業務用掃除機のおすすめ人気ランキング10選【人気のコードレスも!】

業務用掃除機は乾湿両用や粉塵を吸引するものなど、家庭用では吸い取れないゴミも吸引できる最強掃除機です。ハンディ型やコードレス型だけでなく、日立・マキタ・ケルヒャーなど多くのメーカーから販売されています。業務用掃除機の選び方やおすすめランキングをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

耐久性の高さと使いやすさが魅力の業務用掃除機

業務用掃除機は、建設現場やビル・店舗などの清掃に使われているイメージがあります。業務用掃除機は強力な吸引力で大型のものが多いですが、実は家庭でも使えるコンパクトな業務用掃除機もあるんです。

 

業務用掃除機は耐久性が高く使いやすいので、近年家庭用掃除機としても注目されています。中でもマキタの掃除機は、業務用を家庭用として使う方も多く有名です。ほかにもケルヒャーや日立などのメーカーから販売されています。

 

今回は、家庭で使う業務用掃除機の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは集塵方法・タイプ・電源 ・集塵容積などのポイントを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

1位

HITACHI

掃除機 CV-G1200

価格: 20,850円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量・シンプルな設計でたくさんの粉塵をサッと掃除

シンプルな設計の軽量タイプの業務用掃除機は、小型ですがしっかりとたくさんの粉塵を集めることができおすすめです。ブロワー機能も搭載しており、隙間に入ったゴミも吹き飛ばしてから掃除できます。

 

場所に合わせて角度を変えられますので、気になる箇所をしっかりと掃除できます。付属の吸口が収納でき、使用したいときにサッと取り出せますので便利です。

集塵方法 布フィルター タイプ キャスタータイプ
電源 コード式 集塵容積 12L
吸込仕事率 1050W 本体重量 5.7kg
充電時間 運転音

業務用掃除機の選び方

業務用掃除機は集じん方式も豊富で、用途ごとに特化した掃除機などがあります。業務用掃除機の選び方をまとめたので、参考にしてください。

メーカーで選ぶ

業務用掃除機を販売するメーカーは多く、家庭用でもおなじみのメーカーも業務用を販売していますので、業務用を掃除機を販売している人気のメーカーをご紹介します。

充電時間が短いコードレスが欲しいなら「マキタ」がおすすめ

マキタは電動工具の世界的なメーカーです。家庭用掃除機のメーカーとしても有名ですが、元々は業務用の掃除機で有名でした。家庭用として人気が高いコードレス掃除機も、電動工具のバッテリーをそのまま使えるものが多いです。

 

バッテリーの性能に定評があり、短時間で急速充電ができます。電動工具用のバッテリーを使うので、取り外しが簡単です。予備のバッテリーを用意していれば、充電せずに交換して使えます。電動工具が接続できる掃除機も多いです。

 

なお以下の記事では、マキタのコードレス掃除機の人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

美容室でも使われる排気クリーンなものなら「日立」がおすすめ

日立は日本の大手家電メーカーでも掃除機開発に力を入れているメーカーです。業務用掃除機のメーカーとして有名な「HiKOKI」は、元々は日立グループの会社でした。現在も、床掃除用など幅広い用途の業務用掃除機を販売しています。

 

クリーンな排気に定評のあるメーカーで、高い清浄度が求められる施設のための業務用掃除機もあります。美容室でも使われているフィルター性能に優れた業務用掃除機が欲しい方におすすめです。

業務用のロボット掃除機なら「Panasonic(パナソニック)」がおすすめ

パナソニックは、店舗清掃用を中心に業務用掃除機を販売しているメーカーです。業務用掃除機中ではコンパクトなものが多く、耐久性に優れているので長く使用できます。小型の業務用掃除機を家庭用として使用する方も少なくありません。

 

業務用のロボット掃除機を販売しているのも特徴で、レンタルできるタイプもあります。パナソニックの業務用掃除機が気になる方は、ぜひレンタルをチェックしてみてください。

プラスチック製の乾湿両用の掃除機が欲しいなら「ケルヒャー」がおすすめ

ケルヒャーは、高圧洗浄機や業務用清掃機機で有名なドイツのメーカーです。業務用掃除機としては、乾湿両用のものやカーペット用のものを販売しています。吸引力の高さで知られていますが、海外メーカーなので吸込仕事率の表記がありません。

 

金属性ではなく、耐久性に優れたプラスチック製の乾湿両用掃除機を販売しています。プラスチック製の業務用掃除機が欲しい方におすすめです。

 

なお以下の記事では、ケルヒャー高圧洗浄機の人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

タイプで選ぶ

業務用の掃除機は、キャニスター型やスティック型、ハンディクリーナー型などがあります。それぞれのタイプの特徴をまとめました。

強力吸引&収容量が大きいものがいいなら「キャニスター型」がおすすめ

キャニスター型の掃除機は、コード式の製品が多くゴミの収容量が大きいのが特徴です。吸引力も強く、ホテルや飲食店などで使われています。水分も吸引できる乾湿両用タイプの掃除機もキャニスター型が中心です。

 

集塵容積が大きいため、こまめにゴミを捨てる必要がないので効率よく掃除できます。クリーンルームなどの掃除をするために、非常に高性能なフィルターを採用した掃除機など掃除機の種類が豊富で選びやすいです。価格は安価なものから10万円以上と幅があります。

使いやすさ重視ならコードレスの「スティック型」がおすすめ

業務用でもスティック型の掃除機はあります。商業施設などで使われている場合が多く、家庭用と同じでコードレスタイプの製品が多いので、コンセントの有無関係なく使用可能です。また、軽量なので階段など段差のある場所や高い所の掃除をするのに向いています。

 

業務用なので家庭用より耐久性が高く、バッテリーなどのパーツの交換が簡単です。また、家庭用よりもバッテリーの充電時間が短くなっています。吸引力はあまり強くないものが多いので、十分な吸引力があるかチェックしてから購入しましょう。

 

なお以下の記事では、スティッククリーナーの人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

車内など狭い場所には「ハンディクリーナー型」がおすすめ

業務用でハンディクリーナーも販売されています。業務用のハンディクリーナーは車内清掃に使用する場合が多いです。そのため、シガーソケットから給電できるようになっています。

 

コードレスではないので時間を気にせずに掃除できますが、充電して使用できるタイプは少ないです。乾湿両用が多く、例えば社内でこぼした飲み物なども吸い取れます。交換ノズルも豊富なものが多いです。

床清掃を自動でしたいなら「ロボット掃除機」がおすすめ

業務用のロボット掃除機は、広い床でも掃除できるほどのパワーを持ったものが特徴です。倉庫や工場などの清掃によく使われています。家庭用より強い集塵能力と長い連続稼働時間が特徴です。

 

また、バッテリーの交換やゴミ捨てなどが簡単にできるようになっています。大きなゴミを吸い取るのはできませんが、毎日の床掃除を自動で行いたい方におすすめです。

集じん方式で選ぶ

業務用の掃除機には、紙パック式やサイクロン式など家庭用でおなじみの方式以外の集じん方式の掃除機もあります。業務用の掃除機の集じん方式をまとめました。

衛生的にゴミを捨てたいなら「紙パック式」がおすすめ

紙パック式は、紙パックの中にゴミを溜める方式です。捨てる際にチリやホコリが舞い上がるのが少なく、ゴミに直接触れないので衛生的に捨てられます。ただし、紙パックの中のゴミが多くなると吸引力が低下するので、注意しましょう。

 

吸引力を維持するには、ある程度ゴミが溜まったところで交換するのがおすすめです。掃除機の方に合った紙パックを装着しないと、ゴミが掃除機の内部に入って故障の原因になるので注意しましょう。

 

なお以下の記事では、紙パック式掃除機の人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

吸引力&きれいな排気のものが欲しいなら「サイクロン式」がおすすめ

サイクロン式は遠心力で、空気とゴミを分離する掃除機です。サイクロン式は、遠心力でゴミを圧縮してごみの容積を小さくします。紙パック式よりゴミが溜まっても吸引力が下がりにくいのがメリットです。

 

ただし、紙パック式よりもゴミを溜める容積が小さいのでこまめなゴミ捨てが必要です。また、ゴミを捨てる際にホコリが舞いやすく、フィルターの手入れが必須なので、手間がかかります。

 

なお以下の記事では、サイクロン掃除機の人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

細かな粉塵を吸引したいなら「フィルター式」がおすすめ

フィルター式掃除機は、紙パック式よりも細かな粉塵をキャッチできる掃除機です。医療機関などで使われる場合が多く、吸引したゴミをこす布製のフィルターが付属されています。布製フィルターは掃除をすれば繰り返し使用可能です。

 

布製フィルターは、買い替える必要がないので低コストで使えますが、フィルター掃除の手間がかかります。

紙パック不要で経済的なものがいいなら「カプセル式」がおすすめ

ゴミを溜めるタンクが取り付けられているのが、タンク(カプセル)式です。紙パックを購入しないのでランニングコストがかかりません。ゴミ捨ても簡単で、掃除機の内部にゴミが入りにくいのも魅力です。

 

ただし、ゴミを捨てるときに中身が舞い上がりやすいので、吸い込まないように注意が必要です。タンクは水洗い可能なので、清潔に使えます。

吸い込みが最強のものを選ぶなら「吸込仕事率」を確認

吸い込みが最強の業務用掃除機を購入したいなら、仕事率で選ぶことをおすすめします。吸込仕事率の数字が大きいものが、吸い込みが最強となり粉塵も多く集めますので、大きさとしては350Wあれば最強と言えるでしょう。

 

ほかにも、バッテリータイプでも300W程の業務用掃除機もあり、十分な集塵力を発揮します。掃除機の吸引率を示す目安となりますが公表していないメーカーもありますので、その際は集塵容量も目安にすると良いでしょう。

電源で選ぶ

業務用の掃除機は、コード式とコードレスの2種類の電源方式があります。それぞれの特徴をまとめました。

長時間使用するなら「コード式」おすすめ

コード式の業務用掃除機は、コンセントから電気を供給するので時間を気にせずに使用できます。そのため、長時間使用する場合におすすめです。コンセントがない場所での使用はできませんが、業務用掃除機のコードは家庭用よりかなり長く使用できます。

 

ですので、延長コードを使えばコンセントが届かない場所でも掃除ができます。ただし、コードが引っかかる危険もあるので注意が必要です。

場所を気にせずに掃除するなら「コードレス式」がおすすめ

コードレス式はバッテリーを充電して動かすので、コンセントに接続せずに使えます。コードが邪魔になる心配もありません。比較的軽量なので、持ち運ぶにも便利です。階段などの掃除にも適しています。

 

バッテリーが切れると動かなくなってしまうので、長時間の使用には向いていません。バッテリーの残り時間は把握しておく必要があります。コンセントがない場所などで、短時間の掃除をするのおすすめです。

コードレスのバッテリーで選ぶ

コードレス掃除機はバッテリーを使いますが、バッテリーにもそれぞれの特徴があります。使いやすいバッテリーについてまとめました。

充電切れが心配なら「急速充電対応」かチェック

掃除の途中での充電切れが心配な方は、「急速充電」対応かどうかチェックしておきましょう。家庭用コードレス掃除機は、充電時間が長くストレスに感じる場合が多いですが、業務用コードレス掃除機は、家庭用よりも充電時間が短く設計されています。

 

充電時間が短く設計されているといえども、普通に充電すれば1時間はかかります。ですが、「急速充電」対応している掃除機なら30分以下で充電可能しまです。よく掃除機を使うなら、充電時間が短くて済む「急速充電」対応のものを選びましょう。

 

すぐに使いたいなら「予備のバッテリー」に交換できるものがおすすめ

業務用のコードレス掃除機の中には、バッテリーが簡単に交換できるものもあり、バッテリーが切れても、充電した予備のバッテリーに交換すればすぐに使えます。充電時間がもったいないなら、数個のバッテリーを用意しておくと便利です。

 

なお以下の記事では、コードレス掃除機の人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

用途や場所で選ぶ

業務用掃除機は、用途ごとに多くのタイプの掃除機が用意されています。用途ごとに業務用掃除機の特徴をまとめたので、選ぶ参考にしてください。

水分も吸い取りたいなら「乾湿両用」がおすすめ

乾湿両用タイプの掃除機は、通常の掃除機とは違い水分も綺麗に吸い取れます。キッチンやバスルームなど水が多い場所を掃除するなら、水ごとゴミを吸い取れる乾湿両用タイプを選びましょう。

 

水分がある場合と乾いたゴミだけを吸い取る場合は、吸込み可能なゴミの量が変わります。購入前に吸い取れる容量を両方チェックしておきましょう。

工場や倉庫で木材などの粉塵を吸い取るなら「集塵機」がおすすめ

集塵機は木材などの木くずや工場が排出する粉塵を吸い取るための掃除機です。乾湿両用のものもあり、普通の掃除機と同じ意味で使われる場合もあります。しかし、本来は一般的な掃除機のフィルターでは、捕えられない粉塵を吸い取るための掃除機です。

 

細かな粉塵を吸い取るためには、粉塵用のフィルターを搭載した集塵機が必要です。工具と接続して作業で出た粉塵をすぐに吸い取るタイプも発売されていますので、下記の記事で集塵機について詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

繊維の中の細かいゴミを吸い取りたいなら「カーペット専用」がおすすめ

業務用掃除機には繊維の奥に入り込んだゴミを吸い取るのに適したカーペット専用掃除機もあります。ペットの毛や髪の毛を掻き出して吸い取るブラシ機能の強力なもの、狭い場所用のノズルが付属するものなどがカーペット専用タイプの特徴です。

 

車のシートの中の細かなゴミも吸い取れるので、車内清掃にも便利です。コンパクトで小回りの利くカーペット専用掃除機は、家庭用掃除機として使えます。

収納のしやすさで選ぶなら「小型」がおすすめ

持ち運んだり狭い場所でも業務用掃除機を使用したい場合は、小型のタイプを選ぶことをおすすめします。小型のものは、大型よりも稼働音も抑えられるうえ、コンパクトですので収納しやすく困りませんので、家庭でも取り入れやすくおすすめです。

音が気になるなら「静音性」に優れたものを選ぶ

業務用掃除機は、稼働音が大きいイメージがありますが、中には静音性に優れている製品があります。病院や公共施設など騒音が気になる場所で使われており、音が気になりにくく家庭用掃除機として使うにおすすめです。

 

集合住宅やマンションなどで使う場合は、騒音トラブルになりかねないので、できるだけ静音性が高いものを選びましょう。稼働音の大きさは、「dB(デシベル)」で表され、60dBが人の会話レベルの音とされています。

 

静音性に優れた業務用掃除機が欲しいなら、最低でも60dB以下のものを選びましょう。また、使う場所や時間も考慮して選ぶといいですよ。ただし、音が小さいほど吸引力も下がる傾向にあるので注意しましょう。

工具を使うなら「工具に接続できる」タイプがおすすめ

工具を使用する現場で使用するなら、電動工具と接続できる業務用掃除機が便利です。工具と接続できるタイプなら、工具を動かすだけで自動で掃除機のスイッチも入り、掃除機を起動する手間が省けて、作業で出た集塵をすぐに吸い取れます。  

 

Bluetoothで無線接続できるタイプや排気部分にホースを接続して、落ち葉などを吹き飛ばすブロアー機能が使えるものもあります。

 

工具と連動する業務用掃除機は、工具と掃除機が同じメーカーに限られる場合があるので、メーカーを問わずに連動できるかも確認しておきましょう。

ゴミ捨ての回数を減らしたいなら「集塵容積」をチェック

業務用掃除機は、大量のゴミを吸い取ります。ゴミを溜めるタンクなどが小さいとゴミ捨ての回数が増えてしまうので、非常に容量の大きなものが多いです。長時間掃除をしてもゴミ捨てせずに、効率的に掃除ができます。

 

屋外で落ち葉の掃除をする場合などにも、大容量タイプが便利です。タンクが大きくなると重くなるので、軽量な材質でできたものや動かしやすいタイプをおすすめします。

家庭用に使用するなら「価格の安い」ものがおすすめ

業務用掃除機は価格が高いイメージがありますが、高額なものから低価格のものまでさまざまです。特にハンディクリーナー型などは、3000円以下で購入できるものもあり、スティック型やキャニスター型でも1万以下で購入できるものもあります。

 

低価格の業務用掃除機は機能はシンプルですが家庭用より耐久性が高く、掃除がしやすく作られています。用途に合っているなら、低価格の業務用掃除機は家庭用としてもおすすめです。

 

なお以下の記事では、安い掃除機の人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

「店舗」に行って目で確認してみるのもおすすめ

ヤマダ電機やビックカメラなどの家電量販店では、店舗でも業務用掃除機を取り扱っています。商品のサイズ感や持ったときの重さなど、通販だと不安がある方は実際に店舗に行って目で確認してみるのもおすすめです。

業務用掃除機の人気おすすめランキング10選

10位

マキタ(Makita)

集じん機 乾湿両用

価格: 52,800円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量でゴミ捨ての回数を減らせパワフルな吸引力

乾湿両用で液体でも30L吸引できる大容量の業務用掃除機です。たっぷりゴミを収納できるので、ゴミ捨ての手間を減らせます。タンクはステンレス製です。キャスターが大型なので、平坦でない場所や屋外でも快適に移動できます。

 

キャスターはストッパー付きなので、作業中に動いてしまうのを防げます。300Wとパワフルな吸引力があるので、ハードな現場でもおすすめです。コードも5メートルあるので、広い範囲を掃除できます。

集塵方法 紙パック式・カプセル式 タイプ キャニスター型
電源 コード式 集塵容積 乾燥32L/液体30L
吸込仕事率 300W 本体重量 13.1kg
充電時間 - 運転音 60dB

口コミを紹介

趣味の木工の集塵機として小さなサイクロン装置と併用しています。以前使っていたリョービのVC-23と比べると吸引力・真空度・風量などの性能はワンラック上で、静粛性も随分と良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

NT27/1

ケルヒャー バキュームクリーナー 乾湿両用掃除機 NT27/1

価格: 24,728円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量パワフルな吸込仕事率の乾湿両用掃除機

軽くて丈夫なプラスチックボディーでパワフルな吸込仕事量の乾湿両用業務用掃除機です。プラスチック製なので、錆びやへこみの心配がありません。本体の下部は、衝撃に強い頑丈な設計です。

 

用途に合わせて使える豊富なアクセサリーがあり、本体のホルダーに取り付けられます。使わないときはコンパクトな状態で収納可能です。片手でパイプと本体が持てるので、両手が塞がらずに移動できます。

集塵方法 - タイプ キャニスター型
電源 コード式 集塵容積 27L/吸水量14L
吸込仕事率 - 本体重量 7.5kg
充電時間 - 運転音 72dB

口コミを紹介

仕事で使ってます。
凹凸には少し弱いと思いますが、汚水をよくすってくれです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

リョービ(Ryobi)

集じん機 VC-1100 683400A

価格: 9,900円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルなのに機能性は高い

リーズナブルな乾湿両用の掃除機です。シンプル機能でリーズナブルな価格のため、業務用としてさまざまな現場で使われています。電動工具と接続も可能です。排水ドレンがあるので、排水作業が簡単に行えます。

 

ダストボックスに市販のポリ袋をセットできるので、袋に入ったゴミをそのまま捨てられます。業務用の集塵機としては、コンパクトサイズで軽量です。

集塵方法 - タイプ キャニスター型
電源 コード式 集塵容積 乾燥15L/液体12L
吸込仕事率 160W 本体重量 5.5kg
充電時間 - 運転音 -

口コミを紹介

所有の工場掃除に使用しております
正直、砂埃やサビ屑が取れればいいので安価でもしっかり吸えば問題無いです

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

パナソニック

MC-G6000P

価格: 11,580円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水回りの掃除にもおすすめなパナソニック製

乾湿両用の業務用掃除機で、工場やホテルなど汚れやすい場所の掃除で活躍してくれるアイテム。サビに強いステンレスボディを採用しているため、水回りの掃除にもおすすめ。5種のノズル付きで用途に応じて使い分けられるのも魅力の一つです。

集塵方法 フィルター式 タイプ キャスター式
電源 コード式 集塵容積 20L/吸水量2L
吸込仕事率 200W 本体重量 8.5Kg
充電時間 - 運転音 78±2dB(A)

口コミを紹介

吸引力がないとかいうレビューがある中、全然そんなこと感じませんでした。家庭用の延長として使っているからかもしれませんが、値段の割に大満足の掃除機です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ボッシュ(BOSCH)

集じん機 乾湿両⽤ VAC115

価格: 15,873円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量&コンパクトで使い勝手がいい掃除機

乾いたゴミや液体も吸い取れる乾湿両用掃除機なので、フィルターが乾湿両用タイプになっており、一般ゴミ/液体の吸引変更時にフィルター交換が不要です。

 

ホースやケーブルなどは一体収納が可能なので、収納しやすく持ち運びもスムーズにできます。家の掃除から庭、現場で活躍してくれる掃除機です。

集塵方法 フィルター式 タイプ キャニスター型
電源 コード式 集塵容積 一般ゴミ12L/液体8.5L
吸込仕事率 - 本体重量 9.16kg
充電時間 - 運転音 -

口コミを紹介

屋外の人工芝掃除用として購入しました。吸込み力も強く家庭用の掃除機と違い途中で止まる事なく使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

STANLEY(スタンレー)

乾湿両用バキュームクリーナー SL18410-5B

価格: 11,980円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

予算重視の方におすすめの紙パック式!美容院でも愛用されている

こちらの業務用掃除機は、なんと1万円以下で購入できます。業務用掃除機が欲しいけど、予算が限られている方にぴったり。リーズナブルな価格ながら、ホコリや水分を含んだゴミなどしっかりと吸い取ってくれます。

 

また、本体重量が4kg以下なので、取り回しがよく使いやすいです。お手入れが簡単なのも嬉しいポイントですね。

集塵方法 紙パック式 タイプ キャニスター型
電源 コード式 集塵容積 15L
吸込仕事率 213W 本体重量 3.98kg
充電時間 - 運転音 70dB

口コミを紹介

コンクリートの床を掃除すると早々に目詰まりを起こし吸塵力が下がっていました。その点、この掃除機はストレス無く使用出来、かなりの吸塵力を発揮します。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ケルヒャー

業務用カーペットリンスクリーナー PUZZI 8/1C

価格: 132,223円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

車やソファにも小型で使いやすい有名メーカー・ケルヒャー製!

カーペットの掃除におすすめな使いやすい小型のカーペットリンスクリーナーは、ノズルの先端から洗浄液を噴出しながら汚水の回収をします。洗浄後は90%の水分を回収しますので、すぐ乾き短時間で清掃できておすすめです。

 

コンパクトなので、使いたい場所にも簡単に移動できおすすめです。カーペットのほかにも車やソファの掃除も可能なので便利に使用できます。

集塵方法 タンク 洗浄水 タイプ キャスター式
電源 コード式 集塵容積 7L
吸込仕事率 1200W 本体重量 13.3 キログラム
充電時間 運転音

口コミを紹介

まさに申し分無い商品です。使用する洗剤にもよると思いますが、グングンと汚れを吸い上げてくれて綺麗になるのが楽しい程です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

パオック(PAOCK)

VCC-15PC 乾湿両用

価格: 6,482円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水も砂も吸える最強の業務用掃除機

こちらの最強の業務用掃除機は3つのノズルが付属しており、自宅の掃除をはじめガレージや倉庫、ベランダの隙間掃除などさまざまな用途に合わせて掃除が可能です。また、延長パイプを使用して落ち葉などの吹き飛ばしもできます。

 

ヘッドと収納ポケットに付属品をまとめて収納できるようになっているのもポイントです。使いたいノズルをサッと取り出せます。フィルターの手入れも簡単で、繰り返し使えるのでランニングコストがかからず経済的です。

集塵方法 - タイプ キャニスター型
電源 コード式 集塵容積 乾式 約7L / 湿式 約5L
吸込仕事率 200W 本体重量 5㎏
充電時間 - 運転音 80dB

口コミを紹介

汚部屋掃除に一念発起。多くの方は屋外で利用する目的なんでしょうけど当方は室内利用中心。二年間掃除してなかったベッド下の散り積もったホコリ掃除目的で購入しましたが、完璧です!きれいに吸いきれました!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

マキタ(Makita)

コードレス掃除機CL181FDRFW

価格: 27,640円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コードレス・軽量で使いやすく急速充電なので最強なマキタ製

わずか22分で充電可能なコードレス・スティック型掃除機です。運転モード強で20分、標準で40分間の連続使用ができ、マキタの電動工具用のバッテリーが使用可能で、ほかの工具のものと使い回せます。

 

カプセル式でゴミ捨てや掃除もしやすく、コードレスで軽量な掃除機は、階段や高い所の掃除も簡単にでき使いやすいです。奥まで届くT型ノズル採用で、別売のアタッチメントを使えばじゅうたん用としても使えます。

集塵方法 カプセル式 タイプ スティック型
電源 コードレス式 集塵容積 0.65L
吸込仕事率 37~10W 本体重量 1.4kg
充電時間 22分 運転音 -

口コミを紹介

フローリングだけなら高価な掃除機は不要でした。
階段にもコンパクトなヘッドがとてもいい☆
もうコードありには戻れないです

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

HITACHI

掃除機 CV-G1200

価格: 20,850円(税込)

楽天で詳細を見る 楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量・シンプルな設計でたくさんの粉塵をサッと掃除

シンプルな設計の軽量タイプの業務用掃除機は、小型ですがしっかりとたくさんの粉塵を集めることができおすすめです。ブロワー機能も搭載しており、隙間に入ったゴミも吹き飛ばしてから掃除できます。

 

場所に合わせて角度を変えられますので、気になる箇所をしっかりと掃除できます。付属の吸口が収納でき、使用したいときにサッと取り出せますので便利です。

集塵方法 布フィルター タイプ キャスタータイプ
電源 コード式 集塵容積 12L
吸込仕事率 1050W 本体重量 5.7kg
充電時間 運転音

口コミを紹介

コンクリートの床の掃除のために使っています。砂や小石をどんどん吸い込んでくれるため、吸引力には満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

業務用掃除機のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 集塵方法 タイプ 電源 集塵容積 吸込仕事率 本体重量 充電時間 運転音
1
アイテムID:10499039の画像
掃除機 CV-G1200

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軽量・シンプルな設計でたくさんの粉塵をサッと掃除

布フィルター キャスタータイプ コード式 12L 1050W 5.7kg
2
アイテムID:10499165の画像
コードレス掃除機CL181FDRFW

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コードレス・軽量で使いやすく急速充電なので最強なマキタ製

カプセル式 スティック型 コードレス式 0.65L 37~10W 1.4kg 22分 -
3
アイテムID:10499162の画像
VCC-15PC 乾湿両用

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

水も砂も吸える最強の業務用掃除機

- キャニスター型 コード式 乾式 約7L / 湿式 約5L 200W 5㎏ - 80dB
4
アイテムID:10499159の画像
業務用カーペットリンスクリーナー PUZZI 8/1C

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

車やソファにも小型で使いやすい有名メーカー・ケルヒャー製!

タンク 洗浄水 キャスター式 コード式 7L 1200W 13.3 キログラム
5
アイテムID:10499156の画像
乾湿両用バキュームクリーナー SL18410-5B

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

予算重視の方におすすめの紙パック式!美容院でも愛用されている

紙パック式 キャニスター型 コード式 15L 213W 3.98kg - 70dB
6
アイテムID:10499153の画像
集じん機 乾湿両⽤ VAC115

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軽量&コンパクトで使い勝手がいい掃除機

フィルター式 キャニスター型 コード式 一般ゴミ12L/液体8.5L - 9.16kg - -
7
アイテムID:10499150の画像
MC-G6000P

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

水回りの掃除にもおすすめなパナソニック製

フィルター式 キャスター式 コード式 20L/吸水量2L 200W 8.5Kg - 78±2dB(A)
8
アイテムID:10499147の画像
集じん機 VC-1100 683400A

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

リーズナブルなのに機能性は高い

- キャニスター型 コード式 乾燥15L/液体12L 160W 5.5kg - -
9
アイテムID:10499144の画像
ケルヒャー バキュームクリーナー 乾湿両用掃除機 NT27/1

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

軽量パワフルな吸込仕事率の乾湿両用掃除機

- キャニスター型 コード式 27L/吸水量14L - 7.5kg - 72dB
10
アイテムID:10499141の画像
集じん機 乾湿両用

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

大容量でゴミ捨ての回数を減らせパワフルな吸引力

紙パック式・カプセル式 キャニスター型 コード式 乾燥32L/液体30L 300W 13.1kg - 60dB

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

家庭用掃除機と業務用掃除機の違いとは

業務用の掃除機は家庭用より吸引力が強いイメージがありますが、吸引力にそれほど違いはなく、耐久性やゴミの収納量などが違います。業務用と家庭用の違いをまとめました。

業務用掃除機は家庭用より耐久性が高くて重い

家庭用の掃除機は運びやすさや使いやすさを考えて軽量な素材で作られています。その分、耐久性が高くありません。一方、業務用掃除機は使用時間が長く、ハードな使い方をする前提で設計されているので耐久性に優れているのが特徴です。

 

業務用掃除機はハードな使い方をするので、ホースやモーター部分は頑丈な金属製で作られているものがほとんどです。コードやフィルター、キャスターなどのパーツも頑丈な素材で作られているので、家庭用より本体重量が重たくなっています。

業務用掃除機は家庭用よりもゴミの収容量が多い

家庭用掃除機はゴミの収容量が大きなもので1Lほど、紙パックだと2.5L程度ですが、業務用掃除機だと20L以上のゴミを収容できる製品がほとんどです。たくさんのゴミを収容できるので、何度もゴミを捨てる必要ありません。

 

何度もゴミを捨てる手間が省け、作業効率が家庭用掃除機よりいいので、時間を無駄にせず掃除できます。

業務用掃除機は置き場所に困りやすい

家庭用掃除機が吸い取るのはハウスダスト中心で、より細かな粉塵や水を吸い取れません。しかし、業務用掃除機は、水分や濡れたゴミを吸い込める乾湿両用タイプ、細かな粉塵をキャッチできるタイプなど掃除機の種類が豊富なので多種類のゴミに対応できます。

 

また、水を吸い取れる掃除機タイプなら汚れを水を流した後、吸引できるので手で拭く手間や時間を省けれて便利です。ですが、掃除機が対応したタイプのゴミでないと吸引できないため選ぶ際は慎重に選びましょう。

業務用の掃除機は多種類のゴミに対応できる

家庭用掃除機はコンパクトに設計されているので、部屋に置きやすいですが業務用掃除機は大型なものが多いため置き場所に困りやすいです。広い家なら、置き場所に困りにくいかもしれませんが、購入する前に一度、掃除機の置き場所を考えておきましょう。

業務用掃除機よりも家庭用の掃除機の方が吸引力が強い?

業務用掃除機は吸引力が強いイメージがありますが、かなり吸引力が強いものでも吸込仕事率は400w前後のものが多いです。家庭用の掃除機は、吸込仕事率が600Wを超えるものもあります。

 

吸込仕事率だけで吸引力が決まるわけではありませんが、イメージに反して吸込仕事率は家庭用掃除機の方が強いといえます。

業務用掃除機で対応できないゴミを吸い込まないように注意

業務用掃除機は耐久性が高く、家庭用の掃除機では故障してしまうゴミでも吸い込んでしまいます。しかし、どんなものでも吸引できるわけではありません。例えば、乾式用掃除機で誤って液体を吸い込むとトラブルや故障の原因につながります。

 

もし、誤って業務用掃除機が対応していないゴミを吸った場合は、すぐに運転をやめ相談窓口などで点検の相談をするようにしましょう。

業務用掃除機はどんな方におすすめ?

家庭用の掃除機では吸引力が物足りない方や、丈夫で長く使用できる掃除機をお探しの方は業務用掃除機はおすすめです。しかし、デメリットとしてして家庭用掃除機よりも大きくなりますので収納場所を取ります。

 

また稼働音が気になる集合住宅の方にもおすすめできません。しかし、業務用掃除機は、パワフルに粉塵を集め水分のあるゴミにも対応します。購入前にはぜひメリットとデメリットを考慮してから選びましょう。

業務用掃除機はどこで買える?

業務用と名前が付く掃除機はどこで購入できるか疑問の思う方も多いです。業務用掃除機は簡単にアマゾンなどのネット通販で気軽に購入することができます。価格も求めやすく6000円~30000円程で購入することが可能です。

 

家庭用の掃除機よりも少し高いくらいの値段ですが、安すぎると機能が劣る場合がありますので、10000円程の商品がおすすめです。また価格を下げたいのなら中古品もおすすめで、新品とあまり変わらないのでぜひチェックしてみてください。

家庭用コードレス掃除機ではダイソンが人気

ダイソンは家庭用コードレス掃除機では非常に高い人気を誇るメーカーです。ダイソンの業務用掃除機を探している方もいますが、残念ながらダイソンの業務用掃除機は販売されていません。

 

とはいえ、家庭用のダイソンを飛行機で使用している例もあるので、業務用として使えないわけではありません。下の記事ではダイソンの掃除機について詳しく解説しています。興味のある方は参考にしてください。

まとめ

業務用掃除機のおすすめランキングや選び方についてご紹介しました。最強な業務用掃除機は家庭用では吸い取れないゴミでも吸引でき、耐久性に優れています。ぜひ、コードレスや軽量なものなど、便利で使いやすい業務用掃除機を見つけてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年08月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2022年】ハンディクリーナーの人気おすすめランキング15選【乾湿両用や国内メーカーも】

【2022年】ハンディクリーナーの人気おすすめランキング15選【乾湿両用や国内メーカーも】

掃除機
軽い掃除機のおすすめ人気ランキング10選【使いやすいコードレスも】

軽い掃除機のおすすめ人気ランキング10選【使いやすいコードレスも】

掃除機
小さい掃除機の人気おすすめランキング14選【コンパクトなコードレス式も】

小さい掃除機の人気おすすめランキング14選【コンパクトなコードレス式も】

掃除機
【2022年最新版】コードレスクリーナーの人気おすすめランキング15選

【2022年最新版】コードレスクリーナーの人気おすすめランキング15選

掃除機
100人に調査|2022年コードレス掃除機のおすすめ人気ランキング20選【口コミ多数】

100人に調査|2022年コードレス掃除機のおすすめ人気ランキング20選【口コミ多数】

掃除機
パナソニックコードレス掃除機の口コミ・評判を調査!吸わないって本当?

パナソニックコードレス掃除機の口コミ・評判を調査!吸わないって本当?

掃除機