【2022年】キャニスター掃除機のおすすめ人気ランキング15選【買って良かったのはどれ?】

掃除機はロボット型やスティック型など手軽な製品の人気が高いですが、メインで使用するならやはりキャニスター型の掃除機はおすすめです。コードレスや充電式、紙パックやサイクロンなどの集塵方法を含めていろいろなキャニスター掃除機の選び方とおすすめ商品をご紹介します。

今回の記事ではキャニスター掃除機の人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事では掃除機について紹介しています。ぜひ参考にしてください。

口コミでも人気が高いキャニスター掃除機

新しく掃除機を買うなら、キャニスタータイプよりスティックタイプやロボット掃除機と思っていませんか?実は、キャニスター掃除機は現在でも多くの家庭でメイン掃除機とし選ばれています。他タイプよりも吸引力が高いので、しっかりと掃除をしたい方におすすめです。

 

また、重そうに見えますが、バッテリーやモーターなどの重量のある部品が下の本体に付いているため手元は非常に軽く、とても掃除がしやすいのも選ばれているポイントです。でも、たくさん種類があってどれを選べばいいのか分からないですよね?

 

実は、キャニスター掃除機の選び方のポイントがあるんです。今回はキャニスター掃除機のタイプや性能、機能性の観点から、人気おすすめランキングを作成しました。キャニスター掃除機を使ってみたいなら参考にしてみてくださいね。

キャニスター掃除機の選び方

キャニスター掃除機といっても集塵方式やサイズ、重量の違う製品が多く販売されており悩んでしまいがち。自分のニーズに最適な種類から選ぶことが重要なポイントです。

吸引力と集塵方式で選ぶ

キャニスター掃除機の選び方でまず注目すべきは吸引力です。その吸引力は集塵方式と大きく関わってきます。2つの種類の集塵方式を比べて検討してみましょう。

頻繁に集塵しなくてもいいなら「紙パック方式」がおすすめ

紙パック方式は、専用の紙パックの中にゴミが吸い込まれて収容される方式です。ゴミが溜まったら紙パックごと取り外して捨てるので、手を汚さずにゴミを捨てることができます。また、ゴミをまとまった状態で捨てれるので、ほこりが舞いにくいのもポイントです。

 

サイクロン式とは違い紙パックがフィルターの代わりにもなっているので、ゴミを頻繁に捨てる必要がありません。ただ紙パックは使い捨てなのでランニングコストがかかるうえ、ゴミが溜まってしまうと吸引力が落ちてしまうことです。

ランニングコストを抑えたいなら「サイクロン方式」がおすすめ

サイクロン方式は吸い込んだゴミをダストカップに集めて遠心力によってゴミと空気を分離することで排気もキレイな空気が出る方式です。紙パックなども必要としないのでランニングコスト代が掛からず経済的なので人気があります。

 

サイクロン方式は、目詰まりを起こしにくいので吸引力が落ちることはありません。ただ、ダストカップやフィルターそのものが汚れるとパワーが落ちる場合もあるので定期的なお手入れが必要になります。

機動力は電源方式で選ぶ

掃除機にはコード式とコードレスの2種類があります。機動力が違うので、時間や間取りに合ったものを選ぶといいでしょう。

運転時間を気にしたくないなら「コード式」がおすすめ

コード式はコンセントに差し込んで使うため、コードレスのように運転時間を気にすることなく掃除することができます。また、バッテリー交換をする必要がなく、充電する手間もいりません。コード式の製品の方が吸引力が高い製品が多いのもポイントです。

 

ただし、コード式はコードが届かない場所で使用するのが難しいので、階段などコンセントが近くにない場合はコードレス式の方が向いています

「絡まない」コードで処理のしやすさもチェック

キャニスター掃除機はコード式の商品が多いので、掃除中にコードが絡まってしまったり、コードの長さが足りなかったりすることがあります。快適に掃除するためには、絡まないか、ボタンでコードを出し入れできるのか、コードは何mあるのかなどもチェックしておきましょう。

場所を選ばず掃除したいなら「コードレス」がおすすめ

キャニスター掃除機といえばコードが付いているのが当然ですが、最近ではコードレスタイプになっている製品も販売されています。キャニスター掃除機の吸引力の高さはそのままに好きな場所で使用することができるため人気です。

 

フル充電しておくことで20〜30分は運転でき、取り回しや持ち運びが非常に快適なため、思っているより広い面積を掃除できます。充電時間や連続運転時間は商品によって違うため、購入する前に必ずチェックしておきましょう。

 

以下の記事では、コードレス掃除機の人気おすすめランキングを紹介しています。キャニスター式の掃除機以外にも興味がある方は、ぜひご覧ください。

ヘッドの種類で選ぶ

ヘッドの種類によっては吸引力に大きな差が出ることもあります。ヘッドによっては最適な床面の種類などもあるため、掃除をする場所に最適なヘッドを選ぶことも重要です。

フローリングを掃除するなら「タービンヘッド」がおすすめ

タービンヘッドは風の力でヘッド内のブラシを回転させるため、絨毯やカーペットなどの摩擦抵抗が大きい敷物には向かない種類です。そのためフローリングなどのシンプルな床面の掃除に最適な種類として人気があります。

 

比較的安価な製品が多いことも大きなメリットの1つで、価格を抑えたい方にもおすすめですが、摩擦抵抗の大きい敷物に対して使用するとキレイにブラシが回転せずゴミをしっかりと吸い取ることができないので注意が必要です。

カーペットや絨毯もしっかり掃除するなら「モーターヘッド」がおすすめ

モーターヘッドはパワーヘッドとも呼ばれており、モーターの力でヘッド内のブラシを回転させるため摩擦抵抗の大きい敷物の上でもしっかりとゴミを掻き出して吸い取ってくれます。もちろん絨毯やカーペット、ラグの上だけでなく畳やフローリングなどにも最適です。

 

使用する床面を選ばないため部屋の中どこでも使用することができます。価格は高く設定されている場合もありますが、使い勝手の良さを考えるとモーターヘッドはおすすめです。

楽に掃除をしたいなら「自走式」がおすすめ

摩擦抵抗が大きい物の上を掃除すると、どうしても力を必要とします。そんな場合でも自走式は軽く押すだけでグイグイヘッドが進んでくれるので、軽い力で摩擦抵抗の大きい物の上も掃除することができます。

 

もちろん価格は高くなってしまいますが、毎日の掃除を少しでも楽にしたい方には特におすすめの種類です。

高い場所も掃除するなら「フロアブラシ」がおすすめ

フロアブラシは、回転ブラシでなく幅が広く細長いブラシをヘッドに搭載した種類です。上記の種類のように回転しないので、かき込む力は劣っていますがリーズナブルなものが多いので価格重視の方はチェックしておきましょう。

 

回転ブラシやモーターがないので、軽量で操縦しやすいため家具の上など高い場所の掃除にぴったりです。

機能性で選ぶ

キャニスター掃除機の種類の中でも性能の違う製品は多く販売されています。そのため自分が希望する性能を搭載しているかどうかはしっかりとチェックしておきましょう。

吸引力重視の方は「吸込仕事率」をチェック

吸込仕事率は名前の通りどれぐらい吸引力が高いかの目安の数値です。一般的にワット数で表記されており、大きいほど吸い込む力が強いということになります。ただし、この吸込仕事率はあくまでも吸引力だけの数値なので注意が必要です。

 

掃除する床面の種類やヘッド部分の種類によっては吸引力が大きく変化することもあるので、過度の信頼は禁物です。しかし、シンプルな吸引力が高いということはしっかりとゴミを吸い上げることに直結するので、目安としてチェックはしておきましょう。

夜間に掃除したい方は「騒音レベル」の低いモデルがおすすめ

キャニスター掃除機は吸引力が他のタイプよりも高いこともあり、騒音レベルが高くなってしまう製品が多く販売されています。昼間などに掃除ができる方は問題ありませんが、忙しい方や独り暮らしで夜に掃除機をかけることが多い方は騒音レベルをチェックしておきましょう。

 

騒音問題は近所トラブルの中でも圧倒的1位を取るほど多いトラブルの1つです。夜中に使用する方は特に気を付けたいポイントなので、しっかりとチェックしておきましょう。

持ち運びのしやすさなら「軽量」タイプがおすすめ

キャニスター掃除機のサイズはコンパクトな製品が多くなってきているので特に気にする必要はありませんが、重量は非常にさまざまなので自分が使用する時のことを考えて軽いものを選ぶことが大切です。

 

持ち運びながら使用するなら3kg以内の製品がおすすめです。部屋から部屋へ移動させやすい軽量さが魅力といえます。また重量には本体のみの重量とヘッドやホースが付いた重量があるので、表記されている重量がどちらの重量かもしっかりチェックしておきましょう。

プラスαの性能で選ぶ

少し前のキャニスター掃除機はシンプルで安いというイメージを持つ方も多いですが、最近ではプラスαの機能がついた高機能なキャニスター掃除機も多く販売されています。

ペットを飼っているなら「クリーンセンサー搭載」がおすすめ

クリーンセンサー搭載は目に見えているゴミを吸い上げた後も見えないハウスダストを検知してお知らせしてくれる非常に便利な機能の1つです。非常に小さいダニなどのフンに対しても反応してくれます。

 

そのため、ペットと一緒に住んでいる家庭の方やアレルギーに困っている方におすすめです。本体に付いているライトの色で教えてくれるため、見逃す心配もなくより部屋をキレイに掃除することができます。

フローリングが多いお宅には「拭き掃除用ブラシ付き」がおすすめ

ブラシの毛の中には拭き掃除をしたように掃除をしてくれる毛が付いているブラシもあります。フローリングや畳などの掃除の際にゴミを吸い取りつつも拭き掃除も一緒にしてくれるため掃除の手間が少し減り便利です。

 

フローリングの場合は、床に菌や汚れが付着して取れにくい場合があります。そういった汚れに対しても拭き掃除用の毛が付いているブラシを使用することでキレイに除去してくれるので、フローリングの部屋が多い家庭におすすめの機能です。

使い勝手を意識するなら「アタッチメント」の種類や多さにも注目

商品の種類によっては隙間用ノズルや延長ホースなど様々なアタッチメントや付属品が付いている製品が販売されています。付属品が多いとそれだけ使い勝手も良くなるので付属品の豊富さで商品を選ぶことも選択肢の1つです。

人気のメーカーで選ぶ

キャニスター掃除機は古くからあるタイプなので多くのメーカーが製造販売しています。人気のメーカーはやはり品質も高く使いやすいものが多くなっています。

騒音レベル重視の方は「東芝」がおすすめ

東芝は数多くある掃除機の中でもシリーズとして「トルネオ」シリーズが非常に人気で、キャニスタータイプだけでなくスティックタイプや紙パック方式、サイクロン方式など数多くの種類をラインナップしている大人気のメーカーの1つです。

 

東芝の掃除機の特徴が、騒音レベルが低いことで、夜しか掃除する時間がとれないという方や小さいお子さんがいるご家庭の方にも向いています。また、ほかにも省エネ性能の高い商品や軽い商品、多彩な機能をもつ商品などラインナップも豊富です。

 

以下の記事では、東芝の掃除機の人気おすすめランキングを紹介しています。興味のある方は、ぜひご覧ください。

吸引力で選ぶなら「ダイソン」がおすすめ

ダイソンは世界的にも有名なイギリスのメーカーで、キャニスタータイプはハイパワーで非常に人気があります。もちろんデザイン性の高いスティック性なども人気が高く、サイクロン方式で吸引力が変わらないとあって現在でも高い人気を得ているメーカーの1つです。

 

強力な「ダイソンデジタルモーター」も魅力的です。高速回転で空気とゴミを分離し、0.3ミクロンの細かい粒子も捕え、部屋の空気よりもきれいな空気を排出します。アタッチメントも豊富で、ヘッドを付け替えれば家全体を掃除できます。

品質と価格重視なら「パナソニック」がおすすめ

日本を代表する家電メーカーの1つであるパナソニックのキャニスター掃除機も非常に人気があります。高い品質と求めやすい価格の製品が多く、クリーンセンサーやLEDライトなど使いやすい機能を搭載した製品の人気も高いおすすめのメーカーです。

 

中でも「プチサイクロン」というモデルは、コンパクトながら比較的長時間運転が持続し、小型軽量で収納もお手軽な人気商品になっています。家族暮らしの方だけでなく、一人暮らしの方にもおすすめです。

軽い掃除機が欲しいなら「日立」がおすすめ

日立は、国内の家電メーカーの中でも特に掃除機の開発に力を入れているメーカーです。吸引力の強さや排気がきれいなことなど高性能なものがそろっています。中でも注目したいのが、軽さに特化した掃除機が多いことです。

 

「パワかるサイクロン」「かるパック」といったシリーズは軽量であるため、軽い掃除機でラクに掃除したい方はぜひチェックしておきましょう。

 

また、以下の記事では、日立の掃除機の人気おすすめランキングを紹介しています。キャニスタータイプだけでなく、スティックタイプやロボット掃除機も紹介しているので、ぜひご覧ください。

排気が気になるなら「シャープ」がおすすめ

シャープといえば、独自技術である「プラズマクラスター」が魅力です。プラズマクラスターイオンのはたらきによって、空気中のウイルスや菌、アレル物質の作用を抑制し、掃除機の排気をきれいにします。そのため小さなお子さんがいるご家庭には特におすすめのメーカーです。

 

また、吸引力の強さ、騒音レベルの低さなども、他のメーカーに引けをとりません。以下の記事では、シャープの掃除機の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

どんな床にも対応させたいなら「三菱電機」がおすすめ

三菱電機の掃除機は、操作性が優れていることに特徴があります。グリップに力をいれずに動かすことができ、ヘッドの可動域も広いので狭い空間も掃除しやすくなっています。年配の方や子供たちでも操作しやすいのが魅力です。

 

また、じゅうたんや床、畳などさまざまな種類の床に対応できるのも便利なポイントになります。

価格の安い「中古品」から選ぶのもアリ!

掃除機をなるべく安く手に入れるには、中古品をチェックするのも選ぶ方法の1つです。最新モデルではない、前のモデルが格安で販売されていることがあります。ただし中古品を選ぶ場合は、商品の状態をチェックするために家電量販店やリサイクルショップで購入することをおすすめします。

【紙パック式】キャニスター掃除機の人気おすすめランキング5選

5位

日立(HITACHI)

CV-G3

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

お店用の強力パワー

お店用として活躍できる吸込み仕事率が360W~約100Wとパワフルな掃除機です。パワーが大きいと音も大きいというイメージですが、こちらの商品は低温なのが魅力になっています。コードの長さは8mと長く、つぶれにくく丈夫です。

 

ホーススタンドもついて、コンパクトに収納しやすくなっています。

サイズ 幅33.0cm×高さ39.7cm×奥行34.0cm 重量 6 kg
集塵方式 紙パック 吸込仕事率 360W~約100W
主な付属品 すき間、棚用吸口 機能 強力パワー・「軽量つぶれんホース」

口コミを紹介

吸引力抜群。カーペットからヘッドを上げるのにけっこう力がいる。業務用にしてはコンバクで軽い。紙パックはメンテナンス楽。 

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

山善(YAMAZEN)

ZKC-300(W)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

価格の安さが魅力

軽量で見た目もスリムな山善のコンパクト掃除機は、何といっても価格の安さが魅力です。シンプル機能でもコスパを重視したいという方にはおすすめのキャニスター掃除機といえます。1人暮らしの方や家に向いている商品です。

サイズ 幅24.2×奥行29.5×高さ23.4cm 重量 4.3kg
集塵方式 紙パック式 吸込仕事率 300W
主な付属品 すき間用吸口 機能 簡単ゴミ捨て

口コミを紹介

操作性はホース内部に電装が無いので取り回しが大変軽いです!
吸引力はワット数なりの仕事をしてくれます。シンプルな構造ゆえ、故障なく長持ちが期待出来ますが、何よりも安価なので壊れる前にリピート購入するのもいいかと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

日立(HITACHI)

CV-VP5

価格: 9,980円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

左右90°にヘッドが曲がる

先端のヘッドブラシが左右に90°曲がって使用することができるので狭い場所の掃除も快適に行える大人気のキャニスター掃除機です。紙パック式なので何度もゴミを捨てる必要性がなく、ヘッド部分は丸洗いが可能なので清潔に使用することができます。

 

吸込仕事率は530W~約80Wと高いのでしっかりとゴミを吸引することが可能で、ゴミが溜まってきても空気をスムーズに流すことができ、紙パックが長持ちする人気の商品です。

サイズ 22.6×28.8×21.4cm 重量 3.3kg
集塵方式 紙パック式 吸込仕事率 530~80W
主な付属品 隙間用吸口 機能

口コミを紹介

今まで使っていた商品に比べて、とにかく軽いので高齢の母でも、軽くて扱いやすいと、大変喜んでいました。特に、ヘッドが非常に軽いので、スイスイあちこちに掃除機をかけやすいです。あと、ホワイト系の色なので、清潔感にあふれています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

パナソニック(Panasonic)

MC-PK21G

価格: 41,407円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽さとパワーを両立させたコンパクト設計

重量2.7kgの軽さが魅力です。加えて吸込仕事率が600Wのハイパワーを両立させた高機能レベルの掃除機といえます。マイナスイオンが静電気を抑えてフローリングのゴミやホコリを取ってくれるので、ざらついたフローリングがツルツルになります。

 

床上のハウスダストまで綺麗に吸い取ってくれるので、アレルギー持ちの方や赤ちゃんがいるご家庭におすすめです。

サイズ 34.8×24.3×19.6cm 重量 2.7kg
集塵方式 紙パック式 吸込仕事率 600W
主な付属品 2WAYノズル・紙パック1枚 機能 アイドリングオフ機能

口コミを紹介

1階用の専用として使っている。吸引力も充分パワーがあり、カーペットの埃も短時間できれいになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)

TC-FXF7P-T

価格: 17,780円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量パワーブラシで掃除が楽

サッシノズルが付属しているので使い勝手も良い大人気のキャニスター掃除機です。本体重量が2.4kgと非常に軽量なので持ち運びながら使用したい方にもおすすめしやすくなっています。運転音も58~64dBとなっているので静かです。

 

紙パック式なので毎回ゴミを捨てる手間が必要なく、手を汚すことなくゴミを捨てられるおすすめの掃除機です。

サイズ 幅21.0×奥行32.3×高さ21.0cm 重量 約2.4kg
集塵方式 紙パック式 吸込仕事率 500~100W
主な付属品 サッシノズル 機能 かるスマグリップ

口コミを紹介

皆さんのレビューの通りでした。ありがとうございました。ヘッドが小さくて小回りがきく。軽い。やはりパックの掃除機が一番きれいでいい。コンパクト。なによりも価格がお手頃。などなど。

出典:https://www.amazon.co.jp

【紙パック式】キャニスター掃除機のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ 重量 集塵方式 吸込仕事率 主な付属品 機能
1
アイテムID:9122454の画像
TC-FXF7P-T

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軽量パワーブラシで掃除が楽

幅21.0×奥行32.3×高さ21.0cm 約2.4kg 紙パック式 500~100W サッシノズル かるスマグリップ
2
アイテムID:9122460の画像
MC-PK21G

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軽さとパワーを両立させたコンパクト設計

34.8×24.3×19.6cm 2.7kg 紙パック式 600W 2WAYノズル・紙パック1枚 アイドリングオフ機能
3
アイテムID:9122457の画像
CV-VP5

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

左右90°にヘッドが曲がる

22.6×28.8×21.4cm 3.3kg 紙パック式 530~80W 隙間用吸口
4
アイテムID:9126503の画像
ZKC-300(W)

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

価格の安さが魅力

幅24.2×奥行29.5×高さ23.4cm 4.3kg 紙パック式 300W すき間用吸口 簡単ゴミ捨て
5
アイテムID:9139580の画像
CV-G3

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

お店用の強力パワー

幅33.0cm×高さ39.7cm×奥行34.0cm 6 kg 紙パック 360W~約100W すき間、棚用吸口 強力パワー・「軽量つぶれんホース」

【サイクロン式】キャニスター掃除機の人気おすすめランキング10選

10位

アークマーケット

VC-NXS2-R

価格: 48,980円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独特なデザインのコードレス充電式

掃除機には珍しいデザインで、幅・奥行き・高さがどれも30cm以下のコンパクトサイズのキャニスター掃除機です。また豊富なアタッチメントと機能も付いており、1台あれば家の隅々まで掃除できます。コードレスなのも便利な点です。

 

キャニスター掃除機は使った後部屋に置いておくと生活感が出てしまうため収納する必要がありますが、この掃除機はそのデザイン性から、インテリア性もそなえています。

サイズ 26.1×23.4×18.5cm 重量 28.8kg
集塵方式 サイクロン式 吸込仕事率
主な付属品 布団用ブラシ、隙間ノズル 機能 ゴミ残しまセンサー、節電ストップ機能

口コミを紹介

コードレスでこの形は気に入りました、吸引力も申し分ありません。買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

iwoly

サイクロン クリーナー B12

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ハイパワーで大容量のダストボックス

本体はコンパクトなのに、1000Wのハイパワーで吸引力を発揮するサイクロン式キャニスター掃除機です。大容量のダストボックスなので頻繁にゴミ捨てをする必要がありません。ダストカップとフィルターは水洗いできるのも便利です。

サイズ 重量 3.5kg
集塵方法 サイクロン 吸い込み仕事率 1000W
主な付属品 すき間ノズル・ブラシ付きノズルツール 機能 ハイパワー・大量ダストボックス

口コミを紹介

こちらの商品はコードさえあれば長時間利用可能で吸引力も問題ないです。
重量約3.5キロとなっておりますが、小回りもききます。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

日立

パワかる CV-SP300G R

価格: 25,694円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゴミを残らず吸い取る実力派掃除機

こちらの掃除機は押すときも引く時もゴミを吸うので、ゴミの取り残しが少ないのが特徴です。壁際のゴミもすっきり吸い取り、ソファの下など家具の下を掃除しやすくなっています。隙間掃除に適しているので、完全にゴミを取りきりたい場合におすすめです。

サイズ 重量 2.5kg
集塵方式 サイクロン式 吸込仕事率 300~40W
主な付属品 クルッと切り替えブラシ、お手入れブラシ 機能

口コミを紹介

毎日掃除機をかけますが、とても軽くて使いやすいです。押しても引いても吸引し、お手入れも簡単なので購入して良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)

TC-EM2X

価格: 24,300円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リビングから階段までスイスイ掃除ができる

軽量&コンパクト設計なので、リビングをはじめ階段の掃除もスイスイすることができます。本体にビッグハンドルが付いているので持ち上げも楽です。軽い力で操作することができるので、方向転換がしやすいのもポイントになります。

 

家具やベッドの下までスムーズに掃除することができるので、部屋をくまなく綺麗にすることができます。排気される空気もきれいなので、快適に掃除することができるおすすめの1台です。

サイズ 重量 2.4kg
集塵方式 サイクロン式 吸込仕事率 320W
主な付属品 機能

口コミを紹介

今まで10年物に近いキャニスターを使用していたので、まずとても軽い、コンパクトです。 ホースの長さが短い様な気がしますが、こればかりは慣れもあるので仕方ないかと。音も静かで良いです

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

6位

パナソニック(Panasonic)

MC-SR580K-T

価格: 45,200円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミクロゴミを逃さないクリーンセンサー搭載

目には見えない20ミクロンの微細なハウスダストまで検知、取り残しをランプでお知らせしてくれます。畳・フローリング・絨毯などのダニや花粉など吸い取ってくれるので、アレルギー体質の方におすすめです。

 

今まで面倒だったヘッドとゴミの絡まりがないのでブラシの手入れが楽なのに加えて、約2年間ダストボックスのお手入れが必要ない仕様になっています。お手入れの手間を省きたい方にもおすすめです。

サイズ 32.7×23.8×29cm 重量 2.6kg
集塵方式 サイクロン式 吸込仕事率 200~60W
主な付属品 からまないブラシ、親子ノズル、自走式ノズル 機能 クリーンセンサー

口コミを紹介

ポメラニアンを飼っていますが、本当にタイトル通り絡まない!ブラシの手入れから解放される!
しかも今まで吸いきれずカーペットブラシなどで掻きだしてた犬の毛も、普通にかけるだけで吸い込んでくれる!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

東芝

VC-C7-R

価格: 19,189円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクト軽量で掃除がラクに

幅、奥行、高さがすべて30cm以下の、とてもコンパクトなキャニスター掃除機です。重さも2.2kgと軽く、ヘッドも自走式であるため日々の掃除がラクになります。また、ダストボックスでは強力な気流によりゴミを圧縮します。

 

蓋を開けるだけでストンとゴミを捨てられるのも嬉しいポイントです。

サイズ 22×29.5×25.5cm 重量 2.2kg
集塵方式 サイクロン式 吸込仕事率 290~20W
主な付属品 すき間ノズル・お手入れブラシ 機能 エコモード、2WAYブラシ

口コミを紹介

息子のために購入したのですが、時間を気にせず掃除できるので、あえて、コードレスにしませんでしたが、軽いし、小回りもきくので、問題ないと、大変満足しているようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

IC-C102-W

価格: 10,614円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイクロン式で紙パック不要

ダストピックアップ率が99%以上あるのでしっかりとゴミを吸い上げてくれる大人気のキャニスター掃除機です。サイクロン方式を採用しておりワンタッチでダストカップの中のゴミを捨てることができるため使いやすいです。

 

もちろんダストカップは水洗いが可能なのでいつでも清潔に使用することができます。パイプの長さはワンタッチで調節することが可能なので使用する人の身長にも合わせやすい人気の商品です。

サイズ 幅24×奥行34.1×高さ28.1cm 重量 約4.5kg
集塵方式 サイクロン方式 吸込仕事率 200W
主な付属品 隙間ノズル・フロアブラシなど 機能 -

口コミを紹介

2台目のアイリス掃除機ですが以前のモデルに比べて軽くて取り扱いが楽です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

日立

CV-SP900G N

価格: 35,000円(税込)

\プライムデー事前エントリー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量化と軽やかな移動を追求したキャニスター掃除機

本体重量2.5kgと、非常に軽いキャニスター掃除機です。本体の軽さだけでなく、自走機能搭載、さらにホースは細くしなやかな「ラクかるホース」を採用しているため、力をかけなくても楽に掃除機をかけることができます。

 

また、アタッチメントを取り換えることで、布団やカーテン、サッシの溝など、今まで掃除が面倒だった場所にも掃除機をかけられます。ヘッドは90度回転するため、狭い隙間にも入り、軽量化と軽やかさを追求した女性におすすめのキャニスター掃除機です。

サイズ 22.5×30.0×28.7cm 重量 2.5kg
集塵方式 サイクロン式 吸込仕事率 300~400W
主な付属品 ワイドふとんブラシ・ほうきブラシ 機能 自走機能

口コミを紹介

軽いとは聞いていましたが、思ってた以上に軽くて吸引力もあり、モーターの音も気にならない位のものでした。何よりも、ゴミ捨てや使い終わったときの手入れが簡単ですごく良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ダイソン

CY24FF

価格: 41,530円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大きなゴミから小さなゴミまで吸い取る掃除機

ナイロンフェルトが大きなゴミを吸い取り、カーボンファイバーブラシが微細なホコリを取り除いてくれるので、これ1台でホコリのない綺麗な部屋を目指すことができます。家具や障害物を簡単に避けられるように設計されているので、操作性が優れているのが特徴です。

 

ゴミ捨てはワンタッチで簡単なうえに、部屋の空気よりも綺麗な空気を排出することができるので、赤ちゃんがいるご家庭やアレルギー持ちの方におすすめです。

サイズ 203×253×379mm 重量 2.7kg
集塵方式 サイクロン式 吸込仕事率
主な付属品 機能

口コミを紹介

さすがダイソン製品だけあって吸い込みがとても良いです。
噂通りの吸い込みの良さです。
大変満足しました

出典:https://product.rakuten.co.jp

1位

シャープ(SHARP)

EC-CT12-C

価格: 11,680円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

買って良かったと評判!便利さと機能性抜群の人気商品

ダストカップがワンタッチで着脱可能な人気のサイクロン式キャニスター掃除機です。HEPAクリーンフィルター搭載で微細なホコリもしっかりキャッチし、つまみを回すだけでフィルターのクリーニングも可能な手入れが楽な人気の商品です。

 

からぶき機能搭載でフローリングや畳のからぶきもできます。やさしさモードも搭載されているので床や掃除動作に合わせて電気代を節約することもできる大人気のキャニスター掃除機です。

サイズ 幅25.7×奥行36.3×高さ24.8cm 重量 約3.8kg
集塵方式 サイクロン方式 吸込仕事率 450~70W
主な付属品 すき間用ノズル 機能 からぶき機能

口コミを紹介

1万円程度の品とは思えないほど良く吸います。こんなにゴミがあったのかと言うくらい毎回カップにホコリが溜まります。しかし吸引力が強すぎるのか?ヘッドがカーペットに吸い付きますwヘッドをもう少し改良してくれれば、吸引力が更に活かせる製品だと思いまた。

出典:https://www.amazon.co.jp

【サイクロン式】キャニスター掃除機のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ 重量 集塵方式 吸込仕事率 主な付属品 機能 集塵方法 吸い込み仕事率
1
アイテムID:9122495の画像
EC-CT12-C

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

買って良かったと評判!便利さと機能性抜群の人気商品

幅25.7×奥行36.3×高さ24.8cm 約3.8kg サイクロン方式 450~70W すき間用ノズル からぶき機能
2
アイテムID:9122492の画像
CY24FF

楽天

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

大きなゴミから小さなゴミまで吸い取る掃除機

203×253×379mm 2.7kg サイクロン式
3
アイテムID:9122489の画像
CV-SP900G N

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軽量化と軽やかな移動を追求したキャニスター掃除機

22.5×30.0×28.7cm 2.5kg サイクロン式 300~400W ワイドふとんブラシ・ほうきブラシ 自走機能
4
アイテムID:9122486の画像
IC-C102-W

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

サイクロン式で紙パック不要

幅24×奥行34.1×高さ28.1cm 約4.5kg サイクロン方式 200W 隙間ノズル・フロアブラシなど -
5
アイテムID:9122483の画像
VC-C7-R

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コンパクト軽量で掃除がラクに

22×29.5×25.5cm 2.2kg サイクロン式 290~20W すき間ノズル・お手入れブラシ エコモード、2WAYブラシ
6
アイテムID:9122480の画像
MC-SR580K-T

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ミクロゴミを逃さないクリーンセンサー搭載

32.7×23.8×29cm 2.6kg サイクロン式 200~60W からまないブラシ、親子ノズル、自走式ノズル クリーンセンサー
7
アイテムID:9122474の画像
TC-EM2X

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

リビングから階段までスイスイ掃除ができる

2.4kg サイクロン式 320W
8
アイテムID:9122471の画像
パワかる CV-SP300G R

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ゴミを残らず吸い取る実力派掃除機

2.5kg サイクロン式 300~40W クルッと切り替えブラシ、お手入れブラシ
9
アイテムID:9126706の画像
サイクロン クリーナー B12

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ハイパワーで大容量のダストボックス

3.5kg すき間ノズル・ブラシ付きノズルツール ハイパワー・大量ダストボックス サイクロン 1000W
10
アイテムID:9122465の画像
VC-NXS2-R

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

独特なデザインのコードレス充電式

26.1×23.4×18.5cm 28.8kg サイクロン式 布団用ブラシ、隙間ノズル ゴミ残しまセンサー、節電ストップ機能

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\プライムデー事前エントリー開催中!!/ Amazon売れ筋ランキング
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

↓掃除機に関するさらに詳しい記事はこちらから↓

スティックタイプと比較して買って良かったメリットを紹介

最近、主流となっているスティックタイプと比較して、買って良かったと思えるメリットをご紹介します。

ダストボックスの容量が大きい

キャニスター掃除機は、スティックタイプに比べてダストボックスの容量が大きいのが特徴です。スティックタイプの容量が0.25L程度であるのに対し、キャニスター掃除機は大きいもので1Lを超えるものがあります。

 

容量の大きい分、スティックタイプに比べ広い範囲を掃除できます。

コード式だと時間を気にせず強い吸引力を維持

キャニスター掃除機はコード式の商品が多くラインナップされています。そのためバッテリーの減少によって吸引力が弱くなる心配が必要ありません。強い吸引力で、時間を気にせずに掃除できます。

手もとが軽い

キャニスター掃除機は集塵タンクが独立しているから重そうとイメージされる方もおおいでしょう。実は、掃除のときはヘッドを動かすだけなので、手元は軽いのです。重みのあるバッテリーやモーターは集塵タンクにあるので、ヘッドは非常に軽く設計されています。

買ってはいけないキャニスター掃除機とは

買ってはいけない掃除機の基準として、まず第一に機能性の低いものが挙げられます。吸い取り具合や重さ、動かしやすさなどのポイントです。また、機能性のほかに見落としがちな点として、使用時の音の大きさにも注意が必要です。

 

音がうるさいと、近所迷惑になるのはもちろんのこと、赤ちゃんが眠れなかったり、ペットが怖がったり、気持ちよく掃除することができなくなります。どこまで音がおさえられるかというのが選ぶ重要なポイントです

キャニスター掃除機をコンパクトに収納する方法

スティック掃除機に比べて大きめのキャニスター掃除機は、収納スペースに困ることがあります。見せる収納ができるスティク掃除機と違い、部屋にそのまま置いていると生活感が出てしまいます。一般的な収納方法は、クローゼットや押入れに入れることです。

 

しかし、「洋服などを入れているから掃除機を入れるスペースがない」という方には、掃除機収納庫がおすすめです。収納棚としても使えるため、一石二鳥な便利アイテムです。また、キャスター付きワゴンラックに入れて、クローゼットや押入れに収納もできます。

キャニスター掃除機で綺麗に掃除をするコツ

最後に、キャニスター掃除機で綺麗に掃除するコツを紹介します。ただ掃除機をかけるだけでなく、コツを抑えて掃除することで、仕上がりが見違えるほどきれいになります。

リズムに合わせて自分の身長の半分の距離をかける

掃除機をかけるときは、1往復が5~6秒がベストといわれています。早すぎると吸い込みが悪くなってしまうので、少しゆったりしたリズムで動かす意識で掃除しましょう。また、掃除機を1かけする距離は、自分の身長の半分くらいがベストです。

 

長すぎるとヘッドが床から浮いてしまい、吸い込みが悪くなります。

絨毯やカーペットは念入りに

絨毯やカーペットはホコリが溜まりやすいだけでなくダニも発生するので、念入りに掃除しましょう。おすすめは、縦方向と横方向の2回がけです。まずは逆毛を立てるように掃除機をかけ、次に毛の流れに合わせて掃除機をかけると、吸い残しを少なくできます。

ヘッドやダストボックスは月1でお手入れ

ヘッドに髪の毛などが絡まったり、ダストボックスがいっぱいになると、吸引力が落ちてしまします。そのため、掃除機は月に1回お手入れしましょう。最近ではヘッドやダストボックスを水洗いできるタイプの掃除機もあります。

 

ブラシなどでお手入れするタイプに比べてメンテナンスが楽なので、チェックしておくといいでしょう。

 

もっと掃除機のことを詳しく知りたい方は下記記事をチェックしてください。詳しいメーカーごとの違いや、他のタイプのおすすめ掃除機もご紹介しています。

まとめ

キャニスター掃除機は現在でもメイン掃除機として多くの家庭で活躍しているタイプで高い吸引力が魅力の人気の掃除機です。お気に入りのキャニスター掃除機を購入して目に見えないゴミまで吸い取り部屋をよりキレイに快適な空間にしましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年01月31日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

日立掃除機のおすすめ人気ランキング18選【コードレスやスティッククリーナーも】

日立掃除機のおすすめ人気ランキング18選【コードレスやスティッククリーナーも】

掃除機
ペットの毛用掃除機のおすすめ人気ランキング26選【犬の毛や猫の毛に!口コミも紹介】

ペットの毛用掃除機のおすすめ人気ランキング26選【犬の毛や猫の毛に!口コミも紹介】

犬用品
東芝掃除機の人気おすすめランキング10選【トルネオやコードレスもご紹介】

東芝掃除機の人気おすすめランキング10選【トルネオやコードレスもご紹介】

掃除機
【2022年版】床拭きロボットのおすすめ人気ランキング15選【水拭きできるものも】

【2022年版】床拭きロボットのおすすめ人気ランキング15選【水拭きできるものも】

掃除機
【どれがいい?】レイコップの人気おすすめランキング13選【評判や口コミも】

【どれがいい?】レイコップの人気おすすめランキング13選【評判や口コミも】

掃除機
【プロ監修】省エネ暖房器具のおすすめ人気ランキング20選【家全体を暖めるものも】

【プロ監修】省エネ暖房器具のおすすめ人気ランキング20選【家全体を暖めるものも】

ヒーター・ストーブ