日立掃除機の人気おすすめランキング15選【快適なお掃除のお供に】

記事ID7128のサムネイル画像

日立は家電メーカーとして掃除機の開発にも力を入れています。独自技術を採用するなど、他社からの差別化をしています。そんな力を入れている日立の掃除機をランキング形式で紹介しています。新しく掃除機を買い替えようと考えている方の参考になればと思います。

日々の掃除を楽に

掃除機は日々の掃除を楽にしてくれる道具のひとつです。そのなかでも日立は掃除機に力を入れて作っています。国内メーカーとして「ロボットサイクロン」「ロボットパック」と、サイクロン・紙パック共に開発に力を入れている企業です。

 

またいち早く「排気」に注目し、排気のクリーン度は常にトップをキープしており、確実な技術で安心感があります。こうして安心の品質と様々な便利機能で人気の掃除機を作っています。

 

掃除をするのだから楽に掃除ができて、手入れも簡単なのがいいと、条件を出していけばたくさんあります。そこで日立の掃除機を形状機能性を考慮しランキング形式で紹介します。

日立掃除機の人気ランキング10選

10位

日立(HITACHI)

紙パック式クリーナー CV-PE300 N

価格:26,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルパワーなモーター

小柄ながらもパワフルパワーなモデルになります。日立独自の高性能ファンモーターとヘッドから本体排気口までの空気流路をスムーズにすることにより、強烈パワーを実現しています。

 

ヘッドは動かしやすい「ジェット吸引」スマートヘッドになっています。この日立独自の技術は、ヘッド上部から取り込んだ空気を床面へ吹きつけることで、ヘッドの床へのはりつきを抑え、パワフル吸引力で軽い操作性をすることが可能です。

 

紙パックが目詰まりすることがあると思いますが、それを抑える「パックチリ落とし」機構になっています。電源コードを引くと「パックチリ落とし」機構で紙パックを振動させ、内側に付着した微細なチリを落とすので、紙パックの目詰まりを抑えてくれます。

形状キャニスター重量3.7kg
集塵容量1.7Lコード5m

口コミを紹介

扱い易く、吸引力も申し分ありません。ヘッド先端が衝撃吸収構造になっているので、壁を傷つけず良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

日立

サイクロン式クリーナー CV-SD90-K

価格:15,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワーサイクロン

高性能小型ファンモーターの開発、そして余分なスペースを可能な限り抑えた高密度設計と日立独自の解析技術により、コンパクトで軽量のボディながら、強力パワーなサイクロン掃除機です。

 

1段目のサイクロン室の入口で空気の流れをブーストさせて、発生したサイクロンで、ごみと空気を遠心分離します。2段目ブーストでごみを圧縮します。遠心分離したごみと空気を、ダストケースの入口で再加速し、発生したサイクロンで、ごみを圧縮します。

 

これによりゴミが小さく圧縮しているので、ゴミ捨てが楽です。この掃除機はごみ捨てボタンを押すとふたが開いて、ゴミを捨てる仕組みです。また、ティッシュペーパーを使えば、立体フィルターなどに付着するごみを軽減して目詰まりを抑えることができます

形状キャニスター重量5.34kg
集塵容量2.5Lコード5m

口コミを紹介

モーターヘッドタイプはカーペットなどを吸うときに重くなって力も必要でした。しかしこちらは軽くて、動きもスムーズです。この値段でこのクオリティーなら十分だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

日立

パワーブーストサイクロン CV-SD900-N

価格:34,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

難しい壁際も楽々

気密性を高めた[ジェット吸引]にハイパワーを集中させ、強い吸引力を生み出しています。さらにヘッド上部から取り込んだ空気を床面へ吹きつけて、ヘッドが床にはりつくのを抑制し、スムーズに動くため、音も静かです。

 

また回転ブラシの駆動力で前に進む[パワフル自走]の働きにより、強い吸引力と軽い操作ができることで、腕にかかる負担を軽減しています。壁際の掃除もヘッド前面を壁に付けたときに前側から底面へ空気が流れるので壁ぎわのごみもしっかり取れます

 

便利な付属品もあり、ヘッド裏のほぼ全面が振動する電動ビーターが、ふとんをたたいて、ダニのふんや死がいも吸い込むことができるヘッドつきです。

形状キャニスター重量3.5kg
集塵容量0.4L コード5m

口コミを紹介

空気清浄機の粗いフィルタや、その奥にあるHEPAフィルタについた埃や塵をCV-SD900で吸い込んでみました。排気の臭いや埃のもれを感じませんでした。動作音はかなり静かです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

日立

コードレススティック&ハンディ CV-GB10V

価格:15,074円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2役の掃除機

スティック&ハンディで使えるコードレス掃除機です。1.4kgととても軽い掃除機で、手にかかかる負担がとても少ないです。こちらは連続使用時間は約15分で、充電時間は約30分となります。

 

ですので、一人暮らしやそこまで広くない部屋での掃除は、これぐらいで十分可能です。掃除機の先を外すことで、ハンディタイプとしても使用ができます。

 

またゴミを捨てる時は、プレフィルター表面に付着したごみをかき落とす除じんブレードにより、手を汚さずにプレフィルターをクリーニングできるので、すごく簡単になっています。

形状スティック重量1.4kg
集塵容量0.56Lコードなし

口コミを紹介

吸引力も家庭で通常使用するには問題なく、軽く、ごみも捨て易く、フィルターの作りもしっかりしています。モーターは昔から日立!と思っておりますので、裏切られない製品でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

日立

minimaru RV-EX1-W

価格:38,641円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さくても大活躍

このロボット掃除機は、普段掃除しにくい狭いところや低いところも掃除できるよう本体や高さが小さく設計されたボディになっています。これにより、ダイニングテーブルやイスの脚の間などの狭いところでもしっかり掃除してくれます。

 

また素早い方向転換できびきびと賢く動いてくれます。搭載しているAIが、複数のセンサーにより周囲状況を素早く判断し、状況に合わせて100以上の行動パターンから選択し、自動で運転します。

 

リモコン操作ができるのはもちろん、スマートフォンからも操作することができます。自動で充電台に戻るたびに強い気流によりダストケース内のごみを圧縮します。その際に回転ブラシを逆回転させ、ブラシについたほこりをで自動でクリーニングし、お手入れが簡単です。

形状ロボット重量2.3kg
集塵容量0.25Lコードなし

口コミを紹介

椅子の間も つっかえる事なく 思った通りに 掃除してくれてます! 毎日の時間が増えました!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

日立

ふとんクリーナー PV-FC100 N

価格:10,792円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ふとん掃除にも強い

普段の生活で重たいふとんをこまめに干すのは大変です。そこでこの日立のふとんクリーナーは、ふとんをたたいてブラシでかき出しハウスダストをしっかり吸引してくれます。

 

日立のパワーモーターはたたき・かき出し効果で毎分約10000回のビーターでふとんをたたいて、ブラシでかき出しています。これによりダニを含むハウスダスト除去率99.9%ダストケースに吸い込んだダニの死滅率約94%と驚異の数字になっています。

流速約180km/時の強い気流を起こさせるパワーがあります。また便利な機能で、ハンドルから手を離すと停止してくれます。そしてダストケース部は丸ごと水洗いできるので、掃除機自体の手入れも楽にできます。

形状ハンディ重量2.4kg
集塵容量0.15Lコード5m

口コミを紹介

さっそくダストボックスの中を見てみました。得体のしれないべージュやらグレイのパウダー状のものがゴッソリとれていて、布団をきれいにしなくちゃというモヤモヤした気持ちもすっきりしました。大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

日立(HITACHI)

スティッククリーナー PV-BFL1 N

価格:35,700円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新モーター搭載

1.4kgと軽量で、階段などの段差も楽々掃除することができます。この掃除機には新開発のモーターを搭載しており、空気の流れを効率よく制御しながら、ダストケースや各部品を軽量化することでより軽くしています。

 

そして「自走コンパクトヘッド」というのを新開発し、延長パイプには繊維強化プラスチックを採用するなどして、徹底的に軽量化を行っています。なのでスティック時でもハンディ時でも軽快に掃除できます。 


ヘッドに関しては、床面との気密性を確保しつつ、ブラシの回転力によって、軽い操作でごみをしっかり集じんします。ゴミ捨てもワンプッシュで行え、ダストケースは水で丸洗いできます。

形状スティック重量1.4kg
集塵容量0.15Lコードなし

口コミを紹介

モーターもですが、自走式ヘッドの形状が良い印象です。絨毯に絡みついたペットの毛、フローリング上の猫爪の皮(キャニスター型では吸えなかった)も吸い取ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

日立

紙パック式掃除機 CV-CG3 A

価格:6,580円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

昔ながらの掃除機

シンプルな形で、昔からある空気と一緒に吸い込んだゴミを紙パックに溜めていくタイプになります。昔からありますが、この紙パックはフィルターの役目も持っています。細かな塵を吸うことが多い場合は、こまめに取り替えることで、吸塵力を維持できます。

 

これは紙パックを外すだけで簡単にゴミを捨てられるのが特徴です。デメリットは穴の位置などがピッタリ合っていないと吸塵力や故障の原因となるゴミ漏れをおこすことがあります。

 

またゴミ捨てのサインが出るので、パックフィルターの交換時期の目安が分かりやすいです。

形状キャニスター重量3.1kg
集塵容量1.5Lコード-

口コミを紹介

余計な機能がないのがいいです。スイッチを「入れる」「切る」だけ。小さめですが、吸い込む力も十分です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

日立(HITACHI)

業務用 CV-G1

価格:21,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワフル掃除機で大きい部屋など

こちらは業務用掃除機となりますが、家庭用としては、大きな部屋、それから倉庫の掃除などに使うことができます。大きい分、それだけのパワーを備えています粉塵容量も7Lと蓄えられる容量も多いです。

 

またゴミ捨てに関してはサインがあるので、色がだいだい色に変わったら取り換えの時期の目安になっています。ゴミ捨てサインが出たまま作動を続けると、モーターの過熱を防止する保護機能がありますので、本体の運転が自動的に停止する設計となっています。

 

お手入れも簡単で布袋フィルターは水または中性洗剤を入れたぬるま湯でもみ洗いしてから乾燥させます。保護フィルターは、カバーから取り外して、水で軽くもみ洗いし、たたいて水気を切り、十分に自然乾燥させることで完了します。

形状キャニスター重量5.9kg
集塵容量7Lコード8m

口コミを紹介

農業資材を収納している倉庫で使っています。今までは家庭用の掃除機を使っていましたが、ゴミはとれても土や砂は取れませんでした。この業務用掃除機は吸引力抜群で、土や砂ばかりか小さな砂利も吸い取ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

日立(HITACHI)

パワーブーストサイクロン式 CV-SF300 N

価格:26,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

技術の塊

この掃除機は、細くて軽い「ラクかるホース」と軽いヘッド、細いパイプで、腕や肩への負担を軽減することで、毎日のお掃除がもっと楽になります。また小型で軽量ハイパワーファンモーターと日立独自のパワーサイクロン構造で、強い吸引力を実現しています。

 

そして吸い込んだゴミは、空気を効率よく加速させて発生した力強い旋回気流で、ゴミと空気を遠心分離するので、吸込力が99%以上持続してくれます。圧縮しながら吸引してくれるので、ゴミ捨ては約1ヶ月に1回ぐらいです。

 

ゴミが見えるようにLEDライトが搭載されたり、強い吸引力がありながらも、静かな運転音でうるさくありません。

形状キャニスター重量3.5kg
集塵容量0.4Lコード-

口コミを紹介

今まで私が使ったどの掃除機よりもいいです。高額なブランドの掃除機よりも安くてしっかり働いてくれます。ごみの捨て方は簡単だし、それほど重くないので持ち運びも簡単。

出典:https://www.amazon.co.jp

↓掃除機に関するさらに詳しい記事はこちらから↓

日立掃除機の選び方

ここまで掃除機でも日立に絞って紹介してきました。掃除機に力を入れている会社だからこその技術もありますが、選ぶポイントはどこにあるのか紹介したいと思います。

集塵方式で選ぶ

集塵方式は主に2つあり、サイクロン式と紙パック式になります。この2つにどのような違いがあるのか紹介します。

サイクロン式

サイクロン式は、吸引した空気とゴミを回転させてダストカップに集塵し、ゴミがたまったらその都度捨てる方式です。これは遠心力を利用してゴミと空気を分離し、空気はフィルターを通して排気されます。そうすることでゴミが圧縮される仕組みです。

 

 

これは面倒なゴミ捨ての回数が少なくなるというメリットがあります。またダストカップは定期的なお手入れが必要なので手間がかかりますが、何回でも使うことができるので、消耗品を買い足す必要がありません。

 

また排気のフィルターの性能やダストカップの丸洗いが可能なものもあるので、気になる方は確認をおすすめします。

紙パック式

紙パック式の掃除機はゴミが溜まったら紙パックごと捨てればよいので、お手入れが簡単です。紙パックをゆっくり外せばホコリもあまり出ないので、面倒な後処理がほとんど必要なく、楽にメンテナンスすることができます。

 

紙パック式の掃除機の吸引力を保つには、定期的に紙パックを交換しなければいけません。排気のときにフィルターの役割も果たしてくれるので面倒なお手入れが不要になります。気になる方は多めにストックしておくと安心です。

形状で選ぶ

掃除機は個々に形状が異なります。これにより使い心地や好みが別かれるところなので、見ておきましょう。

キャニスター

一般的によく見る車輪が付いて本体を移動させながら掃除するキャニスター型の掃除機です。ダストカップが大きいため、ゴミがすぐに満杯になることがなく、吸引力が安定しているのが特徴です。掃除機にパワーを求めるのなら、キャニスター型がおすすめです。

 

最近のものは小型軽量化されているため、予想以上に移動がスムーズにできます。日立のモーターは独自開発されていて、パワーがあります。ですので実際に使ってみると負担が少ないモデルが増えています。

 

また、コンセントからの給電がほとんどなので吸引力の持続性があります。本体が少し大きいぶん場所をとりますが、階段の上り下りがないのであれは重さの負担も少なくなっています。

スティック

スティック型は、見ての通り棒状になっている掃除機です。片手で使えて場所をとらない近年主流になりつつあるスリムなタイプになります。ワンルームから一軒家まで幅広く使うことができます。

 

このタイプはコードレスのモデルが多く、可動域に制限がなく軽いので、階段などのお掃除も楽にすることができます。また、ハンディクリーナーとしても使えるモデルもあるため、床だけでなく細かいところの掃除もできる2役こなす掃除機です。

 

スティック型にも2つあり、マルチタイプは手元にダストボックスやバッテリーがあり、ノズルを付け替えて家中の色々な場所の掃除ができます。それからフロアタイプは、主に床の掃除をメイン用途としていて下部にダストボックスがあります。

ロボット

電源を入れると自走して部屋の床をきれいにしてくれるのがロボット掃除機です。ブラシでゴミを掻き出し、底面の吸引口から取り込むタイプがスタンダード。フローリングの掃除に適した拭き掃除タイプも展開されています。

 

多くのモデルは側面にセンサーを搭載しており、障害物を避けながら掃除してくれます。AIを搭載し、そのなかで何通りものパターンを覚えさせているので、どんな所でも掃除してくれ、時間を作ってくれます。

 

最近のものでは、スマートフォンからの操作が可能であったり、床掃除のスケジュール設定ができるものなど、出初めの頃よりかなり便利になっています。なかなか掃除をする時間が取れない方や、家事を効率的に進めたい方におすすめです。

ふとんクリーナー

ふとんクリーナーは、表面に付いたダニの死骸やホコリを吸い上げることで、布団をキレイにしてくれる掃除機です。毎分で何千回もふとんをたたきブラシでかきだすことで、ダニなどを吸い込んでいきます。

 

またサイクロンしながら吸い上げ、ダニを衝撃しさせてくれます。さらにLED照明で見やすくいてくれたりしています。メリットは、雨の日でも関係なく、手軽に布団をキレイにできる点です。

 

しかし、ふとんクリーナーはふとん以外の掃除には適さないです。他の掃除でヘッド部分が汚れることが多いので、布団にゴミや菌などを付着させてしまう恐れがあります。ですので、ふとん専用として購入するということを考慮してください。

コードの有無で選ぶ

コードの有無で掃除機の形や機能性も変わってきます。住んでいる部屋の大きさや用途を考えて、選んでいきましょう。

コードレス

バッテリーを搭載したコードレス掃除機も販売されています。これは電源コードをコンセントに挿さないので、すぐに掃除できます。電気コードがからまったり、家具に引っかかったりすることも少ないため、ストレスなく掃除できます。

 

またコードレスタイプは軽量モデルが多く女性でも片手で楽に操作できます。本体がコンパクトなのでテレビの裏などを掃除するのにも最適です。このタイプは部屋を行き来しなくていいので、掃除する時間も短縮できます。

 

しかし充電しても可動できる時間が短いというデメリットもあるので、部屋数が多かったり、少し時間がかかる時の掃除には適していません。

コード有り

掃除機をかける時間が長い場合は、コード有り掃除機を使うのがおすすめです。先程のコードレス掃除機は1回の充電で30分程度稼働のものが多いため、長時間の掃除には不向きです。徹底して掃除をかけたい場合は、コード有りの掃除機が便利です。

 

コード有りの掃除機はある程使用する範囲が制限されますが、安定した吸引力で掃除できるのがメリットです。

お手入れで選ぶ

このようにダストボックスでさっと捨てられるものもあります。これは吸引力を低下させないためにも、ゴミ捨てはなるべく早めに捨てるのがベストです。ゴミ捨てラインを超えないよう注意が必要です。

 

またサイクロン式などで、ダストボックスの丸洗いができるものもあるので、なるべく清潔に保ちたい方は、この部分も見ておくといいです。

掃除機日立のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5240608の画像

    日立(HITACHI)

  • 2
    アイテムID:5240605の画像

    日立(HITACHI)

  • 3
    アイテムID:5240382の画像

    日立

  • 4
    アイテムID:5240249の画像

    日立(HITACHI)

  • 5
    アイテムID:5240221の画像

    日立

  • 6
    アイテムID:5240189の画像

    日立

  • 7
    アイテムID:5240174の画像

    日立

  • 8
    アイテムID:5240153の画像

    日立

  • 9
    アイテムID:5240149の画像

    日立

  • 10
    アイテムID:5240093の画像

    日立(HITACHI)

  • 商品名
  • パワーブーストサイクロン式 CV-SF300 N
  • 業務用 CV-G1
  • 紙パック式掃除機 CV-CG3 A
  • スティッククリーナー PV-BFL1 N
  • ふとんクリーナー PV-FC100 N
  • minimaru RV-EX1-W
  • コードレススティック&ハンディ CV-GB10V
  • パワーブーストサイクロン CV-SD900-N
  • サイクロン式クリーナー CV-SD90-K
  • 紙パック式クリーナー CV-PE300 N
  • 特徴
  • 技術の塊
  • パワフル掃除機で大きい部屋など
  • 昔ながらの掃除機
  • 新モーター搭載
  • ふとん掃除にも強い
  • 小さくても大活躍
  • 2役の掃除機
  • 難しい壁際も楽々
  • パワーサイクロン
  • フルパワーなモーター
  • 価格
  • 26800円(税込)
  • 21680円(税込)
  • 6580円(税込)
  • 35700円(税込)
  • 10792円(税込)
  • 38641円(税込)
  • 15074円(税込)
  • 34800円(税込)
  • 15000円(税込)
  • 26500円(税込)
  • 形状
  • キャニスター
  • キャニスター
  • キャニスター
  • スティック
  • ハンディ
  • ロボット
  • スティック
  • キャニスター
  • キャニスター
  • キャニスター
  • 重量
  • 3.5kg
  • 5.9kg
  • 3.1kg
  • 1.4kg
  • 2.4kg
  • 2.3kg
  • 1.4kg
  • 3.5kg
  • 5.34kg
  • 3.7kg
  • 集塵容量
  • 0.4L
  • 7L
  • 1.5L
  • 0.15L
  • 0.15L
  • 0.25L
  • 0.56L
  • 0.4L
  • 2.5L
  • 1.7L
  • コード
  • -
  • 8m
  • -
  • なし
  • 5m
  • なし
  • なし
  • 5m
  • 5m
  • 5m

掃除機の人気おすすめランキングをもっと見る

今回は日立の掃除機について紹介していますが、それ以外にも掃除機について紹介されている記事があるので、興味のある方はぜひ一緒に見てみてください。

まとめ

ここまで日立の掃除機について紹介してきました。時代が進むにつれて掃除機も進化しています。日立の独自技術を使ってモーターが強く、吸引力の高い掃除機が多く販売されています。好きなメーカーは個々にあると思いますが、検討する際にはぜひ日立も候補に入れてみて下さい。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ