【専門家監修】サイクロン掃除機のおすすめ人気ランキング20選【キャニスター型も】

便利なサイクロン掃除ですがキャニスターやコードレス、一人暮らしに嬉しい安いアイリスオーヤマや吸引力が魅力のダイソンなど迷いますよね。今回はサイクロン掃除機の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

お手入れ簡単で吸引力も強いサイクロン掃除機とは

部屋のほこりやごみをパワフルに吸引してくれるサイクロン掃除機は、紙パックを購入したり交換したりする手間が無いので、手軽に使えると人気です。スティック・キャニスター型の吸引力でサイクロン掃除機を選ぶ方もいますよね。

 

でも実は、ヘッドの種類やフィルターの有無でごみの吸い込み量が異なるんです。またダイソン・パナソニック・アイリスオーヤマなどの有名メーカーが多くの製品をラインナップしており、一人暮らしにおすすめの安いサイクロン掃除機もあります。

 

今回は、現役家電量販店店員のたろっささん監修のもと、サイクロン掃除機の選び方・おすすめ商品のランキング・口コミを紹介します。ランキングは形状・電源方式・機能を基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

現役家電販売員が教えるサイクロン掃除機の選び方

専門家プロフィール画像
取材協力

現役家電販売員

たろっさ

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験も。

家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通。家電で分からないことはなく、現在は家電ライターの業務を通して「すべての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力。

ブログURL:https://taromomo.com/

たろっささんの画像

たろっささん

非常に商品数が多いサイクロン掃除機ですが、以下の3つの観点で選べばまず間違いないです!

  • 1. サイクロン掃除機の利点

 

  • 2. 重量と大きさは非常に重要

 

  • 3. お手入れの仕方も確認を

1. サイクロン掃除機の利点

たろっささんの画像

たろっささん

サイクロン式を選ぶ最大の利点は、なんといっても紙パックがいらないため、お手入れだけで吸引力を持続させることができるという点です。


ランニングコストがかからないだけでなく、わざわざ紙パックを買いに行くという手間も省けるため、掃除機だけで完結するというのが大きな魅力になっています。本体の重量などは少し重いものが多いものの、長期間変わらず使用することができるのがメリットです。

2. 重量と大きさは非常に重要

たろっささんの画像

たろっささん

キャニスター・スティックどちらにせよ、重量や大きさというのは非常に重要なポイントです。例えば、階段やカーテンレールなどの部分に掃除機をかける場合、持ち上げたり手に持って持ち運んだりする際に重量は非常に大事。


キャニスターだと2kg前後スティックだと1kg台のものを選択すればそこまで重さを感じることは無いでしょう。更に、スティック型でカーテンのさんや照明器具の上などに使用することが多い場合は、重心が手元に来ているもののほうが操作しやすいです。

3. お手入れの仕方も確認を

たろっささんの画像

たろっささん

サイクロン掃除機の肝の部分、お手入れに関しては、とにかく楽なものを選ぶのが良いでしょう。全て分解できるのはまず1つですが、それ以上に水洗いができるかどうかというところもポイント。


ダイソンのようにフィルターを取り外して水洗いするだけのものや、東芝のようにそもそもフィルターが無いものは、かなりお手入れが楽です。水洗いできない製品は、付属のハケなどで丁寧にこしとる必要があるので避けたほうが良いでしょう。

今家電量販店で一番売れているサイクロン掃除機を紹介!

たろっささんの画像

たろっささん

家電量販店で実際に今一番売れているサイクロン掃除機を紹介します!

日立

ラクかるスティック PV-BL10G

価格: 29,280円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽くて使いやすい!スティックとハンディの2WAYタイプ

日立の重量わずか1.3kgと驚異の軽さをほこるスティック型の掃除機です。掃除機は押す動作と引く動作を同じくらい行っていますが、こちらのヘッドは引く際にもしっかりとゴミを吸引できる構造になっています。何度も掃除機をかけなくて良いという点がメリットです。

 

ダストケースを分解して水洗いもできるので、お手入れが楽なのも良いですね。PV-BL10とPV-BL20は、スタンドが付属してくるかどうかの違いになります。

サイズ 230×230×1000mm 重量 1.3kg
連続使用時間 強:8分 / 標準:30分

サイクロン掃除機の仕組みとは?

サイクロン掃除機は、掃除機内でサイクロン(遠心分離)を発生させてごみを吸引し、フィルターを通してごみ・空気を分別しています。また高度な遠心分離技術を搭載した、フィルターを使わないフィルターレスのサイクロン掃除機も人気です。

 

面倒なフィルターお手入れの手間がないため、より便利ですが価格が高くなる場合が多いです。またメーカーによりサイクロン掃除機の定義は違い、一般的には遠心分離を搭載している掃除機をサイクロン掃除機としています。

 

一方で、紙パック式でない掃除機をサイクロン掃除機としているメーカーや、フィルターレスで高度な遠心分離を搭載しているものだけをサイクロンとしているメーカーもあるので、購入前には仕様書などをチェックしておきましょう。

サイクロン掃除機と紙パック掃除機の違いとは?

サイクロン掃除機と紙パック式の掃除機で悩まれる方は多いです。どちらの掃除機にもメリットやデメリットがあります。

サイクロン掃除機のメリット・デメリット

まずはサイクロン掃除機のメリットとデメリットを紹介します。優先したいポイントをチェックしてみてください。

サイクロン掃除機のメリット①ランニングコストがかからない

サイクロン掃除機は紙パックを使用しないため、紙パック代がかかりません。そのため掃除機購入後にかかるランニングコストは電気代のみです。購入後に余分なお金を使いたくない方はサイクロン式をチェックしてみましょう。

サイクロン掃除機のメリット②吸引力が落ちにくい

紙パック式は、紙パック内にごみが溜まってくると吸引力が低下してしまう場合もありますが、サイクロン式は遠心分離の働きでごみを集めているため、ごみが溜まっても吸引力が落ちにくい特徴があります。掃除機に吸引力を求めるならサイクロン式がおすすめです。

サイクロン掃除機のデメリット①こまめなごみ捨てが必要

サイクロン掃除機は、紙パック式のように多くのごみを内部に溜めておけません。ダストカップの容量にもよりますが最低でも週に1度はごみを捨てる必要があり、またごみを捨てる際は細かい粉塵が舞いやすい点もデメリットになります。

サイクロン掃除機のデメリット②フィルターの清掃が必要

高い吸引力を持続させるために、ダストカップやフィルターのこまめな掃除が必要な点は最大のデメリットといえます。ただし、フィルターレスの掃除機にすると手間はグッと楽になるので、お手入れが面倒な方はフィルターレスのサイクロン掃除機を選びましょう。

紙パック式掃除機のメリット・デメリット

続いて紙パック式掃除機のメリットとデメリットを紹介します。サイクロン式との違いなどもチェックしてみてください。

紙パック式掃除機のメリット①ごみ捨て回数が少ない

紙パック式の掃除機は使い捨ての紙パックにごみを集め、パックごと捨てられます。掃除機の大きさや使用頻度にもよりますが、平均1~2ヵ月は使用可能なのでサイクロン式よりごみを捨てる回数が少なく、パックごと捨てられるので粉塵も舞いません。

紙パック式掃除機のメリット②フィルター掃除の手間がない

紙パックは排気の際にフィルターの役割もこなしてくれます。そのため、サイクロン式のようにフィルター掃除の手間がかかりません。サイクロン式は吸引力を維持するために水洗いなどフィルター掃除をする必要があります。

 

フィルター掃除をしたくない方は紙パック式の掃除機もチェックしてみましょう。以下の記事では、紙パック式掃除機の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ御覧ください。

紙パック式掃除機のデメリット①紙パック代がかかる

紙パック式掃除機に使用する紙パックは消耗品のため、ランニングコストとして紙パック代が必要です。紙パックは1枚数十円から数百円程度で、メーカー純正のものやハウスダストをカットするタイプなどは高額になる傾向があります。

紙パック式掃除機のデメリット②吸引力が落ちる

紙パックがもったいない・交換が面倒だから、とついつい紙パックが満タンになるまで使ってしまうかもしれません。しかし、紙パックにごみが蓄積されればされるほど、吸引力が落ちてしまうデメリットがあります。吸引力が落ちる前にこまめに交換しましょう。

紙パック式掃除機のデメリット③臭いが気になる

紙パック式掃除機の排気は、紙パックの中に入っているごみを通過して行われます。フィルターの役割も果たす反面ごみのにおいもするので、こまめに紙パックを交換して嫌なにおいが漂わないようにしましょう。

サイクロン掃除機の選び方

ここからはサイクロン掃除機の選び方について紹介します。吸引力・重さ・電源方式・フィルターの有無などのポイントをまとめたので参考にしてください。

形状で選ぶ

サイクロン掃除機には、キャニスタータイプ・スティックタイプ・ハンディタイプの3種類の形状があります。それぞれの特徴をおさえて自分に合った商品を選んでみましょう。

一人暮らしなら「スティックタイプ」がおすすめ

モーターの付いた本体とヘッドが一体化しているサイクロン掃除機はスティックタイプと呼ばれています。片手で使えて場所を取らず、収納しやすい点がポイントです。コードレスタイプになっている機種はハンディクリーナーとして使えるものも多く人気を集めています。

 

小回りが利くうえスタンドに立て掛けておけば収納スペースも取らないので、一人暮らし方やワンルーム・階段などの掃除におすすめです。軽いものが多いので、天井や壁などのほこりも掃除できます

高い吸引力を求めるなら「キャニスタータイプ」がおすすめ

本体とヘッドがホースとつながっている従来型のサイクロン掃除機はキャニスタータイプと呼ばれています。モーターが搭載できるので吸引力に優れているのが特徴です。コンセントから給電するので吸引力が長時間持続し、一度の掃除で家全体がきれいになります。

 

最近ではモーターの軽量化も進んでいて、自走式のヘッドであれば女性の力でも楽に掃除ができます。またダストカップの容量も大きいため、家のごみを一気に集めて捨てられる点が便利です。

車内・ちょっとしたスペースの掃除なら「ハンディクリーナー」がおすすめ

コンパクトで軽くちょっとした掃除をするのにも便利なハンディタイプの掃除機は、ソファの隙間や持ち運びができるのを活かして車の清掃に使うのも便利です。片手で持って使用するため、なるべく軽く操作しやすいものを選びましょう。

 

サブ掃除機として併用するのもおすすめです。またスティックタイプの掃除機の中には、ハンディタイプとしても使用できる2WAYのものもあります。以下の記事では、ハンディクリーナーの人気おすすめランキングをご紹介していますので、ぜひ御覧ください。

フィルターの有無で選ぶ

サイクロン掃除機は紙パックがない代わりにフィルターが搭載されているものもあります。フィルターの有無による違いを紹介しますので参考にしてください。

部屋の空気をキレイに保ちたいなら「フィルター搭載」がおすすめ

ダストカップにフィルターが付いているタイプなら、細かなほこりやダニもしっかりキャッチしてくれます。より排気がきれいになるので、小さい子供・ペットがいる家庭にもおすすめです。ただフィルターが汚れると吸引力が落ちるので、定期的に清掃・交換しましょう。

吸引力重視で選ぶなら「フィルターレス」がおすすめ

フィルターレスタイプはダストカップ内で空気とごみを分けてくれるため、吸引力が落ちずに強力にごみを吸い取ってくれます。お手入れもダストカップ内のごみを捨てるだけなので、できるだけ手間をなくしたい方にもおすすめです。

 

ただフィルター無しでごみと空気を分ける高度な技術が搭載されているので、フィルターがあるサイクロン掃除機より値段が高くなります。価格と機能性を比べて、自分にあったタイプを選ぶのがおすすめです。

電源方式で選ぶ

サイクロン掃除機の電源方式は、コードレス式とコード式の2つに分かれています。それぞれのメリットデメリットを理解し、生活スタイルに合った製品を選びましょう。

手軽に掃除をしたいなら「コードレスタイプ」がおすすめ

スティックタイプのサイクロン掃除機は、充電式のコードレス機種も豊富です。コンセントを差し替えるわずらわしさも無く思い立ったときにサッと掃除ができ、階段などキャニスターでは掃除しにくい場所も楽に掃除できます。

 

ただ連続使用時間は20分~40分と短めなので、たくさんの部屋を一度に掃除したい方には不向きです。バッテリー内臓タイプは毎回充電する必要がありますが、外付けタイプなら予備のバッテリーを充電しておくと、連続使用時間が長持ちします。

吸引力の維持にこだわるなら「コード式」がおすすめ

コード式サイクロン掃除機の魅力は、なんといっても高い吸引力です。コンセントから給電されるためバッテリー切れの心配がなく、使い始めから終わりまで高い吸引力を維持できます。時間をかけて掃除をしたい方におすすめです。

 

ただし、コードがあると掃除ができる範囲が限られてしまう点はデメリットです。最近では長いコードの製品が販売されているため、広範囲で掃除をしたい方はコードの長さもチェックしてみましょう。

しっかりごみを吸引したい方は「吸込仕事率」もチェック

サイクロン掃除機の特徴といえば吸引力です。吸引力は「吸込仕事率」で表記されていて、数値が高いほど短時間でごみを吸い取ってくれます。カーペットや絨毯についたペットの毛などを掃除したい方は吸引仕事率が高いものを選びましょう。

 

キャニスタータイプは400〜500W、スティックタイプは20〜100Wの数値が吸引力に優れているといえます。吸込仕事率以外に、ブラシやヘッドのタイプによってもごみの吸引力は異なるため、1つの基準として覚えておきましょう。

 

高い吸引力にこだわって掃除機を選びたい方は、サイクロン掃除機以外のモデルもおすすめです。以下の記事では、吸引力の強い掃除機の人気おすすめランキングをご紹介していますので、ぜひ御覧ください。

ヘッドの種類で選ぶ

サイクロン掃除機はヘッドの種類によって吸引力や掃除の効率が変わります。ヘッドの特徴を考慮して、自分にぴったりの製品を選ぶ参考にしてください。

毛足の長いカーペットなら「モーター式パワーヘッド」がおすすめ

パワーヘッドはヘッド部分にモーターが内蔵されたもので、ヘッドについたブラシをモーターの力で回転させて、ごみをかき出し吸引します。かき出す力に優れているので、毛足の長い絨毯・カーペット・畳の上などにおすすめです。

 

またモーター式パワーヘッドのなかには、走行を補助する自走式タイプもあります。こちらは軽い力で掃除機が前に進むので、女性や年配の方でも広い範囲の掃除が楽に行なえる点が魅力です。

リーズナブルでもしっかりごみを取るものなら「タービンブラシ」がおすすめ

タービンブラシは、サイクロン掃除機が空気を吸い込む力を利用して、ヘッドのブラシを回転させる仕組みになっています。パワーヘッドより吸引力は落ちますが、フローリングなどごみが絡みにくい場所にはおすすめです。

 

コンパクトで軽量な製品が多く、持ち運びがしやすいため階段などの掃除にも向いています。また比較的リーズナブルになるので、価格で選びたい方にもおすすめのヘッドです。価格や部屋の床を考慮して選ぶようにしましょう。

シンプルで場所を選ばないものなら「床ブラシ」がおすすめ

床ブラシタイプは吸い込む力のみでごみを吸い取るシンプルな設計で、ハンディタイプや業務用のサイクロン掃除機に多く、ブラシのお手入れが不要な点が魅力です。毛足の長い絨毯などには不向きですが、価格がリーズナブルな製品が多くそろっています。

便利な機能で選ぶ

サイクロン掃除機にはさまざまな便利機能がついています。ここからは、あると嬉しい便利機能をいくつかご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

夜間も掃除をするなら「低騒音モデル」がおすすめ

サイクロン掃除機で気になるのがモーターの動作音です。吸引力が大きくなるほど動作音も大きくなるので、夜に掃除する方やマンションなど集合住宅にお住いの方は静音設計のサイクロン掃除機をおすすめします。

楽にごみ捨てしたいなら「ワンタッチゴミ捨て」がおすすめ

サイクロン掃除機にワンタッチごみ捨て機能がついていると、ボタンやレバーを引くだけで蓋が開き、簡単に溜まったごみが捨てられます。家事の時間を短縮させたい方は、ワンタッチごみ捨て機能をチェックしてみましょう。

持ち運びが楽な「軽量タイプ」をチェック

サイクロン掃除機を選ぶうえで重量は大切なポイントです。軽量な製品なら持ち運びが楽になるだけでなく、掃除によってかかる身体の負担も軽減できます。特に階段などの掃除は掃除機を持ち上げなくてはならないため、軽量設計されている製品がおすすめです。

 

キャニスタータイプで3kgほど、スティックタイプで2kgほどが軽量といわれる重さです。キャニスタータイプは実際に持つパイプ部分の重量がポイントで、スティックタイプはモーター部分が手元に近いと重さを感じにくくなります。

スティックタイプなら「壁掛け・自立式スタンド」をチェック

スティックタイプのサイクロン掃除機はコンパクトで収納に便利です。最近のサイクロン掃除機はインテリアに馴染むおしゃれなデザインも多く、壁に掛けるスタンド自立スタンドが付いているものもあります。

 

スタンドが付いているものなら、コンパクトにすっきりと収納できます。またコードレスの場合はスタンドに置くだけで充電できるタイプが便利です。壁に掛ける場合は、壁に穴をあける必要があるのかも確認しておきましょう。

一人暮らしなら「お手入れ簡単」がおすすめ

お手入れのしやすさも、サイクロン掃除機を選ぶときの大切なポイントになります。特に一人暮らしの方や忙しい方はお手入れが簡単なものを選ぶようにしましょう。またワンルームの方や収納の少ない方は保管スペースに合ったサイズも考慮して選んでみてください。

人気メーカーで選ぶ

サイクロン掃除機はメーカーごとに独自の機能や特徴を持っています。ここではメーカーごとのサイクロン掃除機の特徴を紹介しますので参考にしてください。

圧倒的な吸引力なら「Dyson(ダイソン)」がおすすめ

サイクロン掃除機のパイオニアともいえるのがダイソンです。吸引力が落ちないただ一つの掃除機として販売開始したサイクロン掃除機が大ヒットし、現在も新しい機種が出るたびに軽量化やパワーアップをしています。

 

最新モデルは本体がボール状の球体になっていて、前後左右の操作性が格段にアップしているのが特徴です。以下の記事では、ダイソンの掃除機人気おすすめランキングを紹介しています。参考にしてみてください。

安い価格で手に入れたいなら「アイリスオーヤマ」がおすすめ

大手家電メーカーのような最新テクノロジーは搭載していませんが、シンプルでコストパフォーマンスにすぐれた製品を販売しているアイリスオーヤマは、掃除機もサイクロン式・紙パック式・ハンディクリーナー・ロボットクリーナーと種類豊富です。

 

アイリスオーヤマにはサイクロン掃除機以外にも、安い価格で手に入る魅力的な掃除機が揃っています。以下の記事では、アイリスオーヤマの掃除機人気おすすめランキングを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

コードレスのキャニスタータイプなら「SHARP(シャープ)」をチェック

スタイリッシュなデザインが特徴的なシャープのサイクロン掃除機は、デザインだけでなく使い方も独自進化を遂げています。代表的なのはコードレス型キャニスタータイプのサイクロン掃除機です。

 

キャニスタータイプで本体を持ちやすくし、コードレスタイプの使いやすさもあわせ持ったハイブリッドのサイクロン掃除機となっています。以下の記事では、シャープの掃除機人気おすすめランキングを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ハウスダスト検知機能が魅力的な「Panasonic(パナソニック)」をチェック

日本の代表的な家電メーカーであるパナソニックのサイクロン掃除機は、ダニの死骸やフンなどのハウスダストを見つけるセンサーが特徴です。本体に搭載した高速赤外線センサーが、目に見えないミクロのハウスダストまで感知します。

 

間取りを正確に把握して掃除をしてくれる次世代ロボット掃除機や、業界初ローラー式床拭きロボット掃除機などにも力を入れています。以下の記事では、人気のお掃除ロボット人気おすすめランキングを紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

人気のトルネオなら「東芝(TOSHIBA)」がおすすめ

トルネオシリーズで人気の東芝サイクロン掃除機は、パワフルな吸引力が魅力です。フィルターレスサイクロン構造によるバーティカルトルネードシステムを採用し、6気筒の気流で微細な粒子まで分解、高速気流でごみと空気を分離させて高い吸引力を実現しています。

 

また気流を使いごみを3分の1に圧縮するので、ごみ捨てが簡単にできます。センサーなど使いやすさをアップさせる機能が多いのも特徴です。以下の記事では、東芝掃除機の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ御覧ください。

独自技術ハイパワーモーターの「日立(HITACHI)」をチェック

日立は流体解析技術を駆使した高効率設計のハイパワーサイクロン掃除機が魅力です。流路や集じん部を徹底的にスムーズにしパワーロスを低減、ごみ捨て後から次のごみ捨てまでの吸引持続率は99%を誇ります。

 

また排気にもこだわっているのも日立の特徴で、高集じんフィルターと高気密モーターケースの使用で微細なごみまで集め、排気をきれいにしています。以下の記事では、日立掃除機の人気おすすめランキングをご紹介していまので、ぜひ御覧ください。

丈夫な掃除機をコスパよく手に入れたいなら「makita(マキタ)」がおすすめ

愛知県にある電気工具メーカーであるマキタの掃除機は、コストパフォーマンスが良く使いやすいのが魅力です。商業施設や公共施設などの清掃業務にも使用されているメーカーで、丈夫で使いやすいモデルを多くラインナップしています。

 

またマキタのスティック掃除機をサイクロン式に変えられるアタッチメントもあるので、マキタの掃除機をすでに持っている方にはおすすめです。以下の記事では、マキタのコードレス掃除機人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ御覧ください。

サイクロン掃除機を「買ってよかった」口コミ

サイクロン掃除機を購入する際は、口コミを参考にしてみましょう。こちらで「買ってよかった」口コミを参考にしてみると製品のイメージが湧きやすいです。そこで、Amazonからサイクロン掃除機で人気の高い製品の口コミをご紹介します。

コスパ良いです
5
年齢非公開
性別非公開
安い、軽い、静か。
普段使いに重宝してます。
静電気ホコリ取りが何気に便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

値段の割に吸引力がすごい。
5
年齢非公開
性別非公開
値段の割に吸引力がすごく強いので満足してます。
それと軽量タイプと書いてあった通り使っていて重くなくサブの掃除機としてはすごく便利に使わせてもらってます。
またコード式のため吸引力が落ちないで使えるのもいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1.5kgと軽いしどこでも掃除ができる
5
年齢非公開
性別非公開
1.5kgと非常に軽いので持ち上げても腕が疲れることなく使えています。フロアヘッドを直接つけることができ、キッチン周りが汚れた時はこれを使って掃除をすると簡単に終わるので楽になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

スティック型サイクロン掃除機人気おすすめランキング10選

10位

アイリスオーヤマ

軽量スティッククリーナー PIC-S2-S

価格: 3,980円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安いサイクロンならこれ!アイリスオーヤマのコード式掃除機

こちらは低価格のサイクロン掃除機を探している方におすすめです。縦横自在に動くヘッドは部屋の角や家具の下も掃除しやすく、掃除機単体で自立ができるので掃除中の物の移動などでも手間がありません。

サイズ 245×125×1140mm 重量 1.6kg
連続使用時間 コード式

口コミを紹介

吸引力は十分あります。音は大きめ、重さもそれなりにありますが、この値段の掃除機なので許容範囲です。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

iwoly

掃除機 V600

価格: 4,980円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノズルを切り替えれば細かい場所の掃除もできる

パワフルな吸引力と回転ブラシの組み合わせで、カーペットに入った細かいごみもしっかりと吸引します。ハンディタイプや先端が細いスティック形状に切り替えれば、すき間や壁際などさまざまな場面で活躍するので便利です。

 

コードレスではないですが、電源コードは5メートルと長く、部屋の隅までしっかりと掃除ができます。バッテリー残量を気にせずにパワフルな吸引力が続くので、充電の手間なく一度の掃除で家のすみずみまできれいにしたい方におすすめです。

サイズ - 重量 1.5kg
連続使用時間 コード式

口コミを紹介

とりあえず半年ほど使ってみましたが、この価格帯ではパワーも十分でコスパはかなり良いと思います。
パワーが落ちてきたと感じたら一度フィルターを外してみてください、ものすごい量のゴミがたまっていますから。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

日立

パワーブーストサイクロン PV-BH900G

価格: 33,800円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コードレスでも家中しっかりお掃除できる

ツールを組み合わせれば床だけなく、階段・引き出しの中・窓のサッシなど家中きれいに掃除できるサイクロン掃除機です。ツールは「サッと着脱ボタン」で本体ハンドルを握ったまま着脱可能、気になった場所の掃除にすぐ取りかかれます。

 

吸引力がパワフルなターボモードを搭載し、コードレスでもメイン掃除機として活躍してくれます。押すときも引くときもごみを吸い込むパワフルスマートヘッドがごみの取り残しを減らすので、手軽なコードレスでしっかり掃除したい方におすすめです。

サイズ 308×255×1012mm 重量 2.0kg
連続使用時間 10~60分

口コミを紹介

軽い!LEDライトのおかげで、犬の毛が良く見えすぎてびっくりです。
ゴミ捨てもぽん!と押し出してくれるのでとても良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

Dyson(ダイソン)

V8 Slim Fluffy SV10KSLMBU

価格: 39,800円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダイソンが誇る高い吸引力と優れた静音性

毎分最大10万回以上回転するデジタルモーターを搭載した、高い吸引力が特徴です。付属の隙間ノズルをつけると、掃除がしにくい狭い場所のごみもしっかりと吸引します。音響工学に基づいた静音設計なので、運転音が気になる方にもおすすめです。

サイズ 250×1123×210mm 重量 2.15kg
連続使用時間 最大40分
6位

アイリスオーヤマ

スティッククリーナー SCD-141P-W

価格: 10,800円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バッテリー残量が目で見てわかる

2段遠心分離構造により、吸引力が最後まで続くのが特徴です。パワーヘッドを搭載しているため、カーペットに入った髪の毛などのごみもしっかりと吸引します。バッテリー残量が4段階で表示されるためわかりやすいのもポイントです。


軽量1.3kgモデルで、女性の方や年配の方でも取り回ししやすく手軽にお掃除できます。ハンディとしても使用できる2WAYタイプなので、さまざまな場面で使用できるサイクロン掃除機です。

サイズ 275×235×1113mm 重量 1.3kg
連続使用時間 最大35分

口コミを紹介

ダイソンと2本体制でしたが1本でキレイになるから満足してます。軽いしメンテナンスも楽でgood!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Dyson(ダイソン)

スティッククリーナー SV12 ABL Dyson Cyclone V10 Absolutepro

価格: 91,000円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使用シーンに合わせて3種類のモードから選べる

3種類のパワーモードがあり、使用時間や掃除をしたい場所に合った使い方ができるサイクロン掃除機です。カーボンファイバーブラシが静電気をおさえながら、細かいごみまでしっかりと吸引します。

 

コードレスタイプのため、パワフルな吸引力でさまざまな場所を掃除できる点もポイントです。コードを気にせずに、部屋のすみずみまでしっかりと掃除をしたい方におすすめします。

サイズ 250×1232×245mm 重量 5.92kg
連続使用時間 最大60分
4位

TWINBIRD(ツインバード)

サイクロンスティッククリーナー TC-E181W

価格: 3,735円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量なのに超吸引力!一人暮らしにも嬉しい高コスパモデル

1.8kgと軽く、持ち運びがしやすいサイクロン掃除機です。その軽さからは想像できない吸引力も人気の秘密となっています。持ち手を外すとハンディとしても使用でき、スリムな形状と自立する設計は、ちょっとしたすき間にも収納可能です。

サイズ 155×230×1050mm 重量 約1.8kg
連続使用時間 -

口コミを紹介

この価格で、これだけ使いやすければ文句のつけようがありません。狭い範囲で、さっと出してさっとゴミを捨てて、さっとしまう使い方であれば、これで十分です。うちはルンバに毎日働いてもらい、細かいところ、急なゴミはコレで対応し、掃除へのストレスがかなり減りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

アイリスオーヤマ

コードレスサイクロンスティッククリーナー SCD-120P-W

価格: 21,800円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アイリスオーヤマサイクロン史上最軽量

こちらは、アイリスオーヤマのサイクロン掃除機の中で最も軽量な1.4kgを誇ります。ヘッドも最小サイズで軽く、自走式なので使いやすい上にパワーは落ちていません。排気にこだわったフィルターなので、子供やペットがいても安心です。

 

使用後は置くだけで充電できる「置くだけ充電スタンド」や、気になる場所をサッと掃除できる「静電モップ」も便利です。パワフルなDCブラシレスモーターながら、最長40分と稼働時間が長い点も魅力になります。

サイズ 22.4×23.5×103.5cm 重量 1.4kg
連続使用時間 最大40分

口コミを紹介

過去にdysonや東芝のコードレス掃除機を使用し、現在購入から3ヶ月経過。吸引力に不満はなく、他メーカーの高価な製品との価格帯の差を感じないわけではないが困ったことは1度も無い。何より軽いのが良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

アイリスオーヤマ

ハンディサイクロンスティッククリーナー SCD-143P-CW

価格: 9,981円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強い吸引力が続く

パワーヘッド搭載のヘッドブラシが、お掃除しにくかった壁際の細かなほこりまでしっかりかき取ります。2段遠心分離のサイクロン式なので強い吸引力が99%以上持続、とにかくパワフルにごみを吸い上げてくれるのもポイントです。

 

本体重量1.3kgのコードレスタイプで取り回しのしやすさも抜群、快適にぐんぐんお掃除できます。足元から手元まで幅広い場所に使用できるスティック・ハンディ2WAYタイプサイクロン掃除機です。

サイズ 27.5×23.5×111.3cm 重量 2.1kg
連続使用時間 最大35分
1位

TWINBIRD(ツインバード)

サイクロンスティック型クリーナー TC-E123JBK

価格: 3,980円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルでパワフル!考え抜かれたデザイン性が魅力

必要な機能だけでシンプルに作った軽量モデルです。1.7kgの軽さながら、メインにもサブにも使える吸込仕事率70Wのパワフルさを実現しました。スティック・ハンディの2WAYで、どちらで使っても手元にスイッチがくるデザイン性の高さも魅力です。

 

紙パック不要で心強い吸引力が持続するサイクロン集じん式を採用、ダストケースとフィルターは水洗い可能なので掃除機内部までいつも清潔に保てます。すっと自立してくれるので、スタンドを用意する必要もありません。

サイズ 22.5×15.5×102cm 重量 1.7Kg
連続使用時間

口コミを紹介

吸い込み口がフラットになるため、ベッドやソファーの下の掃除をするのにとても便利。
本体もかるくて使いやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

スティック型サイクロン掃除機おすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ 重量 連続使用時間
アイテムID:10450027の画像
ラクかるスティック PV-BL10G

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

軽くて使いやすい!スティックとハンディの2WAYタイプ

230×230×1000mm 1.3kg 強:8分 / 標準:30分
2
アイテムID:10450183の画像
ハンディサイクロンスティッククリーナー SCD-143P-CW

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

強い吸引力が続く

27.5×23.5×111.3cm 2.1kg 最大35分
3
アイテムID:10450180の画像
コードレスサイクロンスティッククリーナー SCD-120P-W

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

アイリスオーヤマサイクロン史上最軽量

22.4×23.5×103.5cm 1.4kg 最大40分
4
アイテムID:10450177の画像
サイクロンスティッククリーナー TC-E181W

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軽量なのに超吸引力!一人暮らしにも嬉しい高コスパモデル

155×230×1050mm 約1.8kg -
5
アイテムID:10450176の画像
スティッククリーナー SV12 ABL Dyson Cyclone V10 Absolutepro

楽天

詳細を見る

使用シーンに合わせて3種類のモードから選べる

250×1232×245mm 5.92kg 最大60分
6
アイテムID:10450173の画像
スティッククリーナー SCD-141P-W

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

バッテリー残量が目で見てわかる

275×235×1113mm 1.3kg 最大35分
7
アイテムID:10450172の画像
V8 Slim Fluffy SV10KSLMBU

楽天

詳細を見る

ダイソンが誇る高い吸引力と優れた静音性

250×1123×210mm 2.15kg 最大40分
8
アイテムID:10450169の画像
パワーブーストサイクロン PV-BH900G

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

コードレスでも家中しっかりお掃除できる

308×255×1012mm 2.0kg 10~60分
9
アイテムID:10450166の画像
掃除機 V600

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ノズルを切り替えれば細かい場所の掃除もできる

- 1.5kg コード式
10
アイテムID:10450163の画像
軽量スティッククリーナー PIC-S2-S

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

安いサイクロンならこれ!アイリスオーヤマのコード式掃除機

245×125×1140mm 1.6kg コード式

以下の記事では、スティック型掃除機の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャニスター型サイクロン掃除機人気おすすめランキング10選

10位

TWINBIRD(ツインバード)

サイクロン家庭用クリーナー YC-5019WR

価格: 8,929円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

縦置き・横置きどちらでも収納可能

1.1Lと大容量なダストケースにより、吸込仕事率180Wのパワフルな吸込力が最後まで続きます。掃除が難しい狭い空間もきれいに掃除できる2wayすきまノズル付きです。縦置き・横置きどちらでも収納が可能で収納場所に合わせてすっきりしまえます。

サイズ 175×129×58mm 重量 4.5kg

口コミを紹介

半年前に別のとこでスティク型を買ったのですが重くて やっぱりこのタイプのがいいと思い探してたとこ、サイクロン式でこの形だったので購入を決めました。吸い込みもよく色もかわいいのて気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

SHARP(シャープ)

コードレスキャニスター EC-AS510-V

価格: 69,800円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャニスターなのにコードレス!スティックとキャニスターのいいとこどり

本体が1.8kgとスティックタイプのサイクロン掃除機と同等の軽さで、女性でも持ち運びが楽なサイクロン掃除機です。コードレスなのでコードのわずらわしさもなく、コンセントに差し替えながら掃除する必要もありません。

サイズ 204×390×2300mm 重量 1.8kg
8位

iwoly

サイクロン掃除機 B12

価格: 8,980円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

部屋だけでなく空気もきれいにしてくれる

高速旋回気流でごみと空気をしっかりと分離させて、きれいな空気を排出してくれるサイクロン掃除機です。伸縮パイプとブラシ付きノズルを付ければ、キャニスタータイプながら天井やカーテンレールなど高いところの掃除もできます。

サイズ - 重量 3.5kg

口コミを紹介

以前、使っていたT社のサイクロン掃除機が壊れてしまったので購入しました。吸引力はT社に引けをとらないくらいあって、しかも、本体がほとんどプスティック製なので軽く、数か月使っていますが、快調です。1万円以内でこのレベルというのは「買い」だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

Panasonic(パナソニック)

サイクロン掃除機 MC-SR38K-T

価格: 39,800円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニック自慢のハウスダスト検知機能で取り残しなし

小型かつ軽量化にこだわって作られたサイクロン掃除機です。ごみが通過する部分にメタルコーティングが施されているため、静電気によるほこりの付着が防げます。フィルターレス式で、お手入れが楽な点も魅力的です。

 

目には見えない微細なハウスダストを検知し、取り残してしまった場合は光って知らせてくれます。髪の毛やペットの毛が絡みづらくストレスフリーで掃除できる「からまないブラシ」搭載モデルです。

サイズ 238×327×290mm 重量 2.6kg

口コミを紹介

『良いものを長く』と思いこの商品を選びました。微細なゴミや髪の毛まで絡まずスイスイ吸ってくれるので掃除がとても楽しいです。買って良かった!掃除機選びで迷われている方に是非オススメしたいです

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

アイリスオーヤマ

サイクロンクリーナー IC-C102-W

価格: 8,680円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダストピックアップ率99%の吸引力

フィルターが目詰まりしにくく、ダストピックアップ率99%以上のパワフルな吸引力が続くサイクロン掃除機です。本体重量も3.6kgと軽いので階段などの掃除もしやすく、2wayの隙間ノズルを使えば棚の隙間やサッシなどの掃除もできます。

サイズ 約240×約341×約281mm 重量 4.8kg

口コミを紹介

軽く使いやすく吸引力もあるので大手メーカーと比べても引けを取りません。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

elezon

サイクロン掃除機 E600

価格: 4,980円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

壁掛け収納ができる

コンパクトでありながらも、17000Paの吸引力を持ったスティック型のサイクロン掃除機です。ダストボックスは、ボタンを押すだけで溜まったごみを簡単に落とせます。壁掛けブラケットで収納場所もとりません。

サイズ - 重量 -

口コミを紹介

値段が安かったので少し不安でしたが、見た目もスタイリッシュで吸引力も十分です。
音も思ったより静かで自分は全然気にならなかったですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

TOSHIBA(東芝)

トルネオV VC-SG920X-R

価格: 40,980円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豊富なアタッチメントが便利

エアコンの上部や布団なども掃除したい方におすすめのサイクロン掃除機です。ロングブラシを付ければ天井やカーテンレールなど高いところの掃除ができます。さらに布団用ヘッドを装着すれば布団に掃除機掛けもできて便利です。

サイズ 322×220×2670mm 重量 3.3kg
3位

アイリスオーヤマ

スティッククリーナー IC-SLDCP10-R

価格: 17,800円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

確かな吸引力と帯電モップで細かなほこりも逃さずキャッチ

コンパクトモーターながらダストピックアップ率98%以上の強い吸引力が、さまざまなごみをしっかりと吸引します。水洗いできるので、お手入れが簡単です。ヘッドの先にLEDライトが付いており、家具の隙間など暗い場所でもしっかり掃除できます。

 

付属の静電モップを使えば、掃除機では難しかった家具の上の細かいほこりもさっとひとなでです。面倒なモップのお手入れは掃除機スタンドのモップクリーンシステムにおまかせ、スタンドケースにさしておけば帯電し、次回またほこりを吸い付けます。

サイズ 25.2×23.0×109.0cm 重量 約2.2kg

口コミを紹介

軽いので手軽に掃除ができます。また、スタンドも便利で静電モップもとても便利です。ライト付きも初めてでしたがよくホコリが見えます。1階から2階までバッテリーも持つので、掃除機ストレスから解放されました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)

Be-K TC-FXF7P-T

価格: 15,800円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽い力でお部屋のすみずみまで掃除できる

軽量パワーブラシが、軽い力でぐんぐんごみを吸い取る「かるスマブラシ」搭載モデルです。汚れやすい回転ブラシは取り外して水洗い可能、いつも清潔に保てます。2.4kgとキャニスタータイプとしては軽量なので、階段掃除などの持ち運びも楽です。

 

高さ約10cmの家具の下まで入るので、掃除しづらかったソファーやベッドの下までしっかりヘッドが届きます。さらに「壁際スッキリバンパー」が壁際のほこりまでしっかりキャッチ、隙間に入り込んだごみも逃しません。

サイズ 32.3×21×21cm 重量 2.4kg

口コミを紹介

持ちやすく使いやすいです。
じゅうたん、畳、フローリング、どの床でも掃除しやすいです。
ボタンもシンプルで大きくて見やすいです。
紙パックも初めからセットされてるので届いて直ぐに使えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

SHARP(シャープ)

サイクロン掃除機 EC-CT12-C

価格: 13,700円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

力強い吸引力と簡単フィルタークリーニングが魅力

微細なほこりもキャッチするHPEAフィルター搭載モデルです。つまみを回すだけでHPEAフィルターを簡単にクリーニングできるので面倒なフィルター掃除の手間がかかりません。回転するタービンヘッドが壁際のごみまでしっかり吸い込みます。

 

床面やお掃除の動きに合わせて選択できる「やさしさモード」は、電気代を節約したエコでクリーンな掃除ができます。しっかり握りやすいグリップやシンプルなコンパクトボディなど、扱いやすいデザインもポイントです。

サイズ 257×363×248mm 重量 3.8kg

口コミを紹介

この値段でこの性能。なぜもっと早く買わなかったのかと、使う度に後悔しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

キャニスター型サイクロン掃除機おすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ 重量
1
アイテムID:10450216の画像
サイクロン掃除機 EC-CT12-C

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

力強い吸引力と簡単フィルタークリーニングが魅力

257×363×248mm 3.8kg
2
アイテムID:10450213の画像
Be-K TC-FXF7P-T

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軽い力でお部屋のすみずみまで掃除できる

32.3×21×21cm 2.4kg
3
アイテムID:10450210の画像
スティッククリーナー IC-SLDCP10-R

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

確かな吸引力と帯電モップで細かなほこりも逃さずキャッチ

25.2×23.0×109.0cm 約2.2kg
4
アイテムID:10450209の画像
トルネオV VC-SG920X-R

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

豊富なアタッチメントが便利

322×220×2670mm 3.3kg
5
アイテムID:10450206の画像
サイクロン掃除機 E600

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

壁掛け収納ができる

- -
6
アイテムID:10450203の画像
サイクロンクリーナー IC-C102-W

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

ダストピックアップ率99%の吸引力

約240×約341×約281mm 4.8kg
7
アイテムID:10450200の画像
サイクロン掃除機 MC-SR38K-T

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

パナソニック自慢のハウスダスト検知機能で取り残しなし

238×327×290mm 2.6kg
8
アイテムID:10450197の画像
サイクロン掃除機 B12

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

部屋だけでなく空気もきれいにしてくれる

- 3.5kg
9
アイテムID:10450196の画像
コードレスキャニスター EC-AS510-V

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

キャニスターなのにコードレス!スティックとキャニスターのいいとこどり

204×390×2300mm 1.8kg
10
アイテムID:10450193の画像
サイクロン家庭用クリーナー YC-5019WR

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

縦置き・横置きどちらでも収納可能

175×129×58mm 4.5kg

以下の記事では、キャニスター掃除機の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

サイクロン掃除機の原理

パワフルな吸引力が魅力のサイクロン掃除機ですが、原理が気になっている方も多いと思います。サイクロンとは「粉体分離機」を英訳したもので、簡単に言うと異物が混ざった気体や液体から遠心力を使って異物を分離するシステムです。

 

掃除機で吸ったごみ混じりの空気は本体内部で渦巻き状の気流となって流れ、比重が重いごみなどは遠心力で本体内壁に飛ばされたあと、壁とぶつかった瞬間に摩擦によって回転が落ちわずかに下降します。

 

その後また気流に乗り回転を始め、上記のプロセスを何度も繰り返すとごみは下部のダストカップに落ちていき、ごみが分離したきれいな空気は排気されます。以上の原理を元として作られたのがサイクロン掃除機です。

サイクロン掃除機のお手入れ方法

吸引力を落とさないためにも、サイクロン掃除機はこまめに掃除しましょう。普段はごみを捨てるついでにほこりを払う程度でも問題ありませんが、2~3ヶ月に1度程度は水洗いなどのお手入れをするのがおすすめです。

 

蓋やサイクロンユニット、ダストカップ受けなどは水洗いが可能なので、フィルター類はバケツなどの水に浸けて優しくゆすいで汚れを落としてください。タオルなどで軽く水気を拭き取り、直接日光が当たらない風通しの良い場所で陰干しして乾かしましょう。

 

洗ったあとはしっかりと乾かさないと、カビが発生するので気をつけてましょう。またメーカーや機種によりお手入れ方法は変わりますので、お手入れ前には説明書などをよく読んでから行うのがおすすめです。

掃除をするときには省エネ行動も意識しよう

掃除機をかける前に部屋を片付けておくと、掃除機をスムーズにかけられるので時短になり節電できます。フィルターをこまめに掃除するのもおすすめです。以下のサイトでは、無理のない省エネ節約について紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

迷ったときは口コミのチェックやレンタルサービスもおすすめ

サイクロン掃除機の選び方やランキングを紹介してきましたが、実際に使ってみないと自分に合うかわからないと悩む方も多いと思います。そんな方は、口コミやレビューをチェックして選ぶのがおすすめです。

 

実際の使用シーンや使ってみてのリアルな感想を確認できるため、掃除機だけでなく家電全般をを選ぶときには重要なポイントになります。持ち手の握り心地や小回りが利くかなど、細かい部分までレビューしている場合もあるため、気になる方は要チェックです。

 

また、掃除機などの家電をレンタルできるサービスもあります。レンタルは月額数千円程度のものが多く、実際に自分で触れて使い心地を確かめたい方や短期間だけ使いたい方におすすめです。

サイクロン式以外の掃除機もチェックしてみよう

掃除機にはサイクロン以外にもさまざまな種類があり選択肢も豊富です。以下の記事では、プロが選ぶ掃除機・小さい掃除機の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ御覧ください。

まとめ

サイクロン掃除機の選び方と人気商品を、ランキング形式で紹介しました。形状や便利機能などを用途に合わせて選べば、自分に合うサイクロン掃除機がわかります。この記事を参考に自分にぴったりのサイクロン掃除機を見つけてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年08月25日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2022年】キャニスター掃除機のおすすめ人気ランキング15選【買って良かったのはどれ?】

【2022年】キャニスター掃除機のおすすめ人気ランキング15選【買って良かったのはどれ?】

掃除機
紙パック式掃除機の人気おすすめランキング15選!【サイクロンも】

紙パック式掃除機の人気おすすめランキング15選!【サイクロンも】

掃除機
Panasonic掃除機のおすすめ人気ランキング10選【コードレスやサイクロン式も】

Panasonic掃除機のおすすめ人気ランキング10選【コードレスやサイクロン式も】

掃除機
軽い掃除機のおすすめ人気ランキング10選【使いやすいコードレスも】

軽い掃除機のおすすめ人気ランキング10選【使いやすいコードレスも】

掃除機
日立掃除機のおすすめ人気ランキング18選【コードレスやスティッククリーナーも】

日立掃除機のおすすめ人気ランキング18選【コードレスやスティッククリーナーも】

掃除機
三菱掃除機の人気おすすめランキング10選【紙パック式Be-Kとサイクロン掃除機の比較も】

三菱掃除機の人気おすすめランキング10選【紙パック式Be-Kとサイクロン掃除機の比較も】

掃除機