キャニスター掃除機の人気おすすめランキング15選【部屋をきれいに】

記事ID6345のサムネイル画像

最近の掃除機はロボット型やスティック型など手軽に使用しやすい製品の人気が高いですがメインで使用する場合はキャニスター型の掃除機もおすすめです。吸引力が高く、手元が軽いこともキャニスター型の大きなメリットです。今回はおすすめのキャニスター型の掃除機を紹介します。

現在でも人気が高いキャニスター掃除機

キャニスター掃除機と聞くと少し古いイメージを持つ方も多いかもしれませんが、現在でも多くの家庭でメイン掃除機として活躍しています。現在人気の高いロボットタイプやスティックタイプよりも吸引力が高いことが大きなメリットの1つです。

 

またバッテリーやモーターなどの重量のある部品が下の本体に付いているため手元は非常に軽く掃除がしやすい点も人気の理由の1つです。最近ではキャニスター掃除機であってもコンパクトな掃除機が多く販売されており人気になっています。

 

またキャニスター掃除機は他の種類と比較しても価格が安価な製品も多く値段を抑えて掃除機を購入したい方にもおすすめしやすいです。今回はキャニスター掃除機のタイプや性能、機能性の観点からランキングを作成しました。

キャニスター掃除機の人気ランキング10選

10位

Dyson (ダイソン)

サイクロン式掃除機

価格:37,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コードの長さが5m

世界的にも有名で大人気のダイソンのキャニスター掃除機です。モーターヘッドがプラスされておりワンタッチでゴミを捨てることができるサイクロン式なのでお手入れも簡単に行える人気の商品です。約1年間はプレモーターフィルターはクリーニング不要な点もおすすめのポイントで、本体重量も3kgを切っているため持ち運びながらの掃除もしやすく、音響工学に基づいた設計で運転音も軽減されているおすすめの商品です。

サイズ高さ×幅×奥行:253x193x361mm重量2.75kg
集塵方式サイクロン方式吸込仕事率
主な付属品布団ツールなど機能

口コミを紹介

カーペットのクリーニング時、かなり力が必要です。これも吸塵力が高いためでしょう。畳やフロアーは使い勝手が良いですよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

東芝(TOSHIBA)

サイクロンクリーナー トルネオV

価格:28,315円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

便利なアタッチメントがセット

東芝の掃除機の中でも絶大な人気を誇るトルネオシリーズの掃除機です。サイクロン方式を採用しており吸引力が高いため人気があります。運転音は約58~64dBとなっており、粒子0.5μm以上の微細なゴミやホコリなども99.9%以上しっかりキャッチしてくれるので見えない塵も残しません。ヘッド部分の高さが低いためベッド下などの低い隙間の掃除にも最適です。お手入れカバーと回転ブラシ部は水洗いも可能な人気の商品です。

サイズ長さ32.2 ×幅22.0 ×高さ26.7(cm)重量本体/標準・3.3kg/4.7kg
集塵方式サイクロン方式吸込仕事率200W-約50W
主な付属品洋服布用・布団用ブラシなど機能イオンカーボンヘッド

口コミを紹介

犬2匹を飼っているので、以前は毎日掃除していましたが、この機種に変えてから2日に1度でも気にならなくなりました。自走式のヘッドがついているので、お掃除も楽々。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)

Be-K 紙パック式クリーナー

価格:16,093円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量パワーブラシで掃除が楽

サッシノズルが付属しているので使い勝手も良い大人気のキャニスター掃除機です。本体重量が2.4kgと非常に軽量なので持ち運びながら使用したい方にもおすすめしやすく、運転音も58~64dBとなっているので使いやすい商品です。紙パック式なので毎回ゴミを捨てる手間が必要なく、手を汚すことなくゴミを捨てられるおすすめの掃除機です。

サイズ幅21.0×奥行32.3×高さ21.0cm重量2.4kg
集塵方式紙パック式吸込仕事率500W~約100W
主な付属品サッシノズル機能かるスマグリップ

口コミを紹介

皆さんのレビューの通りでした。ありがとうございました。ヘッドが小さくて小回りがきく。軽い。やはりパックの掃除機が一番きれいでいい。コンパクト。なによりも価格がお手頃。などなど。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

MooSoo

キャニスター掃除機

価格:7,899円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

16Kpaの吸引力

吸引力が16000Kpaもあるため生活で出るゴミはほとんど吸うことができる大人気のキャニスター掃除機です。価格が非常にリーズナブルなので価格を抑えたい方にもおすすめしやすく、多重濾過システムで排出される空気はとてもキレイです。自動巻取りコードで使いやすく、ダストカップは2Lと大容量なため何度もゴミを捨てる必要がありません。またカップは水洗いも可能なためいつでも清潔に使用できる人気の商品です。

サイズ重量
集塵方式サイクロン方式吸込仕事率
主な付属品隙間ノズル・小型ブラシなど機能多重濾過システム

口コミを紹介

軽々動くヘッド、ごみを捨てるときもさわることなく捨てれる機種で満足しています。少し音は大きめかな?と感じますが、たくさん吸ってる、ということかなと思います。機能十分、コスパ◎だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

パナソニック(Panasonic)

紙パック式掃除機

価格:13,290円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エアダストキャッチャー付き

エアダストキャッチャー付きのエアロノズルで空中に浮遊するハウスダストをしっかりキャッチして吸い込んでくれる大人気の商品です。パナソニック社製ということもあり品質が高く、隙間用のノズルも付属しているため使い勝手も良いです。コンパクトなモデルで軽量ですがハイパワーな点もおすすめのポイントです。カットグラスデザインで見た目にも高級感がある大人気のリーズナブルなキャニスター掃除機です。

サイズ24.3×34.8×19.8cm重量本体/標準・2.9/4.2kg
集塵方式紙パック方式吸込仕事率520~約60W
主な付属品隙間用ノズルなど機能エアダストキャッチャー

口コミを紹介

前々から買いたかったパナソニックの紙パック掃除機、壊れてもお下がりで貰った掃除機を今まで使用してましたが、ヘッドが軽くかったりでゴミ取りがイマイチ。この掃除機はヘッドがとれて隙間も掃除しやすく、ホットカーペットの上もごみがきちんと取れて快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

日立(HITACHI)

紙パック式掃除機

価格:20,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワフルな自走式のヘッドブラシ

パワフルな自走式のヘッドブラシで軽く押すだけでグングン進んでくれる力いらずのキャニスター掃除機です。高性能ファンを内蔵しておりハイパワーで、吸込仕事率は驚異の680Wもあるため見えないゴミもしっかりと吸い込んでくれます。フローリングに付着してしまった菌までふき取ることも可能で、ブラシは床に張り付きにくい設計になっているため掃除がしやすいおすすめの紙パック式キャニスター掃除機です。

サイズ高さ22.4×幅26.6×長さ31.3cm重量3.7kg
集塵方式紙パック方式吸込仕事率680W~約110W
主な付属品機能ジェット吸引スマートヘッド

口コミを紹介

非常にパワーがあり気分がいい。「強力」にすると結構ノズルが重くなります。それと音も耳に響き、終了後には聴力がしばし空白になります。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

日立(HITACHI)

日立 掃除機 紙パック式 CV-VP5 W

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

左右90°にヘッドが曲がる

先端のヘッドブラシが左右に90°曲がって使用することができるので狭い場所の掃除も快適に行える大人気のキャニスター掃除機です。紙パック式なので何度もゴミを捨てる必要性がなく、ヘッド部分は丸洗いが可能なので清潔に使用することができます。吸込仕事率は530W~約80Wと高いのでしっかりとゴミを吸引することが可能で、ゴミが溜まってきても空気をスムーズに流すことができ、紙パックが長持ちする人気の商品です。

サイズ高さ21.4×幅25.6×長さ28.8cm重量3.3kg
集塵方式紙パック方式吸込仕事率530W~約80W
主な付属品隙間用吸口機能

口コミを紹介

このタイプの掃除機に戻りました。思った通りの掃除機で価格も安く使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

サイクロン式掃除機

価格:5,801円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイクロン式で紙パック不要

ダストピックアップ率が99%以上あるのでしっかりとゴミを吸い上げてくれる大人気のキャニスター掃除機です。サイクロン方式を採用しておりワンタッチでダストカップの中のゴミを捨てることができるため使いやすいです。もちろんダストカップは水洗いが可能なのでいつでも清潔に使用することができます。パイプの長さはワンタッチで調節することが可能なので使用する人の身長にも合わせやすい人気の商品です。

サイズ幅約24×奥行約34.1×高さ約28.1cm重量4.8kg
集塵方式サイクロン方式吸込仕事率200W
主な付属品隙間ノズル・フロアブラシなど機能

口コミを紹介

2台目のアイリス掃除機ですが以前のモデルに比べて軽くて取り扱いが楽です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

東芝(TOSHIBA)

紙パック式掃除機

価格:8,211円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コードの長さ5mと範囲が広い

コードの長さが5mと長いので広い範囲の掃除をすることができる大人気のキャニスター掃除機です。集塵方式は紙パック方式で毎回ゴミを捨てる手間が必要ない点もおすすめのポイントで、集塵容量は1.6Lと大容量です。フローリングターボヘッドを搭載しておりシンプルに使いやすく、「ちょいとスタンド」が付いているので掃除を一時中断することもできます。コンパクトで持ち運びに便利だ大人気の商品です。

サイズ230mm×254mm×302mm重量3.1kg
集塵方式紙パック方式吸込仕事率520W~約90W
主な付属品機能ちょいとスタンド

口コミを紹介

老人の掃除機には軽さが大事です、先端部は小回りが利き毎日短時間で掃除するのに使い勝手が良いです、紙パックも二か月ほどで交換しておりますので清潔で簡単ですね、某有名な掃除機も使ってみました私には重すぎ吸引力が強すぎ等で直ぐに手放しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

シャープ(SHARP)

サイクロン掃除機

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HEPAクリーンフィルター搭載

ダストカップがワンタッチで着脱可能な人気のサイクロン式キャニスター掃除機です。HEPAクリーンフィルター搭載で微細なホコリもしっかりキャッチし、つまみを回すだけでフィルターのクリーニングも可能な手入れが楽な人気の商品です。からぶき機能搭載で、フローリングや畳のからぶきも可能で、やさしさモードも搭載されているので床や掃除動作に合わせて電気代を節約することもできる大人気のキャニスター掃除機です。

サイズ幅25.7×奥行36.3×高さ24.8cm重量約3.8kg
集塵方式サイクロン方式吸込仕事率
主な付属品機能からぶき機能

口コミを紹介

1万円程度の品とは思えないほど良く吸います。こんなにゴミがあったのかと言うくらい毎回カップにホコリが溜まります。しかし吸引力が強すぎるのか?ヘッドがカーペットに吸い付きますwヘッドをもう少し改良してくれれば、吸引力が更に活かせる製品だと思いまた。

出典:https://www.amazon.co.jp

↓掃除機に関するさらに詳しい記事はこちらから↓

キャニスター掃除機の選び方

キャニスター掃除機といっても集塵方式やサイズ、重量の違う製品が多く販売されており悩んでしまいがち。自分のニーズに最適な種類から選ぶことが重要なポイントです。

集塵方式から選ぶ

キャニスター掃除機の集塵方式は大きく分けて2つの種類が採用されています。それぞれにメリットとデメリットが明確にあるので自分が使いやすい方式の商品を選びましょう。

紙パック方式から選ぶ

紙パック方式は昔から採用されている方式で、専用の紙パックを掃除機にセットすることで紙パック内にゴミを集めることができる方式です。ゴミが溜まっても紙パックごと取り外して捨てることで手を汚さずにゴミを捨てることができるのが大きなメリットです。

 

ただし紙パックは使い捨てなのでランニングコストが掛かってしまいます。毎回ゴミを捨てる必要はありませんが、ゴミが溜まってしまうと吸引力も落ちてしまうこともデメリットの1つですが昔からあるタイプなのでご年配の方にもおすすめしやすい方式です。

サイクロン方式から選ぶ

サイクロン方式は吸い込んだゴミをダストカップに集めて遠心力によってゴミと空気を分離することで排気もキレイな空気が出る人気の方式です。紙パックなども必要としないのでランニングコスト代が掛からず経済的な面も人気の理由の1つです。

 

最近ではワンタッチでダストカップの中のゴミを捨てることが可能な製品も多く、手を汚すことなくゴミを捨てることができます。またダストカップは水洗いが可能な製品も多く清潔に使用できますが、吸引力は紙パック式よりも劣る製品が多いです。

ヘッドの種類から選ぶ

ヘッドの種類によっては吸引力に大きな差が出ることもあります。ヘッドによっては最適な床面の種類などもあるため自分の家庭環境やよく掃除をする場所に最適なヘッドの製品から選ぶことも重要なポイントです。

タービンヘッドから選ぶ

タービンヘッドは風の力でヘッド内のブラシを回転させるため絨毯やカーペットなどの摩擦抵抗が大きい敷物には向かない種類です。そのためフローリングなどのシンプルな床面の掃除に最適な種類として人気があります。

 

下記で紹介する種類よりも安価な製品が多いことも大きなメリットの1つで、価格を抑えたい方にもおすすめしやすいです。摩擦抵抗の大きい敷物に対して使用するとキレイにブラシが回転せずゴミをしっかりと吸い取ることができないので注意が必要です。

モーターヘッドから選ぶ

モーターヘッドはパワーヘッドとも呼ばれており、モーターの力でヘッド内のブラシを回転させるため摩擦抵抗の大きい敷物の上でもしっかりとゴミを掻き出して吸い取ってくれる非常におすすめの種類です。

 

もちろん絨毯やカーペット、ラグの上だけでなく畳やフローリングなどにも最適に使用することができるため部屋の中どこでも使用することができます。価格は高く設定されている場合もありますが使い勝手の良さも考えるとモーターヘッドがおすすめです。

自走式から選ぶ

自走式は上記で紹介したモーターヘッドと同じ種類ですが、こちらはヘッド部分を軽く押すだけで自走してくれるので掃除が非常に楽に行うことができる大人気の種類です。摩擦抵抗が大きい物の上を掃除すると、どうしても力を必要とします。

 

そんな場合でも自走式は軽く押すだけでグイグイヘッドが進んでくれるので軽い力で摩擦抵抗の大きい物の上も掃除することができます。もちろん価格は高くなってしまいますが毎日の掃除を少しでも楽にしたい方には特におすすめの種類です。

性能から選ぶ

キャニスター掃除機の種類の中でも性能の違う製品は多く販売されています。そのため自分が希望する性能を搭載しているかどうかはしっかりとチェックしておきましょう。

吸込仕事率から選ぶ

吸込仕事率は名前の通りどれぐらい吸引力が高いかの目安の数値です。一般的にワット数で表記されており、大きいほど吸い込む力が強いということになります。ただし、この吸込仕事率はあくまでも吸引力だけの数値なので注意が必要です。

 

掃除する床面の種類やヘッド部分の種類によっては吸引力が大きく変化することもあるので過度の信頼は禁物です。しかしシンプルな吸引力が高いということはしっかりとゴミを吸い上げることに直結するので目安としてチェックはしておいた方が良いポイントの1つです。

騒音レベルから選ぶ

キャニスター掃除機は吸引力が他のタイプよりも高いこともあり騒音レベルが高くなってしまう製品も多く販売されています。昼間などに掃除ができる方は問題ありませんが、忙しい方や独り暮らしで夜に掃除機をかけることが多い方は騒音レベルもチェックしておきましょう。

 

騒音問題は近所トラブルの中でも圧倒的1位を取るほど多いトラブルの1つです。夜中に使用する方は特に気を付けたいポイントなので購入前に運転音レベルのチェックは必須です。

機能性から選ぶ

少し前のキャニスター掃除機はシンプルで安いというイメージを持つ方も多いですが、最近では機能性が高い高機能なキャニスター掃除機も多く販売されています。

クリーンセンサー搭載の製品から選ぶ

クリーンセンサー搭載は目に見えているゴミを吸い上げた後も見えないハウスダストを検知してお知らせしてくれる非常に便利な機能の1つです。非常に小さいダニなどのフンに対しても反応してくれます。

 

そのためペットと一緒に住んでいる家庭の方にもおすすめの機能で、アレルギーに困っている場合にもおすすめです。本体に付いているライトの色で教えてくれるため見逃す心配もなくより部屋をキレイに掃除することができる人気の機能の1つです。

拭き掃除もできる製品から選ぶ

ブラシの毛の中には拭き掃除をしたように掃除をしてくれる毛が付いているブラシもあり人気になっています。フローリングや畳などの掃除の際にゴミを吸い取りつつも拭き掃除を一緒にしてくれるため掃除の手間が少し減ります。

 

フローリングの場合は床に菌や汚れが付着して取れにくい場合があります。そういった汚れに対しても拭き掃除用の毛が付いているブラシを使用することでキレイに除去してくれるためフローリングの部屋が多い家庭にはおすすめの機能の1つです。

コードレスの製品から選ぶ

キャニスター掃除機といえばコードが付いているのが当然ですが、最近ではコードレスタイプになっている製品も販売されています。キャニスター掃除機の吸引力の高さはそのままに好きな場所で使用することができるため高い人気を得ています。

付属品から選ぶ

商品の種類によっては隙間用ノズルや延長ホースなど様々なアタッチメントや付属品が付いている製品が販売されています。付属品が多いと、それだけ使い勝手も良くなるので付属品の豊富さで商品を選ぶことも選択肢の1つです。

サイズや重量から選ぶ

キャニスター掃除機のサイズはコンパクトな製品が多くなってきているので特に気にする必要はありませんが、重量は非常に様々なので自分が使用する時のことを考えて重量は選ぶことが重要です。

 

持ち運びながら使用するなら3kg以内の製品がおすすめです。片手で軽く持ち上げられ疲れを感じにくいのでおすすめです。また重量には本体のみの重量と、ヘッドやホースが付いた重量があるので、表記されている重量がどちらの重量かもしっかりチェックしておきましょう。

人気のメーカーから選ぶ

キャニスター掃除機は古くからあるタイプなので多くのメーカーが製造、販売しており、人気のメーカーは品質も高く使いやすいのでメーカーから選ぶことも選択肢の1つです。

東芝から選ぶ

東芝は数多くある掃除機の中でもシリーズとして「トルネオ」シリーズが非常に人気で、キャニスタータイプだけでなくスティックタイプや紙パック方式、サイクロン方式など数多くの種類をラインナップしている大人気のメーカーの1つです。

ダイソンから選ぶ

ダイソンは世界的にも有名なメーカーで、キャニスタータイプはハイパワーで非常に人気があります。もちろんデザイン性の高いスティック性なども人気が高く、サイクロン方式で吸引力が変わらないとあって現在でも高い人気を得ているメーカーの1つです。

パナソニックから選ぶ

日本を代表する家電メーカーの1つであるパナソニックのキャニスター掃除機も非常に人気があります。高い品質と求めやすい価格の製品が多く、クリーンセンサーやLEDライトなど使いやすい機能を搭載した製品の人気も高いおすすめのメーカーです。

キャニスター掃除機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5189605の画像

    シャープ(SHARP)

  • 2
    アイテムID:5189593の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • 3
    アイテムID:5189343の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 4
    アイテムID:5189318の画像

    日立(HITACHI)

  • 5
    アイテムID:5189291の画像

    日立(HITACHI)

  • 6
    アイテムID:5189272の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 7
    アイテムID:5189246の画像

    MooSoo

  • 8
    アイテムID:5189118の画像

    三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)

  • 9
    アイテムID:5189070の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • 10
    アイテムID:5189021の画像

    Dyson (ダイソン)

  • 商品名
  • サイクロン掃除機
  • 紙パック式掃除機
  • サイクロン式掃除機
  • 日立 掃除機 紙パック式 CV-VP5 W
  • 紙パック式掃除機
  • 紙パック式掃除機
  • キャニスター掃除機
  • Be-K 紙パック式クリーナー
  • サイクロンクリーナー トルネオV
  • サイクロン式掃除機
  • 特徴
  • HEPAクリーンフィルター搭載
  • コードの長さ5mと範囲が広い
  • サイクロン式で紙パック不要
  • 左右90°にヘッドが曲がる
  • パワフルな自走式のヘッドブラシ
  • エアダストキャッチャー付き
  • 16Kpaの吸引力
  • 軽量パワーブラシで掃除が楽
  • 便利なアタッチメントがセット
  • コードの長さが5m
  • 価格
  • 9980円(税込)
  • 8211円(税込)
  • 5801円(税込)
  • 9980円(税込)
  • 20780円(税込)
  • 13290円(税込)
  • 7899円(税込)
  • 16093円(税込)
  • 28315円(税込)
  • 37800円(税込)
  • サイズ
  • 幅25.7×奥行36.3×高さ24.8cm
  • 230mm×254mm×302mm
  • 幅約24×奥行約34.1×高さ約28.1cm
  • 高さ21.4×幅25.6×長さ28.8cm
  • 高さ22.4×幅26.6×長さ31.3cm
  • 24.3×34.8×19.8cm
  • 幅21.0×奥行32.3×高さ21.0cm
  • 長さ32.2 ×幅22.0 ×高さ26.7(cm)
  • 高さ×幅×奥行:253x193x361mm
  • 重量
  • 約3.8kg
  • 3.1kg
  • 4.8kg
  • 3.3kg
  • 3.7kg
  • 本体/標準・2.9/4.2kg
  • 2.4kg
  • 本体/標準・3.3kg/4.7kg
  • 2.75kg
  • 集塵方式
  • サイクロン方式
  • 紙パック方式
  • サイクロン方式
  • 紙パック方式
  • 紙パック方式
  • 紙パック方式
  • サイクロン方式
  • 紙パック式
  • サイクロン方式
  • サイクロン方式
  • 吸込仕事率
  • 520W~約90W
  • 200W
  • 530W~約80W
  • 680W~約110W
  • 520~約60W
  • 500W~約100W
  • 200W-約50W
  • 主な付属品
  • 隙間ノズル・フロアブラシなど
  • 隙間用吸口
  • 隙間用ノズルなど
  • 隙間ノズル・小型ブラシなど
  • サッシノズル
  • 洋服布用・布団用ブラシなど
  • 布団ツールなど
  • 機能
  • からぶき機能
  • ちょいとスタンド
  • ジェット吸引スマートヘッド
  • エアダストキャッチャー
  • 多重濾過システム
  • かるスマグリップ
  • イオンカーボンヘッド

掃除機の人気おすすめランキングをもっと見る

下記の記事ではこの記事では紹介できなかった最近、特に人気の高いハンディタイプやスティックタイプの製品も多く紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。掃除機の正しい手入れ方法も紹介しています。

まとめ

キャニスター掃除機は現在でもメイン掃除機として多くの家庭で活躍しているタイプで高い吸引力が魅力の人気の掃除機です。お気に入りのキャニスター掃除機を購入して目に見えないゴミまで吸い取り部屋をよりキレイに快適な空間にしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ