹介】

アウトドアチェアの人気おすすめランキング26選【キャンプなどに!ハイバックチェアも紹介】

アウトドアチェア・ベンチ
【2021年最新】小川テントのおすすめ人気ランキング15選【ソロ・2ルームタイプも】

【2021年最新】小川テントのおすすめ人気ランキング15選【ソロ・2ルームタイプも】

テント
ドッペルギャンガーの人気おすすめランキング15選【2021年最新版】

ドッペルギャンガーの人気おすすめランキング15選【2021年最新版】

アウトドアグッズ