市販のドッグフードのおすすめ人気ランキング15選【2019年最新版】

記事ID7966のサムネイル画像

「グレインフリー、グルテンフリーのドッグフードが良い」「安いドッグフードは危険」などいろいろな情報があります。どれを選べばよいかわからない飼い主さんも多いのではないでしょうか。この記事ではドッグフードの選び方とおすすめの人気商品をランキング形式で紹介します。

ドッグフードを見直してみませんか

「毛並みが悪くなった」「食欲が落ちたように感じる」など、飼い主さんならば、愛犬の変化に敏感になるものですよね。そこでもう一度チェックしたいのが、毎日愛犬が食べているドッグフードです。

 

この記事では、口コミ情報を交えつつ、おすすめの人気商品をランキング形式で紹介します。また、国産と外国産のドッグフードのどちらが良いのか、年齢に合ったドッグフードの特徴、グレインフリーとは何かなど、基礎知識と選び方を紹介します。

 

なお、このページのランキングは、安全性、栄養素、各種メディアや獣医師の評価、ユーザーの口コミ、などを総合的に判断して作成しました。

おすすめの市販のドッグフードランキング15選

15位

ニュートロジャパン

ナチュラルチョイス

価格:3,252円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

消化をサポート

ニュートロジャパンのナチュラルチョイスは、特に愛犬の消化をサポートする工夫がされていることでおすすめのドッグフードです。

 

固いドッグフードを嫌って食べない愛犬にお困りの飼い主さんはいませんか。ふやけやすいナチュラルチョイスなら芯までやわらかくなるので、かむ力が弱い子犬も楽に食べられ、消化もスムーズです。

容量3kg原産国アメリカ
主な原材料チキン&玄米おすすめの犬(飼い主)味に敏感な超小型犬~小型犬

口コミを紹介

食いつきいいし、毛のつやもよくなり、うんちもコロコロして拾いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

日清ペットフード

和の究み

価格:1,616円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オリゴ糖&乳酸菌

「和の究み」という名前からすると、味が良いことがおすすめのドッグフードのことだと思ってしまう人も多いでしょう。実際は、オリゴ糖と乳酸菌を配合して、愛犬の「腸内フローラ」を整えてくれる機能性ドッグフードといったところでしょう。

 

特に、食が細くなってきた11歳以上のシニア犬に適しており、腸の調子を整えてくれます。腸骨部なのでチワワやミニチュアダックスフントなどの超小型犬の愛犬におすすめですよ。最近では「腸活」が人間で大流行りですが、愛犬も一緒に腸活してはいかがでしょうか。

容量2.1kg原産国日本
主な原材料小麦全粒粉おすすめの犬(飼い主)11歳以上のシニア犬、腸内フローラを整えたい

口コミを紹介

食いつきはいいのでそれなりの新鮮さと味わいが彼の口に合っているのでしょ

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

プリスクリプション・ダイエット

メタボリックス

価格:4,740円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

60日間で11%の減量

60日間で11%減量をすることが、科学的に証明されているのが、プリスクリプション・ダイエットのメタボリックスです。念のため、獣医師のアドバイスをもらってから愛犬に与えることをおすすめしますが、確かなダイエット効果を求める飼い主さんにおすすめです。

 

気になる効果のほどですが、やはり口コミでは「やせた」という声が多くあります。味については、一部に食いつきがよくないというものがあるものの、総じておいしそうに食べてくれるという声が大半です。

容量3kg原産国オランダ
主な原材料大豆、小麦、チキン、トウモロコシおすすめの犬(飼い主)メタボリックス

口コミを紹介

病院に勧められて購入しましたが、本当に痩せました。フードは大事だなって感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ユニチャーム

愛犬元気 肥満が気になる愛犬用

価格:1,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

愛犬元気の肥満防止バージョン

愛犬元気はドッグフードとして、とてもメジャーな商品のひとつですよね。愛犬がちょっとぽっちゃりしてきたな、と感じたときにおすすめのドッグフードが愛犬元気 肥満が気になる愛犬用です。

 

価格も手ごろなので、継続するのにも適しています。口コミを総合的に判断すると、劇的な効果は期待できないといえますが、おいしそうに食べるという意見が多いのが目立ちます。自然な感じでダイエットを続けさせたい飼い主・愛犬におすすめのドッグフードといえるでしょう。

容量6kg原産国日本
主な原材料ビーフ・ささみ・緑黄色野菜・小魚おすすめの犬(飼い主)肥満が気になる

口コミを紹介

獣医さんには「標準体重になったので続けて下さい」と言われています。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ユニチャーム

グラン・デリ カリカリ仕立て 成犬用

価格:845円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カリカリ感にこだわったドッグフード

ユニチャームのグラン・デリ カリカリ仕立ては、カリカリとした食感にこだわったドッグフード。たとえば、愛犬のかむ力を育みたい飼い主や、満腹感を与えてダイエットさせたい飼い主におすすめです。もちろん、カリカリタイプが大好きな愛犬にも向いています。

 

チーズ味が強いせいか、他のドッグフードとの味の違いが際立ち、食欲を回復する犬も多いようです。最近あまり量を食べてくれないな、と感じている飼い主におすすめのドッグフードともいえます。

容量1.8kg原産国日本
主な原材料穀類・ささみおすすめの犬(飼い主)小型犬(成犬)

口コミを紹介

このチーズ入りのフードはお気に入りで大好きです。ほうっておいてもカリカリと食べています。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

日清ペットフード

いぬのしあわせ

価格:833円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シニア犬の健康な骨・関節をサポート

年齢を重ねてくると骨や関節が弱ってくるのは、人間と同じです。日清ペットフードのいぬのしあわせは、天然由来のグルコサミン、マルチビタミン、フレッシュオイルなどを配合した、シニア犬用ドッグフードです。

 

グルコサミンといえば、移動時の関節痛などに効くといわれている有効成分。散歩に行くのがおっくうな様子を見せたり、痛がっているようにみえるなら、いぬのしあわせを試してみてはどうでしょうか。

 

容量2.6kg原産国日本
主な原材料穀類・ミートミール、チキンミールおすすめの犬(飼い主)小型犬 11歳からの高齢犬

口コミを紹介

推定14-15歳(元保護犬)で歯が一本もありませんが、喜んで完食します。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ペディグリー

大型犬用 ビーフ&チキン&緑黄色野菜味

価格:2,495円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大型犬の食欲を刺激

ペディグリーの大型犬用 ビーフ&チキン&緑黄色野菜味は、「具が大きい」のが特徴。もしかすると、大型犬の口からぽろぽろとドッグフードがこぼれていませんか。これは一般的にドッグフードの粒のサイズが犬の口になじんでいない証拠です。

 

噛み応えのある大型サイズなので、食欲増進はもちろん、よく噛むことで歯垢を取り除く効果も期待できます。ビーフ&チキンで味もよく「ムシャムシャ食べてくれる」「ワンコ大喜び」などの口コミもありました。

容量10kg原産国タイ
主な原材料ビーフ&チキン&緑黄色野菜味おすすめの犬(飼い主)大型犬

口コミを紹介

大粒タイプにしたら食べやすいのかいつも完食です。とても喜んで食べています。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

森乳

スーパーゴールドフィッシュ&ポテト

価格:7,938円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アレルギー体質の愛犬におすすめ

アレルギー症状というのは厄介なものです。多くの場合は、毛並みが悪くなったりかゆがったりするなどの症状を通じて、愛犬のアレルギーに気づくことが多いと言えるでしょう。ただ、獣医師の相談を受けても、これといって具体的な対処ができないことも多くあります。

 

もし、現状対策がないなら、試しに森乳のスーパーゴールドフィッシュ&ポテトを試してみてはどうでしょうか。犬にアレルギー反応の起きやすい食材をできるだけ取り除いています

 

魚とポテトが主な食材なので、たとえばチキンやビーフ、穀物メインのドッグフードを食べている愛犬のアレルギー症状が緩和できるかもしれません。もし、効果がなくても副作用の確率は非常に少ないので、試してみる価値はあります。

容量15kg原産国日本
主な原材料魚とポテトおすすめの犬(飼い主)アレルギー体質の子犬・成犬

口コミを紹介

便もいいのが出ますし血がでるほど掻いていましたがそれもなくなりました。耳ダレもなくなりました。試してみる価値あります!

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

サクラペットフード

半生フード

価格:1,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国産生チキン

国産・無添加にこだわる飼い主におすすめなのが、サクラペットフードの半生フードです。メインの食材のチキンはもちろん国産、また無添加(防腐剤無添加・化学合成保存料・着色料不使用)にもこだわっています。

 

衛生管理の行き届いた国内工場で生産されているため、愛犬の食に安全を求める人におすすめです。

容量800g原産国日本
主な原材料チキンおすすめの犬(飼い主)国産・無添加にこだわりたい

口コミを紹介

味は人間の私には分かりませんが、とにかく今までのどのご飯より食べやすそうで、そこにストレスフリーを感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

日本ヒルズ・コルゲート

サイエンスダイエット プロ

価格:3,560円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

避妊、去勢後の愛犬に

避妊、去勢後というのは、実は犬の体力は大幅に衰えています。また、ホルモンバランスなど、体に大きな変化が急激に生じるため、できるなら特別なドッグフードを用意したほうがよいといわれています。

 

避妊、去勢後の愛犬におすすめなのが、日本ヒルズ・コルゲートのサイエンスダイエット プロです。免疫力維持を助けてくれるビタミンCやEなど抗酸化物質を多く配合しており、高品質な鶏肉で良質なたんぱく質を摂取できるなど工夫されています。

 

人工の着色料や香料、合成酸化防止剤も使っていないので、特に体が弱っている愛犬に負担が少ないところもおすすめです。

容量3kg原産国アメリカ
主な原材料鶏肉おすすめの犬(飼い主)避妊・去勢後の犬

口コミを紹介

うちの愛犬は朝だけドライフード食べるので
小分け包装はありがたいです

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

フィッシュ4ドッグ

ドッグフード コンプリートフード ファイネスト 小粒 サーモン

価格:3,326円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

主原料サーモン

主原料がサーモンという、やや珍しいタイプのドッグフードです。もともと魚を原料としたドッグフードは犬にとって低アレルゲンといわれていますが、サーモンもまた同じです。デリケートな体質の愛犬にいかがでしょうか。

 

低アレルゲンであることに加え、目先の味が変わることから、食欲が増す犬も多いようです。口コミには、これに変えたとたんバクバク食べるようになった、などの内容も多くありました。ローテーションのひとつとしてキープしておくのも、よいのではないでしょうか。

容量1.5kg原産国イギリス
主な原材料サーモンおすすめの犬(飼い主)成犬からシニア犬までオールステージ

口コミを紹介

トイプードルに与えています。チキンアレルギーがあるので、魚オンリーの餌を探していました。食いつきも良く、便もゆるくなりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

カナガン

ドッグフード チキン

価格:5,060円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3つの健康効果

カナガンのドッグフード チキンの特徴は、第一に子犬・小型犬に適した小粒にしていること、第二に高タンパク・低炭水化物で野菜やハーブを配合するなど、ヘルシーにこだわっていることです。

 

第三は徹底した品質管理。欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい審査基準をクリアしています。

 

ただ、人気商品だけに公式商品かどうかをチェックしましょう。口コミの一部には、非公式商品による品質が悪い商品であろうと思われる書き込みもありました。公式のものであれば、最上級のグレインフリー(穀物不使用)ドッグフードといって過言ではありません。

容量2kg原産国イギリス
主な原材料チキンおすすめの犬(飼い主)健康上問題のない犬

口コミを紹介

評判のよかったカナガンを試してみたところ
食い付きもよく、便もしっかりして、いい具合に肉もついてきました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

フィッシュ4ドッグ

スーペリア アダルト

価格:1,210円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オールステージに対応

フィッシュ4ドッグのスーペリア アダルトは、成犬からシニア犬までオールステージに対応した愛犬に与えやすいドッグフードのひとつ。もし味を気に入ってもらえれば、ずっと食べさせてあげられますよね。

 

たんぱく質としては肉類の代わりにサーモン、穀物の代わりにポテトを使用しているので、アレルギー対策にもなります。

容量400g原産国イギリス
主な原材料サーモン・ポテト・エンドウおすすめの犬(飼い主)成犬からシニア犬までオールステージ

口コミを紹介

涙やけが酷かったのでこちらのフードを試してみたところ少し改善したように思います。
食い付きもよくこのまま続けてみたいと思います。

出典:https://review.rakuten.co.jp

2位

ライトハウス

ソルビダ グレインフリー チキン 室内飼育成犬用

価格:4,047円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

腸に負担をかけない

ちびまる子ちゃんには胃腸の弱い山根くんというキャラクターが登場しますが、犬だって胃腸の弱い子はいます。また、もともと胃腸が弱くなくても、シニア犬になればやはり機能は衰えてしまいます。

 

そんな愛犬におすすめしたいのが、ライトハウスのソルビダ グレインフリー チキン 室内飼育成犬用です。オーガニックにこだわった原材料、野菜やフルーツなどを配合したバランスの良さを持つこのドッグフードで、愛犬の消化をサポートしてあげましょう。

容量1.8kg原産国アメリカ
主な原材料チキン・野菜・フルーツおすすめの犬(飼い主)穀物アレルギー

口コミを紹介

他社の製品をいろいろ味見してもらうのですが、「どれがいい?」と聞くと、
やっぱりSOLVIDAを選びます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

モグワン

ドッグフード チキン&サーモン

価格:5,060円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さまざまなレビューサイトでトップクラスの人気

ドッグフードを比較・レビューしているサイトやメディアにおいて、常にトップクラスの評価を受けているのが、モグワンのドッグフードです。物性タンパク質50%以上という高級食材で穀物不使用で、野菜とフルーツで犬が喜ぶ味を追求しています。

 

価格はそれなりにしますが、トッピングとして使う飼い主さんも多くいます。普段のドッグフードにモグワンのドッグフードを少量ふりかけるだけで、愛犬が大喜びしてくれるでしょう。もちろん、ご褒美のスペシャルフードとして、たまに食べさせるのもおすすめです。

容量1.8kg原産国イギリス
主な原材料チキン&サーモンおすすめの犬(飼い主)穀物アレルギー

口コミを紹介

腎機能のデータも正常に戻りました。やはり、犬にとっても食べ物って大事なんだと感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

市販のドッグフードの選び方

ここでは市販のドッグフードを選ぶポイントを紹介します。原産国や栄養バランスなど、様々な観点から選び方をご紹介していきます!

原産国で選ぶ

食に対して日本人は、何となく国産のほうが安全、というイメージがあります。しかし、ドッグフードの場合、必ずしもそうだとはいえません。ここでは外国産と国産の違いや特徴を紹介します。

ペット先進国の「外国産」ドッグフード

アメリカ・イギリス・カナダ・スウェーデン・ドイツ、この5国は代表的なペット先進国であり、ドッグフードの安全基準も高いことで知られています。総合的に見れば、国産のドッグフードより、ずっと安全と言えるでしょう。

 

愛犬とともに暮らす飼い主さんにとってはごく当たり前のことですが、このような先進国では、ペットが食べる食べ物も人間と同じような基準で安全が管理されなければならない、という考え方があります。そして、そのための基準や法律も整っています。

 

もし、安価で一般的なドッグフードを選ぶなら、まず原産国がペット先進国のドッグフードから探してみるというのもおすすめの方法です。

品質にこだわって選びたい「国産」

残念ながら日本はペット後進国といわれています。ドッグフードにおいても、ペット先進国に比べて基準が低く、たとえ低品質のドッグフードを生産しても処罰されることは少ないといえるでしょう。

 

だからこそ、国産のドッグフードを選ぶときは、信頼できるメーカーのドッグフードを選ぶ必要があります。たとえば、自主的にペット先進国の基準をクリアしていることを証明しているドッグフードなどです。

 

国産の場合、穀物の種類や割合もよく確認しましょう。体に良いイメージもある穀物ですが、肉食の犬が消化するには負担になるからです。ペット後進国の日本では、価格や作りやすさを優先するあまり、犬が消化しにくい穀物を多く使われている傾向があります。

栄養バランスで選ぶ

多くの飼い主さんの場合、ドッグフードを愛犬の主食として考えることでしょう。このような場合は「総合栄養食」の表記があるかどうか、確認しておきましょう。

 

これはペットフード公正取引協議会が、犬に必要な栄養素を満たしているドッグフードにしか与えない認定証のようなものです。つまり、健康な犬であれば、水とそのドッグフードだけ食べていれば十分という証といえます。

 

もちろん年齢や体質に合わせてさらに選ぶドッグフードを絞り込んでいくほうがよいですが、まずは「総合栄養食」かどうかチェックしておきましょう。

愛犬の食の安全を考えて選ぶ

愛犬の食の安全を考えるなら、人の食べ物と同じように、添加物や保存料にも配慮が必要です。やはり安全面を考えると、ペット先進国のドッグフードを選んだほうがよいといえるでしょう。添加物や保存料にも厳しい基準があるからです。

 

特に毒性の強い成分として注目しておきたいのは、除草剤にも使われる「エトキシキン」、発がん性のある「BHA」などです。量は法律によって制限されていますが、やはり体に悪いものなので、できるだけ避けたいところです。

 

 

愛犬の年齢に合わせて選ぶ

年齢に合わせてドッグフードを選ぶことも重要です。

高たんぱく・消化しやすい「子犬用」

子犬はグングン体が成長する時期なので、良質な高たんぱく質のドッグフードを与えましょう。ただ、消化器官がまだ未熟なので、穀物が多く含まれるドッグフードは負担がかかります。また、小粒で食べやすいタイプを選びましょう。

味にもこだわりたい「成犬用」

飼い主さんを悩ますことが多いのが、十分な量を食べてくれない、遊び食いをする、といったことではないでしょうか。犬にも好みの味というものはあるので、やはり味にはこだわってあげたいところです。

 

口コミでよくみられるのは、主原料が違うものを与えたところ食欲が改善されたというものです。もちろん犬の体に合わせる必要はありますが、違う主原料のドッグフードを探してはどうでしょうか。

高たんぱく低カロリーがおすすめ「シニア犬」

シニア犬になると、どうしても筋肉が落ちてしまいやすいです。しかし、子犬用や成犬用の高たんぱくのドッグフードを与えると、消化に負担がかかり、場合によっては太ってしまうこともあります。

 

そのため、シニア犬におすすめなのは、高たんぱく低カロリーのドッグフードということになるわけです。ただ、これは健康なシニア犬の場合です。シニア犬には何らかの症状が出ていることも多いですから、必要に応じて獣医師のアドバイスを受けましょう。

愛犬の体質・症状に合わせて選ぶ

ここでは愛犬の体質・症状に合わせたおすすめのドッグフードを紹介します。

アレルギー体質改善・消化の負担を減らす「グレインフリー」

グレインフリーのドッグフードとは、小麦やトウモロコシ、米などの穀物を一切使用しないドッグフードのことです。穀物は肉食の犬にとって消化の負担が大きいことから、作られるようになりました。

 

もともと食べてこなかった穀物が主食になることで、アレルギー反応を起こす犬もいます。たとえば毛並みや肌が荒れている愛犬がグレインフリーのドッグフードを食べることで症状が改善される場合もあります。試してみてはどうでしょうか。

太り気味なら脂肪分カットタイプ

太り気味の犬に向くドッグフードはたくさん販売されています。いろいろなタイプがありますが、結果として脂肪分を通常のドッグフードより減らしているのが特徴です。よりこだわるなら、良質のたんぱく質とヘルシーな野菜やフルーツが配合されたタイプなどを選ぶとよいでしょう。

市販のドッグフードのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5305047の画像

    モグワン

  • 2
    アイテムID:5305048の画像

    ライトハウス

  • 3
    アイテムID:5305055の画像

    フィッシュ4ドッグ

  • 4
    アイテムID:5305051の画像

    カナガン

  • 5
    アイテムID:5305056の画像

    フィッシュ4ドッグ

  • 6
    アイテムID:5305057の画像

    日本ヒルズ・コルゲート

  • 7
    アイテムID:5305064の画像

    サクラペットフード

  • 8
    アイテムID:5305067の画像

    森乳

  • 9
    アイテムID:5305076の画像

    ペディグリー

  • 10
    アイテムID:5305075の画像

    日清ペットフード

  • 11
    アイテムID:5305074の画像

    ユニチャーム

  • 12
    アイテムID:5305069の画像

    ユニチャーム

  • 13
    アイテムID:5305212の画像

    プリスクリプション・ダイエット

  • 14
    アイテムID:5305218の画像

    日清ペットフード

  • 15
    アイテムID:5305224の画像

    ニュートロジャパン

  • 商品名
  • ドッグフード チキン&サーモン
  • ソルビダ グレインフリー チキン 室内飼育成犬用
  • スーペリア アダルト
  • ドッグフード チキン
  • ドッグフード コンプリートフード ファイネスト 小粒 サーモン
  • サイエンスダイエット プロ
  • 半生フード
  • スーパーゴールドフィッシュ&ポテト
  • 大型犬用 ビーフ&チキン&緑黄色野菜味
  • いぬのしあわせ
  • グラン・デリ カリカリ仕立て 成犬用
  • 愛犬元気 肥満が気になる愛犬用
  • メタボリックス
  • 和の究み
  • ナチュラルチョイス
  • 特徴
  • さまざまなレビューサイトでトップクラスの人気
  • 腸に負担をかけない
  • オールステージに対応
  • 3つの健康効果
  • 主原料サーモン
  • 避妊、去勢後の愛犬に
  • 国産生チキン
  • アレルギー体質の愛犬におすすめ
  • 大型犬の食欲を刺激
  • シニア犬の健康な骨・関節をサポート
  • カリカリ感にこだわったドッグフード
  • 愛犬元気の肥満防止バージョン
  • 60日間で11%の減量
  • オリゴ糖&乳酸菌
  • 消化をサポート
  • 価格
  • 5060円(税込)
  • 4047円(税込)
  • 1210円(税込)
  • 5060円(税込)
  • 3326円(税込)
  • 3560円(税込)
  • 1580円(税込)
  • 7938円(税込)
  • 2495円(税込)
  • 833円(税込)
  • 845円(税込)
  • 1580円(税込)
  • 4740円(税込)
  • 1616円(税込)
  • 3252円(税込)
  • 容量
  • 1.8kg
  • 1.8kg
  • 400g
  • 2kg
  • 1.5kg
  • 3kg
  • 800g
  • 15kg
  • 10kg
  • 2.6kg
  • 1.8kg
  • 6kg
  • 3kg
  • 2.1kg
  • 3kg
  • 原産国
  • イギリス
  • アメリカ
  • イギリス
  • イギリス
  • イギリス
  • アメリカ
  • 日本
  • 日本
  • タイ
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • オランダ
  • 日本
  • アメリカ
  • 主な原材料
  • チキン&サーモン
  • チキン・野菜・フルーツ
  • サーモン・ポテト・エンドウ
  • チキン
  • サーモン
  • 鶏肉
  • チキン
  • 魚とポテト
  • ビーフ&チキン&緑黄色野菜味
  • 穀類・ミートミール、チキンミール
  • 穀類・ささみ
  • ビーフ・ささみ・緑黄色野菜・小魚
  • 大豆、小麦、チキン、トウモロコシ
  • 小麦全粒粉
  • チキン&玄米
  • おすすめの犬(飼い主)
  • 穀物アレルギー
  • 穀物アレルギー
  • 成犬からシニア犬までオールステージ
  • 健康上問題のない犬
  • 成犬からシニア犬までオールステージ
  • 避妊・去勢後の犬
  • 国産・無添加にこだわりたい
  • アレルギー体質の子犬・成犬
  • 大型犬
  • 小型犬 11歳からの高齢犬
  • 小型犬(成犬)
  • 肥満が気になる
  • メタボリックス
  • 11歳以上のシニア犬、腸内フローラを整えたい
  • 味に敏感な超小型犬~小型犬

まとめ

愛犬といつまでも一緒に楽しく過ごしていくためにも、ドッグフードはとても重要といえるでしょう。必要に応じて獣医師のアドバイスも受けながら、おいしく、健康をキープできるドッグフードを選んであげましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ