【現役家電販売員監修】掃除機の人気おすすめランキング20選【買って良かった掃除機はどれ?】

記事ID11033のサムネイル画像

今回はおすすめの掃除機をランキング形式でご紹介。人気のサイクロン掃除機やコードレスイプも。最新掃除機の傾向や選び方・特徴など、口コミや価格を参考にして紹介しています。パナソニック・ダイソン・マキタといった人気メーカーについてはもちろん、スティック・キャニスターなどの種類も網羅!ぜひ参考にしてください。

今回の記事では掃除機の人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事では掃除機について紹介しています。ぜひ参考にしてください。

最新の掃除機は吸引力抜群!1台で家全体を掃除できる

少し前まで、スティック掃除機はバッテリーの持ちが悪く、吸引力もイマイチだったことから、キャニスターをメインにスティック掃除機をサブ機として使う方が多い傾向でした。現在でも、吸引力の弱いスティックタイプやハンディタイプは不安という方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、最新のスティック掃除機はバッテリー持ち、吸引力が格段に向上し、スティック掃除機1本でも家中の掃除ができるようになっています。自動で掃除してくれるロボット掃除機も普及し、家事を少し楽にしてくれる掃除機。

 

今回はそんな掃除機を現役家電量販店店員のたろっささん監修のもと、掃除機の選び方やおすすめ商品のランキングを紹介します!

現役家電販売員が教える掃除機の選び方

取材協力

専門家プロフィール画像

たろっさ

現役家電販売員

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験も。

家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通。家電で分からないことはなく、現在は家電ライターの業務を通して「すべての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力。

ブログURL:https://taromomo.com/

たろっささんの画像

たろっささん

非常に商品数が多い掃除機ですが以下の3つの観点で選べばまず間違いないです!

  • 1.掃除スタイルに合わせて選びたい形状

 

  • 2.コード式かコードレスか

 

  • 3.重量や大きさも気にしよう

掃除スタイルに合わせて選びたい形状

たろっささんの画像

たろっささん

最近の掃除機は吸引力やヘッドの能力などが非常に進化しており、吸引力=キャニスター型という状況が覆されつつあります。


もちろん、それでも安定した吸引力ということであればキャニスター型は筆頭には上がりますが、サッと取り出してすぐに使えるスティック型、広い部屋でも放っておくだけで隅々までキレイにしてくれるロボット掃除機など、それぞれに利点があります。


現状はお手軽さが評価され、スティック掃除機がどんどんと拡大してきている状況になっています。

コード式かコードレスか

たろっささんの画像

たろっささん

コード式の利点は安定した吸引力とバッテリー切れで掃除が途中になってしまう恐れが無いという点です。コードを取り回すのは慣れない内は少し大変ではあるものの、慣れるとコードがついている安心感を感じることが出来ます。


反面コードレスはバッテリー式になっているため、取り回しが楽なのが特徴。スティック型に多いため、階段やカーテンレールなどの重量があると難しい場所もすいすいと掃除ができます


ただ、2-30分程度のバッテリー寿命のものが多い点と使用時間が伸びれば伸びるほどバッテリーの重量も重くなるため、利点が薄まってしまうというところには注意しましょう。

重量や大きさも気にしよう

たろっささんの画像

たろっささん

掃除機の購入を検討する上でないがしろにされがちな要素として重量や大きさがありますが、こちらは吸引力と同じくらい大事な項目になります。


吸引力がいくら強くても3kgを超えているような掃除機だと階段などの持って歩かないといけない場面では非常に大変です。1kg台のものであれば携行性にも優れているのでどこで使用するにしても楽に掃除機をかけることが出来るでしょう。

今家電量販店で一番売れてる掃除機を紹介!

たろっささんの画像

たろっささん

家電量販店で実際に今一番売れている掃除機を紹介します!

軽量化されたコンパクトな掃除機

ダイソンの掃除機がうるさい…というのは実を言うとかなり昔の話。SV10から搭載されたダイソン ハイパーディミアムモーターが非常に静音になっており高めのキーンという音がわずかにするだけという事になっています。また、吸引力も素晴らしく、とりあえず迷ったらこれ!という位売れています。

サイズ 250x233x1100 mm 特徴 -
重量 1.9kg 吸引仕事率 -
充電時間 3.5時間 連続稼働時間 エコモード:40分 中モード:25分 強モード:5分
集塵方法 サイクロン ヘッド モーター式

コードレス掃除機のおすすめ人気ランキング5選

5位

日立(HITACHI)

掃除機 コードレス スティッククリーナー PV-BE200 R

自立構造の機動力のある掃除機

日立から発売されているこの商品は、快適に掃除できるように設計されたコードレス掃除機です。どんな場所でもぱっと置ける自立構造であり、壁際のゴミが吸いやすい「きわびた構造」でもあるため、普段は掃除できない場所も簡単に掃除できます。

サイズ 12.7×11.5×42cm 特徴 自立構造・きわぴた構造
重量 2.8 Kg 吸引仕事率 -
充電時間 約4時間 連続稼働時間 強:約13分、標準:約40分
集塵方法 サイクロン ヘッド 自走パワーブラシ

口コミを紹介

量販店の方にこの掃除機をオススメいただき購入しましたが、吸引力はかなり満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

コードレスでありながらパワフルな掃除機

ダイソンから発売されているこの商品は、コードレスでありながら、コード式に負けない吸引力を持っている掃除機です。強力なモーターを搭載しているため、どんな場所の汚れでも簡単に吸引することができます。稼働音も低いのであまりの目も気にせず済みます。

 

そして今だけ公式サイトで11/12 11:00までシングルデーセールを実施しています。

この機会を逃さず是非、ダイソンの掃除機お試しください!

 

公式サイトはこちら

サイズ 13.5x33.3x21cm 特徴 ポストモーターフィルター採用
重量 1.58Kg 吸引仕事率 -
充電時間 約5時間 連続稼働時間 通常モード:40分 強:7分間
集塵方法 サイクロン ヘッド パワーブラシ

口コミを紹介

prime dayで買えたので山崎実業のスタンドと併せて母の誕生日にプレゼントしました。気に入ったみたいで毎日欠かさず掃除機をかけているみたいです

出典:https://www.amazon.co.jp

ドライカーボン使用の軽量ボディが人気の商品

シャープから発売されているこの商品は、ドライカーボンを採用した最軽量の掃除機です。快適な操作性と立ったまま吸い込み口を外せるブラシを採用しているため、使い勝手が良く、どんな場所でも快適に掃除することができます。

サイズ 22.2x22x98cm 特徴 スグトルブラシ・ドライカーボン使用
重量 1.5kg 吸引仕事率 -
充電時間 1.3時間 連続稼働時間 自動モード約20分
集塵方法 サイクロン ヘッド 自走パワーブラシ

口コミを紹介

コードレスクリーナーがどんなものか試してみたくて買った中古のEC-A1Rに満足したため、これの新品を買い直しました。2カ月間経過しましたが、EC-A1R以上に満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Tineco

A10Danimo 掃除機 コードレス スティッククリーナー

軽量かつ強力吸引の高性能掃除機

ティネコから発売しているこの商品は、コンパクトでありながら、抜群の吸引力を誇る掃除機です。通常のDCモーターの4倍の吸引力を誇り、アレルギー物質を除去する4段階フィルターシステムを採用しているので、より快適に掃除をすることが出来ます。

サイズ 31.9x21x110cm 特徴 HEPAフィルタ搭載
重量 1.3kg 吸引仕事率 24W/105W
充電時間 - 連続稼働時間 10 - 25 分
集塵方法 サイクロン ヘッド パワーブラシ

口コミを紹介

はじめに使用した際、音が静かすぎて本当に掃除できているのか?と不安になったが、
カーペットにかけてみるとあら不思議。肉眼では確認できなかったゴミやホコリがよく取れている。

出典:https://www.amazon.co.jp

ラジアルルートサイクロン採用の超強力吸引

ダイソンから発売されているこの商品は、強力な吸引力と簡単なゴミ処理方法が特徴の高性能掃除機です。ラジアルルートサイクロンという独自のサイクロン技術を搭載しており、従来の掃除機よりも素早く掃除できます。

 

ワンタッチで簡単にゴミを捨てられるので、興味のある方は是非購入を検討してみて下さい。

 

そして今だけ公式サイトで11/12 11:00までシングルデーセールを実施しています。

この機会を逃さず是非、ダイソンの掃除機お試しください!

 

公式サイトはこちら

サイズ 25×24.5×123.2cm 特徴 ラジアルルートサイクロン採用
重量 2.58kg 吸引仕事率 -
充電時間 3.5時間 連続稼働時間 最長60分
集塵方法 サイクロン ヘッド パワーブラシ

口コミを紹介

前のはスティック型とはいえ20年近く前の機種であり重く取り回しが不便であった。
本機はそれに比べれば軽く、ぐんぐんとゴミを吸い取ってくれる。

出典:https://www.amazon.co.jp

コードレス掃除機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7986054の画像

    Dyson(ダイソン)

  • 2
    アイテムID:7986051の画像

    Tineco

  • 3
    アイテムID:7986048の画像

    シャープ(SHARP)

  • 4
    アイテムID:7986045の画像

    Dyson(ダイソン)

  • 5
    アイテムID:7986042の画像

    日立(HITACHI)

  • 商品名
  • Dyson V10 サイクロンスティッククリーナー Fluffy
  • A10Danimo 掃除機 コードレス スティッククリーナー
  • コードレススティッククリーナー EC-AR2S-P EC-AR2S-P
  • 掃除機 コードレス V8 Fluffy SV10 FF2
  • 掃除機 コードレス スティッククリーナー PV-BE200 R
  • 特徴
  • ラジアルルートサイクロン採用の超強力吸引
  • 軽量かつ強力吸引の高性能掃除機
  • ドライカーボン使用の軽量ボディが人気の商品
  • コードレスでありながらパワフルな掃除機
  • 自立構造の機動力のある掃除機
  • 価格
  • 43,700円(税込)
  • 23,800円(税込)
  • 37,380円(税込)
  • 29,800円(税込)
  • 15,980円(税込)
  • サイズ
  • 25×24.5×123.2cm
  • 31.9x21x110cm
  • 22.2x22x98cm
  • 13.5x33.3x21cm
  • 12.7×11.5×42cm
  • 特徴
  • ラジアルルートサイクロン採用
  • HEPAフィルタ搭載
  • スグトルブラシ・ドライカーボン使用
  • ポストモーターフィルター採用
  • 自立構造・きわぴた構造
  • 重量
  • 2.58kg
  • 1.3kg
  • 1.5kg
  • 1.58Kg
  • 2.8 Kg
  • 吸引仕事率
  • -
  • 24W/105W
  • -
  • -
  • -
  • 充電時間
  • 3.5時間
  • -
  • 1.3時間
  • 約5時間
  • 約4時間
  • 連続稼働時間
  • 最長60分
  • 10 - 25 分
  • 自動モード約20分
  • 通常モード:40分 強:7分間
  • 強:約13分、標準:約40分
  • 集塵方法
  • サイクロン
  • サイクロン
  • サイクロン
  • サイクロン
  • サイクロン
  • ヘッド
  • パワーブラシ
  • パワーブラシ
  • 自走パワーブラシ
  • パワーブラシ
  • 自走パワーブラシ

下記ではおすすめのコードレス掃除機をランキング形式でご紹介しています。人気のダイソンコードレスクリーナーなども紹介しているので、ぜひごらんください。

サイクロン式の掃除機のおすすめ人気ランキング4選

4位

ツインバード工業(Twinbird)

サイクロンスティッククリーナー スケルトンブラック TC-E123SBK

ハンディタイプとの使い分けが可能なスティッククリーナー

ツインバードから発売されているこの商品は、スティックタイプハンディタイプの使い分けが可能な掃除機です。軽量であり持ち運びも簡単なため、使い分けることでより細かな場所まで掃除することができます。

サイズ 22.5×15.5×102cm 特徴 手元スイッチ搭載
重量 1.7Kg 吸引仕事率 70W
充電時間 - 連続稼働時間 -
集塵方法 サイクロン ヘッド 床ブラシ

口コミを紹介

綺麗好きなので自室に置くために購入。
ひと時代前のハンディとは比べ物にならない吸引力!

出典:https://www.amazon.co.jp

お手入れ不要のクリーンセンサー搭載掃除機

パナソニックから発売されているこの商品は、独自のダブルメタルを採用することにより約2年間お手入れが必要ない掃除機です。見えないゴミまで逃がさないクリーンセンサーも搭載しているので、通常では見逃してしまうような汚れも除去できます。

サイズ 23.8×32.7×29cm 特徴 ダブルメタル採用
重量 2.6 kg 吸引仕事率 -
充電時間 - 連続稼働時間 -
集塵方法 サイクロン ヘッド 自走パワーブラシ

口コミを紹介

「センサーなんて」っと思っていましたが、「これが最近の技術力か」と思うほど感動しました。さすが天下のパナ。言うことなし大満足。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

日立(HITACHI)

掃除機 コードレススティック&ハンディ PV-BFH900

パワフル自走でグングン進む、高性能掃除機

日立から発売されたこの商品は、ブラシの回転する力で前に自動で進む「パワフル自走」を採用している掃除機です。スティックスタイルのまま充電し、簡単に取り出せる「スタンド式充電台」が付属しているため、どんな場所でも気軽に充電することができます。

サイズ 101.2×25.5×30.8cm 特徴 スタンド式充電台付属
重量 2.1kg 吸引仕事率 -
充電時間 約3.5時間 連続稼働時間 強:約8分 標準:約40分
集塵方法 サイクロン ヘッド 自走パワーブラシ

口コミを紹介

自走式なので重さ2.1kgとは思えない軽さです。我が家には絨毯がないので、標準パワーで問題なくじっくりと掃除できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

エコ掃除搭載の電気代が節約できる掃除機

シャープから発売しているこの商品は、コンパクトボディで持ちやすいグリップハンドルが特徴的な遠心分離サイクロン掃除機です。エコ掃除モードに設定することで床面や掃除動作に合わせてパワーを自動調整するので、電気代の節約にも繋がります。

サイズ 25.7×36.3×24.8cm 特徴 エコ掃除モード搭載
重量 3.8kg 吸引仕事率 70W~450W
充電時間 - 連続稼働時間 -
集塵方法 サイクロン ヘッド タービンブラシ

口コミを紹介

値段が1万切る掃除機には期待してなかったのですが、良く吸います。小鳥を飼っているので餌が床に落ちている事がありますが、ダイソンでは弾いてしまっていたのですが、これでは全て吸ってくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

サイクロン式の掃除機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7986070の画像

    シャープ(SHARP)

  • 2
    アイテムID:7986067の画像

    日立(HITACHI)

  • 3
    アイテムID:7986064の画像

    パナソニック

  • 4
    アイテムID:7986061の画像

    ツインバード工業(Twinbird)

  • 商品名
  • サイクロン掃除機 ベージュ EC-CT12-C
  • 掃除機 コードレススティック&ハンディ PV-BFH900
  • サイクロン掃除機 ローズゴールド MC-SR570G-N
  • サイクロンスティッククリーナー スケルトンブラック TC-E123SBK
  • 特徴
  • エコ掃除搭載の電気代が節約できる掃除機
  • パワフル自走でグングン進む、高性能掃除機
  • お手入れ不要のクリーンセンサー搭載掃除機
  • ハンディタイプとの使い分けが可能なスティッククリーナー
  • 価格
  • 9,980円(税込)
  • 42,680円(税込)
  • 37,236円(税込)
  • 3,500円(税込)
  • サイズ
  • 25.7×36.3×24.8cm
  • 101.2×25.5×30.8cm
  • 23.8×32.7×29cm
  • 22.5×15.5×102cm
  • 特徴
  • エコ掃除モード搭載
  • スタンド式充電台付属
  • ダブルメタル採用
  • 手元スイッチ搭載
  • 重量
  • 3.8kg
  • 2.1kg
  • 2.6 kg
  • 1.7Kg
  • 吸引仕事率
  • 70W~450W
  • -
  • -
  • 70W
  • 充電時間
  • -
  • 約3.5時間
  • -
  • -
  • 連続稼働時間
  • -
  • 強:約8分 標準:約40分
  • -
  • -
  • 集塵方法
  • サイクロン
  • サイクロン
  • サイクロン
  • サイクロン
  • ヘッド
  • タービンブラシ
  • 自走パワーブラシ
  • 自走パワーブラシ
  • 床ブラシ

下記の記事は、おすすめのサイクロン掃除機をランキング形式でご紹介しています。サイクロン掃除機のメリット・デメリットについても紹介しているので、参考にしてください。

吸引力の高い掃除機のおすすめ人気ランキング6選

6位

付属ノズルで物を傷つけずに清掃可能

アイリスオーヤマから発売されたこの商品は、パワフルな吸引力は勿論、掃除しにくい場所でも活躍する掃除機です。2通りの使い方ができるノズルによって、高いところや傷が付きやすい物のある場所でも安心して掃除することができます。

サイズ 24×34.1×28.1cm 特徴 すきま用アタッチメント付属
重量 4.8kg 吸引仕事率 200W
充電時間 - 連続稼働時間 -
集塵方法 サイクロン ヘッド 床ブラシ

口コミを紹介

パワーヘッドのおかげで大体のゴミは吸い込むことができます。コストパフォーマンスはとっても優れていると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Dibea-JP

コードレス掃除機 スティック&ハンディクリーナー 2WAY

コンパクトながらも強力なモーターを搭載した掃除機

この商品は、使用時間吸引力を向上させたスリムボディの掃除機です。業界最先端のブラシレスモーターを搭載しており市場モーターの約5倍の耐久性を誇っています。また、掴みやすく動かしやすいデザインの為、負担も少なく快適に掃除することが可能です。

サイズ 22.2x22x98cm 特徴 400Wブラシレスモーター搭載
重量 - 吸引仕事率 -
充電時間 - 連続稼働時間 -
集塵方法  サイクロン ヘッド 自走式床ブラシ

口コミを紹介

お陰で様々なトラブルは解決し、妻も軽くてどこでも掃除ができると大変気に入り、ストレスから解放され重宝してると非常に喜んでいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

日立(HITACHI)

掃除機 パワーブースト サイクロン式 自走式 CV-SF300

強力なファンとサイクロン構造を利用したパワフル掃除機

日立から発売しているこの商品は、強力なパワーで奥にある埃まで吸い込める掃除機です。流体解析技術を駆使した効率設計であり、吸込仕事率400wを誇ります。持続性も非常に高く、パワーロスを低減し、より快適に掃除することが出来ます。

サイズ 29×24×33.6cm 特徴 パワーブーストサイクロン採用
重量 3.5(5.0)kg 吸引仕事率 約60W~400W
充電時間 - 連続稼働時間 -
集塵方法  サイクロン ヘッド 自走パワーブラシ

口コミを紹介

実際に使ってみますと以前の掃除機と異なりホースが軽い
吸引力も文句なし.ゴミ捨ても手軽な印象です.

出典:https://www.amazon.co.jp

驚異の静音性とクリーンな排気

こちらの製品の特徴は何といってもその音の静かさです。音響工学を用いて設計され、音の静かさに非常にこだわった製品です。特に通常モードは夜間でも問題なく使用できるほどの静かさです。

 

また、排気のクリーンさも魅力的です。独自のフィルターを用いて0.3ミクロンまでの細かい粒子を99.97%までカットします。そのため、細かいホコリにアレルギー反応を起こしやすい方におすすめです。

サイズ 68.99 x 28.19 x 16.19 cm 特徴 99.97%カットフィルター
重量 4.04kg 吸引仕事率 -
充電時間 約5時間 連続稼働時間 最大約40分
集塵方法 サイクロン ヘッド パワーブラシ

口コミを紹介

以前のが壊れてしまい、買い替えました。軽くて以前より静かだけど吸引力あるので良かった。マンションなので時間気にならず使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

日立(HITACHI)

掃除機 紙パック式 自走式パワーヘッド CV-PD30 N

ジェット吸引スマートヘッドで逃さず吸引

日立から発売しているこの商品は、カーボン繊維強化プラスチック製の軽量タイプ掃除機です。ヘッドの床への張りツキを抑える「ジェット吸引スマートヘッド」と壁際も吸い込みやすい「きわびた構造」で、どこでも使いやすくなっています。

サイズ 22.4×26.6×31.3cm 特徴 きわぴた構造・ジェット吸引スマートヘッド採用
重量 3.7(5.4)kg 吸引仕事率 約110W~680W
充電時間 - 連続稼働時間 -
集塵方法 紙パック ヘッド 自走パワーブラシ

口コミを紹介

今まで使っていた掃除機はまだ使えるのですが、実家で使っていた日立の掃除機がとても使いやすかったので、買ってみようと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

吸引力大幅アップで充電も簡単

高電圧のバッテリーと3Dファンモーター、さらに吸排気路を最適化することで従来モデルと比べて50%以上も吸引力をアップさせたモデルです。

 

バッテリーが2個付属されているので、片方ずつ入れ替えて充電して使えばバッテリーの減りを気にすることもほとんどありません。

サイズ 54.99 x 29.99 x 25.99 cm 特徴 バッテリー2個付属
重量 約5kg 吸引仕事率 -
充電時間 約80分 連続稼働時間 最大120分
集塵方法 サイクロン ヘッド 自走パワーブラシ

口コミを紹介

まずは驚きの軽さと使い勝手が良いところが気に入りました。バッテリーは取り外して充電するタイプなので好き嫌いがあるとは思いますが、バッテリーは消耗品なので新品に取り換える事を考えると良いかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

吸引力の高い掃除機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7986092の画像

    シャープ

  • 2
    アイテムID:7986089の画像

    日立(HITACHI)

  • 3
    アイテムID:7986086の画像

    Dyson(ダイソン)

  • 4
    アイテムID:7986083の画像

    日立(HITACHI)

  • 5
    アイテムID:7986080の画像

    Dibea-JP

  • 6
    アイテムID:7986077の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 商品名
  • EC-SR3SX-P
  • 掃除機 紙パック式 自走式パワーヘッド CV-PD30 N
  • V8 Slim Fluffy SV10KSLM
  • 掃除機 パワーブースト サイクロン式 自走式 CV-SF300
  • コードレス掃除機 スティック&ハンディクリーナー 2WAY
  • 掃除機 サイクロン式 コンパクト IC-C102-W
  • 特徴
  • 吸引力大幅アップで充電も簡単
  • ジェット吸引スマートヘッドで逃さず吸引
  • 驚異の静音性とクリーンな排気
  • 強力なファンとサイクロン構造を利用したパワフル掃除機
  • コンパクトながらも強力なモーターを搭載した掃除機
  • 付属ノズルで物を傷つけずに清掃可能
  • 価格
  • 52,400円(税込)
  • 47,760円(税込)
  • 39,640円(税込)
  • 24,500円(税込)
  • 26,999円(税込)
  • 5,980円(税込)
  • サイズ
  • 54.99 x 29.99 x 25.99 cm
  • 22.4×26.6×31.3cm
  • 68.99 x 28.19 x 16.19 cm
  • 29×24×33.6cm
  • 22.2x22x98cm
  • 24×34.1×28.1cm
  • 特徴
  • バッテリー2個付属
  • きわぴた構造・ジェット吸引スマートヘッド採用
  • 99.97%カットフィルター
  • パワーブーストサイクロン採用
  • 400Wブラシレスモーター搭載
  • すきま用アタッチメント付属
  • 重量
  • 約5kg
  • 3.7(5.4)kg
  • 4.04kg
  • 3.5(5.0)kg
  • -
  • 4.8kg
  • 吸引仕事率
  • -
  • 約110W~680W
  • -
  • 約60W~400W
  • -
  • 200W
  • 充電時間
  • 約80分
  • -
  • 約5時間
  • -
  • -
  • -
  • 連続稼働時間
  • 最大120分
  • -
  • 最大約40分
  • -
  • -
  • -
  • 集塵方法
  • サイクロン
  • 紙パック
  • サイクロン
  • サイクロン
  • サイクロン
  • サイクロン
  • ヘッド
  • 自走パワーブラシ
  • 自走パワーブラシ
  • パワーブラシ
  • 自走パワーブラシ
  • 自走式床ブラシ
  • 床ブラシ

下記は吸引力の高いおすすめの掃除機をランキング形式で紹介している記事です。吸引力について詳しく知りたいという方は、ぜひ参考にしてください。

価格の安い掃除機のおすすめ人気ランキング5選

5位

山善(YAMAZEN)

2WAY コードレス サイクロンクリーナー ホワイトグレー ZSC-L960(W)

可動性の高い、コスパ抜群掃除機

山善から発売されたこの商品は、狭いスキマも簡単に掃除できるスリムな設計の掃除機です。稼働ホイールを搭載しており、ベッドやソファの下も自由自在に掃除することができます。また、LEDライトを搭載しているので暗い場所でも安心です。

サイズ 27×17×111.6cm 特徴 可動ホイール搭載
重量 2.2kg 吸引仕事率 -
充電時間 約4時間 連続稼働時間 約15分
集塵方法 サイクロン ヘッド

口コミを紹介

この価格ならめちゃくちゃ良いですね。確かに吸引力は平均以下だと思いますが埃、小さなゴミ、輪ゴムなど普通に取ってくれます。ワンルームで使ってますがすごく良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

バッテリー残量も一目で見れる便利な商品

アポセンから発売されているこの商品は、コードレスタイプのどこでも気軽にしてできる掃除機です。最大で35分の連続使用が可能であり、LEDインジケーターを採用しているため、バッテリーの残量や充電状態まで一目で確認することが出来ます。

サイズ 43x15x21cm 特徴 LEDインジケーター
重量 1.4㎏ 吸引仕事率 -
充電時間 5.5時間 連続稼働時間 最長35分
集塵方法 サイクロン ヘッド
3位

握りやすく運びやすいと評判の高性能掃除機

三菱から発売しているこの商品は、快適に掃除できるように設計された掃除機です。持ち運びしやすい「本体ビックハンドル」と手持ちへの負担が少なく握りやすい「かるスマグリップ」により手首への負担を最小限まで軽減することができます。

サイズ 21×32.3×21cm 特徴 紙パック式
重量 2.4㎏ 吸引仕事率 約100W~500W
充電時間 - 連続稼働時間 -
集塵方法 紙パック ヘッド タービンブラシ

口コミを紹介

軽い。軽すぎる。
ちゃんと吸い込む。排気が臭くない。ゴミがたまってもそこまで吸い込み量は落ちない。

出典:https://www.amazon.co.jp

パワフルで使いやすいスリムな掃除機

ギーモから発売されているこの商品は、抜群のコストパフォーマンスを誇る、高性能掃除機です。優れた操作性超強吸引性能があるので、初めて掃除を購入する方や一人暮らしの方でも、満足します。費用を抑えたい方は是非購入を検討してみて下さい。

サイズ 43.9x 27.9x16.9cm 特徴 HEPAフィルター
重量 2.96 kg 吸引仕事率 600W
充電時間 - 連続稼働時間 -
集塵方法 サイクロン ヘッド

口コミを紹介

軽量で且つコンパクトなのにハイパワーな、コスパの良い商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

買って良かったの声多数!軽くて使いやすい掃除機

こちらの掃除機は非常に軽量で、約1.2kgという驚きの軽さです。軽いので片手でも楽々扱うことができ、棚やフックにかけて収納することもできます。

 

また、ゴミセンサーも搭載されているので、ゴミが落ちている場所が一目でわかり、効率よくゴミが集まっている場所を掃除することができます。

サイズ 23.6×16.2×100.3cm 特徴 ゴミセンサー付き
重量 約1.2kg 吸引仕事率 -
充電時間 約3時間 連続稼働時間 最長30分
集塵方法 紙パック式 ヘッド 床ブラシ

口コミを紹介

この掃除機を使うようになってから、コードのついた 大きな掃除機は、活躍の場をなくしました。少しの 汚れでも、おっくうがらず、手軽に取り出して使えるので、本当に便利です。小さいので、収納場所にも 困ることがありません。いつでも 手に取れるところに置いて、重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

価格の安い掃除機の商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7986109の画像

    アイリスオーヤマ

  • 2
    アイテムID:7986106の画像

    GeeMo

  • 3
    アイテムID:7986103の画像

    三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)

  • 4
    アイテムID:7986102の画像

    APOSEN

  • 5
    アイテムID:7986099の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 商品名
  • IC-SLDC7-W
  • H594スティッククリーナー サイクロン式 ハンディ 2WAY
  • Be-K 日本製 紙パック掃除機 小型 TC-FXG5J-A
  • コードレス掃除機 APOSEN H10
  • 2WAY コードレス サイクロンクリーナー ホワイトグレー ZSC-L960(W)
  • 特徴
  • 買って良かったの声多数!軽くて使いやすい掃除機
  • パワフルで使いやすいスリムな掃除機
  • 握りやすく運びやすいと評判の高性能掃除機
  • バッテリー残量も一目で見れる便利な商品
  • 可動性の高い、コスパ抜群掃除機
  • 価格
  • 9,480円(税込)
  • 5,680円(税込)
  • 12,999円(税込)
  • 7,999円(税込)
  • 8,350円(税込)
  • サイズ
  • 23.6×16.2×100.3cm
  • 43.9x 27.9x16.9cm
  • 21×32.3×21cm
  • 43x15x21cm
  • 27×17×111.6cm
  • 特徴
  • ゴミセンサー付き
  • HEPAフィルター
  • 紙パック式
  • LEDインジケーター
  • 可動ホイール搭載
  • 重量
  • 約1.2kg
  • 2.96 kg
  • 2.4㎏
  • 1.4㎏
  • 2.2kg
  • 吸引仕事率
  • -
  • 600W
  • 約100W~500W
  • -
  • -
  • 充電時間
  • 約3時間
  • -
  • -
  • 5.5時間
  • 約4時間
  • 連続稼働時間
  • 最長30分
  • -
  • -
  • 最長35分
  • 約15分
  • 集塵方法
  • 紙パック式
  • サイクロン
  • 紙パック
  • サイクロン
  • サイクロン
  • ヘッド
  • 床ブラシ
  • タービンブラシ

下記は価格の安いおすすめの掃除機をランキング形式で紹介している記事です。安い掃除機について詳しく知りたいという方は、ぜひ参考にしてください。

予算別!価格帯ごとの違いとおすすめモデル

掃除機の購入を考えている人の中には、予算を決めている方も多いのではないでしょうか。ここでは掃除機を値段で分けて、おすすめの商品をご紹介していきます。1万円以下・3万円台・5万円台の人気モデルを紹介しているので、参考にしてください。

1万円以下!収納も楽々な『アイリスオーヤマ IC-SLDC7』

アイリスオーヤマのIC-SLDC7は約1.2kgという軽さが強みです。コードレス掃除機は比較的軽量なタイプが多いですが、それでも同価格帯では1.5kg以上のものがほとんどです。片手でも簡単に扱うことができ、その軽さ故にフックなどに引っ掛けて収納することもできます。

 

また、ゴミセンサーが付いているのも強みです。同価格帯でゴミセンサーが付いている掃除機はほとんどありません。ゴミセンサーが付いているこの製品を使えばゴミの場所がすぐ分かるので、効率よく掃除ができ時間の短縮にもつながります。

 

ヘッドの部分が広く設計されているので、効率よく掃除ができるのも特徴です。また、サイクロンストリームヘッドも搭載しているので、サイド方面からもしっかりホコリを吸い取ることができます。

3万円台!静音性とクリーンさを求めるなら『ダイソン V8 Slim Fluffy SV10KSLM』

ダイソンのV8 Slim Fluffy SV10KSLMの強みは静音性です。音響工学を駆使して音の静かさに追求した設計がされています。通常モードとハイパワーな強モードがありますが、特に通常モードは非常に静かで、夜間に使用しても問題ないほどの静音性です。

 

また、排気のきれいさも強みです。独自のフィルターを用いて0.3ミクロンまでの極微小な粒子を99.97%とらえることができます。同じ価格帯では99%程度のものが多いですが、わずか0.07%ほどの差でもホコリを排出せずにキャッチできる数は格段に変わってきます。

 

軽くて使いやすいのもこの製品の特徴です。従来製品と比較すると、ヘッド部分を40%小型化・軽量化しました。そのため、家具の下など通常の掃除機ではなかなか手が届きづらい場所もしっかり掃除ができます。

5万円台!吸い込みパワー抜群『シャープ RACTIVE Air POWER EC-SR3SX』

シャープのRACTIVE Air POWER EC-SR3SXは吸引力が強みです。高電圧の25.2Vバッテリーと3Dファンモーターを使うことで従来のモデルと比較すると吸引力が50%以上アップしています。フローリングからカーペットまで、様々な床で威力を発揮できます。

 

また、バッテリーの持ちも強みです。この製品には同価格帯でも珍しくバッテリーが2個付属されています。最長で120分の使用が可能で、バッテリーは2個別々にも使えるので、片方を取り外して、入れ替えて使っていけば充電切れの心配はほとんどありません。

 

掃除しにくい場所でもしっかり掃除できるのもこの製品の特徴です。壁際のごみもしっかりキャッチできる「新シャッター構造」を採用し、ラグマットの段差部分も楽に乗り越えながら掃除できる「ラグ越え機能」といった機能もあります。

より拘りたい方に!編集部がおすすめするその他の選び方

初めに掃除機の選び方についてご紹介させて頂きます。種類や機能、サイズなどで特徴が大きく異なる為、是非下記のポイントを参考に選んでみて下さい。

掃除機の種類で選ぶ

掃除機を選ぶ際は、種類を確認して見ましょう。種類には主に「スティック型」「キャニスター型」「ロボット掃除機」「ハンディ型」の4種があります。

一人暮らしの方も使いやすい「スティック型」

スティック型の商品は、片手で扱えるスリムなボディが特徴の掃除機です。軽量で気軽に操作することができるため、一人暮らしの方から一軒家のご家庭に住む方など多くの方が愛用しています。

 

また、コードレスの商品も多く、収納スペースなども取らないので、手軽に掃除したい方は是非、購入を検討してみて下さい。

吸引力があり持続性のある「キャニスター型」

キャニスター型は、モーターにタイヤを付けて転がす従来の掃除機です。吸引力が高く、コンセントから給電するタイプがほとんどなので、持続性にも長けています。

 

近年では、性能はそのままにコンパクトで軽量な商品も多いため、頻繁に家の中を掃除する方は是非確認してみて下さい。

自動掃除が可能な「ロボット掃除機」もおすすめ

部屋を自動で掃除してほしいのであればロボット掃除機も検討してみて下さい。ロボットが自動で汚れている場所に走行しゴミを吸ってくれるため、掃除する手間がなく、他の家事や仕事に時間を振り当てることができます。

 

しかし、走行スペースを確保しておかなければ、掃除機が動かなくなってしまうので、購入する際は注意しましょう。下記の記事ではロボット掃除機についても詳しくご紹介しているので是非、確認してみて下さい。

車内などでも気軽に使える「ハンディ型」

コンパクトで小さな掃除機をお探しならハンディ型の掃除機がおすすめです。非常に小さく、コードレスの商品が多いため、車内の掃除や通常の掃除機では届かない高い場所での掃除に適しています。

 

アタッチメントが付属している商品もあるので、幅広い用途で使用したい方は是非確認してみて下さい。

ゴミ捨て形式で選ぶ

掃除機を選ぶ際は、ゴミ捨て形式で選ぶのも重要です。形式には主に「紙パック」と「サイクロン」の2種類がありますので、確認してみて下さい。

経済的で費用を抑えることができる「サイクロン」

ランニングコストなどを気にする方は、サイクロン式の商品がおすすめです。吸引したゴミを回転させて吸い込むので、内部にゴミがすぐ溜まってしまいますが、紙パックのような消耗品が存在しないの費用を抑えることができます。

ゴミをまとめて処分できる「紙パック」

手軽にゴミを処分できる掃除機をお探しの方は、紙パック式がおすすめです。紙パックにゴミが集塵するので、かき集めるなどの手間がかかりません。

 

しかし、紙パックを別に購入しなくてはならないため、費用が掛かってしまいます。ゴミを溜めたままにすると、パックから嫌な臭いも発生してしまうので、注意してください。

 

下記の記事では、より詳しく紙パックの商品を紹介しているので、是非確認してみて下さい。また、紙パック式コードレス掃除機について気になる方もチェックしてみてください!

ランニングコストを抑えるなら「紙パックレス掃除機」

紙パックやサイクロン方式を使わずに、フィルターでゴミを分離する掃除機を「カプセル式」といいます。紙パックを使わないので、ランニングコストを抑えられることが特徴です。サイクロン式に比べて、価格がリーズナブルであることもポイントでしょう。

 

メリットもたくさんありますが、ゴミを分離するフィルターは定期的なお手入れをする必要があります。他の集塵方式に比べて手間がかかってしまうことがデメリットといえます。

ヘッドの種類で選ぶ

掃除機のヘッド部分にも様々な種類があります。どのヘッドも吸引力などが異なるので、確認してみましょう。

絨毯やカーペットには「モーター式パワーブラシ」

絨毯カーペットの掃除には、モーター式パワーブラシがおすすめです。ヘッド内部のブラシを回転させることによって、ゴミを掻き出すため、長く引っ掛かりそうな毛やゴミなども安心して吸い込むことができます。

軽量で運びやすい「タービンブラシ」

軽量で使いやすい物をお探しの方はタービンブラシがおすすめです。モーター式と異なり内部にモーターが内蔵されていないため、軽量で方向転換などがしやすくなっています。そのため、階段や狭い場所での掃除には最適です。

リーズナブルで手間のかからない「床ブラシ」

価格が安くリーズナブルな商品をお探しの方は床ブラシもおすすめです。他のヘッドとは異なり、風の力のみでゴミを吸引するため、ブラシを掃除する手間もなくお手入れする時間を省くことができます。また軽量で持ち上げやすいというメリットもあります。

 

しかし、吸引力は他のヘッドよりも弱く、絨毯などの掃除には向いていません。

吸引力や使いやすさで選ぶ

掃除機を使う上で、吸引力の高さや使いやすさといった要素は重要です。頻繁に掃除機をかける方なら必ずチェックしておきましょう。ここでは、「吸引仕事率」「軽量モデル」についてご紹介します。

「吸込仕事率」の高さで吸引力を確認

掃除機を購入する際は吸込仕事率なども重要になります。吸込仕事率とは吸引力などのことを表している値です。値が大きいほど、吸引力が強くなるためので選ぶ際に基準にする方も多くいらっしゃいます。

 

基本的にスティック型では吸込仕事率が20~100wキャニスター型ならば、400~500wほどが良いとされています。しかし、ヘッド形状などでも値は変動するので、注意しましょう。

比較的軽い「軽量モデル」は使い勝手がいい

掃除機には軽量モデルの商品もあるので、確認してみましょう。部屋階段を掃除する場合などは掃除機を運びながら使用することも多いので、商品が軽量なだけで掃除が捗ります。重量は使用している素材でも大きく異なるので、確認してみて下さい。

使う場所やシーンで選ぶ

掃除機を使うときには、周りの環境やどんなゴミを処理したいのかも考えましょう。ここでは、ペットを飼っている方や深夜に掃除をする方におすすめの掃除機についてご紹介します。

ペットを飼っている方は「ペットの毛」に強い掃除機を

ペットを飼っている方の多くは、抜け毛にお悩みではないでしょうか。床はもちろん、ソファやベッドなど、いたるところに毛がついてしまいますよね。ペットの毛にはそれに対応する掃除機を選ぶのが重要です。

 

下記の記事では、ソファも掃除できるハンディタイプやスティックとの2WAYタイプも紹介しています。ペットの毛にお悩みの方は参考にしてください。

深夜の掃除や子どもがいる家庭には「静かな掃除機」

小さなお子さまがいる家庭や深夜・早朝に掃除機を使いたいという方は、運転音にも注意しましょう。せっかく寝かしつけた子どもが、掃除機の音で起きてしまっては困りますよね。

 

掃除機の中には、静音性を重視して開発されたモデルも販売されています。騒音レベル「60db以下」のものがおすすめです。

布団を清潔に保ちたい方は「ふとん掃除機」を

通常の掃除機では布団の奥まで入り込んだダニ・ホコリを除去することが難しいので、ふとん掃除機を使うことをおすすめします。

 

ハンディサイズで、繊維の奥深くのホコリ・ハウスダストまでしっかり吸引してくれるのが特徴です。目に見えなくても、微細なゴミは毎日蓄積されていきます。そのため、アレルギー持ちの方だけでなく、毎日清潔に過ごしたい人にもおすすめです。

シンプルさとパワーを求める方には「業務用掃除機」

「とにかく吸引力にこだわりたい!余計な機能はいらない!」という方には業務用掃除機がおすすめ。ビルやホテルなどで使われることが多いため、吸引力に優れていてゴミの入る容量が多いのが特徴です。

 

また業務用掃除機はコード式の商品が多いので、使用時間を全く気にせずに使えるのが嬉しいです。中には水ごと吸い込める製品もあり、絨毯やフローリングだけでなくお風呂場やベランダ、お庭まで使い道は様々です

収納スペースで選ぶ

掃除機は大きさがあるため収納に困ってしまいがちですよね。そのため購入する際には収納スペースも考えて選ぶ必要があります。

「スティック型」や「ハンディ型」は収納が楽ちん!

あまり収納スペースが確保できないという方にはスティック型やハンディ型の掃除機がおすすめです。

 

スティック型は細い形状が特徴であり、部屋の隙間部分など狭い場所でもコンパクトに収納することができます。また、長さ調節ができるものやスティック部分を折りたためるものならタンスの中などに収納することが可能です。さらに、ハンディ型なら縦幅もなく、車内に収納しておくことも可能です。

 

しかし、自立しないタイプの掃除機は収納に注意しなくてはなりません。例えばDysonの掃除機は自立しないため、標準付属品の収納用ブラケットを使用したり専用スタンドを用意する必要があります。

「お掃除ロボット」なら収納いらず

収納スペースの確保が難しいという方には、ロボット掃除機もおすすめです。近年ではルンバで有名なアイロボットやアンカーなど様々なメーカーから販売されています。

 

お掃除ロボットは縦幅がないため場所を取らず、充電台と一緒にお部屋に置いておいてもお部屋の邪魔になりません。また、タンスやテレビ台の下など家具のデッドスペースに収納しておくことも可能です。

コスパで選ぶなら「価格」の比較もポイントに

商品を選ぶ際は価格を考慮し選ぶのも大切です。掃除機は決して安くはないため、適当な商品を選んでしまうと、生活に負担をかけてしまいます。そのため、商品を比較し、できるだけ安くコストパフォーマンスの良い商品を選びましょう。

 

価格だけを重要視せず、口コミなどの評価を参考にしてみるのがおすすめです。また、以下の記事では安い掃除機についてランキング形式で紹介しているので、是非参考にしてみてください!

掃除機のおすすめメーカー

掃除機を選ぶ際は、有名なメーカーの商品を選ぶのもおすすめです。ダイソン日立などの有名なメーカーの商品は満足度も高いため、信用ができます。商品選びを失敗するリスクを回避することにも繋がるので、是非確認してみて下さい。

サイクロン技術を開発した「ダイソン(Dyson)」

ダイソンは、サイクロン掃除機を開発したイギリスのメーカーです。高いサイクロン技術を有しており、パワフルな吸引力でどんなゴミもすぐに吸い込むことができます。サイクロン掃除機をお探しの方は是非確認してみて下さい。

バッテリーの持ちなら「マキタ」が優秀

マキタの掃除機は、バッテリーが長持ちするコードレスの商品が人気です。総合電動工具メーカーであり工具と同じバッテリーを使用することにより、通常の掃除機以上に長時間のお掃除をすることができます。充電も早いので興味のある方は是非確認してみて下さい。

様々な種類の掃除機を揃えている「日立(HITACHI)」

日立は、様々な掃除機を揃えている大手電機メーカーです。様々なラインナップを揃えているため、環境に応じて最適な商品を選ぶことができます。また、サイクロン掃除機などに独自のモーターを搭載し吸引力も向上させています。

 

お手入れの手間を省くための設計がされた商品もあるので、興味のある方は是非確認してみて下さい。

使い心地の良い「東芝(TOSHIBA)」

東芝は、使いやすく高品質な掃除機を販売しているメーカーであり、様々な商品がラインナップされています。軽量な商品も多いので手軽に掃除機をかけたい方にもおすすめです。

 

また、コードレスロボットタイプなども販売しているので、状況に応じた掃除機を購入できるのも強みの一つです。

軽量な商品が人気の「シャープ(SHARP)」

軽量でどこでも使える掃除機をお探しの方は、シャープの掃除機がおすすめです。コンパクトなサイズでありながら独自の技術を取り入れているため、吸引力も向上しています。コードレス掃除なども人気なので気になる方は是非確認してみて下さい。

子供にも優しい掃除機を販売している「三菱」

お子様のいる方やペットを飼っている方は、三菱の掃除機がおすすめです。細かいフィルターが小さなごみすら残さずにキャッチするため、排気が非常に綺麗なり、お子様や子犬などのペットがいても安心して掃除することができます。

軽さと吸引力のバランス抜群の「パナソニック(Panasonic)」

パナソニックの掃除機は吸引力と軽量さのバランスが抜群です。業界トップクラスのコンパクトで軽さを実現しながらも、モーターの吸引力、ヘッドノズルの高回転によってカーペットの奥に潜むゴミまで吸い込んでくれます。

スティック掃除機が主力の「エレクトロラックス」

エレクトロラックスはスウェーデンに本社を構える、ヨーロッパ最大の家電メーカーです。掃除機では、スティックタイプ・ロボット掃除機・ハンディクリーナーを販売しています。

 

2012年にエレクトロラックスが初めて日本の市場に特化した掃除機「エルゴスリー」を開発し、注目を集めました。現在では、その後継機ともいえる「エルゴラピード」シリーズが人気です。

ロボット掃除機のパイオニア「iRobot」

ロボット掃除機を代表する「ルンバ」を手掛けているのがアイロボットです。高性能なロボット掃除機を多数ラインナップし、拭き掃除をしてくれる「ブラーバ」も人気を集めています。ロボット掃除機の購入を検討している方には外せないメーカーです。

 

以下の記事ではロボット掃除機のルンバやそれ以外の自動掃除機についてランキング形式で紹介しているので、是非参考にしてみてください!

フロアケアブランドならでは高い技術力を誇る「シャーク(Shark)」

シャークは北米の有数の家庭用フロアケアブランドです。ランナップはそれほど多くないものの、掃除に特化したブランドというだけあり非常に機能性に優れた掃除機が販売されています。

 

例えば人気のEVOFLEXでは、シャーク独自のクリーナーヘッドでカーペットの奥に潜む細かいちりや取り込みにくい大きなごみも逃がしません。また、パイプが曲がるため家具の下も簡単にお掃除することができ、

安い掃除機やコスパの良い掃除機が欲しいなら「アイリスオーヤマ」

アイリスオーヤマと言えばそのコスパの良さで高い人気がありますが、掃除機でもその安さは健在です。1万円以下で買える商品も多数あり、キャニスター型や紙パック式などお好みに合った掃除機を豊富なラインナップから選ぶことができるのも魅力です。

「hi koki」の掃除機は衛生的にお手入れができる

hi kokiの掃除機の魅力は吸引力の高さなど様々ですが、一番は衛生的にお手入れができるという点です。

 

hi koki独自の機構である「除じん機構」というものがあり、これによってダストケース内の除じんブレードがフィルター表面に着いているゴミをかき落とします。そのため、直接フィルターに触れずにお手入れを行う必要がないため、衛生的に使用することができます。

中国製の「GeeMo(ギーモ)」は安いが吸引力がいい

中国で作られているメーカー・ギーモは、安く吸引力の高いスティックタイプの掃除機を販売しています。質はもちろんダイソンやシャープなどよりも劣りますが、安いものを手に入れたいと考えている方にはぴったりです。デザイン性も悪くないため、一人暮らしを始める方にもおすすめ。

価格が安い掃除機の注意点のご紹介

価格が安い掃除機を購入した場合に注意したい点をご紹介します。

お手入れをこまめに行う必要がある

価格が安い掃除機は一般的にダストボックスの容量が少ない傾向にあります。そのため、こまめにダストボックスに溜まったごみを捨てたり紙パックを交換する必要があります。安い掃除機が欲しいけどお手入れも面倒くさい…という方は、集塵容量をしっかりと確認して購入するようにしましょう。

吸引力は弱いものの静かに使用できる!

価格が安い掃除機は吸引力が弱いものが多いです。安い中でも吸引力が欲しいという方は、モーター式ヘッドの掃除機を選ぶと良いでしょう。また、サイクロン式の掃除機は吸引力が持続しやすいと言われています。

 

また、吸引力はホースや吸引口にゴミが詰まっていたり、ホースやパイプが破れていると弱くなってしまいます。この観点からも、掃除機をこまめにお手入れする必要があります

 

しかし、安い掃除機は吸引力が劣る分比較的静かに使用することができます。夜遅くや朝早くにしかお掃除ができないという方や小さなお子さんがいるという方は、安い掃除機を選んでみると静音性の高い掃除機に出会えるかもしれません。

買ってはいけない掃除機の特徴

最後に、買ってはいけない掃除機の特徴をいくつかご紹介します。まず避けたいのは稼働時間が短すぎる掃除機。コードタイプなら制限がないので大丈夫ですが、充電タイプで稼働時間が短いと満足にそうじすることができません。目安として20分前後は使用できるものがいいでしょう。

 

また、コードレススティックタイプの紙パック式掃除機も購入を避けましょう。コードレススティックタイプは力が弱いため、紙パック式だとゴミが溜まるにつれて吸引力が落ちてしまいます。紙パックがいいのであれば有線の掃除機を選んでください。

 

以下の記事で買って良かった掃除機を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

まとめ

今回は掃除機についてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?埃やゴミはどの家庭でも溜まるため、是非自分の家に適した掃除機を見つけてみて下さい。また下記ではペット用の掃除機などについても紹介しているので、是非ご一読をお願いいたします。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年09月17日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ダイソン掃除機の人気おすすめランキング15選【最新のコード付きキャニスターも】

ダイソン掃除機の人気おすすめランキング15選【最新のコード付きキャニスターも】

掃除機
【2021年最新版】PS4ゲームソフトの人気おすすめランキング100選【名作や面白いゲームをご紹介】

【2021年最新版】PS4ゲームソフトの人気おすすめランキング100選【名作や面白いゲームをご紹介】

プレイステーション4(PS4)ソフト
【2021年最新版】エアコンの人気おすすめランキング20選【置き型もご紹介!】

【2021年最新版】エアコンの人気おすすめランキング20選【置き型もご紹介!】

エアコン・クーラー
一人暮らし用掃除機の人気おすすめランキング15選【コスパのよいものも】

一人暮らし用掃除機の人気おすすめランキング15選【コスパのよいものも】

掃除機
お掃除ロボットの人気おすすめランキング20選【髪の毛やペットの毛が絡まない】】

お掃除ロボットの人気おすすめランキング20選【髪の毛やペットの毛が絡まない】】

掃除機
【2021年最新版】マキタの掃除機の人気おすすめランキング15選【口コミで人気!】

【2021年最新版】マキタの掃除機の人気おすすめランキング15選【口コミで人気!】

掃除機